憲法読む歳条文のできた趣旨を考慮する必要ある?

1法の下の名無し2018/09/28(金) 22:22:25.54ID:g+tlKwbC
例えば条文単体でもいいし他の条文と照らし合わせた解釈でもいいが
とにかく条文だけでできる解釈と

条文が作られた経緯や趣旨を考慮したときまた違った解釈があるとする

俺は条文に書いてあることだけで解釈すべきだと思うんだが

2法の下の名無し2018/09/29(土) 00:04:03.60ID:+UkfvVY/
47年憲法は下賜憲法だから記述の経緯について考慮する必要はない。
あえていえばGHQに押し付けられたから文面通りに従う。これだけ。
従わなければ天皇制が廃止されるからな。民法や刑法はちゃんと制定の
主旨や変更の趣旨が多くの議事録に載録されており、判例でもしばしば
そこまで検討される。学説はあまり制定過程は考慮する気配ないね。

3法の下の名無し2018/09/29(土) 17:20:39.28ID:43vOZkrQ
書いてあること通りにするとそれこそ無数の解釈が生じることになる
それこそ正反対の解釈だってできる

4法の下の名無し2018/10/06(土) 06:40:53.27ID:yvWqYtlM
なんで解釈規則法制化しないんだろ
国際法は条約法に解釈規則あるのに

5法の下の名無し2018/10/06(土) 12:02:58.81ID:yRHHw3ra
アソビを置いておかないと法律が機能しないからだろう。そもそも法律なんてのは
擬制された社会契約であって、個々の人民にとっては自分が約束したわけでも
承認したわけでもないルールを一方的に押し付けられる構造にあるのだから、害が
おきない範囲については言及しないということはとても大切。人民にとっては「押し付け
られている」と思わないことが大切なので。法的確信を害しないということは、法律という
社会力の保持にとってはとてもたいせつ。

6法の下の名無し2018/10/06(土) 12:05:42.40ID:yRHHw3ra
国際法の主体は国家なので、この点では当事者すべてが専門家であることが予想される。
また国際法は社会契約の前提にないので、この点では文理主義>慣習法>学説で良いのだろう。

7法の下の名無し2018/10/06(土) 19:46:03.21ID:mluyBVNm
逆に条文にとらわれる必要ってないんだよな。
法律の内容で箇条書きできる部分が条文であって、条文だけが内容ではない。
前文は箇条書きできんかったところってイメージでおけ。

8法の下の名無し2018/10/15(月) 00:21:42.86ID:dr+39AFN
芦部憲法初版はしがきを読んでみるといいと思うよ

9法の下の名無し2018/10/15(月) 07:51:40.76ID:UFkUBqZ0
芦部みたいなカルト法学やってると笑いものになるよ

10学術2018/10/15(月) 19:45:25.75ID:7tohgRaE
芦原憲法 葦毛の馬の方が法規に詳しいぞ。馬が殺人することはごくまれだ。

11法の下の名無し2018/10/16(火) 11:03:01.48ID:GJrurV1V
天皇は日本国民の統合の象徴なのは国民の総意
天皇を認めない者は日本国民ではないということ

条文のみを読めばこのような読みもできる
>>1

12法の下の名無し2018/11/13(火) 07:54:51.80ID:j+Fv2Oz4
解釈をねじ曲げて運用できるなら憲法の存在意義ねえよな
人権擁護の為にポジティブに解釈して運用されてるならともかく
長く続く自民党政権では人権を縮小する方に解釈して運用してるから憲法の存在意義失ってると思うわ
政教分離なのに公明党が許されてたり、表現の自由があるのにAVにモザイクあったり児童ポルノ禁止だったり
さらに憲法無視して立法しても最高裁で無効になるまで有効に影響するしな
憲法学者は対立した立場を取ったりしないで判例の分析ばかり本にまとめてて存在意義ねえし

13学術2018/11/13(火) 19:00:19.76ID:qJvDMn/k
災害労働者に賃金を。

14法の下の名無し2018/11/13(火) 19:51:12.09ID:6FTPgavb
>>12

憲法は憲法制定会議に参集した者の盟約にすぎないのだから憲法には時効条項が必要である
by トマス・ジェファーソン

15法の下の名無し2018/11/17(土) 01:08:31.86ID:gZyXrEUv
>>14
憲法や法学とまったく関係ない大統領やんけw
憲法に時効なんてものがあったら大変な事になるやろw

16法の下の名無し2018/11/17(土) 18:04:29.68ID:LRQzqSrf
憲法原理を考えるうえでジェファーソンのこの言葉は重要よ。
日本じゃあまり重視されない傾向にあるみたいだけど。そもそも
「憲法とは何か」という明確な定義などないのだから。
ジェファーソンにとっては死者が世界を支配する体制は貴族政と
なんら変わらないとしている

大地の用益権は生きている人々に属する
https://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/13610/1/hogaku0050307150.pdf

新着レスの表示
レスを投稿する