日本の憲法学界は倉山満氏の憲法学へ反論しないのか [転載禁止]©2ch.net

1法の下の名無し2015/06/16(火) 16:31:40.87ID:vZhQmsXp
唾棄すべき「東大憲法学」の名の下に、好き放題で品性も欠いた攻撃の矢を放っています。
しかし倉山氏が帝国憲法と日本国憲法の本質的な差異を理解しているようではない。
本格的な反論本を一冊ぐらい上梓して反撃する気力もないのだろうか?

2法の下の名無し2015/06/16(火) 17:07:21.54ID:z470DVG/
倉山満氏って知らんけど
どういうことを研究してる人なんだ

3法の下の名無し2015/06/16(火) 17:46:38.35ID:tjLZ8ArP
ググって調べた。
なぜ>>1はこんなタレント評論家にすらなってない相手に反論する価値があると思うんだ…?

4法の下の名無し2015/06/17(水) 16:52:54.60ID:IjLBduvp
>>3
倉山氏が憲政史研究家とか自称しているぶん、立派な解釈と勘違いする読者が多いのです。
世論をミスリードされても、硬骨の在野研究者から痛いところを突かれて、
反論もできない情けない憲法学界との誤解が広まっても困るし。
ただでさえ、安倍自民党との遣り取りで、専門馬鹿の集団とみなされる空気も広まってるし。

5法の下の名無し2015/06/21(日) 12:04:42.07ID:ROe8QW/3
結論は簡単。倉山は学会から相手にされていないから。
つまり学者として認められていないから。

6法の下の名無し2015/06/22(月) 16:01:13.29ID:LzyHBUzH
暇が多い憲法学者なら彼の相手をしてやって
よいのかもしらん?

7法の下の名無し2015/06/23(火) 00:00:22.39ID:gVaO7JD4
俺はこんなやつの相手をするしかないほど暇な憲法学者ですってことになるなら。
相手にせんほうがよいだろう。
暇な学生さんなら相手にしてくれるかもね。

8法の下の名無し2015/06/23(火) 18:30:23.30ID:Vd9Kycqd
今日の夕方フジとSPA!のサイトに倉山氏が
内閣法制局の変節について書いているよ。
これもそうだけど、安倍信者は基地提供も集団的自衛権行使というね。

9法の下の名無し2015/06/24(水) 14:32:26.88ID:dKIXOLCZ
確かに国際法上は日本の米軍基地提供も集団的自衛権であることは間違いないね
筒井若水先生の「自衛権」(有斐閣)にも書いてある
だけど、国際法上の集団的自衛権だからどうしたのとしか言えないでしょ
憲法上許されるのかどうかと別の話だろう

10法の下の名無し2015/06/24(水) 16:15:11.78ID:ByideyQr
憲法学でいう集団的自衛権は先制攻撃だからね

11法の下の名無し2015/06/29(月) 20:08:32.80ID:7sIs/Qh4
国際法上の話と、日本の憲法学上の話に乖離があるのがややこしいわな

12法の下の名無し2015/07/12(日) 17:22:12.54ID:21zZVlgR
>4
>ただでさえ、安倍自民党との遣り取りで、専門馬鹿の集団とみなされる空気も広まってるし。
たしかに、地上波テレビはともかく、産経新聞とかは、
国益を害する学者馬鹿みたいに言いたそうだな
「憲法守って国滅ぶ」と挑発されても、如何ともしがたい

13法の下の名無し2015/07/12(日) 19:58:59.44ID:QMKnDu1c
 「憲法は國家の組織及び行動の大原則を規定せるものにして、治國の大綱は容易に之を動かすべからざるがゆゑに、
憲法の改正は容易に之を行ふべからず。
然れども曩に述べたるが如く、形式的の成文憲法中には憲法の實質を有せざる規定無きにあらず。
又實質的意義に於ける憲法と雖も、其の事の末節に關するものは時宜によりて變更することを便宜とするを以て、
憲法の改正は往々其の必要を見るものとす。

 曩に曩に述べたるが如く、國體は歴史の結晶にして、憲法の能く左右しうる所に在らず。
憲法の國體に關する規定は既定の國體を宣言せるに過ぎざるなり。
故に社會的事實として、國體の變更せざる限りは國體に關する憲法の規定は其の變更を見ることなかるべく、
若し假に之を變更したりとするも、其の變更は何等の意義をも爲さざるものと云ふべし。

 外國に於て、往々新に憲法を作り、國體を變更したるが如き事實をありと雖も、之新憲法制定前、
既に社會的の事實として國體の變更ありたるものにして、社會的既遂の事實を新憲法に於て宣言せるのみ。
新憲法によりて、新に國體を決定したるもにあらざるなり。」

 國法學第二編・憲法篇、箸C水澄博士

 倉山氏は帝國憲法の議論に際して此のC水澄博士を取上げる縡屡ありと雖も、實は倉山氏の憲法論は此のC水博士の憲法觀とは全く眞逆である。

14法の下の名無し2015/07/16(木) 12:24:19.57ID:pTmkBY0x
 「憲法は國家の組織及び行動の大原則を規定せるものにして、治國の大綱は容易に之を動かすべからざるがゆゑに、
憲法の改正は容易に之を行ふべからず。
然れども曩に述べたるが如く、形式的の成文憲法中には憲法の實質を有せざる規定無きにあらず。
又實質的意義に於ける憲法と雖も、其の事の末節に關するものは時宜によりて變更することを便宜とするを以て、
憲法の改正は往々其の必要を見るものとす。

 曩に曩に述べたるが如く、國體は歴史の結晶にして、憲法の能く左右しうる所に在らず。
憲法の國體に關する規定は既定の國體を宣言せるに過ぎざるなり。
故に社會的事實として、國體の變更せざる限りは國體に關する憲法の規定は其の變更を見ることなかるべく、
若し假に之を變更したりとするも、其の變更は何等の意義をも爲さざるものと云ふべし。

 外國に於て、往々新に憲法を作り、國體を變更したるが如き事實をありと雖も、之新憲法制定前、
既に社會的の事實として國體の變更ありたるものにして、社會的既遂の事實を新憲法に於て宣言せるのみ。
新憲法によりて、新に國體を決定したるもにあらざるなり。」

 國法學第二編・憲法篇、箸C水澄博士

 倉山氏は帝國憲法の議論に際して此のC水澄博士を取上げる縡屡ありと雖も、實は倉山氏の憲法論は此のC水博士の憲法觀とは全く眞逆である。

15法の下の名無し2015/07/22(水) 07:57:56.06ID:2aHvlHDy
倉山は、集団的自衛権を違憲にしたのは高辻正巳の判断に過ぎないから、合憲化は元に戻すだけと言っているね。

16法の下の名無し2015/07/27(月) 12:10:36.06ID:n4dZAQE0
「この憲法が嚴格に永續的に施行されてゆけば、第一に日本は完全な獨立國として再起することは出來ぬ。
根本的には米國の主權に服してゆくのと同じだからである。
一定の範圍で主權めいた行爲が見られるとしても、窮極的には米國の解釋や意志にョらざるをえなくなり、
日本は永遠に奴隸國、或は愚國、或は保護國的境遇を脱卻出來ないであらう。」
里見岸雄、『日本國憲法の批判』より

http://www.kokutaigakkai.com/wp-content/uploads/satomikisio.jpg

17法の下の名無し2015/08/01(土) 11:10:53.78ID:JrqLmymJ
経済哲学 〜初級編〜 https://youtu.be/OXr_xu0Mr3c
経済哲学 〜中級編〜 https://youtu.be/6zyzuOCAVq0
経済哲学 〜上級編〜 https://youtu.be/MefYRS01rXE

18法の下の名無し2015/08/05(水) 10:52:51.92ID:cFDJZpsF
安保条約の前文に
「両国が国際連合憲章に定める個別的又は集団的自衛の固有の権利を有していることを確認し」と
明文で書いてあり、当然国会の承認も受けている。
これまでは、ただ単に政府が自主的に自制してきただけで、そのこと自体に法的意味はない。
また、憲法98条1項は、条約を除外しており、かつ、同条2項では、条約を誠実に遵守しなけれなならないと命じている。
憲法学会の通説?では、なぜか憲法の方が条約より上という憲法の明文に反した解釈が主流だがw、
少なくとも法理論上は、アメリカとの関係では集団的自衛権が違憲となることはないし、
違憲としたら、それこそ憲法の明文に反した解釈(憲法は条約を優先しろと言っている)。

19法の下の名無し2015/08/31(月) 16:56:40.68ID:Ux+aCs8E
>>9-11
集団的自衛権が憲法違反と言っても自衛隊の合憲化で、
政府は既に解釈改憲済みじゃないか。
範囲をさらに広めるだけの話だよ。

20法の下の名無し2015/09/01(火) 19:15:49.52ID:D0DUzmpV
プロバイダへの圧力で削除されていた≪余命3年時事日記≫が復活した!
在日特権を糾弾する≪官邸メール運動 1号から25号≫を継続中!
※在日外国人への生活保護禁止、反日在日左翼、マスコミ偏向報道や
 外患誘致罪や反日帰化人、難民対策、テロ防止などに関する項目もあり

ファンによる≪官邸メール≫まとめページ  @まとまっててわかりやすいです
http://meron.vanillapafe.info/archives/category/yomei

【データベース】余命3年時事日記   @過去〜最新記事、検索にも便利
http://blog.livedoor.jp/yomei3database/

首相官邸のHPメールフォーム  @誰でも簡単に官邸メール出来る!
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

21法の下の名無し2015/09/04(金) 21:49:48.13ID:ak1xUpjr
憲法改正の真実−緊急討論−
https://youtu.be/LrWgFZtq80U

22法の下の名無し2015/09/26(土) 19:32:07.93ID:lR1qVyzD
☆占領憲法擁護のどサヨク憲法觀。

>上諭では欽定と謳ひ乍らも、前文では民定と謳つてゐるのだから、其の時點で整合性が取れてゐないのだから、

帝国憲法73条を無視するという「國體」と「帝国憲法」の関係の矛盾のほうがよりおかしい

・上諭から前文への立場の変遷は帝国憲法73条の「改正スルノ必要」が作用
・民定の導入は昭和20年勅令第542号根拠(正しくは、同勅令によって勅令化したGHQ指示)
・民定の反映は帝国憲法73条の勅命および議会の採決
・統治者による欽定から民定への移行の裁可は、GHQ指示の勅令化の肯定&裕仁の公布宣言
・改正限界は帝国憲法73条を根拠に帝国憲法に存在しない
(帝国憲法73条に基づく勅命さえあれば手続きを経ることを条件にすべて可能)
(これは統治者が改正限界を決めることが可能であることと等価であり、統治者が無限界であると判断すれば無限界である)
以上で、上諭と前文の矛盾の不存在は立証される

 ↑此の理窟を理會出來る人はゐるのだらう歟。
私には何を主張してゐるの歟すら全く理會出來ぬ。

23法の下の名無し2015/10/10(土) 14:32:28.39ID:OAekdJ8c
>上諭では欽定と謳ひ乍らも、前文では民定と謳つてゐるのだから、其の時點で整合性が取れてゐないのだから、

帝国憲法73条を無視するという「國體」と「帝国憲法」の関係の矛盾のほうがよりおかしい
・上諭から前文への立場の変遷は帝国憲法73条の「改正スルノ必要」が作用
・民定の導入は昭和20年勅令第542号根拠(正しくは、同勅令によって勅令化したGHQ指示)
・民定の反映は帝国憲法73条の勅命および議会の採決
・統治者による欽定から民定への移行の裁可は、GHQ指示の勅令化の肯定&裕仁の公布宣言
・改正限界は帝国憲法73条を根拠に帝国憲法に存在しない
(帝国憲法73条に基づく勅命さえあれば手続きを経ることを条件にすべて可能)
(これは統治者が改正限界を決めることが可能であることと等価であり、統治者が無限界であると判断すれば無限界である)
以上で、上諭と前文の矛盾の不存在は立証される

 ↑に對する莫迦サヨクの解釋↓

 上諭は改憲前を表現していて前文は改憲後の外形ですから、文の指し示す時間も焦点も違います
改憲自体が内容の変更なのだから、時間の経過や焦点を無視した同一性を確認する必要はないですよ
むしろ、上諭と前文が一致したらそのほうが矛盾ですね
そうですね、たとえるなら、未熟な青りんごと完熟リンゴ、同じ木から出来たものだったとしても時間が経過してるわけですから味が違いますよね?
なるほど、みんなが答えに困って回答しないわけです
目的の違う上諭と前文をなぜ比較する必要があるのか、その時点で疑問になるのですからねぇ
帝国憲法と国体の部分はそれより前の流れを受けたものでしょうから、まだまだ情報不足

 ↑全く意味不明。
誰か此の文章の意味をヘへて呉れ。

24法の下の名無し2015/10/31(土) 21:13:01.56ID:2vlzxeKb
占領憲法有效論
 ☆始原的(始から有效と認識)
  無限界説(百地章氏説、竹田恒泰氏説、谷田川氏、倉山滿氏、上念司氏?)
  革命有效説(八月革命説)
  承詔必謹説(保守の一部にあり)
  條約優位説
  正當説
 ☆後發的(始原的には無效たるを認識)
  追認(法定追認)有效説・瑕疵の治癒説(保守の一部にあり)
  時效有效説(八木秀次氏説)
  既成事實有效説(保守の一部にあり)
  定着有效説(保守の一部にあり)
占領憲法無效論
  舊無效説(小山常實氏説?・キて無效)
  失效説(菅原裕氏説・獨立時にキて失效)
  新無效説(南出喜久治氏説・媾和條約の限度にて占領憲法の效力を容認)

 憲法の效力論の立場とは之程數多存在する訣だが、有效論を唱へる側も己が何の論の孰の説に依據するや否やを明確にせねば固より議論にならぬ。
基本的に始原的と後發的との雙方に立場が跨がる縡は前提となる效力の考へ方が異なるがゆゑに論理として有得ぬ。

25法の下の名無し2015/11/22(日) 22:38:43.25ID:Oc/kuCDb
>>9
>国際法上は日本の米軍基地提供も集団的自衛権であることは間違いない

米側から見ればそうだろうが、
日本側には米国の受けた利益侵害に対して何らの軍事的義務を負うとする規定はない、片務条約だから集団的自衛権と呼ぶ余地はない、と思う。

26法の下の名無し2015/11/22(日) 22:45:21.80ID:Oc/kuCDb
>>12
憲法守って国滅ぶ、
ってのは
民法出でて国(忠孝)滅ぶ、の焼き直しという時点でネトウヨ用語でしかない。

とはいえ、研究者、法曹が、法解釈はプロのもの、素人は知る必要すらなしとか嘯き、分かりやすく法を説けず、
怪しげな団体の犬が在野研究者を潜称して、トンデモ法解釈を広げつつある、という現状を座視できない。

27法の下の名無し2016/02/06(土) 08:07:33.97ID:ksga/63W
間違わないように。たとえ平和憲法であっても、国民の生まれながらの
自然権である自衛権のためならば先制攻撃や核攻撃を行う権利が
あるということが国際法。日本での自衛権についての解釈の仕方が
間違っている。

たとえば北朝鮮テロリスト国家、あるいは恐怖を煽る近年の中国。
"Combat Terror"生命権・自由権・財産権等の
国民の基本的人権を危うくされる恐怖との戦い、というだけで
自衛権は世界的に成立している。
natural right:
The right to feel safe, therefore the right to protect ourselves and our
- John Locke

現在の国際法は日本国憲法第9条と完全に一致している。
1928年パリ不戦条約以後、国際法は国権としての戦争を
放棄したので、自衛戦争の敵は北朝鮮国や領土侵害の中国
であっても国ではなく国民の人権を脅かすテロリストだとみなされる。

国ではないテロリストを相手に宣戦布告の必要は無いから
先制攻撃はかまわない、核兵器も使用出来るというのが現在の
国際法になる。

米国ブッシュ大統領は、テロリストとの戦いでレーダー基地に対する
夜間先制攻撃を行い、小型核爆弾を大量に使用していた。

この逆から考えるように。もしも日本国が改憲を行って国内合法的に
戦争を行うぞという国になると、それはテロリストだ。

28法の下の名無し2016/02/06(土) 11:03:15.61ID:1P52xFf3
占領憲法有效論
 ☆始原的(始から有效と認識)
  無限界説(百地章氏説、竹田恒泰氏説、谷田川氏、倉山滿氏、上念司氏?)
  革命有效説(八月革命説)
  承詔必謹説(保守の一部にあり)
  條約優位説
  正當説
 ☆後發的(始原的には無效たるを認識)
  追認(法定追認)有效説・瑕疵の治癒説(保守の一部にあり)
  時效有效説(八木秀次氏説)
  既成事實有效説(保守の一部にあり)
  定着有效説(保守の一部にあり)
占領憲法無效論
  舊無效説(小山常實氏説?・キて無效)
  失效説(菅原裕氏説・獨立時にキて失效)
  新無效説(南出喜久治氏説・媾和條約の限度にて占領憲法の效力を容認)

 憲法の效力論の立場とは之程數多存在する訣だが、有效論を唱へる側も己が何の論の孰の説に依據するや否やを明確にせねば固より議論にならぬ。
基本的に始原的と後發的との雙方に立場が跨がる縡は前提となる效力の考へ方が異なるがゆゑに論理として有得ぬ。

29法の下の名無し2016/02/06(土) 17:46:30.76ID:GZJfcUiO
>>18
 憲法より条約を優先させたら改憲手続き抜き、更に言えば衆議院多数派だけで改憲可能になるが。
倉山は明治憲法についてプロシャよりイギリスの影響が強いとか、衆議院の予算先議権をやたら重視しているが、予算不成立時の前年度予算踏襲の効果のほうが衆議院の地位向上に資したと思う。倉山はなぜか書いてなかった。

30法の下の名無し2016/02/14(日) 12:44:14.12ID:/Lbc0+3B
 倉山は國民主權主義者なので評價せず。

31法の下の名無し2016/03/04(金) 16:49:55.39ID:+o7TMw/a
>1
東大憲法学が天皇主権という帝国憲法に明記されていない概念をでっちあげて、
実際は慣習法であったはずの、決定権が行使しえない、天皇への拘束にふれようと
しないから、倉山先生からすれば当然の批判なんだよ
常識で考えても、天皇が政策決定でアドバイスしかできないのは当然なのに、
未だに天皇の戦争責任とか、くだらぬ逆恨みをする戦後左翼が、占領軍のWGIPに
はまったままなのを座視するのは、愛国心にもとる行為だ

32法の下の名無し2016/03/07(月) 17:04:51.11ID:XKrrVwsQ
>>30
倉山は美濃部や佐々木の学統を継ぐ立場を自称していて、
国家主権論者です、あしからず。

33法の下の名無し2016/03/09(水) 19:21:44.40ID:ReQ5ljc8
>>32
 で、あるならば、改正論や自主憲法制定論に與する筈は無い。

34法の下の名無し2016/03/20(日) 23:29:31.28ID:/xqzicYT
>>24,28の占領憲法無効論終了のお知らせ
ttp://echo.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1454166905/279-282
めでたしめでたし

35法の下の名無し2016/03/28(月) 02:02:15.50ID:CF43LJmD
戦前の本や論文を読んでようが、裁判所で採用される気のない説で
しかも現行の法令に通じていない人の憲法に関するご高説なんて無意味。

36法の下の名無し2016/03/28(月) 19:13:36.69ID:wL37k5c8
>>35
 裁判所も必ずしも法理に副つた判決を下すとは限らぬ。
所詮は人のやる縡だ。

37法の下の名無し2016/03/30(水) 23:15:22.62ID:Jo0ub5Xr
みんなで医療大麻を解禁しよう!!
芸能人はみんなやっている!んなら俺たちも!!っていう企画です。
【衝撃】安倍昭恵夫人が大麻栽培で町おこしの真相とは?
http://youtu.be/f78yFXlW9Zk

38法の下の名無し2016/04/01(金) 19:24:10.15ID:nbwJvGIW
>>35
 占領憲法は國會を國權の最高機關(第四十一條)とし、議院内閣制を採用してゐる縡から、占領憲法と占領典範とが正統性などを缺くものたる縡を之等の國家機關が宣言すれば事足りる。
他の國家機關が行ふよりも國權の最高機關であると自畫自贊してゐる國會が之を行ふ縡のはうが、政治的には望ましい。
 此の宣言は無效たる者を無效なりとする意志のの表明であつて、新たに無效化する縡(改めて廢止。失效させる縡)では無い。
此の決議の法的性質は新たに法律關係亦は法律状態を變化させ、規範を創設、廢止、改正したりする
「法律行爲(立法行爲)」としての「創設的決議」では無く、之迄の法律關係亦は法律状態に何等の變化が無かつたといふ「事實」を確認する丈の「確認的決議」であつて、
單なる事實行爲に過ぎぬ。
然ればこそ、無效確認宣言は首相の宣言のみでも事足るのである。
唯の「事実確認行爲」に他ならぬから。

39法の下の名無し2016/04/02(土) 15:45:48.92ID:xc/Vu4J/
>>33
佐々木説だと憲法改正は無限界の立場だから、
倉山先生が国家主権の立場から、明治憲法をモデルとした
全面的憲法改正論を唱えても、不思議はない。

40法の下の名無し2016/04/02(土) 18:34:50.38ID:KDrOivki
>>39
 憲法改正とは統治權の作用に因る行爲であつて、國家主權の作用に因る者では無い。
國家主權とは確たる統治權ある國家の有つ外からの容喙や掣肘、干渉せられ可からざる最高獨立性を意味する概念なれば、
主權と統治權と同じ權力を形容する概念なれども、權力を捉へる射程に因つて、意味も違へば、言方も異なる。

41法の下の名無し2016/04/06(水) 16:34:42.03ID:3vXnAp8f
>>40
それは国家主権の意味の一つにすぎない。
本来は、君主主権と国民主権との対立の構図を
乗り越えるために生まれたもの。日本では、
天皇が統治権を憲法上、通常は行使しえず、
また政治的にも行使は好ましくないため、
国民が佐々木説に従って、最終決定を
下して差支えはない。

42法の下の名無し2016/04/07(木) 06:48:41.16ID:i7LPgXdv
>>41
> 本来は、君主主権と国民主権との対立の構図を乗り越えるために生まれたもの。

 其は誤である。
固より「主權」とは佛蘭西語「スーヴラン(Souverainete)因り出でたる語にて、本來は「最高獨立」を意味する。
其を統治權と混同させしはジヤン・ボダンであり、其の論法は統治權に最高獨立の概念を加味させむが爲にあり、
本來と主權と統治權とは別概念である。

曰く。

美濃部達吉博士著「國法學」、第二章統治權、第三節主權、第一款主權の沿革、八十二丁に曰く、

 「君主主權説及び國民主權説(ジャン・ボーダン及びルソーの如き)が政治歴史の實際に及したる影響の大なることは右述ぶるが如し。
主權の觀念の沿革を論ずるに於ては、此の歴史上の事實(佛蘭西革命)を度外にすることを得ず。
然れども主權といふ語は、其の本來の意義に於ては、國家の權力が國家以外の他の權力に依りて、
制抑せられざるの性質を言ひ表すが爲に用ゐられたるなり。
即ち國家の權力其の物に屬する一の屬性なり。
君主主權説といひ又は國民主權説といふは、之に反して國家内に於て何人か最の權力を有す可きかの問題なり。
一は國家の權力の性質の問題にして、一は國家内に於ける權力の所在の問題なり。
二者は全く關係無き別個の問題たり。
不幸にしてボーダンは、此の二の問題を混同し、而して此の混同は、第十七世紀及び第十八世紀を通して行はれ、
其の混同の儘に於て歴史上偉大の影響を及すに至りたるなり。(畧)
君主主權説といひ、國民主權説といふは、政治上の主義の問題にして、主權の本來の觀念とは何等の關係無き別問題なり。
政治上の主義としても、君主主權又は國民主權は何れも必ずしも絶對の眞理に非ず、各國特殊の歴史と國民の政治事情とに依りて決す可き問題なり。
其の本來の觀念に於ては、主權とは國家の權力の屬性たるに外ならざることを明かにすることを得たるなり。」

43法の下の名無し2016/04/08(金) 09:32:47.30ID:bGWMdkjF
憲法学者は、憲法学者業界という業界の中でしか議論しません。
法律学者でない人間が何を言おうと無視ですし、
仮に法律学者であっても、民法学者や刑法学者が憲法について何か言っても無視します。
学者とは、それぞれの専門分野の蛸壺の中でしか活動しません。 

44法の下の名無し2016/04/08(金) 11:24:52.06ID:85ZmEaWk
>>41
それは美濃部博士がある意味勝手に解釈したものにすぎない。
現実に一貫して機能していたのは、君主主権と国家主権との相克を
乗り越えるために用いられた「国家主権」。
戦後の我々が美濃部学説に拘束される必要はない。

45法の下の名無し2016/04/08(金) 21:34:13.08ID:G+nVm7N4
>>44
 原義に從はず、勝手に意味を附加して自分逹のキ合の宜いやうに詞を亂用するな。
國法學にしろ憲法學にしろ、固より論理學である以上、詞の定義を好い加減に扱つてはならぬ。

46法の下の名無し2016/04/09(土) 20:33:17.31ID:pZI+40Rc
SEALDSのUCDくんが上念司を完全論破。「彼は立憲主義を理解できていないことがはっきりした」
http://togetter.com/li/957120

47法の下の名無し2016/04/09(土) 22:25:25.49ID:ufSPreDV
とりあえず、森君はゲイってカムアしてからメディアに出ようよwww

48法の下の名無し2016/04/10(日) 10:29:03.73ID:u94E5DmJ
南出喜久治先生を囲む座談会「『占領憲法』の根本問題」(和歌山憲法研究会特別企画)
https://www.youtube.com/watch?v=YF-ip9234dw

49法の下の名無し2016/04/11(月) 17:20:13.64ID:0UFq26w9
>>45
原義が従わないのなら、「自由」のような翻訳語だって使えなくなる。
主権概念は世界でも日本でも、改憲派だろうが何だろうが根付いている。
そのような寝言を言ってるから、世間から相手にされない。
>>31のように、占領軍のWGIPの後遺症と戦い、
昭和天皇には何の責任もないのに、道義的責任を自ら負われたのを無視して、
天皇が最高権力者であったような史実のでっち上げを指弾する努力こそ、
払われるべきだ。

50法の下の名無し2016/04/12(火) 01:19:10.70ID:hruoHppt
>>49
 御前さんが云つてゐるのは曲學阿世を是としてゐる丈だ。
倉山と同じでね。

51法の下の名無し2016/04/12(火) 16:20:15.93ID:sSvMrKTO
>>4
実際、自衛隊が違憲とか現実無視言ってる手合いが
多いのだから仕方がない。
憲法とは慣習法も含むし、昭和天皇も慣習法によって
規制されていたから、最高権力者であったかのような
嘘っぱちを戦後左翼が占領軍に迎合しつつ広めた。
倉山氏が論証している。

52法の下の名無し2016/04/17(日) 23:36:02.47ID:rjhAwe7T
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160115/dm...

大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁は9日、横浜市のパシフィコ横浜で、約5000人の聴衆を前に『正義の法』講義を講演した。

大川総裁は今年は「革命の年」として世界中に「あっと驚くような事態」が起こると前置きし、

「日本の羅針盤」「世界の北極星」になる願いで『正義の法』が書かれたとした。

 また、年明けから続く北朝鮮の水爆実験、南シナ海での覇権を目指す中国の動き、イスラム社会の対立など懸念材料に言及。

米オバマ大統領の任期切れが迫り死に体化する中、「新しい時代には新しい入れ物が必要」として

自衛のための軍事行動も視野に入れた憲法改正など、日本が主体的に危機打開に向け、一歩踏み出すことを提言した。

大川総裁の言葉は、割れんばかりの拍手で迎えられ、その模様は全国で同時中継された。

53法の下の名無し2016/04/25(月) 00:27:19.51ID:4hE7ihxE
伊藤博文・帝國憲法皇室典範義解
http://ja.scribd.com/doc/147955057/
金子堅太郎伯爵・憲法制定と歐米人の評論
http://ja.scribd.com/doc/145646910/
紀平正美・國體と帝國憲法
http://ja.scribd.com/doc/147955062/
市村光惠・憲法要論
http://ja.scribd.com/doc/142920968/
市村光惠・帝國憲法論
http://ja.scribd.com/doc/128768522/
清水澄法學博士・逐條帝國憲法講義
http://ja.scribd.com/doc/121423892/
清水澄法學博士・帝國憲法大意
http://ja.scribd.com/doc/128768394/
清水澄博士・憲法
http://ja.scribd.com/doc/99441257/
磯部四郎・大日本帝國憲法註釋
http://ja.scribd.com/doc/128768477/
美濃部達吉博士・國法學
http://ja.scribd.com/doc/99441775/

小早川欣吾・明治法制史論(公法の部・上卷)
http://ja.scribd.com/doc/112688076/
小早川欣吾・明治法制史論(公法の部・下卷)
http://ja.scribd.com/doc/112690719/
藤井甚太カ・日本憲法制定史
http://ja.scribd.com/doc/123875507/

之等を讀むと占領憲法を前提とした憲法學が如何に論理破綻を起してゐるかゞ能く判る。
而して戰後の日本人の智的劣化が如何に激しいかも能く判る。

54法の下の名無し2016/04/29(金) 09:24:51.69ID:yJZF9W+a
ガイジと糖質がバトルしてる見せ物スレはここですか

55法の下の名無し2016/04/30(土) 14:26:27.42ID:jIXvNTIF
>>54
 違ひます(嗤)。

56法の下の名無し2016/05/17(火) 18:20:59.05ID:2JWyJRaI
倉山の理屈とか、
古田武彦の古代史と同じ

57法の下の名無し2016/06/04(土) 10:52:33.13ID:6TP6s/t9
さくらじ#84 谷田川惣が解く、伝統と憲法
https://youtu.be/N-YLlFMc6RI?t=22m10s

谷田川「美濃部も天皇主權なんです。大本はね。」

美濃部達吉博士著「國法學」、第二章統治權、第三節主權、第一款主權の沿革、八十二丁に曰く、

 「君主主權説及び國民主權説(ジャン・ボーダン及びルソーの如き)が政治歴史の實際に及したる影響の大なることは右述ぶるが如し。
主權の觀念の沿革を論ずるに於ては、此の歴史上の事實(佛蘭西革命)を度外にすることを得ず。
然れども主權といふ語は、其の本來の意義に於ては、國家の權力が國家以外の他の權力に依りて、
制抑せられざるの性質を言ひ表すが爲に用ゐられたるなり。
即ち國家の權力其の物に屬する一の屬性なり。
君主主權説といひ又は國民主權説といふは、之に反して國家内に於て何人か最の權力を有す可きかの問題なり。
一は國家の權力の性質の問題にして、一は國家内に於ける權力の所在の問題なり。
二者は全く關係無き別個の問題たり。
不幸にしてボーダンは、此の二の問題を混同し、而して此の混同は、第十七世紀及び第十八世紀を通して行はれ、
其の混同の儘に於て歴史上偉大の影響を及すに至りたるなり。(畧)
君主主權説といひ、國民主權説といふは、政治上の主義の問題にして、主權の本來の觀念とは何等の關係無き別問題なり。
政治上の主義としても、君主主權又は國民主權は何れも必ずしも絶對の眞理に非ず、各國特殊の歴史と國民の政治事情とに依りて決す可き問題なり。
其の本來の觀念に於ては、主權とは國家の權力の屬性たるに外ならざることを明かにすることを得たるなり。」

*谷田川は美濃部の著書すら眞面に讀んではゐない。

58法の下の名無し2016/06/05(日) 18:40:36.00ID:zHO0jEfP
美濃部は天皇主権論者だよ。
帝国憲法下では天皇が制憲権を有していた、という説を唱えていた。

59法の下の名無し2016/06/05(日) 18:54:38.77ID:zHO0jEfP
美濃部の説は
「統治権はいずれの国も国家にあり。最高権力は天皇にあり(天皇主権)。」
だよ。
これが天皇機関説の正体。 

60法の下の名無し2016/06/05(日) 19:22:05.80ID:AwWUnUPb
>>59
 全く違ふが(嗤)。

61法の下の名無し2016/06/05(日) 19:57:33.05ID:zHO0jEfP
南出のトンデモ主張だけでなく、美濃部本人の本も読もうな。

62法の下の名無し2016/06/05(日) 20:13:58.40ID:zHO0jEfP
美濃部は主権という言葉の多義性に注目し、
その意味を丁寧に分解していた。

美濃部によると、あるときは、
主権は、統治権の意味で使われる。
美濃部は「この意味の主権は、国家にある」としていた。
この主権の所在は、どこの機関の権限で懲罰や課税を行うのかにつながる。

またあるときは、対外主権を表すときに使う。
これは、国家主権と言ったときに使われる言葉です。

またあるときには、国内の最高機関がどこかを指すのに用いられる。
国民主権、天皇主権、議会主権などはこれの意味。

他にも、国家の意志力そのものを指す言葉としても上げていた。
これは国権と同義です。

美濃部の説では、いずれの国も統治権は国家にあるものであり、
日本の場合、国権を決める機関が天皇である。
この意見では、政府の予算編成は天皇の統治権ではなく国家の統治権の行使の結果なわけです。
これが天皇機関説の正体なわけ。

63法の下の名無し2016/06/06(月) 06:37:51.24ID:pEX0VbPN
>>61
美濃部達吉博士著「國法學」、第二章統治權、第三節主權、第一款主權の沿革、八十二丁に曰く、

 「君主主權説及び國民主權説(ジャン・ボーダン及びルソーの如き)が政治歴史の實際に及したる影響の大なることは右述ぶるが如し。
主權の觀念の沿革を論ずるに於ては、此の歴史上の事實(佛蘭西革命)を度外にすることを得ず。
然れども主權といふ語は、其の本來の意義に於ては、國家の權力が國家以外の他の權力に依りて、
制抑せられざるの性質を言ひ表すが爲に用ゐられたるなり。
即ち國家の權力其の物に屬する一の屬性なり。
君主主權説といひ又は國民主權説といふは、之に反して國家内に於て何人か最の權力を有す可きかの問題なり。
一は國家の權力の性質の問題にして、一は國家内に於ける權力の所在の問題なり。
二者は全く關係無き別個の問題たり。
不幸にしてボーダンは、此の二の問題を混同し、而して此の混同は、第十七世紀及び第十八世紀を通して行はれ、
其の混同の儘に於て歴史上偉大の影響を及すに至りたるなり。(畧)
君主主權説といひ、國民主權説といふは、政治上の主義の問題にして、主權の本來の觀念とは何等の關係無き別問題なり。
政治上の主義としても、君主主權又は國民主權は何れも必ずしも絶對の眞理に非ず、各國特殊の歴史と國民の政治事情とに依りて決す可き問題なり。
其の本來の觀念に於ては、主權とは國家の權力の屬性たるに外ならざることを明かにすることを得たるなり。」

で、何處に「最高権力は天皇にあり(天皇主権)。」と書かれてゐるのかね(嗤)。

64法の下の名無し2016/06/11(土) 16:23:41.96ID:2PTmj79i
>>62
> またあるときには、国内の最高機関がどこかを指すのに用いられる。
> 国民主権、天皇主権、議会主権などはこれの意味。

 議會主義とはさう云ふ意味では無い。

65法の下の名無し2016/06/21(火) 00:27:54.77ID:xjqqy7a3
これ面白かった

66法の下の名無し2016/06/27(月) 22:31:07.80ID:VZUDV+m/
小林節 慶応大学名誉教授、長谷部恭男 早稲田大学法学学術院教授 「憲法と安保法制」@ 2015.6.15
https://www.youtube.com/watch?v=PtXwyXTW12s

 小林某曰く「憲法とは私達主權者國民が權力擔當者に課した制約」。

 明かに論理的に矛楯してゐる。
何となれば、抑「權力」とはそも何ぞや。
權力とは他に對して絶對的強制力を有ち、他に命令して服從させ、他より抑壓されぬ生殺與奪の權を謂ふ。
然らずば、そも如上の如き「權力擔當者に課した制約」と云ふ論理は生まれ得ぬ。
然れども斯有る權力に對して他より制約を課されし時點に於て、其の權力は則ち權力に非ず、
權力に制約を課せし「私達主權者國民」こそ權力者以上の權力を保有せる縡となり、論理的に自家撞着を來す縡となるからである。
 では憲法と權力との關係を如何に説明す可き歟。
 「憲法とは權力(統治權)の作用に或一定の形式を定めし者」と解釋せば、何も論理的矛盾は生じぬのである。
憲法學に斯有る階級鬪爭史觀と云ふ思想を紛れ込ませるから、しか論理が矛楯し、且つ意味不明な者となる。
 憲法學は實定法の内面を論ずる學問であり、國法學の如く實定法を外貌と内面と雙方から論ずる縡が出來無い。
肆に國法其の者の當否も枠の狭い憲法學では當然論ずる視野を有たないのである。
何となれば憲法學は實定法の效力が有效を前提とした學問だからである。

67法の下の名無し2016/07/03(日) 17:23:59.82ID:AwRkojol
―― 其は法的規律ばかりではなく、文法のやうな他の社會的規律にも適用せらるべき原則であつて、
例へば文法に就いて云つても、現に多數の人が實際に慣用してをる所が必ずしも常に正しい文法では無く、
時としては實際の慣行が甚だしく紊れて、正しい文法の内容が社會の多數の人々の意識する所となつてをらぬ縡が有得る。
日本の現在に於ける「かなづかひ」などは其の一例として擧げる縡が出來るものである。
併し假令實際には正しい「かなづかひ」が寧ろ少數の有識者に依つてのみ知られてをるに過ぎないとしても、
猶一般の社會意識に於て、權威ある國語國文の學者に依つて、歴史的に古くから用ゐられ來り、
現に猶用ゐられつゝあるものが正しい語法であり、文法であると云ふ縡が認められてをり、
此の一般的の承認に本づいて、個々のかなづかひ其の他文法の内容に就いては社會多數人の意識する所では無いにしても、
猶其が正しい文法として妥當するのである。――

68法の下の名無し2016/09/16(金) 09:20:52.72ID:ZvJHiFMM
ラウエル文書を手に入れた高柳賢三は渡米して実際にラウエルに会い細かい話を聞き取った
その結果

鈴木安蔵から参考にしたのは「10年間改憲禁止」だけだが、それすらGHQ憲法草案には入れてない


「1945 年 12 月中頃,民間のインデペンデント プライベイト グループ〔independent private group〕によって考えられた憲法改正案が総司令部に出されたが,
その中に,ニュー コンスチチューション マスト ビー イナクテッド イン テン イヤーズ〔New Constitution must be enacted in ten years.〕という一項があった。
この一項からヒントを得て,我々は 10 年後に憲法を改正するためコンスチチューショナル コンべンション〔Constitutional Convention〕を招集するという規定を考えた。
この規定が,どの段階で入らないことになったのかはっきりおぼえていない。
いずれにせよ,日本に渡した草案にはこの規定は入れられなかった。それは,リオリエンテーションに書いてある,憲法改正に関するサブ コミッチーの出した10年間改正を発案する権利を制限しようという案についてと同様に,国民の自由なる意見を拘束するような規定を置くべきではないという考えによるものであった」
内閣法制局憲法資料調査室所蔵
憲法調査会資料 228 海外調査T 日本国憲法の制定経過についての海外調査の結果の概要
P.270〜271


これがお前らが騙されてきたデマの真実

69法の下の名無し2016/09/17(土) 15:37:06.29ID:5mNvXToT
講談社学術文庫 江藤 淳【編】
占領史録〈上〉―降伏文書調印経緯・停戦と外交権停止
目次
第1部 降伏文書調印経緯(マニラ会談;厚木、横浜進駐;降伏調印;占領初期の改革)
第2部 停戦と外交権停止(停戦と武装解除;満洲と朝鮮;中国大陸の終戦;インドシナ半島の終戦;外交権の停止)

占領史録〈下〉―憲法制定経過・日本本土進駐
目次
第1部 憲法制定経過(外務省周辺の憲法論議;近衛グループと松本委員会;「マッカーサー草案」の提示;「新憲法」誕生へ)
第2部 日本本土進駐(終連と占領軍;関東進駐;東北・北海道進駐;中部・近畿進駐;中国・四国進駐;九州進駐)

 之を見ても猶占領憲法が有效等と云つてゐる輩は明かに暴力容認主義者である。

70法律家2016/09/25(日) 01:58:43.54ID:t44ftw6D
>>58
>>62
美濃部は、最高決定権の所在という意味の「主権」は政治的理念に過ぎないと言ってるから、
本音では天皇主権論者ではなく、主権は天皇ではなく国家のみにあると考えていたと思われる

71法の下の名無し2016/10/05(水) 06:53:49.99ID:u7u//Ank

美濃部達吉博士著「國法學」、第二章統治權、第三節主權、第一款主權の沿革、八十二丁に曰く、

 「君主主權説及び國民主權説(ジャン・ボーダン及びルソーの如き)が政治歴史の實際に及したる影響の大なることは右述ぶるが如し。
主權の觀念の沿革を論ずるに於ては、此の歴史上の事實(佛蘭西革命)を度外にすることを得ず。
然れども主權といふ語は、其の本來の意義に於ては、國家の權力が國家以外の他の權力に依りて、
制抑せられざるの性質を言ひ表すが爲に用ゐられたるなり。
即ち國家の權力其の物に屬する一の屬性なり。
君主主權説といひ又は國民主權説といふは、之に反して國家内に於て何人か最の權力を有す可きかの問題なり。
一は國家の權力の性質の問題にして、一は國家内に於ける權力の所在の問題なり。
二者は全く關係無き別個の問題たり。
不幸にしてボーダンは、此の二の問題を混同し、而して此の混同は、第十七世紀及び第十八世紀を通して行はれ、
其の混同の儘に於て歴史上偉大の影響を及すに至りたるなり。(畧)
君主主權説といひ、國民主權説といふは、政治上の主義の問題にして、主權の本來の觀念とは何等の關係無き別問題なり。
政治上の主義としても、君主主權又は國民主權は何れも必ずしも絶對の眞理に非ず、各國特殊の歴史と國民の政治事情とに依りて決す可き問題なり。
其の本來の觀念に於ては、主權とは國家の權力の屬性たるに外ならざることを明かにすることを得たるなり。」

72法の下の名無し2016/10/05(水) 10:30:04.31ID:NC3GnkPo

73法の下の名無し2016/11/26(土) 00:16:48.03ID:/Vyzckbp
後半 自由討議【衆議院 国会中継】〜平成28年11月24日 憲法審査会〜
https://www.youtube.com/watch?v=wdFIPkFV-Gs

 之が我々有權者が選んだ政治家の皮相淺薄な憲法觀(嗤)。
小中學校の公民レベルから何一進歩無し。

74法の下の名無し2016/12/01(木) 22:23:16.79ID:Q3u1JcCs
 護憲派も改正派も自主憲法制定派も占領憲法を推定有效を前提として議論してゐる時點で、本當の意味での護憲や恪遵の意識なんて者は端から無い。
占領憲法を有效を前提としてゐる時點で理法に悖戻してゐると云ふ可きである。

75法の下の名無し2016/12/02(金) 11:26:39.39ID:XoDREqTP

76法の下の名無し2016/12/02(金) 11:40:47.45ID:XoDREqTP

77法の下の名無し2016/12/04(日) 21:29:38.16ID:KP8EPf11
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
まともな業者で20%、悪質な業者では40〜50%も請負先から請負元を通じて、本人には渡っていないという。
同条件で直接雇われるより、良心的なところで20%抜かれ、悪質なところで40〜50%抜かれるということである。

派遣業者は労働者を派遣スタッフという名で登録させ、派遣元に彼らを送り込む仕事をしている。
単なる、人の斡旋だけである。
そのスタッフの能力を評価する実力もないし、教育する力もない。管理することも出来ない。
会社の体をなしていない。まさに現在の口入れ屋に過ぎない。
派遣会社に雇用されているならば、保険に加入しているはずだが、派遣される時にしか加入しないのは、雇用状態とは言えないのではないか。
普通言われる正社員のような権利が殆ど無いではないか、雇用状態ではない。
ましてや、派遣業は誰でも起業できる。派遣先の専門的な知識無くして。コンピューターでスタッフ管理するだけである。
それで、派遣業の経営者は人のふんどしで、人の上前をはねて、丸儲けだ。
グッドウイル会長は人にピンハネをしたお金で高級マンション高級外車に乗る。
規制緩和の利益は、政治献金という形で還元される。
規制緩和が生む、新たな政官業の癒着構造だ。

派遣事業法は86年中曽根内閣の時、ITなど専門業種13種に導入された。
99年小渕内閣の時、業種が拡大され、04年小泉内閣の時、製造業が解禁された。

中間搾取、こういう阿漕な商売を認めたのだろう。
経営者にとって、極めて都合がよい。経営がうまくいかなければ派遣に返ればいい。それより、恒常的に楽に経営しようと思えば、できるだけ派遣に置き換えれば良い。
政府は完全に経営者の立場に立ち、労働者を食い物にした。
派遣会社はその労働者を食い物にした。
結局、規制緩和は弱者の労働を、強者の富に置き換える操作だったのである。

正社員編みの待遇を派遣先に義務づけ、かつ
手数料(中抜き)は不動産紹介並みの5%という上限を定めるか、
さもなくば、現代の口入れ屋は即刻、廃止すべきだ
★★★★政治家・マスゴミ・が隠す日本の真実!★★★★
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.youtube.com/watch?v=D6YjUs6fZ6c

78法の下の名無し2016/12/06(火) 18:08:22.28ID:tA6RcbnN
本屋で見つけた『国際法で読み解く世界史の真実』
面白く読ませてもらってます。なかなか読みやすいし。

79犬丸 ◆MRCYWQz4rc 2016/12/06(火) 18:13:37.30ID:JBt/DGmR
憲法における天皇の扱いに関することを論じた本は
どんな本をよめばいいのでしょうか?

80法の下の名無し2017/01/08(日) 22:30:54.50ID:owTizlx8
>>70
美濃部は(君主主権や国民主権の)主権、制憲権を
単に政治上の概念ではなく法学上の概念と捉えていた。
だからこそ、帝国憲法と日本国憲法の変更時に
根本から違う国ができたという主張を、
「新憲法概論」で唱えたのだろう。

81法の下の名無し2017/01/09(月) 00:32:56.03ID:3ywZOCC+
>>80
美濃部達吉博士著「國法學」、第二章統治權、第三節主權、第一款主權の沿革、八十二丁に曰く、

 「君主主權説及び國民主權説(ジャン・ボーダン及びルソーの如き)が政治歴史の實際に及したる影響の大なることは右述ぶるが如し。
主權の觀念の沿革を論ずるに於ては、此の歴史上の事實(佛蘭西革命)を度外にすることを得ず。
然れども主權といふ語は、其の本來の意義に於ては、國家の權力が國家以外の他の權力に依りて、
制抑せられざるの性質を言ひ表すが爲に用ゐられたるなり。
即ち國家の權力其の物に屬する一の屬性なり。
君主主權説といひ又は國民主權説といふは、之に反して國家内に於て何人か最の權力を有す可きかの問題なり。
一は國家の權力の性質の問題にして、一は國家内に於ける權力の所在の問題なり。
二者は全く關係無き別個の問題たり。
不幸にしてボーダンは、此の二の問題を混同し、而して此の混同は、第十七世紀及び第十八世紀を通して行はれ、
其の混同の儘に於て歴史上偉大の影響を及すに至りたるなり。(畧)
君主主權説といひ、國民主權説といふは、政治上の主義の問題にして、主權の本來の觀念とは何等の關係無き別問題なり。
政治上の主義としても、君主主權又は國民主權は何れも必ずしも絶對の眞理に非ず、
各國特殊の歴史と國民の政治事情とに依りて決す可き問題なり。
其の本來の觀念に於ては、主權とは國家の權力の屬性たるに外ならざることを明かにすることを得たるなり。」

82長木よしあきの告発2017/01/09(月) 16:39:36.91ID:/y5eTfkA
秋葉原通り魔事件で逮捕された加藤智大氏は、明らかに冤罪

http://youtu.be/gj0X2qLNbUg

83法の下の名無し2017/01/12(木) 20:23:42.53ID:0dtcmCzU
>>81
全く反論になっていない。
「美濃部は主権(制憲権・国家の最終意思決定機関)を法学上の観念と考えていなかった」とする
論拠になりえない。

というか、「法の本質」だったか美濃部の著作で、主権の多義性に触れている部分があり、
そこでは、制憲権や国家の最終意思決定機関の意味の主権が
法学上の概念として列挙されていたと思うのだが。

84法の下の名無し2017/01/13(金) 00:37:55.22ID:Kej/gO5E
>>83
 美濃部博士は抑何々主權の概念自體を否定してゐる訣だが(嗤)。

85法の下の名無し2017/01/15(日) 14:35:16.61ID:bNlZClqz
>>84
あいかわらず読解力が皆無だな。

86法の下の名無し2017/01/15(日) 16:34:35.28ID:1abROEEU
>>85
「然れども主權といふ語は、其の本來の意義に於ては、國家の權力が國家以外の他の權力に依りて、
制抑せられざるの性質を言ひ表すが爲に用ゐられたるなり。
即ち國家の權力其の物に屬する一の屬性なり。
君主主權説といひ又は國民主權説といふは、之に反して國家内に於て何人か最の權力を有す可きかの問題なり。
一は國家の權力の性質の問題にして、一は國家内に於ける權力の所在の問題なり。
二者は全く關係無き別個の問題たり。
(畧)
君主主權説といひ又は國民主權説といふは、之に反して國家内に於て何人か最の權力を有す可きかの問題なり。
一は國家の權力の性質の問題にして、一は國家内に於ける權力の所在の問題なり。
二者は全く關係無き別個の問題たり。
不幸にしてボーダンは、此の二の問題を混同し、而して此の混同は、第十七世紀及び第十八世紀を通して行はれ、
其の混同の儘に於て歴史上偉大の影響を及すに至りたるなり。(畧)
君主主權説といひ、國民主權説といふは、政治上の主義の問題にして、主權の本來の觀念とは何等の關係無き別問題なり。
政治上の主義としても、君主主權又は國民主權は何れも必ずしも絶對の眞理に非ず、
各國特殊の歴史と國民の政治事情とに依りて決す可き問題なり。
其の本來の觀念に於ては、主權とは國家の權力の屬性たるに外ならざることを明かにすることを得たるなり。」

↑之を熟く読め。

87法の下の名無し2017/01/22(日) 00:19:41.46ID:6pKq2guY
美濃部達吉,『日本国法学』第一編総論 第一章 国法学ノ基礎観念 第五節 国家ノ機関 pp.104-117
を読むと、
最高機関の存在を法的に考えていたことが分かり、なおかつ、
日本においてその最高機関が天皇であるとしているのが分かる。

88法の下の名無し2017/01/22(日) 11:31:33.13ID:6pKq2guY
美濃部が大日本帝国憲法を天皇主権の憲法と考えていた。
そのことが分かる。

89法の下の名無し2017/01/22(日) 11:34:28.54ID:8385p/aV
>>88
「然れども主權といふ語は、其の本來の意義に於ては、國家の權力が國家以外の他の權力に依りて、
制抑せられざるの性質を言ひ表すが爲に用ゐられたるなり。
即ち國家の權力其の物に屬する一の屬性なり。
君主主權説といひ又は國民主權説といふは、之に反して國家内に於て何人か最の權力を有す可きかの問題なり。
一は國家の權力の性質の問題にして、一は國家内に於ける權力の所在の問題なり。
二者は全く關係無き別個の問題たり。
(畧)
君主主權説といひ又は國民主權説といふは、之に反して國家内に於て何人か最の權力を有す可きかの問題なり。
一は國家の權力の性質の問題にして、一は國家内に於ける權力の所在の問題なり。
二者は全く關係無き別個の問題たり。
不幸にしてボーダンは、此の二の問題を混同し、而して此の混同は、第十七世紀及び第十八世紀を通して行はれ、
其の混同の儘に於て歴史上偉大の影響を及すに至りたるなり。(畧)
君主主權説といひ、國民主權説といふは、政治上の主義の問題にして、主權の本來の觀念とは何等の關係無き別問題なり。
政治上の主義としても、君主主權又は國民主權は何れも必ずしも絶對の眞理に非ず、
各國特殊の歴史と國民の政治事情とに依りて決す可き問題なり。
其の本來の觀念に於ては、主權とは國家の權力の屬性たるに外ならざることを明かにすることを得たるなり。」

↑之を熟く読め。

90法の下の名無し2017/01/22(日) 16:47:49.62ID:6pKq2guY
>>89
エー加減にしてください。読解力、論理的思考力を身に着けてください。
貴方の引用した部分は、美濃部が天皇主権等の”主権”を法学上の概念と考えていたことを
否定するものではない。
あくまで”主権”が主権元来の意義とは異なり、別個の概念であることを説明したものに過ぎない。

『日本国法学』『法の本質』『新憲法逐条解説』等を読めばわかるが、
美濃部は明確に天皇主権、国民主権等の主権を法的概念と捉えている。

美濃部達吉,『新憲法逐条解説』(日本評論社 1947年) p.9より引用
国民が新憲法の制定者であるということは、主権即ち国の最高権力が
国民に属することを前提とする。
何となれば、主権を保有するもので無ければ国の最高法規たる憲法を
制定する権限を有することはあり得ないからである。
(引用終わり)

権限というのは法学上の概念であり、憲法を制定する権限とは制憲権を意味する。
法学上の話をしている流れで主権者について論じており、
主権者というのを法学上の概念としているのは明白です。

ちなみに、この数行後、美濃部は8月革命説を主張している。

91法の下の名無し2017/01/22(日) 16:51:36.21ID:6pKq2guY
美濃部は統治権が国家に属するとしているが、
結局は天皇主権論者であり、それ故に8月革命説を主張していた人間なんだよ。

92法の下の名無し2017/01/22(日) 20:57:06.65ID:8385p/aV
>>91
 そんな事實は存在しない(嗤)。

93法の下の名無し2017/01/22(日) 21:16:29.18ID:8385p/aV
>>90
> あくまで”主権”が主権元来の意義とは異なり、別個の概念であることを説明したものに過ぎない。
> 美濃部は明確に天皇主権、国民主権等の主権を法的概念と捉えている。

 此の二文は明かに矛盾してゐるのだが(嗤)。

94法の下の名無し2017/01/22(日) 22:13:13.35ID:6pKq2guY
美濃部達吉,『新憲法逐条解説』(日本評論社 1947年) pp.9-10

國民の主権は新憲法に依り始めて与へられたものでなく、
新憲法の制定以前から既に与へられてゐたものでなければならぬ。
(中略)
同宣言(筆者注 ポツダム宣言のこと)の受諾に基づき舊憲法は
覆へされて、最終の日本國政府の形態を決定すべき力、
換言すれば新憲法の制定権は國民に属することが定められ、
その限度に於いて主権が國民に移されたのである。
それは舊憲法の下に於いて行はれたのであるが、
憲法に適合した適法の行為ではなくして、憲法を超越し之を破壊した革命的行為であり、
敗戦の結果は憲法違反であるに拘らず之を受諾するの餘儀なきに至らしめたのである。
(引用おわり)

まさに八月革命説です。

95法の下の名無し2017/01/23(月) 01:03:48.87ID:zeqNZeHn
>>94
 先づ『新憲法逐条解説』つて縡の意味を考へなければいかんよな(嗤)。

96法の下の名無し2017/01/25(水) 20:42:03.28ID:3BwyomnS
>>93
まったく矛盾してません。
たとえば、主権という言葉を美濃部は統治権の意味で用いることがある。
これは、主権元来の意義と異なっているし、美濃部もそう主張しているが、
明らかに美濃部は統治権を法的概念と認めている。

あなたは、美濃部をまともに読み込んでいないだろう。
もしくはまともな読解力や思考力が欠けているか。
実際は、その両方だろうな。

97法の下の名無し2017/01/26(木) 06:45:58.22ID:xdzpZQYP
>>96
 大いに矛楯してゐるが(嗤)。
「”主権”が主権元来の意義とは異なり、別個の概念であることを説明」したればこそ、美濃部博士は其の上で、
「君主主權説といひ、國民主權説といふは、政治上の主義の問題」としてゐるのだから、「統治權」とは明かに辨別してゐるのは明瞭である。
 「主權とは佛蘭西語スーヴラン(Souverainete)より出で來る語にて、意味を『最高獨立』の意」と迄はつきり云つてをられるのだから、
其の上で「主權」を統治權の意味の如く用ゐれば論理的に矛楯を來すのは當然である。

98法の下の名無し2017/01/26(木) 06:51:27.58ID:xdzpZQYP
>>96
 因みの論據の證明として、>>94のやうなにいまだGHQの占領下にある上で占領憲法を解説せる書籍を根據にしても意味は無い(嗤)。

99法の下の名無し2017/01/28(土) 15:50:27.99ID:XdbpGeU0
>>97
あなた、統治権と君主主権等の主権が別概念であること知らないでしょ。
美濃部をちゃんと読んでないからそうなる。

100法の下の名無し2017/01/28(土) 18:30:09.33ID:2Dc+cojk
>>99
 何うして>>97から「統治権と君主主権等の主権が別概念であること知らない」と云ふ認識に至るの歟さつぱり意味が解らぬが(嗤)。

101法の下の名無し2017/01/28(土) 22:15:44.90ID:XdbpGeU0
言葉の意味というのは変遷する。法学用語の主権もそうだったわけ。
現在の一用法が原義に反するからといって、その概念が法的概念ではないとは言えない。

そもそもなぜ美濃部が主権の沿革を論じているか。
統治権や最高機関の所在が法的概念であることを否定するためじゃありません。
統治権の最高独立性を表す主権が、統治権や最高機関の所在の意味で用いられることとなり、
それがために統治権を最高独立であるべきという思想が出てきた。
それを正すのが目的である。

102法の下の名無し2017/01/28(土) 22:27:30.86ID:2Dc+cojk
>>101
> 言葉の意味というのは変遷する。法学用語の主権もそうだったわけ。
> 現在の一用法が原義に反するからといって、その概念が法的概念ではないとは言えない。

 主權と統治權とを混同させたのはボーダンであり、其は自然な變遷とは云へぬ。
海外では普通に遣ひ分けてゐるのに、日本では區別せずに其の儘である。
日本の現在の憲法學の有樣が世界共通して普遍的だと思ひ込んでゐるからおめでたい。

103法の下の名無し2017/01/29(日) 11:35:20.98ID:EP7rImrH
【特別無料公開:大道無門】ケント・ギルバート、GHQと占領憲法とWGIP[桜H27/7/3]
https://www.youtube.com/watch?v=0jLYMoDFIFY

104法の下の名無し2017/01/29(日) 18:19:51.49ID:hrIsS9VA
>>98
美濃部達吉,『日本国法学』第一編総論 第一章 国法学ノ基礎観念 第五節 国家ノ機関 pp.104-117

これを読んだのか?
美濃部が君主主権を法的概念と考えていたが分かるばかりか、
日本は君主主権の国と考えていたは明白である。

105法の下の名無し2017/01/29(日) 18:48:25.75ID:EP7rImrH
>>104
 「之を要するに從來我國に於ては『主權』といふ語を以て言ひ表されたる所は其の意義に於ては國權の最高性を意味するものなり。
國權の最高性とは外に向かひて國家が國家以外の外の權力に依りて、制限せらるゝことなく、
内に於ては國家内に存する凡ての團體及び人民が皆國家の權力に服從するを要するを意味す。
從來の主權説が此の最高の權力を以て、君主又は國民に屬せざるべからずとなし、亦一定の内容を以て、
其の權力の缺くべからざる要件なりとなせるは皆觀念の混同より出でたる誤なり」

美濃部達吉博士著「日本国法學」總論、國法學の基礎觀念、國家の權力(五)主權の觀念 九十頁-九十一頁
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2385844

106法の下の名無し2017/01/29(日) 20:31:02.85ID:hrIsS9VA
>>105
もしかして、私が天皇主権という言葉を『天皇に至高の権力がある』という意味合いで
使っていると思ってます?使ってませんよ。

国家の意思を最終的に決定する最高機関がどこかという意味で使っていますよ。
まさしく、統治権を総攬する存在。これは帝国憲法以下において天皇だと美濃部も明言している。
そして、美濃部の思想だと、君主主権から国民主権の変化は革命が起こったとしか考えられない。
その論理展開に、統治権が至高であるかどうか(国家の権力が最高独立であるか天皇の権力が至高であるか)は
全く関係ない。

107法の下の名無し2017/01/29(日) 20:39:28.51ID:EP7rImrH
>>106
 >>104は完全な誤である。
美濃部博士は>>104のやうな縡は何處にも述べてはゐない。

108法の下の名無し2017/01/29(日) 20:41:09.47ID:EP7rImrH
>>106
 主權と統治權とは權力を表す詞としては共通してゐる者の其の意味するところの概念は全く別である。

109法の下の名無し2017/02/03(金) 22:22:42.48ID:eJumbav5
占領憲法とは

 「革命憲法」「クーデター憲法」と同樣に「占領憲法」も從來の憲法とは無關係に――
否、寧ろ從來の憲法の一貫性を破る縡を眞の目的として、全く新しく作られる者ではあるけれども――
其にしても前二者との閧ノは非常な相違がある。
 先づ第一に「制定者」である。
「革命憲法」「クーデター憲法」に於いて其の制定者は從來權力の座にあつた者と無かつた者との相違はあるにしても、
孰も其の國の人であつたのに此の「占領憲法」の場合は外國人である。
外國人と云つても外國の正規の軍隊、正確に云へば占領軍司令官たる軍人である。
此の占領軍司令官が被占領國の既存の憲法を廢棄して、其の一存に因つて新憲法を作り、之を以て被占領國の新憲法とするのである。
從來も戰爭の結果、戰勝國が戰敗國の領土の一部亦は全部を領有する縡となり、其の新領土の在來の憲法を排除して、
戰勝國好の憲法を―― 大抵は一部の留保附ではあるとしても―― 行はせる縡は無いでは無いが、其は「戰爭終了後」の縡である。
 爰で問題になつてゐるのはまだ「媾和條約締結前」即ち「戰爭中」であつて、自國の領土とはなつてをらず、
占領中に過ぎぬ明かに他國の領土を、其も其の領土の一部では無く全體を支配する爲に「憲法改正」の名の下に、
戰敗國の憲法全體を廢棄して、占領國亦は占領軍司令官の好の儘に新憲法を強要する者である。
 凡そ憲法と云ふ者は獨立の國家が自己の主權を以て、自國の組織及び行動の規準を定める者であつて、
此の意味から云へば、「占領憲法」と云ふ縡は其自體一個の矛楯概念に外ならぬ。
 一般憲法論をする以上は勿論之に言及しなければならない縡になる。
 固より占領軍司令官なる者は一般に内政不干渉の義務を有するは勿論の縡、國際法の一般的規定及び當事國閧フ降伏條項の拘束下にあり、
自國及び聯合國の軍律及び授權の範圍内に縛られてをり、殊に占領地の現行法は絶對の必要の無い限り之を尊重せねばならないと云ふ縡は
現行の戰時國際法―― 千九百七年の陸戦法規―― が明文を以て規定する縡であるからである。

「現憲法無效論―憲法恢弘の法理― 」著井上孚麿、昭和五十年發行

110学術デジタルアーカイブ2017/02/03(金) 22:27:15.60ID:YwRvwpj6
その兵力で占領できるわけがない。勝負あったが、
謙虚な日本国のれっきとした憲法だ。
戦争の外国人への屠殺の歴史研究が大事だ。

111学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/03(金) 22:28:02.10ID:YwRvwpj6
内地における。歴史史上の総て。

112学術デジタルアーカイブ2017/02/03(金) 22:29:21.69ID:YwRvwpj6
女性に対する。

113宇野壽倫2017/02/04(土) 14:51:35.31ID:lwqaWBY9
秋葉原通り魔事件で逮捕された加藤智大氏は、明らかに冤罪

http://youtu.be/gj0X2qLNbUg

114法の下の名無し2017/02/04(土) 20:11:34.54ID:8N4cIuPC
>>108
何度も言うがそんなこと承知の上で、美濃部は天皇主権論者だと述べている。
そして8月革命説を唱えた論者。

自決した清水澄や8月革命説を唱えた美濃部達吉は、日本に革命が起こったと考えた。
彼らの法思想を学ぶだけでは革命を否定できない。
彼らを超えなければいけない。

新無効論は論外。

115法の下の名無し2017/02/04(土) 20:59:45.60ID:h74QEou1
>>114
 「革命説」は昭和廿年の八月十五日に日本に革命があつた。ポツダム宣言受諾即革命である。
其に因つて帝國憲法は無くなつて仕舞ひ、日本は君主主權國から民主主權國になり、欽定憲法から民約憲法になつたのである。
革命に因つて憲法が無くなつて仕舞つた無法の地盤に日本國憲法が帝國憲法とは全く無關係に新しく作られた者である。
だから日本國憲法の成立が帝國憲法の條章に反するからと云つて、其の成立は無效であるとは云へぬ。
帝國憲法から見れば違法であり、無法であつても、帝國憲法は八月革命で消滅してゐるのだから、
其とは沒交渉に全く新しく出來た日本國憲法は有效に成立してゐると云ふ縡が出來る。

 此の「革命」と云ふのは唯日本國憲法は有效なりと云ふ縡を言ひたいが爲に説明の便宜上「革命」と云ふ觀念を借りてきた丈の机上の操作に過ぎぬ。
革命が未だ實現出來てゐない縡は革命の本元たる共産黨が存在してゐる縡からも能く判る。

116法の下の名無し2017/02/04(土) 21:02:26.26ID:h74QEou1
>>114
 抑法とは「法理の筋を通して處置する縡が最小限度の要件」(井上孚麿)である筈なのに、其の最小限度の要件すらも御座なりにして、
國民の思惟や感情、更には現實はかうである等と云ふ尤もらしい理窟を以て、法の法たる最低限度の要件すらも否定してゐるのである。
かう云ふ輩に憲法の權威や法の恪遵等何うでも宜く、法に因る拘束力以上に國民の思惟や現實こそが勝ると云つてゐるのである。
之こそが「獨裁」なのであり、立憲主義、法の支配の否定の何者でも無い。

117法の下の名無し2017/02/04(土) 23:01:21.51ID:8N4cIuPC
法の存立基礎は社会的心理力とか法的確信とか言われるものであって、
結局、法理もそういう社会心理といったものに立脚するわけです。
法理も普遍的なものと地域によるものがあるのだろう。

話が変わるが、法理としては8月革命説自体は筋が通っている。

118法の下の名無し2017/02/04(土) 23:03:39.72ID:h74QEou1
>>117
 全く通つてゐないが(嗤)。

119学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/05(日) 08:10:42.71ID:8+CQKAFu
逮捕も調べることも全面廃棄。

120学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/05(日) 08:26:12.92ID:8+CQKAFu
逮捕 全廃棄。取り調べもいらない。

121学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/05(日) 08:43:52.34ID:8+CQKAFu
人をを行動の上で言語の上で抑留するな。0.1秒でも。

122法の下の名無し2017/02/05(日) 09:23:34.35ID:FGFrjXUa
新無効論とかナンセンスだからな。
憲法上の改正手続きなしに帝国憲法と矛盾する日本国憲法を
天皇の一存で70年も存立できるとか、絶対君主制じゃないか。

123法の下の名無し2017/02/05(日) 14:40:22.23ID:ttM9k8RC
>>117
 >>115の何處が法理として通用するのかね(嗤)。

124法の下の名無し2017/02/05(日) 14:40:53.57ID:ttM9k8RC
>>122
> 新無効論とかナンセンスだからな。

 何が何うナンセンスなのかね。

125学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/05(日) 16:36:33.40ID:8+CQKAFu
誘導歩行 拘置 拘留 留置 も廃棄。発話も。

126学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/05(日) 17:08:36.98ID:8+CQKAFu
コミュニカジオン。

127学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/05(日) 17:10:50.51ID:8+CQKAFu
commuicasi non!

128法の下の名無し2017/02/05(日) 17:11:16.44ID:8+CQKAFu
communi

129法の下の名無し2017/02/05(日) 17:14:55.98ID:FGFrjXUa
>>124
読んだらわかるやろ。
新無効論がナンセンスなのは、
日本を絶対君主制と考えないと成立しえないから。

130法の下の名無し2017/02/05(日) 20:25:05.00ID:3Du+fQ+g
マイクロ波兵器、秘密ビーム兵器、指向性エネルギービーム、電磁波兵器、心理−電子工学兵器、指向性エネルギー兵器、電磁兵器、精神侵略兵器、無線指向性電磁エネルギー…
など、呼称はいろいろあるようだが、対人に特化したメーザー兵器である可能性が高い

不思議なことに、原理説明が不十分な兵器類でもある

ちなみに、DEWのWikipediaに掲載されている解説
指向性エネルギー兵器
http://ln.is/ja.wikipedia.org/wik/qyaGC

組織的ストーカー・電磁波犯罪被害

131法の下の名無し2017/02/06(月) 10:18:44.55ID:LQn0Dl/b
刑事検事も全廃業。民法上の禁固も廃棄。

132学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/06(月) 10:20:59.96ID:LQn0Dl/b
人を建物の中に誘導するな。

133学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/06(月) 10:21:55.14ID:LQn0Dl/b
乗り物の中にも。生死卵子その他が壊れる。

134学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/06(月) 10:22:16.82ID:LQn0Dl/b
精子

135学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/06(月) 10:28:04.75ID:LQn0Dl/b
病院であれな。

136学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/06(月) 10:37:23.93ID:LQn0Dl/b
牢屋や刑務所を使わず実質的餓死を統計でカウント、
リクルートから、犯罪心理学で兵糧栄養計算だ。

137学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/06(月) 10:44:17.06ID:LQn0Dl/b
裁判官も最高裁判官志望も外かぎで仕事してほしい。
密室で有罪の確定を怠惰な座りながらすることだけはやめてほしい。
牢獄とはどこだ。ここは地国。

138学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/06(月) 10:45:46.30ID:LQn0Dl/b
最高裁判事になりたいなら。

139学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/06(月) 11:02:23.49ID:LQn0Dl/b
 女は自由 男は一人 で極力行動するように。
数的優位を造らないこと 異性に対して 同性に対しても。

140学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/06(月) 11:18:30.86ID:LQn0Dl/b
あらゆる正法の有(罪)。刑を完全に廃した。有がsein している。
と無限。

141学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/06(月) 11:19:51.75ID:LQn0Dl/b
non-feminin yes chirist

142学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/06(月) 11:25:57.20ID:LQn0Dl/b
nein no !mens 版も。

143法の下の名無し2017/02/12(日) 08:10:27.12ID:BWhxGIS1
新無効論に則って考えると、天皇の講和大権によって帝国憲法に反する議会運営と
国民の自然権たる自衛権の行使を制限する9条を成立している。
このようなことが戦後70年後の平時においてもできるなど、
日本が絶対君主制と解釈しない限りあり得ない。

144法の下の名無し2017/02/12(日) 10:12:08.30ID:nhj/1gu9
>>129
>>143

 主張がめちやくちやで何を云つてゐるの歟さつぱり解らぬが(嗤)。

145学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/12(日) 11:08:25.37ID:CERT4yyV
結 )界)会 に法案が果たして通るのかとか、まあなあ
 のほうが 三権分立よりなんかアニメで実写でロマンな
リアルで楽しいよな。

146学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/12(日) 12:08:04.46ID:CERT4yyV
無視庁 の方が警視庁より いいよ。強制的な威オーラ
からの、強烈な干渉より ソフト ハード肌 エロス。

147法の下の名無し2017/02/12(日) 12:58:25.89ID:BWhxGIS1
新無効論を受け入れてしまう知性の低い人間には、
理解できないか。

148法の下の名無し2017/02/12(日) 13:09:17.11ID:nhj/1gu9
>>147
日本語になつてゐないから(嗤)。

149学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/12(日) 13:32:10.51ID:CERT4yyV
IQがもしマックス000だったら。

150法の下の名無し2017/02/12(日) 14:58:56.70ID:nhj/1gu9
>>149
 抑文法がをかしいから(嗤)。

151法の下の名無し2017/02/12(日) 15:03:38.86ID:BWhxGIS1
つまるところ、『帝国憲法に大きく違反する政権運営を
70年も維持できる』とする説明が、新無効論にはない。
講和大権の発動という回答では法理としておかしい。

152法の下の名無し2017/02/12(日) 15:22:42.78ID:nhj/1gu9
>>151
 世界の如何なる法理に本づいても占領憲法が憲法として有效となる法理なんて何處にも存在しない。

153法の下の名無し2017/02/12(日) 17:09:22.39ID:eqI2eAdd

154法の下の名無し2017/02/12(日) 17:49:53.86ID:BWhxGIS1
8月革命説に法理としておかしいところはない。
あると思うなら指摘してみたらいい。
おかしいと思う側が、それを主張する。

155法の下の名無し2017/02/12(日) 17:55:02.93ID:nhj/1gu9
>>154
 >>115

156法の下の名無し2017/02/12(日) 18:42:42.21ID:BWhxGIS1
>>155
法理上の誤りの指摘になってないんだよな。

清水澄や美濃部達吉という法のプロたちが革命がおこったと考えていた時点で、
全くの矛盾なく自然に成立する学説だと、気づこうな。

157法の下の名無し2017/02/12(日) 20:01:48.70ID:BWhxGIS1
そもそも共産党は護憲派であり、
そればかりか、共産党の認識では天皇は君主ではないようだ。
http://www.jcp.or.jp/jcp/22th-7chuso/key-word/b_1.html#Anchor-0510

158法の下の名無し2017/02/12(日) 22:31:37.79ID:nhj/1gu9
>>156
 固より革命説は法の理窟では無いから(嗤)。

159学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/13(月) 13:37:02.23ID:0JfeidBt
シードの全国大会かったやつが逮捕したとかされたとか
聞いたことない。やはりそれくらいでコート
で最高裁判官判事。

160学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/13(月) 14:24:44.19ID:0JfeidBt
最高法官の方がいいのにね。華代かなあ。
最高神官も。

161学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/13(月) 14:42:09.11ID:0JfeidBt
最高高級文官か。俺の嫁は。

162学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/13(月) 15:12:33.56ID:0JfeidBt
妻の方が。

163学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/13(月) 15:23:27.37ID:0JfeidBt
恋の法 (おきて)

164学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/13(月) 15:26:35.61ID:0JfeidBt
憲法って面白いものなのかな。使って笑える。

165学術 ディジタル アーカイヴ@院教授2017/02/13(月) 15:29:01.98ID:0JfeidBt
芦原-sho-gun- =naive ダンサー憲法講義でした。

166法の下の名無し2017/02/15(水) 22:12:00.75ID:C+MDFuMG
帝國憲法第十三條に據りポツダム宣言及び降伏文書に調印。
ポツダム緊急敕令(第五四二號)に本づき第八絛及び第十三條以外の占領秩序と衝突する條項の停止。

 占領中は憲法秩序が停止してゐるので、其の最中での憲法の改正及び新な憲法の成立は不可能である。

167法の下の名無し2017/02/17(金) 23:48:12.40ID:YYeA7WpA
「明治以來の言語學者は西洋の體系をそのまま鵜呑にして、大きな間違を犯してゐる。
大體西洋ではまづ言葉があつて、といふのは音の集合體があつて、それを文字に書き表すこを思ひ附き、ローマ字のやうな表音文字を發明した。
ところが日本ではなるほど原始生活をそのまま反映した和語はあつたが、それを文字に表さうとは思ひつかないうちに支那の文字と言葉とがはひつて來て、
しかもそれが言葉よりは文字を中心に取入れられ、擴がつて行つたのである。
つまり文字がそれも表意文字が先にあつて、その音を日本化した言葉が後に生じたのです。
從つて漢字を追放することは「螢光燈」を「けい光燈」に變へてしまふ場合のやうに漢語を追放することになる。
言語文字のさう云ふ發達の歴史が間違つてゐるの何のと云つても、千年にわたる宿命的事實はどうしやうも無い。
文字は言葉を寫すものといふ西洋の公式一で國字改革を企てる表音主義者にはその事實の意味も重みもわかつてゐないのである。」

 憲法問題も亦如上の論と同じく、帝國憲法及び國法學と占領憲法及び現行憲法學との對比の中での問題と全く同一なのである。
根本問題を無視する占領憲法及び現行憲法學樞軸は本當に度難い。

168法の下の名無し2017/02/19(日) 13:21:03.81ID:41g7Otwb
緊急勅令は"緊急"時の必要不可欠なものだから憲法秩序の停止という絶大な権力が認められて、
有効なものと判断されるのだよ。
つまり、『帝国憲法の秩序を停止し講和条約として日本国憲法が成立している』とする主張は、
70年間緊急時でありその危機を回避するのに日本国憲法を必要不可欠と考えるものに他ならない。
しかし、実際は必要不可欠ではない。破綻している。

あらゆる時代の知能ある人間にバカにされるのが、
新無効論ですよ。

169法の下の名無し2017/02/19(日) 13:25:04.69ID:CDEWWSPB
>>168
☆現在の法の優先順位

國内法                國際法

壹、國體(文字を超える根本規範)

貳、帝國憲法(本質・國體)

←帝國憲法第十三條講和大權(ポツダム宣言・降伏文書・占領憲法)→→→→

參、帝國憲法(技術・政體)

肆、一般條約→→→→→→→→→→→

伍、法律

陸、命令(敕令)

*根本規範(=制憲權)>講和大權≧降伏條約群(憲法的條約)≧通常の憲法規範(=憲法改正權)>一般の條約(=條約大權)>法律≧緊急敕令

ポツダム宣言受諾、降伏文書調印での帝國憲法第十三條講和大權は、
帝國憲法の國體法と政體法の中間に位置してゐる。

170法の下の名無し2017/02/19(日) 13:48:05.43ID:CDEWWSPB
>>168
 先づ話の大前提としてポツダム宣言及び降伏文書調印が帝国憲法第十三條の媾和大權の效力の範疇にあると云ふ縡を判つてゐない。
占領統治の效力は此の帝国憲法第十三條の媾和大權の效力の範疇に歸し、其の占領中に成立された占領憲法の效力も亦――
帝国憲法第十三條の媾和大權の效力の範疇を出る縡は有得ず、帝国憲法自體を改廢する效力は當然認められぬ。
 ポダム緊急敕令(本質・國體)に據つて占領統治を受容れ、其に伴つて占領統治秩序に矛楯する帝国憲法秩序の部分停止をしたのであるから、
何等論理的法理的矛楯は存在しないのである。

171法の下の名無し2017/02/19(日) 14:26:59.43ID:41g7Otwb
別に緊急勅令ではなく講和大権でも同じことなんだよ。
なぜ講和大権で憲法秩序を停止できるかというと、
戦時という緊急性と必要性があって初めて停止できるわけです。
70年間日本国憲法を維持する必要性がほんとにあったのか?
ありません。新無効論は破綻してます。

172法の下の名無し2017/02/19(日) 14:44:21.10ID:CDEWWSPB
>>171
> 新無効論は破綻してます。

 全然破綻と斷ぜられる根據になつてゐないのだけど(嗤)。

173法の下の名無し2017/02/19(日) 15:35:46.87ID:41g7Otwb
>>根本規範(=制憲權)

この発言だけで左翼だと分かる。

174法の下の名無し2017/02/19(日) 16:05:17.85ID:CDEWWSPB
>>173
()で括つてゐる意味が判らぬの歟(嗤)。

175法の下の名無し2017/02/19(日) 16:39:36.41ID:41g7Otwb
()で括っていてもアウトなのが分からないのか(笑)

176法の下の名無し2017/02/19(日) 17:42:09.73ID:CDEWWSPB
>>175
 何が何うアウトなのかね。

177法の下の名無し2017/02/26(日) 01:51:23.63ID:Bjr5bgQ6
安倍総理:【憲法】これは無効であると、過半数でできますからね
https://www.youtube.com/watch?v=6WC6bsF4Y4M&t=14s

178法の下の名無し2017/02/26(日) 12:54:19.10ID:pBxIpj2s
日本において制憲権を有するのは、いったい誰かね?
あるいは、どの機関かね?

179法の下の名無し2017/02/26(日) 13:09:17.29ID:Bjr5bgQ6
>>178
 誰が日本を前提にしてゐると云つてゐるのかね(嗤)。

180法の下の名無し2017/02/26(日) 14:37:34.12ID:pBxIpj2s
>>169で日本のことを前提に喋ってるんだよなぁ。
記憶障害かなんかか?

181法の下の名無し2017/02/26(日) 14:55:07.81ID:Bjr5bgQ6
>>180
 制権權とは占領憲法に係る話だが(嗤)。

182法の下の名無し2017/02/26(日) 19:32:44.59ID:pBxIpj2s
>>179で制憲権は日本に関係することではないとする趣旨の発言をし、
>>181で占領憲法(日本のモノ)に関係するものだとしている。
ID:Bjr5bgQ6は相反する二つの主張をしている。知能障害か何か?


>>169の説では、根本規範(=制憲權)を講和条約より上位に位置付けているのだから、
講和条約と見做している占領憲法だけの話にはできないのは、
明白なんだよな。

183法の下の名無し2017/02/26(日) 20:08:09.61ID:Bjr5bgQ6
>>182
 併し占領憲法は制権權では成立してゐない(嗤)。
其處を説いてゐる訣だが、御前さんには其が判らぬやうだ(嗤)。

184法の下の名無し2017/02/26(日) 21:00:52.96ID:pBxIpj2s
制憲権ですよ。制権權って(笑)
占領憲法が制憲権で成立しているかは問題ではないんだよ(笑)
8月革命説でも帝国憲法時代の制憲権で成立していないんだから。
そこは無効理由にならないんだよ(笑)

そもそも私が問題にしているのは、制憲権を根本規範としていることだから。

185法の下の名無し2017/02/27(月) 00:49:47.30ID:YBKDjv0V
>>184
 制憲権は普通に根本規範だが(嗤)。

186法の下の名無し2017/03/01(水) 18:58:22.02ID:/uyS9rMM
占領法改正派に於ける論理的傾向
一、國體破壞の容認と無視
二、五箇條の御誓文の無視
三、天皇大權及び統治權の無視
四、皇祖皇宗の御遺訓の無視
五、皇室の自律と自治との侵害
六、國體論が絶無
七、國民主權に因る傲り高ぶり
八、日本人たる矜持無し
九、近代泰西思想に對する疑が希薄

 改正論者は國民主權主義者であり、國賊である。

187a2017/03/02(木) 03:58:56.04ID:VnvRV7Wr
ガンマー線追尾自然値0.058μSv/hをはるかに上回るガンマー線を27万円程度の測定器で否が応でも測定してしまう
https://www.youtube.com/watch?v=usXXWJpzZ1w

1:32:58人工衛星(確実に使える部分)
https://www.youtube.com/watch?v=yp0ZhgEYoBI

188法の下の名無し2017/03/04(土) 08:53:26.30ID:s5loE/J8
>>185
なら、日本において制憲権を行使する人ないしは機関を答えていただこう。

189法の下の名無し2017/03/05(日) 09:14:16.98ID:k9JNbOzs
>>186
あなたは、日本の国体って何だと思っていますか?

190法の下の名無し2017/03/05(日) 09:30:53.66ID:RZJWWEtD
>>188
 相變らず阿呆だな(嗤)。
法段階を解り易くする爲に敢へて制権權を插入したのであつて、別に日本の法的状態を表した者では無い(嗤)。

191法の下の名無し2017/03/05(日) 09:41:37.44ID:RZJWWEtD
>>189
國體とは言語的には「国の体質」に由来し、「国柄」と同義であつて、其は万世一系の皇統とやまとことはの言語体系を核として
構成された我が国固有の惟神の古代精神と歴史文化伝統から抽出される普遍の真理の総体(真理国体)を意味することになる。
詰り皇室、言語、歴史、文化、伝統、伝承、慣習等で、日本に伝統的に伝わる「雛形」の縡。
そして我が国の國體は天壌無窮の御神勅に示された民族の理念である惟神の道、万世一系の皇統連綿、皇位の世襲、國體の支配、
君臣の辨へに加へ、臣民の家系的地位と辨への相続、君が代、日の丸、やまとことのはにより表現される文化総体である。
改正によつては変更し得ない根本規範(國體、制憲権の帰属、欽定憲法性、皇室の自治など)の領域迄其の改正権の限界を超えてなされたものであるから絶対無効であるとされてゐた。

國體とは・・・我が國の國體とは前に述べた通り、萬世一系の皇統と「やまとことのは」の言語體系を核として構成された
我が國固有の惟~の古代精~と歴史、傳統から抽出される祭祀、政治、産業、經濟、宗教、道コ、規範、武道、學問、藝術、
技術、民俗、生活樣式等の文化の總體を意味する縡になる。
そして此の國體には前に述べた通り、「事實」の領域に屬する「文化」と云ふ存在(Sein)の側面(文化國體)と、
「規範」の領域に屬する「古道(ふるみち)」と云ふ當爲(Sollen)の側面(規範國體)とがあつて、兩者は等價値的な對極事象にある。
即ち「かくある文化」と「かくあるべき古道」との兩面があり、此の内、國法學、國體學で取扱ふ領域としては規範的側面である「古道」であり、
之を規範國體」と呼稱する縡とし、其の規範性の源泉となる文化事實の側面である「文化國體」とに區別し、以下に於ては特に斷りがない限り、國體とは此の「規範國體」を意味する者とする。
ところで國體は日本丈に限らず、「傳統」を持つ全ての國家に存在し、概ね理念的要素によつて形成されてゐるが、
之に權力的要素を含むか否かは其の國の傳統によつて決されるのである。

192法の下の名無し2017/03/05(日) 10:40:59.43ID:k9JNbOzs
>>169>>185では制憲権を根本規範としており、
法体系に制憲権を組み込んでいる。
一方、>>190では制憲権は法的状態ではないとしている。

あなたは矛盾したことばかり言っている。
あなたは知性に問題がありますね。
だから、新無効論なんて主張しちゃうんだろうけど。

193法の下の名無し2017/03/05(日) 10:45:09.89ID:k9JNbOzs
>>191
制憲権の帰属が根本規範というなら、
制憲権の内容とその帰属先を答えよ。

194法の下の名無し2017/03/05(日) 11:02:06.57ID:RZJWWEtD
>>192
> 一方、>>190では制憲権は法的状態ではないとしている。

 「日本の」法的状態と云つてゐるが。

>>193
 憲法制定權力。
憲法制定權力が憲法の上位に位置してゐなければ、抑が憲法を制定するに際して何を以て憲法を制定しるの歟。
法の下位から上位を羈束する縡は先づ有得ぬ。
常に上位から下位の方向に働く。
だからこそ占領憲法の國民投票法と云ふ法律を擔保にして、上位の占領憲法の改正の法的妥當性を擔保すると云ふのは法矛楯を來す縡となる。
肆に占領憲法は永久に改正は不可能なのである。

195法の下の名無し2017/03/05(日) 11:42:45.95ID:k9JNbOzs
>>194
>「日本の」法的状態と云つてゐるが。

ずっと『日本』の話をしており、わざわざ断らなくても自明なことだが。

>>169>>185>>191では制憲権(の帰属)を『日本』の根本規範としており、
『日本』の法体系に制憲権を組み込んでいる。
一方、>>190では制憲権は『日本』の法的状態ではないとしている。
あなたは矛盾したことばかり言っている。

196法の下の名無し2017/03/05(日) 12:28:50.56ID:RZJWWEtD
>>195
 相變らず論點が全く解つてゐないやうだな(嗤)。
制憲權の背後には必ず憲法改正權が存在する。
占領憲法にての改正權は國民主權主義に根ざした者だが、現在の我々には制憲權自體は存在しない。
制憲權は憲法を制定した第一世代のみに存在し、後世の國民は憲法制定世代の制憲權に據つて制定された法に縛られる縡となり、
現在の我々には改正權しか與へられてゐない。
之は國民主權論からすれば完全に矛楯する縡になる。
だから國民主權に根ざした占領憲法の效力審査論を語る上では制憲權と改正權との問題は不可分の問題なのである。

197法の下の名無し2017/03/05(日) 12:59:13.02ID:k9JNbOzs
>>194
>憲法制定權力が憲法の上位に位置してゐなければ、
抑が憲法を制定するに際して何を以て憲法を制定しるの歟。

必ず憲法は人間の意思力によって制定されなければならない、という考えが間違い。
仮に、『憲法が人間の意思によって制定されるべき』とする思想を採用したとしても、
その権限の所在を決定する権限とはいったいどこだろうか?
その権限の所在を決定する権限は?無限に続けられる。
どこかで人間の意思(権限)なしで成立しているとしなければいけないわけだ。

198法の下の名無し2017/03/05(日) 13:11:33.07ID:RZJWWEtD
>>197
 さう云ふのを屁理窟と謂ふのさ(嗤)。

199法の下の名無し2017/03/05(日) 13:13:15.19ID:k9JNbOzs
>>198
ぶー。これが左翼と保守を分かつ大きな法思想の違いなんだよ(笑)
それが分かっていないから8月革命説に与しているとか言われちゃうんだよ(笑)

200法の下の名無し2017/03/05(日) 13:29:15.63ID:RZJWWEtD
>>199
 憲法典が現存してゐる以上――

> その権限の所在を決定する権限とはいったいどこだろうか?
> その権限の所在を決定する権限は?無限に続けられる。

―― と云ふ論點に一體何の意味があるの歟(嗤)。
議論の根本を否定みせて御前は一體何を論じたいのかね(嗤)。

201法の下の名無し2017/03/05(日) 13:31:49.99ID:k9JNbOzs
>>196
>現在の我々には改正權しか與へられてゐない。
之は國民主權論からすれば完全に矛楯する縡になる。

これは何の問題もない。
例えば、ある国が君主主権とし憲法が制定されたとしよう。
その後、もし、君主が憲法で定めた改正手続きに従わず、自由に新しい憲法を制定できるとしたら、
それは、君主が憲法の規定を無視出来ることに他ならず、その国は立憲君主国とは言えない。
君主も憲法を順守しないと立憲君主国と言えない。

制憲権者が過去に制定された憲法に拘束されるのは、別段不思議なことではない。
これは所有権を保有するものが、過去の契約に拘束され所有権を移譲する義務が生じる場合と、
『過去の法的行為に拘束される』という点で似ている。

制憲権者も憲法に拘束されるとする説は美濃部も同様の学説を唱えていた。
だから、あなたは、美濃部を読み込んでいないと言っている。

そもそも制憲権という強大な権限を絶対必要なものと考えること自体が間違い。

202法の下の名無し2017/03/05(日) 17:03:49.31ID:k9JNbOzs
結局は、
新無効論者は、憲法としてではなく講和条約としてであっても、
『日本国憲法』という条文を有効な法のモノとして受け入れている。

203法の下の名無し2017/03/06(月) 06:21:18.50ID:fNjE6+UO
>>201
國民主權が何なのか全く理會してゐないの歟(嗤)。

204法の下の名無し2017/03/08(水) 06:16:03.94ID:+9RaR9Eg
>>202
だから何度も云つてゐるだらうに「憲法としては無效であり、帝國憲法を改廢する效力は無い」と。

205法の下の名無し2017/03/11(土) 10:40:44.10ID:AbxUg84T
尾木氏は「教育勅語は戦前の天皇主権の欽定憲法であり、親孝行や友達大切に等の12の徳目は全て天皇からの臣民、
赤子たる者へのお言葉、願いであって、文言は正しいのですが、戦後の国民主権の民定憲法の精神や立場とは相反し矛盾します。
だからこそ1948年の衆参両院で訣別宣言、教育勅語の破棄が確認されたのです」「戦後の教育は教育勅語の否定から始まっているのです」と指摘。

「・憲法守る立場の大臣たる者が憲法違反の教育勅語の擁護をするとは憲法99条にも反します…個人の思想信条の自由は大切ですが公人公職者の発言は慎重さが必要ですね」
と稲田氏を戒め、教育勅語問題について「みんなでしっかり考えたいですね♪」と呼びかけている。

http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-34307.html

 敕語が「天皇主権の欽定憲法」とは全く意味不明である。

>文言は正しいのですが、戦後の国民主権の民定憲法の精神や立場とは相反し矛盾します。

 詰り戰後の體制は斯有る正しいきコ目を否定する縡が前提の社會でありと云ふ縡であり、斷固として打倒されねばならぬ。
而して占領憲法は民定憲法では無い(嗤)。

>だからこそ1948年の衆参両院で訣別宣言、教育勅語の破棄が確認されたのです」

 敕語は敕語でしか排除は出來ぬ爲に斯有る議決は當然無效であり、國會にては斯有る議決の無效確認決議が必須である。

>「・憲法守る立場の大臣たる者が憲法違反の教育勅語の擁護をするとは憲法99条にも反します…

 固より「ヘ育に關する敕語」は規範國體に位置する國務法體系の中の一であり、仮に百歩讓つて占領憲法を正當なる憲法典と認めうるとしても、
憲法典の立場から規範國體たる國務法體系其の者を否定は出來ぬし、況や違反するに於てをや。
揩オてや占領憲法は固より憲法としては無效なのであるから、如上の意味でのヘ育敕語問題なんて者は固より存在しないのである。

206法の下の名無し2017/03/11(土) 10:51:28.63ID:AbxUg84T
>>205
追記

 ヘ育敕語が占領憲法に違反せるのでは無く、寧ろ占領憲法がヘ育敕語に違反せるのである。

207法の下の名無し2017/03/11(土) 10:53:58.43ID:V24Y0TTm
>>203
国民主権と全く矛盾しない(笑)
国民主権にはプープル主権とナチオン主権が存在している。

>>204
帝国議会という重大な機関の改廃が行われております。

208法の下の名無し2017/03/11(土) 11:14:33.37ID:AbxUg84T
>>207
 で「主權」とは具體的に何なのかね(嗤)。

209法の下の名無し2017/03/11(土) 11:15:45.86ID:AbxUg84T
>>207
> 帝国議会という重大な機関の改廃が行われております。

 意味不明である。
帝國憲法が改廢されたと云ふのならば話は解るが、帝國議會が改廢とは意味が解らぬ。

210法の下の名無し2017/03/11(土) 11:48:35.47ID:V24Y0TTm
国体を守るのに重要な議会及び交戦権が帝国憲法で規定されていたが、
それらは改廃された。つまり、帝国憲法が改廃されました。

211法の下の名無し2017/03/11(土) 11:51:14.65ID:AbxUg84T
>>210
 改廢されたとは具體的に何う云ふ經緯で改廢されたのか説明宜しく。

212法の下の名無し2017/03/11(土) 14:41:18.08ID:V24Y0TTm
>>208
ここでの主権は国家の意思の最終的決定機関の所在を表す。
もし、憲法が意思により制定されるべきとする法思想に則るなら、
主権は制憲権の所在を指す。

君主主権、国民主権と言っても、
何を以てその機関の意思と擬制するかは、自明ではない。
また、国民主権にも種類がある。

>>211
帝国憲法の正統な手続きを経て改正された。

213法の下の名無し2017/03/11(土) 14:42:53.27ID:AbxUg84T
>>212
> ここでの主権は国家の意思の最終的決定機関の所在を表す。

 詰り主權は國民には無いと云ふ縡である。

214法の下の名無し2017/03/11(土) 14:43:28.88ID:AbxUg84T
>>212
> 帝国憲法の正統な手続きを経て改正された。

 ならば改正限界超越で無效となる(嗤)。

215法の下の名無し2017/03/11(土) 17:23:47.98ID:9OKxQYsz
無効なのはお前の戯言だろう

216法の下の名無し2017/03/11(土) 17:29:29.13ID:V24Y0TTm
改正限界を超えているかどうかは、無効かどうかに一切関係ない。

217法の下の名無し2017/03/11(土) 17:39:16.72ID:AbxUg84T
>>216
 なら占領憲法の改正にも改正限界は必要無いと云ふ縡だな(嗤)。

218法の下の名無し2017/03/11(土) 18:19:34.83ID:V24Y0TTm
もし、憲法に改正限界があるとする法学的立場に立つなら、
当用憲法の改正限界を超える改正が行われたら、
無効になるんじゃなく『革命が起こった』と法学上解釈する。

219法の下の名無し2017/03/11(土) 18:25:46.75ID:AbxUg84T
>>218
 當用憲法とは具體的に何を指してゐるのかね。
解釋は誰が解釋するのかね。

220法の下の名無し2017/03/11(土) 18:36:02.91ID:V24Y0TTm
http://kokutaigoji.com/books/kokutaigojisouron_3/3-3-8-08_kaiseimugenkaisetsu.html
8月革命説は憲法改正限界説であり、
その説の根拠は国体の存在ではなく、主権(制憲権)の存在だからな。
『憲法改正権は主権者が与えたものであり、法的に上位である主権者自体の変更はできない。
新憲法が有効として機能しているということは、改正ではなく革命が起こった』
これが8月革命説。

まさに>>196>>201らへんで議論した『憲法を制定する権限と憲法に与えられた権限』
の話に通ずることだ。

南出さんの主張はめちゃくちゃですわ(笑)

221法の下の名無し2017/03/11(土) 18:41:45.58ID:AbxUg84T
>>220
 「革命説」は昭和廿年の八月十五日に日本に革命があつた。ポツダム宣言受諾即革命である。
其に因つて帝國憲法は無くなつて仕舞ひ、日本は君主主權國から民主主權國になり、欽定憲法から民約憲法になつたのである。
革命に因つて憲法が無くなつて仕舞つた無法の地盤に日本國憲法が帝國憲法とは全く無關係に新しく作られた者である。
だから日本國憲法の成立が帝國憲法の條章に反するからと云つて、其の成立は無效であるとは云へぬ。
帝國憲法から見れば違法であり、無法であつても、帝國憲法は八月革命で消滅してゐるのだから、
其とは沒交渉に全く新しく出來た日本國憲法は有效に成立してゐると云ふ縡が出來る。

↑此の「革命」と云ふのは唯日本國憲法は有效なりと云ふ縡を言ひたいが爲に説明の便宜上「革命」と云ふ觀念を借りてきた丈の机上の操作に過ぎぬ。
革命が未だ實現出來てゐない縡は革命の本元たる共産黨が存在してゐる縡からも能く判る。

222法の下の名無し2017/03/11(土) 19:03:53.44ID:AbxUg84T
>>218
 因みに米國にも英國にも改正限界は普通に存在してゐるが、其の矛楯は何うやつて説明するのかね。
戰前戰中に普通に改正限界説が公權解釋だつた者を敢へて投擲しうる法的根據は何かね。
日本にのみ改正限界を認めてゐないのかね。

223法の下の名無し2017/03/11(土) 20:24:00.06ID:V24Y0TTm
>>222
法の存立が社会心理に立脚していることにある。
如何に憲法の改正限界を唱えようと、如何に自然法の存在を唱えようと、
社会心理がそれを拒絶し、新憲法や新しい自然法を唱えた場合、
それを否定することは法学上できない。

本当に根本的な法は、論理ではなく社会心理にのみ立脚しているのだ。
これは>>197のレスとも関係する。

224法の下の名無し2017/03/11(土) 20:40:26.90ID:AbxUg84T
>>223
> 社会心理がそれを拒絶し、新憲法や新しい自然法を唱えた場合、
> それを否定することは法学上できない。

 其は立憲主義と法治主義との否定だな(嗤)。
御前が云つてゐるのは情治主義でしか無い(嗤)。

225法の下の名無し2017/03/11(土) 20:52:56.54ID:V24Y0TTm
如何に外国人が条文を作ろうが、過去の法秩序に反しようが、
如何に、憲法の改正限界を超えていようが、
新憲法が無効になる理由にはならない。

もし、GHQが皇室を根絶やしにしていたら、明らかに革命が起こっていたわけである。
しかし、実際は皇室は残った。
現在も天皇陛下は国民を思い正月に四方拝を行う。
国民は陛下を敬愛の感情を抱く。
戦前と戦後で変わらない統治がそこにはある。
主権者が決めたから存在するわけではないものがそこにはある。

226法の下の名無し2017/03/11(土) 20:55:00.52ID:V24Y0TTm
>>224
これだから美濃部を読んでいないと言っているわけである。
美濃部の法の本質を読め。

227法の下の名無し2017/03/11(土) 21:03:01.84ID:AbxUg84T
>>225
> 新憲法が無効になる理由にはならない。

 話の前提が顛倒してゐる。
占領憲法の制定の手續、過程が帝國憲法の制定過程に違反してゐるのは誰もが認める周知の歴史的事実だ。
ならば帝國憲法の制定過程に本づかずに、全く別の過程を以て成立した法が何うして憲法として妥當しうるの歟、
其の法的説明を御前は何一してゐない。
妥當するならば一體如何なる法に本づいて妥當しうるの歟説明せねばならぬ。

228法の下の名無し2017/03/11(土) 21:03:53.87ID:AbxUg84T
>>226
 美濃部博士は普通に改正限界を認めてをられるが(嗤)。

229法の下の名無し2017/03/11(土) 21:12:23.99ID:AbxUg84T
>>227
帝國憲法の制定過程に→帝國憲法の改正の制定過程に

230法の下の名無し2017/03/11(土) 21:17:00.87ID:V24Y0TTm
>>228
それは美濃部の間違い。
美濃部は『慣習等より理性によって意識的に作られた法の方が優れている』と思っていた。
だからこそ、彼が8月革命説に行きついたわけです。

美濃部はそれ以外にもいくつもの間違いを唱えている。

231法の下の名無し2017/03/11(土) 21:23:48.59ID:AbxUg84T
>>230
 思つてゐたと云ふのは御前さんの勝手な附度に過ぎぬ。

232法の下の名無し2017/03/11(土) 21:50:16.03ID:V24Y0TTm
>>231
いや、"法の本質"に本人が書いている。

233法の下の名無し2017/03/11(土) 22:05:31.21ID:AbxUg84T
>>232
 何ページかね。

234法の下の名無し2017/03/11(土) 22:29:55.22ID:V24Y0TTm
>>227
そもそも改正手続きを法として妥当足らしめるものは何よ。
そもそも根本的法を妥当足らしめるものとはなに?
>>197>>223を読んでも分からんか?

>>233
割と最初の方。

235法の下の名無し2017/03/11(土) 22:39:25.08ID:AbxUg84T
>>234
> そもそも改正手続きを法として妥当足らしめるものは何よ。
> そもそも根本的法を妥当足らしめるものとはなに?

 其の質問は自分で占領憲法自體の法的妥當性を見出せてゐない何よりの證明である(嗤)。

> 割と最初の方。

 其では全く話ならぬな(嗤)。

236法の下の名無し2017/03/11(土) 23:34:28.18ID:AbxUg84T
>>232
 「法の本質」は飽く迄も法律學を論じてゐる者であつて、國法學や憲法學を論じてゐる者では無い縡を判つて云つてゐるの歟。
國法學は當然に法律學の理窟も含まれるが、法律學とは論ずる論點を異にする。
帝國憲法其の者を論ずるのは國法學を以てゞあり、法律學である筈が無い(嗤)。

美濃部達吉博士・國法學
http://ja.scribd.com/doc/99441775/

237法の下の名無し2017/03/12(日) 00:16:51.71ID:kRgkpnpI
>>235
>其の質問は自分で占領憲法自體の法的妥當性を見出せてゐない何よりの證明である(嗤)。

私は答えが分かる。
『お前はこんなことも分からないのか?』と問うている。

>>236
"法の本質"は法全般について論じている。
国法や憲法は法の一種なので、
当然“法の本質”で論じられている内容は、国法や憲法にも該当する。

238法の下の名無し2017/03/12(日) 00:39:14.21ID:V9SasRyU
>>237
> "法の本質"は法全般について論じている。
> 国法や憲法は法の一種なので、
> 当然“法の本質”で論じられている内容は、国法や憲法にも該当する。

 國法學は固より國家學に屬する分野なのだが(嗤)。
法律學の理窟丈では國法學を論じられぬがね。
さう云ふ基本的の縡が御前には解つてゐないの歟
法理學のみの理窟では何うしても片手落となる。

239法の下の名無し2017/03/12(日) 00:40:00.32ID:V9SasRyU
>>238
法理學→法律學

240法の下の名無し2017/03/12(日) 02:40:16.69ID:V9SasRyU
>>237
 ☆國法學とは

 國法學とは統治權の本體及び作用に關する法則を論ずるものなり。
國法學は國家あるところ前提として國家權力の發動する法則を論ずるものなり。
國家自體を論ずるは國法學に屬し、權力發動以外の國家現象を論ずるは經濟學、政治學等に屬し、共に國法學の範圍に非ず。
 國家は各國固有の歴史と國體とを有す。
肆(かるがゆゑ)に國家の主權と作用とを論ずる國法學は各國固有の者にして、普通の法則ある者に非ず。
日本には日本獨特の國法あるを以て、歴史及び國體とを異にする外國國法の法理を以て解釋するを得ず。
 國家の組織?に國家の直接機關の組織權限及び行動の方法に關する法規を論ずる者なり。
肆に國法學は國家に關する學問としては國家學の分科に屬す。

國家學―― 歴史的―― 統計・國家歴史
國家學―― 理論的―― 公法―― 『國法學』―― 實在・攝理
國家學―― 理論的―― 公法―― 國際法―― 實在・攝理
國家學―― 理論的―― 國家道義學
國家學―― 理論的―― 政治學

法學―― 公法―― 國際公法
法學―― 公法―― 國内公法―― 刑法・訴訟法(民刑)
法學―― 公法―― 國内公法―― 國法(廣義)―― 國法(狹義)・行政法

241法の下の名無し2017/03/12(日) 04:05:11.97ID:GEsOV6Mt
國法學を絶対視してる時点で終わってる。

242法の下の名無し2017/03/12(日) 09:33:36.58ID:kRgkpnpI
>>240
>國法學とは統治權の本體及び作用に關する法則を論ずるものなり。
國法學は國家あるところ前提として國家權力の發動する法則を論ずるものなり。

統治権の本体及び作用、国家権力等は法学上の概念です(笑)
国法学は法学の一種です(笑)
あと、法と法律は異なります。

243法の下の名無し2017/03/12(日) 10:35:10.62ID:V9SasRyU
>>241
 絶對視では無くて、帝國憲法に關して論ずるは國法學を以て做されてゐたのに、今其を議論するのに國法學を投擲して何うして眞面な議論が出來るのかね。
國法學すら知らなかつたでは固より話にならぬのだが(嗤)。

244法の下の名無し2017/03/12(日) 10:38:11.20ID:V9SasRyU
>>242
> 統治権の本体及び作用、国家権力等は法学上の概念です(笑)

 全く違ふが。
其は國家學や政治學の分野だが(嗤)。
法學の意味が御前には解つてゐないらしいな(嗤)。

245法の下の名無し2017/03/12(日) 11:02:46.45ID:GEsOV6Mt
國法學しか語れないんじゃ話に成らん。

246法の下の名無し2017/03/12(日) 11:09:44.49ID:V9SasRyU
>>245
 國法學で無いと帝國憲法は語れぬが(嗤)。
憲法學とも全く意味が違ふからな。
其の程度の辨別も出來なくて何うして法を語れるの歟。
法律學で凡てを語れると思つてゐる御前がをかしのだ(嗤)。

247法の下の名無し2017/03/12(日) 11:31:24.34ID:GEsOV6Mt
結局國法學を絶対視してるじゃねーか阿呆。

248法の下の名無し2017/03/12(日) 11:35:48.47ID:V9SasRyU
>>247
 莫迦か御前は。
法律學では比較憲法學は語れぬ。
同樣に法律學では帝國憲法は語れぬ。
 こんな單純な縡が頭の足りぬ御前には理會が出來ぬの歟(嗤)。

249法の下の名無し2017/03/12(日) 13:35:26.60ID:GEsOV6Mt
それを絶対視と言うんだ馬鹿が。

250法の下の名無し2017/03/12(日) 13:44:14.10ID:V9SasRyU
>>249
 逆だらう。
法律學を絶對視してゐるのは御前のはうだよ(嗤)。
其よりも単に御前さんが國法學の存在自體を知らなかつたと云ふ無智が明かになつた丈だらうが(嗤)。

251法の下の名無し2017/03/12(日) 15:19:32.67ID:kRgkpnpI
論点は、美濃部が法の本質を書くにあたって帝国憲法をも題材の一部にしていたかどうかだろう。
帝国憲法を念頭に置いてたかどうかだろう。

法の本質は国際法から国内法、その他家族等々の社会内の法などの法全般について論じており、
帝国憲法だけ例外と考えるのは、むしろ不自然なわけだが。

252法の下の名無し2017/03/12(日) 15:23:18.76ID:GEsOV6Mt
國法學を絶対視してるお前が國法學のみで鍵を得ようという薄っぺらい姿勢が明らかになっただけだ。

253法の下の名無し2017/03/12(日) 15:43:21.33ID:V9SasRyU
>>251
 だから適切な學問を以て論ず可しと云つてゐる丈だがね。
何ゆゑ態々「法の本質」に固執してゐるの歟全く意味が解らぬが(嗤)。

254法の下の名無し2017/03/12(日) 15:45:29.05ID:V9SasRyU
>>252
 法律學では「統治權の本體及び作用に關する法則」と「國家權力の發動する法則」とを論ずる縡は出來ないのだが。
事実御前は其の點を何一論じてゐない。

255法の下の名無し2017/03/12(日) 15:57:20.06ID:kRgkpnpI
>>253
>>226らへんからの話の流れが『美濃部はどう考えていたか』を論じているんだから、
当然その著作の一つに行きつく。

256法の下の名無し2017/03/12(日) 16:17:44.54ID:V9SasRyU
>>255
 「日本の憲法學はイギリスやアメリカの憲法學とは異つたものであり、又現代の日本の憲法學はコ川時代や鎌倉時代の日本の憲法學とは
著しく趣を異にしたものでなければならぬ。
民法學や刑法學に付いても同樣であることは言ふまでもない。
而してそれはそれ等が法の具體的な内容を研究の對象とする学問であるからである。
 法の本質如何を論ずるのは、それとは異なり、法の具體的な内容を論ずるのではなく、それとは無關係に、
或特定の時代或特定の社會を眼中に置かず、時の古今と洋の東西とを問はず、又文化程度の高いと低いとに拘らず、
總べての時代總べての社會總べての文化を通じて、法が如何なる性質を有するものであるかを明かにしようとするに在る」
「法の本質・侍_・二問題の意義」より拔萃、四頁

 美濃部博士は御前と違つて論點を聢と辨別して論じてをられる。
「法の本質」を以て此彼反論せる御前自身が「法の本質」の論ずる本質自體を何一理會してゐなかつたと云ふ縡だ(嗤)。

257法の下の名無し2017/03/12(日) 16:56:44.64ID:V9SasRyU
>>255
 詰り御前が帝国憲法と云ふ個別具体的の法に關して議論するに際しては――

美濃部達吉博士・國法學
http://ja.scribd.com/doc/99441775/

―― と以て論じねば全く意味不明な議論になると云ふ縡である。

258法の下の名無し2017/03/12(日) 18:07:30.66ID:kRgkpnpI
>>257
おまえは論理力や思考能力をちゃんと身に着けような(苦笑)

まず、”法の本質”で論じられているのは、
法律学ではなく法哲学である。

>總べての時代總べての社會總べての文化を通じて、
法が如何なる性質を有するものであるかを明かにしようとするに在る

つまり、帝国憲法もここに該当すると考えるのが自然。

美濃部曰く、
法の具体的内容こそは時代により又社会によって甚だしく相異なるけれども、
法たることの性質においては、時代と社会に拘らず常に共通である。

>而してそれはそれ等が法の具體的な内容を研究の對象とする学問であるからである。

ここでいう法の具体的内容とは、例えば、一夫多妻制を認めるか否かなどである。
もし、条文がある法なら、その条文が何を指すか、である。これは当然社会によって変わる。

259法の下の名無し2017/03/12(日) 19:09:35.08ID:V9SasRyU
>>258
 「法とは何か、法の本質は如何、これこそ法律學の最初の問題であり―― 」
美濃部達吉博士著「法の本質・論文集第二卷序」より拔萃

 ↑美濃部博士自身が法律學と云つてゐますが(嗤)。

> 法律学ではなく法哲学である。

 「法哲學とは法の實踐活動の最高原理を究めると同時に、進んで法の理論的認識の成立の根據を明かにし、
以て理論哲学たる職分をも遂行する。
 法哲學は一面に於て實踐哲學であり、他面に於て理論哲学である。
其は法哲學が社會哲學の一分科であることの、且つ、社會科學が一面に於て實踐哲學であり、他面に於て理論哲学であることの、
當然の歸結に他ならなう」
尾崎朝雄著「法哲學・侍_・法哲學の概念」より拔萃、十一頁

↑美濃部博士の「法の本質」とは論點が丸で違ふが(嗤)。
御前が法哲學に關する刊行物を全く讀んでゐない縡は能く判つた(嗤)。

260法の下の名無し2017/03/12(日) 20:25:47.45ID:V9SasRyU
>>258
 國法學とは國家學の立場から法を論じたる學問であり、法哲學は社會哲學の立場から法を論じたる学問であり、
法律學乃至法學は法其の者の本質に焦點を絞り論じたる學問であり、美濃部博士の「法の本質」は紛う方無き法律學乃至法學の立場での論述である。
法に就いて論じてゐるから何でもかんでも學問的に法律學乃至法學の中に屬する訣でも無い。

261a2017/03/13(月) 20:15:14.05ID:+8/s9J+s
35:54電波流してやろうか強いの

10:40寝こみ時音声送信集
https://www.youtube.com/watch?v=WTdY7h129Mk

262法の下の名無し2017/03/19(日) 21:16:01.29ID:B8DnlP6G
法と法律は異なるものを指すが、
法律学は法学のことを指すのか。勘違いしてた。
つまり、法の本質は法学(法律学)に分類され、
法哲学にも分類されるわけだ。

法の本質の内容は法哲学そのものですよ(笑)

263法の下の名無し2017/03/20(月) 19:01:10.19ID:LC1jQh8K
>>262
 「法哲學とは法の實踐活動の最高原理を究めると同時に、進んで法の理論的認識の成立の根據を明かにし、
以て理論哲学たる職分をも遂行する。
 法哲學は一面に於て實踐哲學であり、他面に於て理論哲学である。
其は法哲學が社會哲學の一分科であることの、且つ、社會科學が一面に於て實踐哲學であり、他面に於て理論哲学であることの、
當然の歸結に他ならなう」
尾崎朝雄著「法哲學・侍_・法哲學の概念」より拔萃、十一頁

↑全然違ふが。
頭悪過ぎて國語が理會出來ないの歟(嗤)。

264法の下の名無し2017/03/20(月) 23:07:55.40ID:xf4I/qAR
それはお前だろう。

265法の下の名無し2017/03/21(火) 06:45:16.27ID:zOl9gRYK
 法の議論をするに文章を讀解出來ねば話にならぬ(嗤)。

266法の下の名無し2017/03/21(火) 09:17:41.90ID:5M1BrfDF
読解力0のブサイクフンドシマンが読解力を語る。

267法の下の名無し2017/03/24(金) 20:45:57.93ID:DXLx0lyE
有賀長雄・国家学
https://ja.scribd.com/document/342903393/
南弘・国家学
https://ja.scribd.com/document/342903425/
佐治謙讓・日本學としての日本國家學
https://ja.scribd.com/doc/142761641/

現行の憲法學とやらには國家の統治法たる憲法を語るに相應しき國家學や國法學の觀點が丸で無く、其の主張する所は數多の謬説に彩られ、
學問としては取るに足らぬ似非學問と墮して仕舞つてをるゆゑに、其を基に語られたる論説は孰も陳腐且つ幼稚な言種許りである。

268学術2017/03/25(土) 11:34:57.56ID:WsLf98ji
また反乱かよ。

269法の下の名無し2017/03/27(月) 22:13:25.74ID:z7Z90M/G
どうなる?どうする!日本の憲法問題/頑張れ日本!全国行動委員会四日市支部主催 パネルディスカッション
https://www.youtube.com/watch?v=_JtCE5fu1g0

270法の下の名無し2017/04/02(日) 17:18:45.65ID:HhLTiB4h
>>263
>
 「法哲學とは法の實踐活動の最高原理を究めると同時に、進んで法の理論的認識の成立の根據を明かにし、
以て理論哲学たる職分をも遂行する。
 法哲學は一面に於て實踐哲學であり、他面に於て理論哲学である。
其は法哲學が社會哲學の一分科であることの、且つ、社會科學が一面に於て實踐哲學であり、他面に於て理論哲学であることの、
當然の歸結に他ならなう」


まさしく法の本質の内容です(苦笑)

271法の下の名無し2017/04/02(日) 17:23:24.67ID:2i/5gA+v
>>270
 法の本質論は法哲學の中の一斑でしか無く、其自體を法哲學と云つて仕舞ふのは誤謬である。

272長木よしあき「それではブサメンキモメン色川高志の告発です」2017/04/05(水) 14:06:00.15ID:ISSpj/kQ
秋葉原通り魔事件で逮捕された加藤智大さんは犯人ではありません。
この事件を詳しく検証した下の動画を見ていただければ加藤さんが
冤罪であることは明らかです。 皆さんの目で一度確かめて見て下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=OD87ETBXMKY

※どうやら秋葉原通り魔事件の真相を世間に知られたくない輩が上の動画の信頼性を損なわせることを目的として
 youtube評価の「よくない」の方に毎日一票か二票ずつ投票するという粉飾工作をしているようです。
 すでに事件から何年も経過しているのになぜ今になってそんな工作をするのかは不明です。

273法の下の名無し2017/04/12(水) 17:11:32.00ID:D1BZ8Qk3
鈴木大輔さんしつこいですよ

あーねるわあ

274法の下の名無し2017/04/14(金) 06:54:54.28ID:AOn7AaH8
女に参政権を与えたGHQが諸悪の根源
結果、今の日本である
10月 03 「女性の解放」をトップに指示した「五大改革」指令
http://blogs.yahoo.co.jp/naojyi/16191973.html

女を優遇した日本はこの有り様だ!
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/gender/1399463689/
憲法改正
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/gender/1428358853/
いい加減に女を甘やかす風潮をやめよう
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1482791140/
【正直】女性の社会進出【邪魔】
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1472421237/
男女共同参画はどんでもない税金の無駄遣い
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/eco/1473630704/
もし、今度戦争になったら女に行ってもらおう
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/war/1464215542/
男女平等より古来の道徳に戻った方がいいのでは?
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/gender/1290470491/
日本ぶち壊しの男女共同参画は廃止せよ!
http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/32704875.html
女性優遇しかしない名ばかり男女共同参画の嘘を見抜け
http://blog.goo.ne.jp/grk39587/e/2b60f4de5a7e4163bebf26807c371f80
地獄のマッカーサーに罵声を送ろう
http://sinnnoaikokuhosyu.seesaa.net/article/248474060.html

275大学新入生2017/04/16(日) 15:02:58.48ID:exnkYh9h
憲法の入門書としてよいものを教えてください。下の本について評価をお聞かせください。また他に良い本があれば教えてください。


六訂 憲法入門
樋口 陽一
勁草書房 (2017)

憲法 第六版
芦部 信喜、 高橋 和之
岩波書店 (2015)

憲法学読本 第2版
安西 文雄 (著), 巻 美矢紀 (著), 宍戸 常寿 (著)
有斐閣(2014)

276法の下の名無し2017/04/23(日) 01:37:05.50ID:wB1+ReBY
いまどき2chに学生がくるはずないと思ったら
前にも自爆さんと話してた方ですねw
>>91はいくらなんでもひどいw
美濃部は改説したと考えるのが普通でしょ

277法の下の名無し2017/04/23(日) 01:39:30.99ID:wB1+ReBY
しかし突然の美濃部達吉リバイバル
ローティ読んでるとさもありなんという気もしますね
社会心理でもええやんけ〜w

278法の下の名無し2017/04/23(日) 09:47:21.19ID:oVXIEPsU
>>276
美濃部は主張を変えてないよ。
天皇機関説論争はあくまで統治権(主権)の所在を争ったもので、
美濃部は、いかなる国においても統治権は国家にありとしている。(上杉らの天皇主権説でなく天皇機関説)
しかし、戦前の国家意思最高決定権(主権)の所在は天皇としており、
戦前の憲法制定権力(主権)は天皇としている。(“天皇主権”説)
そして、憲法の変更の際、主権者が天皇から国民に変わり、
革命が起こったとしている。

「統治権≠国家意思の最高決定権≒憲法制定権力」
これを理解していない奴が美濃部の変節を唱えているだけ。

279法の下の名無し2017/04/23(日) 10:07:53.33ID:5o4w1Zp9
>>278
美濃部達吉博士著「國法學」、第二章統治權、第三節主權、第一款主權の沿革、八十二丁に曰く、

 「君主主權説及び國民主權説(ジャン・ボーダン及びルソーの如き)が政治歴史の實際に及したる影響の大なることは右述ぶるが如し。
主權の觀念の沿革を論ずるに於ては、此の歴史上の事實(佛蘭西革命)を度外にすることを得ず。
然れども主權といふ語は、其の本來の意義に於ては、國家の權力が國家以外の他の權力に依りて、
制抑せられざるの性質を言ひ表すが爲に用ゐられたるなり。
即ち國家の權力其の物に屬する一の屬性なり。
君主主權説といひ又は國民主權説といふは、之に反して國家内に於て何人か最の權力を有す可きかの問題なり。
一は國家の權力の性質の問題にして、一は國家内に於ける權力の所在の問題なり。
二者は全く關係無き別個の問題たり。
不幸にしてボーダンは、此の二の問題を混同し、而して此の混同は、第十七世紀及び第十八世紀を通して行はれ、
其の混同の儘に於て歴史上偉大の影響を及すに至りたるなり。(畧)
君主主權説といひ、國民主權説といふは、政治上の主義の問題にして、主權の本來の觀念とは何等の關係無き別問題なり。
政治上の主義としても、君主主權又は國民主權は何れも必ずしも絶對の眞理に非ず、各國特殊の歴史と國民の政治事情とに依りて決す可き問題なり。
其の本來の觀念に於ては、主權とは國家の權力の屬性たるに外ならざることを明かにすることを得たるなり。」

280法の下の名無し2017/04/23(日) 10:50:16.73ID:oVXIEPsU
>>298
それは論破済み。
まともな読解力も論理的思考力も無く、美濃部達吉の論を全く理解できない人間は、
引っ込んでような。

281法の下の名無し2017/04/23(日) 13:00:15.20ID:wB1+ReBY
はてさて?
谷田川さんは国家法人説を無視してるような?
国家法人説の信奉者だった美濃部が天皇主権説のわけないでしょ

もしも美濃部の政治的な立場を天皇主権説と呼んでいるのだとしたら
それは通常の用語法とは異なるかもしれませんね

それに谷田川さんの読みだと美濃部は天皇主権じゃなくて
社会心理主権じゃないのw

282法の下の名無し2017/04/23(日) 17:09:21.63ID:oVXIEPsU
何で谷田川さんの話が出てくるのか分かりませんが、
国家法人説であることと、天皇主権説(天皇に憲法制定権ありとする説)は矛盾しません。

一般に、天皇主権、国民主権といえば統治権の所在を指すのではなく、
憲法制定権力の所在を指す。
むしろ、天皇機関説論争における上杉らの天皇主権説という用法の方が
特殊だったりする。

283法の下の名無し2017/04/23(日) 20:55:23.67ID:wB1+ReBY
>>278
>戦前の憲法制定権力(主権)は天皇としている
問題はこのあたりかな
戦前の美濃部は「何が憲法(国家体制の意)を生み出すのか」について
明示的に語ってないと思いますけどね?
私の勉強不足かもしれないので語っているとしたらソース願います

284法の下の名無し2017/04/23(日) 22:01:44.26ID:oVXIEPsU
>>87ですでにあげている。
美濃部達吉,『日本国法学』第一編総論 第一章 国法学ノ基礎観念 第五節 国家ノ機関 pp.104-117

他にも山ほどある。
今すぐ確認できないが、
「上杉博士対美濃部博士最近憲法論」にもそうあったのではないか。

285法の下の名無し2017/04/23(日) 23:25:15.34ID:wB1+ReBY
>>284
それちょっと読めないw
どなたか引用して頂ければ

私の認識を整理しときます
とくに自信があるわけでもないんで間違ってたら指摘してほしいです
A 美濃部は戦前、主権全能論には与しなかった
B 憲法制定権力についても語らなかった
C 戦後「日本国憲法成立の法理」を説明するにあたって、
八月革命説を採用した
D 八月革命説は、シュミットの憲法制定権力論を下敷きにしている
(宮澤は尾高朝雄との論争で『主権者はノモスの内容まで決定できる』
と言っていますから、これが主権全能論であることは明らか)

以上の認識が正しいとすると、
A、BからC、Dへの転換は改説と言っていいはずですが

286法の下の名無し2017/04/26(水) 21:25:32.77ID:SDV2UTZD
「憲法の本質部分は、誰かがつくるということではなく、その国にすでにあるものを発見することである。
制定ではなく発見。
わが国はこういう国である、というのを誰かが決めるのではなく、すでにある歴史と伝統を確認しているに過ぎない。
その視点からの憲法改正が実現してこそ、真の戦後体制からの脱却といえるのではないか。」

谷田川惣のコラムブック 不定期コラム
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/280503.html

 「歴史と伝統を確認している」筈なのに何うして其處から占領憲法の改正が結論となつて仕舞ふのだ。
歴史と傳統との確認を眞面に出來てゐないのだらう。

287法の下の名無し2017/04/27(木) 09:10:51.23ID:QiXX/pms
無効猿丸出し。

288法の下の名無し2017/04/27(木) 22:52:34.91ID:pYIepR3k
>>285
美濃部達吉・日本國法學
https://ja.scribd.com/doc/314043935/

289法の下の名無し2017/04/29(土) 12:43:05.11ID:EsXjKVDL
>>285
>A 美濃部は戦前、主権全能論には与しなかった

美濃部は国家の最高機関も理法を超えられないとしていた。
美濃部は主権全能論に与していなかった。
この理法とは何かというと、美濃部は慣習より理性を重んじていたことから、
伝統や慣習とは全く関係なく人間の理性から導き出される法だと分かる。

>B 憲法制定権力についても語らなかった

憲法制定権力という言葉は使わなくても、
天皇が憲法を制定したということは、述べていた。
しかし、それは天皇が憲法に拘束されることと矛盾しないとも述べていたが。

>D 八月革命説は、シュミットの憲法制定権力論を下敷きにしている・・・

主権全能論でなくても、8月革命説は取りうる。
主権者は理法に拘束されるが、
一方、伝統や慣習法を法的に妥当なものかどうかを
判断する権能を有していると解すると、
8月革命説になる。伝統や慣習より高次なもの(主権者)が
変更されたのだから、国家の連続性が否定されたといえるし、
この場合、法的連続性も否定される。

法の本質にて「政府の立法で慣習を変えられるとは限らない」という趣旨を美濃部は述べていたが、
それは法の実効性に関することだと考えると、矛盾しない。

290法の下の名無し2017/04/29(土) 13:02:28.89ID:k2yoQsJb
>>289
 非理法權天と云ふ詞がある通りに、理法は天には勝てぬのだ。

291法の下の名無し2017/04/29(土) 17:10:55.36ID:kage+qO3
>>289
やれやれw
そんな難しい話はわかりかねますが
美濃部の政治的信条を指して「天皇主権論者だ」というなら
それはそれで正しいでしょうね
ですが理論的な面で美濃部を天皇主権論者だと呼ぶとしたら
論敵である穂積八束や上杉慎吉と区別がつかなくなるでしょ?

292法の下の名無し2017/04/29(土) 17:14:22.34ID:kage+qO3
>>288
それも読めないw
ですが家永三郎の本と『日本国内憲法原論』は覗いてみました
その箇所はひょっとして革命が憲法をつくる要因だと言ってる箇所?

293法の下の名無し2017/04/30(日) 08:33:01.76ID:dUK1NIUu
>>291
>理論的な面で美濃部を天皇主権論者だと呼ぶとしたら
論敵である穂積八束や上杉慎吉と区別がつかなくなるでしょ?

美濃部の天皇主権と上杉の天皇主権は、異なる。
統治権の権限がどこに存在するかが異なる。
双方正しいことも間違ったことも述べている。
どちらも傾聴の価値のある重要な主張である。

294法の下の名無し2017/04/30(日) 14:56:48.93ID:BWnBNQ5+
和をもって尊しとなす
日本人はみーんな天皇主権論者ということで、
めでたしめでたしです

昨日の夜のニュースに出てた人も天皇主権論者なのでしょう
BGMにKILL THE KINGかかってたような気がするけどw

295法の下の名無し2017/05/03(水) 08:58:15.75ID:XmdN1eqX
主権の多義性がゆえにおかしな言論をした人間がいたように、
天皇主権の多義性から美濃部の変節を主張する人がいる。
これは間違い。

美濃部が主張変えたのは、戦前は国体を法的概念としてとらえていたのに、
戦後は法的概念と認めなくなったことくらい。

296法の下の名無し2017/05/03(水) 12:09:36.09ID:HMI2oxAm
 ×日本國憲法→The Constitution of Japan
 ◎占領憲法→The Constitution of occupied Japan*Occupation constitution

 此の認識が改正論者には無い。

297法の下の名無し2017/05/03(水) 19:05:03.13ID:XmdN1eqX
戦後の日本も日本なんだよ。
連綿と連なる時間を経て存在しているのは今の日本なんだよ。
これを忘れちゃいけない。

298法の下の名無し2017/05/03(水) 19:06:47.37ID:XmdN1eqX
戦前と戦後で日本を分断してとらえるのは、
8月革命説に賛同する人間となんら変わらない。

299法の下の名無し2017/05/03(水) 20:50:17.16ID:HMI2oxAm
>>298
 分斷なんぞ固よりされてはゐないし、占領憲法を憲法と認める縡こそ八月革命説の側に立つのだと云ふ縡を自覺す可きだな(嗤)。

300法の下の名無し2017/05/03(水) 23:40:44.73ID:HMI2oxAm
 今日本に必要なのは占領憲法の改正では無く、帝國憲法の改正である。

301法の下の名無し2017/05/04(木) 00:05:35.69ID:UAB1MMbv
>>295
変節したと言われているのは宮澤俊義で、美濃部達吉じゃないでしょw
中央公論読んでたら北岡伸一さんが
「美濃部達吉に反対して天皇主権説を唱えた上杉慎吉」と書いてて(笑)

302法の下の名無し2017/05/04(木) 09:47:12.76ID:hJuuycNJ
>>299
仮に新無効論でも、日本国憲法は講和条約として有効としている。
結局は日本国憲法の下で統治権を行使してきたことには相違ない。
その事実を無視はできない。

303法の下の名無し2017/05/04(木) 10:34:07.54ID:XbP13Jzf
>>302
だから占領憲法は憲法であらねばならぬ縡にはならぬ。

304法の下の名無し2017/05/04(木) 14:31:03.24ID:yxYDrYzX
いや、憲法だが

305法の下の名無し2017/05/04(木) 14:33:56.28ID:yxYDrYzX
学者が研究を重ね、以前の論考を変えることは良くある。

306法の下の名無し2017/05/04(木) 15:47:25.98ID:XbP13Jzf
>>304
 憲法と斷定するには其の出自の法的妥當性を證明出來ねば無理である。
憲法たるに其の成立の出自は聯絡無しとせば、憲法と稱すれば如何なる法も憲法たる資格を有ちうる縡となつて仕舞ふ。

307法の下の名無し2017/05/05(金) 02:01:44.40ID:M+dwwE9q
なんでそこで妥当根拠云々になるかな〜?
時代は美濃部。
「勝てば官軍」で「社会心理」よw

308法の下の名無し2017/05/05(金) 09:33:40.26ID:mAjkk5Kv
世界中の憲法の多くが動乱の中で作られている。
成立の出自とか成立の手続がまともなものなんて、
限られる。

309法の下の名無し2017/05/05(金) 10:03:19.94ID:UWlkHdUD
古臭い学者ばかり引用しているから、
ハートのいう「承認のルール」すら理解出来ないんだよなぁ。

化石かよw

310法の下の名無し2017/05/05(金) 10:58:15.77ID:mAjkk5Kv
>285
285君のような人間によくみられる間違い。
「主権全能説でないと8月革命説や国家の不連続性を唱えない」
「美濃部は天皇主権説(天皇を最高機関とする説)を唱えていない」
「立憲君主国なら天皇主権ではない。天皇主権なら絶対君主制。」
上記、いずれも誤り。

311法の下の名無し2017/05/05(金) 12:38:26.55ID:mAjkk5Kv
承認のルールはどうやって決めるのかね?
第二次ルールに正統性を与えるものは何かね?

312法の下の名無し2017/05/05(金) 12:55:00.82ID:UWlkHdUD
裁判所や公務員ら公的機関の法実行者らによる
実践的法運用により法承認のルールが決まる。

313法の下の名無し2017/05/05(金) 15:37:40.80ID:M+dwwE9q
>>310
一番上は保留。
二番目と三番目は単なる言葉の問題ね。
憲法に「万世一系の天皇之を統治す」と書いてある以上、
その解釈学説が国民主権になるはずないじゃんw

美濃部も上杉も天皇主権説。
あなたの言ってることは「憲法にそう書いてあるよ〜ん」
ということにすぎないのではw

314法の下の名無し2017/05/05(金) 18:17:51.85ID:mAjkk5Kv
>>313
いや三つ目の天皇主権は天皇に制憲権があることを指している。
もし、そんなに自明なことなら、
285君は「美濃部は制憲権について述べていない」なんて言わないのでは?

315法の下の名無し2017/05/05(金) 19:28:20.39ID:M+dwwE9q
ん?
主権者の自己拘束みたいな話かな。
ま私は「立憲政治に主権者はいない」と考えるほうが好み。
というかそもそも「主権者」なる概念が特殊西欧的な概念で不要。
フランス人とドイツ人だけで勝手に議論してれば?

316法の下の名無し2017/05/05(金) 23:43:54.01ID:M+dwwE9q
>>310
一番目。
確かにあなたのいうとおりのようです。
>>285のDは誤りということで。

317法の下の名無し2017/05/06(土) 10:42:16.12ID:cjt8izlE
個人の好みは置いといて、今日的国家運営に於いて
それを司る存在が不要という考え方を採っている国は
今のところない。天皇機関説の元となった国家法人説は
主権概念が未成熟な当時のドイツや日本にあっては
一種アクロバティックな法理論で、事実ドイツでは
短命に終わっている。責任の所在の明示をしないまま、
変化し続ける国家に決定権を丸投げすることは、
結局のところ丸山の言うところの無責任体質を醸成し、
誰も責任を取らない倫理の欠如をもたらす。

318法の下の名無し2017/05/06(土) 12:09:17.62ID:TmqXN9yP
>>317
 さういふ發想は抑憲法と云へば民主共和制の憲法のみしか前提としてをらず、立憲君主制共通の憲法の常識に關しての無智からくる者だらう。

319法の下の名無し2017/05/06(土) 12:16:39.82ID:cjt8izlE
いやはや、オースチンすら知らない奴に
無知呼ばわりされちゃったよw

320法の下の名無し2017/05/06(土) 12:30:12.43ID:TmqXN9yP
>>319
 實際無智だらう。
丸山の言分を鵜呑にしてゐる時點で愚である。

321法の下の名無し2017/05/06(土) 12:34:30.96ID:cjt8izlE
丸山が間違いとする根拠は?

322法の下の名無し2017/05/06(土) 13:13:51.39ID:TmqXN9yP
>>321
 だから>>318

323法の下の名無し2017/05/06(土) 13:25:23.41ID:cjt8izlE
だからじゃなくて。
丸山の何処が間違いなのか何の論考もないじゃないの。
回答にも反論にもなってないよ。

324法の下の名無し2017/05/06(土) 13:43:37.46ID:cjt8izlE
そもそもハートもオースチンもイギリス人だけどね。
立憲君主制の国の法哲学者だぜ?

どちらが無知かは言わずもがなだなぁ

325法の下の名無し2017/05/06(土) 14:23:33.65ID:TmqXN9yP
>>323
責任の所在の明示をしないまま、
変化し続ける国家に決定権を丸投げすることは、
結局のところ丸山の言うところの無責任体質を醸成し、
誰も責任を取らない倫理の欠如をもたらす。

 だから之が立憲君主制の憲法に共通する性質を理會してゐないからかう云ふ認識となる。
而して御前さんもさうなうだらう。

326法の下の名無し2017/05/06(土) 14:25:57.24ID:TmqXN9yP
>>324
 重要なのはブラクトン、コーク、ヘイル、ブラックストーン邊だらう。

327法の下の名無し2017/05/06(土) 16:23:32.95ID:D+NQqCg3
>>312
裁判所や公務員の法的地位や法的行為に
正統性や妥当性を付与するものは、
なんだろう?

328法の下の名無し2017/05/07(日) 08:12:53.72ID:WKR7qrkM
樋口によれば、法運用の専門性に特化した集団に
判断を授権することによる合理性。

329法の下の名無し2017/05/07(日) 13:29:38.76ID:Owy3QbDz
>樋口によれば、法運用の専門性に特化した集団に
判断を授権することによる合理性。

合理的なら法的地位や法的な行為として認められるんか(笑)
裁判員制度はなんだろうな。
何が合理的であるかの判断など、人や時代によって変わる。

330法の下の名無し2017/05/07(日) 15:51:00.78ID:nnj4B0g/
裁判員制度はあくまで市民が司法制度を身近に捉える為のもの。
いわば専門性と市民との橋渡し的な制度。

331法の下の名無し2017/05/07(日) 16:45:33.83ID:Owy3QbDz
裁判員制度は、常識はずれの裁判官の判決を正すためだよ。
他国の導入理由と全く違うんだよ。

332法の下の名無し2017/05/23(火) 19:31:26.53ID:UpdKEV5f
             _,-=v彡ミミミヽ,
             ミミ彡=ミミミミミミミ,,
            ミ彡   ミミミミミミミミ    共
            彡! __    ミミミミミミ    謀
      /´|    ミ!   \_  _/~~ヽミミ    罪
      | |    三!-=・=‐ ^ -=・=‐ll彡   は
      | |    "!|  . .  ! |   . . .  !ミ   国
    __rート、 l     ゞ| ヽ、 (・ ・人 _  ノゞ    民
   { ! {、ヽ\     ヽ ノ _    ィiミ    の
   .ハ_>Jノ l |     ヽ ` [__]   ノ彡    為
   {  /  /{      ヽ  `ー'´  |ゞ
   〉   /        ト-___-ノ入   

           コイズム スンジロー

              _,-=vィ彡ミミミヽ,
              ミミ彡=ミミミミミミミ,,
             ミ彡   ミミミミミミミミ   心
             彡! __     ミミミミミミ   配
      /´|   .  ミ!   \_  _/~ ミミミ彡  い
      | |  /´}  ミ!| `-=・=‐∧'-=・=‐'.川ミ.  り
      | | / /.  "!|       _    !!ミ.   ま
    __rート、 l' /.:   ゞ| ヽ、 人‥人   ノゞ   せ
   { ! {、ヽ. l     ヽ|   、 , !   .,ィiミ    ん
   .ハ_>Jノ l |  .    \ `ヽエエノ  ソ彡    !
    〉   /        ト-___ _ノ 入
   /   /    ゝ-___..| ト   ノノ ヽ_


 共謀罪と長渕剛
https://youtu.be/tuWQ90kIElI

333法の下の名無し2017/06/24(土) 12:55:16.24ID:SgQu4zpf
美濃部達吉・現代憲政評論
https://ja.scribd.com/document/352121936/
谷野格・刑法各論
https://ja.scribd.com/document/352121953/

334学術2017/06/24(土) 17:06:02.30ID:Gm3p1nus
しかし、刑法のみ的に刑事裁判を論じるとか、刑法に触れるとかよりは、
民事裁判を任されている裁判員の方が優秀だろうな。

335学術2017/06/24(土) 17:18:00.42ID:Gm3p1nus
というのも、刑法の難解さはその刑苦の短絡さにあり、それを適応するとなると
社会に死的な退屈被害が出るからであり、病院云々も、兵役上の
義務たらずんば世が救われる、一つの、多くのというわけで・・・・

336法の下の名無し2017/06/25(日) 05:22:17.43ID:Yo0SUgQX
とゆーか、すっかり時のヒトとなった感のある「秘書に対する暴言暴行キチガイ代議士」の豊田真由子国会議員。
既に100人以上の秘書が出入りしたらしいが、んなもんシンアイ-東京エクセリアの新畑一雄会長に比べたら小娘の癪程度にすぎない。
何たって豊田真由子議員の秘書らが叱責と暴言暴行にあうのは秘書側の能力の問題と業務上の間違いを生じた場合という明確な理由が存在するのである。
そりゃ千円で一万円の能力を求めてしまうのがそもそもの間違いではあるのだが。
(新畑の暴言暴行は理由がありません。
基より比べたらダメだけど)

で、端折ると

新畑一雄が女房の佐和子に言ってんのが録音してあんだが
「おい、佐和子!お前はキチガイヒステリック婆だがら(子息)や(長女)に感情のまま叱り付けるけれども、それは良くない。
今、会社の総務には遠藤ってフランケンシュタインみたいな馬鹿がいるから、
今後は何かと業務連絡を装いながら、こいつに無理無駄難題イチャモンつけて憂さ晴らしをかねてオモチャにして遊びなさい。
こいつ、遠藤な!お前のちゃ〜おも、お前のちゃ〜おもにしなさい。ちゃ〜おも!
な!ちゃ〜おもに!」だってさ。(笑)(笑)(笑)
しばらくして件の遠藤君は出社拒否、即ちバックレに至る訳だが、当然に例によってバックレ社員ストーカー部隊の執拗な追求がなされるわけだ。
そしてストーカー部隊より新畑一雄会長に報告があがったのだがその内容たるや
「遠藤の実家の母親によると遠藤はノイローゼになり円形脱毛症を併発し神経内科に通院している」
とのこと。その報告を既存の社員らの前で満足そうに笑みを浮かべながら自慢して溜飲をさげるのが新畑一雄会長ってな訳である。
ちっちゃな男である。
で、要するに以後の社員らの中で同じようにバックレざる得ない社員らも、新畑の馬鹿が満足してストーカー部隊の投入を早めに切り上げて貰うために「ノイローゼ」だの「自殺未遂」だの、
ま~あ、新畑の馬鹿を騙す為にはしょうが無いからそんな素振りをせざるを得ないのが流行ったっけかなあ。

佐藤まいこは母親に「娘はノイローゼになりましたっ」って切れさせてたみたいからなあ。


はい。ホンの一端ですが全部実話です。こんなんはあの会社では何でもない話だよ。

http://itest.2ch.net/test/read.cgi/estate/1457957231/l50

http://ssmatomesokuho.com/thread/read?id=244574

337法の下の名無し2017/06/25(日) 08:08:12.72ID:nv4fo25S
          ,,,,,..ー彡彡ミミ))))ミノ、、、、
        彡彡///ミミミ)))))))ノノ)))ヽ
      //////ゞゞヾノノノノ//ノヾヽ
     ////////////゙ヾ、ノノノノ"~///ミミミミミミ
    r////////////           ミミミヾ)))))
   ノノノ/////////            ミヾ)))))))))
   ノノノノ////////              ミ)))))))))ノ
  ((//////////.,,、、,,,   )(   ,,,,,,、、、ヾノノノノノノ
  ノノノ.((((/////ノ.  ヾ゙ゝ // ./''"    ノノ((((((ノヾ
 ノノノ///////ノノ.∠ ●ヽ     /●`ヽ、 ((ヾヾヾヾ)
 ((((((((((///.   ` ー~ ` | |  `ー ´   |ヾヾミミヽ
 ((((((((((/ r.|      .,,.- l  l 、     .|^/))))))))
 ((((((((((.\_|     / ( (._) )\    |/)))))))))
 ((((ヾヾヾヾ .l   .f ,,,-===.v===-、ヽ  .iノノノノノノノ
 λヾヾヾヾヾヽ   l.`、.LlLlLlLlLl 7´.l  ./ノノノノノノノ この、ハゲーーーっ!
  ((ノノノノノノノノ.ヽ  ゝ ゝ 二二二ノ ./ ./ノノノノ
  λヾヾヾ|  ヽ\         /./ノノノノ
    \\.|   ヽ.ヽ、     ノ/   \
    / ヾヽ     \```ー.´´/      \

338法の下の名無し2017/06/25(日) 13:23:17.16ID:GN9cYn7o
.
憲法9条2項は「戦力の不保持」を規定していますから、戦力を持っている自衛隊は違憲のはずです。
しかし他方で、憲法13条には「幸福追求権」というものが規定されています。
(憲法13条というのは基本的人権の総元締めみたいな条文で、表現の自由や信教の自由その他の
基本的人権は、憲法13条から派生した権利です。)

憲法とは、国家が国民に対して約束したことを規定した法です(これを立憲主義と言います。)から、
幸福追求権も国家が国民に対して保障した権利、ということになります。

ところが、もし、日本国が他国から侵略されたときに、国家が自衛のための応戦もしないで、
国民が皆殺しにされ、国土が破壊されるのを国家が指をくわえて見ていたら、それは国民の幸福追求権
を国家が保障したとは言えなくなってしまいます。
ですから、憲法9条2項で戦力を持ってはいけないと規定していも、他国から侵略された際に応戦する
こと、つまり個別的自衛権行使のための戦力を持ちこれを行使することは、憲法13条から許される
のです。

要するに、憲法13条との整合性から、憲法9条2項が持ってはいけないと言っている「戦力」には、
「個別的自衛の戦力」は『含まれない』と解釈するのです。
これが、憲法9条があっても自衛隊を合憲とする内閣法制局の憲法解釈です。
http://www.chukai.ne.jp/~tottori9jo/etc/syudan.pdf
今まで、政府はこの解釈のもとに自衛隊を合憲とし、国会も防衛費の予算を認めてきました。
(自衛隊が違憲なら、過去の防衛予算は全て無効です。)

ところで、平成26年の集団的自衛権の憲法解釈による容認も、憲法13条を根拠にする自衛隊合憲論
の延長線上にあります。
どういう事かと言うと、個別的自衛の戦力を持つことが、憲法13条から許されるのなら、
集団的自衛権つまり同盟国が侵略される場合でも、それが日本国民の幸福追求権を侵す場合は、
戦力を行使できるはずだ。という考えです。

事実、平成26年7月1日の閣議決定(7頁目18行目)には
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/anpohosei.pdf
-------------------------
我が国に対する武力攻撃が発生した場合のみならず、我が国と密接な関係にある他国に対する
武力攻撃が発生し、
これにより我が国の存立が脅かされ、
国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合において、
これを排除し、我が国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がないときに、
必要最小限度の実力を行使することは、
従来の政府見解の基本的な論理に基づく自衛のための措置として、憲法上許容されると
考えるべきであると判断するに至った。
-------------------------
と書いてあります。(この閣議決定の部分は、新武力行使3要件と言われています。)

しかし、日本から離れた場所にある同盟国への武力行使の結果、日本国民の幸福追求権が根底から覆される
明白な危険が生じる場合というは、現実には考えられないと言って良いでしょう。
首相はホルムズ海峡に機雷が敷設された場合、日本国民の幸福追求権が根底から覆されると国会で答弁し、
失笑を買いました。
このように現実にはあり得ないケースを想定しているので、集団的自衛権が実際に行使される可能性は限りなく
低く、そのため、公明党も内閣法制局も最終的に集団的自衛権の憲法解釈を容認したのです。

そこで、安倍首相は、今度は憲法9条3項に自衛隊を明記すると言い出しました。
今までは、憲法13条を根拠に自衛隊は合憲で、しかも、集団的自衛権も認められました。
しかし、今度は13条は関係なく、憲法9条だけで自衛隊が合憲となるのです。もちろん集団的自衛権も
そのまま認めるのでしょう。
何が違うかと言えば、憲法13条は関係なくなりますから、憲法13条の「縛り」が無くなるのです。
つまり、日本国民の幸福追求権が根底から覆される明白な危険が無くても、集団的自衛権が行使できるのです。

今回の憲法9条3項論には、このような意図が隠されているのです。

339法の下の名無し2017/08/14(月) 14:11:31.60ID:MDVy2tcy
      【 安倍晋三 親衛3部隊 】
           __  ___
          / `´___ヽ
         ./  /`´ _ ヽ
        │ 丿  \ ,,/l
         |ミl  -¬ ¬l  マスコミによる
        (6l U  ( 。。)ヽ  印象操作は
        _/ 、  ノ  3 )  辞めたまえ!
       _/ \__、____ノ
     ./     > レ介v \
     l       ^ 〜" ̄, ̄ ̄〆⌒ニ⊃
     l  \          、rヾイ_ソ_ノ
     l    ヽ-  〜  ―― - /

      韓国文化 チャンネル槿
           水豚 総
     ____          ____
   /i!i!i!i!))ノi!\       _/i!i!i!i!i!i!i!i!i!\
   /i!i!i/⌒⌒ヽ!i!i!ヽ    _/i!i!/`´””川i!i!i!ヽ
  /i!i!i/        |i!i!i!|    |i!i!/        li!i|
 /i!i!i!| ⌒   ⌒ Vi!i!l    .|i!| _ノ   ヽ_ li!|
 |i!i!ii| -=  |  =- |i!i!i!|    《|  /・) (・ヽ  |》
 |ii!i!i|    (__   |i!i!i!|    .し|   <_ _ >   |J
 Vi!i!人 (-=-ヽ i!i!i!/     |  /   \  |
.  \i!i!iヽ ニ ノi!i!i/     .\( <ニニ> /
    \i!i!) ̄(i!i/       _,\__ー___ノ_
    / | |_| | \     ,r'::::/::::|/▽ヽ|::/:::ハ
   |  > |  | < / |    /:∩m::::| λ |:::::〉::|:ヽ

日本会議 危井よしこ  独立研究所 アホ山繁晴
  戦争ブッ始めて      安倍さん叩きは
 国土を守るんです!   中国工作なんです!

340法の下の名無し2017/08/30(水) 05:35:58.42ID:+KcKuVzh
        /      ./ヽ |
        |  ///  | |
        \/\  /ヽ /    国民搾取へ
         (( ^  )  ^ ))
         ∧  ノ・・ヽ  /(
         ゚ 人  ⌒  人 ゚
  \   ___> __ <____  電通の工作
   \/     ゚・。.._ _。゚    \  /
     \ ヽ              /
      \ヽ    /  ヽ    /     
        \ @/  .:.:..\@/  秘書隠蔽化
          ̄  ミミ川ミミ_
 ⊃        .:: / σ\ヽ:.       ⊂
 ⊃        ::( ( .◎ )  ::      ⊂二
 \         ::`.. \:/ ..'::   内閣機密費
   \         ::::ミ_ミ::::       /
    \    _. ●) _:*_  _     /
      \ /:::::::i iY::::●):::ヽ _/
       /:::::::::::| |:/:::::i i:::::::ヽ
      ./:::::::ミ"i i` "゛ | |/::::::i
      i:::::::|  | |    | | ヽ:::ヽ
      i::::/ ,,=| |=,, ,,=| |,,|::::i
      i リ  / *\,!/ \|::i   昭恵っ!機密費っ
      (|i  ⌒  ノ ヽ ⌒|:i
      (|      (_ _)   |i   ブーーッ!!!!
       ヽ    /:::|:: ヽ  i
       ヽ  : :::トェェ::ヽ \ニ 。 ・
    __/\_ノ :::::::゚ ヽ    ≦ ニ ゚ 。
  ̄    〉   i\_ニ__/i く      `ミ ゚ 。 ・_ _ .

341法の下の名無し2017/09/02(土) 04:04:07.08ID:cLe8WAYH
       /        ヽ
      /      ./ヽ |
      |  ノノ/  | .| .AA
      ヽ/\   /ヽ /  .|  ノ
       ((  ^  )   ^ ))  /  |
      ゚∧  ノ・ ・)ヽ ∧゚ ./  ノ 安倍昭恵さんが
       )人  ⌒  人(/  .ノ 2chに来られました
       ___)`  ニ  イ_/  ./
     ./ ゚・・。._ _.。・゚   ;;;/
     /   ,     .    Y
    ./   r´    人.    ヽ
    i   人_,、__ノ  ヽ、_,,_ノ
    |   /  ゚        ゚ .|
    |  / (       .з   i
   _.しゝ ヽ_______ノ
  _ノ_.ノ__.\.i,___,    ∞   ノ
 |ヽ /_.__\ 'ヽ、     ./ |.
 |# |++++| .  'ヽ、,_ノ  .i.
  ヽ|++++|     ノ    i 
    ̄ ̄ ̄i ̄    ./.    .|
        i    ノ ヽ   i
        |   /   .\  |、
       ,/  /     ヽ、_\

https://dl1.getuploader.com/g/neroma002/180/001.jpg

342法の下の名無し2017/09/02(土) 08:35:22.75ID:cLe8WAYH
/  /       ヽ
|  // / l | | | | ト、 |
| || i/# ノ ヽ  | |
(s|| |  ( 。) ( 。)|
| || |     .ノ  )|   ボッタクリのクソ虫がっ!
| || |ヽ、__ィェエヲ_/| |
| || |⌒   ̄ \  | | ! | ! |
      / /    ,, ―― 、
      / /    .|;::::  ::::|
  .⊂二(⌒)二二二|;::::  ::::|⊃/', ', ¨
      ̄ ・ヽ:∴。.|;::::゙,ヾ,::::| /。・,/  ゴーン!!
       ,.・,-:'ヾ|!|!,i,,!;,,,!l,・∵・,
        ,'.・‘・”从;i,i:;'/从‘,.‘, '
        |   // /  |   |
        \/\/  /ヽ _/
         (( -・ )   -・ )) _____
         ∧  (・ ・ヽ  //壱//万/|
          ゚人 ` ⌒´  人|三 |っ|≡≡|彡
        ____)`  ニ イ   ̄y 7 ̄ ̄
      /  > |゚・*・・゚/< ̄ /  /
      |  i \| ̄ ̄/ /  V  ./

           安倍 昭恵

343法の下の名無し2017/09/10(日) 13:10:44.59ID:nT0vi2xt
 國民主權主義の倉山には憲法論は無理。

344法の下の名無し2017/09/11(月) 08:35:16.35ID:yu2luop5
フンドシが大好物の變態
ブサイクフンドシマンかめい徽倖は相変わらず阿呆だな(嗤)。

345法の下の名無し2017/09/24(日) 12:26:24.34ID:yFzhcBuD
 ★衆議院の解散權は天皇大權に屬す

第七條  天皇は、内閣の助言と承認により、國民のために、左の國事に關する行爲を行ふ。
三  衆議院を解散すること。

 衆議院の解散は
天皇の大權事項では無いの歟。
占領憲法上の何處にも總理大臣の專權事項としての規定は何處にも存在しない。
潮氏の話を聞き調べてみた。

解散に係る外の條文は――

第四十五條  衆議院議員の任期は、四年とする。
但し、衆議院解散の場合には、その期陝゙了前に終了する。

第五十四條  衆議院が解散されたときは、解散の日から四十日以内に、衆議院議員の總選擧を行ひ、
その選擧の日から三十日以内に、國會を召集しなければならない。
○2  衆議院が解散されたときは、參議院は、同時に閉會となる。
但し、内閣は、國に緊急の必要があるときは、參議院の緊急集會を求めることができる。
○3  前項但書の緊急集會において採られた措置は、臨時のものであつて、次の國會開會の後十日以内に、
衆議院の同意がない場合には、その效力を失ふ

第六十九條  内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、
十日以内に衆議院が解散されない限り、總辭職をしなければならない。

―― 首相の專權事項等と讀取れる條文は何處にも存在しない。
潮氏曰く、自民黨政治の占領憲法無視の惡しき慣習が後に解散權は首相の專權事項等と云ふ「獨裁」の慣習を生んだのだと云ふ縡であるから、
衆議院解散後に憲法違反として無效なりと云はれ、天皇大權の干犯なりと云はれたら一體安倍内閣は何うする積りなのだらう歟。
天皇大權の干犯と云ふ非難も其の儘押切るのだらう歟。
 斯有る調子であるから、占領憲法には固より立憲主義や法の支配なんぞは微塵も機能してゐるない縡の證左である。

346法の下の名無し2017/09/24(日) 12:54:57.82ID:qqiLNF3p
また自爆がマルチポストしてるよ。

347法の下の名無し2017/09/25(月) 00:37:20.70ID:NGfBPDIo
レイシストの時点でブサイクフンドシマンかめい徽倖が何を言ってもムダ。

348法の下の名無し2017/10/01(日) 13:17:25.29ID:Rb0/Nbhu
自爆はレイシストのクズ野郎。

374 :名無し象は鼻がウナギだ![] 投稿日:2017/09/16(土) 08:29:34.82 0
>>373
全く會話になつてゐないな(嗤)。
丸で鮮人のやうだな(嗤)。

349法の下の名無し2017/10/09(月) 22:58:21.67ID:ZxKGSO1P
倉山憲法論は最う終つてゐる。

350法の下の名無し2017/10/11(水) 10:30:36.04ID:9YuyS8DC
レイシストの時点でブサイクフンドシマンかめい徽倖は終わっている。

351法の下の名無し2017/10/14(土) 12:29:32.67ID:f5FaOPsP
【青山繁晴】憲法無効論と大御心、数学嫌いにどう対応するか?[桜H29/10/13]
https://www.youtube.com/watch?v=YzR-HfiSrbw&t=756s

 無效論側の主張を否定するに際して、殆ど否定する側が無效論側の主張を理解すら出來てゐないと云ふのは此れで能く判る。
キて思込や偏見丈で終始してゐて、勉強不足は否めぬ。

352法の下の名無し2017/10/14(土) 13:09:56.60ID:f5FaOPsP
>>351
承詔必謹論の誤用例/天皇主権説のエセ保守おじさん
https://www.youtube.com/watch?v=huxTm0mdP8E

 青山繁晴氏に對する反論。

353法の下の名無し2017/10/14(土) 14:14:41.65ID:JrjUtcXp
また自爆はマルチポストしてるの。

354法の下の名無し2017/10/14(土) 19:11:17.21ID:IqGowNhG
レイシストフンドシマンかめい徽倖による悪質なマルチポスト。

355法の下の名無し2017/10/14(土) 19:57:22.19ID:f5FaOPsP
>>354
 はい/\自爆さん荒行爲は止めてくださいね(嗤)。

356法の下の名無し2017/10/14(土) 20:26:32.44ID:IqGowNhG
レイシストフンドシマンかめい徽倖反応。

357法の下の名無し2017/10/14(土) 20:36:23.75ID:f5FaOPsP
>>356
 はい/\自爆さん荒行爲は止めてくださいね(嗤)。

358法の下の名無し2017/10/14(土) 20:42:44.61ID:IqGowNhG
自爆=レイシストフンドシマンかめい徽倖反応。

359法の下の名無し2017/10/15(日) 07:02:15.20ID:q9oH6QKZ
自爆はレイシストのクズ野郎。

374 :名無し象は鼻がウナギだ![] 投稿日:2017/09/16(土) 08:29:34.82 0
>>373
全く會話になつてゐないな(嗤)。
丸で鮮人のやうだな(嗤)。

335 名前: 名無し象は鼻がウナギだ! Mail: 投稿日: 2017/10/08(日) 19:26:28.99 [ 0 ]
>>334
 やはり御前は鮮人歟。

360法の下の名無し2017/11/08(水) 18:56:47.29ID:gSwNt/es
口丈番長倉山。

361法の下の名無し2017/11/21(火) 22:06:38.42ID:yHNSgDuW
★占領典憲無效理由

理由1 改正限界超越による無效
理由2 「陸戰ノ法規慣例ニ關スル條約」違反
理由3 軍事占領下における帝國憲法と正統典範の改正の無效性
理由4 帝國憲法第75條違反
理由5 憲法・典範の改正義務の不存在
理由6 法的連續性の保障聲明違反
理由7 根本規範堅持の宣明
理由8 憲法改正發議權の侵礙
理由9 「帝國憲法發布敕語」違反
理由10 政治的意志形成の瑕疵
理由11 改正條項の不明確性
理由12 帝國議會審議手續の重大な瑕疵

 倉山は此れを斷固として認めぬ。

362法の下の名無し2017/11/22(水) 02:27:06.34ID:Bnk4LZeL
レイシストフンドシマンかめい徽倖による悪質なマルチポスト

363法の下の名無し2017/11/25(土) 10:19:18.04ID:+USWHE4g
倉山満って皇室破壊テロリストだろ
以下よろしく
・・・・・
憲法2条に男系男子を明記しろ

それが無理なら解釈変更で男系男子を確定しろ

憲法学会の通説では、皇室典範はたんなる法律にすぎないので、法律改正の手続きで女性天皇にも女系天皇にも変えられる。
それでは皇位継承が不安定になるから、
皇室典範「第一章 皇位継承」は憲法二条と一体で成立しており、憲法を改正しないと変更できないと、解釈を変更するのだ。
憲法一条は「天皇の地位は国民の総意に基く」と書いてあるので
いま現在の国民の総意は憲法二条と皇室典範「第一章 皇位継承」により確定している。
すなわち、皇位継承は憲法を改正しなければ変更できないと解釈を変更するのだ。
憲法一条、二条、皇室典範第一章の一体成立論だ。
典範「第二章 皇族」は第一章を具体化するための下位規定であるから、法律改正手続きで変更できる。

以上をまとめれば下記になる。

◎男系男子(憲法2条と一体化した皇室典範1条)
○皇族の範囲拡大(憲法2条と一体化した皇室典範2条2項、一体化してない典範第二章を改正)
×退位・譲位(憲法2条と一体化した皇室典範4条)
×女性天皇(憲法上不可)
×女性宮家(憲法上不可)
×女系天皇(憲法上不可)

364法の下の名無し2017/11/25(土) 11:41:33.62ID:f9RziEJW
>>363
 基本的に占領憲法も占領典範も有效を前提に話をしてゐれば、宜しく明治の典範を
皇室に奉還する道は途絶える。
占領典憲の雙方を無效確認した後で無ければ、正統典範は
皇室に奉還し奉る縡は出來ぬ。
其の縡を倉山は判つて默つてゐるとしたら、やはり國賊と斷じざるをえぬ。

365法の下の名無し2017/11/25(土) 19:36:29.61ID:5uqo0W37
ふんどし野郎

366法の下の名無し2017/11/26(日) 08:45:11.99ID:DiZD8D4z
皇室典範「第一章 皇位継承」は憲法第一条「天皇の地位は国民の総意に基く」により
憲法第二条「国会の議決した皇室典範の定め」により憲法的に確定している。

国民の総意により憲法的に確定しているから、変更するには、憲法改正手続きの国民投票による
新たな国民の総意が必要である。

よって、退位特例法は明々白々な憲法一条、二条違反である。

憲法的に確定している具体的内容は以下である

◎男系男子(憲法2条と一体化した皇室典範1条)
○皇族の範囲拡大(憲法2条と一体化した皇室典範2条2項、一体化してない典範第二章を改正)
×退位・譲位(憲法2条と一体化した皇室典範4条)
×女性天皇(憲法上不可)
×女性宮家(憲法上不可)
×女系天皇(憲法上不可)

皇族範囲の拡大は、皇室典範第一章二条二項が
○2 前項各号の皇族がないときは、皇位は、それ以上で、最近親の系統の皇族に、これを伝える。
と定めているので、いわゆる皇別摂家から皇族に組み込むべきである。

367法の下の名無し2017/11/26(日) 08:48:54.80ID:FuoQgiW+
褌典範も改正せねば。

368法の下の名無し2017/11/26(日) 09:02:18.83ID:DiZD8D4z
>>366の前段をちょっとだけ訂正
皇室典範「第一章 皇位継承」は憲法第一条「天皇の地位は国民の総意に基く」により
憲法第二条「国会の議決した皇室典範の定め」として憲法的に国民の総意として確定している。

国民の総意として憲法的に確定しているから、皇室典範第一章を変更するには、憲法改正手続きの国民投票による
新たな国民の総意が必要である。

よって、退位特例法は明々白々な憲法一条、二条違反である。

憲法的に確定している具体的内容は以下である

◎男系男子(憲法2条と一体化した皇室典範1条)
○皇族の範囲拡大(憲法2条と一体化した皇室典範2条2項、一体化してない典範第二章を改正)
×退位・譲位(憲法2条と一体化した皇室典範4条)
×女性天皇(憲法上不可)
×女性宮家(憲法上不可)
×女系天皇(憲法上不可)

皇族範囲の拡大は、皇室典範第一章二条二項が
○2 前項各号の皇族がないときは、皇位は、それ以上で、最近親の系統の皇族に、これを伝える。
と定めているので、いわゆる皇別摂家から皇族に組み込むべきである。

369法の下の名無し2017/11/26(日) 09:02:56.20ID:6M5QFT55
>>366
 占領憲法を有效としてゐる限りに於ては國民主權に因つて、
皇室の自治と自立とが著しく侵害されるは寧ろ至當。
だからこそ占領憲法は憲法として無效たる縡を疾く確認せねばならぬ筈なのに、其を非現實的と逃げるのである。
 主權とは「最高獨立」の意味であり、「如何なる權力にも制限されぬ權力」と云ふ意味であるから、國民主權主義を掲げる限り、
かう云ふ縡は絶えず繰返される。
而して國民の自由も亦此の主權に因つて脅かされる。

370法の下の名無し2017/11/26(日) 09:05:04.10ID:6M5QFT55
 而して倉山滿は紛う方無き國民主權主義者である。

371法の下の名無し2017/11/26(日) 09:38:42.86ID:FuoQgiW+
而して徽倖は紛う方無き褌主權主義者である。

372法の下の名無し2017/11/26(日) 10:26:18.03ID:DiZD8D4z
(またちょっとだけ訂正)

憲法第一条は「天皇の地位は国民の総意に基く」 と定めているから、
皇室典範「第一章 皇位継承」は憲法第二条のいう「国会の議決した皇室典範の定め」として
国民の総意として憲法的に確定している。

国民の総意として憲法的に確定しているから、皇室典範第一章を変更するには、憲法改正手続きによる
新たな国民の総意が必要である。

よって、退位特例法は明々白々な憲法一条、二条違反である。

憲法的に確定している具体的内容は以下である

◎男系男子(憲法2条と一体化した皇室典範1条)
○皇族の範囲拡大(憲法2条と一体化した皇室典範2条2項、一体化してない典範第二章を改正)
×退位・譲位(憲法2条と一体化した皇室典範4条)
×女性天皇(憲法上不可)
×女性宮家(憲法上不可)
×女系天皇(憲法上不可)

皇族範囲の拡大は、皇室典範第一章二条二項が
○2 前項各号の皇族がないときは、皇位は、それ以上で、最近親の系統の皇族に、これを伝える。
と定めているので、いわゆる皇別摂家から皇族に組み込むべきである。

373法の下の名無し2017/11/26(日) 10:34:16.89ID:6M5QFT55
>>372
其は占領憲法及び占領典範の法的妥當性を證明せぬ限りに於て、殆ど法議論としては無用の議論と言はざるを得ぬ。

374法の下の名無し2017/11/26(日) 14:49:07.17ID:DiZD8D4z
(最初のところをちょっと訂正、難しいw)

憲法第一条は「天皇の地位は国民の総意に基く」 と定めているから、
憲法第二条のいう「国会の議決した皇室典範の定め」である 皇室典範「第一章 皇位継承」
は、国民の総意として憲法的に確定している。

憲法的に確定しているから、皇室典範第一章を変更するには、憲法改正手続きによる
新たな国民の総意が必要である。

よって、退位特例法は明々白々な憲法一条、二条違反である。

憲法的に確定している具体的内容は以下である

◎男系男子(憲法2条と一体化した皇室典範1条)
○皇族の範囲拡大(憲法2条と一体化した皇室典範2条2項、一体化してない典範第二章
を改正)
×退位・譲位(憲法2条と一体化した皇室典範4条)
×女性天皇(憲法上不可)
×女性宮家(憲法上不可)
×女系天皇(憲法上不可)

皇族範囲の拡大は、皇室典範第一章二条二項が
○2 前項各号の皇族がないときは、皇位は、それ以上で、最近親の系統の皇族に、これを
伝える。
と定めているので、いわゆる皇別摂家から皇族に組み込むべきである。

375法の下の名無し2017/11/26(日) 15:13:17.45ID:6M5QFT55
>>374
 そんな縡は明治の正統典範の奉還と帝國憲法の復原改正とで十分の筈だが。

376法の下の名無し2017/11/26(日) 15:58:15.94ID:DiZD8D4z
明治の典範は天皇家の家法で国会が手出しできなかったはずだ
典範を今上家の家法に戻せば簡単に女系に変えられてしまう
典範第一章皇位継承が憲法二条と一体で成立していると解釈して
改定は国民投票によるべきとすれば男系男子はあと1000年は守られる。
皇族の範囲の拡大は必要だが。
おれは、竹田ほか旧宮家より男系で今上に近い血統があることを知らなかった。
これは、明治典範の運用がもたらしたことだろ。

377法の下の名無し2017/11/27(月) 02:08:39.98ID:lGA10aau
そんな縡は明治の正統褌典範の奉還と帝國褌憲法の復原改正とで十分の筈だが。

378法の下の名無し2017/12/22(金) 07:32:48.26ID:yi8MkJc6
討論時に眞面な反論をしなかつた倉山。

379法の下の名無し2017/12/24(日) 10:31:44.79ID:8soOYhz5
討論時に眞面な反論をしなかつた自爆くん。

380法の下の名無し2017/12/25(月) 02:34:22.19ID:1XZ4cyrw
レイシスト野郎と眞面な討論なんて誰もしない。

381法の下の名無し2017/12/27(水) 17:42:32.40ID:nZ+8uqNv
倉山もまた國民主權主義者。

382法の下の名無し2017/12/28(木) 02:32:03.01ID:7H7tVQX0
かめいくゐかうは褌主權主義者。

383法の下の名無し2017/12/30(土) 01:12:47.26ID:QVdZw/hk
消費税本でデマ飛ばした時点でオワコン

384法の下の名無し2017/12/30(土) 11:19:32.92ID:uJmHXI+x
>>383
裁判で負けたしな。

385DJ学術 2017/12/31(日) 10:52:07.86ID:cQ6q4N4C
東大も地元だったからいいけど、通信運輸に気を配ってほしい面もある。

386法の下の名無し2018/01/01(月) 04:41:18.57ID:VoMvzg/m
眞面(らーめん)

387法の下の名無し2018/01/01(月) 23:06:33.76ID:KlJaLbE4
増税すれば景気は腰折れする? ← 上念、信じられないと回答(岸・須田と共に) 三橋・八代等は信じられると回答

眞鍋「(信じられないと言う)三名の方は景気悪化はしないという立場ですか?」
岸・その他「そうです」
岸「正確に言えば、消費税四月に上げて四月から六月はマイナス成長ですが、全体のロスはそこまで影響はない」
眞鍋「一旦ちょっと下がるけど、また二ヶ月ぐらいで上がるということですか?」
上念「全く同じ意見です、全く同じ意見です」

388法の下の名無し2018/01/02(火) 15:06:41.49ID:vhnNK97E
憲法語る前に名誉毀損を語れ

389法の下の名無し2018/01/03(水) 08:09:20.59ID:vt5GtzOx
倉山さん今無職ですか?

390法の下の名無し2018/01/04(木) 09:48:56.62ID:NO8aseb7
「安倍政権、5年間でこう変わった」日本経済新聞

支持率
62%(12年12月) → 50%(17年12月)
不支持率
29%(12年12月) → 40%(17年12月)
日経平均株価
1万395円(12年12月末) → 2万2725円(17年11月末)
名目GDP
494兆円(12年度) → 539兆円(16年度)
消費者物価上昇率
−0.2%(12年12月) → +0.8%(17年10月)
設備投資額
71.9兆円(12年度) → 83.6兆円(16年度)
税収
43.9兆円(12年度実績) → 59.1兆円(18年度予算案)
長期債務残高
932兆円(12年度実績) → 1108兆円(18年度予算案)
有効求人倍率
0.83倍(12年12月) → 1.55倍(17年10月)
賃金
29.8万円(12年) → 30.4万円(16年)
新生児数
103.7万人(12年) → 97.7万人(16年)
生産年齢人口
8018万人(12年) → 7656万人(16年)
訪日外国人旅行者
836万人(12年) → 2404万人(16年)

https://mobile.twitter.com/IsayaShimizu/status/944682963576299520

391法の下の名無し2018/01/04(木) 12:03:14.57ID:Hggm8Ghq
中央大学の恥

392法の下の名無し2018/01/04(木) 20:55:07.12ID:ngxY7t5t
唯の國民主權主義者。

393法の下の名無し2018/01/05(金) 00:58:18.63ID:dHjQ7xza

394法の下の名無し2018/01/05(金) 23:24:26.94ID:ZXyExMit
0163 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2018/01/05 09:38:38
高橋洋一(嘉悦大)@YoichiTakahashi
財政再建というのは債務残高対GDP比が発散しないようにするためで、
これはプライマリー収支が均衡と、数学的にはニアリーイコール。
小泉・安倍政権の時、PBは▲28→▲6。ほぼ財政再建ですな。
PBで見るのは世界の常識 http://twitpic.com/d75la0
10:53 PM - Aug 8, 2013

0164 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2018/01/05 09:54:20
ヨーロッパ主要国では、財政健全化の基準を構造的財政収支か経常財政収支にしているのが一般的であって、PBにしてる方が稀なんだけど。
高橋洋一はまたデマ飛ばしてないか。

395法の下の名無し2018/01/06(土) 09:09:59.31ID:onmH3GOB
所詮は時計泥棒だしねえ

396法の下の名無し2018/01/06(土) 13:46:02.92ID:9NWxaQNL
欲張りセットwww

397法の下の名無し2018/01/06(土) 15:29:26.05ID:iEYxuwSa
モタニ
821:◆SxQikePCHU(ワッチョイ b30f-aC9I [118.19.53.71]):2017/04/05(水) 13:53:08.37 ID:dLndnLDx0>三橋ブログみたら就業者数の推移ブレイクダウンしたら>増えてるの医療介護分野だけらしいもんね

三橋は俺の書き込みをブログの参考にしているなw
俺のストーカーw

まあ、学んでくれればいいよw
http://tamae.5ch.net/test/read.cgi/eco/1488474704/821
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第12・13回改定日本標準産業分類別就業者

2013年
医療福祉 +30万人 (738万人)
その他_ +16万人 (5588万人)

2014年
医療福祉 +22万人 (760万人)
その他_ +23万人 (5611万人)

2015年
医療福祉 +28万人 (788万人)
その他_ + 2万人 (5613万人)

2016年
医療福祉 +23万人 (811万人)
その他_ +41万人 (5654万人)

2017年(11月まで)
医療福祉 + 2万人 (813万人)
その他_ +63万人 (5717万人)
http://www.stat.go.jp/data/roudou/longtime/zuhyou/lt01-c30.xls

398法の下の名無し2018/01/06(土) 18:22:32.05ID:VBc9Wf/J
日本に必要なのは財政拡大、基礎的収支の目標年限撤廃を=シムズ教授 http://reut.rs/2kqcEdx

399法の下の名無し2018/01/07(日) 00:41:29.05ID:gNAmKgpY
藤井 聡
https://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII/posts/1236080276492913

その東京MXTVに、明日のお昼11:59〜下記番組に、
  「プライマリーバランス問題」
をお話しすべく登壇いたします。

東京方面の方は是非、御視聴下さい!!


激論CROSS
「日本の財政は破綻するのか(仮)」
http://s.mxtv.jp/variety/sunday_cross/

西田昌司(自民党参議院議員)
藤井聡(京都大学大学院教授)

400法の下の名無し2018/01/07(日) 08:06:04.17ID:XrfkADRq
法學板で何うして經濟の話をしてゐるのだ。

401DJ学術 2018/01/07(日) 09:27:33.02ID:Qxuj/5VJ
財政拡大はいいニュースだよ。子供が増えているんだね

402法の下の名無し2018/01/07(日) 17:03:08.57ID:W6RlhRM6
日本の財政はPBで健全化するのか 西田昌司 藤井聡
http://www.nicozon.net/watch/sm32546070

403法の下の名無し2018/01/07(日) 19:36:26.78ID:bh11ZTsl
島本町民以外の皆さん
大阪府三島郡島本町では
「いじめはいじめられた本人が悪い」ということですよ

404法の下の名無し2018/01/07(日) 22:23:56.36ID:+syMaAcG
0526 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん (ワッチョイ 77d1-hL1C [114.151.55.251]) 2018/01/07 21:50:23
竹中平蔵の子飼いである上念、田中コンビによる
三橋による反竹中的言説まで含めて陰謀論扱いにする工作活動発動中。

0528 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん (ワッチョイ ff3e-7xBC [121.84.146.197]) 2018/01/07 21:57:27
上念はクズすぎだからな

0529 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん (ワッチョイ 9f7f-Xk1J [219.98.26.242]) 2018/01/07 21:59:24
上念一派が躍ったところで国が良くなるわけではないからなー

0531 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん (ワッチョイ 974a-hL1C [180.197.68.186]) 2018/01/07 22:10:48
情念がはしゃぎまくってそうだな

405法の下の名無し2018/01/08(月) 01:11:49.12ID:h1PmNl1i
0512 名無しさん@恐縮です 2018/01/08 01:02:10
リフレ派の上念司は相当幼稚だよな

経済論争で三橋に歯が立たないから、今回の騒動で大はしゃぎ

こういう時は静観しているのが吉で、大人の度量を示していれば、

経済論争で劣っていても、敵側にも敬意を払われるんだが

406法の下の名無し2018/01/08(月) 14:24:41.09ID:4Zsec2AB
倉山の先輩の上念がクズっぷりが凄いな

407法の下の名無し2018/01/08(月) 18:44:07.22ID:PMi/GPJk
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」
お詫びと腑に落ちない件について
2018-01-08 18:08:25
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12342871158.html

皆様、お久しぶりです。というほど、お久しぶりではございませんが、お久しぶりでございます。
 1月6日から8日(本日)まで、何があったのか、ご報告申し上げます。
 実は、お恥ずかしい話ですが、1月5日の夜に夫婦喧嘩、しかも激しい夫婦喧嘩をしてしまいました。
 最後に、妻がかなりきつい言葉をわたくしにぶつけ、一瞬、カッとなったわたくしは、妻の左ほほを平手打ちしてしまいました。
 いかなる事情があろうとも、妻に対する暴力が許されるはずもなく、斬鬼の念に堪えない思いでございます。心か反省すると同時に、後悔の念でいっぱいです。
 妻及びご家族、お客様、及びパートナー会社、社員の皆様に、心からお詫び申し上げます。
 本当に、申し訳ありませんでした。

408法の下の名無し2018/01/08(月) 20:54:46.93ID:PMi/GPJk
0130 右や左の名無し様 (ワッチョイ 1b96-4VEv) 2018/01/08 20:41:29
まとめると
リフレカルトよりは日本に与えたダメージは少ないな

0138 右や左の名無し様 (ワッチョイ 1b69-nXLO) 2018/01/08 20:48:50
>>130
まあ再三言われているように、いくら三橋が問題行動起こして人として堕ちようがペラハゲ達が上がる訳じゃないからね。
むしろ今回の反応でただでさえストップ安だった株をさらに暴落させた事になりそう

409法の下の名無し2018/01/09(火) 00:43:48.36ID:fmU9yInO
中央大学の恥

410法の下の名無し2018/01/10(水) 14:17:20.75ID:7/u53wfu
日本人の恥だわ

411法の下の名無し2018/01/11(木) 10:33:21.06ID:Ce/Ctlkq
0013 右や左の名無し様 (スッップ Sd0a-Z3vr) 2018/01/11 00:45:48
西部が言うように言論の世界に身を置いていると、精神のバランスを崩しやすいんだよな
これは三橋を批判している田中や上念も同じであるし、消費税増税の捏造本を出版した倉山も同じだろう
精神のバランスを取るために、家族や友人との深い交流や自然と精神を同期させたりすることが大切なわけで、
藤井はそれを意識的に実践していたけど、三橋にそういったことの重要性を伝えてなかったみたいだな。
ブログを見ると三橋はわりと自然や歴史は嫌いではなさそうではあったが。

412法の下の名無し2018/01/12(金) 12:11:22.67ID:MqBOnCEo
元祖名誉毀損男

413DJ学術 2018/01/12(金) 14:53:14.33ID:0rHK9xz+
旧中央大学って 大学院からがいいんだよねえ。市ヶ谷はいい土地だよ。
文学者の先輩もまた会いたいなあ。

414法の下の名無し2018/01/13(土) 13:52:18.38ID:J1Kg8dhv
田中「財政政策は知的ではない人を釣るため」
上念「中央銀行単独でデフレ脱却できる」
浜田「金融だけでいけると思っていた」
岩田「マネタリーベースでマネーストックを操作できる」
高橋「マネタリーベースと物価上昇率には相関がある」
原田「財政政策は邪魔」
安達「マネタリーベースが200兆を超えればデフレ脱却、日本経済完全復活」
松尾「消費増税後のちょっとした混乱後、とんでもない好景気がくる」
I

415法の下の名無し2018/01/13(土) 16:05:08.91ID:+8ceo4BM
0246 右や左の名無し様 (ワッチョイ 5991-JHka) 2018/01/13 14:55:26
>>242
「カード情報握ってる」と公言してしまう獄長ペラのいる塾って
一般の会社とは違う意味で怖いというかやっかいではないかと思うw
返信 ID:mJKFh1eE0(3/3)

416法の下の名無し2018/01/13(土) 17:47:39.11ID:mdCVpXr2
くゐかうは國學院大學卒だから上念・倉山より低学歴じゃんw

417法の下の名無し2018/01/14(日) 04:21:48.74ID:QR5u5FC9
その変態は高卒。

418法の下の名無し2018/01/14(日) 13:36:15.54ID:U6Tt2Jo2
増税すれば景気は腰折れする? ← 上念、信じられないと回答(岸・須田と共に) 三橋・八代等は信じられると回答

眞鍋「(信じられないと言う)三名の方は景気悪化はしないという立場ですか?」
岸・その他「そうです」
岸「正確に言えば、消費税四月に上げて四月から六月はマイナス成長ですが、全体のロスはそこまで影響はない」
眞鍋「一旦ちょっと下がるけど、また二ヶ月ぐらいで上がるということですか?」
上念「全く同じ意見です、全く同じ意見です」

419法の下の名無し2018/01/14(日) 18:34:23.83ID:MUXfBn/7
この木下元文を、新しいcriterionに加えてほしい。 藤井に批判的だが、そこは大きな度量で迎えてほしい 彼の政
体論、日本分化論、哲学論(西部グループあたりのいいとこどりもあるけど)など、なかなか骨があっていい

今号で『表現者』の第一期が終わり、次号から第二期の『表現者criterion』が始まるそうです。嘘ではありません
よ(笑)。『表現者criterion』って、漢字とアルファベットの組み合わせで、個人的には悪い方向の中二病って感じがします。 雑誌の題名としてどうな
のでしょうね? criterion(クライテリオン)の意味が分からない人は手に取らないでしょうし、 「基準」という意味だと分かったとしても、「表現者・基準」というものの意図
が伝わりにくいと思いますし...。 今後の『表現者criterion』が成功するかどうかは未知数ですが、前途はかなり厳しいのではないかと思われま
す。 なぜなら、現在の「表現者」執筆陣の原稿を読んでみても、西部邁流の大衆批判を悪い意味で引き継いでいる人たちばかりだと感じられ
るからです。 日本を良くするためというよりも、自分が居張りたいだけの人たちばかりだと感じられるのです。 西部の大衆批判については、
うなずけるところもあれば、否定的にならざるを得ないところもありました。 しかし、そこには敬意を表
さざるを得ないものがありました。 それは、西部が自身の不利益を顧みずに大衆批判をしていたところです。 東大駒場騒動で東大を辞め、イ
ラク戦争で自身の読者を減らすことを覚悟でアメリカ批判を行ったからです。 自身の不利益を覚悟した言
説に、西部邁が本物である証(あかし)がありました。 安易に大衆批判を繰り広げる弟子たちに、その覚
悟があるのかというと、 彼らの実際の実践から、あまり感じられないというのが正直なところです。 また、西部の大衆批判が成功したと言え
ないのなら、 戦略的に言説の修正や改正が必要になるはずです。

420法の下の名無し2018/01/15(月) 10:25:15.89ID:fc+l++di
0861 右や左の名無し様 (エムゾネ FF0a-z1KE) 2018/01/14 15:32:54
表現者系や三橋系の素人評論家も有名になりたくてウズウズしてんだろーな
この間もよく知らない名前の奴を表現者に入れろってコピペが貼りまくられてた
自己宣伝なんだろうが必死すぎるよなw

0878 右や左の名無し様 (ワッチョイ 2a87-xkYy) 2018/01/14 16:16:09
>>861
木下元文か
木下は藤井とも小浜とも論戦をやっているし
浜崎や澤村なんかよりよっぽどいいと思うが

0879 右や左の名無し様 (ワッチョイ f1df-J8Na) 2018/01/14 16:17:57
表現者系や三橋系のアマチュア評論家が寄稿していたasreadというサイトに
木下なんちゃらや肉屋もいたわ

佐藤、小浜、島倉、青木も寄稿してたはずだが、
アマチュア評論家はみんな金太郎飴みたいな文章しか書いてなかったから、ほとんど印象に残ってないわ

0880 右や左の名無し様 (アウアウエー Sa52-okCY) 2018/01/14 16:18:47
>>878
あれを論戦とは言わんだろw
一方的に喧嘩売っただけで相手にもされてねーじゃん
お前、木下か?

0881 右や左の名無し様 (ワッチョイ f1df-J8Na) 2018/01/14 16:20:04
木下なんちゃらとか、肉屋とかマジで承認欲求強そうだよな

421法の下の名無し2018/01/15(月) 13:36:49.12ID:pCBO7J9f
0775 右や左の名無し様 (エムゾネ FF0a-Z3vr) 2018/01/14 10:20:22
表現者や三橋は若手を活躍させてくれないと恨み節を言っても、実力がなければ活躍の場が与えられないのは当たり前
クライテリオンに抜擢された川端は若手と呼べるだろうし、二重の意味で間違ってる

0813 右や左の名無し様 (ワッチョイ 6dcf-tYPT) 2018/01/14 13:39:44
>>812
藤井参与なんかはテレビやラジオなんかも出てるし、本もたくさん書いてる。
他の表現者の人も本業以外に本書いてるでしょ。
西部さんは80年から90年代にはかなりテレビ出てたよ。
これ以上、表現者系に頼るのは無理でしょ。

0816 右や左の名無し様 (ワッチョイ b667-Wype) 2018/01/14 13:56:44
育てる意識があるかどうかは知らんが他の保守論客に比べりゃ西部なんて弟子は多い方だろ
佐伯さん以外みんな距離を置いてるけど

0817 右や左の名無し様 (ワッチョイ 6dcf-tYPT) 2018/01/14 14:03:21
>>815
まず、西部さんがそうだけれど、表現者での寄稿や書籍と西部ゼミなどでは、テレビでの話は相当レベルを落として話しているし、
藤井参与は、元々かなり分かり易く説明しようと努力していると思う。
特にラジオ表現者では更にレベルを落として話している。
若手の論客ということで言えば、中野、柴山は三橋と同年代だし、浜崎さんも若い。
今度執筆陣に加わる人もかなり若いよ。
私は論客を育てていないという批判が何を指しているのかが分からない。

422法の下の名無し2018/01/15(月) 13:37:11.54ID:pCBO7J9f
>>815
ブログの宣伝ですか?

0820 右や左の名無し様 (ワッチョイ a967-lXUw) 2018/01/14 14:08:16
言論人なんだから本・メディア・講演以外に方法なくね?
しかも、各人は言論人である以前に官僚だったり大学の先生なわけで。
決して言論が本業ってわけでもないし。
表現者って選民思想じゃなくて、言論の質を高く維持するために購読者が少ないだけだろ。
過激で上手いレトリックメディア出演があれば、ある程度は売れるだろうし。
西部的にはそういうのはしたくなかったんじゃね?まぁ表現者系の本は一冊も買ったことないけどw

0821 右や左の名無し様 (エムゾネ FF0a-z1KE) 2018/01/14 14:08:50
>>817
要するに僕も入れてよってことだろw
もう遅いけど

0822 右や左の名無し様 (アウアウエー Sa52-okCY) 2018/01/14 14:09:11
>>815
「表現者系は何もやらない」=「俺の自己顕示欲を満たしてくれない」だろw

0824 右や左の名無し様 (スプッッ Sdea-Z3vr) 2018/01/14 14:12:21
あのなあ、そんな素人レベルの人間を表現者が使うわけないだろ。
少しは真っ当な努力しろよ。

423法の下の名無し2018/01/15(月) 19:02:59.32ID:IvIheNl+
【911】 NHKアナウンサー長谷川浩、自殺 <目玉のマーク> テロや災害に偽装した破壊工作 【311】
https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1516006917/l50

424法の下の名無し2018/01/16(火) 00:33:10.07ID:kqQiX2vR
0192 右や左の名無し様 2018/01/11 00:38:33
暴行で逮捕歴があり。
女が泣き叫ぶ事に興奮すると公言し、ケーキ姫レイプ未遂。
がたみレイプの実績があるこいつが三橋のDVを批判したところでお前もだろって話な訳だけ

0193 右や左の名無し様 2018/01/11 20:11:41
掌返しすげえ……いつか藤井聡のこともこんな風にボロクソに叩くんだろうな
https://ameblo.jp/kattann2525/entry-12343584021.html

0194 右や左の名無し様 2018/01/11 20:28:22
『【生放送】DV&パワハラ問題に身をもって一石を投じた社会派経済評論家の三橋貴明さんについて・・・ 』27分ごろでの発言
「これブログでは書かないつもりですけど、あんなサイコパスDV野郎がですよ、オピニオンリーダーになって日本が救われるぐらいなら、とっとそんな糞みたいな国滅びろ」

だってさ

425法の下の名無し2018/01/16(火) 00:35:30.24ID:kqQiX2vR
0197 右や左の名無し様 2018/01/11 20:43:48
あとこいつちょっと前のニコ生でまた2ちゃん見てた発言してた。
普段から「2chはみないんで&#12316;」と連呼してるくせにその時は「たまたまチェックしてて&#12316;」といういつものパターン。
こいつ頻繁に見に来てるだろ。

0201 右や左の名無し様 2018/01/11 22:29:49
>>193
もう本当に人として恥ずかしい。
いまさら「何もしてくれない三橋よりも、支援してくれる上念についていくのは普通だよね」ってか?
それ以前に散々バカにしてたリフレ派の理論と、そのリフレ派を支持する連中の頭の足りなさはもう棚上げか?
上念がブログやツイッターで自分の理論を支持する人にいいね!しまくって、リフレ信者増やしてたのは、みぬさがとっくの昔に指摘してたこと。
それをわかってて積極財政派は放置してたんだろ。

加藤諦三の「弱者は協力し合うことができないからいつまでたっても弱者のまま」って言葉をこいつの放送で知ったけど、この弱者って積極財政派のことじゃねーか。
こうやって状況によって敵もかつての味方も悪口を言いまくって、いつも孤立してるカツトシ自身が弱者の筆頭だよホント。

426法の下の名無し2018/01/16(火) 00:38:22.37ID:kqQiX2vR
0202 右や左の名無し様 2018/01/11 22:41:14
そもそも三橋がすべて台無しにしてくれたと言うのだったらお前はどうなんだよって話だ。
仮にも藤井の勉強会に定期的に参加して、飲み会ではお互いにコミュニケーションとるぐらいの仲なんだろうが。
それを逮捕されたりがたみにDVしたり、ケーキ姫を追い込んだりと、全部ネットに証拠が残る形で事を起こして、平然とニコ生やり続けてるお前こそちょっとでも自粛しろって話だ。
こんなキチガイに名前を騙られる藤井の風評被害も計り知れねえよ。

0204 モタニ ◆SxQikePCHU 2018/01/12 06:38:10
>>193
本音が出てるじゃん
「非エリートのカツトシにとっては国土強靭化グループは排他的集団に見えた」って事だろw
今まで学歴エリートと無理して同席してて内心しんどかったのが、三橋逮捕をキッカケに、等身大のポジションに戻りたくなってんだろう

だから俺は前から言ってんだよ
肉屋=肉屋厨だとw

427法の下の名無し2018/01/16(火) 08:52:44.89ID:M5wnr4Ga
藤井聡vs西田昌司 政府の借金1000兆円超!日本の財政はどこに向かう?
https://youtu.be/gX9PR5CJk40

428法の下の名無し2018/01/16(火) 11:39:21.81ID:rRyU1XVk
攻めのIT経営銘柄2018、情報システムの刷新を評価項目に追加
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/010902931/?ST=spleaf

「経営戦略とITが不可分になりつつある。レガシーシステムの刷新なくして企業は人工知能(AI)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)を十分に活用できない」。説明会で経済産業省の中野剛志商務情報政策局情報技術利用促進課長は評価項目を追加した狙いをこう話した。

429法の下の名無し2018/01/16(火) 14:23:37.68ID:3KSP+bxM
【クリ奨乞食】&#160;カツトシ&#160;part12&#160;【通報推奨】
http://itest.5ch.net/potato/test/read.cgi/sisou/1466629681/l50

0953&#160;右や左の名無し様&#160;2017/01/16&#160;15:29:45
>>942&#160;
カツトシを藤井さんの勉強会に誘ったのは川端って人。&#160;

スリーピー自身は藤井さんの勉強会には行ったことがなくて、&#160;
カツトシと藤井さんが初対面になった表現者シンポジウムの懇親会に誘ったことを後悔していると言っていた。

0962 右や左の名無し様 2017/01/17 02:39:25
こいつの放送来てた奴は最初は上念とか倉山おかしいぞって思ってた奴が来てたけどこいつの放送見ていく途中で人間性とかで この人ちょっと違うな....って思って離れて言った奴が多いんだろうな

0993&#160;右や左の名無し様&#160;2017/01/19&#160;09:18:17
30になる男が女受けを狙って引けらかしの学問やダンスに入れ込んでるってのが恐ろしいな&#160;
根本的に地頭と人格が悪過ぎるから頓挫するだろうけど

430法の下の名無し2018/01/16(火) 19:07:52.59ID:kqQiX2vR
【中卒】┃━┏┃ カツトシ 【サムネ詐欺】 part10 [無断転載禁止]
http://itest.5ch.net/potato/test/read.cgi/sisou/1460402032/l50

0957 右や左の名無し様 2016/05/03 16:48:06
ID:3JpKmhQ+
ID:SG9cQL70
ID:MYsOXEXK


☆ミジンコ脳みそ無能馬鹿☆ネット乞食寄生虫☆中卒キチガイ川崎チョン☆
=自ら複数ID使用を認めた、間抜けな負け犬の自演乙☆カツトシ(今日は3人の信者に分身中^^)

*「俺はアンチだけど」と前置きする
*信者ともアンチとも つかない、主語の無い、分かりにくい言い回しをする
*アンチのふりをして、(少しだけ)自分で自分の悪口を言う
*無駄に聞かれてもいない内情を暴露する
*独特(チョン風味?)の悪口を使って必死www

この5つの特徴でバレバレです^^

431法の下の名無し2018/01/17(水) 19:55:20.89ID:CzX+PhzN
上念 司@smith796000 2014年12月5日
第二の矢が足りないとかいってる人、息してる?
https://twitter.com/smith796000/status/541023336432955393


変動相場制においては、「金融緩和>>>>>>>財政政策」であるという事実を認めるかどうかです。
敢えて言わせてもらえば、財政政策だけ、というのは完全に間違いですが、金融政策だけなら半分以上正解です。

金融緩和+財政政策+その他の政策で、デフレ脱却に向けて百点満点だと仮定すると、その内訳は金融緩和で80点、財政政策で10点、
その他で10点ぐらいのイメージです。(あくまでイメージです)
財政政策の効果は否定しませんが、限定的であると言うだけの話です
https://www.facebook.com/jonen.tsukasa/posts/587994294595628


上念 司@smith796000
「日銀がいくら金融緩和してもインフレにならないじゃないか!」と言ってる人へ。想像してみよう。
年80兆円だった黒田バズーカーが160兆円だったらどうなるか?240兆円なら?320兆円なら?、、、
なぜお前の脳内では80兆円で打ち止めなのか、1万回考えてから出直してこい!!
https://twitter.com/smith796000/status/866928527156948993





2017 日本経済はこうなる!
もし日本が財政出動をやったら
株価 2万円台回復も夢じゃない
為替 円安キープで景気回復
http://pbs.twimg.com/media/C4yheOPUEAEdP5x.jpg

432法の下の名無し2018/01/17(水) 22:21:57.73ID:CfYdbiy5
【桜便り】三橋貴明氏の奥様、暴行事件について語る / 付け上がるNHKの実態 / 溶解する韓国と平昌五輪[桜H30/1/17]
https://youtu.be/IKHz36pCI00

433法の下の名無し2018/01/18(木) 20:28:31.68ID:O1JIv1gz
犬も食わぬ夫婦喧嘩

434法の下の名無し2018/01/19(金) 00:11:12.18ID:N9lw6ANo
ブッ飛んでる夫婦だな

435法の下の名無し2018/01/19(金) 04:41:59.43ID:xGA0nWXE
日本民法の父、穂積陳重の法窓夜話を現代語に完全改訳
短編×100話なので気軽に読めます

法窓夜話私家版 (なか見検索できます)
https://www.amazon.co.jp/dp/B0776ZB4SW/

分冊版でもなか見検索できます(2-5) 2
https://www.amazon.co.jp/dp/B0777N4CFF/
https://www.amazon.co.jp/dp/B0777N71D2/
https://www.amazon.co.jp/dp/B0777HC9SK/
https://www.amazon.co.jp/dp/B0777KDRJ7/

436DJ学術 2018/01/19(金) 09:42:17.90ID:UAPgsCLj
東大はご近所さんだからいていいけど、旅歴もあるし、ほかの憲法がクモ上に出えてるはずだ。国立帝大コミュニティーでは。

437DJ学術 2018/01/19(金) 10:06:13.73ID:UAPgsCLj
九条の憲法認識解釈上の議論は?

438法の下の名無し2018/01/20(土) 08:51:58.50ID:gJwfNVaq
0271 右や左の名無し様 2018/01/20 02:04:15
今回三橋DV事件で、人気ブログランキング上位者は
ほとんどこの事件を取り上げたが、せいぜい1回ぐらいなんだよ。

そんな中で、連日2週間にわたってはしゃぎまわったのが
人気ブロガーでは「国家戦略特区」blogの みぬさ よりかずと
人気ブロガーではないが、カツトシなんだよ。

両方、本来三橋側に立っているはずの奴が、敵対者以上に後ろから鉄砲をぶっぱなしてる
しかもカツトシはかつて、みぬさの悪口を言っていたにもかかわらず
三橋問題では意気投合して悪口いいまくり

そして三橋の奥さん登場で、ハシゴを外され、赤っ恥をかいて
三橋DVバブルの終焉とか言ってそそくさ退散する所もそっくり
一番DVバブルに踊り狂ったくせに

だから一般人なんて仲間だと言っても、すぐ付和雷同して裏切る無責任な奴ばかりだよ
大衆なんてその場の空気でコロコロ変わる、たよりない連帯なんだよな

439法の下の名無し2018/01/20(土) 12:48:13.94ID:9c5jOUFb
>>437
ウーマン村本“無知”炎上の要因「そもそも論」は必要?
https://youtu.be/MEjFM3DrhUM?t=2m47s

相變らず宮台の第九絛に附いての論法はめちやくちやである。

第九條 日本國民は、正義と秩序を基調とする國際平和を誠實に希求し、國權の發動たる戰爭と、武力による威嚇又は武力の行使は、國際紛爭を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
Article 9. Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order, the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force as means of settling international disputes.
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戰力は、これを保持しない。國の交戰權は、これを認めない。
In order to accomplish the aim of the preceding paragraph, land, sea, and air forces, as well as other war potential, will never be maintained. The right of belligerency of the state will not be recognized.

「前項の目的を達するために」"In order to"とは詰り「〜するためには(動機)」を意味するのであつて、「〜するための(限定・除外)」を意味する者では無い。
第九絛の條文を以て自衞隊の保有は限定的乃至は除外的に合憲であると云ふのは明かに誤である。

440法の下の名無し2018/01/20(土) 15:51:29.06ID:wtEsmzaV
だめですよ&#9825;

441法の下の名無し2018/01/21(日) 17:00:03.96ID:NdM6xjoi
評論家・西部邁さん死去、多摩川で自殺か 78歳
http://www.sankei.com/life/news/180121/lif1801210033-n1.html

442法の下の名無し2018/01/24(水) 19:06:22.12ID:dbq9fOme

443法の下の名無し2018/01/26(金) 12:44:56.73ID:ZY262YRB
西部邁ゼミナールはもっと続けて欲しかったな。
ちゃんねるくららはどうでも良いけど。

444DJ学術 2018/01/26(金) 15:34:04.06ID:f1KNXAna
さやかちゃんかな。おひさしゅう。

445法の下の名無し2018/03/11(日) 06:34:40.20ID:hdMkczEm
いろいろと役に立つパソコン一台でお金持ちになれるやり方
少しでも多くの方の役に立ちたいです
グーグル検索『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

QIAMU

446法の下の名無し2018/03/16(金) 09:51:32.77ID:XPWFXRUL
321右や左の名無し様(ワントンキン MMa3-ojaL)2018/01/21(日) 15:24:36.52ID:SurJgZGYM>>333

そういや最近モタニ君を見ないな
増えたのは介護、医療だけー!が口癖だったけどw

0333 右や左の名無し様 (アークセー Sxb1-w5bO) 2018/01/21 15:59:23

>>321
データ読めないのバレちゃったからなw
しばらくは大人しいでしょ

447法の下の名無し2018/03/16(金) 12:03:16.27ID:4Pn2E5+3
倉山も典型的な過程博士だからな。この制度の悪いところだよ。
ある種のケガレみたいな扱いされるもんだから学術に対する誠実な
態度が大きく損なわれてしまうんだ。論文博士しか認めないのなら
論文博士に一本化すればいい。なら最初から誰もそんなものに
青春賭けたりしないんだよ馬鹿らしいから。

448法の下の名無し2018/03/23(金) 20:00:37.75ID:5/BUDx19
倉山(嗤)。

449法の下の名無し2018/03/26(月) 21:01:55.95ID:O0mDDA0a
安倍総理もうあなたは終わった
https://dotup.org/uploda/dotup.org1495074.jpg

450法の下の名無し2018/03/27(火) 03:02:26.62ID:d0RkFhMA
        /      ./ヽ |
        |  ///  | |
        \/\  /ヽ /
         (( ^  )  ^ ))
        ゚∧  ノ・・ヽ  ∧゚
         )人  ⌒  人(
       __> ニ <__
      /   ゚・。.._ _。゚    \    __
/ ̄\/       *       \  /  \
     \ ヽ              /     \
      \ヽ   /  ヽ    ノ/        
        \@/ ..:.ミ:..\@/
           :::' ミσミ ヽ:
⊃         .:://:\\::.       ⊂
二⊃       ::(  ( ◎ ) ← 安倍内閣の危機
⊃\         ::`.. \:/ ..':      ⊂二
   \       ::::ミ *ミ::::       /
     \_______/ ̄\_____/

        昭 恵 ブ タ の 隠 部
         ,,      (
         ゙ミ;;;;;,_    )
          ミ;;;;;;、;:..,,.,,,
          ゙ゞy、、;:..、) }
           .¨.、,_,,、_,,r_,ノ′
         /;:;":;.:;";i; '',',;;;~;;;′.ヽ
        ".¨ー=v ''‐ .:v、,,、_,r_,ノ′l

451法の下の名無し2018/04/28(土) 00:45:28.63ID:RO33/zWb
「憲政史研究家」
学術団体にも学会にも属さず(おそらく)
立憲主義を理解せずに帝国憲法こそが憲法だと言う
法学部に入って基礎から勉強するべき
反論の対象ではなくて教育の対象

452法の下の名無し2018/05/15(火) 03:59:05.78ID:eJw4C6xp
          ハi!i!i!))ノi!i!\
         /i!i!/⌒ヽi!i!i!i!i!ヽ
        /i!i!/      |i!i!i!i!i!|
       /i!i!i!| _   _Vi!i!i!i!l
       |i!i!ii!| =) | 〆 |i!i!i!i!|
       |ii!i!i!|    (__  |i!i!i!i!|
        Vi!i!>/-―- <i!i!i!/   デマ癖は国会議員でも
       /ヽi!i!i)  −  i!i!i!/ ̄\    治らないわよぉ〜♪
 _   /   i!i!i!    i!i!i!    \ __
/ \/                  /  \
     \ ヽ              /     \
      \ヽ   /  ヽ    ノ/        
        \@/ ..:.ミ:..\@/
           :::' ミσミ ヽ:
⊃         .:://:\\::.       ⊂
二⊃       ::(  ( ◎ ) ← ヘイト沸泉
⊃\         ::`.. \:/ ..':      ⊂二
   \       ::::ミ *ミ::::       /
     \_______/ ̄\_____/

チョン顔のレイシスト水脈(現国会議員)
https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6a/e9/c264cce7c44f8500b65a316a9b34a136.jpg

453法の下の名無し2018/05/19(土) 14:36:19.98ID:MZCSmwc4
倉山は帝國憲法を云々する割には云つてゐる縡が國民主權主義者丸出し。

454法の下の名無し2018/06/15(金) 22:11:08.05ID:Nxzdg5rZ
倉山(嗤)。

455法の下の名無し2018/06/24(日) 12:48:30.53ID:xdPmfvml
       彡彡//ミミ))))))ノノ))))))ヽ
      彡彡彡//ミミミ))))))ノノ))))))ヽ
    ////////゙ヾ、ノノノノ~///ミミミミミミ
    r///////     Y   ミミミミヾ))))))
   ノノ//////          ミミヾ))))))))
   ノノノノ////            ミミ)))))))ノ
  ((////// ・,,、、,,,      .,,,・ミヾノノノノノ
  ノノノ.((((// .  ヾ゙ゝ  / / ./''" ミノノ((((ノヾ
  ノノノ////ノ .∠ ●ヽ     /●ヽミヾ))ヾ)
  (((((////   ` ー~ ` | |  `ー ´|ミヾヾ)))ヽ
  ((((((//r| ヽ   .,,.- l  l 、  |ミ^/)))))  .AV強要が何 ?
  (((((/\_|   ヽ/ ( (___))\ '|ミ/)))))))   AVは高い倍率の
  λ/ヾヾヽ  <` 、.LLLLLl7´> /ノノノノノノ   女性憧れの
   ((ノノノノ.ヽ  ゝ  ゝニニニノ  //ノノノノ   仕事なんですよ !
   λヾヾヾ| ヽ\      .//ノノノノノ
   ヾ\\ヽ|  ヽヽ、_ _ノ/ノノノノル

 杉田水脈 自民議員またも珍言!
https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1528454605/

456法の下の名無し2018/06/25(月) 12:19:44.89ID:T6VUX7dn
  /i!i!ii!i!/⌒\i!i!ヽ   .ソi!i!i!i!i!i!i!i\    ____
 /i!i!i!i!/      \i!ハ /i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!\ /     \
 |i!i!/⌒\ ii /⌒|i!レi!i!i!/`´´””\i!i!ヽ/_       _ヽ
 |i!i!|<●>/ <●>|i!|i!i!/       `li!i! ⌒\   /⌒ |
 |i!i!|    |     .|i!|i!i!|  _ノ  ヽ_ li!i=(ノ・)⌒(・ヽ)=
 |i!i!|    (__    |i/《| ´/・) (・\  |》(  ̄(   ) ̄ )
 ヽi!ヽ /ーーーノ ノ/し|   < 。。>   |J  ノ  ̄ ̄ ヽ  |
   ヽi!ヽ   ̄  /i/  |  /   \ | ヽ   トェェェェイ  ノ
    _ヽ)`ーイ∠_    \ (<ニニ>)/ \  ヽ二ノ /
  / /ヽ__/ヽ ヽ  __,,\_ _/___, / \__/\
  |  >ヽ /<  | r'::::/::|  ▼ |:::、:ハ|  >V▽V<  |
      有 本        青 山       百 田

 | ̄ヽ |  | .'⌒ヽ __     ___ __     ___
 |   } .|―┤{      /  // /     __  /
 l_,ノ .|  | ヽ__,ノ / エ /|  / __ ユ    /\
     _ ___ _
   /ヾ(::(::::ノノノ\
   /ミl⌒^\/^ ̄lミ:ヽ  / ̄^\__   ___
  |ミ丿_ ヽ.| | / _ ヽミ| / _  __/ ヽ/::::::::::ヽ
  |ミ|  \ヽ ノ/  |ミ| / /  `´  ヽ |::::人::::ハ:::| _ _ _ 、
  (6=(‐・‐)=(‐・‐)9) V_ =_ | |:::ミ V  :::レ/;:;:;:;:ヽ
  (||  ⌒(_人_)⌒ ||) .ヽ‐=) ‐=‐´Y [・_]-[_・]ノ_ノノ__ノ
   ||  /::|:::|::\  ||  .| <__    丿 )ヽ(__) /( =<・><・>
   .|  (:::_へへ_:::) |  .ヽ  二)\| _< <二> >┗┛┗┛
  ^ヽ :::ヽ二ノ::::: ノ / \___/\ . \_ノレ ) 〜 )
    ヽ _ ( ::::: )_ノ \ >V><V <_  | ̄▼/ ̄|ヽY /
      須 田       ケント    竹 田  上 念

457法の下の名無し2018/07/01(日) 18:58:06.82ID:Ley6Ara7
天皇の詔敕たる帝國憲法を否定する國民主權主義?倉山大先生
watch/sm33452953

458法の下の名無し2018/07/28(土) 17:34:58.76ID:ckYbjDMm
         ∧      ∧
      彡彡//ミミミ)))))ノノ))))ヽ
    ////////゙ヾ、ノノノノ~///、ミミミ
   r///////     Y    ミミヾ))))
   ノノノノ////          ミミ)))))ノ
  ((//////・,,、、,,,      .,,, ・ミヾノノノノ
  ノノノ.((((//.  ヾ゙ゝ  / / ./''" ミノノ((ノヾ
 ノノノ////ノ.∠ ●ヽ     /●` ミ(ヾ)))
  ((((((////  ` ー~ ` | |  `ー ´|ミヾ))))
  (((((((//r|ヽ   /- l  l 、  .|ミ^/)))
  ((((((((/_| ヽ/ ( (___)\  |ミ/))))ヽ
  λヾヾヾヽ <` ヽJJJJJJ  >/ノノノノノ  生産性が
   ((ノノノノ.ヽ ゝ  ゝニニニノ  //ノノノ  ねーんじゃい!
   λヾヾヾ|ヽ\      //ノノノ
   ヾ\\ヽ| ヽヽ、_ _ノ/ノノノレ

     杉田水脈 自民党議員

459法の下の名無し2018/08/20(月) 12:32:54.81ID:hYNv1upK
    /::::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::/ヽ::::|
   |::::::::::///   |::::|
   \/×   / ヽ::ノ    役立たずらめっ !
   (( ^  )   ^ ))\ヽ  払った分働けっ !
   ∧  ノ ・・) ヽ ∧゚  \\ヽ
   )人   ⌒   人(   ヽ ヽ\
    _>──<_     i l ヽ
   / _    A   )    l i | l
  (___)     / /    ,,-----、
          / /    |;::::  ::::|
      ⊂二(⌒ )二二二|;::::  ::::|⊃ /', ', ¨
            ̄ ・ヽ:∴。|;::::゙,ヾ,::::| /。・,/∴
             ,.・,-:'ヾ|!|!!,i,,!ii,!l,・∵,・
  /::::::::::::::::::::::::ヽ   ./:::::::: : : : : :.:.\
  /::::::::::人::::::::::::::::ハ  /..:::::,、::ハハハ::::::::ヽ
  |:::::∠= \(\__::::| ./:::::::::ソノ ノ ノ ハ:;:;:;:;:}
 人:::[・ ̄]-[ ̄・]:::ノ .{:;:;:;./ー‐'', ,''― ヾ::::j
   (  ̄.| |  ̄ )   {:;:;:;|<二●> <二二●
   .l\ (_) /l    r^Y.┗━┛^┗━┛!
   < <ニ> >     i、_|  /(●●)\/ すいましぇん
    .\__/レ      i    c==ュ  /   アキエ様〜
  / ̄Vヽ▼/V ̄\     ヽヽ. `ニ^ ノ
     竹 田          上 念

460法の下の名無し2018/08/31(金) 04:48:22.87ID:c17uoDJJ
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /::::::::::::::::::::::::ノヘ:::::;―、::::::::::::\
        /:::::::::::;-'  ̄     ̄   ヘァ:::::::::i
        i:::::::::彡            ミ:::::::::ヘ
        |:::::::メ  、__      __,ヾ:::::|
        |:::::ノ   / _ ヽ   /._ ヽ:::::|
        |::::|    イ`ー'ヽ     イ`ー'メ|::::::|
         :::ノ     ` ~  ノ i  ヽ` ~ イ::イ
        | ::j     ~~  ノ;        ::い
        ヽ:.:.: . : .    γ  , 、)、    i:::ノ  朝鮮人しね!
        |:::.:.ヾ : .    ` ''` i !  ~ヽ  )::|
        |::::i:.:.:.:. : . /   _ ! i_   i  /:::|  ヘイトやめへんでぇ!  
      /::::ヘ:.:.:. : .  i  ハニエ!_!‐ヽ i  イ::::::|
    /:;:;|   ヘ:. .  ( .〈     ノ ノ  / \:;:;:;:- 、_
 :;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ   ヽ  i  ヾエエEァ´   /   i:;:;:;:;:;:;:;:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ    \ ゝ、:::::::::  ' ノ   /:;:;:;:;:;:;:;:;:;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ      ` ー -- ― '    /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
            は す み と し こ

461法の下の名無し2018/09/02(日) 16:08:38.47ID:ZfpzDemE
すぎたみおの絵師はすみとしこが商用で盗作を販売中!
https://cache.ymall.jp/tohan/l/71/33377871.jpg

462法の下の名無し2018/10/01(月) 00:39:38.44ID:b+ta9mpH
朝木明代殺害事件

他殺

これだと世間が騒いだ
それに懲りたから朝鮮殺戮殺人学会は、
さらに朝鮮殺戮殺人警察を増やし、
殺人をしても騒がれないようにする為に朝鮮殺戮殺人学会が考えたのは、

テロ工作拠点をつくること

それが朝鮮殺戮殺人ライセンスを与えた病院になるわけだな
テロ工作拠点だと当然日本人にバレて、まずいから、


病院の 皮 をかぶせている


だから薬物大量投与テロに違法身体拘束なども朝鮮殺戮殺人ライセンスを与えられたテロ工作拠点はできるわけだ

463法の下の名無し2018/10/08(月) 04:13:46.62ID:0OcztsC7
 褌(嗤)。

464法の下の名無し2018/11/04(日) 14:08:29.48ID:DO1+ZUQS
>>5
その学会が世間に認められていないことは無視か?
石川健治みたいなアフォが第一人者とはお気の毒。

465幸ちゃん ◆5V9dS9MYZOAP 2018/12/27(木) 16:11:41.88ID:/lKEOCvY
    、,-ー- 、_,.,r-r,.;r';"´ ゛ヽ,
  .;r゛  ' , ,.ミ' ー--、ilr;r _   'i
  Y  ,: r'       ヾ  ;r '';
  (ヽ , r'        ,ノ   彡
    i' j!    ;     i .:::.  ;'
    ヾi. 'rtr::.' .:-':tテ、:. `i r'"t
    i:i. ' ´':  、` 、 ,i i _/
     い、 'ー-‐' ヽ  i j',!ヽ
     iヽ': '´二 ´`  r''/:::::::::i、
     r ! ヽ._   _, -' .r'::::::::::::;!:::ヽ、     アルトゥール=ショーペンハウエル 1788ダンツィヒ〜1860フランクフルト
    /::::::´:〉- 二  `/::::::::::::::/::::::::::::::ヽ、
  r'::::::::::::::::7Tl T /´::::::::::::::/::::::::::::::::;r::::::::::-、

 イギリス人が昔からの制度・風習・慣習を神聖なものとして変えず、そのねばり強さを極端に押しす
すめて笑いものになるのも辞さないという点に、彼らの頭のよさが示されている。というのは、こうし
たものはのんびりした頭のなかで孵化されたものではなくて、徐々に周囲の力と生活の知恵から生いたっ
てきたもので、したがって国民としての彼らにうってつけのものだからだ。ところが愚直なドイツ人は
先生から「英国式燕尾服など一着に及んで闊歩しなくちゃだめさ。断然、似合うよ」などと吹きこま
れると、親父の反対を押しきって手にいれたはよいが、まことにぎこちなく、ぎくしゃくとして、その
かっこうは笑止千万なのだ。ところでこの燕尾服というのが田舎者のドイツ人には窮屈きわまるものだ
が、その最たるものが陪審制度だ。これは読み書きができれば死刑も免除されたような未開のイギリス
の中世紀、アルフレッド大王時代からあるもので、刑事裁判で最もやっかいなしろものだ。というの
は、こそどろ・人殺し・ぺてん師がたくらんだ罠や仕掛けを日夜解くことで頭も白くなり、こうして事
件の手がかりをつかむことを覚えた腕ききの学問もある判事にとってかわって、仕立て屋や手袋屋と
いった面々が裁きの席にすわり、その遅鈍・粗野・とんまで不慣れな頭をひねり、それどころか小一時
注意を集中する習慣さえないのに、知恵をしぼって、欺瞞と見せかけの目もくらむような織物のなかか
ら真実を見つけだそうというのだからだ。おまけにそうしているあいだにも、商売の布地や革のことも
考えねばならず、家へ帰りたくてうずうずしており、いわんや蓋然性と確実性の区別などちんぷんかん
ぷんで、むしろ一種の確率をそのにぶい頭に打ち建て、それによって平然としてひとさまのいのちを断
つのである。彼らにあてはまるのはサムエル・ジョンソンの言葉だ。彼はある重要な問題でひらかれた
軍法会議にあまり信を置かず、こう言っているのだ。すなわち、この軍法会議に陪席した者のうち、お
そらく、ただのひとりも、その生涯において、蓋然性をつらつら考えることでただの一時間も送った者
はあるまい、と(ボズウェル『ジョンソン伝』一七八〇年の記事。ジョンソンの年齢は時に七十一歳)。
しかしこういう連中こそ不偏不党だ、と言う意見もないではない。――あそこにいるあの「あさまし
い民衆」がそうだというのか。まるで一方に偏する執念は、被告と身分の同じ者の場合よりも、被告と
完全に縁のない、まったく別の領域で暮らしている判事、職務の名誉を自覚している解任できない刑事
事件の裁判官のほうがひどいような話ではないか。ところで国家ならびにその首長に対する犯罪や出版
法違反の罪まで陪審制度でさばくなどということは、文字どおり猫に鰹節の番をさせるものだ。

466法の下の名無し2019/01/19(土) 14:46:32.20ID:vAPxB6Ts
古谷経衡 ネトウヨにヤキソバと言われ係争してしまう
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/sisou/1547873135/

467法の下の名無し2019/01/26(土) 11:21:29.49ID:Zg6XaQqa
YTG>まず法学理論では憲法に違反する一般法は当然に無効となりますが、憲法に違反する憲法改正は無効とはなりません。
憲法というのは法体系の頂点に位置するので、法学上では憲法を無効とする法的根拠が存在しないのです。
これは初歩的な法学知識の問題です。
そもそも憲法学でいうところの改正限界説というのは、限界を超えたら無効となるわけではありません。
改正限界説とは、限界を超える改正が起こりえないと考えているのではなく、限界を超えた改正は、もはや改正とはいえず、
旧憲法の廃棄と同時に新たな憲法の制定とみなさなければならない、という意味です。
改正の限界を超えた場合は、旧憲法と新憲法の法的断絶が発生し、改正前の憲法と異なる根本規範に立脚した憲法が生まれたと考えるのが憲法学の通説となっています。
(http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/sinmukouronhatangaisetu.html)

468法の下の名無し2019/02/20(水) 15:32:26.39ID:noHUKjcZ
「エリートほどバカである」残念な国家の末路 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59851

469法の下の名無し2019/02/25(月) 03:03:59.46ID:aePdb9cq
   /::::::::==   -  ~ `-::::::ヽ
   |:::::::/ _,=ノ ヽ =~、 l:::::i
   i::::::l  ノ(。 )三( ゚ )u :::!    \  ヽ/  __  _|_
   |:::|  ⌒ ノ/  i丶⌒ |::i    ̄ヽ ∠ーー    ヽ ―|―
   (::|     ィ___)   )     __ノ  (_  _ノ \_
    ヽ  u /::::/::::ノ  /       ___     ___
     ヽ ノ::|エlエI::ヽ _ノ        /|ヽ        |
 .___人  `:〜:´ 人__    /  | \     | | ̄
/    /  ` "―´´ \   \     |      ._|__|__
|     > \▼ /  く    \
| \   \  ヽ◆/ /_つ/ ̄ヽ
|   \     // /<  ___)(ニニ)

470法の下の名無し2019/03/02(土) 20:15:06.25ID:syROVxT5
>>1
黙殺という言葉を教示してしんぜよう。

新着レスの表示
レスを投稿する