■信玄公旗掛松事件■〜NHKは敗訴するww 

1法の下の名無し2019/02/02(土) 11:00:05.93ID:grXQ7q8J
もう裁判できないwww

最高裁判決(H29.12.6)は、
@”NHKの公共性“を認め、
ANHKの放送を受信できるテレビを設置した者に対する”受信契約請求“を合憲であるとし、
B契約の成立には双方の同意(意思の合致)が必要である(民法の原則)
と判示した。

憲法29条
財産権は、これを侵してはならない。
財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。

民法 (基本原則)
第1条
1.私権は、公共の福祉に適合しなければならない。
2.権利の行使及び義務の履行は、信義に従い誠実に行わなければならない。
3.権利の濫用は、これを許さない。

★信義に従って誠実にスクランブルをかけ、スクランブルを解除した者だけに受信契約を請求しろ!(民法1条2項)

★スクランブをかけないで、一律に受信契約を請求するのは権利濫用だから無効!(民法1条3項)

◆信玄公旗掛松事件◆
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E7%8E%84%E5%85%AC%E6%97%97%E6%8E%9B%E6%9D%BE%E4%BA%8B%E4%BB%B6
★鉄道事業という公共性の高いものであっても、「他人の権利を侵略・侵害することは法の認許するところではない」

■ 大正時代の国鉄に比べて今のNHKの公共性がなんぼのもんか?wwww

2法の下の名無し2019/02/02(土) 13:53:36.84ID:VD9aFmLy
戦後の司法はGHQ時代の無法判例を引き継いでるから
まったくデタラメな箇所がいくつもあるんだよね。NHK、
年金、国民健保は三大悪と言える。ここにJASRACも
入れて良い。

3法の下の名無し2019/02/06(水) 11:43:49.68ID:EamAv5N6
NHKはもう裁判できない
スクランブルをかけないで受信契約を請求する “卑怯なNHK” は
民法1条3項で敗訴する
権利濫用禁止!

「スクランブルをかけろ!」⇒契約しない、払わない
>>1

4法の下の名無し2019/02/06(水) 13:32:25.09ID:dnyuRyAi
NHKを拒否する最良の手は契約しない、職員の訪問を受けない。
これに尽きます。

5法の下の名無し2019/02/11(月) 10:26:12.57ID:U8ghQxBi
(放送法)
第六十四条 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。

(最高裁判決 2017.12.7)
@放送法64条はNHKの公共性に鑑み合憲と判断→NHKの“受信契約請求権”を認める。
A契約は双方の合意(意思の合致)がなければ成立しないから、任意に契約しない場合は裁判しろ。

Aは最高裁が受信契約には民法の原則が適用されると判断したことを意味する。

民法(基本原則)
第1条
1.私権は、公共の福祉に適合しなければならない。
2.権利の行使及び義務の履行は、信義に従い誠実に行わなければならない。
3.権利の濫用は、これを許さない。

なんのことはない、最高裁判決は民法1条第1項を読み上げたに過ぎない(笑)
これをもって、最高裁のお墨付を得たと勘違いして、契約は義務だ、テレビはあるか、携帯の機種はなにか、
などど、しつこく迫るNHKと下請け業者は常軌を逸した犯罪集団だ。

★契約を迫る前に、信義に従い誠実にスクランブルをかけろ!(民法1条第2項)
★スクランブルをかけないで受信契約を請求するのは、権利の濫用だから無効!(民法1条第3項)

6法の下の名無し2019/02/13(水) 23:38:13.83ID:p3vOLwOs
ここ2年で報道されたNHKの犯罪、不祥事

栗原貴幸(41)、石川泰之(46) 子会社NHKアイテック社員 架空発注を繰り返し2億円以上を着服した罪で実刑判決
男性職員(40代)NHK横浜放送局職員 受信料の払い戻しを装い51万円を着服
男性記者(20代)NHK福島放送局職員 タクシー券の不正使用、勤務手当の不正受給で24万円の着服
荒井良雄(52) NHK大津放送局技術部職員 弁護士事務所に脅迫の電話
弦本康孝(28) NHK山形放送局酒田支局報道室の記者 女性を脅迫し性的暴行を加え、全治2週間のけがをさせる、他2件の強姦事件ともDNAが一致
吉田隆裕(25) 株式会社エヌリンクス所属、委託社員 受信料徴収の訪問先で女性に無理矢理キス
NHKの報道番組キャスター 女性への痴漢行為
梶原登城(47) NHK制作局ディレクター タクシー運転手に暴行、骨盤骨折で全治3ヶ月の重症を負わせる
男性職員(40代)NHK松山放送局職員 車で走行中に違法モデルガンを発砲、騒ぎを起こす
神鳥弘了(55) 業務委託事業者 受信料集金の訪問相手の手をボールペンで刺し負傷させる
志田光(30)  NHK沖縄放送局技術部職員 女子シャワー室にカメラを設置し盗撮
古都茂樹(52) NHK広島放送局技術部専任部長 他人の車のドアミラーを蹴り破壊
男性職員(37) NHK名古屋放送局中央営業センター職員 受信料から58万円の着服

7法の下の名無し2019/02/13(水) 23:38:31.12ID:p3vOLwOs
坂元誠一郎(45)NHK福岡放送局久留米支局報道室の記者 運転代行業者の腹を殴るなどの暴行
登坂淳一(47) 元NHKアナウンサー 女子アナへのセクハラ、後輩へのパワハラが判明
小柳実(70)  元NHKアナウンサー、塾講師 指導と称し受講生の20代女性の胸や尻などを触る
男性職員(27) NHK室蘭放送局苫小牧支局の記者 猛吹雪の中ロードサービス会社に車の回収をさせ、社員1人を死亡させる
沢田憲一(49) 元「歌のお兄さん」 覚せい剤使用で逮捕
井上啓補(50代)NHK制作局エンターテインメント番組部の部長 女性職員に対するセクハラ
重藤聡司(42) 「おはよう日本」チーフプロデューサー 女子大学生のスカートの中にスマホを差し入れた盗撮容疑
湧川高史(59) NHK佐賀放送局局長 女性スタッフが入浴中の風呂に侵入し更迭
男性職員(51) 帯広放送局技術部副部長 家族との別居を装い単身赴任手当など524万円を不正に受給
泉房穂(55)  明石市長、元NHKディレクター 「建物に火をつけて捕まってこい」などの暴言、パワハラ

2017年10月 女性記者(31)の過労死を死亡後4年経過してから公表、NHKは「遺族の要望で報道しなかった」と説明するも遺族はこれを否定
2017年10月 個人情報が記載された約3000人の受信料の帳票を紛失
2017年12月 NHKがブラック企業大賞のウェブ投票賞を受賞
2018年8月  委託業者の労働者たちが未払い賃金の支払いを求めてNHKを提訴
2018年9月  大阪放送局の北大阪営業センターで個人情報を含む426人分の書類を紛失、1396人分の保管しておくべき書類を破棄
2018年10月 札幌放送局放送部のディレクターが、アレフ施設周辺住民へのインタビュー音声を誤ってアレフ本部広報にメールで送る
2018年11月 日産自動車会長カルロス・ゴーンの逮捕を報じた際、別会社に勤める人物へのインタビューを誤って日産の社員と紹介
2019年2月  イベントの参加者51人にメールを送った際、他の参加者に全員のアドレスや氏名が見える状態で誤って送信←New!

8法の下の名無し2019/03/06(水) 15:26:24.81ID:x02qqqyy
NHKはもう裁判できないw
スクランブルをかけないで受信契約を強制するNHKはこれから民法で負けるww

(最高裁判決、H29.12.6)
★受信料(放送法64条)は合憲・・・勝訴
★契約の成立には双方の同意が必要(民法の原則)・・・敗訴

◆信玄公旗掛松事件◆ ・・・権利濫用禁止!
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E7%8E%84%E5%85%AC%E6%97%97%E6%8E%9B%E6%9D%BE%E4%BA%8B%E4%BB%B6
鉄道事業という公共性の高いものであっても、「他人の権利を侵略・侵害することは法の認許するところではない」

大正時代の国鉄に比べて今のNHKの公共性がなんぼのもんか?www

9法の下の名無し2019/03/10(日) 16:40:42.98ID:h+Hvdi4A
NHK受信契約が贈与契約であるかどうかの議論があるが、受信契約という特殊な契約である。
しかし、放送法は受信契約の内容を定めていないので民法が定める契約類型に当てはめるべきである。
受信契約は定期贈与契約(民法552条)の類型であると解釈すべきだ(他に類似の契約がない)。
よって、NHK受信契約は相続されない。

10法の下の名無し2019/03/14(木) 06:40:35.53ID:Dtfe1Kld
■最高裁判決の意味 ■

・NHKには受信契約を請求する「権利」」がある
・テレビ設置者(ワンセグ保持者)は受信契約に応じる「義務」がある
・受信契約には民法が適用される
・・・・・
★民法1条3項(基本原則)
権利の濫用は、これを許さない。
↓↓
☆放送品質が劣るワンセグでフルセグと同じ契約を請求するのは権利の濫用⇒無効
☆フルセグでもスクランブルをかけないで受信契約を請求するのは権利の濫用⇒無効
↓↓
「スクランブルをかけろ!」⇒契約しない、払わない

11法の下の名無し2019/03/15(金) 08:46:54.68ID:MVeZv/v7
NHKは放送法で勝って民法で負けた(最高裁判決)
・契約の成立には双方の同意が必要(NHK敗訴!)

これからは民法で敗訴する
・スクランブルをかけないで受信契約を強制するのは権利の濫用だから無効!(民法1条3項)
↓↓
「スクランブルをかけろ!」⇒契約しない、払わない

民法第1条(基本原則)
3 権利の濫用は、これを許さない。

◆信玄公旗掛松事件◆ ・・・権利濫用禁止!
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E7%8E%84%E5%85%AC%E6%97%97%E6%8E%9B%E6%9D%BE%E4%BA%8B%E4%BB%B6
鉄道事業という公共性の高いものであっても、「他人の権利を侵略・侵害することは法の認許するところではない」

大正時代の国鉄に比べて今のNHKの公共性がなんぼのもんか?wwww

12法の下の名無し2019/03/17(日) 19:07:27.19ID:7KYkcqeZ
日本民法の父、穂積陳重の『法窓夜話』を現代語に完全改訳
法律エッセイとして異例のベストセールスを続けた名著を
手軽に読みやすく。短編×100話なので気軽に読めます。

法窓夜話私家版  https://www.amazon.co.jp/dp/B07NQCZ7S7
dkw

13法の下の名無し2019/03/18(月) 10:50:02.56ID:xk6J+ejJ
NHK受信契約が定期贈与契約であるかどうかの議論があるが、受信契約という特殊な契約である。
しかし、放送法は受信契約の内容を定めていないので、民法が定める契約類型に当てはめるべきであり、
類型が一致する定期贈与契約(民法552条)であると解釈すべきだ。
よって、NHK受信契約は契約者の死亡により終了する。
相続はされない。

NHKはこれから民法で負け続けるwwwww

14法の下の名無し2019/03/19(火) 08:26:43.77ID:L8V5Rt8e
[受信契約を贈与契約であると解釈すべき理由]

・民法は契約の13類型を定めている。
・契約当事者は13類型に当てはまらない契約をすることができる・・・「契約自由の原則」!
★受信契約には「契約の自由」が認められない(最高裁判決)。
★契約の自由を認めない受信契約を13類型と異なる内容で解釈または制定するのは「論理矛盾」だ。

よって、受信契約は民法の贈与契約であると解釈すべきであり、それ外の契約内容に改定することもできない。

■契約の自由を否定した大ブーメラン!wwwwww

★☆受信契約は定期贈与契約であり契約者の死亡により効力を失う(民法552条)から相続はされない☆★

(参考サイト)
http://minoring-office.com/data_lawpri/civil012.php

15法の下の名無し2019/03/21(木) 11:00:33.44ID:QfS7EfO+
受信契約は民事だよw

最高裁が判断したのは、
★「NHKは受信契約を請求する権利がある。・・・・NHK勝訴
★契約の成立には双方の同意が必要(民法の原則)。・・・NHK敗訴
これだけ。

そもそもNHKが民法で裁判したんだから民事に決まってるだろがw
これからNHKは民法で負け続けるwww

16法の下の名無し2019/03/26(火) 15:06:30.31ID:cH4Gzqcz
(独禁法と民法の統合版)
■ 独禁法でNHKをぶっ壊す! ■

★ 論理と法律構成
・放送法64条は、NHKが映らないテレビの存在を想定しているが、NHKの特許独占によりNHKが受信できないテレビは製造されてない。
・CASは別会社でやってることになっているが、実質NHKだから放送法が禁止する部品認定である(放送法20−15違反)。
・CASの技術を用いれば、放送にスクランブルをかけて、契約に応じないテレビ設置者が受信できないようにすることができる。
・スクランブルをかけないのは、NHKが受信できない状態を排除して、受信契約を強制するためである。

独占禁止法
第3条
 事業者は、私的独占又は不当な取引制限をしてはならない。

・NHKが映らないテレビを作らせない=私的独占
・受信契約強制=不当な取引制限

■ 民法1条3項でNHKは敗訴する ■

★ 民放のみを受信する目的でテレビを設置した者に、NHKが一方的に電波を送りつけて契約を請求するのは、
特許独占によるNHKが映らないテレビの排除、並びに放送法が禁止する部品認定(CAS、20条15項)によって
作り出された、NHKを受信せざるを得ない状態を利用した、いわゆる送り付け商法であり、権利の濫用である。

民法1条3項
権利の濫用は、これを許さない。

★スクランブルをかけないで受信契約を請求するのは権利の濫用であるから無効!

◆信玄公旗掛松事件◆ 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E7%8E%84%E5%85%AC%E6%97%97%E6%8E%9B%E6%9D%BE%E4%BA%8B%E4%BB%B6
鉄道事業という公共性の高いものであっても、「他人の権利を侵略・侵害することは法の認許するところではない

17学術2019/03/26(火) 15:41:37.65ID:+52k4UiV
裏社会 が律法邪教神父じゃないの?

18低学歴脱糞老女・清水婆婆の連絡先:葛飾区青戸6−23−192019/03/27(水) 20:56:02.14ID:+E65P+Tt
【超悪質!盗聴盗撮・つきまとい嫌がらせ犯罪者の実名と住所を公開】
@高添・沼田(東京都葛飾区青戸6−26−6)
※盗聴盗撮・嫌がらせつきまとい犯罪者のリーダー的存在/犯罪組織の一員で様々な犯罪行為に手を染めている
 老義父は息子の嫁の痴態をオカズに自慰行為をし毎晩狂ったように射精をしている/息子の嫁をいつもいやらしい目で見ているエロ老義父なのであった
A井口・千明(東京都葛飾区青戸6−23−16)
※犯罪首謀者高添・沼田の子分/いつも逆らえずに言いなりになっている金魚のフン/親子孫一族そろって低能
 低学歴で醜いほどの学歴コンプレックスの塊/超変態で食糞愛好家である/醜悪で不気味な顔つきが特徴的である
B宇野壽倫(東京都葛飾区青戸6−23−21ハイツニュー青戸202)
※色黒で醜く太っている醜悪黒豚宇野壽倫/低学歴で人間性が醜いだけでなく今後の人生でもう二度と女とセックスをすることができないほど容姿が醜悪である
 異臭を流し込んでくるなどの嫌がらせを何度も繰り返ししつこく行ってくる嫌がらせ犯罪者である
C色川高志(東京都葛飾区青戸6−23−21ハイツニュー青戸103)
※色川高志はyoutubeの視聴回数を勝手に短時間に何百何千時には何万回と増やしたり高評価・低評価の数字を一人でいくつも増やしたり減らしたりなどの
 youtubeの正常な運営を脅かし信頼性を損なわせるような犯罪的業務妨害行為を行っています
※色川高志は現在、生活保護を不正に受給している犯罪者です/どんどん警察や役所に通報・密告してやってください

【通報先】
◎葛飾区福祉事務所(西生活課)
〒124−8555
東京都葛飾区立石5−13−1
рO3−3695−1111

D清水(東京都葛飾区青戸6−23−19)
※低学歴脱糞老女:清水婆婆 ☆☆低学歴脱糞老女・清水婆婆は高学歴家系を一方的に憎悪している☆☆
 清水婆婆はコンプレックスの塊でとにかく底意地が悪い/醜悪な形相で嫌がらせを楽しんでいるまさに悪魔のような老婆である
E高橋(東京都葛飾区青戸6−23−23)
※高橋母は夫婦の夜の営み亀甲縛り食い込み緊縛プレイの最中に高橋親父にどさくさに紛れて首を絞められて殺されそうになったことがある
F長木義明(東京都葛飾区青戸6−23−20)

19法の下の名無し2019/03/28(木) 14:59:02.78ID:XlaCmyZl
(スッキリ整理版)
◆信玄公旗掛松事件(権利濫用禁止)◆・・・NHKは震えて待て!www

大正時代に国鉄の権利濫用⇒不法行為を認定した大判例が信玄公旗掛松事件。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E7%8E%84%E5%85%AC%E6%97%97%E6%8E%9B%E6%9D%BE%E4%BA%8B%E4%BB%B6
(鉄道事業という公共性の高いものであっても、「他人の権利を侵略・侵害することは法の認許するところではない」 )

これをNHKに当てはめると、
「放送法64条によりNHKがテレビ設置者に受信契約を請求する権利はあっても」、
「CASで技術的に可能なスクランブルをかけないで、NHKを受信する意思がない者にも受信契約を請求するのは、権利の濫用であるから無効」!

放送事業(NHK)という公共性の高いものであっても、「他人の権利を侵略・侵害することは法の認許するところではない」 !
★大正時代の国鉄に比べて今のNHKの公共性がなんぼのもんか?wwww

最高裁は放送法64条があるから、受信契約を命令したけど、NHKの請求後2週間で契約が自動成立するってのは退けた(双方の同意が必要=民法の原則でNHK敗訴)。
これからは、民法でNHKを敗訴させるって暗示だ.。

NHKは放送法で勝って民法で負けた(最高裁判決)
・契約の成立には双方の同意が必要(NHK敗訴!)

これからは民法で敗訴する
★スクランブルをかけないで受信契約を強制するのは権利の濫用だから無効!(民法1条3項)
↓↓
「スクランブルをかけろ!」⇒契約しない、払わない

20法の下の名無し2019/04/23(火) 16:49:49.23ID:BUZykzJN
(最高裁判決 H29.12.6 大法廷判決)

@受信設備を設置したこと,A原告による受信契約申込みの意思表示がなされたことと
いう二つの要件を充足することによって,原告が当該受信設備を設置した者に対し
て受信契約承諾請求権を取得することになると理解できる。
原告がその取得した受信契約承諾請求権を行使しても相手方が承諾しないときに
は,民法414条2項ただし書の規定によって意思表示を求める訴訟を提起するこ
とができる。そして,判決の確定によって承諾の意思表示をしたものとみなされた
ときに受信契約が成立する。

(判決文)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/281/087281_hanrei.pdf

21法の下の名無し2019/04/23(火) 16:51:35.05ID:BUZykzJN
>>20
続き

最高裁判決 (H29.12.6 大法廷判決) を分析すると、
受信契約(放送法64条)にまつわるNHKの権利はふたつあることが分かる。

(権利1) 受信契約承諾請求権
(権利2) 受信料支払い請求権・・・任意契約または(権利1)が判決で確定することにより発生する。

受信契約は放送法64条によりNHKの請求で自動的に成立するものではない(NHK敗訴)から、
任意契約または確定判決がなければ受信料支払い義務は発生しない。

スクランブルをかけないで受信契約承諾請求権(権利1) を行使するのは権利の濫用だから無効(民法1条3項)。

・・・(信玄公旗掛松事件)・・・国鉄の権利濫用を認定した大審院判決
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E7%8E%84%E5%85%AC%E6%97%97%E6%8E%9B%E6%9D%BE%E4%BA%8B%E4%BB%B6

鉄道事業という公共性の高いものであっても、「他人の権利を侵略・侵害することは法の認許するところではない」
↓↓
放送事業という公共性の高いものであっても、「他人の権利を侵略・侵害することは法の認許するところではない」

大正時代の国鉄と比べて今のNHKの公共性がなんぼのもんか?wwww
>>1

22法の下の名無し2019/04/25(木) 07:20:47.79ID:Jpuyq+zM
[NHKの違法行為]

・CASは部品認定 ⇒NHKが映らないテレビを作らせない規律/干渉行為(放送法20条15項違反)。
・CASでスクランブルをかけるのは法的にも技術的にも可能。
・スクランブルをかけないで糞電波を垂れ流すのは、NHKを受信する意思がない者にも受信契約を強制するため。
・スクランブルをかけないで受信契約を請求するのは権利濫用だから無効(民法1条3項)。
・糞電波を垂れ流してNHKを受信する意思がない者にも受信契約と受信料支払いを強制するのは不当な取引制限(独禁法3条違反)。
・裁判するぞと脅す文書投入&チンピラ差し向け=不法行為(民法709条) ⇒慰謝料など損害賠償しろ!

23法の下の名無し2019/05/02(木) 11:40:32.52ID:uW1h1Dnf
NHKの下請け業者の訪問は、弁護士又は弁護士法人でない者が、報酬を得る目的で受信契約という法律事務を取り扱っているから、
弁護士法が禁止する非弁活動だ。

二年以下の懲役又は三百万円以下の罰金刑!

・・・・・
(弁護士法)
第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して
鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。
ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

第七十七条 次の各号のいずれかに該当する者は、二年以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処する。
(略)
三 第七十二条の規定に違反した者

24学術2019/05/02(木) 11:59:38.36ID:eVSLaZfK
放送はだれにとっても安全なのではない。

25学術2019/05/02(木) 12:01:19.61ID:eVSLaZfK
放送を持ちかける強制契約や電波盗聴盗撮の事実上のレイプ、にまつわる流産被害同性愛の問題も慄然と法規で罰されよ。

26学術2019/05/02(木) 12:57:12.01ID:eVSLaZfK
男性コンビやグループが有罪確定。高田純次ぐらいだ良心だ。

27法の下の名無し2019/05/02(木) 15:29:17.68ID:uW1h1Dnf
(簡略に追加訂正)

NHKの下請けが、
「受信契約は法律で決まった義務だ。裁判するぞ。」と脅して受信契約をさせるのは
弁護士法第七十二条が禁止する弁護士又は弁護士法人でない者が、「報酬を得る目的で行う法律事務」だ。
↓↓
二年以下の懲役又は三百万円以下の罰金刑に処せられる(弁護士法第七十七条)

28法の下の名無し2019/05/03(金) 14:37:01.84ID:vrSiGc4T
「NHK下請けの非弁行為」

NHKの下請けが、

「受信契約は法律で決まっている義務だ。最高裁が合憲と認めた。裁判するぞ。」などと ”法律的言動“ 
をして受信契約をさせるのは、
弁護士法第七十二条が禁止する弁護士又は弁護士法人でない者が、「報酬を得る目的」で行う「法律事務」だ。
↓↓
二年以下の懲役又は三百万円以下の罰金刑に処せられる(弁護士法第七十七条)

https://www.toben.or.jp/message/libra/pdf/2014_12/p02-11.pdf#search=%27%E9%9D%9E%E5%BC%81+%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E4%BC%9A%27
(3頁)
(最高裁平成22 年7 月20 日判決・刑 集64 巻5 号793 頁)
 最高裁は,土地建物の売買等を営む被告人らが,
多数の賃借人の存在するビルについて,ビルオー
ナーから,その賃借人らと交渉して,賃借人らの
立ち退きの実現を図るという業務を,報酬を得る
目的で業として,賃借人らに不安や不快感を与え
るような振舞いをしながら行った事案で,被告人
らに弁護士法72 条違反の罪の成立を認めた原審
判断を相当であるとした。
・・・・
「不安や不快感を与えるような振舞いをしながら行った」
↑↑
まんま下請けがやってることw
やらせてるNHKは共犯、いや、元締めだから主犯ww

29法の下の名無し2019/05/14(火) 07:22:07.90ID:EWZFm85a
NHK受信契約は相続されない

(放送法64条)
テレビを設置したら受信契約をしなければならない

(NHK)
受信契約をして受信料を払え
受信料は視聴の対価ではないから視なくても払え

(論理解釈)
テレビを設置したらNHKの視聴の対価ではない受信料、即ち寄付金を支払う契約をしろ
↓↓
受信契約は寄付契約だから相続されない

30法の下の名無し2019/05/14(火) 08:53:10.59ID:EWZFm85a
2019年5月13日 17時53分
共同通信

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は13日、著作権を管理する楽曲をBGMとして無断で使ったとして、
店舗側に使用差し止めと損害賠償を求める訴えを、甲府、大阪、福岡地裁にそれぞれ起こした。
・・・・
NHKもNHKの受信差し止めを求めろよ

あ、それ、スクランブルでできちゃうよね?ww

31法の下の名無し2019/05/18(土) 13:30:11.71ID:VDOdG0lp
NHK は放送法では勝たせてもらったが
民法では負けた

★契約は双方の同意で成立する(民法の原則)
・受信契約はNHKの請求で自動成立しない
・同意がなければ一軒一件裁判が必要

これからNHKは民法で敗訴する
↓↓
・スクランブルをかけないで契約を強要するのは権利の濫用だから無効(民法1条3項)
・放送の品質が劣るワンセグでフルセグと同じ請求をするのは公序良俗に反するから無効(民法90条

↓↓↓↓
「スクランブルをかけろ!」⇒契約しない、払わない

32法の下の名無し2019/05/27(月) 07:24:38.32ID:1kNmPiIk
NHKは違法行為の総合商社だ!

NHKの違法行為(レベル別)

(買春レベル)
放送法4条違反・・・独断偏向放送

(独禁法レベル)
放送法20条15項違反・・・談合、私的独占、不当な取引制限

(押し売りレベル)
スクランブルをかけないで受信契約を強要

(脅迫・恐喝レベル)
裁判するぞと脅して受信契約をさせる

(刑事罰確実レベル)
非弁護士(下請け業者)に「契約しないのは違法だ、裁判するぞ」と ”法律的言動“ をさせて契約・法律事務を行わせる
2年以下の懲役又は300万円以下の罰金(弁護士法77条)

33法の下の名無し2019/07/04(木) 09:32:03.12ID:os1dQljP
受信契約は相続財産であると主張している(らしい?)NHKに問いたい。

財産は物権、債権、無体財産権に分類されるが、受信契約はこのうちのどれか?
債権であるというのなら次の定義により債権の内容を説明しなさい。

債権とは(コトバンク)

ある者 (債権者) が他の者 (債務者) に対して一定の行為 (給付 ) を請求しうることを内容とする権利をいう。

・・・
財産の種類・・・物権、債権、無体財産権

無体財産権という用語は、一般に物権及び債権を除いたところの財産権として用いられていますが、印紙税法では、
特許権、実用新案権、商標権、意匠権、回路配置利用権、 育成者権、商号及び著作権の8種類のものに限って無体財産権ということにしています
https://www.nta.go.jp/law/shitsugi/inshi/08/06.htm

新着レスの表示
レスを投稿する