【ソーラー電波】セイコーブライツ総合 9【機械式】 [無断転載禁止]©2ch.net

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。
1Cal.77432016/09/24(土) 14:47:26.91ID:/kfr4uPn
セイコーブライツ系について語ろう

公式サイト

ブライツ総合
http://www.seiko-watch.co.jp/bz/
ブライツ アナンタ(終了)
http://www.seiko-ananta.com/index.html
ブライツ フェニックス(終了)※リンク先削除済み
http://www.seiko-watch.co.jp/bz/phoenix/concept/index.php

前スレ
【ソーラー電波】セイコーブライツ総合 8【機械式】
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/watch/1453226031/

952Cal.77432017/09/13(水) 22:08:16.24ID:A+HvSFiS
絵菜のマンコは毛が少し多めで土手に密集していたが、穴付近はツルツルだった。
絵菜に毛の手入れしようと持ちかけると笑顔。
カミソリで毛を綺麗に剃りパイパンマンコにした。
絵菜は全部剃るとは思わなかったようでマンコを何度も触る。

絵菜「え〜?!こんなの誰にも見せられないよ〜、恥ずかしい・・・」

俺「じゃあ俺だけに見せてよ」

俺はマンコを舐めると絵菜はすぐに感じはじめ、すぐにイッた。

絵菜「アンッ・・・アンッ・・・ダメ・・・す、すごく・・・気持ちいい・・・ハァン・・・アッ・・・イクッ・・・」

俺「絵菜ちゃんイッたの?早くない?!」

953Cal.77432017/09/13(水) 22:08:33.54ID:A+HvSFiS
俺「絵菜ちゃん・・・もうこんな濡れて・・・聞こえる?この音・・・」

絵菜「あんっ!恥ずかしいよ・・・はぁん・・・」

絵菜は恥ずかしがりながらチンポに手をやりシコシコと動かし始める。
69になり、クリを舌で弄りつつ、狭い穴に指を1本入れ動かすと、絵菜は感じすぎて舐めれなくなり、手も動かせなくなった。

絵菜「ハァハァ・・・ああんっ!それダメ〜!あっ!あんっ!出ちゃう!何か出そうになる!あんっ!あっ!ああ・・・あっ・・・」

954Cal.77432017/09/13(水) 22:08:54.05ID:A+HvSFiS
俺「絵菜ちゃん・・・もうこんな濡れて・・・聞こえる?この音・・・」

絵菜「あんっ!恥ずかしいよ・・・はぁん・・・」
を1本入れ動かすと、絵菜は感じすぎて舐めれなくなり、手も動かせなくなった。

絵菜「ハァハァ・・・ああんっ!それダメ〜!あっ!あんっ!出ちゃう!何か出そうになる!あんっ!あっ!ああ・・・あっ・・・」

955Cal.77432017/09/14(木) 19:46:26.98ID:Jpb5kwYs
ブライツフェニックスは良かったなあ。
特に6sクロノ。

956Cal.77432017/09/14(木) 23:09:17.78ID:HxGxO0py
絵菜のマンコは毛が少し多めで土手に密集していたが、穴付近はツルツルだった。
絵菜に毛の手入れしようと持ちかけると笑顔。
カミソリで毛を綺麗に剃りパイパンマンコにした。
絵菜は全部剃るとは思わなかったようでマンコを何度も触る。

絵菜「え〜?!こんなの誰にも見せられないよ〜、恥ずかしい・・・」

俺「じゃあ俺だけに見せてよ」

俺はマンコを舐めると絵菜はすぐに感じはじめ、すぐにイッた。

絵菜「アンッ・・・アンッ・・・ダメ・・・す、すごく・・・気持ちいい・・・ハァン・・・アッ・・・イクッ・・・」

俺「絵菜ちゃんイッたの?早くない?!」

957Cal.77432017/09/14(木) 23:09:54.70ID:HxGxO0py
「やっ、やだ……メガネが邪魔ね」
「うん、外そう」
二人はメガネを外し、再び向かい合った。
すると、エリコの顔を見たハルキが驚いたような表情を見せた。
「……なに? どうしたの?」
エリコが怪訝な顔をして聞くと、ハルキは少し顔を赤らめて言った。
「高野さん、メガネはずした方がかわいいよ」
「なっ……なに言ってるのっ……そんなことないわよっ」
「ほんとだよ」
「やっ、やめてよね……ほっ、ほらっ……キスするんでしょ!」
「あ、あぁ……うん。じゃあ……」
ハルキがエリコの肩に手を添え、引き寄せる。
二人はぎこちなく、唇を合わせた。
「もうちょっと、力抜いてみて」

958Cal.77432017/09/14(木) 23:10:21.33ID:HxGxO0py
私は家庭教師をやっているのですがこれは23歳のときのお話です。

初めての事で緊張しながら担当の家に行きました。家に入るとお母

さんが「よろしくお願いします!」と笑顔で言ってくれたのでがんば

ろうと思い、俊君(息子)と二階に上っていきました。30分くらいた

ったときでした・・・・     俊君が私の胸を揉んできたので

す。キャー!といいながら私はハァハァ言ってました。「な、なに

するの!」と言いましたが、俊君はやめてくれません・・・「先生

柔らかい!気持ちいい・・・」、「やめて!」といいながら私も感

じはじめてきました。「下もいい?」と言ってきましたがさすがに

まずいと思い「じゃあ、フェラしてあげる!」と言ってしまいまし
た。なんの事かととまどってましたがズボンをおろしチ○コを口に
くわえました・・・そして上下に動かしていると「でるよ、なんか
気持ちいいー!」、私は「いいよ出して・・・」と言いました。ピ
ュッ!と白くどろっとしたものが私の中に入りました。あぁー、俊
君は気持ちよさそうな顔してました。私は白くどろっとしたものを
に吐きポケットにいれました。そしてまた揉んできましたあっ!あ
っ!「もっとやっていいよ・・・いくー!」

959Cal.77432017/09/14(木) 23:10:52.16ID:HxGxO0py
俺は今43歳。
10年くらい前の話です。

俺には3歳離れた妻、真姫(まき)がいます。
高校からの付き合いで、俺が高校3年、妻は中学3年でした。
腐れ縁か、だらだらと年月を過ごしていました。
大学卒業後に結婚、やがて女児が産まれ、その後は週3回程のお勤めセックス・・・。

小柄な真姫は俺好みでしたが、ないものねだりです。
体に比例してか胸がない!
妊娠中は多少膨れたが、今では元の、まな板に豆状態。
街を歩いても、巨乳までなくても膨らんでいる胸に目がいってしまいます。
それは真姫も薄々は勘付いてる感じ。
生まれ持っての宿命・・・、お互い口には出しませんでした。

960Cal.77432017/09/14(木) 23:11:13.19ID:HxGxO0py
ある日曜日に、真姫が友達と電話で朝から話していました。

「あなた〜今日、明美が来るけどいい?あなたは出掛ける?」

「そうだね・・・彩(娘)を連れて遊びに行こうかな?お小遣いちょっと頂戴♪」

俺は明美が来るという30分くらい前に彩を連れて出発!
朝の10時くらいでした。
真っ先に彩を車で15分くらいの実家へ届け、返す刀で俺はパチンコ屋に向かいました。
お昼も回り、携帯を忘れて来たのに気づいて自宅に戻りました。
玄関には鍵が掛かっていました。
合鍵で中に入り、リビングへ。
いるはずの真姫と明美がいません?
でも、靴と車はありました。

961Cal.77432017/09/14(木) 23:11:31.46ID:HxGxO0py
(上かな?)

俺は気にも留めず上の階へ。
階段を上りきった時に明美の声が聞こえてきました。

明美「真姫・・・あなた、いつもここを旦那に舐められてるの?それで股広げて喘いでるんだ?」

真姫「はい・・・でも真姫のアソコは明美のものです・・・。私に明美のアソコ舐めさせて・・・」

明美「チンコとオマンコどっちが好き?」

真姫「オマンコ・・・明美のオマンコ・・・」

俺はドア越しに聞いてて物凄く興奮しました!

962Cal.77432017/09/14(木) 23:11:50.05ID:HxGxO0py
(ドアを開ければバレる・・・でも見たい!目の前で本番レズ♪)

仕方なくその時は想像していました。
男相手の浮気なら離婚まであるけど、相手は女。
嫉妬よりも・・・。

(俺も加わりたい♪)

そっちの願望が大!!
その場はいい考えもなく退散!!
時間を置いて、その日の夜にダメもとで!!

俺「明美ちゃん、何時頃に帰った?」

963Cal.77432017/09/14(木) 23:12:10.04ID:HxGxO0py
真姫「はい・・・」

リビングで、ソファーに2人並べて座らせて・・・。

俺「俺は邪魔しないから、この前みたいに始めてよ」

しかし・・・やはり・・・なかなか始めませんでした(笑)

俺は仕方なく、いや興奮して2人の所へ行き、2人のパンティーを脱がせました。
真姫はもちろん明美のタイトスカートも全部です!
2人して下半身だけスッポンポン♪
そのままM字開脚になるようにソファーに座らせました。
2人に各自オマンコヒダを摘まませてクパァ状態でオマンコ開帳。
次はそのまま指挿入オナニー♪
2人もその気になってきたのか、「アッ、んっ」「アァ〜」ってシンクロオナニー♪

964Cal.77432017/09/14(木) 23:12:27.01ID:HxGxO0py
俺「真姫!お姉さんのマンコ汁を舐めさせてもらえ!!」

真姫は「はい」と頷くと、明美の足下に跪いて「お願いします・・・」。

明美は真姫の頭を掴んで自分のオマンコに真姫の顔を押し付けました。
必死にオマンコを舐める真姫を後ろから見ているだけで俺のペニスはMAX!
俺も下半身裸になって真姫の脇に行き、腰を持ち上げオマンコに指をぶち込みました!
自分で腰をくねらせて指が奥にまで行くようにする真姫!
牝に見えました。
次に俺は明美の隣に座り、全裸にさせ、待ちに待ったオッパイを揉みまくり、舐め回しました。

明美も「アッアッいい〜、気持ちいい〜」

965Cal.77432017/09/14(木) 23:12:46.78ID:HxGxO0py
明美「ありがとうございます・・・美味しいです!もっともっと下さい・・・」

俺「明美の嫌いなチンコ舐めたいか?舐めたいなら真姫にお願いしてごらん♪」

明美「真姫・・・真姫の旦那様のチンコ舐めていいですか?」

真姫「・・・」

明美「真姫、お願いします・・・私は旦那様の牝犬になります。旦那様と真姫のセックスの後処理もします・・・お願い・・・」

真姫「あなた、真姫にも後で下さい・・・」

俺「ほら明美、頬張れ♪チンコ好きか?精子欲しいのか?」

966Cal.77432017/09/14(木) 23:13:13.33ID:HxGxO0py
明美「はい・・・何でもします!!」

俺「よし!真姫に報告してから舐めていいぞ♪」

明美「真姫・・・今から旦那様のチンコを舐めさせて頂きます・・・真姫・・・ちゃんと聞いてて下さい・・・」

グボォグチュグチュグチュグチュ!ハァ〜グボォグチュグチュグチュ、ンーグハァンングボォ!

イマラで声も出せず苦しくて涙目になっている明美の頭を鷲掴みにして、さらに咽の奥に入れました。
ピクピクしながら白目になっています。

967Cal.77432017/09/15(金) 20:41:06.35ID:fP8ObU7/
SAGA133いいなと思うけどガキっぽいかなとも思う
諸兄らの意見をくれ

968Cal.77432017/09/16(土) 03:39:46.53ID:+BoFBV7l
>>967
他人の腕時計なんて誰も気にも留めない

969Cal.77432017/09/16(土) 11:38:31.43ID:EeH7I1mT
裏蓋ガラスは気付かぬうちにヒビが入いる事がある。
置いておいて踏めば勿論だが、厚い本が落ちてもガラスが欠ける可能性がある。

970Cal.77432017/09/16(土) 18:35:08.69ID:Zvdi8blP
>>967
時計は自分が本当に気に入ったのにすればいいと思う

どうせ他人の時計なんて、何でこの人こんな時計つけてんの?って思っちゃうじゃん

971Cal.77432017/09/16(土) 19:28:29.25ID:UC6nMw02
俺「真姫!お姉さんのマンコ汁を舐めさせてもらえ!!」

真姫は「はい」と頷くと、明美の足下に跪いて「お願いします・・・」。

明美は真姫の頭を掴んで自分のオマンコに真姫の顔を押し付けました。
必死にオマンコを舐める真姫を後ろから見ているだけで俺のペニスはMAX!
俺も下半身裸になって真姫の脇に行き、腰を持ち上げオマンコに指をぶち込みました!
自分で腰をくねらせて指が奥にまで行くようにする真姫!
牝に見えました。
次に俺は明美の隣に座り、全裸にさせ、待ちに待ったオッパイを揉みまくり、舐め回しました。

明美も「アッアッいい〜、気持ちいい〜」

972Cal.77432017/09/16(土) 19:28:47.71ID:UC6nMw02
俺はその時18歳で、たまたま生でエッチした17歳の女が妊娠してデキ婚した。
その反動でか、遊び足りなかった。
結婚したはいいが、結局流産した。
結婚当初はまた作ればいいと励まし合ったが、その後はできず5年経った。
俺に元々愛情はなく、初めこそエッチには応じたが中出しはせず、外に出して冷たく接していた。
そんな俺の心の中を嫁も少しずつ感じ始め、無関心になった。

今はもう家庭内別居状態だ。
たまにエッチしたくてもさせてくれず、嫁はブクブクと太り、当時の面影は一切ない。
だが男はいる気配はしていて離婚寸前だ。

973Cal.77432017/09/16(土) 19:29:02.04ID:UC6nMw02
エリコはあまりの快感に立っていられなくなり、ガクンと机の上に倒れ込んだ。
「はぁ……はぁ……もっとだよ……高野さんっ……!」
ハルキはそう言うと、徐々に腰の動きを激しくしていった。
「あっ、あっ、あはぁっ、んん──っ!」
エリコは狂おしいほどの快感に、悲鳴のような声を上げた。
ものすごい強さと勢いでペ○スが突き刺さり、それが何度も、何度も、くり返される。
「んっ、あぁっ、すっ、杉田くんっ……もっ、もうっ……だめぇっ……いっ……あっ……こっ……こわれひゃうよおおぉっ……」
「はぁっ、はぁっ……高野さんっ……わかったよ……もうっ……イクっ……イクよっ……!」
ハルキはそう言うと、エリコの尻をわしづかみにしてペ○スを深く突き刺し、抑えきれなくなった欲望を一気に解放した。
エリコは、自分の中でハルキのペ○スがドクドクと脈打つのを感じながら、再び訪れた絶頂に声を上げた。

「ありがとね。すごく……その……すてきな体験だった。もちろん、勉強になったし……」
乱れた服を直し、エリコは言った。

974Cal.77432017/09/16(土) 19:29:52.78ID:UC6nMw02
愛液が洪水のようにあふれている。
ハルキは驚きと感動を覚えつつ、エリコの秘部を探索するように、指を進めていった。
「ええっ、うそっ……あっ、やっ、ああぁんっ!」
エリコは激しく反応し、体をくねらせた。
そして、ハルキが少し指で刺激しただけで、差し迫った声を上げた。
「あっ、なにっ、やだっ、すごいっ、なんかくるっ、まってっ、あっあっ、んん────っ!」
エリコの体がビクビクと激しく痙攣する。
ハルキはエリコが絶頂に達したことを悟り、手の動きをゆるめた。
エリコは喘ぎながら言った。
「うぅっ……なに……今のっ……すごかったよ……あっ……んっ……すごく気持ちよくて……体が変になって……なんだったの……!?」
「イッちゃったんだよ、きっと」
「いっちゃっ……た……? なにそれ……んっ……あぁっ……」
エリコが言うと、ハルキは驚いた様子で言った。
「そっか……本当になにも知らないんだね。えっと……イクっていうのは……男だったら射精するってこと。でも、女性はそういうのないから……とにかくすごく気持ちよくなること……かな。僕もよくはわからないんだけど」
「そうなんだ……あっ、んっ……まぁ、なんとなく……わかったわ……んっ、あっ、あ

975Cal.77432017/09/16(土) 19:30:08.61ID:UC6nMw02
僕は21歳、17歳になる妹がいます。

妹は僕の友人と付き合っています。

男友達としては、非常にいい友人なんですが、超女好きで、今まで付き合った女をことごとく開発してきた話を友人から嫌というほど聞かされていました。

そんな友人と妹が付き合っているというのは、若干抵抗がありましたが、妹の方が友人を好きになったようです。

今は僕の妹と付き合っているということもあり、今回はそういう話は聞かされていなかったんですが、ひょんなことから酒の席で、僕の妹とついにセックスしたという話を聞いてしまいました。

友人の話では、今までやってきた女の中でも妹は超敏感で、友人のセックステクにもろにはまってしまい、体をビクビクさせて何度もイッたらしいです。

976Cal.77432017/09/16(土) 19:30:28.55ID:UC6nMw02
僕は21歳、17歳になる妹がいます。

妹は僕の友人と付き合っています。

男友達としては、非常にいい友人なんですが、超女好きで、今まで付き合った女をことごとく開発してきた話を友人から嫌というほど聞かされていました。

そんな友人と妹が付き合っているというのは、若干抵抗がありましたが、妹の方が友人を好きになったようです。

今は僕の妹と付き合っているということもあり、今回はそういう話は聞かされていなかったんですが、ひょんなことから酒の席で、僕の妹とついにセックスしたという話を聞いてしまいました。

友人の話では、今までやってきた女の中でも妹は超敏感で、友人のセックステクにもろにはまってしまい、体をビクビクさせて何度もイッたらしいです。

977Cal.77432017/09/16(土) 19:30:50.22ID:UC6nMw02
僕は21歳、17歳になる妹がいます。

妹は僕の友人と付き合っています。

男友達としては、非常にいい友人なんですが、超女好きで、今まで付き合った女をことごとく開発してきた話を友人から嫌というほど聞かされていました。

そんな友人と妹が付き合っているというのは、若干抵抗がありましたが、妹の方が友人を好きになったようです。

今は僕の妹と付き合っているということもあり、今回はそういう話は聞かされていなかったんですが、ひょんなことから酒の席で、僕の妹とついにセックスしたという話を聞いてしまいました。

友人の話では、今までやってきた女の中でも妹は超敏感で、友人のセックステクにもろにはまってしまい、体をビクビクさせて何度もイッたらしいです。

978Cal.77432017/09/16(土) 19:31:31.17ID:UC6nMw02
僕は21歳、17歳になる妹がいます。

妹は僕の友人と付き合っています。

男友達としては、非常にいい友人なんですが、超女好きで、今まで付き合った女をことごとく開発してきた話を友人から嫌というほど聞かされていました。

そんな友人と妹が付き合っているというのは、若干抵抗がありましたが、妹の方が友人を好きになったようです。

今は僕の妹と付き合っているということもあり、今回はそういう話は聞かされていなかったんですが、ひょんなことから酒の席で、僕の妹とついにセックスしたという話を聞いてしまいました。

友人の話では、今までやってきた女の中でも妹は超敏感で、友人のセックステクにもろにはまってしまい、体をビクビクさせて何度もイッたらしいです。

979Cal.77432017/09/16(土) 19:31:43.05ID:UC6nMw02
こんな話を友人から聞かされた僕は変に興奮してしまい、友人と妹のセックスの模様を見てみたくなりました。

妹も友人と付き合う前から結構色んな男と付き合ってきているので、前から興味がありましたが、ついにチャンスが巡ってきました。

友人は今度、自分の家で妹とセックスする予定らしく、今回は、よくAVなんかである目隠しをしてやることになりました。

僕は妹が来る前から友人の部屋の押し入れに忍び込み、事をじっくり見物することになりました。

約束していた時間が来ると、妹が友人の部屋に入って来ました。

980Cal.77432017/09/16(土) 19:31:58.05ID:UC6nMw02
は21歳、17歳になる妹がいます。

妹は僕の友人と付き合っています。

男友達としては、非常にいい友人なんですが、超女好きで、今まで付き合った女をことごとく開発してきた話を友人から嫌というほど聞かされていました。

そんな友人と妹が付き合っているというのは、若干抵抗がありましたが、妹の方が友人を好きになったようです。

今は僕の妹と付き合っているということもあり、今回はそういう話は聞かされていなかったんですが、ひょんなことから酒の席で、僕の妹とついにセックスしたという話を聞いてしまいました。

友人の話では、今までやってきた女の中でも妹は超敏感で、友人のセックステクにもろにはまってしまい、体をビクビクさせて何度もイッたらしいです。

981Cal.77432017/09/16(土) 19:32:25.70ID:UC6nMw02
そして今まで、妹を犯ってみたいと思っていた気持ちを激しくぶつけ、思いっきり突いてやりました。

妹はしきりに、「気持ちいいー、気持ちいいー◯◯」と友人の名前を叫んでいました。

僕もあまりの気持ち良さに3分くらいしかもたず、思いっきり精子を妹にぶちまけました。

声が出せないため少々大変でしたが、妹のいやらしい部分を存分に味わうことが出来、大変満足しました。

その後は友人の執念深い責めにあい、妹は何度もイッて、最後はヘロヘロにされている姿を見て自分のモノがまたイキリ立ち、最後に妹に咥えさせて、妹の口の中で僕も果てました。

妹は目隠しされたままでいつも以上に何発も犯られて、「凄いー気持ちいいー」を最後まで連呼していました。

それにしても妹は、このままいけばもっといやらしい女に成長してい

982Cal.77432017/09/16(土) 19:32:41.09ID:UC6nMw02
なんと、妹のアソコには毛がほとんど生えていません。

どうやら友人に剃毛されているようで、クリトリスの上に少しだけ毛が残されていました。

また妹のオマンコは結構ビラビラが大きくはみだし、クリトリスもしっかり剥かれていました。

割れ目からは、もうすでに溢れんばかりに白濁のいやらしい汁が溢れていました。

僕はその汁をクリトリスに塗りたくり、ヌルヌルした状態で激しくクリトリスの根元からしごき上げてやりました。

妹は、もうたまらないようです。

数分後、妹は自分の兄貴にクリトリスを激しくシゴかれているとも知らず、激しく腰を持ち上げるとカクンカクンなりながらイッてしまいました。

まだヒクヒクしていましたが、今度は友人が妹の背後から前にまわり、挿入するフリをして、僕が自分のイキリ立ったモノを妹のヌルヌルしたオマンコにぶち込んでやりました。

983Cal.77432017/09/16(土) 19:33:18.49ID:UC6nMw02
麻美は浜崎を少しケバくした感じ。でも生唾ゴックンの爆乳です。キャバ嬢。
舞は江角似の色気はないけどキリっとした顔立ちの、キレイな娘でした。
そして紗弥加。相川ななせ似の華奢なすごく可愛いおねぇ系の娘でした。

適当な居酒屋に入り、自己紹介もなく乾杯。さすが変態のみ集結させたので、
各々好みの娘に夢中になり、速攻で紗弥加が質問攻めに…女の面子はやくも萎えてた。
俺はたまたま紗弥加の正面だったので、連れを追い払い他の女を相手するよう促しました。
紗弥加は美容師を目指してるらしく、俺が美容師と聞いていたみたいで、
逆に紗弥加の質問攻めが始まりました。普段プライベートでは仕事の話は

984Cal.77432017/09/16(土) 19:33:46.39ID:UC6nMw02
その時です。最悪な事態が…麻美が半狂乱で舞に絡みだしたのです。
麻美は舞に向かって、「おい、テメェ!これ飲めよ一気しろや!」とどなりつけました。
居酒屋中がシーンとしました…優子が止めるも、野郎が止めるも麻美は聞きません。
次の瞬間、なんと麻美が舞に向かって日本酒をぶっかけてしまいました。
俺はキャットファイトは初めてみたので思わず笑ってしまいました。

すると今度は俺の頭に日本酒が注ぎこまれました。もう本当にわらけてしまってると、
紗弥加がおしぼりをくれました。本当に可愛いし気がきく紗弥加の頭を思わずなでました。
すると今度は舞が切れました。「んなもん飲んでやるよ!テメェも飲めや!」
と麻美に向かって…クールそうな舞が切れたのには全員ビックリ、目が点に…。
そして女の意地をかけた日本酒一気がはじまりました。しかし結果はあからさまでした。
この舞さん、過去に男を含めても類を見ない酒豪さんで、舞の余裕っぷりに男性陣拍手喝采。
一方麻美は本気で潰れ、座敷のその場で激しく嘔吐しました…。

985Cal.77432017/09/16(土) 19:33:59.77ID:UC6nMw02
麻美は舞に向かって、「おい、テメェ!これ飲めよ一気しろや!」とどなりつけました。
居酒屋中がシーンとしました…優子が止めるも、野郎が止めるも麻美は聞きません。
次の瞬間、なんと麻美が舞に向かって日本酒をぶっかけてしまいました。
俺はキャットファイトは初めてみたので思わず笑ってしまいました。

すると今度は俺の頭に日本酒が注ぎこまれました。もう本当にわらけてしまってると、
紗弥加がおしぼりをくれました。本当に可愛いし気がきく紗弥加の頭を思わずなでました。
すると今度は舞が切れました。「んなもん飲んでやるよ!テメェも飲めや!」
と麻美に向かって…クールそうな舞が切れたのには全員ビックリ、目が点に…。
そして女の意地をかけた日本酒一気がはじまりました。しかし結果はあからさまでした。
この舞さん、過去に男を含めても類を見ない酒豪さんで、舞の余裕っぷりに男性陣拍手喝采。
一方麻美は本気で潰れ、座敷のその場で激しく嘔吐しました…。

986Cal.77432017/09/16(土) 19:34:29.97ID:UC6nMw02
体を軽く洗い流してベッドへ。
希望で制服だけを着てもらいイチャイチャした。
絵菜は甘えん坊で何度も抱きつきキスを求める。
可愛さに胸キュンした。
乳首を舐めながらマンコを触るとすでに洪水状態でピチャピチャと音が鳴った。

俺「絵菜ちゃん・・・もうこんな濡れて・・・聞こえる?この音・・・」

絵菜「あんっ!恥ずかしいよ・・・はぁん・・・」

絵菜は恥ずかしがりながらチンポに手をやりシコシコと動かし始める。
69になり、クリを舌で弄りつつ、狭い穴に指を1本入れ動かすと、絵菜は感じすぎて舐めれなくなり、手も動かせなくなった。

絵菜「ハァハァ・・・ああんっ!それダメ〜!あっ!あんっ!出ちゃう!何か出そうになる!あんっ!あっ!ああ・・・あっ・・・」

987Cal.77432017/09/16(土) 19:34:45.97ID:UC6nMw02
絵菜「え〜?!こんなの誰にも見せられないよ〜、恥ずかしい・・・」

俺「じゃあ俺だけに見せてよ」

俺はマンコを舐めると絵菜はすぐに感じはじめ、すぐにイッた。

絵菜「アンッ・・・アンッ・・・ダメ・・・す、すごく・・・気持ちいい・・・ハァン・・・アッ・・・イクッ・・・」

俺「絵菜ちゃんイッたの?早くない?!」

絵菜「◯◯さんが舐めるの上手いんですよ・・・ハァハァ・・・なんか我慢できなくなっちゃう・・・」

トロンとした目で俺を見つめ、勃起したチンポを触る。

988Cal.77432017/09/16(土) 19:35:05.86ID:UC6nMw02
トロンとした目で俺を見つめ、勃起したチンポを触る。
俺は立って絵菜の口にチンポを当てると絵菜はゆっくり裏筋から舐めた。

絵菜「エヘヘッ・・・チンチンもおっきい・・・入るかな・・・?口いっぱいになっちゃう・・・」

チンポの大きさには自信があったので優越感に浸った。
絵菜は徐々に激しくチンポを舐め、俺は我慢できなくなり絵菜の口に出した。

絵菜「ングッ・・・ジュボ・・・ジュボ・・・ンッ?ンンッ!」

絵菜の頭を押さえ全て出すと、絵菜はチンポに残っている精子をすべて吸い出すと飲み干した。
数滴、口からこぼれておっぱいに垂れた。

989Cal.77432017/09/16(土) 19:35:24.52ID:UC6nMw02
体を軽く洗い流してベッドへ。
希望で制服だけを着てもらいイチャイチャした。
絵菜は甘えん坊で何度も抱きつきキスを求める。
可愛さに胸キュンした。
乳首を舐めながらマンコを触るとすでに洪水状態でピチャピチャと音が鳴った。

俺「絵菜ちゃん・・・もうこんな濡れて・・・聞こえる?この音・・・」

絵菜「あんっ!恥ずかしいよ・・・はぁん・・・」

絵菜は恥ずかしがりながらチンポに手をやりシコシコと動かし始める。
69になり、クリを舌で弄りつつ、狭い穴に指を1本入れ動かすと、絵菜は感じすぎて舐めれなくなり、手も動かせなくなった。

絵菜「ハァハァ・・・ああんっ!それダメ〜!あっ!あんっ!出ちゃう!何か出そうになる!あんっ!あっ!ああ・・・あっ・・・」

990Cal.77432017/09/16(土) 19:35:51.23ID:UC6nMw02
その時です。最悪な事態が…麻美が半狂乱で舞に絡みだしたのです。
麻美は舞に向かって、「おい、テメェ!これ飲めよ一気しろや!」とどなりつけました。
居酒屋中がシーンとしました…優子が止めるも、野郎が止めるも麻美は聞きません。
次の瞬間、なんと麻美が舞に向かって日本酒をぶっかけてしまいました。
俺はキャットファイトは初めてみたので思わず笑ってしまいました。

すると今度は俺の頭に日本酒が注ぎこまれました。もう本当にわらけてしまってると、
紗弥加がおしぼりをくれました。本当に可愛いし気がきく紗弥加の頭を思わずなでました。
すると今度は舞が切れました。「んなもん飲んでやるよ!テメェも飲めや!」
と麻美に向かって…クールそうな舞が切れたのには全員ビックリ、目が点に…。
そして女の意地をかけた日本酒一気がはじまりました。しかし結果はあからさまでした。
この舞さん、過去に男を含めても類を見ない酒豪さんで、舞の余裕っぷりに男性陣拍手喝采。
一方麻美は本気で潰れ、座敷のその場で激しく嘔吐しました…。

991Cal.77432017/09/16(土) 19:36:09.30ID:UC6nMw02
訪問介護の仕事をしていたのですが、
あるお宅へうかがった時にエッチな
レイプ体験をしました。介護に向か
った先ははかなり大きなお屋敷で、
和室でおじいさんの身体を拭いてあ
げたりしていると、いきなり隣の部
屋の障子がスーッと開いたのです。

992Cal.77432017/09/16(土) 19:36:34.03ID:UC6nMw02
俺はその時18歳で、たまたま生でエッチした17歳の女が妊娠してデキ婚した。
その反動でか、遊び足りなかった。
結婚したはいいが、結局流産した。
結婚当初はまた作ればいいと励まし合ったが、その後はできず5年経った。
俺に元々愛情はなく、初めこそエッチには応じたが中出しはせず、外に出して冷たく接していた。
そんな俺の心の中を嫁も少しずつ感じ始め、無関心になった。

今はもう家庭内別居状態だ。
たまにエッチしたくてもさせてくれず、嫁はブクブクと太り、当時の面影は一切ない。
だが男はいる気配はしていて離婚寸前だ。

993Cal.77432017/09/16(土) 19:36:52.39ID:UC6nMw02
そんな時、援交でもいいから若くてスリムな子とエッチしたいと思い、サイトに手を出した。
近場で、顔は隠してるが全身写メの子がいて、おっぱいも嫁よりあるのに細い。
顔は・・・まぁ最悪見なければと思いメールすると即返信がきた。

『直接会ってみて、お互い決めませんか?』

夜、待ち合わせをして行くと、制服姿の真面目そうな子が立っている。
まさかとは思ったが、声をかけるとビンゴ。
顔は・・・まあ、なんてとんでもない。
宮崎あおい似でタイプすぎるタイプ。
その笑顔がまだ幼く、俺の心をグッと掴んだ。
名前は絵菜と言い、地元の高校に通う17歳だ。

994Cal.77432017/09/16(土) 19:37:16.10ID:UC6nMw02
絵菜「え〜?!こんなの誰にも見せられないよ〜、恥ずかしい・・・」

俺「じゃあ俺だけに見せてよ」

俺はマンコを舐めると絵菜はすぐに感じはじめ、すぐにイッた。

絵菜「アンッ・・・アンッ・・・ダメ・・・す、すごく・・・気持ちいい・・・ハァン・・・アッ・・・イクッ・・・」

俺「絵菜ちゃんイッたの?早くない?!」

絵菜「◯◯さんが舐めるの上手いんですよ・・・ハァハァ・・・なんか我慢できなくなっちゃう・・・」

トロンとした目で俺を見つめ、勃起したチンポを触る。

995Cal.77432017/09/16(土) 19:37:36.23ID:UC6nMw02
トロンとした目で俺を見つめ、勃起したチンポを触る。
俺は立って絵菜の口にチンポを当てると絵菜はゆっくり裏筋から舐めた。

絵菜「エヘヘッ・・・チンチンもおっきい・・・入るかな・・・?口いっぱいになっちゃう・・・」

チンポの大きさには自信があったので優越感に浸った。
絵菜は徐々に激しくチンポを舐め、俺は我慢できなくなり絵菜の口に出した。

絵菜「ングッ・・・ジュボ・・・ジュボ・・・ンッ?ンンッ!」

絵菜の頭を押さえ全て出すと、絵菜はチンポに残っている精子をすべて吸い出すと飲み干した。
数滴、口からこぼれておっぱいに垂れた。

絵菜「んあっ!ごほっ!いっぱいだよ〜!ちょっとこぼしちゃった・・・ゴメンね?」

996Cal.77432017/09/16(土) 19:37:53.07ID:UC6nMw02
体を軽く洗い流してベッドへ。
希望で制服だけを着てもらいイチャイチャした。
絵菜は甘えん坊で何度も抱きつきキスを求める。
可愛さに胸キュンした。
乳首を舐めながらマンコを触るとすでに洪水状態でピチャピチャと音が鳴った。

俺「絵菜ちゃん・・・もうこんな濡れて・・・聞こえる?この音・・・」

絵菜「あんっ!恥ずかしいよ・・・はぁん・・・」

絵菜は恥ずかしがりながらチンポに手をやりシコシコと動かし始める。
69になり、クリを舌で弄りつつ、狭い穴に指を1本入れ動かすと、絵菜は感じすぎて舐めれなくなり、手も動かせなくなった。

絵菜「ハァハァ・・・ああんっ!それダメ〜!あっ!あんっ!出ちゃう!何か出そうになる!あんっ!あっ!ああ・・・あっ・・・」

997Cal.77432017/09/16(土) 19:38:11.25ID:UC6nMw02
あまりにも大量で、周辺はビショビショに濡れた。
絵菜は足をどかし、俺の顔を見て驚く。

絵菜「何か出ちゃった?!ごめっ・・・えっ?何これ?!私が出したの?!」

俺「めっちゃ出たね!潮!こんなに出るとは思わなかったよ!」

絵菜「潮?これが潮なの?!」

俺「知らなかったの?初めて?」

絵菜「なんか前彼が『潮吹かせたい』とか言ってたような気するけど、全然出なかったからたぶん初めて・・・。ってか気持ちよすぎだよ・・・!頭おかしくなって力入らなくて、何か出そうって我慢したけどできなくて・・・ゴメンね、顔に出しちゃって・・・」

謝る絵菜を抱き締めて頭を撫でる。
絵菜は跨がり、チンポを握るとマンコに入れた。

998Cal.77432017/09/16(土) 19:38:28.25ID:UC6nMw02
絵菜「あんっ!いい!いいの!はぁんっ!んあっ!イクッ!イクッ!ハァハァ・・・も、もうダメ・・・気持ちよすぎだよ・・・ハァハァ」

俺は絵菜の可愛さで爆発寸前。
絵菜と体を入れ替え、正常位で突きまくる。

俺「絵菜ちゃん、入れるよ?ハァ・・・んっ!締め付けるね、絵菜ちゃんの中・・・」

絵菜「エヘヘッ・・・絵菜でいいよ?絵菜の中でいっぱい感じて?あんっ!あんっ!あっ!いやん!気持ちいい!」

俺は絵菜に抱きつき腰を速めた。
すぐにイキそうになる。

俺「絵菜ちゃ!絵菜!イキそう!イクッ!」

絵菜「あんっ!あっ!はぁんっ!ハァハァ・・・いいよ!いいよイッて!絵菜にいっぱい出して!あんっ!あたしもイクッ!イッちゃう!きゃぁっ!」

999Cal.77432017/09/16(土) 19:38:51.21ID:UC6nMw02
絵菜「あんっ!いい!いいの!はぁんっ!んあっ!イクッ!イクッ!ハァハァ・・・も、もうダメ・・・気持ちよすぎだよ・・・ハァハァ」

俺は絵菜の可愛さで爆発寸前。
絵菜と体を入れ替え、正常位で突きまくる。

俺「絵菜ちゃん、入れるよ?ハァ・・・んっ!締め付けるね、絵菜ちゃんの中・・・」

絵菜「エヘヘッ・・・絵菜でいいよ?絵菜の中でいっぱい感じて?あんっ!あんっ!あっ!いやん!気持ちいい!」

俺は絵菜に抱きつき腰を速めた。
すぐにイキそうになる。

俺「絵菜ちゃ!絵菜!イキそう!イクッ!」

絵菜「あんっ!あっ!はぁんっ!ハァハァ・・・いいよ!いいよイッて!絵菜にいっぱい出して!あんっ!あたしもイクッ!イッちゃう!きゃぁっ!」

1000Cal.77432017/09/16(土) 19:38:59.08ID:3l2euN8S
ロレ厨しね

10011001Over 1000Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
life time: 357日 4時間 51分 33秒

10021002Over 1000Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
https://premium.2ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.2ch.net/login.php

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。