漢委奴国王印 いわゆる金印part3

1東京2019/05/06(月) 17:37:27.05
有意義なスレですのでpart3をたてました。

2日本@名無史さん2019/05/06(月) 17:40:04.10

3日本@名無史さん2019/05/06(月) 17:44:45.23

4日本@名無史さん2019/05/06(月) 17:47:00.16
2012/06/03(日)17:01 AAS
天明年間、筑前国那珂郡志賀島志賀島に於いて甚兵衛なる百姓が田圃仕事中に偶然発見したとされる。

・「漢委奴國王」を何と読むのか?
 →かんのわのなのこくおう
 →かんのいとのこくおう
 文化庁編「新増補改訂版 国宝事典」(便利堂、1976年)
 「その訓みについてはなお定説をみない」

・後漢書の印綬と同一か?
 後漢書「卷八五 列傳卷七五 東夷傳」より
 建武中元二年 倭奴國奉貢朝賀 使人自稱大夫 倭國之極南界也 光武賜以印綬
 「建武中元二年、倭奴国、貢を奉じて朝賀す、使人自ら大夫と称す、倭国の極南の界なり、光武、印綬を以て賜う」

・そもそも真物か?
 出土地も確定できない問題がある

5日本@名無史さん2019/05/06(月) 17:55:28.56
Part 1から>899日本@名無史さん2018/05/08(火) 14:42:33.01
金印が何故そこにあったのか推察すると、おそらく奇跡の呂皇后と同じだろう。
西安の陝西歴史博物館にある呂皇后の玉印は、今中国にある歴史的印章で一番の
お値打ち品だ。
これは小学生が学校から帰り道で、道端の空き地で見つけた。省博物館に持って
行くとみんなびっくり仰天、拾った場所は劉邦と呂皇后の長陵から1kmの所、
呂皇后の玉印が出た。 なぜそこにあったか推察すると、これは呂皇后の墓内
でなく周囲の建物に調度品と共に安置してあった。それが前漢末の反乱で
焼き討ち略奪の時、誰かが守って持ち出し、落としたか埋めて隠した。
それから2000年、今は家や道の並木があったりするが、埋まった所は奇跡的に
何の変化も無く、表土が雨で徐々に流れて、2000年後に現れた。動かなかったから
傷一つなく綺麗な原形のまゝだった。正に奇跡の呂皇后だ。
 で 金印は、魏書に倭国大乱とあるように、その頃は喧嘩ばかりやっておった。
喧嘩の時、金印はどっかに隠す、奴国が負ける隠した奴が死ぬとどこに隠したか
分からなくなる。
 中国の何千個もの古銅印はほとんどが何故そこに落ちとったか推察しようもない。
そこに昔は持ち主の家や役所の建物があったとしても、千数百年過ぎると全く
跡形無くなってしまう。小さい銅印なんて丈夫な物だからそれだけが残る。

949日本@名無史さん2018/07/15(日) 09:45:01.71
1958年発掘 蛇鈕金印”晋蛮夷帰義侯”
外部リンク[aspx]:www.whmuseum.com.cn
この蛇鈕、造りは雑だが、形式は漢委の金印と同じ。  滇王は前漢だから蛇そのものだが、
後漢からの蛇鈕はこういう形式になった。
江戸時代ではこういう印形のデータが無いんだから、あの漢委の蛇鈕を贋作はできない

950日本@名無史さん2018/07/16(月) 08:55:10.33
蛇鈕はこれが江戸時代の贋作ではないことの決定的証拠だな。
中国に現存する蛇鈕金印は、現代で発掘された三個しかない。
中国でも明から作られた贋作印に蛇鈕は無い、どんなものか分からなかった
からだ。 日本で江戸時代に作れるわけが無い。

6日本@名無史さん2019/05/06(月) 19:36:21.82
年表

西暦57年 金印「漢委奴国王」を授かり、初代・神武天皇が誕生した。
107年 第6代・孝安天皇(倭国王帥升等)が後漢に朝貢した。
177年 第10代・崇神天皇が即位した。
179年 奈良県の三輪山西麓の瑞籬宮に都を移した。
181年 ニュージーランドのタウポ大噴火
181年 疾病の流行。『崇神紀』によると「倭国の人口の半分が死んだ」
181年  『後漢書』によると「空が黄色くなり太陽が覆われた。」 「6月に雹が降った。大きさは鳥の卵ほどもあった。」
182年 『後漢書』によると「井戸の中が凍ってしまった」異常気象を示す記述は2年続く
181〜184年 倭国大乱
183年 モモソ姫の助言で大田田根子に大物主神を祀らせたら五穀豊穣となり疾病が治まった。
184年 疾病などの影響で崇神天皇が権威を失った。倭国を救ったスーパーヒーローのモモソ姫か大田田根子が女王・卑弥呼になった。
184年 黄巾の乱が勃発し、漢が衰退した。漢から授かった金印の権威消失。
198年(戊寅年) 崇神天皇が崩御した。
199年 第12代・垂仁天皇が即位した(女王・卑弥呼を補佐する役割)
202年 纒向珠城宮(纒向遺跡)に都を移した。
※『魏志倭人伝』によると官のトップは伊支馬(垂仁天皇の本名は伊久米),次席は弥馬升(垂仁天皇后の本名は日葉酢)
237年 垂仁天皇が崩御した。
238年 第12代・景行天皇が即位した。(女王・卑弥呼を補佐する役割)
238年 難升米と都市牛利が魏に朝貢した。卑弥呼が「親魏倭王」の金印を授かった。
248年 『三国志』によると女王・卑弥呼がついに亡くなった。
264年 景行27年、景行天皇の息子ヤマトタケルが熊襲討伐に成功。
266年 台与が晋に朝貢した。

※約100年間の天皇不在の空白期間
※卑弥呼と台与を日本の歴史から消す代わりに架空の天皇である第13代天皇と第14代天皇を創作し空白期間を埋めた。

390年 第15代・応神天皇が即位した。

7日本@名無史さん2019/05/06(月) 19:42:28.30
日本で編纂された『新撰姓氏録』には
神武天皇の兄は「新羅王の祖」であると書かれている。

『三国史記』によると西暦57年に
倭人の脱解尼師今が「新羅王の祖」になっている。
西暦57年と言えば奴国の王が、金印・漢委奴国王を授かった年である。

※金印を授かった奴国の王が神武天皇で間違いなさそうである。

8日本@名無史さん2019/05/06(月) 19:45:45.41
新羅王の始祖は3人いる 。

昔氏始祖は、脱解尼師今  ←奴国王が金印を授かった西暦57年に即位
金氏始祖は、金閼智
朴氏始祖は、赫居世居西干

9日本@名無史さん2019/05/06(月) 20:33:50.81
いつのまにかラノベスレに

10日本@名無史さん2019/05/06(月) 22:51:32.02
三国史記の年代を疑ってくれよ。
魏志東夷伝と合わないから、60年なり120年なり繰り下げないといけないのだろう。

11日本@名無史さん2019/05/07(火) 02:02:07.69
>>8
三氏族とも倭種
漢族の百済人は滅亡、現生朝鮮人はウラル系の高句麗人がルーツ

12日本@名無史さん2019/05/07(火) 02:02:30.06
不思議なことに日本人の遺伝子(O-47Z)は高句麗で爆発的に増えてるんだよな。
朝鮮人が日本で爆発的に増えた形跡はない。

O-47Zは関東地方に多いが
九州が新羅を支配、関西が百済を支配、関東が高句麗を支配し、分割統治した形跡が遺伝子解析的にはある

13日本@名無史さん2019/05/07(火) 02:03:00.11
朝鮮人の遺伝子

O2B(約30%) ←倭人系
O3(約45%) ←漢民族の系
C3(約12%) ←オホーツク系

14日本@名無史さん2019/05/07(火) 02:03:18.84
日本人の遺伝子

D1B1/D1B2(40〜45% ) ←縄文人の遺伝子
O2B1(約20〜30%) ←日本列島で発生した遺伝子
O3(約10〜16%) ←漢民族の遺伝子

中国系が10〜16%
朝鮮系はほぼ0%
日本列島独自の遺伝子が60〜75%

これが科学的な遺伝子解析の結果です。朝鮮半島からの移民が日本列島で増えた形跡はなし

15日本@名無史さん2019/05/07(火) 02:04:55.09
後漢書

倭在韓東南大海中依山㠀為居凡百餘國 自武帝滅朝鮮使驛通於漢者三十許國 國皆稱王丗丗傳統其大倭王居邪馬臺國(案今名邪摩惟音之訛也) 楽浪郡徼去其國萬二千里其西北界狗邪韓國七千餘里 其地大較在會稽東冶之東與朱崖儋耳相近故其法俗多同

大倭王は邪馬台国にいる。
楽浪郡の国境は、その国(邪馬台国)から一万二千里である。
倭国の西北界である狗邪韓國からは七千里である。
倭奴国は倭国の極南界である。

つまり、倭国とは狗邪韓國(朝鮮半島南岸)から倭奴国(九州北岸)まで。
畿内は倭国の中に含まれず、まして倭国女王卑弥呼がいたはずもない。
畿内にいたのは、墓が大きいだけの地方豪族だけである。

16日本@名無史さん2019/05/07(火) 02:05:14.48
隋に使いを送ったのは、阿蘇山のある倭国の王である天の多利思比孤。

隋書
隋使の裴世清らの道程は「經都斯麻國迥在大海中 又東至一支國又至竹斯國又東至秦王國 其人同於華夏 以爲夷州疑不能明也 又經十餘國達於海岸 自竹斯國以東皆附庸於俀」とあり、
大海の都斯麻國(対馬)、東に一支國(一支国)、竹斯國(筑紫)、東に秦王國他10余国をへて海岸についたという。
竹斯國から東はすべて俀であるという。

17日本@名無史さん2019/05/07(火) 02:05:40.02
旧唐書

倭国はいにしえの倭奴国のことである。
四方の小島五十余国は皆、倭国に属していた。倭国の王の姓は阿毎(あま・あめ)氏で、一大率を諸国において検察させている。小島の諸国はこれを畏怖している。

日本国は倭国の別種である。
その国は日の昇る方にあるので、「日本」という名前をつけている。
あるいは「倭国がみずからその名前が優雅でないのを嫌がって、改めて日本とつけた」ともいう。
またあるいは「日本は古くは小国だったが、倭国の地を併合した」とも。

18日本@名無史さん2019/05/07(火) 02:06:37.10
倭には大乱の前にも王がいた。
そこで大乱があり、卑弥呼が共立された。
奈良盆地では当てはまらない。

19日本@名無史さん2019/05/07(火) 02:07:03.32
畿内説はどうやっても東遷説に頼らざるを得ない。
なぜなら弥生時代における筑紫の優越性は絶対的なものだから。
それでも「畿内がー」と叫ばなければいけないのは哀れですらある。

20日本@名無史さん2019/05/07(火) 06:25:47.44
属国の証しを後生大事にしてるようでは、シナからの独立はねーなw

21日本@名無史さん2019/05/07(火) 06:27:48.68
金印の話題に戻ったら起こして
(つ∀-)オヤスミー

22日本@名無史さん2019/05/07(火) 06:28:49.04
前スレ消化してからこっち使えや無能ども

漢委奴国王印 いわゆる金印part2 
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1537107301/

23日本@名無史さん2019/05/07(火) 10:39:08.05
>>7
>>8
漢委奴国王が神武天皇で間違いなさそうだね。
初めて金印をもらった倭王が初代天皇なのは妥当なところだし。

24日本@名無史さん2019/05/07(火) 11:08:14.82
>>23
記紀にはその前にもたくさんの王がいたことが書かれているよ。
イザナギやアマテラス、日向三代の王たちなど。

25日本@名無史さん2019/05/07(火) 11:27:29.16
>>24
だから何?そいつらは初代天皇ではないだろ

26日本@名無史さん2019/05/07(火) 11:32:50.09
なぜ神武が初代天皇扱いされたのか?
理由があるはずだが
初めて金印をもらった倭王だから初代天皇扱いされたというのは納得がいく

27日本@名無史さん2019/05/07(火) 11:36:02.63
>>25
天皇と定義されたのは、奈良時代になってから。

28日本@名無史さん2019/05/07(火) 11:37:34.53
>>26
九州からやって来た神武が畿内王朝の始祖だからだよ。
九州での倭王は天皇にカウントしなかっただけ。

29日本@名無史さん2019/05/07(火) 11:40:07.38
後漢書

倭在韓東南大海中依山㠀為居凡百餘國 自武帝滅朝鮮使驛通於漢者三十許國 國皆稱王丗丗傳統其大倭王居邪馬臺國(案今名邪摩惟音之訛也) 楽浪郡徼去其國萬二千里其西北界狗邪韓國七千餘里 其地大較在會稽東冶之東與朱崖儋耳相近故其法俗多同

「倭は韓の東南、大海の中にある。山島に居住して、すべてで百余国。武帝が(衛氏)朝鮮を滅ぼして以来、漢と交流のあったのは三十国ほどである。国はみな王を称し、代々受け継いでいる。その大倭王は邪馬台国に居る(今の名を案ずると、ヤマユイ音のなまりである)。
楽浪郡の境界は其の国を去ること万二千里。その西北界の狗邪韓国を去ること七千余里。その地は会稽、東冶の東にあり、朱崖、儋耳に近く、法や習俗に同じものが多い。」

建武中元二年,倭奴國奉貢朝賀,使人自稱大夫,倭國之極南界也。光武賜以印綬

大倭王は邪馬台国にいる。
楽浪郡の国境は、その国(邪馬台国)から一万二千里である。
倭国の西北界である狗邪韓國からは七千里である。
倭奴国は倭国の極南界である。

つまり、倭国とは狗邪韓國から倭奴国まで。

30日本@名無史さん2019/05/07(火) 11:45:08.61
>>27
だから何?てきとーに初代天皇を決めたと言いたいの?

31日本@名無史さん2019/05/07(火) 11:47:54.84
>>28
金印をもらったから金印の威光によって
神武は畿内を支配できたんだろうね。

32日本@名無史さん2019/05/07(火) 11:55:31.03
九州の代々の大王が伊都国にいたことは平原遺跡などからも間違いない。
ではいつ頃、伊都国の大王の権威が衰退したのか。

※漢鏡5期流入段階(1世紀中ごろ)には、糸島地域(伊都国)は漢鏡流通の核である
※漢鏡6期流入段階(2世紀前半)では、既に糸島地域(伊都国)は漢鏡流通の核としての機能を停止している

ちょうど奴国王(筑紫の王)が金印を授かった時期に伊都国が衰退してることが判明している。
つまり金印によって奴国王(筑紫の王)が伊都国王よりも偉くなった。

33日本@名無史さん2019/05/07(火) 12:00:41.32
逆だろ。
奴国の王墓の方が古いぞ。
吉武高木遺跡とかね。
平原遺跡は3世紀頃だから、むしろ金印よりも新しい方だ。

34日本@名無史さん2019/05/07(火) 12:01:27.43
糸島平野の最盛期はむしろ4世紀とかだな。

35日本@名無史さん2019/05/07(火) 12:03:40.27
そもそも奴国も伊都国も筑紫にあるのだから、どちらも筑紫の倭王だよ。
金印をもらったのがどちらなのかは議論の余地があるけどね。
どちらにしても後漢代において中国から見たら区別はされていない(遷都の記録はない)。

36日本@名無史さん2019/05/07(火) 12:04:45.38
最初の王都として福岡平野に吉武高木遺跡(紀元前2世紀)、奴国と考えられている須玖岡本遺跡(紀元前2〜1世紀)があり、
後に高祖山をはさんだ西側の糸島平野に移動して伊都国とされる三雲南小路遺跡(紀元前1世紀の王・王妃墓)、井原鑓溝遺跡(紀元1〜2世紀の王墓)、平原遺跡(紀元2〜3世紀の女王墓)がある。
三雲南小路遺跡の甕棺墓から発見された内行花文鏡には「見日之光天下大明」という銘文があり、太陽光を象った鏡であることがわかる。内行花文鏡は中国で王侯に下賜されていた形式であり、倭国が漢王朝の冊封の元での祭政一致王権をとっていたことがわかる。
昭和40年(1965年)に平原遺跡から出土した最大の内行花文鏡は国産と考えられている。その円周が漢代の8咫(直径1尺の円の円周が4咫)に相当することから、記紀などにおいてアマテラスがニニギに与えたとされる八咫の鏡であると考えられている。
かつては八咫は単に大きいことを意味するだけだという説もあったが、この鏡の出土により実際に円周がちょうど八咫である鏡が実在したことが確認された。
これらの王朝は高祖山の東側の福岡平野の奴国に成立し、後に西側の糸島平野の伊都国に移動しているが、出土品や墓制が同じであることから基本的には一連の王権であると考えられる。
三種の神器は現在の天皇家においても象徴とされており、倭国王権の起源は稲作伝来の地でもあるこれら博多湾・玄界灘周辺にあったことになる。
これが卑弥呼が女王となった倭国の姿である。

37日本@名無史さん2019/05/07(火) 12:09:50.74
>>33
3世紀というと、ちょうど邪馬台国の一大率が伊都国を支配したころだね。
1世紀に権力が伊都から筑紫・大和に移ったころに伊都国の漢鏡流通の核としての存在終了
3世紀中ごろの邪馬台国の一大率が伊都国を支配した時期に平原遺跡終了

38日本@名無史さん2019/05/07(火) 12:11:13.97
「自女王國以北 特置一大率 檢察諸國 諸國畏憚之 常治伊都國 於國中有如刺史」

「女王国(を含めたそこ)から北の諸国には、(女王卑弥呼が)特別に一大率を配置して検察させており、諸国は之(一大率)を畏れ憚っている。
(一大率は)伊都国で(女王国から北の諸国を)常に治めていた。
(その様子は)魏で(皇帝が)刺史(を州に派遣し検察させて洛陽で治めているの)と同じようだ」の意味となる。

女王卑弥呼が一大率を任命して治めさせているのは自女王國以北(女王国を含む)の対馬海峡の国々である。
女王国が伊都よりずっと東の畿内にあったら、一大率が支配していたのは畿内とその北である若狭湾沿岸になってしまうが、伊都に置かれていたという記述と齟齬を生じる。
つまり女王国は伊都国を含まなくてはいけない。
女王国以北はおよそ里程や概要を記すことができるとされているが、里程が記載されているのは対馬海峡と福岡県内の国だけである。
すなわち女王国以北(女王国を含む)は伊都から北であり、女王国(邪馬台国)が伊都国を含むことを示している。

倭に近い文化を持っていた百済には、大率や徳率などの中央官僚の官職があった。
邪馬台国では中央官僚は大率一つだけだったので一大率と魏志倭人伝に書かれたわけだ。
都から対馬海峡の国々を検察に出かける様子が、刺史のようだとされたのだろう。

「刺史」・・・各地方を治める監察官
「大率」・・・百済などにあった高級官僚の役職

39日本@名無史さん2019/05/07(火) 12:14:14.54
>>34
そりゃそうだ
4世紀には伊都国は、超大国の大和(邪馬台国)が支配してるので
伊都国王の権力はまったくなくなったが、伊都国王の時代よりも経済的には発展しただろうね

40日本@名無史さん2019/05/07(火) 12:35:46.41
なぜ前スレ消化してから使えないのか?

漢委奴国王印 いわゆる金印part2 
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1537107301/

41日本@名無史さん2019/05/07(火) 12:36:48.72
九州王の年表

(紀元前2世紀) 福岡平野に吉武高木遺跡 ←最初の王都
(紀元前2〜1世紀) 奴国と考えられている須玖岡本遺跡
(紀元前1世紀の王・王妃墓)糸島平野に移動して伊都国とされる三雲南小路遺跡 ←伊都国に遷都
(紀元1〜2世紀の王墓)伊都国。井原鑓溝遺跡(紀元1〜2世紀の王墓) ←九州王が権力を失い漢鏡流通の核としての機能を停止
(紀元2〜3世紀の女王墓)伊都国。平原遺跡(紀元2〜3世紀の女王墓) ← 邪馬台国の一大率に支配されて平原遺跡が衰退

※『日本書紀』によると九州王は仲哀天皇の時代(4世紀頃の人物)に完全に家来になった。 ←九州王滅亡

42日本@名無史さん2019/05/07(火) 12:39:47.70
なぜ前スレ消化してから使えないのか?

漢委奴国王印 いわゆる金印part2 
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1537107301/

43日本@名無史さん2019/05/07(火) 12:40:44.24
まだ伊都クズ生きとったんかいな(笑)

44日本@名無史さん2019/05/07(火) 12:41:03.52
>>41
弥生時代末から古墳時代に渡来系弥生人が北部九州から日本列島全体に広がってる考古学的な事実と合わないな

45日本@名無史さん2019/05/07(火) 12:47:09.51
>>44
九州王に権力があったら渡来系弥生人は九州から流出させないだろから
九州王に権力が無かった証拠だなとしか言いようがない

46日本@名無史さん2019/05/07(火) 12:52:40.48
なぜ前スレ消化してから使えないのか?

漢委奴国王印 いわゆる金印part2 
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1537107301/

47日本@名無史さん2019/05/07(火) 12:53:05.08
渡来系弥生人なんて存在しない

48日本@名無史さん2019/05/07(火) 12:55:03.22
>>47
科学的に存在することが判明してるよ

O3(日本人の約10〜16%) ←漢民族の遺伝子

49日本@名無史さん2019/05/07(火) 12:57:29.31
ただし科学的な遺伝子解析の結果を見ても
「朝鮮系弥生人」は日本列島でほとんど増えなかったことは間違いないけど

50日本@名無史さん2019/05/07(火) 13:03:09.99
>>41
仲哀が香椎宮に入るには、伊都と岡田の王家の承認が必要だったんだよ。
彼らが三種の神器を掲げて登場して、仲哀を迎え入れた。

51日本@名無史さん2019/05/07(火) 13:04:40.84
そもそも仲哀は穴門を宮とする九州の王の一人だし。
倭王として香椎宮に迎えられたはずだったが、結局はすぐに暗殺されてしまった。

52日本@名無史さん2019/05/07(火) 13:19:03.04
なぜ前スレ消化してから使えないのか?

漢委奴国王印 いわゆる金印part2 
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1537107301/

53日本@名無史さん2019/05/07(火) 13:19:38.01
>>48
〜最新の核DNA調査におけるニッポン人とチョンコ(別名:朝鮮ヒトモドキ)の差異はこれだけある♪〜


2018年、木村資生記念進化学セミナー 第1回「Human Evoluion I」
https://kimuraseminar.files.wordpress.com/2017/08/20170804_humanevol1_saitoun.pdf
発表者である国立遺伝学研究所の斎藤成也教授はNHKの取材に対してハッキリと弥生系渡来人の定義を「中国大陸からやってきた」断言してる
https://i.imgur.com/UJZubVQ.jpg
https://i.imgur.com/2YKTJN4.jpg

弥生人とは縄文人の父系と大陸系の母系である
2019年、国立科学博物館の篠田謙一教授の人骨DNA分析によって、朝鮮ヒトモドキ要素はゼロと判明
https://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/20190303/movie/4040002195_20190303075459.html
朝鮮半島由来の渡来人は縄文人の出戻りと判明
https://i.imgur.com/3uWM5cK.jpg


従来のY遺伝子D系統におけるニッポン人と朝鮮ヒトモドキの差異
https://i.imgur.com/mLgiqTd.jpg
https://i.imgur.com/1Yl4qgn.jpg
https://i.imgur.com/fQ7qJ4s.jpg
Y遺伝子(父系)のD2はアイヌ88%、沖縄56%、日本本土42〜56%、チョン半島0%


従来のミトコンドリアDNAならびにY染色体DE、O2b1とO2b*によるニッポン人と朝鮮ヒトモドキの差異
https://i.imgur.com/YlzY3cM.jpg

チョンコはミトコンドリア(母系)においてニッポン人女性と牝ヒトモドキに差異はないとホルホルするが、アジア全体で大きな差はない
また有史以来、チョンコロ半島の国々は貢ぎ物として牝ヒトモドキを大量輸出していた実績があり、その伝統は近年の第五種補給品まで続いていた
なおM7aがニッポン人女性の特徴と言える

結論:ニッポン人にとってチョンコは距離的には近くても血統的には非常に遠い存在

54日本@名無史さん2019/05/07(火) 15:35:48.20
なぜ前スレ消化してから使えないのか?

漢委奴国王印 いわゆる金印part2 
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1537107301/

55日本@名無史さん2019/05/07(火) 21:28:37.32
>>45
大陸から引き上げて来た人達を東方に殖民させたんだよ。
>>48
渡来系弥生人≒現代日本人だな。

56日本@名無史さん2019/05/07(火) 22:04:37.43
なぜ前スレ消化してから使えないのか?

漢委奴国王印 いわゆる金印part2 
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1537107301/

57日本@名無史さん2019/05/08(水) 00:44:08.76
>>55
>渡来系弥生人≒現代日本人だな。

ぜんぜん違うよ
科学的解析の結果
日本人の60〜75%以上は日本人特有の遺伝子だよ

D1B1/D1B2(40〜45% ) ←縄文人の遺伝子
O2B1(約20〜30%) ←日本列島で発生した遺伝子

58日本@名無史さん2019/05/08(水) 00:47:34.98
なぜ前スレ消化してから使えないのか?

漢委奴国王印 いわゆる金印part2 
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1537107301/

59日本@名無史さん2019/05/08(水) 01:03:44.49
九州王の年表・修正版

(紀元前2世紀) 奴国の吉武高木遺跡
(紀元前2〜1世紀) 奴国の須玖岡本遺跡 ←金印を授かったことにより九州王より偉くなり、畿内に遷都 
(紀元前1世紀の王・王妃墓) 伊都国の三雲南小路遺跡
(紀元1〜2世紀の王墓)伊都国の井原鑓溝遺跡 ←奴国王が金印を授かったことにより九州王が権力を失い、伊都国は漢鏡流通の核としての機能停止
(紀元2〜3世紀の女王墓)伊都国の平原遺跡 ← 邪馬台国の一大率に九州王が完全に支配されて平原遺跡が衰退

※『日本書紀』によると伊都国の王(九州王)は仲哀天皇の時代(4世紀頃)に完全に家来になった。 ←九州王滅亡

60日本@名無史さん2019/05/08(水) 01:22:35.39
なぜ前スレ消化してから使えないのか?

漢委奴国王印 いわゆる金印part2 
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1537107301/

61日本@名無史さん2019/05/08(水) 02:02:28.58
>>60
しつこいな
荒らすなよ
レス990超えたら次スレに移行するの当然だしコピペ荒らしするヒマがあったら前スレ埋めろよ

62日本@名無史さん2019/05/08(水) 02:05:41.70
神武天皇は奈良県御所市に遷都したんだな
物的証拠(日本で唯一の銅鐸と鏡の同時出土)もあるので間違いないだろう

63日本@名無史さん2019/05/08(水) 02:09:25.25
それで、オマエの名前は?

64日本@名無史さん2019/05/08(水) 02:25:41.61
>>63
川崎の重度統合失調症症患者は今日中にに首を吊れ

前から何度も何度も繰り返し死ねと命令されているだろう?

むしろお前へのレスは「首を吊って死ね」以外にないじゃないか

なぜ素直に命令をを聞くことができないのか・・・

いくら無能な統合失調症症患者とは言え、日本語は読めるのだろう?

これだけ多くの者達に望まれているのだから

さっさとセルフ絞首刑を実行しろ

65日本@名無史さん2019/05/08(水) 02:30:06.55
>>64
どこの池沼なんだ


64「????????????????」(台詞のような意味)

66日本@名無史さん2019/05/08(水) 02:33:05.06
実際に家の話なんだけど

『サイバーパンクSPECIAL』『』『』『』・・・その他

このような作品などもw
なぜか漫画やアニメ、ゲーム・・・そういう類?

67日本@名無史さん2019/05/08(水) 02:37:10.84
当時持っていたシンボル(アイテム)的なもの、
例えば刀など?

そういうものは、誰かにあげたのか〜と言っているから、
いま住んでいる家にはない

でも、なぜか家の話

68日本@名無史さん2019/05/08(水) 02:47:55.75
当時持っていたものなどは、
誰かに、あげちゃったのかな〜と言っているけど、
なぜか家の話なの、なぜだと思う?


現在そういったアイテム的なものは持っていない、
いま住んでいる家にはない・・・ただ、それだけの話


オマエ(不明)「あなた、なんていう名前の家なの?」

69日本@名無史さん2019/05/08(水) 02:52:09.04
>>65-68
川崎の重度統合失調症症患者「松傾」は今日中にに首を吊れ

前から何度も何度も繰り返し死ねと命令されているだろう?

むしろお前へのレスは「首を吊って死ね」以外にないじゃないか

なぜ素直に命令をを聞くことができないのか・・・

いくら無能な統合失調症症患者とは言え、日本語は読めるのだろう?

これだけ多くの者達に望まれているのだから

さっさとセルフ絞首刑を実行しろ

70日本@名無史さん2019/05/08(水) 03:03:41.14
あと本当に、この話なんだよな

『チョン州 長州』

こういうスレでも同じようなことを言っているし、
明治時代〜この頃にテキトーに?みたいな話


ちなみに家は長州?そういうところの出身ではない

71日本@名無史さん2019/05/08(水) 03:13:39.63
邪馬台国も同じような話だろう

あなたが何々さんの家の代表(何やらの権利、権限を持っている)、
きみが・・・、おまえがみたいにテキトーに決めた

72日本@名無史さん2019/05/08(水) 03:34:12.10
>>70,71
川崎の重度統合失調症症患者「松傾」は夜明け前に首を吊れ

前から何度も何度も繰り返し繰り返し死ねと命令されているだろう?

むしろ松傾へのレスは「首を吊って死ね」以外にないではないか

なぜ素直に命令をを聞いて死ぬことができないのか・・・

いくら無能な統合失調症症患者とは言え、日本語くらい読めるのだろう?

これだけ多くの者達に望まれているのだから

さっさとセルフ絞首刑を実行しろ

73日本@名無史さん2019/05/08(水) 03:45:57.62
                   ボコッ
   ウソツキは死んでも   . ,.'彡'・グフォニダ!
    治らねぇから半殺し ∧_∧';' ; ..  ∧_∧ 
         ∧∧/)、`二<ヽ;;゚`;;A´;;> ,;.゚. (´∀` ) 蹴っても 
        (#゚Д゚/^)∴;'|;';.'/.;' '´。 ::;:,(    つ 蹴っても 
        と  ´ //`W( ヽ(;;;((⌒ ̄ ̄ ̄_  )  ホラ吹くとか 
         (  ノ`´//  ヽ Y ノ''::;;;;::'''"´ ̄ヽ \ マゾかよwww
         (__)彡  〈フ_フ ドカッ\\   (__)

74日本@名無史さん2019/05/08(水) 07:43:04.24
>>57
一旦倭人(縄文人)が朝鮮半島に渡りそこから再び日本に戻って来たんだよ
それが渡来系弥生(現代日本人)で朝鮮半島で混血して従来の縄文系弥生人とは変わってた。

75日本@名無史さん2019/05/08(水) 10:01:44.50
〜最新の核DNA調査におけるニッポン人とチョンコ(別名:朝鮮ヒトモドキ)の差異はこれだけある♪〜


2018年、木村資生記念進化学セミナー 第1回「Human Evoluion I」
https://kimuraseminar.files.wordpress.com/2017/08/20170804_humanevol1_saitoun.pdf
発表者である国立遺伝学研究所の斎藤成也教授はNHKの取材に対してハッキリと弥生系渡来人の定義を「中国大陸からやってきた」断言してる
https://i.imgur.com/UJZubVQ.jpg
https://i.imgur.com/2YKTJN4.jpg

弥生人とは縄文人の父系と大陸系の母系である
2019年、国立科学博物館の篠田謙一教授の人骨DNA分析によって、朝鮮ヒトモドキ要素はゼロと判明
https://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/20190303/movie/4040002195_20190303075459.html
朝鮮半島由来の渡来人は縄文人の出戻りと判明
https://i.imgur.com/3uWM5cK.jpg


従来のY遺伝子D系統におけるニッポン人と朝鮮ヒトモドキの差異
https://i.imgur.com/mLgiqTd.jpg
https://i.imgur.com/1Yl4qgn.jpg
https://i.imgur.com/fQ7qJ4s.jpg
Y遺伝子(父系)のD2はアイヌ88%、沖縄56%、日本本土42〜56%、チョン半島0%


従来のミトコンドリアDNAならびにY染色体DE、O2b1とO2b*によるニッポン人と朝鮮ヒトモドキの差異
https://i.imgur.com/YlzY3cM.jpg

チョンコはミトコンドリア(母系)においてニッポン人女性と牝ヒトモドキに差異はないとホルホルするが、アジア全体で大きな差はない
また有史以来、チョンコロ半島の国々は貢ぎ物として牝ヒトモドキを大量輸出していた実績があり、その伝統は近年の第五種補給品まで続いていた
なおM7aがニッポン人女性の特徴と言える


結論:ニッポン人にとってチョンコは距離的には近くても血統的には非常に遠い存在

76日本@名無史さん2019/05/08(水) 10:16:44.52
>>75
コピペだろうけど
科学的な話には朝鮮ヒトモドキとか使わないほうがいいよ
説得力が一気になくなる

77日本@名無史さん2019/05/08(水) 10:59:11.97
>>76
歴史捏造や歴史歪曲による反日活動でしか自己の存在証明できない在日コリアンを科学的に罵り、貶めるのが目的だから故意に蔑称を用いてるんだと思われ。

78日本@名無史さん2019/05/08(水) 12:05:29.35
>>77
わかってるよ
それやると説得力はなくなるけどね

79日本@名無史さん2019/05/08(水) 12:08:19.98
発表元の信憑性は揺るがないから良いんだよ

80日本@名無史さん2019/05/08(水) 13:42:02.22
朝鮮民族がよくわからないのは小中華であるがゆえに日本より上という意識
実は朝鮮の歴代王室は銅印しか貰ったことがない。日本は金印を貰っている。
中国から日本は「日本鬼子」と言われるが最初に「鬼子」と言われたのは西欧人
中国人から力そのものは認められていた。朝鮮人は「高麗棒子」と言われ純粋に蔑みの
意味しかない。実は中華たる中国人にその文明を認められたことは一度もないのだ。
何故彼等がその朝鮮の歴史とその社会を誇れるのかは謎ではある。

81日本@名無史さん2019/05/08(水) 17:52:43.35
誇れないからこそ嘘の歴史を捏造して誇ってるんだろ

82日本@名無史さん2019/05/08(水) 18:04:51.74
>>81
間違いない
ヒトモドキ視点の古代史妄想を書いた馬鹿がその典型例

83日本@名無史さん2019/05/08(水) 18:07:27.83
無能ヒトモドキ視点からの古代史妄想(https://sites.google.com/view/jhistory/

詳しくは↓
【完全妄想】百済の「日本」Part. 6【くだらない】
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1555328315/

84日本@名無史さん2019/05/15(水) 02:37:37.02
>>83
正式タイトルは
無能ヒトモドキ視点からの古代(誇大)妄想
らしいぞ(笑)

85日本@名無史さん2019/05/15(水) 14:30:46.19
>>84
知ってた

86日本@名無史さん2019/05/16(木) 08:32:34.86
伊都チョンも泡チョンも無能ヒトモドキも松傾も高天チョンも琉チョンも
普段は他の在日チョンコ同様日本人のフリして暮らしてるはず


何故か?


それはチョンコであることが恥ずかしいからに他ならない

そして日本人のルーツにチョンコが無関係だと理解してるからに他ならない


自ら恥ずかしい存在だという自覚があり
何一つ自信を持つことが出来ない惨めさから
朝鮮起源説や反日活動で精神勝利するしかない

チョンコとはそういう存在


  :_       ..、     ..__                           、___
  _jllll′   ョ- 4il||l     "lll'、     ‐ 、         _..-''lllliin 、    _ `''||ゞ'
 ,ョ广     ゙廴_j=冖゙゙'ll'、  .llll′     `||li    '''l 、  ,j广  l|!  "ll'、 、 __ョ=ョ 、  ,,_、 、 ..,,_
、l|′    :、_uil||l'  _ __'||l  |lll′      lll  _.   |ll'、:lll′ _lll′  lllll  ゙'il|l′ "lll|  ゙llll| l||l  l||l′ 
 'llL_    "'´ |ll、゙゙''冖′  lll      、  llll 〃  ..ulll!' ‖ ,jlll′  _|lll′     ||l   ゙llll ./゙l||| l||′
  ゙l||li、     |ll、      'll'、  ,__〃  ゙||lli    ゙゙  'l|l'′  ,,._lll′     ,,lll′   .|lll’ `'l|||′
   `il|l'      il|l       `'ill||lll''~    ~~        `  -‐'~~     ..l广     .`''  ゙''′


           ; ∧,_∧:   悔しいニダァァアーーッ!!!
           :<;l|l;`田´>;
           ;(6   9):
          :ム__)__)

87日本@名無史さん2019/05/16(木) 13:56:23.47
>>84
史が抜けてる。
正しくは「無能ヒトモドキ視点からの古代(誇大)史妄想」。

88日本@名無史さん2019/05/17(金) 01:26:05.55
漢帰義羌長

89日本@名無史さん2019/05/17(金) 01:46:42.95
急にどうした?

90日本@名無史さん2019/05/18(土) 10:28:04.76
漢委の金印とかバカなこと言ってるアホがいて笑う

91日本@名無史さん2019/05/19(日) 00:08:37.40
>>89
漢帰義羌長があるから
漢の倭の奴国王という読め方は間違いで
漢から委された奴国王が正解かと

92日本@名無史さん2019/05/19(日) 00:19:58.80
>>91
それもとうの昔に中国人研究者から否定されてたはずだが。。。

93日本@名無史さん2019/05/19(日) 12:59:55.90
>>92
そうだね

94日本@名無史さん2019/05/20(月) 01:28:32.92
>>92
どういうこと?
基本的に漢の倭の奴国王っていうのは日本独自の説で
中国の学者にはそう読む人はほとんどいないが

95日本@名無史さん2019/05/20(月) 02:44:13.05
>>94
中国人は漢,委奴国王と読むとしてる研究者が大半

96日本@名無史さん2019/05/23(木) 04:58:43.57
>>94
漢から委された奴国王なんて読むアホはいないってこと

97日本@名無史さん2019/05/23(木) 13:22:24.23
>中国の古代の印章のなかに「民族名+国名」の構造をもつ印章実例を
>一つも見いだしえないことは、通説「委」の「奴国」説の
>克服すべき難点であるとされている。 (Wiki)より

上記の点を考慮すると、漢の委奴国王と読むのが正しいのかも

98日本@名無史さん2019/05/23(木) 13:24:36.44
それな、俺もずっと委奴国王と思ってたわ

99日本@名無史さん2019/05/23(木) 13:49:31.70
>>97-98
つかそれが今の主流だろ

100日本@名無史さん2019/05/23(木) 13:51:41.59
『日本国王 足利』

この時代でも同じだ
と言ってる人がいたでしょ

101日本@名無史さん2019/05/23(木) 13:56:21.88
とあるスレを読んでみた?

秦人 漢人・・・、
むかーし日本(倭国?)に来ていたり

倭人ではない人々

102日本@名無史さん2019/05/23(木) 14:03:58.38
金印の時代は、奴国ではなく伊都国に王墓が作られた時代。
倭奴国が、卑弥呼の頃には伊都国と表記を変更していたのだろう。
伊都国の細石神社の金印にまつわる口伝が気になるところだ。

103日本@名無史さん2019/05/23(木) 14:25:43.12
「漢委奴國王」の印は倭奴国王、つまり倭国王の印
最後の所有者は漢末に倭王だった卑弥呼だと考えれれている。

104日本@名無史さん2019/05/23(木) 14:28:58.69
>>100>>101
川崎の重度統合失調症症患者「松傾チョンコ」は日暮れ前に首を吊れよ

何度も!何度も!何度も!

繰り返し!繰り返し!繰り返し!

「即死しろ!」と命令されているだろう?


むしろ松傾チョンコへのレスは「首を吊って死ね!」以外にないじゃないか

誰にも相手にされてない=存在する意味がないという事だろう?


なぜ素直に命令をを聞いて首を吊ることができないんだ??


いくら無能な統合失調症症患者のヒトモドキとは言え、

日本語くらい読めるのだろう???


これだけ多くの者達に首を吊れ!と命令されているのだから


さっさとセルフ絞首刑を実行しろよ松傾チョンコ


日暮れ前に必ず実行しろ!

必ずだぞ!!!

105日本@名無史さん2019/05/23(木) 14:31:26.64
>>102
委奴国が分裂して委国(のちの伊都国)と奴国になった説が主流だな
あと、細石神社ネタはすでに終了済みだから諦めろ糸クズ小僧

106日本@名無史さん2019/05/23(木) 17:48:06.44
伊都国がワシントンD.C.で奴国がニューヨークですね。

107日本@名無史さん2019/05/23(木) 17:49:39.27
伊都国がヴェルサイユで奴国がパリですね。

108日本@名無史さん2019/05/23(木) 18:11:20.63
>>106-107
そういう解釈もアリって気がする

109日本@名無史さん2019/05/25(土) 01:42:12.52
もし副葬品とかあったときにほんとに紀元前の墓ですかね?ってなりかねんからねぇ

110日本@名無史さん2019/05/25(土) 01:42:59.95
書くスレ間違えた

111日本@名無史さん2019/05/25(土) 01:45:53.43
どこから来たんだ?

112日本@名無史さん2019/05/25(土) 09:39:00.08
継体天皇のときに王朝交代が起こったって本当?
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1551164702/
ここに書こうとしたら間違えた

113日本@名無史さん2019/05/29(水) 02:13:54.84
ほーん

114日本@名無史さん2019/05/29(水) 02:16:14.85
>>112
そのスレの話?

ネタ、嘘のように思えるけど・・・
本当のことなんだろうwみたいになってきたでしょ

115日本@名無史さん2019/05/29(水) 02:21:25.16
>>114
川崎の重度統合失調症症患者「松傾チョンコ」は夜明け前に首を吊れよ


何度も!何度も!何度も!

繰り返し!繰り返し!繰り返し!

「即死しろ!」と命令されているだろう?


むしろ松傾チョンコへのレスは「首を吊って死ね!」以外にないじゃないか

誰にも相手にされてない=存在する意味がないという事だろう?


なぜ素直に命令をを聞いて首を吊ることができないんだ??


いくら無能な統合失調症症患者のヒトモドキとは言え、

日本語くらい読めるのだろう???


これだけ多くの者達に首を吊れ!と命令されているのだから


さっさとセルフ絞首刑を実行しろよ松傾チョンコ

夜明け前に必ず実行しろ!

必ずだぞ!!!

116日本@名無史さん2019/05/29(水) 03:02:14.41
『葡萄鏡』の話とか

『デスラー』『』『』『』『』

同じ人物・・・・家の人でしょ

117日本@名無史さん2019/05/29(水) 03:06:53.76
『紫』

こういうのも調べてみた?

118日本@名無史さん2019/05/29(水) 03:07:39.57
>>116,117
川崎の重度統合失調症症患者「松傾チョンコ」は夜明け前に首を吊れよ


何度も!何度も!何度も!

繰り返し!繰り返し!繰り返し!

「即死しろ!」と命令されているだろう?


むしろ松傾チョンコへのレスは「首を吊って死ね!」以外にないじゃないか

誰にも相手にされてない=存在する意味がないという事だろう?


なぜ素直に命令をを聞いて首を吊ることができないんだ??


いくら無能な統合失調症症患者のヒトモドキとは言え、

日本語くらい読めるのだろう???


これだけ多くの者達に首を吊れ!と命令されているのだから


さっさとセルフ絞首刑を実行しろよ松傾チョンコ

夜明け前に必ず実行しろ!

必ずだぞ!!!

119日本@名無史さん2019/05/29(水) 03:18:00.54
漢人というのは中国の人(中華)のことなんだけど、
こういう話とか、なぜ詳しいんだと思う?

『伊達の桃太郎』

120日本@名無史さん2019/05/29(水) 03:22:17.73
『紫』〜『道士』(仙人)の話も出てきたりw

121日本@名無史さん2019/05/29(水) 03:24:22.08
>道士は主に宮、道観、道院、廟、洞などと称する場所に住まい

何々の宮に住んでいる・・・天王宮?

122日本@名無史さん2019/05/29(水) 03:26:58.62
なぜか、いまの福島県のほうの話

『天王宮 山王院   』

『』と同じ家

123日本@名無史さん2019/05/29(水) 03:28:32.19
『天王』の意味、調べてみた?

124日本@名無史さん2019/05/29(水) 03:30:49.41
>>119-123
川崎の重度統合失調症症患者「松傾チョンコ」は夜明け前に首を吊れよ

何度も!何度も!何度も!

繰り返し!繰り返し!繰り返し!

「即死しろ!」と命令されているだろう?


むしろ松傾チョンコへのレスは「首を吊って死ね!」以外にないじゃないか

誰にも相手にされてない=存在する意味がないという事だろう?


なぜ素直に命令をを聞いて首を吊ることができないんだ??


いくら無能な統合失調症症患者のヒトモドキとは言え、

日本語くらい読めるのだろう???


これだけ多くの者達に首を吊れ!と命令されているのだから


さっさとセルフ絞首刑を実行しろよ松傾チョンコ

夜明け前に必ず実行しろ!

必ずだぞ!!!

125日本@名無史さん2019/05/29(水) 03:33:39.17
妹・・・5月15日生まれ

兄、弟・・・w

なぜだと思う?

むかーし住んでいたというところ?いまの福島県・・・伊達郡?

126日本@名無史さん2019/05/29(水) 03:42:45.13
キュウリのような葉、葱の華・・・・、
あの写真の人の話、肉も食べなかったと言っていたりw


ホンモノの何かの家なんだろう・・・・?

127日本@名無史さん2019/05/29(水) 03:47:07.37
あと白い制服を着ている子供が写っていたでしょ

軍人とか、
そういう家ではないと言っていたしな・・・、
むかーし、山の上のほうに住んでいて・・・蚕、機織り・・・w

128日本@名無史さん2019/05/29(水) 03:49:22.34
>>125-127
川崎の重度統合失調症症患者「松傾チョンコ」は夜明け前に首を吊れよ

何度も!何度も!何度も!

繰り返し!繰り返し!繰り返し!

「即死しろ!」と命令されているだろう?


むしろ松傾チョンコへのレスは「首を吊って死ね!」以外にないじゃないか

誰にも相手にされてない=存在する意味がないという事だろう?


なぜ素直に命令をを聞いて首を吊ることができないんだ??


いくら無能な統合失調症症患者のヒトモドキとは言え、

日本語くらい読めるのだろう???


これだけ多くの者達に首を吊れ!と命令されているのだから


さっさとセルフ絞首刑を実行しろよ松傾チョンコ

夜明け前に必ず実行しろ!

必ずだぞ!!!

129日本@名無史さん2019/05/29(水) 03:52:27.12
同じ名前の家(不明?遠い親戚?)でも、
実際は違うんだよな〜みたいな話なのかな、何なんだろう

130日本@名無史さん2019/05/29(水) 03:58:12.09
>>129
川崎の重度統合失調症症患者「松傾チョンコ」は夜明け前に首を吊れよ

何度も!何度も!何度も!

繰り返し!繰り返し!繰り返し!

「即死しろ!」と命令されているだろう?


むしろ松傾チョンコへのレスは「首を吊って死ね!」以外にないじゃないか

誰にも相手にされてない=存在する意味がないという事だろう?


なぜ素直に命令をを聞いて首を吊ることができないんだ??


いくら無能な統合失調症症患者のヒトモドキとは言え、

日本語くらい読めるのだろう???


これだけ多くの者達に首を吊れ!と命令されているのだから


さっさとセルフ絞首刑を実行しろよ松傾チョンコ

夜明け前に必ず実行しろ!

必ずだぞ!!!

131日本@名無史さん2019/05/31(金) 01:19:08.37
何の根拠もなく「存在が証明できないのだ。」とうめき

妄想フルスロットルで「〜だろう。」と断定したがる

識者らに追い詰められると「〜が妥当。」などとホラを吹いて逃げまどう

しばらくすると記憶喪失で再び同じ思い込みを延々とコピペする


それが キ ナ イ コ シ (主に邪馬台国・神代関連スレでの呼び名)

蔑称も多くあり、半島関連スレでは無能ヒトモドキと呼ばれ

高天原スレではカマチョン(猿芝居ではカモ先生)

海人族スレでは摂津チョン

などスレ毎の呼称も存在する

最近では奥山と呼ばれることもしばしば


特徴としては思い込みが強く、他説を聞き入れる耳がなく

また聞き止める度量もない

そして追い詰められるとテキトーなホラを吹いて
様々なスレを逃げ回り、あらためて妄想を書きなぐる

132日本@名無史さん2019/05/31(金) 01:22:03.87
         真
    .言  実
    .わ   を
    .れ
 ハ  .て
 ラ  余
 が  .計
 立  .に
 つ

    ((⌒⌒))
ファビョ━ l|l l|l ━ン!!
    ∧_,,∧
 ((  ∩#`田´>  
    〉    つ )) 
    (,,フ .ノ 
     .レ'

133日本@名無史さん2019/05/31(金) 12:58:31.45
何の根拠もなく「存在が証明できないのだ。」とうめき

妄想フルスロットルで「〜だろう。」と断定したがる

識者らに追い詰められると「〜が妥当。」などとホラを吹いて逃げまどう

しばらくすると記憶喪失で再び同じ思い込みを延々とコピペする


それが キ ナ イ コ シ (主に邪馬台国・神代関連スレでの呼び名)

蔑称も多くあり、半島関連スレでは無能ヒトモドキと呼ばれ

高天原スレではカマチョン(猿芝居ではカマ先生)

海人族スレでは摂津チョンコ

最近では奥山と呼ばれることもしばしば


特徴としては思い込みが強く、他説を聞き入れる耳がなく

また聞き止める度量もない

そして追い詰められるとテキトーなホラを吹き、様々なスレを逃げ回る

しばらくすると記憶喪失を発動させて懲りずに妄想を書きなぐるが、読解力に乏しく、

また思考に一貫性がないのでアルツハイマーの可能性が高い

134日本@名無史さん2019/06/01(土) 04:53:31.83
>>96
中国では漢から委された奴国王って読み方が主流だが
中国の学者は馬鹿ってこと?

135日本@名無史さん2019/06/01(土) 05:40:29.74
                                 ウソウソ                  ウソウソ
息を吐くように嘘をつく .                   ウソウソ         ウソウソ       ウソウソ
                         .ウソウソウソウソウソウソウソウソ     ウソウソ      ウソウソ
  ∧_∧         ∧_∧      ウソウソウソウソウソウソウソウソ       ウソウソ     ウソウソ
 <丶`◇´>すぅ〜 . <丶`○´>はぁ〜 ウソウソ       ウソウソ        ウソウソ    ウソウソ
⊂    ⊃     .人 Y /      ウソウソ       ウソウソ              ウソウソ
 (>>134)      ( ヽ し                ウソウソ             ウソウソ
 〈_フ__フ      .〈_フ__フ              ウソウソ            ウソウソ
                                   ウソウソ           ウソウソ
                                  ウソウソ          ウソウソ

136日本@名無史さん2019/06/01(土) 05:52:42.98
オハヨー\(^o^)/馬鹿ども

137日本@名無史さん2019/06/01(土) 06:02:29.95
どこの池沼なんだ?
さっさと精神病院に行け、刑務所・・・自殺でも良い。

138日本@名無史さん2019/06/01(土) 06:19:01.29
>>137
川崎の重度統合失調症症患者「松傾」(笑)は午前中に首を吊れよ


前から何度も何度も何度も!

繰り返し繰り返し繰り返し!

「死ね!」と命令されているだろう?


むしろ松傾(笑)へのレスは「首を吊って死ね!」以外にないじゃないか

誰にも相手にされてない=存在する意味がない!という事だ


なぜ素直に命令をを聞いて首を吊ることができないんだ??


いくら無知無能な統合失調症症患者とは言え、

日本語くらい読めるのだろう???


これだけ多くの者達に首を吊れ!と命令されているのだから


さっさとセルフ絞首刑を実行しろよクソ松傾!

午前中に必ず実行しろ!

必ずだぞ!!!

139日本@名無史さん2019/06/01(土) 21:14:42.22
韓国のオクキョン遺跡から見つかった水田跡は紀元前11世紀
一方日本最古の菜畑遺跡は紀元前10世紀なので1世紀ほど古い
菜畑遺跡から発掘された農具は韓半島と共通した大陸系磨製石器であった
日本の稲作が半島から伝来なのは間違いなく確定事項

140日本@名無史さん2019/06/01(土) 21:49:45.58
チョンコロはソングンリ遺跡もマジョンリ遺跡もロシアの調査団が炭素年代測定するまで紀元前10世紀にだ!ってホラ吹いてやがったからオクキョンも信用に値しないんだよな。

141日本@名無史さん2019/06/01(土) 22:18:38.26
そもそも玉峴(オクヒョン)遺跡をチョンコロどもが紀元前11世紀だと主張してる根拠は
孔列文土器と突帯文土器がほぼ完全な状態で発掘され、周代のそれに酷似していると言い張ってるからだけであって
中国、日本、ロシアが科学的検証の提案や共同研究を申し入れても全て拒否してる状態なんだよな

>>139の「菜畑遺跡から発掘された農具は韓半島と共通した大陸系磨製石器であった」なんてまるっきりの嘘だし

142日本@名無史さん2019/06/01(土) 22:22:36.73
〜チョンコ(通称:朝鮮ヒトモドキ)ショック死?! 半島はもともと農耕民族化した縄文人に支配統治された地域だった♪〜


朝鮮半島南部は紀元前から菜畑・板付・金隈と同族の農耕縄文人が征服し、大陸からは辰国と認識されていました。
根拠として挙げられるのが、
@半島最古の住居遺構である松菊里住居跡が日本の竪穴式住居の劣化コピーであること、
A半島最古の水田遺構である麻田里の温帯ジャポニカ米が九州島由来であることです。
なお、北部は遼河文明領域であり、ウラル系やツングース系が住んでいたことも判明しています。

寒さに弱い農耕縄文人を尻目に、半島の北緯36度線以北にウラル系や後には漢族系などが流入し、
弥生人(元縄文人)国家である辰国の技術指導を受け入れながら形成されたのが馬韓・辰韓・弁韓・狗邪韓国です。

北緯36度線の壁によって倭人(元弥生人)の影響を直接受けなかった
ツングース系・穢族・プヨ族を併合して高句麗に、
漢族系であった馬韓は百済に、
辰韓と弁韓が併合して倭種の国新羅に、
狗邪韓国が倭人の国として伽耶を含む任那に移行しました。

https://i.imgur.com/cL5IUF5.jpg

百済は元漢民族であったにもかかわらず、倭国本土に媚を売り続けたため、中華化した新羅から大いに反感を買い、唐と組んで逐滅(現代語 絶滅)させられました。
高句麗も滅亡し、任那は本土に撤退、統一新羅になったのですが、白村江の戦いは朝鮮半島から倭人や倭種の引き揚げが目的だったのだろうと推察できます。

その新羅も高麗に滅ぼされ、民族としての倭種の国は半島から消滅してしまいました。

高麗はモンゴル帝国の侵略を受けツングース系とモンゴル系のハイブリッド国家へと変貌を遂げ、現在に至っているのです。

143日本@名無史さん2019/06/01(土) 23:32:53.42
朝鮮半島の被支配民族の考えだな

144日本@名無史さん2019/06/02(日) 05:24:41.73
馬鹿ども\(^o^)/オハヨー

145日本@名無史さん2019/06/03(月) 16:31:17.35
  _人人人人人人人人人人人人人人人_
  >   チョンコロがいるぞ殺せ!!  <
    ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
              倭人
           三 ( ´・ω)
          三 ー(‐∪─→
      三 / ̄ ̄ ̄ 》  ̄\
    三三 | ナウマン象U ・ |         死にたくないニダ!!!
     三 と|        ι| |         三┏<;`Д´ >┛
     三 /_∧∨ ̄ ̄/_∧U         三   ┛ ┓

146日本@名無史さん2019/06/04(火) 04:16:53.68
       | []_]∧∧
       |   | |/ 支\
       |     ( `ハ´) < 餌の時間アル
       |   ヽ( つと)    
       |ブリ || (ヽ ) ) ( ̄◎
       | ブリッ )し'し'  |~~~|
       |    ⊆=⊇   ̄゛ 
        ̄ ̄ ̄|  | ̄ ̄ ̄ ̄
             |  |
             |; : |
             |●|
ホルホルホル ♪ ̄ ̄ ̄; :  ̄ ̄|
   |.  ∧_,,∧   .人.    |
   | <ヽ`∀´>  (__)  .....|
   |:::(つ=  ) \   /:::::::|
   __∧___ ̄
  待ちわびたニダ♪

147日本@名無史さん2019/06/04(火) 22:11:23.42
何の根拠もなく「存在が証明できないのだ。」とうめき

妄想フルスロットルで「〜だろう。」と断定したがる

識者らに追い詰められると「〜が妥当。」などとホラを吹いて逃げまどう

しばらくすると記憶喪失で再び同じ思い込みを延々とコピペする


それが キ ナ イ コ シ (主に邪馬台国・神代関連スレでの呼び名)

蔑称も多くあり、半島関連スレでは無能ヒトモドキと呼ばれ

高天原スレではカマチョン、海人族スレでは摂津チョンコ

最近では奥山と呼ばれることもしばしば

特徴としては思い込みが強く、他説を聞き入れる耳がなく

また聞き止める度量もない

そして追い詰められるとテキトーなホラを吹き、様々なスレを逃げ回る

そして突如として別キャラでネチネチと書き殴ることも少なくない

しばらくすると記憶喪失を発動させて懲りずに妄想を書きなぐるが、読解力に乏しく、

また思考に一貫性がないのでアルツハイマーの可能性が高い

148日本@名無史さん2019/06/05(水) 21:11:30.22

149日本@名無史さん2019/07/14(日) 15:52:54.22
個人的見解を言わせてもらうと
真正品を真似て作った贋物

それに遺構もないので考古学的には無価値に等しく
また手軽に持ち運べる点で出所が定まらないということを指摘しておく

150日本@名無史さん2019/07/14(日) 18:04:25.56
後漢書に倭奴国に金印を下したと書いてあるから漢の倭の奴国王印
倭が委になってるのは倭だと小さいという意味になるから人偏を取って
贈答品だから委ねるという好字にしたため

151日本@名無史さん2019/07/14(日) 21:46:01.69
金印がでた場所からして
奴国は糸島周辺なんだろうね

152日本@名無史さん2019/07/14(日) 23:34:10.34
倭奴国=伊都国

153日本@名無史さん2019/07/15(月) 00:53:53.68
じゃあ奴国は「とこく」と読むわけですね

154日本@名無史さん2019/07/15(月) 01:10:05.59
委奴国が委国と奴国に分裂したってのが現在の定説だろ
委国は後の伊都国

155日本@名無史さん2019/07/15(月) 06:10:49.61
そんな定説あったっけ?

156日本@名無史さん2019/07/15(月) 08:06:07.32
ライフスペース的な定説なんだろ

157おぽかたぱるこ2019/07/15(月) 09:34:15.68
満州先生のご本が絶賛発売中です。

「馬韓も百済も満州にあった」

邪馬台国論争を解く上でも必読本です。

158日本@名無史さん2019/07/15(月) 09:54:05.09
伊都国がワシントンD.C.、奴国がニューヨーク。
あわせて倭奴国、筑紫の日向、倭国の王都。

159日本@名無史さん2019/07/15(月) 14:14:24.24
魏志倭人伝に伊都国は伊都国と出てくる
奴国は奴国
委奴国なんて存在しないのさ
そもそもイトと読めないし

160日本@名無史さん2019/07/15(月) 14:32:22.54
読めるじゃん。

161日本@名無史さん2019/07/15(月) 15:03:44.33
「漢委奴国」は、漢に隷属する古の罪人の国という意味になる
小中華思想の李氏朝鮮通信使が非常に高く評価した亀井魯が
其始高麗人住せり唐人町の福岡藩西学問所の館長となった22日後に
志賀島で発見したと届出された金印を鑑定したが出土地、状況は不明
魯は不審火により焼死し、西学問所の教官は解職された

162日本@名無史さん2019/07/15(月) 15:27:11.15
朝貢の印を有難がる国賊ばかり・・

163日本@名無史さん2019/07/15(月) 16:45:51.09
無理に読めばイドになるけど

164日本@名無史さん2019/07/15(月) 16:48:39.53
>>162
現代の国会議員も中国に喜んで尻尾振ってるだろ

165日本@名無史さん2019/07/15(月) 17:35:29.09
>>159
委奴国=委国=倭国
後漢書にも魏志倭人伝にも奴国王なんて出てこない
倭国王しかいない。

166日本@名無史さん2019/07/15(月) 17:37:40.12
>>154
王都たる伊都国と庶民の住む奴国

167日本@名無史さん2019/07/15(月) 18:28:04.62
明らかに倭国が九州であることの証拠だよ
いにしえの倭王は九州にいた

168日本@名無史さん2019/07/15(月) 20:14:13.08
倭国大乱の時代だから倭の王は九州に限らずそこら中にいたんじゃない

169日本@名無史さん2019/07/15(月) 21:38:27.58
>>165
魏志倭人伝は後漢より200年は後のこと
後漢書に金印を下したと出てくるのは倭奴国
委奴国じゃなくてね
よって金印は倭の奴国に与えられたもの

170日本@名無史さん2019/07/16(火) 00:54:29.20
>>161
あっ 察し
やっぱ149だわ

171日本@名無史さん2019/07/16(火) 01:03:55.52
江戸時代でも漢晋印章図譜 王厚之編などの書物は入手可能で
好事家たちの手によって作れる可能性を探ってみたが
鈕の形の蛇はどうも難しい

印字の部分は書物を調べれば作れそうではあるが
やはり真物を模倣して作ったと考えるのが自然

ただ封泥に使用するため彫り方が不味い
だから贋物

172日本@名無史さん2019/07/16(火) 01:06:36.23
>>163
無理過ぎる

173日本@名無史さん2019/07/16(火) 02:42:55.57
>>168
筑紫を取った者が倭王を名乗った。
椅子取りゲームのようなもの。

174日本@名無史さん2019/07/28(日) 12:42:00.32
【歴史】国宝「金印」2000年前の輝き。研究者、同じ技法で再現
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1564265463/

175日本@名無史さん2019/07/29(月) 20:09:52.57
漢のイトコク王

176日本@名無史さん2019/07/29(月) 23:25:16.84
吉武高木遺跡から始まる多数の王墓、玄界灘沿岸の稲作文化、金印や八咫の鏡をはじめとする王権を示す威信材の数々について、畿内説は何も説明することができない。
金印をもって倭国の代表に冊封された王たちは、博多湾沿岸にいた。
それには卑弥呼も含まれる。
邪馬台国は、魏志倭人伝だけではなく、後漢書などもあわせて理解しなくてはいけない。
西暦57年に博多湾沿岸の倭王が漢委奴国王印をもらい、107年に倭王帥升も朝貢しているが、190年頃とされる卑弥呼の即位までの間に倭が大和に東遷でもしたのだろうか?
魏志倭人伝にも後漢書にも、倭が東遷したとはまったく書かれていないし、考古学的な裏づけもまったくない。

177日本@名無史さん2019/07/29(月) 23:25:39.02
卑弥呼が初めて魏に国書を送るとき、それが倭王からの国書であることを証明するのは後漢の発行した印による封泥となる。
魏は後漢の禅譲を受けて外交プロトコルを継承しているから、魏に対しても後漢の金印は国璽として通用する。
文書は誰が書いてもいいが、印をするのは王の仕事だ。
そしてその印は福岡県にあった。
最後に使ったのは卑弥呼であるはずだ。

178日本@名無史さん2019/07/30(火) 00:17:01.83
そもそも倭王じゃないし

179日本@名無史さん2019/07/30(火) 11:56:45.20
国書送ってたのにその後数百年国内文書ろくに残って無いのは不思議だよな

180日本@名無史さん2019/07/30(火) 13:13:54.05
8世紀初頭に焚書したから。

181日本@名無史さん2019/08/01(木) 11:52:56.30
>そしてその印は福岡県にあった。
>最後に使ったのは卑弥呼であるはずだ。


と、思わせるための偽造だろうな。

182日本@名無史さん2019/08/01(木) 14:35:38.57
日教組に騙されてはならない

183日本@名無史さん2019/08/01(木) 17:13:06.26
漢から委ねる奴国って読みかもしれない

184日本@名無史さん2019/08/01(木) 17:33:39.18
もっと漢文を勉強しろ

185日本@名無史さん2019/08/02(金) 10:33:52.87
漢文を勉強した人が集まっても解明できてない

186日本@名無史さん2019/08/02(金) 13:31:26.82
間違いは分かるよ

187日本@名無史さん2019/08/02(金) 20:00:13.48
中国の考古学者は漢からではなく 漢に委ねる奴国王 と解釈している。
1954年発掘の銅印に 漢帰義羌長 がある。 これは漢の字があの金印
と全く同形で、同時期の後漢の印だ。 これは 漢に帰義する羌族の長
となる。 金印は何故帰義ではないのか、二文字では印面が混雑するので
同じような意味になる一文字の委とした という解釈。

188日本@名無史さん2019/08/02(金) 21:21:26.54
>中国の考古学者は漢からではなく 漢に委ねる奴国王 と解釈している。

具体的に誰?

189日本@名無史さん2019/08/03(土) 11:17:10.81
>>187
このほうが納得できる。帰義、委など漢字の違いで格の違いを表すとか何かで読んだ

190日本@名無史さん2019/08/03(土) 12:12:59.62
>>187
国の名前は奴国だと?

191日本@名無史さん2019/08/03(土) 13:32:57.62
「委」
説文解字では、付随する、従う、という意味
https://www.zdic.net/hans/%E5%A7%94

192日本@名無史さん2019/08/03(土) 22:23:04.01
だから東夷のなかで従順なのが倭だろ

193日本@名無史さん2019/08/03(土) 22:27:32.56
当時、委ねる、という意味はないんだろ

194日本@名無史さん2019/08/03(土) 22:35:02.31
『続漢書』百官志によれば、蛮夷には、
「国王」「率衆王」「帰義侯」「邑君」といった規模等により称号が与えられた。

195日本@名無史さん2019/08/03(土) 22:43:25.23
四夷國王、率衆王、歸義侯、邑君、邑長、皆有丞、比郡・縣。
(『続漢書』百官志五)

196日本@名無史さん2019/08/04(日) 09:00:57.07
贈答品だし倭だと小さいという意味になるから委ねるという好字にした

197日本@名無史さん2019/08/05(月) 15:27:51.56
ゆだねるくらいの意味はあったと思うけど
用法として国王に使うかどうかわからんが

198日本@名無史さん2019/08/16(金) 13:05:18.95
漢委奴国王 金印 part3
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1557153670/

↑より前スレを踏襲している当スレに統合しましょう
色んな人の様々な意見が分散するのはもったいないと思う

199日本@名無史さん2019/08/16(金) 14:15:25.06
どっちだよ。

200日本@名無史さん2019/08/16(金) 14:54:18.76
>>199
文盲かよw

201日本@名無史さん2019/08/16(金) 16:42:48.98
舛添だっけ?ペキンからハンコをもらって帰ってきた都知事は。

あれは朝貢外交の印(しるし)だ。

202日本@名無史さん2019/08/16(金) 16:50:28.29
伊都高祖宮の近くには先代の男王の祖である三雲南小路遺跡とその宗廟であり漢委奴国王印(金印、倭王の国璽)を管理していた細石神社がある。
そして倭国大乱より後の年代の女王墓と考えられている平原遺跡がある。
伊都国(糸島市)こそ、漢代から魏代まで継続して倭国の王都であった。
そもそも、弥生時代を特徴する稲作文化は玄界灘沿岸に上陸し、博多湾を中心に銅鏡銅矛文化が弥生時代をリードしてきた。
後漢書でも倭とは狗邪韓国を北限、倭奴国を南限とする対馬海峡国家であり、そこを支配するのが伊都に置かれた大率である。
魏の使いが滞在して外交の舞台でもあった伊都国こそ、倭の王都、卑弥呼の王城がある邪馬台国である。
そして三雲南小路遺跡が邇邇芸と木花咲耶姫の墓であるならば、伊都国は記紀における神代の倭の王都、筑紫の日向でもある。
三雲南小路遺跡や平原遺跡から日の出の方角にそびえる高祖山(クシフル山)にある高祖宮、怡土城は、高千穂宮の実体だろう。

203日本@名無史さん2019/08/16(金) 18:36:39.52
こっちが本スレ

204日本@名無史さん2019/08/16(金) 20:17:55.96
荒らしスレ

205日本@名無史さん2019/08/17(土) 01:11:01.09
>>202
細石神社ネタはとっくに破綻してるんだから諦めろん

206日本@名無史さん2019/08/17(土) 02:13:27.11
ともかく朝貢の証しを大事にしてちゃアカン

207日本@名無史さん2019/08/17(土) 02:42:39.42
当時のアジアは中華王朝を中心に存在しとったんやから、必要以上に卑下せんでもええんやで

208日本@名無史さん2019/08/17(土) 08:29:53.34
実際に細石神社の遺跡は弥生時代では平原遺跡と双璧となる王墓だからな。
後漢との繋がり、後世の王権につながる三種の神器など。

209日本@名無史さん2019/08/17(土) 08:31:09.55
>>205
破綻というよりは証拠不十分なだけ。

210日本@名無史さん2019/08/17(土) 08:43:30.95
>>208
三雲南小路遺跡と細石神社に因果関係があるのは間違いないが、そこに金印をつなげようとするのは糸クズの願望でしかないって話だろ

211日本@名無史さん2019/08/17(土) 09:35:17.46
>三雲南小路遺跡と細石神社に因果関係がある
いや、これすら妄想

212日本@名無史さん2019/08/17(土) 12:43:53.58
>>210
三雲南小路の年代は金印を貰った年代にほぼ一致する。
その被葬者が金印の持ち主であった可能性はある。

213日本@名無史さん2019/08/17(土) 12:56:02.04
妄想の上に妄想を積み重ねても妄想であることは変わらない

214日本@名無史さん2019/08/17(土) 13:14:22.94
>>212
ねぇよ無能

215日本@名無史さん2019/08/17(土) 13:19:06.40
>>212
三雲南小路遺跡は年代測定されてないのだから金印と同年代だというのは糸クズの願望でしかない。

216日本@名無史さん2019/08/17(土) 13:52:36.39
後漢鏡の編年でわかるだろ。

217日本@名無史さん2019/08/17(土) 13:55:24.53
>>216
ねぇよ無能

218日本@名無史さん2019/08/17(土) 13:56:56.58
考古学者の編年を無視するのかね?

219日本@名無史さん2019/08/17(土) 13:57:32.49
甕棺が出てるだろ

220日本@名無史さん2019/08/17(土) 13:59:02.28
>>216
後漢鏡が出土してるのは井原鑓溝遺跡だろ無能

221日本@名無史さん2019/08/17(土) 13:59:18.39
>>219
推定だろ無能

222日本@名無史さん2019/08/17(土) 14:00:11.35
三雲南小路遺跡と出土品の年代測定は実施されたことはない。
それが客観的事実。

223日本@名無史さん2019/08/17(土) 14:04:01.04
結論から言うと
三雲南小路遺跡は年代測定されてないのだから金印と同年代だというのは糸クズの願望でしかない

224日本@名無史さん2019/08/17(土) 14:20:32.70
考古学の編年は無視ですか?

225日本@名無史さん2019/08/17(土) 14:23:06.85
>>224
結論から言うと
三雲南小路遺跡は年代測定されてないのだから金印と同年代だというのは糸クズの願望でしかない

226日本@名無史さん2019/08/17(土) 21:31:27.37
古文書を読んでたら、「長崎古今集覧付録名勝図絵」という文政年間発行の文書の中に金印の図絵が載っているらしい。
長崎の神崎神社に金印が宝物とされていたらしいが、天明年間に行方不明になったそうだ(なんと神社の地区一体は黒田藩
の警備地区だったとか)
つまり、黒田藩謀略説成立かも

227日本@名無史さん2019/08/17(土) 21:40:24.55
伝説としては、訳の分からんものが残っているようだ

長崎県の神崎神社に神功皇后が三韓討伐で手に入れた金印を長崎に持ち帰った」伝説があり、
その長崎の金印が江戸時代に突如紛失した後に志賀島で発見されたので江戸時代に長崎から福岡に移された

http://blog.livedoor.jp/jingu2675/archives/1047527493.html

228日本@名無史さん2019/08/17(土) 22:04:22.54
「神崎社珍宝形状図説明書」 「長崎古今集覧付録名勝図絵」中のものか不明

「黄金蛇紐漢ノ倭奴國王ノ印一顆
 此金印神功皇后三韓時に持帰らせ給う所當社の珍宝として世々傅へ来りしに何のころにまがひ失せけん・・・
按ずるに此印の文字・・・滋賀島土中瓦石の下より出せしといふ金印と少しも異なることなし・・・・・・」

229日本@名無史さん2019/08/17(土) 22:14:56.18
まあ一緒に神功皇后の「懐懐石一塊」も珍宝となっているところがあれなんだが。。。

230日本@名無史さん2019/08/17(土) 22:27:33.76
うわあ、由来は激しく怪しいなあ。
しかし逆にそれ以前の何かを隠そうとした意図も伺える。
場所は長崎の入り口の要所と見た。
ただ、倭国の中ではあるけれども、非常に中心から離れているのが気になる。

231日本@名無史さん2019/08/17(土) 22:33:57.17
江戸時代の文献がある時点で細石神社の100万倍はまし

232日本@名無史さん2019/08/18(日) 00:17:50.02
細石神社は伝世の事実を隠そうとしたとされているからね。
文献など見つからなくて当然。
しかし伊都は倭国の王と出会ったのであれば、そこに金印があっても不思議ではない。
神崎神社であれば、そこが倭国にとってどのような場所であったのかを考察する必要がある。

233日本@名無史さん2019/08/18(日) 01:44:56.28
糸クズスレ見て来いよ
細石神社は古田の希望的観測であり、糸クズの願望でしかない"ネタ"だって即座に分かるから

234日本@名無史さん2019/08/18(日) 04:34:47.66
>>233
ほんそれ

235日本@名無史さん2019/08/18(日) 08:40:51.53
神崎神社って1680年創建とか。。。
https://artworks-inter.net/2019/04/26/post-6045/

236日本@名無史さん2019/08/18(日) 08:55:47.62
こっちでは弥生時代からあると言われとる
https://travel-star.jp/posts/6554

237日本@名無史さん2019/08/18(日) 09:13:33.90
見つけた

上部左ページにあるのが、長崎名勝図絵にある黄金印の図絵だ
https://blogs.yahoo.co.jp/misakimichi/66427625.html

「由緒は古い神社であるが、永年荒廃していたのを、正保4年(1647)長崎の内田治郎助宗貞という者が、
旧記を調べ旧址を尋ねて、船魂猿田彦大神、住吉大明神を祀る小祠をここに建てた。・・・」

238日本@名無史さん2019/08/18(日) 12:31:26.05
インチキ臭さが細石神社ネタ並みやんけ

239日本@名無史さん2019/08/18(日) 12:47:41.87
まあ、歴史学に対して真面目に興味持っていたら
こういう縁起・伝承の後付け・改変なんて
珍しくないことくらい知っているだろう
だから、神社の縁起では〜とか土地の伝承が〜とか
主張すると鼻で笑われることになる

細石神社は記載史料がない時点で
歴史学以前の噴飯ものだけどね

240日本@名無史さん2019/08/18(日) 13:00:51.38
金印が見つかってから、実はうちに前からあって。。。とかいうパターンぽいね

241日本@名無史さん2019/08/18(日) 13:02:42.97
長崎のは亀井のサルマネしただけだろうな

242日本@名無史さん2019/08/18(日) 13:05:50.03
細石神社に金印が保管されてたってネタは自説の信憑性を高めるために「地元民への聞き込み」というナゾ行動までした古田や、それを盲信しようと必死な糸クズが悪いんであって、細石神社自体に罪はない。

243日本@名無史さん2019/08/19(月) 13:53:42.42
江戸時代は出版業界盛んで、各地名所旧跡観光案内は人気ジャンルだった。
中身は洒落本と同じネタ本で、歴史考古学の文献てもんじゃない。
長崎はもちろん学者文化人に人気の場所で、その頃金印の発見は学者文化人には
ビッグニュースだった。 で 長崎と志賀島はちょと離れとるけど、金印は古代九州のこと
なんでネタ書き出版した。 うそ書いても誰も問題にしないネタ本だから

244日本@名無史さん2019/08/19(月) 14:12:30.12
結局、志賀島を拠点に持っていた安曇が倭王だったってことだろ

245日本@名無史さん2019/08/19(月) 15:25:41.63
>>244
それだとアメ姓を自称した倭王と矛盾してしまう。
やはり通説通り安曇は初期段階の海人王で次第に主権を住吉に取って替わられ、全国に散り散りになった悲劇の海人族と見るべき。

246日本@名無史さん2019/08/19(月) 15:38:55.09
どうせ全員海人族。
その中で最も優勢だった者が倭王。
倭人はそれぞれに皆が王を自称していたんだっけ?

247日本@名無史さん2019/08/19(月) 15:41:48.50
志賀島にいたのだから、倭王とは綿津見、大山祇兄弟のことであろう。これは兄弟相続の典型でもある。
天孫降臨に際してニニギは大山祇の娘を娶るが、先代の王家からの女系相続とも取れる。

248日本@名無史さん2019/08/19(月) 23:36:25.39
>>247
後半が強引すぎだな

249日本@名無史さん2019/08/19(月) 23:59:07.62
志賀島にあること自体が不思議なんよね
わざと持ち込まれたのか持ち出す途中に落としたのか

250日本@名無史さん2019/08/20(火) 00:44:35.70
通説では支石墓のようなものの下に箱に入っていたんだ。

251日本@名無史さん2019/08/20(火) 01:24:28.73
>>249
不思議でも何でもないだろ

252日本@名無史さん2019/08/20(火) 09:50:38.34
>>248
どこが強引に感じるのでしょうか?
筑紫において天孫は外から来た婿であり、一貫して筑紫にいるのは志賀島の一族の方なんですよ。
しかもその後も同じ一族から婚姻しています。
記紀は男系社会になってから書かれているのですが、実は志賀島の綿津見王家(豊国王家)は日向三代と並行して女系相続をしているのです。

253日本@名無史さん2019/08/20(火) 11:19:46.48
>>252
根拠のない妄想だから強引なんだろ
目を覚ませ

254日本@名無史さん2019/08/20(火) 11:43:56.96
既存の史書の内容をまとめただけですよ?

255日本@名無史さん2019/08/20(火) 11:48:37.21
>>254
根拠のない妄想だから強引なんだろ
目を覚ませ

256日本@名無史さん2019/08/20(火) 11:51:25.39
贋作にここまで熱狂するとは・・世界じゅうの笑いものw

257日本@名無史さん2019/08/20(火) 11:53:08.55
>>255
具体的にどこがおかしいか指摘してください。

258日本@名無史さん2019/08/20(火) 12:07:14.96
>>257
馬鹿か?根拠が一切ない妄想だろマヌケ
さては・・・

               , -――- 、
              /       ヽ
              | ノ  ー    |   
              |(・) (・)   |
 お前チョンだろ?  |  (      |
              ヽ O    人
               >ー-― ´   ̄ ̄\
  ⊂ニニ ̄ ̄ ̄ヽ  /              |
     くメ) _ノ  |  |  |        |   |
       (/  |  | /  |        |   |
          |  |/  /|        |   |
          |  ト  / |        |   |
          ヽ__/ |        |   |

259日本@名無史さん2019/08/20(火) 12:20:25.66
志賀島からは金印だけしか出てないのがおかしいんやろ

260日本@名無史さん2019/08/20(火) 12:29:04.79
全国の海神社の総本社が現存しとるやんけ

261日本@名無史さん2019/08/20(火) 14:11:04.32
志賀島の古墳から三種の神器のセットが出てきたりしないのかな、ということだろ。

262日本@名無史さん2019/08/20(火) 17:06:47.04
出てこないでしょ
アマテラスじゃないんだから

263日本@名無史さん2019/08/20(火) 17:11:24.97
>>261
時代が違うだろ(笑)

264日本@名無史さん2019/08/21(水) 13:06:08.51
神社に金印て置くものなのか

265日本@名無史さん2019/08/21(水) 13:31:44.64
博物館があった時代じゃないからね。
それ以外のどこに置く?

266日本@名無史さん2019/08/21(水) 13:35:24.44

267日本@名無史さん2019/08/21(水) 15:20:51.12
それでは使うときに使えない。
大事に保管するなら、弥生時代だと高床式の建物に安置して、目印に鳥居を立てたりするだろうね。
今日では神社と呼ぶのだろうけど。

268日本@名無史さん2019/08/21(水) 16:17:22.07
親魏倭王印をもらったからもう使わないんだよ

269日本@名無史さん2019/08/21(水) 16:20:45.17
普通に考えれば王都か大規模集落内に置くほうが実用的だと思うけど
この時代の印は祭祀儀礼用というより外交用途のためで印を祀るようなことをするんかね

270日本@名無史さん2019/08/21(水) 17:21:30.42
>>269
大事に保管することを祀ると呼んだのではないかな。
実質的に同じことだから。

271日本@名無史さん2019/08/21(水) 17:24:17.43
志賀島にあったのであれば、そこが王都であった時期があった、志賀島の海人族が倭王であった証拠。
伊都にあったなら、細石神社が祀る三雲の甕棺墓(三種の神器入り)の主が倭王だったということ。
長崎にあったなら、長崎の海人族が倭王だったということ。

272日本@名無史さん2019/08/21(水) 19:03:54.33
志賀島は110年〜倭国大乱時に追い込まれた、倭王の墓が有った。
ではないのかな?

107年以降238年迄は、日中外交が無い。
双方大乱である。

卑弥呼就任の190年、奇しくも公孫氏遼東王就任が189年だが、
公孫氏以降は中華ではなく公孫氏対卑弥呼の中原朝貢遮断での四郡外交である。

トンデモの 卑弥呼=公孫氏説は、検討価値はある。

273日本@名無史さん2019/08/21(水) 19:16:48.95
倭国乱の前、7,80年は男王がいたのだから、それだと志賀島に卑弥呼がいなくてはならなくなる。
卑弥呼を公孫氏にしたいのなら、順番として、公孫氏が実権を握る<その影響で九州でも公孫氏系の権力者を立てる、の順番になるはずであり、同時期という時点で逆に消える話。しかも公孫氏がそこまで影響力を持っているなら間の馬韓も公孫氏で塗りつぶされないとおかしい。

274日本@名無史さん2019/08/21(水) 19:44:38.54
公孫氏と強い関係があり、それが魏志倭人伝には記載されなかっただけという可能性は高い。
ただイコールはないな。
それなら魏は邪馬台国も冷遇したはずたからだ。
卑弥呼はあくまでもうまく立ち回っただけ。

275日本@名無史さん2019/08/21(水) 19:56:54.64
公孫氏はあきらめろw
一瞬の打ち上げ花火で前後になーんの利権もないぞwww

276日本@名無史さん2019/08/21(水) 21:55:59.52
国王印は引き継ぐものだから墓には入れない  戦争の時はどこかに隠す
奴国が負ける 隠した奴が死ぬとどこに隠したか分からなくなる

277日本@名無史さん2019/08/21(水) 22:44:15.06
奴国が負けたなどと言う歴史はない。
ただ、天孫降臨が後漢の頃の話なら、志賀島の王家の娘と高天原の王家の若者の婚姻があったのだろう。

278日本@名無史さん2019/08/21(水) 22:55:43.39
現に墓から金印等いくつか出てるし

279日本@名無史さん2019/08/21(水) 23:16:21.19
奴国王が墓に入る前に戦争が起きて隠したんだろ
金は腐食しないから
石の上にも三年、石の下には千七百年あたためられて良かったじゃないか

280日本@名無史さん2019/08/22(木) 03:10:35.15
>>271
細石神社の金印ネタは古田の願望であって現実ではない

281日本@名無史さん2019/08/22(木) 07:29:56.98
>>279
奴国にはそんな戦争は記録にない。

282日本@名無史さん2019/08/22(木) 08:56:53.08
まず本物という前提で考えると
倭国大乱の時期に奴国の王都から金印と共に逃げたけど志賀島でやられた
その際に”神社”に隠したか地面に埋めたかってのが無難そう

283日本@名無史さん2019/08/22(木) 09:27:53.16
倭国大乱でも奴国は戦場にはなっていなかったようだ。
主戦場は筑後平野だろう。

284日本@名無史さん2019/08/22(木) 10:29:03.18
神社に置いたら隠したことにならんだろ  その頃は卑弥呼など王の住居が神の祭壇で
お告げ聞いたんだ 独立した神社建築は無かった

285日本@名無史さん2019/08/22(木) 10:40:55.19
大前提として伊都国は世々王がいる諸国の一つであって女王国ではないということを忘れてるだろお前ら

286日本@名無史さん2019/08/22(木) 12:02:08.30
漢委奴国王印は女王の共立より前の話だからね。
邪馬台国について話しているわけではない。

287日本@名無史さん2019/08/22(木) 12:03:30.34
>>284
というか、祭られる側に王がいたんだろ。
神社の本殿が住居で、拝殿が執務室みたいなもの。

288日本@名無史さん2019/08/22(木) 12:13:16.21
当時はそもそも神社に「社」なんてないだろ

289日本@名無史さん2019/08/22(木) 12:15:20.04
宮だな。

290日本@名無史さん2019/08/22(木) 12:32:08.92
妄想が捗るなぁ

291日本@名無史さん2019/08/22(木) 12:36:10.57
いわゆる神社ってのは
古代祭祀の場で沖ノ島のあんな場所や、三輪山のあんな風景やろ

292日本@名無史さん2019/08/22(木) 12:39:52.00
祭祀場とは別に、宮には宮様が住んでいたんだよ。
神社の起源は一通りではないのさ。

293日本@名無史さん2019/08/22(木) 12:54:13.46
>>288
建物の意味での社は無くとも神のいる場所の意味での社はあった

294日本@名無史さん2019/08/22(木) 13:21:30.40
ご神体が山全体とか奇岩岩とかね

295日本@名無史さん2019/08/23(金) 11:16:24.01
各地で信仰の形態は異なってたろうね
それが時間とともに神社とよばれる全国統一形式になってったろうし
巨石とか山そのものとかは古代信仰の典型でとても面白い

296日本@名無史さん2019/08/23(金) 11:58:40.91
九州北部の祭祀を見ていると、巨石でも岩上祭祀などのように、首長がその上にいた形跡がある。
山とかもそうで、そこを流れる川の川上から首長が見下ろしていたようだ。
岩そのもの山そのものを信仰の対象とするのは、少し経って首長層が入れ替わった後に祭祀だけ形骸化したためではないのか。

297日本@名無史さん2019/08/23(金) 12:01:35.37
記紀の高天原の描写を読むと、磐座の上に宮がそびえていて、そこにアマテラスがいたように読める。
沖ノ島の岩上祭祀はその名残なのではないか。
原始信仰というのは、支配の形態を今に伝えている可能性がある。

298日本@名無史さん2019/08/23(金) 15:33:10.30
社という字は見たまんま示編に土なんだから「神のいる土地」
そこに建物を建てるようになったからその建物も社と呼ぶようになったわけだ

299日本@名無史さん2019/08/23(金) 16:25:11.56
今は宮の話をしている。

300日本@名無史さん2019/08/24(土) 10:42:50.63
偽造の黒幕は本居だろうな。
本居の熊襲の女酋長が卑弥呼を名乗ったという説とも一致する。
おそらく亀井と書簡をやり取りしていたと推測する。

偽造の理由は「中国に朝貢してたのは九州の小国であり大和朝廷ではない」というもの

301日本@名無史さん2019/08/24(土) 17:06:09.62
フェイクニュースで黒幕はり地域のお前だろw

302日本@名無史さん2019/08/25(日) 12:54:23.01
             /)
           ///)
          /,.=゛''"/         チョンコの言うことなんて
   /     i f ,.r='"-‐'つ____   テキトーに論破しときゃ良いんだよ
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゛フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /

303日本@名無史さん2019/08/26(月) 10:00:32.80
金印はたぶん本物だろうけど発見場所=王都王宮とは結びつかないとは思う

304日本@名無史さん2019/08/26(月) 10:14:56.63
王宮ではないけれど、王都だろ。
倭奴国は博多湾沿岸の奴国、那の津に比定するのが一般的。

305日本@名無史さん2019/08/26(月) 11:55:49.46
>>303
根拠のない願望の垂れ流しじゃ糸クズと同類になるぞ

306日本@名無史さん2019/08/26(月) 19:08:10.23
>>305
り地域のキナイコシさん、悔しそうw

307日本@名無史さん2019/08/26(月) 20:37:37.55
アメリカも日本重視
古代中国も日本重視

対馬を侵略すると宣言している国にとっては
金印が目障りなんでしょうなあ

308日本@名無史さん2019/08/27(火) 02:41:12.99
steam

309日本@名無史さん2019/08/27(火) 23:26:27.03
>>285
伊都国には世王(魏の世)がいた
王とは女王卑弥呼
女王国とは伊都国と奴国のこと。

310日本@名無史さん2019/08/28(水) 00:27:51.01
同意

311日本@名無史さん2019/08/28(水) 07:34:41.84
>>309
>女王国とは伊都国と奴国のこと

偏狭な地域主義。
卑弥呼は記紀に登場するし、大和朝廷発祥地にいた。
神武の時代が実は女王国。

312日本@名無史さん2019/08/28(水) 07:48:47.37
妄想

313日本@名無史さん2019/08/28(水) 10:08:30.13
応神天皇4世紀末、崇神天皇4世紀前半、
それ以前の王権の痕跡は複数の式内・名神大社がある葛城にしかない。

その王朝の墓は魏志倭人伝の通り「棺あり 槨なし」だから、
副葬品として印が出てくるという事はない。

あるとすれば神社に神宝として引き継がれてるのではないだろうか。

314日本@名無史さん2019/08/28(水) 12:06:59.35
>>309
伊都国は女王国に属している諸国の一つと魏志倭人伝に明記されてるぞマヌケ

315日本@名無史さん2019/08/28(水) 13:39:28.45
>>311
卑弥呼は記紀に登場しないよ?
>>314
魏志倭人伝にそんな記述は無い。

316日本@名無史さん2019/08/28(水) 14:04:47.19
>>315
文盲すぎて話にならん

317日本@名無史さん2019/08/28(水) 14:08:08.14
「自女王國以北 特置一大率檢察 諸國畏憚之 常治伊都國 於國中有如刺史」

読み下し
”女王国の以北に一大率を置き特に検察す。
諸国は之れを畏れ憚る。
常に伊都国を治むる。
國中に於ける刺史の如く有り。”

和訳
女王国の北側に一大率を置いて、特に(=厳しく)検察している。
(そのため)諸国(の使)は之れ(=大率)を畏れ、気を使っている。
(大率は)常に(諸国の一つである)伊都国を監視している。
(大率とは)国中に束ねる(魏の)監督長官のようである。

根拠
三国志の記述では前節が後節に掛かっている。
よって諸国が畏れている(諸國畏憚之)のは前節の一大率。
監視されている伊都国(常治伊都國)は前節の諸國。

結論
つまり女王国の北側に設置された一大率が諸国の一つである伊都国を監視しているということ。

318日本@名無史さん2019/08/28(水) 14:34:23.10
>>315
>卑弥呼は記紀に登場しないよ?

登場するよ、
神武東征紀に隠れてるから気づいてないだけ。

319日本@名無史さん2019/08/28(水) 15:54:13.51
おまえもな

320日本@名無史さん2019/08/28(水) 16:01:18.83
>>317
>常に伊都国を治むる。

わざと誤訳してるのか?
常に伊都国に治むる。
一大率は伊都国で治めていると書かれている。

>>318
具体的にどこ?

321日本@名無史さん2019/08/28(水) 16:31:11.36
なんだ朝鮮ヒトモドキか・・・
 
 
朝鮮ヒトモドキ三種の神技

記憶喪失(論破されても半日で忘れる)

文盲病(前後の文脈や論の大局を読めない)

チョンコロ目(見たくないものは見えず、見たいものは捏造してでも見る)

322日本@名無史さん2019/08/28(水) 16:33:22.81
>>320
王がいるのに一大率が治めてる国ってどんだけ骨抜き国なんだよ。

323日本@名無史さん2019/08/28(水) 16:36:26.39
王と言っても倭王じゃないからな

324日本@名無史さん2019/08/28(水) 16:46:11.98
オイ、糸チョンコ!頭ン中を見せてみろ!
   ∧_,,∧   パカッ  __,,
 。゚( ゚^∀^゚)゚  彡  ∨ ∨
  / つ#`Д´>  ヤ、ヤメルニダァ
  (  ( つ  O
  し' と_)_)


  アハハハハハハハハハハ
   ∧_,,∧  クサッ、コイツ、人糞が詰まってんぞ!
 。゚( ゚^∀^゚)゚  
  / つ#`Д´> み、見るなニダ!
  (  ( つ  O  
  し' と_)_)   ∧_,,∧
           

なっ、本当だろ!
   ∧_,,∧   ∧_,,∧ アハハハハハハハハハハ
 。゚( ゚^∀^゚)゚ ( ゚^∀^゚)゚。 マジで人糞じゃん!クサッ
  / つ#`Д´>⊂  ヽ  だから妄想しかできねぇんだw
  (  ( つ  O   )    つーかクッセーなオイ!
  し' と_)_)  し´  ∧_,,∧

325日本@名無史さん2019/08/28(水) 16:58:20.09
>>322
内務大臣みたいなものだろ。
卑弥呼が自分で陣頭指揮をとったりはしない。

326日本@名無史さん2019/08/28(水) 16:59:28.13
官有十六品。
長曰左平、次大率、次恩率、次徳率、次杆率、次奈率、次將徳:服紫帶、次施徳:T帶、次固徳:赤帶、次李徳:青帶、對徳以下皆黄帶、次文督、次武督、次佐軍、次振武、次剋虞、皆用白帶。
(隋書 東夷 百濟)

大率は高位の中央官僚であり、都から出かけて地方を検察する様子が魏志倭人伝において刺史のようだと記載されているのである。
大率そのものが置かれた伊都が倭の王都である。
魏志倭人伝においては、女王国以北すなわち倭の生命線とも言える対馬海峡を検察していたと書かれている。

ところでスレ違いでは?

327日本@名無史さん2019/08/28(水) 17:02:17.25
左平が卑弥呼の弟のような側近で実権を握りうるけど、官位としては大率が最高位なのだろう。

328日本@名無史さん2019/08/28(水) 17:40:02.43
古代史って結局邪馬台国論争に行き着く
キバヤシがノストラダムスに行き着くのも納得できる

329日本@名無史さん2019/08/28(水) 18:18:11.71
卑弥呼が初めて魏に国書を送るとき、それが倭王からの国書であることを証明するのは後漢の発行した印による封泥となる。
魏は後漢の禅譲を受けて外交プロトコルを継承しているから、魏に対しても後漢の金印は国璽として通用する。
文書は官僚による代筆でもいいが、印をするのは王の仕事だ。
そしてその印は福岡県にあった。
漢委奴国王印を最後に使ったのは卑弥呼であるはずだ。
その返信とともに卑弥呼は新しい金印を受け取っていて、それを携えた使いは福岡県に滞在して卑弥呼に面会したと魏志倭人伝は伝えている。

330日本@名無史さん2019/08/28(水) 18:22:25.65
倭奴国王であって、倭王じゃないし

331日本@名無史さん2019/08/28(水) 19:33:10.72
>>320

日本書紀では神武は天皇に即位と書かれてるが、当時天皇なんて役職はない。
それより神武がヤマトに来た時、事代主神と鴨王(おおきみ)がいた。
これは王家があった事を意味する。

卑弥呼(Bei mei hu)とは比桃@(Bi mie hou)、比売后〈Bi; mai hou〉、
つまり事代主神の娘で鴨王(おおきみ)の妹であるヒメ后ことヒメ(蹈鞴五十鈴)媛しかいない。

332日本@名無史さん2019/08/28(水) 19:41:30.78
当時の大和の王は饒速日だよ。
富美の鴨族は長髄彦を輩出したが、饒速日に倒されただろ。

333日本@名無史さん2019/08/28(水) 19:42:04.87
>>329
>そしてその印は福岡県にあった。

朝貢してたのは九州の小国であり、大和朝廷及び天皇ではないということを
強く印象付けたかった勢力による金印偽造だろうねw
金印を国宝にしたのは昭和6年満州事変の年、
軍部もそれと同じ思想を持ってたので、あの出所不明のパッチものの金印を国宝にしたのだろうねw

334日本@名無史さん2019/08/28(水) 19:42:46.95
>>332
何を言ってるんだお前は市ね。

335日本@名無史さん2019/08/28(水) 19:52:56.90
【葛城鴨王家の系譜】
大和国葛城にいた古代氏族の系譜。三輪高宮家系譜などに資料が残されている。

その祖は博多湾沿岸の倭王である大山祇の子、伊奘諾の曽孫である三島溝杙耳(陶津耳、賀茂建角身)である。
大山祇の娘の木花咲夜姫は天孫邇邇芸に嫁入りしていて、その実家は志賀島の綿津見神社とされるが、遠賀川沿岸に広がる豊国が支配地域であり、後世の筑紫岡田宮の一族である。
三島溝杙耳は瀬戸内海を通じて大阪湾から畿内に鎮座し、後に神武の東征を助けたとされている。
この一族を祭るのが、伊予国大三島の大山祇神社、土佐の溝咋神社、摂津の三島神社、京都の上賀茂下鴨神社などである。
神武と戦った長髄彦は三島溝杙耳の息子とされていて、耳の娘は活玉依姫(勢夜陀多良比売、玉櫛媛)である。
出雲の国譲りの後に大和に移住していた事代主は三輪山の神となっていたが、活玉依姫に娘と息子を生ませる(丹塗矢説話)。
この娘は後に神武の妃となるイスケヨリ姫(媛蹈鞴五十鈴姫)であり、息子は天日方奇日方(櫛御方)である。天日方奇日方はまたの名を鴨主という。
天日方奇日方の曾孫が太田多根子である。

この登美の鴨王家には別の伝承がある。
飛鳥大神の娘である登美夜姫が、高天原からやってきた天照の孫であるニギハヤヒとの間に生んだ子が、物部氏の祖であるウマシマジである。
登美の長髄彦は、神武との戦いの中で「自分は天神の子であるニギハヤヒに仕えて妹をニギハヤヒに娶らせたが、どうしてまた天神の子と称するものが来て土地を取ろうとするのか」と言っている。
とすると、登美夜姫と活玉依姫はともに長髄彦の妹ということになり、異同が論じられるところである。

古事記では大物主は大国主や事代主と別神であり、勢夜陀多良比売と活玉依姫も別神としているが、勢夜陀多良比売と活玉依姫はいずれも丹塗矢説話が共通している。
いずれにしても、大和国の主だった勢力はいずれも筑紫か出雲、高天原にその起源があることになる。

336日本@名無史さん2019/08/28(水) 19:58:12.34
>>335
もういいから、おまえは市ね。
金印と関係ない話はするな。

337日本@名無史さん2019/08/28(水) 19:59:25.81
>>336
金印と関係ない鴨を持ち出したのはお前だ。

338日本@名無史さん2019/08/28(水) 20:21:25.46
いやいや関係ないとは言い切れないでしょ

339日本@名無史さん2019/08/28(水) 23:06:28.50
>>322
治めてるのは王であって一大率ではない
一大率は女王国以北を検察している刺史のような役職。

340日本@名無史さん2019/08/28(水) 23:08:33.07
>>330
倭奴国王が倭国の王
琉球王国の王は中山王であって琉球王ではなかったのと同じ。

341日本@名無史さん2019/08/28(水) 23:10:07.64
>>333
未だ金印は偽造だとか言ってるのかw
知恵遅れwww

342日本@名無史さん2019/08/28(水) 23:43:20.15
外交上、ならびに正式名称は琉球國中山王

343日本@名無史さん2019/08/28(水) 23:44:26.81
倭国は列島の国名じゃないし

344日本@名無史さん2019/08/28(水) 23:58:22.38
九州のことだもんな

345日本@名無史さん2019/08/29(木) 02:04:49.65
琉球王国(笑)

346日本@名無史さん2019/08/29(木) 07:56:45.26
>>342
印の話なんだがw

347日本@名無史さん2019/08/29(木) 08:20:57.57
倭奴国王が倭国の代表として認められたということ。
金印がないと正式な外交文書を作成できないから、他の倭の勢力は外交できない。

348日本@名無史さん2019/08/29(木) 09:59:02.00
「倭国」というのは中国側からの一方的な呼び名

349日本@名無史さん2019/08/29(木) 10:32:55.12
委を倭と解釈することが無理筋

350日本@名無史さん2019/08/29(木) 13:20:01.76
>>339
文盲かよ(笑)

351日本@名無史さん2019/08/29(木) 15:21:49.25
キリスト時代のユダヤみたいなものじゃないの?
ヘロデ王がいるけどローマからピラト提督が派遣されてて
政治は王がやるけど提督が監視してる

352日本@名無史さん2019/08/29(木) 16:32:37.72
土器などの流通を見ると、尾張から東西に文物が運ばれたことがわかる。
大和纒向はその中継地に過ぎない。
そして生産品の最大の消費地が筑紫であることがわかる。

https://i.imgur.com/TRmurSB.jpg

また、海外交流の拠点が出雲と筑紫であったことがわかる。
記紀の出雲の国譲りが倭国の対外交渉権の移譲だったのだのだろう。
魏や帯方郡と交渉していた可能性があるのは出雲と筑紫しかなく、3世紀においては筑紫の他には邪馬台国の候補はあり得ない。

353日本@名無史さん2019/08/29(木) 20:49:34.57
>>352
>魏や帯方郡と交渉していた可能性があるのは出雲と筑紫しかなく

原の辻遺跡では楽浪の文物に交じって出雲や畿内の土器が出る。
これは当時の日本のエスタブリッシュメントが出雲人や畿内人であった証拠。


BC3世紀ころ、加茂岩倉の銅鐸が西日本各地に拡散する。
出雲の王族が移動した証拠で有ろう。

邪馬台国とは畿内大和であり、事代主神や鴨王(おおきみ)がいた葛城である。

纏向ではない。

354日本@名無史さん2019/08/29(木) 20:55:01.56
>>337
鴨族に卑弥呼がいるという意見であり証拠も出してる。

関係ない話をしてるのはお前。

355日本@名無史さん2019/08/29(木) 20:56:18.90
>>341
未だ金印は本物だと言ってるのかw
知恵遅れwww

356日本@名無史さん2019/08/30(金) 00:54:42.35
カマチョンコロは巣に帰ってイビられ続けとけよ

高天原にある卑弥呼の墓  ◆4
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1567051754/

357日本@名無史さん2019/08/30(金) 11:10:54.22
>>355
福岡市博物館に行って偽物だって教えてやれよw

358日本@名無史さん2019/08/30(金) 11:12:03.91
>>353
>原の辻遺跡では楽浪の文物に交じって出雲や畿内の土器が出る。

ソースは?

359日本@名無史さん2019/08/30(金) 11:13:43.30
>>358
あるわけない
カマチョンコロの妄想だもん

360日本@名無史さん2019/08/30(金) 11:16:12.92
出雲族は初期には覇権を握っていたが、高天原に負けて散り散りになったのだろうさ。
そして筑紫が倭国の主権を手にしたんだよ。

361日本@名無史さん2019/09/03(火) 04:00:03.63
???

362日本@名無史さん2019/09/07(土) 11:56:13.76
キナイ説を主張するのは記紀を純粋に信奉する右派もいるから一概に言えないが
金印がニセモノと主張するのはり地域スパイかどうか判定するリトマス試験紙みたいなもので
わかりやすいな あと狗邪韓国が倭人領とかに食いついてくるやつ

363日本@名無史さん2019/09/18(水) 22:31:27.98
???

364日本@名無史さん2019/09/19(木) 14:06:57.01
>>358

https://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/235531

土器・土製品には朝鮮系無文土器、楽浪(らくろう)系や三韓(さんかん)系の
瓦質(がしつ)土器、朝鮮三国系の陶質(とうしつ)土器などの外来系土器が多数含まれ、
これらに畿内・山陰・周防・肥後など西日本各地からの搬入土器も存在して、国内外との活発な交流を物語る

365日本@名無史さん2019/10/09(水) 12:30:09.16
今の時代に、もし金印でてきたら
いくらの価値がある?10億?
中国の小学生が拾った玉印は100億以上に価値があるでしょうか

366日本@名無史さん2019/10/09(水) 12:53:53.81
国宝になるだろうけど、市場では取引が成立しないから、価格は付けられない。

367日本@名無史さん2019/10/09(水) 13:20:58.86
志賀島から出て来た金印は日本史最大の偽造品としての価値があるだろう。

朝貢してたのは大和朝廷でも天皇でもない、
九州の小国だというのが金印偽造の根拠。

黒幕は本居宣長ではないか。

368日本@名無史さん2019/10/09(水) 18:51:09.19
黒幕はお前だろw

369日本@名無史さん2019/10/10(木) 19:18:27.12
新井白石や本居宣長の言ってた

「朝貢してたのは九州であって大和朝廷ではない」

それと符合する金印がなぜか志賀島から出てきた。
出土状況も大きな石があったの無かったの、極めてあいまい。

「朝貢してたのは九州であって大和朝廷ではない」勢力による偽造だろ。

彼ら国学者にとって日本の歴史が朝貢から始まるのはさぞかし辛かったであろうな。
現代人は中国に対して全然コンプレックスを持ってないだろ、だからその感覚が分からないのだよ。

370日本@名無史さん2019/10/10(木) 22:12:06.14
と、国宝金印にコンプレックスを持つかの国キナイコシが申しております。

新着レスの表示
レスを投稿する