ハビトゥスについて語ろう

1名無しさん@社会人2017/11/27(月) 13:22:10.91
<以外、goo辞書より引用>

「ハビトゥス【habitus】」の意味

生活の諸条件を共有する人々の間に形成され、その集団の中で持続的かつ臨機応変に知覚・思考・行為を生み出す原理としてはたらく、心的諸傾向の体系。フランスの社会学者ブルデューが提起した概念。

<ここまで引用>

2名無しさん@社会人2017/11/27(月) 13:38:27.41
「以外」じゃなくて「以下」
変換ミス訂正。

3名無しさん@社会人2017/11/27(月) 13:49:03.63

4名無しさん@社会人2017/11/27(月) 14:04:37.60
下流階級の人たちは自分で子供を育てるのを諦めて上流階級の人間に育てて貰ったほうがいいみたい。
ミームだとかハビトゥスだとか、家庭で代々受け継がれている人格の形成に関わる部分の影響が大きいらしい。
ハマコーは自分がヤクザだったから悪いものを受け継がせないために息子を人に預けて育てさせたらしい。
もう国家が子供を貧乏人から取り上げて上流家庭で育てさせるようにしたらどうだ。
現在の生活保護世帯なんかから子供を取り上げて、上流階級の人間に里親をやらせて子供の分の生活保護費は養育費として里親に渡すようにするの。
そうすれば悪しきミームや悪しきハビトゥスが継承されるのを阻止でき格差の固定化を防げる可能性がある。

この前、ダウンタウンのクレイジージャーニーって番組で、スラムで平均年収以上を稼いでいるのにスラムの生活から足を洗おうとしない人たちが出ていた。
すさんだ生活は金だけの問題ではないみたい。
ミームなりハビトゥスなりが影響しているのだろう。

アレキサンダーの時代を描いた「ヒストリエ」って漫画では
主人公のエウメネスは金持ち一家の子供として本に囲まれ育ったが、実は幼い頃に連れてこられた未開人の子供で養子ですらなく、
本来は奴隷の身分であったことが発覚するが、身につけた素養によって出世していく、という話が描かれているが、これは現実にも当てはまるかもしれない。
ミームなりハビトゥスなりがあるとするならば、ちゃんとした家で育てられればアイヌだろうがえた・ひにんだろうが在日だろうが立派な人間に育つ可能性はある。

5名無しさん@社会人2017/11/27(月) 14:12:10.11
まあ>>4は極論にしても、下層民は子供を乳児期から保育園に入れるなどして極力親から受ける影響を小さくしたほうがいいだろう。
下流階級こそ育児・教育のアウトソーシングを進めたほうがいい。
下流階級は自分が子供にはろくな影響を与えないことを自覚すべきだ。

6名無しさん@社会人2017/11/27(月) 14:54:28.65

7名無しさん@社会人2017/11/28(火) 12:53:03.23
再生産 〔教育・社会・文化〕
https://www.amazon.co.jp/dp/4938661241/
ブルデュー 闘う知識人
https://www.amazon.co.jp/dp/4062586096/

8名無しさん@社会人2017/11/28(火) 13:45:23.57
政府は高等教育よりまず先に乳幼児教育に力を入れるべきだ。
幼児教育の義務教育化を進めるだけでなく、低所得層においては悪しきハビトゥスを継承させないために乳児期から半強制的に保育園に入れさせ、なるべく親から引き離すようにすべきだ。
さらに上流階級の家庭へ里子を受け入れさせる里親制度を推進し(もちろん厳しい審査で選別する)、里子を受け入れた高所得家庭には所得税・相続税の減免を認めればいい。

9名無しさん@社会人2018/02/14(水) 23:29:45.44
すごくおもしろいネットで稼げる情報とか
暇な人は見てみるといいかもしれません
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

97QMN

10名無しさん@社会人2018/12/07(金) 05:13:54.20

11名無しさん@社会人2019/06/07(金) 01:41:16.03
教育 子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/10/ok-11_1.php
文化資本とは何か―負け組が這い上がれない理由
https://mikuriyan.hateblo.jp/entry/2017/12/21/125758
IQスコア、過去40年にわたり低下 環境要因か ノルウェー研究
https://www.cnn.co.jp/fringe/35120850.html

12名無しさん@社会人2020/01/05(日) 17:37:41.35
子供の学力、本・新聞や生活習慣で親の収入差を克服も……日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32292170X20C18A6CR8000/

13名無しさん@社会人2020/01/05(日) 20:02:41.94
>>11
文化資本の大事さは押さない日には今ひとつ分からない。
ある程度社会人になって、就活も視野に入れる歳頃、はやければ中高生になった頃から痛感し始める。
今中年世代だけれど、文化資本のある人たちほど歳の割に若々しい、各種のスランプ・トラブルにめげずに柔軟に復活する、ものの理解・受け止め方が上手。
文化資本がないと若い割に不健康で老けやすく、落ち着きがない、マナーが良くないため印象が良くない。
元の家柄や学歴、出身地、長男長女といった有利なところに溜まるのが文化資本。
かなりの部分、社会資本、経済資本ともダブる。
特にお金があると失敗してもやり直せたり、少なくとも時頭悪いとか要領悪いとかなりにくい。
いわゆる発達障害みたいな状態になっても、それを補ったりごまかしたりする道具や肩書き経歴も金でうわましできる。
貧困とか跡取り長男以外とか、親や兄弟と別れたとかだと、有利な展開は難しい。
個人の素質や才能、意欲の問題では解決できない。

14名無しさん@社会人2020/01/05(日) 20:10:33.31
>>4
個人的にはあのどこか病的で、勤勉でソフトな一面もあるがどうしても近大や都市文化に合わせきれない田舎出身の優等生タイプの母親に育てられなくなかった。
せめて10代の半ばごろから、そこそこリベラルでオープンな感じの日本なら都市部か、欧米のオルタナティブ教育の学校の寮にでも行きたかった。
女性差別、不登校やフリースクーラー差別絡むいちゃもんつけ、カルト教団でもあるまいに恥辱と罪悪感、宿命論の植え付け、
自由の哲学を誤解曲解し中傷、自由への恐怖、卑屈、被害者感、嫉妬の情念論で自分はかわいそうと雰囲気づくりで子の健全さ奪う。
わたしがもし男の子なら桁違いに少ない被害で済んだはず。
儒教信者で血族以外信じるなと友人を粗末にするように言い、年齢上下男女などの格差を肯定。それ以外は美意識に反する、教育的、芸術的にも良くない等。
自由人が嫌がったり孤立したり困ることならなんでもやる。それも新設を装って陰険に。モラハラの嵐。
もっとマトモにブルジョワ的自由のある東京山の手とかで育ったら、あそこまでどうでも良いことで足止め食らったり成長に必要な栄養素がない歪んだ子ども若者時代送らずに済んだ。
その後ももう少しましな人生だったろうな。

新着レスの表示
レスを投稿する