なぜ東ローマは西より1000年長持ちしたのか [転載禁止]©2ch.net

1世界@名無史さん2014/11/17(月) 00:06:17.870
なんで?

2世界@名無史さん2014/11/17(月) 00:30:06.440
重装騎兵を揃えられたので蛮族を撃退できた

3世界@名無史さん2014/11/17(月) 00:47:20.190
アンティオキアとかアレクサンドリア

4世界@名無史さん2014/11/17(月) 01:44:04.580
なぜスレの氾濫飽きた

5世界@名無史さん2014/11/17(月) 01:55:53.580
そんなの書きにこなくていいから

6世界@名無史さん2014/11/17(月) 07:44:06.82O
マルマラ海にそれくらいは保つ経済的価値があったおわり

7世界@名無史さん2014/11/17(月) 09:47:01.520
金があったから
それで敵や第三勢力のほほをひっぱたくことができた

8世界@名無史さん2014/11/17(月) 10:40:18.670
ソリドゥス金貨の束で頬をひっぱたいて、言うこと聞かせる凄惨な絵が浮かんだ

9世界@名無史さん2014/11/17(月) 23:33:03.720
西も
ローマ教皇>ドイツ皇帝>フランス王>イングランド公爵

というゆるい建前の秩序でつづいたよ

10世界@名無史さん2014/11/18(火) 00:00:41.560
西ローマって書き忘れた

11世界@名無史さん2014/11/18(火) 00:13:10.580
西なんて虚妄
東だけが正統

12世界@名無史さん2014/11/18(火) 00:35:36.870
どうせなら北ローマや南ローマも欲しい

13世界@名無史さん2014/11/18(火) 00:50:46.550
ならば地底ローマ帝国や空中ローマ帝国があってもおかしくはない

14世界@名無史さん2014/11/18(火) 02:15:23.080
ローマは滅びぬ!何度でも蘇るさ!ローマの力こそ人類の夢だからだ

15世界@名無史さん2014/11/18(火) 08:39:27.540
ゲルマン人に族滅されたわけじゃないから
古代ローマ人のDNAは断絶せずに続いているけどさ

16世界@名無史さん2014/11/18(火) 12:47:54.000
>>13 ならば四次元カルタゴか宇宙カルタゴが存在しててほしい

17世界@名無史さん2014/11/18(火) 16:50:10.190
農業生産その他諸々
兄に東を与えて弟に西を与えた理由もそんなとこだろ

18世界@名無史さん2014/11/20(木) 02:00:21.210
「地下帝国」という響きに惹かれるものがある

19世界@名無史さん2014/12/25(木) 03:17:10.860
ベネチアなんかは海上都市ローマ帝国じゃね?

20世界@名無史さん2015/04/28(火) 20:48:28.730
ゲルマン人が攻めてこなかったからだろ?ゲルマン人はみんな西に行っちゃったし

21世界@名無史さん2015/05/21(木) 18:51:27.870
21保守

22世界@名無史さん2015/05/29(金) 21:53:06.800
地理的要因のみ

23世界@名無史さん2015/07/27(月) 23:25:38.630
西ローマは途中で首都をラヴェンナに遷したのが防衛の点から拙かった。
精神的中心地であるローマ市を蛮族に略奪され、負け癖がついてしまった。
つまり皇帝ホノリウスが馬鹿だった。

24世界@名無史さん2015/07/28(火) 00:10:26.82O
>>23
アルカディウスは利口だったのか?

25世界@名無史さん2015/07/28(火) 00:47:09.570
>>24
首都を変えたり有能な将軍を殺さなかった分だけ、マシだったとは言える。
この僅差が東西ローマの命運を分けたと言ってみる。

26世界@名無史さん2015/07/28(火) 02:19:46.93O
>>25
分かりやすいし、反論しようとも思わないが。
「アルカディウスはビザンツ千年の礎を固めた」という説は初耳だ。

27世界@名無史さん2015/07/29(水) 00:34:43.680
西ローマも並の皇帝ならまだまだ保つはずじゃなかったかと思う。
ゲルマン人も一枚岩じゃないし、うまく同盟を組んでいけば
イタリア半島を守るくらいは余裕だった。

であるはずなのに、怪物的に無能な皇帝が出てきたせいで
国の命数が一挙に縮んだ、そんな感じ。

28世界@名無史さん2015/07/29(水) 01:14:50.150
イタリアの東ゴート王国が実質的に西ローマだった
ユスティニアヌス1世が西ローマを滅ぼした

29世界@名無史さん2015/07/29(水) 13:05:45.490
ビザンツが中国だとすると西ローマわ満州
どっちかってーと蛮族寄り

30世界@名無史さん2015/07/29(水) 14:25:04.640
ガリアとヒスパニアとブリタニアからなるガリア道は満州みたい

31世界@名無史さん2015/07/30(木) 07:16:45.290
>>20
その「ゲルマン人はみんな西に行っちゃったし」という原因に
東ローマと西ローマの対応の違いがあるんじゃね。

32世界@名無史さん2015/07/30(木) 17:24:11.250
アラリックの西ゴートもテオドリックの東ゴートも
東ローマに誘導されて西へ移住した
西へ移住せずにバルカンにゴート族らが定住したら
後のブルガリアのようなゴート王国が出来て
東ローマの脅威となっただろう

33世界@名無史さん2015/08/02(日) 05:50:23.380
>>26
アルカディウスはビザンツ千年の礎を
「固めた」とは言えなくとも
「固まる前に崩すことにつながる愚行はしなかった」
とは言える

34世界@名無史さん2015/08/02(日) 08:30:57.130
>>32
当時は、東の方が西よりも隙がなかった。
皇帝と大臣との関係がある程度は機能していたから。

35世界@名無史さん2015/08/02(日) 12:05:14.81O
>>33
今はただ待つべき、という時期ってあるよな。
そういう時期に在位した君主が「無能だった」「怠惰だった」と後世言われても、本人には言い分あるんじゃないか。

36世界@名無史さん2015/08/02(日) 12:13:50.090
もしあの当時在位したのがまともな皇帝だったら少なくともアフリカ失陥とイタリア半島略奪は避けられたはず
有能なら上手く外交を駆使してその都度他の蛮族と連合しつつ、邪魔な蛮族を片っ端から撃破するのも十分可能だった
ホノリウスが世界史史上最悪レベルの暗君だったとしか言いようがない

37世界@名無史さん2015/08/02(日) 12:24:17.460
東ローマとナチスドイツ以外に千年帝国を名乗っていい国ってあるかな?
神聖ローマ帝国か?

38世界@名無史さん2015/08/02(日) 13:07:41.400
たった12年しか続かなかったナチスドイツが千年帝国とか、ギャグか何かだろw
東ローマ(ローマ建国から数えれば2206年間)と神聖ローマ(カール大帝の西ローマ皇帝即位から数えれば1006年間)、あとはチャンパー(1640年間)くらいだな

39世界@名無史さん2015/08/02(日) 14:14:57.890
ナチスドイツは千年帝国ではなく千年王国だな

40世界@名無史さん2015/08/02(日) 14:48:54.570
>>39
どっちにしろたった12年しか続かずに滅びたしょぼい国が千年とかほざいてる時点でギャグでしかないだろw
最低でも500年は続かないとな

41世界@名無史さん2015/08/02(日) 17:51:45.310
>>35
ニカの乱でユスティニアヌスがあっさり退位したのならば
バルカンがスラブ化したりしなかっただろうな
まともな皇帝ならば国を守る事を最優先にしたはず

42世界@名無史さん2015/08/03(月) 20:22:14.73O
>>41
断絶度なら西より東側のが高そうだな
スラブ人はゲルマン人と違って
もともとローマ文化への理解も無さそうだし

43世界@名無史さん2015/08/03(月) 23:27:27.740
西ゴート族は百年間ワラキアとモルダビアを支配していたから
すでにラテン化し始めていてスペインに移住したら同化した

44世界@名無史さん2015/08/03(月) 23:33:15.700
バルカン半島諸国のI1比率がゲルマン人遺伝子の残存比率として参考になる。

45世界@名無史さん2015/08/04(火) 09:01:41.310
>>43
今のスペインポルトガルの金髪碧眼は西ゴート族の末裔?

46世界@名無史さん2015/08/04(火) 10:17:18.560
ゲルマン人よりも先にケルト人もイベリア半島に移住していた
ガリシアはその名のごとくケルト人に由来する

47世界@名無史さん2015/08/04(火) 18:55:13.710
>>45
ヴァンダル・スエヴィもいるけどね。
ちなみにガリシア人の1〜2%はスエヴィの子孫と言われている。

48世界@名無史さん2015/08/04(火) 21:11:43.960
東ローマは結構アルメニア人の皇帝も即位しているし、フランク国王は800年にローマ教皇から西ローマ皇帝に認められたから
なりゆきいかんでは西ローマもオドアケル朝とか、東ゴート朝、ロンバルド朝、フランク朝と言う形で存続し続けたかも

49世界@名無史さん2015/08/04(火) 21:39:58.620
>>48
中国はまさにそんな感じだよな
「漢字一文字にする」と「ローマという名前にする」のでは
前者の方がハードルがひくいというかなんというか

50世界@名無史さん2015/08/05(水) 02:25:55.210
ニカの乱でユスティニアヌス1世が退位していたら
東ゴートが西ローマを再建したかもしれない

51世界@名無史さん2015/08/05(水) 23:25:17.440
>>50
理由は?

52世界@名無史さん2015/08/05(水) 23:47:05.700
ユスティニアヌス1世の東ローマはは北からスラブ人が南下
東から全盛期のササン朝に攻めれていて遠征する余裕が
なかったけど彼は遠征を強行した
彼以外の皇帝ならば遠征しなかったかもしれないし
同じく無理して遠征をしたかもしれない
遠征したのならばやはり東ゴートは滅亡しただろう

53世界@名無史さん2015/08/05(水) 23:59:52.340
ローマ帝国の東部の方が経済的に豊かだったから

54世界@名無史さん2015/08/08(土) 21:57:50.100
というか西ローマの経済的凋落が激しかった。
主要産業である農業の空洞化。現代日本も他人ごとではない。

55世界@名無史さん2015/08/09(日) 01:14:32.500
誰かギリシャ火薬の威力に言及してくれぇえ
おながいします

56世界@名無史さん2015/08/09(日) 01:28:44.140
爆発しないから火薬では無い

57世界@名無史さん2015/08/09(日) 04:31:27.970
>>55
只の原油

58世界@名無史さん2015/08/09(日) 11:31:06.030
なんとレベルの低い回答よw

59世界@名無史さん2015/08/09(日) 13:24:36.150
>>53
4-5世紀東部の経済繁栄について詳細を書いた論文とか知りませんか?
ブライアン・ウォード=パーキンズ著『ローマ帝国の崩壊』では、西側に
ついては考古学的資料を多数提示して、西側の経済の衰退を証明しようとして
わりと説得力がありますが、
東側については、シリアの農村の事例がちょっと出てくるだけで、東側が
残った原因を「ヘレスポントス海峡があったから、ゴート人が小アジアに
進軍できなかったから」という理由しか書いてないので、隔靴掻痒の感じがしてます。

60世界@名無史さん2015/08/10(月) 13:05:15.160
>>12
ロスケ < 北ローマの地位ははモスクワが貰ったわ!

61世界@名無史さん2015/08/17(月) 15:05:32.530
>>47
1500年も経ってりゃ、満遍なく行き渡ってるだろ
スペイン人やポルトガル人でスエヴィの血を引いてない人なんているのかよ?

62世界@名無史さん2015/08/18(火) 10:37:24.640
wikiをみたら、ギリシャ火薬には個人装備の火炎放射器まであってびびったw
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Hand-siphon_for_Greek_fire,_medieval_illumination_(detail).jpg

63世界@名無史さん2015/09/06(日) 08:31:57.510
現在の日本においては逮捕後の拷問による自白は証拠とはされず、
日本国憲法の第36条や第38条第2項においても拷問の禁止が明文化されており、
拷問を行った公務員は逮捕される(特別公務員暴行陵虐罪)制度も存在する。
しかし、それにも関わらず日本の警察は現在もなお非公式の場で拷問を行っている
疑いがあるとアムネスティ・インターナショナルなど人権擁護団体から指摘されることがあり、
冤罪事件の背景にも、警察による拷問同然の過酷な取り調べがあると指摘される。
踏み絵ならぬ踏み字などの事実上の「拷問」による事件そのものの捏造が表面化し、
捜査員が特別公務員暴行陵虐罪に問われることとなった。
その他にも、被疑者を突き飛ばす、身体を蹴る、頭髪を引っぱる、
体をつかみ揺さぶるなどの行為を一日あたり十数時間、数日間にかけて密室で行う、
事件や障害者団体向け割引郵便制度悪用事件を始め、検察庁特別捜査部の事件では、
被疑者を壁の前に長時間立たせて自白を迫ったり、「○○はもう自供した」
などと言って被疑者を精神的に追い込むなど、事実上の「拷問」が現在も代用監獄をもちいた
長期間拘留という密室において日常的になされていることが表面化している。

64世界@名無史さん2015/09/06(日) 17:31:02.420
後継の神聖ローマ帝国を含むと東ローマよりも300年以上はもった >西ローマ

65世界@名無史さん2015/09/06(日) 20:56:19.930
自称後継者が認められるなら東ローマの後継を名乗ったオスマンも、ロシア帝国ももっと長持ちしてんじゃん

66世界@名無史さん2015/09/07(月) 16:46:24.310
ローマを自称してた国ってロシア帝国とオスマン帝国が最後?
ソ連や現ロシア連邦やトルコ共和国はまさかローマを自称なんかしてないだろうし

67世界@名無史さん2015/09/07(月) 20:21:40.610
>>66
ナポレオンのフランス帝国は自称ローマ
ナポレオンの墓碑には「フランス人のローマ皇帝ナポレオン」とある
もっともロシアやオスマンより先に滅ぶが

ルーマニアはローマを自称するわけではないが
「ローマ人の国」という名乗りなのでこれも一応ローマと言えばローマか

68世界@名無史さん2015/09/07(月) 23:22:17.320
>>1
スレタイは「長持ち」でなくて「長続き」のほうがしっくりくる気がw
蚊取り線香じゃないんだからw

69世界@名無史さん2015/09/08(火) 00:48:24.810
まあ1000年停滞してただけだからゆるゆる長持ちしてただけとは言えなくは無い

70世界@名無史さん2015/09/08(火) 01:43:09.250
>>66
サンマリノちげーの?

71世界@名無史さん2015/09/08(火) 14:50:00.660
バチカンは一番新しいローマになるんかね

72世界@名無史さん2015/09/12(土) 23:14:06.870
【スイスのアルプスの美しい映像】
ユングフラウのアレッチ氷河

https://www.youtube.com/watch?v=rXJK_Bnmuws

……………………

73世界@名無史さん2015/09/13(日) 02:11:24.020
>>60
ロマノフ朝は「第三のローマ帝国」を自称してる
イヴァン3世はビザンツ帝国の最後の皇帝コンスタンティノス11世の
弟ソマス皇子の娘ゾイと結婚してるからって
だからロシア国章もビザンツ帝国と同じ、双頭の鷲

74世界@名無史さん2015/09/13(日) 13:20:36.780
どうしてイスラム教のくせにローマの後継なんてオスマンが言うのか?
だいたいトルコ人はアジア人だろ、ヨーロッパ人じゃない。
その証拠にEUには結局入れて貰えなかったろ。

75世界@名無史さん2015/09/13(日) 15:18:54.460
支配地の広がりからすると、オスマン王朝のルム・カイザリの方が後継として相応しいけどね

76世界@名無史さん2015/09/13(日) 16:03:41.040
>>74
アラビア出身のローマ皇帝が居たのだしイスラム教でもいいじゃない

77世界@名無史さん2015/09/13(日) 16:09:31.310
>>74
別にローマ皇帝位の継承に血統は必須条件でないしなー。民族もラテン人・ギリシャ人に限定しない
前皇帝の後継者指名(子、娘婿、甥、養子……という身内が割と多い)と、軍部・元老院の承認とで皇帝の推戴というのが慣例になっていたけれども、
これも必須というわけではなく、混乱期には有力者が力ずくで帝位を勝ち取っている。
アジア(アナトリア、シリア)からの皇帝選出、混乱期にニカイア帝国のようなアナトリアにあった乱立亡命政権からの帝位の回復の前例もある。
コンスタンティノポリス奪取前のオスマン王朝は、脅して金品をせしめとったり和蕃公主のような懐柔のされ方をしていたのが実際だとしても、名目的には
東ローマ皇帝の帝室からの降嫁があったり、歳費を貰ってエーゲ海・マルマラ海、アナトリアの防衛を任されていたりいたりした、東ローマの有力近親・藩屏な
わけよ。
皇帝の統治能力が衰えたときに、アナトリア出自の異民族ではあるが、皇帝近親の有力者が、統治機構の混乱したところを力で収めて、帝位に就いた
というふうに、前例を何一つ違えることなく、ローマ皇帝暗位を得られる状態にあるわけよ。

イスラム教のくせに、ったって、そもそも、ヴィーナス=アプロディーテーの末裔たるアイネイアス以下ユリウス氏族ひいてはラテン人=ローマ人が
オリンポス十二柱神への信仰を捨ててキリスト教に切り替えた前例に比べれは、瑣末な問題だし。

78世界@名無史さん2015/09/13(日) 17:39:37.460
そもそもイエスキリストからしてアジア圏の生まれです

79世界@名無史さん2015/09/13(日) 20:50:11.470
ということは一応アジア人
世界で有名なアジア人の一人はイエスだな

80世界@名無史さん2015/09/13(日) 20:58:56.770
アジアでひと括りにされてもなぁ…
満蒙シベリア、極東特亜、東南アジア、インド、中東〜中央アジア
少なくとも5つぐらいに分けてもらわんと

81世界@名無史さん2015/09/14(月) 01:21:48.000
>>77
アラブ人やトルコ人らイスラム教徒にとってローマ帝国とは
コンスタンティノポリスを首都とするキリスト教徒の国
キリスト教徒ではないラテン人の古代ローマは知らない

西欧人にとってのローマ帝国と
ロシア人らスラブ人にとってのローマ帝国も異なる
スラブ人もイスラム教徒と同じくローマ帝国とは
キリスト教の東ローマ帝国

82世界@名無史さん2015/09/14(月) 02:39:20.310
>>81
コーランに、ローマなんてまだずっと先の大昔のシバの女王についての言及やら、イーサー(ジーザス)についての記述もあるのに?
キリスト教時代に焚書されたグレコ・ローマン時代の書物もイスラム圏に保存されていて中世末期に再移入されたあれはなんだったんかの?

83世界@名無史さん2015/09/14(月) 03:00:36.300
古代からローマ帝国の国境に接していたアラブ人は
古代ローマの事を伝えた続けていたかもしれないけど
スラブ人やトルコ人は東ローマになってから接触した

当時スラブ人達やイスラム教徒らの目の前に実在したのは
すでにギリシャ語が公用語となっていた東ローマだった
そもそもローマ東部はラテン化せずギリシャ語やアラム語
とかがイスラム征服時まで存続していた

84世界@名無史さん2015/09/14(月) 04:41:35.780
>>81
別にイスラムの法にローマの皇帝はキリスト教徒じゃなきゃあならんなんてものは無かったしなー
むしろ、イスラム教自体が、キリスト教・ユダヤ教の宗教改革を自称していていたくらいで、イエスやモーセが完全な形で伝えきれなかった
神の預言をマホメットによってようやく正しい形で伝えた、とか言ってるからな。
キリスト教国なんてイスラム教に塗り替えちゃるよくらいのものよ。

85世界@名無史さん2015/09/14(月) 04:59:04.960
イスラムの法とローマの皇帝はそもそもまったく無関係だが
東ローマ帝国もオスマン帝国も大帝国の生き残りなのは共通
コンスタンティノポリスは最後の安住の地だった

ローマ帝国の本拠地は言うまでもなくイタリア
イスラム・トルコ帝国の本拠地はホラサン

86世界@名無史さん2015/09/14(月) 05:00:24.350
>>74
「アジア人」などという人種も民族も存在しませんよ阿呆

87世界@名無史さん2015/09/14(月) 07:53:19.320
西欧文化圏ではローマ皇帝といえばカエサル(実際は皇帝ではないけどw)や五賢帝がイメージされる
ことが多いけど、ロシアではコンスタンティヌスなんだよなあ。昔話とかでも「昔々えらいツァーリがいて…」
なんて時にでてくるのがダビデ王、コンスタンティヌス、ウラジーミル聖公、ウラジーミル・モノマフあたり
だったりする。

88世界@名無史さん2015/09/14(月) 12:45:21.830
いやツァーリ自体がカエサルだろ

89世界@名無史さん2015/09/23(水) 13:02:13.180
8 名前:世界@名無史さん

京都大学学術出版会が出している
『西洋古典学事典』のI-PAD版が大変
役に立ちます。

有益この上ないツールですので、買わないと損をしますよ。


とくに古代ギリシャ・ローマに関心のある方々にとりては必携ですぞ。

90世界@名無史さん2015/09/23(水) 13:06:56.170
NGワードに「西洋古典学事典」を入れましょう
こいつはマルチです

91世界@名無史さん2015/09/23(水) 16:44:45.170
セクシー事典

92世界@名無史さん2015/10/01(木) 23:26:00.550
コンスタンティノープルって日本で言えば小倉か博多、厳原を首都にしているようなものだ
あんな所に天皇陛下がおったら朝鮮半島から攻めて来たらあっという間やないかい
ニケーアやトレビゾントにしたって黒海沿岸だし、やっぱり首都はアンカラでないと
でもそこが首都になったのは1923年のトルコ共和国が成立してかららしい
日本の朝廷だったらあの辺なら絶対アンカラを真っ先に選ぶと思うけどなー 

93世界@名無史さん2015/10/02(金) 07:37:15.95O
>>92
いや新羅

94世界@名無史さん2015/10/02(金) 09:43:38.740
>>93
新羅も百済も首都は海に近いな ベトナムもタイもミャンマーも海に近い
京都は防衛重視の都だな

95世界@名無史さん2015/10/04(日) 11:14:03.980
多分アンカラだと地方への統制きかずに速攻で帝国が分解するぞ
アンカラが首都になったのは情報伝達や移送手段が確立したことと国の規模が縮小したこと
京都は大宰府さえ守れば外患に対処できることと大阪や敦賀の港が近いことで成立する

96世界@名無史さん2015/10/04(日) 12:06:35.080
コンスタンチノープルみたいな交通の要衝を押さえると、関税収入が確保できるというのも
大きそうだな。普通は税金取り立てるにも官僚機構の維持整備が必要で、それが肥大化しすぎると
担税民の不満が募るけど、こういう場所で関税取るなら最小限の官僚機構でできる。

とジョン・ヒックスが言ってた。

97世界@名無史さん2015/10/04(日) 13:26:20.790
アナトリア高原って守りやすいか?
あそこを主拠点として長期に政権維持できてるイメージがない

98世界@名無史さん2015/10/04(日) 13:56:26.500
リディアがアケメネス朝に征服されたように
ニコメディアやアンカラが首都だったら
ササン朝やセルジューク朝に一撃で
東ローマは滅ぼされてしまったはず

99世界@名無史さん2015/10/04(日) 20:02:09.110
>>97
冬は寒いし乾燥してるしな

100世界@名無史さん2015/10/05(月) 10:11:17.330
寒いったって匈奴、柔然・・・が本拠地にしてたモンゴル高原より20℃以上も温暖だ

101世界@名無史さん2015/10/06(火) 15:58:13.490
そいつらとバイキングが例外なだけだろ

102世界@名無史さん2015/10/07(水) 12:48:43.870
バイキングの北欧は北大西洋海流のおかげで緯度は高いが旭川より暖かい

103世界@名無史さん2015/10/08(木) 17:33:31.060
スラブ人に政治的統一性がなかったのが延命の理由かな

104世界@名無史さん2015/10/11(日) 20:09:06.490
>>103
西ローマを滅ぼした蛮族連中はもっとバラバラだったろ

105世界@名無史さん2015/10/16(金) 03:34:29.580
>>97
首都はコンスタンティノープルだけど
皇帝と将兵の多くがアナトリア出身

バルカンがスラブ化する以前は
皇帝と将兵の多くがバルカン出身

106世界@名無史さん2015/10/27(火) 16:06:13.550
けどコンスタンティノープルはローマじゃないんだよね
ローマを支配してないやつらがローマ帝国といってもね

107世界@名無史さん2015/10/27(火) 16:09:52.310
そんなこと言い出すなら今コンスタンティノポリスを支配してるトルコは
トルコ人の本拠地だったトルキスタンを支配してないのにトルコと自称してますが

108世界@名無史さん2015/11/08(日) 16:26:05.910
元老院の存在が、西ローマ防衛の足を引っ張ったという側面はないだろうか。

109世界@名無史さん2015/11/08(日) 16:34:24.750
>>108
東では元老院は足を引っ張らなかったのか?

110世界@名無史さん2015/11/09(月) 02:08:37.430
>>107
けど実態はコンスタンティノープル帝国だからな
結局本物のローマにはかなわんな

111世界@名無史さん2015/11/09(月) 16:02:28.920
>>107
その中に丁霊や突厥の末裔はどんだけいるんだか・・

112世界@名無史さん2015/11/09(月) 22:30:03.110
まあドイツとかイギリスとか始祖の領地失った国はいくらでもあるしね

113世界@名無史さん2015/11/09(月) 23:03:51.570
中華民国とか

114世界@名無史さん2015/11/09(月) 23:50:03.740
ローマが地中海を統一していなければギリシャ人やアルメニア人の武将が皇帝を自称しても
国号はマケドニアとか本当にビザンティン帝国、ギリシャ帝国、アルメニア帝国等と称し、
ローマ帝国とはしなかったはず カルタゴが勝っていたら東カルタゴ帝国や神聖カルタゴ帝国が
出来ていたかも知れないし、欧州はバアル教圏になっているかも知れない
その並行世界の欧州でも文字はアブジャドから発展したアルファベットが使用されるだろう

115世界@名無史さん2015/11/10(火) 02:56:49.640
ギリシャ文字もアブジャドであるフェニキア文字から発展したアルファベットなのですがそれは

116世界@名無史さん2015/11/10(火) 08:56:54.980
フェニキア人にはやはり寒い欧州は無理そうなので
北アフリカとスペインとイタリアの西地中海帝国になりそう
欧州では東のダキアと西のガリアが強国になりそうかな
おそらくカルタゴはキンブリ族に徹底抗戦しないだろうから
イタリアにキンブリ王国が建国する事になりそう
バルカンは引き続きマケドニアが支配していそうだよね
アナトリアとシリアがパルティア領になった時代もあるはず
ポントスがパルティアから独立して東ローマのような帝国に
なったかもしれないね

117世界@名無史さん2015/11/10(火) 13:47:18.020
コンスタンティノープル帝国で充分
その後欧米キリスト教文化圏の基礎を築いた世界の首都ローマ様の名前を勝手に名乗るな
ローマのすごさは帝国が崩壊してボロボロになっても今度はキリスト教によって西欧世界を築き上げるからな
その西欧圏が今度は世界制覇するからな
すげー強運
地中海世界なんて今じゃゴミだし、北に目をやったのは完全に正解だったな

118世界@名無史さん2015/11/10(火) 16:53:30.510
ロムルスの子らが住んだからローマはローマなのだ
ロムルスの子とは即ちローマ市民であり東ローマもまたローマなのだ

119世界@名無史さん2015/11/10(火) 20:57:48.130
コンスタンティノープル帝国万歳

120世界@名無史さん2015/11/10(火) 23:02:28.010
コンスタンティノポリス : 第二のローマ
モスクワ : 第三のローマ

121世界@名無史さん2015/11/11(水) 16:02:10.210
>>1
コンスタンティヌス朝が滅亡してアルメニア人が皇帝になっても国号をローマにし続けたから
決して歴代皇帝がアルメニア帝国とか後マケドニア帝国とか新マケドニア帝国とかにしなかったから

122世界@名無史さん2015/11/11(水) 18:01:30.750
イリュリア人とトラキア人が滅亡してアルメニア人とかが皇帝になっても国号をローマにし続けたから
決して歴代皇帝がアルメニア帝国とか後マケドニア帝国とか新マケドニア帝国とかにしなかったから

123世界@名無史さん2015/11/11(水) 18:18:06.070
現代でもローマ市の市章にSPQRが残ってるね

124世界@名無史さん2015/11/11(水) 18:27:00.470
てことはつまりオドアケルが皇帝名乗ってれば西ローマも存続したわけか

125世界@名無史さん2015/11/11(水) 19:05:42.170
オドアケルもテオドリックも皇帝を名乗らなかったので
名目的にイタリアは東ローマ領という事だった
すなわち476年にローマ帝国は滅んでいなかった

126世界@名無史さん2015/11/11(水) 20:40:12.820
オドアケルは西ローマの帝冠を返上してるから再統一された形だね

127世界@名無史さん2015/11/11(水) 21:12:10.140
というかそもそも西ローマ皇帝らは東から派遣されていた
実はローマは完全に分裂などしていない
ガリアとかで反乱を起こした対立帝は鎮圧されてしまった
ガリアでの反乱が成功していたのならば名実ともにローマは
分裂したと言えるだろうね

128世界@名無史さん2015/11/12(木) 09:28:44.950
マグヌス・マクシムスやアルボガステスを倒した
テオドシウス1世が西ローマ没落の張本人
西ローマの分離独立は阻止されてしまった

129世界@名無史さん2015/11/12(木) 19:35:45.310
ラテン人支配層のいないローマ帝国=ハンバーグのないハンバーガー=カレーのないカレーライス

130世界@名無史さん2015/11/12(木) 20:12:20.640
ラテン人支配層のいないローマ帝国=マウリキウス以降の東ローマ帝国

131世界@名無史さん2015/11/12(木) 21:46:09.330
ローマ時代にアラブ人が皇帝になってるからな
皇帝の出自より元老院の存在が重要なんじゃねーの
元老院が東ゴート時代にまで残ってたとか記憶にあるけど

132世界@名無史さん2015/11/12(木) 22:38:42.720
帝政後期の将兵と皇帝はイリュリア出身が多かった
イリュリア人はローマ時代にラテン語を話していた
イタリアのアドリア海沿岸はイリュリア人の居住地で
アドリア海はイリュリア人の内海だった

133世界@名無史さん2015/11/13(金) 09:37:10.820
東ゴート王国はイタリアだけでなくイリュリアとパンノニアも支配していた
ゴート族だけでなくイリュリア人らも東ゴート軍の兵士となっただろうから
東ローマ軍が東ゴート軍に苦戦したのは当然と言えば当然と言えよう

134世界@名無史さん2015/11/13(金) 17:42:00.910
テオドリックがカトリックに改宗してテオドリクス1世として皇帝戴冠すればよかった

135世界@名無史さん2015/11/13(金) 21:17:05.940
テオドリックが西ローマ皇帝と称するとテオドリックの治世中に
東ローマがイタリアに攻めて来たかもしれない

136世界@名無史さん2015/11/13(金) 21:57:25.300
そこで勝てば完璧にローマ皇帝になれるな
カトリックに改宗すればラテン系も離反率も減らせるし

137世界@名無史さん2015/11/14(土) 00:10:50.410
てかアッティラもカトリックに改宗してアッティラヌスとか名乗れば
それでローマ皇帝になる資格はあるよな
ローマ人(≒ヨーロッパ人)になるにはアタナシウス派に改宗すればOK

138世界@名無史さん2015/11/14(土) 01:47:07.480
映画「覇王伝アッティラ」ではローマに留学してたなアッティラは。
ホノリアたんに誘惑されてローマ人になってしまうかと一瞬思った。
http://2.bp.blogspot.com/-_Fex30wupJI/UWqBqCnjhPI/AAAAAAAAB5o/piz9BQdDDvw/s1600/cap156.bmp

139世界@名無史さん2015/11/14(土) 02:59:22.900
東ローマが生き残ったというより ローマが腐敗していたから コンスタンチノーブルに
遷都したんだろ ローマ帝国全体を立て直すのは無理だから東と西に分けた
西が先に滅びるのは当然の結果だ

140世界@名無史さん2015/11/14(土) 08:07:05.120
>>137
皇女ホノリアとくっついていれば、立派なローマ皇帝だなアッティラヌスw

141世界@名無史さん2015/11/14(土) 09:31:49.900
マウリキウスとかロマノス4世とか婿入り皇帝って東ローマに多いよね

142世界@名無史さん2015/11/14(土) 09:36:21.190
もともと東の方が豊かだったからな
帝政が進めばローマが首都である理由もない

143世界@名無史さん2015/11/14(土) 10:27:43.660
ユスティニアヌス帝亡き後は軍事的には負け続きで軍隊はまさに烏合の衆のようだったとか
政治が安定してれば軍隊が弱くても大国は繁栄し続けるようだ

144世界@名無史さん2015/11/14(土) 15:09:45.250
アッティラの軍事力を取り込もうとしたホノリアの先見性

145世界@名無史さん2015/11/15(日) 19:03:28.890
西欧ではなかったことになっていた西ローマ
コンスタンティヌスが教皇に寄進してコンスタンティノポリスに移ってから、
いきなりフランクとか東西ゴートが誕生したことになっていたのだろうか?

146世界@名無史さん2015/11/15(日) 19:04:51.990
コンスタンチノーブルやらになったりしたもんでw

147世界@名無史さん2015/11/15(日) 19:11:07.880
コンスタンチノーブル
約 9,060 件 (0.28 秒)

コンスタンチノープル
約 114,000 件 (0.25 秒)


サヒーフ・ムスリム(http://hadith.main.jp/)
コンスタンチノーブルの開城について
http://hadith.main.jp/vol3-739.html

148世界@名無史さん2015/11/16(月) 09:23:48.440
イタリア・ギリシャは権力闘争繰り返したが、殲滅の徹底感なし 
他の欧州諸国より民衆が若干傍観者に見える 他国の方がユダヤ人狩りも積極的 
同じ現在ラテン的民族(言語は別)でもフランス・スペインの方がより凄惨な歴史あり

149世界@名無史さん2015/11/16(月) 22:03:40.720
>>139
テオドシウス1世がマグヌス・マクシムスやアルボガステスを倒すと
ガリアの軍事力が痛手を被り西ローマは再起不能となった
もともと軍事的には西の方が優勢でコンスタンティヌス1世や
ユリアヌスは西ローマから東ローマを征服した
ウァレンティニアヌス1世の治世には兄が西の皇帝で弟のウァレンスが
東の皇帝で西ローマはまだ充分に強大であった

150世界@名無史さん2015/11/16(月) 22:42:07.030
東の方が豊かで先進的だったというが、
その豊かで先進的だった場所ってエジプトとシリアのこと?

151世界@名無史さん2015/11/16(月) 22:51:35.180
なんでギリシャはずすんだよ

152世界@名無史さん2015/11/16(月) 22:56:05.040
ギリシアはその後はパっとしないから

153世界@名無史さん2015/11/16(月) 23:31:19.090
東の方で豊かで先進的だった場所はギリシャ語圏
エジプトとシリアとアナトリアとギリシャ

東の方でもバルカン北部のモエシアとダルダニアは
ラテン語圏で牧畜が盛んな騎兵の供給源
アエティウス将軍やユスティヌス1世の出身地

154世界@名無史さん2015/11/17(火) 01:02:55.630
いや普通に栄えてるだろギリシャは

155世界@名無史さん2015/11/17(火) 09:24:54.060
ギリシャには陶器やらオリーブ油やら高付加価値な産業があるから衰退しても強いのな

156世界@名無史さん2016/01/04(月) 12:42:52.760
>>92
でも、その朝鮮半島の政治的立場を争って戦争していたときに、三度が三度、西に移ってきてんじゃん
一回目、仲哀天皇・神功摂政皇后
 熊襲の反乱鎮圧、三韓征伐に際して、筑紫香椎宮(現・福岡市東区)
二回目、斉明天皇
 白村江合戦に際して、筑紫磐瀬宮(現・福岡市南区もしくは博多区)、筑紫朝倉宮(現・福岡県朝倉市)
三回目、明治天皇
 日清戦争に際して、第五師団を大本営とし第七回帝国議会を広島市にて召集

白村江のときには、30キロばかり後退したけれど、水城を主戦場と仮定しての戦術だったし、

157世界@名無史さん2016/01/04(月) 12:48:01.290
>>139
明治の奠都みたいなものか?

158世界@名無史さん2016/02/21(日) 09:47:13.170
Wikipediaに載ってるフン帝国の最大版図の地図を見て吹いたw
ローマ帝国よりも広いじゃん。

159世界@名無史さん2016/02/21(日) 10:24:07.750
ゲルマン王朝がローマ名乗らなかったからだろ
シャルルマーニュじゃ時代空き過ぎだし
やはりテオドリックがカトリックに改宗してローマ皇帝即位で安定政権築く
これだな

160世界@名無史さん2016/02/21(日) 10:36:26.300
>>155
ギリシャ人や中東人は古代・中世的なものを良しとし、近代的大量生産的なものには否定的な感じがする
イタリア人はゲルマン系ほどではないが、近代大量生産時代にも最後尾でついていった感
日本はゲルマン圏同様寒い地域なので野良猫は冬に悲痛な声を上げ、過酷な生存競争を生き抜く為に
顔つきも地中海沿岸の野良猫に比べて極めて険しく恐いやくざ的形相を持つ
ギリシャでは野良猫は極めて穏やかに過ごしており、トルコでもホテルに侵入しても従業員はニコニコ笑いながらつまみ出す
人間に慣れ切った猫はクタッとされるがままにつまみ出される 日本みたいに人間を見て逃げだす事はない
エジプトでは猫は神のように崇められた 近代とは寒い所に住むギャング猫がぬくい所に住む猫を経済的に制圧した時代鴨

161世界@名無史さん2016/02/23(火) 20:24:47.680
コンスタンティノープルが真田丸付きの大阪城並みに堅固だった

以上

162世界@名無史さん2016/04/12(火) 18:18:00.960
堀を無力化されてあえなく陥落というところも、似てる

163世界@名無史さん2016/04/12(火) 18:37:43.880
マヌケな落城対決

騙されて堀を埋めてしまって陥落した大坂城
門の鍵をかけ忘れて陥落したコンスタンティノポリス

さあどっち

164世界@名無史さん2016/04/12(火) 18:43:47.730
>>163
堀は大して重要じゃないのです。カルバリン砲の数が増えてどのみち落城したことでしょう。

165世界@名無史さん2016/04/12(火) 19:14:27.85O
ローマ帝国の東西分裂というより西側切り捨ての方が実態に近い気がする

166世界@名無史さん2016/04/12(火) 19:19:34.510
>>165
そう解釈するのはヨーロッパ人のプライドが許さない

167世界@名無史さん2016/04/12(火) 19:38:16.50O
>>166
ローマ帝国からしたら、5世紀の東西分裂と西帝国の滅亡って、寂れて金ばかりかかる西側の直接支配は諦め、豊かな東側に集中したってことだと思うけどね。そうやって紆余曲折しながら1000年続いたと。

168世界@名無史さん2016/04/13(水) 06:56:09.760
テオドシウス1世が西ローマの自立を阻止した
もしアルボガステスが勝利していたのならば
ローマは完全に東西分裂していただろう

169世界@名無史さん2016/04/13(水) 22:59:52.870
オスマン朝ローマ帝国

170世界@名無史さん2016/04/14(木) 08:20:46.710
東西ローマはユスティニアヌス朝でほぼ同時に滅亡したとも言えそう
クラウディウス・ゴティクスからユスティニアヌス朝にいたる多くの皇帝は
バルカン出身で彼らの出身地がスラブ人に滅ぼされてしまったので
ヘラクレイオス朝以降はギリシャが公用語になった
ユスティニアヌス朝に婿入りしたマウリキウスはヘラクレイオスと同じく
カパッドキア出身で既にバルカンの将兵は枯渇していたのだろう
バルカンを守る為の戦争で反乱を起こした将兵らにマウリキウスは
殺されたけど将兵らは自らの故郷ではないから反乱を起こしたのだろう
まだユスティニアヌス1世の頃ならば当時の将兵らは命じられれば
喜んでバルカンを死守したはず

171世界@名無史さん2016/04/14(木) 10:03:05.120
東西ローマはユスティニアヌス朝でほぼ同時に滅亡したとも言えそう
クラウディウス・ゴティクスからユスティニアヌス朝にいたる多くの皇帝は
バルカン出身で彼らの出身地がスラブ人に滅ぼされてしまったので
ヘラクレイオス朝以降はギリシャ語が公用語になった
ユスティニアヌス朝に婿入りしたマウリキウスはヘラクレイオスと同じく
カッパドキア出身なので既にバルカンの将兵は枯渇していたのだろう
バルカンを守る為の戦争で反乱を起こした将兵らにマウリキウスは
殺されたけど将兵らは自らの故郷ではないから反乱を起こしたのだろう
まだユスティニアヌス1世の頃ならば当時の将兵らは命じられれば
喜んでバルカンを死守したはず

172世界@名無史さん2016/05/04(水) 00:17:40.860
なんで東ローマの公用語は南スラブ語にならなかったの?
12世紀から滅亡まではスラブ人だらけだったんじゃないの?

173世界@名無史さん2016/05/07(土) 11:51:39.410
プトレマイオス朝エジプトが支配者の言葉として準ギリシア語を公用語とした様なものだろ、
成り上がりを諦めた下々の者はまた別の言葉を話したろうが

174世界@名無史さん2016/05/07(土) 13:00:03.960
じゃあなんでラテン語でなくなったの?
支配者としやってきた。もしくは太祖アイネイアスの生誕地へ本拠地移転なのに。

と、本当にプトレマイオス王朝でギリシャ語が公用語だったの?
王はファラオとして君臨してメンフィスの神官の権威を借りて統治していたわけだら、内政的にはエジプト語が公用語だったんではないい?
支配層はマケドニア系ギリシャ系であることの意識を失わずにいて、東はインドに接するあたりから西は地中海一帯まで外交語として通用
していたから、王侯貴族や職業軍人の必修の教養語としてギリシャ語は理解されていたろうけれど、祭祀から行政・商業から域内の文書や
口頭の通達やらはエジプト語で行われていたんではないかね。

175世界@名無史さん2016/10/28(金) 00:59:13.640
イタリア半島を別格とすると
ローマ帝国は全体的に東方の方が西方より豊かだったみたいね。
https://placeduluxembourg.files.wordpress.com/2013/09/per-capita-income-in-the-roman-provinces-of-the-roman-empire-14-ad.png

176世界@名無史さん2016/10/28(金) 03:15:55.130
>>172
スラブ人が移住した土地は東ローマから独立していた
東ローマがバルカンのスラブ人を支配下にしたのは
ようやくバシレイオス2世の治世になってからだった

177世界@名無史さん2016/10/28(金) 03:43:10.500
>>165
東ローマは西ローマを身代わりにして生き延びたと言えるだろうね
そもそもゴート族がバルカンに移住した時には西ローマは無傷だった
バルカンのゴート族を西へ移住させたので西ローマは滅亡した
ゴート族がバルカンに居続ければやがてゴート族はブルガリアの
ような国になっただろうから東ローマはもっと早くにおそらく
イスラム以前にササン朝時代に滅亡したかもしれない

178世界@名無史さん2016/10/28(金) 17:49:06.200
マラズギルトで負けてなんでアナトリア失ってんの?
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/whis/1417759339/

179世界@名無史さん2016/10/30(日) 00:45:48.870
ゴート族がバルカンに居続けたのならば
やがてゴート族はブルガリアのような国になっただろうから
東ローマはアナトリアとシリアとエジプトからなるオリエント
の国になったかもしれない
バルカンを失うと東ローマは軍事力がかなり弱体化したはずで
西の領土を奪回する事は不可能になったはず
東ローマがササン朝を征服するかササン朝が東ローマを征服して
オリエントが統一されたかもしれない

180世界@名無史さん2016/11/03(木) 12:54:22.740
東ローマの歴史は長いが、ユスティニアヌスの征服活動以降ブルガリア帝国撃破くらいしか見せ場がないな。
数々の外敵に攻められまくってるのによく千年も続いたもんだよと感心するわ。

181世界@名無史さん2016/11/03(木) 13:13:44.360
「東ローマ」と言うがオドアケルが西の帝位をゼノンに返上した時点で
もう東ローマではなく唯一のローマに戻ってる
その後「西ローマ」と称する国が出来たことはあるが
(カールの帝国やハプスブルク帝国)僭称でしかない。

ゼノン以後のコンスタンティノポリスの帝国にわざわざ「東」なんて付ける必要は無い

182世界@名無史さん2016/11/03(木) 14:17:48.520
>>181
後世から見て紛らわしいから呼び分けているだけですよ君。
東周や東晋と同じことです。

183世界@名無史さん2016/11/04(金) 11:25:10.430
東にしろ神聖にしろローマを領有していない癖にローマ帝国を名乗られてもねぇ…w

184世界@名無史さん2016/11/04(金) 12:12:55.270
そもそもローマ帝国は東西に分裂していなかった
西の皇帝は多くが東の皇帝の臣下にすぎなかった
例外的なのは自ら即位したマクセンティウスとコンスタンティヌス1世らで
東に対して西が独立しておりコンスタンティヌス1世が東を滅ぼして再統一した
次にウァレンティニアヌス1世とウァレンスの兄弟皇帝では兄が西の皇帝なので
東の皇帝が西の皇帝の臣下だった
最後に西の将軍アルボガステスが東のテオドシウス1世に反抗したけど敗北したので
西は東から自立出来なかった
もしアルボガステスが勝利したのならばローマ帝国は本当に東西分裂したはず

185世界@名無史さん2016/11/04(金) 12:19:36.370
どっちにしろオドアケルがゼノンに帝位を返上してるから
ゼノン以後はもう分裂状態では無い

186世界@名無史さん2016/11/04(金) 12:22:10.310
アルボガステスはフランク族出身の将軍だったから
カール大帝はアルボガステスの後継者と言えなくはない

187世界@名無史さん2016/11/04(金) 18:44:09.570
なんでオドは西を返上したんだ?
持ってればよかったのに、、
なんか見返りは?

188世界@名無史さん2016/11/04(金) 21:31:00.640
(西)ローマ帝国を滅ぼすつもりは無かったからだよ
ヒャッハー俺が王だーっていう蛮族的行動じゃなかったから
ローマの治安を回復して東ローマに治めてもらいたかったのだろう

189世界@名無史さん2016/11/04(金) 22:00:15.300
カッコいいオド、、

190世界@名無史さん2016/11/04(金) 23:11:24.050
この時代でビザンチンのカタクラフトは戦術的に傑出してる。
ササン朝の軽装騎兵、ゴートの重騎兵に弱点を突いて的確に対応できる。
リデルハートはペリサリウス絶賛。

191世界@名無史さん2016/11/04(金) 23:14:28.760
ステータスとしての騎士ではなくて、兵科としての騎兵であったことがでかい。

192世界@名無史さん2016/11/16(水) 21:47:45.920
東ローマの美少年はオスマン兵の餌食になったようだ
まさにケツマン帝国

193世界@名無史さん2016/11/20(日) 19:19:10.890
あえて>>1に話を戻せば、
「フン族と同じルートでヨーロッパを直撃した東方遊牧民族が、ついにその後1000年現れなかった」
ことだろうね。ブルガールだのマジャールだの、ちまちま来ているのはいるが、
中部欧州以西を、大勢力で東から突いて西ヨーロッパを震え上がらせるのは
モンゴル帝国を待たなければならない。
これは逆説的な話で、今度は南から一瞬だけ突っ込んできたイスラム勢を除けば
西ヨーロッパは「誰も来ない」ものだから、
終わりなき無知蒙昧な中世封建制を、延々と続けることになり、
かえって世界の僻地になってしまった。
西ヨーロッパがもう少し、他民族に揉まれていたら、
十字軍のような、出鱈目な阿呆妄想による無意味な進軍ではなく、
きちんとした勢力拡大として
第二の共和政ローマになって東方拡大=西からの再統一が出来たかもしれない。

194世界@名無史さん2016/11/20(日) 19:56:14.600
マジャールとノルマンの侵入で終わって安定、細分化された封土でチマチマ農地開拓
→ いつのまにかローマ時代より人口増えて、人口横ばいのオリエントを攻める余裕ができたでござる
→ オリエントから撤退&病気もらったけど、なんか色々と飛躍のきっかけが得られたでござる

195世界@名無史さん2016/11/22(火) 06:51:47.360
柔然改めアヴァール「・・・・・」

196世界@名無史さん2016/12/03(土) 14:43:48.500
東ローマ結構強くね?

ユスティニアヌスによる大征服
ササン朝とのガチバトル
イスラム海軍をギリシャ火で丸焼き
キエフ大公国の侵攻を重装騎兵と艦隊で撃退
ブルガリア帝国を滅ぼす

197世界@名無史さん2016/12/05(月) 10:32:53.770
宋だって思われてる以上に強い  のも東ローマと宋の共通点だなw

198世界@名無史さん2016/12/05(月) 18:59:41.860
>>197
宋が強いのは専守防衛という条件で
悲しいかな機動力が無いから攻勢に出る能力は無い

199世界@名無史さん2016/12/05(月) 21:16:15.390
マラズギルトで負けてなんでアナトリア失ってんの?
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/whis/1417759339/

200世界@名無史さん2016/12/22(木) 20:29:36.010
西欧 ゲルマン人の侵入で土人化
北欧 ノルマン人の根拠地で元から土人
中欧 アヴァールやマジャールなどの騎馬民族が割拠
南欧 サラセン海賊が略奪・人攫いしまくり

うーん、ビザンツ帝国以外は悲惨過ぎる…

201世界@名無史さん2017/01/06(金) 05:30:34.660
「13世紀の世界大戦」見たら
東ローマがモンゴルの属国みたいになってて時代の流れを感じた

202世界@名無史さん2017/01/10(火) 12:09:35.570
東ローマ帝国と神聖ローマ帝国って違う?

203世界@名無史さん2017/01/13(金) 18:08:06.420
神聖ローマはフランク王国の後継国でカトリックの国
東ローマは古代ローマの片割れ部分でオーソドクスの国

204世界@名無史さん2017/01/13(金) 19:14:30.760
東ローマは西半分を失った本物のローマ
神聖ローマはかつてローマが失った西半分で蛮族が勝手にローマを名乗っただけのなんちゃってローマ

205世界@名無史さん2017/01/14(土) 03:17:00.220
>>73
巨大な国家規模・強大な軍事力・正教会への信仰という意味でも
ローマ帝国の後継者に恥じない
現ロシア連邦も(ある意味アメリカ合衆国も)ローマ帝国のオマージュ

206世界@名無史さん2017/03/19(日) 20:16:26.470
ササン朝とバトルアンドバトル
終わりなき戦い
ユスティニアヌスが西ローマの旧領を大征服するが
その後がランゴバルド、アヴァール、イスラムに領土を取られまくって
停滞の時代が続き、しばらくするとようやく安定して
バシレイオスの活躍で再び大国になるが、その後は暗君が続き
トルコ人にアナトリアを奪われる
更に十字軍によって一回滅ぼされる
なんとか復活するが、ふるわずオスマン帝国に滅ぼされる

色々あったけどよく1000年も続いたもんだよ

207世界@名無史さん2017/06/11(日) 16:52:21.540
東ローマはボロボロになりながらもイスラムの西欧侵入を
食い止める防壁の役割を果たしていた。

東ローマがもっと早く滅んだパラレルワールドでは、
西欧がイスラム化してしまう確率がかなり高くなりそう。

208世界@名無史さん2017/06/11(日) 19:10:44.550
要するに、中世のギリシャ

209世界@名無史さん2017/06/11(日) 19:20:07.420
千年帝国を滅ぼしたオスマン帝国は、その後、20世紀まで続いた

激戦区の中近東で、これもまた驚異

210世界@名無史さん2017/06/11(日) 22:51:18.610
>>209
タイミングも大きいんじゃない?
西アジア勢はロシアにボコボコにされたし

211世界@名無史さん2017/06/13(火) 02:00:25.640
>>207
南国育ちのアラブ人には西欧は寒過ぎて征服は無理だろうな
イタリア育ちのローマ人でさえゲルマニアやカレドニアは諦めた
一方ロシア人は東ローマがなければイスラム教を選択しただろうから
東欧の方がイスラム化しそうだな

212世界@名無史さん2017/06/13(火) 02:18:13.380
>>209
オスマン帝国は北方蛮族が文明化して
民族移動してこなかったので生き延びた
東ローマ帝国はバルカンにスラブ人が
アナトリアにトルコ人が移住してきたので
滅んでしまった

213世界@名無史さん2017/06/16(金) 22:16:46.600
>>176
してたの?
6世紀くらいから急に多数なだれ込んできて、今のギリシャ領の東マケドニアもテッサリアもエピロスも半島の南端近いペロポンネソスもスラブ人だらけになってたのに?

214世界@名無史さん2017/06/16(金) 22:51:06.760
>>213
ビザンツ暗黒時代(7-8世紀)のあと、ニケフォロス1世あたりから徐々に反転攻勢が始まる
アナトリア・南伊からスラブ占拠地域への帰還殖民も含めてね
それから2百年ほどのちの、ピークとなるバシレイオス2世時代にはかなりの達成度になった
少なくとも現代ブルガリア・ギリシャ・マケドニア・アルバニアまでの領域は確実に支配してた

215世界@名無史さん2017/06/17(土) 00:02:54.760
>>200
スラブ人の侵入で土人化
ブルガルやオグズ(セルジュク、オスマン)などの騎馬民族が割拠
ギリシャ人の根拠地で元から海賊

216世界@名無史さん2017/07/30(日) 12:57:14.090
>>1
ギリシャ火の火炎放射器があったのはやはり大きいだろうな。
http://all-that-is-interesting.com/greek-fire
海戦や城壁からの防衛戦なら、負ける気がしない。

217世界@名無史さん2017/07/30(日) 12:58:56.380
三重城壁 + ギリシア火
正攻法で落とすのは不可能かも

218世界@名無史さん2017/08/09(水) 18:35:32.070
石にコモ巻いて油をたっぷりしみこませて硫黄の点火剤つけて、火を点けて投石器で撃ち込むのが、ギリシャの火ちげーの?

219世界@名無史さん2017/09/14(木) 10:51:02.490
>>181
けどコンスタンティノープル帝国諸皇帝よりハプスブルクのが価値が高いな

220世界@名無史さん2018/01/30(火) 11:47:07.440
世界史のようにおもしろいかねがはいってくるさいと
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

70EQK

221世界@名無史さん2018/05/11(金) 03:00:54.660
ユスチニアス帝の存在だろうな

222世界@名無史さん2018/07/12(木) 12:06:35.050
友達から教えてもらったパソコン一台でお金持ちになれるやり方
興味がある人はどうぞ
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

6C3

223世界@名無史さん2018/09/11(火) 20:17:20.590
西ローマ帝国の領域で農業生産が衰退していたから、
西の方が早々に滅びたという説明はよく聞くが、
今日の農業大国フランスであるガリアの地で
小麦の作付けを増やすことはできなかったのだろうか。

224世界@名無史さん2018/09/11(火) 21:06:50.540
ガリア帝国やディオクレのテトラルキアによれば
ガリアとイタリアは一体化しておらず
イタリアと北アフリカがセットだったようだ

225世界@名無史さん2018/09/12(水) 10:40:06.280
>>221
オドアケルが西の帝位を返上したけどそれだけでは名目的なもんでしかない
ユスティニアヌスが現実に再統一したからこそ名目も実態を備えられた
たとえ一瞬であっても東西再統一されたローマが実在したから
その後ずっとコンスタンティノポリスの帝国がローマであり続けられた

226世界@名無史さん2018/09/13(木) 15:18:58.010
東ローマは西方領土を奪回すると没落を繰り返した

ユスティニアヌス1世がイタリアを奪回するとバルカンはスラブ化した
バシレイオス2世がバルカンを奪回するとテマ制を維持出来なくなった
ミカエル8世がコンスタンティノープルを奪回すると
ニカイア本国を維持し続ける事を出来なくなった

227世界@名無史さん2019/02/15(金) 19:05:48.820
ほしゅ

228世界@名無史さん2019/06/17(月) 06:30:15.410
ほしゅ

229世界@名無史さん2019/08/14(水) 21:49:28.110
>>33
アルカディウスの方を西方正帝に、という進言が有力武将のアルボガストから
テオドシウス帝になされている(392年)。
仮にこれが実現したとして、西ローマ帝国の歴史が変わったかどうかは、
正直微妙なところだが・・・

新着レスの表示
レスを投稿する