邪馬壹國は北部九州に在った(王都は伊都国)part16

1九州王2019/03/30(土) 15:44:00.01
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1544967924/
邪馬壹國は北部九州5県(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分)に跨って存在し、
卑弥呼は伊都國を都として邪馬壹國を統治していた。
邪馬壹國とは26か国の国邑で構成されており
その26か国の国邑とは對馬國、一大國、末廬國、伊都國、奴国、不彌國と旁國20か国(斯馬國、已百支國、
伊邪國、都支國、彌奴國、 好古都國、不呼國、姐奴國、對蘇國、蘇奴國、 呼邑國、華奴蘇奴國、
鬼國、爲吾國、鬼奴國、 邪馬國、躬臣國、巴利國、支惟國、烏奴國)

魏志倭人伝には伊都国に卑弥呼が居たとの記述が2か所あり、その一つが 「世有王皆統屬女王國」である。
「世有王皆統屬女王國」の「A統屬B」は「AはBに統屬する」の意味であり
Aについて「伊都国の代々の王は皆」と理解されていたが、
ここでは「世有王」としかなく「世世有王」ではない。
「世有王」の「世有」について『三国志』内で用例を調べると魏書に4例、呉書に1例有る。
「三世有」(魏書)、「當世有」(呉書)等の特殊な事例を除き『三国志』内では「世有」は魏の世を示している。
「世有」を代々と訳してよい場合でも親子二代程度で何代も続いたとの意味ではなく
「世有」は魏代内の世である。即ち「世有王」は「代々の王」の意味ではなく、
「世(魏の世)は王が居た」の意味なのである。
そして文はここで一旦切れて、次に続く「皆」は「世有王」ではなく別のものを指しているのであり、
それは倭の国々のことである。
「皆統屬女王國」の「皆」は倭国の国々を指していると考えられる。
「皆統屬女王國」とは「倭の国々は皆、女王国に統屬していた」の意味なのである。
すると前文の「世(魏の世)に王が居た」の王とは女王国の王である卑弥呼や壹與のことを指していると判明する。
また「世有王」とは「魏の時代に王(卑弥呼、壹與)が伊都国に居た」こと指すと結論される。

2九州王2019/03/30(土) 15:44:55.08
世有王

@ 三国志魏書后妃傳第五
>自夫人以下、世有搗ケ。
夫人以下の妃の扱いについては、「それぞれの帝によって」増減があった。(以下、各帝ごとの変化について記載) 魏の世には増減があったの意味

A 三国志魏書任蘇杜鄭倉傳第十六
>語曰「世有亂人而無亂法」
「世の中に、世を乱す人はいても、世を乱す法律はない」と言います。

B 三国志魏書徐胡二王傳第二十七
>今汝先人、世有冠冕、
現在、貴方たちの先祖は、「代々」冠をつける役職についている、つまりこれも魏の世には冠をつける役職についているの意味

C 三国志魏書烏丸鮮卑東夷傳第三十
>而公孫淵、仍父祖三世有遼東。
父祖三代に渡って遼東を領有した。(189〜238)

D 三国志蜀書黃李呂馬王張傳第十三
>當世有聲名
当時は名声が高かった。

C は三世(三代)の意味、Dは当世(当時)の意味で、世有の用例ではない。
@ は代々の意だが、魏代ではある。Bも代々の意だが、魏代ではある。Aは一般的な言葉を引用しているのでこの世の中の意、用例としては不適切

以上からは、世有王は、特別な使用でない限り魏の世の王が、と訳すのが妥当である。

3九州王2019/03/30(土) 15:46:02.82
2か所目は「自女王國以北 特置一大率 檢察諸國畏憚之 常治伊都國 於國中有如刺史」の文である。
「自女王國以北 特置一大率」・・・一大率が置かれたのは伊都国ではなく女王国の北の諸国
「於國中有如刺史」・・・刺史は各地の行政機関内に常駐してる監察官
「常治伊都国」・・・女王国の北の各諸国の置かれた一大率を治め(統率)ていた 。
つまり
「自女王國以北 特置一大率 檢察諸國畏憚之 常治伊都國 於國中有如刺史」では、「女王国の北の各諸国には、特別に一大率を配置して検察させており、畏れ憚られている。
常に一大率は伊都国で統率されている。
これは魏で皇帝が刺史を州に派遣し検察させて洛陽で統率しているのと同じようだ。」の意味となる。

全て伊都国についての説明だから「皆統屬女王國」も伊都国についての説明
伊都国を首都とする女王國は倭の国々を統屬していた。
皆とは倭の国々を指しているのであって、皆が絶対に伊都国を指さなければならない理由はない。
だいたい皆と呼べるほど多くの王が魏代に伊都国にいたとは考えられないし、伊都国に付いては特に詳しく説明されているにも関わらずそれらし記述も一人の王名ない。

伊都国は郡使が滞在するところで、伊都国に付いては特に詳しく記されている
「官曰爾支 副曰泄謨觚 柄渠觚」と官、副官の名前は記されているのに、伊都国の王の名前は一人も記されていない
また倭人伝は張政が持ち帰った情報を最新として張政が帰国した時点で書かれていて
既に倭王が魏より任命されているのに、伊都国の首長を王と呼ぶこと事態がおかしい
伊都国の王は伊都国には居なかった、伊都国に居た王は伊都国の王ではなく、倭王の卑弥呼や壹與としか考えられない。

水行十日陸行一月が水行十日陸行一日の誤りであり、魏志倭人伝は全て矛盾なく解読することができます。

4九州王2019/03/30(土) 15:49:49.64
・・・・・・・・・・・狗邪韓国
帯方郡├─海─┼─海─┼─對馬國─┼─海─┼─一大國─┼─海─┼─末廬國─┼─伊都國─┼─奴國─┤不彌國
・・・・・国境・・・・国境・・・・国境・・・・・・・・国境・・・・国境・・・・・・・・国境・・・・国境・・・・・・・・国境・・・・・・・・国境・・・・・・国境
・・・・・・・・7000里・・1000里・・・・・800里・・・・1000里・・・・・600里・・・・1000里・・・・・500里・・・・・・・100里・・・・・・・100里
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(方400里)・・・・・・・・・・(方300里)・・・伊都国と奴国の国境で合計12000里┼
魏使の旅は帯方郡の海岸から始まり狗邪韓国の南岸へ(7000里)
狗邪韓国の南岸から対馬国の北岸(1000里)
対馬国の北岸から対馬国の南岸(800里)
対馬国の南岸から一支国の北岸(1000里)
一支国の北岸から一支国の南岸(600里)
一支国の南岸から末盧国の北岸(1000里)・・・呼子、名護屋浦付近が末盧国への上陸地点
末盧国の北岸から末盧国と伊都国の国境(500里)・・・糸島市中央部
末盧国と伊都国の国境から伊都国と奴国の国境(100里)・・・ここまでで12000里になり日向峠付近、女王国の中心地

1里は80mくらいで計算が合う。
女王国とは伊都国と奴国のこと。

5九州王2019/03/30(土) 15:57:58.48
投馬國での滞在や投馬國内での移動日数は0日
狗邪韓國が投馬國の中心であり七千餘里に水行二十日掛かる
狗邪韓國には上陸せずにそのまま次へ水行
水行十日で朝鮮海峡を渡り陸行一月(日)で伊都國(邪馬壹國)へ。

投馬国から邪馬壹国は4400里。10日。

呼子付近に上陸・・・「濱山海居」
東松浦半島内を通過・・・「草木茂盛 行不見前人」
二丈付近を通過・・・「好捕魚鰒 水無深淺 皆沈没取之」

不彌國は那珂川町、春日市方面。

6日本@名無史さん2019/03/30(土) 23:10:31.84
>1-5
お前は本当にしつこいねぇ(笑)

7日本@名無史さん2019/04/01(月) 20:55:36.38
平原遺跡<曽根遺跡群
曽根 曽我 
天神
道真公

8日本@名無史さん2019/04/03(水) 22:35:14.17
アゲ

9日本@名無史さん2019/04/04(木) 08:24:40.13
【伊都国】

伊都国の官は爾支と記されているが、ニニギ、ニギハヤヒなどと同じ系統の名であり、神道における神職を意味する禰宜にも通じる。
平原遺跡には鳥居などの遺構があり、いわゆる神道の形式が整いつつあった。
高祖宮は伊都国から日の出の方にあり、卑弥呼らは太陽を背にして君臨していた。
高千穂宮から始まる神武東征の時、神武は天の子は太陽を背にするべきだと発言していて、伊都は神道の基本である太陽信仰の都である。
卑弥呼の鬼道とは、中国人から見た古代神道のことだったのである。

伊都国の平原遺跡は3世紀頃の女王墓であり、方格規矩四神鏡と内行花文鏡、玉を中心とする豪華な副葬品を持ち、後漢の頃には見られなかった巨大な国産の内行花文鏡、いわゆる八咫の鏡が5面含まれていたことから、倭国大乱後の倭国の王権が伊都国にあったことがわかる。
2世紀の倭国大乱以降では卑弥呼が最初の女王であるため、平原遺跡の被葬者の最有力候補が卑弥呼である。
魏志において伊都国は人口が1000戸と少ないが、魏志に卑弥呼の王宮の下女は1000人とることと一致する。
近隣の世俗の商業都市としての博多奴国と、政治・祭祀・外交のための聖なる王都である伊都が分離されていたと考えられる。

伊都国には高祖宮(高祖神社)があり、後世にはその東側の高祖山とクシフル山の山頂を囲む中国風山城(奈良時代は怡土城、戦国時代は高祖城と呼称される)があった。
高祖山を越える峠が日向峠であり、筑紫の日向のクシフル山にある高祖宮の古名が高千穂宮であったと考えられる。

アマテラスの孫のニニギはクシフル山に降臨してその西側に埋葬されたとあり、三雲南小路遺跡、井原鑓溝遺跡などが、魏志において倭国大乱の前の男王の時代70〜80年を担った日向王家の王墓であると考えられる。
三雲南小路遺跡の拝殿であり漢の金印を保管していた細石(さざれいし)神社は天孫邇邇芸と木花佐久夜毘売を祭神とし、
平原遺跡からはニニギが授かった三種の神器である八咫の鏡と思われる超大型内行花文鏡が出土しており、筑紫の伊都がその名の通り倭国王家である日向三代の都であった証拠である。

10日本@名無史さん2019/04/04(木) 08:29:57.62
>>9
完全論破されまくったってのに、性懲りもなく細石神社ネタおっぱじめるのかよ・・・

11日本@名無史さん2019/04/04(木) 09:09:53.72
>>1 名前:九州王 2019/03/30(土) 15:44:00.01
>邪馬壹國は北部九州5県(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分)に跨って存在し、

おや、熊本も入っているな。
狗奴国はどこへ行ったのだ。九州王の第二の狙いは熊本狗奴国なんだろ。

12日本@名無史さん2019/04/04(木) 09:31:48.82
博多を挟んで、
糸クズ島と安之田川で決戦でもおっぱじめようってのかや
ま、双方滅びるまでやってくれい、、、

13日本@名無史さん2019/04/04(木) 22:37:34.90
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、前方後円墳如きで邪馬台国を名乗るんじゃねーよ、平和ボケが。
なんか川の中州の倉庫なんて持ち出すし。一家揃って歴史歪曲か。おめでてーな。
よーしパパ勝利宣言しちゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、三角縁神獣鏡やるからその席空けろと。
倭国ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
筑後川の向かいに座った奴といつ戦争が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。畿内爺は、すっこんでろ。

14日本@名無史さん2019/04/04(木) 23:53:53.02
>>13
たまに食う牛丼うめぇよな

15日本@名無史さん2019/04/05(金) 06:59:54.96
南北朝時代だから比較的新しい話だが
筑後川域に大刀洗という地名があるんだな。

16日本@名無史さん2019/04/05(金) 07:10:56.60
>>15
スレタイと無関係な話書いて楽しいの?

17日本@名無史さん2019/04/05(金) 08:50:21.67
安の田川か、
これでまたにぎやかになるな、、、

18日本@名無史さん2019/04/06(土) 23:22:34.34
イザナギ→吉武高木アマテラス<男系>
イザナミ(八雷神共立女王)→→→豊国女王系譜→→→八上姫<女系・共立女王>

八雷神→8山津見

八上姫+6山津見→大国主に敗北して大山祇(平型銅剣・荒神谷遺跡)
大国主失脚→日向1代目の外戚に復帰(柏崎遺跡・オルドス式・親銅戈)

八上姫に対抗する2山津見→豊国支配して大綿津見=大海神
日向2・3代目の外戚(豊国・桜馬場遺跡・親広型銅矛)

城野遺跡の男児→大海神一族の期待した日向4代目候補だった

ヒ素など毒殺検査の必要あり
彼が亡くなったことで、外戚争いが激化して、倭国乱が勃発

19日本@名無史さん2019/04/07(日) 09:42:25.51
つまり共立女王を戴いていたのは8山津見までで、
大山祇も大海神も男系は非山津見なわけですね。

例えばコノハナサクヤも母方が大山祇ですが
父方は天神族とあります。
唐津は菜畑遺跡から続く壱岐対馬イザナギ族の九州上陸本拠地だから
イザナギ天神族のエリート男系一族が大山祇の女性を娶ったわけです。

海神も、イザナギ男系を受け入れて、八上姫を追い出し、
豊国主導権を手に入れた、男系天神族+女系山津見の一族、ということでしょう。
男系の本貫は、豊国=古代出雲より西の、イザナギ領域でしょうね。

20日本@名無史さん2019/04/07(日) 11:23:15.71
木花咲耶姫の父がオオヤマツミだったはず。

21保守2019/04/11(木) 00:29:49.98
天照大神は「あなたたち三神は、道中(みちなか)に降臨して天孫を助け奉り、天孫に祭(いつ)かれよ」と命じた。道中とは玄界灘である。
命じられた宗像三女神が祭られるのが沖ノ島を含む宗像大社なわけだが、そもそもは沖ノ島の祭祀は、天照も祭っていたのではないか。
さらに踏み込んで言えば、沖ノ島こそ天照の宮があった高天原なのではなかったのか。
それでこそ、古代最大級の聖地として沖ノ島の祭祀が大々的に続けられた意味がわかろうというものだ。
沖ノ島から筑紫に降臨する天孫を送迎する宗像士族と猿田彦の船の行き来をみあれ祭に見ることができるのだろう。
宗像大社は交通安全の神様として知られるが、それは天孫の降臨の道中の安全を守るようにという天照の神勅に基づいている。
そして天照は天孫に自らの形見として祭るようにと八咫の鏡を託したのだが、西海道風土記逸文によると、八咫の鏡は宗像大社に祭られていたのである。
天孫が口論した先は筑紫の日向、すなわち福岡県西部の高祖山(日向山)周辺であり、魏志倭人伝の伊都国として知られる高祖宮こそ、記紀において神代の王都として知られる高千穂宮なのだろう。

22日本@名無史さん2019/04/12(金) 22:01:09.34
>道中(みちなか)に降臨して

その時に初めて生まれたのなら、
道中が起源となるが

もとから存在したのであれば、
別の場所が起源であって、
道中は起源とは別の場所であることになる。

23日本@名無史さん2019/04/13(土) 00:03:42.97
道中は道中
交通安全の神様だし
降臨するまでの道中という意味だよ

24日本@名無史さん2019/04/13(土) 00:26:25.18
ってことは、道中というのは
本来いる場所とは離れた場所であって
本来いる場所(・・・)からわざわざ降臨して
道案内をしましたよ、

25日本@名無史さん2019/04/13(土) 02:02:44.33
八雷神(山鹿貝塚)
〜縄文時代〜

〜弥生時代〜(吉武高木アマテラス誕生)
八山津見

〜大国主〜邇邇芸〜
八神姫→(大山祇)→木花之佐久夜→八咫鏡(猿田彦)
八坂(女系ワニ+男系スサノオ)(田熊石畑遺跡)→(大海神)八尺瓊勾玉

〜古墳時代〜
八幡神(宮地嶽)

26日本@名無史さん2019/04/13(土) 02:22:31.70
〜縄文時代〜
八雷神<八岐大蛇

〜弥生時代〜吉武高木アマテラス
鉄器アマテラス+八雷神>八岐大蛇

〜大国主〜
>初期
八神姫+大国主 大国主の兄弟 スサノオ 天神族

>後期
大国主+スサノオ(+ワニ)+沼河姫(八岐大蛇)>八神姫

〜邇邇芸〜
ニニギ+ニギハヤヒ+大山祇>大国主末裔=夷守 |中立|スサノオワニ

〜山幸彦〜
スサノオワニ>その他

27日本@名無史さん2019/04/13(土) 14:44:45.15
>>24
本来いたところは高天原でしょ。
そこから筑紫への道中を猿田彦が護衛したた。
何が言いたいの?

28日本@名無史さん2019/04/13(土) 14:57:50.93
韓国KBS放送
大河ドラマ『百済の王クンチュワゴン』

4世紀のとある頃、百済王の元に朝貢使として、倭のヤマタイ国から王女「チング」姫が来るが、原始人に毛の生えた程度の身なりのため使臣扱いされず門前払いされる
しかし百済王の配慮で謁見が叶い、ヤマタイ国の使臣たちは感激して土下座で臣下にしてくれと懇願する。
百済の臣下たちは倭人は海賊ばかりで信用できないと反対するが、百済王は広い心でヤマタイ国を百済の臣下となることを許す。
4世紀の倭人たちがなぜか稲や鉄器を見て驚き、チング姫は百済で勉強したいと土下座して懇願。
ヤマタイ王が病没すると、百済の第二王子がチング姫と結婚し、新しいヤマタイ王となる。
百済王から、ヤマタイ国に「大和」の国号が与えられ、倭の統一を命じられる。大和王となった第二王子は、百済の臣下として九州から倭の統一に乗り出す。

このスレの中身そのままだな

29日本@名無史さん2019/04/13(土) 15:02:00.72
クンチョゴワンな

30日本@名無史さん2019/04/13(土) 15:08:20.42
>>27
>本来いたところは高天原でしょ。
どこに書い?

31日本@名無史さん2019/04/13(土) 16:53:49.98
何が言いたいかと言うと、
産まれる→命じられて降臨→その後別の命令で別の場所に降臨

先人がせっかく残してくれた歴史書なのだから
倭人伝もそうだし記紀も正確に読まな

32日本@名無史さん2019/04/13(土) 17:43:05.21
ヤマイチ国なんて言うとる奴は朝鮮人かしかおらんやろ
奴らは金印もらった倭国と今の日本国の連続性を認めたないんやで
朝鮮は銅印やったからなw

33日本@名無史さん2019/04/13(土) 20:16:01.88
>>32
邪馬壹国支持者は右派(≠右翼)だろ

34日本@名無史さん2019/04/13(土) 20:20:17.52
>>28
さすが朝鮮ヒトモドキw 建国前から滅亡後まで一貫して倭国の支配下だった百済に壮大な物語を与えすぎwww


451年、宋の文帝が允恭天皇を「倭本国・新羅・任那・加羅・辰韓・馬韓 六国諸軍事 安東将軍」と認定し、朝鮮半島は倭国の朝貢国となる

475年9月、高句麗の長寿は漢城を強奪、百済の蓋鹵を殺害。 百済一度目の滅亡

477年3月、雄略天皇が蓋鹵の息子である文周に久麻那利の地を「与え」、「百済王に就かせ」再興させるも半年後に解仇に暗殺

479年11月、雄略天皇は「忠誠の誓い」として差し出されていた5人の人質の中から東城を選出、筑紫の兵5百人を付けて帰国させ「百済王に就かせ」た

490年、北魏に攻め込まれ、慌てて高句麗を模倣し南斉の冊封に下るなど混乱を極める

501年、東城が暗殺され、武寧が即位

503年、武寧は職人や女(儒教思想では技術職や武人、女の身分が極めて低い)を朝貢の品として武烈天皇に献上し、倭は北葛城郡広陵町に百済人居留地を置き、曽我川の吉楽寺以南が百済川と呼ばれるようになった(百済大井宮はこの地名由来)
513年、40年近く経っても高句麗から漢城を取り戻せず、領土不足で国民が飢えていると武寧が直訴したので、継体天皇は任那四県を「分け与え(割譲)てやり」、武寧は北魏から下賜された五経博士である学官の漢高安茂を「貢上」した

552年、聖明が「仏教は、あらゆる教えの中で最もすぐれたものです。その教えは難しく、取りつき難いものですが、真の悟りを導くものです。今や仏教は、遠くインドから中国、朝鮮まで広まっています。このすばらしいみ仏の教えを、ぜひ日本でも広めていただきたいと思います。」という「上表文」と共に金堂の仏像一体、幡、経典を「朝貢」した

554年、倭国と大伽耶の助力を得て新羅を攻めるも聖明は戦死し、威徳が即位

561年7月、欽明天皇が威徳に援軍を「授け」、任那と共に新羅を攻めるも敗退

642年、義慈は倭国に「忠誠の証」として王子の豊璋と善光を人質として「献上し」、朝貢を再開

660年、斉明天皇は豊璋に5千の兵と軍船170艘を「添わせ」帰国させるも、百済二度目の滅亡

以後、百済難民が渡倭した記録は存在せず、百済王族唯一の生き残りである善光は百済コニキシとして「孕み腹(喘ぐTENGA)」の提供に従事し続けた

35日本@名無史さん2019/04/13(土) 20:35:07.68
要するにアメリカみたいなもんでしょ。しかも千数百年先を行ってたわけ。
それまでは倭国=九州国家、倭人=九州にいる倭国人+そこから東征していった支配層
に加えて、倭種とか毛人とか渡来人とかが雑居していた。
倭人の支配領域が本州四国へ拡大し、倭人とそれ以外の混血も進んだところに、
半島領土を失って北部九州倭人の優位性が弱体化したのを契機に
一度リセットして全員日本人として新規スタートしたんんでしょ。
国体は連続してるし平等とかの概念としてはぶっちぎりの世界最先端。

36日本@名無史さん2019/04/13(土) 21:54:55.06
190年 董卓が洛陽を焼き払って廃墟となる
220年 魏第二代皇帝曹丕が洛陽へ首都を戻す
235年 青龍三年
238年 魏が公孫氏を滅ぼす
239年 景初三年

魏と呉が対立していて、雲南省の鉛が手に入らない。
占領した朝鮮半島の鉛が魏へ運ばれる
洛陽の新米尚方鏡師が作ったばかりの方格規矩鏡が卑弥呼へ送られる
それを溶かして超大型内行花文鏡(八咫鏡)国産

楽浪→洛陽→平原  < 完 結 >






尚方銘鏡が仿製ならば、
仿製鏡は中国産であることを騙る風習があったことになり、
当然△は。。。

37日本@名無史さん2019/04/14(日) 07:41:47.98
>>33
思想とか先入観を持たずに純粋に古代史を科学的に研究してるだけだろ
畿内説の場合は結論が先にありの先入観に無理やり合わせようとしてるから滅茶苦茶な理論展開になるんだ。

38日本@名無史さん2019/04/14(日) 09:17:12.80
なるほど、
結論が先にありの先入観に無理やり合わせようとするのが、右極か。
そうすると、結論が先にありの先入観に無理やり反対しようとする‥のが、左極というわけか。

39日本@名無史さん2019/04/14(日) 09:30:57.19
卑弥呼は平原でいいとして、
じゃあ台与は?
卑弥呼時代は狗奴国と戦ってたけど
台与が死去する時には統一されてたんでしょ。
狗奴国滅亡したから陳寿も帰ったし。
領土増えるし戦争終わるしで国力アップして
平原よりもっとすごい墓だよね。祇園山?那珂八幡?

40日本@名無史さん2019/04/14(日) 09:45:47.81
そういうこった
イトクズは卑弥呼の墓ばかりいうが、近くにトヨの都と墓もなければならぬ。
短調半欠けイトクズww

41日本@名無史さん2019/04/14(日) 10:29:08.91
台与は娘じゃなくって宗女だから別の墓域だろ。
都も長征が帰るまでは伊都だろうが、晩年は遷都したかもしれんし。

42日本@名無史さん2019/04/14(日) 10:41:06.58
キナイコシは基本的に頭おかしいからな。
男王七八十年→共立女王卑弥呼→その宗女台与であるから、
三雲男王群→平原女王墓→別の場所の??
でよいのだ。

文献についても、南が東ばかりがクローズアップされるが、
記紀にはモモソ姫と明記されているのに、勝手に卑弥呼に置きかえている。
そんな置きかえが可能なのであれば、アマテラスでも神功皇后でもなんでも卑弥呼候補になってしまうだろ。
不比等たちの当時の常識では、
女王でないモモソ姫が箸墓古墳の被葬者であっても、なんら違和感がない、
という解釈が正しいわけだ。

世界最古の馬具をもっと誇るべきでは?
世界史的に見て凄いことだぞこれは。

43日本@名無史さん2019/04/14(日) 11:17:04.92
イトクズは卑弥呼の墓ばかりいって、
トヨの都や墓のことになると面倒がって投げ出す。そこが、半欠けお月さんww

44日本@名無史さん2019/04/14(日) 11:26:00.48
畿内厨からも聞かんぞ

45日本@名無史さん2019/04/14(日) 17:05:40.47
だから祇園山か那珂八幡かと言っているのに
コミュ障か?

46日本@名無史さん2019/04/14(日) 18:23:45.30
御道具山古墳もあるね

47日本@名無史さん2019/04/15(月) 08:17:43.44
壹與より後と思われる神夏磯姫も八咫の鏡を持っていたから、壹與も八咫の鏡にまつわる話が残っていないかな?
卑弥呼で費やしたから副葬はされていないと思うけど、最低でも三種の神器は揃っていないと。

48日本@名無史さん2019/04/15(月) 08:35:58.97
さいきんまで、卑弥呼の墓は祇園山か那珂八幡か、といってたのに、
こんどはトヨの墓という説もでてきたか
日替わりランチ。

49日本@名無史さん2019/04/15(月) 13:08:13.07
年代的に平原遺跡の方が早いから、平原遺跡を卑弥呼にしないと平原遺跡が浮いてしまう。
そもそも祇園山を推していたのはザラコクだけだろう。

50日本@名無史さん2019/04/27(土) 07:02:00.35
結局ネトウヨが根拠もなく朝鮮人認定したり天皇陛下マンセーする為には邪馬台国畿内論の方が都合がいいってだけの話にすぎない
差別主義者の結果ありきのスレならもう要らんわ

51日本@名無史さん2019/04/27(土) 07:18:08.80
ネトウヨ言うのは畿内説さんが多いですね。

52日本@名無史さん2019/04/27(土) 11:14:53.67
弥生時代に渡来系弥生人は北部九州地域にし住んでいなかった
北部九州地域に住んでた渡来系弥生人は現代日本人に近いDNAを持ってた
その他の地域弥生人は縄文系の人が多かった。
http://tosmo.xsrv.jp/tohshi/wp-content/uploads/2019/03/20190309081629f.jpg

53日本@名無史さん2019/04/27(土) 12:18:08.75
>>52の解説
弥生人のDNAで迫る日本人成立の謎
https://www.youtube.com/watch?v=H1GFzg882d8

54日本@名無史さん2019/04/27(土) 12:25:42.23
>>52
>>53
弥生人のDNAから考えても北部九州地域以外に邪馬台国の存在し得る場所はないな。

55日本@名無史さん2019/04/27(土) 12:27:16.55
〜最新の核DNA調査におけるニッポン人とチョンコ(別名:朝鮮ヒトモドキ)の差異はこれだけある♪〜


2018年、木村資生記念進化学セミナー 第1回「Human Evoluion I」
https://kimuraseminar.files.wordpress.com/2017/08/20170804_humanevol1_saitoun.pdf
発表者である国立遺伝学研究所の斎藤成也教授はNHKの取材に対してハッキリと弥生系渡来人の定義を「中国大陸からやってきた」断言してる
https://i.imgur.com/OK8GUSr.jpg
https://i.imgur.com/I5ZY2Es.jpg

弥生人とは縄文人の父系と大陸系の母系である
2019年、国立科学博物館の篠田謙一教授の人骨DNA分析によって、朝鮮ヒトモドキ要素はゼロと判明
https://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/20190303/movie/4040002195_20190303075459.html
朝鮮半島由来の渡来人は縄文人の出戻りと判明
https://i.imgur.com/yeYhSQ0.jpg


従来のY遺伝子D系統におけるニッポン人と朝鮮ヒトモドキの差異
https://i.imgur.com/EvBw7qP.jpg
https://i.imgur.com/U5qCx8F.jpg
https://i.imgur.com/mmUY7Md.png
Y遺伝子(父系)のD2はアイヌ88%、沖縄56%、日本本土42〜56%、チョン半島0%


従来のミトコンドリアDNAならびにY染色体DE、O2b1とO2b*によるニッポン人と朝鮮ヒトモドキの差異
https://i.imgur.com/vMjf4HI.jpg

チョンコはミトコンドリア(母系)においてニッポン人女性と牝ヒトモドキに差異はないとホルホルするが、アジア全体で大きな差はない
また有史以来、チョンコロ半島の国々は貢ぎ物として牝ヒトモドキを大量輸出していた実績があり、その伝統は近年の第五種補給品まで続いていた
なおM7aがニッポン人女性の特徴と言える


結論:ニッポン人にとってチョンコは距離的には近くても血統的には非常に遠い存在

56日本@名無史さん2019/05/04(土) 16:44:36.41
無能ヒトモドキも松傾も普段は他の在日チョンコ同様日本人のフリして暮らしてるはず
何故か?
それはチョンコであることが恥ずかしいからに他ならない
そして日本人のルーツにチョンコが無関係だと理解してるからに他ならない

自ら恥ずかしい存在だという自覚があり
何一つ自信を持つことが出来ない惨めさから
朝鮮起源説や反日活動で精神勝利するしかない

チョンコとはそういう存在

  :_       ..、     ..__                           、___
  _jllll′   ョ- 4il||l     "lll'、     ‐ 、         _..-''lllliin 、    _ `''||ゞ'
 ,ョ广     ゙廴_j=冖゙゙'ll'、  .llll′     `||li    '''l 、  ,j广  l|!  "ll'、 、 __ョ=ョ 、  ,,_、 、 ..,,_
、l|′    :、_uil||l'  _ __'||l  |lll′      lll  _.   |ll'、:lll′ _lll′  lllll  ゙'il|l′ "lll|  ゙llll| l||l  l||l′ 
 'llL_    "'´ |ll、゙゙''冖′  lll      、  llll 〃  ..ulll!' ‖ ,jlll′  _|lll′     ||l   ゙llll ./゙l||| l||′
  ゙l||li、     |ll、      'll'、  ,__〃  ゙||lli    ゙゙  'l|l'′  ,,._lll′     ,,lll′   .|lll’ `'l|||′
   `il|l'      il|l       `'ill||lll''~    ~~        `  -‐'~~     ..l广     .`''  ゙''′


           ; ∧,_∧:   悔しいニダァァアーーッ!!!
           :<;l|l;`田´>;
           ;(6   9):
          :ム__)__)

57日本@名無史さん2019/05/08(水) 03:38:43.01
  ┏━━┓          ┏━┓┏┓┏━━━┓
  ┗┓┏┛          ┗━┛┃┃┗━━┓┃
┏━┛┗━┓┏━━┓      ┃┃      ┃┃
┗━┓┏━┛┣━  ┃      ┃┃      ┃┃
  ┏┛┃    ┣━  ┃┏━━┛┃┏━━┛┃
  ┗━┛    ┗━━┛┗━━━┛┗━━━┛



    ┏┓  ┏┓
    ┃┃┏┛┗━━━┓
    ┃┃┃┏━━━━┛  ┏┓                                        ┏━┓
┏┓┃┃┗╋━━━━┓  ┃┃        ┏┓     ┏┓  ┏━━━━┓     ┗━┛
┃┃┃┣┓┃┏┓┏┓┃  ┃┃        ┃┃     ┃┃┏┛┏┓┏┓┗┓┏━━━━┓
┗┛┃┣┛┃┃┃┃┃┃  ┃┃        ┃┃     ┃┃┃┏┛┃┃┗┓┃┗━━━┓┃
    ┃┃┏┛┗┛┗┛┗┓┃┃        ┃┃     ┃┃┃┃  ┃┃  ┃┃        ┃┃
    ┃┃┗┓┏┓┏┓┏┛┃┃        ┃┃     ┃┃┃┃┏┛┃  ┃┃        ┃┃
    ┃┃  ┃┃┃┃┃┃  ┃┃    ┏┓┃┃     ┃┃┃┃┃┏┛  ┃┃        ┃┃
    ┃┃┏┛┗┛┗┛┃  ┃┃    ┃┃┃┃   ┏┛┃┃┗┛┃  ┏┛┃      ┏┛┃
    ┃┃┗━━━━┓┃  ┃┗━━┛┃┃┗┓ ┗━┛┗┓  ┃┏┛┏┛  ┏━┛┏┛
    ┗┛          ┗┛  ┗━━━━┛┗━┛         ┗━┛┗━┛    ┗━━┛

58日本@名無史さん2019/05/11(土) 17:08:12.07
優良に付きうP

59日本@名無史さん2019/05/13(月) 13:10:41.53
この説が本当だったみたいだ。

60日本@名無史さん2019/05/13(月) 13:34:33.11
>>59
どうした伊都クズ?

61日本@名無史さん2019/05/13(月) 16:02:42.41
反論が完全に無くなったな。

62日本@名無史さん2019/05/13(月) 19:39:25.36
>>61
伊都クズは打ち負かされたの忘れちゃうタイプだから、そのうち何事もなかったのように現れるよ

63日本@名無史さん2019/05/13(月) 19:59:09.37
得意の脳内論破ですね
論破したと言えば論破したことになると思い込んでいる気違いがw

64日本@名無史さん2019/05/13(月) 20:38:43.48
>>63
また記憶障害かよ

65日本@名無史さん2019/05/13(月) 20:55:30.84
伊都国説で完全論破されたのは細石神社ネタだけだろ
他の諸説にはまだ一考の価値はある

66日本@名無史さん2019/05/13(月) 21:34:06.46
論破というか、どちらにしても証拠不十分だったということ。

67日本@名無史さん2019/05/13(月) 22:09:23.17
>>66
上の方から読み返すと良い
可哀想になるくらい考古学的に完全否定されたよ

68日本@名無史さん2019/05/14(火) 01:50:28.32
>>67
今は九州説内で議論することは特になくて、
畿内説の本丸攻めに移ってる段階じゃないの。

69日本@名無史さん2019/05/14(火) 09:08:56.16
18:00〜 核DNA解析 国立科学博物館 篠田謙一先生の解説
24:00〜 弥生時代後期 東北のほうに住んでいた人 遺伝子から見れば完全に縄文人
九州の離島にはまだ縄文人と同じ顔つきの人が住んでいる

動画 サイエンスZERO 日本人成立の謎。弥生人のDNA分析から意外な事実が判明
https://www.dailymotion.com/video/x6zpgpj

26:00〜 現代日本人の核DNA解析
当初予想された現代日本人の位置
縄文人≒岩手弥生人(本州弥生人)ーーーーーー長崎弥生人ーーー《現代日本人》ーーー福岡弥生人ーーー韓国人

しかし予想に反して現代日本人の位置はここだった!
縄文人≒岩手弥生人(本州弥生人)ーーーーーー長崎弥生人ーーーーー《現代日本人》≒福岡弥生人ーーー韓国人

現代日本人≒福岡弥生人=倭人
この倭人が北部九州地域から3世紀以後日本列島全体に拡散していったんだよ。

70日本@名無史さん2019/05/14(火) 09:41:40.32
>>69これが現時点で最も正確な記述

〜最新の核DNA調査におけるニッポン人とチョンコ(別名:朝鮮ヒトモドキ)の差異はこれだけある♪〜

2018年、木村資生記念進化学セミナー 第1回「Human Evoluion I」
https://kimuraseminar.files.wordpress.com/2017/08/20170804_humanevol1_saitoun.pdf
発表者である国立遺伝学研究所の斎藤成也教授はNHKの取材に対してハッキリと弥生系渡来人の定義を「中国大陸からやってきた」断言してる
https://i.imgur.com/UJZubVQ.jpg
https://i.imgur.com/2YKTJN4.jpg

弥生人とは縄文人の父系と大陸系の母系である
2019年、国立科学博物館の篠田謙一教授の人骨DNA分析によって、朝鮮ヒトモドキ要素はゼロと判明
https://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/20190303/movie/4040002195_20190303075459.html
朝鮮半島由来の渡来人は縄文人の出戻りと判明
https://i.imgur.com/3uWM5cK.jpg


従来のY遺伝子D系統におけるニッポン人と朝鮮ヒトモドキの差異
https://i.imgur.com/mLgiqTd.jpg
https://i.imgur.com/1Yl4qgn.jpg
https://i.imgur.com/fQ7qJ4s.jpg
Y遺伝子(父系)のD2はアイヌ88%、沖縄56%、日本本土42〜56%、チョン半島0%


従来のミトコンドリアDNAならびにY染色体DE、O2b1とO2b*によるニッポン人と朝鮮ヒトモドキの差異
https://i.imgur.com/YlzY3cM.jpg

チョンコはミトコンドリア(母系)においてニッポン人女性と牝ヒトモドキに差異はないとホルホルするが、アジア全体で大きな差はない
また有史以来、チョンコロ半島の国々は貢ぎ物として牝ヒトモドキを大量輸出していた実績があり、その伝統は近年の第五種補給品まで続いていた
なおM7aがニッポン人女性の特徴と言える


結論:ニッポン人にとってチョンコは距離的には近くても血統的には非常に遠い存在

71日本@名無史さん2019/05/15(水) 02:35:02.61
伊都クズ息してなくて草www

72日本@名無史さん2019/05/15(水) 11:36:32.18
邪馬台国からの使者、難升米や牛利は名前じゃなく九州の福岡にあった地名から取られたの突き止めた

73日本@名無史さん2019/05/15(水) 13:09:53.45
古代史まとめ

−倭国中枢(北部九州)…「魏志倭人伝」
邪馬台国VS狗奴国=曹魏vs孫呉の代理戦争勃発(孫呉は分家を狗奴国後背地・宮崎へ天「孫」降臨で後方支援)
→曹魏、帯方郡の張政を派遣→神武東征(敵前逃亡)狗奴国滅亡→邪馬台国勝利するも、台与で断絶→崇神の四道将軍に降伏、ヤマト王権の配下へ

−辺境地域(本州/出雲・吉備・大和)…「古事記&日本書紀」
出雲(朝鮮半島から青銅・鉄鋌の輸入販売)&吉備(瀬戸内海の塩・桃販売)の混血王・大物主が、東海と共に唐古鍵を挟み撃ちにして征服、ヤマト王権樹立(纏向型前方後円墳)
→饒速日(神武東征)→物部氏として臣下へ→崇神、四道将軍を派遣し、邪馬台国を併合、全国統一

74日本@名無史さん2019/05/15(水) 14:34:47.21
>>73
コピペうざすぎ

75日本@名無史さん2019/05/16(木) 08:26:23.21
前スレ消化してから使おうや

邪馬壹國は北部九州に在った(王都は伊都国)part15
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1539434516/

76おぽかたぱるこ2019/05/18(土) 11:23:24.85
5chのパカのみなさんへ

満州先生の新著が出ますので、お知らせします。

「馬韓も百済も満州にあった」


あらあらかしこ あらかしこ

77日本@名無史さん2019/05/18(土) 12:01:01.58
 ////////, ''"    ヽミ川川
 |//////, '"       ',川川
 川/////, '",,,,,,,,,,,,,,,,    r''"',川||
 川f 川f´           ,ィ::ラ',川  やだっ…チョン臭い …
 川ヘ  |    弋て::>     ̄  ',リ
  川 ヘ.__           ヽ /7!  
  川川 ヘ     _,. '-‐''"´y'  //
   川川リヘ , '´   __,,,/  / /
   川川川|/   '"´   , '´ /||
   川川川|           /川

78日本@名無史さん2019/05/18(土) 13:06:56.68
前スレ消化してから使おうや

邪馬壹國は北部九州に在った(王都は伊都国)part15
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1539434516/

79日本@名無史さん2019/06/03(月) 16:31:55.56
  _人人人人人人人人人人人人人人人_
  >   チョンコロがいるぞ殺せ!!  <
    ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
              倭人
           三 ( ´・ω)
          三 ー(‐∪─→
      三 / ̄ ̄ ̄ 》  ̄\
    三三 | ナウマン象U ・ |         死にたくないニダ!!!
     三 と|        ι| |         三┏<;`Д´ >┛
     三 /_∧∨ ̄ ̄/_∧U         三   ┛ ┓

80日本@名無史さん2019/06/04(火) 04:18:25.93
      ´   ヾ
      ゛ (⌒) ヽ
      ((、´゛))
       |||||
マスター、このスレの奴らにはトンスルは一切やらないで!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    / |   ∠|
(゜\./,_ ┴./゜ノ(   
 \ \iii'/ /,!||!ヽ
/V,,ニ..,ニ、、 ノ( \
 \ヽY~~/~y} `/~,/  ∧    ∧
   | ,k.,.,!,.,.,r| ,!  く  / `ー一′丶
   <ニニニ'ノ    \/   : : :: :: :::::ヽ 
.   ▼   >、/⌒ヽ   |    : : :: :: :::::::::l
─‐⊥‐ッ'-‐y' / i_ ヽ、  : : :: :: :::::::/
      `⌒ー′ | |::|  )゙  ..::::〃:ィ´
         \ | |::|  /" ''  : : ::⌒ヽ
     ____  \=::|. i       、 : ::::|____
     {'〜:;}    \ |      ..::| : :::|::::::|;;;|
     {_.:;}....     \      : :::| : :::|::::::|;;;|

81日本@名無史さん2019/06/04(火) 22:12:23.02
何の根拠もなく「存在が証明できないのだ。」とうめき

妄想フルスロットルで「〜だろう。」と断定したがる

識者らに追い詰められると「〜が妥当。」などとホラを吹いて逃げまどう

しばらくすると記憶喪失で再び同じ思い込みを延々とコピペする


それが キ ナ イ コ シ (主に邪馬台国・神代関連スレでの呼び名)

蔑称も多くあり、半島関連スレでは無能ヒトモドキと呼ばれ

高天原スレではカマチョン、海人族スレでは摂津チョンコ

最近では奥山と呼ばれることもしばしば

特徴としては思い込みが強く、他説を聞き入れる耳がなく

また聞き止める度量もない

そして追い詰められるとテキトーなホラを吹き、様々なスレを逃げ回る

そして突如として別キャラでネチネチと書き殴ることも少なくない

しばらくすると記憶喪失を発動させて懲りずに妄想を書きなぐるが、読解力に乏しく、

また思考に一貫性がないのでアルツハイマーの可能性が高い

82日本@名無史さん2019/06/13(木) 10:57:15.92

83日本@名無史さん2019/06/13(木) 11:23:17.72
>>82
で、何が言いたいのん?

84日本@名無史さん2019/06/13(木) 14:35:50.26
>>83
初めて見つけて嬉しくなっちゃったんじゃね?
しらんけど

85日本@名無史さん2019/06/15(土) 00:23:57.34
邪馬台国=バチカン市国
(元?倭国)=ローマ
女王国=ラツィオ州
伊都国=ソラーノ
狗奴国=カンパニア州
倭国=イタリア

86日本@名無史さん2019/07/08(月) 10:00:52.71
>>67
いや、可能性が否定された訳じゃないよ?
証拠不十分なだけ

そういうの沢山あるから、証拠不十分だからと全否定しちゃうと何も考察できなくなる
確定した事柄としちゃうのはダメだけどね

少なくとも口伝があるという事から、それが真実である可能性は否定できない

文物が残ってない時代の証拠がある物って、出土物しかないからね
それでさえ、年代は不確かな物だが

87日本@名無史さん2019/07/08(月) 15:51:55.45
>>66
>論破というか、どちらにしても証拠不十分だったということ。

証拠不十分は、否定されたわけではない。

88日本@名無史さん2019/07/14(日) 21:24:07.85
女王国=伊都国+奴国(糸島市南東部+福岡市周辺)
倭国≒邪馬壹國=對馬國+一大國+末廬國+伊都國+奴国+不彌國+旁國20か国(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本)
狗奴国=鹿児島+宮崎
投馬国=朝鮮半島南部
倭種=山口県
侏儒國=四国
裸國、黒齒國=関西

89おぽかたぱるこ2019/07/15(月) 09:35:43.08
満州先生のご本が絶賛発売中です。

「馬韓も百済も満州にあった」

邪馬台国論争を解く上でも必読本です。

90日本@名無史さん2019/08/16(金) 13:07:20.60
AGE

91日本@名無史さん2019/08/16(金) 17:11:54.79
宋史日本国伝
其《年代紀》所記云:
初主號天御中主。
次曰天村雲尊,其後皆以『尊』爲號。
次天八重雲尊,次天彌聞尊,次天忍勝尊,次瞻波尊,次萬魂尊,次利利魂尊,
次國狹槌尊,次角龔魂尊,次汲津丹尊,次面垂見尊,次國常立尊,次天鑒尊,次天萬尊,次沫名杵尊,
次伊奘諾尊,次素戔烏尊,次天照大神尊,次正哉吾勝速日天押穗耳尊,次天彥尊,次炎尊,次彥瀲尊,
凡二十三世,並都於築紫日向宮。
彥瀲第四子號神武天皇,自築紫宮入居大和州橿原宮,即位元年甲寅,當周僖王時也。

92日本@名無史さん2019/08/18(日) 04:28:35.21
  ク    ク   || プ  / ク   ク  || プ  //
  ス  ク ス _  | | │ //. ス ク ス _ | | │ //        ■■■■■■
  / ス   ─  | | ッ // /  ス   ─ | | ッ //       ..■;;       ■ 
  / _____  // /          //      .  iiii   ー'''' ''ー ii 
.  /   l⌒l l⌒l \  ))   ____           (6   \  /|
. / / ̄| ,=| |=、| ̄ヾ   / ____ヽ          〈___     | |  __〉   プヨ族は偉大ニダ
/ ̄/ ̄.  ー'●ー'  ̄l ̄ |  | /, −、, -、l  ))   ―-、ノ/ |   . ●● | <チュモンも偉大ニダ  
| ̄l ̄ ̄  __ |.    ̄l ̄.| _| -| ,=|=、 ||      | -⊂)/ _\__ Д _ノ__   高句麗、森羅、百済
|. ̄| ̄ ̄  `Y⌒l__ ̄ノ ̄ (6.   ー っ-´、}      |   |/  :::::: ≡ :::: (、  ヽ はウリナラの誇りニダ
ヽ  ヽ    人_(  ヾ    ヽ    `Y⌒l_ノ      ヽ  `\( .:::::: ≡ :::: |___| 高麗も李氏朝鮮も
  >〓〓〓〓〓〓-イ   /ヽ  人_(  ヽ      `− ´ ( .:::::: ≡ ::::.  |  | 素晴らしいニダ
/   /  Θ  ヽ|  /    ̄ ̄ ̄ ヽ-イ          ( :::::: ≡ ::::::  (t  )

93日本@名無史さん2019/08/25(日) 12:21:47.31
>>92
お上手

94日本@名無史さん2019/08/28(水) 12:12:04.01
  ク    ク   || プ  / ク   ク  || プ  //
  ス  ク ス _  | | │ //. ス ク ス _ | | │ //        ■■■■■■
  / ス   ─  | | ッ // /  ス   ─ | | ッ //       ..■;;       ■ 
  / _____  // /          //      .  iiii   ー'''' ''ー ii 
.  /   l⌒l l⌒l \  ))   ____           (6   \  /|
. / / ̄| ,=| |=、| ̄ヾ   / ____ヽ          〈___     | |  __〉   プヨ族は偉大ニダ
/ ̄/ ̄.  ー'●ー'  ̄l ̄ |  | /, −、, -、l  ))   ―-、ノ/ |   . ●● | <チュモンも偉大ニダ  
| ̄l ̄ ̄  __ |.    ̄l ̄.| _| -| ,=|=、 ||      | -⊂)/ _\__ Д _ノ__   高句麗、森羅、百済
|. ̄| ̄ ̄  `Y⌒l__ ̄ノ ̄ (6.   ー っ-´、}      |   |/  :::::: ≡ :::: (、  ヽ はウリナラの誇りニダ
ヽ  ヽ    人_(  ヾ    ヽ    `Y⌒l_ノ      ヽ  `\( .:::::: ≡ :::: |___| 高麗も李氏朝鮮も
  >〓〓〓〓〓〓-イ   /ヽ  人_(  ヽ      `− ´ ( .:::::: ≡ ::::.  |  | 素晴らしいニダ
/   /  Θ  ヽ|  /    ̄ ̄ ̄ ヽ-イ          ( :::::: ≡ ::::::  (t  )

95日本@名無史さん2019/09/09(月) 21:23:49.58
実物と曹操集訳注の対比だけで明らかだった金銀錯嵌珠龍文鉄鏡の裏付けが
中国側の実物で取れたわけですね。

確定なのはいいですが、
曹操鉄鏡があるから邪馬台国!
はやめてほしいものですね。
桃の種と同レベルになりますよ。

96日本@名無史さん2019/09/09(月) 21:27:27.71
魏志倭人伝に記録されていない、
ということは、
邪馬台国に関連したものではない、
ということです。

桃もそうですが、
金銀錯嵌珠龍文鉄鏡となれば、尚更のこと。

金銀錯嵌珠龍文鉄鏡などという、
中国大陸ですらごく限られた王族にしか認められない宝物なのですから、
それが魏志倭人伝に記載されていないのならば、
卑弥呼はもちろんのこと、
邪馬台国関連の人物には贈られなかった、ということです。

その上で、
魏志倭人伝の中で、金銀錯嵌珠龍文鉄鏡が贈られる可能性のある人物、
となると、
邪馬台国以外で記載された唯一の王、
卑弥弓呼しかいません。

97日本@名無史さん2019/09/09(月) 21:30:17.52
それでhs魏が二股をかけていたことになる。

98日本@名無史さん2019/09/09(月) 21:35:26.07
鉄器を全回収して放棄された平塚川添遺跡の存在が、
狗奴国とは筑後を拠点とした国だったことを示しています。

何度か検討しましたが、
直接戦闘ではなく、状況の悪化で
平塚川添遺跡を放棄するとすれば、
東西南北のうち、
東の大分側を押さえられた場合のみです。

邪馬台国水軍が筑紫日向を出立し、
関門海峡を突破して、
大分の沿岸部を攻め落としたからこそ、
まだ時間的余裕があるにも関わらず、
平塚川添遺跡を放棄したわけです。

99日本@名無史さん2019/09/09(月) 21:39:03.20
>>97
魏ではありませんね。

後漢末期の重臣、曹操は、
壱岐対馬ルートを確保して接触してきた
委奴国の流れをくむ狗奴国王を認めて、
金銀錯嵌珠龍文鉄鏡を贈った。

曹操が立ち上げた魏という国の、
第二皇帝曹叡は、
壱岐対馬ルートを確保して接触してきた
倭国王の陣営にある卑弥呼女王を認めて、
親魏倭国王金印を贈った。

100日本@名無史さん2019/09/09(月) 21:39:37.26
>倭国伝と日本国伝に分かれてるのは、国名変更のあったとされる700年前後をまたいで遣唐使が送られたからだ

違う!
国名変更のあったとされる700年前後をまたいで倭国(阿波)から奈良大和への遷都が行われたからだ。   @阿波

101日本@名無史さん2019/09/09(月) 21:40:15.87
むしろ高良山が卑弥呼の本来の拠点だったのでは?
それなら日田はその奥座敷になります。
邪馬台国の火の巫女と狗奴国の日御子は元々は肥国の同族だったのではないかと思います。

102日本@名無史さん2019/09/09(月) 21:41:04.34
>倭国伝と日本国伝に分かれてるのは、国名変更のあったとされる700年前後をまたいで遣唐使が送られたからだ

違う!
国名変更のあったとされる700年前後をまたいで倭国(阿波)から奈良大和への遷都が行われたからだ。   @阿波

103日本@名無史さん2019/09/09(月) 21:42:12.57
>>99
倭奴国は狗奴国になったと?
それでは邪馬台国が倭の極南界だった倭奴国(博多)をさらに南に追い立てたのか?

104日本@名無史さん2019/09/09(月) 21:48:26.40
>>101
平塚川添遺跡、高良山、などが狗奴国のまさに本拠地です。
祭祀拠点が旧三輪町ですね。
三輪山というのは、本来は三輪町の神社の目前にある御神体の山でしょう。

それが卑弥呼の拠点だったなどというのは、
歴史の勝者におもねって、
ご自分の本来の祖先を罵倒する行為になるかと。
(卑弥呼が勝者というわけでもないのですがね)

>>103
弥生銀座から追われて
委奴国が周囲に落ちのびたわけです。

105日本@名無史さん2019/09/09(月) 21:55:57.63
マスコミも治世があるのなら、
魏志倭人伝に書かれていないのだから、
金銀錯嵌珠龍文鉄鏡は邪馬台国に贈られたものではない、
という厳然たる結論を確定させた上で議論してほしいものです。

そこから自然に導かれるのが、
邪馬台国関係者以外で金銀錯嵌珠龍文鉄鏡が贈られる可能性があるのは、
魏志倭人伝の記載範囲内では、狗奴国王。
それ以外に王がいた可能性はあるが、
邪馬台国が北部九州であれば、南に狗奴国なのだから、
伊都国奴国の南、日田で金銀錯嵌珠龍文鉄鏡が見つかったのなら、
そこは狗奴国、
狗奴国王が貰った。

いくら王でも、遠い辺境の倭の王に、
後漢の曹操が金銀錯嵌珠龍文鉄鏡を渡すとなれば、
その信用保証として考えられるのは、
漢委奴国王金印の封泥以外にありえない。

ここまでは確定といって言いのでは?

106日本@名無史さん2019/09/09(月) 22:07:30.89
伊都を本拠とする邪馬台国(倭国やまと国)。

それ自体が山城の高祖宮(高千穂宮)が一度狗奴国に落とされれば、
奪還することは物理的に不可能でしょう。
ですから、伊都は落とされなかった。

筑後の狗奴国が壱岐対馬ルートを攻略するには、
吉野ヶ里から北上して、末盧國を落とす、
これしかありえません。

吉野ヶ里自体がどの陣営だったのかはまだ結論は出ません。
銅戈が出ているので、
倭国乱で
伊都国+豊国オオワダツミ(広型銅矛)vs饒速日オオヤマツミ(銅戈)
の戦いに参加して既に荒廃していた可能性もあります。

倭国乱の最中、もしくは直後に狗奴国が勃興し、
吉野ヶ里が狗奴国に参加した可能性もあります。

107日本@名無史さん2019/09/09(月) 22:10:50.81
>>105のように
金銀錯嵌珠龍文鉄鏡の価値が確定したことで、
狗奴国が後漢の曹操と連絡を取れたことが確定したわけです。

栄華を誇った末盧國は桜馬場遺跡を最後に考古学的に滅亡している。

そこから先が問題です。

吉野ヶ里から陸路で末盧國を落とした狗奴国軍が、
そこからどうやって壱岐対馬を落とせるのか?

108日本@名無史さん2019/09/09(月) 22:17:19.05
筑後から吉野ヶ里を経て、陸路で末盧國を落とした狗奴国軍が、
壱岐対馬を落とすための水軍。

これは長崎しかありません。

タケミナカタですね。

前スレで検討しましたが、
記紀にある通り、
大国主=委奴国王が、天神族にも山津見にも属さない兵を求めて、
越の沼河比売=八岐大蛇族の血を引く越女王を口説いて組織した水軍が、
タケミナカタ

委奴国王=大国主が失脚して、北部九州系の奴族が投降していく中で、
越系のタケミナカタは徹底抗戦した。

東西に追われ、
東のタケミナカタは本拠地の越後から諏訪に追われて、降伏。
銅戈が見つかっています。

西のタケミナカタは、吉野ヶ里の銅戈軍と戦っていたわけです。

109日本@名無史さん2019/09/09(月) 22:22:24.63
倭国乱=倭国内の倭国王族の内紛
を経て、
委奴国末裔が狗奴国を立ち上げた。

当然のことながら、
同じく委奴国末裔であるタケミナカタは呼応するわけです。

そう考えると、
伊都国末盧國(広型銅矛)と吉野ヶ里(銅戈)が
倭国乱で内乱をしているところに、
狗奴国王=三輪王が筑後から、タケミナカタが長崎から、
挟撃して吉野ヶ里を粉砕、
狗奴国王は陸路北上して末盧國を占領。

海路やってきたタケミナカタと合流して、
壱岐対馬を占領して、
狗奴国卑弥弓呼傘下の新支配官である卑狗を配置、
という流れでしょうか。

110日本@名無史さん2019/09/09(月) 22:41:04.38
金銀錯嵌珠龍文鉄鏡の価値が確定したことで、
ここまでが確定しますね。

では、我らが卑弥呼様の邪馬台国はどうするでしょうか?

111日本@名無史さん2019/09/09(月) 22:45:38.71
四隅突出型墳丘墓と、
大田南古墳群。

これが2世紀3世紀の日本海沿岸の全てを物語っています。

日本海沿岸は太平洋側と全く異なる平坦な海岸線が続きます。
水軍を係留する良湾は、若狭湾しかないわけですね。
現代の海上自衛隊の基地もそうです。

四隅突出型墳丘墓が富山まで伸びているにもかかわらず、
その若狭湾にあるのが、四隅突出型墳丘墓ではなく、
大田南古墳群。

この配置だけで、
四隅突出型墳丘墓は大田南古墳群の支配下にあったことが
確定するわけです。

112日本@名無史さん2019/09/09(月) 22:50:27.45
筑後の狗奴国と、長崎のタケミナカタに、
壱岐対馬ルートを奪われた倭国。

免田式土器の分布から、
肥後筑後〜日田街道〜大分〜瀬戸内海が狗奴国領だったこともわかります。

倭国が形勢逆転するための兵力がどこにあるか?

瀬戸内海が狗奴国領なのだから、
日本海沿岸しかない。

日本海沿岸で、倭国を救うことが出来るだけの軍港。
それは若狭湾しかないわけです。

大田南1号古墳の鉄剣将軍。

卑弥呼の平原1号と同じ、方形墓、船形棺ですね。

卑弥呼の父です。

113日本@名無史さん2019/09/09(月) 22:55:50.18
倭猿の話?
いい加減に頭の病院に行ったほうが良いぞ

114日本@名無史さん2019/09/09(月) 22:55:50.21
>>112
九州の遺跡って、ショボい遺跡なんだねぇwww   ありふれたお墓遺跡でがっかり。  @阿波

115日本@名無史さん2019/09/09(月) 22:58:09.94
狗奴国に呼応して、越後のタケミナカタも蜂起していますね。

2世紀3世紀の福井県石川県富山県新潟県に
高地性集落、山城が大量に建設されています。

卑弥呼の父親は、
倭国やまと国(卑弥呼邪馬台国)を援護するため、
伊都を目指して西へ進軍します。

若狭湾の留守番舞台と、
越後タケミナカタが、
小競り合いをしていたわけですね。

116日本@名無史さん2019/09/09(月) 22:59:29.49
軍港、自衛隊が何やら〜とか言っているけど、
お前の名前は?

117日本@名無史さん2019/09/09(月) 23:01:26.47
お前の名前は?と聞いているんだよ

118日本@名無史さん2019/09/09(月) 23:02:43.40
@阿波

119日本@名無史さん2019/09/09(月) 23:02:44.54
ookuninusi

120日本@名無史さん2019/09/09(月) 23:04:50.27
丹後若狭湾の大田南古墳群の配下にあった、
四隅突出型墳丘墓が、富山まで。

四隅突出型墳丘墓と、越後との間に、
高地性集落や山城が密集。

ここまでが卑弥呼時代。

卑弥呼時代の直後に、
琵琶湖北部に稲部遺跡鉄工所が出現して、
越後に高地性集落が乱立して木材伐採炭献上。

男王が発した将軍が、
孤立した越後タケミナカタを制圧して、
卑弥呼親族の若狭湾に近い
稲部遺跡に鉄工所を建設したわけです。

121日本@名無史さん2019/09/09(月) 23:05:47.31
お前の名前を知ったところで、
そんな人物は知らないね〜、聞いたこともない、
どこから湧いてきたんだ(馬の骨)

となるだけなんだけど

122日本@名無史さん2019/09/09(月) 23:09:28.13
お前の名前は?

日本の貴族とか公家?大名、武将?
商人、企業などの経営者、創業者?

123日本@名無史さん2019/09/09(月) 23:12:28.55
大己貴神(おおなむち)

おおは尊称。
むちは貴称。

奴国の奴族。
那珂川。
那珂遺跡。

葦原那珂津国の奴族の貴族。

奴佳鞮
那珂富なるぞ。

124日本@名無史さん2019/09/09(月) 23:16:24.78
有名人(世界的)になる方法、
・・・人殺しをすれば良いんだよ

みたいな事を言っている人がいたでしょ


日本の話

125日本@名無史さん2019/09/09(月) 23:19:25.34
順風満帆に見える北部九州説、
伊都平原遺跡の女王墓が卑弥呼の墓、
が全ての土台なわけですが、

その根幹を決める
決定的な考古学的問題点があります。

林・藤島遺跡です。

126日本@名無史さん2019/09/09(月) 23:19:56.67
>>110
>金銀錯嵌珠龍文鉄鏡の価値が確定したことで、
>ここまでが確定しますね。

鉄鏡の価値は認めるが、その他の部分に仮定が多すぎて、確定はできない。
それではキナイコシと同じになってしまう。

127日本@名無史さん2019/09/09(月) 23:21:04.98
まだ続くのかよ。

128日本@名無史さん2019/09/09(月) 23:24:41.18
北部九州の弥生王墓には翡翠勾玉があります。

紀元前に越を征服して、
丹後扇谷遺跡を建設した。

翡翠勾玉というのは、単なる装飾品ではなく、
日本海沿岸を越まで支配している象徴、
アマテラス天神族の象徴なわけですね。

その翡翠勾玉が、
平原遺跡1号の前後の時代には当たり前のように副葬されているのに、
よりによって卑弥呼の墓である
平原1号「女王墓」に副葬されていない。

越後タケミナカタが狗奴国側だったから、
翡翠が入手できなかったわけです。

129日本@名無史さん2019/09/09(月) 23:27:20.92
林・藤島遺跡の年代は200年頃とされています。

鉄工具が大量に出土していますから、
間違いなく邪馬台国側の遺跡ですね。

その林・藤島遺跡で、
200年頃から翡翠製品が作られていたなら、
それが副葬されていない平原1号は、
100%卑弥呼の墓ではない。

130日本@名無史さん2019/09/09(月) 23:32:07.70
林・藤島遺跡を詳しく調べる必要があります。

林・藤島遺跡全体のアバウトな存在年代は問題ではありません。
林・藤島遺跡の「翡翠工房の稼働年代」が、邪馬台国論争の決定打につながります。

林・藤島遺跡の翡翠工房が、
200年頃から稼働しているのなら、
平原1号は卑弥呼の墓候補から脱落。

林・藤島遺跡の翡翠工房が、
3紀中旬から稼働しているのなら、
平原1号は卑弥呼の墓候補であり続ける。

131日本@名無史さん2019/09/09(月) 23:42:36.62
最初から脱落してるから

132日本@名無史さん2019/09/10(火) 00:00:05.09
>>130
3紀中旬てなんやねん

133日本@名無史さん2019/09/10(火) 00:06:57.78
一国の女王が石ごときを入手できないわけがない
駅前のルミネで売ってるだろうが

134日本@名無史さん2019/09/10(火) 01:52:26.88
筑紫の倭王が越まで支配して翡翠を手に入れていたというのはいい。
しかし平原遺跡の卑弥呼が筑紫の出ではなく、肥国から臨時に擁立された女王であったならどうだろう。
筑紫における戦闘は回避または終結させることができたとしても、越はおろか、九州内の狗奴国や投馬国さえも支配下にはできなかったのではないか。
卑弥呼自身も、古い文化の象徴である翡翠よりも、中華文明からもたらされるガラスの方を好んだのかもしれない。

135日本@名無史さん2019/09/10(火) 12:32:18.77
後々の中華正史を見てくと卑弥呼=神功でどうしようもないと思うよ。ただ神功はうろうろしてるんで都ははっきりしない。香椎宮でも穴門でもいいし、また神功は半島征伐の軍船を宇佐で作らせてるしな、どんな説でも結局ちょうねん王年代紀を説明しなきゃならないよ。

136日本@名無史さん2019/09/10(火) 12:53:17.67
>>135
神功皇后の実年代は卑弥呼の120年後くらいだ。

137日本@名無史さん2019/09/10(火) 15:29:04.19
記紀の年代が120年後なだけでしょ、では前の女王になりそうな姫当てはめて考えて見てわ?。繋がればそれでいいし。

138日本@名無史さん2019/09/10(火) 15:47:20.21
卑弥呼に似た姫なんて、アマテラスくらいしか思いつかない。
まあ、あれは、本当は男だという説もあるからよくわからないけど。

アマテラスのモデルが卑弥呼なら、アマテラスが作らせた鏡が八咫の鏡だし、アマテラスは孫を王として筑紫に降臨させているんだけど。

139日本@名無史さん2019/09/10(火) 17:00:05.05
卑弥呼とヤマトは別物。
もし関係があるならちゃんと書紀に書いているはず。
女王国が魏に使いを送ったレベルのことしか書いていないのは無関係だから。

140日本@名無史さん2019/09/12(木) 23:11:18.53
もう既に何度も出ている話ですが、
「曹操集訳注」には、
>御物有尺二寸金銀鉄鏡一枚、皇后雑物用純銀錯七寸鉄鏡四枚、皇太子雑純銀錯七寸鉄鏡四枚、貴人至公主九寸鉄鏡四十枚
とあります。

曹操は自らは皇帝にはならないと公言して、
魏王として魏を建国しただけです。
曹操は亡くなった時、魏王止まりだったわけですね。

魏の初代皇帝は、曹操の息子の曹丕(文帝)であり、
卑弥呼金印の、曹叡(明帝)が二代目皇帝です。

141日本@名無史さん2019/09/12(木) 23:11:46.71
曹操の墓から出てきた鉄鏡も、
日田のダンワラ古墳出土の鉄鏡も、
直径21cmの金銀錯嵌珠龍文鉄鏡ですから、
「曹操集訳注」には書かれていない規格ですね。

漢の1尺=23.5センチで計算すると、
皇帝なら、金銀錯嵌で直径28センチの鉄鏡。
皇后や皇太子で、銀錯になって16.5センチの鉄鏡。
貴人至公主で、ただの鉄鏡、直径21センチです。

ということは、曹操は魏王止まりだったのですから、
金銀錯嵌で直径21センチの鉄鏡は、皇帝未満の王、が所有するものだったことになります。

142日本@名無史さん2019/09/12(木) 23:12:41.55
では、倭国側で、皇帝未満の王として曹操に認められる者は誰かとなると、
漢委奴国王金印の所有者が自然に筆頭候補に挙がりますね。

魏志倭人伝に鉄鏡が出てきませんので、
邪馬台国に与えられたものではない。

魏志倭人伝には、なぜか漢委奴国王金印のことが書かれず、
「漢時有朝見者」と曖昧な表現にとどまっている。

直前の後漢が認めた金印王なのですから、
漢委奴国王の系譜だとか、逆に漢委奴国王金印は滅ぼされたとか、
歴史書ならば何らかのコメントがあってしかるべきですよね。

となると、漢委奴国王金印を狗奴国王が使った。
後継者なのか、奪ったのかはわかりませんが。
漢委奴国王金印を使って朝貢してきた王なので、
金銀錯嵌で直径21センチの鉄鏡、を与えた。

と考えれば、
漢委奴国王金印も金銀錯嵌鉄鏡もまとめて
「漢時有朝見者」で誤魔化した説明がつきます。

143日本@名無史さん2019/09/12(木) 23:18:03.92
今回曹操の墓から直径21センチの金銀錯嵌鉄鏡が出てきたことで、
直径21センチの金銀錯嵌鉄鏡は、皇帝ではなく王の持つ物とわかった。

邪馬台国関係者ではない者が
ダンワラ古墳の金銀錯嵌珠龍文鉄鏡を貰ったことがわかった。

伊都奴国が邪馬台国側の領土なので、
その南の日田が狗奴国だった可能性が高くなった。

よって、魏志倭人伝の行程記事は、
里程→日程→里程(朱儒國)などという意味不明な直列行程ではなく、
里程→里程、と日程、の並列行程であり、
邪馬台国は伊都を首都とする筑前国家であり、
狗奴国は筑後に首都があった国だが、卑弥呼の時代には筑後を奪われて
肥後に押し込められていたのだろう、
ということになります。

144日本@名無史さん2019/09/12(木) 23:22:33.10
他説がこれを否定するには、
ダンワラ古墳の鉄鏡が、曹操時代ではなく、
後世に日本へ持ち込まれた、と主張するしかないでしょうね。

盗掘その他で世に出た鉄鏡が、
交易ルートを介して九州へ渡り、
ダンワラ古墳の被葬者がそれを入手した。

まあ、何百枚もある鏡なら、異国の骨董市に出ることもあるでしょうが、
世に数枚の宝鏡で、しかも5世紀までの未開の交易ルートでの話となると、
確率はとてつもなく低くなりますが。

145日本@名無史さん2019/09/12(木) 23:41:44.89
妄想

146日本@名無史さん2019/09/12(木) 23:43:02.52
面白い推論だが、一つだけ言わせて欲しい。

>>143
>伊都奴国が邪馬台国側の領土なので、
>その南の日田が狗奴国だった可能性が高くなった。

日田を含む福岡県、大分県、佐賀県までが邪馬台国でも良いのではないか?
菊池以南の熊本県が狗奴国で十分だ。
魏に朝貢するのに、狗奴国が福岡の邪馬台国を迂回したというのはやや苦しい。

147日本@名無史さん2019/09/12(木) 23:51:54.45
>>146
それだと邪馬台国が圧倒的すぎて瞬殺されます。

壱岐対馬ルートからの鉄入手だけで圧倒的。
さらに伊都国奴国だけで圧倒的。
最初は伊都国奴国以外の福岡の大部分が狗奴国ぐらいでないと、
勝負にもなりません。

狗奴国が弱すぎると、魏志倭人伝の記載とそぐわなくなりますよね。

卑弥呼の時代に、邪馬台国がようやく優勢になって、
狗奴国を熊本へ押し込めたのでしょう。

148日本@名無史さん2019/09/13(金) 00:00:58.50
>>146
ああ、もともとは全部倭国ですよ。
その後も、全部倭国ですよ。

邪馬台国(=卑弥呼時代の倭国やまと国)と狗奴国が戦っていた間だけ、
の話です。

壱岐対馬ルート〜末蘆〜伊都奴国が強すぎるので、
狗奴国は福岡県、要するに甕棺墓領域をある程度含まないと
とても対抗できないわけです。


倭人伝に鉄鏡が無い=鉄鏡は邪馬台国のじゃない
邪馬台国以外に鉄鏡を貰った国王がいた=狗奴国王が第一候補
伊都国奴国は確実に邪馬台国側=じゃあ南の日田は狗奴国領だった時期がある

149日本@名無史さん2019/09/13(金) 00:31:17.55
日田は筑紫平野の端っこ(福岡県)みたいなものやろ

150日本@名無史さん2019/09/13(金) 00:47:12.20
熊本は自給自足できて鉄器も豊富だから、そんな心配は無用でしょう。
国境を歪める理由として不十分だと思います。
あとは、傍国の次の部分

19番 支惟国は基肄城趾(佐賀県三養基郡基山町)
20番 烏奴国は大野城趾(福岡県大野城市)

これだと日田は邪馬台国側でしょう。
狗奴国側の前線が菊池城なら、古代三城が揃いますよ。

151日本@名無史さん2019/09/13(金) 06:31:43.11
>>150
碌な集落遺跡や資源の無い熊本に、狗奴国など在る訳がない。  以上御終い。   @阿波

152日本@名無史さん2019/09/13(金) 06:34:48.57
鉄器が自給自足できていない>熊本 継戦能力なし

153日本@名無史さん2019/09/13(金) 06:52:50.70
狗奴国の鉄輸入は、呉・越ルートだろうな

154日本@名無史さん2019/09/13(金) 07:20:29.27
古代で鉄はそれほど戦争のアドバンテージにはならんよ
実際鉄を独占していたヒッタイトはどこぞの蛮族に滅ぼされたし
古代の戦争は弓矢と投石で決まる

155日本@名無史さん2019/09/13(金) 07:30:34.64
「倭国(阿波)は鉄器王国」

倭国(阿波)では遺跡発掘が少ないにも関わらず、阿波一国だけで現在、阿波各地7か所の弥生時代鉄鍛冶炉遺構がある。  

「拝原東遺跡」・「光勝院寺内遺跡」・「矢野遺跡」・「名東遺跡」・「庄・蔵元遺跡」・「加茂宮ノ前遺跡」・「芝遺跡」   @阿波

156日本@名無史さん2019/09/14(土) 01:30:59.96
>>155
でも泡チョンコの主張だとアカゲザルとクロキジが生息しない日本は倭国ですらなくなっちゃうじゃん(爆笑)

157日本@名無史さん2019/09/19(木) 10:03:30.80
「倭国(阿波)は鉄器王国」

倭国(阿波)では遺跡発掘が少ないにも関わらず、阿波一国だけで現在、阿波各地7か所の弥生時代鉄鍛冶炉遺構がある。  

「拝原東遺跡」・「光勝院寺内遺跡」・「矢野遺跡」・「名東遺跡」・「庄・蔵元遺跡」・「加茂宮ノ前遺跡」・「芝遺跡」   @阿波

158日本@名無史さん2019/09/19(木) 10:16:44.90
ヘイトスピーチは何も生まないぞ。

159日本@名無史さん2019/09/20(金) 00:01:05.52
>>157
でも泡チョンコの主張だとアカゲザルとクロキジが生息しない日本列島は倭国ですらなくなっちゃうじゃん(爆笑)

160日本@名無史さん2019/09/20(金) 06:34:44.41
九州説の致命的な欠陥はいろいろあるが、

分かりやすいのが、斉明天皇(第37代)はおろか、明治天皇以前には、一人も九州行幸が無いこと。

九州に倭王権があれば、有り得ない話である。  @阿波

161日本@名無史さん2019/09/21(土) 13:05:27.20
朝廷の祭祀には玉が祭料,幣帛として使われた。 忌部は,大和朝廷が祭祀に必要としたその玉類の生産,調達にかかわっていたとの指摘がある。

忌部の祖神である「天太玉命」に玉の文字が含まれていることも偶然ではないはずだ。

「日本書紀」(神代下第九段)に忌部に関する記述があり「…櫛明(くしあかる)玉神を作玉者とす…」とある。

「古語拾遺」にも似た記述があり,忌部氏はいろいろな神を率いて幣帛・祭具の生産に従事した。

櫛明玉神は出雲国の玉作の祖という。

さて,島根県で玉作といえば,出雲玉作遺跡がある玉湯町,松江市忌部だ。 つまり旧意宇郡忌部郷を中心とする地域だった。

「延喜式祇式」臨時祭条に「…毎年十月以前令意宇郡神戸玉作氏造備…」とある。

これを「出雲風土記」と照らすと,毎年十月に玉を調達した玉作氏の住む意宇郡神戸が,「和名抄」に出てくる「忌部神戸」であることが明らかになる。

つまり出雲の玉作りは忌部が行っていたわけだ。

もちろん,忌部の祖神を祀る天太玉命神社がある奈良県橿原市の近くにも玉作遺跡である曽我遺跡がある。 大和朝廷の官立の玉作工房だったようだ。

徳島の玉作遺跡は,徳島市国府町矢野の「矢野遺跡」と三好市三加茂町の「稲持遺跡」がある。 両遺跡とも緑灰色の蛇紋岩を使用し,勾玉の製作をしていた。

矢野では気延山や眉山から石を運んできたようだ。 時代は矢野が若干古く弥生時代後期後半とみられる。

矢野遺跡周辺は,いうまでもなく古代阿波が最も栄えていた土地である。  @阿波

162日本@名無史さん2019/09/22(日) 01:54:13.10
>>161
でも泡チョンコの主張だとアカゲザルとクロキジが生息しない日本列島は倭国ですらなくなっちゃうじゃん(爆笑)

163日本@名無史さん2019/09/22(日) 11:23:38.88
九州には、自慢できる温泉が腐るほどあるのに、

なんで九州に在る温泉への天皇行幸が、近年まで無かったのだろうか?

なんで九州の風土記に天皇の行幸記事がないのだろうか?

あとは、推して知るべし。   @阿波

164日本@名無史さん2019/09/22(日) 21:27:41.06
日田の金銀錯嵌珠龍文鉄鏡が曹操のものと同一であることがわかったことで、
狗奴国王が漢委奴国王金印を所持していたことになります。

金銀錯嵌珠龍文鉄鏡が魏志倭人伝に記載されていないから、
邪馬台国関係者に渡されたものではない。

金銀錯嵌珠龍文鉄鏡は狗奴国王に渡された。

狗奴国王が金銀錯嵌珠龍文鉄鏡をもらうためには、
@壱岐対馬ルートを制圧する
A漢委奴国王金印
の2つが絶対条件となりますね。

そもそも朝貢できないと話にならないので、@が必要。
南の狗奴国が魏王曹操と同格の金銀錯嵌珠龍文鉄鏡を入手するには、
A漢委奴国王金印の信任しかありえない。

165日本@名無史さん2019/09/22(日) 21:29:03.35
さらに加わる条件が、
B漢委奴国王金印が有効であった。

いくら漢委奴国王金印を使っても、
57年金印が過去の遺物になっていたら意味が無いわけです。

ということは、
107年倭国王師升の訪漢は、漢委奴国王金印を無効化できていなかったわけです。

中国側の史書に「倭国王」と明記されているのですから、
師升が漢委奴国王金印を持って行って、
生口160人を贈ることで倭地の支配者となったことを述べれば、
その時点で、漢倭国王金印が新たに授与されるか、
少なくとも委奴国は滅亡したものとして、漢委奴国王金印は失効するはずです。
だから師升は漢委奴国王金印を持っていなかった。

狗奴国王が金銀錯嵌珠龍文鉄鏡を入手した。

狗奴国王は壱岐対馬ルートを制圧して
狗奴国王は漢委奴国王金印を使用して、
漢委奴国王金印はまだ有効であった。

では、漢委奴国王金印はどうやって倭国側に奪われずにいたのでしょうか?

166日本@名無史さん2019/09/22(日) 21:30:15.03
過去スレで検討しましたが、
神代=北部九州倭国(やまと国)時代においては、出雲などの場所が現代と異なり、
西から順に、

笠沙の岬=柏崎遺跡(唐津)
筑紫の日向=糸島平野(魏代伊都三雲)
高天原=早良平野(漢代伊都吉武)
 天安河=室見川
葦原那珂津国=福岡平野(弥生銀座)

出雲国=宗像市〜遠賀川
 稲場=鐘崎
 比婆山=山鹿貝塚周囲の砂丘
伯伎国=遠賀川〜北九州市

となります。

そうなると、越(高志)とは、
関門海峡を越えた先の、本州日本海沿岸を広く指す地名だったわけですね。

167日本@名無史さん2019/09/22(日) 21:30:51.76
伊都や奴国のように、栄えた中心地からは様々な貴重な遺物が出土するわけですが、
少し離れた衛星地域の出土状況もまた重要なわけです。
ノイズが少ないわけですね。

徳島に銅剣しかなくて、銅矛と銅戈が出土しないのもそうですね。
銅剣女王国(八上姫)が瀬戸内海を淡路島まで統一していたから、
奴国銅矛将軍が銅剣女王国に勝利すると、徳島は自動的に銅矛支配下に入った。
奴国銅矛将軍が失脚すると、徳島は今度も自動的に銅戈支配下に入り、
銅戈は徳島を飛び越えて大阪湾上陸作戦へと移ったわけです。

同じように、
壱岐〜唐津〜伊都奴国は甕棺墓を始めとする各時代の王墓が沢山あるわけですが、
対馬にはほぼ箱式石棺しかありません。
ということは、縄文時代末〜弥生時代早期においては、
箱式石棺の勢力が北部九州から日本海沿岸を占めていた可能性が高く、
これが、イザナミ、八雷神(豊国)、八岐大蛇(越国)、などの女系で、
翡翠加工品、そして後には貝輪を作って利益を上げていた。

八岐大蛇一族は、弥生のジュエリーブランドだったわけです。

168日本@名無史さん2019/09/22(日) 21:36:52.08
>>167
九州には、自慢できる温泉が腐るほどあるのに、

なんで九州に在る温泉への天皇行幸が、近年まで無かったのだろうか?

なんで九州の風土記に天皇の行幸記事がないのだろうか?

あとは、推して知るべし。   @阿波

169日本@名無史さん2019/09/22(日) 21:40:26.27
北部九州伊都説の主張はわかりやすくて、
三雲南小路1号2号=ニニギ+コノハナサクヤ
平原1号2号=卑弥呼+殉葬家臣
なわけですね。

葦原那珂津国=奴国を支配していた委奴国王が金印を入手して大王を狙ったが、
乱開発からの大洪水土石流、疫病の蔓延によって失脚した。
実権を奪い返した倭国王権は、
大混乱の福岡市から、高祖山日向峠を越えて糸島市へ遷都したという理屈ですね。

この流れの中で、貝輪について考えてみると、
直前の立岩遺跡には貝輪が大量に副葬されているのに、
三雲南小路から平原まではパッタリと貝輪が途絶えます。
つまり、委奴国王の失脚と共に、貝輪は作られなくなった。

次々と降伏していく奴国王勢力の中にあって、
唯一徹底抗戦を選んだのが、タケミナカタ。
八岐大蛇一族の女王を口説いて、委奴国王が男系の血を入れた一族です。

170日本@名無史さん2019/09/22(日) 21:43:24.33
狗奴国王が金銀錯嵌珠龍文鉄鏡を入手した。

狗奴国王は壱岐対馬ルートを制圧して
狗奴国王は漢委奴国王金印を使用して、
漢委奴国王金印はまだ有効であった。

唯一徹底抗戦したタケミナカタが、漢委奴国王金印を持って逃走した。

171日本@名無史さん2019/09/22(日) 21:43:25.86
>>169
九州には、自慢できる温泉が腐るほどあるのに、

なんで九州に在る温泉への天皇行幸が、近年まで無かったのだろうか?

なんで九州の風土記に天皇の行幸記事がないのだろうか?

あとは、推して知るべし。   @阿波

172日本@名無史さん2019/09/22(日) 21:49:22.87
事代主は、八重八重が繰り返されて、
八尋ワニの姿になるわけですから、
神屋楯比売命は天神族と豊国岡田宮のワニ族との間の姫で、
ワニ族ですね。
だから降伏すれば、身分保障されたわけです。

豊国イザナミの八雷神部族→8山津見のうち、
八上姫率いる5〜6部族は銅矛銅剣戦争で敗北してオオヤマツミに。
ワニ族を主とする2〜3部族が豊国支配者オオワダツミに。

事代主は上手く立ち回れば豊国王。
あるいは、豊国が女王国を続けていたなら、豊国女王預かりの身。
になったわけです。

173日本@名無史さん2019/09/22(日) 21:52:16.33
委奴国王や事代主は、降伏時に漢委奴国王金印のありかを聞かれたわけです。

「知らない」と答えたら間違いなく士ぬまで拷問ですね。
しかし少なくとも事代主は生き残っている。

ということは、「逃げたタケミナカタが持っています」と下呂ったわけです。

委奴国王はタケミナカタに王位を継がせようと思っていたわけですね。

174日本@名無史さん2019/09/22(日) 21:56:07.77
>>167
九州には、自慢できる温泉が腐るほどあるのに、

なんで九州に在る温泉への天皇行幸が、近年まで無かったのだろうか?

なんで九州の風土記に天皇の行幸記事がないのだろうか?

あとは、推して知るべし。   @阿波

175日本@名無史さん2019/09/22(日) 21:56:36.85
降伏します。
金印はタケミナカタが持って行きました。
だから、殺されずにすんだわけです。

タケミナカタは、越後〜諏訪〜関東へと逃げていますね。
貝輪が足跡のように残っていますから、我々には丸わかりです。

あと、一部は北海道にも逃げています。
当時の現地の人たちは驚いたことでしょう。

銅戈は、オオヤマツミの瀬戸内領土の資源ではなく、
新たな木材炭供給地を求めて、大阪湾を攻略します。

それと並行して、漢委奴国王金印を血眼になって探索したわけです。
越後から諏訪へ。
諏訪に九州型銅戈(出陣式用)がありますから、
諏訪で新たに出陣式をして、関東へも攻め込んだ可能性が高いです。

176日本@名無史さん2019/09/22(日) 21:59:40.47
>>167
九州には、自慢できる温泉が腐るほどあるのに、

なんで九州に在る温泉への天皇行幸が、近年まで無かったのだろうか?

なんで九州の風土記に天皇の行幸記事がないのだろうか?

あとは、推して知るべし。   @阿波

177日本@名無史さん2019/09/22(日) 22:16:16.40
山口県の土井ヶ浜遺跡。
関門海峡を越えた越の地ですね。

300体ほどの遺骨が出土した砂丘墓地。
女性シャーマンは八岐大蛇一族の女性地方指導者でしょう。
最初期の日本海沿岸覇者の末裔らしく、翡翠があります。

それ以外のぜいたく品、例えば鉄器や青銅器が無いのに、
各人それぞれオーダーメイドの貝輪を装着していることから、
貝輪だけ潤沢、つまり土井ヶ浜遺跡で貝輪を製作していたわけですね。
いくつかあったであろうタケミナカタ貝輪製作地の一つだったわけです。

178日本@名無史さん2019/09/22(日) 22:16:31.10
一世紀半ば過ぎ。
土井ヶ浜遺跡の人々の元に、不吉な知らせが届きます。

西の奴国で大災害が発生し、委奴国王は出雲国へ避難。
そこで捕縛された。
委奴国王の一族は次々と投降している。

満足な情報も入らないままに、
出雲で敗北したタケミナカタ本軍が敗走してきます。

タケミナカタは、土井ヶ浜遺跡の人々に、
「一刻の猶予もない。
 すぐに村人を全員集めて、我々と一緒に東へ落ちのびるんだ。」
と説得したことでしょう。

が、大半の人々は、他の委奴国王系一族と同様に、
住み慣れた土井ヶ浜遺跡に残って、降伏することを選んだ。

179日本@名無史さん2019/09/22(日) 22:17:13.75
タケミナカタ水軍は慌ただしく東へ去り、
それを追うように怒り狂った倭国軍がやってきます。

一族の長であるシャーマンが応対します。
降伏するのでどうか命だけは助けてくれと。
貝輪を大量に提供しますから。

しかし倭国軍は長を捕らえ、縛りつけます。
矢をつがえて、
「金印のありかを吐け。」
と尋問してきたわけです。

本当に何もしらない長は、「知りません」と正直に叫ぶが、
一本ずつ矢が撃ちこまれます。
「何のことか本当にわからない。許してください。」と叫ぶ長に
次々と矢が撃ちこまれてゆき、品詞となって、
本当に何も知らなさそうとわかって、止めに鉄鏃の矢が撃ちこまれたわけですね。

180日本@名無史さん2019/09/22(日) 22:17:55.68
長の誤算は、タケミナカタが金印を持って逃げたことです。
倭国としては、漢委奴国王金印を奪い返すことが国家としての至上命題。
実際に百数十年後に狗奴国勃興して金銀錯嵌珠龍文鉄鏡の入手へと繋がるわけですから。

だから同じ委奴国王一族でもタケミナカタの集落だけは徹底捜索を受けた。

24体もの墓が掘り起こされ、これも徹底的に調べたわけでしょう。
なんとか逃げのびた村人が、後に戻ってきて、
頭部だけでも集めて再葬したわけです。

181日本@名無史さん2019/09/22(日) 22:30:50.81
タケミナカタ本人は、東へ逃げたわけですが、
西にもタケミナカタの一族がいたわけです。

考えてみれば当たり前で、金印奴国を挟んで、
タケミナカタ本人は、東の出雲で敗れて東へ逃げた。
そちらには倭国水軍ならびに銅矛銅剣戦争の恨みに怒るタケミカヅチがいます。

となれば、金印は逆に西へと持ち去られたわけですね。

平戸や五島列島などにも貝輪集積遺跡があり、その辺りを拠点に抵抗を続けたわけです。

タケミナカタ本人が東へ逃げたので、銅戈追跡隊も東に本腰を入れた。
もちろん銅戈は西にも攻めており、伊万里から出土しています。

東の越後諏訪はだだっ広い陸上戦となるので、
本格的に攻め込まれると、掃討されやすい。

しかし西の長崎は、島だらけなので、あちこち逃げ回られると追いきれないし、
兵站も維持しにくい。
タケミナカタは佐世保あたりの山上に斥候を置いて、銅戈水軍が攻めてくると狼煙を焚き、
倭国軍が小中規模なら迎撃、
大規模侵攻なら九十九島や島原へと退避したのでしょう。

吉野ヶ里遺跡は当時は海辺の要塞。
筑紫〜熊本木材鉄工所の物流ラインを、
長崎タケミナカタの襲撃から防衛するためのものでしょう。

182日本@名無史さん2019/09/22(日) 22:35:49.43
吉野ヶ里の妙な環濠は、タケミナカタを捕まえるためですね。

外から攻めるタケミナカタから見ると、登りやすい土壁。
登って攻め込むと、外から見えない内側に銅戈兵が待ち構えていて、
鉄戈で引っかけて、内側の堀へ引きずり落とし、
さすまたで押さえつけて捕縛したわけです。

生け捕りにして、金印の在りかや、拠点の位置情報を吐かせたのでしょう。

諏訪ではタケミナカタ本体が降伏しましたし、
いずれも金印が長崎に隠されている情報はバレたでしょうが、
その頃に、「倭国乱」が発生し、
上のスレ群へとつながっていったわけですね。

曹操墓のおかげでここまでがわかりましたね。

183日本@名無史さん2019/09/23(月) 08:34:42.20
曹操の子孫が伝世品として持ち込んだ可能性は?

184日本@名無史さん2019/09/23(月) 08:36:27.06
無い!   @阿波

185日本@名無史さん2019/09/23(月) 13:36:35.54
>>183
あるでしょう。

186日本@名無史さん2019/09/23(月) 13:47:43.22
50%ある。

187日本@名無史さん2019/09/23(月) 13:51:05.37
鉄鏡も倭製だったりして

188日本@名無史さん2019/09/23(月) 15:24:35.68
製法、意匠を理解している人間がいないと無理。

189日本@名無史さん2019/09/23(月) 18:41:16.38
>>184
でも泡チョンコの主張だとアカゲザルとクロキジが生息しない日本列島は倭国ですらなくなっちゃうじゃん(爆笑)

190日本@名無史さん2019/10/03(木) 16:51:42.18
全国各地に、今もって忌部の地名を残しているのは「忌部(物部)一族」 だけ。   @阿波

191日本@名無史さん2019/10/03(木) 21:08:23.14
>>190
阿波忌部(自称であって同族ではない)笑

192日本@名無史さん2019/10/03(木) 23:30:46.67
それはどういう根拠で?

193日本@名無史さん2019/10/04(金) 10:29:08.33
阿波忌部は委託を受けた代行業者
一時期ネットで問題になってた大阪ガスサービスショップみたいなもん

194日本@名無史さん2019/10/04(金) 10:44:44.96
それの根拠は?

195日本@名無史さん2019/10/05(土) 01:45:36.54
日本書紀

196日本@名無史さん2019/10/05(土) 06:37:37.15
↑根拠を示せていないよ!   @阿波

197日本@名無史さん2019/10/05(土) 10:17:37.13
>>196
悔しがりすぎwww

198日本@名無史さん2019/10/05(土) 11:09:18.17
↑根拠を示せていないよ!   @阿波

199日本@名無史さん2019/10/05(土) 15:19:36.41
阿波忌部は委託を受けた代行業者
一時期ネットで問題になってた大阪ガスサービスショップみたいなもん

200日本@名無史さん2019/10/05(土) 18:17:24.65
根拠を示せていないよ!   @阿波

201日本@名無史さん2019/10/06(日) 00:22:50.84
アカゲザルとクロキジが生息しない日本列島は倭国ですらなくなっちゃう泡チョンコの主張に一切の信憑性なんてないんだと何回しつけてやれば自覚できるんだよ(大笑)

202日本@名無史さん2019/10/14(月) 19:14:14.42
>>166
筑紫の日向の橘の小門の阿波岐原
も、伊都説の中では考古学データを基に推測可能です。

日本最古の稲作遺跡である菜畑遺跡。
壱岐対馬ルートの根幹にある遺跡ですから、イザナギ男系とします。
唐津〜糸島半島の湾の中で発展し、日が昇る方角にある高祖山が聖地高千穂ですね。
福岡市にいた八〇神達と争いながら、早良平野の吉武に最初の「王」を樹立したわけです。

一方の縄文系山鹿貝塚。
遠賀式土器を伴って一気に全国に稲作拡散した、イザナミ女系とします。
元は遠賀川流域ですが、各地に女王を擁立し、
八雷神(豊国=古代出雲など)、八岐大蛇(越国=日本海沿岸)、
そして博多湾などにも八〇神がいたわけです。

イザナギとイザナミ(八雷神女王)が血縁同盟を結んで、福岡県の沿岸地域を統一したのが、
考古学的には紀元前3、4世紀頃ということになります。

203日本@名無史さん2019/10/14(月) 19:15:33.03
イザナミが亡くなり、イザナギは比婆山=山鹿貝塚周囲の砂丘を訪れ、
山鹿貝塚伝統の骨取り神事を覗き見てしまう。

まだ福岡県統一されてアマテラス即位する前ですから、
女王決定の神事を汚された八雷神は怒ってイザナギを追いかけてくる。
総兵力が1500と記録されています。
であれば、八雷神領域の総人口は10000人くらいだったでしょうか。

イザナギは板付遺跡に逃げ込み、出入り口を塞いでなんとかやり過ごしたわけです。

204日本@名無史さん2019/10/14(月) 19:16:34.05
板付遺跡は環濠集落であり、小銅鐸も出土しています。

壱岐対馬〜唐津〜高祖山周囲(つまり伊都國)のイザナギと、
宗像市〜北九州市のイザナミが、
血縁同盟をして、福岡統一した。
だから、征服直後の板付遺跡=葦原那珂津国は彼らにとって征服したばかりの敵地であり、
環濠が必要だった。

福岡県を統一したイザナギ勢とイザナミ勢が擁立した王が、
アマテラス。
北征将軍のツクヨミと、東征将軍のスサノオ。
後の日本は北領土を放棄したので、ツクヨミ伝承は失われた。

アマテラスを大王としつつ、
吉武高木の宮殿で政策決定する王族豪族の殿上人が、高木神達。

緊急事態で八百神が集まる時は宮殿に入りきらないので、
そばの天安河(室見川)の河原で決を採った。

205日本@名無史さん2019/10/14(月) 19:28:47.79
板付遺跡から船で自領伊都へ戻ったイザナギ。

潤地頭給遺跡から、イザナギから見れば後世になりますが、
弥生時代の準構造船が出土しており、
伊都の船着き場として利用されていたことの考古学的根拠が判明しています。

また、伊都説であれば、瑞梅寺川を上った三雲遺跡群が日向三代の聖地であり、
神武天皇もここから出立している。

弥生時代には、糸島半島は九州と陸続きの半島ではなく、分離した島だった。
魏志倭人伝に記録された斯馬國ですね。

よって、板付遺跡から戻ったイザナギは
伊都と斯馬國の間の河のような海峡を通り抜け、
潤地頭給遺跡の辺りに上陸して、禊をした。

阿波岐原とは、波多江小学校の辺りの河原のような浜ということになります。

物理的には、
その辺りの紀元前3,4世紀の地層を掘り返して、
海岸線と当時の瑞梅寺川の「交点」の辺りの河原のような浜に、
弥生時代の高級な装飾品、あるいは銅剣、が見つかれば、そこが阿波岐原。
国宝でも足りないくらいのレベルですね。

精神的には、
永い安らかな眠りにつく聖地はそのままにしておいたほうがよいかと思います。

206日本@名無史さん2019/10/14(月) 19:33:44.95
決裁することが出来るのは日本でただ一人だけ。
いや、一人ではありませんね。
我々日本人が世界人類に誇る現代の
神様ですから。

207日本@名無史さん2019/10/21(月) 15:44:12.11
>>206
決裁?????

208日本@名無史さん2019/10/21(月) 17:43:28.38
>>205
ttp://wi12000.starfree.jp/map/itoshima_suido.gif.html#menu1
分離した島ではないというのが共通理解

209日本@名無史さん2019/10/21(月) 18:02:21.35
>>208
半島が分離されていなくても、広い浜辺となっていたことは間違いない。
両側から海が接近する特異な場所であったから、弥生人の興味も深かっただろう。
阿波木原が何を意味するのかはまだ不明な点が多いが、九州では原は集落を意味することが多いので、阿波木という地名であったのかもしれない。
ただし橘は鼻のように突き出た岬を意味するという説もあるので、そうだとすると地名的にいかがなものか。
なお、黄泉比良坂のヒラは上り坂の古語で、サカは下り坂だそうだ。
だからイザナギがイザナミを訪ねて根の国に行ったのは、わずか峠一つ超えただけということになる。
どこの峠だったのやら。

210日本@名無史さん2019/10/21(月) 18:06:59.19
日向峠のことだろ

211日本@名無史さん2019/10/21(月) 18:11:22.61
ttp://wi12000.starfree.jp/map/afumi_sawara_map_25.gif.html
あはきばる

212日本@名無史さん2019/10/21(月) 19:41:19.08
>>210
すると、イザナギとイザナミはそれぞれ伊都国と奴国の王家ということになる。
それはまるでひ孫の世代のニニギと木花佐久夜毘売の関係にそっくりだ。

213日本@名無史さん2019/10/21(月) 20:08:20.07
倭国乱を経て伊都国が成立する
これは3世紀の初頭の出来事だ
ニニギと木花佐久夜毘売で騙られる記紀の先祖騙りは
この時期の出来事の借用だ
木花佐久夜毘売の名は記紀作者の新作だ
ニニギの名も伊都国の王の名の爾支からの新作だ

214日本@名無史さん2019/10/21(月) 20:59:19.07
なんでもかんでも創作にするな。
記と紀は別のソースで同じ話を書いているから、少なくとも記紀の編者らの創作ではない。

三雲南小路遺跡が木花佐久夜毘売の墓所だ。
それは祭殿である細石神社の祭神が木花佐久夜毘売であることからわかる。
高祖神社の祭神は息子のヒコホホデミだ。
しかし、実は三雲南小路遺跡は王と王妃の墓だったので、その王がニニギだ。
これは1世紀頃の墓とされているから、出雲国譲りや天孫降臨がその時代の出来事であったことがわかる。
魏志倭人伝に登場するネギはニニギの末裔であり、倭国大乱でニニギの曾孫の神武が筑紫を出たのだと考えられる。

215日本@名無史さん2019/10/21(月) 21:15:59.50
>>211
この地図はすごいなあ。
小戸と大戸の間にちゃんと突き出た立ち鼻の岬があり、その付け根の汽水域が淡原(あはきばる)なのか。
くしふる峰もある。
三雲南小路遺跡を奴国王墓としているのか。
これは細石神社を倭奴国王印の保管場所と知ってのことか。

216日本@名無史さん2019/10/21(月) 22:12:55.01
この地方に渡海してきた所謂ニニギグループの定着先は
まずは西区の今宿五郎江の環濠集落だったとみていますよ

217日本@名無史さん2019/10/21(月) 22:42:50.13
ふむ。
そこから谷を遡るとクシフルか。

218日本@名無史さん2019/10/21(月) 23:46:50.68
現地に詳しい人だと思いますが
立ち鼻の岬という地名は残っていますか

219日本@名無史さん2019/10/22(火) 00:16:24.80
立ち鼻というのが岬の意味なんだろうと。
だから実は固有名詞ではない。
小戸の橘の阿波木原は、小戸の岬にあるアハキ村という意味になる。

220日本@名無史さん2019/10/22(火) 00:20:10.19
現代の地形だと岬がよくわからないのだけれど、>>211 の地図を見ると、小戸と大戸の間が大きな岬だったことがわかる。
これこそ橘の正体なんだろう。
その付け根にアハキ原が書かれているのは何が根拠なのか知らないが、実に納得がいく。

221日本@名無史さん2019/10/22(火) 04:48:30.71
「竺紫日向之橘小門之阿波岐原」(原文)

[竺紫]⊃[日向]⊃[橘]⊃[小門]⊃[阿波岐原]

[竺紫]⊃[日向]⊃[小門]⊃[橘]⊃[阿波岐原]の順だと
[橘]=[立ち鼻]の解が最適でしょうが

[竺紫]⊃[日向]⊃[橘]⊃[小門]⊃[阿波岐原]の順だから
[橘]の領域は[日向]の一部で[小門]を内部に含む領域
[橘]の領域は[小門]の領域より広い
だから
[橘]は多島の汽水湖のところの意味の
[多嶋那](たじまな)に[橘]の文字を当て嵌めたものとして理解しておいたのですが

222日本@名無史さん2019/10/22(火) 08:04:35.80
>>211
弥生遺跡の分布を基に志登支石墓群の辺りで陸が繋がっていた地図になっているが、
現実には標高4mの地形で糸島半島の根元は東から西まで辿れる。
水は同じ高さの部分に満ちるのだから糸島半島は分離していた。
もしくは福岡の干満差は2mほどあるので満潮の時だけ通過できる自然の小門があった。
<弥生時代の前期中期まで

223日本@名無史さん2019/10/22(火) 08:39:23.00
>>208だった。それと半島が繋がっていた根拠の遺跡が古墳なので、
そのマップは古墳時代。

224日本@名無史さん2019/10/22(火) 14:19:11.87
地形が変わらず海面だけ上下してるわけじゃなくて、
地形も変化してるからね。
特に古墳時代には土木技術の革新があったらしく各地の平野部が大規模に開発された。
どちらかというと土地は上昇している。
ボーリング調査にしても細い海峡に川が注ぎ込むのなら、
汽水あるいは淡水である可能性もあり、
海岸線としては繋がっていなくても、現実風景としては繋がっていた場合もありうる。

新着レスの表示
レスを投稿する