日本はどうすれば新羅に勝てたのか?

1日本@名無史さん2018/10/27(土) 14:28:23.64
この年唐で安史の乱が起きたとの報が日本にもたらされると、
仲麻呂は大宰府をはじめ諸国の防備を厳にすることを命じる。
天平宝字3年(759年)には新羅が日本の使節に無礼をはたらいたとして、
仲麻呂は新羅征伐の準備をはじめさせた。軍船394隻、兵士4万700人を
動員する本格的な遠征計画が立てられるが、
この遠征は後の孝謙上皇と仲麻呂との不和により実行されずに終わる[23]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%8E%9F%E4%BB%B2%E9%BA%BB%E5%91%82#

実際に攻めたら勝てたのか?

2日本@名無史さん2018/10/28(日) 00:02:05.34
白村江の戦いでは
地味に陸上戦戦も新羅軍に負けてるよな

3日本@名無史さん2018/10/28(日) 00:08:05.40
◆中国の釜



中国では新石器時代には持ち運び可能なコンロに釜を載せた形態の釜竈がみられた[1]。
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた[1]。
釜が再び使用されるようになるのは春秋時代晩期になってからである[1]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/

商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた


. 

4日本@名無史さん2018/10/28(日) 09:08:56.37
アー タノシーデスネー 長江の鬲!wwww


https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=長江+++鬲&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa



アー タノシーデスネー 江南の越式鼎!wwww


https://search.yahoo.co.jp/image/search;_ylt=A2RimVRd.tRb9nMAQCuU3uV7?p=越式鼎&aq=-1&oq=&ei=UTF-8

5日本@名無史さん2018/10/28(日) 13:47:31.66
新羅は強いぞ
唐にも勝ったし

6日本@名無史さん2018/10/28(日) 17:08:19.21
>>2
白村江で日本軍が新羅軍と戦った記録なんかないぞ
新羅本紀の文武王の回想で倭水軍に呼応して出てきた百済騎兵を破ったと言ったぐらいしかない

7日本@名無史さん2018/10/28(日) 20:11:01.79
本当に新羅が敵だったら首都の金城(ソラボル)の方が近いのだからいつもやってる様にそこを包囲したらいいだけの話
白村江の戦いは唐が朝鮮半島から倭人の影響力を一掃し宗主権を強奪した戦いであり、倭と新羅の戦いではない

8日本@名無史さん2018/11/05(月) 12:30:16.01
古代漢人の楽浪郡、帯方郡を高句麗、倭が荒らしたツケがまわった

9日本@名無史さん2018/11/05(月) 13:58:18.60
国を保てなくなり頼むから併合してやったのに、
恩を仇で返すバカチョン民族。

従軍慰安婦問題?
そんな問題はない!
親が金に困り娘を売った。
娘は知らなかった。
それだけだ。
恨むならチョンなんかに生まれた運命を恨め。
恩を仇で返すバカチョン民族。

世界の三大嫌われ民族
チョン公
ユダ公
露助

東洋のユダ公=チョン公。

在日、巣へ帰れ、失せろ、消えろ。

在日は、羞恥心がないから、日本人の蔑む仕事をやる。
そういう仕事は、金になる。
アイデンティティがないから、金しか頼るものがない。

白丁←検索のこと。

10日本@名無史さん2018/11/05(月) 15:39:00.49
日本の最古水田と同期する中国の稲作遺構から出土するイネは、
中粒種と短粒種が約半々の割合で混交したもの。

ところが、日本の最古水田から出土した日本最古のイネの現物は短粒種のみ。

そして、日本の最古水田と同期する中国の稲作遺構から出土する耕作用農具は、
石耜という石刃のスキと、石鋤という日本には存在しない石刃の除草用農具と、
石犂という石刃の牛耕用の農具、この3つだけ。

ところが、日本の最古水田から出土した日本最古の耕作用農具は、
木製のエブリという地をならす農具と、木製のクワだけ。

石刃が伝わっていない上に、同期する中国と同じ耕作用農具が一つも
伝わっていないのだ。

それどころか、同期する中国には存在しない耕作用農具が日本最古の
耕作用農具として日本の最古水田には伝わってしまっている。

オール木製で。

しかも、鬲や鼎といった、三足や耳の付いた同期する中国系炊飯器も
日本の最古水田には一切伝わっていない。

日本稲作が中国から伝わったというような話は、太陽が西から昇って東に沈むと
言っているのと同じレヴェルの話である。

ちなみに、スキという耕作用農具が伝わったのは、最古水田から200年以上も
経ってからの事で、やはり木製であった。

石犂は5C頃に鉄刃のものが朝鮮経由で伝わるが、石鋤に至っては、木製でさえ
永遠に日本に伝わる事はなかったのである。

11日本@名無史さん2018/11/06(火) 03:44:38.38
大陸に積極的に進出すると必ず負けたのが日本の歴史だ
明治から昭和のように短期的に見たら成功したように見えて
最後に必ず失敗する
半島制覇した新羅攻めても勝てないだろう

12日本@名無史さん2018/11/06(火) 06:10:32.62
ふつうに勝っただろ。

ただ勝っても、半島は寒くて不毛の地。

高麗人参以外、日本に何のメリットもない。

13日本@名無史さん2018/11/06(火) 10:44:15.66
気になる材料を羅列してみると、


渡来系弥生人骨はコンピュータ形質解析で朝鮮人骨とは一致せず、オロチ、
ギリヤークなどの沿海州の北方民族にかなり近寄った数値を示す人骨。

弥生土器が始まったのは最古水田・菜畑遺跡より50年以上前の山陰あたりで、
その土器は同期する沿海州南部の土器と特徴が一致している。

最古水田はイネの粒種、耕作用農具、炊飯器から考えて、明らかに朝鮮南部の影響で
始まっているのに、その人々はなぜか朝鮮土器を一つも作っていない。


複合的に考えて、まず沿海州あたりから渡来人の渡来があり、渡来後に朝鮮南部から
稲作をパクってきただけのように考えざるを得ない。

14日本@名無史さん2018/11/30(金) 18:56:47.04
>>1
その遠征は何を目的としていたのか
何を以て勝利とするつもりだったのか

15日本@名無史さん2018/11/30(金) 20:01:11.79
◆ペテン師・佐藤洋一郎がなぜダメなのか


経年変化や環境変化で短期間のうちに著しく頻度を変えてしまう遺伝子の調査において、
佐藤洋一郎が調査に使ったイネの調査サンプルは、

日本のイネの調査サンプルが稲作が伝わってから800年以上も経ってしまった鍵・唐古遺跡の炭化米、
朝鮮半島のイネの調査サンプルにおいてはいつの時代のイネを使ったのかさえ全く公表していない。

このように調査サンプルから疑わしい、欠陥ありありの、お遊び程度でやったペテン調査での捏造である。

この場合、BC10Cの稲作開始時の最古水田である菜畑遺跡の炭化米とそれ以前の朝鮮の炭化米で
比較調査しない限り、まともな調査結果など得られるはずがない。

ちなみに佐藤洋一郎はこの件で京大考古学陣に全面否定されている。
日本稲作が長江・江南から伝わったなんて言ってる頭のおかしな考古学者など一人もおりません。

16日本@名無史さん2018/12/03(月) 14:48:03.96
東北地方のアイヌ人に苦戦していた官軍が新羅に勝てるわけないだろう

17日本@名無史さん2018/12/03(月) 15:08:12.37
当時の倭なんて百済みたいなもんだしな

18日本@名無史さん2018/12/05(水) 04:04:24.58
>>16
当時はアイヌなんて民族いなかっただろいい加減にしろ!

19日本@名無史さん2018/12/05(水) 12:35:50.70
日本が1600年前の古墳期にようやく竪穴式住居から抜け出したのに対し、
中国では8000年前にはすでに高床式住居が登場し、早くも竪穴式住居から抜け出していた。

その時代差、約6500年。

その後、中国では6000年前に木骨泥墻が登場し、早くも土壁の住居の時代に入り、
4000年前にはすでに戸建ての時代である。

商周より前の3500年前の王朝では宮殿建築なるものが花開き、2800年前には
瓦が登場し、早くも瓦屋根の戸建ての時代に入るのである。

縄文弥生を通して、日本にはこれら中国の住居が一切伝わっていない。

中国から渡来人があったなんてあり得ないのである。

20日本@名無史さん2018/12/11(火) 21:06:11.88
宋書、日本書紀、新羅本紀、広開土王碑、職貢図で新羅も倭の属国、倭の臣民として一人前だね

21日本@名無史さん2018/12/23(日) 02:46:24.94
>>18
じゃあ
アイヌ人の先祖とでもいうか?
どちらにせよ
東北地方にいた朝廷に服属してない勢力との
戦いで苦戦してたんだし
新羅に勝つのは無理だよ

22日本@名無史さん2018/12/23(日) 04:40:10.17
そもそも新羅と戦争してないだろ
本当に新羅を潰したかったら首都に直接攻め込むわ

23日本@名無史さん2018/12/23(日) 07:24:54.85
◆中国の釜



中国では新石器時代には持ち運び可能なコンロに釜を載せた形態の釜竈がみられた[1]。
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた[1]。
釜が再び使用されるようになるのは春秋時代晩期になってからである[1]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/

商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた
商朝から戦国時代にかけては鼎や鬲が多用されていったん衰えた


. 

24日本@名無史さん2018/12/23(日) 09:32:18.61
アー タノシーデスネー 長江の鬲!wwww


http://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E9%95%B7%E6%B1%9F+%E9%AC%B2&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa



アー タノシーデスネー 江南の越式鼎!wwww


http://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E8%B6%8A%E5%BC%8F%E9%BC%8E&aq=-1&oq=&ei=UTF-8

25日本@名無史さん2019/01/06(日) 06:12:03.98
無敵皇軍に負けはない転進である

26日本@名無史さん2019/01/15(火) 18:57:30.78
>>21
そもそも蝦夷(エミシ)とアイヌの先祖の蝦夷(エゾ)は同じ字が充てられてるだけで
呼称も存在も別モノ
弥生時代中期には弥生人が津軽あたりまで進出してきたり古墳時代には
大和朝廷の勢力圏と同様に古墳が作られたり平安時代の集落跡からも基本的には和人とそう変わらない生活様式をもった連中だったということがわかってる

27日本@名無史さん2019/06/02(日) 10:52:05.69
アイヌが和人の風習をまねたかもしれんだろ
それに方言があるからとかそんな生易しいもんでもなく
会話には通訳が必要だったらしいし

新着レスの表示
レスを投稿する