なぜ第一次世界大戦は第二次に比べ人気がないのか

1世界@名無史さん2011/12/27(火) 01:49:23.22O
語れ

2世界@名無史さん2011/12/27(火) 01:59:35.420
ヨーロッパとかじゃ少なくとも日本よりは重視されてると聞くが>第一次

3世界@名無史さん2011/12/27(火) 03:54:51.910
WW2が強烈だったからWW1の印象が薄れたんじゃね

4世界@名無史さん2011/12/27(火) 04:08:18.810
日本人でも青島攻略戦とか、マルタ島にある日本海軍地中海派遣艦隊の
戦没者の墓とか知らない人がほとんど

5世界@名無史さん2011/12/27(火) 07:58:12.540
未来の総統が伍長止まりでは・・・

6世界@名無史さん2011/12/27(火) 10:13:52.120
第一次世界大戦の方が奥が深いような気がする
第二次世界大戦という後の破局の遠い萌芽となった訳だから
いま少し検証をするべきだろうよ

7世界@名無史さん2011/12/28(水) 14:33:05.110
日本はほとんど蚊屋の外だったから

8世界@名無史さん2011/12/28(水) 18:24:36.62O
強烈なカリスマを持った指導者がいないし
WWUほど様々な強いイデオロギーに彩られてはいない
純粋に帝国主義的な競争の延長って感じなのは理解しやすくはあっても面白味には欠けるよね

9世界@名無史さん2011/12/28(水) 18:49:02.220
>>8
同感だな
WW1の指導者層はみんな普通の人で、流れに流されて戦争になった
感じなのだけど
役者、キャラが立ちすぎだなww
一番普通の人に近いのは東条英機だからな
あとはFDRも含めて怪物ぞろいww

10世界@名無史さん2011/12/28(水) 18:57:50.740
兵器

11世界@名無史さん2011/12/28(水) 19:23:07.770
西部戦線がほとんど動かないし、兵器の種類も少ないから、
軍オタの食いつきが悪いというのはあるだろう。
でも、外交面とか政治面では、より複雑だと思う。
なんで第一次世界大戦が起きたのか、いまだに決定的な説はない。

12世界@名無史さん2011/12/28(水) 19:24:52.680
ぶっちゃけレイテよりもユトランドの方が海戦らしい海戦だよね…

13世界@名無史さん2012/01/02(月) 22:50:23.280
兵器がまだ初期型でしょぼいから。
塹壕戦萌えがいないから。
映画化・漫画化が少ないから。
日本が大活躍しないから。

14世界@名無史さん2012/01/02(月) 23:47:37.150
第二次だとナチスがー!原爆がー!という話や、誰が悪いかという話になりがちなんだよな。
第一次ははじめての戦車、飛行機、(日露はあるが)ほぼはじめての機関銃で大虐殺、塹壕戦、帽子からヘルメットへ…などなど知ると面白そうな要素は多いのにな。
死亡フラグの発祥とも言えるかもしれん。

15世界@名無史さん2012/01/05(木) 05:14:17.010
>>9
あそこで平気で抜け駆けする香具師がいたら
そいつがかえって歴史に名を残してたかもね

16世界@名無史さん2012/01/07(土) 18:59:48.380
ドイツ帝国の崩壊、およびその後の政治闘争とか日露以来活発化したロシアの赤化とか
欧州諸国の衰弱による日米対立とか軍縮の頓挫とか恐慌によりアメリカ黄金時代の終焉とか恐慌後の世界とか
第一次大戦自体より第一次大戦後〜第二次大戦前夜の方が素敵やん

17世界@名無史さん2012/01/07(土) 19:17:02.650
>>1
えー?
宮崎駿の漫画とかあるし
『映像の世紀』でも第2集が一番人気だし
>>14の言うとおりWWIIは「現代史」「先の大戦」で、
「"現代"="戦後"の言葉の由来となった"戦"」で
アンタッチャブル。
人気あると思うが?

18世界@名無史さん2012/01/07(土) 19:23:51.150
ww1時代のヒトラー伍長はルイージそっくり

19世界@名無史さん2012/01/07(土) 20:04:46.590
カナダ映画「タイム・オブ・ウォー」は、パッシェンデールの戦いを
舞台としているが、知らないよね、こんな戦い。

20世界@名無史さん2012/01/07(土) 22:24:32.940
ミニWW1の日露戦争は日本でも人気あるから
WW1が日本で馴染みが無いのは単に日本との関係が薄いからだろう。

日露戦争であれだけ日本を苦しめた要塞・塹壕攻略戦の一つの解として
浸透戦術が登場したのはWW1なわけだが、マジノ線攻略までは要塞無双で
偉大なるドイツ軍がそれを撃破したって勘違いしてる軍ヲタもどきが多いのもウザい。
当時からマジノ線なんてキチガイもんだっての

21世界@名無史さん2012/01/08(日) 00:21:41.830
フランスでは防御が上手い人が名将みたいな風習あるよね
ペタンなんかも柔軟な防御が称賛されたわけだし
電撃戦という教義においてもドイツのグデーリアンに対しフランスのド・ゴールは少数派だったしね

22世界@名無史さん2012/01/08(日) 02:40:09.26O
まあソ連内戦のスルーっぷりに比べたらマシだけどな

23世界@名無史さん2012/01/08(日) 09:49:32.650
「なあに、クリスマスまでには戦争は終わるさ!ははは!」

24世界@名無史さん2012/01/08(日) 10:59:07.530
よく史上最初の総力戦が行われたとか聞くけど
実際総力戦をやってたのはロシアだけだな
英仏は言うに及ばず独もまだまだ余力があった
ロシアだけがハーフタイム近くでもう退場者続出で泡吹きかけてた

25世界@名無史さん2012/01/08(日) 12:09:08.030
一時大戦の時はまだ戦死者の割合で戦闘員の割合が多かった

二次大戦だと非戦闘員の死者の割合が飛躍的に伸びた


26世界@名無史さん2012/01/08(日) 12:18:36.790
第二次世界大戦で消えていった兵器は、
多砲塔戦車
軍用飛行船
ほかにあった?

27世界@名無しさん2012/01/08(日) 12:24:27.590
結局、日本国土に直接火の粉がかかってこなかったから、実感湧かないんじゃないのかな。

28世界@名無史さん2012/01/08(日) 12:27:13.700
人間がゴミみたいに死にまくって面白いのにね。WW2の比じゃない
まあその点我らがヒロシマナガサキに東京大空襲はWW1の大戦場に匹敵する世界に誇る歴史の舞台だけど

29世界@名無史さん2012/01/08(日) 12:30:04.790
炬燵兵法ならぬ炬燵虐殺談か
滑稽を通り越してうすら寒いものがあるな

30世界@名無史さん2012/01/08(日) 12:40:29.450
WW1が無かったら
ロシア革命もWW2もない
恐らく白人の圧倒的天下はあと100年続いただろう
インド独立は21世紀に入ってからだろうな

31世界@名無史さん2012/01/08(日) 13:05:17.220
>>27
日本海軍が地中海まで遠征して参戦したのが凄いんだがな

面の広さは負けるが
線の長さで見れば日本人にとっては第二次大戦を凌ぐ戦い

32世界@名無史さん2012/01/08(日) 19:32:17.940
>>26
複葉機だな
ソードフィッシュとかあったけど
多砲塔戦車だってWW2当初はいたし

33世界@名無史さん2012/01/08(日) 20:09:06.370
よく日本のネトウヨはアジア解放は大日本帝国のおかげっていうけど
アジアが独立できたのはドイツが欧州で暴れまくってくれたのとソ連の台頭だろjk

34世界@名無史さん2012/01/08(日) 20:10:08.980
>>31
日本が参戦していたから世界大戦と名乗れたんだと思う
日本が参戦してなかったら欧州大戦だった

35世界@名無史さん2012/01/08(日) 20:22:26.620
>>34
アメリカじゃね

36世界@名無史さん2012/01/08(日) 20:31:24.490
トルコあたりだと、注目度は逆転しているんだろうか

37(・o・)沖縄決戦の場合2012/01/08(日) 21:30:39.85O
【陸軍】旧日本軍の陸戦を語るスレ【海軍陸戦隊】(・o・)歴史を理解しろよ
■1945年3月末から、米第10軍は2〜3週間で沖縄は制圧できるという計画で、
沖縄攻略「アイスバーグ作戦」を発動させた。
しかしながら、順調だったのは最初の上陸だけで、
日本軍による激しい抵抗によって進撃は頓挫させられた。
最初の1ヶ月の損害は、米軍将兵の方が多かった程である。
このため第三十二軍では、長期持久戦から積極的反撃の意見が通り、
5月初めに反撃を試みるが、後が続かず頓挫した。
 最近では、日本軍と沖縄県民の悲惨さばかりが強調されがちだが、
延べ100日間に及ぶ戦闘での米軍の艦船損害404隻、航空機損害約千機、
第10軍司令官バックナ-中将を含む将兵の死者26,211名、負傷者約3万名、戦闘神経症約3万名という記録は、
一地域の戦闘としては、最高不倒記録である。

 昭和20年4月上旬、米軍沖縄上陸に際し、海軍根拠地隊の15.5cm砲台は、
那覇西海上の海域に出現した米海軍軽巡洋艦1隻を撃沈したといわれているが、
米海軍の記録では、5月18日1100頃、海軍部隊砲台は霧のため小禄飛行場西方2Kmの珊瑚礁に座礁した駆逐艦ロングショー(DD-559)2,050tを砲撃し、
浅瀬のため撃沈できなかったものの、爆発炎上させたとある。
更に付近にいた曳船及び油船(約200t)各1隻を併せて撃沈し、確実な戦果となしている。
米軍の猛烈な砲爆撃と第三十二軍の撤収命令により、1基を除き、他はほとんど原型をとどめぬまでに破壊された。

(・o・)日露戦争の比じゃない激戦なんだがな

38世界@名無史さん2012/01/08(日) 21:33:07.070
>>37
> 死者26,211名、負傷者約3万名、

死者26211人はどこから出た?
これのソースを知りたい。
どの資料を見ても、とてもそんなには出てはいないんだが。

39世界@名無史さん2012/01/08(日) 21:50:11.180
>>37
> 延べ100日間に及ぶ戦闘での米軍の艦船損害404隻、航空機損害約千機、

これも怪しいな。

40世界@名無史さん2012/01/08(日) 21:57:52.570
>>37
> このため第三十二軍では、長期持久戦から積極的反撃の意見が通り、
> 5月初めに反撃を試みるが、後が続かず頓挫した。

「このため」ではない。長時間の洞窟での戦闘に疲れたからだ。
むざむざ持久戦を続けて戦力をすり減らすより、
華々しく構成に転じたい・・・

八原大佐の手記にも書いてある。

事実でない数字を盛り込んだり、印象操作をしたり
かなりの作為を感じる。

41世界@名無史さん2012/01/08(日) 22:01:44.180
>>24
> 英仏は言うに及ばず独もまだまだ余力があった
> ロシアだけがハーフタイム近くでもう退場者続出で泡吹きかけてた

いやドイツでもキール革命が起きたぞ。

42世界@名無史さん2012/01/08(日) 22:08:54.490
ww1
米 ウィルソン
英 ロイドジョージ
仏 クレマンソー
独 ルーデンドルフ?
露 ニコライ2世

地味だね

ww2
米 ルーズベルト
英 チャーチル
仏 ドゴール
独 ヒトラー
ソ スターリン

ヤバすぎ

43世界@名無史さん2012/01/08(日) 23:05:41.890
>>34
日本では、WW2が起きるまでは、欧州大戦と呼ばれていたはず

44世界@名無史さん2012/01/08(日) 23:08:52.610
WWI、90年代はフランスあたりだとまだ強烈なトラウマが残ってる感じだったなあ
相当な数の死傷者を出したし、戦場になっていまだに不発弾が出てくる畑なんかがあったし
11月の式典に出てくる退役軍人が必ずニュースになっていたし

45世界@名無史さん2012/01/08(日) 23:17:25.590
フランスはWW1のころのトラウマが元でWW2でドイツ軍に早期降伏したのかな?

46世界@名無史さん2012/01/08(日) 23:23:32.930
1941年
日 東条英機
米 ルーズベルト 
英 チャーチル
仏 ドゴール、ペタン
独 ヒトラー
ソ スターリン
伊 ムッソリーニ

やっべぇぇええwwwwwwwwwww

1945年
日 鈴木貫太郎
米 トルーマン
英 アトリー
仏 ドゴール
独 デーニッツ
ソ スターリン
伊 イヴァノエ 

バドリオの方がまだマシなレベル

47世界@名無史さん2012/01/08(日) 23:30:16.320
東条英機は微妙だな……うん
あとペタンも

48世界@名無史さん2012/01/08(日) 23:31:58.980
米機撃墜、英機撃墜

49世界@名無史さん2012/01/08(日) 23:34:46.490
2012年
日 野田佳彦
米 オバマ
英 キャメロン
仏 サルコジ
独 メルケル
露 メドベージェフ
伊 モンティ


ショボぃ 

50世界@名無史さん2012/01/08(日) 23:51:38.810
>>44
ウィキペーヂアによればww1従軍の生き残りは英とポーランドに1人ずついるらしい

51世界@名無史さん2012/01/09(月) 00:01:20.040
>>42
あまりヴィルヘルム二世をディスってやるな
親の世代で全盛期を迎えた国は次の世代で衰退してもおかしくはないというのは歴史が証明している

52世界@名無史さん2012/01/09(月) 00:06:53.730
>>51
フリードリヒ3世をディスry

53世界@名無史さん2012/01/09(月) 00:29:40.360
>>50
こないだ最後の生き残りが死んだはず。
ニュースになってた。
英国人だったらしい。

54世界@名無史さん2012/01/09(月) 10:18:00.400
第二次世界大戦もこうだったら萌え希望一覧
・日本軍の軍服がださい
・小銃の種類が少ない
・日本に強力な戦車がほしい
・反攻で一時戦線がアコーディオン状態
・大和・武蔵が大活躍

55世界@名無史さん2012/01/09(月) 10:40:46.170
>>54
>・大和・武蔵が大活躍

これだけは観たかったw

56世界@名無史さん2012/01/09(月) 11:04:25.140
協商国

日 大隈重信
中 袁世凱
米 ウィルソン
英 ロイドジョージ
仏 クレマンソー
伊 サランドラ
露 ニコライ2世(親政)
セルビア ペータル1世(親政)
泰 ラーマ6世(親政)

同盟国
独 ルーデンドルフ
勃 ラドスラホフ
墺 ヨーゼフ1世(親政)
土 メフメト6世(親政)

東条より大隈が居る方が凄いわ、WW1>>47

57世界@名無史さん2012/01/09(月) 13:07:19.120
>>56
同盟国で勃起してそーなのは、どこの人?

58世界@名無史さん2012/01/09(月) 13:50:01.270
ブルガリア王国

59世界@名無史さん2012/01/09(月) 13:55:16.020
>>54
>・日本軍の軍服がださい
ファッション性を気にして戦争が出来るか

60世界@名無史さん2012/01/09(月) 14:17:00.970
ばーか総力戦時代の戦争はファッション性こそ重要なんだよ
新聞に華々しく写真載せなきゃならんのに田舎の百姓みたいなだっさいデザインの軍服で戦意が向上するかっての

61世界@名無史さん2012/01/09(月) 14:39:31.890
実用性に走るんなら戦闘服着れば良いしな

62世界@名無史さん2012/01/09(月) 15:04:03.630
第一次世界大戦で民間人の犠牲者が少ないのは、
市街戦がない
都市の空襲がない
からか

63世界@名無史さん2012/01/09(月) 16:05:08.450
パリは空襲されてたけどな
逆にww2は即効降伏で空襲なし

64世界@名無史さん2012/01/09(月) 16:11:57.740
第一次世界大戦を舞台にしている架空歴史物ってほとんどないよね。
FPSなんか存在しないんじゃないの?
南北戦争物しかしらない。

65世界@名無史さん2012/01/09(月) 16:15:08.900
>>64
塹壕戦とかFPSでやったら凄惨を極めそうだな
つーか、南北戦争物があるのか。

66世界@名無史さん2012/01/09(月) 20:36:11.060
アラビアのロレンスなんかは有名だと思うけどな
アラブ風の衣装とか駱駝騎兵とか砂漠とか、異国情緒があって面白いし

67世界@名無史さん2012/01/09(月) 20:46:42.550
ランスも丸焼け。石造りのものを除いてWWI以前の建物はほとんど残ってない。
もちろん大聖堂も全壊。今行ったらつぎはぎの天使の像が見られるよw

68世界@名無史さん2012/01/09(月) 20:54:47.770
>>64
林信吾「熱砂の旭日旗」全2巻とかか
帝國陸軍がアラビアでドイツ軍と戦う話

既知ならすまん

>>13
塹壕っていわば即席要塞だろ
個人的には燃えるんだがな

69世界@名無史さん2012/01/09(月) 20:58:45.630
>>67
もったいないなあ…。

70世界@名無史さん2012/01/09(月) 22:36:32.060
>>65
Civil War: Nation Divided
南北戦争時代 単発式先込・後装填(シリンダー交換)、リボルバー、銃剣が武器

Battle Grounds 2
戦列歩兵時代 単発式先込


YouTbeで動画が見れる。


RTSは結構種類があって、MODで第一次にできたりするけど。

71世界@名無史さん2012/01/09(月) 23:01:37.840
>>69
大聖堂はちゃんと元通り再建されてるよ。
よく見たらさっき言ったみたいにつぎはぎなのがわかるけど

72世界@名無史さん2012/01/10(火) 02:09:08.430
「西部戦線異状なし、報告すべき件なし」

73世界@名無史さん2012/01/10(火) 22:20:48.100
ストラテジーなら南北戦争やナポレオン戦争は普通に人気あるけど
一歩兵を操作するFPSは最近はww2物すら少なくなってきてる
やっぱりバリバリ撃てる自動銃でなきゃダメなのか

74世界@名無史さん2012/01/11(水) 17:47:23.120
単なるスポーツものならFPSは第二次世界大戦ものに限るね

75世界@名無史さん2012/01/11(水) 23:50:47.430
そんなことはない、ボルトアクション萌えはいるだろ、
ボルトアクションで、万歳突撃で日本兵が2,3人やってきたときの
絶望感は何ともいえない。

76世界@名無史さん2012/01/12(木) 00:01:47.560
WaWの悪口はそこまでだ

77世界@名無史さん2012/01/14(土) 19:41:07.650
うまく命中させられて、最後の万歳突撃を銃剣で突き刺したときは、達成感あり。
悪口ならむしろ、あり得ないぐらいの手榴弾を装備。
死角外にいても、ぽんぽん投げてくる。

78世界@名無史さん2012/01/15(日) 19:22:32.570
むしろWW1こそFPS向けだと思うけどね
最期はスコップ構えて全軍で敵塹壕突撃とかやりたい

79世界@名無史さん2012/01/15(日) 22:29:12.000
機関銃(重機関銃)が、塹壕戦を生んでるけど、
戦車登場まで、対策はなかったの?

位置が固定だから、迫撃砲があれば一発じゃないの?
盾を持って接近して、手榴弾を投げ込むとか考えなかったのか?

80世界@名無史さん2012/01/15(日) 23:18:53.480
>>79
だから戦車の登場が当時はかなり衝撃だった

81世界@名無史さん2012/01/15(日) 23:35:11.390
塹壕戦ではないが坂の上の雲の旅順戦は凄かったな
旅順、満州で散々苦しめられたロシアが第一次大戦では
革命が起こっているとはいえ、絶賛二正面作戦中のドイツに押されてるんだから
あの日本よりも桁外れに強い国家群が全力で殴り合ってるってだけで第一次は興奮する

82世界@名無史さん2012/01/15(日) 23:50:57.590
欧州大戦を「第一次世界大戦」って言ってるのは主にヨーロッパ人
彼らは欧米=世界そのものと意図的に誤解するクセがある

83世界@名無史さん2012/01/15(日) 23:53:37.900
ヨーロッパ人コンプレックス乙

84世界@名無史さん2012/01/16(月) 00:43:59.720
世界三大美女の一人、小野小町など、
世界三大XXXの一つは、日本のXXXがいっぱい。
こんなことを言って喜んでいるのは日本人ぐらい
日本人は世界トップクラスと意図的に誤解するクセがある

対して変わらないな。

85世界@名無史さん2012/01/16(月) 01:22:17.280
あと世界三大提督とかなw
あんなもんが通じるの日本だけだから

86世界@名無史さん2012/01/16(月) 01:23:15.320
日露戦争を「第0次世界大戦」と位置づけようとするのは……

87世界@名無史さん2012/01/16(月) 01:23:35.620
あと世界三大提督とかなw
あんなもんが通じるの日本だけだから

88世界@名無史さん2012/01/16(月) 01:56:05.190
ナポレオン戦争も世界大戦だろう
アジアや新大陸でも戦闘が起きている

89世界@名無史さん2012/01/16(月) 03:23:22.150
世界三大行進曲は?

90世界@名無史さん2012/01/16(月) 07:35:45.400
>>88
本当のWW1は7年戦争じゃね?
確かインドアフリカでもドンパチやってたよね?

91世界@名無史さん2012/01/16(月) 16:41:47.540
そこまでいったら、モンゴル帝国の一連の戦役、
いわゆるMongol conquestsの方が世界大戦に相応しいべ。

モンゴル帝国との交戦勢力一覧
Mongol Empire 

versus

Jin Dynasty  Dali Kingdom  Western Xia  Song Dynasty
Khwarizmian Empire  Persia  Kievian Rus  Volga Bulgaria
Goryeo  Poland  Hungary  Croatia  Bulgaria  Serbia
Byzantium  Kamakura Shogunate  Vietnam  Champa  Myanmar
Java  Anatolia  Mesopotamia  Mamluk Sultanate  Sultanate of Rûm  and Japan.

もう、わけがわからん。

92世界@名無史さん2012/01/16(月) 20:01:34.12O
その昔、光栄が出した「蒼き狼チンギスハーンW」の
パワーアップキットシナリオだと、ジェラール・ウッディーンが金朝に
登用される展開があってだな…

93世界@名無史さん2012/01/17(火) 00:35:30.060
>>78
トレンチナイフなるものもあったらしい。

94世界@名無史さん2012/01/17(火) 07:48:05.610
塹壕突剣とか

95世界@名無史さん2012/01/17(火) 13:44:11.960
>>91
おい
かまくらとじゃぱんがかぶってるぞ

96世界@名無史さん2012/01/17(火) 20:13:18.240
いいかげんラプターとか飽きたからバロン滋野他の日本人操縦士をモデルとした主人公にしてフライトシューティングをつくってほしい。

ステージ最初はフランス外人部隊日本兵のFPSで、シャンパーニュ、ベルダンをクリアすると航空隊に志願可能。
チュートリアルをクリアーして最初はニューポール17に搭乗してソンムに参戦。
アルバトロス、ファルツ、観測気球を撃墜するとスパッド7ゲット。
ニベール攻勢でエースの乗るフォッカー三葉機を撃墜するとスパッド13ゲット。
カイザーシュラハト、最終攻勢で、フォッカーD撃墜、地上銃撃、ゴータ撃墜の条件をクリアーするとレジオンドヌール受章して日本へ帰国。

97世界@名無史さん2012/01/17(火) 20:20:40.590
最初のステージで使用可能な武器
ルべル小銃、銃剣、サンテチェンヌ重機関銃、75mm野砲

ベルダンで使用可能
ビバンべシェール擲弾器、ショーシャ軽機関銃、火炎放射器、毒ガス

最終攻勢で使用可能
ルノー軽戦車、サンシャモン戦車、シュナイダー戦車

戦場に落ちてるシャンペンを飲むとライフが回復。
ある条件をクリアーするとマタハリ出現。

98世界@名無史さん2012/01/17(火) 20:28:45.90i
火炎放射器とか毒ガスとかルノーとか胸熱だなあ。

99世界@名無史さん2012/01/17(火) 20:37:49.800
第二次大戦でネーベルヴェルファーとかグスタフ、ドーラとかぶち込んでみたいけど
戦車や戦闘機に圧倒されて歩兵の出番が少なくなりそうなのがな

100世界@名無史さん2012/01/17(火) 22:24:09.660

第一次世界大戦のFPSのデモ動画を見たことがあるけど、遮蔽物が、地面のくぼみ。

101世界@名無史さん2012/01/17(火) 22:36:37.920
それはパッシェンデールだろ多分

102世界@名無史さん2012/01/18(水) 00:06:23.610
ラピュタは、架空兵器を除くと、第一次世界大戦レベルっぽいよね。
車、兵士の軍服とか。

103世界@名無史さん2012/01/18(水) 01:32:47.340
WaWで、火炎放射器が使えるよ。万歳突撃と立て籠もり兵には、
とっても便利。

104世界@名無史さん2012/01/18(水) 19:04:52.200
話は全然覚えていないが、ハウルに動く城に出てくる兵隊は、
赤ズボンにホライゾンブルーのフランス兵っぽかった気がする。

105世界@名無史さん2012/01/18(水) 22:04:52.31O
第一次大戦で同盟国側が勝つ可能性って
やっぱり西部戦線でパリ落とさないと無理?
パレスチナ戦線でオスマン軍がスエズ占領する可能性と
どちらが大きいのか…

106世界@名無史さん2012/01/18(水) 22:43:06.710
WWIIではフランス全土占領しても負けたからな。
アメリカが参戦した時点で負けじゃね?

107世界@名無史さん2012/01/18(水) 23:03:49.970
第一次ではアメリカが参戦する以前にもう虫の息だったからなぁ
それでも最終攻勢が成功してたら戦争に勝っていたといわれてるし
日米が欧州戦線に関わらなかったら可能性はあっただろ

108世界@名無史さん2012/01/18(水) 23:07:47.450
複葉戦闘機は、最初ピストルで撃ち合った。
複葉爆撃機は、最初レンガなどを落とした。
とされているけど、本当に意味あったの?
当たると思えないんだけど。

109世界@名無史さん2012/01/18(水) 23:11:48.650
ww1のゲーリングがイケメンすぎる

110世界@名無史さん2012/01/18(水) 23:24:51.210
>>106
つうか、アメリカはWW2と違って全然やる気ないのに
事故で米民間船沈めて謝罪賠償がぞんざいだったり
外交リスクのでかすぎる無制限潜水艦戦を何の気無しに通したりで
米を挑発してるとしか思えん、ドイツ軍

111世界@名無史さん2012/01/18(水) 23:28:27.670
ww1はナチス高官、国防軍上層部の青春だったからな

112世界@名無史さん2012/01/18(水) 23:45:57.250
1918年当時の階級

レーム 大尉
ゲーリング 中尉
シュトラッサー 中尉
リッペントロップ 中尉
ヘス 少尉
ヒトラー 伍長
ボルマン 二等兵
ヒムラー 従軍せず
ゲッベルス 従軍せず
ハイドリヒ 従軍せず

113世界@名無史さん2012/01/18(水) 23:52:58.410
1918年当時

カイテル大尉
マンシュタイン大尉
カナリス大尉
パウルス大尉
ロンメル大尉

114世界@名無史さん2012/01/21(土) 07:32:35.46i
>>108
塹壕に向けて槍を落とした事もある見たい。

115世界@名無史さん2012/01/21(土) 07:51:56.990
>>108
最初は敵の飛行機を見ても挨拶して通り過ぎる奴が居たらしい。
あと、スパナ投げ合ったも追加で

116世界@名無史さん2012/01/21(土) 15:31:50.850
実際攻撃することになっていたけど、当たらないから何もしていなかった
気がする。

117世界@名無史さん2012/01/21(土) 19:25:52.170
>>82
欧州戦争が一般呼称として定着したら、今度は、アジアが抜けている世界大戦と言うべき
とか抜かすんだろ。

118世界@名無史さん2012/01/22(日) 22:40:53.610
今の自衛隊って塹壕戦の訓練もしているんだろうか。

119世界@名無史さん2012/01/22(日) 23:56:09.850
確かに一周まわって歩兵最強時代(もとからといえばもとからだが)が来たような感じはあるが
流石に塹壕戦は無いだろう

120世界@名無史さん2012/01/25(水) 20:58:13.530
今でも塹壕あるんじゃないの?
イラクでも塹壕にこもったイラク兵を相当するのに、
燃料気化爆弾とかブルドーザーで押しつぶすとかやり方的にどうなの?って苦労してるし、
アメリカ側も部隊の移動がとまったら、とりあえず穴掘るのが基本と聞いたけど。

121世界@名無史さん2012/01/26(木) 20:22:43.160
>>79
その敵銃眼の位置を確かめようと斥候が近付いたら蜂の巣だし
威力偵察で死体の山を築いて確かめて迫撃砲でつぶしても
戦線にひとつ穴が空いた程度では敵後方の予備兵力に潰される。
盾といっても人間が人力で持ってこれる程度の盾は重機関銃で貫通させられる。
そもそも塹壕自体二重三重四重にあるから、最前線の塹壕が全面的に突破されても
後方の塹壕に退避すればいいだけだし

122世界@名無史さん2012/01/27(金) 00:34:33.090
盾を持って接近
横からも攻撃できるように多重に機関銃が設置
盾を左右に装備
接近している最中に上から手榴弾が投げ込まれる
上にも盾を装備
手榴弾を投げる瞬間、機銃掃射される
縦に穴を開けて機関銃を装備
重量が重くて動けない
車輪をつけて動力を装備
鉄条網でパンクする
じゃあキャタピラだ
これならパー璧
要するに戦車

第一次世界大戦の戦車のアイデアの着想がこんなだったりして

123世界@名無史さん2012/01/27(金) 07:43:56.530
>>122
元々、塹壕を超える為に作られた訳だから強ち間違いでは無い。

124世界@名無史さん2012/01/28(土) 18:19:43.140
現代につながる要素が少ないから人気がないのでは?
・トレンチコート
・塹壕戦
・戦車
しか思いつかない。

125世界@名無史さん2012/01/28(土) 18:36:19.130
散兵戦
サブマシンガン
戦闘機
弾幕射撃
毒ガス兵器及び防護用のガスマスク
潜水艦
迫撃砲
汎用機関銃
も追加で

126世界@名無史さん2012/01/28(土) 21:17:46.010
軍事を除けば、少ないし、
軍事もどちらかと言えば、アイデアレベルか原型で、
現代につながるモデルは第二次世界大戦じゃないの。

127世界@名無史さん2012/01/28(土) 23:30:37.160
そう。というか第二次世界大戦で色んな物が変わりすぎ

128世界@名無史さん2012/01/29(日) 00:23:36.640
第一次大戦直後のベルリンの記述見ると興奮する
内戦の一歩手前のあの荒れっぷり

129世界@名無史さん2012/01/30(月) 07:48:51.07O

「20世紀って前半は面白いけど後半はつまらないよな」
スレがあったけど、正確には面白いのは恐慌まででWWIIはもうつまらないよな

130世界@名無史さん2012/02/05(日) 03:23:01.570
対戦車ライフルで、戦車が倒せる。楽しい時代。

131世界@名無史さん2012/02/05(日) 09:33:25.090
下手すると7.92mmの機関銃弾も通ったという。

132世界@名無史さん2012/02/08(水) 23:16:22.380
むしろ核兵器以外は殆ど出揃っているのがWW1

結果と新兵器の使い道について反省会を行った結果がWW2

133世界@名無史さん2012/02/12(日) 18:33:25.270
残念ながら日本の戦車はWW2でもソ連の対戦車ライフルで倒せた。

134世界@名無史さん2012/02/12(日) 19:36:18.800
ヒロシマ・ナガサキの反省会を行った結果が冷戦

135世界@名無史さん2012/02/13(月) 20:54:15.740
まあ、あくまで西洋覇道文明の決勝戦でしかないわけだし、第一次世界大戦は
東洋王道文明の王者と西洋覇道文明の覇者が競った第二次世界大戦ほど世界史的意義がないのも仕方がないところだろう
何せ第二次世界大戦は、世界の方向性を決定づけ、戦争(大国間の大規模な正面衝突)を終わらせた戦争だからね

136世界@名無史さん2012/02/13(月) 23:14:04.530
石原かぶれ乙

137世界@名無史さん2012/02/13(月) 23:54:03.910
>>135
じゃあソ連が西洋覇道文明の覇者でドイツが東洋王道文明の王者?

138世界@名無史さん2012/02/14(火) 12:34:59.47O
西洋人の立場だったらやっぱり第一次世界大戦なんてやっちゃった御先祖様は馬鹿だなあ、と思うよ

まず中国、次いで日本、最後にアメリカをみんなで力を合わせて倒してからヨーロッパで潰し合えよ

139世界@名無史さん2012/02/14(火) 12:49:15.980
みんな機関銃がこんなにすごいなんて思わなかったんだよ。
まさか1丁の機関銃が1000人の銃剣に勝てるなんて思わなかったんだよ。

140世界@名無史さん2012/02/14(火) 13:59:10.370
子供の頃はオーストリアの皇太子が撃たれて戦争が始まったのに
オーストリアが負けるなんて酷いなって思ったけど

141世界@名無史さん2012/02/14(火) 14:00:46.570
WW2と比べて文化的な戦争の感じで人気あると思うけどWW1
最近独断と偏見で歴史語る奴多すぎだろ

142世界@名無史さん2012/02/14(火) 20:22:13.920
欧米では、WW1が歴史の変換期なんだけど


143世界@名無史さん2012/02/14(火) 21:47:27.340
「機関銃の社会史」
では、なかなか導入されなかった話が登場する。
故障も多かったし、しかたがないといえばないけど。

144世界@名無史さん2012/02/14(火) 22:03:44.020
>>143
機構も複雑だし、弾代も掛かるからね。あと重たい。

145世界@名無史さん2012/02/15(水) 01:34:09.320
二乗して二倍してさらに二倍だっけ

146世界@名無史さん2012/02/15(水) 02:56:38.690
軍事的には日本はあまり係わらなかったし、戦死者も数百人レベル
戦争景気とドイツ領獲得ウマ〜で悪い記憶があまりない。あ。シベリア出兵は除いて
印象の受け方が欧州とは段違いなのだと思う

147世界@名無史さん2012/02/15(水) 21:08:27.730
そもそも
イギリス、フランス、ロシア、アメリカvsドイツ
の戦いだから、日本には対岸の火事みたいなもんで、
ほとんど関係ないからなあ。

148世界@名無史さん2012/02/15(水) 21:14:16.090?2BP(2011)
大砲で地面をほじくり返して
泥んこ遊びをしていただけですし。

149世界@名無史さん2012/02/15(水) 22:03:18.360
みんなでシャワーを浴びてただけだしな
機関銃弾の

150世界@名無史さん2012/02/15(水) 23:02:52.810
しかしそれで銃剣突撃の愚かさを学んだ欧米陸軍

スゲーよ戦車って!次の戦争はコレだよ!
機関銃陣地に白兵突撃?なんて愚かな戦法だ

かたや日本は…

151世界@名無史さん2012/02/15(水) 23:24:46.730
米兵は弱兵、万歳突撃で一気に瓦解するはず。

152世界@名無史さん2012/02/15(水) 23:28:48.810
その日本でも大東亜共栄圏一歩手前まで行けたもんだから歩兵最強ってことよ
第一次世界大戦でもなんやかんやでスコップが一番活躍してるし

153世界@名無史さん2012/02/15(水) 23:33:18.300
トレンチナイフのこともたまには思い出したげて

154世界@名無史さん2012/02/15(水) 23:44:54.950
WW1の戦訓を目一杯研究して浸透戦術を完成の域まで高めたのは
他でもない旧軍だぞ。
1930年代の中国軍が鎧袖一触で蹴散らされたのは
何も中国人が人種的に劣ってたってわけじゃなくて
日本側が戦術研究を丹念に行っていたからだし。

日露戦争を軽視して白兵突撃を敢行した欧州列強よりは
死者数百人でも丹念に戦術研究をやった日本のがマシじゃねーか?
まあ、電撃戦の時代には追いつけなかったが。

155世界@名無史さん2012/02/16(木) 00:19:17.10O
戦術どうこうじゃなくて陸軍兵器の軽視が酷い
チハの圧倒的雑魚さ

156世界@名無史さん2012/02/16(木) 00:25:59.400
サブマシンガン導入の遅さ

157世界@名無史さん2012/02/16(木) 00:59:42.730
>>152
自軍の塹壕に敵軍が進入してくるなんて緊急事態では
たとえ手元に銃剣なりあっても、咄嗟にとる行動はやはりスコップでぶんなぐるなんだよな。
また、生身の人間を刃物で刺す・切るって行為自体が人間(特にわずかな訓練で前線に投入される若者)として生理的に抵抗があるというのもある。
まあ鉄製のスコップで頭を思いっきり頭を殴られたら、ちょっとの刺し傷より致命傷になりそうだが。

158世界@名無史さん2012/02/16(木) 21:57:10.810
浸透戦術をせっかく完成の域まで高めたってなあ
もう歩兵がちまちまライフルで撃ちあうレベルの戦争じゃないんだし
兵器も軽視していたというよりは、予算が無かったんだろうなあ実際。

頑張ったお祖父ちゃん達、万歳!


159世界@名無史さん2012/02/17(金) 20:56:11.960
本当は火力重視にしたかったんだよな、フランスに習ってた帝國軍黎明期は

それが日本の経済力上無理だって話になってから
歩兵の質を如何に高めるかにシフトした

160世界@名無史さん2012/02/17(金) 22:30:54.890
ノモンハン戦でソ連軍総司令のジューコフは日本歩兵を絶賛していたね
下士官は並、士官は程度が低いとの評価でもあったけど
レイテ島リモン峠での第1師団の防御戦闘も圧倒的な米軍をよく支えた典型的な歩兵戦

しかし訓練や士気は高くても、装備が第一次大戦レベルでは戦争に勝てないのだ

161世界@名無史さん2012/02/17(金) 23:10:56.610
第一次世界大戦のタワーディフェンスゲーム「Toy Soldiers」
そこそこ面白いよ。やったことがある人いる?

162世界@名無史さん2012/02/18(土) 06:49:40.490
>>155
しったかの素人がわかった風なことをしたり顔で書き込むな。恥晒しが。
97式は各国の開発年度で並べると十分伍していけるスペックだ。
機関銃座潰しの大口径砲と、トラックの移動についていける機動性を両立させた良機種だ。

163世界@名無史さん2012/02/18(土) 11:43:09.260
ちょっと調べてみたけど、開発年度を考慮した兵器の性能比較って難しいな。
個々の兵器によって開発状況が違うから、どの時点をもって同時期とみなすか判断に迷う。
とりあえず、WWII開戦前後の開発の進展が大きすぎる。

164世界@名無史さん2012/02/18(土) 12:52:10.400
>>162
日本の97式戦車は開発当時としてはドイツなどに較べてそう遅れたものではなかったね。
ドイツだって2号戦車や3号戦車の時代。

ただドイツはパンサーやタイガーの様な強力な戦車を開発したが、日本は零戦と同じでそれ以降の発展が無かった。

165世界@名無史さん2012/02/18(土) 15:54:51.750
空の事を言うと陸軍は頑張って毎年新機種を一応出しとるが
まあ、癖の有無は言わないことにして。

大体どこも前面装甲50oまではどうにかこうにか
それ以上になると、足回りが作れるか否かで大分差がががが

166世界@名無史さん2012/02/18(土) 15:59:12.580
開発が何年だろうとそれが終戦まで全く更新されず役に立たなかったから圧倒的雑魚さと言ってるんだろうに
突然カタログスペックを語り出して僕の大好きなチハタンを雑魚って言うな!って
痛い軍ヲタの見本みたいな奴だな>>162

167世界@名無史さん2012/02/18(土) 16:07:16.560
>>165
トーションバーを実用化出来たのは日本では戦後だしね。
スバル360が最初。

168世界@名無史さん2012/02/18(土) 16:07:34.530
戦争の間にどんどん新型が出てきて、従来型がすぐに陳腐化しちゃうってのは、
WWI が最初だよな。

169世界@名無史さん2012/02/18(土) 22:26:24.350
Snoopy Flying Ace
も複葉機でWW1をベースにしている世界観。
誘導ミサイルとか登場するのはゲームならではの愛嬌だけど。
デフォルメした世界ではWW1もなかなかよい。

170世界@名無史さん2012/02/21(火) 21:09:19.430
>>168
十分発展する時間がなく、終わってしまったイメージがあるけど。

171世界@名無史さん2012/02/22(水) 21:35:17.310
>>168
それって基本航空機だけじゃない?
フランスのチューブ式弾倉の小銃は切り替わったけど、後は軽機関銃も手榴弾もサブマシンガンも火炎放射器も迫撃砲もWWIで初出の
兵器で、それっきりだったような。
戦車は同盟はほとんど出なかったし、性能の追いかけっこは、後は毒ガスくらいかね。

172世界@名無史さん2012/02/25(土) 14:34:14.890
第一次後→第二次→全世界からフルボッコ;;より
第二次後→米のお陰で復興→バブルの方が精神的に
日本人にとっちゃいいんだろ
最終的に負け戦で思い出したくもないのに第一次なんて最初っからなんて
無意識下で思い出したくもないんだろ

173世界@名無史さん2012/02/25(土) 14:50:42.910
米英と仲良くして日露・第一次勝利
→反抗期の悪戯が過ぎて全世界からフルボッコ
→反省してまた米英と元鞘、経済発展

バブル崩壊したところで世界の途上国よりはずっといい暮らし
東日本大震災の方が悲惨

174世界@名無史さん2012/03/11(日) 01:31:03.380
>>1
カラー映像が少ない、全体量が少ない。
日本の作戦はほぼ青島のみ。
弾薬の消費量、死者数がだんちがい。

175世界@名無史さん2012/03/11(日) 01:40:12.650
同盟国側が最後まで強大で
WWUみたいな消化試合になってない所は良い

176世界@名無史さん2012/03/11(日) 02:17:19.800
消化試合って、その中で死んだ人は…これを見た遺族は…。

177世界@名無史さん2012/03/11(日) 08:03:33.670
戦争なんてやってた連中はガチだったかもしれないが、五十年百年も経てば
アホな集団自殺としか思えない。それでもやったのは、人口が過剰だったから
椅子取りゲームが必要だったんだろう。

178世界@名無史さん2012/03/11(日) 08:29:18.380
戦争よりもスターリンや毛沢東、ポルポトの粛清の方が人口削減に与しているが。

179世界@名無史さん2012/03/11(日) 09:43:35.380
WW1の悲惨さがパン・ヨーロッパ運動を生み、後のEUに繋がっていくんだからWW1が全く無意味とは言えない。
後の世の人間が国連や軍縮条約の由来を尋ねるなら、その萌芽はWW1の焼け跡にあると答える。

180世界@名無史さん2012/03/11(日) 11:06:24.890
>179
同、悲惨さを味わったのに次の大戦まで20年、人間って…。

「なぜ第一次世界大戦は第二次に比べ人気がないのか」関心が低いかにすれば…

181世界@名無史さん2012/03/11(日) 12:19:13.050
アメリカから見た日本兵の評価 u.s. propaganda
http://www.youtube.com/watch?v=fhB52SewrvM&feature=related

戦闘民族の殉教集団にしか見えねえ

182世界@名無史さん2012/03/11(日) 21:01:54.670
多少変えれば、イスラム戦士でも成立する

183世界@名無史さん2012/03/12(月) 17:52:21.810
>>179
建設的な正論だと思うのだが、、、

184世界@名無史さん2012/03/12(月) 17:58:50.440
>>180
たぶん、悲惨さを繰り返さないための努力こそが戦争を生んだんだと思う。
古今東西、国家が最も好戦的になるのは、恐怖心にとらわれた時だ。

185世界@名無史さん2012/03/12(月) 18:12:32.890
>>179>>184
にはもう少し詳しいコメントがもらいたいなあ。
戦前戦後の大きな変化とか…。色々。

186世界@名無史さん2012/03/13(火) 07:21:52.390
>>184
孫子も包囲戦を行う時は一部開けておけ、と言っているな。
敵軍を自暴自棄にさせては自軍の損害が増えるばかりな事を知っていた。

実際、第二次世界大戦の戦争指導者は孫子以下だよ。

187世界@名無史さん2012/03/13(火) 13:55:32.530
そうか?
キエフの大包囲戦は
完全包囲には兵力が足りなくてソ連兵が逃げちゃったんで
失敗ってことになってるけどなw

188世界@名無史さん2012/03/13(火) 14:09:08.170
>>181
相変わらずコメ欄のネトウヨがキモイな

189世界@名無史さん2012/03/13(火) 14:19:38.820
>>184
多分戦術的な事よりも、もっと一般的な…事を述べたいのでは。
自分の必死さが他人の命を食べているとか…何とか…。

190世界@名無史さん2012/03/14(水) 09:37:58.020
>181
スレタイの主語はww1なのでさほど意味を持たない映像でしょう。なにもコメント無いし。
ww2と比べて「何が言いたいの?」といったところか。

191世界@名無史さん2012/03/14(水) 22:11:03.380
二度の世界大戦の悲惨な被害はクラウセビッツの戦争論が元凶という意見もある


192世界@名無史さん2012/03/14(水) 23:33:23.850
クラウセヴィッツにしてみたらいい迷惑だわなする

193世界@名無史さん2012/03/15(木) 00:09:00.390
日本がWWIに本格的に参戦していて居なかったから精神論が蔓延ったんだとか聞くんけど
陸軍が欧州大戦に参加するかの調査で介入するなら30個師団は投入する必要があるとか言った
でも、欧州大戦後の成金状態でもシベリア出兵に5個師団投入しただけでひいひい言っているのに
そんな兵力を欧州までに持って来たら絶対破産すると思うわw

194世界@名無史さん2012/03/15(木) 21:48:14.050
>>191
それはあくまでリデル・ハートの意見だよね。
戦略的アプローチの前文は全て孫子の文だった。
確かに孫子の考えに触れたら驚いたんだろうな。

195世界@名無史さん2012/03/15(木) 21:51:59.850
信じられないのが、イギリス軍はソンム会戦時に、準備射撃で殆どのドイツ兵は滅んだと考えたらしい事。
だから匍匐前進もせず直立で、走りもせずにドイツの陣地に突っ込んだそうだ。
当然、ドイツ軍の機銃座は健在だったので、次から次へと被害が続出。

196世界@名無史さん2012/03/17(土) 00:41:18.730
孫子「戦争は最悪の愚策、まずは回避せよ」

クラゼヴィッツ「戦争は外交の一種(フフン)」

197世界@名無史さん2012/03/17(土) 09:33:16.970
クラゼヴィッツはその一説ばかりが有名になってしまったが、
それに続けて、本書(戦争論)では政治的な問題にまでは言及しない
みたいなこと書いてなかったっけ?
「戦争論」は基本的には戦術論だろ。


198世界@名無史さん2012/03/17(土) 13:40:04.270
「政治の延長である」

これを外すのはどうかと・・・。

199世界@名無史さん2012/03/17(土) 13:56:24.02O
>>196
論点が噛み合ってない
比較になってない

200世界@名無史さん2012/03/17(土) 14:00:38.580
「政治の延長」「外交の一種」、いずれにしろ、
要は「政治的判断や外交的判断の制約を受ける」って意味だろ。
その意味では孫子の言葉はその「「政治的判断や外交的判断」
について語ったもので、クラゼヴィッツは単に、
戦争と政治の関係について言及しただけで、
当然、「平時の外交行為と同様に戦争も積極的に行え」なんて意味で
言っているわけじゃないから、孫子となんら対立しない。

201世界@名無史さん2012/03/17(土) 15:38:03.060
クラウゼビッツの死後「決戦至上主義」が一人歩きした、と指摘するむきも少なく無いとか。

202世界@名無史さん2012/03/17(土) 15:46:43.24O
現実的に言って塹壕を突破する戦術がないんだから戦術思想はあまり関係ないと思うな

203世界@名無史さん2012/03/17(土) 16:04:55.400
戦車が出るまではどうせ何やっても突破できないんだったら、
WW1って根性論・精神論が最大の武器だったんじゃね?日本軍が参戦してたら無敵だったんじゃね?

204世界@名無史さん2012/03/17(土) 17:36:55.080
日本陸軍「本当はうちらも火力重視にしたかったけど
金がなかったんだお・・・」

205世界@名無史さん2012/03/17(土) 17:48:54.500
ノモンハン陸戦ではソ連軍と対等に渡り合い
一部支那戦線、硫黄島、沖縄戦に代表されるような超火力を実現した日本軍の台詞じゃないな

206世界@名無史さん2012/03/17(土) 17:58:58.510
>>203
それは1917までだし、それまでは英独はちゃんと持ちこたえていた。
日本も英独と同程度の忍耐ができるかもしれないけど、精神力によって
それ以上の戦果はあげられないから最強ってことにはならないんじゃないのかな。

それに塹壕戦は比較的安全だし、単に耐えるだけならばそれほど難しいことじゃないよ。
だからこそ膠着状態になっちゃったんだけど。

207世界@名無史さん2012/03/17(土) 20:58:21.250
>>205
超火力って、敵火力を超える歩兵って意味ですか・・・・・兵隊さんェ

208世界@名無史さん2012/03/17(土) 21:12:41.750
>>205
日本陸軍は当時ではかなり優秀な部類に入るよな
徹底した平等思想も素晴らしい
大学出のインテリですら、場合によっては兵卒!

戦後の陸上自衛隊は、キリスト並の原罪を背負わされた歴史的に見て悲惨過ぎる組織

209世界@名無史さん2012/03/17(土) 22:09:04.280
帝国陸軍「国力を無視して八八艦隊をつくろうとする帝国海軍が悪いんや!!!大和型とかほとんどホテルやないか!!!」

210世界@名無史さん2012/03/17(土) 22:53:02.060
>>205
戦いの原則における「戦力節約(経済)の原則」を健気に体現したキチガイ陸軍
敵が「物量の原則」を有するアメリカ軍だったばかりに……

でも、対戦車火力を効率的かつ濃密に構成する技術は、地味に戦力不足の自衛隊に
してみれば最適の戦法だったりするから、旧軍も全部が全部ダメだったわけでも
ないんだよな

211世界@名無史さん2012/03/18(日) 21:11:51.820
飢え乾き、疫病、敵軍から三方位挟撃される日本軍と
軍隊食デザートのソフトクリームが切れて暴動起きるアメリカ軍
まさに精神vs物量の戦いではあったけど

ミッドウェーでは物量で日本海軍の方が上回ってるんだよな
要するに指揮力でも負けてたってことだろ?

212世界@名無史さん2012/03/18(日) 21:15:50.230
物量と言えば、青島のドイツ軍は
日本軍の物量攻撃に対してよく1週間も耐えたな

戦後のドイツ軍捕虜への待遇が良好だったのもそれへの敬意か

213世界@名無史さん2012/03/18(日) 21:28:15.020
日露時代から捕虜の扱いは良かったでしょ
第一次大戦期は捕虜に待遇良くすることで欧州と相対的に見て
日本のイメージアップとかもしたかったのだろうが

214世界@名無史さん2012/03/19(月) 11:02:57.040
>>213
その通りだね。ヨーロッパでも日ロ戦争時の日本の捕虜待遇の評価は未だに高いんだけど、
最大の理由は文明国の仲間入りをしたかったんだと思う。第一次大戦時は、日本軍はドイツ
軍を模倣してたからそれに対する敬意もあったんだと思う。

でも第二次大戦になると日本軍の捕虜待遇はナチスやソ連みたいに、それまでの常識では
あり得ないくらい酷いものとなったw

215世界@名無史さん2012/03/19(月) 18:02:22.580
いや、基本的に変化はしていないよ。
ただ、欧州植民地軍の施設をそのまま使ったのがまずかったw

オランダ軍兵士の捕虜「自分たちが入るのがわかっていたら、もっとちゃんとした施設を作っていたのに…」とかねw
最低最悪の捕虜収容施設は、イギリス人、アメリカ人、オランダ人が作った施設でしたというオチ。

216世界@名無史さん2012/03/19(月) 19:10:29.140
>>215
第二次大戦中の日本軍は、日常的に捕虜を虐待して捕虜の半数が死ぬという異常事態だったわけだが。

217世界@名無史さん2012/03/19(月) 19:14:51.210
バターン死の行進は日本軍と一緒に歩いたから人道的とかいう意見がまかり通る時代ですしね

218世界@名無史さん2012/03/19(月) 23:51:02.900
>>92
懐かしすぎて泣いた

アラサー乙

219世界@名無史さん2012/03/20(火) 02:33:02.600
>>217
日本軍の兵士の待遇は他国からすれば虐待レベルということにだな…

220世界@名無史さん2012/03/20(火) 07:45:34.390
>>219
ガダルカナルやインパールにおける日本軍兵士は正に虐待。

221世界@名無史さん2012/03/20(火) 07:49:50.67O
日常的な捕虜の虐待といえば、やはりアメリカ軍だろうなw
昨今のニュースを見てつくづくそう思う。

222世界@名無史さん2012/03/20(火) 08:42:07.090
>>216-217
米兵に海水浴をさせたりティータイムを設けたりポーカーに興じてもらいながらの遠足が死の行進なんですね。
わかります。

223世界@名無史さん2012/03/20(火) 09:10:03.510
>>220
実は、あまり知られていないが
ビルマ戦線における最大の損害を出したのは、ラモウ玉砕やインパール作戦ではなく
戦線崩壊したあとの撤退戦のときだったりする
ビルマ方面軍が文字通り崩壊したから、死傷者数が半端じゃない

ガダルカナルは、海軍がドS過ぎる

224世界@名無史さん2012/03/20(火) 10:28:33.060
>>223
牟田口など指揮官は我先に逃げ出したもんね。
宮崎繁三郎は1人でしんがりを務め、なるべく兵が逸脱しない様に頑張ったが。

225世界@名無史さん2012/03/20(火) 16:39:14.250
ガダルカナルというかソロモン諸島の攻略には、元々陸軍は補給が続かないとして反対だったけど
逆に海軍は米豪連絡線を切断したくてノリノリで、ソロモン諸島どころかフィジーまで進出する計画だった

226世界@名無史さん2012/03/20(火) 19:21:55.660
いざ戦争始まったら陸軍の方が冷静なんだよな

元々石油のために戦争始めたんだから
南方石油が手に入った今、守勢に回って本国との補給路を完全ならしめよっていう

227世界@名無史さん2012/03/20(火) 19:40:21.680
>>226
だって陸軍からしたら、あくまでも主戦場は蒋ちゃん率いる国府軍と対峙している中国大陸だからな…

228世界@名無史さん2012/03/22(木) 01:03:35.340
第一次世界大戦の敗北で、ドイツを完全に分割して消滅させておけば、
第二次世界大戦はおきなかったんじゃないの?

229世界@名無史さん2012/03/22(木) 01:06:49.770
そうすると、賠償金がうやむやになってしまう。
結局うやむやになったけど、
当初戦勝国側はは取る気満々だったからな。

230世界@名無史さん2012/03/22(木) 05:50:09.650
>>228
ww1ドイツ休戦   →講和
ww2ドイツ無条件降伏→

231世界@名無史さん2012/03/22(木) 07:39:50.030
>>226
そうなんだよ。
何でガダルカナルまで戦線を拡大したか。

232世界@名無史さん2012/03/22(木) 08:36:39.630
>>228
それだとドイツが共産化してもっとヒドいことになってたな

233世界@名無史さん2012/03/22(木) 10:07:17.600
>>232
恐らく228は根拠なしの
「〜〜さえなければ」、「世界はもっと変わっていた〜〜」かと。

234世界@名無史さん2012/03/22(木) 11:06:01.600
現実の社会を鑑みるに、共産化して良くなった国が皆無である以上、228が根拠の無い妄想とは言い切れない。
むしろ史実に則った発言というべき。
反論があるのならば、史実の具体的な例を挙げて行う必要がある。

235世界@名無史さん2012/03/22(木) 11:09:20.810
では>>228自身の登場を待とう。

236世界@名無史さん2012/03/22(木) 11:30:07.760
と言うか私は230 :世界@名無史さん:2012/03/22(木) 05:50:09.65 0
         >>228
         ww1ドイツ休戦   →講和
         ww2ドイツ無条件降伏→
ww1の休戦までの状況で、「ドイツを完全に分割して消滅させておけば」
これに至る、仮定と過程が理解出来ないし、想像つかない。
戦争で負ける=壊滅的消滅ではないのだよ。



237世界@名無史さん2012/03/22(木) 17:11:57.64O
医療国家キューバは
ほぼ唯一の成功例か

238世界@名無史さん2012/03/22(木) 17:53:36.880
日本みたいな完全な失敗国家に住むとキューバのほうがマシと思えるな
日本は政治も経済も文化も観光も全て糞だけどキューバは観光地としては一流だし

239世界@名無史さん2012/03/22(木) 20:04:15.900
230:だけど平均月収1500円程度のキューバが?成功例。
そんなお寒い成功体験出されても、なんともいいようが無い。
医療だって経済疲弊すれば、その技術レベルも保てないよ。

240世界@名無史さん2012/03/22(木) 20:13:51.870
>>239
アメリカがキューバを苛めているもんね。
だから経済状態は酷い。

しかし国民には自分たちの国家を自分たちで作った誇りがあり、結構幸せみたいよ。
R25だかで読んだ。

241世界@名無史さん2012/03/22(木) 20:23:10.980
キューバ国民が誇りをもって幸せに暮らしているのであれば、何も言うことは有りません。価値観は人それぞれですから。幻想でなければ・・・。    

242世界@名無史さん2012/03/22(木) 20:25:58.040
旧共産圏の人間にすらあんな労働者が奴隷のような国で暮らすくらいならここの方がマシって言われる日本って

243世界@名無史さん2012/03/23(金) 07:36:13.320
>>242
日本は第二次世界大戦で負けて誇りを失ってしまったから。

244世界@名無史さん2012/03/23(金) 11:45:14.430
全時間の働きアリはもうやめようって事で、ライフスタイル見直した結果
アメリカ労働者の平均労働時間より短くなってるけどね、近年では
(※ただし大企業に限る)

ドイツって2ヶ月も呆けたように休むのに
なんであれだけ経済力あるの?
まぁ休みっぱなしだから日本にGDP抜かれたんだろうけど。
WW1の時代からバカンス漬けだったのかな

245世界@名無史さん2012/03/23(金) 14:56:49.540
>>244
ドイツはユーロが安いから競争力保てるの。

246世界@名無史さん2012/03/23(金) 20:58:07.680
日本はいままで円安すぎたから経済成長できたのと同じだよね。

247世界@名無史さん2012/03/23(金) 21:49:24.090
向こうさんは分業もきっちりしてるんで

大卒は大卒の仕事、高卒は高卒の仕事がきっちり分かれてますんで
日本の方がそういう意味ではメリハリ効かずにグダグダってイメージですけどね。

とかく大卒の仕事が出来ない大卒は多分許されんと思うで

248世界@名無史さん2012/03/23(金) 22:38:12.880
WWIの話ならアラブの反乱のことも思い出してあげて下さい…

249世界@名無史さん2012/03/24(土) 00:22:54.220
そうか、今の日本は、総合商社に高卒でも入れるのか。

250世界@名無史さん2012/03/24(土) 05:31:09.780
>>249
昔は普通にいたよ。
きちんと勤めれば下手な大卒より遥かに年収は良い。

251世界@名無史さん2012/03/24(土) 13:20:38.230
ドイツでは雇用保険等を払ってなくても、生活費の不足分が無期限で支給される
うらやましい

252世界@名無史さん2012/03/24(土) 13:28:07.140
ドイツは日本より遥かに移民が多いのに良くやっているよな。

253世界@名無史さん2012/03/24(土) 13:38:17.270
>>243
自分の生きた国に誇りを持たず「戦後日本は腐ってる」とか言う連中の事か

254世界@名無史さん2012/03/24(土) 14:19:35.540
「自分の生きた国に誇りを持つ」みたいなことを人前で広言するのは
はしたないこと、と思うのが伝統的な日本人のプライド意識だったはずなんだがな。

255世界@名無史さん2012/03/24(土) 14:39:27.00i
>>254
同感だね。

256世界@名無史さん2012/03/24(土) 15:45:54.320
諸国民:有言実行 日本人:不言実行 朝鮮人:有言不実行の文化だからな。

日本人は自讃できない分、諸外国が褒めてくれるんだけど
大震災時の日本人の対応に対する諸外国の崇敬は行き過ぎな気もするね
実際は東京が買占め地獄だったし
東北での火事場泥棒だって散発してたんだから。
緊急避難地帯で行われたATM強盗なんて、これから未来永劫、警察捜査なんかされないだろ。

しかし関東大震災の頃の
関東沖合に、諸外国の支援船団が芋を洗う白黒映像見て
改めて、日は英米と仲良い間が花だなーと思った
三国同盟なんて要らんかったんや

257世界@名無史さん2012/03/24(土) 16:50:45.95O
言わんでも判ると勝手に思いこんで無用な戦争になったわけだからなあ。
くだらんしがらみなんぞほっぼって他国の良いものは取り入れるというやり方の方がよっぽど日本の伝統だと言えるが。

258世界@名無史さん2012/03/24(土) 17:07:12.660
外交における言う言わないって問題は、
「言った効果を計算したうえで」の話だからな。
個人の感情表現とは次元が違う。
そういう計算を学ばずに、「強い態度に出てなめられないようにする」
みたいなうわべだけを取り入れた結果の戦争だろ。

259世界@名無史さん2012/03/24(土) 21:32:48.290
チャーチルの回顧録辺りも知らんのかw

260世界@名無史さん2012/03/24(土) 21:41:16.510
もちろん、知った上で書いてるよ。

というか、それを知って意味を正しく理解している人間にとってみれば、
「自分の生きた国に誇りを持つ」云々と結びつけるのは、
牽強付会であることは説明するまでもなく明らかだしな・・・。

261世界@名無史さん2012/03/25(日) 04:59:28.430
そういう箸の上げ下げにいちいち噛み付く辺りが器が小さいんだって話。

262世界@名無史さん2012/03/25(日) 07:17:20.28O
>>237
仮にそれが事実としても、それは六つのうち五発実弾が詰まったレボルバー二つでロシアンルーレットをやって生き残ったらという選択肢と同じようなもんだ。
先の見えない中でそういう道を選んだ先人を責めることはしないが、結果が見えているにも関わらずそういう愚かな道を選ぼうというのには歯止めの言葉や行動が必要かも知れん。

結果として駄目だと言えるもの。
封建制、国家社会主義、マルクス主義、等々。

263世界@名無史さん2012/03/25(日) 10:06:44.430
>>262
マルクス主義は駄目だと思えんがね。
元々、マルクスは発達した資本主義国から社会主義国は生まれる、と考えていたのだが、実際のところは遅れた絶対王政国家に生まれた。
民主主義の伝統も、高度な生産力もないまま社会主義国が生まれた事が悲惨だったという事。
言ってしまえばマルクスの想定外。

逆にギャンブル資本主義と化している今の世界の資本主義は如何に滅茶苦茶か。
これを糾すのは科学的社会主義しか無いよ。

264世界@名無史さん2012/03/25(日) 11:01:42.64O
基本的にユートピア系は全部ダメだな。
ゴミ。

「空想」であれ「科学」であれ社会主義なんぞは中世の千年王国思想の焼き直しでしかない。
そんなものは単なるオカルト。

265世界@名無史さん2012/03/25(日) 11:23:29.020
そもそも社会主義って目的じゃなくて
共産主義への手段だろ。

で、共産主義とは「自由で豊かな個々人の共同体」。
北欧、アイスランドやブルネイのような形態だな(国家が死滅している訳ではないが。)

社会主義は遅れた絶対王政国家から生まれると共に、共産主義に行き着くことなく党・官僚集権体制で硬直化する
共産主義は福祉的資本主義社会もしくは資源豊富な社会から生まれるって事だ

266世界@名無史さん2012/03/25(日) 11:31:15.23O
なんだ、ただのバカか(呆)

267世界@名無史さん2012/03/25(日) 12:16:38.100
>>261
おいおい、「誇り」とか言ってた割には、簡単に降参しすぎだろ。
もう少し頑張れよ。

268世界@名無史さん2012/03/25(日) 19:25:40.070
>そもそも社会主義って目的じゃなくて
>共産主義への手段だろ。

とすれば、そもそも資本主義(自由経済)自体が手段であって目的じゃないものな。
つまり、資本主義VS共産主義というのは、実は、
経済体制の違いによる対立ではなくて、
経済体制それ自体を目的とする立場と手段とみなす立場の戦いなのかも。

269世界@名無史さん2012/03/26(月) 05:33:30.020
アイスランドなんてギャンブル資本主義にどっぷりと漬かってリーマンショックで真っ先に破綻したところだろw
ブルネイは他よりも地下資源に恵まれているから成り立っている国
バカすぎる

270世界@名無史さん2012/03/26(月) 11:17:15.95O
大学にいた左翼学生なんかだとどうしたいんだとか聞いても、
「生産手段の私有の禁止」とか原理原則的なことは言っていたが、
こういう妄想垂れ流しの公開オナニー晒して喜んでいるような馬鹿はいなかったがなあ…。

2ちゃんニートのエセ左翼じゃね?

271世界@名無史さん2012/03/26(月) 11:36:52.360
>>263
団塊世代に多い考え方ですよね、こういうの。

272世界@名無史さん2012/03/26(月) 17:34:01.18O
本流の話題そっちのけで
第二次大戦とか社会思想で盛り上がってるあたりが
如何に一次大戦がマイナーかを物語ってるよな・・

不人気理由の一つ:熱く語れるネタがない

帝国海軍の展開スケールは第二次より壮大なんだけどね
カナダ・メキシコ沖から大西洋・地中海まで

273世界@名無史さん2012/03/26(月) 17:54:10.350
第一次世界大戦にはなんとも形容しがたい魅力がある
第二次では戦争の只中に茶を啜りながら戦後の話をするくらい連合国に余裕があったからな
当時の欧州列強全てがゲロ吐くまで戦い続けて
オスマン帝国やロシア帝国みたいな一時代前の国が潰れていくってのは面白い
ただ20年ばかり違うだけでも第一次大戦は話のような大昔の気がするからな

274世界@名無史さん2012/03/26(月) 18:18:43.37O
ユトラント沖海戦みたいな戦艦群のガチの殴り合いなんて、
現実なのにリアリティが感じられないw

275世界@名無史さん2012/03/27(火) 21:21:21.180
っていうか、あれが最後じゃないのか。
>戦艦群のガチの殴り合い
WW-II でも砲撃戦は起きてるけど、ユトランド沖みたいな、
敵味方の主力の戦艦が勢ぞろいしてガチでドンパチってのは
あれ以来起きてない。

276世界@名無史さん2012/03/27(火) 22:05:54.730
戦闘機が俺たちのロマンを台無しにした・・・・

277世界@名無史さん2012/03/28(水) 05:09:28.070
赤い戦闘機じゃ駄目なのか?w

278世界@名無史さん2012/03/28(水) 22:14:51.230
軍板にスレを立てた方がよかったんじゃないの?
そしたら、第一次世界大戦オタが魅力を語ってくれるかもしれないし。

279世界@名無史さん2012/03/28(水) 23:47:51.190
第一次世界大戦について語るスレ 3
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1292297560/

第一次世界大戦の軍艦を語るスレ 2
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1306861203/

●塹壕戦を語るスレ
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1295693974/

一応あるようだな、勢いは別として

280世界@名無史さん2012/03/29(木) 01:52:32.370
ここに居る住人と被っている可能性も高いな
塹壕の隣は敵の塹壕だったとか

281世界@名無史さん2012/03/29(木) 12:25:57.03O
日本軍がついぞ行う事がなかった塹壕戦・地上要塞防衛戦。

やってたら相当しぶとかったんだろうな
ドイツに戦車で突っ込まれても押し返してそうだ

282世界@名無史さん2012/03/29(木) 15:20:13.850
>>281
日本軍は大規模な塹壕戦を支えるだけの弾薬生産力はないだろ…
日本軍が攻勢思考、運動戦志向なのは、国力の無さからきているものなんだし

283世界@名無史さん2012/03/30(金) 00:07:33.750
砲弾生産力の前に砲弾を消費するための大砲の生産力があったのか疑問ですけどね。

そもそも当時は75o砲ですんで、前線でモリモリ消耗するはずですし。

284世界@名無史さん2012/03/30(金) 10:01:03.14O
旧軍は第一次大戦は実質的に不参加だったから。
装備三流の植民地軍だけが相手だったわけだし。

第一次大戦最初期の銃剣突撃→機関銃で犠牲者多数→塹壕戦という流れとはまた別のものだからね。

285世界@名無史さん2012/03/30(金) 21:52:57.020
もっともフランスは反乱起こされるまで攻めダルマで、結局戦勝国ですんで
貧乏国のお偉方にしてみれば神様仏様でしょうなぁ。

286世界@名無史さん2012/03/31(土) 05:50:33.65O
おフランスさんは第一次大戦の教訓として「どうせまた塹壕戦になるんだろ?」ってのができたんだろうかね。
「だったら最強の塹壕作って待ち構えてりゃいいんじゃない?」で出来たのがマジノ線要塞と。

287世界@名無史さん2012/03/31(土) 07:26:44.02O
マジノ線が時代遅れだったんじゃなくて
あれを破るための苦肉の策だったのが
電撃戦でしょ

さらにそれを克服したのが
縦深陣地という
マジノ線と正反対のあり方
横で駄目なら縦にすればいいじゃない

288世界@名無史さん2012/03/31(土) 08:50:53.110
電撃戦を苦肉の策と呼ぶのは違和感があるな。
成功すれば味方の損害は最小限で済むjんじゃね?

289世界@名無史さん2012/03/31(土) 11:38:35.63O
後世の人間の後知恵や後付け、こじつけと言われるかも知れないが、第一次大戦直後に書かれたリデル・ハートの論文には、後の電撃戦を想起させるものもある。

290世界@名無史さん2012/03/31(土) 17:40:16.60P
あれは縦深陣地というよりは、ただ領土が広いということだろ。

291世界@名無史さん2012/03/31(土) 22:22:06.910
ゼークトライン先生は

292世界@名無史さん2012/04/01(日) 07:58:17.37O
浸透しちゃうぞ

293世界@名無史さん2012/04/01(日) 15:43:49.680
第1次大戦の時点で塹壕陣地自体が縦深陣地じゃなかったっけか

294世界@名無史さん2012/04/04(水) 15:02:24.70O
多分、面積的にもっと広いものを想定してるんじゃないかな、と勝手に解釈。

295世界@名無史さん2012/04/05(木) 15:00:03.58O
リヒトホーフェンの妹がチャタレイ夫人だと知っ
た時は複雑な感情に襲われたw

296世界@名無史さん2012/04/07(土) 10:11:11.44O
フランス革命勃発時、
バスティーユ牢獄にサド侯爵が入ってた位の場違い感だな

297世界@名無史さん2012/04/07(土) 16:32:52.20O
〜チャタレイ夫人の兄君〜

298世界@名無史さん2012/04/08(日) 14:17:40.96O
同盟側も
米国を引き入れる努力をしなかったの?

実は日本がこの時
対中問題で、米中と一触即発になってて、まかり間違えば
英仏+日 vs 独+米中
になる危険性もあったんだよね

299世界@名無史さん2012/04/09(月) 11:02:38.31O
ルシタニア号事件についても色々とお話しはあるからなw
なにがどこまで本当かは知らないけど。

300世界@名無史さん2012/04/11(水) 14:51:35.87O
第二次大戦参加の時も下準備それなりにやってから参加したからなあ。>アメリカ
日本みたいないきあたりばったり的参戦の可能性は低いと思う。

301世界@名無史さん2012/04/14(土) 16:57:10.970
>>298
アメリカは英仏に借款があったから連合軍側に付いた


302世界@名無史さん2012/04/17(火) 16:06:23.510
スピルバーグの「戦火の馬」はちっともヒットしなかったな

303世界@名無史さん2012/04/17(火) 16:07:21.750
>>263
そんなことない。
ケインズの管理資本主義こそが答え。

304世界@名無史さん2012/04/17(火) 18:04:08.390
政治思想のお話しはスレ違い板違いだから余所でやってね❤

305世界@名無史さん2012/04/17(火) 23:23:42.41O
日本は日英同盟を結んでいたから行き当たりばったりの参戦ではない。
海軍は地中海まで艦隊送り込んで戦ってる。マルタ島かどっかに戦死した海軍兵士を埋葬し弔った墓地がある。

306世界@名無史さん2012/04/18(水) 00:50:47.250
イギリスは中東に行ったような得意の口手形で、
日本にドイツ領タンザニアでも提示してやれば
陸軍も海軍追うように欧州参戦しただろうにな

307世界@名無史さん2012/04/18(水) 01:28:08.460
さすがに当時の人もいやアフリカとか遠すぎ・・・領有しても守りきれんし・・・
どうせなら中国方面の権益くれよみたいなこと考えるだろうな。

308世界@名無史さん2012/04/18(水) 19:11:36.930
>>305
インド洋から向こう側は日英同盟適用範囲外じゃないっけ。

309世界@名無史さん2012/04/18(水) 20:46:00.240
イギリスは第二次世界大戦の戦勝国としては一番損をした国だよなw
後知恵なんだろうけど、日英同盟解消しないでアジア植民地の権益とかブロック経済とか多少融通すりゃそれほどでもなかったかも…。

310世界@名無史さん2012/04/19(木) 07:58:25.710
>>305
第一次大戦に対して

大隈重信「千載一遇の機会」

311世界@名無史さん2012/04/21(土) 07:32:18.910
>>309
ならずもの国家と化した日本と同盟を結んでても良いこと無かったろ、アメリカと違ってカネも無いし

312世界@名無史さん2012/04/21(土) 07:39:39.210
日露戦争後に手の平返して満州利権から英米を弾き出したのは当の日本だし切られて当たり前。
ならずもの国家とはよくいったものだ。白人世界の秩序を乱すならず者。

313世界@名無史さん2012/04/21(土) 07:47:18.520
イギリスの疑念を更に深めたシベリア長期出兵が半端過ぎる

信用優先で列国と一緒に撤兵するか、
資源・対ソ優先で
セミョーノフにシベリア・モンゴル独立国を樹立させるまで居座るかすればいいものを
(石油も自力供給できて、米国依存の必要も無いし)
パルチザンとボコりあうだけで終わってしまったからな

314世界@名無史さん2012/04/21(土) 22:07:15.31O
>>308
太平洋や中国にドイツ領があったろ。
英国艦隊は北海と大西洋だけで手一杯だしオーストラリア海軍はザコ過ぎて太平洋やインド洋を任せられないから日本が艦隊を送り出した。
フランス・イタリアも地中海だけで手一杯…
第一次世界大戦の陸戦をマトモに経験してないから第二次世界大戦であのように負けたとも言われてるな。

315世界@名無史さん2012/04/22(日) 10:56:37.370
>>314
イギリスにしてみれば日本がシーレーンの保護することは望んでいたけれども、
その辺りを日本が単独で占領することまではイギリス望んでない。

だからこそ青島攻略の際にイギリス軍も参加することを望んで参加したし、
占領後、イギリスも一緒に駐屯することを望んだ。
ところが日本はイギリスの駐屯を拒否して単独で駐屯。

316世界@名無史さん2012/06/16(土) 07:41:18.280
大英帝国あっての日本帝國だったのになあ。

317世界@名無史さん2012/07/10(火) 15:51:34.43i
>>312
そう単純じゃない。
寧ろ独伊と同盟を組む前は日本はそう評判は悪くなかった。
独伊と同盟を組んだ事が致命的。

318世界@名無史さん2012/07/10(火) 20:58:00.160
英国の駐在武官、仏の駐在武官がさんざん外務省や陸海軍に訓電打診していたけど
無視されたからねえ。 ドイツ情報確度90 仏英10ではどうにも。
その遠因として、松岡の外務官僚の大量粛清(英仏系を島流し、前例無し)でかなりダメージ喰らっている 

319世界@名無史さん2012/08/24(金) 20:25:41.780
>>305
WW2の日本へのソ連参戦と同じで、日本以外では、図々しい参戦と思われているんだろうな。

320世界@名無史さん2012/09/13(木) 05:23:47.400
ちょうど今、BBC1で今WWI特集やってるよ。
コメディアンが自分の祖父の戦争体験を探っていくという構成。
WWIIとちがってWWIは殆どの人が先祖が何らかの形でかかわって
いたからこっちではこのパターンが多いな。

321世界@名無史さん2012/09/13(木) 19:33:45.540
インパクトが第一次世界大戦<<<<<<<ロシア革命になってしまっている

322世界@名無史さん2012/09/13(木) 19:36:26.070
>>321
それは言えるw

323世界@名無史さん2012/09/15(土) 12:51:44.120
これ非常に重要なんでゆっくり読みます。「ある出来事が発生し、結果として我々はアフガニスタンを、
侵略してカスピ海からの石油パイプラインを施設し、イラクにも侵入して石油を分捕り中東に、
基地を設けて中東をニューワールドオーダーの一部に組み込む、その後はベネズエラを襲う。
その出来事のおかげでこれだけの事が発生する」こうニコラス・ロックフェラーはアーロン・ラッソに、
911が発生する11ヶ月前にはっきり言ってるんです。http://www.youtube.com/watch?v=dPmCOAfcgoI

そしてロックフェラーを長とするユダヤ権力は、大イスラエルを建設すると言ってるんです、これ全部、
同じことなんです、みんな結局おかしなこと言ってるけども、大イスラエル計画というのは翻訳すれば、
ニューワールドオーダーなわけです、みんな同じ事なんですよ、だから一緒になってるんです。
みんな同じ目的なんです、言い方を変えてるだけなんです、地上天国=NWOなんです。
NWO=相対革命=金日成主義なんです。http://www.youtube.com/watch?v=GOw-iDuRrD8

あなたはもうご承知のことと思うがアドルフ・ヒトラーは隠れユダヤ人であり、Uボートで南米へ逃亡し、
二人の子供を作った、フリードリヒとオルガは現CJAの高官である、迅速に行動することを要求する。
当方のエージェントは追跡を避けるためメールアドレスを毎週変更している、大イスラエル帝国の、
建設の共同作業はすでに五千年に渡って発動されている、それらは中止することができないものである。
覚えておけ、我々は数百万人を殺した、我々がさらにもう一人殺したところで、誰も気づきやしない。
デービッド・ホールドシュタイン・ユダヤ非公然同盟。http://www.youtube.com/watch?v=2WovRBGdkdM

あんたね、こっち側に寝返ればいい生活保障するよと書いてあった英語で、本当に、あなたは極めて、
優秀な人間であると、従ってこれはいい提案だと思うんだけど、こっち側に寝返らないか、そうすれば、
ロックフェラーやブッシュのような安楽な生活を保障できると書いてあった、で普通の人は、
あらよっと乗り移るんだろうけど、私の場合はすぐさまそのメールを貼り付けた、ネットにね、そして、
公開することによって彼らが手を出せないようにした。http://www.youtube.com/watch?v=Jf8mdHnskmE

324世界@名無史さん2012/09/15(土) 13:44:31.140
二次があってこその一次の命名だからだろう。

325世界@名無史さん2012/09/15(土) 14:00:38.970
しかし、どこの国も外交が機能せず、動員命令がそのまま、
相手国への最後通牒の代わりになったのはなんだかなあとはおもう

326世界@名無史さん2012/09/15(土) 15:36:25.860
果し状を書かない喧嘩もあるでしょ。
最後通牒は通信や飛行機が生まれてから出来た概念。
新技術だからどっかの国がミスって半世紀以上おこられてるでしょ。

327世界@名無史さん2012/09/15(土) 16:32:59.270
ですね。
どっかでは旅客機をツインに当てて「宣戦布告の狼煙だ」とか言ってたような

328世界@名無史さん2012/09/15(土) 18:01:00.960
長期的に世界史を見ると第一次大戦は結構インパクトあるんだけど。
それまでの連続した千年近くの経緯をリセットした。
日本でいうなら近畿地方無くなった、くらい。

第一次にはWorld Warというネーミングにまだ幻想がある。命名者は到達感を持ってるよ。
第二次大戦は前回の惨劇が事実であることを突き付けられた。
開戦前の大規模戦予想と開始時の無気力戦争。前線の兵士同士は挨拶して話すだけ。
除々にヒートアップし最後には虐殺戦。
各独裁者は演説力や文才でのし上がった神経質そうな者ばかり。
イジメられっこのライフル暴発そのままの世界が「戦争」であると確信されたのが第二次大戦。
だからインパクトがある。

329世界@名無史さん2012/09/15(土) 18:16:50.190
>>325
WWUも外交は機能してないんだよねえ
WWTみたいに、「戦争が起きたら政治家の仕事は終わり」みたいな風潮じゃなくて
どこの国も「正義の戦争」、「敵国を完全に屈服させる、俺たちは絶対に屈服しない」
みたいな、自分たちで外交カードをせっせと廃棄している印象
スターリンの外交が一番外交しているわ

330世界@名無史さん2012/09/15(土) 18:34:06.150
>>54
レーニンなんて生きてなかったわ
スターリンの間違いでした ドイツ軍が冬将軍に苦しんでる時に
ロシア東部のウラル地方に軍事施設を移し軍力を高めた采配は見事

331世界@名無史さん2012/09/15(土) 23:56:55.410
>どこの国も「正義の戦争」、「敵国を完全に屈服させる、俺たちは絶対に屈服しない」
ミュンヘン協定の経緯を見るかぎり、イギリスやフランスにはそういうノリは無かったような気がするんだが。
とにかく戦争がしたくない、というのが本音だろう。

332世界@名無史さん2012/09/16(日) 13:26:55.730
最強の日本

明治前期の希望
明治後期の政治
大正の正義
昭和初期の兵隊
昭和後期の経済
平成の技術

最弱の日本

明治前期の経済
明治後期の技術
大正の希望
昭和初期の政治
昭和後期の正義
平成の兵隊

333世界@名無史さん2012/09/16(日) 14:12:46.000
誤認だらけくまー

最強の日本

明治前期の希望 難問山積 希望で国際政治も国内政治も回せません
明治後期の政治 元老が老いていき、段々軍官民がバラバラに
大正の正義    大正デモクラシー しかし過激な連中が暴走
昭和初期の兵隊 装備が明治のママ、少壮士官がこれを憂うがどうすることも出来ず
昭和後期の経済 持ってない奴はやはり持ってなかった、金持ちと貧乏の差は歴然だった
平成の技術    基礎技術に遅れが出始めており、相変わらず米国の技術には追いつけず

最弱の日本

明治前期の経済 財閥形成 官営の民営化払い下げで汚職
明治後期の技術 ゼロに等しい、世界に通用するのは絹糸だけ
大正の希望    欧州が自滅戦で質の悪いのでもなんでも買ってくれた、船も、大儲け
昭和初期の政治 幣原の元政党政治が軌道に乗る、昭和帝がちょっと若気の至り
昭和後期の正義 アカは敵だ
平成の兵隊    大震災で威力を発揮

334世界@名無史さん2012/09/16(日) 19:17:28.650
>>333
今の日本の政治も昭和初期に匹敵する酷さ
希望の無さは今の日本の方が酷い


335世界@名無史さん2012/09/16(日) 19:22:50.820
徴兵制が無いだけでも満足しようや

336世界@名無史さん2012/09/16(日) 21:31:57.450
代わりに国民皆職制がある。
あんまり守られてないが。

337世界@名無史さん2012/09/16(日) 21:32:10.110
つうか、将来への希望云々を政治に求めるってセンスが、
もう昭和(高度成長期以前)。

338世界@名無史さん2012/09/16(日) 22:19:03.320
平成維新の機運が高まっています!

339世界@名無史さん2012/09/16(日) 22:26:53.100
よーし、じゃあまず朝廷工作だ!

340世界@名無史さん2012/09/16(日) 22:40:16.890
平成維新というとプロレスですね。

341世界@名無史さん2012/09/17(月) 00:54:49.730
しかし、京にはおりませんでごわす。
WW1はビクトリアの子や孫が互いに叩き合った戦争と考えると
悩むところだな。 なんで血が繋がっているの戦争したんだろうね。

342世界@名無史さん2012/09/17(月) 00:56:22.350
日本の戦国時代も親戚同士でずいぶん戦ってるしな。
政略結婚で維持してきた平和が崩壊すると結果的にそうなるだろう。

343世界@名無史さん2012/09/17(月) 03:09:46.870
兄弟姉妹で仲が良いのは庶民だけ。
その庶民でも遺産相続とかがあると仲悪くなるだろ。
それと同じだろ。

344世界@名無史さん2012/09/17(月) 16:39:03.890
まあ、歴史を見るとそういう原因の戦争もなくは無いけど、
WWI はどうだろうねぇ。

345世界@名無史さん2012/09/18(火) 19:57:45.770
>>343
仲が悪いというのも当然あるが、どっちが生き残るか分からないから
両陣営に、送り込んどけば、片方が生き残るという戦略もある。

346世界@名無史さん2012/09/20(木) 23:16:00.310
>>1
カナダだとパッシェンデールの印象が一番強いんじゃ無かった。

347世界@名無史さん2012/10/31(水) 05:17:44.700
姉妹スレ
第二次大戦後の国際体制と第一次大戦後の国際体制
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1343137861/

348世界@名無史さん2012/11/04(日) 19:19:03.300
68年ぶりの解読:英民家煙突から軍鳩の骨と暗号文発見
http://mainichi.jp/graph/2012/11/04/20121104k0000m030079000c/001.html
http://mainichi.jp/graph/2012/11/04/20121104k0000m030079000c/image/001.jpg

【ロンドン小倉孝保】第二次世界大戦の連合軍によるノルマンディー上陸作戦(1944年6
月)の際、ナチス・ドイツ占領下のフランスから放たれたとみられる英空軍の軍鳩(ぐんきゅう)
(伝書バト)の骨が英国の民家で見つかった。ハトには暗号が付けられ、英国立暗号センター
で68年ぶりの解読作業が始まった。

 英南部ブレッチングリーに住むデビッド・マーチンさん(74)宅で、改築のため暖炉を壊そうとし
たところ、煙突内側から見つかった。脚に小さな赤いカプセルが付けられ、中の薄紙に通信文
(暗号)が書かれてあった。

 差出人は「W・Stot」で英空軍所属の軍曹。宛先は「XO2」とあり爆弾司令部を意味する
という。暗号は計27の文字列で構成されている。英メディアによると、仏ノルマンディー地方か
ら英バッキンガムシャーの暗号センターに向け放たれたハトが、気象条件など何らかの事情で
疲れて煙突に入った可能性が高いという。

 英王立伝書バトレース協会によると、軍鳩の骨から約30の通信文が見つかっているが暗号
通信文の発見は初めて。極秘情報だった可能性が高いといい、早くも爆撃を依頼する内容
だったのではなどの観測が飛んでいる。

 英軍は当時、通信用に約25万羽の軍鳩を使っていた。軍鳩は約1100キロ先までの飛行
が可能という。仏ノルマンディー地方からマーチンさん宅までは約150キロ。そこから暗号セン
ターまでは約130キロだった。

349世界@名無史さん2012/11/04(日) 23:38:42.77O

              ノ´⌒ヽ,,
          γ⌒´      ヽ,    鳩は平和の象徴です!
         //"⌒⌒ゝ、   )
          i / ⌒  ⌒  ヽ )   ・・・公園や聖地の持ち物ですから!!
          !゙ (・ )` ´( ・)   i/
          |  (_人__)    |
         \_`ー'  _/
          cく_>ycく__)
           (___,,_,,__,,_,,__)  ∬
          彡※※※※ミ 旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \  プッ!! /   \ クスクス! /
 l|||||||||||||| ∩,,∩ ∩,,∩  ∩,,∩ ミ∩ハ∩彡バカジャネーノ
 (,    )(,,    )    ,,)(    )(    )


350世界@名無史さん2012/11/24(土) 03:06:16.170
大日本が大活躍しないからじゃない。

351世界@名無史さん2012/11/24(土) 11:54:50.510
地中海に艦隊を派遣したじゃないか!
青島上陸したじゃないか!南洋諸島進出したじゃないか!

352世界@名無史さん2012/11/27(火) 22:44:24.700
>>351
けど、地味だよな。
地中海まで行ったのは、駆逐艦主体で敵艦を一切撃沈すらしていない(戦時中には、敵潜水艦を撃沈したと誤認してたけど、のちに誤りと判明。)
南洋諸島も火事場泥棒しただけ(そもそも、イギリスは日本に参戦して欲しいけど、中国沿岸以外に手を出すなってハッキリ言っていた。)

353世界@名無史さん2012/11/27(火) 23:57:16.780
>>352
しくしくしくしく

354世界@名無史さん2012/11/30(金) 23:55:06.330
アジア大洋州以外での日本軍の行動が、現代の自衛隊に似てて落ち着きを感じる節は有るよ>>352

355世界@名無史さん2012/12/05(水) 10:00:12.710
>>350
日本自体大規模派兵したくなかったってのもあるけど
実際、派兵反対側の参謀本部が連合国側で陸軍派遣の調査したんだが
ロシア救援には最大50個師団を東部戦線に投入しなくちゃいけないけど
英仏が全面支援しないかぎり補給線が持たないので国力上不可能ってなった

もちろん、陸軍が都合のいいように計算をしている可能性もあるかもしれんが
その後のシベリア出兵では近場で数個師団の動員なのに国庫がヒイヒイいっていたし
実際、そうなった可能性は十分にありそう

356世界@名無史さん2012/12/05(水) 16:12:59.390
イルクーツクまで行っているからなあ<シベリア出兵。
あんな何もないところに技術も無しで言っても無駄なだけなのに。

357世界@名無史さん2013/01/07(月) 21:25:44.620
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E7%AC%AC%E4%B8%80%E6%AC%A1%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%A4%A7%E6%88%A6%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88
世界初の大規模な空戦

レッドバロンとか中二病患者すぎるしロリコン疑惑あり
病弱のエース ギンヌメールとウーデットの一騎打ちというもっと作品化されていい要素多い

358世界@名無史さん2013/01/07(月) 22:41:37.40O
(^.^)エース数が違いすぎ

バロン滋野なんて義勇兵扱いなんで日本軍は公認してないからな

359世界@名無史さん2013/01/08(火) 23:26:39.270
ビスマルクとモルトケのおかげだったのに勘違いしたアホ皇帝

360世界@名無史さん2013/01/08(火) 23:51:02.250
日本の活躍が青島戦と言っていいくらい地味すぎるわ

361バロン滋野2013/01/09(水) 06:21:50.36O
滋野 清武(しげの きよたけ、1882年10月6日-1924年10月13日)は、明治・大正期の飛行家である。男爵。通称をバロン滋野。
1882年10月6日、男爵滋野清彦の3男として名古屋[1]に生まれた。1896年に父を亡くし13歳で襲爵。
父の軍功に応えるべく、学習院を中退して広島陸軍地方幼年学校に入学するが、生来芸術家肌であったために神経衰弱を患って中退。
千葉県安房郡館山町上須賀の別荘で遊興したのち、上野の東京音楽学校に入学してコルネットを習得した。
音楽学校で知り合った子爵清岡公張の三女和香子と結婚する。

学習院中等科に在学時、1級上の志賀直哉や有島生馬、松方義輔(松方正義の九男)から集団暴行を受けたことがある。
志賀は「人を殴つた話」と題する1956年の随筆の中で、清武を「兎に角、妙に人に好かれぬ男だつた」と評している(岩波書店『志賀直哉全集』第9巻、1999年、pp.351-354)。
長男の滋野清鴻はジャック滋野の名でジャズピアニストとして活躍。
三木鶏郎やジョージ川口と同じバンドで活動し、「和製カーメン・キャバレロ」の異名を持ったが、1989年に事故死した。
清鴻の弟の滋野清旭もロジェ滋野と名乗るミュージシャンで、ジャズバンド「パップ・コーンズ」のドラマー。
このバンドのリーダーにジェリー藤尾、バンジョー奏者に高木智之(後の高木ブー)、セカンドシンガーに仲本工事がいた。
ロジェはまたジャッキー吉川とブルー・コメッツの前身「ブルー・コメッツ」の結成者でもある。後には洋画家としても活動した。

362世界@名無史さん2013/01/12(土) 11:43:00.830
トルコの扱いの酷さ

363世界@名無史さん2013/01/13(日) 00:09:03.410
トルコは俗に病人だとか死人だとかクソミソに言われていたが
何だかんだでその立地の良さから協商側も同盟側もトルコの出方にずいぶん気を使っていたな

364世界@名無史さん2013/01/17(木) 18:53:44.270
司馬遼太郎を真に受けて乃木批判してる連中は
ヴェルダン等のWW1の実情を知らないんだろうな

365世界@名無史さん2013/01/17(木) 19:28:00.750
>>364
わりと見直されて来ているよ

日露より前のセヴァストポリ要塞戦とかも比較すると、乃木の手腕が際立ってくる
旅順攻略直後にイギリスとフランスが真っ先に叙勲しているくらいの快挙
旅順攻略の武名があったがゆえに、ロシアは奉天で過度に乃木を恐れて瓦解した

366世界@名無史さん2013/01/18(金) 10:02:10.880
現代日本人は児玉大山秋山を高評価しがちだが
実際は旅順でも奉天でも決定打をくわえたのは乃木の指揮による所が大きい
旅順陥落によってロシア国内で革命が起きたり反戦世論が作られたり、
ステッセルとの会見が映像によって世界中に報じられたりで
世界に与えた政治的影響力も乃木が抜群に大きい。児玉は大して役に立ってない。
明治期を代表する陸軍の英雄は誰かと言えば間違いなく乃木だな

367世界@名無史さん2013/01/30(水) 16:25:00.850
第一次でも二次でもどっちでも活躍したロンメルさん

368世界@名無史さん2013/01/31(木) 20:15:42.980
>>108
槍を束ねたものを積んで、落下中にバラバラになって
文字通り槍の雨を降らす武器もあったぞ

369世界@名無史さん2013/02/04(月) 18:37:23.910
ヒストリーチャンネルで今、一挙放送中の番組「知られざる第一次世界大戦」ってこのスレの住民的に満足のいく内容かな?
まだ1話と2話を録画しただけで内容は観てないけど
軽くざっと観た限り面白そうなんだけど

370世界@名無史さん2013/02/15(金) 22:45:13.050
ここが日本だからさ

371世界@名無史さん2013/02/16(土) 07:46:36.380
日本は第一次大戦でロクに戦ってないからなあ
この戦争に限らず日本人が参加してない戦争は関心が無い
ナポレオンやフリードリヒ大王が活躍するエンターテインメント作品も
日本じゃほとんど無いからなあ

372世界@名無史さん2013/02/16(土) 09:02:27.490
俺は真逆だな。
近現代戦に関しては、日本が絡む戦争については、
特にこういう不特定多数が絡む場所ではあんまり近寄りたくない。
変な奴がいっぱい湧くから。
歴史談義は、第三者の気軽な立場で話すから楽しいのであって、
当事者意識バリバリの奴がいるとつまらなくなる。

373世界@名無史さん2013/02/16(土) 09:36:19.870
日本が地中海まで行って戦ったから逆に好きだがな
あの中国と唯一味方同士で戦ったっていう特殊性もある

374世界@名無史さん2013/02/16(土) 14:03:24.170
>>369
見てみたいな。
日本だと一次に関しては翻訳された映像作品が少ない。
仕方なく英語版を探すも、日本尼にはDVDがほとんどない。
字幕がないとわからないので。

>>372
ナショナリズムの問題?
自分は英語と世界史勉強して一次に興味持ったよ。

375世界@名無史さん2013/02/16(土) 15:20:54.090
19世紀の雰囲気がギリギリ残ってるって点でも興味深い

376世界@名無史さん2013/02/16(土) 15:23:08.400
騎士道精神

377世界@名無史さん2013/02/16(土) 17:19:41.230
第一次世界大戦の直前までは列強各国も19世紀的なカラフルな軍服だったけど
バルカン戦争やボーア戦争や日露戦争では、青や赤の軍服はライフル銃の格好の
標的にされることがわかったので英国も日本もドイツも地味な色に変更した
一方で赤ズボンにこだわったフランスは序盤戦で手痛い打撃を受けた

378世界@名無史さん2013/02/16(土) 18:16:44.330
まあ序盤は英軍も十分手痛い打撃を受けてたけどな

379世界@名無史さん2013/02/20(水) 06:46:22.740
最大の打撃はスペイン風邪

380世界@名無史さん2013/02/25(月) 23:47:19.310
>>374
FC2に無料動画が上がってるよ
直ぐに重くなるから途切れとぎれになってしまうけど
内容が堅苦しくなくて日記調で語られたりするから
歴史にそこまで関心の無い人でも疲れずに観れる面白さ
これは今までに観た外国の歴史を取り扱った番組の中で一番面白い

381世界@名無史さん2013/03/29(金) 22:24:39.710

382世界@名無史さん2013/05/03(金) 01:05:00.680
兵器のバリエーションが少ないからじゃない。
マニアの心をくすぐらない。

383世界@名無史さん2013/05/03(金) 11:10:35.760
歩兵、砲兵、騎兵 十分じゃないか

384世界@名無史さん2013/05/03(金) 11:22:48.660
騎兵戦術とスコップという二大アナログ兵器は
2次ではもう見られないからな

385世界@名無史さん2013/05/03(金) 12:03:49.330
前者 確かブタペスト近辺で…大活躍
後者 確か東部戦線で大活躍

386世界@名無史さん2013/05/04(土) 19:43:53.260
>>382
飛行機のバリエーションは下手すると第二次世界大戦より多いくらいだけどね。

387世界@名無史さん2013/09/03(火) 14:48:24.840
スコップは塹壕掘りで、その後もずっと活躍。

388世界@名無史さん2013/09/05(木) 17:04:06.490
20年しか空いてないのに第一次世界大戦は大昔の事で、第二次は近いような印象受けるのは、
第一次が王侯貴族の動かしてきた世界が終わる契機になった戦争で、第二次は現代まで、少なくとも80年代末まで続いてきた世界を作った戦争だからなのか。

389世界@名無史さん2013/09/07(土) 01:34:49.82O
全体主義革命に幻想が持てた時代ね

390世界@名無史さん2013/09/09(月) 12:16:12.900
仕事だがビールがうまい

ドライブ

中生

391世界@名無史さん2013/09/14(土) 00:55:29.50P
スコップは今も現役バリバリの武器だろ

392世界@名無史さん2013/09/18(水) 11:24:03.34i
>>391
設営に使う道具も武器として考えるならそうだね。
今はよほどの事がないと殆ど近接戦は起きない。

393世界@名無史さん2013/09/18(水) 13:22:03.970
その認識は古い
アフガンであんまりにも白兵戦が起きるんで
米軍は格闘マニュアルと銃剣の更新したばかり

394世界@名無史さん2013/09/18(水) 13:52:09.560
銃剣が役に立つからスコップも接近戦で役に立つと思ってるの?
文字で読んだ知識だけが発展した結果の机上の妄想だな
富士演習場で夜間歩哨やってこいよ
似て非なる物だ

395世界@名無史さん2013/09/18(水) 13:56:32.870
スコップは軽いからな。しかも私物の折りたたみだと……
小隊長!前回の件で使った分はマダおりんのですか!

396世界@名無史さん2013/09/18(水) 15:19:37.550
アスペかよw
>今はよほどの事がないと殆ど近接戦は起きない。
ここへの返しだろ?

397世界@名無史さん2013/09/19(木) 21:04:03.100
>>382
軍艦にとっては過渡期だから軍艦のバリエーションは第二次より多いんじゃね?
石炭で動く艦もあれば、石油で動く艦もある。
旧来の戦艦に、ド級戦艦、その中間の準ド級戦艦。更に大口径の砲を積んだ超ド級戦艦。
防護巡洋艦に装甲巡洋艦、それから発展した巡洋戦艦。軽巡洋艦の中には、より大きな砲を積んだ後の重巡洋艦の先祖にあたる艦も出てきてた。
実際には、後の時代と違い条約で細かく規定されていたわけでもなし、水雷巡洋艦とか偵察巡洋艦と呼ばれた艦もあったり、国によってはもっと違う名称で呼ばれてたり。
更には航空機の軍事利用に伴って水上機母艦や、後半には空母も登場してた。
あとはモニターとか。

398世界@名無史さん2013/09/20(金) 14:43:08.460
大量に人が死んだからだろうな。その点で
第2次>>>>>第1次
といえる。
更に大日本帝国から見れば、第1次の方は僅かにしか参戦してない。
だから日本史的観点からは評価が低いのでは。

399世界@名無史さん2013/09/20(金) 14:51:18.930
第二次大戦が壮絶すぎるんだよw

400世界@名無史さん2013/09/20(金) 15:53:48.820
ナポレオン戦争に日本は微塵も関係してないけどそこそこ人気あるし、評価も高い

塹壕戦が地味すぎたんだろうなー
兵士には地獄だが

401世界@名無史さん2013/09/20(金) 16:12:11.280
リーダーもロマノフ2世、ロイド・ジョージ、ウィルソンとかなり微妙
唯一ヴィルヘルム2世が過激な帝国主義者でキャラ的には良いが能力はゴミだし

402世界@名無史さん2013/09/20(金) 18:00:34.560
WWTってこれぞ一大会戦って感じのものはなかったんだっけ?

403世界@名無史さん2013/09/20(金) 19:49:14.770
会戦それ自体は戦車や飛行機が出現したとはいえ昔ながらの押しくらまんじゅうだが
局地的にはアミアンの戦いのように後の電撃戦の原型になったような戦いもあった

404世界@名無史さん2013/09/20(金) 20:51:41.000
>>403
兵器としてはアミアンの戦いかもしれないが、戦術としてはドイツ軍の春季攻勢のカイザー・シュラハトだね。
正に突撃歩兵を戦車に変え、複葉機+機関銃をスツーカ+爆弾に変えたら同じ戦術。
突撃歩兵では機動力が足りず、複葉機+機関銃ではトーチカを破壊できず、結局はパリの一歩手前で失敗したが。

405世界@名無史さん2013/09/20(金) 20:52:35.870
あとカイザー・シュラハトとアルデンヌの戦いが自分の中では印象が重なる。

406世界@名無史さん2013/09/23(月) 11:51:21.720
女スパイ
マタハリ

407世界@名無史さん2013/09/27(金) 11:48:36.390
来年でサライエボ事件から100周年ですね。
西欧では
何か記念行事でもあるのですか?

408世界@名無史さん2013/09/27(金) 16:21:59.640
日本がアジアを解放しないからじゃない。

409世界@名無史さん2013/09/27(金) 17:09:05.070
日本は、第一次世界大戦で、アジアを開放しようとしなかったんだろう。

410世界@名無史さん2013/09/27(金) 18:49:57.120
まだ日露の傷が癒えていなかったからじゃね

411世界@名無史さん2013/09/27(金) 19:32:52.530
まだプリンス・オブ・ウェールズ撃沈したようなシーパワー持っとりませんがな
大戦特需で稼がせてもらったのが以後の土台になっとるわけやし

412世界@名無史さん2013/09/27(金) 22:26:00.340
>>409
そもそも第二次大戦でアジアが解放されたのも日本の軍事的成果の副産物で
日本の指導者にとっては日本以外のアジア人が死のうが生きようが知った事じゃなかった訳で

413世界@名無史さん2013/09/28(土) 07:24:32.29i
>>412
その通り。
そこを無知なネットウヨは勘違いしている。

414世界@名無史さん2013/09/28(土) 15:51:19.110
大東亜会議
史上初めて有色人種のみが一堂に会して行われた首脳会議である。
当時の日本やその同盟国がイギリスやアメリカなどの旧宗主国を放逐したことにより独立を果たしたアジア諸国の国政最高責任者を招請して行われ、
「それまでの植民地対宗主国の主従関係にとらわれたものでなかったため会議はきわめて和やかに進められ、一家族の集会のようであった」という回顧がある。

開催国の日本を中心に予定調和的に会議が行われたわけではなく、タイ王国代表ワンワイタヤーコーンが、
その演説の中で大東亜共同宣言案への修正提案が拒絶されたことに対する婉曲な批判を行い、
またフィリピン大統領ホセ・ラウレルが、元オランダの植民地であったインドネシア代表が会議に参加できなかったことへの不満を述べるなど、
ある程度の緊張感を伴った国際会議であった。

日本の敗戦後における(戦勝国の連合国による)一般の認識としては「会議は東條首相による操り人形たちの集まり」とされている。
一方で、「大東亜共同宣言はイギリスとアメリカが提唱した大西洋憲章に対抗することを目指していた」という評価もある。

415世界@名無史さん2013/09/28(土) 20:31:46.850
>またフィリピン大統領ホセ・ラウレルが、元オランダの植民地であったインドネシア代表が会議に参加できなかったことへの不満を述べるなど、
ある程度の緊張感を伴った国際会議であった。

それもヤラせじゃなかろうな?

416世界@名無史さん2013/09/28(土) 20:40:13.960
日本でアメリカの強盗に金を盗られるより
インドネシアの強盗に金を盗られる方がマシだろ解放

とか言ってるレベルの解放だろ実際

417世界@名無史さん2013/09/28(土) 20:56:17.500
>それもヤラせじゃなかろうな?
日本がインドネシアを独立させる予定だったのは
四十五年の八月だから参加要件を満たしてねぃし

やらせなら、もっと早く独立させてたんじゃねぃ
何をやらせと言っているのかさっぱり分からんが

418世界@名無史さん2013/09/28(土) 21:27:39.150
まあ、まるっきりの欺瞞とは思わないが、
現代のアメリカの同盟国に対する態度が批判されるのと
同程度以上の偽善性はあったんじゃね。

419世界@名無史さん2013/09/28(土) 21:34:04.490
他人が読んでも要領を得ない例え話は止めて
何らかの偽善性を疑うべきでいいんじゃねぃ

420世界@名無史さん2013/09/28(土) 22:56:49.880
それでは話を一般化しすぎ。
国家の外交政策なんて偽善性が全くない無いことなんて
めったにないんだから、偽善性の有無自体を議論するのは無意味。

421世界@名無史さん2013/09/28(土) 23:09:15.65O
オランダは政府がイギリスに亡命していたが、
かなりの国民がドイツに親近感を持っていて、
数万人がドイツ軍に応集して戦地に赴いており、
同盟国の誼みから、それをむげに否定するような
インドネシア独立に進める事ができなかったんだろう。

422世界@名無史さん2013/09/30(月) 18:36:13.100
オランダさん腹黒いっす!(へたりあ

423世界@名無史さん2013/09/30(月) 21:23:13.590
おまえとこのジェノバやヴェネチアの腹黒さはどこへ
消えてしまったんや>へたりあ

424世界@名無史さん2013/09/30(月) 21:46:29.080
いや・・・同盟(WWT前)、枢軸(WWU)側に身をおきながら、
状況をみてカメレオン的に寝返るところとか、なかなかの腹黒さやろ

425世界@名無史さん2013/10/01(火) 15:17:26.830
欧州騒がしい割に、イタリアの話題はとんと出ないところも<経済等

426世界@名無史さん2013/10/02(水) 02:41:13.210
イタリアは第一次大戦の時点で
すでに他の列強より戦術・軍備の面で遅れが目立ちはじめていたからな

427世界@名無史さん2013/10/02(水) 03:03:34.220
ヴィットリオ・ヴェネトでオーストリア軍の主力を完全に壊滅させて二重帝国崩壊とドイツ降伏の原因クラスの戦略的勝利を収めたじゃん

428世界@名無史さん2013/10/02(水) 08:52:59.450
オレが読んだ左翼本には、インドネシアは完全に日本領にする予定だったと書いてた
石油が採れて、人口が多くて、統一言語が無く民族バラバラだから丸ごと日本人にしちゃおうと

429世界@名無史さん2013/10/02(水) 09:24:59.040
>>427
オーストリアは東部戦線も抱えていた、一方イタリアはアルプス戦線だけ
それにその勝利までどれだけ敗戦を重ねていたと思うんだね?

430世界@名無史さん2013/10/02(水) 18:44:25.690
>>428
終戦直後、シャムを中心にした第二日本国を建設する動きが進行中だったので
日本軍の航空機使用禁止(8/29/23:59まで)までに天皇の勅使と勅書と勅令抱いて、
南方軍(寺内)を説得にいった話のネタを元に作った話でしょうな。

431世界@名無史さん2013/10/06(日) 05:51:35.740
>>421
ドイツ軍に応集して戦地に赴いたオランダ国民は、
第二次世界大戦終了後に他のドイツに占領された国のように
裏切り者として私刑にされたり裁判に蹴られたりしたのかな?

432世界@名無史さん2013/10/08(火) 08:17:38.600
>>64 >>66
WW1舞台のFPSなら洋ゲーのアイアンストーム(2004年)と
Necrovisonがある。と言っても敵は普通にモンスターだけどね、
両方とも、国内ではPC版のみの販売。

433世界@名無史さん2013/10/08(火) 09:27:17.480
なんで敵がゴブリン類なんだw

434世界@名無史さん2013/10/08(火) 15:41:20.850
「エンジェルウォーズ」は、WW1のゾンビ・ドイツ軍が出てくる。

435世界@名無史さん2013/10/08(火) 20:29:03.75O
占領中ドイツ軍に応集していたオランダ人は、
インドネシア植民地回復のために出征させられたんじゃないか

フランス外人部隊にもかなりの元ドイツ軍人がいたようだし

(^_^;)厄介払いさせられたんだな

436世界@名無史さん2013/10/09(水) 01:45:22.92O
第一次には悪役がいないからな
第二次にはヒトラーという悪役がいて、善と悪との戦いというドラマ向きの構図がある

437世界@名無史さん2013/10/09(水) 01:52:42.120
悪役になれるほどの独裁者がいて何千万人が屍にならんとゲーム化しても売れんか
人間のなんたる残忍なことよw

438世界@名無史さん2013/10/09(水) 02:17:49.740
WW1は各国が全く戦争回避の外交活動をしなかった(デキなかった)こともあるな
英国は参戦を控えて様子を見たが、そのためにドイツの軍艦がトルコに入ってしまって
トルコが同盟国側で参戦してしまい、参戦せざる負えなくなった(地中海の制海権系)

1オーストリア皇太子暗殺
2オーストリア=ハンガリー帝国、セルビアに宣戦布告
3ここまでは、単純にセルビアが併合されるだけだとみんな思ってた。
4ロシアがバルカンおセルビアに地政学的価値を見出しセルビアを援助するためにオーストリアに宣戦布告
 (昨今でも、コソボであそこまで揉めたぐらい、ロシアにとってあのへんは重要らしい)
5ロシアの力だと、ドイツ帝国の保護国(相対的な国力)に近いオーストリアは負けるかもしれない
6地政学的に宗主国であるドイツは、オーストリアがやられるのを静観する訳にはいかないので
 オーストリアを防衛するという名目でロシアに宣戦布告
7露仏の関係で、仏が条約履行義務に依ってドイツに宣戦布告
8英国は大陸でのことはすぐに終わるだろう、セルビアが消えればロシアも大義名分は消えるだろうということで静観
9ドイツ巡洋艦が英国海軍の監視を振りきってオスマントルコの港に入港
10 トルコはその軍艦に脅威を感じて、ドイツについて連合国側に宣戦布告
11 トルコがギリシア半島まで来ると非常に困るので、英国宣戦布告

この間、各国において外交は機能していない。
あったのは動員命令を発した時点で、他国から宣戦の意思ありとみなされたこと。
あと、各国とも、19世紀末からのいろんなゴタゴタを解決できるチャンスと思った
この戦いはすぐに終わる、クリスマスまでに……という甘い観測
欧州では普仏戦争以来平和だったので、誰も戦争を知らなかった(他の地域ではあったが)
せいぜい戦死者は全人口の0.06%で済むと予測。 機関銃等の近代兵器の威力の認識不足
そう言うもろもろが重なって、ああいう大戦になった。

439世界@名無史さん2013/10/09(水) 07:13:29.260
ヒトラーみたいな悪役がいないって言うけどさ
ヴィリーきゅんは?

440世界@名無史さん2013/10/09(水) 09:18:22.13i
>>438
複雑な第一次大戦の開戦の経緯がよく分かるね。
とても納得した。

441世界@名無史さん2013/10/09(水) 17:02:29.100
>>434
エンジェルウォーズは日本文化ですね。

442世界@名無史さん2013/10/12(土) 16:21:27.160
王や皇帝が戦争に大きく関わった最後の戦争なんだよね。

443世界@名無史さん2013/10/12(土) 21:10:04.270
>>442
大統領たちは普通に戦争に関わってるけどな、WWT以降も
戦争指導できない国家元首(あるいは宰相・元帥)なんて無用の長物だろ?

444世界@名無史さん2013/10/12(土) 21:50:52.920
戦争だけは国家のトップに内緒で出来ねぇだろw

445世界@名無史さん2013/10/12(土) 22:04:38.320
ダンケルク辺りはオランダ王女やベルギー王の脱出云々で色々とあったけどねぇ

446世界@名無史さん2013/10/13(日) 13:24:02.480
WW2の時のチェンバレンは融和政策、チャーチルは対独、対ソ路線
ジョージ6世はどれほど関与したんだろう

447世界@名無史さん2013/10/13(日) 15:58:25.42i
>>442
日本だけは軍隊の総指揮者は王=天皇だったけどね。

448世界@名無史さん2013/10/14(月) 00:29:52.540
>>446
ジョージ6はチャーチルの傀儡だろ

449世界@名無史さん2013/10/17(木) 13:36:30.890
正義の日本が大活躍しないからじゃない。

450世界@名無史さん2013/10/17(木) 18:41:57.120
アジア解放を成し遂げた功績は人類史上屈指の覇業だからね。

451世界@名無史さん2013/10/18(金) 04:25:38.07i
>>450
無反省史観も甚だしいな。

人類史上と言うなら第一次世界大戦ではロシア革命だろうな。
全世界の反植民地運動に火をつけたと言える。

452世界@名無史さん2013/10/18(金) 20:47:23.940
日本の支配がアジア独立に一役買ったのは事実だが、
日本人がドヤ顔でアジア解放は我々のおかげ!とかアジア人に言ったら
張り倒されるだろうな

453世界@名無史さん2013/10/18(金) 21:48:13.600
日本が立ち上がってなかったらアジアとアフリカの全ての国は今も植民地だよ

454世界@名無史さん2013/10/18(金) 22:01:44.030
立ち上がったままだった場合もそうだな。

455世界@名無史さん2013/10/19(土) 08:18:15.270
ベトナムやインドネシアは自前で戦って祖国を解放したが
朝鮮は日本の敗北によって分断させられただけ

456世界@名無史さん2013/10/19(土) 08:40:05.370
アジアの国々は、日本に感謝すべき。

457世界@名無史さん2013/10/19(土) 08:55:38.30i
>>456
そんなものは不要。
日本も資源を求めて南方へ軍を送っただけ。

458世界@名無史さん2013/10/19(土) 09:42:16.650
どれほど日本の援助を受けようが自分の始末を自分で出来ない朝鮮の卑屈ぶりと
日本の支援など大して受けなかったベトナムがアメリカを追い出した不屈ぶりが明らかになった。

459世界@名無史さん2013/10/19(土) 19:43:35.550
>>450
覇業っていうと攻め滅ぼしたみたいじゃん。

460世界@名無史さん2013/10/19(土) 19:48:24.760
>>456
フィリピンは違う。
東南アジアの国でフィリピンだけが戦前から独立を約束されてた。
しかし日本の侵攻のせいでその独立が遅れた。

461世界@名無史さん2013/10/19(土) 20:21:04.310
北ベトナムはソ連の後ろ盾があったから米軍は本土に一歩も足を踏み入られない状態だったけどな
二次大戦の日本で言うと本土に上陸されたらソ連が日本に味方するみたいなものでつまり爆撃を耐えて南ベトナムでゲリラ戦を続ければいつか勝てる
北ベトナムの努力ももちろんあるがそもそも北ベトナムに米陸軍が進駐できたら戦争は南ベトナムの勝利に終わるのでソ連の外交的圧力を無視して
北ベトナム単体の勝利とするのは間違い

462世界@名無史さん2013/10/19(土) 20:25:05.630
>>461
どっちみち日本のおかげで独立できた訳でもないな。

463世界@名無史さん2013/10/19(土) 21:35:31.48P
一次戦のスレは必ず変なのが湧いて一次戦の話題をしなくなる

464世界@名無史さん2013/10/19(土) 21:46:48.390
そうして図らずも >>1 の問いへの答えが示されると。

465世界@名無史さん2013/10/19(土) 22:03:53.010
>北ベトナムに米陸軍が進駐できたら
南ベトナムだけで50万投入しているのにそんな兵力どっから抽出するんだ?

466世界@名無史さん2013/10/19(土) 22:34:12.000
≫ベトナムはゲリラ戦でアメリカに勝った⇒大間違いです。
北ベトナムには、中共と旧ソ連が軍事物資を援助したため戦闘が泥沼化しますが、
アメリカ軍の【北爆が成功】して北ベトナムへの補給路が断たれ、北ベトナム軍は壊
滅寸前の継戦不能状態に陥り、パリ会談で停戦に持ち込まざるを得ない立場に「北
ベトナム」は追い込まれてしまいました。
【純軍事的にはアメリカ側の勝利】ですが、残虐な戦闘場面がテレビ中継される度に
全米で【反戦運動】が高まり、共和党政権に移ってアメリカ軍は撤退を始めます。
その後、北ベトナムは【パリ協定】を破って南侵しますが、アメリカは再介入しません
でした。 「アメリカは戦争には勝利」し、反戦を強く唱える国内世論により「政治的」に
「再介入」しなかった事に成ります。

467世界@名無史さん2013/10/19(土) 23:04:03.110
アメリカは軍事的勝利を得てもそれを維持する為の軍事費が持たなかった。
「政治的」というより「財政的」といった方が妥当だろう。

468世界@名無史さん2013/10/19(土) 23:06:55.830
>>1
第二次世界大戦は、日本が悪者扱いされているから必死にいいわけをする
必要があるからじゃないか?

469世界@名無史さん2013/10/19(土) 23:33:46.320
泥臭い塹壕戦より華やかな電撃戦

470世界@名無史さん2013/10/19(土) 23:50:02.250
>>469
電撃戦はその奇襲性が薄まってしまうと塹壕戦に象徴されるような消耗戦に対しては弱い

実はこの概念、2500年前に孫子が指摘してたりする

471世界@名無史さん2013/10/19(土) 23:59:47.760
ヴェルダン攻防戦よりスターリングラード攻防戦

472世界@名無史さん2013/10/20(日) 07:12:17.960
結局、一次大戦は日本があまり関わらないから日本では人気ないんだろうな。
現在への影響は一次大戦のほうが大きいだろうけどね。
二次大戦だって一次大戦の延長上にあると見ることが出来るし。

473名無しんぼ@お腹いっぱい2013/10/20(日) 08:06:34.810
既出ながら
行動スケールは第一次の方が大きいんだけどね>日本軍

大西洋インド洋
地中海や東大平洋まで海軍が展開してる

474世界@名無史さん2013/10/20(日) 15:13:09.270
首脳陣の視野も広かったよね。
自信を持つと視野狭窄を起こすのは日本人の伝統的な悪癖なのか。

475世界@名無史さん2013/10/20(日) 15:49:29.030
国家総動員した戦争じゃないし

476世界@名無史さん2013/10/21(月) 10:40:44.030
>>473
敵がドイツ海軍だったからだろ

477世界@名無史さん2013/10/23(水) 13:21:30.060
いやいや、青島ビールの販売商標権権を巡る戦い!

478世界@名無史さん2013/10/24(木) 06:34:24.710
1.世間一般人の知名度、第二次世界大戦
2.ミリオタの人気 第二次世界大戦
3.歴史学の人気 第二次世界大戦
4.技術史としての重要度 ?
第二次世界大戦圧勝では?

479世界@名無史さん2013/10/25(金) 00:01:21.310
フォッシュ元帥的に言えば
現在の平和も次の大戦争までの休戦期に過ぎないわけで

480世界@名無史さん2013/10/25(金) 00:04:46.100
ヴェルサイユ条約ありきの発言だから全てに適応されるわけではないよ

481世界@名無史さん2013/10/31(木) 22:27:09.370
>>476
三大洋で無双やってた独艦エムデン号の海域に
インド洋で日本艦伊吹が接近してるんだよな

ここで戦ってたらどっちが勝ってたんだ

482世界@名無史さん2013/11/07(木) 23:06:00.730
>>435
遅レスだけど、良く分かったよ。ありがとう。

483世界@名無史さん2013/12/05(木) 09:46:34.760
シェル・ショックって第一次世界大戦のものはよく見るけど、
第二次世界大戦のときのものってあまり見ない気がする。
なぜだろう?
http://www.youtube.com/watch?v=SS1dO0JC2EE

484世界@名無史さん2013/12/07(土) 12:04:36.500
>>483
シェルショックって呼ばれていたのはWWIの時だけなんで当たり前。

485世界@名無史さん2013/12/09(月) 02:35:12.27P
二次の時にはもう神経症の一貫に分類されてたの?

486世界@名無史さん2013/12/09(月) 20:43:23.200
第二次大戦時のドイツ軍は戦闘神経症を負傷の一種とみなし、治療対象として最前線からやや離れたところで治療に専念させた。
一方、英軍はただの怠惰とみなし、最前線に貼りつけ続け、結果廃人を量産した。
ドイツ精神医学は精神障害者抹殺のT4計画のような暗黒面と、こういう先進的な面の両方があった。

487世界@名無史さん2013/12/09(月) 21:00:07.84O
>>483
二次大戦では航空機と戦車の発達により一次大戦時のような長期にわたる塹壕戦は消滅したため、シェルショック症も激減

488世界@名無史さん2013/12/09(月) 21:22:03.740
でも精神を病んだ人自体は第二次大戦の日本だけでも何万人もいたよ。
そういうのは「シェル・ショック」とはもう言わないのかな。

山岡荘八がコレヒドール島攻防戦でシェル・ショックになった米兵を嘲って
「わが日本兵にはそんなのはいない」って自慢してたのを読んで
餓鬼の頃は「日本兵の精神力ってすごかったんだ」とか馬鹿なこと信じてたよ。

実際は日本兵でも万単位で精神病んだ人たちがいるじゃないか・・・。
というか何一つ病まないでけろりとしてるほうが
何か人格障害かあるんじゃないかね。

489世界@名無史さん2013/12/10(火) 10:48:04.650
>>488
サイパンで何とか投降…いや人事不省の所を捕獲され、戦後日本に帰ってきた上等兵はずーとぼーとしたたまだったそうな。
病気というほどじゃ無いけど、最後の万歳突撃で助かった人らしいから…そこに至るまでのショックは凄まじかったんだろうな。

490世界@名無史さん2013/12/10(火) 15:03:33.250
第一次大戦でも第二次のフォニーウォーと同じく
動きが少なくて膠着した戦線だと
お互いに飯食いに行ったり、敵の輸送を邪魔しない攻撃しないみたいな
癒着戦場があったんだな

これは怠惰とかではなく、兵士が戦場に順応した結果だと言われ納得した

491世界@名無史さん2013/12/13(金) 20:14:03.990
戦争のきっかけが良く理解できてない。プロイセン問題とかバルカン問題とか
訳が分からない。また登場するトップ人物も判らない。
第二次世界大戦はヒトラーが前の戦争でコテンパンにやられて反ユダヤ主義を
掲げてチェコやポーランド侵攻とかよく分かる。日本も真珠湾攻撃からと明確。

登場人物もヒトラー、ヒムラー、ゲッペルス、ロンメル、ムッソリーニ、チャーチル、
スターリン、ドゴール、マッカーサー、東條など誰でも知ってる。
第一次世界大戦の登場人物って誰って一般人に聞いてみ? 知らんよ。

492世界@名無史さん2013/12/13(金) 22:15:53.320
>>491
アドルフ・ヒトラー伍長勤務上等兵

493世界@名無史さん2013/12/13(金) 23:53:53.700
>>491
シャルル・ド・ゴール大尉(戦死判定)

494世界@名無史さん2013/12/14(土) 04:32:06.770
>>491
ヘルマン・ゲーリング空軍少尉
(リヒトホーフェンの部下、22機撃墜)

495世界@名無史さん2013/12/14(土) 04:34:42.680
>>491
大隈重信首相

496世界@名無史さん2013/12/14(土) 08:11:49.22i
>>491
誰でも知っている有名人はレーニン位だろうね。

497世界@名無史さん2013/12/14(土) 08:29:25.170
リヒトホーフェンって一般人には知られてないからなぁ
シャアの元ネタなのに

498でつ{ピ-ナッツ2013/12/14(土) 09:17:58.82O
でつスヌーピーのおかげで有名だろ

499世界@名無史さん2013/12/14(土) 10:21:18.06O
>>491
ドイツ皇帝ウィルヘルム二世、参謀総長ヒンデンブルグ、副参謀長ルーデンドルフとか

「欧州大戦」と言われるとおりヨーロッパ中心で、日本は主戦場ではなかったから

500世界@名無史さん2013/12/14(土) 10:23:37.910
大隈重信単体なら東条英機よりはるかに上の偉人ではある

問題は軍人のほうで
地中海派遣の海軍司令官と
青島攻撃の陸軍司令官の名前が思い浮かばない

501世界@名無史さん2013/12/14(土) 11:22:59.24O
アラビアのロレンス

502世界@名無史さん2013/12/19(木) 18:20:25.300
※まとめ

第一次世界大戦で一般人が知ってる人物

レーニン、ヒトラー伍長 だけ


第二次世界大戦で一般人が知ってる人物

ヒトラー、ヒムラー、ゲッペルス、エバ・ブラウン、ロンメル、ムッソリーニ、チャーチル、
スターリン、ドゴール、ルーズベルト、トルーマン、マッカーサー、アイゼンハワー、ニミッツ、
毛沢東、蒋介石、周恩来、東條、山本五十六、アンネ・フランク、サンダース軍曹 その他多数

503世界@名無史さん2013/12/19(木) 22:47:01.38O
一般人が知っている一次大戦中の人物なら、アラビアのロレンスやレッドバロンも入るな


あと文系出身者なら歴史得意でなくても、
チャーチルとペタンが一次大戦でも大きな役割を果たした事は知っているだろう

504世界@名無史さん2013/12/20(金) 01:23:38.560
史上初の総力戦として意義深い戦争

505世界@名無史さん2013/12/20(金) 02:09:06.68O
飛行機、戦車、潜水艦が初めて使用された現代戦の元となった戦争

506世界@名無史さん2013/12/20(金) 02:49:00.930
そんなこと今さら言われなくてもこのスレにくるようなら常識だろ

507世界@名無史さん2013/12/20(金) 07:26:06.52O
グレート・ウォー

508世界@名無史さん2013/12/20(金) 19:28:33.07O
ガリポリ戦線でアンザック軍団(オーストラリア軍、ニュージーランド軍)を主体とする大英帝国軍を退けた、トルコの英雄ケマル・パシャ(後のケマル・アタチュルク)

509世界@名無史さん2013/12/27(金) 19:12:07.540
>>502
一般人ならエバ・ブラウンやニミッツやサンダース軍曹も普通に知らないだろ・・・
このレベル知ってるなら世界史の重要人物で習うクレマンソー、ウィルソン、ロイド・ジョージ
あたりも知ってるだろそもそも
つうかニミッツはアメリカの軍人っての知ってるぐらいで
サンダース軍曹に至っては誰だか知らんわ
高校時代は世界史のテスト模試でも95点以上何度も取っていて、世界史の重要事件の年表が
面白いように頭に思い浮かび、出来事の起こった年を即答出来、子供時代は暇さえあれば世界史の本を読んでいた俺ですら

510世界@名無史さん2013/12/28(土) 19:02:12.080
「チェックメイト・キングツー、こちらホワイトルークどうぞ」

511世界@名無史さん2014/06/28(土) 13:17:13.310

512世界@名無史さん2014/06/28(土) 13:31:52.090
今、ヒストリーチャンネルでやってる
明日まで連続して第一次世界大戦シリーズ
ヒストリーチャンネルにしても連続放送とは珍しいな

513世界@名無史さん2014/06/28(土) 17:25:22.470
>>1
戦場となった地域では、未だに不発弾の爆発で人が死んでいるんだぞ。
なんだ人気って(怒)

514世界@名無史さん2014/06/28(土) 23:29:42.030
戦費が安く済んだ上に成金が大儲け
天罰だったかスペイン風邪で48万人死んで
関東大震災で10万人が死にました

515世界@名無史さん2014/06/28(土) 23:57:27.300
>>513
馬鹿ですか?

516世界@名無史さん2014/06/29(日) 07:04:36.540
>>515
馬鹿はてめえだ(笑)

517世界@名無史さん2014/06/29(日) 10:02:14.030
>>513
人の死に対する当時の司令官の感覚

>カナダ部隊の総指揮官だったサー・アーサー・カリー将軍は、
>目標を達成する上での損害は16,000人になるだろうとの見解を表明した。
>カリーは目標の価値に対してこの数字は異常に高過ぎるとの意見を持っていたが、
>ヘイグはここ何年かに連合軍が蒙った大損害を通じて損害何十万人と言った程度の数字には動じなくなってしまっており、
>攻勢を実行するよう命令した。
- Wikipedia 「パッシェンデールの戦い」 から引用 -

518世界@名無史さん2014/07/08(火) 22:18:23.540
ヘイグみたいな単純突撃指揮官って居るんだなと思った
イギリス人の将軍に居ないタイプだろ  ソ連的というか赤軍的というか

519世界@名無史さん2014/07/11(金) 21:56:28.650
ヘイグはむしろ古典的な突撃に頼ることしか知らなかった将軍ってイメージだな
第一次大戦は「基本的に塹壕線をいかにして突破するか」って問題に対する回答探しを終戦までしてた戦いだから、1年前の戦訓ですら下手すると役に立たない
それをヘイグはしっかり認識できなかったんだろうな

520世界@名無史さん2014/07/15(火) 23:17:58.790
ヘイグはそこまで無能ってわけじゃないんだよな
戦車の導入には積極的だったし、たいていの場合は出来る限りの準備をしてから攻勢に出てる

ヘイグが突撃に頼ることしか知らなかった、というよりは
イギリス軍そのものが突撃以外の手段をヘイグに提供できなかった、といった方がいい。
新戦術を考えるのは、総司令官の仕事じゃないからね。

逆に、カンブレー以降イギリス軍が戦車を中心にした新しい突破戦術を編み出してからは
ヘイグもそれを積極的に利用して戦果を挙げてる。

521世界@名無史さん2014/07/27(日) 18:19:03.560
欧州ではWW1の方がWW2よりも大災厄。
人生観を変える事件に相当。
死者が多すぎて途中で戦争放棄。
不具者と精神障害者の量産で反戦を誓った当時。

その頃極東では、まだ戦国時代の軍記物に憧れて、
戦争で武士道を満喫出来ると意気揚々な人種が居たとのこと。

522世界@名無史さん2014/07/27(日) 23:02:47.890
今もいっぱい居るな。

523世界@名無史さん2014/07/28(月) 00:53:51.760
ナポレオンの時代の話で、アウステルリッツに行ったと言えばああこの人は勇者だと称えられるだろう
的なのがあるが、そうやって従軍した人が勇者だと称えられる世界はまだまだ戦争に憧れるて、
向かっていこうとする原動力があるんだよな

524世界@名無史さん2014/07/28(月) 01:43:44.660
【欧州の】第一次世界大戦【没落】3
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1284220298/

この次スレ、誰か建ててホシイ・・・

525世界@名無史さん2014/07/28(月) 02:07:51.710
立てるからテンプレ作成してくれ

1 世界@名無史さん 2010/09/12(日) 00:51:38 0
「ヨーロッパの世紀」の終わりを告げることになった第一次世界大戦。
日本ではあまりなじみのない戦争だが、この戦争が起こることになった
背景、および戦後のヴェルサイユ体制について語ろう。
前スレ
【欧州の】第一次世界大戦 2【没落】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/whis/1209911008/

関連スレ
もし第一次大戦が回避されたら
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1209487488/
パリ万博〜第一次大戦くらいまでのパリについて
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1166873017/

■軍事板
第一次世界大戦について語るスレ
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/army/1203329549/
第一次世界大戦の軍艦を語るスレ
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/army/1202902131/
第一次大戦前のドイツ経済はどうなの
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/army/1206503455/
■日本近代史板
第一次世界大戦と日本
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1132760880/
■歴史難民板
第一次大戦版大戦略希望
http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/nanminhis/1190716608/
■模型・プラモ板
WWTの航空機キットについて語る
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/mokei/1195998585/
WWTのAFVキットについて語る
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/mokei/1185864307/

527テンプレの参考に2014/07/28(月) 02:18:53.500
現存する関連スレ

第一次世界大戦について語るスレ 4
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1400495608/
【ドイツ】第一次世界大戦のドイツVSロシア【勝利】
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1350978228/
ここだけ第一次世界大戦前夜なスレ
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1403982223/
第一次世界大戦の軍艦を語るスレ 2
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1306861203/

528世界@名無史さん2014/07/28(月) 02:19:24.220
立てたよ

【欧州の】第一次世界大戦【没落】4
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1406481537/

529テンプレの参考に2014/07/28(月) 02:20:57.560
WWTのAFVキットについて語る(2)
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mokei/1312207588/
【張り線】WWTの航空機模型【複葉機】Part2
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mokei/1323944986/
WWTのAFVキットについて語る2
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mokei/1399918126/

530世界@名無史さん2014/07/28(月) 02:28:18.270
>>528
本当にありがと!!!

531世界@名無史さん2014/07/28(月) 02:34:36.340
>>528


今日はWW1のきっかけになったオーストリア・ハンガリー帝国が
セルビアに宣戦布告した日(1914年7月28日)ですね

532世界@名無史さん2014/07/28(月) 04:02:28.980
では、クリスマスまでにはまたっ!>>1

533世界@名無史さん2014/08/02(土) 13:09:41.390
ロシアは同じ正教国のセルビアに対して昔から同胞意識高いおね。

534世界@名無史さん2014/08/03(日) 13:54:13.980
ロシアはセルビアびいき

セルビアは意にも介せずロシアを越えるおそロシアぶり。
セルビアから見ればロシアはまだまだ。
ヤバいが親日

535世界@名無史さん2014/08/06(水) 18:11:28.180
アーネスト=ヘミングウェイが義勇軍に参加したとかなんとか
戦う作家とかそれだけでドラマだろ

536世界@名無史さん2014/08/06(水) 22:34:58.380
赤十字の輸送隊だから戦闘員ではないな
スペイン内戦で爆撃機隊に参加してフランス電撃戦で戦車隊に参加して自由フランス軍の将軍になったマルローとかの方が戦う作家にはふさわしい

537世界@名無史さん2014/08/08(金) 16:27:10.130
アガサクリスティーのエルキュウエルポワロ。
どうしてベルギー人がイギリスにいるんだろうと疑問に
思っていた。
連続テレビの映画化11巻スタイルズの殺人をみると
ポワロはドイツの侵攻でベルギーから逃げてきた。
へイスチング大尉はフランダースの戦いで負傷して引退だそうだ。
塹壕戦の思い出でうなされたりしている。
長年の疑問が解消。

538世界@名無史さん2014/08/08(金) 16:55:25.190
何かいろいろ一の人生を狂わせまくりだな

539世界@名無史さん2014/08/08(金) 23:31:03.700
イスタンブール発オリエント急行の達人

540世界@名無史さん2014/08/09(土) 03:09:18.920
>>535
義勇軍で参加したのはスペイン内戦だよな。
第一大戦では兵隊の一種ではあるらしいがイタリア軍付赤十字要員とやら。

541世界@名無史さん2014/10/30(木) 18:51:35.760
武器よさらばだっけ?

542世界@名無史さん2014/10/30(木) 18:53:02.790
武器よさらばだっけ?

543世界@名無史さん2014/11/01(土) 10:25:45.860
世界大戦と言いながら主戦場は
欧州に限定されているんだよね。

544世界@名無史さん2014/11/01(土) 10:39:07.450
欧州大戦

545世界@名無史さん2014/11/01(土) 11:06:25.390
第一次大戦で、大日本がアジアを解放しないからだろ。
なんでアジアを解放しないんだろ。
欧米の植民地解放は日本の国策だろ。

546世界@名無史さん2014/11/01(土) 11:53:00.310
第一次大戦って主戦場は欧州限定だし
主要なキープレーヤーも欧米限定。
だから真の世界大戦じゃない。
本当の世界大戦は第二次大戦だろうね。
中国と日本が加わった事で戦場が
アジア太平洋地域まで拡大した。

547世界@名無史さん2014/11/01(土) 12:02:46.200
WW1で、日本がアジア解放戦争をすれば、太平洋でも大規模に戦争が起こった。
案外、太平洋戦争よりもチャンスが大きいかもしれない。

548世界@名無史さん2014/11/01(土) 13:11:00.220
アジア解放戦争なんて日本はやったことないけど、
もしやるとすればどこの国が同盟組んでくれるの?
ドイツ側とも英仏側とも敵対することになるんだが

549世界@名無史さん2014/11/01(土) 19:34:09.090
アジアとアフリカで欧米から搾取されている全ての人々が日本とともに立つ

550世界@名無史さん2014/11/01(土) 20:38:55.780
そもそも日本がアジアから搾取してたのに、色々無理がある。

551世界@名無史さん2014/11/01(土) 23:10:04.860
植民地解放で組むならソ連だろうが、革命直後で内戦で手一杯だし援助する余裕なんて無いだろ

552世界@名無史さん2014/11/05(水) 16:07:01.300
もともと日本はソビエト政府を敵視し、最後までシベリア出兵を続けた。

アジアの植民地解放などが目的ではなく、欧米の権益を日本へ移すための口実として、欧米支配からの解放などと方便を使っただけ。
中国には次から次へと傀儡政権を作ったしね。

553世界@名無史さん2014/11/06(木) 16:24:26.370
シベリア出兵のころにアジア解放とか言ってましたっけね

554世界@名無史さん2014/11/06(木) 18:27:28.120
>>553
元々、「革命軍によって囚われたチェコ軍団を救出する」という大義名分だったので、そもそもアジア解放とシベリア出兵は無関係。
チェコ人の解放が目標w

555世界@名無史さん2014/11/07(金) 05:35:20.310
>>554
人民解放軍すげーw

556世界@名無史さん2014/11/27(木) 01:19:36.700
シベリア出兵は今でいうところのPKFとかPKO活動だからbネ・・。
封ト英の出兵に合bせてやる気なbオの消極的関与bナお茶を濁してbスら、
ボャ泣Vェビキが増鋳キして襲撃多発=A言いだしっぺbフ米英は先にトャ塔Yラw
瑞ヤ軍による軍民=A大虐殺事件まbナ起きて世論激麹aA泥沼化や。
尼港事件なんて、ソ連側は現地山賊の仕業にしてるけど、
赤軍規格の装甲列車まで繰り出してるところを見ると、
極東ボルシェビキ側は完全に中央の指揮下にあったのはバレバレやし。

557世界@名無史さん2014/11/27(木) 09:13:57.480
自分の国の領土を守るために軍隊を使うのは通常の防衛行為だが、何を批判しているのか全く意味が通らない。

558世界@名無史さん2014/11/29(土) 04:04:13.070
>>556
君ってピュアな人だね。

559世界@名無史さん2015/01/17(土) 12:28:33.110
海軍の太平洋・インド洋・地中海活動については
丁度、海上自衛隊が憲法改正で海外派兵したらこんな感じだろうってレベルなんだよな
戦闘はしないけど救助と哨戒で大活躍っていう

だから今の視点で見ると
第二次大戦より第一次大戦の方がリアル

560世界@名無史さん2015/01/17(土) 18:27:43.910
ハイエナ参戦だし
対支21ヶ条要求もな
鬼の居ぬ間のなんとやらよろしく、火事場のこそ泥みたいな印象を受けるんだろ
明朗で快活な話や颯爽とした英雄譚を好む日本人向きではないわなと思う
日本人は本性陰湿な村社会の村人気質なのに、嗜好は真逆なんだよねw

561世界@名無史さん2015/01/18(日) 00:51:08.37ID:qXFKjhHN0
>>560
人間は自分に無いものを求めるからな

562世界@名無史さん2015/01/18(日) 01:09:27.910
レス乞食はスルーしろよ

それはそれとして地中海で戦闘を目的としないって斬新な新説だな
ソースはあるのか?

563世界@名無史さん2015/01/18(日) 15:50:55.590
>>560
溺れた犬は棒で叩けって話みたいで、感じ悪いしね
まぁ今でもたいがい村社会だが、当時の兵営なんて体育会系特有の陰湿さも加わって…
ましてや外から隔絶された世界である軍艦とか(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブル
それでも当時のフランス陸軍に所属するよりはマシのような気もするが

564世界@名無史さん2015/01/18(日) 16:32:20.240
>>563
ロシア海軍がひどかったはず
あんなことやってるから新興国日本に負けたんだろ
ソースは戦艦ポチョムキン

565世界@名無史さん2015/01/19(月) 00:44:44.820
>>563
国や人種を問わず軍隊とイジメが切り離せないのは何故だろうか
やはり上には逆らえない組織構造が人間の残虐性を引き出すのだろうか

566世界@名無史さん2015/01/19(月) 14:54:19.680
どこの国でも一定数のDQNみたいなのは居て、
フツーの社会じゃDQNは中々上に上がれないからニッチな方面で発散するしかないけど
軍隊だと深く考えずに行動して、シゴキにも耐える脳筋こそが重宝される

きちんと理論に基づいて肉体的にシゴくシゴキを課されている内はまだいいけど
単なる無茶としてシゴくようになってそれを修正する自浄作用が効かないと
相撲界のアレみたいな方向に行く
本当ならそれを正す筈の高学歴士官連中も、
現実でメジャー生徒に媚び売るためにマイナー生徒を一緒になって虐めるクソ教師と同じく
メジャー兵士に取り入るために出来ない兵士を虐める方向で秩序を保とうとするんだろう

567世界@名無史さん2015/01/19(月) 19:50:20.330
>>566
えらく書き込んでいるが、当時のロシア海軍は士官は貴族、兵隊は農奴という関係だったので高学歴は関係ないんだよな。

568世界@名無史さん2015/01/19(月) 22:41:14.670
>>567
>>566はロシア海軍について話してるわけではないのでは
ロシアのロの字もないし

569世界@名無史さん2015/01/20(火) 02:04:12.240
どこの国でもと書いてあれば、
ロシアだけは例外にしなきゃいけないのは常識だよね〜

570世界@名無史さん2015/01/20(火) 06:49:13.610
おそロシアは特別な国だから例外

571世界@名無史さん2015/01/20(火) 10:23:47.000
>>570
連隊は基本、指揮をする貴族が兵隊に金を払って編成していたんだよ。

イギリスの例を見ても海軍と空軍は王立だが、陸軍は王立では無いのはその為。
ロシアが他国より遅れていただけだろ。

572世界@名無史さん2015/01/20(火) 22:30:03.080
何年か前、横一列に整列した新兵に次々とロケットキックかましていく映像を見たな
確かロシア軍だったと思うが
旧日本軍の場合は手の甲ビンタか
でもさ、新兵がヤクザだったりその子弟だったりしたらやばくね?
後難が

573世界@名無史さん2015/01/20(火) 23:27:30.290
ロシア軍も旧陸軍も、ヤクザ風情が楯突ける相手じゃねーだろ

574世界@名無史さん2015/01/21(水) 00:49:50.480
軍組織が健在だった時はなんともなかったが、
復員時に復讐されたという話を聞いた

575世界@名無史さん2015/01/21(水) 19:34:52.110
大衆社会の出現により、軍隊も大衆化したということもあろう
国民国家であればなおさら
その嚆矢がWW1であったのかもしれない
誇り高き騎士達が主役だった時代からすれば、卑俗に流れるのも仕方ない面もあるかと

576世界@名無史さん2015/01/22(木) 00:48:01.640
単純に考えると徴兵制で超大多数がパンピーから出てくるから故だと思うんだけど
ナポレオン戦争の時とかどうだったんだろうなあ
士気が高かったからあまり表面化しなかったとかあんのかな

577世界@名無史さん2015/01/22(木) 10:50:02.200
>>576
ナポレオン軍は国民軍で、志願兵ばかりだったから士気が高く、周辺諸国は貴族達の傭兵ばかりだったので強かったというね。

578世界@名無史さん2015/01/23(金) 18:05:54.300
士気は高かったが技量は低かった。
特に技術のウェイトが高い海軍は、
貴族の士官がほとんど国外に亡命したため
イギリス海軍相手に全然勝てなくなった。

579世界@名無史さん2015/01/24(土) 11:46:04.220
::::::..
:::::::::::::..
:::::::::::::::::..
::::::::::::::::::::::..
:::::::::::::::::::::::::::..
::::::::::::::::::::::::::::::::..\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\ `
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\ 丶
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\ 、丶
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\ 、 ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\ 、  ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\丶   ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\丶   ゝ、_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\\   ./|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\\/  .|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\\_,、|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`〆@ヽ+-+-+- 、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i´i´鬥鬥鬥鬥鬥鬥┐丶、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::産゚¨::ヾ q>::産:::::\ ヽÅ ←人間
''''~~~~~~~'~~~~'''''~~'''~~~~ ''~~'~'~~''''~~'''''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~'~~~~'''''~~'''~~~

580世界@名無史さん2015/01/24(土) 12:09:39.990

:.ヾ ` 、
:::..  、ヽ,、
::::::.. ,ヽ  ヾ,
::::::::::.. ヾ    'ヾ
::::::::::::::.. ,'      ',
:::::::::::::::::.`ヾ    ,ゞ
:::::::::::::::::::::...`´'`'\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\ `
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\ 丶
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\ 、丶
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\ 、 ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\ 、  ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\丶   ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\丶   ゝ、_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\\   ./|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\\/  .|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\\_,、|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`〆@ヽ+-+-+- 、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i´i´鬥鬥鬥鬥鬥鬥┐丶、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::産゚¨::ヾ q>::産:::::\ ヽÅ ←人間
''''~~~~~~~'~~~~'''''~~'''~~~~ ''~~'~'~~''''~~'''''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~'~~~~'''''~~'''~~~

581世界@名無史さん2015/02/05(木) 17:17:15.260
ウィルソンとかいうキチガイのせいでWW2や民族自決による東欧のグダグダの種が撒かれた

582世界@名無史さん2015/02/07(土) 11:32:57.770
ウィル損くん
「ヨーロッパ白人たる者、一民族一自治権デス!
それで領土紛争が起ころうが知ったこっちゃないデス!」
でも有色人種諸君、君らは我々の奴隷なので自決なんてもってのほかデス!」

糞野郎だなマジで

583世界@名無史さん2015/02/07(土) 17:55:56.660
大きな力を持っていても大戦の主役じゃなかったからなー
新大陸の新興国風情が旧大陸の大御所相手に利権奪うようなことやったら外交的に敗北だろ
アメリカの悪いところはその後またモンロー主義で引きこもったことだな

国際連盟にもきちんと入って徐々にでも民族自決権を広めるような運動やってたら評価も変わっただろう

584世界@名無史さん2015/02/21(土) 19:38:50.720
しかし彼が民族自決権や覇道ではなく王道に基づく国際政治である新外交といったパラダイムシフトを起こしてくれたおかげで、
日本もWW2敗戦時に固有の領土をほぼ保つことが出来たんじゃないかね
もしパラダイムシフトが起こっていなければ、剥き出しの力の論理や利益分配の旧外交によって結構な領土を喪失していたかもしれん
まあ道義性が過度に問われて、青史に実寸を超えた侵略者、卑劣漢、破壊王として名を残すことになってしまった面もあるだろうが

585世界@名無史さん2015/02/21(土) 19:57:21.110
新帝国主義戦争とどっちがマシなんだろうな
戦争が領土の奪いあいからシフトしたのはウィルソン主義じゃなくて核だとすれば、
旧帝国主義がずっと続いていても今程度の戦争は起こっていたと考えられる・・・か?

アメリカがどう行動しようとナチスを生みだす土壌は変わらないから
旧帝国主義に比べればマシな結果でああよかったなんだろうか

586世界@名無史さん2015/02/21(土) 20:03:36.480
だよな

冷戦のお蔭で日本主権回復したみたいな言われ方するけど
アメリカがその気になったら
警察予備隊は米軍外人部隊として編成、政経もGHQ指揮にして左翼政党全面禁止・貿易企業監視
教育・学界からのレッドパージ継続・・・みたいな体制で
日本を支配し続けることもできたんだからな

5875862015/02/21(土) 20:08:59.150
>>584への同意ね
戦後日本が主権回復できたのは
核や共産主義の脅威による西側損得ではなく、
ウィルソンによる政治的パラダイムシフトのお蔭っていう

588世界@名無史さん2015/02/21(土) 20:36:47.870
いや単に日本本土占領を米軍が嫌がっただけ

栗林中将らの戦術が本気でヤバくて米軍は沖縄戦までで厭戦感情が実は結構ギリギリまで高まってるし
さらに日本が人種差別撤廃条約を通そうとしてたってことが徐々に米国の黒人に広まりつつあって
これも米軍の政情を不安定にし始めてた

589世界@名無史さん2015/02/22(日) 00:03:10.510
戦後の極東政策については、本国政府、米陸軍それからマッカーサーがそれぞれ別々に青写真を書いて行動してるから
滅茶苦茶分かりにくいんだよな

その辺りは、WW1後も似たような状況で、ウィルソンの意思と議会の方針が一致していないから
中途半端な状態になってかえって酷い状況を生み出したといえる

590世界@名無史さん2015/02/22(日) 00:16:34.690
冷戦のお陰ってのも、それほど的外れではないけどな

太平洋を超えた先にある日本占領にかかるコストは、流石の米国も無視できない大きさ
既に世界は冷戦という次のステージに移り、現に朝鮮戦争が目の前で始まってるのに、
何時までも日本の面倒は見れないでしょう

5915902015/02/22(日) 00:19:14.500
あ、>590は>586へのレスね

592世界@名無史さん2015/02/22(日) 21:48:48.070
日本に自治権を与えた結果、もし社会党政権が誕生したら
米軍基地撤廃、ソ連基地設置となる訳で、グアムまで西側の前線が下げる危険もあった

財政が張ってでも、直接日本を統治し続ける方が安全牌だったと思うけどな

593世界@名無史さん2015/02/23(月) 07:33:33.220
第一次世界大戦中のドイツは「欲しがりません勝つまでは」を既にやっていた

594世界@名無史さん2015/03/06(金) 22:59:49.120
>>592
国務省 ドッジ他
「この戦争は新しい状況を提示した」
「日本を早期に独立させ、再軍備をさせねばならない」
「逆では?むしろ長期占領して共産圏への防波堤にすべきでは?」
「ノンノン、逆です。自分の国は自分で守らせるのです」
「しかし……出来ますかな再軍備…」
「ノン!出来る出来ないでは無く、やらせるのです。 彼らも独立の為ならやるでしょう」
「では、吉田首相に……」

GHQ館内の一室
「と言う訳で、我が国は日本に対し、陸軍定数10万8000名の再軍備を要求する」
吉田「…今何と仰った?」
「あなたの聞いた通りだ」
吉田「軍隊ですって?インポシブル!軍備を持つことは憲法が明確に禁止している」
GHQ「別に今すぐ軍隊をというわけでは無い、まずは5万人規模の
    警察予備隊を組織して貰いたい」
吉田「それは軍隊のタマゴでは無いか!」
GHQ「あなたの解釈を聞いているのでは無い…やってもらうのだ」
   「もし、再軍備となれば、最低限その予算の裏付けが必要だが
    最終的に陸海空三軍の軍隊をもつとならば、その総予算は敗戦時から今日まで、
    米国が日本に対し行った援助額に相当するが、米国はそれを援助して頂けるのですかな?」
    また憲法改正の手続きが必要となるが、もし国民投票で否決されたらどうします?
    吉田内閣は倒れ、あとにはソーシャリストアンドコミュニストの政権が出来ることになる。
    そんな事態になれば、朝鮮で戦っている米軍の尻に火がつくことになりませんかな?」
GHQ「……これは、今進行している「独立」の為にも必要なことだ」
吉田「…(独立の)絶対条件か?」
GHQ「(こくり)」
吉田「解った…考えさせて欲しい」

595世界@名無史さん2015/03/06(金) 23:00:20.650
衆議院予算委員会
中曽根康弘「警察予備隊は明らかに憲法に違反しており、断じて容認できないものです」
        「それに対するご見解をお聞きします」
委員長「内閣総理大臣吉田茂君」
吉田茂「警察予備隊は軍備では無く、どこにも戦力としての機能を有しておりません」
     「戦力無き警察予備隊はなんら、憲法第9条第二項に抵触するものではありません」
委員長(中曽根康弘君)
中曽根「もし、第三国が日本を攻撃した場合、警察予備隊はそれと闘うのか?
      戦うならば、戦力としての要件を満たしている物と思われますが」
(議場 そうだそうだー 君の信念を述べたまえー)
委員長「内閣総理大臣吉田茂君」
吉田茂「仮定の質問にはお答えできません、これで答弁終わります」
(議場騒然)

GHQ館内一室
吉田「警察予備隊の増強は今後も継続して行う…が、断じて軍隊は持たない」
GHQ「それが現在の日本政府の見解であることは理解した」
吉田「???」
GHQ「では今は駄目でも5年後はどうか?10年後はどうか?」
   「日本は日本に駐留米軍の肩代わりに足る軍備を整備してくれるか?」
吉田「……」

596世界@名無史さん2015/03/06(金) 23:00:52.950
首相官邸
吉田「アメリカ人の中には日本に再軍備をさせて、ソ連の脅威に備えさせる世論と同時に
   そのことが日本を再び軍事国家にしてしまうのでは無いかという根強い警戒感がある」   
「このアメリカ人の日本に対する警戒感を逆利用する、日本は再び軍備は持たない」
「その代わり、アメリカが、米軍がだ、日本の独立後もそのまま日本に駐留することを
 彼らの要求である警察予備隊増強の条件とする」
池田「それは日米の安保条約ということに…」
吉田「そうして、日本を守ることが引いては米国を守ると説く…まあ、これで何とか話を収めてみせる」
(揉めて揉めて、吉田のかんしゃくが爆発)
吉田「そこまでごねるなら、民主党は捨てる!講和条約調印は我が党単独でいく」
「困るなあ〜あんた総理だ、もし我が党単独で講和条約を結んできたとする。
 しかし、それは自由党の講和条約であって、日本のでは無いと後々の世まで言われ続けることになるが
 それでもよろしいか」
(吉田の土下座で何とか纏まる)

〜日米安保条約調印場〜
吉田「安保を理解せずして、超党派の全権団員は参加しなかった…しかし私は正しいのだ」
   「10年先20年先までこのままでいいとは思わない…しかし、正しかったのだ……」
   「日本は戦争には負けたが…講和に勝った……」(署名終わり)


こういう具合に日米安保条約は波乱の幕開けとなった。
WW1とは何の関係も無いが……

597世界@名無史さん2015/06/05(金) 18:21:02.080
ゲームにするんならWW2だな
ドッグファイトがあるから

598世界@名無史さん2015/06/05(金) 18:49:24.370
>>597
弁当箱ドッグファイトにロマンが無いと仰せらるるか。

599世界@名無史さん2015/06/09(火) 03:55:34.060
第一次大戦のFPSは地味

600世界@名無史さん2015/06/11(木) 20:46:23.560
雨でドロドロになった塹壕の中でスコップ掲げて襲ってくる敵兵(ホラーFPS)

601世界@名無史さん2015/06/11(木) 23:04:34.810
ww1はロマンの塊やで

602世界@名無史さん2015/06/12(金) 18:14:36.940
姓名不詳重傷兵第407号

603世界@名無史さん2015/06/12(金) 20:06:21.160
手も足も顔も無い肉の塊やで

604世界@名無史さん2015/06/12(金) 21:09:18.720
騎兵という戦場の華が最後の輝きを放った舞台でもある
思うにWW1がなければ、騎兵の寿命はもっと延びていたのではなかろうか
さあ、これから先消えるであろう兵科や兵器は何だろな?
戦車か?巡洋艦か?

605世界@名無史さん2015/06/12(金) 21:40:36.440
>>604
第二次大戦でも騎兵はそれなりに活躍したぞ
米陸軍には今も騎兵師団があるし機甲騎兵連隊というのもある。

606世界@名無史さん2015/06/13(土) 10:50:54.890
集団的自衛権の勉強にはなる。

607世界@名無史さん2015/06/13(土) 11:01:27.940
日本海軍がとった姿が
おそらく今後の自衛隊海外派遣の姿になるんだろうな

戦地で戦わずに戦地で活躍するっていう外交ウルトラC

608世界@名無史さん2015/06/13(土) 12:09:46.260
>>607
欧州に派遣された特務艦隊は、駆逐艦の一隻「榊」が
オーストリア潜水艦の魚雷攻撃で艦の前部をまるごと吹き飛ばされるなどして
78名の戦死者を数えた。

そういった姿が今後の海外派遣のモデルケースになると?

609世界@名無史さん2015/06/13(土) 21:05:24.350
戦闘区域にこっそり海外派兵しておいて、死人が出てからおもむろに発表する・・・
そういう前例を第一次世界大戦時の日本海軍は示していると、
>>607は言っているのではあるまいか

610世界@名無史さん2015/06/14(日) 19:48:22.150
これはミゴトなアサヒ新聞脳w

611世界@名無史さん2015/06/15(月) 19:05:14.300
国会質問でこの例を出したら、安倍首相のしどろもどろな答弁が見られるゾ

612世界@名無史さん2015/06/15(月) 20:40:13.760

613世界@名無史さん2015/06/19(金) 04:04:40.540
あのおじいさんが知っているわけが無いよ。<WW1の日本海軍
岸おじいさんの昔話が全てだ。

614世界@名無史さん2015/06/19(金) 18:34:02.520
ところで、日本は何でオーストリアにまで宣戦したんだろ?
第二回日英同盟では参戦義務は無かったんじゃなかったっけ。

615世界@名無史さん2015/06/19(金) 19:23:19.610
トラップ大佐のUボートに攻撃されるからだろ

616世界@名無史さん2015/06/19(金) 19:50:08.820
古いから

617世界@名無史さん2015/06/19(金) 22:15:04.720
軍服がダサい。
第二次世界大戦より第一次大戦のほうがかっこいい国ってあるのか?

618世界@名無史さん2015/06/19(金) 23:41:57.990
フランスの胸甲騎兵の華麗な装いには及ぶまいよ
WW2の軍服は

619世界@名無史さん2015/06/20(土) 03:23:47.720
戦車に抜刀突撃のポーランド騎兵
第一次大戦に参加していればナチ独相手の戦い方も少しは変わっていただろう

620世界@名無史さん2015/06/20(土) 07:35:53.360
>戦車に抜刀突撃のポーランド騎兵

それ俗説だってばよ

621世界@名無史さん2015/06/20(土) 10:15:18.020
いろいろ混同されてるからな。
ただ騎兵突撃は第二次世界大戦でもまだやっていた。
ソ連軍の機関銃相手に突撃したイタリアのサヴォイア騎兵連隊はそれで
実際に成功している(最近のゆとり世代は口を開けばヘタリアだが)

622世界@名無史さん2015/06/20(土) 12:41:37.270
欧米ではWW1を現代との分岐点としている

トルコ帝国、ロシア帝国、清帝国、第二帝国、墺太利帝国が前後して消滅してるし
大英帝国もインド皇帝を退位して帝国ではなくなる

623世界@名無史さん2015/06/21(日) 14:20:25.360
帝国主義が頓挫したのがWW1って感じだな
WW2は時代遅れの帝国主義者の残照

624世界@名無史さん2015/06/21(日) 20:11:57.210
>>620
映像の世紀 世界は地獄を見たのポーランド軍の映像と解説は罪深いと言うべきか。
たしかこうだったような。
”昔ながらの歩兵と騎兵しかなかったポーランド軍は一挙に壊滅。 ドイツ軍は首都ワルシャワに迫ります。”
(映像 どこかの国の騎兵突撃シーン)

625世界@名無史さん2015/06/22(月) 18:18:48.240
>>622
そりゃ言い過ぎじゃね?欧米であろうが日本であろうが、WWIをメインに研究している人は
当然そう見てる人多いけど、それ以外の人にとってはWWIIの方が比重が高い。

イギリスは例外だけど、それでも現代の分岐点というのはWWIを中心に見たらそう見える
だけのこと。

626世界@名無史さん2015/06/22(月) 21:10:19.110
欧米の歴史観

古代 欧州=西ローマ帝国崩壊まで 

中世 欧州=東ローマ帝国崩壊まで 

近世 欧州=神聖ローマ帝国崩壊まで 

近代 欧州=ロシアンローマ帝国崩壊まで 

627世界@名無史さん2015/06/22(月) 21:19:11.870
東洋史学の歴史観

古代 殷周〜東漢帝国崩壊まで 

中世 三国成立より〜五代十国まで 

近世 宋より〜明清 

近代 辛亥革命〜中華人民共和国成立

現代 中華民国、中華人民共和国

628世界@名無史さん2015/06/22(月) 22:15:25.380
>>624
ポーランド分割とかドイツとソ連によるポーランド攻撃とか、
日本では常に被害者のかわいそうな国みたいなイメージ戦略なんだよな〜

軍事フォト系の本ではWW2でレジスタンスがもっとも激しかった国は実質的にポーランドで、
ドイツほどではないが侵攻された時も機甲戦力が充実してて、
ドイツより練度の高いパイロットが多かった空軍は英国に亡命してドイツを苦しめ続けたとかきちんと書いてあった

WW2の遠因の一つがWW1でポーランドがねじ込んだポーランド回廊とダンツィヒだってこととか
東欧の名家としてヨーロッパ最強の騎兵フサリアと共に強国だったこととか知らない人が多い希ガス

629世界@名無史さん2015/06/22(月) 23:18:22.490
西洋に合わせると

古代 欧州=西ローマ帝国崩壊まで 中国=西晋崩壊まで

中世 欧州=東ローマ帝国崩壊まで 中国=南宋崩壊まで

近世 欧州=神聖ローマ帝国崩壊まで 中国=明崩壊まで

近代 欧州=ロシアンローマ帝国崩壊まで 中国=清崩壊まで

630世界@名無史さん2016/06/10(金) 07:34:27.320
うんこ

631世界@名無史さん2016/06/22(水) 12:19:48.810
ナポレオン戦争時代

フランスVSイギリス+プロイセン+ロシア

二度の世界大戦

ドイツVSイギリス+フランス+ロシア

冷戦以降

ロシアVSイギリス+フランス+ドイツ

632世界@名無史さん2016/06/22(水) 23:02:22.600
>>631
イギリス「バランスオブパワー!出る杭は叩く!」

633世界@名無史さん2016/06/23(木) 11:46:58.910
>>631
イギリス(あんぐろさくそん)に付いてれば負けは無いと分かる。

634世界@名無史さん2017/01/14(土) 01:03:06.270
>>1
BBCの歴史ドラマだと大人気だよ。

635世界@名無史さん2017/02/07(火) 21:26:29.230
WWIは西部の塹壕戦と東部のロシア革命だろ
考えるてけで憂鬱になるな

636世界@名無史さん2017/02/07(火) 21:33:26.060
>>635
ドイツ革命による終戦も


大戦の発端はサラエボ事件なわけだが、
結果としてセルビア民族主義者の憎むべき敵ハプスブルク帝国が滅びたんだから
史上もっとも大成功したテロ事件とも言える

637世界@名無史さん2017/02/09(木) 21:34:53.280
>>636
南スラブのその後をみると憂鬱になるけどな

638世界@名無史さん2017/02/20(月) 20:50:19.240
>>1
BBCの歴史ドラマでは大人気

639世界@名無史さん2017/08/10(木) 00:12:07.650
第二次世界大戦は科学的にも医学的にも軍事的にも数段進化した戦争だからな
核兵器みたいな化物兵器が現れ始めるギリギリの技術力で行われた戦争ですわ

640世界@名無史さん2017/08/11(金) 03:23:23.830
大国同士が本気で戦うことができた最後の戦争

641世界@名無史さん2017/08/11(金) 04:39:26.970
白人「日本女は白人コンプで白人のケツ舐めたがってるw」
http://up-origin.gc-img.net/post_img/2016/04/dBx28PgvTTqeRul_9U7VB_439.jpeg



これが大和撫子ですかwww

642世界@名無史さん2017/08/11(金) 07:51:22.390
戦争が侵略戦争が大義にならなくなったからなあ
まあまた復権しつつある

643世界@名無史さん2017/08/11(金) 14:06:07.590
ロシアでは、ナポレオンとヒトラーの侵略を退けたことが栄光の歴史として語られている

第一次大戦は栄光の歴史とはいえない

644世界@名無史さん2017/08/11(金) 16:04:20.680
皇軍の無敵神話をつくった

645世界@名無史さん2017/08/12(土) 16:01:59.020
>>643
第一次世界大戦というイベント抜きに
ロシア革命が起きた可能性は低いと思うんだよな。
ボリシェビキは第一次世界大戦を引き起こした人間たちに
感謝すべきであって・・・そこんとこどうなのよ。

646世界@名無史さん2017/08/13(日) 12:49:07.010
日露戦争時にあらゆる手を使って勝利を目指した日本軍がロシア内で反乱勢力を育てるために大金ばら撒いたし
日露戦争における日本の勝利が、アジア猿なんかに負けたのは王家がダメからだ!って理論にも繋がる

けど別にボリシェビキに日本に感謝しろとは思わんだろう
日本人も江戸時代に倒幕の引き金になったペリーに感謝してるか?
する必要はないと思うが

647世界@名無史さん2017/08/14(月) 18:24:56.150
第一次世界大戦は19世紀末に始まった帝国主義戦争バブルの総決算みたいなものだから
語るには帝国主義戦争まで遡らないといけないと思う。

648世界@名無史さん2017/08/14(月) 18:32:13.910
それは第二次大戦の場合はそこまで遡らなくていいと言うこと?
第二次大戦ではなぜ遡らなくていいのか
何が違うのか
この辺りの考えを聞きたい所だな

649世界@名無史さん2017/08/15(火) 13:40:39.740
>>572
そういうこと考えて普通はヤクザやマフィアはどこも兵役につかせないから
尾津組とか東京大空襲のときでも抗争やってたし

650世界@名無史さん2017/09/25(月) 20:36:59.610
>>646
>日本人も江戸時代に倒幕の引き金になったペリーに感謝してるか?

ペリーは命令で動いている軍人に過ぎないからね。
感謝するなら彼を遣わしたフィルモア大統領だ。
そしてもちろん俺は感謝している。
日本人は決して恩知らずではない。

651世界@名無史さん2017/09/25(月) 22:09:44.250
砲艦外交でロシアもオランダもイギリスも不可能だった開国を成し遂げたのはペリー個人の手腕
フィルモア君が紳士的にやれよってモヤシ提督だしてたら
ロシアみたいに丁重に門前払いされてた

652世界@名無史さん2018/01/30(火) 11:21:26.150
世界史のようにおもしろいかねがはいってくるさいと
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

GVLGY

653世界@名無史さん2018/05/04(金) 23:38:11.410
日本はこの戦争に参加したという意識が希薄だからだろ
ヨーロッパでは第二次より第一次を重視する研究者は多い
というのは第二次は第一次によって引き起こされたという認識が強いからだ

654世界@名無史さん2018/05/05(土) 12:37:36.600
最後の戦勝なのになあ

655世界@名無史さん2018/05/05(土) 14:15:03.130
第二次世界大戦と第一次世界大戦の対比のせいで逆に
勝つ戦争は良いという安易なイメージも付いてると思う

656世界@名無史さん2018/05/06(日) 14:51:10.010
よく出される議題ではあるけど、
アメリカってWW2での勝利を忘れられなくて次の戦勝を求めてるとかいう理論
庶民はともかくトップにもそういうフシはあるのかな?

657世界@名無史さん2018/05/09(水) 18:44:45.310
>>655
第一次大戦の戦勝国の状況って日本の敗戦後の状況と大して変わらなくて国土には砲弾戦死体が処理できないほど残ってるわ
街中あちらこちらに手足無くしたりガス弾で失明したりした傷病兵がゴロゴロいたりで、どっちが勝ったんだか負けたんだかさっぱりわからないような状況なんだけど
日本は第二次大戦の敗戦だけ考えて勝った方がいいって結論を出すわけだろ。
第一次大戦の戦勝国国民は逆で、アメリカやカナダ、オーストラリアまで含めて勝ってももう戦争はまっぴらだわって状況がナチスがやりたい放題やり出すまで続くわけで
結果から行けば日本も第一次大戦に欧州まで国民総動員して総力戦で参加してたら勝ってもその後、国民に厭戦気分くらいは出てだかもね。
勝ち負けに関わらずただ単に欧米の国家総力戦で国同士が戦えばどうなるか?ってのを未だに理解せず負けたから国が焦土になったって勘違いしてるからでは?

658世界@名無史さん2018/05/09(水) 18:53:10.260
>>657
フランスは日本みたいに全土がしつこく爆撃されたりしてないから日本ほど酷くないよ
酷いのは塹壕線の付近だけ
中盤辺りは爆撃も激しかったが後半は制空権もかなり連合軍の物だし
被害だけ見てどっちが勝ったのかわからないという表現は間違ってないと思うが日本の状況と変わらないとは思わない

659世界@名無史さん2018/05/09(水) 19:45:27.270
>>658
使われた砲弾爆弾の数が違うでしょ。例えに出てるフランスなら敵味方含めた砲弾が落ちてるわけで大量の砲弾ガス弾人馬の死体が未だ処理しきれずに、地下水や土壌に異常が出てて
現在も人が住めないどころかまったく立ち入り禁止のままの土地がかつての塹壕ラインにあるけど日本には沖縄にすら戦争の爪痕で未だに人体に影響があるから立ち入り禁止なんて土地はないだろう
話変わって英国になるとオックスフォード大学の学生の4人に1人が戦没してしまったそうだけど大学生ですらこれくらい異常な戦死率を出してしまってる。
まったくをもって科学技術の発展の中で手加減を知らずに殺しあった状態だよ。
戦後戦場から復員してきた兵士のあまりの惨状を見て戦争を忌避する厭戦気分が続いたんだから、まさに太平洋戦争に負けて戦争悲惨すぎて嫌だってなった日本状態だよ。
日本国民の場合総力戦というものが自らの頭に爆弾が降ってくるまでわからなかったわけだよね。
第一次大戦から30年近く経った第二次大戦末期になるまで敵味方問わず国民すべてを巻き込むのが総力戦と知ったのが遅すぎたのかも知れないね。

660世界@名無史さん2018/05/09(水) 19:59:00.720
>>659
いや第一次世界大戦の戦勝国の国土の被害が大きい所は長い間に塹壕線のあった所だけで国土の大半は日本に比べるとそんなに被害を受けてない
フランスの最も酷かった所と沖縄だけを比べて沖縄の方がマシという話はわかるがそれだけでは説明にならない
第一次世界大戦の戦勝国と日本の敗戦後の状況が大して変わらないとは思わない

661世界@名無史さん2018/05/09(水) 20:11:10.160
>>660
大して変わらないよ
それで戦争が嫌になったんだから。
第一次大戦の戦勝国民は第一次大戦で厭戦気分が蔓延した
日本は第二次大戦に負けて厭戦気分が蔓延した。
複数の国の国家総力戦を全力でやったら国が傾くって事をピンとこないから両大戦を日本サイドで見てしまって勝った方がいいって結論が出てしまうわけで
第一次大戦の戦勝国なんてほぼほぼ負けた側の国が崩壊してくれたから運良く勝てたって側面もある。
もうちょっと負けた側が崩壊せずに粘ってたら英仏の方が崩壊してた可能性もある。
第一次大戦後英国全土で労働者の暴動が起きて軍隊が鎮圧して回らなくなったり、フランスじゃ大戦末期の時点で軍隊自体が暴動起こしそうな状態になってたりしたわけだし。
どっちの国が崩壊するかまで決着がつかない戦争なんてまさに前代未聞であってスレタイに沿えば陰惨過ぎてネタにできないんじゃなかろうか。

662世界@名無史さん2018/05/09(水) 20:47:37.490
>>661
状況が似てたとは思うが状況が大して変わらないとは思わないな
厭戦気運が高まった結果も同じだとは思うが
大して変わらないと断じて結論するのはやたら物事を単純化してるように思えて気に入らない

663世界@名無史さん2018/05/09(水) 23:10:27.770
勝ったのにもう戦争はいいや…って思えるのはすごい重要な記憶だな
たとえばドイツ人は戦争で負けたけど次の戦争では勝ってやる!ってWW2起こして負ける

フランスは塹壕戦での主戦場になったからもういいやになったかもしれないけど
イギリスとロシアはどうだったんだろうか
イギリスは国内で塹壕戦やらなかったが

664世界@名無史さん2018/05/11(金) 10:15:58.030
>>658
それ考えると、ww2末期の鬼畜米国による日本の徹底的な爆撃破壊は異常だな
アフガン、イラク(フセイン掃討作戦)、リビア(カダフィ掃討作戦)、IS、最近ではシリア(アサド掃討作戦?)なんか屁でもない

665世界@名無史さん2018/05/14(月) 22:33:25.160
ブレストリトフスク条約で、
ドイツ帝国、リトアニア、ポーランドの領土はどうなる予定だったの?

666世界@名無史さん2018/05/18(金) 14:10:00.800
そういえば、最近ISってどうなったの?
ニュースとかでもまったく聞かなくなっちゃったけど

667世界@名無史さん2018/05/24(木) 11:21:23.920
>>7
ネトサヨとかな

668世界@名無史さん2018/05/24(木) 11:22:25.050
>>20
キチガイのお前とかな

669世界@名無史さん2018/05/24(木) 11:23:19.030
>>28
ネトサヨシナチョン死んだらそれこそ誇るべき世界の舞台だよな
あっ、既にいっぱいあるか(大爆笑)

670世界@名無史さん2018/05/24(木) 11:23:47.090
>>28
お前のようなゴミが死ぬなら面白いよな死なないなら面白味に欠けるわ

671世界@名無史さん2018/05/24(木) 11:24:43.990
>>38
ネトサヨ怪しいな

672世界@名無史さん2018/05/24(木) 11:25:02.430
>>39
ネトサヨ怪しいな

673世界@名無史さん2018/05/24(木) 11:25:22.970
>>40
ネトサヨの捏造は臭いななっネトサヨ

674世界@名無史さん2018/05/24(木) 11:25:55.410
>>47
ネトサヨだけな…

675世界@名無史さん2018/05/24(木) 11:26:24.950
>>54
・ネトサヨ征伐があるといいな

676世界@名無史さん2018/05/24(木) 11:26:48.560
>>57
ネトサヨ

677世界@名無史さん2018/05/24(木) 11:27:11.720
>>60
お前の着てる服とかな人民服だろ?(笑)

678世界@名無史さん2018/05/24(木) 11:28:26.950
>>83
ネトサヨの白人コンプがな

679世界@名無史さん2018/05/24(木) 11:28:52.720
>>85
バカチョンが東郷弾いて雑魚を三大に入れてるのは滑稽だよなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

680世界@名無史さん2018/05/24(木) 11:29:17.820
>>85
バカチョン捩じ込んだ三大は誰にも通用しないけどなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

681世界@名無史さん2018/05/24(木) 11:29:35.880
>>87
バカチョンが捩じ込んだ三大はどこにも通用しないけどなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

682世界@名無史さん2018/05/24(木) 11:29:54.510
>>91
モンゴルはオワコン

683世界@名無史さん2018/05/24(木) 11:30:14.010
>>95
ちゃんと書け

684世界@名無史さん2018/05/24(木) 11:30:35.030
>>98
お前がやられると胸熱だな

685世界@名無史さん2018/06/03(日) 15:31:46.010
>>663
戦場ばかりに目が行くけど大戦時国家総力戦遂行の為に女性は工場で兵器作るのは当たり前な生活どころか、兵役可能な男性人口がごっそり戦場に向かったお陰で
消防士やバスの運転手やら通常男性がやる仕事まで女性が進出してイギリスフランスじゃ現代日本で現在進行中の女性の社会進出を戦争によって強制的にやり出した状況で
戦争が終わって兵士が帰って来たら大学の旧友の4人に1人は戦死して残った3人のうちの1人はさらに戦傷で手足がなくなってるか失明してるかの状態
戦間期は暴動が吹き荒れて無気力に平和を貪る失われた20年というような時代が到来する。
あくまで庶民の暮らしだけどね。
ちなみに二次大戦のイギリスは第一次大戦の人口減少と出生率の低下から女性も徴兵して流石に兵士として前線に出さないまでも通信員なんかの軍隊の後方部隊で活躍してもらったりしてる
そして全てぶっちぎって第二次大戦を突っ走って二度目の勝利をした後は、これもご存知の通りすでに国が立ち行かなくなって戦後も配給生活
レストランで注文できる種類食品すら制限され戦後復興して行く敗戦国を見せない為に戦勝後数年は国民はヨーロッパ大陸への渡航は禁止
戦時に外貨準備が尽きてアメリカに借金して戦争を遂行した為に冬に使う燃料を輸入する金がなかった為に戦艦を次々にスクラップにしてくず鉄を輸出して外貨を稼ぐ生活が数年続いた

686世界@名無史さん2018/06/03(日) 16:36:03.830
軍艦や戦車や航空機が未熟でロマンがないから
地味なジメジメした塹壕戦なんて見たくもない

687世界@名無史さん2018/06/04(月) 13:14:23.950
オレもジメジメしたのは苦手だ。第二次大戦の方で
米軍の火炎放射戦車にカラッと焼き上げてもらった方がいいよな。

688世界@名無史さん2018/06/11(月) 05:53:29.340
火炎放射とかナパームとかがあると長期の塹壕戦は成立しないな
物量で勝つる

689世界@名無史さん2018/06/11(月) 07:45:54.400
旧世界にとって戦争は投射する物量にたいする見返りがしょぼい、むしろ負債が膨れ上がる、っていうのが露呈したんがWW1の歴史的教訓だろ

690世界@名無史さん2018/06/16(土) 23:48:22.640
陸で戦っているのに溺死者が多数出るという恐ろしい戦場。

691世界@名無史さん2018/07/12(木) 10:49:06.190
友達から教えてもらったパソコン一台でお金持ちになれるやり方
興味がある人はどうぞ
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

F2D

692世界@名無史さん2018/07/22(日) 23:26:06.960
>>191
まるで逆。純軍事的理由で戦争を起こすのは有害であるという
クラウセヴィッツの見解が一般に受け入れられていれば、
あんな将棋倒しに交戦国が拡大することはなかった。

693世界@名無史さん2018/07/23(月) 01:05:13.390
>>689
昔からわかっていたけど勲章やら名誉やら領地など
ミクロ的にはプラスなのでマクロ的にマイナスでもとめることはできなかった。

大ジャップ帝国でも一矢を報いるために大反撃を受けることは定番

694世界@名無史さん2018/10/01(月) 09:41:01.290
第一次世界大戦の隠れた痕跡、自動運転のセンサーで空から“発掘”に成功
https://wired.jp/2018/08/17/lidar-archaeology-world-war-1/

最近はレーザーレーダー(LIDAR)搭載の人工衛星も打ち上げられているし、
上空からの発見が増えるかもね。

695世界@名無史さん2018/10/13(土) 01:32:33.350
>>497
シャアの元ネタの人は、つい最近お亡くなりになったよ
https://www.sankei.com/life/news/181001/lif1810010047-n1.html

696世界@名無史さん2018/10/31(水) 17:01:01.660
人気があるわりには第二次世界大戦のすれがないね

697世界@名無史さん2018/11/04(日) 01:54:31.280
第一次世界大戦の終戦100周年が近づいてきましたね。

698世界@名無史さん2018/11/07(水) 17:49:22.840
第一次世界大戦は大砲と機関銃だった。
第二次世界大戦は戦車や航空機が発達した戦争だった。
第三次世界大戦がおきるとしたらAIのはずなのに完全に出遅れる日本。

699世界@名無史さん2018/11/07(水) 18:24:59.760
無人偵察機はアメリカのまね? 中国・軍事技術の脅威
https://www.fnn.jp/posts/00404883CX

性能を自賛するのはいいけど、
中国は何時からロシアに頼らなくてもアメさん並みの航空エンジンを自主開発できるようになったんだろう…
あと、フルペイロードで練習空母から飛び立つ中国機も何時になったら公開してくれるんだろう…

700世界@名無史さん2018/11/07(水) 22:22:00.730
>>1
WW1とその延長戦で中国とシベリアで火事場泥棒やハイエナしようとしたからな、日本は
そういう後ろめたさがあるからじゃないかねえ

701世界@名無史さん2018/11/13(火) 20:01:20.830
>>700
勝てば官軍だぞ?そんな事で後ろめたさなどないわ

702世界@名無史さん2018/11/15(木) 08:11:19.100
「第一次世界大戦 火事場泥棒」
で検索すると
大量にヒットしますがそれは

703世界@名無史さん2018/11/18(日) 13:43:09.940
強盗の獲物を横からかすめ取っただけなので、全然後ろめたさなどないわ

704世界@名無史さん2018/11/18(日) 16:52:58.470
>>698
WW2でも日露戦争を神聖化して38式で白兵戦してたのが大JAP帝国

705世界@名無史さん2018/11/18(日) 17:18:53.570
白兵戦は好きだったけど、銃剣を構えて突撃することしか訓練してなかったから実際はザコだったんだよな
撃つ、刺す、銃床で殴るとか多彩なオプションあるから強いのに

706粉砕、玉砕、大爆死2019/01/06(日) 14:25:53.790
だって開幕の冬戦争からくっそ面白かったし
WW1は起こった経緯とか結構分かりにくいって前同級生がいってたんだけどそうは思わんし
兵装と戦術の違いじゃね?

707世界@名無史さん2019/01/07(月) 15:51:58.010
スペイン内乱だけど?

708世界@名無史さん2019/02/08(金) 21:47:12.010
NHK教育を見て56947倍賢くらららクラシック
ダニーボーイ

709世界@名無史さん2019/02/08(金) 23:22:15.650
一般的にだけど、一次は不幸な偶然が重なって起きたが、二次は起こるべくして起きたってイメージが今だに強い

710世界@名無史さん2019/02/10(日) 14:05:05.660
フランスだったか、今でも畠などから掘り出される砲弾は
第一次世界大戦のものの方が
第二次世界大戦のものより多いらしい。
不良品が多かった?

711学術2019/02/10(日) 14:21:04.360
昔の事であってさ。でもその世代の人には色あせていないと思う。貿易センターテロ
から第三次世界大戦がはじまったのかもな。中東のの若々しい国家で。
事後的に諮るのもいいだろう。僕らの世代にも何かあったし何にもなかったわけじゃない。

712世界@名無史さん2019/06/08(土) 21:54:58.94O
宣戦布告を,受けた時か
進攻・開始の時か,起算点は知らないけど

フランス 降伏まで, 9 ヶ月もかかったんですか w ?
これでも,快進撃と言うんですかい w

713世界@名無史さん2019/08/13(火) 16:03:09.820
>>1
陸の戦いはドロンコの挽肉製造機だったが、
海や空の戦いなら、第一次世界大戦の方がロマンがあったよ。

通商破壊作戦で活躍したドイツの軽巡エムデンが撃破されたニュースを、
イギリスの新聞デイリーテレグラフは、神出鬼没の敵がついに斃れたことを惜しむ論調で
次のように伝えたという。
「『エムデン』がなくなった今日、海上の戦いのもつ痛快さ、ユーモア、面白さは、
かなり、失われるだろう」

714世界@名無史さん2019/08/13(火) 16:05:18.200
みんな、何言っているんだよ。
イギリスやEUじゃ、いまなお第一次世界大戦の方が第二次よりずっと重視されているよ。

715世界@名無史さん2019/08/13(火) 19:50:46.120
アジア解放の正義の戦いではないから

716世界@名無史さん2019/08/14(水) 00:15:16.050
>>713
戦争中にそんな事が言えるのはイギリス人ぐらいだろうな・・・
日本でそんな事言ったら当時も今も大炎上だ・・・
まあジョンブルのジョークには、相手に自分の余裕を見せつけるって要素が
多分にあるけども・・・

717世界@名無史さん2019/08/14(水) 02:11:40.050
牟田口閣下をほめたたえるもんな、イギリス人w

718世界@名無史さん2019/08/21(水) 23:40:02.270
WWTは日本にとっては対岸の火事みたいなもんだしな。
パリ講和会議でも直接利害関係がない議題についてはあまり発言しなかった事で
「サイレントパートナー」と揶揄されたそうだが
人種差別撤廃案についてはもっと評価されてもいいと思う。

719世界@名無史さん2019/08/22(木) 07:10:51.500
WWIよりWWIIのほうが重視されているのって日本内での話で、世界史的にはWWIのほうが重要度大きいんだけどな
あの戦争で、アメリカは超大国に成り始めたし、大英帝国の没落も始まったし、世界初の社会主義国家も誕生した
ヨーロッパの世界地図もWWIの前と後じゃ大きく変わったしな

720世界@名無史さん2019/08/22(木) 14:03:19.360
アメリカもWW2が重視されてるんじゃないかなあ
WW2こそアメリカ主役(気取り)だもんな

WW1を描いたアメリカ映画よりWW2を描いたアメリカ映画の方が多いだろ?
こういう効果バカに出来ないと思う…認識を刷り込まれる

721世界@名無史さん2019/09/20(金) 23:25:47.630
このスレほとんど一人で投稿してんの?

722世界@名無史さん2019/09/21(土) 10:30:00.840
>>200
両方とも、「戦争は、政治や外交をやり尽くした後の最後の手段である」というのが主旨

723世界@名無史さん2019/09/21(土) 16:23:51.060
京都の旧家で
「××はさきの戦争で焼けました」
「ああ、太平洋戦争の空襲で?」
「いえ、応仁の乱です」

よく聞く笑い話だが、ソース特定するなら
「言ったのは近衛文麿、聞いたのは戸坂康二」だと

724世界@名無史さん2019/09/21(土) 20:07:29.210
>>721
俺は第一次がすごい好きだから最低でもあなたと合わせて二人いるぜ

725世界@名無史さん2019/09/21(土) 22:19:18.620
ていうか、日本人には「戦争」といえば「第二次世界大戦」のことと思い込んでる連中が多すぎ

視野が狭すぎて現在の世界情勢についていけてない

726世界@名無史さん2019/09/21(土) 22:36:32.740
>>717
実際コヒマで日本軍を撃退したイギリス軍部隊も餓死の危険があったし
インパールも相当危険だったことは確からしい

727世界@名無史さん2019/09/22(日) 06:12:03.380
>イギリス軍部隊も餓死の危険
つまりイギリス軍の物資を当てにしていたムダグチ流の兵站では、
日本軍がインパールを占領したところで、そこで餓死するだけ
だったという事かww

728世界@名無史さん2019/09/22(日) 17:54:17.530
ドイツ軍に陣地を奪われているのに気づかず
連日航空機からパラシュートで物資を送り続けていたのは
北アフリカだっけ?

729芋田治虫2019/11/13(水) 13:38:12.060
https://nico.ms/sm10953011
https://nico.ms/sm8983831
↑ ヒトラーユーゲントと国民突撃隊、第二次大戦時のドイツの一般市民は、 事実上ナチスの残虐な暴政の犠牲者であり、被害者である。
少なくとも、無罪だ。
もちろん、ナチスの末裔のほとんどが無罪だ。
そのナチスの残虐な暴政の被害者たちを犯罪者扱いしたり、敵視する奴らは、麻原予備軍であり、殺人者扱い及び、テロリスト扱いする奴らこそ、ナチスと同じであり、テロリストなのだ。
そういう意味では、大失敗したカルト国家、北朝鮮が日本に要求する、過去の戦争の反省と償いを、地で行く政策をする戦後のドイツは、世界で一番大成功したカルト国家であり、教祖のいないオウム真理教であり、
世界一寛容な国ではなく、世界一の偽善と売国売民国家なのだ。
だから、ドイツは払う必要がない、第一次世界大戦の賠償金も払ったし、ナチスとは無関係の、ワイマール共和国のものまで、事実上は「ナチスのものと同じで危険だ。」として、根絶しようとしている、愚かすぎる政策をしているのだ。

新着レスの表示
レスを投稿する