アイヌ文化詳しい人ちょっときてみな

1天之御名無主2012/01/27(金) 16:31:38.22
19世紀の100年に渡る人口調査(もちろん不正確なものであろうが)によれば、北海道のアイヌの人口は約(1)から2万である。
今の道民の数が500万以上だから、とても少ない数である。
北海道庁の大正7年の調査によればアイヌ語の(2)は約(3)ほどであるから、当時のアイヌ社会においては、まだアイヌ語が盛んに行われていたと言える。
狩猟、アイヌ語で(4)は(5)を人間の世界に迎えるという宗教的な意味を持つ。 真駒内というのはアイヌ語の地名であるが(6)にある川という意味であった。
この語の意味、すなわち(7)の(8)が日本語になかったため(9)と混同され「山奥にある川」などの意味だとされてきた。どちらにも、山があるからである。
真駒内は日本海沿岸地方と太平洋沿岸地方とを結ぶルートであった(10)の(11)にある川という意味であった。
オホーツクに近い町、遠軽の名はアイヌ語のinkarである。inkarはV1の「〜物見る」という意味である。だから、「物見山」と訳せよう。
名高い敢望岩の原名である。「遠軽」は(12)、「敢望岩」は(13)である。?inkarはまた札幌の(14)の名でもあった。
アイヌ語を知らない慌て者が誤って北隣の(15)の名であった(16)を(17)の名にしてしまった。 
遠軽も敢望岩も札幌もインカルシペが本来の山名とされているが、これもまた誤りであろう。
このアイヌ語は「インカラにくっついてる川」と解されるから、山の名がインカラで、?inkar-us-peは?inkar-us-petであったかも知れないが、
いずれにせよ「インカラにくっついてる川」と解されるから、インカルシペはその傍らを流れる湧別川、(18)のことであったと考えられる。 
上の2つの川の名にあらわれる?omaと?usは存在をあらわす(19)であって、存在する場所と(20)による。

2天之御名無主2012/01/27(金) 16:32:24.09
?eはV2で「〜が〜を食べる」、?ipeはV1で「〜もの食う」ないし「〜が食事をとる」という動詞である。
だから、「私は肉kamを食べる」は(21)となり「私は食事をとる」は(22)となる。 
また、nukarはV2で「〜が〜を見る」、?inkarはV1は「〜がもの見る」ないし「〜が視覚を働かせる」という動詞である。
だから、(物語では)「私は山nupuriを見る」は(23)となり「私はもの見る」は(24)となる。
物語を語るのではなく、会話を行う時は、「私は山nupuriを見る」は(25)となり、「私はもの見る」は(26)となる。
この話は、十勝方面で語られているが、胆振方面でhekaci「子供」というのを十勝ではekaciと言う。アクセントのない音節の頭のhは十勝方言では になる。
したがって、「〜が走る」を意味するV1は胆振でhoyupu/hoyuppa(sg./pl)というところを、十勝では(27)/(28)(sg/pl.)という。
ところが、物語では胆振の「私は走る」がhoyuppa-?anに対して十勝では(29)となり、会話では胆振のku-hoyupuと同様(30)となる。
ku−は(31)を前に1つ移動させるからである。 この話を最初に語った人は熊獲りの名人である。
したがって、cawetok、teketok、remetokの3ての(32)を備えて神の(33)のある(34)である。そのような男性の妻は(35)とか?iresu sapoと呼ばれる。
この語り手はこの時、網袋の、アイヌ語で(36)と網袋を背負うための紐、アイヌ語で(37)を1つずつしか持っていなかった。
この紐で網袋を(38)と背中で支える。そこで、もう一匹の小熊を捕らえて(39)をおりるためにフンドシ、アイヌ語で(40)を解く必要があった。

こんな簡単なのやらせるの忍びないんだが、穴埋めしてみてくれ

3天之御名無主2012/01/31(火) 00:56:32.35
3

4天之御名無主2012/02/01(水) 22:50:11.01
4

5バイオ・ハザード → レベル52012/02/02(木) 05:25:42.03
◆ ウポポ = У(ウ) пoпo(ポポ)
http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/ainu-izika-garubohi/upopo.html

アイヌ民族舞踊 ウポポ・マクンバ呪術の和人側資料 『重点ポイント』
h ttp://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/ainu-izika-garubohi/upopo.html#アイヌ語を、和人や外国人が理解するコツ
h ttp://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/ainu-izika-garubohi/upopo.html#アフリカからロシア向けの中世の奴隷
h ttp://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/ainu-izika-garubohi/upopo.html#白丁奴隷(アイヌ同様に人喰い人種。両班の息子を食べる本能)

■ PigNoseLogy  『豚鼻学』  / 獣医学の人類応用編
http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/01_pheromonelogy/PigNoseLogy/ButabanaGaku.html

◆ ゴリラ顔    VS    ピリカ
     ↑           ↑
    アイヌ顔        相生顔
h ttp://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/gorira_type-b/yah_kamui/Bonnta/goriragao_tokebi_pecchong.html#ゴリラ顔孫悟空VSピリカ

http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/gorira_type-b/SoutaiseiUari/soutaiteki_UTARI._index.html

6バイオ・ハザード → レベル52012/02/02(木) 05:27:27.75
バイオ・ハザード 標識
h ttp://www.google.co.jp/search 検索・省略
   ↓    ↓    ↓
【繁殖学・遺伝学】 鎖国の弱い地方がアイヌ顔でパッパラパー
http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/ainu_rosuke/munohge_B_guruppa_beet/papa/a_few-Possia.html
@ パッパラパーは、鎖国の弱い地方のアイヌ顔と学力な、超強力な「優性遺伝DNA」です。 
A パッパラパーが弱くなっていないで、鎖国の弱かった地方はゴリラ顔とB型血液型とパッパラパーが、優性遺伝で増え続けてきた証拠でもある。
B アイヌ人100%を意味するD2系遺伝子顔は、パッパラパー遺伝子マーカー顔である。

7天之御名無主2012/02/02(木) 08:31:46.45
アイヌ人は元はD2ではなかった!
アイヌ人の元来のY染色体ハプロタイプはおそらく北アジアに多いC3。アイヌ人の中にも13%存在する。
以下ソース

10 :名無しさん@12周年:2012/01/28(土) 16:42:47.09 ID:udmCTrHt0
644 :出土地不明:2011/09/19(月) 15:09:53.83 ID:q9o0HeeF
>>640
アイヌなど本州からの病原菌の持ち込みで絶滅で2万人しかいない。
北海道の多数派である越後人や越中人と混血した者しか生き残っておらんだろう。
新潟県のD2とアイヌのD2は同じマーカーM55とP37.1陽性なのだよ。
アイヌの父系は、ほぼ越後人・越中人なのだ。



8世界市民2012/02/07(火) 22:57:31.02
日本人が、アイヌの剣も、お辞儀も、腹切りも自分の文化にした
http://japanese.ruvr.ru/2012/02/06/65448380.html

9天之御名無主2012/02/08(水) 16:12:00.19
まぁ、
アイヌは

アイヌ部族風習自体は確かに
オホーツク〜東日本全般に確かにあったが、
今日でてくる。日本史の中にあるアイヌ風習と

原生アイヌって根本的にまったく違うんだよ。
そしてオホーツク東北の文化圏と今日のものは違うし、
そもそも現アイヌ文化は構成的に相当かわったもんで、原型ない。

さらに民族史学史観では
東日本、の大半は元アイヌになって、歴史人種系統はそうなるんだけど、
その状態で、あくまで



凡アイヌから生まれた、Bアイヌが別形態文化になった境。
Aアイヌがその私有を主張するのは変。
その理屈はBアイヌがアイヌ、オホーツクの主張と同じ。

担ってしまう。だから別。
まぁ確かに日本刀の前の刀は東北が作ったものだが、それを
アイヌ全文化にするのは文化破壊と文化盗掘だろう。

10世界市民2012/02/11(土) 19:41:48.90
日本人が、アイヌの剣も、お辞儀も、腹切りも自分の文化にした
http://japanese.ruvr.ru/2012/02/06/65448380.html
【北方領土】ロシアの声「刀も腹切りも元はアイヌ文化」「我々は650年間日本の侵略と戦ってきた」「クリル諸島はアイヌのもの」[2/7]★2
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1328654283/

11天之御名無主2012/02/13(月) 08:28:16.23
>>9
その怪しすぎるニホンゴと、内容のまともさのギャップがすげえです。

>まぁ確かに日本刀の前の刀は東北が作ったものだが
ここが興味ありますね。
あなたの立場では、日本刀の系譜はどこにあると思っていますか?

12天之御名無主2012/02/24(金) 14:14:24.80
ho

13天之御名無主2012/02/25(土) 19:25:37.29
mo

14天之御名無主2012/02/26(日) 15:28:09.76
da

15天之御名無主2012/02/27(月) 20:51:34.77
yo

16天之御名無主2012/02/28(火) 16:01:30.61
ai

17天之御名無主2012/02/29(水) 23:29:57.80
nu

18天之御名無主2012/03/02(金) 23:25:37.27
司馬遼太郎(歴史小説家ですまん)はアイヌ文化に同情的だったよね。

19天之御名無主2012/03/09(金) 18:05:38.33
滅び行く少数民族

20天之御名無主2012/03/13(火) 15:29:42.07
ロマンですね〜

21天之御名無主2012/03/20(火) 01:58:07.87
>>11
刀(カタナ)はアイヌから来たっていうアイヌ人がいるね
対馬も富士山も筑波山も

22天之御名無主2012/03/20(火) 01:59:26.17
>>19
ロシアには日本とはちがってアイヌ人がいるよ

23天之御名無主2012/05/08(火) 13:15:11.01
平戸ボボみつを

24天之御名無主2012/05/08(火) 18:11:36.71

アイヌ人は「キリスト」で倭人は「堕落」と

http://ichiba.geocities.jp/gbsg0309/0203/32/207_1.html

http://ichiba.geocities.jp/gbsg0309/0202/6/151.html

江戸時代、北海度を訪れた英国人女性旅行家が、

その書物に残している。ウソとは思えない。

25天之御名無主2012/05/08(火) 23:23:03.33
キリストはユダヤ人だとユダヤ人が主張してるよ
アイヌとユダヤは別人でしょ
アイヌは湊川人、縄文の古モンゴロイド
ユダヤ人は旧約聖書によると中東・アフリカのイスラエル出身者だよ

26天之御名無主2012/05/09(水) 02:14:38.38
港川人は沖縄出土でアイヌとは無関係です

27天之御名無主2012/05/14(月) 22:19:47.44
主として首都圏だけど、
ユリ子のあだ名が「ゆりっぺ」だったり、
田舎モノを「いなカッペ」と言うだろ?
関西だと「ゆりちゃん」田舎モン」で
「××っぺ」とはまず言わない。
不思議ないいことだなと思ってたんだが。


アイヌ語には
イキロクペとかウェンペ=悪い者
ウナルペ=おばさん
クコルペ=私の所持品みたいに人間に関して
「〜ぺ」で終わる言葉多い。

ひょっとして「いなかっぺ」などの「っぺ」も
アイヌ語と言うか縄文語由来の言い方じゃない?


他にも
サンペ=心臓
チャペ=猫
チャワスルコルクンペ=話し合いしに行く人
とか……

28天之御名無主2012/08/09(木) 03:20:48.73
あのね、C3は13世紀に北海道東岸にやってきたオホーツク文化人が持ち込ん
だもの。それから今のアイヌの何人かはロシアのRも検出されてるから。それで
も縄文人のD2は和人よりも多く検出されてる。88%ぐらいかな。

29天之御名無主2012/08/11(土) 21:57:52.17
>>28
書き間違えてるぞ。
オホーツク文化人が南下してくるのは古墳時代の話だ。
13世紀はトビニタイ文化人が擦文人に吸収された時期だろ。

30天之御名無主2012/08/14(火) 08:08:32.27
>>29
オホーツク文化人の定義があいまいなため解釈の違いがあるようだ。
オレはトビニタイ文化も含めた広義としてのオホーツク文化人について
言及しただけ。ウィキにはこうある。

オホーツク文化(オホーツクぶんか)は、3世紀から13世紀までオホーツク海沿岸を中心とする北海道北海岸、樺太、南千島の沿海部に栄えた古代文化である。

トビニタイ文化は9世紀から13世紀まで北海道東部にあり、

両者の継続性を認めるか否かで話が分かれているらしい。

31天之御名無主2012/08/14(火) 17:55:00.32
>>30
解釈の違いの問題ではない。
オホーツク文化人は3世紀頃に南下してきて、
道北から道東にかけて暮らしてたの。
で、道北は9世紀頃に擦文人(アイヌ)に奪還されて、
道東のオホーツク文化人は孤立してしまい、擦文文化の影響を受けて
オホーツク文化からトビニタイ文化に変化したって話だ。

>>28の書き方だと、オホーツク文化人が13世紀頃に
道東へ移ってきたような印象を受けると指摘しているんだ。

32天之御名無主2012/08/14(火) 18:50:44.86
>>31
以下ウィキ参照。

オホーツク文化(オホーツクぶんか)は、3世紀から13世紀までオホーツク海
沿岸を中心とする北海道北海岸、樺太、南千島の沿海部に栄えた古代文化
である。

トビニタイ文化をオホーツク文化に含めるかどうかについては、現在のところ
意見が分かれている。トビニタイ文化は9世紀から13世紀まで北海道東部
にあり、擦文文化の影響を受け、海岸から離れた内陸部にも展開した。両者の
継続性を認めてオホーツク文化の一部にする考えと、生活の違いを重視して
オホーツク文化に含めない考えとがある。

オレは広義のオホーツク文化(3世紀から13世紀)、あんたは狭義のオホーツク
文化(3世紀から8世紀)つまりトビニタイ文化はその後の9世紀から13世紀だ
と主張していて、広義か狭義で解釈が食い違ってるわけ。

それにオホーツク文化人つまりウィルタやニブフ等は何も3世紀頃だけ南下
したとは思わんが。オレはただ分かりやすくオホーツクもトビニタイも
ひっくるめて広義オホーツクとして13世紀と言っただけなんだが。

33天之御名無主2012/08/14(火) 19:18:58.63
>>32
だから、解釈の違いじゃないって。
君は>>28で> 「13世紀に北海道東岸にやってきたオホーツク文化人」と書いてるじゃないか。

広義でも、狭義でも、オホーツク文化は13世紀に北海道から消滅したんであって、
13世紀にオホーツク文化人が北海道東岸へやってきたわけではないよと言ってるわけ。

34天之御名無主2012/08/14(火) 20:21:36.69
だから、>>32で書いたじゃん。

オホーツク文化(広義)は3世紀から13世紀までオホーツク海沿岸で栄えた。
つまりウィルタやニヴフもその間、往来していてもおかしくないでしょ?

君は3世紀頃に南下と断定しているが、3世紀から13世紀もの永い間、3世紀
だけっておかしくない?

オレと君の争点は9世紀頃の擦文人の奪還の所なの。もし君の言う通り、
奪還したというなら、オホーツク文化(広義)が3世紀から13世紀にかけて
栄えたというウィキの文面と矛盾することになる。

君はオホーツク文化(狭義)を支持していてそれが、3世紀から8世紀まで
続いて擦文人が9世紀に奪還した。東岸に取り残されたオホーツク人が
擦文文化の影響を受けてトビニタイ文化が出来たと言いたいんだろ?

だがオレはそんな杓子定規で歴史は語れないと思う訳。オホーツク文化
(広義)は3世紀から13世紀の間、栄えた。つまりその間、ウィルタや
二ヴフがやってきていても不思議はないと思うわけ。

分かった?

35天之御名無主2012/08/14(火) 20:44:24.16
>>34
君はオホーツク文化とトビニタイ文化の定義にこだわっているが、
俺が言いたいことは簡単さ。

君はなんで「13世紀に北海道東岸にやってきたオホーツク文化人」と13世紀に断定して書いたんだい?

36天之御名無主2012/08/14(火) 22:32:51.78
>>35
別に断定したわけではない。ただオホーツク文化とトビニタイ文化の継続性
が曖昧なことから、両方が存在したと思われる13世紀が一番適切だと思った
だけのこと。

そもそもアイヌに文字が存在しないことから、周辺国の文献に頼らざるを
えない。もちろん曖昧な部分や誤差も生じるだろう。ただ俺的には13世紀
は特別な時代だったと思う。

まず元寇。当時、アイヌは中国の文献では骨鬼と呼ばれており、ギリヤーク
(今の二ヴフ)と対立していた。ギリヤークは元に頼み、アイヌを掃討しよ
うとしていた。13世紀はまさに激動の時代だったと言っていい。

アイヌの歴史は縄文時代→続縄文時代→擦文時代→アイヌ→現代と言われる。
君の言う3世紀はちょうど内地では弥生時代に当たる。北海道ではその頃は
まだ縄文時代であり、オホーツク文化人の流入はあったにせよ、それほど
勢力が強かったとは思えない。

やはり13世紀が分岐点だったと思う。色んな文献にも13世紀という数字は
目にするし、縄文人とオホーツク人の文化を受け継ぐアイヌが誕生する直前
という意味でも意義深い。

ちなみにアイヌのイオマンテ(熊送り)は元々はオホーツク文化人の風習
らしい。またアイヌには縄文人のD2の他にオホーツク文化人のC3も検出さ
れることから、アイヌが縄文人とオホーツク文化人を土台にした存在だと
言えると思う。

37天之御名無主2012/08/14(火) 23:07:16.47
>>36
アイヌ文化が確立した時期は13世紀だろうね。
擦文人は、道東へ取り残されたオホーツク文化人に女を送り込んで、
文化的に擦文化(トビニタイ文化)させ、時間をかけて吸収するという方法をとったそうだ。
これによって、擦文人にC3とオホーツク文化が流入したんだろう。
で、その同化政策が終了したのが13世紀。

さらに13世紀といえば、渡島半島の青苗文化を足がかりに、
和人が北海道へ定住を始めた時期だしね。

38天之御名無主2012/09/30(日) 14:39:10.39
志賀島出土の金印にある倭奴国は倭の奴国という意味では
無くて 「倭奴=ワイヌ」つまりアイヌを表す言葉である!
漢倭では無く漢委なので倭国(倭人・和人)とは区別され
るべき!スサノオは
スサ(熊)のオ(男)という意味!
アイヌ国=倭奴国
スサノオ=熊雄(熊襲国・熊野・狗奴国)

漢委奴国王印はアイヌ共和国に返却すべき!
九州はアイヌ共和国の飛び地として隼人・熊襲・和人自治区
としてアイヌ連合共和国に編入すべき!

39天之御名無主2012/10/14(日) 06:52:45.62
>>38
だいぶ調べたが、アイヌ語でスサは柳葉魚(シシャモ)だし
スサ=熊ってするのはシュメール語を古代朝鮮語にしてから日本の音韻にしたら〜みたいなムリクリなのしか見つからない。
それでも熊が日本の古語でスサであれば方言に似た音がないか調べたが見当たらない。
そもそも日本語の熊=クマは鳴き声に由来する説もあるぐらいなんでかなり原型に近い音の言葉

アイヌ語スレで「スサ=熊」とする根拠をくれませんか?

40天之御名無主2012/10/14(日) 14:54:39.96
スサは「大麻」のことだよ。だからスサノオは大麻の王ってこと。
でスサノオはイラクのスーサから朝鮮経由できたのはスサノオの縁起譚

クマはアイヌ語でカムイ=神の語源であり「熊送り」とかの信仰を今でもみることもできる・・
確かに九州や紀伊、能登とか原縄文化が残っていたところは「カムークマー神」と同語起源らしい。
(中上健二の娘だっけ紀伊の話ででてたな・・噛むにも繋がるらしい。)
ただ北海道で大麻信仰があったかは知らない(今自生地だが)がその他の地原日本では(出雲、伊勢・・)
大麻信仰があったのは隠されている(オカルト=信仰)が間違いない。

41天之御名無主2012/10/14(日) 20:20:41.49
>>40
丁寧なレスありがとうございます。
しかしながら、手元にある『「日本語とアイヌ語」著者:片山龍峰』を読み返しながら書きますとカムイとは

@アイヌ語の「kamu=かぶさる。覆う」であり、日本語の被るとか冠(kamu-ru)に対応する語

Aアイヌ語の「i=もの・それ」であり、日本語の「斎」(i)神聖であること、タブーであること。に対応する語

この2つの合成語であると解ります。

先のレスにありました熊送りはアイヌ語でイオマンテ・イヨマンテですが、最初のイが当に「i=それ」であり神聖な神の名を出すことを避けて「それ(i)」としているそうです。

よって、クマがカムイの語源説は頭の片隅に追いやらしていただきます。

ついでなんで一度、「クマはクマと鳴く」で検索されると、ツキノワグマの警戒音を御自身の耳で確認できるかと思います。

42412012/10/14(日) 20:50:26.39
>>40
スレ違いだけどついでなんでw

>九州や紀伊、能登とか原縄文化が残っていたところは「カムークマー神」と同語起源らしい

九州や能登は知りませんが、紀州だと日本書紀に日熊神って出てきますよね?
以前に漢字の成り立ちを調べていたら、熊の源字はヨウという音で太陽を意味する字だったそうです。
それを踏まえて、熊襲が熊祖なら「太陽神が祖神」の一族ですし、文字通り熊襲なら「太陽を襲う」一族で神話のスサノオに相応しくなりますね
もっとも自分はスサノオ神話は月読神話の換骨奪胎だと考えているので、後者の場合は「月神を祖神とする一族」だと考えますがw

43天之御名無主2012/10/14(日) 20:52:33.53
 /イ////ミ\トト \
       /イイ////  \ヽトトトト
       <=イ//     \三トト
       トイ三/ニミ,  ∠ニ   \トト>
       \|_┌─‐‐ュ__r ‐─┐_|:|!/
       f''| 丶__'_゚"ハ 丶"゚_'_,イ |T
         ト|     |        |ノ
        |:|     (!___,!     |:|
         !:|  __/_ _ヽ__  l:リ
         \     ̄    /
            ' ー── '

44天之御名無主2012/10/16(火) 22:00:15.47
>>41ですが、熊はキムンカムイだし、神の名を憚ってと言う前提で
子熊の檻を言う時にカムイだけにしたりi(それ)で表す例はあるけどアイヌ語で熊がスサだとおっしゃる根拠はまだですか?

45天之御名無主2012/10/16(火) 22:08:08.07
すまん檻の時はヘペとかで、熊送りとかがイ(それ)だったな

46412012/11/04(日) 20:56:25.67
>>38
>「倭奴=ワイヌ」
「倭奴=イト」だよなw

…は、さておき〜かなり待ったつもりだがスサ=クマの根拠は無いんだと判断させて貰います〆

47天之御名無主2012/11/05(月) 02:08:58.60
最近ニセモノのイヨマンテが観光民俗として捏造されてるらしいね

48天之御名無主2012/11/10(土) 02:42:24.14
最近?
少なくとも30年はたってるな。
某地方のイヨマンテに感動しそのむね、ワカシュウチョウと呼ばれていた人に話すと・・・
無形文化に指定されたと喜んでいたが、
ただしシャモ向けに造ったもので、本物はシャモには見せないと言っていた。
色んな意味で、そ、そうか・・・
と思った。

49天之御名無主2012/11/10(土) 02:51:50.14
>>41
ほー、勉強になった。
仮説の一つとして覚えておく。
イヨマンテノ、イが「それ」
で、神聖なものをさけ・・・
はややヤハウエぽい解釈でホントカイナと思うけど。

50天之御名無主2012/11/17(土) 20:54:14.84
>>49
>ホントカイナと思うけど。

なら北海道アイヌ協会とかにでも問い合わせてみたらスッキリすると思うよ

51天之御名無主2012/11/17(土) 21:04:05.68
いまのアイヌ協会のいうとこなど余り参考にならない、

汎神的な精霊思想で
神聖なモノを隠すしてイヨマンテ
どうも後世のこじつけぽい
中近東一神ぼいなあ

ま、説の一つとして聞いておこうっと

52502012/11/17(土) 21:52:37.50
>>51
ageても無いのにレス早っっっ!w
>いまのアイヌ協会のいうとこなど余り参考にならない

いや別にアイヌ協会はとりあえず書いただけだから、アイヌ協会でなくとも社会一般から見て信頼に足るとこなら何処でも良いよ。

>どうも後世のこじつけぽい

強要はしないが、否定するにせよ肯定するにせよ「ぽい」で終わらすなよな
同様の使い方がされているイの有無くらい調べてみるとかして、自身の「ぽい」という判断の是非くらい手繰ってみてくれ

53天之御名無主2012/11/17(土) 22:11:45.36
論点見えてないな
イの意味ではなく
イヨマンテの意味解釈が
いかにも一神的な解釈で
精霊的思想とぶつかるというてんに
疑問をもっている

そこに君は触れてないし
俺としては
さしあたり
うさん臭いと思う分けだ。
だから
一つの説として記憶しておくと言ってるだろ

それを越えて、信じろというなら
阿保か!
と言うしかないなあ

54天之御名無主2012/11/18(日) 00:09:16.19
神聖な、というより「畏怖すべきモノ」の名を直接呼ばないと言うのはすぐれて呪術的、精霊崇拝的感覚だろう。
コトダマの魔力を信じる呪術的感性では、「名を呼ぶ=そのモノを呼び寄せる」、ってことだからな。

来てほしくない恐ろしい(あるいは、嫌な)存在の名指しを避ける感覚は、よくよく考えたら現代人にもあるだろ。古い呪術的感性の名残りなんだよ。
十戒の規定も本来はそうした感覚の名残りとしてあったもので、別に一神教的感覚でもなんでもない。

5550・522012/11/18(日) 22:03:56.71
>>53
>イヨマンテの意味解釈がいかにも一神的な解釈で精霊的思想とぶつかる

ググるだけでも分かるけど「イオマンテは直訳すると「それ(つまり神)を行かせる」で「神の国に送り届ける」という意味な

で、「いかにも一神的な解釈で精霊的思想とぶつかる」が何を言ってるか理解できないんだが?
精霊的思想ってのはシャーマニズムのことだよな?
それで多神教的シャーマニズムなはずのアイヌの信仰に、ヤーウエみたいにイを使うのに違和感を感じるって意見なら
あなたは、多神教的シャーマニズムの中でイオマンテが何を目的とした祭祀かすら知らない、知ろうともしてないレベルで他人を阿呆と呼ばわる御仁なんですね
民俗学に興味がおありなら御存知でしょうが、八百万の神を祀る日本の山人(猟師・樵etc.)の慣わしにも>>54さんの言うように神や熊などの名を口にすることを避けて「それ」等で表しますが、同じことなんです

56天之御名無主2012/11/18(日) 22:17:51.31
はいはい、カリカリ信仰者
投影なら任せとけってかー
お疲れ様です

57天之御名無主2012/11/18(日) 22:27:00.69
>ググるだけでも分かるけど
と書いた手前、ググって確認したらWikipediaにも一神教と違うって解る記述があるじゃんw
>単にイオマンテという場合、ヒグマのイオマンテを指すことが多い。
しかし、本来はカムイであればどんなカムイでも構わず、一部の地域ではシマフクロウのイオマンテを重視する。
またシャチを対象とするイオマンテもある。

「Wikipediaなんか…」って言うなら、それこそマトモに勉強しなよ

58天之御名無主2012/11/29(木) 14:01:18.50
>>49
イオマンテがイ・オマンテ それ[物]・行かせる[送らせる]を原義とするのは
たいていの概説書に書いてある話だね。

ただ、イオマンテのイが日本語の「斎」(i)神聖であること、タブーであること。に対応する語
という主張は片山龍峰みたいなアイヌ語が日本語の原型だと主張してる人くらいしか支持していない。
どちらかと言うと偽言語比較論、トンデモ説の類。
実際にはアイヌ語と日本語の間には語の借用があるけど基本的に全く別の言語。
例えばアイヌ語は抱合語だけど日本語は膠着語。
このあたりはアイヌ語学者の中川裕あたりがちょくちょく書いてるので贅言はせんけど。

59天之御名無主2012/11/30(金) 21:10:30.55
>>58
琉球語と日本語の古語の類似性や、琉球語とアイヌ語の共通点が言われる場合があるけど
それを踏まえて日本語の古語とアイヌ語の共通点があって何の不思議が有るんだろ?
としか思わないがな〜、どのみち三者は身近な交易圏内だったろうし

60天之御名無主2012/11/30(金) 21:19:30.78
>>58
>実際にはアイヌ語と日本語の間には語の借用があるけど基本的に全く別の言語。

それは結局のところ、上の数レスの元である「神=カムイ」と同源の語と言うのも否定するし、そのさらに上の嘘臭い「カムイはアイヌ語で熊の意味であり神の意味であるから日本語の『神』の語源は〜」ってのも含めて丸ごと否定する話だから。
一連のやり取りが丸で終了だねw
都合の良いとこだけ「ここは違う」とか言うのならチラシの裏に書いてろレベルにさw

61天之御名無主2012/11/30(金) 21:31:24.32
俺の地元の方言の幼児語で「ノウノウさん」てのがある、水木茂の「のんのん婆とオレ」の「のんのん」とニュアンス的に同じだし、アイヌ語だと地方によっては「花」(雑誌non・noの名前の由来)であったり「玩具」の意味だったりするけども
多くの地域ではアイヌ語の「ノンノ」は日本各地の方言と同じニュアンスなんだよな

62天之御名無主2012/11/30(金) 22:55:51.21
なんか頭に血が上ってるみたいだけど落ち着けよ。
先に言っておくけど俺はこのスレに書き込んだのは>>58が初めてだからな。

>それは結局のところ、上の数レスの元である「神=カムイ」と同源の語と言うのも否定するし
それで構わんだろ?何か問題でも?

君は>>46
>…は、さておき〜かなり待ったつもりだがスサ=クマの根拠は無いんだと判断させて貰います〆
と書いてるし私もそのことに異を唱えたつもりはないぞ。

で、私が答えたのは
>>49のイオマンテの語源に関する疑問

そもそも「カムイはアイヌ語で熊の意味であり神の意味であるから日本語の『神』の語源は〜」
というのを擁護するつもりならレスアンカーは>>49ではなく>>41につけるわw

自分が書いたことの一部が否定されたからといって、
自分で〆た話を引っ張りだして揚げ足取りするのはいかがなものかと。

要は君がイオマンテの語源が日本語で説明できるなどという
怪しげな話まで筆を滑らせなければよかったという話。

63天之御名無主2012/11/30(金) 23:05:38.84
>>59
>琉球語とアイヌ語の共通点が言われる場合がある
学術的に認められていない。

64天之御名無主2012/12/01(土) 03:04:56.44
最初に真面目なことを書いて
どさくさ紛れに変な内容書いて怪しげなことまで事実であるように語るのは
似非学問の常だからな。
>>41でイオマンテの話を出してチラシの裏に書いてろレベルの片山龍峰説を
布教しようとしたのに失敗してさぞお腹立ちなんだろw

65天之御名無主2012/12/02(日) 20:45:58.45
面白いことを言う人達だなw
じゃ日本語の古語とアイヌ語には借用レベル以外に関連はないとして
どちらの文化にしても借用するまでもなく持ってる「神」に対して聞くが、日本語の「神」ってどういう成り立ちの言葉なの?

66天之御名無主2012/12/02(日) 20:51:59.32
例えば「i=それ」で、髪だって「上から・覆う・それ」でカミだよね。iの用法が「それ(神聖ではない場合も使う)」になってアイヌ語よりになるけど、カムイの説明と同じに説明出来る。

67天之御名無主2012/12/08(土) 07:37:39.61
>日本語の「神」ってどういう成り立ちの言葉なの?
「神」という言葉は自由形態素。


>>66
上代特殊仮名遣いって知ってる?
音声学の分野だと奈良時代以前の音では、
神はミの音が乙類、髪はミの音が甲類に分類されて別物。

両者の成り立ちを同じ形態素で説明した時点で、
片山龍峰説支持者は現代仮名遣いしか理解してないことがわかる。
まあゴロ合わせ、言葉遊びのレベルだね。

68天之御名無主2013/01/19(土) 00:08:46.68
さて、かなり待ったつもりだが
神という語がアイヌ語由来だとする根拠は
>>66のこじつけ程度の説明しか無いんだと判断させて貰います〆

69天之御名無主2013/01/29(火) 13:20:10.75
>>66は完全に屁理屈だろ。

日本の名詞、固有名詞をアイヌ語から説明するとかいう場合、
全てを否定するわけではないけど相当な注意が必要。
例えば、このスレでも何度か出てきてる富士山アイヌ語起源説についても
昭和7年の時点で金田一京助が北奥地名考という書物の中で明確に否定してる。

以下、参考に引用。

若し語原が、説者のいう如くアイヌ語のhuchiであったならば、国語にクヂ(またはクジ)となっていた筈で、
国語にハ行音でフジとなる為には、その語頭音は必ずやpかfでなけれだならない。
それは上代の国語の音には[h]音がなく、外国の[h]音はこれが為にみな[k]音に取り込まれる例であったからである。
現今のフジであるからとて、huchiをその語原に見立てたのは、国語の音韻史を無視した失考だった。

70天之御名無主2013/02/11(月) 06:18:03.25
和人がアイヌ模様をファッションにしたら怒られるべか?

絶対、イカすと思うんだが…

71天之御名無主2013/02/11(月) 14:57:39.86
何がだめなんか。好きにすればええが。

72天之御名無主2013/02/14(木) 02:56:15.13
>>70
かっこよすぎるよな、、

73天之御名無主2013/03/01(金) 01:05:19.95
http://i.imgur.com/9pwmk2E.jpg
おいらこんなの使ってるよー

74天之御名無主2013/03/01(金) 03:25:29.54
>>69
かなりに了見ふかいですね。
ぜひ弁論ひろげてもらいたい。

75天之御名無主2013/03/07(木) 12:53:35.55
冬は雪に閉ざされたような生活を強いられると思われるんだけど、
それで保存食として鮭なんかの恩恵を受けてたんでしょうけど、
内陸の部族の人は塩をどうやって調達してたんですかね?

76天之御名無主2013/04/10(水) 02:06:47.80
どこまでが本当なんだ?

77天之御名無主2013/04/11(木) 12:08:37.09
4/2から東京 駒場の日本民藝館で特別展「アイヌ工芸-祈りの文様」開催

78天之御名無主2013/04/29(月) 19:23:58.50
「シヤウレンテ」「ヲルハウシ」ってカッコイイ響きだけど
日本語でどう言う意味?
あとサムスピのナコルルって本当はナコェルエルって
発音するって本当?

79天之御名無主2013/05/20(月) 16:53:18.90
ざっと読んだ。
日本語・アイヌ語同系説が瞬殺されててワロタ。

80天之御名無主2013/05/20(月) 18:25:57.16
じゃ、日本語と同系なのはやはり韓国語ということだな。

同系じゃないという人が強烈に反発していたが、google chrome の翻訳機能が充実してきたので、
各国の wikipediaを翻訳して読んでみると、韓国語の wikipediaは無茶苦茶素直に読めるぞw

81天之御名無主2013/05/22(水) 10:48:53.88
ここはアイヌスレだからな、
韓国語と日本語の関係性を論じたいなら他所でやってくれ

82天之御名無主2013/05/27(月) 23:19:39.25
>>70 近々、アイヌ文様が流行るような気がするけど、
スカートには抜群に良いだろし、シャツの柄でも良いし、柄を細かくしても良いね、
なんとなく大きな柄が流行そうな気がするし、
ボクサーのガウン トランクス 体操 サッカー 卓球 なんでも使えてインパクトを与えられるし、
アイヌ文様は原野に一生暮らす原住民とは思えない高度文明的な文様、
色彩的に自分は好みだし、
外国の人達にしてみれば日本 チョンマゲ、忍者、芸者、
アイヌ知らない人が多いと思う、
アニメも良いけど、服飾で日本古来の良いものをもっと海外に発信すればいい、
アイヌの写真を見れば威厳ある風貌、おおらかさが現れてるし、

83天之御名無主2013/06/08(土) 22:48:49.63
>>79
それはそれで「アイヌ語の熊が日本語の熊の語源」とか言ってたバカの否定でもあるから
コトの発端になった「アイヌ語の熊が日本語の熊の語源」が否定されてるなら、「それ違う」言ってた方は、否定されても結果においては目的を果たしてるって時点で面白いわなw

84天之御名無主2013/06/09(日) 01:03:03.49
熊送りはアイヌ、ツングース、サーミでもやってる。

85天之御名無主2013/06/09(日) 08:52:24.99
>>83
その論争の中で日本語アイヌ語同系論者が怪しげな語源論を展開した結果、
労せずに同系論を瞬殺できた日本語アイヌ語別系論者は笑いが止まらない訳だ。

別系論者にしてみれば、神の語源が熊であろうとカム+イのどちらであろうと
同系論という点では一つ穴の狢。
それが勝手に潰し合ってくれた挙句、
勝った方ですら日本語の音韻の変遷の知識を無視した、
こじつけ程度の主張しか出来ていないことを示せたわけで
完全に別系論者が漁夫の利を得て一人勝ち。

なるほど面白いわな。

86天之御名無主2013/06/19(水) 01:56:27.67
アイヌにもトーテムポールあったんだな。
http://emer140.jp/totempole

87天之御名無主2013/06/22(土) 14:55:00.54
最近の三、四十年限定でアイヌにもトーテムポールはあるよね。

88天之御名無主2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN
♪〜トーテンポールの二番目の顔〜♪

89天之御名無主2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
熊祖はエヴェンキとかツングースっぽい。

90天之御名無主2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
エヴェンキの要素が強いのって、朝鮮人の血が濃い関西人の方なんじゃないの?

91天之御名無主2013/09/09(月) 17:38:39.25
そもそも熊襲とアイヌ関係ないじゃん
スレ違い

92天之御名無主2013/09/10(火) 14:14:47.46
梅ちゃんの「イヨマンテの夜」最高だったぜ!

93天之御名無主2013/09/15(日) 20:17:44.06
日本語とアイヌ語が同系統とか頭おかしい

94天之御名無主2013/09/18(水) 11:52:41.77
宗教から歴史、哲学、超常現象、政治経済まで

あらゆる情報の宝庫「中杉弘のブログ」です。

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/

95天之御名無主2013/09/20(金) 12:29:39.75
アイヌ文化は韓国起源

96天之御名無主2013/09/22(日) 00:18:39.90
日本のことより
韓国!韓国!韓国!韓国!

97天之御名無主2013/09/22(日) 08:56:53.59
あーあ、>>80が韓国起源論とか言うから・・・。
ほんとダメな子だ。

98天之御名無主2013/10/05(土) 06:39:06.61
1000年前から京鎌倉江戸とみてきたはずなのに
武家政権やモンゴル帝国を見てきたはずなのに
それに模した世界観をしらないんだけど
一般人が知らないだけ
織豊時代や江戸期や明治期の高度成長をめのあたりにしたんじゃないのかな
たとえば北北海道や樺太や千島に5万都市つくってたら
松前が攻め込んだのかね
他者からみれば1000年和人との交易がベストで生きてきたようにしかみれないが
そんなに過酷なら北方に逃げだしたんじゃないの
元や明とむすびつくだろうし
本気の危機感が(和人のとってのアヘン戦争や黒船みたいな)感じない

99天之御名無主2013/10/05(土) 23:41:58.27
日本語でおk

100天之御名無主2013/10/06(日) 15:41:19.12
>>97
何それW

101天之御名無主2013/10/07(月) 23:55:49.20
北海道におけるアイヌ人みたいに、朝鮮半島の南側一帯の先住民である倭人から
土地を丸ごと奪って国を建国した韓国に抗議して、謝罪と賠償と国土の返還を請求しよう。

102セイロン紅茶2013/10/09(水) 20:19:01.86
突然書き込んでスミマセン。
妖怪ってどう思います?(女の妖怪。例えば、お岩さんとか。)

103天之御名無主2013/10/10(木) 12:08:10.07
お岩さんは妖怪じゃなくて幽霊な。

104天之御名無主2013/10/10(木) 18:58:39.57
う〜みゅ

申という字が熊を示し得るか否かって観点だと在り得る事は在り得るんだよなw


アイヌ云々での考察が正しいかは兎も角としてw

105天之御名無主2013/10/11(金) 00:17:28.03
しつこい
アイヌと関係ないならよそでやれよ

106天之御名無主2013/10/11(金) 23:05:50.75
スレチ
【妖怪】語ればいいじゃない【雑談】
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/min/1284168942/

107天之御名無主2013/10/13(日) 14:38:41.16
■日本人(モンゴロイド)が差別される理由〜人種差別の本質は容姿差別〜

皆さんはダウン症をご存知でしょうか?染色体異常が原因と思われる病気で、身体、
知能の発達が著しく低くなります。この病気は世界中で見られるのですが、とても奇妙な、
そして興味深い特徴があるのです。それは、この病気を持って産まれた人はいかなる人種でも、
皆同じ顔をしていると言う事です。そして、その顔とはまさにモンゴロイドそのものなのです。
欧米でも中東でもアフリカでもモンゴロイドの顔をした人がしばしば産まれているのです。
そのため、外人はモンゴロイド顔にとても敏感なのです。
勿論、周りの人はそれが遺伝子に異常を持って産まれたであろう事を知っていますが…
これは同じモンゴロイド顔をした日本人同士が議論していても決して理解できる物ではありません。

■「ダウン症候群」=「Mongolism(蒙古人症)」または「mongolian idiocy(蒙古痴呆症)」

ダウン症は、1866年に英国の医師ジョン・ラングドン・ハイドン・ダウンが初めてその存在を発表しました。
ダウン医師は発達の遅れを持つ子供の中に両親は違っていても、兄弟のようによく似た子供達が
いることを発見しました。ダウン症の特徴は、モンゴリアン(蒙古人)の特徴とよく似ていることから、
ダウン医師はヨーロッパ人の中で能力の劣った蒙古系の人種が生まれてきたと考えました。
そしてモンゴリズム(蒙古症)という名を付けたのです。その後、1965年にWHOによって
ダウン医師の名前から「ダウン症候群」を正式な名称とすることが決定されました。

■ダウン症の特徴はモンゴロイドの特徴

ダウン症の容貌の特徴に短頭・首が太く短い・低身長・短い手足
凸凹してない平面顔・筋緊張低下・内眼角贅皮(蒙古ひだ)・厚いまぶた
平坦な鼻根・あごが未発達・エラなし・直毛…
全ての特徴が現れる訳ではありませんが、モンゴロイドはダウン症の特徴が多く集まっています。
コーカソイドでも、この病気を持って生まれてくるとモンゴロイドのような顔になります。

108天之御名無主2013/10/13(日) 14:40:44.69

109天之御名無主2013/10/13(日) 14:41:53.89
蒙古ひだの写真
http://waynesword.palomar.edu/images/epican1.jpg
http://en.wikipedia.org/wiki/Epicanthic_fold
http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/imagepages/9298.htm
http://www.se-biyou.com/html/eye4.html

ダウン症の顔は後頭部と顔面の骨格が未発達なため顔を
押しつぶした扁平な顔であり、彫が極端に浅い究極の童顔である。
そして最も童顔であるアジア人はダウン症の顔に近いと言われており、
白人のダウン症児はアジア人の最大の特徴である蒙古ひだを持っている。
これは別の言い方で蒙古症とも言われている。

モンキーライン
http://2ch.jpn21.net/Imgboard/01/data/img20130805224637.gif
http://www.gazou.me/cache/large/f0417cb22931a40a06513765512b4941.jpg

110天之御名無主2013/11/10(日) 10:56:47.17
>>66みたいに自信満々に嘘書かれると信じる人も多そうだな
(幸運にも今回は>>67であっさり反論されて恥を晒してるけど)

一番の問題は同祖論の人が自己弁護のために
捏造した語源論や韓国起源論みたいな支離滅裂な書き込みしたことだが

111天之御名無主2013/11/11(月) 19:47:24.60
上代特殊仮名遣いと言っても、転訛とかがあるから万能じゃないけどな

112天之御名無主2013/11/11(月) 21:38:24.32
アイヌ文化と言えば銀の雨降る降るとか
木彫りのクマとか木彫りアイヌ人形とか
最近のアイヌ少女の横顔木彫りは昔からあったのか?
コロポックルの神話とか
トンコリやらはテレビで見たが
アイヌがクマの保護を訴えないのはおかしい
クマとは仲良しのはずだ

113天之御名無主2013/11/12(火) 00:03:26.65
木彫りの熊ってのは、徳川の殿様の子孫が、北海道の人の冬の副業に彫らせたのが始まりとか…。

114天之御名無主2013/11/12(火) 00:11:38.56
>>113
そのわりには本州であまり見ないな
北海道の土産物屋にしかない

115天之御名無主2013/11/12(火) 00:17:27.10
そういやアイヌの博物資料でも楽器はあるけど模像は見ないし、像を作ってたという説も見たことがない
木彫り細工は比較的新しいんだろうね

つまりアイヌは偶像崇拝を一切排した純潔のラb……おっと、誰か来たようだ

116天之御名無主2013/11/12(火) 11:03:19.12
>>114
そのあたりのことは、木彫りのクマ発祥の地である八雲町の観光紹介で記述されてる

木彫熊北海道発祥記念碑
(ttp://www.town.yakumo.lg.jp/modules/tmap/index.php?lid=185&cid=26)
スイスを旅行で訪れた徳川義親侯は民芸品として販売していた木彫り熊を
八雲の農民の冬期間の副業に奨励しようと買い求め帰国しました。
これを見本に1924(大正13)年に八雲の農民が製作した木彫り熊が
北海道の木彫り熊の第1号となりました。
その後、木彫り熊は全道へひろがり北海道を代表する土産品のひとつとなりました。


スイスの民芸品を模倣したのだから本土で熊の木彫りがないのは当然。

117天之御名無主2013/11/12(火) 11:59:55.46
スイスのまねっこだから
本土に置いてないと言うのは理屈になってない

土偶作れば売れそうなのに
土偶欲しい

118天之御名無主2013/11/12(火) 17:22:11.38
>>117が何を言いたいのかが全くわからない

119天之御名無主2013/11/12(火) 17:34:26.91
>>118
最後の一行ガすべてだろう

120天之御名無主2013/11/12(火) 19:42:48.57
土偶は一部を壊して埋めるのがデフォ。それで、縄文人は厄を祓ったのだろう。

一番有名な土偶である木造村の遮光器土偶(デニケンが宇宙人と名指ししたものw)が右足が無いからと、重文なのは解せない!!
ハート型土偶や合掌土偶は壊されていないから国宝なんだよなw

やっぱり、土偶と言ったら何と言っても遮光器土偶だべ。アイヌ文化の基底文化と繋がっている。

121天之御名無主2013/11/12(火) 23:07:26.38
草生やして面白いこと言ってるつもりなんだけど
支離滅裂すぎて全く理解できない

122天之御名無主2013/11/13(水) 22:07:36.32
中世にアイヌの人々が北海道に出現するまで、700年以上も北海道の主で先住民であり
当時の本州側の文化や生活様式との共通点も多々あった縄文系の擦文人の人々は
何でアイヌ人が現れたら突然、北海道から消えたんだ?
アイヌは縄文系だとの説をことあるごとに全否定し、アイヌは日本人とは完全に別の民族だとやたらに強調する人は、
そのあたりをどう説明出来るのだろう。アイヌが擦文人から北海道を奪い取ったとでも言うつもり?
アイヌは擦文ほか縄文系からの分派進行型だと思うのだが、そうじゃないならアイヌは擦文から北海道を奪った侵略者か?
中世に至る迄の長い間、アイヌの人々は一体どこで何をしていたのだろう。てのが余計に謎になるんだが…

123天之御名無主2013/11/13(水) 23:39:20.79
>>122
消えてなくて中世に世界的な寒冷化で北海道が狩猟生活のみになった時に
より北方の住民と文化融合が有ったと思われる
あと気になるのが義経の存在

124天之御名無主2013/11/13(水) 23:53:55.24
アラスカでエスキモーとユダヤ人が混血しまくってたらしい
その辺が北海道の情勢に関連しているのでは

125天之御名無主2013/11/14(木) 04:06:52.23
>>122
現時点で発掘された史料上消えているのであってリンクは不明
俺の知る限りでは>>123の解釈が妥当だと思う

>>124
それ初耳、詳しく

126天之御名無主2013/11/14(木) 16:36:23.94
つまりアイヌは縄文系の一派であった擦文人とオホーツク文化人との融合型かいな?
なら納得。でもその場合、アイヌは縄文人とは関係ない。全く日本とは関わりのない別の人種民族だったんだ
って話は真っ赤な嘘なのか。反日プロパガンダ的なさ。

127天之御名無主2013/11/14(木) 16:49:58.78
>>126
はい、全くの嘘です

128天之御名無主2013/11/15(金) 14:58:24.50
単に文化で区分しているだけ。人種で考えると、アイヌは縄文文化の後継者。

>>126は妄想。

129天之御名無主2013/11/15(金) 21:39:52.92
>>125
http://www.jta.org/1934/09/26/archive/eskimo-girls-and-jewish-men-marry-frequently-in-alaska

どうしてアラスカにユダヤ人がいたのかは書いてないけど
キリスト教男性、エスキモー女性とユダヤ人は
厳しい生活環境の中団結して(せざるを得なく?)結婚する頻度も高かったと

130天之御名無主2013/11/15(金) 23:05:59.78
>>126
あまりよく分からないものを取り入れない方が良いのではないかと

http://news.3yen.com/2006-10-06/the-japanese-girls-are-ugly-blog/
酷い言われよう
The ‘Japanese girls are ugly’ blog
「日本の女の子は外見も醜いが中身はもっと醜い。無礼だし。」
「日本の女は気持ち悪い。態度もなんとも最悪で酷い。こいつら宇宙人は
自分の事を何様だと思ってるんだ?ムカつく。そろそろまた爆弾落とした方が
いいんじゃないか? 」
「日本の女子はウンコ以下」
「顔も醜いが体も醜い。寸詰まりで足が短く蟹股で太くペチャバイで歯が汚く性格も悪い。」

131天之御名無主2013/11/16(土) 10:59:10.07
>>122
>中世に至る迄の長い間、アイヌの人々は・・・・・・・・
東北・北陸地方各地に残るアイヌ語系地名からみて、本州にも
分布していたが、西方から東進してきた倭人集団に吸収されたのだろう。

132天之御名無主2013/11/24(日) 08:44:14.89
>>69
>富士山アイヌ語起源説についても・・・・・・・・・・・・・・
泰斗金田一京助は、アイヌ語系地名を関東地方以西に広げるのには慎重だった。
碩学山田秀三は、どう言っておるのかな?
コタンメール 第68号  アイヌ民族博物館  2013/03/20
http://www.ainu-museum.or.jp/info/kotanmail/kotanmail_68.pdf

133天之御名無主2013/11/24(日) 12:01:48.81
>>62
俺をお呼びですか?
【ワイは】白土三平 カムイ伝第10部【負けへんで】
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/comic/1213723166/

134天之御名無主2013/11/29(金) 03:12:54.50
アイヌ語地名説は慎重にあつかう必要があると思う。

盛岡の菅原進氏なんかアイヌ語地名で高い本を出しているようだけど…、彼の解釈をみると納得できるコトも多いんだけど
外しているなあと感じるトコは、まあ一部なのだろうが、彼の説が引用されるととっても「目出つ」んだよね。違和感持っちゃうよ。

労作な分だけもったいないなーと思う。

135天之御名無主2013/12/07(土) 09:42:32.01
>>122
何をもって縄文系とあなたは呼んでいるの?
擦文人が縄文系であれば平安の関東人だって関西人だって縄文系だよ。
だいたいmtDNAからみると北海道縄文人は本州その他の縄文人と明らかな違いがる。
アイヌは10世紀前後に北海道道東道北でオホーツク人と混在していた部族が南下し、
全道に拡散したのがその起こりだよ。それを単純に縄文系とよぶのは間違い。
>>131
10世紀以降の道東のアイヌ系が「日の本」と呼ばれていたが彼らは東北と交易し、
諸点ももっていた。地名が残ってるのはそれが原因。だいたいアイヌ語と縄文語は別だよ

136日本人だけではなく、アイヌにまで偽装する朝鮮人2014/02/28(金) 16:30:55.39
チロンヌプカムイ

 アイヌにおいてキタキツネを顕現体とするカムイ。
「チロンヌプ」とはアイヌ語で「キタキツネ」を意味すると同時に「われら(アイヌ人)がどっさり殺すもの」という意味もある。
つまり、数も多く捕獲することがあまり危険でないキタキツネは、アイヌ人に狩猟対象として身近な存在であった。
アイヌ人も世界の人と同じように、キツネという動物をずるがしこく、悪知恵を使って人を騙し、また少々間が抜けていて人に騙し返されるような生き物だと考えていた。

http://wwwc.pikara.ne.jp/worldsend/fantasia.html
したがってチロンヌプカムイは主人公として神謡に登場することもあった。黒ギツネのカムイは特にシトゥンペカムイと呼ばれる。

137天之御名無主2014/06/16(月) 19:41:21.71
アイヌは縄文系だと思う。
結構本が出ています。

138天之御名無主2014/06/18(水) 12:03:06.23
アイヌの子孫(数十代続く家系、父親が北海道)の男性と大学生の頃お付き合いしたことがある
結婚したらお墓だけは一緒に守ってほしいと言われた
寝る前に必ず自然と先祖への感謝を唱えていて質素な生活を好んでいた
これは子供のころからの習慣だと言っていた
身長183cm、スタイルよく肌はきめの細かい色白、顔は妻夫木さとしに似ている濃い目の顔
モテる、性格は温厚だけど高校生の時喧嘩で複雑骨折していたので気質的に弱いわけではない
むしろ男らしいが繊細さもあり

典型的な縄文顔 父親も俳優の様なイケメンだった

139天之御名無主2014/06/18(水) 12:09:28.37
ちなみにそのアイヌ系の男性の血液型はB型

縄文系がB型、渡来系がA型という情報を最近知った
経験的にそうかもしれないと個人的に思っている

140天之御名無主2014/06/18(水) 23:05:07.29
紀元前から半島には倭人が居住していました。
その後560年頃まで任那や狗邪等の倭人国家が存在しています。

【実際は多民族な半島】
当時の多民族地域である半島
(当時の半島の人口は日本の数分の一で特に人口密度が低い地域。そこに中国系の棄民(渡来)20万や、倭人国家、現在の満州族に近い高句麗・百済人の渡来、更に北方系の少数民族、中国南方からの渡来と2桁以上の民族が渡来する完全な混血地域)
元々人口密度が低かった為、先住の倭人や北方系・中国系の少ない地域に各地からの難民等が流入・渡来しました。

【大規模な混血と他民族支配】
これらの民族に更に時代が下り、李氏朝鮮時代に女真族(モンゴル系)が支配するにいたり大規模な混血が発生します。
現在の朝鮮人の顔(未整形)がモンゴル人にそっくりなのはこの頃のハイブリッドが原因です。(その後、元にも支配されます)

2世紀遅れの純血思想・民族主義に酔っている朝鮮民族(韓国人)は
言わば正真正銘・混血民族でしかも近年においてモンゴル系による塗り替えを経験しています。

【古代に存在しない朝鮮人】
朝鮮民族の成立はおよそ1000年前と新しく、彼らが主張する古朝鮮民族というのは、
倭人・中国人・満州系・その他多民族を指す言葉です。古代に朝鮮民族が存在したのではなく、
現在も存在する他民族が半島にごった返していた状況に民族主義を無理やり当て嵌めたのが古朝鮮民族という捏造の人種です。

在日朝鮮民族が好む「古代半島の朝鮮系が・・・」と言うセリフは、過去に朝鮮民族が存在していないため〜系とぼかしを入れた表現です。
実際には朝鮮系すら存在せず、他民族がそれぞれの民族史を作り上げていただけです。

ちなみに、韓民族という人種は現在の韓国人とは全く別人種です。過去中国中部・北部や半島に存在しましたが、この民族を近年の朝鮮民族が偽称して盗用しているだけです。
ですので、本来の韓民族≠現在の韓国人、となります。

141天之御名無主2014/06/19(木) 01:23:00.94
アイヌは黒狐をシトムベカムイと呼ぶらしいけど、
一応神扱いということ?
本州の化け狐の類とは違うの?
アイヌは本州と比べて、神や妖怪の区別がますます曖昧になっててややこしい

142天之御名無主2014/06/19(木) 12:33:24.58
原始日本人であるアイヌが沖縄と北海道に集中しているのは間違いないと思う

143天之御名無主2014/07/05(土) 22:12:52.27
沖縄にアイヌが集中しているとか頭おかしい
それに原始日本人も何もアイヌ民族の成立は鎌倉時代後期になってからだぞ

144天之御名無主2014/07/05(土) 23:26:39.84
(こういうのに触ってあげてもイマイチ延びないあたり過疎板を実感する

145天之御名無主2014/08/11(月) 17:57:58.19
そうやって、煽ってわざとスレを伸ばすって2chの典型的行為に、皆飽き飽きしているんじゃないの?

146天之御名無主2014/08/17(日) 15:16:54.51
狩猟採集民ということで
アイヌ人に平和的なイメージ持ってる人多いけど全然そんなことないよな。
民話だと相当な比率で自分の部族滅ぼされた子供の復讐譚とかだし。

147天之御名無主2014/09/05(金) 09:54:18.50
縄文人=アイヌという誤解がいまだにあるのね

148天之御名無主2015/01/27(火) 01:26:59.77
>>146
>狩猟採集民ということでアイヌ人に平和的なイメージ持ってる人多い

中国と接した狩猟採集民=女直
日本と接した狩猟採集民=アイヌ

商品植物を採集し、
商品動物を狩猟する、
商業民族だぞ

149天之御名無主2015/01/27(火) 02:09:20.96

150天之御名無主2015/01/27(火) 11:36:40.78

151天之御名無主2015/01/30(金) 17:19:49.62
最古日本人はシベリア北部から南下した
http://blog-imgs-43.fc2.com/h/a/r/harutaseiro/20111115111835d5f.jpg
http://coolsummer.typepad.com/.m/photos/uncategorized/2008/03/23/tibet2008032401.jpg

今北海道に居るアイヌは白人が入ってる古代人
今本州に居るのは中国人の入ってる古代人
古代人が一番残ってるのが実は沖縄かもしれない

152天之御名無主2015/01/30(金) 21:06:55.45
アイヌのDNAから白人の痕跡なんて見られない

153天之御名無主2015/01/31(土) 22:01:18.08
N系統居るだろ

154天之御名無主2015/01/31(土) 22:12:21.04
N系統は南方由来

155天之御名無主2015/01/31(土) 23:24:34.00
>>154
ガガーリンは南方系なんだね
南方系って言い方アバウトだよな
ロシアより北は無いんだしバカっぽい

156天之御名無主2015/02/01(日) 00:55:31.70
NOからN系統とO系統に分岐したんだろ

157天之御名無主2015/02/01(日) 15:57:52.56
明治維新前後の写真のアイヌの人々見るとインド人ぽいというか、けっこう南方系をイメージする顔つき

158天之御名無主2015/02/01(日) 16:16:09.20

159天之御名無主2015/02/01(日) 18:17:14.79
>>157
日本海側が沖縄やインドっぽいオホーツク側は白人ぽい
海流が影響してるのかサハリンから南下しやすい流れはオホーツク側なんだよね
陸路が無くなってからは船だからかな?と予想
ビックリするほどの美人は東だな

160天之御名無主2015/02/01(日) 21:40:19.11
なるほど

161天之御名無主2015/02/03(火) 15:54:28.60
>>158
男性はまさにインド人ふう!

162天之御名無主2015/02/03(火) 20:40:31.48
アイヌ民族解放運動を担っているのは、北朝鮮シンパの自主の会(主体思想信奉者)メンバー

163天之御名無主2015/02/09(月) 22:46:49.88
アイヌの一系統サルンクルに就て
http://www.jstage.jst.go.jp/article/ase1911/47/4/47_4_137/_pdf

奥茶Aイヌとサルンクルとの關係

サルンクルには所々に祖先が本州の南部領から來たといふ傳説を傳へて居る。
私は勇拂郡累標のアイヌ部落を調査した時(1931年7月)同地のアイヌの古老から、先祖は南部から來たといふ傳説があるといふことを聞いた。
叉長年日高に居た太田岩太郎氏が拙宅を訪れられた時(1931年3月)昼(ハクチ)のアイヌには、
青森縣打越(ウテツ)から來たといふ傳説が殘つて居る旨御ヘ示を得た。
吉田巖氏が亡父河野常吉に宛てた手紙(大正7年)にも、幌去アイヌ「テマンナ」と云ふ者の祖先がシヤモ地から來たといふ言ひ傳へがある旨書いてある。
同様の記事は古文書にも散見する。例へば東蝦夷日誌第三篇七月三日の項に、
「ホロサルに宿、此村昔十勝より來りし者と津輕の宇鐡より來りし者の子孫なりと、今に乙名また外の家等にも持來りしと云ふ種々の寳物有と」
山崎某の東蝦夷地紀行(文化3年)には、「宇鐡の夷は此サルより來れりとなり、
夷人に之を尋ぬるに津輕の夷は元此サル川目の惣乙名なりしが、故有て爭論起り雌雄を爭ひしが、
终に軍に負けて一門徒類を引連てエソが嶋に住居叶はず遠々日本國津輕宇鐡と云處へ迯渡りたるよし老夷申傳へたりとなり、
共夷のウタレ(家來ないふ)の子孫今酋長となりて甚だ富貴に暮し居るといへり」とある等である。
後者は前者と反對に、宇鐡のアイヌがサルから渡つて行つた様に書いてあるが、南部アイヌと血族であるといふ點では變りない。
前出累標(ルペシベ)・幌去(ホロサル)・沙流・昼等は何れもサルンクルの分布區域であり、
この様な傳説はサルンクルのみに限られて傳つて居るのであつて、他のアイヌは全く知らない様である。
事實の有無は輕々しくは判斷出來ないが、少くとも昔時奥茶Aイヌとサルンクルの間に密接な關係があつたことは想像出來る。

164天之御名無主2015/02/09(月) 22:47:38.99
サルンクルと他のアイヌとの鬪爭

サルンクルは古くから和人と親密であつて、周園のアイヌとは犬猿もたでならぬ仲であつた。そして周團の諸分派と常に爭を績けて居た。
著名な寛文の亂に於けるオニヒシー族はサルンクルの精英であり、
その敵方染退のカモクタィン、シヤクシヤインー族は釧路厚岸等に分布する海岸地方メナシクルと同一系統に屬する。
トカチアイヌとサルンクルが仲が悪いてとも有名で、これに關する多くの言ひ傅へがあり、
nR秘府にも明和7年(1770年)に十勝と沙流のアイヌの爭のことが書いてある。
シュムクルと著しい爭をしたことは知られて居ないが、文化年間にイシカリアイヌとイサリ、
ムイサク兩河の間のウラエ(地名)の領有に關する論爭があつたことは「蝦夷人ウラエー件」として知られて居る。
その他、バチェラー氏もアバシリ地方に行つた時、サルアイヌと間違へられてアバシリアイヌにはづかしめられたことがあるといふが、
現在でもメナシクル、ぺニウンクル、シュムクル等のコタンを訪れる時サルンクルに對する侮蔑の言葉を何處でも聞くことが出來る。
西エンヂウとは近接して居ない爲かあまり仲が悪いこともない様である。

165天之御名無主2015/02/09(月) 22:48:28.19
其の他

前述の様にサルンクルは周園のアイヌの諸分派と著しく異なる多くの特長を有し、且他のアイヌから嫌はれて居たのであるが、
サルンクルの文化は、少くとも金屬期使用時代に入つてからは、他のアイヌのそれに比して著しく高かつたのである。
その分布區域が溫暖な氣候に恵まれ、従つて魚介が豊で、冬は鹿が群をなして集る等、天産物が豊富であつた爲に人口の稠密を導いたことも、
サルンクルの文化を高めた所由であらうが、彼等が早くから原始的農業を營んで居たことや、奥鋳n方との交渉も看過することの出來ない要因であらう。
北海道に於けるアイヌの農業は、古文書によれば、昔時はシュムクル及びサルンクルのみに知られて居り、メナシクルは全くこれを行つて居なかつた。
シュムクル及びサルンクルが原始的農業を營んで居たことは、その居住地域が内地に近かつたことより判斷すれば、
奥忠レ夷叉は和人から習得したとも考へられるが、他面、若しサルンクルが奥窒ゥら北海道に移住したアイヌであつて、
その移住前に既に奥窒ナ行つて居た農業を、移住と共に北海道に持ち來つたのであり、シュムクルは始め農業を知らなかつたが、
その分布區域の關係上、移住後のサルンクル叉は松前地方から農業を學んだのではあるまいかといふ疑念も生ずる。
現在に於ける北海道アイヌの人口の半ばを占めて居るのはサルンクルであるが、他のアイヌが急速に衰亡して行くのに反して、
分布區域も狭いサルンクルの燭り減少の度が著しく少ないのは、サルンクルが他のアイヌと體質が異る點にも起因するであらうが、
寧ろその最大の原因は、彼等が早くから原始的農業に慣れて居た爲ではあるまいか。
卽ち、農業と茶食に不慣れな他のアイヌは、食物の急變と生活状態の急激な變化に堪へられす、健康の度が急速に低下したが、
サルンクルは早くから原始的農業を營んで居た爲に、この點ではあまり大きな打撃を受けなかつた爲ではなからうか。
その他サルンクルは他のアイヌに比して毛が少なく、又細長い顔の型が多い等肉體的にも異なり、
又刺墨、文様その他の風俗習慣にも幾多の相違を見出し得るが、私の氣のついた大き特徴は大略を述べ得たから論及しない。

166天之御名無主2015/02/09(月) 22:49:19.70
要するにサルンクルは北海道に於けるアイヌ中、特殊な一系統を形造つて居り、他の諸分派の中に楔狀に割り込んだ島の様なもので、
少なくともある時期の間他のアイヌ、シュムクル、メナシクル等とは交捗の少ない地域に隔離して居たらしいことゝ、
奥茶Aイヌと密接な關係を有するのではあるまいかといふ疑念を述べて、今後アイヌを研究せられる人々の御注意を乞ふ次第である。

167天之御名無主2015/03/14(土) 06:40:58.35
アイヌの楽器、ムックリ(笑

アイヌとオキナワってのは眉毛が濃いって気がする。

168天之御名無主2015/03/15(日) 19:41:06.78
アイヌ民族博物館 http://www.ainu-museum.or.jp/ のHPにアクセス
すると、アイヌ文化検索ができるようになったらしい。
【北海道】アイヌ文化、デジタル図鑑で検索…動植物973種をHP掲載、白老の民族博物館、「アイヌ文化に親しむきっかけになれば」 [転載禁止]&copy;2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1426338019/

169天之御名無主2015/03/16(月) 17:23:42.23
>>167
古いアイヌの人も、沖縄の人も毛も顔も濃いよね

170天之御名無主2015/03/22(日) 11:26:07.18
そうなんだよね

171天之御名無主2015/03/31(火) 18:56:51.26

172天之御名無主2015/04/01(水) 08:11:19.26
自分が北海道で知り合ったアイヌの血筋の人は
共通して本州や東京大阪を毛嫌いしていた、旅行も見るのも聞くのも嫌だって

その中でも自分の子供に松前を見せて、本州人から搾取されてきた歴史を教える、
と言ってた奴が印象的だった。

本州という見えない敵と戦ってるような人たちでした。
今の日本にこういう思考の人がいることに驚きました。

173天之御名無主2015/04/02(木) 00:44:19.22
純アイヌみたいな意識なんでしょうか。

174天之御名無主2015/04/07(火) 11:42:49.80
白老の南に親の故郷があるんだけど、あまり閉鎖的な印象はないんだけどね。
シーズンオフは寂れた印象があるかも。

ずっと行っていないけど、寒いせいかあっちは酒が強い人が多い。
熊やレリーフ彫っていた某氏は、持って行ったいいウイスキをコップでガブのみ。

北海道は道がいいし、景色もいい。ガスが出たときはちょっと注意しないとまずいけど。

まあ、反日売国奴の日教組がいなくなれば、さらによからんと推察する。

175天之御名無主2015/07/18(土) 09:44:44.72
狩猟採集による物産の入手と和人との交易による穀物や鉄器入手に特化して
農耕や製鉄技術を自発的に放棄したくせに、
和人側が近世に移行して強力な幕藩体制を確立して交易を一元的に管理できるようになり、
結果的に中世以来のアイヌ優位の交易を維持できなくなると被害者顔するのは色々とおかしいと思う

176天之御名無主2015/08/25(火) 22:17:38.08
【集団遺伝学】「アイヌ人と渡来人の混血は7世紀が始まり」…国立遺伝学研究所 [転載禁止]©2ch.net
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1440499825/

 国立遺伝学研究所と東京大学の共同チームは、アイヌ人や日本列島本土人の遺伝情報を解析した結果、
遺伝子配列の違いから、縄文人の子孫と見られるアイヌ人と、弥生人の子孫とされる渡来人の混血は、
7世紀に始まったと推定する研究結果を8月24日までに発表した。

 日本列島には、おもに北海道に住むアイヌ人、琉球諸島のオキナワ人、日本各地に分布して生息する本土人の3種類の人類集団が居住している。
国立遺伝学研究所の斎藤成也教授らのチームは、性染色体以外の遺伝情報を調べて、60万カ所で見られる遺伝子配列の違いを解析した。

 その結果、毛髪と歯、顔の造形に関係する2つの遺伝子の近くに存在する塩基配列が異なる部分の解析から、
アイヌ人と日本列島本土人には大きな違いがあることが判明した。

 研究チームは、アイヌ人を縄文人(採集狩猟民)の子孫、中国大陸から渡来した漢民族や朝鮮民族を、弥生人(農耕民)の子孫と仮定した場合、
日本列島本土人における縄文人の遺伝的割合は約20%に達し、これら二つの民族の混血は、少なくとも55世代前、
すなわち7世紀ごろに始まったものと突き止めた。

 斎藤教授は「遺伝子解析の結果、アイヌ人が東アジアのなかで独自の系統的位置を占めていることが明確に示された」と話している。

 なおこの論文は日本人類遺伝学会が発行する「Journal of Human Genetics」電子版に掲載された。

国立遺伝学研究所と東大の共同チームが日本列島本土人の混血モデルを解析した図(国立遺伝学研究所の論文より作成)
http://www.hazardlab.jp/contents/post_info/1/0/7/10761/%E6%B7%B7%E8%A1%80.jpg

ゲノム規模SNPデータからみたアイヌ人の特徴と日本列島本土人の成立
http://www.nig.ac.jp/nig/ja/2015/08/research-highlights_ja/20150819-2.html

Unique characteristics of the Ainu population in Northern Japan
http://www.nature.com/jhg/journal/vaop/ncurrent/full/jhg201579a.html

177天之御名無主2015/10/16(金) 11:35:57.09
アイヌ民族も誇り高き民

178名無し2015/10/17(土) 07:25:09.51
311は人口地震テロ さゆふらっとまうんどhttps://m.youtube.com/watch?v=XiK9DeIMt14

179天之御名無主2015/10/19(月) 17:33:42.16
アイヌ神話の天子降臨と、日本神話の天孫降臨は連続しているのか

180天之御名無主2015/11/04(水) 13:57:23.03
アイヌ民族など和人が勝手に名付けたもの
単なる北方縄文人

181天之御名無主2015/11/06(金) 03:30:15.70
アイヌの民

182天之御名無主2015/11/06(金) 23:58:00.95
文化や言語はオホーツク人の影響が強い

183天之御名無主2015/12/03(木) 22:25:20.80
>>179
その天子降臨とは
どんな話しですか?

184天之御名無主2015/12/03(木) 22:35:32.21
現代では少数って希少価値てことなんですよね。
日本列島における希少価値民族。

185天之御名無主2015/12/04(金) 08:46:54.96
北方縄文人と北アジア人の混血→アイヌ
中央縄文人と中央アジア人の混血→本土
南方縄文人と南アジア人の混血→琉球

全て日本人

186天之御名無主2015/12/06(日) 00:46:53.75
南方縄文人が北九州を除く西日本で
中央縄文人が北九州だぞ

187天之御名無主2015/12/06(日) 13:15:42.83
アイヌ社会に男色は、どの程度
普及していたのでしょうか?
大和民族の衆道ほどではなくとも、
ごく普通に男性同士の性愛は行われて来た筈ですが。
教えて下さい。
よろしく

188天之御名無主2016/01/03(日) 05:26:35.25
>>163
アイヌ語の方言について調べると、確かに沙流は独特で、
「沙流・千歳方言」と「非沙流方言」に分けられるのではないかというぐらい違う
全体的には明らかに同じ言語で違いは方言差にすぎないのだけれど、
北海道方言の中で沙流方言の地位はそういうものだ

189天之御名無主2016/05/03(火) 20:36:35.94
アイヌの女の子は可愛いイメージあるよね。
僕が遭遇した姉妹は萌え萌えだった。

190天之御名無主2016/05/04(水) 01:16:52.49
それ平面ですよ

191天之御名無主2016/05/04(水) 09:56:02.93
ヒンナヒンナですよ

もう純血の人は残っていないんだっけ?

192天之御名無主2016/05/29(日) 07:14:18.66
見てみたいなぁ

193天之御名無主2016/05/29(日) 12:06:01.70

194天之御名無主2016/07/05(火) 02:29:39.42
>>186
え?何捏造してんの?
そもそも縄文時代って九州も含めて西日本がすっかすかの無人なんだけど

おまけに西日本縄文人は朝鮮半島から来た連中なんだよなあ
噴火で絶滅して朝鮮半島から来たわけ九州人の祖先ってのは

195天之御名無主2016/07/05(火) 03:54:36.60
民族なんざみんな混血と混合文化の末流であり結果さ

196天之御名無主2016/07/05(火) 09:22:20.08
前歯閉じてぶつかった時に上の前歯が前に位置する奴
お前のそれアイヌや縄文人に一例もないからね
あ、食生活で変わったとか妄想意味ないかな?アイヌは普通の生活してるから


>縄文時代人は 100%が「鉗子咬合」といって毛抜きのように上下の歯はぴったりと重なっていた。
http://www.mukogawa-u.ac.jp/~edugrad/507sato.pdf
>縄文時代の人々はすべて毛抜き状咬合でした。
http://blog.livedoor.jp/touxia/archives/51180437.html
>縄文時代人は顔の扁平や歯の鉗子咬合などの点に於いて現代人と異なった特徴を有する
http://masmas.jp/kkks/Chapter1.html
>アイヌでは主に鉗子状咬合である。
http://blog.goo.ne.jp/garfsn1958/e/215cd216e60b5d4db583be9ca6e0c331

197天之御名無主2016/07/05(火) 18:42:03.73
確かに結果ありきだな
https://www.youtube.com/watch?v=zFRxQZIZaR8

198天之御名無主2016/07/06(水) 01:12:12.20
※現代日本人は渡来系弥生人の子孫です

現代人と縄文人の間には非常に大きな隔たりがあり、同系統の集団とは考え難い
http://native.way-nifty.com/native_heart/images/history/jomon_and_japanese.jpg
http://www.kahaku.go.jp/research/department/anthropology/report02/s-IshidaFig1.jpg

弥生系渡来人にも二重瞼が多くいた

>弥生の形質が強い地域から現在も二重が多く見つかる事から、
>弥生人も二重が多く存在した可能性が指摘されている。
http://www47.atwiki.jp/wikirace/pages/16.html

>漢民族
>華南は顔の幅が広く丸い二重の目が多い。
>丸い二重のギョロ目が多い。目は離れている。寄り目が多い。
>目は二重が多い。顔が縦に短く横に広い。
http://www47.atwiki.jp/wikirace/pages/21.html

199天之御名無主2016/09/02(金) 12:01:16.15
 アイヌがニヴフ侵略を繰返し、ケツ持ちの元朝が怒ってアイヌに懲罰遠征
(モンゴルの樺太侵攻)

ここで、アイヌがニヴフ侵略した目的は
ニヴフ鷹狩り職人拉致、猛禽の羽根集め(鷹羽・鷲羽流通の掌握)、とも言われてる

また格差社会アイヌ(酋長が多くの妾を独占)は、女性を贈答する同化作戦もやった
http://30932531.at.webry.info/201205/article_4.html

 > 擦文人やアイヌが
 > それほど親交関係にないオホーツク人を同化させた方法は、
★> まず女性を贈答品として彼らに送ることであった。
>>182
アイヌは、同化侵略によりオホーツク文化のクマ祭り〔イオマンテの起源〕も吸収した

200天之御名無主2016/09/02(金) 12:02:06.84
自分が縄文系だなんておもってる馬鹿タレはなんなの?現代人は混血とも言えないくらいの別人種=渡来系弥生人の子孫なのに

『アフリカで誕生した人類が日本人になるまで』溝口優司(国立科学博物館人類研究部長)2011
日本人の成り立ちについての3つの仮説(P173)

縄文人と弥生人の関係については、これまでに大きく分けて3つの仮説が唱えられてきま
した。「置換説」「混血説」「変形説」です。
では、今はどうかというと、「置換に近い混血説」が主流です。
その後、侃々諤々の議論が繰り広げられましたが、今では「大陸から渡来した弥生人が、
もともと日本に住んでいた縄文人と混血しながら広がっていき、かなり置き換わったのに
近い状態になった」と考える人が多いのです。

>かなり置き換わったのに、近い状態になった

201天之御名無主2016/09/02(金) 12:07:55.41
アイヌクリーム食べたいw

202天之御名無主2016/09/02(金) 12:25:25.56
頭髪でわかる縄文、弥生チェック

縄文人と弥生人では頭髪の遺伝子や、形態が全く事なっていることが知られています
縄文人は寒冷地に適応していない古モンゴロイドなので縮毛系、弥生人は寒冷地に適応した人種なので直毛系です
ちなみにうねった癖毛程度の髪も直毛です

>縄文系=波状毛、弥生系=直毛
http://naita.hatenablog.com/entry/20120305/1330949631
>髪の毛・・・古モンゴロイドは縮毛、新モンゴロイドは直毛
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1475772904
>古モンゴロイドは・・・波状の頭髪、新モンゴロイド・・・頭髪が直毛、である
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89#.E5.8F.A4.E3.83.A2.E3.83.B3.E3.82.B4.E3.83.AD.E3.82.A4.E3.83.89

203天之御名無主2016/09/03(土) 06:06:29.95
血統の話もいいんだけどもっと文化的な知識欲しい
年中行事だとか衣食住だとか各地方ごとの祭祀だとか

204天之御名無主2016/09/03(土) 07:23:02.10
頭髪でわかる縄文、弥生チェック

縄文人と弥生人では頭髪の遺伝子や、形態が全く事なっていることが知られています
縄文人は寒冷地に適応していない古モンゴロイドなので縮毛系、弥生人は寒冷地に適応した人種なので直毛系です
ちなみにうねった癖毛程度の髪も直毛です

>縄文系=波状毛、弥生系=直毛
http://naita.hatenablog.com/entry/20120305/1330949631
>髪の毛・・・古モンゴロイドは縮毛、新モンゴロイドは直毛
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1475772904
>古モンゴロイドは・・・波状の頭髪、新モンゴロイド・・・頭髪が直毛、である
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89#.E5.8F.A4.E3.83.A2.E3.83.B3.E3.82.B4.E3.83.AD.E3.82.A4.E3.83.89

205天之御名無主2016/10/02(日) 17:01:18.72
北東北には本州アイヌが多く住み
よく、藩から人食いオオカミ・クマ退治依頼を受けていたそうですが

    本州アイヌと蝦夷錦にみる海峡往来
http://www.frpac.or.jp/about/files/sem1905.pdf

 > クマやオオカミ、特にオオカミは和人が獲るのは難しか. ったようです。
 > そこで、クマ退治、オオカミ退治をする. 時には、
 > アイヌの人たちを動員してクマ狩り、オオカミ. 狩りをしました。

本州アイヌは、「鉄砲での狩猟」は行っていたのでしょうか?

206天之御名無主2016/10/02(日) 17:13:11.47
まさか、科学的事実を無視して自分が縄文系だ、なんて思ってる馬鹿いないよな?

>縄文人171例,渡来系弥生人153例,古墳時代人276例,鎌倉時代人220例,室町時代人124例,江戸時代人194例
>現代日本人180例および北海道アイヌ187例の頭骨を用いたポピュレーションヒストリー
http://native.way-nifty.com/native_heart/images/history/jomon_and_japanese.jpg

>ミトコンドリアDNAの塩基置換パターンについて行われた分析では,縄文人とアイヌの複数個体が同一のクラスターを形成し,
>彼らが大多数の現代日本人個体とは遺伝的に隔たっていることが示されている
(Horai et al., 1991; Horai, 1992)

>頭蓋形態では,縄文人とアイヌの両者で共有する形質も多く,主要な頭蓋計測値(顔面平坦度に関する項目を
>用いた場合も含む)に基づいて日本列島や周辺諸地域の人類集団について多変量解析を実施すると,縄文人とアイヌ
>は同一のクラスターに包括されるが,土井ヶ浜遺跡など山口県や北部九州の弥生人,古墳人,現代日本人および北東アジア諸集団とは別のクラスターを形成することが示されている(
Yamaguchi, 1980, 1982; 山口,1982.Alekseev and Trubnikova, 1984; Hanihara K., 1985, 1991;Ishida, 1992, 1993)

>これらの歯冠計測値や形態小変異に基づいた距離分析からも,縄文人とアイヌが弥生時代以降の本州域集団
>や北東アジア諸集団とは異なるクラスターを形成することが明らかにされた
(Turner, 1976; Brace and Nagai, 1982;Matsumura, 1989, 1990, 1995; Hanihara T., 1989a, 1989b,1991)

207天之御名無主2016/10/03(月) 05:09:31.84
今年は生活発表会行かなかった
年々ぐだぐだになるカムイノミに各種ウポポ
パッタギは幼稚園の子達に劣る始末
男踊りはもっとなんとかしろよカッコ悪い
アイヌ食もまずくなるばかりで果てはただの煮物出すとかおかしいだろ
展示物も同じものばかり
ムックリが上手くなってることしか評価できない
流行りにのってトンコリはやめた方がいいなかったモノなんだから
最初の二年は本当に良質なイベントで期待してただけに惜しくて仕方ない
また見に行きたいと思えるクオリティーになんとかしてくれ

208天之御名無主2016/10/03(月) 10:18:49.97
>頭骨の非計測的小変異からみた日本のポピュレーションヒストリー
>縄文人171例,土井ヶ浜を主体とする渡来系弥生人153例,古墳時代人276例,鎌倉時代人220例,室町時代人124例,江戸時代人194例
>現代日本人180例および北海道アイヌ187例の頭骨につき,22項目(ただし江戸時代人については20項目)の形態小変異の出現頻度が調査された
>次に,20項目の出現頻度に基づいてスミスの平均距離を算出したが,古墳時代から現代にいたるまでの日本人グループ間の距離はいつれも小さく,有意でないものがほとんどであった
.>したがって,これら日本人グループは単一集団に属すると見なされた.これに対して,縄文人および北海道アイヌと上記の日本人グループとの距離はいづれも明らかに有意であった.
>本研究の結果から判断する限りにおいては,弥生時代の渡来系の集団が基本になって,古墳時代に現代日本人の原型が成立したと考察するのが妥当であるように思われた.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ase1911/98/3/98_3_269/_article/-char/ja/

http://native.way-nifty.com/native_heart/images/history/jomon_and_japanese.jpg

209天之御名無主2016/10/03(月) 11:03:15.19

210天之御名無主2016/10/03(月) 11:04:58.25
前歯を閉じてぶつかった時に上の前歯が前にあるやつ、お前弥生系だぞ
その歯は縄文人やアイヌには全く無い、あと直毛も弥生人(二重瞼や湿性耳垢は弥生人にも多い)

>縄文時代人は 100%が「鉗子咬合」といって毛抜きのように上下の歯はぴったりと重なっていた。
http://www.mukogawa-u.ac.jp/~edugrad/507sato.pdf
>縄文時代の人々はすべて毛抜き状咬合でした。
http://blog.livedoor.jp/touxia/archives/51180437.html
>縄文時代人は顔の扁平や歯の鉗子咬合などの点に於いて現代人と異なった特徴を有する
http://masmas.jp/kkks/Chapter1.html
>アイヌでは主に鉗子状咬合である。
http://blog.goo.ne.jp/garfsn1958/e/215cd216e60b5d4db583be9ca6e0c331

211天之御名無主2016/10/06(木) 15:14:39.68
>>182
アイヌは、性を交易商品とする同化侵略により
クマ祭り〔イオマンテの起源〕などのオホーツク文化も吸収した >>199

後進民族 アイヌ 古老との会話

> ちなみにアイヌの梅毒罹患については、
> 明治から大正にかけての調査でも、「肺結核、梅毒、トラホーム」を旧土人の三大疾病ととらえ、
> その予防策に多くの努力を傾注しています。
>  別にシャモにうつされたわけではなく、
> 交易の民であるアイヌには様々な経路でこの病気が蔓延していたと思われます。

> ブッセの『サハリン島占領日記』には酒代欲しさに自分の妻を買ってくれと言ってくる
> アイヌ夫婦を追い返す記載もありました。
> アイヌだけではなく人類にとっては「性」も立派な交易の商品だったということでしょう。
>  ご参考までにお知らせします。

212天之御名無主2016/10/06(木) 15:19:14.69
君たちは縄文人とは遠くかけ離れた渡来系の人種ですよ?科学的事実を無視ですか?

遺伝子解析による日本民族と周辺の民族との近縁性
http://www.soken.ac.jp/wordpress/wp-content/uploads/2013/12/20121017172022_1.jpg
現代人はアイヌや縄文人からは掛け離れていて同一集団とは全く持って言えない
http://native.way-nifty.com/native_heart/images/history/jomon_and_japanese.jpg

>長野県湯倉洞窟縄文早期人骨(mtDNA D4b2)、青森県尻労安部洞窟縄文中期人骨(mtDNA D4h2)、
>福島県三貫地貝塚縄文晩期人骨(mtDNA N9b&M7a2)出土の縄文人骨から抽出した核ゲノムを解析
>日本列島3集団(アイヌ,本土日本,琉球)と縄文人を用いた主成分分析の結果、
>縄文人と遺伝的に類似の集団は見られず、遺伝的に非常に特異な集団であることが明らかとなった。
http://ir.soken.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=4960&file_id=19&file_no=1

>全ゲノム解析法を用いた縄文人と渡来系弥生人の関係の解明
>縄文人の系統的な位置を確認するために,湯倉洞窟と尻労安部のSNPデータを用いて現代人との比較を行った。
>双方に共通するSNPは5万6千箇所あまりで,これを現代日本人と中国(北京)のデータと比較した。
>主成分分析を行ったところ,このSNPデータで琉球と本土日本の現代人,及び中国人集団は分離されたが,
>尻労安部と湯倉縄文人はいずれの集団とも離れたところに位置することが分かった。
>現代日本人の成立には,その後の大陸からの影響が大きかったことをうかがわせるものである。
http://www.kahaku.go.jp/disclosure/duties/imgs/h25houkoku.pdf

213天之御名無主2016/10/24(月) 13:21:36.11
ゴールデンカムイ

214天之御名無主2016/10/24(月) 13:28:25.85
そこの君、まさか自分が縄文系だなんていうありえない妄想してないよな?君は間違いなく弥生人の子孫です

>長野県湯倉洞窟縄文早期人骨(mtDNA D4b2)、青森県尻労安部洞窟縄文中期人骨(mtDNA D4h2)、
>福島県三貫地貝塚縄文晩期人骨(mtDNA N9b&M7a2)出土の縄文人骨から抽出した核ゲノムを解析
>日本列島3集団(アイヌ,本土日本,琉球)と縄文人を用いた主成分分析の結果、
>縄文人と遺伝的に類似の集団は見られず、遺伝的に非常に特異な集団であることが明らかとなった。
http://ir.soken.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=4960&file_id=19&file_no=1

>全ゲノム解析法を用いた縄文人と渡来系弥生人の関係の解明
>縄文人の系統的な位置を確認するために,湯倉洞窟と尻労安部のSNPデータを用いて現代人との比較を行った。
>双方に共通するSNPは5万6千箇所あまりで,これを現代日本人と中国(北京)のデータと比較した。
>主成分分析を行ったところ,このSNPデータで琉球と本土日本の現代人,及び中国人集団は分離されたが,
>尻労安部と湯倉縄文人はいずれの集団とも離れたところに位置することが分かった。
>現代日本人の成立には,その後の大陸からの影響が大きかったことをうかがわせるものである。
http://www.kahaku.go.jp/disclosure/duties/imgs/h25houkoku.pdf

遺伝子解析による日本民族と周辺の民族との近縁性
http://www.soken.ac.jp/wordpress/wp-content/uploads/2013/12/20121017172022_1.jpg

現代人はアイヌや縄文人からは掛け離れていて同一集団とは全く持って言えない
http://native.way-nifty.com/native_heart/images/history/jomon_and_japanese.jpg

215天之御名無主2016/10/30(日) 13:05:19.96
私は元創価の会員でした。
すぐ隣に防衛省の背広組みの官舎があるのですが、
自分の家の窓にUSB接続のwebカメラを貼り付けて、そこの動画を撮影し続け、
学会本部に送っていました。

別に大したものは写っていません。ゴミ出しとか奥さんが子供を遊ばせている所とか。
官舎が老朽化して使われなくなってから、
今まで法人税(うちは自営業です)をほぼ払わなくても済んでいたのが、
もう守ってやれないのでこれからは満額申告するように言われました。
納得がいかないと言うと、君は自業自得で餓鬼地獄に落ちる、
朝夕南無妙法蓮華経と三千回ずつ唱えて心をきれいにしなさいと言われ
馬鹿らしくなって脱会しました。

それ以来、どこへ行くにもぞろ目ナンバーの車につけまわされたり大変な日々です。
全部自分の出来心から起きたことで、どこに訴えるわけにもいかないのですが、
なんとかあの人たちと縁を切って新しい始まりを迎える方法はないんだろうか。

216天之御名無主2016/11/11(金) 14:14:20.16
>>212
なぜか現在のアイヌの生き残りのそれらの遺伝子ではく、
現代の朝鮮民族の遺伝子と同一な人が数人まざっているんだよ。

217天之御名無主2017/05/02(火) 03:20:04.52
今日、新築祝いにチセノミをした。
20年位使ったオーディオが壊れたので、イナウを沢山削ってお供えして、近々神の国にお帰り頂こうと思う。
ウチの周りでも個人でこんな事をしている家庭は少なくない。こうして長きに渡り静かに伝統を継承している方々は結構いらっしゃるのだろうか、、。

218天之御名無主2017/05/04(木) 20:05:09.50
なるほど風習は生きている…

219天之御名無主2017/05/05(金) 00:41:05.72
GWで遠方から親戚が集まったので、新築に伴い庭の東側に新しくこしらえたヌサでシンヌラッパをして、その後楽しくジンギスカン食べながら踊って歌った。

220天之御名無主2017/05/14(日) 10:35:14.94
アイヌの間では「同性愛」とか「男色」とかの風習は無かったのか?
動物の世界でも、同性間の性行為は一般的だというのに、
アイヌは畜生にも劣るのか?
それとも単に記録に残らなかっただけなのか?

221天之御名無主2017/05/14(日) 14:47:47.29
どれ。裏の納屋さ行って、漬物石ふたつ運んでくるべぇか。

裸にひん剥いて縛り上げた>>220の縮こまった包茎チンチンの下に大きな方の石をあてがい、
手ごろなほうの石を振りかぶって・・・

ベチーン!

オオゥ!
肉が潰れる感触が腕にズシィィンと響くゥ!
断末魔の絶叫がこだまするゥ!


さてと。
ミンチになったチンチン肉に葱と生姜とニンニクを臭い消しにつき混ぜ、
片栗粉も加えて団子にして、鍋料理にしたてて>>220のホモジジイに食わせるべぇか

222天之御名無主2017/06/05(月) 13:44:57.56
アイヌは縄文人とは別
縄文人のルーツは琉球経由

223天之御名無主2017/06/21(水) 14:40:10.73
縄文人がもつY遺伝子D系統
はアイヌ100%、沖縄50%、
本土30%で、他の東アジアの
諸国にはまったく見られない
と聞いたぞ

224天之御名無主2017/06/21(水) 17:23:33.24
そもそも琉球経由の縄文人はC系統だしな

225天之御名無主2017/07/26(水) 19:59:30.34
☆ 日本人の婚姻数と出生数を増やしましょう。そのためには、公的年金と
生活保護を段階的に廃止して、満18歳以上の日本人に、ベーシックインカムの
導入は必須です。月額約60000円位ならば、廃止すれば財源的には可能です。
ベーシックインカム、でぜひググってみてください。お願い致します。☆☆

226天之御名無主2017/10/06(金) 10:09:16.63
アイヌ文化のスレを立てておきながら、
アイヌの間の同性愛など性風俗には
まったく無知な者ばかりが揃っているようだ。

227天之御名無主2017/10/06(金) 14:55:11.39
そんな焚き付ける様な言い方をしてもダメだ
自分が今から語りたい事を語り出せ
内容も一応スレチではない様だし

228天之御名無主2017/10/07(土) 02:09:04.75
>>223
アイヌは80%くらいだぞ
オホーツク人と混血してるからC系統もいる

229天之御名無主2017/10/23(月) 11:49:02.59
アイヌ ネノアン アイヌ

230縄文2017/12/04(月) 07:20:39.73
[縄文人の特徴]
毛が濃い、髪が微妙にくせ毛、まぶたが二重
ホリが深い顔、耳たぶがあり耳たぶを装飾
柔軟な思考
染色体D系統
犬を大切に飼っていた
前述の顕性遺伝子が多い
【日本人概ね特性】
恩に忠義(他人を信用する、騙されやすい)
臆病(窮地にたつと窮鼠猫を噛む)
飽きやすい(革新的)
アイヌ系、琉球系、渡来(大陸から等)系など
千数百年経っても顕性遺伝子である二重が
潜性遺伝子の一重を駆逐できないのは、
都度、日本へ朝鮮人が入国し在日化しているからである
(多重近親相姦で発生した一重などは顕性を凌ぐ噂もある)

231弥生2017/12/04(月) 07:21:07.38
[弥生人の特徴]
毛が薄い、髪が異様に直毛、まぶたが一重
平べったい顔、耳たぶが小さく装飾できない
硬直な思考
染色体O系統
犬を食用として喰っていた
多重近親相姦(寒さで一重は誤想)で前述の潜性遺伝子に変異
【朝鮮人概ね特性】
恩を仇で返す(他人を信用しない、裏切る)
傲慢(窮地にたつと我が先に逃亡)
執着する(保守的)
第一波 中国大陸からの逃走民
第二波 百済からの亡命
第三波 新羅高句麗からの難民
第四波 満州建国時からの終戦後に帰化
第五波 第四波の在日を伝手に日本で帰化
過去、下層民が多重近親相姦したため
均一DNA塩基配列な地域が現在も点在している

232天之御名無主2017/12/04(月) 12:28:54.20
↑単純にして浅薄

233天之御名無主2017/12/04(月) 15:08:51.99
縄文人こそ犬を食ってるんだがなあ

234天之御名無主2018/01/02(火) 23:50:23.17
てめえら書く時にゃあ少しは責任感持てよなあ!

235天之御名無主2018/01/03(水) 12:13:37.40
所詮、5ちゃんも2ちゃんか

236天之御名無主2018/01/04(木) 03:48:26.27
基本的に狩猟・採集民族という事でよいのかな

237天之御名無主2018/01/04(木) 04:37:46.78
今は都市住民

238天之御名無主2018/01/04(木) 11:01:48.64
同じ縄文人でも海沿いに住んで貝を主食にしてたグループと
内陸に住んで狩りをしていたグループは話が別だと思う

239天之御名無主2018/01/28(日) 20:27:17.69
ホンカイサマ

240天之御名無主2018/01/31(水) 08:22:02.25
神話のようにネットで金が入ってくるらしい方法
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

U1205

241天之御名無主2018/01/31(水) 09:12:17.14
↑マルチ死ねよ

242天之御名無主2018/01/31(水) 16:49:05.50
迷惑。

243天之御名無主2018/06/28(木) 16:55:15.77
周辺を見ても北ツングース諸族のトナカイ放牧、南ツングース諸族の養豚、モンゴル諸族の牧羊牧馬などがあるのに
イオマンテまでの飼育くらいしかしないってかなり原始的だよね

よほど人工圧が低かったんだろうか

244天之御名無主2018/07/12(木) 23:10:02.64
いろいろと役に立つパソコン一台でお金持ちになれるやり方
役に立つかもしれません
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

BJ2

245天之御名無主2018/08/25(土) 22:08:31.41

246天之御名無主2018/08/26(日) 06:29:37.51
>>243
北海道のアイヌのエリアにトナカイや羊や豚等の家畜用動物はいたのかな
イオマンテは家畜の飼育というより神事だし

247天之御名無主2018/08/26(日) 19:25:32.73
いそうなのは鹿とか兎とか熊とか野鳥とか… 狩猟対象だわな

248天之御名無主2018/08/27(月) 00:36:58.96
北海道周辺の養豚してた地域は、アイヌが進出前後に養豚文化が消滅してる。
具体的には、オホーツク文化の頃は豚は飼ってるんだけど中期頃から道東で飼育の痕跡が少なくなりついで千島地域でも確認できなくなる。樺太ではアイヌ文化が進出するまで存続するけどアイヌには受け継がれてない。

養豚以外の周辺事情だと千島のさらに北のカムチャッカのタリヤ文化とかだとトナカイ放牧してるけど、これは千島に持ち込まれた痕跡はなし。カムチャッカのトナカイ放牧自体はソ連の集団農場が設置されるまではチュクチ、コリヤークが放牧文化を維持してる。
大陸のアムール川周辺だと養豚もトナカイ放牧も盛んだけどアイヌに取り込まれた形跡なし。

よくわからないのが馬の飼育。
考古学的な裏付けは皆無なんだけど、たまに中世くらいまでは飼育してたような話が出てくる。
(今昔物語集175「陸奥国の安倍頼時、胡国に行きて空しく返りし語」とか)
近世以降は特にそういう話はないので誤報と見ていいとは思うけど。

アイヌは畜養はしてないけど犬の飼育は継続してるんで、異常に狩猟依存が高いと見るのが妥当なのかねえ。

249天之御名無主2018/08/27(月) 09:22:41.73
うーん、やはり基本的な性質は狩猟民族であるのかな

250天之御名無主2018/08/27(月) 11:15:43.07
野生馬を飼いならす程度の事はしてたって事じゃないですかね
放牧なんかはやってないので野生馬がいなくなれば終了

251天之御名無主2018/08/28(火) 04:49:53.40
さすがにこれはひどいな
とりあえず、アイヌの時代に野生馬がいたソースプリーズ

252天之御名無主2018/08/28(火) 08:34:29.37
野生馬がいた云々は考えにくいね

そもそもアイヌには馬を意味する単語すらなくて、日本語から借用してウンマと呼ぶくらい馴染みのない動物
このウンマのアクセントが、江戸時代の上方アクセントの影響があるって言うのは中川裕(ゴールデンカムイのアイヌ語監修とかもやってるアイヌ語の専門家)が指摘してる

253天之御名無主2018/08/28(火) 20:32:40.49
野うさぎ捕まえて飼育して大繁殖なんてことがせいぜい可能な事かな?それもしてないだろうけど
基本狩猟採集民なんだろうね

254天之御名無主2018/08/28(火) 23:51:06.73
>>251
仮に馬の飼育の話が事実だとすればという程度の話だよ

誤報とみていいとは思うけどって書いてあるよね

255天之御名無主2018/08/29(水) 07:51:00.48
騎馬民族でもないしなあ
蝦夷地は畜産用の動物の層も薄そうだし、牧畜・馬の牧場、羊を連れての移動等も発生しにくい環境だろうね

256天之御名無主2018/08/29(水) 15:26:58.87
農耕はどうなの?

257天之御名無主2018/08/29(水) 20:32:05.18
少しは自分で調べたらどうなの?

258天之御名無主2018/08/29(水) 21:01:43.89
自分が分かるのは彼らの農耕は粟やヒエ、ソバ、豆などの雑穀類中心
江戸時代に本土の人の影響で野菜(大根、馬鈴薯など)の栽培も行ったと
採集は山菜採りなど、また薬草も利用している
でも全体のイメージは狩猟・採集の民かな

259天之御名無主2018/08/29(水) 21:11:46.82
>>257
あと思うのだけど、そんな嫌味なレス必要ないよ 答えたくない人はスルーで良いし
スレタイにもあるように詳しい人はちょっと来て、ちょっと教えてあげるのも良いし

260天之御名無主2018/08/29(水) 22:08:37.67
北大のあの先生はやばい人なの?

261天之御名無主2018/08/29(水) 22:56:44.75
なにこの流れw
物事調べてまとめるのはそれなりの労力がかかるんだから、
自分のわかっていることを提示してその上で質問するのが誠実な態度だろ。

一行だけ「〜はどうなの?」なんて具体的にどのレベルのことを聞きたいのかわからん書き込みして、
苦言を呈されないほうがおかしいと思うよ?

262天之御名無主2018/08/30(木) 04:00:11.62
まあそうだな

263天之御名無主2018/08/30(木) 05:28:29.94
北大の先生???

264天之御名無主2018/08/30(木) 11:52:02.38
古い写真のアイヌ人を見ると南方系、例えばインド人や沖縄の人に似ていると思ったりする

265天之御名無主2018/09/01(土) 12:24:37.65
南方系

266天之御名無主2018/09/01(土) 12:30:21.58
南方系ってどんな人達なの?

267天之御名無主2018/09/01(土) 12:53:35.14
古モンゴロイドの南方系
それが数万年前の旧石器時代までに北に向かって移動、北海道・沖縄を含む日本列島に住みつく、これが後に縄文文化を担った
弥生〜古墳時代になり、北方系モンゴロイドが多数渡来するようになったが、これらの影響をあまり受けずに存続してきたのが、アイヌ人と琉球人という説有り

268天之御名無主2018/09/01(土) 14:31:32.58
まあそれが定説だしな

269天之御名無主2018/09/01(土) 20:14:36.63
だから昔のアイヌ人や沖縄の人は南方系の顔つきをしているということか。

270天之御名無主2018/09/01(土) 22:09:09.90
モンゴロイドにしては彫りが深すぎるし、
なによりも体毛が濃すぎる。

271天之御名無主2018/09/03(月) 16:45:02.80
古いアイヌと沖縄の人達の顔には似たところが確かにある

272天之御名無主2018/09/03(月) 18:35:36.59
まあ、モンゴロイドだろ。

273天之御名無主2018/09/04(火) 09:34:45.23
弥生人の文化や種族的要素より縄文人のそれらが濃く残された古いアイヌ人の生活様式は縄文的な…と言えるのかな
基本的に狩猟採集の人達だったようだし

274天之御名無主2018/09/04(火) 10:20:52.01
アイヌの生活様式はオホーツク人に習ったものだよ
北海道が温暖な時期に住み着いたが寒冷化して生活が苦しくなったので
近くの北方民族から寒冷地での生き方を学んだんだよ

275天之御名無主2018/09/04(火) 13:12:54.55
なるほど ありがとう。

276天之御名無主2018/09/05(水) 22:42:32.68
でも縄文生活や文化をイメージするのに参考になりそうだな、ていうか共通の要素あるんだろう
狩猟採集が基盤だし

277天之御名無主2018/09/06(木) 05:48:53.32
(−人−)北海道、最大震度6の地震、お見舞い申し上げます!

278天之御名無主2018/09/17(月) 16:01:28.89
>>277
確かに凄かった、だいぶ復旧したかな

>>264
同意 日本人離れしている

279天之御名無主2018/09/18(火) 12:57:25.79
目がハッキリ毛が濃い系

280天之御名無主2018/09/25(火) 15:22:10.43
北方交易を行う中でニブフや沿海州側アイヌとの防寒品の流通が一番妥当と思う。

281天之御名無主2018/11/25(日) 08:50:19.61
歳時記の両面宿儺を調べて。

282天之御名無主2018/11/25(日) 14:02:45.05
旧時記の両面宿儺を調べて。

283天之御名無主2018/11/28(水) 07:53:31.50
ガラパゴス史観=マルクス主義的階級闘争史観
・後期高齢者(75歳以上)直前のO2じいさん
・独身でペットを飼っている(いた)
・学生運動(といってもスポーツではない)をやっていた左翼思想の持ち主
・差別的なフレーズを使って相手を糾弾
・支配者、被支配者の構図にあてはめてY染色体を語るトンデモ思想の人物

ナンジャモンジヤ・ブログ=独善利己主義的無政府主義者
・D1bの独身じいさん(後期高齢者まではいかない年齢)
・東大卒のマツモトシンゴですと名乗る
・アイドルヲタである
・全体主義より個人主義を優先
・空気を読めない
・「天皇」という言葉を異常に敵視する
・反権力主義で、政府の政策は何でも反対
・国家という概念がなくなれば、幸せになれると思っている無政府主義者
・弱者の視点に立っていることを装いながら、本当の社会的弱者は徹底差別
・追い詰められると差別的なフレーズを使って相手を糾弾
・アイヌの遺伝子データを捏造してまで、自分の理論を正当化しようとする

新潟県胎内市発信の荒らし=新潟県潜伏中の密航工作員
・O2のニートのおっさん
・江上波夫の騎馬民族征服王朝仮説の信者
・一重瞼、漢民族、38度線、というフレーズを好んで使う
・「天皇」という言葉を異常に敵視する
・自分に都合の良い説なら、左右どこからでも論を引っ張ってくるが
 ネット検索で探せる程度の受け売り知識しかない
・論戦になれば容易に論破されるため、延々荒しコピペを貼る
・日本語が苦手

3者とも独自の偏向思想に基づく「結論」が先にあって、後づけで理論を作るので、
健全で弁証法的な議論にはならない。スレと時間の無駄

284天之御名無主2018/11/28(水) 15:14:18.10
【大相撲】元貴乃花親方「相撲の語源はヘブライ語の『シュモー』」
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1543384224/l50
【日本人はサマリア人】 日ユ同祖論、もう証明完了って感じ、ようやく月刊ムーに科学が追いついてきた
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1543029282/l50

285天之御名無主2019/02/03(日) 16:11:05.50
メナシクルが衰退したのは、コロボックルの呪い「トカップチ」だったりする。

まあメナシクルも松前藩に迫害されたが、アイヌも松前藩もロシアも、
北海道でシ歳やフン族の様な略奪、詐欺、博打を主産業にしたり、
虐待、いじめ、ハラスメントをしたりする組織は、ろくな目に合わん。
某衣料店のクレーマーや、ほぼテロ組織の某労組もそう。

松前藩主も短命が多かったし、アイヌ社会で人柱をした部族は祟られたし。

新着レスの表示
レスを投稿する