倭の五王の正体についてじっくり検証するスレ [無断転載禁止]©2ch.net

レス数が950を超えています。1000を超えると書き込みができなくなります。
1日本@名無史さん2016/03/10(木) 03:04:56.04
自分の考えとしては倭の五王のうち讃=『褒』田別と武=大泊瀬幼『武』以外は当てはまる天皇はいないと思う


この説を説明するために前提として
天皇の在位年は古事記における干支が正しいのだとしておく

問題の時代における天皇(大王)は恒久的なものではなく、複数並立したり空位時代があるものであるとする
万世一系の演出のため、空位時代を埋める目的で追尊されたり、
はたまた大王としての実力があるにも関わらず認定されない権力者が多くあったことだろう
そのため即位年数を厳密に記述して空位時代がないようにしてある日本書紀の紀年は後の創作だと断定できる

三国史記との一致から推定した応神天皇ことホムダワケの没年は394年。だが倭王讃の記述は413年〜425年
これは矛盾している様だが、実はカラクリがある
(続く)

2日本@名無史さん2016/03/10(木) 03:07:55.14
五王の当てはめは適当すぎだろ
武は雄略ではないし、讃も応神・仁徳・履中のどれでもない

3日本@名無史さん2016/03/10(木) 03:10:40.64
記紀に載ってないんだからそもそも天皇じゃないんじゃない?

4日本@名無史さん2016/03/10(木) 03:14:23.11
記紀の天皇なんだよ、倭王なんだから

5日本@名無史さん2016/03/10(木) 03:14:44.02
朝鮮半島や山東半島に住む倭人の王の可能性もあるよね

6日本@名無史さん2016/03/10(木) 03:17:59.80
そんな可能性はない

7日本@名無史さん2016/03/10(木) 03:30:52.84
応神天皇と倭王讃の関係を説明するために、古墳時代における皇統とは何かについて私見を述べる

皇統の継承のことを天つ日嗣(あまつひつぎ)と言うのだが、
「ひつぎ」とは即ち「棺」であり、すべての責任をとる最高責任者、
天下に何か悪いことがあったら全部こいつの所為ですから殺して棺に入れて人柱として埋めてしまいなさい、
そんなニュアンスがありそうだ

でもって、実は応神天皇本人は倭王賛として入貢する前に死んでいる
だが政そのものは問題がない。なぜなら息子である大山守命と大雀命(後の仁徳天皇)が皇位に就かないままで分担して政治を行っていたからだ
(古事記には「「大山守命(オホヤマモリノミコト)は山海の政せよ。大雀命(オホサザキノミコト)は食国(ヲスクニ)の政を執りて白したまへ。宇遅能和紀郎子(ウヂノワキイラツコ)は、天津日継(アマツヒツギ)を知らしめせ」とのりたまひき」とある)

二人の皇子は父の築いた帝国を分割しないためにわざと大王を名乗らずにいた
(記紀には互いに譲り合ったとある)
だから「天つ棺」は依然応神天皇のままである

するとどうだろう。倭王として中華王朝へ朝貢するために名乗る名は応神天皇=賛にせざるをえなくなるのだ

倭王賛の正体、
それは父の名を借りて王位を拒んだ後に仁徳天皇と追尊されることになる皇子とその異母兄大山守皇子なのである

8日本@名無史さん2016/03/10(木) 03:51:15.33
>>2
武と賛は名前の意味と活動年代と活動範囲が一致している
他は記紀にある天皇ではない
最大の候補は筑紫国造だ

履中〜安康にかけて記紀の記述は殆どが畿内での出来事となっているのだが
これが仁徳天皇の死によってついに大和朝廷が崩壊し、地方政権が再独立したからだろう

実は一つだけこの頃の筑紫についての記述を見つけたんだが
それが日本書紀の履中天皇5年で「於筑紫所居三神、見于宮中、言「何奪我民矣、吾今慚汝。」於是、禱而不祠。」とある
きっとこれは筑紫の分裂を示すものだろう

9日本@名無史さん2016/03/10(木) 03:56:30.08
>>7
その場合、応神崩甲午を394年、仁徳崩丁卯を427年とするしかないでそ
普通に讃=仁徳じゃ何が都合わるいの?

10日本@名無史さん2016/03/10(木) 03:58:45.54
古田信者だの九州王朝だのは氏んでください

11日本@名無史さん2016/03/10(木) 04:03:44.27
>>8
そんなに年がら年中特筆大書すべき事件が全国的に起こるわけないだろ

12日本@名無史さん2016/03/10(木) 04:45:16.58
仁徳天皇が皇子のままでいたという説をとると、記紀での応神天皇との混乱・重複の理由がそこにあるとわかる訳です
んで、大山守皇子がぬっ殺されて、皇太子の菟道稚郎子と大雀皇子との間で王位の譲り合いをした後、最後まで生きていた大雀皇子が仁徳天皇として認定を受けました

古事記の干支によれば仁徳の子履中の在位が427-432年、その弟反正が432-437年
ここまではいい
だがその弟の允恭の在位年が古事記には載っていない

なので允恭天皇とその次の(即位3年で誅殺された)安康天皇は雄略天皇との間を埋め合わせるために別の資料から切り張りして認定した天皇なのだとわかる

允恭天皇の治世は日本書紀によると42年も続く安定政権で、(あれほど新羅を目の敵にする記紀の中で珍しく)親新羅だったことが伺える
きっとこの頃の畿内は地方政権として小さくまとまり、関門海峡を筑紫に塞がれたために日本海側から新羅と交流していたのだろう
朝鮮半島へ渡るのも安全な玄界灘ではなく日本海の荒波を超えていく、それも古代の未熟な造船技術で
「使持節都督倭・百済・新羅・任那・秦韓・慕韓六国諸軍事安東大将軍倭国王」を名乗るには苦しすぎる

その一方で筑紫では大陸との交易を独占して富が蓄えられることになる
そうなると邪馬台国が一大卒を置く以前の奴国と同じ状態に復したともいうことができる

もしかすると「倭王讃没し、弟珍立つ」は中央での権力争いに敗れた皇子が筑紫に逃れて権力を握った事を示すのかもしれないが、推測の域は出ない

>>9
当時は殯の風習があった
陵に葬られるまでは完全に死んだことにはならない
大王が死なないなら後継者争いは起こらない→優しい世界

ちょうど今の時代でも創価学会では池田大作の死が公然の秘密な様に

>>11
そんなレベルではない
以前は盛んに蝦夷が入貢したり朝鮮半島で軍事活動していたのが、絶無といえるくらいにまでなくなった

13日本@名無史さん2016/03/10(木) 05:08:29.63
>>10
「大和朝廷は順調に空白の古墳時代を何事もなく拡大しました」説では倭の五王が何者かを説明できず
「ウリナラは古代チョッパリなんかに支配されたことはないニダ」説への反論の手口すら限られてしまう

だがまず一般的な九州王朝説はトンデモで到底受け入れられない

九州が日本列島の主要地域だった時代は邪馬台国が奴国を制圧したときに終わった
邪馬台国は大和、神武東征のモデルとなった出来事は3世紀後半に起きて、
西都原と纒向から同時多発的に前方後円墳体制が拡散して大和朝廷が首長社会から領域国家へと変貌を遂げた

5世紀初頭、倭人が倭と外国の境を自分たちで気にし始めた時、「倭王珍」により統一の試みがなされた
だがその変革は失敗に終わり、大和朝廷は一度瓦解した(考古学的裏付けがあるのかは知らんけどたぶん)
この時に九州の地方政権が珍・済・興を名乗って従前の大和朝廷の外交を引き継いだ(または奴国時代のやり方を復活した)
その再征服は「倭王武」ことワカタケル大王によって為された

こんな感じに
一時的な実質的多元王朝、もしくはヤマト王権一時不在説の存在を考えてみるのもいいんじゃないかな?

14日本@名無史さん2016/03/10(木) 14:41:58.48
倭国と言ってる時点で北部九州と南朝鮮王朝
で大阪まで進出してた可能性高くても 首都は伊都

15日本@名無史さん2016/03/10(木) 19:17:02.61
ネットで調べたところ、倭の五王は朝鮮半島にいたそうだ。
日本の歴史とは関係ない。

16日本@名無史さん2016/03/10(木) 19:22:04.69
464 名前:日本@名無史さん [sage] :2016/03/10(木) 18:02:57.90
コピペ

漢委奴国王印には、漢の「委奴」国王と記されている。

(1)委奴とは、大倭である
「委奴」は「倭奴」であり、後置修飾法が用いられた、奴(nui)=大+倭、すなわち、大倭であるという。
http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/CB/0011/CB00110L001.pdf

(2)委奴は、九州全体である
魏志倭人伝にある通り、倭人は朝鮮半島南部から
九州、そして四国及び本州の一部にもいることが知ら
れていた。
後漢書に、「倭奴國」は「倭國之極南界也」とされるのは、九州がそれらの最南端という意味である。

(3)委奴をイドと誤読した
しかし、倭人は漢委奴国王が読めない。
後に、「委奴」と記された経緯を知らないが漢字は読める人に読ませると、「イド」と読んだ。
伊都国の人は、ワドあるいはワヌイではなくイドということは、九州全体ではなく、この王都がイドなのだ
と誤解するようになり、魏使に、そこをイドと説明した。
魏使は、この実質的な都を伊都国と記した。

(4)魏使が去った後、伊都国は滅ぼされた
魏使がやって来た時、伊都国も奴国もあった。
伊都国は攻められ、志賀島に逃げたが、追いつかれ海に逃る直前、『これだけは敵に渡してなるものか!』
と、咄嗟に印を隠した。

(5)敵は西から攻めてきた
伊都国から船を使わなければ志賀島に上陸できないが、船を使ったなら志賀島に上陸するとは考えにくい。
伊都国の王族は船を使わず、西から攻められ砂地を伝って志賀島に逃亡し、追いつかれる直前、海に身を
投げた。

17日本@名無史さん2016/03/10(木) 21:06:37.70
>>14-15
任那と倭は倭王の称号の中で別々の領域として扱われている
朝鮮側の正史を見ても対馬は倭の地で釜山は韓の地とはっきり分かれている
倭王は朝鮮人だなんて下手な電波は飛ばしてはいけない

讃と武に関しては名前に明らかな一致があり全国規模で権力を拡げた記録のある大和の大王を差し置いて倭王を名乗れる訳がない

それ以外に関してはアリだ
特に倭王珍、ここで初めて「使持節都督倭・百済・新羅・任那・秦韓・慕韓六国諸軍事安東大将軍倭国王」を自称するのだが
これは倭に対立王がいて唯一の王朝ではないために中華王朝の承認を以てして正当性を主張したからだ

珍の入貢は438年、この前年437年に反正天皇が崩御
次代の允恭天皇は古事記ではなぜか前の代とは違い干支による紀年がなされておらず、どれだけの期間の在位なのかが不明だ
これは史料の記録された宮殿が異なる(皇統を争って分裂した)からだろう

自分としては末子相続として允恭天皇、長子相続として履中天皇とが並び立った対立天皇時代が仁徳天皇の死後にあったと考えている
そして允恭天皇の後は次兄の反正天皇が継ぎ、その後は畿内での権力を引き継げずに消滅したか地方へ落ち延びたかした

允恭天皇は末の子で若いために兄たちよりも長く生き、結果として反正天皇の次の天皇として認定されるに至った

だが允恭天皇の記録には一切筑紫や半島への権力行使はない
それどころか新羅と仲良しこよし
応神朝の権力は引き継いでいない

18日本@名無史さん2016/03/10(木) 21:13:34.67
>>16
「委奴」の「委」は「ヰ」
「伊」は「イ」
漢語での元々の発音が違うし、日本語でもこれが一緒になったのは平安時代以降

「奴」を「ド」と読むのは唐代の長安音
この頃はまだ脱鼻音化は起きていない

言語歴史学的に全く歯牙にも掛けられない与太話(ゴミ)

19日本@名無史さん2016/03/10(木) 21:36:42.26
大和をヤマトと読むのに比べれば

20日本@名無史さん2016/03/11(金) 00:22:20.57
卑弥呼は称号であって固有名詞ではないというが
しかし台与は固有名詞だろ
トヨという名で女王に相当するのは記紀では飯豊女王しかいない
そうすると卑弥呼と台与の間にいた男王は清寧天皇ってことになる
そうすると卑弥呼は
1、雄略天皇の后妃のうちの誰か
2、雄略の皇女(=清寧の姉妹)のうちの誰か
のどちらかでしかありえないな。
当然、雄略は倭王武よりもずっと前の人物ということになり
倭王武が雄略ではありえないw

21日本@名無史さん2016/03/11(金) 00:43:05.91
>>20
雄略天皇はそんな新羅も高句麗も百済もない時代にはいない
韓国語で万葉集は解けるニダ並みの頭悪い恥ずかしいパズルはよせ

そもそも「台与」を勝手に「トヨ」と呼んでいるのは後世の日本人だけに過ぎない
今の日本語の音韻で言ったら「チヨ」とか「チエ」かもしれん

記紀に出ているのが「邪馬台国」ではない以上、天皇家のご先祖様認定の対象にはならない
いい加減に目を覚ませ

22日本@名無史さん2016/03/11(金) 00:47:36.61
>>21
ま〜たそうやって他人をニダ呼ばわりか。誹謗中傷はニダビトの始まりだぞw
1行ごとに反論できるが面倒くせぇなぁ

23日本@名無史さん2016/03/11(金) 00:50:06.73
>>21
1)雄略天皇はそんな新羅も高句麗も百済もない時代にはいない
2)「台与」を今の日本語の音韻で言ったら「チヨ」とか「チエ」
3)記紀に出ているのが「邪馬台国」ではない

↑どれに反論してほしいか一つに絞れ

24日本@名無史さん2016/03/11(金) 00:55:35.86
>>22
恥ずかしい間違いパズルで悦に浸るのが新羅人の始まりでそwwwwwwwwww

畝傍山をウネメハヤって言って采女をレイプしたんだと疑いをかけられるほど古代からなーんも変わってない素行の悪さよwwwwww

25日本@名無史さん2016/03/11(金) 00:58:55.94
>>23
釣り針大きすぎwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

26日本@名無史さん2016/03/11(金) 01:02:57.77
だから>>21に釣られてやろうといってるんだが?
>>21がいってるのは要するに>>23であげた3点なわけだろ

27日本@名無史さん2016/03/11(金) 01:08:32.42
>>26
スレと関係ないんだけどさ、俺「釣り」とか「釣り師」っていうのは、

 釣り師 ↓     
.            /| ←竿
     ○  /  |
.    (Vヽ/    |
    <>     |
゙'゙":"''"''':'';;':,':;.:.,.,__|_________
             |
  餌(疑似餌)→.§ >゚++< 〜
                 の組み合わせだと思ってたんだけど、

最近自称釣り師がダイレクトで自分の本音を攻撃されて「釣れた!」とか
言ってるの多いよね。
 これは、どっちかというと、



          ,〜〜〜〜〜〜 、
|\     ( 釣れたよ〜・・・)
|  \    `〜〜〜v〜〜〜´
し   \
゙'゙":"''"''':'';;':,':;.:.,.,  ヽ○ノ
          ~~~~~|~~~~~~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ト>゚++<
              ノ)

かと思うんだけど、どうよ?

28日本@名無史さん2016/03/11(金) 01:34:45.62
下の絵だけでいい

29日本@名無史さん2016/03/11(金) 10:26:07.14
滋賀生まれの継体天皇が初代天皇でしょう

30日本@名無史さん2016/03/11(金) 20:08:19.77
高句麗と戦争してたくらいだから、倭の五王は朝鮮半島にいたんだろ。
日本から軍隊を送れるわけがないんだから。

31日本@名無史さん2016/03/11(金) 20:39:42.14
>>30
いたとしても親征によってであって本拠地は日本列島、すくなくとも筑紫だ
倭王を名乗っていてそれに付随する称号の中の半島の諸国が倭とは別々になっているのだからな

古事記の神功皇后の記述に「新羅国は御馬甘(ミマカイ)と定め」とあり
応神天皇陵の陪塚とされる古墳からも馬具が出土しているのを見るに
応神天皇ことホムダワケは新羅から大量に馬を仕入れて全国的な覇権を確立したことが伺える
(それ以前は騎馬が一般的ではなく軍事勢力の拡大が徒歩圏に限られていた)

倭王讃が朝鮮半島にコネクションのある人物だということ自体には異論はないが
朝鮮よりも広い日本の中で大和までは間違いなく勢力下に収めるられる場所が最大の軍事拠点だと考えなければならない

それは瀬戸内と対馬海峡の両方を海運で急行できる筑紫以外にはあり得ない
ホムダワケが葬られた地は古市古墳群だろうが一番長くいた地は九州北部だったことだろう(実際子供時代はそこにいたことになっているわけだし)

32日本@名無史さん2016/03/11(金) 21:06:25.88
応神系統と雄略系統って互いに敵対勢力じゃね?

33日本@名無史さん2016/03/11(金) 22:12:09.91
>>32
雄略は応神の子孫ということにされているものの
古事記の中の人からの異様な嫌われ様は確かに怪しい

応神〜反正が一つの王朝で、雄略と武烈(そしてもしかすればヤマトタケルのモデルとなった人物)でまた一つの王朝、
清寧は空白地帯にいた大和で最高責任者だった王ですらない宿禰、顕宗と仁賢は…あれはなんだろうね実在したとしても関西地方の首長レベルかな

34日本@名無史さん2016/03/11(金) 23:16:51.89
畿内の大王の下に何人か地方王がいたんじゃない?

35日本@名無史さん2016/03/11(金) 23:21:45.98
一言主とのエピソードからして上下関係が怪しい

36日本@名無史さん2016/03/12(土) 01:14:57.83
古代朝鮮王朝時代劇見てると
フィクション強めでいいから
倭王時代劇見てみたい気がする

37日本@名無史さん2016/03/12(土) 01:44:03.12
>>31
>(それ以前は騎馬が一般的ではなく軍事勢力の拡大が徒歩圏に限られていた)
はぁ?通勤じゃあるまいし何言ってるんだか
地中海諸国を初めて統一したローマ帝国の軍団もほとんど歩兵ばかりだぞ

38日本@名無史さん2016/03/12(土) 01:49:09.08
>>30
辛卯年(391年)以来倭が海を渡りて百済新羅を破り臣民と為す(公開土王碑文)

新羅本紀によると対馬に軍営が置かれていたんだそうで

39日本@名無史さん2016/03/12(土) 02:41:11.05
>>37
ローマ帝国の移動手段は船だろう
沿岸航海術で行ける範囲を言えばローマの地中海がヤマトの瀬戸内海に相当する

40日本@名無史さん2016/03/12(土) 02:43:03.32
日本国
 記録の上に置いて「日本」の名称が最初に登場するのは任那日本府である。その実体は諸説あるが、
そのころの我が国の国名は「日本」国ではなく「倭」国だったから、「日本」というのは朝鮮南部に
存在した小国の名かあるいは地名だったのではないか。おそらく木満致はその地を中心に任那を支
配していたのでは。その木満致が倭国に渡来し、蘇我氏となり、天皇家になった。その後、天皇家は
先祖の地にちなみ「倭国」を「日本国」に改めたのではないだろうか。そう考えれば「旧唐書」にあ
る「日本国は倭国の別種なり・・・・・日本は旧小国、倭国の地を併せた」との記載と符合する。
http://www.ookuninushiden.com/newpage63.html

41日本@名無史さん2016/03/12(土) 11:35:33.00
>>39
ガリア戦記とか読んでみろよ徒歩でガリア地方を横断してゲルマンまで行ってるぞ

42日本@名無史さん2016/03/12(土) 11:43:54.39
日本という名称が史書にあらわれるのは任那が滅んだ(562年)のずっと後で時代が合わない
釈日本紀では任那日本府のことを任那之倭宰と呼んでいることから恐らくこれが当時の呼称だったと思われる

43日本@名無史さん2016/03/12(土) 11:56:21.26
>>42
任那は滅んでも、まだ百済と結託して復興しようとしていたんだろ。
白村江で諦めて、いっそここを日本にしようということになった。

何れにせよ、日本はもともと任那の一部であったという事実は揺るがない。

44日本@名無史さん2016/03/12(土) 12:54:53.14
>>41
ゲルマニアなんか支配維持できなかったやんけ

>>42-43
コピペ荒らしのネタに反応すんなよ

45日本@名無史さん2016/03/12(土) 13:05:02.00
はぁ?任那滅亡とか白村江から100年前の話だろ
異斯夫によって王族も含めてすべて新羅に連行されたから跡形もない

46日本@名無史さん2016/03/12(土) 13:10:33.64
>>44
ガリアの全地域を完全征服したしゲルマニアもカエサルが領土の編入したインフェリオルとスペリオルは
その後数百年にわたって維持されてるが

47日本@名無史さん2016/03/12(土) 13:34:48.29
4世紀以前の日本にはローマの様な馬車の通る道がない
ローマ街道に相当する駅伝制と街道の整備は8世紀まで待たれる

48日本@名無史さん2016/03/12(土) 13:35:45.91
道って川に沿って作られるよね。

49日本@名無史さん2016/03/12(土) 13:47:55.78
カエサルが遠征したころのガリア地域とかそもそも道路自体存在しない未開エリアだが

50日本@名無史さん2016/03/12(土) 13:48:11.00
古墳が全国で同じように作られていた時代には日本は中央政権によって全国統一されていたってことだよね
そしてそれを達成するには陸路や海路で長距離移動をしていたということにもなる

でなければ勝手にあちこちの集落で墓なる物を作ってみたらたまたま同じ古墳なる物でしたってのはありえないからね

51日本@名無史さん2016/03/12(土) 13:53:12.12
フランク王国時代に入っても殆ど街道が整備されてなかったため物流は水路頼み
パリやウィーン、ニームといったほとんどの町が真ん中を河が貫通するように造られているのはそのため

52日本@名無史さん2016/03/12(土) 13:58:20.75
>>49
アッピア街道で紀元前4世紀
その調子で征服地に道を作り続ければその先さらにその先へとさらなる征服が可能
征服よりもその後の維持のためのインフラ整備の方がずっと重要

>>50
祭祀王として制度を共有するということであって
軍事王として広範囲を支配するやり方が始まるのは倭王讃からだ

53日本@名無史さん2016/03/12(土) 14:02:07.44
>>51
少なくとも馬車でモノを運べる道が1世紀の時点でこれだけある
http://bbsapworld.wikispaces.com/file/view/roman_roads.gif/210926426/roman_roads.gif

54日本@名無史さん2016/03/12(土) 14:50:48.65
高句麗や渤海とかだだっ広いわりにやたら山ばかりだけどどうやって統治していたのか不思議だわ

55日本@名無史さん2016/03/12(土) 15:04:03.12
>>54
税を払わない村を攻撃する。それだけ

56日本@名無史さん2016/03/12(土) 16:36:01.35
税の運搬の手段は?とか各集落の位置はどうやって把握してた?とか疑問が尽きないわ

57日本@名無史さん2016/03/12(土) 17:29:21.37
税は1年に一度、各集落から運ばせる。

58日本@名無史さん2016/03/12(土) 17:51:54.64
丸都山城とかえらく山奥にあるけどあそこまでどうやって運んだんだ
敦化もすごい山奥にあるぞ

59日本@名無史さん2016/03/12(土) 17:59:55.48
>>58
どこが?

丸都山城は太い鴨緑江がすぐ近くを流れてるし
敦化に至っては差し渡し50qくらいある大阪平野並みに広い盆地の中じゃないか

60日本@名無史さん2016/03/12(土) 18:36:38.80
例えばさぁ高句麗は5世紀には長春市にあった扶余を版図に加えてるけどそこからどうやって税を運搬していたんだ
http://cfile23.uf.tistory.com/image/2317B24E533E35FE10CC39
間には長白山脈があって陸路は使えない
鴨緑江使うとしても一旦遼河を下って山東半島を一周しなければならない
こんな遠隔地を恒常的に統治できたのはなぜか?

61日本@名無史さん2016/03/12(土) 18:40:01.58
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。
ヨーロッパ、アフリカ、中国よりも先になwwww




縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。
http://inoues.net/science/wan.html
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり

62日本@名無史さん2016/03/12(土) 18:40:37.23
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。
ヨーロッパ、アフリカ、中国よりも先になwwww


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった

63日本@名無史さん2016/03/12(土) 19:09:42.58
>>60
高句麗が征服したのはどっかの近場にあった東扶余であって長春にいた扶余ではない

64日本@名無史さん2016/03/12(土) 20:16:48.96
なぜ北朝鮮辺りが、
そんなに偉そうにしているんだ??

と思われているず

65日本@名無史さん2016/03/12(土) 20:21:04.61
こんな話ばかりなんだけど
「三國志に部族の長のようなキャラクターいただろw」

邪馬台国?天皇?

66日本@名無史さん2016/03/12(土) 20:24:54.87
三國志の時代?
あの当時だから…部族の長でも、凄い人物だったのでは、頭も良かった?

67日本@名無史さん2016/03/12(土) 20:28:51.09
その部族の長より
ワニさん、ワニさん、言われている人

この人物のほうが、アレなのでは??

68日本@名無史さん2016/03/12(土) 20:34:11.34
ま、王仁さんは百済から貢がれて来たからな
当時ありもしない千字文教えたりといろいろとアレ

69日本@名無史さん2016/03/12(土) 20:42:30.55
もののけ姫
それと、あの粉雪(アニメ)の動画?

なぜ同じなんだろう

70日本@名無史さん2016/03/12(土) 21:18:42.96
ありもしない  とも言い切れないけど

成立以前は確かだが、もしかすると別の千字文の存在も比定できないし、
何でそんなこと記録に残ったかの史料批判もいる

71日本@名無史さん2016/03/12(土) 21:21:14.35
おそらく王仁さんのほうだと思う
あの震災後も

「聖人でも殺したのか」
「親戚でも殺されたのか?」

このような書き込みを見たからね

72日本@名無史さん2016/03/12(土) 21:31:32.57
あの写真があるでしょ

老婆「むかーし伊達郡というところに住んでいたんだよ」

ちなみに珍走、右翼?のような集団との付き合いはない

73日本@名無史さん2016/03/12(土) 21:36:11.74
倭国が漢字をやり取りしていたのは、2000年前からだぞ。
だって、その時代から中国の王朝と外交していたわけだから。
ただ、国内的に広く漢字を国語として採用してなかっただけで、
外交とか貿易には、必然的に漢字を使用するからな。

74日本@名無史さん2016/03/12(土) 21:38:20.14
老婆談

「当時の職業はわからない」
「馬に乗り、城に通っていた」
「本(書)なんかも沢山あったんだよ。
 泥棒に入られたり。掛け軸や壺なんかも、あげたり、売ったり」

「それから、こっちに(いま住んでいるところ)に出て来たんだよ」

75日本@名無史さん2016/03/12(土) 21:56:54.96
本当の話

「家では蚕を飼って、機織り」(そのような家の人と結婚)
「広瀬座、そこに行っては芝居ばかり観ていた」

76日本@名無史さん2016/03/12(土) 22:11:50.42
数年前の、とあるスレッド

謎の曲??

戦争を知らない〜 僕らは〜

中華一番〜

77日本@名無史さん2016/03/12(土) 22:49:25.92
>>63
いやいや牟頭婁墓碑から北扶余が5世紀初頭に北扶余の併呑されていたのは明らか
隋に備えて作った千里の長城も吉林省の農安まで伸びていることが確認されているしな

78日本@名無史さん2016/03/12(土) 23:10:12.99
つまり長寿王の治世には北は扶余の首都があった農安から南は中原高句麗碑のある現在の忠州市まで南北900キロに及ぶ規模にまで版図が拡大していたわけだが
山ばかりでろくに街道もなかった当時一体どうやって高句麗は統治していたんだろう

79日本@名無史さん2016/03/13(日) 01:00:58.32
>>78
あんたの目は節穴か?
東北平原との間を二密河沿いの沖積平野がつないでいて馬が楽々走れる余裕のある幅広い天然の切り通しになっている
https://goo.gl/maps/436mJ5j7SG32

80日本@名無史さん2016/03/13(日) 12:16:47.28
首都のある集安の国内城から二密河まで馬を使っていける道はねえよ
唯一渾江が通じているが船しか通れない
当時の高句麗に船あったかと思ったけどそういや南朝にも朝貢してたな

81日本@名無史さん2016/03/13(日) 13:48:28.03
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/49/The_First_Goguryeo-Tang_War_(645)_ja.png
これくらいのしょぼい峠道なんざ高句麗の強靭な馬にとっちゃ屁でもねえよ

82日本@名無史さん2016/03/13(日) 14:00:18.38
古代は統治なんてそんな大袈裟なものじゃないだろ
実際は細々と暮らしてる部落だらけで反乱も独立もしないだろうし政権が勝手に組み入れてるだけだよ

地図上の国内地域を全て回ってるわけではないだろうし全てに駐屯させてるわけでもないでしょうね

83日本@名無史さん2016/03/13(日) 14:41:08.58
>高句麗の強靭な馬

なんだそりゃ
蒙古馬の突然変異でもいたのか?
コレイヤンファンタジーもいいかげんにしろ

84日本@名無史さん2016/03/13(日) 15:03:00.83
http://cfile10.uf.tistory.com/image/1308AC4050B8E4280D9E8B
高句麗の城の分布図見てるとこんなとこに築いてどうすんだって山奥までびっしり作ってるな
人口すかすかだろうによくやるわ

85日本@名無史さん2016/03/13(日) 16:36:55.13
普通に考えて城の多いところが当時人口密度高かったんだろ

86日本@名無史さん2016/03/13(日) 17:37:36.41

87日本@名無史さん2016/03/13(日) 17:38:02.16

88日本@名無史さん2016/03/13(日) 18:21:01.36
全国の八幡宮の総本社は応神天皇陵に隣接する誉田八幡宮ではなくなぜか豊前の宇佐神宮になっている
その祭神は八幡大神(応神天皇)に加え、比売大神(宗像三女神)、神功皇后
いづれも筑紫に縁が深い
治世の大部分を畿内で過ごさなかったからだろうか

特に宗像三女神に関しては日本書紀の履中天皇五年に「何奪我民矣、吾今慚汝。」と言って筑紫の民を奪った大和朝廷を咎めている
この記述から、履中天皇を戴いた大和の権力は宗像氏に認められなかったことが伺える

また、日本書紀での応神天皇の崩御した場所も明宮なのか大隅宮なのか釈然としないことも気になる
「既而率其三婦女、以至津國及于武庫而天皇崩之、不及。」の部分だけを読むと天皇が三婦女を連れてくる途中に武庫で死んだとも読めてしまう

本当は応神天皇こと倭王賛は古事記に記された推定没年394年よりも後も生き続け、
この年に息子たちに大和朝廷の運営を任せ自らは九州に本拠を置いて朝鮮半島と畿内両方を監督したと考えるのはどうだろう?

89日本@名無史さん2016/03/13(日) 20:25:23.76
>>88
あれが応神天皇陵という根拠も今のところ薄弱だけどね。なんで河内の古墳が
あんなに巨大化したのかも、今のところ不明だけど。

>息子たちに大和朝廷の運営を任せ自らは九州に本拠を置いて朝鮮半島と畿内両
方を監督したと考えるのはどうだろう?

なるほどだけど、そもそも応神が九州を根拠にしながら大和に出て行った理由が
よくわからない。それほど当時九州が大和に軍事力で圧倒していたとは思えない
が。仏教導入の始祖としても、やはり物足りない。大和が出馬を乞うたならわか
らないでも無いが。

90日本@名無史さん2016/03/13(日) 21:18:15.84
>>89
>そもそも応神が九州を根拠にしながら大和に出て行った理由が
>よくわからない。

むしろ逆に軍事力で敵わないからこそ、交易ルートを押さえていてもご機嫌取りが必要だったんじゃないかね
だから港湾や治水の公共事業を大々的に行って収入を民へ還元した(巨大な陵墓は掘削された土を盛って作られた)

もし関門海峡を封鎖できるのをいいことに好き勝手やれば瀬戸内の大和・吉備・日向が連合して筑紫は討伐されてしまう
それに朝鮮半島での戦いのためには列島の人的資源が不可欠だ

両端の目的地と途中の経由地とが同一の政権の傘下となれば、
治安も維持され、ヒト・カネ・モノも円滑に行き来する

応神朝の成立にはどうも海人の宗像氏が深く関わっているみたいに見える
大陸と大和とを結ぶ航路の守護者として祀り上げられたのだろう

そもそも九州王朝説などというバカ話をでっち上げなくても父親の仲哀天皇の宮殿は福岡と下関にあったと伝えられている
朝鮮半島で民間軍事会社も営んでいた関門地方の凄腕ビジネスマンが海運業者にヘッドハンティングされて大和でゼネコンをやり始めた
今風に言えばこんな感じ

91日本@名無史さん2016/03/13(日) 21:47:04.64
ヒト・カネ・モノって言葉おじさんはほんと好きやな
第一次産業主体の地産地消社会で人や物の交流はほとんどないし当時の日本に貨幣経済はそんざいしないだろ

92日本@名無史さん2016/03/13(日) 22:03:06.48
ヒト(兵士と労働者)
カネ(金属)
モノ(食料)

地産地消社会から初めて盛んな人や物の交流に脱皮させたからこそ
あのでっかい陵ができたんだぜ

ああそうそう、治水工事の労働者は新羅からも来てたそうだよ
堀江と茨田堤を築造する件で「是歲、新羅人朝貢、則勞於是役」だとさ
朝鮮人強制徴用の一番最初の例だから韓国は仁徳天皇に謝罪と賠償を請求しなきゃ

93日本@名無史さん2016/03/13(日) 22:28:40.78
モノ(食料)って当時の日本は村落間で食料を輸出や輸入してたりしてたのか?
鉄製農具も普及するのは平安時代になってからで金属の需要はほとんどない
大王ですら目と鼻の先に精々デカい土盛りやちっさい堤防を作る程度で街道や水運が整備されたり形跡もない
だから戸籍も必要なかったわけだ

94日本@名無史さん2016/03/13(日) 22:39:27.25
つまり大王すらローカル権威にすぎず大和朝廷は首長の寄り合いにしか過ぎない
だから文字も戸籍も官僚制度も普及しなかった

大体その例えっておかしくないか?
オッサンの大好きな経営学のヒト・モノ・カネとは大きくニュアンスがずれてるんじゃないの

95日本@名無史さん2016/03/13(日) 22:47:12.20
>>93
古事記に「大雀命(オホサザキノミコト)は食国(ヲスクニ)の政を執りて白したまへ」とある
食国とは朝廷に食料を提供する各地方のこと

運送手段は海運があればそれで充分
この頃は陸上交通の不便な場所は支配下に入っていない

96日本@名無史さん2016/03/13(日) 22:48:29.66
出雲商社を分社化して出来たのが大和物産です

97日本@名無史さん2016/03/13(日) 22:49:14.47
>>94
外交文書は大和で独自に書かれずに九州で全てを監督する倭王讃が作った
と言ったら?

(オッサンってなんやねん(´・ω・`)ショボーン)

98日本@名無史さん2016/03/13(日) 22:53:19.10
伊都国は異戸国

99日本@名無史さん2016/03/14(月) 13:37:09.34
結局は実在天皇を崇人天皇からにするか応神天皇からにするかで全てが変わる

100日本@名無史さん2016/03/14(月) 14:11:16.27
>>99
記紀の作られた目的の一つとして、朝廷の傘下の各氏族の出自について天皇家と関わりを示し、朝廷の支配の正当性をアピールすることがある

仲哀天皇までの天皇も氏族の伝承として伝えてきた祖先の名前としては実在したとみていい
ただもちろん名前だけ合ってる天皇の事績は必ずしも事実だったり時系列が合っていたりする訳ではない
けれどもある程度の史実の反映もあったりもする

例えば四道将軍のうち、北陸へ遣わされた大彦命は日本書紀では引き返していて、
丹波道主命は山陰道がその先の出雲まであるにもかかわらず丹波止まり
この征服されなかった領域は丁度四隅突出型墳丘墓の分布域と重なる(いわゆる出雲王権説な)

101日本@名無史さん2016/03/14(月) 17:57:55.51
まあ実際問題、古墳時代に実際性が確認されてるのは獲加多支鹵大王(雄略天皇)だけなんだよね

稲荷山鉄剣古墳、関連するのは熊本阿蘇とさきたま古墳

伝わる伝承は妊婦の腹を斬り裂きました|( ̄3 ̄)|

102日本@名無史さん2016/03/14(月) 18:00:59.34
出雲だの何だのって話は一切でてこねっす!

広島だの畿内だのってのも出てこないしそのあと飛んで

持統天皇の時代までのそれまでの天皇らの消息も実際不明

103日本@名無史さん2016/03/14(月) 18:04:30.87
天皇の武力を示す鉄剣てのは雄略天皇の話なんだよね

104日本@名無史さん2016/03/14(月) 18:09:25.29
比定されるのが宋書に出てくる倭王武なんだろ

宋書、梁書に書かれてるが上奏文として周辺諸国を制圧し
広げました〜ってやつやな|( ̄3 ̄)|

105日本@名無史さん2016/03/14(月) 19:10:04.95
>>101
福岡や山口の遺跡を掘ったらもしかしたら応神天皇の実在の証拠が出てくるかもしれんで?
あの当時日本で文字(漢語)を書く必要があるのは国内の中心地である畿内ではなく、海外交易をする九州でなのだからねえ

106日本@名無史さん2016/03/14(月) 23:46:22.11
半島に近く、呉が目とh名の先まで来寇していた九州ならともかく、
畿内が三国情勢に関係があるとは到底思えないよね。地理的に。
いくらなんでも、魏や呉が水軍を組織して瀬戸内の最奥部、浪速大和
まで侵攻するとは思えない。
それまでも長く親交のあった九州だからどちらからも引っ張られた
わけで。なんで奈良が半島情勢にコミットせねばならないのか、白村
江の頃まで不明だよね。

107日本@名無史さん2016/03/15(火) 00:35:52.15
そそっ♪
全ては海人との腐れ縁、いわば海運業者の利権から始まってる訳よ

108日本@名無史さん2016/03/15(火) 07:11:14.02
海女=海士・海人=天 なのかな、やっぱり。

韓国の済州島にいる海女さんは、今じゃ減少した日本各地の海女さんを
補って出稼ぎしてきているそうな。
済州島は歴史的に、時の半島国家と関係なく自由に日本各地と交流して
きたってんで、李氏朝鮮からは差別され慰安婦扱いだったそうだ。
半島南部=任那一帯が天族の領地だったんだよ。
そして、大和=奈良はその出土品に海の民だった証拠は皆無。
やっぱどう考えても九州だわ。巻向馬鹿、何とか言って見ろよな。

109日本@名無史さん2016/03/15(火) 07:19:17.40
「倭の五王」の記述のあった「宋書」によると、百済は遼西にあったらしい。
そして倭人は百済の構成民であった。
そうすると倭王がいた場所は朝鮮半島で対馬海峡を超える事はないね。
だいたい、記紀に高句麗との戦争の話なんてどこにも書いてないじゃないか。

110日本@名無史さん2016/03/15(火) 08:26:26.58
>>108
奈良県に海なんざねえだろバカ
大和湖で海賊やれてたまるかwwwwwww

宗像氏だか津守氏だかがなんか強い人を担ぎ上げて「筑紫で戦死した王の息子さんなんやで〜」ってことにして大和を乗っ取った!
これでいいのだ

>>109
あのウリナラマンセーファンタジートンデモマップは元ネタがあったのか

でも残念
南朝に入貢した倭王は百済の軍事権を求めてがそれは認めてもらえていない
アホくさい三段論法はやめよう!

高句麗との戦争に関しては
「於是、高麗・百濟二國王、聞新羅收圖籍降於日本國、密令伺其軍勢、則知不可勝、自來于營外、叩頭而款曰「從今以後、永稱西蕃、不絶朝貢。」故因以、定內官家屯倉。是所謂之三韓也。」
という神功皇后の三韓征伐の記事で敵は素直に降参したことになってる
なんという大本営発表!

実際の戦闘行為は事実上独立した筑紫の勢力が勝手にドンパチやっているから当然大和へは伝わらないんだけども、
応神天皇28年に「高麗王、教日本國也。」という挑発の手紙がよこされてぶち切れぷんぷん丸になったことからそれとなく察してほしい

111日本@名無史さん2016/03/15(火) 13:24:40.25
昔は今にも増して文字文化を独占的に有する国家が史実を"作って"いただろうから宋書は丸々鵜呑みにはできないな

ただそれよりももっと信用ならないのは倭人の記紀
口承と大陸の歴史書を組み合わせてるから間違いの数は歴史書を上回る

112日本@名無史さん2016/03/15(火) 13:49:53.86
倭人伝の通り顔に朱を塗った遺骨は、南九州からバンバン出てる。
畿内ではどうですか?

南九州の風土と歴史、伝承を中心に書きつづっていこうと思います。 季節ごとの風景や
祭りを画像でお届けしますのでどうぞお楽しみに。
http://kamodoku.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-557a.html

http://kamodoku.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2014/05/31/cimg8916.jpg
人骨の主は「男性・40歳代・身長155センチ」とのこと。頭蓋骨だけ真っ赤だが、
これは皮膚に塗っていた朱が白骨化したあと、顔だけは皮膚が薄いため骨に付着した
のであろうとのことである。

113日本@名無史さん2016/03/15(火) 18:44:29.21
群馬の二子山古墳や千葉の姫塚古墳出土の人型埴輪の顔にはベンガラが塗られており鯨面文身は全国的な風習であったことが分かっている

ちなみに芝山のはにわ祭りでは埴輪から入れ墨も含めて当時の人々の様相を再現しているがかなり異様
大陸からの使者はさぞやドン引きしたであろう
http://www.haniwakan.com/wordpress/wp-content/blog-photo/2014/11/2014-11-09-1.jpg
http://www47.tok2.com/home/hideki88/canon15122958.jpg

114日本@名無史さん2016/03/15(火) 18:45:12.15
使者が九州で足止めなら九州の描写しか出来ない

115日本@名無史さん2016/03/15(火) 18:59:26.13
隋書倭国伝読むとこの時代になってもまだ鯨面文身してるよな
推古天皇も厩戸王も全身入れ墨だらけだったと思うと感慨深い

116日本@名無史さん2016/03/15(火) 19:15:01.04
大和朝廷の時代、イレズミして負のは罪人や蝦夷だより。
唯一の例外が、大来目。大人になってからいれてるけど、倭人だったのかもな。
天孫族にはイレズミの習慣はなかったからな。

117日本@名無史さん2016/03/15(火) 19:28:30.30
唐会要の蝦夷伝にそんな記述ないが
入れ墨してたのは倭人だけだろ

118日本@名無史さん2016/03/15(火) 19:29:49.49
あと魏志倭人伝には身分の上下を問わず入れ墨をするという記述があるから
一部の層だけしなかったとは考えられない

119日本@名無史さん2016/03/15(火) 19:32:52.25
宋書には男も女も入墨をしてたとあるね。
九州の倭人は、女より男の方が入墨をするけど、女がしていなかったわけではなさそうだ。

120日本@名無史さん2016/03/15(火) 19:34:55.35
日本書紀に、エゾは入墨してたと書かれてるよ。

121日本@名無史さん2016/03/15(火) 20:45:45.43
>>119
捏造乙
宋書倭国伝にはそんなこと書かれてない

122日本@名無史さん2016/03/15(火) 21:10:17.13
>>119
隋書だぞ。
男女多黥臂點面文身

123日本@名無史さん2016/03/15(火) 21:10:39.15
記紀に何も書いてないから天皇家とは何の関係も無い人達だったんだろうよ。

124日本@名無史さん2016/03/15(火) 21:14:19.70
倭人、倭国は、別民族だよ。
大和民族が、刺青して顔に朱の化粧してるわけないだろ。

125日本@名無史さん2016/03/15(火) 22:21:27.71
奈良桜井市の茅原大墓古墳からも顔面にベンガラの模様がある埴輪が出土してるぞ

126日本@名無史さん2016/03/15(火) 23:00:55.47
>>125
九州から連れてきた奴隷だろ

127日本@名無史さん2016/03/15(火) 23:40:27.72
関東の八幡塚古墳で見つかった人型埴輪もすべて顔に朱色が塗られてる

128日本@名無史さん2016/03/15(火) 23:47:05.97
蝦夷が塗ってからな。
塗られた埴輪は、大和朝廷では下級の人たち。

129日本@名無史さん2016/03/16(水) 08:17:01.81
いずれにしても天皇家とは関係ないな。
九州の酋長か、そうでなきゃ朝鮮半島の王だろう。

130日本@名無史さん2016/03/16(水) 10:06:13.95
血統論なのよw
羊血統に倭呼称は使わんし民俗描写も在り得んのよ

131日本@名無史さん2016/03/16(水) 10:11:19.28
評から郡に変わって大和朝廷が日本の政権を握ったんだな。

132日本@名無史さん2016/03/16(水) 11:00:08.69
>>112
畿内は人がいっぱい住んでるから掘れないよ
九州みたいにどこでも掘れるド田舎じゃないからな

133日本@名無史さん2016/03/16(水) 18:15:03.71
>>128
古事記に大久米命の入れ墨を見て伊須気余理比売が驚いた記述があるが
大久米命は下級役人か

>>129
後漢書によると弁辰は倭と近いため文身をしたものが頗る多いとある
つまり半島でも入れ墨をしているのは倭人系だけだったわけだ

134日本@名無史さん2016/03/16(水) 18:44:12.48
>>133
大来目は倭人なんだろ。
渡来人に習って、入墨をしていなかったが、そこで先祖の習慣を出した。

135日本@名無史さん2016/03/16(水) 18:47:23.48
>>133
弁辰は狗邪韓国だからね。そこに、北方民族がはいり倭人を支配した。
そこは、秦の強制労働から逃げ出した北方民族も集まった。
狗邪韓国の流れをくむ倭人に倭国のことを聞いていたので、新羅に押されると孫を倭国に逃した。
これが天孫降臨だ。

136日本@名無史さん2016/03/16(水) 22:07:59.24
新羅が洛東江まで進出してくるのは法興王の治世にはいってから
狗邪韓国の後進国である金官国が滅んだのは562年なので天孫降臨とは時代が合わない

137日本@名無史さん2016/03/16(水) 22:19:50.81
>>136
滅びたら孫を送り込めないだろ。
滅びる前だよ。

138日本@名無史さん2016/03/16(水) 22:32:11.44
新羅が伽耶まで進出してきたのって欽明天皇の頃だぞ
その頃に半島から亡命があったらもっと明確な記録が残ってるわ

139日本@名無史さん2016/03/16(水) 22:48:21.51
日本という国名は任那日本府から受け継いだものなんだよね?

140日本@名無史さん2016/03/17(木) 02:30:19.64
目支国
 ちょっと変えると
        日本国

141日本@名無史さん2016/03/17(木) 03:24:08.25
なぜ、滅びた朝鮮半島の小さな国である日本を国名にしたのかだよな。
大和朝廷、天皇の出自が日本だったからとしか考えられない。

142日本@名無史さん2016/03/17(木) 09:48:46.40
単に東という意味

143日本@名無史さん2016/03/17(木) 13:30:56.47
目支国の場所は馬韓の中で南で、三韓全体で見ても西側になるんだが?

144日本@名無史さん2016/03/17(木) 18:45:56.96
任那日本府の当時の名称は任那倭宰
日本府の名称は書紀編纂者の潤色表現

145日本@名無史さん2016/03/17(木) 19:10:10.46
>>144
それは違うわ。

>現在最古の『日本書紀』の注釈書である『釈日本記』は、任那日本府を任那之倭宰と注釈している。
>つまり、日本府とは、倭宰(ヤマトノミコトモチ)の意味というのが、平安・鎌倉時代の解釈だった
>のである。
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1415463884

任那日本県、任那日本府は、当時の名前。
「任那之倭宰」は、後世に、それは倭国の治めるところだったのだろうという解釈が生まれただけ。

なぜ、任那の地名を日本が国名に使ったのかが想像つかなかったからだよ。

任那の日本の勢力が、徐々に本拠地を移し、この日本列島を征服したと考えれば、何も不思議はない。
旧唐書に書いてある。
日本は倭国の別種。小さい日本が大きな倭国を併せた。
この日本が、任那。

146日本@名無史さん2016/03/17(木) 19:10:39.89
日本って倭の別種だよな。
倭は朝鮮半島で、日本は日本列島って事だよな。

147日本@名無史さん2016/03/17(木) 19:11:44.63
日本が狗邪韓国で、そこが任那日本府だったら、狗邪韓国に滅ぼされたってことかも。

148日本@名無史さん2016/03/17(木) 20:24:12.37
◆在日中国人


在日中国人(ざいにちちゅうごくじん、日籍華人)は、日本に在住している中国人である。
中華人民共和国または中華民国(台湾)の国籍を有する者は華僑であり、日本国籍を
取得したものは「華人」である。なお、中華民国(台湾)の国籍者は在日台湾人と呼ばれる。
広義には中華人民共和国(香港、マカオを含む)と中華民国(台湾)国籍者を指すが、
狭義には中華人民共和国国籍者のみを指し、中華民国(台湾)国籍者は在日台湾人と
呼ばれることが多い。

独立行政法人統計センターによると、2010年12月末時点では両地域合わせて687,156人が
外国人登録されており、これは565,989人の在日韓国・朝鮮人を超える規模である[1]。
既に2007年8月に人民網が、東京では100人に1人は在日中国人であると伝えている[2]。

2010年12月末の在日中国人の国内分布は東京が最も多く164,201人、次いで横浜を擁する
神奈川が56,095人、以下、大阪府51,056人、埼玉48,419人、愛知47,454人、千葉県45,427人、
兵庫25,585人、福岡県21,936人、茨城15,726人、岐阜県15,340人と続く。
このように在日中国人の居住地は大都市圏に集中しているが、中でも関東南部への集中が
顕著である[3]。

なお、表に表れない非公式な数字を入れると東京には二倍の30万人以上が居住していると
いわれる、[要出典]それほどに中国人の東京への一極集中が顕著である。

149日本@名無史さん2016/03/17(木) 20:25:50.25
◆在日中国人


在日中国人(ざいにちちゅうごくじん、日籍華人)は、日本に在住している中国人である。
中華人民共和国または中華民国(台湾)の国籍を有する者は華僑であり、日本国籍を
取得したものは「華人」である。なお、中華民国(台湾)の国籍者は在日台湾人と呼ばれる。
広義には中華人民共和国(香港、マカオを含む)と中華民国(台湾)国籍者を指すが、
狭義には中華人民共和国国籍者のみを指し、中華民国(台湾)国籍者は在日台湾人と
呼ばれることが多い。

独立行政法人統計センターによると、2010年12月末時点では両地域合わせて687,156人が
外国人登録されており、これは565,989人の在日韓国・朝鮮人を超える規模である[1]。
既に2007年8月に人民網が、東京では100人に1人は在日中国人であると伝えている[2]。

2010年12月末の在日中国人の国内分布は東京が最も多く164,201人、次いで横浜を擁する
神奈川が56,095人、以下、大阪府51,056人、埼玉48,419人、愛知47,454人、千葉県45,427人、
兵庫25,585人、福岡県21,936人、茨城15,726人、岐阜県15,340人と続く。
このように在日中国人の居住地は大都市圏に集中しているが、中でも関東南部への集中が
顕著である[3]。

なお、表に表れない非公式な数字を入れると東京には二倍の30万人以上が居住していると
いわれる、[要出典]それほどに中国人の東京への一極集中が顕著である。

150日本@名無史さん2016/03/17(木) 20:26:39.42
2010年12月末の在日中国人の国内分布は東京が最も多く164,201人、次いで横浜を擁する
神奈川が56,095人、以下、大阪府51,056人、埼玉48,419人、愛知47,454人、千葉県45,427人、
兵庫25,585人、福岡県21,936人、茨城15,726人、岐阜県15,340人と続く。
このように在日中国人の居住地は大都市圏に集中しているが、中でも関東南部への集中が
顕著である[3]。

なお、表に表れない非公式な数字を入れると東京には二倍の30万人以上が居住していると
いわれる、[要出典]それほどに中国人の東京への一極集中が顕著である。

151日本@名無史さん2016/03/17(木) 21:43:52.58
任那が「倭」の残党で、日本列島はその「倭」の別種だと言う事なのかも。
古代史の謎が解けてきたぞ。
即ち、倭の五王は朝鮮半島の王という事だ。
そうすれば、倭が高句麗と戦争していた事も、記紀に記述がない事も、全ての文献資料や考古学資料と調和する。

152日本@名無史さん2016/03/17(木) 21:45:24.21
>>145
釈日本記自体は鎌倉期の編纂だが歴代の日本紀講筵の史料を基にしていることから信憑性は高い

>旧唐書に書いてある。
>日本は倭国の別種。小さい日本が大きな倭国を併せた。

なぜ都合の悪い部分を省いている。
日本國者、倭國之別種也。以其國在日邊、故以日本為名。或曰:倭國自惡其名不雅、改為日本。或云:日本舊小國、併倭國之地。

日本国は倭国の別種であるという。国が日の出のあたりにあるので日本と名乗っている。或る説によると倭国が自らの名を雅でないと憎み日本と改めたと。
また或る説によるとかつての小国であるが倭国の地と併合したという。

ちなみに狗邪韓国を滅ぼした新羅側の史料には日本府は全く出てこず新羅本紀の670年の条に倭国が国号を日本と自称するようになったとあるだけ

153日本@名無史さん2016/03/17(木) 21:50:59.57
>>151
>そうすれば、倭が高句麗と戦争していた事も、記紀に記述がない事も、全ての文献資料や考古学資料と調和する。

雄略二十三年(479)に高句麗を討ったという記述がある
筑紫安致臣・馬飼臣等、率船師以擊高麗。

この年は倭王武が宋に高句麗出兵を願い出た翌年にあたり日中の史料は著しく一致している

154日本@名無史さん2016/03/17(木) 21:56:30.84
>>145
それは違うわw 騎馬民族征服説のこじつけ、学界では誰も相手にしてない

155日本@名無史さん2016/03/17(木) 22:36:51.39
私どもが行った現代日本人頭骨の分析から見ても、近畿人、特に畿内人は目立って朝鮮の集団に近いという意味で『特殊な日本人』ともいえる
(埴原和郎・国際日本文化研究センター名誉教授)

畿内古代人は韓国朝鮮現代人に類似する畿内現代人と同じグループに属している
(池田次郎・京都大学名誉教授)

大阪を中心とする近畿地方の人たちは、百済地方の人たちと匹敵するほど頭の形が丸い
(欠田早苗・兵庫医科大学名誉教授)

関西人には細い目をした髭の薄いのっぺり顔が多いが、沖縄の人は眉や髭が濃く、ぱっちりした二重まぶたの人が多い
(中橋孝博・九州大学大学院教授)

アイヌと近畿人と朝鮮人
http://www001.upp.so-net.ne.jp/study-shiomi/images/ep61.h7.jpg
http://i.imgur.com/DUcTfTp.jpg
http://i.imgur.com/bqzuUet.jpg
http://stat.ameba.jp/user_images/20120526/00/cyrus2/39/9a/j/o0585047311993262057.jpg

近畿人と朝鮮人が非常に近いことが目立ち、縄文人(関東)とアイヌは違いを見出せない。
http://web.joumon.jp.net/blog/wp-content/uploads/1-thumb.jpg
http://2.bp.blogspot.com/-mL7QoD2Ihjs/T9vfny4AC8I/AAAAAAAAAFA/jbBsU8mTa2A/s1600/15xweb6.gif

156日本@名無史さん2016/03/17(木) 22:52:39.38
骨相学とかいつの時代の人間なんだだか
アイヌに遺伝的に一番近いのはアンダマン人だが容姿だけでは近縁とは全く思えんだろ

157日本@名無史さん2016/03/17(木) 23:26:53.71
>>141 >>145 >>147
もし当時任那日本府という名称があったのだとしても、そもそも三韓・任那に日本国という国ががあった記録は無いし、記録に残らなかった日本国があったとして自らの首都を日本府とは呼ばない。
任那の一国が自らの首都を日本府と雅称することも、まぁ可能性は薄い。
候補としては
1.中原から見て東にあたる任那にある城邑の雅称。
の他に
2.任那のある国の領土のうち東部にある役所。
3.任那の西にある国が自国から見て日本=東である任那に設置した役所。
4.任那の東にある国が設置した役所に対する任那側の呼称。
狭い任那で2は無さそうだ。文字だけ追えば3が第一候補、4よりは1が有力。
けどやはりなにより有力なのは、そんな名前は後付けで当時はなかった説になってしまう。

158日本@名無史さん2016/03/17(木) 23:31:43.20
「天皇」って呼称も後付けなんだよなあ・・・

159日本@名無史さん2016/03/18(金) 01:36:32.45
任那あたりを日本と呼ぶのは中国から見て。
日本を日本と呼ぶのは朝鮮半島から見て。

160日本@名無史さん2016/03/19(土) 02:36:24.79
>>158-159
日本にしろ天皇にしろ、天武以降だからそれ以前には後付けだよな

161日本@名無史さん2016/03/19(土) 04:30:49.22
日本が日本と名乗るより早く、朝鮮半島に日本という地名があり、新羅に滅ぼされたこと。
日本は、それを知りながら、日本と名乗ることにしたこと。
日本の成り立ちに関係するこの事実は見逃せないな。

162日本@名無史さん2016/03/19(土) 11:39:41.59
滅ぼしたとうの新羅側の史料に日本何て出てこない

163日本@名無史さん2016/03/19(土) 14:07:45.18
「日本」は、もともと、百済地方の呼び名だった。

http://img.hani.co.kr/imgdb/resize/2012/0607/00432833701_20120607.JPG
▲昨年7月、中国西岸骨董市場で発見され現地学術誌に公開された百済人「祢軍」の墓誌銘拓本。

今日の日本の国号が本来、百済の土地を称する言葉であり、国号成立に百済人らが関与したと
いう学説が提起された。

7世紀の百済滅亡期、義慈王と唐に投降して官吏になった後、日本に使節として派遣された「祢軍
(禰軍)」(613〜678)という人物の墓誌銘の文章に彫られた「日本」の文字が現在の日本の国号で
はなく百済の他の表現という根拠が見つかったという。この様な主張をしたのは日本古代史学界
権威である東野治之(とうの はるゆき)大阪市立大教授だ。


墓誌銘の「日本」は祢軍が日本に使節に行った背景を書いた部分に登場する。「660年官軍(唐
軍)が私たちの蕃国(百済)を平定した日…日本の残党が扶桑に立てこもって殺戮を免れ、風谷に
残った輩は盤桃を信じて堅く抵抗した…」という内容だ。

文中の「日本」を既存学界は公式国号と見たが、東野教授は「技巧を凝縮させた墓誌銘の文章と
見れば決して国号とは見られない」と否定した。墓誌銘に記録された当時、百済など中国の周辺
国は国号を使わず、扶桑・風谷・盤桃など自然環境的特徴に基づいた隠喩的名称を使ったが、唯
一、日本だけ公式国号を使ったはずがないという論旨だ。

墓誌銘の「日本」は中国から見る時「日が昇る所」という意味ですなわち百済を示すということだ。
彼は「墓誌銘で実際、倭国(日本)は‘ヘジュァ(海左:海東側)’、‘ヨンドン(瀛東:中国東側)と表記さ
れたと推定される」として「当時、国号が存在したとすれば書いた人は日本という表記を使わなか
っただろう」と主張した。

「日本は本来百済の土、称する言葉だった」
http://www.hani.co.kr/arti/culture/culture_general/536435.html

164日本@名無史さん2016/03/20(日) 15:57:53.13
>>132 都会のほうがバンバン土をほじくり返すから遺跡はたくさん出てくるんだけどな。

地方ではほじくり返す意味も無いしむやみやたらやる予算すら無い。

165日本@名無史さん2016/03/22(火) 00:06:35.87
東北はあると見越して予算かけて大成功した好例だね
建造物の基礎工事では発見できるけどアスファルト流し込んで道路整備を完了してる都市は厳しいかな

166日本@名無史さん2016/03/22(火) 11:11:12.46
>>164
強制的に民家どかせてほじくり返す気かよ
おまけに>>165だからほとんど掘り返せてないんだよ

167日本@名無史さん2016/03/22(火) 19:05:44.51
>>163
「自然環境的特徴に基づいた隠喩的名称を使った」
と明記してあるのだから、ここでいう「日本」はあくまでも隠喩的名称
百済の地名ではない

168日本@名無史さん2016/03/22(火) 21:22:25.78
日本は朝鮮半島の方が先なのか。

169日本@名無史さん2016/03/22(火) 22:32:44.65
これ「本」の字だけあとから下半分(十)を付け足したの?ってくらいおかしいんだけど
そこはツッコミ禁止?

170日本@名無史さん2016/03/22(火) 22:47:30.39
三国史記の地誌にのってる百済時代の旧地名に日本なんて出てこんがな

171日本@名無史さん2016/03/22(火) 23:19:25.43
日本は朝鮮半島のちっぽけな地域だったんだな。

172日本@名無史さん2016/03/22(火) 23:25:34.29
ぱよぱよ?

173日本@名無史さん2016/03/22(火) 23:33:37.49
わかってないやつがいるなぁ
禰軍墓誌の段階では日本ってのはどこでもないよ、
東の方を漠然とさしてた名詞がいくつもあってその一つにすぎない
墓誌では倭国や百済という現実の国名を避けて
架空の国々の名、日本とか扶桑とかを使ったにすぎない
山海経的な伝説の世界では
日本は太陽が昇るその場じゃなくてあくまでその近く
扶桑はまさしく太陽が昇るそのところ
だから扶桑の方がより東のはてで、日本はそれよりちょい手前になる
禰軍墓誌が東のはてにあたる倭国を「扶桑」と書いて
その手前(ちょい西寄り)の百済を「日本」と書いてるのは
伝説上の地名に乗っ取った当てはめなんだよ

従ってこの時点ではまだ倭国は日本に改名していないのが逆にわかる
倭国が日本に改名していたら日本って言葉を百済をさす意味には使わなかったろう

174日本@名無史さん2016/03/23(水) 02:28:13.72
あちらは起源説が大好きだからなぁ
そもそも朝鮮の三国時代人だとか所謂弥生系だとかの民族って現代朝鮮民族と一切関係ないからな
あれもこれも何でも自分たちの民族が起こしたことだとして大量にドラマを作り世界中にタダ同然で配ってるからたちが悪い

500年の年月をかけて900万人が4500万人になった日本、それに比べ500年かけても600万人が1200万人にしかならなかった李氏朝鮮
明らかに李氏朝鮮では半島内の漢民族と北方民族のみでの同族化が進んだ

よって民族に多様性があった三国時代とその後の李氏朝鮮以降の現代韓国人は全くの別物

175日本@名無史さん2016/03/23(水) 08:12:21.06
邪馬台国時代からヤマトを名乗ってきた倭が日出ずる国として日の本の大和と自称したのが日本の始まり

176日本@名無史さん2016/03/23(水) 08:50:21.22
私どもが行った現代日本人頭骨の分析から見ても、近畿人、特に畿内人は目立って朝鮮の集団に近いという意味で『特殊な日本人』ともいえる
(埴原和郎・国際日本文化研究センター名誉教授)

畿内古代人は韓国朝鮮現代人に類似する畿内現代人と同じグループに属している
(池田次郎・京都大学名誉教授)

大阪を中心とする近畿地方の人たちは、百済地方の人たちと匹敵するほど頭の形が丸い
(欠田早苗・兵庫医科大学名誉教授)

関西人には細い目をした髭の薄いのっぺり顔が多いが、沖縄の人は眉や髭が濃く、ぱっちりした二重まぶたの人が多い
(中橋孝博・九州大学大学院教授)

アイヌと近畿人と朝鮮人
http://www001.upp.so-net.ne.jp/study-shiomi/images/ep61.h7.jpg
http://i.imgur.com/DUcTfTp.jpg
http://i.imgur.com/bqzuUet.jpg
http://stat.ameba.jp/user_images/20120526/00/cyrus2/39/9a/j/o0585047311993262057.jpg

近畿人と朝鮮人が非常に近いことが目立ち、縄文人(関東)とアイヌは違いを見出せない。
http://web.joumon.jp.net/blog/wp-content/uploads/1-thumb.jpg
http://2.bp.blogspot.com/-mL7QoD2Ihjs/T9vfny4AC8I/AAAAAAAAAFA/jbBsU8mTa2A/s1600/15xweb6.gif

177日本@名無史さん2016/03/23(水) 13:26:55.76
困ったら巨大コピペ貼るのはパヨチントンスリアンの性癖やね

178日本@名無史さん2016/03/24(木) 01:17:28.64
朝鮮には歴史がある、朝鮮人が日本を支配していた、とか暗に言いたいんだろうが弥生人と朝鮮人って全く関係ないだろ
弥生人が朝鮮起源ならアジア圏は広範囲にわたり朝鮮起源になってしまうし古代の遺骨はサンプル少な過ぎて論外だろう

李氏朝鮮以前の雑多な民族が李氏後に特定の種族繁殖のみでじっくり均一化したのでいわゆる現代の朝鮮人は日本に対して功績ゼロです

179日本@名無史さん2016/03/24(木) 10:21:53.99
そもそも古代朝鮮族と現代朝鮮族に民族的繋がりはなくて
北方アジアのエベンキ族が移住してきたものだしな
文化的にも中国の影響は大きかったが国風文化育ってきた後は
ほぼ独自文化であって朝鮮半島経由の文化伝播なんかない

180日本@名無史さん2016/03/24(木) 15:44:08.85
日本人の起源 〜遺伝学電子博物館
http://www.nig.ac.jp/museum/evolution/02_e.html

特に、韓国人と本土日本人の二集団間の遺伝距離はゼロであった。やはりこの分析で
も、韓国人と本土日本人は遺伝的にきわめて近縁な関係にあることが明らかとなった
のである。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_26_02.gif

つぎに、集団間で求めた遺伝距離をもとに集団の系統樹を作成した(図26)。この系
統樹では、アフリカ人が他の人類集団に先がけて分岐し、続いてヨーロッパ人が分か
れ、さらにアメリカ先住民が分岐している。最後に、東アジアの五集団が単一系統
のクラスターを形成して枝分かれしてくる。東アジア人のクラスターでは、アイヌ
が最初に分岐し、続いて中国人が枝分かれしてきたことが読み取れる。続いて琉球人
が枝分かれし、最後に韓国人と日本人が緊密なグループとして分岐してくる。

http://okinawa-rekishi.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2014/05/21/dna.jpg
http://www.kahaku.go.jp/research/department/anthropology/report02/s-IshidaFig1.jpg

181日本@名無史さん2016/03/24(木) 23:09:21.05
もし遺伝子的に同じなら
なんであんなにみすぼらしい国のままなのかっていう疑問が湧いてくるな
水車は作れるようになったのか?

182日本@名無史さん2016/03/25(金) 19:05:02.00
お前バカだね
技術力が遺伝子で決まるなら四大文明の子孫以外は今でも原始人だろうよ

183日本@名無史さん2016/03/25(金) 20:22:00.70
たった一冊の原理しか書いてない書籍から反射炉を築いた日本人
実物を見ても水車が数百年間作れなかったトンスリア

184日本@名無史さん2016/03/26(土) 19:59:08.60
日本人はみんな顔に多様性があるが韓国人はみんな同じ
そこから見てもまぁ全然違う遺伝だわな

1851だょ2016/03/27(日) 00:15:09.42
わかったぞ
允恭天皇が新羅と親しかった理由

やっぱりあの時代筑紫と大和は別々の政権だったんだ

筑紫が親しいのは百済
なぜなら中国大陸へ行くための寄港地だから

筑紫と大和はお互いに攻め取りあう関係で
一方が強大になるともう一方を併呑する
その統一は恒久的に続くものではなく、1代で終わりがちなものだ

なんといっても当時は街道が整備されていなくて遠隔地の支配が難しいし、
筑紫には任那と百済という後背地があるのに対し、大和の後背地である東国は未開拓
大和朝廷は西にばかり兵を置くこともできなかっただろう

応神朝の崩壊後のgdgdから小康状態で近畿地方の支配を取り戻した允恭期の大和朝廷と筑紫の倭王の政権とは敵国同士
百済と新羅も敵国同士なので敵の敵は味方
よって允恭期の大和は新羅の味方

倭王珍に関しては本当に反正天皇かもしれないが、崩御年であるはずの437年の翌年に朝貢しているので
死んだのではなく大和を追い出されて筑紫に移ったとみれば納得できる

というか「反正」という諡が既にもうヘイト丸出し!
明らかに大和人から嫌われてるって分かる

186日本@名無史さん2016/03/27(日) 01:46:09.23
朝鮮人を叩く正義の味方のふりをして日本のルーツを中国に改竄する
情報操作手法のサギサギ湾豚サギ湾豚が湧いているみたいだな。

187日本@名無史さん2016/03/27(日) 03:08:24.07
愚か者め
日本のルーツは日本列島内で独自にある

世界中のどこの民族よりも
日本人は文化的に豊かだ

朝鮮などという不毛の地から教わることなど
「朝鮮人とかかわるとろくなことがない」という教訓くらいだ

188日本@名無史さん2016/03/27(日) 06:13:40.07
倭の五王子は満鮮にいた。

189日本@名無史さん2016/03/27(日) 10:44:18.21
現代トンスル族の先祖はエベンキ族
これ豆な

190日本@名無史さん2016/03/27(日) 10:51:42.38
私どもが行った現代日本人頭骨の分析から見ても、近畿人、特に畿内人は目立って朝鮮の集団に近いという意味で『特殊な日本人』ともいえる
(埴原和郎・国際日本文化研究センター名誉教授)

畿内古代人は韓国朝鮮現代人に類似する畿内現代人と同じグループに属している
(池田次郎・京都大学名誉教授)

大阪を中心とする近畿地方の人たちは、百済地方の人たちと匹敵するほど頭の形が丸い
(欠田早苗・兵庫医科大学名誉教授)

関西人には細い目をした髭の薄いのっぺり顔が多いが、沖縄の人は眉や髭が濃く、ぱっちりした二重まぶたの人が多い
(中橋孝博・九州大学大学院教授)

アイヌと近畿人と朝鮮人
http://www001.upp.so-net.ne.jp/study-shiomi/images/ep61.h7.jpg
http://i.imgur.com/DUcTfTp.jpg
http://i.imgur.com/bqzuUet.jpg
http://stat.ameba.jp/user_images/20120526/00/cyrus2/39/9a/j/o0585047311993262057.jpg

近畿人と朝鮮人が非常に近いことが目立ち、縄文人(関東)とアイヌは違いを見出せない。
http://web.joumon.jp.net/blog/wp-content/uploads/1-thumb.jpg
http://2.bp.blogspot.com/-mL7QoD2Ihjs/T9vfny4AC8I/AAAAAAAAAFA/jbBsU8mTa2A/s1600/15xweb6.gif

191日本@名無史さん2016/03/27(日) 11:13:48.81
Wikipediaでエベンキ族がエヴェンキ族とかに改竄されててクソワロタwww

192日本@名無史さん2016/03/27(日) 13:24:42.40
もとがEvenkiなんだからいいだろ

193日本@名無史さん2016/03/27(日) 13:26:44.58
E便器族だからどっちでもいいか^^

194日本@名無史さん2016/03/27(日) 16:16:27.05
>>185
なるほど。でも、違うところもあると思うよ。百済は単なる寄港地じゃ
なくて、元同一民族。半島南部から九州北部などにかけて存在した海の
民。或いは、漢族に圧迫されて逃亡した揚子江文明の末裔。呉越とか。
その人達が稲作を直接運んだのが日本の稲作の起源で、まだ当時の北限
から朝鮮北部からの伝播は難しいと思うよ。

そうでなければ、いくら鉄が出るとは言っても、あそこまで半島出兵を
続けた理由がわからない。東の大和と何度戦ったか記録上は不明だが、
合計100度近く出兵する理由は、父祖の土地や、故郷やしがらみなど
も大きかったと思う。勿論、大陸へ行くのに重要な土地だけどね。
中国南朝→日本は2,3日でも着くが、逆は大変なのは遣唐使が証明し
てるとおり。

195日本@名無史さん2016/03/27(日) 16:46:28.79
>>194
韓国に木浦(モクポ)ってあるじゃん

あれを木浦(こうら)って読んだらそのまま魏志韓伝の「狗蘆国」になんのよ
多分、日本語任那方言では木浦(クラ)って言ったんだと思う

同様に韓伝にある「蘆」がつく国名、あれらは全部日本語の「浦(うら)」だね

196日本@名無史さん2016/03/27(日) 17:11:59.00
>>194
おえい、ホラッチョ台湾ブタ広鼻半ニガー。




で、揚子江文明の末裔や呉越が渡来したという狂言を証明する証拠遺跡とその証拠文物は?


で、揚子江文明の末裔や呉越が稲作を直接運んだのが日本の稲作の起源だという狂言を
働いているキチガイ学者の氏名とその所属団体は?




.

197日本@名無史さん2016/03/27(日) 17:25:50.01
>>196
具体性のない北韓国狗の子が何をほざいてるのかね?

わんわんわんwwwwww

ほらほら君の大好きなトンスルと慰安婦だよ〜

198日本@名無史さん2016/03/27(日) 17:27:00.02
もしかして朝鮮人って日本列島を追い出された民なんじゃね?

199日本@名無史さん2016/03/27(日) 17:32:57.50
高句麗、こいつの「句麗」って部分
狗奴国や狗蘆国の「狗」と一緒だろ?

アイヌ語のkur(人)
日本語では「木(き)」「城(き)」
朝鮮語の「골(村)」

これ絶対縄文人語だよね?

朝鮮人の先祖(ただしモンゴリアンにGo韓される以前)って日本製なんじゃないん?

200日本@名無史さん2016/03/27(日) 17:39:20.00
>>199
縄文人は、日本列島が朝鮮半島や樺太とほとんど陸続きだった時に渡ってきた人たちだよ。
朝鮮半島ではほとんどいなくなったけど、それでも地名は残る。

201日本@名無史さん2016/03/27(日) 17:42:01.00
>>200
寒すぎて人間が住みにくい北からはあんまり入ってこなかったはず

アイヌも肌の白いオーストラロイドと見れるほどのレベルで南方要素が濃いだろ

202日本@名無史さん2016/03/27(日) 17:46:29.79
>>201
アイヌは南方系だよ。寒冷地適応していないという意味で。古モンゴロイドだ。
だけど、それを言った埴原でさえ、列島に入ってきた縄文人は、北からと半島からがあっただろう
と言っている。
北方の古モンゴロイドは、マンモスの狩猟をしていた。マンモスを追って、北海道に辿り着いたと考え
られている。

203日本@名無史さん2016/03/27(日) 17:53:06.28
「日本列島3人類集団の遺伝的近縁性」
平成24年11月1日
東京大学大学院医学系研究科
総合研究大学院大学

◆成 果:日本列島の3人類集団(アイヌ人、本土人、琉球人)間およびそれらと他の人類集団との遺
伝的近縁性を確定した。
◆新規性:101年前に提唱されたアイヌ・琉球同系説を最終的に証明し、またアイヌ集団が本土人および
北方集団と遺伝子交流をしてきたことがはっきりした。

アイヌ人と琉球人が遺伝的にもっとも近縁であり、両者の中間に位置する本土人は、琉球人に次いでアイヌ
人に近いことが示された。一方、本土人は集団としては韓国人と同じクラスターに属することも分かった。

http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_241101_j.html

204日本@名無史さん2016/03/27(日) 18:17:24.85
>>202
古モンゴロイドってエヴェンキツングース北方顔とは対照的な顔した人種のことでしょ?
マンモスハンターって顔凸凹だったん?

まあアメリカ大陸の原住民だって南方的な顔いるから、あの容姿の人種もベーリンジアまで北上できたのはわかる気もしないでもないが

205日本@名無史さん2016/03/27(日) 21:44:36.21
縄文人の鼻は西洋人並みの高さとの事。

南方にそんなに鼻が隆起した人種はいないが。

206日本@名無史さん2016/03/27(日) 21:54:19.84
ニューギニア人とかアボリジニとか鼻高いだろ
ええかげんにせい!

207日本@名無史さん2016/03/27(日) 21:57:01.51
縄文人は鼻が高いんじゃなく鼻が大きいって感じだが

208日本@名無史さん2016/03/27(日) 21:59:21.71
ニューギニアとかアボリジニの鼻が高いと思ったことなんか全然ないが。

209日本@名無史さん2016/03/27(日) 22:16:02.69
縄文人の鼻が高いと思ったこともないぞ

210日本@名無史さん2016/03/27(日) 22:35:45.87
縄文人は鼻高くないだろ

211日本@名無史さん2016/03/27(日) 23:21:05.73
馬鹿が多いので、もう一遍言っておこう。

縄文人骨の鼻は西洋人並みの高さとの事。

縄文人骨の鼻は西洋人並みの高さとの事。

212日本@名無史さん2016/03/27(日) 23:23:12.40
ソースなき発言は信ずるに値せず

213日本@名無史さん2016/03/28(月) 00:20:59.79
ソースは松下孝幸の著書

214日本@名無史さん2016/03/28(月) 00:32:39.88
>>206
ニューギニア人やアボリジニは西洋人とも縄文人とも関係が無いぞ

215日本@名無史さん2016/03/28(月) 00:36:28.33
 沖縄で見つかった旧石器時代の人骨「港川人」の再調査を進めている国立科学博物館(科博)が、顔
立ちの復元図=写真上、科博提供=を作り直した。縄文人の祖先とされてきた従来のイメージ=写真下=
から大きく変わり、オーストラリアの先住民といった雰囲気だ。

 港川人は1967〜76年に沖縄本島南端の石切り場で見つかった。5〜9体分の人骨と考えられ、出
土地層は約2万年前と推定されている。全身の骨格と顔面が残っている旧石器時代の人骨は、日本ではそ
の後も発見はない。

 顔の彫りが深く、手足が長いといった港川人の特徴が、縄文人によく似ていることから、縄文人の祖先
は南から渡ってきたとの考えの大きな根拠となってきた。その縄文人に大陸から渡ってきた弥生人が融合
して日本人が形成されたと考えられてきた。科博はそうした日本人形成論の再検討に取り組んでおり、そ
の一環として港川人を再調査してきた。

 CTなど最新の技術で調べると、発見当初の復元にゆがみが見つかった。下あごが本来はほっそりとし
ており、そのゆがみを取り除くと、横に広い縄文人の顔立ちと相当に違っている。現在の人類ならば、オ
ーストラリア先住民やニューギニアの集団に近い。

 縄文時代の人骨は、列島の北から南まで顔立ちや骨格が似ていることから、縄文人は均質な存在と考え
られてきた。だが、縄文人の遺伝子を分析した結果、シベリアなど北回りの集団、朝鮮半島経由の集団な
ど多様なルーツのあることが見えてきた。

 新たな復元図は、そうした研究を総合したものだ。科博の海部陽介研究主幹は「港川人は本土の縄文
人とは異なる集団だったようだ。港川人は5万〜1万年前の東南アジアやオーストラリアに広く分布して
いた集団から由来した可能性が高い」と語った。そ
の後に、農耕文化を持った人たちが東南アジアに広がり、港川人のような集団はオーストラリアなどに限
定されたと考えることができそうだ。

http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201006280113.html

216日本@名無史さん2016/03/28(月) 01:00:24.45
もういい加減スレ違い!

217日本@名無史さん2016/03/28(月) 01:03:11.96
港川人が縄文人のメイン集団とは別なのは昔から言われてたからな

218日本@名無史さん2016/03/28(月) 01:31:04.90
>>197
おえい、ホラッチョ台湾褐色ブタ広鼻 4cm超級巨大タラコクチビリーデ。




で、揚子江文明の末裔や呉越が渡来したという狂言を証明する証拠遺跡とその証拠文物は?


で、揚子江文明の末裔や呉越が稲作を直接運んだのが日本の稲作の起源だという狂言を
働いているキチガイ学者の氏名とその所属団体は?




.

219日本@名無史さん2016/03/28(月) 01:33:13.50
>>218
お前ここ初めてか?
力抜けよ

220日本@名無史さん2016/03/28(月) 01:38:42.96
荒らしにかまうな

221日本@名無史さん2016/03/28(月) 01:38:52.36
>>219
おえい、ホラッチョ台湾褐色ブタ広鼻 4cm超級巨大タラコクチビリーデ。




で、揚子江文明の末裔や呉越が渡来したという狂言を証明する証拠遺跡とその証拠文物は?


で、揚子江文明の末裔や呉越が稲作を直接運んだのが日本の稲作の起源だという狂言を
働いているキチガイ学者の氏名とその所属団体は?




.

222日本@名無史さん2016/03/28(月) 01:39:43.02
そろそろ9cm砲が火を噴くぞ!

223日本@名無史さん2016/03/28(月) 01:42:27.80
>>222
おえい、ホラッチョ台湾褐色ブタ広鼻 4cm超級巨大タラコクチビリーデ。




で、揚子江文明の末裔や呉越が渡来したという狂言を証明する証拠遺跡とその証拠文物は?


で、揚子江文明の末裔や呉越が稲作を直接運んだのが日本の稲作の起源だという狂言を
働いているキチガイ学者の氏名とその所属団体は?




.

224日本@名無史さん2016/03/28(月) 03:30:44.36
北韓国は大韓民国の領土だ

225日本@名無史さん2016/03/28(月) 10:37:49.32
下トンスリアはとっとと上トンスルに支配されちゃってください!
というかなんであんな隣接地に首都作ってんの?バカなの?

226日本@名無史さん2016/03/28(月) 12:09:47.04
>>225
南の方は倭人系が多いので南に首都は作れない
韓国はいまだに両班が支配する国だよ

227日本@名無史さん2016/03/28(月) 12:46:48.50
そのおかげで、弥生人が日本列島に逃げ込んだんだけどな。

228日本@名無史さん2016/03/29(火) 07:42:06.49
未だに弥生系っぽい済州島は迫害されたり差別されてるけどな。一段劣った
人たちとして。あそこ住民投票で併合しようか。

229日本@名無史さん2016/03/29(火) 18:11:05.20
倭の5王の名は中国人が聞いた倭人の言葉の音を中国語の漢字音に当てはめたんだろ?
音数が全く違うのは有り得ないだろ?

230日本@名無史さん2016/03/30(水) 01:02:55.62
讃→多田野数人
珍→TNOK
済→野獣先輩
興→ブッチッパ
武→大坊恥

これが定説である。異論は許さない。

231日本@名無史さん2016/03/30(水) 01:07:53.25
>>229
自称でそ
手紙よこす位には漢語達者なんだし

232日本@名無史さん2016/03/30(水) 02:35:39.16
>>231
自称なら尚更公証しやすいだろうよw

233日本@名無史さん2016/03/30(水) 02:52:16.30
北九州掘ったら五王が使ってた文字の痕跡出てくるんと違うんか?

234日本@名無史さん2016/03/30(水) 03:03:48.44
どこかに五王がいたとしても日本には中国地方以東にももっと人はいたから結局どこの勢力がケンカ最強だったのかという話

235日本@名無史さん2016/03/30(水) 07:25:56.14
>>229
「ヒミココ」とか変な名前もそのまま残してるから、自称しかあり得ない。
中国でも二字姓はあるし、字名は二字が普通。
日本の王の方が中国風にしたんだろう。そして、そんな文化は記紀ではでて
こない。

236日本@名無史さん2016/04/02(土) 16:08:38.74
>>199
なんかスルーされてるけど、そもそも高句麗の自称っつーか正式名称は高麗だぞ

237日本@名無史さん2016/04/04(月) 19:23:00.96
>>236
当初高句麗で後から高麗に変えたってきいたぞ

238日本@名無史さん2016/04/08(金) 18:43:14.27
カン丘倹碑文では単に句麗
高麗と自称するようになったのは長寿王の頃

239日本@名無史さん2016/04/09(土) 06:48:31.83
武内宿禰ってもしかしたら筑紫の倭王なんじゃ?

240日本@名無史さん2016/04/09(土) 09:28:54.23
天皇家って姓が無いっていうのが定説だけど
倭五王って外交用に倭を姓として使ってる
倭隋っていうのも使者で出てくるし多分一族なんだろうな
やっぱ天皇家とは別の系統の王朝なのかな

241日本@名無史さん2016/04/09(土) 11:14:14.40
倭の五王と天皇家が別物なんじゃね?
それか天皇家権力が確立した時点で姓がなくなった

242日本@名無史さん2016/04/09(土) 14:54:47.31
姓はアメ 名はタリシヒコ

243日本@名無史さん2016/04/09(土) 15:20:39.82
>>240
九州王朝だろうね。
落ちぶれた分家が畿内に流れ着いて大化けした。

244日本@名無史さん2016/04/10(日) 21:50:41.58
継体天皇の家系が「落ちぶれた」「流れ着いて」だと?

どんだけアグレッシブな落ちぶれた分家の流れ着き方やねんwww

245longinus_bouz ◆bq94Vh60JQ 2016/04/10(日) 22:06:49.53
>>242 > 姓はアメ 名はタリシヒコ//

隋書「俀王姓阿毎字多利思北孤 號阿輩雞彌」とあり、姓は阿毎、字は多利思北孤、号は阿輩雞彌という。
『新唐書』卷220列傳第145 東夷 日本に「用明 亦曰目多利思比孤直隋開皇末 始與中國通」

新唐書は弁慶薙刀読みになってるね。
中国では一字姓が一般的なので、姓が阿なら、名前は目多利思比孤だな藁、といった処だ。
毎が目で置き換わってるのも態となのであり、チャンと理由もある。
孝安が天安、敏達が海達、推古が雄古、てのも態とであり、やはり理由がある。

246longinus_bouz ◆bq94Vh60JQ 2016/04/11(月) 05:44:31.81
>>240
> 天皇家って姓が無いっていうのが定説だけど 倭五王って外交用に倭を姓として使ってる//

倭王武または倭国王武なのだから、倭は姓ではないね。「倭讚」の時点では王に叙任されていないので、倭王讃ではない。
倭隋って、珍に従ってきた連中、くらいの意味じゃないかな。宋書の時点では随という国号も爵位も存在しないんだから、随は普通名詞に思える。
なお、讃珍済興武は、履中反正允恭安康雄略にあたり、祖禰は仲哀にあたる。

247日本@名無史さん2016/04/11(月) 05:48:39.02
とある説によると、出雲の系統だよ

スサノオの家の一族

日本海側〜東北

あの平安時代の話
「何々だと、ここに書かれている」というか
「スサノオが言った」という書き込みがあったでしょ

248日本@名無史さん2016/04/11(月) 05:54:27.69
阿部

こういう名字は何なんだろう
凄く古い家なのでは?

249日本@名無史さん2016/04/11(月) 05:58:22.36
確実だよ 阿部 アイヌ説

『阿部 アイヌ』

250日本@名無史さん2016/04/11(月) 06:02:36.83
有名な話

鈴木という名前などもそう

251longinus_bouz ◆bq94Vh60JQ 2016/04/11(月) 06:11:44.61
>>247 > とある説によると、出雲の系統だよ//
  倭の五王が? 出雲って中国の史書には、投馬国としてしか登場してないよ。
張政が偶々立ち寄ったので記録が残ることになった。何故か?
行ってみたら肝心の邪馬台国が「更相誅殺、當時殺千餘人」といった状況だったからだ。

> スサノオの家の一族//
  スサノオって出雲の大国主の下にに流竄されたのであって、出雲とは関係のない神様だよ。

> あの平安時代の話 「何々だと、ここに書かれている」というか 「スサノオが言った」という書き込みがあったでしょ//
  そんな茫漠としたハナシにでしょなんて同意を求められても知らんがな。

252大和なんやら2016/04/11(月) 06:16:20.45
違う違う
畿内の邪馬台国では戦争はしていない
倭国大乱の痕跡は九州でしか見つかっていないだろ

邪馬台国と女王国が別物、すなわち不弥国こそが卑弥呼の女王国であった証だ

253日本@名無史さん2016/04/11(月) 06:21:12.70
「物部」が何やらと書いてあるでしょ、
その後、乗っ取られたという伝承があったり

『広瀬座』 伊達郡 川俣町 小手子の話

254日本@名無史さん2016/04/11(月) 06:24:38.99
あの民家園だよな〜

「馬宿が」という謎の解説

・馬場
・小野
・鈴木

255日本@名無史さん2016/04/11(月) 06:33:53.34
『福島県民家園』

『広瀬座』に『市川』という名も見えるはず

256日本@名無史さん2016/04/11(月) 06:39:39.24
『先代旧事本紀』偽書扱い

「俺よりも凄い家(歴史)があるのが嫌だ」という単純な理由だと思う

257longinus_bouz ◆bq94Vh60JQ 2016/04/11(月) 06:46:40.62
>>252
> 違う違う 畿内の邪馬台国では戦争はしていない 倭国大乱の痕跡は九州でしか見つかっていないだろ//

はァ? そりゃ私の>>251 に対してかね。
倭国大乱って「桓、靈閨C倭國大亂,更相攻伐,歴年無主」だろ。2世紀末の話だ。
「更相誅殺、當時殺千餘人」は女王卑弥呼から男王、そしてトヨちゃんに至る3世紀半ばの話だよ。
オメは全然ダメダメだね。

なお、魏志倭人伝では時間軸の特定できない倭国大乱を、范曄は後漢書にて「桓、靈閨vと特定して呉れている。
その前のクダリである「安帝永初元年,倭國王帥升等」も、極めて重要な補足だね。

> 邪馬台国と女王国が別物、すなわち不弥国こそが卑弥呼の女王国であった証だ//
  九州王朝国なぞ存在しない。

258日本@名無史さん2016/04/11(月) 07:16:05.98
>>257
それで反論のつもりか?

邪馬台国はそれが台与のときかその次かは知らないが
「女王」の居場所が移ったのだよ
それは3世紀後半のいずれかの時期だ

ただしこの「女王」とは中華王朝側から認定される女王のことで
おそらく卑弥呼が九州で生きていた時代以前から畿内の邪馬台国には延々と女系継承の女王(とその配偶者がなる男王)がいた筈だ

259固定ではないハンドル2016/04/11(月) 07:26:03.46
おそらく弥生時代のクニにおいて、男王と女王の役割は異なっていた筈だ

すなわち
男王は国内の治安を守り、軍勢を率いて外征を行う
女王は生産物の徴収と再分配を司る

男系継承と女系継承の権力がかつては日本列島中にあった筈だろう
それらは空白の4世紀の間、政略結婚による統合が繰り返された
だからこそ、各地に言い伝えられる妻争いの伝説は熾烈を極めたのだ

その最たるものが畿内の邪馬台国の女王権と日向の不呼国の男王権の合体だ

http://yamado.up.n.seesaa.net/yamado/image/kuni.jpg?d=a1
不呼国はヒコ(彦)国=神武天皇ら天孫族の国、不弥国はヒメ(姫)国=神功皇后こと卑弥呼の国
この比定は偶然の一致ではないぞ

260longinus_bouz ◆bq94Vh60JQ 2016/04/11(月) 07:32:27.72
>>258 > それで反論のつもりか?//
  はァ? 小莫迦にしただけですが。

> おそらく卑弥呼が九州で生きていた時代//
  九州王朝国なぞ存在しない。

>>259 > おそらく弥生時代のクニにおいて、男王と女王の役割は異なっていた筈だ//
  全て卑弥呼に委譲されたのが邪馬台国なんだよ。まぁ、実務は重臣達の参画もあったとしてもね。

261固定ではないハンドル2016/04/11(月) 07:35:30.62
>>260
>九州王朝国なぞ存在しない。

ソースなき反論は反論に値せず

女王国の卑弥呼が天皇家や邪馬台国と血のつながりがあるとは一言も言ってはいないぞ
万世一系を下敷きとして東遷などとうつつを抜かす九州王朝説なる妄言とは異なるものだ

262日本@名無史さん2016/04/11(月) 07:58:57.97
むかーしから万世一系なんて言ってる人はいないよ

言っている人がいるなら
「頭が、おかしいんじゃないのか?」としか言えない

263大倭うんぬん2016/04/11(月) 07:59:10.02
王権のある土地は代ごとに移り変わる

2世紀前半の倭奴国、これを仮に、
今でいう福岡市を中心とする奴国が九州北部と山口に至る広い範囲を納めていた
「大奴国時代」だとしておこうか

それが崩壊して「倭国大乱」が勃発
2世紀後半に倭奴国は統一を失い、いくつもの国に分裂

やがて宗像〜筑豊地方にあった小国の女王・卑弥呼が倭国代表に選ばれる
これが250年頃まで続く「女王国時代」

卑弥呼の死後、再び内乱を経て台与が立つ
おそらくは関門海峡の好古都国がその都
3世紀後半の「好古都国時代」

それと並行して瀬戸内の西端の「不呼国」
すなわち天孫族のウガヤフキアエズ朝から一人の王子が
瀬戸内の東端の卑弥呼とは無関係な女王が治める大国「邪馬台国」へと
(おそらくは投馬国=出雲の彌彌那利(ミミナリ)=耳成(ミミナシ))激しい妻争いの末、婿入りする

陳寿の没年である297年までのいずれかの時期に帯方郡からの使者(その記録はない)がやってきて
邪馬台国の女王を倭王認定し、ついでに女王国以南=博多湾周辺以外の各国を回って名前と順番を記録した
これが「邪馬台国時代」、すなわち大和王権の成立期

台与はおそらくこの時期に大和王権の王へ嫁に行ったのだろう
もしくはウガヤフキアエズ朝の王かも知れないし
両方をとって日向から大和へ東遷した王なのかもしれない
そのことを反映するのが第四代・懿徳天皇の后である天豊津媛命の名だ

264longinus_bouz ◆bq94Vh60JQ 2016/04/11(月) 08:02:49.94
>>261 > ソースなき反論は反論に値せず//
  お約束だhttp://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B9&search.x=1&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa
キミには論なぞ無理なんだよ。

265大倭うんぬん2016/04/11(月) 08:08:37.78
>>264
(´・ω・`)

266日本@名無史さん2016/04/15(金) 04:31:50.97
>>180
いろんなスレで何度も貼るからもうNGですわ。

267日本@名無史さん2016/04/15(金) 12:31:41.08
1 人あたり約 14 万個所の DNA 塩基多型を用いて日本人の集団構造を解明

病気のかかりやすさ、薬の副作用の有無は、私たちそれぞれで違っています。この
個人の体質の違いの遺伝的な要因を明らかにして、それぞれの人の特質に見合った治
療を行うオーダーメイド医療がスタートしています。心筋梗塞、糖尿病、関節リュウ
マチなど、さまざま疾患の原因遺伝子を同定するために、ゲノム全体をカバーする
塩基多型(SNP)を使った関連解析が、わが国はかりか世界規模で展開されています。
わが国では、この研究の中心となっているバイオバンクジャパンが、約 30 万人の日
本人の DNA、血清を集め、情報基盤としての役割を果たしています。

この研究を推進してきた理研ゲノム医科学研究センターは、これらの情報を活用し
て、大部分の日本人が2 つのクラスター、本土クラスターと琉球クラスターに大別で
きることを明らかにしました。この結果は、従来から提唱されていた日本人集団の
「二重構造説」と矛盾しない内容です。2つのクラスターの間の SNP の頻度の違い
は小さいのですが、耳垢のタイプを決める SNP や髪の毛の太さに関わる SNP の頻度
には明らかな違いがありました。また、本土の中でも遺伝的な地域差があることが
明確になりました。

http://www.riken.jp/~/media/riken/pr/press/2008/20080926_1/20080926_1.pdf

268longinus_bouz ◆bq94Vh60JQ 2016/04/16(土) 10:54:25.50
>>267 > 人あたり約 14 万個所の DNA 塩基多型を用いて日本人の集団構造を解明//
  個体の情報から集団への帰属を推し量るのは無理だね。

269日本@名無史さん2016/04/16(土) 18:42:34.27
>病気のかかりやすさ、薬の副作用の有無は、私たちそれぞれで違っています。この
個人の体質の違いの遺伝的な要因を明らかにして、それぞれの人の特質に見合った治
療を行うオーダーメイド医療か?スタートしています。心筋梗塞、糖尿病、関節リュウ
マチなど、さまざま疾患の原因遺伝子を同定するために、ゲノム全体をカバーする塩基多型(SNP)を使った関連解析が

染色体上の有意な遺伝子と連鎖しまくってるというか有意な遺伝子そのものだなぁ

270日本@名無史さん2016/04/24(日) 00:26:27.59
すごく意味深な記述を隋書で発見

http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/kanbun/wakoku-kanbun9-zuisho.htm

> 開皇二十年、倭王姓阿毎、字多利思比孤、號阿輩雞彌、遣使詣闕。
>上令所司訪其風俗。使者言倭王以天為兄、以日為弟、天未明時出聽政、跏趺坐、日出便停理務、云委我弟。高祖曰:「此太無義理。」於是訓令改之。

> 開皇二十年(600年)、倭王、姓は阿毎、字は多利思比孤、号は阿輩雞彌、遣使を王宮に詣でさせる。上(天子)は所司に、そこの風俗を尋ねさせた。
>使者が言うには、倭王は天を以て兄となし、日を以て弟となす、天が未だ明けない時、出でて聴政し、結跏趺坐(けっかふざ=座禅に於ける坐相)し、
>日が昇れば、すなわち政務を停め、我が弟に委ねるという。高祖が曰く「これはとても道理ではない」。ここに於いて訓令でこれを改めさせる。


「天」は九州の倭王、「日」は大和の天皇
「天未明時出聽政、跏趺坐、日出便停理務、云委我弟」とはかつて九州に中央政権があったのを後発の畿内が奪取したという意味だろう

五王は大和が独立していたときも筑紫に拠って使者を送ったことだろう

271longinus_bouz ◆bq94Vh60JQ 2016/04/24(日) 02:01:45.36
>>270
  俺様曰:「此太無義理。」とても道理ではない。九州王朝国なぞ存在しない。

272日本@名無史さん2016/04/25(月) 07:41:32.98
ヤマトとタニワが合体したのが「アマタリシヒコ」(天足彦国押人命)

273日本@名無史さん2016/04/26(火) 13:30:48.59
>>271
おまいはきもちわるい

>>272
意味不明!

274longinus_bouz ◆bq94Vh60JQ 2016/04/26(火) 14:10:10.42
>>273 > おまいはきもちわるい//
  オメには思考力がなさそうだな。まぁ、莫迦ってのはオメの個性なの鴨試練が、身の程は弁えな。

275日本@名無史さん2016/04/26(火) 15:25:54.12
開皇20年てことは580年が0年だな

276longinus_bouz ◆bq94Vh60JQ 2016/04/26(火) 18:24:14.64
>>275 > 開皇20年てことは580年が0年だな//
  元号に0年ってないんだが敢えて云えば、580年は大定 (北周)0年
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%AE%9A_(%E5%8C%97%E5%91%A8)

このケース(同じ年に元年が2回)、日本では以下の2例だけみたいだね。

朱鳥: 天武天皇15年7月20日(686年8月14日)〜朱鳥元年9月9日(686年10月1日):前後の元号なし
天平感宝: 天平21年4月14日(749年5月4日)〜天平感宝元年7月2日(749年8月19日):天平勝宝元年

なお2年まである暦仁は、嘉禎4年11月23日(1238年12月30日)〜暦仁2年2月7日(1239年3月13日)なので、期間としては天平感宝より短い。
最短元号年は宝亀12年1月1日の一日だけ(狙ったっぽい)。他にもひと月もたなかった元号年はいくつかあるが、各々いわく付きみたいだね。
関連:日本の元号一覧
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E5%8F%B7%E4%B8%80%E8%A6%A7_(%E6%97%A5%E6%9C%AC)

277日本@名無史さん2016/04/28(木) 22:38:37.23
確かに、天と日の兄弟の例えって意味深だよな
実際に記紀による兄弟争いのあらましばっかでさ

ほんとは兄弟ではなく古代の兄弟部族争いだったんじゃないかなぁ

278日本@名無史さん2016/04/30(土) 10:30:36.49
韓国では捏造としか思えない時代考証限りなくゼロでもドラマを作る。まあ、文字を読まない国民教育
を兼ねているんだろう。ところが日本ではそうはいかない。ある程度信憑性が無いとドラマ化すら出来ない。
これが日本の良いところではあるが、景気浮揚効果を狙って少々の架空はアリにしてこの時代をドラマ化
したらどうだろうか。他にも架空アリならいろいろドラマ化出来ると思う。これが良いことかどうかは確かに
疑問はあるが視聴したいコンテンツが増えれば確かに景気は良くなる

279日本@名無史さん2016/04/30(土) 15:03:14.55
視聴したいコンテンツが増えるぐらいで景気が良くなるんなら苦労はしねえよ

280日本@名無史さん2016/04/30(土) 22:20:53.24
ヒッグス粒子の名付け親は韓国人とか言い出したしな
まじで意味わからん
もう消滅して欲しい

281日本@名無史さん2016/04/30(土) 23:34:16.76

282日本@名無史さん2016/04/30(土) 23:35:37.58

283日本@名無史さん2016/05/03(火) 03:30:13.29
>>278
戦国武将よろしく九州の倭王と血で血を洗う合戦を繰り広げる大和の大王の姿を見てみたくもある

284日本@名無史さん2016/05/03(火) 07:44:38.83
大国主あたりで山陰とは戦争を繰り広げていたようだが、

九州は筑前での戦がすっぽりと抜けている。
筑後、肥前、豊前、日向、大隅は戦の話があるな。

肥後は軍勢連れて巡幸した話があるが、
戦争は回避された模様。

285日本@名無史さん2016/05/03(火) 08:04:10.27
漢字の音韻が参考になるんだよ、倭の五王にしても、邪馬台国にしても。
中国人は、倭人の発音を聞いて、適当な音を当てているから。

286longinus_bouz ◆bq94Vh60JQ 2016/05/03(火) 08:24:20.73
>>278 > 韓国では捏造としか思えない時代考証限りなくゼロでもドラマを作る//
>>280 > ヒッグス粒子の名付け親は韓国人とか言い出したしな//

神武の即位がBC660 ってのがまさにそれなんだよ、実はね。あと、明日香って命名もそれっぽい。

287日本@名無史さん2016/05/03(火) 14:52:26.35
畿内説ゆるすまじ

288日本@名無史さん2016/05/03(火) 19:59:52.40
倭の5王なんてそもそも推定する動作そのものがおかしい。宮内庁を説得して天皇陵を発掘すれば
終りだろ。なのにああでもないこうでもない。これが科学的態度と言えるのか。天皇家の遠い先祖の
墓には違いないが国民的な合意を経て例えば500年以内の先祖の墓発掘はダメとか制限を設ける
べきだろう。発掘すれば解ることを推定などと、歴史学者の怠慢には呆れるばかりだ。

289日本@名無史さん2016/05/03(火) 20:06:21.96
発掘してもわからないことはわからない

290日本@名無史さん2016/05/03(火) 20:13:24.44
> 発掘してもわからないことはわからない

そういうことは発掘してから言うべきだな。物理的に出来ることもせずに言うべきことではない。

291日本@名無史さん2016/05/03(火) 20:25:13.16
>発掘すれば解ることを推定などと、

>そういうことは発掘してから言うべきだな。物理的に出来ることもせずに言うべきことではない。

言ってることが変わってるよw
遺跡保護の現状について勉強してね

292日本@名無史さん2016/05/03(火) 20:32:15.26
まあ現実的にはすぐに発掘は難しい。しかし歴史学者の努力の何百分の一かはこういう政治的なこと
にも向けられるべきだと思う。歴史探究に命を賭けている学徒もいるんだろ。遺跡保護はすべきだが
学究とは分けられるべき。そうでないと本当の学究の徒が可哀想ではないか。

293日本@名無史さん2016/05/03(火) 20:43:19.16
本当の学究の徒ならば発掘調査が遺跡の破壊行為であることは重々承知している
よって自らのエゴで未来に伝えるべき遺産を破壊しようとは考えない

294日本@名無史さん2016/05/03(火) 20:47:09.40
歴史学者が政治的な動きに首を突っ込んだ結果が、1960年代の真っ赤っ赤な業績の山だな。

295日本@名無史さん2016/05/07(土) 23:10:07.57
どちらにせよ朝鮮人が偉かったのではない
九州の倭王が朝鮮半島の王たちの上に立ってすべてを支配するために戦ったのだ
韓人は7000年前に九州から渡ってきた縄文人の子孫であり韓国は本来、日本の分国とでもいうべき存在だった

そもそも「日本」とは、ヤマトタケルを日本武と書くように、元来は大和のこと
任那日本府とはそれまで九州の倭人が支配していた半島南部を大和から支配しようという魂胆で置かれた軍営だと考えると全て辻褄が合う

大和と新羅にとって百済と筑紫は統一を阻む邪魔モノであり、対馬海峡での政治的分断は双方にとってメリットがあった
加えて唐朝にとっても北東辺で覇を唱える高句麗は目の上のタンコブであり、半島の蛮族どもを帰順させてしまいたい

列島と大陸とを行き来した海人たちは東亜三国各々の統一の思惑のために犠牲となったのだ

296日本@名無史さん2016/05/07(土) 23:14:25.32
しかも当時の朝鮮半島に住んでた民族と
いまの半島人とは民族的にもつながりはない
だから在日パヨクがホルホルする根拠がまったくない

297日本@名無史さん2016/05/09(月) 03:11:03.70
>>296
それ、ソースのない2ちゃん伝説。

298日本@名無史さん2016/05/09(月) 03:17:26.36
朝鮮人の本当の先祖は日本人だからな

なんか朝鮮半島から日本人が来たとかあたりまえの様に吹聴されてるけど
12000年前から7000年前くらいまであそこは人間の住むところでなかったらしい
最初に半島で見つかった土器も縄文に類似したものだし、朝鮮語は普通に日本列島の縄文文化起源よ

299日本@名無史さん2016/05/09(月) 03:43:37.19
無文土器時代(むもんどきじだい)は、朝鮮半島の考古学的な時代区分である。
紀元前1500年から300年頃に及ぶ。この時代の典型的な土器が、表面に模様を持た
ない様式であることから命名された。

http://www.yoshinogari.jp/ym/episode01/jyousei03.html
弥生時代は、朝鮮半島の無文土器時代(青銅器時代〜初期鉄器時代)から原三国時代に相当します。朝鮮半島
では紀元前1500年頃中国大陸より農耕が伝わり、紀元前700年頃には青銅器が、弥生時代が始まる紀元前300
年頃には鉄器が伝わり普及しました。後期の無文土器は日本列島でも北部九州地方をはじめとする弥生時代の
遺跡から数多く出土しており、弥生時代の稲作農耕や金属文化の流入に朝鮮半島からの人々が関わったことを
示唆しています。 吉野ヶ里遺跡でも、朝鮮系の無文土器が多数出土しています。
http://www.yoshinogari.jp/ym/episode01/img/img11.jpg

300日本@名無史さん2016/05/09(月) 23:03:35.60
>>297
韓国における諸説
2005年に韓国のイ・ホンギュソウル大医大教授は「韓-ロシア ユーラシア文化フォーラム」で「韓国人は北方モンゴロイドのエベンキ族と南方原住民の血が混ざって形成された民族」との説を唱えた[3]。

[3] ^ “バイカル少数民族 「アリラン」「スリラン」の単語を使用” (韓国語版). 聯合ニュース (2005年8月14日). 2015年9月22日閲覧。

2chソース(核爆)

301日本@名無史さん2016/05/10(火) 08:19:22.43
「日本列島3人類集団の遺伝的近縁性」
平成24年11月1日
東京大学大学院医学系研究科
総合研究大学院大学

今回、研究グループは、ヒトゲノム中のSNP(単一塩基多型を示す100万塩基サイトを
一挙に調べることができるシステムを用いて、アイヌ人36個体分、琉球人35個体分を
含む日本列島人のDNA分析を行った。
その結果、アイヌ人と琉球人が遺伝的にもっとも近縁であり、両者の中間に位置する
本土人は、琉球人に次いでアイヌ人に近いことが示された。
一方、本土人は集団としては韓国人と同じクラスターに属することも分かった。

http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_241101_j.html

302日本@名無史さん2016/06/12(日) 16:08:43.77
珍=額田大中彦皇子
済=住吉仲皇子

史学界でこの西條勉氏の説を支持している人いるの?
字訓による比定だとしても、名前に冠せられた地名部分
からの比定になると意味を成さないと思うのだが。

303日本@名無史さん2016/08/08(月) 13:44:26.56
日本書紀がなんで120年ズラしたのかと疑問だった。

神功皇后(没年269年)を卑弥呼(没年247年)にするなら、
もっと没年を近い年代に出来ただろう。
120年を140年にすりゃ良いんだから。
(実在しなかったろうけど、仮にいたとしても、
神功皇后の時代に干支なんてまだ無かったろうし。
ありもしなかった干支に固執する理由がわからない)

日本書紀の編集者は、雄略から神功皇后までの
他の天皇の在位年は平気で動かしてるわけだ?
ましてや、そこら個々の天皇の事跡や在位なんてのも
はなから怪しい訳だ。
そこらの時代付近で、いじれそうな候補は他にいっぱいあったはず。

卑弥呼の没年のがよっぽど信ぴょう性高い以上、
むしろ卑弥呼の没年と神功皇后の没年をきっちり合わせて
その他付近の天皇の年代を調整しそうなもの……
なぜ、一番肝心そうな所が中途半端な120年の歩み寄りなのか?
逆になぜ、その間の天皇の在位をいじれちゃうのか?

と、つらつら考えてたんだけど。ようは、もっと単純な話だった。
考えるに、編集の第一段階で干支を決めていって。
(細かく時代設定を決めていくのが日本書紀の課題でもある)
いったん最後までやった後、また見直し再考していったんだろう。
ただ、どっかで数字を手直ししたいと思っても
全部、書き直すとしたら大変な労力になる。

304日本@名無史さん2016/08/08(月) 13:47:00.34
だから、変えるとしたら60年ごとに書き換えていく。
干支は60年一周し、元に戻るから。その60の法則さえ守っておけば、
他の場所は書き換えなくて済む。
(それで、全体が1200年だったのが2400年になろうと、どうでも言い話。
少なくとも、最低限のつじつまは合う)

再編集段階で140年繰り上げたいと思ったからこそ、
労力的に妥協して120年にしといた訳だ。

逆に言えば、日本書紀の時代考証なんて
その程度の信ぴょう性なんだろうね。
正確さより、労力的な妥協がある。
(もちろん、古事記だって似たようなもんだろう)

「なんらかの方法で正確な数値を記録してたはずだ」
なんて期待はしちゃいけない。

おそらく干支が入って来たのも
雄略時代の西暦450年ぐらいあたりだろう。
(当時からして、逆算して推定できる過去年数も、
そっから大して離れてなかったろう。おそらくは
応神の王がいたとかまでしか、わかってなかったんじゃないかな)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B2%E6%94%AF#.E5.B9.B2.E6.94.AF.E7.B4.80.E5.B9.B4.E3.81.A8.E6.97.A5.E6.9C.AC

305日本@名無史さん2016/08/08(月) 15:06:28.24
ある記念に、その事がらみの日記をつけてみようと決めた。

関連のある過去に向かって何があったかを順々に思い出していき、
記録していったら、ちょうど1年分になった。
ところが、ふと先週の水曜日にあった事を書き忘れていた事に気付いた。
個々のイベントは時系列に順序があるので、
その日の事を書き忘れていたと言う事はすべて一日分ずれるはず。

まあ仕方ないと思って全部、日付けを書き直していった。
手書きだったので、一年分の日付けを書き直すのは本当に骨が折れた。
ところが、どうやら先月の月末にあった事も書き忘れてた事に気付いた。
やっと11か月分の日付けを書き直した所で、また先々月に抜けた日を見つけた。
10か月分の書き直しを……。

306日本@名無史さん2016/08/08(月) 15:08:54.89
数年後、また「記念の順々思い出し日記」をつける事にした。
けど、今度はもっと手抜きをしようと思う。
今度は「曜日日記」にし、正確な日付けを書き込まない事にした。
あくまで「あのイベントは何曜日だった」とだけ書き込んでいくんだ。
(「月曜だったイベントAの三日前のイベントBは
金曜だったな。その六日前のイベントCは〜」って感じでね)
イベントはほとんど穴があく日がないので、
(一週間、まるごとなにも無かったって週は無い)
後ろから何週目にあたる何曜日かさえわかれば、後から逆算で日にちもわかる。
こうしてつけて行ったら、また一年分になった。
案のごとく、抜けてる日があった。でも今回は1日抜けてたら、
それを1週間抜けてたと取らえて、該当箇所に当てはめていこうと思うんだ。

例えば先月の月末の1日の木曜日が抜けてたら、
その木曜日を含む1週間をまるごと挿入しちゃう。
月火水〜(月火水)〜木〜(金土日)〜金土日

そうすると、どっか抜けた日があっても、
その前後の曜日を書き直す必要は無くなる。
たとえば、日記の一番過去になる日が金曜日だったなら、
途中でどれほど抜け日(一週間ごと)を挿入しても金曜日のままだ。

もちろん、抜けてる日が何個もあれば、
その抜け日の数ごとに、日記の長さが一週間ずつ増えてく。
記録としちゃ、ぜんぜん正確じゃない。
でも良いじゃないか、いちいち手直しするのはもうコリゴリさ。
日記を書き上げたって気持ちさえあれば十分なんだよ。

…干支を60年ごと加えるってのは、ちょうどこういう感じ。

307日本@名無史さん2016/08/08(月) 22:05:02.74
◆なぜ稲作が長江江南ではありえないのか


日本に水田稲作が伝わった当時の長江江南の遺跡から出土するイネは
中粒種と短粒種が約半々の割合で混ざって出土してくる。
ところが、日本の最古水田から出土した炭化米は短粒種のみ。
しかも、当時の長江江南の主力農具だったはずの石スキが伝わっていない。
というか、最古水田にはスキという器種自体がないし、石刃の農具もない。
それどころか、当時の長江江南には無いエブリとクワといった農具が最初に
伝わってしまっている。
しかも、当時の長江江南の炊飯器だった鬲や鼎といった三足土器も
最古水田にはさっぱり伝わっていない。
日本稲作が長江江南から伝わったなんて2兆パーセントありえません。

308日本@名無史さん2016/08/08(月) 22:30:30.94
しかし雄略のポジションがどうもよくわからない。

史実まであんな、いかにも悪人とは思いにくいし。
よしんば、本当に悪人だったとしても
相応の権力持ってれば
当時的な人気は自然と生まれてるだろうし。
悪い事跡なんてのはカットされるもの。

熊本の江田船山古墳や埼玉の稲荷山古墳に
ワカタケルのある銘文が見つかってるんで
相当な範囲の知名度と権力があったはず。
(武についての記述をみても)

本当に都合の悪い人間なら名前ごとカットされそうだし。
カットされない程度の知名度ではあったんだろうな。
にもかかわらず、なぜそこまで悪人に描かれてるのか?
ましてや、記紀が書かれたのは200年もたった後なんだし。
今更、あんな扱いされる理由はなんなのか?

309日本@名無史さん2016/08/08(月) 23:05:50.39
継体から新王朝だからじゃないの?
旧王朝の事は悪く描くのが普通でしょう

310日本@名無史さん2016/08/08(月) 23:45:35.47
仮に継体が本当に応神の血を引いていたとしても
武烈とは血筋がかなり遠いわけだし当時の感覚では王朝交代だったのかもな

出自詐称であればなおさら

311日本@名無史さん2016/08/09(火) 01:03:51.61
継体から新王朝だったとしたら
雄略は倒すべきだと思うんだよね。
(それが武烈の場合でも)

悪しき帝王なら、倒して新王朝たてる大義名分になる。
(真偽はどうあれ継体も応神の子孫って設定なんだし)
それを隠す理由もない。
どっちみち雄略も武烈も直系の子孫は絶えるんだし。

>雄略・武烈(悪人で男系の子孫絶える)
>継体(応神の子孫)

と、簒奪のシナリオ的おぜん立ては整ってるのに
肝心の簒奪が出てこないんだよねぇ。

で、雄略(23年)と武烈(8年)の間に
白髪の天皇(5年)と隠れてた兄弟(3年と11年)の天皇と言う
いかにも創作っぽい三代が続くのも不可解。
やはり、雄略と武烈が同一人物なんだろうか?
(そうすると実際は50年くらいの在位だったのか)

312日本@名無史さん2016/08/09(火) 12:37:16.88
磐井から簒奪したのかもよ

313日本@名無史さん2016/08/09(火) 20:21:14.04
う〜ん、どうなのかねぇ?

314日本@名無史さん2016/08/10(水) 16:51:43.07
記紀がごまかしてるだけで武烈から簒奪したんだと思うよ
それに納得がいかなかったのが磐井って事じゃあないのか?

315日本@名無史さん2016/08/10(水) 16:57:10.13
BC3C末、徐福一行の故郷、江蘇省北部では三足土器で炊飯していました。
粗製灰陶で出来ている鬲です。
灰陶を焼く穴窯も、炊飯器の鬲もさっぱり伝わっておりません。
秦王朝のシンボルでもあった鼎も土器にも青銅器にもさっぱり伝わっておりません。
中国青銅器の雷文や龍文はもちろん、龍信仰さえさっぱり伝わっておりません。
縦笛の簫、磬、鐘、鐃、ロ于、鉦など、様々な古代中国の楽器もさっぱり伝わっておりません。
三足やラッパ型の様々な酒器もさっぱり伝わっておりません。
金銀細工や金銀メッキもさっぱり伝わっておりません。
龍などをモチーフにした様々な玉器もさっぱり伝わっておりません。
瓦や箸や傘もさっぱり伝わっておりません。
漢字の前身、篆書などを刻んだ遺物などもさっぱり出土しません。
瓦屋根の戸建てや木骨泥墻などの住居もさっぱり伝わっておりません。
帯の付いたローブ状の古代中国の服飾も靴もさっぱり伝わっておりません。
徐福どころか古代中国人なんて縄文から弥生を通して一切定着しておりません。
ただ、無知で、馬鹿で、低脳の、頭の弱い人間だけがダマされる創作デムパです。

316日本@名無史さん2016/08/10(水) 17:28:26.09
ずーっと時代が下がって
中華の史書では九州の最大勢力南朝方懐良親王が日本国王と認定されてるくらいだから
案外単なる一勢力でも冊封されてしまえばそう記述されるんちゃうか

317日本@名無史さん2016/08/10(水) 19:20:23.48
継体は簒奪したというよりは、共立された感じだね。
先帝との関係は記紀が嘘を書いていなくても10親等くらいあるんだよね。
もはや、天皇は機関であり、中身は誰でも良かったんだよ。
当時の朝廷は傀儡政権だったということ。

318日本@名無史さん2016/08/10(水) 19:46:05.18
>>317
なぜ20年も宮を転々としたの?

319日本@名無史さん2016/08/10(水) 19:53:43.87
権力基盤を確立するためツンデレってたのさ

320日本@名無史さん2016/08/10(水) 20:03:05.62
共立されたんだろ、ただしヤマト地域は除くですか?

321日本@名無史さん2016/08/10(水) 20:15:23.70
焦らしに焦らして、もう一度推戴した豪族に頭を下げさせる

322日本@名無史さん2016/08/10(水) 21:11:01.27
どこの馬の骨とも知れないのを連れて来たから、反対論も多かったんじゃない?
もしかすると磐井らの方がまだ血縁が、近かったのかもしれない。

323日本@名無史さん2016/08/10(水) 21:19:01.87
磐井の墓とされる岩戸山古墳と継体の墓とされる今城塚古墳は相似形だから両者は元来仲間。
どこの馬の骨とも知れぬ奴が当時埴輪技術の革新と拡散を見せていた尾張氏の娘を娶れるわけがない。

324日本@名無史さん2016/08/11(木) 00:36:04.79
馬の骨だって天下取れば良い嫁取れるだろ

325日本@名無史さん2016/08/11(木) 00:44:06.36
尾張氏との婚姻関係は「天下取る前」と考えられます。

326日本@名無史さん2016/08/11(木) 00:59:27.45
継体は当時、ぜんぜん人気なかったんじゃないかなぁって思う

>男大迹王

>迹
http://dictionary.goo.ne.jp/jn/123356/meaning/m0u/
>〈セキ〉足あと。あと。「行迹・事迹」
>[補説]「跡」と通用。

大いなる跡継ぎとか、ふざけた名前つけてる時点で
(たぶん即位後に名乗ったんだろうけど)
雄略の人気にあやかろうとしてたんじゃないかと思う。

古事記とかみるに雄略はゼウスばりに女好きの逸話がある。
実際、本人が女好きだった可能性もあるけど。
こういうのはむしろ他の理由からじゃないかと思う。
ようは地方豪族が「実はうちの王子は雄略の落とし種」とか、
「実は三代前の先祖が雄略だった」とか言ったのが発生源じゃないかと。
(こういうのは言ったもん勝ち。特に当人が亡くなった後は)
人気がある人物だったからこそ、そういう女好きの逸話が作られてしまい。
そういう噂が多いと「あいつなら、どれほど落とし種がいっぱい
いても不思議ない」と、さらなる信憑性をうむ。

で、そういう自称・雄略の子孫たちが反旗を翻してくると
厄介だったんで、いっそ記紀じゃ悪人にしてしまったのかも。

327日本@名無史さん2016/08/11(木) 01:10:38.89
「男大迹王」の表記はおそらく後世の当て字ですよ

328日本@名無史さん2016/08/11(木) 01:39:22.83
>>325
天下取れそうだったんだろ

329日本@名無史さん2016/08/11(木) 09:20:16.86
BC3C末、徐福一行の故郷、華北では三足土器で炊飯していました。
粗製灰陶で出来ている鬲です。
灰陶を焼く穴窯も、炊飯器の鬲もさっぱり伝わっておりません。
秦王朝のシンボルでもあった鼎も土器にも青銅器にもさっぱり伝わっておりません。
中国青銅器の雷文や龍文はもちろん、龍信仰さえさっぱり伝わっておりません。
縦笛の簫、磬、鐘、鐃、ロ于、鉦など、様々な古代中国の楽器もさっぱり伝わっておりません。
三足やラッパ型の様々な酒器もさっぱり伝わっておりません。
金銀細工や金銀メッキもさっぱり伝わっておりません。
龍などをモチーフにした様々な玉器もさっぱり伝わっておりません。
瓦や箸や傘もさっぱり伝わっておりません。
漢字の前身、篆書などを刻んだ遺物などもさっぱり出土しません。
瓦屋根の戸建てや木骨泥墻などの住居もさっぱり伝わっておりません。
帯の付いたローブ状の古代中国の服飾も靴もさっぱり伝わっておりません。
徐福どころか古代中国人なんて縄文から弥生を通して一切定着しておりません。
ただ、無知で、馬鹿で、低脳の、頭の弱い人間だけがダマされる創作デムパです。

330日本@名無史さん2016/08/11(木) 11:42:59.00
さして根拠があるわけではないが、継体が完全な簒奪者なら正統性がないから、継体系統が権威化するまでに数世代は必要と思う。
それなら蘇我氏が簒奪してもおかしくない。特に馬子が殺した崇峻は継体の孫に過ぎず、母は蘇我氏だから前王朝の血は祖母からしか引いていない。
逆に言うと、すでに皇統は蘇我氏の力を以ってしても簒奪できないほど権威化し、継体も多少は簒奪的なことをしたかもしれないが
皇統の血は引いていたと考えた方が、流れとしてはスムーズと思う。

331日本@名無史さん2016/08/11(木) 14:11:56.18
5王スレでなんで継体の話してんの?

332日本@名無史さん2016/08/11(木) 17:25:30.35
雄略に繋がる話だからだよ

333日本@名無史さん2016/08/12(金) 11:44:24.51
雄略後の大和は後漢末の漢室状態で、継体は劉姓の王の一人の立ち位置じゃないか

334日本@名無史さん2016/08/12(金) 16:00:41.77
そんな感じだね

335日本@名無史さん2016/08/13(土) 14:09:32.89
雄略は本人はけっこうやり手で権力握って独裁体制築いたが
直系がすぐ滅んだあたり秦の政と似てるんだよなあ

336日本@名無史さん2016/08/13(土) 18:32:43.19
>>333
330だけど、そんなイメージ。劉邦から後漢末まで四百年経ってるから、継体はかなりましだと思うけど。

337日本@名無史さん2016/08/13(土) 18:34:00.92
>>335
清盛、頼朝、秀吉もある程度似てるかな

338日本@名無史さん2016/08/16(火) 05:21:27.42
>>326
継体という諡号と奇しくも同じ意味になるね

339日本@名無史さん2016/08/17(水) 02:16:47.22
継体の擁立はむしろ傀儡というか、卑弥呼の共立を思い浮かべるね。
簒奪とは程遠いな。
彼は声がかからなければ、一生を越の王様で過ごしたはず。

340日本@名無史さん2016/08/17(水) 04:55:43.89
九州王朝年号の最初が継体だね。

341日本@名無史さん2016/08/20(土) 19:22:17.12
馬韓しか無かった朝鮮半島へ移民が流れて来たんだから馬韓以外に辰韓だけでよかったはずなのに
朝鮮半島南部は古くから九州倭国の豪族が進出してたから統一国家としては百済と新羅しか出来ずに
朝鮮半島南部は九州と同様に小国に分かれてて当然だったと思う
倭の五王は伽耶の五王を指して元々九州にいた豪族が朝鮮南部に勢力を伸ばした豪族のことじゃないかと
韓国の歴史では伽耶の王が日本の歴史だと九州出身の豪族となって人物像がリンクしてると思う

342日本@名無史さん2016/08/20(土) 22:05:22.60
BC3C末、徐福一行の故郷、華北では三足土器で炊飯していました。
粗製灰陶で出来ている鬲です。
灰陶を焼く穴窯も、炊飯器の鬲もさっぱり伝わっておりません。
秦王朝のシンボルでもあった鼎も土器にも青銅器にもさっぱり伝わっておりません。
中国青銅器の雷文や龍文はもちろん、龍信仰さえさっぱり伝わっておりません。
簫、磬、鐘、鐃、ロ于、鉦など、様々な古代中国の楽器もさっぱり伝わっておりません。
三足やラッパ型の様々な酒器もさっぱり伝わっておりません。
金銀細工や金銀メッキもさっぱり伝わっておりません。
龍などをモチーフにした様々な玉器もさっぱり伝わっておりません。
瓦や箸や傘もさっぱり伝わっておりません。
漢字の前身、篆書などを刻んだ遺物などもさっぱり出土しません。
瓦屋根の戸建てや木骨泥墻などの住居もさっぱり伝わっておりません。
帯の付いたローブ状の古代中国の服飾も靴もさっぱり伝わっておりません。
徐福どころか古代中国人なんて縄文から弥生を通して一切定着しておりません。
ただ、無知で、馬鹿で、低脳の、頭の弱い人間だけがダマされる創作デムパです。

343日本@名無史さん2016/08/21(日) 22:30:03.13
実態としてはその通りなのだろうが、その九州の豪族とやらが実は天孫族であり、三種の神器を受け継いでいるので、豪族という呼び名は相応しくないかもね。

344US12016/08/23(火) 13:04:06.18
おそらく

讃→仁徳天皇

珍→反正天皇
済→允恭天皇
興→安康天皇
武→雄略天皇

だろう。

履中天皇は即位後の元嘉7年に朝貢したが
このときは宋の記録漏れか逸失で王名が残らず
その後の「弟珍立」は「前王(履中天皇)の弟」
の紹介の記録であって「讃(仁徳天皇)の弟」
の意味ではなかったんだろうよ。

345日本@名無史さん2016/08/23(火) 16:29:40.56
誉田別/品陀真若王(応神天皇)

大雀命(仁徳天皇)
----皇后・磐之媛(葛城)の子----
 去釆穂別(履中天皇)
 住吉仲皇子
 瑞歯別(反正天皇)
 雄朝津間椎子宿禰(允恭天皇)
  ----忍坂大中姫の子----
   木梨軽皇子   
   穴穂皇子(安康天皇)
   大長谷若建命(雄略天皇)

346日本@名無史さん2016/08/24(水) 23:19:30.32
>>344
そんな辻褄合わせがありなら何でもありになるな。

347日本@名無史さん2016/08/25(木) 00:45:17.28
まあでもどっちかor両方の記述に誤認がある可能性は高いし現状は何でもアリなんだよな
・河内に古墳があるからこの葛城系王統に海洋進出傾向を感じる
・讃と誉は意味が似てるから誉田っぽい
・(若)タケルだから武っぽい
今んとここのくらいのものすごい脆弱な同定方法しか

348日本@名無史さん2016/08/25(木) 16:23:22.82
今ある通説はどれも辻褄合わせなんやで
じゃあ何が出れば決定的な確証とできるんだろうか
纏向遺跡がでても邪馬台国九州説を喧伝する人がいる現状では
征東将軍印でも出ない限り無理かも

349日本@名無史さん2016/08/28(日) 22:19:16.94

350日本@名無史さん2016/08/29(月) 15:48:28.80
ちょっと、昨日から考えが変った所
http://up2.cache.kouploader.jp/koups18341.png

351日本@名無史さん2016/08/29(月) 17:56:50.39
検証するには材料が足りなさすぎんよ
考古学的論証をするには馬韓、辰韓、弁韓、慕韓、秦韓の発掘と連動しないといけなくなりそうだからなかなか至難

352日本@名無史さん2016/08/29(月) 19:11:57.17
◆ペテン師・佐藤洋一郎がなぜダメなのか


経年変化や環境変化で短期間のうちに著しく頻度を変えてしまう遺伝子調査において、
佐藤洋一郎が調査に使ったイネの調査サンプルは、

日本のイネの調査サンプルが稲作が伝わってから800年以上も経ってしまった鍵・唐古遺跡の炭化米、
朝鮮半島のイネの調査サンプルにおいてはいつの時代のイネを使ったのかさえ全く公表していない。

このように調査サンプルから疑わしい、欠陥ありありの、お遊び程度でやったペテン調査での捏造である。

この場合、BC10Cの稲作開始時の最古水田である菜畑遺跡の炭化米とそれ以前の朝鮮の炭化米で
比較調査しない限り、まともな調査結果など得られるはずがない。

ちなみに佐藤洋一郎はこの件で京大考古学陣に全面否定されている。
日本稲作が長江・江南から伝わったなんて言ってる頭のおかしな考古学者など一人もおりません。

353日本@名無史さん2016/08/31(水) 02:43:33.06
>>350
さすがに無理でしょうよ…

354日本@名無史さん2016/09/01(木) 04:57:33.08
>>1
根本的な問題として、日本書紀が何で万世一系を演出する必要があるん?
隣の中国では王朝なんてコロコロ変わってるんだし、本当に万世一系じゃないなら
その通りに書けばいいだけじゃん。

355日本@名無史さん2016/09/01(木) 12:37:12.53
隣の中国の、易姓革命で王朝がコロコロ変わる様子を見て、「これじゃいかん。うちの王朝が永遠に続くようにしよう」と企んだ、とするのが説得力のある見解。
「天孫」「万世一系」「天皇家からの姓の排除」がワンセットで記紀に組み込んであるのがその仕掛けと考えられる。

356日本@名無史さん2016/09/01(木) 23:23:13.80
日本書紀が万世一系を主張するものだという価値観そのものが昭和の遺物だ。
記紀をよめば、筑紫倭国の王統を継ぐことが正統性の証だった。
畿内大和が正式に倭国の筑紫倭国の権威を継承するためには、史書で筑紫倭国との関係を示す必要があった。

357日本@名無史さん2016/09/01(木) 23:25:46.59
全然示されてないわけだが

358日本@名無史さん2016/09/03(土) 01:42:13.73
>>354
その通り書いてもいいけど(≒改ざんしないという書の信憑性を重んじる思想)
血統が続いてることに尊厳を感じる社会があって
神話から続いてるをテーマにしようと考えた人がいたんちゃう?

359日本@名無史さん2016/09/03(土) 01:54:35.98
>>350
みつるとかすくうとか和音に当てるのはちょっと理がないと思った
あと宿禰はのちに姓ともなる一種の称号的なものでそこも苦しいかなと竹内宿禰とかもいるし

ところでそれを読んでて通説に対して疑問に思ったのは
ワケ、ミコト、ミコ、スクネ、ミコトと称号的な物が遷移するのはなんなんだろうと
その違いに対しての論考がなされてないんじゃないかと思った

360日本@名無史さん2016/09/03(土) 07:55:29.45

361日本@名無史さん2016/09/04(日) 10:17:28.06
日本書紀や古事記で雄略天皇だけ五胡十六国のキチガイ君主みたいな扱いになってるのが不穏

362日本@名無史さん2016/09/04(日) 10:53:28.16
いや、武烈も……
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E7%83%88%E5%A4%A9%E7%9A%87#.E3.80.8E.E6.97.A5.E6.9C.AC.E6.9B.B8.E7.B4.80.E3.80.8F.E3.81.A8.E3.80.8E.E5.8F.A4.E4.BA.8B.E8.A8.98.E3.80.8F.E3.81.AE.E9.81.95.E3.81.84
>大悪天皇の記述
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%84%E7%95%A5%E5%A4%A9%E7%9A%87#.E5.A4.A7.E6.82.AA.E5.A4.A9.E7.9A.87.E3.81.AE.E8.A8.98.E8.BF.B0
>後に大悪天皇と誹謗される原因となっているが、大悪天皇の記述は
>武烈天皇にも見られることから、両者は同一人物ではないかとの説もある。


記録だと、478年479年は武の時代で。
(日本書紀によると、雄略の時代457〜479年))
502年にも、まだ武が生きてたようだ。
(日本書紀だと、もう武烈の時代(499年〜506年))

そこら考えても、武=雄略=武烈。

一説には、武烈の次の継体天皇から血筋が変わるんで
前代の武烈(雄略)を悪人にしたとも言われる。

363日本@名無史さん2016/09/04(日) 12:01:47.10

364日本@名無史さん2016/09/04(日) 19:31:03.35
◆ペテン師・佐藤洋一郎がなぜダメなのか


経年変化や環境変化で短期間のうちに著しく頻度を変えてしまう遺伝子調査において、
佐藤洋一郎が調査に使ったイネの調査サンプルは、

日本のイネの調査サンプルが稲作が伝わってから800年以上も経ってしまった鍵・唐古遺跡の炭化米、
朝鮮半島のイネの調査サンプルにおいてはいつの時代のイネを使ったのかさえ全く公表していない。

このように調査サンプルから疑わしい、欠陥ありありの、お遊び程度でやったペテン調査での捏造である。

この場合、BC10Cの稲作開始時の最古水田である菜畑遺跡の炭化米とそれ以前の朝鮮の炭化米で
比較調査しない限り、まともな調査結果など得られるはずがない。

ちなみに佐藤洋一郎はこの件で京大考古学陣に全面否定されている。
日本稲作が長江・江南から伝わったなんて言ってる頭のおかしな考古学者など一人もおりません。

365日本@名無史さん2016/09/05(月) 09:01:29.17
詳しくは知らないけど和風諡号そのものをもっと丁寧に分析した方がいいんじゃないかなあ
和風諡号は本名っぽいの、地名、称号っぽいの、修飾っぽいの、あたりの組み合わせでできている
雄略なら大は修飾、初瀬は地名、幼武が本名といった具合。安康、継体は本名っぽいのだけ
(ただし皇族の本名は乳母氏族の名字をつけることが多いので区別しにくい)
ワケ、スクネは本名の一部で末尾につける称号っぽいのと考えたらいいのかな
スクネは>>359も言ってるけど、稲荷山鉄剣に出てくるぐらいだし個人特定の力は弱い
允恭の場合は本名にあたる部分がわかりにくいが、対中用の名をつくる時にスクネを基にはしないと思う
定説は済=允恭だが名前の説明はうまくできてないみたいだな。確かに難しい

366日本@名無史さん2016/09/05(月) 18:03:04.33
称号的な物の統一感のなさは並列の別伝(本なのか口伝なのか歌なのか)を組み合わせなんだろなと思うわ
A伝にはワケの歴史
B伝はミコトの歴史
C伝はスクネの歴史
D伝はヒコ/ヒノミコの歴史
E伝はイラツコ/イラツメの歴史
F伝は皇子という比較的新しく成立した歴史みたいな感じで


日本書記の書き癖の研究みたいな感じでそのへんを解明できたらもう少し前進するんかな

367日本@名無史さん2016/09/05(月) 18:17:36.73
そういや、記紀の「高等批評」って聞いたことないな。

368日本@名無史さん2016/09/09(金) 23:19:50.89
>>365
う〜ん、まあ、同意できないなら
それはそれでいいんじゃないかと。
こういうのはひとそれぞれだし。

自分的には自説で問題ないと思ってるんで。

369日本@名無史さん2016/09/26(月) 13:01:41.61
倭王讃は応神天皇じゃないか?
自分はヤマト絶対でも九州王朝でもなく、中間に真実があると考える。
つまりヤマト側ではナントカ将軍とか倭国王はどうでも良くて、外国から珍しい宝が入ってくればそれでよく、そのための手段は九州に任せていたのではないか。
讃、済、武などはおそらく九州側でヤマトの大王を漢訳してつけた名前で、日本書紀に記録が無いのは当然である。
ただ430年の使者は例外的にヤマトが直接派遣したもので、そのため応神紀(310年)と仁徳紀(370年)に記録が残ったのだろう。宋書でも倭国王の名前は書いていない。
安康・雄略の時代も直接派遣と間接派遣が混じっていると思われる。

370日本@名無史さん2016/09/26(月) 16:10:03.02
「讃」は「ホム(誉める)」の漢訳ではないかと古くから言われているが、「珍」は大阪の「珍県(チヌノアガタ)」「チヌの海=大阪湾」から来ているのではないか。難波に都した仁徳天皇にふさわしい。
「済」は「スクネ」(スク=助ける、救う)の漢訳と思われる。「興」は調査中。

371日本@名無史さん2016/09/27(火) 14:34:40.40
夷蛮の王の民族名と漢名の間に関連なんて
ないのが普通。
ましてや一代ごとに法則性もバラバラの
駄洒落レベルのこじつけなんて
ナンセンスもいいところ。

372日本@名無史さん2016/09/27(火) 16:20:41.16
でも珍王は珍県の墓で今も珍海を見つめているのであった・・

373日本@名無史さん2016/09/27(火) 21:49:34.68
それに、名前は決め手にはならない。あくまで年代が重要で、430年の遣使の特異性が注目される。
日本書紀の応神37年と41年の「呉」遣使記事は、初めてっぽいから413年の遣使に対応するに違いないと思っていた。
ところがよく考えると応神41年は西暦310年で、430年から120年=干支二巡繰り上げられている。
また仁徳58年は370年で、430年から干支一巡繰り上げられている。
そこから430年はヤマトじきじきの派遣ではなかったかと思ったわけ。
それ以前の「讃」は応神、以後の「珍」は仁徳ということになる。

374日本@名無史さん2016/09/29(木) 09:51:33.00
「讃」などの名は筑紫(水沼君?)でつけられたもので、応神や雄略は呉国の正式な国名「宋」も知らず、王と皇帝の区別も知らなかった。というより関心が無かったのだろう。
将軍の序列まで熟知していた筑紫とは大違いだったようだ。

375日本@名無史さん2016/09/29(木) 15:05:30.29
応神37年の遣使は413年とする考えも有り得る。
その場合「讃」は仁徳となり、「珍」は履中または反正となる。

376日本@名無史さん2016/11/24(木) 17:55:01.81
満 珍 性 行 撫

377日本@名無史さん2017/07/12(水) 19:45:45.57
・倭王武≠雄略天皇、倭王武≠獲加多支鹵大王、雄略天皇≠獲加多支鹵大王
・倭王武=雄略天皇=獲加多支鹵大王
・倭王武≠(雄略天皇=獲加多支鹵大王)
・(倭王武=獲加多支鹵大王)≠雄略天皇
・(倭王武=雄略天皇)≠獲加多支鹵大王
どれ?

378日本@名無史さん2017/07/12(水) 20:03:57.25
倭武だとヤマトタケルだけどな。
倭武天皇だと雄略天皇だと言う。
この時代の説明は嘘だらけだ。

379日本@名無史さん2017/07/26(水) 09:01:46.22
☆ 日本人の婚姻数と出生数を増やしましょう。そのためには、公的年金と
生活保護を段階的に廃止して、満18歳以上の日本人に、ベーシックインカムの
導入は必須です。月額約60000円位ならば、廃止すれば財源的には可能です。
ベーシックインカム、でぜひググってみてください。お願い致します。☆☆

380日本@名無史さん2017/12/14(木) 01:17:56.82
>>356
お、いいね
俺もそんな感じ
それプラス天武の権威付けだな(だがこれは編纂者が抵抗した跡があるような……)

381日本@名無史さん2017/12/14(木) 11:42:43.67
>>356
>史書で筑紫倭国との関係を示す必要があった

どこにも筑紫倭国なんて出てこないじゃん

382日本@名無史さん2017/12/14(木) 18:10:40.36
筑紫の日向において三代の王が即位したことが記載されている。

383日本@名無史さん2017/12/14(木) 23:33:37.69
嘘つきがいるな

384日本@名無史さん2017/12/14(木) 23:47:08.38
伊都国には歴代の王墓がある。しかし歴代の王が存在することはわかっても 名前なんかわかるわけないと思っていた。

「宋史」・外国伝・日本国という正史が存在する。 宋の時代に日本から宋に海を渡った人がいるそうだ。
その人物がおみやげとして古代日本の成り立ちともいえる記録を持って行ったそうだ。 それを更に記録したものが「宋史」・外国伝・日本国だ。

そこには驚く内容が書かれていた。 「およそ二十三世、筑紫の日向宮に都があった」と書かれていたのだ。
記紀にでてくる尊が次々に登場し中にはアマテラスまで書かれている。

左に書かれている各名前は現代知られているものとは 所々違う部分もあるが全体としては同じ。 天照大神は十九番目にでてくる。
その後二十一番目に日向三代の一代、天津彦彦火火瓊々杵尊(ニニギノミコト) が書かれていて、 日向二代、彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)、日向三代、彦波瀲武廬鳥茲鳥草葺不合尊(ウガヤフキアエズノミコト)
と「二十三世」の最後は日向三代が占められて書かれている。

現在、縄文時代の次は弥生時代。
弥生時代は東京の弥生という地名からきている のは有名な話だけど、この「二十三世」が筑紫の日向宮に都があった時代というのは 日向時代とか伊都国時代という時代区分があってもおかしくないと思う。

385日本@名無史さん2017/12/15(金) 00:06:57.38
記紀には王がいたなんて書かれていないと自白

386日本@名無史さん2017/12/15(金) 04:51:24.97
なぜ讃とか珍とか中国風に名乗ったのだろうか。隋書倭国伝に出てくる倭王である阿毎多利思北孤は日本風なのに。

387日本@名無史さん2017/12/15(金) 08:32:49.02
中華人に成りすましたんだろう

388日本@名無史さん2017/12/15(金) 10:39:11.87
何度も使者や将軍を送って話は通じてるんだから名乗ったろ? 
任官に名は記載すると思うぞ。 交渉の便宜上としても。姓は王が与える立場だから無いけど。
和風も後の漢風も諡号だし、身内がのりちゃんって呼んでたからコレとか無理w
で、倭王讃 朝貢。 征東将軍任官だろ。 

5世紀、倭の讃王〜倭の武王まで、南朝と半島軍事利権交渉で朝貢した。
南北朝時代であり、南朝は遼東や朝鮮半島どころか黄河以北にも影響力は無い。
結局負けるし。 遼東は高句麗の最盛期であり北朝はこっちの方に手を焼いた。

倭国は古く漢、魏と冊封関係にあったが、日本は倭国を滅ぼし半島にも軍事侵攻した。
南朝であれば和平半島利権交渉は成功するに決まっている。

この間の歴史は日本側は空白であるが、それは600年以降の隋唐史対応によると
結局大陸を支配した北朝に南朝の同盟国であった事を配慮する姿勢をとったと思われる。

記紀は白村江敗戦をもって半島利権を放棄したことを受け
九州を歴史上固有の日本領とする為に書かれた。

この間の史実は倭の五王記、広開土王碑位しか実証は無いが
記紀でも、嘘っぽい天皇年紀以外であっても
任那割譲、磐井の乱、仏教公伝、五経博来日、百済の七支刀献上
など、これを裏付けする史実は見受けられる。

倭の五王記について、成立期の推古帝即位、聖徳太子の存在ですら怪しい記紀で
100から200年前の倭の五王を比定するのは、単純に見て愚行と言える。
この間年表に書ける、歴史上の事実の裏付けが中国史でしか残っていないのが実情。

389日本@名無史さん2017/12/15(金) 11:08:56.15
成りすましというより、そもそも日本人じゃないんじゃない?

390日本@名無史さん2017/12/15(金) 11:11:05.02
『聖化 日神 日霊 津』
の話ばかりなのは、どういう事なの?

天帝より授かったと書いてない?

391日本@名無史さん2017/12/15(金) 11:13:47.21
日本では河童?河伯

キュウリの葉、葱の華の写っている写真

392日本@名無史さん2017/12/15(金) 12:23:38.83
単に中華相手には中国風の名前を名乗るのが粋だったんだよ。
そして倭の五王は九州北部の筑紫倭国の王。

393日本@名無史さん2017/12/15(金) 12:41:08.84
>>389
卑弥呼時代の弥生渡来人が日本人かというと若干疑問で
対馬海峡両岸に国境というか国体国家が無かったわけだけど、公孫氏の韓四郡は中国辺境だろ。
400年は関東以西で日本国家が形成した古墳時代だからなぁ〜?

663年で唐との国境を確定させる前だったとしても
日本人になってると判断して良いんじゃないかな?
奈良遷都以降なら、今の日本でも同祖だし。

倭の五王の出港地ってどこだろ?
ま、対馬航路抑えてれば大阪〜小倉、博多で船乗り換えりゃ一緒か?

394日本@名無史さん2017/12/15(金) 12:41:54.13
筑紫倭国の王とか、バカの脳内にしか存在しない空想妄想国家かw

395日本@名無史さん2017/12/15(金) 13:04:08.03
倭王旨もいるといわれているんだよな

396日本@名無史さん2017/12/15(金) 13:07:04.82
後漢書

倭在韓東南大海中依山㠀為居凡百餘國 自武帝滅朝鮮使驛通於漢者三十許國 國皆稱王丗丗傳統其大倭王居邪馬臺國(案今名邪摩惟音之訛也) 楽浪郡徼去其國萬二千里其西北界狗邪韓國七千餘里 其地大較在會稽東冶之東與朱崖儋耳相近故其法俗多同

「倭は韓の東南、大海の中にある。山島に居住して、すべてで百余国。武帝が(衛氏)朝鮮を滅ぼして以来、漢と交流のあったのは三十国ほどである。国はみな王を称し、代々受け継いでいる。その大倭王は邪馬台国に居る(今の名を案ずると、ヤマユイ音のなまりである)。
楽浪郡の境界は其の国を去ること万二千里。その西北界の狗邪韓国を去ること七千余里。その地は会稽、東冶の東にあり、朱崖、儋耳に近く、法や習俗に同じものが多い。」

建武中元二年,倭奴國奉貢朝賀,使人自稱大夫,倭國之極南界也。光武賜以印綬

大倭王は邪馬台国にいる。
楽浪郡の国境は、その国(邪馬台国)から一万二千里である。
倭国の西北界である狗邪韓國からは七千里である。
倭奴国は倭国の極南界である。

つまり、倭国とは狗邪韓國から倭奴国まで。
畿内は倭国の中に含まれず、まして倭国女王卑弥呼がいたはずもない。
畿内にいたのは、墓が大きいだけの地方豪族だけである。

397日本@名無史さん2017/12/15(金) 13:07:58.60
紀元前に博多湾沿岸に倭国が成立して漢と国交を持ち、後漢の頃には漢委奴国王印により倭国王に冊封された。後漢書では、倭国は朝鮮半島南岸から九州北岸までの、対馬海峡の海洋国家として書かれている。
対馬海峡における貿易の権益が、天津神すなわち海の神を中心とした倭国の形成の原動力であったと考えることができる。

記紀の国生みは博多湾から始まる。伊奘諾が最初に手に入れた領土である淤能碁呂島は博多湾の小島である能古島のことである。
それに続きイザナギとイザナミの生んだ国(領土)のうち、天の冠詞がつく島である隠伎之三子島(天之忍許呂別)、伊伎島(天比登都柱)、津島(天之狭手依比売)、
女島(天一根、姫島)、知訶島(天之忍男、五島列島)、両児島(天両屋、男女群島)が天つ国の本来の領域である。

398日本@名無史さん2017/12/15(金) 13:33:37.46
当時の日本の状況として
300年以降高句麗の台頭で漢四郡が無くなって百済建国の背後で高句麗と戦争した。
400年には高句麗馬や牛が国内全土に広がって、
甲斐、信濃、武蔵、上州に御牧が成立で国司前方後円墳に高句麗牧童の墳墓も伴う。
古墳時代で大和王権確立期だろ。

邪馬台国がこれを為したというのが九州王朝東遷説だろ?
狗奴国との紛争で消えかけの帯方郡役人介入させて王権相続でもめる国じゃ無理だろ?
以降
倭の五王終了500年には半島は百済新羅の傀儡独立国になってて、
腹心百済に任那割譲で磐井の乱から半島冊封の方向性とかで皇子の人質化だろ。
で、隋唐成立で高句麗滅亡から半島属国化の663年には百済移民や皇子にお引き取りいただいたってことだ。

倭の五王は国土成立期のいい仕事してると思うんだが
中国外交が南朝だったから、白村江敗戦で記録を消したと思うね。
歴史は繰り返すっていうか、日本が台湾領有や朝鮮併合したのと似てね?

現代史は消えないけどwww 古代史も直視すべきだね。
半島配慮の戦前学者の子分には無理な注文か?

399日本@名無史さん2017/12/15(金) 13:58:22.38
>>398
妄想。
東遷なんてなかった。

400日本@名無史さん2017/12/15(金) 14:04:41.29
他のスレにも書いているんだけど、
アタマのビョーインに行ったほうが良いぞ

401日本@名無史さん2017/12/15(金) 14:06:28.05
奴隷なら奴隷らしくしろ!
と言っている人もいなかった

倭人に対して言っていた

402日本@名無史さん2017/12/15(金) 14:09:51.23
それと『倭猿』

倭猿は、本当に、どうしようもないな
と言っている人がいたり

403日本@名無史さん2017/12/15(金) 14:21:45.06
同じようなサル?でも、
いろいろあって、系統が違うとか

猿田彦というスレ参照

>それは違うサルタさんでしょ
という書き込み

404日本@名無史さん2017/12/15(金) 14:37:39.50
他のスレにも書いたけど、
あの棒術??などは系統が違う

405日本@名無史さん2017/12/15(金) 14:46:54.57
チェーンソーのゲーム


渡来人どもめ〜と言っているでしょ、
敵の台詞

406日本@名無史さん2017/12/15(金) 14:48:47.12
北斗の拳、
北斗、南斗?

主人公と同じような台詞を言っていたり、
お前はもう死んでいる、既に死んでいる

407日本@名無史さん2017/12/15(金) 23:18:43.19
讃=仁徳
珍=履中
済=允恭
興=安康
武=雄略




これで確信しました。本当にありがとうございました。

408日本@名無史さん2017/12/15(金) 23:22:52.82
それで、なぜ『倭猿』なんだと思う?

409日本@名無史さん2017/12/16(土) 07:26:57.48
>>407
だいたいよし

410日本@名無史さん2017/12/16(土) 08:58:04.77
いや、全然ダメだろ

411日本@名無史さん2017/12/16(土) 21:44:04.15
木梨も安康も暗愚過ぎて、興のイメージと重ならない

412日本@名無史さん2017/12/16(土) 21:51:35.34
頭(かしら)はともかく使者がそれなりにウチの頭は立派だって繕ってるさ

413日本@名無史さん2017/12/16(土) 22:17:25.25
畿内の天皇の記録と、九州の倭王の名前が一致したいのは当たり前だ。

414日本@名無史さん2017/12/21(木) 12:31:04.24
400年から500年にかけて日本が開き高句麗と戦争もした百済新羅利権について
南朝と国交を持ち交渉を続けた事実はあるとして
南朝は500年以降滅び、この日本外交は無意味化した。

北朝に近い百済、新羅は日本とも朝貢外交が有る蝙蝠国家として独立し
日本には鉄や馬の移入という当初の半島利権の重要性は無くなっている。

この歴史は無かったことにして600年から隋唐と外交を仕切り直したんだろ。
白村江にしたって日本にいた皇太子や増えた半島移民を返すきっかけだろ。 
畿内安住で半島移民軍と半外国の九州兵出兵させた、皇室には些事だ。

415日本@名無史さん2017/12/24(日) 06:13:59.77
>>398
>倭の五王は国土成立期のいい仕事してると思う・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いい仕事とは、誰々の如何なる政策を指しているのか?
国土成立期?地殻変動により日本列島が成立した太古にか?
ヤマト王権体制が日本列島西半部に成立した時期か?

>中国外交が南朝だったから、白村江敗戦で記録を消したと思う・・・・・・・・・・・・・・・・・・
論旨不明。何故5世紀以前の外交相手が南朝だったことが、
7世紀以後の外交相手たる北朝系唐相手の白村江敗戦に伴い
記録消去を惹起したのか?
消された記録とは、どの分野の記録を指すのか?

>歴史は繰り返すっていうか、日本が台湾領有や朝鮮併合したのと似てね?
論旨不明。記録を消した契機とおっしゃる白村江敗戦と台湾領有・朝鮮併合とが、
どのような点で類似しているのか?

>現代史は消えないけどwww 古代史も直視すべき・・・・・・・・・・・・・・・
直視されていない古代史とは、どの事件へのどのような観点を指すのか?
腹心百済>>398とかの妄想史観が、直視なのかね?
現代史は消えない?現代史も古代史も消えないが、
現代史は隠蔽されないという意味なのか?

以上を、理解しやすい日本語用語使用と論旨で頼むよ。

416日本@名無史さん2018/01/07(日) 23:36:04.48
百済は滅ぼされたのを援助して傀儡国に仕立て上げた点が満州国と似ている

417日本@名無史さん2018/01/08(月) 01:04:56.34
南朝外交時代の倭=大日本帝国
唐に完敗後の日本=戦後日本

418日本@名無史さん2018/01/28(日) 17:32:03.91
旧唐書によれば倭国と日本国は別国
倭國…倭国者古倭奴國也
日本國…日本国者倭國之別種也
つまり、列島内には複数の国が存在してた
中国から代々認められてきた倭人の代表国は倭国
日本国は旧小国だったけれど倭國の地を併せた
倭の五王は前者、天皇家が後者
名前が一致しないのは当然

419日本@名無史さん2018/01/30(火) 14:32:17.78
日本史より謎な金儲けできる方法とか
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

6S163

420日本@名無史さん2018/03/04(日) 23:21:59.16
倭人のルーツは、中央アジアにいたケルト人の一種。ガラティア人。彼らが船を作ったかは不明。耳がつく命が日耳曼人(ゲルマン人)という事だから、ゲルマン人(バイキング)が船を作ったのだろう。ゲルマン人はフェニキアにいた。

421日本@名無史さん2018/05/10(木) 02:09:09.34
倭人はコミ人説が有力。神の民。もちろん、コメを食ってた。

422日本@名無史さん2018/07/12(木) 15:44:33.30
とても簡単な稼ぐことができるホームページ
念のためにのせておきます
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

ZMI

423日本@名無史さん2019/01/20(日) 00:25:15.27
『宋書』倭国伝の記述を日本の天皇系図と普通に照合すれば下記のようになる 
讃=履中
珍=反正
済=允恭
興=安康
武=雄略
学者の通説だと讃=仁徳が多いが、それは讃=大鷦鷯尊=仁徳の発想だ
その説だと伝えられている系図による父子や兄弟関係がおかしくなったり
履中が消えてしまうなど矛盾点があり説明がつかない
さの音のみで讃=大鷦鷯尊の発想展開にはとても説得力はないと思うのだが

424日本@名無史さん2019/01/20(日) 00:28:32.82
『宋書』倭国伝の記述を日本の天皇系図と普通に照合すれば下記のようになる 
讃=履中
珍=反正
済=允恭
興=安康
武=雄略
学者の通説だと讃=仁徳が多いが、それは讃=大鷦鷯尊=仁徳の発想だ
その説だと伝えられている系図による父子や兄弟関係がおかしくなったり
履中が消えてしまうなど矛盾点があり説明がつかない
さの音のみで讃=大鷦鷯尊の発想展開にはとても説得力はないと思うのだが

425日本@名無史さん2019/01/20(日) 00:28:38.88
『宋書』倭国伝の記述を日本の天皇系図と普通に照合すれば下記のようになる 
讃=履中
珍=反正
済=允恭
興=安康
武=雄略
学者の通説だと讃=仁徳が多いが、それは讃=大鷦鷯尊=仁徳の発想だ
その説だと伝えられている系図による父子や兄弟関係がおかしくなったり
履中が消えてしまうなど矛盾点があり説明がつかない
さの音のみで讃=大鷦鷯尊の発想展開にはとても説得力はないと思うのだが

426日本@名無史さん2019/01/26(土) 04:48:58.12
倭が半島を制圧したことになってるけど、
なぜ学者先生はそれを認めない?

427日本@名無史さん2019/01/26(土) 08:23:35.85
後で広開土王に押し返されたから、一時的なものだったろう。

428日本@名無史さん2019/01/26(土) 10:05:25.80
縄文時代から住んでいるのに制圧も何も

429日本@名無史さん2019/01/26(土) 12:40:10.78
>>426
昔から情報は混乱しているが、
日本語も朝鮮語も孤立言語なので
長らく、かかわりは無かったんだろう。

好太王碑に関しては、あからさまに恥ずかしいミスなので
バレる前になんとかした方が良い。
わざとやったなら論外だが、素で間違えてるならヒドイ話だ。
https://dotup.org/uploda/dotup.org1756946.png

430日本@名無史さん2019/01/26(土) 12:43:02.54
ちょっと急いで書いたんで誤字が散見するが
……まあ、仕方ない

そろそろ、出かけたかったんだ

431日本@名無史さん2019/01/26(土) 19:53:34.94
>>426
日本書紀にあるからデタラメだああ、
と宣う権威ある研究者もいらっしゃる。

432日本@名無史さん2019/01/26(土) 22:04:34.13
>>155
> 沖縄の人は眉や髭が濃く、ぱっちりした二重まぶたの人が多い
そういえば、俺の孫は母親のお父さんが沖縄の人なんだが、
まだ1歳ちょっとなのにぱっちりした二重まぶたをしている。

433日本@名無史さん2019/01/26(土) 22:21:24.99
もし、半島を数百年も支配してたなら
古墳を調べれば朝鮮からの朝貢品が
相応に出てきそうに思う
それが証拠にもなるだろう
……ただ、おそらく、出てきてないんだろうな
(戦前から非公式に多少、調べてそうに思う)

へたに調べると、天皇扱いしてる古墳が
ぜんぜん関係ない例も出てくるだろうし

宮内庁が発掘させない背景は
記紀の記述と食い違う話が
五万と出てきてしまうからじゃないかと思う

434日本@名無史さん2019/01/27(日) 00:47:13.15
縄文時代から倭人が住んでるんだから支配とかいう話じゃないんだよ

435日本@名無史さん2019/01/27(日) 02:19:08.13
縄文人が朝鮮に住んでた云々が、
どの程度の意味なんだろうかと
アレコレ考えてたんだけど
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E6%B5%9C%E6%B5%A9%E6%98%8E
なんか怪しげな建築家の説がヒットする……
これがソースなんだろうか?

436日本@名無史さん2019/01/27(日) 02:46:39.74
関係ないよ

437日本@名無史さん2019/01/27(日) 03:16:56.21
チョンコは百済スレ行ってイジメられてこい

438日本@名無史さん2019/01/27(日) 07:51:54.36
>>278
ドラマをドキュメンタリーだとでも思ってるの?

439日本@名無史さん2019/01/27(日) 11:19:30.78
ドキュメンタリーの意味とは

440日本@名無史さん2019/01/27(日) 12:03:30.18
昔、2ちゃんで「韓流時代劇には白丁が出てこなくて嘘つきだ」って
ぼやいてるのがいたな

じゃあ、「日本の時代劇に穢多が出てくるか」って所まで
脳ミソの回転がたりてなかったようだ

時代劇なんて、そもそもウソだらけなんよ

441日本@名無史さん2019/01/27(日) 13:13:36.81
チョンコは百済スレ行ってイジメられてこい

442日本@名無史さん2019/01/27(日) 13:22:38.17
ちょっと気付いた事がある

そのうち、書くかも

443日本@名無史さん2019/01/27(日) 15:05:27.47
>>442
お前ごときが気づける程度のことなんざ既に先人が気づいてることだから書かなくて良い

444日本@名無史さん2019/01/28(月) 08:28:57.48
>>440
大河なんてね(笑)

あれを歴史だと思い込んでるアホのなんと多いことか!

445日本@名無史さん2019/01/28(月) 15:35:30.20
まぁでも日本の(史実に基づいた)時代劇は視聴者に伝わりやすい範疇で可能な限り誠実な歴史検証を行ってるけどな
じゃないと歴ヲタから猛クレームくるから

反対に韓国の時代劇はファンタジー色が強い
韓人は男女ともに才色兼備で建造物や着衣は新作が発表されるたびに豪華絢爛になる
少しでも歴史検証して正確に作ると「もっと綺羅びやかだったはずだ!」ってクレームが殺到する

446日本@名無史さん2019/01/28(月) 18:55:08.85
http://biz-journal.jp/images/post_17705_1.jpg
やはり、女だったのか……

と言うか、時代劇がどれを指してるのかわからんが
知ってる範囲でもウソだらけなんだが

たいていの作品で木戸番すらなかったり
水戸黄門とか暴れん坊将軍とか
ぜんぜん史実じゃないし

一人称の「よ」とか
当時、作家とか普通に使ってたのに
なぜかスゴイ偉い人だけが使ってた様な扱いだし

447日本@名無史さん2019/01/28(月) 19:00:25.51
仁徳天皇は別名難波天皇
香川県津田は古代は難波と呼んでいて大阪より古い
讃だから讃岐になった

448日本@名無史さん2019/01/29(火) 01:38:25.10
>>446
文盲は書き込むなよ
ただただ邪魔でしかない

449日本@名無史さん2019/01/29(火) 01:39:15.44
>>447
泡スレおぬぬめ

450日本@名無史さん2019/02/11(月) 17:32:09.01
記紀なのかよ? 
700年に作った400〜500年の天皇の諡号や事跡なんかで比定するのは馬鹿。

事実として、400年から500年の倭王は
実際に中国漢字名を名乗って文書を交換している。
嘘を言う事情は無いし、奏上も、ほぼ事実w

後漢書の倭伝で、
九州筑紫国南(熊本)の狗奴国が東の倭に変わったのは
倭王 讃 の使者の存在を知ったから だろ。

この王朝は、本州だよ。 
それも、BC200 以前から、青銅器持ってる。
おそらく狗邪韓國=弁辰狗邪國 で 半島南部 にも進出してる。

韓伝で、半島南部弁辰が入り乱れて未開という表現になっているが、
倭人の侵入によって、245年韓王朝滅亡で官制を敷いた以降も
不可侵だったのは、背景に倭が有ったからだ。

313年以降、350年 楽浪候、幽州刺史に成りあがる
高句麗と戦争し、百済、新羅建国、牛馬の移入で富国強兵を体現したのは日本だ。
他の、可能性なんて無い。

倭人伝の邪馬台国が九州で確定すると
倭の五王も銅鐸時代も牛馬の移入も
古代史に、何の疑問も無くなって、清々しいなwww

451日本@名無史さん2019/02/12(火) 13:18:11.42
倭の五王も、九州が繁栄していた時代なのだから、九州の王だろう。

452日本@名無史さん2019/02/12(火) 15:13:33.73
>>450
この前、気付いたって点に
ちょっと関わる事に触れてるなぁ

……もちろん、そこが間違ってるんだけど

453日本@名無史さん2019/02/12(火) 15:14:23.53
書くかどうかは正直、迷ってる

ガッカリする結論だろうしね

454日本@名無史さん2019/02/12(火) 20:11:00.52
>>453
どうせ古代史ファンタジーだ
書くか書かないかで迷う必要なんて微塵もない
お前が気持ち良くなれる方を選べ

455日本@名無史さん2019/02/13(水) 17:32:51.24
チョンコって国際社会で主権持ったことないから朝貢外交しか知らないよね

456日本@名無史さん2019/02/13(水) 17:58:07.53
帯方郡が韓王朝滅ぼした246年以降は、馬韓、辰韓は
313年の四郡撤退まで、臣智以下官僚制管理下に有った訳だけど

350年以降の百済と新羅の建国って言うのは、
楽浪候、幽州刺史となった高句麗を、日本の後援を背景に押し返せて
朝貢が可能になったことで、王朝として冊封を受けたんだよ。

具体的には、後に日本に人質を出したり、七支刀や五経博士の献上があって、
仏教公伝が中国からじゃなくて、傀儡の百済経由に成ったりしたわけだ。

この間に、日本で製鉄の国内化があって、高句麗馬や牛の移入で、
半島に軍事道路作ったってのは、どうしたって必然なんじゃないのかな?

倭の五王ってのは、この、富国強兵の基礎を成し遂げた、400年以降です。
狗奴国にすらヘタレてた卑弥呼の九州なんて、東遷してる暇なんて無いヨw

457日本@名無史さん2019/02/14(木) 19:14:51.35
あまり引っ張ってもしょうがないんで
一応、ここにも貼っとく。
https://dotup.org/uploda/dotup.org1773381.png
他の所で貼ったもんだけど、
……ようは、これが最近、気付いた事なんだな。


で、別に他者に
これを信じて欲しい訳でも無いし。
特に感想もいらない。

結局は、信じるか信じないかだけの話になるわけで、
自分はこの解釈であってるだろうなって思ってるだけの話。

458日本@名無史さん2019/02/14(木) 23:03:10.93
>>457
頑張って書いたから褒めてもらいたいんだねw

459日本@名無史さん2019/02/14(木) 23:16:05.29
狗奴国にヘタレていた女王国は鉄の武器を持った
渡来人に征服された可能性もあるな

460日本@名無史さん2019/02/14(木) 23:42:39.29
>>459
そこから朝鮮起源説に強引に持っていくまでがセットかなw

461日本@名無史さん2019/02/15(金) 00:27:37.05
それはそれは、お優しい征服民族様だな。

462日本@名無史さん2019/02/15(金) 01:48:04.43
でも、倭人語は扶余語との共通性が、高い。
扶余族が、縄文系の土人を支配して言語交代を起こした経緯から、倭人語が生まれたのではないだろうか

463日本@名無史さん2019/02/15(金) 02:19:32.00
>>462
核DNA調査で逆だと判明してるだろ
縄文人が半島南部を征服していたのは確実な歴史的事実で反証の余地はない
そもそもプヨ語と日本語の類似性なんて古代ヘブライ語と日本語がソックリっていうのと同レベル

464日本@名無史さん2019/02/15(金) 02:22:09.63
結局、現実を直視できないチョンキチが民族的願望に基づく妄想を垂れ流し、ウヨキチが鬼の首取ったかのような高圧的な物言いでイビリ倒すってパターンになるんだな

465日本@名無史さん2019/02/15(金) 02:26:45.81
>>462
お前>>460の予言どおりの行動して恥ずかしくないのか?

466日本@名無史さん2019/02/15(金) 03:57:42.85
半島南部を縄文人が征服してたなら
縄文人の遺伝子のハプログループDが
半島南部に多く伝わってるはずだが
(征服したのなら、男の兵士が中心になって渡る訳だから)

実際、そうなってないんだから
そんな事は無かったって事だろう

467日本@名無史さん2019/02/15(金) 04:00:00.34
>>466
可哀相だけど、最新の核DNA調査と遺跡調査で実際にそうなってるんだよ
可哀想だけどw
可哀想だけどww
家財そうだけどwww

468日本@名無史さん2019/02/15(金) 04:00:09.20
最新の核DNA調査におけるニッポン人と朝鮮ヒトモドキの差異

木村資生記念進化学セミナー 第1回「Human Evoluion I」PDFファイル(https://kimuraseminar.files.wordpress.com/2017/08/20170804_humanevol1_saitoun.pdf
67ページ
https://i.imgur.com/O3TbYBy.png
69ページ
https://i.imgur.com/ap4YCgM.png
発表者である国立遺伝学研究所の斎藤成也教授はNHKの取材に対してハッキリと弥生系渡来人の定義を「中国大陸からやってきた」断言してる
https://i.imgur.com/8HkBFa8.jpg
https://i.imgur.com/Sru89KJ.jpg


従来のY遺伝子D系統におけるニッポン人と朝鮮ヒトモドキの差異

https://i.imgur.com/8szGeDC.jpg
https://i.imgur.com/ObbsdSC.jpg
https://i.imgur.com/DRpSdZT.png
Y遺伝子(父系)のD2はアイヌ88%、沖縄56%、日本本土42〜56%、チョン半島0%


従来のミトコンドリアDNAならびにY染色体DE、O2b1とO2b*によるニッポン人と朝鮮ヒトモドキの差異

https://i.imgur.com/Ynnvh03.png
チョンコはミトコンドリア(母系)においてニッポン人女性と牝ヒトモドキに差異はないとホルホルするが、アジア全体で大きな差はない
また有史以来、チョンコロ半島の国々は貢ぎ物として牝ヒトモドキを大量輸出していた実績があり、その伝統は近年の第五種補給品まで続いていた
なおM7aがニッポン人女性の特徴と言える


結論:ニッポン人にとってチョンコは距離的には近くても血統的には非常に遠い存在

469日本@名無史さん2019/02/15(金) 04:00:33.93
チョンコの心の支え「松菊里(ソングンリ)遺跡」の真実

チョンコはソングンリ遺跡の通称「松菊里型住居」が日本列島の縄文遺跡や弥生遺跡から多数発見されていることや、同遺跡からの炭化米の出土を根拠に「ウリたちが竪穴式住居も稲作も倭人に教えてやったニダ〜」とホルホルしているが、大きな勘違いまたは意図的な思い込みです。

ソングンリ遺跡は1975年に発見され、そこで発見された竪穴式住居は1977年に「松菊里型住居」と名付けられました。
一方、板付遺跡でいわゆる弥生時代の調査が始まったのが1978年、菜畑遺跡は1979年に発見され1980年から発掘調査を開始しました。
学問に対して謙虚な日本の歴史研究者は先に発掘し名称をつけた韓国側研究者を尊重し、現在でもこの名称を用いているに過ぎません。

現時点までの炭素年代測定で判明しているのは、
菜畑遺跡の住居跡ならびに水田遺構が紀元前900年頃
板付遺跡の住居跡ならびに水田遺構が紀元前600年頃
ソングンリ遺跡の住居跡は紀元前500年頃です。

なお、現時点でソングンリ遺跡に水田遺構は見つかっておらず、炭化米出土に留まっており、朝鮮半島最古の水田遺構は20Km南にある麻田里(マジョンリ)里遺跡(紀元前300年頃)です。

なお「松菊里型住居」とは床面中央に大きな柱穴があり、付随して小さな柱穴が相対する位置にある住居形式ですが、現在では日本の竪穴式住居の劣化コピーであることが判明しています。

その証拠の一つが北緯36度線より北にあるにもかかわらず、ソングンリの住居跡には炉の形跡が一つもないこと。

これら客観的な科学検証に基づくと、3,000年前には水稲(水田による稲作)や竪穴式住居を完成させていた縄文人が朝鮮半島に入植し、朝鮮ヒトモドキに水稲と住居を指導し、支配下に置いていたことが明確です。

支配していた根拠として挙げられるのは、日本人特有と言えるY染色体O2b1で、朝鮮半島では北緯36度線以北には存在していません。
寒さに弱かった縄文人は北緯36度線以北は朝鮮ヒトモドキに開拓させていたという傍証であり、ソングンリ遺跡の住居跡に炉がないことの理由と結論付けられます。

国際的視点から見れば、魏志韓伝にもあるように、馬韓の南は倭人の国であり、むしろ三韓は北から魏の影響を受け、南から倭の影響を受けて発達したことが確定しました。

470日本@名無史さん2019/02/15(金) 04:06:22.11
お前(自分)の顔を見てから書いたほうが良いんじゃないのか?
読んでいると大爆笑なんだよ

471日本@名無史さん2019/02/15(金) 04:09:26.48
家は『松傾』?
このような名前の家なんだけど、
ロトちゃんというキャラのような雰囲気だしな〜、とくに兄w

『サイバーパンクSPECIAL』
この作品に出てくるキャラで、
住んでいるところも・・・神奈川県の川崎区のw

472日本@名無史さん2019/02/15(金) 04:13:08.55
少し気になって調べてみたんだけど、
宇宙戦艦ヤマト、ヤマトのオンラインゲーム?

チョコレートのようなを持っている男のキャラがいたでしょ、
プレゼント渡そうとしている男のキャラ、兄は、あのような顔w

キャラ名は知らない

473日本@名無史さん2019/02/15(金) 04:14:44.74
日本の古代史(性欲編)

縄文人「チョン子ちゃんのマ○コは気持ちが良いなぁ」ドピュッ
縄文人「雄チョンコはエラが張ってるし糸目で気持ちが悪いなぁ」ザクッ
弥生人「チョン子ちゃんのマ○コは気持ちが良いなぁ」ドピュッ
弥生人「9センチ以上の雄チョンコは気持ちが悪いなぁ」ザクッ
古墳人「気持ち良いマ○コはもって帰ろう」ドピュッ
飛鳥人「オイ!チョンコ!気持ち良いマ○コもっと送れや」ドピュッ
奈良人「ミカドがお飼いになられてる孕み腹って相当良いらしいぜ」ドピュッ
平安人「孕み腹の子孫マ○コは気持ちが良いなぁ」ドピュッ

474日本@名無史さん2019/02/15(金) 04:15:13.35
作業着、ツナギ?のようなものを着ていて・・・、
そのキャラwあのような雰囲気

475日本@名無史さん2019/02/15(金) 04:15:33.21
>>470-472
書くスレ間違ってんぞ無能ヒトモドキ

松傾のスレ
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1547752030/

476日本@名無史さん2019/02/15(金) 04:16:10.27
>>474
書くスレ間違ってんぞ無能ヒトモドキ

松傾のスレ
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1547752030/

477日本@名無史さん2019/02/15(金) 04:18:05.49
『ビックリマン』
スサノオ・・・一本釣り・・・?なぜか、あのような雰囲気

478日本@名無史さん2019/02/15(金) 04:18:48.17
>>477
書くスレ間違ってんぞ無能ヒトモドキ

松傾のスレ
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1547752030/

479日本@名無史さん2019/02/15(金) 04:21:25.89
>>473
さすがにそれはキモいわ・・・

480日本@名無史さん2019/02/15(金) 04:26:46.96
松傾ってチョンコが現実を突きつけられて精神不安定になった時に突発的に書き出すやん?
あの松傾とか老婆とか河童の話をコピペすると落ち着くとかなのかな?
朝鮮ヒトモドキにとっては安定剤的な働きがあるんかな?

481日本@名無史さん2019/02/15(金) 04:33:38.53
聖界一本釣り?

482日本@名無史さん2019/02/15(金) 04:35:58.11
デスラー?

483日本@名無史さん2019/02/15(金) 04:40:31.73
『聖界一本釣』
絡まっているのは葡萄なのかな?
他のスレの話になるんだけど、葡萄(ワイン)が何やら〜と言ってる人がいたり

484日本@名無史さん2019/02/15(金) 04:44:35.38
某と某・・・某、某・・・など、
同一人物(異名同人,同人異名)なんじゃないのか?と言ってる人もいたような


どのスレだったかな

485日本@名無史さん2019/02/15(金) 04:51:37.71
海獣葡萄鏡?

486日本@名無史さん2019/02/15(金) 04:56:16.29
またヤマト関係の話になるんだけど、
これはすぐにわかった

『サーベラー 釣り』でしょ?

487日本@名無史さん2019/02/15(金) 04:57:32.94
あとガンダムのキャラ?・・・その他

488日本@名無史さん2019/02/15(金) 06:02:42.93
>>467の最新核DNA調査ってのは>>468の資料のことな訳?

縄文人にハテナしてある上に。

この図だと、ヤマト人に
大量の大陸渡来人の血が入ったっていう
解釈にしかならないよね?

489日本@名無史さん2019/02/15(金) 07:11:03.03
半島西南部の百済の故地にある前方後円墳は
列島側から移り住んだ人達の遺跡だというのは
日韓双方とも学界では定説との事。
単純にどちらが征服した云々とか言ってるのは
素人の見栄っ張りだけだろw

490日本@名無史さん2019/02/15(金) 08:12:34.42
当時の栄山江流域は百済領ではない
墓の主は倭人説、倭系百済官僚説、在地首長説があるが、いずれにせよ百済があのあたりを併合するにあたっていずれかの勢力が倭王権の威光を利用するために建てたものである

491日本@名無史さん2019/02/15(金) 10:10:42.84
>>488
日本語読解力が低い上に民族的願望で逆さ眼鏡が眼球に張り付いちゃってて可哀相

492日本@名無史さん2019/02/15(金) 10:16:18.26
ワカタケル=欽明
武≠ワカタケル

493日本@名無史さん2019/02/15(金) 10:34:58.33
>>473
いくらなんでもそういうのは引く

494日本@名無史さん2019/02/15(金) 10:41:07.67
>>490
北緯36度以南が縄文人の支配域で以北が土人の領域

495日本@名無史さん2019/02/15(金) 12:10:14.85
さすがに、倭人伝というか漢以前、
青銅器搬入が普通になってるBC200年以降の日本人を縄文人というのは無理。 
まあ、内陸高地で稲作と縁の薄い、安曇野や諏訪なら近いかもしれないが・・・

このBC200以降、半島南岸は倭地であるけれど、公孫氏統治以降、238年
魏による楽浪帯方奪還、韓王朝滅亡の、246年で馬韓と辰韓は臣智以下の官任の直轄。
したがって、南岸の辰韓と入り混じって魏は詳細を知らなかった弁辰韓、
弁韓以西の南岸が魏が不可触の倭人域だったということになる。

百済なんてもんは313年四郡撤退、350年高句麗が幽州刺史、楽浪候就任。
これに、日本が異論を唱え、高句麗を押し返して傀儡の百済新羅を建国した。
これが、百済の建国となる、最初の北魏朝貢です。

これ以降、日本の牛馬移入、鉄の生産と言った富国強兵が加速し、
400年代初頭の、南朝との半島利権交渉が始まった。
これが、倭の五王時代です。

>>457 以下、百済先進国ファンタジー混ざりじゃ
歴史の時系列に触ることもできないでしょうが。

大日本帝国は、この古代韓の建国にちなんで、欧米列強に対し
清国や露西亜の属国であり続けようとする李朝を独立させ、
大韓帝国と命名した。

496日本@名無史さん2019/02/15(金) 12:15:40.40
>>495
> 大韓帝国と命名した
ちゃうよ、冊封から開放されたんだから王ではなく皇帝と名乗りたいニダ!名乗りたいニダー!!!って李親子が大日本帝国に懇願したんだよ

497日本@名無史さん2019/02/15(金) 13:26:21.44
ワカタケルというのは、語意からはタケルの息子なんだけどね。

498日本@名無史さん2019/02/15(金) 13:33:59.96
‘辛亥年七月に記す。乎獲居の大先祖の名前は意富比垝(オオビコ)であり、其の息子の名前は多加利足尼(タガリゾックニ)であり、
其の息子の名前は工已加利獲居(コリガリフェッコ)であり、其の息子の名前は多加披次獲居(タガビシフェッコ)であり、其の息子の名前は多沙鬼獲居(タサギフェッコ)であり、
其の息子の名前は半工比(バラコビ)である。其の息子の名前は加差披余(カサビリ)であり、
其の息子の名前は乎獲居(ホフェッコ)である。

代々武人の首領として大王に仕えて今に至った。獲加多支鹵(フェッカタギロ)大王の官廳が斯鬼(サギ)宮にいる時、天下の統治に助けた。
この劍を百回鍛えてよく利く劍を造らせ、我々が仕えた根原を記す。

獲加’(フェッカ)と‘獲居’(フェッコ)は‘加’(カ)と‘居’(コ)の違いしかないが、これと同じく王と王妃を表わす百濟語の‘於羅珈’(アラガ:王)と‘於陸’(アリゴ:王妃)から見られる‘カ’と‘コ’の一文字のみの違いは偶然でなさそうである。


『三國史記』を見ると‘蓋鹵‘(ケロ)大王のもう一つの名前は‘近蓋婁’(クンケル)であると記されている。

一方、‘支鹵’(キロ)と‘支婁’(キル)は兩方とも‘蓋鹵’(ケロ)の違った表記として考えられる。故にこの名前は‘獲加’である大いなる王の蓋鹵大王を指す吏讀の表記であり、獲加多支鹵大王を記したものとみなされる。

以上によって、‘乎獲居’の先祖七人の名前と彼らが等しく仕えた大王は百濟の大王であることが推察される。

499日本@名無史さん2019/02/15(金) 14:09:31.50
>>498
トンスルファンタジーは聞き飽きた

巣に帰れ
【完全妄想】百済の「日本」Part. 5【くだらない】
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1550096850/

日本に対する朝鮮起源説を真面目に考えるスレ
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1549585819/

500日本@名無史さん2019/02/15(金) 14:19:00.40
>>498
日本の古代史(性欲編)

縄文人「征服&性噴くぅ〜!チョン子ちゃんのマ○コは気持ちが良いなぁ」
ドッピュドピュッ
弥生人「なんで下半身丸出しなの?9センチ以上の雄チョンコは気持ちが悪いなぁ〜」
ザックザクッ
古墳人「オイ!チョンコ!気持ち良いマ○コもっと送れや」
ドピュピュッ
飛鳥人「ミカドがお飼いになられてるチョンコ孕み腹うやらましす」
ドピュッ
奈良人「チョンコ孕み腹の子孫マ○コは気持ちが良いなぁ」
ドピュッ
平安人「なんか孕み腹の子孫絶滅してね?」
(´・ω・`)ショボーン

501日本@名無史さん2019/02/15(金) 14:58:04.49
これはひどいw

502日本@名無史さん2019/02/15(金) 15:04:21.31
>>501
表現はまさにゲスの極みだが、内容は史実なんだよなぁ・・・

503日本@名無史さん2019/02/15(金) 15:59:40.72
ジャップ精子出し過ぎ

504日本@名無史さん2019/02/15(金) 16:53:11.29
>>500
弥生人「なんで下半身丸出しなの?9センチ以上の雄チョンコは気持ちが悪いなぁ〜」
単勝包茎のジャップの嫉妬ってことかw

505日本@名無史さん2019/02/15(金) 17:51:38.84
>>498
…はぁ何お前
薄汚い現代朝鮮語で読むんじゃねぇよ
耳が汚れるわ死ね

506日本@名無史さん2019/02/15(金) 17:58:29.31
>>505
あんたは耳で字を読むのかよ
すげぇなおい

507日本@名無史さん2019/02/15(金) 19:01:25.71
>>497
どうなんでしょうな?
しかしそう受けとると既存の雄略と断定するのは、やはり勇み足かな

508日本@名無史さん2019/02/15(金) 20:17:37.67
獲加多支鹵(フェッカタギロ)大王が雄略なら
天皇の名前は韓語だった事になる

509日本@名無史さん2019/02/15(金) 20:22:21.46
万葉仮名では「フェッカタギロ」とは読めない
つまり獲加多支鹵は日本語

510日本@名無史さん2019/02/15(金) 20:34:23.94
フェッカタギロwww
朝鮮ヒトモドキも色々と考えるもんだなw

511日本@名無史さん2019/02/15(金) 20:55:16.88
ワカタケルはアメクニオシハルキヒロニワの諱

512日本@名無史さん2019/02/15(金) 21:22:55.72
現代韓国語読みを持ち出されても説得力はないな。
ただ、ワカタケルも無理がある。
「わかたぎし」あたりが妥当ではないか。
タギシミミなどの名が記紀に見える。

513日本@名無史さん2019/02/15(金) 21:28:59.20
>>512
現代音読みするならワカタギシではなくワカタシギだろ

514日本@名無史さん2019/02/15(金) 21:31:44.89
つうか蓋鹵の日本語音写はカスリ(加須利)だし

515日本@名無史さん2019/02/15(金) 21:32:24.43
愚の骨頂というのかな?
会話が成立する可能性が無い。
否定でも、反論でも、無視、罵倒しちゃう誹謗中傷でも良い。
会話が成立するレス以外は、あぼーん って、わかるかな?

516日本@名無史さん2019/02/15(金) 21:46:26.78
>>513
そんな名前、記紀にないだろ。

517日本@名無史さん2019/02/15(金) 21:52:55.38
>>516
無理やり当てはめるって意味じゃワカタシギをタギシミミに当てるのも同じだぞって嫌味だからなw

518日本@名無史さん2019/02/15(金) 22:30:19.96
>>515
何だお前?松傾河童か?

519日本@名無史さん2019/02/16(土) 13:09:39.68
ウヨキチってチョンキチの捏造工作を暴く能力が高すぎて毎回感心する

520日本@名無史さん2019/02/16(土) 14:20:09.74
偽日本人(https://twitter.com/kojikinihonsyok/)の捏造活動を先回りしてご紹介

偽日本人のコピペ活動がコチラ
> >>1
> 京都の遺伝子データをとらない学会の闇
> https://twitter.com/kojikinihonsyok/status/1094972461815197696

で、リンク先の画像をGoogle画像検索にかけてみると・・・
https://i.imgur.com/zYmuEDA.png
トンスル臭すぎて笑うしかないwww

おそらく「ヒトモドキ視点からの古代史妄想(https://sites.google.com/view/jhistory/)」と同一人物
 
 
 
 
 
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

521日本@名無史さん2019/02/16(土) 17:42:37.17
【捏造中】  トンスルファンタジー会議 【創作中】 
  
/  ../)こうであって欲しいニダ♪  /  ../)
三三)/)   ∧_,,∧   ∧_,,∧   三三)/)もっと立派だったはずニダ!
三三)/   < `∀´>  <`∀´ ;>  三三)/ 感情的に受け入れられないニダ!
   ∧_,,∧ と  φ)  (つ φ)  ∧_,,∧     __
  < #i!`Д>/⌒/⌒/ ̄/⌒/⌒/ ̄<田´#>  /  ../)
  / _∧_,,∧口  ∧_,,∧ ⌒   φと_   ヽ  三三)/)
  (/<   `>口 <   #>φ/⌒//(__ム  三三)/)
    ̄(l    ノ  ̄(   ノ ̄ ̄ ̄||       三三)/
     `ー‐'    `ー‐'  もっとホルホルしたいニダ!
                 歴史はつくるものニダ!

522日本@名無史さん2019/02/16(土) 21:49:19.58
継体天皇からが今の天皇とつながりがあるんでそ?

523日本@名無史さん2019/02/17(日) 00:35:40.61
継体朝は高句麗系だったのだろう
応神朝は百済系だった可能性が高い
仁徳天皇は百済生まれであったと思う
両者とも先祖は半島の名門扶余族が源である

継体の出身地である越の国は高句麗との繋がりが深い
傍証となるのが白山菊理姫の神
ククリヒメの起源は高句麗姫であるという
白山菊理姫とは元々は白頭山の高句麗の女神と考えられる
白頭山は朝鮮古記にある通り韓族の始祖檀君所縁の聖地である

継体天皇の文化的背景には高句麗がある
越前平野開拓の実績から考えると継体の即位は高句麗系渡来人が越の国を開拓して遂に倭国の王になったという話なのだろう

524日本@名無史さん2019/02/17(日) 01:12:27.58
そういえば韓国は南を倭に接するとあるし、
九州の北部は韓国だったのかも知れないな

伊都国に王がいたのに、
奴国規模の地域に王がいなかったが
奴国は韓国の領土だったのかも知れん
(弁辰には12人も王がいたらしいし、
半島の方に奴国の王がいたのかも知れない)

奴国の「な」は、任那の「な」だったのかも

525日本@名無史さん2019/02/17(日) 01:24:47.97
>>523-524
【捏造中】  トンスルファンタジー会議 【創作中】 
  
/  ../)こうであって欲しいニダ♪  /  ../)
三三)/)   ∧_,,∧   ∧_,,∧   三三)/)無茶苦茶でも良いニダ!
三三)/   < `∀´>  <`∀´ ;>  三三)/ 感情的に受け入れられないニダ!
   ∧_,,∧ と  φ)  (つ φ)  ∧_,,∧     __
  < #i!`Д>/⌒/⌒/ ̄/⌒/⌒/ ̄<田´#>  /  ../)
  / _∧_,,∧口  ∧_,,∧ ⌒   φと_   ヽ  三三)/)
  (/<   `>口 <   #>φ/⌒//(__ム  三三)/)
    ̄(l    ノ  ̄(   ノ ̄ ̄ ̄||       三三)/
     `ー‐'    `ー‐'  もっとホルホルしたいニダ!
                 歴史は捏造するものニダ!

526日本@名無史さん2019/02/17(日) 20:52:41.72
記紀の編纂は中国への臣従の塩実を覆い隠すために編纂された。

特に後漢書東夷伝の倭国王帥升。
そして倭の五王。
だから時代が合わないのは当たり前、誰なのか分らなくするためだからだ。

527日本@名無史さん2019/02/17(日) 20:55:39.49
>>523
>ククリヒメの起源は高句麗姫であるという

全然違う、染め物を水に「くぐらす」という意味、

528日本@名無史さん2019/02/17(日) 21:26:59.66
支配者がどういう経緯で天皇という神?になったか興味あるわ

529日本@名無史さん2019/02/17(日) 23:06:10.51
>>527
姫の名前として意味がない。
そもそも菊理姫は黄泉比良坂でイザナギとイザナミの諍いの最中に登場するだけ。
本来は福岡県にいたはず。
白山信仰と結びつくのは後世の習合によるもの。

530日本@名無史さん2019/02/17(日) 23:23:02.62
やはり天皇のルーツは半島からか

531日本@名無史さん2019/02/17(日) 23:26:09.17
>>530
どこがどう繋がってその「やはり」に辿り着いたんだよ無能チョンコwww

532日本@名無史さん2019/02/17(日) 23:28:07.56
実はね、>>524
ぜんぜん本気じゃなかったんだ。

そもそも、倭人伝に倭国が半島に土地があるとか
書いてない訳だし。韓人伝を曲解して
半島に倭国の土地があるとか言うなら
むしろ、逆の解釈もできるだろうと……
ちょっとアホをからかってやるか……程度の話だったんだ。

ところが、後で考えたら
むしろ、合ってるんじゃないか、この解釈?
って思いはじめたわけだ。
https://dotup.org/uploda/dotup.org1776589.png

533日本@名無史さん2019/02/17(日) 23:38:10.47
ねーねーチョンコー

なんで、服は借りるものだと思ってる下半身丸出しの土人が、
衣服も髪もきちんとしてた倭人を支配できたと思い込めたのか教えてよー

あと、王もなく自称「臣下」の役人と奴隷しかいない土人が、
どうやったら王が統治して役人も大人もいる倭人を支配できたと思い込めたのー?

しかも、無法地帯の土人が、
法治国家の倭人を支配できたと思い込める理由も知りたいよー

ついでに、アリ塚みたいな穴に住む土人が、
どうやったら家族ごとに部屋のある家に住む倭人を支配できたと思い込めたのかなー?

くわえて、地面に直接死体を投げ入れる土人が、
棺にちゃんと埋葬する倭人を支配できたと思い込めるのかも教えてー

さら、囚人や奴隷のような世俗の土人が、
どうやったら慎み深く犯罪のない倭人を支配できたと思い込めたんだろ?

ぜーんぶ魏志韓伝に書いてあることだよー\(^ω^)/

534日本@名無史さん2019/02/17(日) 23:47:25.63
古代史スレでよく見る光景


  ∧_∧             ∧,,_∧  そんなソースは嘘だ捏造だ嘘だ
 (  ´∀`)お前のソースは?<`Д´∩ 捏造だ嘘だ捏造だ嘘だ捏造だ
 (元倭人)            ⊂チョンコ) 嘘だ捏造だ嘘だ捏造だ嘘だ
 | | |               ヽ∩ つ  ジタバタ
 (__)_)               〃〃

  ∧_∧                      (ヨ
 ( ´∀` )言葉がさっぱり  〃〃∩∧_,,∧ ノノ 捏造だ嘘だ捏造だ嘘だ捏造だ
 (元倭人)通じません      ⊂⌒<#`Д´>illi 嘘だ捏造だ嘘だ捏造だ嘘だ捏
 | | |               `ヽ_つ⌒ヽ(ヨ) (
 (__)_)                   ⌒Y⌒ ドンドン

535日本@名無史さん2019/02/18(月) 00:06:31.74
しかし、本気で当時の半島に倭国を征服できる政治勢力はいなかったと思うぞ。
騎馬民族征服説とかあるが、当時の半島南部は別に騎馬民族でも何でもない。
日本と同様、農耕民族が住んでいるだけの土地だ。
そして未だ統一国家は存在しない。
こんな状態で海を渡って征服できるか?

536日本@名無史さん2019/02/18(月) 00:25:43.53
>>535
いや半島南部は倭人=農耕縄文人の支配域
父系DNAの分布と住居遺跡、水田遺構、古墳分布と様々な証拠が証明してる。

537日本@名無史さん2019/02/18(月) 00:32:25.70
>>536
これか↓

チョンコはソングンリ遺跡の通称「松菊里型住居」が日本列島の縄文遺跡や弥生遺跡から多数発見されていることや、同遺跡からの炭化米の出土を根拠に「ウリたちが竪穴式住居も稲作も倭人に教えてやったニダ〜」とホルホルしているが、大きな勘違いまたは意図的な思い込みです。

ソングンリ遺跡は1975年に発見され、そこで発見された竪穴式住居は1977年に「松菊里型住居」と名付けられました。
一方、板付遺跡でいわゆる弥生時代の調査が始まったのが1978年、菜畑遺跡は1979年に発見され1980年から発掘調査を開始しました。
学問に対して謙虚な日本の歴史研究者は先に発掘し名称をつけた韓国側研究者を尊重し、現在でもこの名称を用いているに過ぎません。

現時点までの炭素年代測定で判明しているのは、
菜畑遺跡の住居跡ならびに水田遺構が紀元前900年頃
板付遺跡の住居跡ならびに水田遺構が紀元前600年頃
ソングンリ遺跡の住居跡は紀元前500年頃です。

なお、現時点でソングンリ遺跡に水田遺構は見つかっておらず、炭化米出土に留まっており、朝鮮半島最古の水田遺構は20Km南にある麻田里(マジョンリ)里遺跡(紀元前300年頃)です。

なお「松菊里型住居」とは床面中央に大きな柱穴があり、付随して小さな柱穴が相対する位置にある住居形式ですが、現在では日本の竪穴式住居の劣化コピーであることが判明しています。

その証拠の一つが北緯36度線より北にあるにもかかわらず、ソングンリの住居跡には炉の形跡が一つもないこと。

これら客観的な科学検証に基づくと、3,000年前には水稲(水田による稲作)や竪穴式住居を完成させていた縄文人が朝鮮半島に入植し、朝鮮ヒトモドキに水稲と住居を指導し、支配下に置いていたことが明確です。

支配していた根拠として挙げられるのは、日本人特有と言えるY染色体O2b1で、朝鮮半島では北緯36度線以北には存在していません。
寒さに弱かった縄文人は北緯36度線以北は朝鮮ヒトモドキに開拓させていたという傍証であり、ソングンリ遺跡の住居跡に炉がないことの理由と結論付けられます。

国際的視点から見れば、魏志韓伝にもあるように、馬韓の南は倭人の国であり、むしろ三韓は北から魏の影響を受け、南から倭の影響を受けて発達したことが確定しました。

538日本@名無史さん2019/02/18(月) 01:38:09.14
なかなか面白い
http://www.geocities.jp/ikoh12/kennkyuuno_to/015_1nihonnjinn_no_kigenn_to_jyuusousei_nituite.html#d52
>ハプログループO-STR465(O2b)は、
>弥生人の始祖の系統を確かめる基本的な
>判断基準に適している(カラフェット等1999)。
>なぜならそれが、日本と朝鮮両方に、
>(それも殆んど完全に限定されて)広がっているからである。
>O-STR465は、朝鮮でより高いY-STRの多様性を示している
>(図4b;データとして示されていないが、
>朝鮮での平均的反復サイズの多様度は0.308であり、
>一方の日本では0.258である)。
>そのことは、O-SRY465が朝鮮から日本に移住してきた男系の
>系統をトレースしているという仮説と一致する。


>O-SRY465*(O2b*)染色体のネットワーク(図4b)は、
>日本においてより朝鮮ではるかに高いハプロタイプの
>分化があったことを示している。
http://www.geocities.jp/ikoh12/kennkyuuno_to/015jyuusousei/Dual-Fig4-b1.jpg


>その後、東南アジア起源のY染色体が、
>水稲農耕の普及にともなって朝鮮と日本に広がった。
>日本におけるハプログループDとOの年代と
>空間的(地理的)パターンは、いろんなY染色体が
>弥生時代の間に人々の拡散に連れて広がったという仮説と
>一致している(ソカル・トムソン1998)

539日本@名無史さん2019/02/18(月) 02:25:05.48
最新の核DNA調査におけるニッポン人と朝鮮ヒトモドキの差異

木村資生記念進化学セミナー 第1回「Human Evoluion I」PDFファイル(https://kimuraseminar.files.wordpress.com/2017/08/20170804_humanevol1_saitoun.pdf
67ページ
https://i.imgur.com/O3TbYBy.png
69ページ
https://i.imgur.com/ap4YCgM.png
発表者である国立遺伝学研究所の斎藤成也教授はNHKの取材に対してハッキリと弥生系渡来人の定義を「中国大陸からやってきた」断言してる
https://i.imgur.com/8HkBFa8.jpg
https://i.imgur.com/Sru89KJ.jpg


従来のY遺伝子D系統におけるニッポン人と朝鮮ヒトモドキの差異

https://i.imgur.com/8szGeDC.jpg
https://i.imgur.com/ObbsdSC.jpg
https://i.imgur.com/DRpSdZT.png
Y遺伝子(父系)のD2はアイヌ88%、沖縄56%、日本本土42〜56%、チョン半島0%


従来のミトコンドリアDNAならびにY染色体DE、O2b1とO2b*によるニッポン人と朝鮮ヒトモドキの差異

https://i.imgur.com/Ynnvh03.png
チョンコはミトコンドリア(母系)においてニッポン人女性と牝ヒトモドキに差異はないとホルホルするが、アジア全体で大きな差はない
また有史以来、チョンコロ半島の国々は貢ぎ物として牝ヒトモドキを大量輸出していた実績があり、その伝統は近年の第五種補給品まで続いていた
なおM7aがニッポン人女性の特徴と言える


結論:ニッポン人にとってチョンコは距離的には近くても血統的には非常に遠い存在

540日本@名無史さん2019/02/18(月) 02:44:55.09
>>538
まーた朝鮮ヒトモドキは30年も前の古臭いネタ引っ張りだしてウリナリファンタジーしに来たんかw
お前らマジ病気だよwww
現実を直視して、卑しい血筋を呪いながら自殺でもしとけよ
来世は先進国に生まれ落ちることを祈ってやるよwwwww

541日本@名無史さん2019/02/18(月) 03:07:56.99
オイ、チョンコ!頭ン中を見せてみろ!
   ∧_,,∧   パカッ  __,,
 。゚( ゚^∀^゚)゚  彡  ∨ ∨
  / つ#`Д´>  ヤ、ヤメルニダァ
  (  ( つ  O
  し' と_)_)


  アハハハハハハハハハハ
   ∧_,,∧  クサッ、コイツ、人糞が詰まってんぞ!
 。゚( ゚^∀^゚)゚  
  / つ#`Д´> み、見るなニダ!
  (  ( つ  O  
  し' と_)_)   ∧_,,∧
           

なっ、本当だろ!
   ∧_,,∧   ∧_,,∧ アハハハハハハハハハハ
 。゚( ゚^∀^゚)゚ ( ゚^∀^゚)゚。 マジで人糞じゃん!クサッ
  / つ#`Д´>⊂  ヽ  だから妄想しかできねぇんだw
  (  ( つ  O   )    つーかクッセーなオイ!
  し' と_)_)  し´  ∧_,,∧

542日本@名無史さん2019/02/18(月) 04:31:02.73
>>540
気持ちは分かるが、言葉が悪すぎる

543日本@名無史さん2019/02/18(月) 04:40:46.77
>>533
>ぜーんぶ魏志韓伝に書いてあることだよー\(^ω^)/

韓伝じたいが記述的に怪しいんで誤解や間違いが
http://www.eonet.ne.jp/~temb/16/gisi_kanden/gisi_kanden.htm
>「その風俗では、衣〇(礼服と頭巾)を好む。
>下戸が郡を訪れ朝謁するときは、みな衣〇を貸し与える。
>自ら印綬や衣〇を用意する者は千人以上いる。」

>葬る時、棺はあるが、その外側の入れ物の槨はない。

>十二国には王がいる。その人はみな大柄である。
>衣服は清潔で、長髪。また廣幅の細かい布を作る。
>法俗は特に厳しい。」

544日本@名無史さん2019/02/18(月) 04:42:36.64
>>533
>ぜーんぶ魏志韓伝に書いてあることだよー\(^ω^)/

韓伝じたいが記述的に怪しいんで
誤解や間違いが多そうだが。
少なくとも、そこに、ちゃんと書いてある範囲で、
いい加減な引用をするのは嘘つきと同じだ。
はじをしりなさい。
http://www.eonet.ne.jp/~temb/16/gisi_kanden/gisi_kanden.htm
>「その風俗では、衣〇(礼服と頭巾)を好む。
>下戸が郡を訪れ朝謁するときは、みな衣〇を貸し与える。
>自ら印綬や衣〇を用意する者は千人以上いる。」

>葬る時、棺はあるが、その外側の入れ物の槨はない。

>十二国には王がいる。その人はみな大柄である。
>衣服は清潔で、長髪。また廣幅の細かい布を作る。
>法俗は特に厳しい。」

545日本@名無史さん2019/02/18(月) 04:43:52.15
>>537
このコピペ

まともな引用元の資料はないのか?

あまり専門的でも困るが
そっちがあれば提示してもらいたい

546日本@名無史さん2019/02/18(月) 04:49:13.86
そもそも、部分的な引用でいいなら

倭人伝にあるように
「トップが鬼道で衆を惑わしてる様な土人国家」と言う
言い方もできる訳だ。

実際のところ、倭人伝においても
蛮族である事前提で描かれてる節がある。

好意的に書いてある範囲でも
ようは「あくまで、野蛮なわりには〇〇だ」程度のね。

547日本@名無史さん2019/02/18(月) 05:05:54.59
>>545
引用元も何も四つの遺跡の客観的概要が並んでるだけだろ

548日本@名無史さん2019/02/18(月) 05:09:02.47
>>547
ソースとしてわかるものを提示してほしいんだが

549日本@名無史さん2019/02/18(月) 05:10:32.53
その客観的概要を示してる者だよ

書籍なら書籍のタイトルでもいい

極端な話、言ってる内容が
思い込みやでっちあげって可能性もあるからな

550日本@名無史さん2019/02/18(月) 05:18:27.26
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ┃ ▼よく分かるチョンコ半島の歴史
   ┃
   ┃有史以前: 虎になりたいメス熊とファックしてチョン誕生。
   ┃紀元前 : 南部から縄文人に支配される。
   ┃ 2世紀 : 北部から漢に従属させられる。
   ┃ 4世紀 : 倭の属国になる。
   ┃ 7世紀 : 唐に征服される。
   ┃13世紀 : モンゴルに犯されまくる。
   ┃14世紀 : 明に隷属する。
   ┃17世紀 : 清の勅使に三跪九叩頭の義務を課される。
   ┃20世紀前半 : 日本の一地方にしてもらう。
   ┃20世紀後半 : 北半分がソ連の、南半分がアメリカの属国になる。
       ∧_∧   。
      (  ´∀`) / <これでテストは満点        E[]ヨ
      (つ  つ      ━━━━━━━━━━━━━━━━
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     |          |            
     |          |             
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

551日本@名無史さん2019/02/18(月) 05:19:56.50
>>548-549
いや普通に菜畑遺跡と板付遺跡、ソングンリ遺跡、マジョンリ遺跡を調べりゃ誰でも見れる程度の内容だぞ?

552日本@名無史さん2019/02/18(月) 05:19:59.06
いや、そういうコピペじゃなくて
ソースを提示して欲しいんだが?

553日本@名無史さん2019/02/18(月) 05:23:00.99
>>543,544,546
民俗学的観点からの考察

朝鮮ヒトモドキは魏書韓伝のこの一説に粘着している

「5月の植え付け(田植えではない)後、10月の収穫後に、鬼神を祭り、酒を飲み歌舞を行い予祝し、豊穣を感謝する。 
各邑には一人天神を祭る者がおり、天君と自称した。 小国には首長がおり、大首長は臣智、邑借と続く。
また諸国の各々に別邑があり、これを蘇塗という。 大木を立てて鈴や鼓を懸け、鬼神につかえる。」

この「鬼神を祭り、酒を飲み歌舞を行い予祝し、豊穣を感謝する。」が卑弥呼の鬼道ならびに祈祷と同一であると舞い上がっているが荒唐無稽と言わざるを得ない。
植え付けと収穫時に豊穣祭を執り行うのは世界中の農耕民族に例外なく当てはまり、仏教伝来直後で儒教思想が圧倒的に強い前漢から見れば、陰陽五行思想に当てはまらない信仰は全て鬼神奉となるのは当然である。

蘇塗と神道の鳥居に比定する向きもあるが、門状でなく装飾が施されてる点からも学問的にはツングース系のトーテムポールに比定されている。
むしろ朝鮮ヒトモドキが意図的に書かない他の馬韓伝と東夷伝倭人条の風俗面を比較をしてみよう。

554日本@名無史さん2019/02/18(月) 05:23:37.56
魏書韓伝

其衣有上無下、略如裸勢。 
上着だけ身にまとい下半身は丸出しで裸同然

其俗少綱紀 國邑雖有主帥 邑落雑居不能善相制御。 不知乗牛馬、牛馬盡、於送死。 
規律が少なく、統治者はいるが法はないので統率が取れない。 牛馬に乗ることも出来ず、死ぬまで酷使する

居處作草屋土室、形如家、其戸在上、擧家共在中、無長幼男女之別。 其葬有棺無槨.。
入り口が上にある塚を掘っただけの家とは言えない穴に草の蓋をしただけの住居に老若男女入り乱れて住む。 埋葬は棺がなく地面の槨に収める

其遠處直如囚徒奴婢相聚。無他珍寶、禽獸草木略與中國同。
囚人や奴隷のごとく礼俗をわきまえない。 また宝と言えるものが一切ない。 なお動植物は中国と同じ


魏書東夷伝倭人条

男子皆露?、以木緜頭。其衣幅、但結束相連、略無縫。婦人被髪屈?、作衣如單被、穿其中央、貫頭衣之。
男子は皆髷をし、木綿布を頭に巻いている。 衣服は幅広い布を結び合わおり、縫われていない。 婦人は髪に被り物をし、後ろで束ねており、衣服は単衣のように作られた貫頭衣である

不?忌。不盗竊、少諍訟。其犯法、輕者没其妻子、重者滅其門戸及宗族。
盗みはなく争いもない。 法を犯すと軽いものは妻子を没収し、重い者は家族を皆殺しにする。

有屋室、父母兄弟臥息異處。 其死、有棺無槨、封土作冢。
家には部屋があり、家族の寝室が別にある。 人が死ぬと槨のない塚に棺を納める。

其風俗不淫。婦人不淫、
その風俗は淫らではない。 女は慎み深く嫉妬しない。

555日本@名無史さん2019/02/18(月) 05:26:03.44
チョンコの心の支え「松菊里(ソングンリ)遺跡」の真実

チョンコはソングンリ遺跡の通称「松菊里型住居」が日本列島の縄文遺跡や弥生遺跡から多数発見されていることや、同遺跡からの炭化米の出土を根拠に「ウリたちが竪穴式住居も稲作も倭人に教えてやったニダ〜」とホルホルしているが、大きな勘違いまたは意図的な思い込みです。

ソングンリ遺跡は1975年に発見され、そこで発見された竪穴式住居は1977年に「松菊里型住居」と名付けられました。
一方、板付遺跡でいわゆる弥生時代の調査が始まったのが1978年、菜畑遺跡は1979年に発見され1980年から発掘調査を開始しました。
学問に対して謙虚な日本の歴史研究者は先に発掘し名称をつけた韓国側研究者を尊重し、現在でもこの名称を用いているに過ぎません。

現時点までの炭素年代測定で判明しているのは、
菜畑遺跡の住居跡ならびに水田遺構が紀元前900年頃
板付遺跡の住居跡ならびに水田遺構が紀元前600年頃
ソングンリ遺跡の住居跡は紀元前500年頃です。

なお、現時点でソングンリ遺跡に水田遺構は見つかっておらず、炭化米出土に留まっており、朝鮮半島最古の水田遺構は20Km南にある麻田里(マジョンリ)里遺跡(紀元前300年頃)です。

また「松菊里型住居」とは床面中央に大きな柱穴があり、付随して小さな柱穴が相対する位置にある住居形式ですが、現在では日本の竪穴式住居の劣化コピーであることが判明しています。
その証拠の一つが北緯36度線より北にあるにもかかわらず、ソングンリの住居跡には炉の形跡が一つもないこと。

これら客観的な科学検証に基づくと、3,000年前には水稲(水田による稲作)や竪穴式住居を完成させていた縄文人が朝鮮半島に入植し、朝鮮ヒトモドキに水稲と住居を指導し、支配下に置いていたことが明確です。
支配していた根拠として挙げられるのは、日本人特有と言えるY染色体O2b1で、朝鮮半島では北緯36度線以北には存在していません。
寒さに弱かった縄文人は北緯36度線以北は朝鮮ヒトモドキに開拓させていたという傍証であり、ソングンリ遺跡の住居跡に炉がないことの理由と結論付けられます。

国際的視点から見れば、魏志韓伝にもあるように、馬韓の南は倭人の国であり、むしろ三韓は北から魏の影響を受け、南から倭の影響を受けて発達したと断言できるでしょう。

556日本@名無史さん2019/02/18(月) 05:26:38.48
  ┏┓                            ┏━┓                    ┏┓
  ┃┃┏━━┓                ┏━┛  ┃            ┏━━┓┃┃
┏┛┗┛┏┓┃      ┏┓      ┗━┓┏┛            ┗━━┛┃┃
┗┓  ┏┛┃┃  ┏━┛┻┓  ┏━━┛┗━┓┏━━━┓        ┃┃
┏┛┏┛  ┃┃  ┗━┓  ┃  ┗━━┓┏━┛┗━━┓┃        ┃┃
┃  ┃┏━┛┃    ┏┛┏┛      ┏┛┃    ┏━━┛┃      ┏┛┃
┃  ┃┃┏┓┗┓┏┛  ┗┓  ┏━┛  ┃    ┗━━┓┃┏━━┛  ┃
┗┫┃┃┗┛┏┛┃┏━┓┗┓┃    ┏┛    ┏━━┛┃┃      ┏┛
  ┗┛┗━━┛  ┗┛  ┗━┛┗━━┛      ┗━━━┛┗━━━┛
    ┏━━┓          ┏┳┓    ┏┓      ┏┓  ┏━┓    ┏┓      ┏┓          ┏━┓    ┏━━┓
  ┏┛    ┗┓    ┏┓┃┃┃  ┏┛┃    ┏┛┗┓┗┓┃┏━┛┗┓    ┃┃      ┏━┛  ┃  ┏┛┏┓┗┓
┏┛┏━━┓┗┓  ┃┃┗┻┛  ┃┏┛    ┗┓┏┛  ┗┛┗━┓┏┛  ┏┛┃      ┗━┓┏┛  ┃┏┛┗┓┃
┗━┛┏┓┗━┛  ┃┃      ┏┛┃      ┏┛┃  ┏┓  ┏━┛┗━┓┃┏┛      ┏━┛┗━┓┗┛  ┏┛┃
  ┏━┛┻━┓  ┏┛┗━━┓┃┏┻━┓  ┃┏┛  ┃┃  ┃        ┃┃┃    ┏┓┗━┓┏━┛    ┏┛┏┛
  ┗━━━┓┃  ┃┏━━━┛┃┃┏┓┃  ┗┛┏━┛┃  ┗━┓┏━┛┃┗━━┛┃  ┏┛┃        ┃┏┛
        ┏┛┃  ┃┃        ┃┃┃┃┃┏┓  ┃┏┓┗┓    ┃┃    ┃        ┃┏┛  ┃        ┗┛
    ┏━┛┏┛  ┃┗━━━┓┃  ┃┃┗┛┃  ┃┗┛┏┛    ┃┃    ┃┏━━┓┃┃  ┏┛        ┏┓
    ┗━━┛    ┗━━━━┛┗━┛┗━━┛  ┗━━┛      ┗┛    ┗┛    ┗┛┗━┛          ┗┛
      ____
    r、/  ⌒ ⌒ \
    |.l1 (● ) (● )ヽ
   .|^ )  (__人__)  |
  .ノ ソ、_ ヽノ _/ ̄`!
  /  イ         イ7 _/
  {__/\

557日本@名無史さん2019/02/18(月) 05:36:34.70
>>554
だから、都合のいい部分だけ持ってきてるだけだろ、それ?

王がいる箇所や服装や法についての記述もある

558日本@名無史さん2019/02/18(月) 05:38:11.47
>>554お前が引用してきたのよりアップデートされたのがあったぞ

三国志 魏書三十 東夷伝 韓伝(主に馬韓=後の百済)
其衣有上無下 略如裸勢 
上着だけ身にまとい下半身は丸出しで裸同然。←土人の証拠
其俗好衣帽 下戸詣郡朝謁皆假衣帽 自服印綬衣帽千有餘人
衣頭巾を好み、朝謁にあたって帯方郡から借りるも、印綬や衣頭巾を自作する者1,000人以上。←パクりの起源

其俗少綱紀 國邑雖有主帥 邑落雑居不能善相制御 不知乗牛馬 牛馬盡 於送死
規律が少なく、統治者はいるが法はないので統率が取れない。 牛馬に乗ることも出来ず、死ぬまで酷使する。←無法地帯の証拠

居處作草屋土室 形如家 其戸在上擧家共在中 無長幼男女之別 其葬有棺無槨.
入り口が上にある塚を掘っただけの家とは言えない穴に草の蓋をしただけの住居に老若男女入り乱れて住む。 埋葬は棺がなく地面の槨に収める。←未開の証拠

其遠處直如囚徒奴婢相聚 無他珍寶 禽獸草木略與中國同
囚人や奴隷のごとく礼俗をわきまえない。 また宝と言えるものが一切ない。 なお動植物は中国と同じ。←奴隷根性の証拠


三国志 魏書三十 東夷伝 倭人条
男子皆露? 以木緜頭 其衣幅 但結束相連 略無縫
男子は皆髷をし、木綿布を頭に巻いている。 衣服は幅広い布を結び合わおり、縫われていない。←髪の服もきちんとしてる証拠
婦人被髪屈 作衣如單被 穿其中央 貫頭衣之
婦人は髪に被り物をし、後ろで束ねており、衣服は単衣のように作られた貫頭衣である。←女でも髪の服もきちんとしてる証拠

不?忌 不盗竊 少諍訟 其犯法 輕者没其妻子 重者滅其門戸及宗族
盗みはなく争いもない。 法を犯すと軽いものは妻子を没収し、重い者は家族を皆殺しにする。←法治国家の証拠

有屋室 父母兄弟臥息異處 其死 有棺無槨 封土作冢
家には部屋があり、家族の寝室が別にある。 人が死ぬと槨のない塚に棺を納める。←高文化の証拠

其風俗不淫 婦人不淫
その風俗は淫らではない。 女は慎み深く嫉妬しない。←高民度の証拠

559日本@名無史さん2019/02/18(月) 05:40:37.51
>>558
縫われてもいないって、まさに非文明あつかいなんじゃ?

ところどころがいい加減で
突っ込むのも面倒くさいんでやらんけどさ

560日本@名無史さん2019/02/18(月) 05:45:25.74
                               |ヽ、  | ヽ、
          ___                  /  ヽ─┴ ヽ、
        / ⌒  ⌒\              ノし        \
       / (●)  (●)\           / ⌒゙    .ノし    \
     /   ///(__人__)///\         <        )г      >
     | .    `Y──┴──┴─┐      \、          ,/
     \,,     :| おい!チョンコ .|.        /          ^ヽ、
      /⌒ヽ(^つ もっと      |       /             ヽ
      `ァー─イ    ファビョれ |       l |.          |  |
      /    |________|       | |          |  |
      /AD    ./               :ノ  |.          |  :
    /      ⌒ヽ.            :.(  ‖         |    ):
 ___/  / ̄ ̄`)   ノ             :`-‐´|    ∩    |`-‐´:
(__r___ノ     (.__つ                |    | |    |

561日本@名無史さん2019/02/18(月) 05:45:36.73
書き込みたい事があるんだが
文が長いせいか連投あつかいされて困る

562日本@名無史さん2019/02/18(月) 05:48:45.99
  ┏━━┓          ┏━┓┏┓
  ┗┓┏┛          ┗━┛┃┃
┏━┛┗━┓┏━━┓      ┃┃
┗━┓┏━┛┣━  ┃      ┃┃
  ┏┛┃    ┣━  ┃┏━━┛┃
  ┗━┛    ┗━━┛┗━━━┛



    ┏┓  ┏┓
    ┃┃┏┛┗━━━┓
    ┃┃┃┏━━━━┛  ┏┓                                        ┏━┓
┏┓┃┃┗╋━━━━┓  ┃┃        ┏┓     ┏┓  ┏━━━━┓     ┗━┛
┃┃┃┣┓┃┏┓┏┓┃  ┃┃        ┃┃     ┃┃┏┛┏┓┏┓┗┓┏━━━━┓
┗┛┃┣┛┃┃┃┃┃┃  ┃┃        ┃┃     ┃┃┃┏┛┃┃┗┓┃┗━━━┓┃
    ┃┃┏┛┗┛┗┛┗┓┃┃        ┃┃     ┃┃┃┃  ┃┃  ┃┃        ┃┃
    ┃┃┗┓┏┓┏┓┏┛┃┃        ┃┃     ┃┃┃┃┏┛┃  ┃┃        ┃┃
    ┃┃  ┃┃┃┃┃┃  ┃┃    ┏┓┃┃     ┃┃┃┃┃┏┛  ┃┃        ┃┃
    ┃┃┏┛┗┛┗┛┃  ┃┃    ┃┃┃┃   ┏┛┃┃┗┛┃  ┏┛┃      ┏┛┃
    ┃┃┗━━━━┓┃  ┃┗━━┛┃┃┗┓ ┗━┛┗┓  ┃┏┛┏┛  ┏━┛┏┛
    ┗┛          ┗┛  ┗━━━━┛┗━┛         ┗━┛┗━┛    ┗━━┛

563日本@名無史さん2019/02/18(月) 05:57:01.62
お前たちの書き込みなんて、
誰からも相手にされていないんだけど、
気づいているだろう

テレビ・・・など観たりしている?

564日本@名無史さん2019/02/18(月) 05:59:38.79

565日本@名無史さん2019/02/18(月) 05:59:53.71
なぜだと思う?

・・・・・・・・・・・・さあ❔

566日本@名無史さん2019/02/18(月) 06:00:35.97
>>565
スレチだぞ無能ヒトモドキ

松傾のスレ
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1547752030/

567日本@名無史さん2019/02/18(月) 06:32:07.57
朝っぱらからウヨキチ強すぎ
理責め班とAA班がいるんかな

568日本@名無史さん2019/02/18(月) 06:41:20.72
ウヨ(右翼?)だか何だか知らないけど、
ただの雑魚なんだけどな

569日本@名無史さん2019/02/18(月) 07:26:39.83
>>568
   ┌────────────────
   │ チョンコの分際でいきがってんじゃねーよ
   └─V ──────────────
      
        ∧_∧
       ( ・∀・)
      ( ヽ_  ⌒,ヽ、
       lヽ_  ソ  ̄_/
          l    '  ~l
        l      l
          (      ノ
        ヽ  y l
         ヽ  ヽl
          ヽ  )
           l  ll              ミ⊂⊃彡
             l  l.l             ∫
  ∩    ∩   l  ll           ∫
   )`i_  )`i  l l _____     スミマセン
  (    ̄ ̄⌒ ̄ ̄         ̄ ― _ __     _  _ _
    ̄ ̄ ̄ ⌒─‐___/  _ノ`< ;、Д, >_  ̄ 二、`っ^つ)
               / /   ∨ ̄∨    ̄    ̄
              / /    許シテクダサイニダ・・・
             ( __( J
              l,jj,jl,j

570日本@名無史さん2019/02/18(月) 07:36:05.39
>>529
>姫の名前として意味がない。

なぜ?いきなり高句麗なんて出てくる方が意味がない。

>そもそも菊理姫は黄泉比良坂でイザナギとイザナミの諍いの最中に登場するだけ。
>本来は福岡県にいたはず。

イザナギとイザナミが契りを結んで初めて生まれたのは淡路。
契りを結んだ場所は淡路の南の沼島。
昔、島田紳助の番組で「沼島の花嫁」というのがあったがあそこ。

571日本@名無史さん2019/02/18(月) 07:49:51.56
>>568
お前いつも強気なこと言ってる割には全戦全敗してるじゃん
一人前の口叩く前に百済スレの詰問を論破してこいよ無能

572日本@名無史さん2019/02/18(月) 08:04:54.84
>>570

>>527は別スレでも全く同じ主張をしていて、そっちでは白頭山信仰や古朝鮮語についての質問されてたのに一切答えられなかった。
現代朝鮮語との語呂合わせから連想しただけの妄想ファンタジーだと切り捨てて良い内容だと思われる。

573日本@名無史さん2019/02/18(月) 08:09:00.66
ちょっと人種差別がひどすぎやしないかい?
何でもかんでも強引に半島を結びつけようとする輩に憤慨する気持ちは分からんでもないが、いささか度が過ぎてる。

574日本@名無史さん2019/02/18(月) 08:26:08.03
でも九州説とかもはやチョンか基地外しかいねーじゃん

575日本@名無史さん2019/02/18(月) 08:40:07.98
>>574
近畿説でまとめて引き取ってくれないか?

576日本@名無史さん2019/02/18(月) 08:54:40.71
>>570
高句麗は別の人。
私は高句麗にも懐疑的。

イザナギとイザナミが契りを結んだのは博多湾の能古島(おのころ島)。
彼らは銅矛文化の中心地、博多湾沿岸にいた倭王。
菊理姫が登場するのは黄泉比良坂だが、正確な場所は不明。
ただしイザナギはそこから帰ってきてから筑紫の日向の小戸で禊をしている(瀬戸内海は関係なし)。

577日本@名無史さん2019/02/18(月) 09:00:05.02
>>575
こっちはこっちでサヨキチとサヨチョンで手一杯なんだわ

578日本@名無史さん2019/02/18(月) 09:17:52.09
>>552
チョンコはググる知恵もないのかよwww

579日本@名無史さん2019/02/18(月) 10:27:03.83
なんでこのスレタイで五王の話がまったくなくて朝鮮ネタやってんだよ?

580日本@名無史さん2019/02/18(月) 11:47:40.73
♪(^・ω・)_o/━━━━━━>゜)大漁>>495 まで、巻き戻しw

百済は313年楽浪帯方郡撤退、350年高句麗が幽州刺史、楽浪候就任。
これに日本が異論を唱え、高句麗を押し返して傀儡の百済新羅を建国した。
これが百済の建国となる、最初の北魏朝貢です。

これ以降、日本の牛馬移入、鉄の生産と言った富国強兵が加速し、
400年代初頭の、南朝との半島利権交渉が始まった。
これ以降の100年が、倭の五王時代です。

581日本@名無史さん2019/02/18(月) 16:01:00.41
>>539
https://i.imgur.com/Ynnvh03.png
これ、O2b1というのが別に日本の固有遺伝子と言う訳で無いなら
むしろ韓国人でO2b1を持ってた一部の層が
日本に渡ってきて、日本人となり
ふえた結果と考えるのが一番、蓋然性が高いんじゃないかと。

あまり単純に考えちゃいけないんだろうが
ようは韓国にいた12%が日本に入ってきて
ふえて、25%の比率になっただけじゃないかって話。

ところが、「日本が韓国の支配者となり、
それが原因で朝鮮半島で増えたんだ!」と
主張したいんだろう?

しかし、その条件なら、むしろハプログループD2(現D1b)も
同じくらい韓国人の遺伝子に増えてないと
いけないはずな訳だ……だから、そっちの解釈は不可能じゃないかと

なにしろD2は数万年前に日本で生まれた遺伝子だからね。
(数千年前だか韓国を支配してたならD2の方が韓国に入ってきてないといけない)

つまり倭人が韓国を支配してた証拠だってあげてた根拠は
むしろ、倭人の構成に韓国人が多かった根拠だった訳だ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97D1b_(Y%E6%9F%93%E8%89%B2%E4%BD%93)
>ハプログループD1b(D-M64.1)は、日本列島で観察される。
>日本人の約32%〜39%にみられ、沖縄や奄美大島では
>過半数を占める。アイヌの80%以上もこれに属する。
>ハプログループD1bは、
>日本で誕生してから3.8-3.7万年ほど経過していると
>考えられている。

582日本@名無史さん2019/02/18(月) 16:09:44.83
日本人固有のD2遺伝子が韓国人に入り込んでないって事は……


韓国人の一部が渡って
日本人の多くの構成員になったって証明材料になるが……

> 韓国人O2b1 (12%) → 日本人O2b1 (25%)


逆に、日本人が韓国人に遺伝子を
あまり残してないって証明なんだよね

> 韓国人D2 (4%) ← 日本人D2 (39%)



数万年前に日本人に生まれ40%も所有する遺伝子が、
韓国人には4%しかいない。
……これ、自然の混血児レベルの移動じゃないかと。

しかもO2b1の方は、別に日本人固有の遺伝子じゃなくて
大陸から入ってきた遺伝子。たまたま、北朝鮮地域には少ないけど
アジアにそれ相応にいるんじゃ、むしろ一番近い韓国人から
入ってきたって強い証明材料じゃん?

……、あのさ、アホの?

というか、引用元のサイトからして
ここら誤解してるんじゃないかと。

583日本@名無史さん2019/02/18(月) 16:15:20.80
これが今朝、連投あつかいされて
書けなかった内容だよ

ほんとにさ、コイツ、あほなんじゃないかと……

「俺達が韓国人に子孫を残した」って主張してる証拠が
実際は「私たちは韓国人の子孫です」って
示してるようなもんだぞ。

584日本@名無史さん2019/02/18(月) 16:48:42.04
>>583
現生朝鮮ヒトモドキと日本人は無関係

元漬け高麗ヒトモドキの中に倭種新羅や百済ビッチの残滓DNAが入って出来上がったのが現生朝鮮ヒトモドキ

585日本@名無史さん2019/02/18(月) 17:01:02.70
>>581-583
それはお前の民族的願望で事実を歪曲しまくった結果であって真実ではない。
半島南部が縄文人によって征服され、北緯三十六度線以北はその支配下に置かれたツングース系が開拓したことは遺跡という物証「も」証明している揺るぎない真実。
真実から目を背けたいならSF板かオカルト板に行きなさい。

586日本@名無史さん2019/02/18(月) 17:02:38.71
  ┏━━┓          ┏━┓┏┓
  ┗┓┏┛          ┗━┛┃┃
┏━┛┗━┓┏━━┓      ┃┃
┗━┓┏━┛┣━  ┃      ┃┃
  ┏┛┃    ┣━  ┃┏━━┛┃
  ┗━┛    ┗━━┛┗━━━┛



    ┏┓  ┏┓
    ┃┃┏┛┗━━━┓
    ┃┃┃┏━━━━┛  ┏┓                                        ┏━┓
┏┓┃┃┗╋━━━━┓  ┃┃        ┏┓     ┏┓  ┏━━━━┓     ┗━┛
┃┃┃┣┓┃┏┓┏┓┃  ┃┃        ┃┃     ┃┃┏┛┏┓┏┓┗┓┏━━━━┓
┗┛┃┣┛┃┃┃┃┃┃  ┃┃        ┃┃     ┃┃┃┏┛┃┃┗┓┃┗━━━┓┃
    ┃┃┏┛┗┛┗┛┗┓┃┃        ┃┃     ┃┃┃┃  ┃┃  ┃┃        ┃┃
    ┃┃┗┓┏┓┏┓┏┛┃┃        ┃┃     ┃┃┃┃┏┛┃  ┃┃        ┃┃
    ┃┃  ┃┃┃┃┃┃  ┃┃    ┏┓┃┃     ┃┃┃┃┃┏┛  ┃┃        ┃┃
    ┃┃┏┛┗┛┗┛┃  ┃┃    ┃┃┃┃   ┏┛┃┃┗┛┃  ┏┛┃      ┏┛┃
    ┃┃┗━━━━┓┃  ┃┗━━┛┃┃┗┓ ┗━┛┗┓  ┃┏┛┏┛  ┏━┛┏┛
    ┗┛          ┗┛  ┗━━━━┛┗━┛         ┗━┛┗━┛    ┗━━┛

587日本@名無史さん2019/02/18(月) 17:02:47.57
 ___
‖    |
‖現実 ∧_∧  .ヘ,,∧
‖ \ ( ・∀・) <`Д●>  見えナイニダ
|| ̄ ̄⊂   )  (   と)
凵    し`J   U U
 ___
‖    |
‖空気 ∧_∧  .ヘ,,∧
‖ \ ( ・∀・) <`Д●>  読めナイニダ
|| ̄ ̄⊂   )  (   と)
凵    し`J   U U
 ___
‖    |
‖常識 ∧_∧  .ヘ,,∧
‖ \ ( ・∀・) <`Д●>  知らナイニダ
|| ̄ ̄⊂   )  (   と)
凵    し`J   U U
 ___
‖    |
‖未来 ∧_∧  .ヘ,,∧
‖ \ ( ・∀・) <`Д●>  全くナイニダ
|| ̄ ̄⊂   )  (   と)
凵    し`J   U U
 ___      人
‖    |     (_)
‖人糞 ∧_∧  (___)
‖ \ ( ・∀・) <`∀●>  目がナイニダ
|| ̄ ̄⊂   )  (   と)
凵    し`J   U U

588日本@名無史さん2019/02/18(月) 17:04:41.95
ここは倭の五王スレなんで、捏造チョンも火病チョンも理責めウヨもAAウヨもどっか行ってくれませんかね?

589日本@名無史さん2019/02/18(月) 17:15:27.32
>>583
洗脳教育の被害者のまま大人になるのはあまりに可哀想なので・・・


紀元前から半島南部は菜畑や板付、金隈と同族の農耕縄文人が征服し、大陸からは辰国と認識された。
根拠として挙げられるのが、半島最古の住居遺構である松菊里住居跡が日本の竪穴式住居の劣化コピーであること、と半島最古の水田遺構である麻田里の温帯ジャポニカ米。

寒さに弱い農耕縄文人を尻目に、半島の北緯36度線以北に流入した様々な民族が弥生人(元縄文人)国家である辰国と融和しながら形成されたのが馬韓・辰韓・弁韓・狗邪韓国。

倭人(元弥生人)の影響を受けなかったツングース系・穢族・プヨ族を併合して高句麗に、馬韓は百済に、辰韓と弁韓が併合して倭種の国として新羅に、狗邪韓国が倭人の国として伽耶を含む任那に移行。

原韓人とも言うべき百済は倭国本土に媚を売り続けたため反感を買い、唐と組み、中国化した新羅に絶滅させられ、高句麗も滅亡し、任那は本土に撤退、統一新羅に。

その新羅も高麗に滅ぼされ、民族としての倭種の国は半島から消滅。

高麗はモンゴル帝国の侵略を受けツングース系とモングル系のハイブリッド国家へと変貌を遂げ、現在に至る。

590日本@名無史さん2019/02/18(月) 17:25:06.92

591日本@名無史さん2019/02/19(火) 17:13:33.25
チョンコ精神崩壊w

592日本@名無史さん2019/02/19(火) 21:26:42.38
五王と今の天皇とはつながりはないよね?

593日本@名無史さん2019/02/19(火) 21:47:34.05
倭が九州なら、直系ではないかもね。

594日本@名無史さん2019/02/19(火) 21:49:21.55
>>592
 ////////, ''"    ヽミ川川
 |//////, '"       ',川川
 川/////, '",,,,,,,,,,,,,,,,    r''"',川||
 川f 川f´           ,ィ::ラ',川  やだっ…チョン臭い …
 川ヘ  |    弋て::>     ̄  ',リ
  川 ヘ.__           ヽ /7!  
  川川 ヘ     _,. '-‐''"´y'  //
   川川リヘ , '´   __,,,/  / /
   川川川|/   '"´   , '´ /||
   川川川|           /川

595日本@名無史さん2019/02/19(火) 22:46:23.88
去年あがった動画だけど、この人は朝鮮から入ってきた説だね。
https://www.youtube.com/watch?v=OcbsahVE5VA#t=46m30s
http://kodaiken.sub.jp/old_siryou/ronbun/kouza_pdf/hara2018.pdf

>後年に休岩里遺跡で無文土器時代前期の松菊里型住居が
>見つかり、一番古いことが分かった。
https://www.youtube.com/watch?v=OcbsahVE5VA#t=2m57s
>無文土器時代は(中略)
>前期は紀元前1500年から850年頃とされる。

この人は日本のAMS年代測定を疑ってるぽいな
https://www.youtube.com/watch?v=OcbsahVE5VA#t=24m57s
調べると確かに怪しい。これにかかわらず、縄文時代が異常に古すぎる。
なにか不確定要素があり、大幅に古くなってる可能性がある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%80%A7%E7%82%AD%E7%B4%A0%E5%B9%B4%E4%BB%A3%E6%B8%AC%E5%AE%9A
>何らかの原因により宇宙線の入射量が増大すると炭素14も多く
>生成される。過去に地球に入射する宇宙線の入射量が増大していた場合、
>増大前に生存していた標本は元々の炭素14の含有量が少ないため、
>計測結果は実際の年代より古く出る。(中略)
>西暦774年から775年にかけて急激な増加が有り、
>この変動は通常の太陽活動に伴う変動の20倍よりも大きく、
>過去3000年間で最大級の増加を示していた[8]。
>実例
>この結果、縄文時代早期は9500年前と初めて測定され
>縄文土器が世界最古の土器文化である可能性が指摘された。
>これは日本の考古学者の多くを驚愕させた。

>青森県東津軽郡外ヶ浜町の大平山元I遺跡の
>縄文時代草創期の土器製作時期が、通説より4500年も
>古い(早い)1万6500年前と1999年4月に発表された。
> 2003年5月の日本考古学協会総会での報告は、
>衝撃、当惑、賛成、反発などとともに拒否、嘲笑などに覆われた。

596日本@名無史さん2019/02/20(水) 01:48:57.13
>>595
          詐欺師
          嘘八百
朝鮮人詐欺師嘘八百朝鮮人詐欺師嘘八百                         嘘嘘嘘
詐欺師                 朝鮮人   嘘嘘嘘                  嘘嘘嘘
嘘八百                 詐欺師    嘘嘘嘘                 嘘嘘嘘
朝鮮人                嘘八百      嘘嘘嘘                嘘嘘嘘
詐欺師               朝鮮人        嘘嘘嘘              嘘嘘嘘
                   詐欺師         嘘嘘嘘             .嘘嘘嘘
                  嘘八百                          .嘘嘘嘘
                 朝鮮人                           .嘘嘘嘘
                詐欺師                           嘘嘘嘘
              嘘八百                            嘘嘘嘘
             朝鮮人                            嘘嘘嘘
           詐欺師                             嘘嘘嘘
                                           嘘嘘嘘

597日本@名無史さん2019/02/20(水) 01:50:15.07
llllllllllllllllllllllllll/ ̄ ̄ヽlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllll /      ヽllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii  試 も あ .iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|  合 う き  |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  終  ら  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  了  .め  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|  だ  ろ  |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|        |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:. :. :. :. :. :. :. :. ‐‐--‐‐':. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,.‐- 、 : : : :
                  廴ミノ
                 ///¨' 、
                 y':;:;:;:/⌒i!
                J:;:;:;:;};:;:/;},
..    Λ_Λ       t`'---‐';:;:;:l
    <丶`Д´>        7;:;:;:;:;:;:;:;「
   >>595(⌒i        .}:;:;:;:;:;:;;/
   /..,__彡{, |         `i:;:;:;:;:;}
   (  .ミi!} l、         .」:;:;:丿

598日本@名無史さん2019/02/20(水) 02:28:27.12
>>595
趣味で歴史研究してる人の持論を根拠にされてもな・・・
まぁチョンコが珍しく真摯に学ぼうと一所懸命に調べた点だけは評価してやらんでもない

599日本@名無史さん2019/02/20(水) 03:32:39.16
>>595
「これは私は違うと思うんですよね。」
何の科学的根拠も史料根拠もない個人的意見(お前らの民族的願望と同レベル)でしかないもの
アホか

600日本@名無史さん2019/02/20(水) 22:18:52.15
仁徳天皇陵を発掘調査してくれ

601日本@名無史さん2019/02/20(水) 22:23:27.62
今年したじゃん

602日本@名無史さん2019/02/20(水) 23:14:33.88
あれは堀だけだろ 本体

603日本@名無史さん2019/02/20(水) 23:29:51.16
そりゃムリだ

604日本@名無史さん2019/02/21(木) 00:19:20.76
         ∧__,,∧
         (・ω・  )
          ( /⊂_ノ )
          `J/へ ヽ
 | i l||     //__) (__)
  l |  __//___
  || l |/_______ l
   //ナナナナナナナナナナ// ガッ!
’ミ、//ナナナナナナナナナナ//
.  //ナナナナナナナナナナ//  ⌒)`
 /__∧_∧__/ 彡‘
ノ "/ < `Д´ >つ`ヾ'  ゙ )⌒
(⌒  し'`↑>>*** ` ⌒)
日本に絡みつくな寄生虫!

605日本@名無史さん2019/02/21(木) 00:21:26.79
発掘調査=埋葬施設の調査だと思ってる低能がいると聞いて

606日本@名無史さん2019/02/21(木) 08:13:30.74
仁徳陵を発掘して皇室が韓半島由来であり皇国史観を打ち砕かないと天皇陵を発掘したとは言えない

607日本@名無史さん2019/02/21(木) 08:57:27.06
恥の上塗り

608日本@名無史さん2019/02/21(木) 09:13:39.70
>>606
おはチョンコ

609日本@名無史さん2019/02/21(木) 12:31:42.28
天皇自身、近年半島の歴史に興味を示されているよね

610日本@名無史さん2019/02/21(木) 12:41:05.69
桓武天皇の先祖が百済人であると天皇自ら発言している

611日本@名無史さん2019/02/21(木) 12:56:46.61
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O
 ZZZzzz 。 という民族願望の夢を見てるニダ
        _∧_∧_____,,
      /( <`∀´ > (() /
     /  ⊂    つ ./
   / ̄⌒(ヘヽ (へ) /
  / ※※\  ⌒⌒く
 (_____(___,,ノ

612日本@名無史さん2019/02/21(木) 14:17:00.92
>>606
皇国史観だったらヤマト王権が中国に朝貢したとか言わないんだよ
なぁゴミチョン

613日本@名無史さん2019/02/21(木) 14:33:52.15
天皇の有力候補が皆後継者争いで死んで
棚ぼたで身分の低い百済系帰化氏族の妾の子供が天皇になれたってだけの話のどこにチョンのホルホルポイントがあるんだろうな

やっぱ人間には理解できない生き物だよ

614日本@名無史さん2019/02/21(木) 14:56:46.31
>>613
しかも帰化9世だからなwww

615日本@名無史さん2019/02/21(木) 17:41:03.19
継体?

616日本@名無史さん2019/02/22(金) 23:18:26.08
>>588
ネトウヨの自作自演

617日本@名無史さん2019/02/23(土) 00:06:12.40
>>616
朝鮮ヒトモドキの被害妄想

618日本@名無史さん2019/02/23(土) 11:54:33.57
間を置かずにレス
あっ(察し)

619日本@名無史さん2019/02/23(土) 12:01:02.46
>>618
なんの妄想?

620日本@名無史さん2019/02/23(土) 12:02:33.29
どこの池沼なんだ?

621日本@名無史さん2019/02/23(土) 12:04:51.48

622日本@名無史さん2019/02/23(土) 12:05:18.00
本当に説明しなくても、わかるはずなんだけどw

『松傾』

ちなみに、家は、こういう名前の家

623日本@名無史さん2019/02/23(土) 12:14:07.68
あと倭猿、猿真似〜何やらとか

どういう意味だと思う

624日本@名無史さん2019/02/23(土) 12:20:16.30
>>623
あんたの書く文章は薄気味悪いだけだから専用スレから出てこないでくれ。

松傾のスレ
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1547752030/

625日本@名無史さん2019/02/23(土) 12:20:58.76
>>623
しらねぇよ無能ゴキブリ

626日本@名無史さん2019/02/23(土) 14:30:22.52
海猿

627日本@名無史さん2019/02/23(土) 23:04:07.27
次期天皇誕生日

628日本@名無史さん2019/02/24(日) 16:17:29.80
>>627
来年から祝日

629日本@名無史さん2019/02/26(火) 14:38:05.20
ワカタケルが雄略というのが崩れてきてる以上
やり直しが必要だなあ……

630日本@名無史さん2019/02/26(火) 17:20:18.14
九州の王ですよ

631日本@名無史さん2019/02/26(火) 22:45:11.17
>>630
今時そんなヨタ話しんじられるなんて
70年代で思考の止まった爺婆ぐらいじゃね

632日本@名無史さん2019/02/26(火) 23:57:24.03
雄略天皇・獲加多支鹵大王(稲荷山鉄剣)・武(宋書)の三者はすべて別人という事でよろしいか?

633日本@名無史さん2019/02/27(水) 00:01:42.16
タケルにはたどり着けない

634日本@名無史さん2019/02/27(水) 00:07:39.89
ヤマトタケル天皇でしょ

635日本@名無史さん2019/02/27(水) 00:15:52.16
常陸風土記では天皇
タケルの息子にワカタケルがいる

架空の物語臭がするのは過去の人にしたからか

636日本@名無史さん2019/02/27(水) 00:17:39.22
獲加多支鹵(フェッカタギロ)大王が雄略なら
天皇の名前は韓語だった事になる

637日本@名無史さん2019/02/27(水) 00:40:19.42
>>636
しつこいぞ朝鮮ヒトモドキ>>508

638日本@名無史さん2019/02/27(水) 00:44:27.10
韓語、韓人、韓族、韓民族、韓文化とか書くやつは例外なく無能チョンコ

639日本@名無史さん2019/02/27(水) 06:19:25.54
当時は対外的に何語でやりとりしてたの?

640日本@名無史さん2019/02/27(水) 06:20:58.21
朝鮮は漢と倭の領土だった

641日本@名無史さん2019/02/27(水) 06:28:31.05
>>639
一般に古朝鮮語と呼ばれる扶余語族と思われる言語
その実態は残存していないため、実態は分かっていない

642日本@名無史さん2019/02/27(水) 10:26:40.29
日帝ジャップは馬鹿だから
「ジャップは太古の昔から天皇に統一的に支配されていた」
という妄想を維持したい。

しかし『魏史』倭人伝の卑弥呼の記述は、
明らかにそれに都合が悪い。

卑弥呼は「倭女王」だ、とはっきり書かれてるからな。

だから、ジャップは「邪馬台国は近畿にあった」
という妄説を主張して、自分たちの妄想を守ろうと悪あがきをする。

邪馬台国ネタは、
ジャップの支配層の本質的な幼稚さを暴露する
格好のネタw

だからネットでもどこでも
繰り返し話題にされる。

643日本@名無史さん2019/02/27(水) 12:38:59.75
五王が合体して天皇になった

644日本@名無史さん2019/02/27(水) 13:09:46.61
文句は倭国の都ヤマトが魏志のヤマタイ国と書いた隋書の編者に言え

645日本@名無史さん2019/02/27(水) 13:32:14.63
大和は随書の邪摩堆=邪馬臺
邪馬壹国は三国志の写本の間違い

646日本@名無史さん2019/02/27(水) 14:42:40.25
随書は600年斑鳩遷宮後来日の裴世清以降に記されている。

記紀はダメだが、万葉集の地理名称は信じるに足ると思う。
この時分の奈良に、万葉仮名化する和音であることは間違いないが
漢字字義での山東なり山門(戸)なりで、ヤマトという名称が有ったということ。
後の大和である。

隋書は、これを魏時の卑弥呼王都と同一とする誤認があり邪摩堆音を疑うが
唐代写本での魏志〜後漢書では『邪馬臺国』が正式使用名称ということになる。

647日本@名無史さん2019/02/27(水) 17:23:02.33
九州耶馬渓にあった一国が今でいう邪馬台国じゃ

648日本@名無史さん2019/02/27(水) 19:15:46.26
>>647
あの地名はゾクゾクするよな

649日本@名無史さん2019/02/27(水) 20:55:16.10
>>648
地名の由来が分からないとか胸熱
いくらでもファンタジー広げられるけど遺跡がないのが残念
ムーやアトランティスばりに渓谷に沈んだとか言っても良いけど(笑)

650日本@名無史さん2019/02/27(水) 23:17:09.01
うてな遺跡とかは違うのか?
弥生時代最大規模の都市と聞いたが。

651日本@名無史さん2019/02/28(木) 00:24:40.88
耶馬渓って江戸時代の1818年に頼山陽が命名した地名だよ
無学だなぁ

652日本@名無史さん2019/02/28(木) 00:31:34.32
>>651
だね

653日本@名無史さん2019/02/28(木) 06:52:43.01
九州にはなぜか奈良の地名と共通なものが多いね

654日本@名無史さん2019/03/03(日) 00:06:28.52
>>653
古田なんかはそれを東征の根拠にしているよね

655日本@名無史さん2019/03/03(日) 06:09:45.14
安本だろ

656日本@名無史さん2019/03/10(日) 22:18:48.08
伊勢神宮と五王の関連は全くなし?

657日本@名無史さん2019/03/11(月) 00:08:47.80
>>656
逆に何の関連があると持ってるの?

658日本@名無史さん2019/03/11(月) 01:20:03.56
五王の時代に伊勢神宮はまだ無い
アマテラスも国の神扱いされていない大王家の先祖神どまり

ただ五王の時代に日本の広域支配を確立し神話を広め全国から税を取り立てアマテラスを国の氏神にして伊勢神宮建立する素地となった

659日本@名無史さん2019/03/11(月) 01:45:02.34
伊勢神宮が全国的になったのは武家社会になってからだし
庶民の崇敬は江戸時代になってから

660日本@名無史さん2019/03/11(月) 01:47:48.37
福岡県早良区の由来はソウル。
アマテラスは九州倭国の神で元々はソウルの女王だったという説もある。

661日本@名無史さん2019/03/11(月) 09:34:34.53
>>660
ねぇよw
漢城をソウルって発音し出したのいつだと思ってんだ無能www

662日本@名無史さん2019/03/11(月) 10:18:56.13
早良=ソウル
九州倭国の支配層の聖地が筑紫の添(ソウル) の山(高祖山)だったから

663日本@名無史さん2019/03/11(月) 11:40:50.16
>>662
だから妄想はSFスレでやれって
正直ジャマでしかないんだよ

664日本@名無史さん2019/03/11(月) 11:58:51.07
>>662
筑紫国早良郡の由来は武内宿禰の子孫である佐和良臣(さわらのおみ)の領地だったから

ちなみに漢城(ハンション)をソウルと現代朝鮮語と同じ発音で呼ぶようになったのは14世紀後半

665日本@名無史さん2019/03/11(月) 12:42:10.71
泗??の別名が所夫里とか書いてあるからもしかしたら都の事をソフリとか言ってたかも知れないぐらいの話

まあサワラはないわな

666日本@名無史さん2019/03/11(月) 12:53:16.65
ジャマとか言ってるけど全く書き込みないよりは楽しくていいじゃん

667日本@名無史さん2019/03/11(月) 13:16:45.05
過疎化するよりチョンコの妄想をオチョクルほうが楽しいのは確か

668日本@名無史さん2019/03/12(火) 22:14:39.16
箸墓古墳が卑弥呼の墓だと壱与ちゃんの墓はどこなん?

669日本@名無史さん2019/03/13(水) 00:36:19.22
>>668
むしろ箸墓古墳が卑弥呼の墓である可能性は0%と判明してるし

670日本@名無史さん2019/03/13(水) 20:13:37.70
>>669
おまえの願望なんかに誰も興味ないよw

悔しかったら根拠をあげなよw

671日本@名無史さん2019/03/13(水) 20:41:00.92
>>670
え?昭和からのタイムトラベラーなの?

672日本@名無史さん2019/03/13(水) 21:30:08.14
>>670
無知無能で恥ずかしいな

673日本@名無史さん2019/03/13(水) 21:38:28.28
無知と言ってしまったらそこで終わってしまうだけだろ

674日本@名無史さん2019/03/13(水) 22:03:35.37
>>670
根拠はいくつかあるんだが、一番揺るがし難い事実は魏志倭人伝における卑弥呼の墓に関する記述

「卑弥呼以死大作塚」
卑弥呼もって死し、塚を大きく作る。

魏書に限らず三国志は一貫して「塚」と「墳」を明確に区別していて、高さ30mを越える箸墓古墳は「塚」ではなく「墳」であることは明確になってる

別スレ「高天原にある卑弥呼の墓」に更に詳しく載ってるから見てみると良い
あっちには上記の続く「径百余歩」からもさらに箸墓古墳が卑弥呼の墓である可能性を完全に否定してる

675日本@名無史さん2019/03/14(木) 00:12:32.34
>>670
完全敗北www

676日本@名無史さん2019/03/14(木) 00:34:28.56
高天原は半島でした

677日本@名無史さん2019/03/14(木) 00:47:17.50
>>676
民族願望ゆんゆんのチョンコは百済スレのテンプレ見て目を覚ませ。

678日本@名無史さん2019/03/14(木) 11:01:25.58
>>676
無知無能で恥ずかしいな

679日本@名無史さん2019/03/17(日) 16:22:42.72
五王について詳しく知りたいのですが、市販の本で良質なものありますか?教えてください

680日本@名無史さん2019/03/17(日) 22:09:29.35
>>679
倭の五王というか日本古代史については
日韓歴史共同研究の座談会で日本側の学者がこのあたりを概ね学説が反映された概説書として挙げてる
「日本の歴史」(講談社)
「日本の時代史」(吉川弘文館)
「日本歴史講座」(東京大学出版会)

681日本@名無史さん2019/03/18(月) 00:52:23.03
>>680
全然五王に詳しくない本ばかりで竹生えるケケケケ

682日本@名無史さん2019/03/18(月) 01:11:56.15
中公新書でこの数年のうちに出てただろ

683日本@名無史さん2019/03/19(火) 20:07:25.93
中公新書河内春人氏のを読んでみようかなと

684日本@名無史さん2019/03/20(水) 04:42:20.86
>>683
河内春人の「倭の五王」は新しい切り口を与えてくれるけど、結論に続く傍証は殆どないからそのつもり読んでみてね

685日本@名無史さん2019/04/03(水) 22:35:10.12
>>636
それ普通に読めば「多くの支族を従えた鹵大王」だろ

その時代に鹵がつく王といえば…

あっ (察し)

686日本@名無史さん2019/04/04(木) 05:45:46.98
百済の蓋鹵王だね

687日本@名無史さん2019/04/04(木) 08:04:28.23
  ク    ク   || プ  / ク   ク  || プ  //
  ス  ク ス _  | | │ //. ス ク ス _ | | │ //        ■■■■■■
  / ス   ─  | | ッ // /  ス   ─ | | ッ //       ..■;;       ■ 
  / _____  // /          //      .  iiii   ー'''' ''ー ii 
.  /   l⌒l l⌒l \  ))   ____           (6   \  /|
. / / ̄| ,=| |=、| ̄ヾ   / ____ヽ          〈___     | |  __〉   プヨ族は偉大ニダ
/ ̄/ ̄.  ー'●ー'  ̄l ̄ |  | /, −、, -、l  ))   ―-、ノ/ |   . ●● | <チュモンも偉大ニダ  
| ̄l ̄ ̄  __ |.    ̄l ̄.| _| -| ,=|=、 ||      | -⊂)/ _\__ Д _ノ__   ケロワンはワカタケルになったニダ
|. ̄| ̄ ̄  `Y⌒l__ ̄ノ ̄ (6.   ー っ-´、}      |   |/  :::::: ≡ :::: (、  ヽ 高句麗、新羅、百済
ヽ  ヽ    人_(  ヾ    ヽ    `Y⌒l_ノ      ヽ  `\( .:::::: ≡ :::: |___| はウリナラの誇りニダ
  >〓〓〓〓〓〓-イ   /ヽ  人_(  ヽ      `− ´ ( .:::::: ≡ ::::.  |  | 高麗も李氏朝鮮も
/   /  Θ  ヽ|  /    ̄ ̄ ̄ ヽ-イ          ( :::::: ≡ ::::::  (t  ) 素晴らしいニダ

688日本@名無史さん2019/04/04(木) 11:54:24.67
高麗棒子w

689日本@名無史さん2019/04/11(木) 20:01:51.59
河内春人著「倭の五王」は面白かった

690日本@名無史さん2019/04/13(土) 21:33:10.14
倭の五王ツアーとかないの?連休中に

691日本@名無史さん2019/04/13(土) 22:38:22.99
>>690
古墳巡りでもするの?
仁徳天皇陵の横にある堺市博物館でVRを使った仁徳天皇陵の解説VRツアーというのは常設でやってるけど、あくまでも対象は仁徳天皇陵なので
内容的には薄かったのと、解説がNPOのボランティアの人なので、学芸員的なクォリティは期待しちゃだめ

692日本@名無史さん2019/04/15(月) 08:18:42.10
倭の五王がどこの人間かもわからない。
倭が九州北部のことかもしれないし。

693日本@名無史さん2019/04/15(月) 11:02:41.64
本居宣長さん、乙です

694日本@名無史さん2019/04/15(月) 17:19:07.87
ジャニーズ所属ですか?

695日本@名無史さん2019/04/15(月) 17:21:26.88
>>692
テレビに出てくる人がいるでしょ、
その家ではないという話ばかり

696日本@名無史さん2019/04/15(月) 17:38:18.98
>>695
ショーケーは首を吊れと何度も命令されているのに
何故いうことをきかないのか
重度&重複の池沼でも文字くらいは読めるだろう???

697日本@名無史さん2019/04/15(月) 17:45:30.15
>>696
どこの池沼なんだw

そういうのも、
ほとんどモレ(仮)の書き込みなんだけど

698日本@名無史さん2019/04/15(月) 17:49:37.22
このスレの話ではないんだけど

創造(神)〜、何やらと言ってる人がいるでしょ?
日本の話、あだむ、エヴァとか

699日本@名無史さん2019/04/15(月) 17:51:27.10
>>697-698
ガタガタと御託はいらぬ
さっさと病室に戻って
迷わず首を吊れ

700日本@名無史さん2019/04/15(月) 17:53:37.37
なぎ・なみ夫妻?・・・すさのお(と嫁)夫妻?

701日本@名無史さん2019/04/15(月) 17:55:54.22
>>700
書き込むヒマがあったら即死しろと何度言われれば理解するんだ

702日本@名無史さん2019/04/15(月) 17:59:09.56
松傾は氏ね

703日本@名無史さん2019/04/15(月) 18:01:26.47
別に死ななくても良いけど、自スレに閉じ篭もって出て来ないでくれとは思う。
みんなが迷惑してるんだし。

松傾のスレ
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1547752030/

704日本@名無史さん2019/04/15(月) 18:09:49.11
ほとんど『松傾』のスレ・・・wのようなものなんだよ


現実の世界でもそう、なぜだと思う?
国などを創った(造った?)・・・、
そういう家みたいな事を言ってる人がいたり

705日本@名無史さん2019/04/15(月) 18:11:46.85
>>704
まだ生きてんのかしぶといな
さっさと死ねって

706日本@名無史さん2019/04/15(月) 18:15:28.02
このように言われたりするのが嫌なら他の国へ行け、
以前書いたはず、たしか他のスレにも書いた・・・数年前だったかな


お前が書いた人だったの?と思っているでしょ

707日本@名無史さん2019/04/15(月) 18:16:03.90
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧  |  オラオラ、
 ( ・∀・)<   松傾チョンコは消えろ!
 (    )  \_____________
 | | \ \  グリグリ
 (__)  (__)
     <´Д`>ノ痛いニダ…


         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   | 回線切って
 ( ・∀・) <    首を吊れやクソタッレ
 (    )ペッ\___________
 | | |  ヽ。
 (__)_) <´Д`>ノ酷いニダ・・・ 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:1341adc37120578f18dba9451e6c8c3b)

708日本@名無史さん2019/04/15(月) 18:16:44.44
>>706
お前が祖国に帰れよ糞チョンwww

709日本@名無史さん2019/04/15(月) 18:23:38.17
理解できない?どこの低脳なんだ?

710日本@名無史さん2019/04/15(月) 18:24:46.81
>>706
松傾でググっても上の「松傾のスレ」しか出てこないけど、松傾って何なの?倭の五王と関連するの?

711日本@名無史さん2019/04/15(月) 18:26:26.16
松傾ヒトモドキに理解できる脳なんてあるわけ無いだろwww
_-へ____
    ____)       ・'゚。.::。.::・'・'゚。.::。.::・'・'゚。.::。.::・' .,:; ヘ_∧ ∩
   / \| ┝ .::.::.::.::.・・'゚。.::。.::・'・'゚。.::。.::・:。 :; :.:: :;。。;;; ^;;゚;.Д´>/アイゴー
  (   /_\       ・'゚。.::。.::・'・ '゚。.::。.::・・'゚。.::。.::・''>>709 /"
\  \|     .|    プシューッ
  \_ )   .|
     |チョンキラー|
     |     .|

712日本@名無史さん2019/04/15(月) 18:57:58.02
>>710
重度の知的障碍者に語りかけてもムダだからやめとけ

713日本@名無史さん2019/04/15(月) 21:08:06.10
倭の五王 カイオウ、ラオウ、トキ、ヒョウ、ケンシロウ

714日本@名無史さん2019/04/15(月) 21:30:26.62
ジャギさんカアイソウ

715日本@名無史さん2019/04/15(月) 23:55:17.44
基地外チョンコ晒しage

716日本@名無史さん2019/04/17(水) 17:45:43.62
倭の五王に関しては朝鮮の歴史も関係してくるから荒れるわ

717日本@名無史さん2019/04/18(木) 09:27:12.22
>>716
三韓と任那の話で鮮韓人は関係ないんだけどな

718日本@名無史さん2019/04/18(木) 09:38:54.94
>>717
河内春人の倭の五王を読んだの?
高句麗、百済、新羅も出てくるから

719日本@名無史さん2019/04/19(金) 11:55:10.29
>>718
現生朝鮮人(鮮韓)に関係するのは高麗以降でしょう
高句麗、百済、新羅は鮮韓人とは関わりがないよ

720日本@名無史さん2019/04/19(金) 23:39:50.35
当時は共通語だったのでしょう?東アジアは

721日本@名無史さん2019/04/19(金) 23:45:09.03
んなことはない

722日本@名無史さん2019/04/19(金) 23:55:45.19
>>720
新しいファンタジー来たw

723日本@名無史さん2019/04/20(土) 11:44:16.88
天皇の兄弟継承の悪しき因習を作った反正履中允恭らは倭の五王

724日本@名無史さん2019/04/20(土) 13:50:54.35
>>720
漢文が共有語の代わりになってた

725日本@名無史さん2019/04/21(日) 11:14:03.80
古代の日本列島に歴史なんて無えぞ
少なくとも文献的なものは

だいたいからして日本列島は当時の疎開地

726日本@名無史さん2019/04/21(日) 12:41:56.46
半島や大陸からは要らん子である次男坊以下が渡ってきた

727日本@名無史さん2019/04/21(日) 13:07:54.61

728日本@名無史さん2019/04/21(日) 14:55:03.88
紀元前3世紀から大宝律令までの1000年間に日本列島の人口1は5万から500万に増えている。
人口の年成長率は0.35%以上、さらに後半500年に限るとその数値は0.4%近くに達する。
なぜこんなに流民が多いのかというと、ただの避難地だったから。

>ローマ帝国の領土となる地域では前12世紀から3世紀にかけて平均して人口の年成長率が0.1%
>既に発展していた地中海の東側ではこの増加ペースがよりゆるやかであり、およそ年率0.07%であった[1]。
>それでもこの値は後の時代に比べると低い値ではなく、200年から1800年にかけて帝国のヨーロッパ部分の
>成長率は年0.06から0.07%であり、帝国のアフリカやアジア部分の人口はこの時期ほとんど増えていない
>
>比較として、1世紀から1800年にかけて現在中国の領土となっている地域の年人口成長率は0.1%であった。

729日本@名無史さん2019/04/21(日) 15:33:31.92
当時も人手不足だったのだろう 移民の奨励

730日本@名無史さん2019/04/21(日) 15:35:57.74
>> 728
>人口1は5万から500万

人口は15万から500万

731日本@名無史さん2019/04/21(日) 16:30:27.32
>>730
そういう詐欺するのが朝鮮ヒトモドキの特徴

732日本@名無史さん2019/04/21(日) 16:44:29.85
チョンコがトラウマの徴用工か

733日本@名無史さん2019/04/21(日) 16:52:28.65
>>732
本当は徴用じゃなく募集だけどな(笑)

734日本@名無史さん2019/04/21(日) 16:53:21.36
>>723
五王時代は傍系継承が主流だったんでしょう

735日本@名無史さん2019/04/21(日) 18:51:40.88
>>726
倭国には長子相続なんてないし、天皇、摂関家、将軍家の家督継承から起こる日本の動乱の多さは朝鮮の比じゃないよ。日本と朝鮮は違う民族だからね。

736日本@名無史さん2019/04/22(月) 09:33:41.89
>>723
アマテラスとスサノオ、饒速日の邇邇芸も兄弟相続かもね。

737日本@名無史さん2019/04/23(火) 19:41:52.26
日本人と韓国人の遺伝子を比較するYハプロの構成が違うのにミトコンドリアのハプロ分布は
同じ人種と言ってもいいぐらい同じ
日本人の縄文系由来の遺伝子はほぼ父系に限れれていて母系は半島と共通するルーツを持っている

https://ars.els-cdn.com/content/image/1-s2.0-S0960982209020673-gr2.jpg
https://ars.els-cdn.com/content/image/1-s2.0-S0960982209020673-gr1.jpg

つまり日本人と朝鮮人は父違いの兄弟ともいえる

738日本@名無史さん2019/04/23(火) 23:58:43.18
チョンコの民族願望は去年↓打ち砕かれ済みだぞ(笑)

〜最新の核DNA調査におけるニッポン人とチョンコ(別名:朝鮮ヒトモドキ)の差異はこれだけある♪〜

2018年、木村資生記念進化学セミナー 第1回「Human Evoluion I」
https://kimuraseminar.files.wordpress.com/2017/08/20170804_humanevol1_saitoun.pdf
発表者である国立遺伝学研究所の斎藤成也教授はNHKの取材に対してハッキリと弥生系渡来人の定義を「中国大陸からやってきた」断言してる
https://i.imgur.com/OK8GUSr.jpg
https://i.imgur.com/I5ZY2Es.jpg

弥生人とは縄文人の父系と大陸系の母系である
2019年、国立科学博物館の篠田謙一教授の人骨DNA分析によって、朝鮮ヒトモドキ要素はゼロと判明
https://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/20190303/movie/4040002195_20190303075459.html
朝鮮半島由来の渡来人は縄文人の出戻りと判明
https://i.imgur.com/yeYhSQ0.jpg

従来のY遺伝子D系統におけるニッポン人と朝鮮ヒトモドキの差異
https://i.imgur.com/EvBw7qP.jpg
https://i.imgur.com/U5qCx8F.jpg
https://i.imgur.com/mmUY7Md.png
Y遺伝子(父系)のD2はアイヌ88%、沖縄56%、日本本土42〜56%、チョン半島0%

従来のミトコンドリアDNAならびにY染色体DE、O2b1とO2b*によるニッポン人と朝鮮ヒトモドキの差異
https://i.imgur.com/vMjf4HI.jpg

チョンコはミトコンドリア(母系)においてニッポン人女性と牝ヒトモドキに差異はないとホルホルするが、アジア全体で大きな差はない
また有史以来、チョンコロ半島の国々は貢ぎ物として牝ヒトモドキを大量輸出していた実績があり、その伝統は近年の第五種補給品まで続いていた
なおM7aがニッポン人女性の特徴と言える

結論:ニッポン人にとってチョンコは距離的には近くても血統的には非常に遠い存在

739日本@名無史さん2019/04/24(水) 00:03:58.63
半島民の血液型はB型が多く日本人にはA型が多い

740日本@名無史さん2019/04/24(水) 00:15:08.49
>>739
んなことはない
チョンコでも一番多いのはA型

741日本@名無史さん2019/04/24(水) 01:00:18.03
いやB型です

742日本@名無史さん2019/04/24(水) 02:06:54.42
>>741
お前だけだろw

743日本@名無史さん2019/04/24(水) 08:21:56.58
>>742
B型だから否定したいのですね
わかります

744日本@名無史さん2019/04/24(水) 09:26:16.84
神武=サメから生まれたサメ太郎

745日本@名無史さん2019/04/24(水) 12:21:33.46
  / ̄\   ほらクソ次郎〜     / ̄\
  |/ ̄ ̄ ̄ ̄\           / ̄ ̄ ̄ ̄\|
 |   /V\\\         |  /V\\\
  | / /||  || |          | //|   || |
  | | |(゚)   (゚)| |          | | (゚)   (゚) /| お母さんが
 ノ\|\| (_●_) |/          \| (_●_) |/|/\ 迎えに来たニダよ
 彡、   |∪|  、` ̄ ̄ヽ    /彡、   |∪|  ミ  \
/ _  ヽノ   Y ̄) |    ( (/    ヽノ_ |\_>
(__)虎になりたい_ノ    ヽ/虎になり(__ノ
     \      |       |      /
      |  /\ \     / /\  |
      | /   ) )     ( (    ヽ |
      ∪   ( \    / )    ∪
           \_)  (_/

     / ̄\
    |/ ̄ ̄ ̄ ̄\
  (ヽノ// //V\\|/)
  (((i)// (゜)  (゜)||(i))) みなさんに「さようなら」して帰るニダよ〜
 /∠彡\| (_●_)||_ゝ\  
(___、   |∪|    ,__)
    |    ヽノ  /´
    |虎になりたい

746日本@名無史さん2019/04/26(金) 22:58:14.64
>>738
>なおM7aがニッポン人女性の特徴と言える

何で数%にしかみたないM7aが日本人女性の特徴と言えるのですか?
縄文人女性の過半数を占めて行ったのはハプロN9bはどこに行っちゃたのですか?

747日本@名無史さん2019/04/26(金) 23:22:02.80
宇宙人による遺伝子操作です

748日本@名無史さん2019/04/27(土) 01:40:27.29
>>746
文盲

749日本@名無史さん2019/04/27(土) 06:30:08.85
神武=サメから生まれたサメ太郎

750日本@名無史さん2019/04/27(土) 08:03:01.09
イケア?

751日本@名無史さん2019/04/27(土) 09:30:31.14
>>749
  / ̄\   ほらクソ次郎〜     / ̄\
  |/ ̄ ̄ ̄ ̄\           / ̄ ̄ ̄ ̄\|
 |   /V\\\         |  /V\\\
  | / /||  || |          | //|   || |
  | | |(゚)   (゚)| |          | | (゚)   (゚) /| お母さんが
 ノ\|\| (_●_) |/          \| (_●_) |/|/\ 迎えに来たニダよ
 彡、   |∪|  、` ̄ ̄ヽ    /彡、   |∪|  ミ  \
/ _  ヽノ   Y ̄) |    ( (/    ヽノ_ |\_>
(__)虎になりたい_ノ    ヽ/虎になり(__ノ
     \      |       |      /
      |  /\ \     / /\  |
      | /   ) )     ( (    ヽ |
      ∪   ( \    / )    ∪
           \_)  (_/

     / ̄\
    |/ ̄ ̄ ̄ ̄\
  (ヽノ// //V\\|/)
  (((i)// (゜)  (゜)||(i))) みなさんに「さようなら」して帰るニダよ〜
 /∠彡\| (_●_)||_ゝ\  
(___、   |∪|    ,__)
    |    ヽノ  /´
    |虎になりたい

752日本@名無史さん2019/04/27(土) 10:47:14.42
ネトウヨってマザコンだから自分たちの母親のルーツが朝鮮系ってのは
彼にとっては受け入れがたい事実だろうな

753日本@名無史さん2019/04/27(土) 10:57:46.95
>>752
朝鮮系って定義がすでに民族願望だな
昨年の遺学と今年の科博の発表に依って日本人の母系は「大陸系」と確定済み

754日本@名無史さん2019/04/27(土) 18:54:23.89
ロシアいたり

755日本@名無史さん2019/04/27(土) 19:50:45.69
今となっては遺構や当時の骨からDNA採取は困難を極めるであろうが
?族あたりが倭人のルーツだと私は考えております

7562019/04/27(土) 19:51:29.15
?歳 族

757日本@名無史さん2019/04/27(土) 20:11:53.74
>>755
すでに738で答えが出てる話

758日本@名無史さん2019/04/27(土) 20:17:20.44
? かな

759日本@名無史さん2019/04/27(土) 20:18:42.84

760日本@名無史さん2019/04/27(土) 22:23:03.13
〜チョンコ(通称:朝鮮ヒトモドキ)ショック死?! 半島はもともと農耕民族化した縄文人に支配統治された地域だった♪〜


朝鮮半島南部は紀元前から菜畑・板付・金隈と同族の農耕縄文人が征服し、大陸からは辰国と認識されていました。
根拠として挙げられるのが、
@半島最古の住居遺構である松菊里住居跡が日本の竪穴式住居の劣化コピーであること、
A半島最古の水田遺構である麻田里の温帯ジャポニカ米が九州島由来であることです。
なお、北部は遼河文明領域であり、ウラル系やツングース系が住んでいたことも判明しています。

寒さに弱い農耕縄文人を尻目に、半島の北緯36度線以北にウラル系や後には漢族系などが流入し、
弥生人(元縄文人)国家である辰国の技術指導を受け入れながら形成されたのが馬韓・辰韓・弁韓・狗邪韓国です。

北緯36度線の壁によって倭人(元弥生人)の影響を直接受けなかった
ツングース系・穢族・プヨ族を併合して高句麗に、
漢族系であった馬韓は百済に、
辰韓と弁韓が併合して倭種の国新羅に、
狗邪韓国が倭人の国として伽耶を含む任那に移行しました。

https://i.imgur.com/cL5IUF5.jpg

百済は元漢民族であったにもかかわらず、倭国本土に媚を売り続けたため、中華化した新羅から大いに反感を買い、唐と組んで逐滅(現代語 絶滅)させられました。
高句麗も滅亡し、任那は本土に撤退、統一新羅になったのですが、白村江の戦いは朝鮮半島から倭人や倭種の引き揚げが目的だったのだろうと推察できます。

その新羅も高麗に滅ぼされ、民族としての倭種の国は半島から消滅してしまいました。

高麗はモンゴル帝国の侵略を受けツングース系とモンゴル系のハイブリッド国家へと変貌を遂げ、現在に至っているのです。

761日本@名無史さん2019/04/27(土) 23:51:45.18
フン族

762日本@名無史さん2019/04/27(土) 23:53:39.21
>>757
浅学な者の似非科学的用法

763日本@名無史さん2019/04/28(日) 00:09:03.24
マジレスするとユダヤ

764日本@名無史さん2019/04/28(日) 00:35:48.86
>>762
現実を直視できない無知無能

765日本@名無史さん2019/04/30(火) 00:14:00.98
倭の五王たちは明日の天皇退位を天からどう見ているのだろう?

766日本@名無史さん2019/04/30(火) 02:07:02.87
神武の遺言による天皇家の役目は既に達しているからスルー

天皇家辞めようが続けけようが興味無し

767日本@名無史さん2019/05/02(木) 14:58:03.55
http://news.livedoor.com/article/detail/16396434/
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が30日、退位する日本の明仁天皇(原文は日王)に書簡を送り、
韓日関係に寄与したことに謝意を表明した。韓国外交部(省に相当)が明らかにした。
外交部はこの日の会見で、天皇を表す言葉として韓国で通常使われる「日王」ではなく
「天皇」という呼称を用いた上、書簡でも文大統領が「天皇」と記したと説明した。

>>765

768日本@名無史さん2019/05/04(土) 16:43:18.93
無能ヒトモドキも松傾も普段は他の在日チョンコ同様日本人のフリして暮らしてるはず
何故か?
それはチョンコであることが恥ずかしいからに他ならない
そして日本人のルーツにチョンコが無関係だと理解してるからに他ならない

自ら恥ずかしい存在だという自覚があり
何一つ自信を持つことが出来ない惨めさから
朝鮮起源説や反日活動で精神勝利するしかない

チョンコとはそういう存在

  :_       ..、     ..__                           、___
  _jllll′   ョ- 4il||l     "lll'、     ‐ 、         _..-''lllliin 、    _ `''||ゞ'
 ,ョ广     ゙廴_j=冖゙゙'ll'、  .llll′     `||li    '''l 、  ,j广  l|!  "ll'、 、 __ョ=ョ 、  ,,_、 、 ..,,_
、l|′    :、_uil||l'  _ __'||l  |lll′      lll  _.   |ll'、:lll′ _lll′  lllll  ゙'il|l′ "lll|  ゙llll| l||l  l||l′ 
 'llL_    "'´ |ll、゙゙''冖′  lll      、  llll 〃  ..ulll!' ‖ ,jlll′  _|lll′     ||l   ゙llll ./゙l||| l||′
  ゙l||li、     |ll、      'll'、  ,__〃  ゙||lli    ゙゙  'l|l'′  ,,._lll′     ,,lll′   .|lll’ `'l|||′
   `il|l'      il|l       `'ill||lll''~    ~~        `  -‐'~~     ..l广     .`''  ゙''′


           ; ∧,_∧:   悔しいニダァァアーーッ!!!
           :<;l|l;`田´>;
           ;(6   9):
          :ム__)__)

769日本@名無史さん2019/05/08(水) 03:37:39.90
あげ

770日本@名無史さん2019/05/15(水) 14:21:17.43
>>768
素晴らしい

771日本@名無史さん2019/05/16(木) 08:11:12.02
     ..∧,,∧ .∧,,∧
  ∧∧<`Д´> <`Д´> ∧∧
 <`Д´>.∧∧) (∧∧<#`Д´>  
 | U <`Д´><#`Д´> と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u' `u-u
   とにかく反日したニダ!

772日本@名無史さん2019/05/16(木) 21:20:21.10
−倭国中枢(北部九州)…「魏志倭人伝」
邪馬台国VS狗奴国=曹魏vs孫呉の代理戦争勃発(「孫」呉は狗奴国後背地・宮崎へ「天孫降臨」で後方支援)
→曹魏、帯方郡の張政を派遣→神武東征(敵前逃亡)狗奴国滅亡→邪馬台国勝利するも、台与で断絶→崇神の四道将軍に降伏、ヤマト王権の配下へ

−辺境地域(本州/出雲・吉備・大和)…「古事記&日本書紀」
出雲(朝鮮半島から青銅・鉄鋌の輸入販売)&吉備(瀬戸内海の製塩・桃販売)の混血王・大物主が、東海と共に唐古鍵を挟み撃ちにして征服、ヤマト王権樹立(纏向型前方後円墳)
→饒速日(神武東征)→物部氏として臣下へ→崇神、四道将軍を派遣し、邪馬台国を併合、全国統一

773日本@名無史さん2019/05/16(木) 21:22:33.27
◆実年代=古事記の没年情報(卑弥呼=魏志倭人伝、※神功=日本書紀)+中国への朝貢記録+同時代人
◇奴国(博多)【後漢皇帝の冊封を受けて外交デビュー→大陸や半島との貿易&交流本格化】
漢委奴国王(情報なし)…57年(後漢光武帝より金印を賜る)
「帥升」(情報なし)…107年(後漢安帝に謁見を願い出る。生口160人を献上)
◇邪馬台国【狗奴国との争い→魏帝・西晋帝に援軍要請】
卑弥呼(〜247年)…239年/240年/243年/245年/247年(大夫…難升米、載斯、烏越、伊聲耆、掖邪狗ら)
台与(235年〜?)…248年(13歳で邪馬台国女王に共立)/266年(西晋武帝・司馬炎へ)
◇ヤマト王権
T.三輪(佐紀)朝【国内統一→半島派兵(新羅攻撃)開始→任那日本府設置(鉄資源を大量獲得)】
10祟神(〜318年)…四道将軍(大彦/武渟川別/吉備津彦/丹波道主)派遣、310年頃?
11垂仁(情報なし)…330年頃没?新羅王子「天之日矛」帰化、田道間守 、野見宿禰vs当麻蹴速
12景行(情報なし)…343年頃没?日本武尊の東征&西征335年頃? 大臣・武内宿禰(〜応神)
13成務(〜355年)…国造/県主設置(国内統一完成)  
14仲哀(〜362年)…新羅征伐(関門海峡開削=北朝/高句麗艦隊の瀬戸内海侵入リスク)に反対、神罰で崩御(暗殺)
神功(※〜389年)…「旨」(「泰和4年」369年銘石上神宮七支刀→372年百済・近肖古王より贈呈)
U.河内朝【半島派兵(高句麗との争い&百済支援)本格化→大将軍位を求め、南朝(東晋/宋/斉/梁)帝に朝貢】
15応神(〜394年)…「禰(でい)」
16仁徳(〜427年)…「讃」(413年/421年/425年)
17履中(〜432年)…「倭国王」(430年)
18反正(〜437年)…「珍」(438年)←没後朝貢?
19允恭(〜454年)…「済」(443年/451年)
20安康(情報なし)…「興」(460年/462年)
21雄略(〜489年)…「武」@(477年/478年)「獲加多支鹵大王」…辛亥(471)年銘稲荷山鉄剣+江田船山鉄剣
22清寧(情報なし)/23顕宗(情報なし)/24仁賢(情報なし)
25武烈(情報なし)…「武」A(502年)
V.近江朝【中央集権強化】
26継体(〜527年)…「男弟王」癸未(503)年銘人物画像鏡(隅田八幡宮)

774日本@名無史さん2019/05/16(木) 22:21:56.60
倭王讃=履中天皇
倭王珍=反正天皇
倭王済=允恭天皇
倭王興=安康天皇
倭王武=雄略天皇
かな?

775日本@名無史さん2019/05/18(土) 10:26:08.87
  __________  _________
  __________||||_________
                 ||
                 ||
                 ||
               ∧||∧ グエッ
              <..__.||___>
          .   ⊂〉チョン つ  
             ⊂ 、  ノ
                し'
── =≡∧_∧ =さっさと死ね!  へ 
── =≡( ・∀・)  ≡    ガッ    \\
─ =≡○_   ⊂)_=_  \ 从/    / \\
── =≡ >   __ ノ))<   >   /    \\
─ =≡  ( / ≡    /VV\ ./ .    /.\ >
── .=≡( ノ =≡   .           /   
                    .    /

776日本@名無史さん2019/05/19(日) 12:52:45.66
チョンコがいないと過疎るスレ

777日本@名無史さん2019/05/23(木) 04:51:35.98
もう要らないスレ

778日本@名無史さん2019/05/28(火) 13:18:28.46
古墳は傾向として4世紀から5世紀にかけて標高が低い場所に移って大型になってゆく。
仁徳紀、河内では堀江の開削や排水による耕作地の出現を得た。
同時期、北陸でも、河川を改修して、平野が生まれた伝説がある。
先住民が山裾に居住していたところへ、新しい人々がきて5世紀には低地に広がった。
新しい人々は干拓技術を持っていて、経済力を高めたのだ。
倭の五王系は外国から来たのだろう(辰王一族)。

779日本@名無史さん2019/05/28(火) 13:22:17.62
>>778
内容は悪くないけど最後の一行が無能ヒトモドキでガッカリ

780日本@名無史さん2019/05/28(火) 18:56:18.07
倭の五王は支那名を名乗っているが、姓はない
従って倭人の大王だよ

781日本@名無史さん2019/05/28(火) 19:08:11.82
まあ日本の皇室も隠された姓持ってると思うけどね

782日本@名無史さん2019/05/28(火) 19:09:47.04
>>781
ないからパスポートが大変なことになってる

783日本@名無史さん2019/05/28(火) 19:49:32.88
>>780
倭王の姓はアマ(天)

784日本@名無史さん2019/05/28(火) 19:51:23.56
アメ氏やね

785日本@名無史さん2019/05/28(火) 20:02:21.38
>>783-784
根拠のない妄想

786日本@名無史さん2019/05/28(火) 20:04:43.30
>>784

それは近畿訛りだよ。
語源は天ではなく海人だから。

787日本@名無史さん2019/05/28(火) 20:05:03.76
何の根拠もなく「存在が証明できないのだ。」とうめき

妄想フルスロットルで「〜だろう。」と断定したがる

識者らに追い詰められると「〜が妥当。」などとホラを吹いて逃げまどう

しばらくすると記憶喪失で再び同じ思い込みを延々とコピペする


それが キ ナ イ コ シ (主に邪馬台国・神代関連スレでの呼び名)

蔑称も多くあり、半島関連スレでは無能ヒトモドキと呼ばれ

高天原スレではカマチョン(猿芝居ではカモ先生)

海人族スレでは摂津チョン

などスレ毎の呼称も存在する

最近では奥山と呼ばれることもしばしば


特徴としては思い込みが強く、他説を聞き入れる耳がなく

また聞き止める度量もない

そして追い詰められるとテキトーなホラを吹いて
様々なスレを逃げ回り、あらためて妄想を書きなぐる

788日本@名無史さん2019/05/28(火) 20:05:10.16
>>785
隋書を読め。

789日本@名無史さん2019/05/28(火) 20:07:08.85
何の根拠もなく「存在が証明できないのだ。」とうめき

妄想フルスロットルで「〜だろう。」と断定したがる

識者らに追い詰められると「〜が妥当。」などとホラを吹いて逃げまどう

しばらくすると記憶喪失で再び同じ思い込みを延々とコピペする


それが キ ナ イ コ シ (主に邪馬台国・神代関連スレでの呼び名)

蔑称も多くあり、半島関連スレでは無能ヒトモドキと呼ばれ

高天原スレではカマチョン(猿芝居ではカモ先生)

海人族スレでは摂津チョン

などスレ毎の呼称も存在する

最近では奥山と呼ばれることもしばしば


特徴としては思い込みが強く、他説を聞き入れる耳がなく

また聞き止める度量もない

そして追い詰められるとテキトーなホラを吹いて
様々なスレを逃げ回り、あらためて妄想を書きなぐる

790日本@名無史さん2019/05/28(火) 20:14:22.26
>>785
さすがにそれは・・
割とマジでアメ氏だと思う
秘されてるのは呪術・呪詛を避けるため隠されたんじゃないかな

791日本@名無史さん2019/05/28(火) 20:23:34.17
>>790
思うだけで根拠は出せないんだろ?
だったら妄想と言われてしかるべきだろ

792日本@名無史さん2019/05/28(火) 20:40:43.39
天津神、高天原のアマだよ。
アメではない。

793日本@名無史さん2019/05/28(火) 20:58:38.95
>>792
根拠は出せないんだろ?
だったら妄想

794日本@名無史さん2019/05/28(火) 21:11:57.40
隋書

開皇二十年(600)、倭王有り。
姓は阿毎。字は多利思北孤。
阿輩[奚隹](「鶏」と同義)弥と号す。
使を遣わして闕に詣る。

795日本@名無史さん2019/05/28(火) 21:23:51.39
隋 581年 - 618年 唐 618年 - 907年

随書東夷伝(656年完成) 600年・607年遣使
俀王姓阿毎字多利思北孤 號阿輩雞彌 (姓は阿毎、字は多利思北孤、号は阿輩雞彌
妻は雞彌、太子の名は利歌彌多弗利 男王だがこの時日本は推古朝

推古天皇 在位593年1月15日 - 628年4月15日
舒明天皇 在位629年2月2日 - 641年11月17日
和風諡号は息長足日広額天皇(おきながたらしひひろぬかのすめらみこと)

796日本@名無史さん2019/05/28(火) 21:29:50.12
なお随書では
「都は邪靡堆」「阿蘇山がある」「秦王国っていう中華と変わらん町がある」
という記述があるが日本ではあまり話題にされない模様

797日本@名無史さん2019/05/28(火) 21:38:11.37
>>793=白痴さん

798日本@名無史さん2019/05/28(火) 21:39:21.83
?國

799日本@名無史さん2019/05/28(火) 21:44:51.45
>>797
あぁ、どうやら俺は白痴だったようだ
逝ってくるわ

800日本@名無史さん2019/05/28(火) 21:45:07.99
つまり7世紀まではヤマト王権の都は九州だったんじゃないかな
江田船山から銘刀が出土するのも当然だ

801日本@名無史さん2019/05/28(火) 21:46:45.39
>>800
それはもう確定事項でしょう

802日本@名無史さん2019/05/28(火) 21:54:06.29
確定事項なの?
最近までかつて九州王朝が存在してて記紀等はその事実を隠してると思ってたけど
本当に隠したかったのは遷都の事実だったんだろうか

803日本@名無史さん2019/05/28(火) 23:25:20.14
>>779
ヒトモドキのにおいがすると、真実を追究せずに逃げ出すのかい。

804日本@名無史さん2019/05/28(火) 23:37:17.55
>>1
奴隷なんだけど、どこの池沼なんだ?

805日本@名無史さん2019/05/28(火) 23:44:52.77
>>803
お前に言っているんだよ、
池沼か何かなんだろう

806日本@名無史さん2019/05/28(火) 23:50:07.67
>>803
百済スレで罵られ続けるのがお前の仕事だぞ無能ヒトモドキ
さっさと帰れ

807日本@名無史さん2019/05/29(水) 00:09:46.18
馬鹿が筋の通らぬ事を公言している。日本全体が議論しなくなった。さすがに、終わったね。

808日本@名無史さん2019/05/29(水) 00:18:21.07
>>807
百済スレで罵られ続けるのがお前の仕事だぞ無能ヒトモドキ
さっさとイビられに帰れよ無能ヒトモドキ

809日本@名無史さん2019/05/29(水) 00:28:20.10
池沼なのか?と聞いているんだよ

810日本@名無史さん2019/05/29(水) 00:38:59.83
>>809
川崎の重度統合失調症症患者「松傾チョンコ」は日の出前に首を吊れ

これまで何度も!何度も!何度も!

繰り返し!繰り返し!繰り返し!

「即死しろ!」と命令されているだろう?


むしろ松傾チョンコへのレスは「首を吊って死ね!」以外にないじゃないか

誰にも相手にされてない=存在する意味がないという事だろう?


なぜ素直に命令をを聞いて首を吊ることができないんだ??


いくら無能な統合失調症症患者のヒトモドキとは言え、

日本語くらい読めるのだろう???


これだけ多くの者達に首を吊れ!と命令されているのだから


さっさとセルフ絞首刑を実行しろよ松傾チョンコ


日の出前に必ず実行しろ!

必ずだぞ!!!

811日本@名無史さん2019/05/29(水) 02:15:56.41
チョンコに荒らされっぱなスレ

812日本@名無史さん2019/05/29(水) 07:29:41.22
>>800
>つまり7世紀まではヤマト王権の都は九州だったんじゃないかな
>江田船山から銘刀が出土するのも当然だ

もはやヤマト王権という名が意味をなさないから、本来の国号と所在地から筑紫倭国でいいよ。

813日本@名無史さん2019/05/29(水) 07:30:36.58
>>802

うん?
前者と後者に違いはあるのか?

814日本@名無史さん2019/05/29(水) 07:35:38.52
>>813
・ヤマト王権とは別の九州王朝がヤマト王権に征服され吸収された
・九州に存在した王朝が戦争で敗走して畿内に遷都した
どう読めば同じに読めるの

815日本@名無史さん2019/05/29(水) 07:37:59.82
旧唐書は倭国が小国の日本を併せて其の名を奪ったと結論づけてるがな

816日本@名無史さん2019/05/29(水) 07:42:07.50
でも畿内も筑紫の分家なら、大きな違いはないね。

817日本@名無史さん2019/05/29(水) 07:56:58.38
>>815
だからと言って決めつけるのは早計
「国名や和・日本の関係について聞いたけど、あいつらなんか要領得んわ」
とも書かれてる
畿内に遷都して「うちとあんたらと戦った九州の倭は別の国なんですわww」
と謀った可能性もある

818日本@名無史さん2019/05/29(水) 08:06:36.77
>>817
間違えた
倭国が小国の日本を併せて其の名を奪ったと結論づけてるのが新唐書
倭国が国号を日本に改めた若しくは小国であった日本が倭国を併合したと書かれてるのが旧唐書

819日本@名無史さん2019/05/29(水) 08:07:54.62
>>818
どちらも旧唐書だよ。
新唐書は神武東征が書かれている。

820日本@名無史さん2019/05/29(水) 08:09:07.92
旧唐書

倭国はいにしえの倭奴国のことである。
四方の小島五十余国は皆、倭国に属していた。倭国の王の姓は阿毎(あま・あめ)氏で、一大率を諸国において検察させている。諸国はこれを畏怖している。

日本国は倭国の別種である。
その国は日の昇る方にあるので、「日本」という名前をつけている。
あるいは「倭国がみずからその名前が優雅でないのを嫌がって、改めて日本とつけた」ともいう。
またあるいは「日本は古くは小国だったが、倭国の地を併合した」とも。

新唐書

王姓は阿毎氏、自ら言うには、初めの主は天御中主と号し、彦瀲に至り、およそ三十二世、皆が「尊」を号として、筑紫城に居住する。
彦瀲の子の神武が立ち、あらためて「天皇」と呼ぶようになり、都を大和州に遷した。

821日本@名無史さん2019/05/29(水) 08:17:52.14
旧唐書:
「或云日本舊小國,併倭國之地」・・・日本は旧くは小国なれども、倭国の地を併せたり

新唐書:
「或云日本乃小國,為倭所并」・・・日本はすなわち小国にして、倭の併すところと為る

旧唐書は、日本が統一、新唐書は倭が統一

822日本@名無史さん2019/05/29(水) 08:42:18.47
>>819
はずかしいね

823日本@名無史さん2019/05/29(水) 09:55:26.45
>>800
埼玉県にある稲荷山古墳からも、獲加多支鹵大王と
銘記のある鉄剣が出土してるんですけどね

九州王朝は東国である武蔵国まで支配化に
おいていたのでしょうか

824日本@名無史さん2019/05/29(水) 09:57:54.95
>>823
畿内派がタイムマシン使って当時の古墳に入れ込んだんだよ間違いない
そこまでして・・・もう呆れるよね

825日本@名無史さん2019/05/29(水) 10:00:08.44
まあ、それは冗談として
7世紀までには普通に関東北部まで進出してたんでしょ九州ヤマト王権は
その200年前に半島進出してドンパチやってるんですぜ?

826日本@名無史さん2019/05/29(水) 10:12:17.50
筒形銅器は古墳時代前期後半以降の畿内と韓半島で共通して出土するが、九州からの出土は少ない
その頃には畿内と韓半島に独自の交流ルートがあったんだろう

827日本@名無史さん2019/05/29(水) 11:59:24.72
百済や新羅に勝って高句麗に負けたのは畿内ヤマト王権ですから

828日本@名無史さん2019/05/29(水) 12:08:15.39
そんなもん縄文時代からあるだろ

829日本@名無史さん2019/05/29(水) 12:16:11.86
>>825
稲荷山古墳から出土した刀剣の銘文にある辛亥年は471年か531年
早くて5世紀後半から遅くても6世紀中頃で7世紀までは下らない

830日本@名無史さん2019/05/29(水) 12:22:49.15
>>829
ちと寝ぼけてました

831日本@名無史さん2019/05/31(金) 01:18:24.79
何の根拠もなく「存在が証明できないのだ。」とうめき

妄想フルスロットルで「〜だろう。」と断定したがる

識者らに追い詰められると「〜が妥当。」などとホラを吹いて逃げまどう

しばらくすると記憶喪失で再び同じ思い込みを延々とコピペする


それが キ ナ イ コ シ (主に邪馬台国・神代関連スレでの呼び名)

蔑称も多くあり、半島関連スレでは無能ヒトモドキと呼ばれ

高天原スレではカマチョン(猿芝居ではカモ先生)

海人族スレでは摂津チョン

などスレ毎の呼称も存在する

最近では奥山と呼ばれることもしばしば


特徴としては思い込みが強く、他説を聞き入れる耳がなく

また聞き止める度量もない

そして追い詰められるとテキトーなホラを吹いて
様々なスレを逃げ回り、あらためて妄想を書きなぐる

832日本@名無史さん2019/05/31(金) 09:25:41.43
5世紀の宋書(そうしょ)には、倭王武が宋の天子に送った条章文が引用されている。
倭王武は、第21代 雄略天皇(大泊瀬幼武尊)であるが、
東の55国、西の66国、北は、海を渡りて海北九十五國を平定し国内統一を進めたことが
述べられている。
魏志倭人伝と併せもつと、東も西も北も海を隔てて国があることが分かる。
皆、倭種だと述べられている。唯一四国しか、在り得ないだろう。
この一文から、四国(阿波)から見た、東は近畿、西は九州、北は中国地方を指す。
つまり、雄略天皇が阿波に居た証拠でもある。

833日本@名無史さん2019/05/31(金) 09:48:08.44
>>832
へー、やったじゃん
オメデトー

834日本@名無史さん2019/05/31(金) 15:56:33.28
>>821

旧唐書:
「或云日本舊小國,併倭國之地」・・・日本は、旧くは小国なれども、倭国の地を併せたり

新唐書:
「或云、日本乃小國,為倭所并」・・・日本は、すなわち小国にして、倭を併すところと為す。
 主語は日本、「倭所并」は「為」の目的語

旧唐書は、日本が統一、新唐書も日本が倭を統一。
「為倭所并」は、続日本紀に書かれている697年から698年の九州各城の修理記事。
畿内政権「日本」は九州政権「倭」を占領した。
最終戦は薩摩にて倭王である薩末比売を捕獲。

835日本@名無史さん2019/05/31(金) 16:04:44.43
>>834
「或云、日本乃小國,為倭所并」

これに続き、「故冒其號。」・・・故にその号(日本国号)を冒す(奪った)。

日本が日本国号を奪ったってw 残念!

836日本@名無史さん2019/05/31(金) 19:07:09.59
>>835
「或云、日本乃小國,為倭所并」

これに続き、「故冒其號。」・・・故にその号(倭国号)を冒す(おかす・無きものにする)。

主語は「日本」のままだよ。
日本が倭国号を無きものにした。 漢文の読み方をもっと勉強しようね!

837日本@名無史さん2019/05/31(金) 19:23:41.29
>>836
通説にも中国人もバカにされるよw

838日本@名無史さん2019/05/31(金) 20:40:59.66
>>836
お前キナチョンやろ

839日本@名無史さん2019/06/01(土) 05:26:01.84
>>837

現代中国人が使う中国語は、7世紀以前の華北平原(中原)で使われていた言語ではない。

7世紀以前の華北平原(中原)で使われていた言語に近い言語を使うのは客家人のみ。

客家語は、日本語の漢音や漢字の用法が似ている。 

例:今日(こんにちは 日本語)、今日(客家語)

>>838
「キナチョン」とは何?

840日本@名無史さん2019/06/01(土) 05:41:24.68
>>839
お前のことだよ嘘つきチョンコ

841日本@名無史さん2019/06/01(土) 05:52:52.32
オハヨー\(^o^)/馬鹿ども

842日本@名無史さん2019/06/01(土) 21:13:54.96
韓国のオクキョン遺跡から見つかった水田跡は紀元前11世紀
一方日本最古の菜畑遺跡は紀元前10世紀なので1世紀ほど古い
菜畑遺跡から発掘された農具は韓半島と共通した大陸系磨製石器であった
日本の稲作が半島から伝来なのは間違いなく確定事項

843日本@名無史さん2019/06/01(土) 21:49:21.06
チョンコロはソングンリ遺跡もマジョンリ遺跡もロシアの調査団が炭素年代測定するまで紀元前10世紀にだ!ってホラ吹いてやがったからオクキョンも信用に値しないんだよな。

844日本@名無史さん2019/06/01(土) 21:56:19.71
つまり「うちの方が古いんですよ〜だwww」と
子供みたいな言い合いしてるってこと?

845日本@名無史さん2019/06/01(土) 22:17:33.34
そもそも玉?(オクヒョン)遺跡をチョンコロどもが紀元前11世紀だと主張してる根拠は
孔列文土器と突帯文土器がほぼ完全な状態で発掘され、周代のそれに酷似していると言い張ってるからだけであって
中国、日本、ロシアが科学的検証の提案や共同研究を申し入れても全て拒否してる状態なんだよな

>>842の「菜畑遺跡から発掘された農具は韓半島と共通した大陸系磨製石器であった」なんてまるっきりの嘘だし

846日本@名無史さん2019/06/01(土) 22:22:23.01
〜チョンコ(通称:朝鮮ヒトモドキ)ショック死?! 半島はもともと農耕民族化した縄文人に支配統治された地域だった♪〜


朝鮮半島南部は紀元前から菜畑・板付・金隈と同族の農耕縄文人が征服し、大陸からは辰国と認識されていました。
根拠として挙げられるのが、
@半島最古の住居遺構である松菊里住居跡が日本の竪穴式住居の劣化コピーであること、
A半島最古の水田遺構である麻田里の温帯ジャポニカ米が九州島由来であることです。
なお、北部は遼河文明領域であり、ウラル系やツングース系が住んでいたことも判明しています。

寒さに弱い農耕縄文人を尻目に、半島の北緯36度線以北にウラル系や後には漢族系などが流入し、
弥生人(元縄文人)国家である辰国の技術指導を受け入れながら形成されたのが馬韓・辰韓・弁韓・狗邪韓国です。

北緯36度線の壁によって倭人(元弥生人)の影響を直接受けなかった
ツングース系・穢族・プヨ族を併合して高句麗に、
漢族系であった馬韓は百済に、
辰韓と弁韓が併合して倭種の国新羅に、
狗邪韓国が倭人の国として伽耶を含む任那に移行しました。

https://i.imgur.com/cL5IUF5.jpg

百済は元漢民族であったにもかかわらず、倭国本土に媚を売り続けたため、中華化した新羅から大いに反感を買い、唐と組んで逐滅(現代語 絶滅)させられました。
高句麗も滅亡し、任那は本土に撤退、統一新羅になったのですが、白村江の戦いは朝鮮半島から倭人や倭種の引き揚げが目的だったのだろうと推察できます。

その新羅も高麗に滅ぼされ、民族としての倭種の国は半島から消滅してしまいました。

高麗はモンゴル帝国の侵略を受けツングース系とモンゴル系のハイブリッド国家へと変貌を遂げ、現在に至っているのです。

847日本@名無史さん2019/06/02(日) 05:23:39.08
馬鹿ども\(^o^)/オハヨー

848日本@名無史さん2019/06/03(月) 11:00:26.34
扶余勇や禰軍墓誌を解決せずに堂々巡りか

849日本@名無史さん2019/06/03(月) 11:45:22.05
中国って歴史的に日本の事情よくしらないよね。
たとえば、
その土地の統治者の最上位の者にも冊封を許すとか言いながら、
明国は
 天皇の臣下で、お公家さんの日野家の後ろ盾でようやっとこ体面を保っていた、足利将軍を、日本国王として冊封したり
 天皇の臣下の征夷大将軍の補任を受けた大名の更に支藩の琉球の尚氏を、琉球国王として冊封したり
 自国や長年の属国の流民が大半を占めている海賊を「倭寇」と呼んで日本人扱いしたり
更に清国も琉球の状況を全く把握しなかったり
その前の宋(北宋)は皇帝が二代目になってようやっとこ、日本の皇室が、隋・唐の時分に支那に使節を送ってきていた頃から
連続している王朝だと知って感嘆したりとか。
東大寺の僧・「然が宋の趙Q皇帝に謁見して円融天皇までの年代記を献上したが、984年。最初の遣隋使が600年、
最後の遣唐使が839年、趙Qの即位が36歳、宋の初代は12年間統治し、学識に優れた弟・趙Qを非常に重用していたという。
それでも、周辺国の王統の出自すら知らない有様。
ずっと遡って、遣隋使。6世紀末〜7世紀の頭の時期、楊堅皇帝・楊広皇帝はそれぞれ、倭国(日本)の国情・政治制度等々を
問うて、理解不能野蛮すぎるとは言ったそうだが。
更にそこから200年ばかり遡った倭五王、更に200年遡った邪馬台国なんて、ちゃんと正確に伝わってるものなんだろうか?

850日本@名無史さん2019/06/03(月) 13:26:54.45
>>848
だって無関係じゃん

851日本@名無史さん2019/06/03(月) 16:38:16.59
  _人人人人人人人人人人人人人人人_
  >   チョンコロがいるぞ殺せ!!  <
    ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
              倭人
           三 ( ´・ω)
          三 ー(‐∪─→
      三 / ̄ ̄ ̄ 》  ̄\
    三三 | ナウマン象U ・ |         死にたくないニダ!!!
     三 と|        ι| |         三┏<;`Д´ >┛
     三 /_∧∨ ̄ ̄/_∧U         三   ┛ ┓

852満州先生の秘書兼愛人おぽかたぱるこ2019/06/03(月) 16:41:27.53
5chのお利口なみなさんへ

満州先生のご本のアマゾンレビューが出ましたのでお知らせします。
(後半のみ抜粋。詳細はアマゾンをご覧ください。)

また本作は邪馬台国論争を解く上でも無視できない必読書である。
なぜなら古代の地理を正確に把握していなければ、
卑弥呼がどこにいたかを論じることはできないからである。
たとえば著者によれば、漢四郡が置かれたのは今の大凌河と遼河の間であり、
楽浪郡と帯方郡は遼河の西にあった。
また著者は前作に引き続き、卑弥呼がいた可能性のある地域について研究し、
新たに四つの候補地を挙げている。
旧唐書の倭国と日本についても、著者は大半の人が気付いていない重要な指摘を行っていて、
それを読めば、旧唐書の倭国とは馬韓であり、馬韓は満州にあったことが分り、
卑弥呼は馬韓の女王であったという浜名寛祐説が正しかったことが分るだろう。

853日本@名無史さん2019/06/03(月) 16:43:06.61
>天皇の臣下で、お公家さんの日野家の後ろ盾でようやっとこ体面を保っていた、
>足利将軍を、日本国王として冊封したり

足利義満は出家して俗世を離れたから(官位を放棄)もう天皇の臣下とは言えない
その上で明の永楽帝に日本国王に冊封された

854日本@名無史さん2019/06/04(火) 04:16:03.88
       | []_]∧∧
       |   | |/ 支\
       |     ( `ハ´) < 餌の時間アル
       |   ヽ( つと)    
       |ブリ || (ヽ ) ) ( ̄◎
       | ブリッ )し'し'  |~~~|
       |    ⊆=⊇   ̄゛ 
        ̄ ̄ ̄|  | ̄ ̄ ̄ ̄
             |  |
             |; : |
             |●|
ホルホルホル ♪ ̄ ̄ ̄; :  ̄ ̄|
   |.  ∧_,,∧   .人.    |
   | <ヽ`∀´>  (__)  .....|
   |:::(つ=  ) \   /:::::::|
   __∧___ ̄
  待ちわびたニダ♪

855日本@名無史さん2019/06/04(火) 07:30:09.53
旧唐書
「日本國者,倭國之別種也。」
日本国は倭国の別の国号である
→今後はこれまで倭国と呼んでいた国を日本国として記すという説明

「以其國在日邊,故以日本爲名。」
その国が日の出の方角にあるという理由で、日本と名乗るようにした
→あるいはいうの前のここまでが本論であり、これが旧唐書撰者の公式見解

「或曰:倭國自惡其名不雅,改爲日本。」
あるいは曰う、倭国が自らその「倭」が雅でないことを嫌い、国号を日本に改めた
→別伝の紹介:改号の理由の推定 上記の本論と齟齬はない

「或云:日本舊小國,併倭國之地。」
あるいは云う、日本は旧くは小国で、倭国の地を一つの国とした
→別伝の紹介:日本(旧倭国)は最初から全国政権ではなかったが、
 倭国の地全体を一つの国とした(併せた)
 これは宋書の倭王武の上表文
 「自昔祖禰躬甲冑跋渉山川不遑寧處 
  東征毛人五十五國
  西服衆夷六十六國
  渡平海北九十五國
  王道融泰廓土遐畿」の意訳

856日本@名無史さん2019/06/04(火) 07:34:14.38
或曰、或云、の使い分けに意味はないのか

857日本@名無史さん2019/06/04(火) 22:06:06.36
朝鮮ヒトモドキ三種の神技

記憶喪失(論破されても半日で忘れる)

文盲病(前後の文脈や論の大局を読めない)

チョンコロ目(見たくないものは見えず、見たいものは捏造してでも見る)

858日本@名無史さん2019/06/05(水) 00:46:11.93
>>850さん
>>834は扶余勇と関係あるから扶余勇を調べれば進歩するよ

859日本@名無史さん2019/06/05(水) 01:00:04.93
>>855は江上と同じ間違いをしている。
日本がはじめて出てくるのが旧唐書。唐の時代に日本国が現れた。
唐の時代に現れた日本国をなぜ宋書に出てくる国にまでさかのぼれるのだ?
その間の歴史はどうなってるんだい?

860日本@名無史さん2019/06/05(水) 01:36:01.21
漢字の音韻から考察して
最初の倭王の讃は
履中天皇。

861日本@名無史さん2019/06/05(水) 11:57:53.03
>>859
新唐書「咸亨元年,遣使賀平高麗。後稍習夏音,惡倭名,更號日本。」670年の使いの時には日本を号していたことがわかった。
新唐書「子天智立。明年,使者與蝦蛦人偕朝。」では日本を号する記事はないから、日本国号は天智が立った翌年以降、670年以前の間まで絞れる。

倭の五王と日本は何の関係もない。>>855は江上と同じ間違いをしている。

862日本@名無史さん2019/06/05(水) 13:01:41.59
倭が日本に改名しましたって唐代の通典に書いてあるけど

863日本@名無史さん2019/06/05(水) 13:02:11.50
国号日本の成立は通説では天武・持統朝
当然それ以前は倭国と呼ばれるのが当たり前

864日本@名無史さん2019/06/06(木) 03:02:53.94
>>858
朝鮮ヒトモドキ三種の神技

記憶喪失(論破されても半日で忘れる)

文盲病(前後の文脈や論の大局を読めない)

チョンコロ目(見たくないものは見えず、見たいものは捏造してでも見る)

865日本@名無史さん2019/06/06(木) 03:03:27.46
〜プヨもチュモンも日本とは無関係! むしろ半島の伝説はすべて「日本書紀」からパクった妄想だった♪〜


高麗大学の金鉉球と鄭大均の両教授は、
「漢文の書き方から見ても三韓の建国神話は日本書紀を模倣して書かれたものであることは明白であり、
現代の歴史教育における三韓史も日本書紀を土台としつつ、感情的に受け入れられない部分を削除し、
ただ根拠もなく三韓が日本に文化を伝えたと改ざんした捏造史である」と断言しています。

また「日本書紀」に引用されていることを理由に百済三書を事更にもてはやそうとする朝鮮ヒトモドキも多いですが、
朝鮮半島最古の歴史書である三国史記には、「百済開国已来、未有以文字記事、至是得博士高興、始有書記
(百済は開国以来、東普の高興博士が書記を記録するために訪れるまで文字で記録を残したことはなかった)」
と明記されており、こんにちでは百済三書の存在自体の信憑性は低いと断定されています。

加えて朱蒙伝説なるものが神武伝説の元になっていると強弁する朝鮮ヒトモドキも散見されますが、
「論衡」「後漢書」「魏略」に記録されている東明は扶余族の東明であって、
高句麗初代王の東明(朱蒙)と混同するのは彼らの民族的願望であり事実ではありません。
やはり金教授と鄭教授の指摘にあるように、
朱蒙伝説も三国史記編纂時になってから「日本書紀」を模倣して創作された伝説と見るべきでしょう。


なお、百済三書(百済記、百済新撰、百済本記)は日本書紀の引用文献として名前が上がっている以外に存在を証明するものがなく、
「天皇」や「日本」と表現している点、漢音ではなく呉音で表記されている点などを勘案すると、
日本書紀の権威付けのために日本書紀編纂者が創作した文献であり、実在はしていなかったとするのが現在の定説です。

866日本@名無史さん2019/06/06(木) 03:03:41.37
>>865の補足資料

一方の日本(倭国)の文字文化はというと、魏志倭人伝には次のような記述があり、
この時代に既に倭国は文字による外交や政治を行っていたことが理解できます。

「文書・賜遣の物を伝送して女王に詣らしめ」、 
「詔書して倭の女王に報じていわく、親魏倭王卑弥呼に制詔す。」、 
「今汝を以て親魏倭王となし、金印紫綬を仮し」、
「銀印青綬を仮し」、
「詔書・印綬を奉じて、倭国に詣り、倭王に拝仮し、ならびに詔をもたらし」、
「倭王、使によって上表し、詔恩を答謝す。」、
「因って詔書・黄幢をもたらし、難升米に拝仮せしめ、檄を為(つく)りてこれを告喩す。」、
「檄を以て壹与を告喩す。」

このように魏志倭人伝には繰り返し後漢や魏から詔・詔書が出され、印綬が下賜されたことが記され、
それに対して倭国からは「上表」文が出されています。

従って、弥生時代の倭国は詔書や印に記された文字を理解し、上表文を書くこともできたと断言できるのです。
おそらく日本列島内で最も早く文字(漢字)を受容し、外交・政治に利用していたことに疑いの余地はありません。

よって日本列島内で弥生時代の遺跡や遺物から最も「文字」の痕跡が出現する地域が女王国(邪馬壹国)の
最有力候補と考えるのが、理性的・学問的態度であり、学問的仮説である学説に値します。

筑前中域には次のような文字文化受容の痕跡である遺物が出土しています。

志賀島の金印「漢委奴国王」(57年)、
室見川の銘版「高暘左 王作永宮齊鬲 延光四年五」(125年)、 
井原・平原出土の銘文を持つ漢式鏡多数

これらに代表されるように、日本列島内の弥生遺跡中、最も濃厚な文字文化の痕跡を有すのは筑前中域であり、
この地域を邪馬壹国に比定すべきとの結論に至らざるを得ません。

867日本@名無史さん2019/06/09(日) 23:09:07.04
>>859
>日本がはじめて出てくるのが旧唐書。唐の時代に日本国が現れた。
>唐の時代に現れた日本国をなぜ宋書に出てくる国にまでさかのぼれるのだ?

それは>>859の読み違い

大陸史書は先行史書を参照しながら撰述される
旧唐書を撰述するときに、倭も日本も同じ国だと分かった上で、宋書の倭王武の上表文を
参考にして「或云:日本舊小國,併倭國之地」を書いたってこと

868日本@名無史さん2019/06/09(日) 23:13:26.08
>>861
唐会要に「則天時。自言其國近日所出。故號日本國。蓋惡其名不雅而改之。」って書いてあるよ
大陸に日本国という国号が伝えられたのは武則天の長安三年(703年)の粟田真人の遣唐使の時だ

869日本@名無史さん2019/06/09(日) 23:19:10.04
邪馬壹國なんてないんだよ
もう古田武彦氏の亡霊は眠らせてやれよ

室見川の銘版
昭和23年7月末に博多湾岸室見川河口近くの西岸で文字が記された文鎮状の金属片が発見された。
「室見川銘板」である。
金属片は銅製で、「高暘左王作永宮斎鬲延光四年五」と刻印されていた。
この中の「延光四年」は漢の年号で西暦125年に当たる。
発見から28年後に実測図を北京大学に送り鑑定を受けた。
鑑定によると記された文字は次のような意味だった。
「高暘左」は中国戦国時代(BC403〜BC221)の銅戈に記された銘文、
「王作永宮斎鬲」は春秋時代(BC770〜BC403)の銅鬲(鼎)に記された銘文、
「延光四年五」は漢代の陶磁器に記された文字。
金属片自体は「清朝人が作った文鎮」であろうという鑑定だった。
銘文の文字は3種類の書体で記されていた。
大篆(周時代の書体)で記された「王作永宮斎鬲」、
小篆(秦時代に創始された書体)で記された「高暘左」、
普通の漢字に近い書体で記された「延光四年五」である。

870日本@名無史さん2019/06/10(月) 14:18:25.05
邪馬台=大和=倭=日本(やまと・ジーベン>ニッポン>にほん)

871日本@名無史さん2019/06/10(月) 14:49:53.82
ヤマトの地名だけ九州から畿内に7世紀に移転したのかもよ。

872日本@名無史さん2019/06/10(月) 15:35:28.77
>>760
シャセベンガイジここにおったか

873日本@名無史さん2019/06/10(月) 17:43:32.38
>>867
旧唐書が宋書から採録すれば、「或云」は使わない。

874日本@名無史さん2019/06/10(月) 18:42:08.01
>>872
シャセベンって何だ?

875日本@名無史さん2019/06/11(火) 20:19:25.16
ヤマト→邪馬台
ウォ→ワ→倭 これをヤマトとユニファイ(書紀)
日本とヤマトをユニファイ(書紀)
日本→ジーベン→Jipang→Japan
だろう? 

876日本@名無史さん2019/06/15(土) 00:23:37.06
>>875
なにを言ってるんだ

877日本@名無史さん2019/06/16(日) 14:56:53.10
>>866
外国との交渉役に、出自的に自国の者を使うというのは、近代以降。ヨーロッパなら17世紀以降、東洋では19世紀後半から。
古今東西、長らく、言葉の違う相手との交渉の場で、こっち側の代表に、交渉する相手方や相手国の近隣国の出自の人を使うというのは、
当たり前に行われてきた。

上古の倭国が、支那との交渉のために、支那から渡ってきた人を使ってたとしても、別段、不思議ではないわけだ。

878日本@名無史さん2019/06/16(日) 15:10:26.87
「聖徳太子」は実際には大王族ではなく
大和政権の外交・内政に多大な貢献をなした外国人への名誉称号だった

879日本@名無史さん2019/06/16(日) 19:00:30.04
畿内に聖徳太子さんおったんやろうけど
隋に喧嘩売ったのは九州のアメタリシヒコさんやろ。

880日本@名無史さん2019/06/17(月) 16:23:35.74
>>879
アマの多利思比孤さんだよ。

881日本@名無史さん2019/06/17(月) 21:42:03.74
大宰府スレで九州アメタリシヒコからサチヤマ=倭国王説を出しているがボロボロが・・

882日本@名無史さん2019/06/23(日) 00:58:40.40
那須国造碑

永昌元年(689年)、那須国造で評督に任ぜられた那須直葦提の事績を息子の意志麻呂らが顕彰するために、700年に建立されたものである。
「永昌」という元号は唐のものであるが、日本の元号は686年に天武天皇の崩御により701年の大宝まで停止されていたため、唐の元号を使用したと考えられている。



あるぇー?(・3・)
なんで唐の元号使ってるのかな?ケラケラ

883日本@名無史さん2019/06/23(日) 06:17:03.41
唐の元号は今の西暦使うようなもの。東アジアの国際標準。

884日本@名無史さん2019/06/23(日) 23:10:31.93
というか本当は自前の元号を使いだしたのが大宝律令のあとだってことだろ馬鹿

885日本@名無史さん2019/06/24(月) 09:12:58.78
また教科書の嘘が暴かれたわけだ。

886日本@名無史さん2019/08/20(火) 20:38:54.69
倭王武は東国平定の英雄倭健命、倭武天皇、獲加多支鹵大王

887日本@名無史さん2019/08/20(火) 22:45:26.02
崇神の事か

888日本@名無史さん2019/08/25(日) 12:17:56.07
朝鮮ヒトモドキ三種の神技

記憶喪失(論破されても半日で忘れる)

文盲病(前後の文脈や論の大局を読めない)

チョンコロ目(見たくないものは見えず、見たいものは捏造してでも見る)

889日本@名無史さん2019/08/26(月) 21:08:05.41
晋に従順だった時期に比べて鮮卑は南征、倭は半島の実効支配を目論んでいて南朝(中華)の権威ディスってる

890日本@名無史さん2019/08/27(火) 17:20:31.48
倭と日本列島の古代史とはなんも関係ないやんw
記紀に倭王のこと書いてあるか?
ないだろ

つまりそういうことだw

891日本@名無史さん2019/08/27(火) 17:24:26.71
記紀を書いたのは倭国じゃないからね

892日本@名無史さん2019/08/27(火) 18:58:37.55
拓跋部も大和政権も漢の時代の頃の鮮卑や倭じゃない

893日本@名無史さん2019/08/27(火) 19:25:41.92
大和政権の歴史にも半島征伐あるから関連はあるよ。

894日本@名無史さん2019/08/27(火) 20:10:15.07
半島征伐は九州筑紫の倭王たちですよ。

895日本@名無史さん2019/09/06(金) 11:15:22.04
>>890
支那の記録がデタラメなんだろ。
私費入境・私貿易が盛んにおこなわれるようになった宋の時代にも、皇帝が日本の王統を知らず、入境してきた東大寺の僧が謁見した際に、
隋唐の頃に国使を送ってきた倭国の王朝が今も続いているとそこで初めて聞き知ったというし、その500年くらい後の明時代には、源義満を
国王と誤認するありさま。
隋に使いを送ってきた王の名前も「阿毎多利思北孤」と誤認していて、新唐書で痛々しいつじつま合わせをしている有様。
全く以ってデタラメだらけ。

そんなものが紀元前の日本の状況を正しく伝えてるはず無いわな。

896日本@名無史さん2019/09/06(金) 12:03:32.94
新唐書は書紀(でたらめ)を一応取り入れて貰ってる

897日本@名無史さん2019/09/06(金) 12:15:22.91
>>896
悔しぃのぅ

898日本@名無史さん2019/09/06(金) 12:33:56.10
郡評論争

はい、論破w

899日本@名無史さん2019/09/06(金) 12:44:36.10
今どき書紀の記事信じてる知恵遅れがいることにまず驚くわw

900日本@名無史さん2019/09/06(金) 16:02:42.16
>>899
悔しぃのぅ

901日本@名無史さん2019/09/08(日) 08:36:20.31
>>899
古事記が献上されたのが元明天皇期(712年)、古事記の記載に基づくと、隋使を出したのが推古天皇期(600年〜618年)。
つまり、古事記には112年前〜94年前前の出来事として、遣隋使を記載している。

今から100年前後前というと、ハーグ条約(112年前)、第一次世界大戦(105年前)、流感(スペイン風邪)で死者多数・シベリア出兵(101年前)、
パリ講和会議・朝鮮半島三一独立運動(100年前)『女工哀史』発刊・相撲協会発足・男性普通選挙(94年前)……と、まあ、こんな感じ。
そんなに古い話ではないだろ。
直で体験した話を集めるのは死去や老年性痴呆で殆ど無理だろうが、子や孫が体験した本人から伝え聞いて知っているくらいの年数だ。

そこで間違うかなあ?

902日本@名無史さん2019/09/08(日) 09:01:54.37
記と紀で内容に違いがあるので不正確な部分もあるだろうが、当時の歴史認識をそのまま反映しているのであろう。
記紀だから信じないのなら、聖徳太子もいなかったし(それはそれで構わないが)、仁徳天皇もいなかった(大山古墳は関係ないらしいが)。

903日本@名無史さん2019/09/08(日) 09:16:24.37
>>902
日本書紀の天武も持統もいなかった

904日本@名無史さん2019/09/08(日) 09:28:44.09
ヤマトタケルとかは複数の人物の事績が混同されていると言われているが、それも意図的ではなく、そうなってしまったというのが正しいのではないか。

905日本@名無史さん2019/09/08(日) 12:37:48.90
日本書紀は天皇が征服した土地の姫をレイプする話ばっかりで胸糞悪くなる

906日本@名無史さん2019/09/08(日) 17:09:41.80
ヤマトタケルは明らかに人の名前じゃないものな

907日本@名無史さん2019/09/08(日) 17:46:20.49
熊襲建(クマソタケル)→熊素建→肥素建→肥本建→日本武尊

908日本@名無史さん2019/09/09(月) 13:01:01.40
タケルは王を意味する尊称だったのだろう。
熊襲タケルは倭王であったが、自らを倒した小碓尊を倭王の資格がある勇者と認めたのだろう。
ちなみに記紀で筑紫のタケルと明記されるのは、八咫の鏡を持つ神夏磯姫である。
タケルは梟帥とも書き、筑紫の梟帥は大宰の帥、大率と同義語である(率と帥は同義語)。

909日本@名無史さん2019/09/09(月) 13:51:55.39
>>899

日本書記は天皇の年齢が100歳超えてたり、明らかのおかしい面はある。
しかしそれがなぜなのかを考えるのが楽しいわけだ。
君のような、サヨク学者の言うがまま人間なんて、
何が楽しくて歴史に興味を持ってるのか逆に聞きたい。

サヨク学者は「神武天皇なんていない」というのが天皇制に対しての最も効率の良い攻撃だと知ってて攻撃してるのだからね。

910日本@名無史さん2019/09/09(月) 14:13:14.27
もう1000年も昔のことなんだから政治的偏向を捨てて
澄んだ心の目で真実を探そうとしてみたらどうだろうか?

911日本@名無史さん2019/09/09(月) 21:04:46.70
池沼ウヨ共は機能的非識字だからまともな本を読む能力が無い
だから当然記紀も万葉集も読んでいないし
本居宣長も新井白石が何を言っていたかもさっぱり理解できない

同じ池沼のweb上のウワゴトやwikipediaや糞掲示板の文言の片言隻句を
オツムでこねくり回してやっぱりウワゴトを垂れるだけ

912日本@名無史さん2019/09/10(火) 00:46:34.79
九州倭国っていうやつ見ると嗤える

913日本@名無史さん2019/09/10(火) 22:08:51.34
倭の五王は倭国王、日本王、百済王、新羅王、高句麗王

914sage2019/09/10(火) 22:35:30.23
ヤマトタケル時代の景行天皇なんて
書紀では日本史上最も活躍した天皇みたいな書き方だけど
古事記じゃ空気だもんな
タケルも含めて四道将軍たちのエピソードをまとめた感じ

915日本@名無史さん2019/09/11(水) 00:19:21.49
>>912
笑ってないで反論しろ

916日本@名無史さん2019/09/14(土) 01:27:16.00
>>913
バカ発見wwwwwwwwww
                  ____
                /_ノ  ヽ、_\.      ━━┓┃┃
         ,. -- 、,  o゚((●)) ((●))゚o        ┃   ━━━━━━━━
     ,―<,__    ヽ::::⌒(__人__)⌒::::: \     ┃               ┃┃┃
    /          ヽ ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                     ┛
   __|           }。≧       三 ==-
  / ヽ,       / {  -ァ,        ≧=- 。
  {    Y----‐┬´   、レ,、       >三  。゚ ・ ゚
 /'、  ヽ    |ー´    ヽ`Vヾ       ヾ ≧
.{  ヽ  ヽ     lヽ_!´    ヽ。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・
 ',  ヽ  ヽ    ,/     }
  ヽ  ヽ  、,__./    __/
   \  ヽ__/,'  _ /
     \__.'! 〈  _, '
           ̄

917日本@名無史さん2019/09/14(土) 09:40:59.13
>>914
明治より前では関東まで下向したことのある数少ない天皇だぞ。

918日本@名無史さん2019/09/14(土) 11:46:42.37
>>917=痴呆さん

919US12019/09/23(月) 12:16:33.83
>>773

以前>>344で書き込んだ者だが、
>>773のまとめは、大体私のイメージにも近い。

私のイメージは、

・1世紀ころ倭国の中心地は奴国
奴国が本州含め倭国を全体的に支配していたかは
わからないが、覇者(≒筑紫島(九州)北部の
支配的存在)であった可能性は高いと考えている。

後漢書に出てくる2世紀後半の倭国大乱は
奴国の敗北衰亡(覇権崩壊)のことではないか。

・邪馬台国は神武東征により建国
神武天皇は、伊都国出身で、紀元前1世紀か
紀元後1世紀ころ、大和地域に武力侵攻し
邪馬台国を建国したのではないか。

開化天皇までの邪馬台国は、地方国家(豪族)
レベルで、徐々に強国化、機内周辺に支配地域を
広げていたかもしれないが、倭国全体を支配
していたわけではない。

920US12019/09/23(月) 12:17:09.97
・卑弥呼は邪馬台国の女王ではない
2世紀ころまで先進地域は九州北部であり
本州は後進的であったが、九州北部は倭国
大乱により衰退する。
一方、地方大国化していた邪馬台国は
比較的戦禍を免れ、邪馬台国を中心として
新たな国家連合が形成されたのではないか。

卑弥呼は、邪馬台国出身で、新たな国家
連合の女王として共立されたが、一地方国家
としての邪馬台国の国王まで兼ねていた
わけではなかった。
このため、記紀には、天皇としては卑弥呼の
存在が残っていない。
ただし、後漢書の卑弥呼と魏志の卑弥呼が
同一人物であるかはわからない。

連合国家において実質的指導者であった
のは邪馬台国の国王(天皇)であり、崇神
天皇の時代には連合国家の国王とも位置付け
られるようになった。

921日本@名無史さん2019/09/24(火) 14:59:05.85
卑弥呼は倭国王であり、邪馬台国はその王都。
魏志倭人伝を無視して妄想を繰り広げても意味はない。

922日本@名無史さん2019/09/24(火) 15:21:24.97
>>1
讃は履中天皇(イザホワケ)だよ
弟の珍が反正天皇(ミズハワケ)


讃に対する記述に「高句麗とともに中国に朝貢」って書いてある
倭王讃は高句麗と連携してたんだよ
履中天皇は「大兄ミズハワケ」で「大兄」というのは高句麗の官位名
つまり履中天皇は倭王族と高句麗の官位を兼職してたってことだよ

923日本@名無史さん2019/09/24(火) 15:27:04.65
>>8
履中天皇のときに、「筑紫に税を求めたが神の怒りを買い皇后が死んだ」とある
履中天皇(倭王讃)時代に、ヤマトは筑紫を支配できていない

また、倭王珍の記述として
倭王珍が安東将軍に叙せられたのに対し
倭隋は平西将軍に叙せられてる

安東将軍=東の支配者=ヤマトの王
平西将軍=西の支配者=筑紫の王

と見なせる
ヤマトと筑紫はこの時代、ヤマト優勢ではあるが支配関係ではなく属国に近い同盟関係

924日本@名無史さん2019/09/30(月) 22:27:31.41
完全制圧されたのが磐井の乱か?

925日本@名無史さん2019/09/30(月) 22:56:33.67
磐井の乱で継体天皇は屯倉一つを手に入れただけ。
筑紫の君の息子が継承して筑紫倭国の国体は守られた。

926日本@名無史さん2019/09/30(月) 23:12:25.77
九州王朝は位置的に難しいと思うぞ。
そもそも北九州が天下を治めるというのに無理がある。
もし仮に天下を取ったら、すぐに移動しただろう。

927日本@名無史さん2019/09/30(月) 23:32:31.97
>>922
嘘は良くない。大兄は長兄という意味だよ。

928日本@名無史さん2019/10/01(火) 02:42:04.43
天智天皇より前の倭王は大伴氏や蘇我氏の豪族達に推戴された王。卑弥呼と一緒。

929日本@名無史さん2019/10/01(火) 08:17:38.59
古代史はトンデモ史観に占拠されているから、うんざりする。

930日本@名無史さん2019/10/01(火) 09:36:53.68
>>927
三韓出兵(広開土王碑)による高句麗との交流開始とともに「大兄」のつく皇族が出現

高句麗滅亡とともに「大兄」のつく皇族はいなくなる

この歴史的事実をどう捉えるか

931日本@名無史さん2019/10/01(火) 09:40:02.74
>>925
その屯倉は博多湾だからな
つまり最大の貿易港であり国力の生命線をヤマトに抑えられた
事実上の完全従属だよ

932日本@名無史さん2019/10/01(火) 09:44:05.70
古田の多元王朝論は面白いんだけど、

残念ながら
九州vsヤマトではなく、
ヤマトvsヤマトの多元王朝なんだよ

ヤマトの勢力が分裂してそれぞれで勝手に年号を制定したり(いわゆる古田の言う九州年号)都を立てて律令を作ったり、銅銭(富本銭)を作ったりしてたわけだ

それが壬申の乱〜大宝律令〜記紀の制定でやっと落ち着く、という流れ

933日本@名無史さん2019/10/01(火) 09:51:57.35
博多湾抑えられたら長崎か熊本のほうから貿易しなきゃいけない
これはキツイと思うよ

北九州宗像あたりは古くからヤマト側だし

934日本@名無史さん2019/10/01(火) 10:48:52.95
>>933
宗像三女神が守護した天孫は筑紫の日向で豊葦原中国の王になった。
ヤマトが何だって?

935日本@名無史さん2019/10/01(火) 11:25:39.32
>>934
6世紀の話だよ

936日本@名無史さん2019/10/01(火) 14:49:16.36
宗像が古くから云々というのは6世紀の話か。
あまり古くないな。

937日本@名無史さん2019/10/01(火) 15:27:00.64
>>936
いや、つまり古くから天孫族(後の畿内天皇家)に付き従ってたってことじゃん

938日本@名無史さん2019/10/01(火) 15:29:40.45
何よりの証拠は、沖ノ島が聖地になってるってことだわな

博多制圧前は畿内政権は沖ノ島ルートしか使えなかったってこと

普通は博多湾→壱岐→対馬→朝鮮半島と行くはず
それをわざわざ宗像→沖ノ島→朝鮮半島というルートを通って交易していたのは
そのルートしか通れなかったということだよ

で、博多制圧すると沖ノ島は実用的な交易のための港としては見捨てられ、宗教的な場所になっていく

939日本@名無史さん2019/10/01(火) 16:12:10.08
>>937
その頃はまだヤマトは関係ないだろ。
時系列がデタラメだぞ。
宗像が支持したのは筑紫の王権だよ。

940日本@名無史さん2019/10/01(火) 16:18:00.73
高天原の語義は「高貴なる海の城」 
沖ノ島が高天原そのものなんだよ。
そこから宗像氏族に守られて天孫が筑紫の倭王となり、志賀島の大山祇や綿津見などの先代の倭王家と婚姻したというさ。
その時点では畿内はもう一人の天孫である饒速日が交野に降臨して開拓中だった。
その末裔の尾張氏のさらに末端の誰かが纒向にいた。

941日本@名無史さん2019/10/01(火) 16:43:35.55
>>940
記紀のみをベースにしたストーリーは基本的には史実性は薄いと考えたほうがいいよ

俺は>>922>>923>>930なんかでも
日本の記紀、中国側の歴史書、高句麗の広開土王碑を横断的に見て、より真実に近い歴史をあぶり出してるでしょ?

942日本@名無史さん2019/10/01(火) 16:57:09.02
>>941
別に他の史書と矛盾しないなら記紀でも構わないはず。
他の時代とゴッチャにするから矛盾しているように見えてしまう。
沖ノ島の祭祀が長く続けられた理由として、そこが高天原だと考えられていたからだとするのは無理のない推測だよ。
そして記紀では宗像は筑紫に降臨した天孫族を支持した最大勢力として描かれている。

943日本@名無史さん2019/10/01(火) 16:58:48.87
少なくとも、時代を特定せずに「畿内政権」と使うのは迂闊だし、それを安易に沖ノ島に繋げるのも正しいようには見えない。

944日本@名無史さん2019/10/01(火) 18:46:11.99
>>942
沖ノ島は小さい島だよ
金属が取れるわけでもない

高天原は高句麗か公孫氏で、朝鮮半島の付け根当たりの地域のことだと思うぞ
高天原=高句麗=タカミムスビ神
と考えると「高」の一致性がある

公孫氏は卑弥呼とのつながりがある
公孫氏政権が崩壊したとき、つながりのある倭国に残党が逃げてきてたと考えることもできる

ニニギもそうだけど、国見で「ここはカラクニがよく見える」と喜んでたり
どうも大陸側にふるさとがありそうなことは匂わせてるわな

945日本@名無史さん2019/10/01(火) 18:59:58.69
>>944
高は修飾語かと。
邇邇芸が喜んでいたのは、博多が通商に有利だったから、で説明できる。
故郷の沖ノ島より便利だからね。

キーになるのは、なぜ沖ノ島の祭祀が重要視されていたかだよ。
主要交通路から外れたら、祭りそのものを続ける動機が薄れる。
しかし何百年も熱心に祭祀は続けられた。
しかもそれを取り仕切ったのは、天照から祭祀を任された宗像氏族だ。
宗像の本拠地があくまでも九州側なら、沖ノ島は何だ?
宗像に祭祀を任せた天照本人がいたところだろうと考えられるわけだ。
天照の高天原であれば、数百年にもわたり祭りを続けた理由が納得できるだろう?

946日本@名無史さん2019/10/01(火) 19:22:33.06
阿麻氐留(アマテル)神社があるのは対馬
壱岐には月読神社がある

947日本@名無史さん2019/10/01(火) 19:54:19.96
>>945
沖ノ島は小さい島だから
倭国を征服するほどの勢力が住んでたとは思えない

対馬、壱岐のほうが三貴子にゆかりのある神社が多く残ってる

948日本@名無史さん2019/10/01(火) 20:01:01.19
>>946
対馬が高天原でアマテラス
壱岐が月夜見

海原の統治を任されたスサノオは海を渡って日本列島へ

っていうオハナシは想定できると思う

949日本@名無史さん2019/10/01(火) 20:01:58.61
根の国(黄泉の国)が新羅で常世の国が公孫氏だろう

公孫氏の末裔が常世連を名乗ってる

950日本@名無史さん2019/10/01(火) 20:03:01.70
ただ、じゃあ三貴子はどこから対馬に来たのか、という話になる

951日本@名無史さん2019/10/01(火) 23:53:39.92
元から対馬にいたんじゃない?

952日本@名無史さん2019/10/02(水) 01:36:23.15
魏志韓伝に倭と韓は公孫氏に属したとはっきり書いてある

公孫氏が滅亡したから魏に使者を送ったのが卑弥呼

卑弥呼は公孫氏に属してた時代があった
そして韓とは「公孫氏の属国仲間」だった

公孫氏の王宮でのパーティーなんかにら倭の使者は韓の使者とともに参加し、恭しく挨拶などをすることもあっただろう

953日本@名無史さん2019/10/02(水) 01:38:10.54
逆に公孫氏の使者が倭を訪問し、倭政府を監視したり税金や貢ぎ物を取り立てて帰る、なんてこともあっただろう

九州からは3世紀の硯が見つかっている

954日本@名無史さん2019/10/02(水) 07:25:36.18
>>949
>公孫氏の末裔が常世連を名乗ってる

へえ。
これは面白いね。

955日本@名無史さん2019/10/02(水) 07:28:41.63
>>950
三貴人は筑紫の日向の小戸の生まれだったはず。
そこから壱岐対馬へ渡ったのだろう。
本来の倭王の王統は、筑紫の大山祇綿津見の兄弟だったはず。
邇邇芸は大山祇の娘を娶っており、女系では相続が成立している。

956日本@名無史さん2019/10/02(水) 08:58:06.39
>>955
じゃあなんで国譲りで日向に天孫降臨するんだよ

ただ故地に帰ってきただけじゃねーか

957日本@名無史さん2019/10/02(水) 10:39:58.02
天から降臨してきたのだから
その場所は「地」のはず
宗方の沖に「地」という地名の場所があるのだから
そこに来たのが始まり
そこから九州島に着いた地点に宗像神社がある
自然に考えるとそこが出発点

958日本@名無史さん2019/10/02(水) 12:14:53.37
>>954
猿芝居キモいぞ

959日本@名無史さん2019/10/02(水) 16:09:34.04
>>956
傍系が主流に返り咲いたんだよ。
記紀では天皇家につながるアマテラスを重視しているが、その世代の倭王は志賀島の綿津見だろうね。

960日本@名無史さん2019/10/02(水) 23:18:07.78
カルチャーラジオ 歴史再発見
ラジオ第2 毎週火曜 午後8時30分 | 再放送 毎週火曜 午前10時
https://www4.nhk.or.jp/P1927/

まず倭の五王からはじまった

961日本@名無史さん2019/10/04(金) 12:26:39.10
>>926
その移動の過程が神武東征なんだろ。
九州北端に近い岡田で策を練って本格的に制圧開始ってのも、古事記では1年くらいの短期間のように書いてるけれど
戦費や同盟者を集めるためにもっと長いこと腰を落ち着けて統治してたんではないんかな。

962日本@名無史さん2019/10/04(金) 12:37:50.06
岡田の宮には大王がいたんだろ

大王に挨拶にいって、支援の約束を取り付けて、広島→近畿と移動した

支援の約束の証拠品が「天羽羽矢」だろ

963日本@名無史さん2019/10/04(金) 12:46:36.23
天羽羽矢は先に畿内を征服した饒速日も持っていたから、高天原時代の名残だよ。
少なくとも岡田で手に入れたわけではない。

964日本@名無史さん2019/10/04(金) 13:16:29.68
ニギハヤヒも岡田の宮の大王の部下だった

965日本@名無史さん2019/10/04(金) 13:17:49.99
ニギハヤヒが九州出身なのは大国主編で匂わせてるだろ

大物主(ニギハヤヒ)と出会う場面

966日本@名無史さん2019/10/04(金) 13:44:20.01
九州ではなく、どちらも高天原の子孫なんだよ。
天神の子と表現されているだろ?
天津神(海の王)であるアマテラスの末裔だ。

岡田の王の出自は不明だし。

967日本@名無史さん2019/10/04(金) 15:49:47.93
出自は不明なのではなく、天皇家原理主義上正体を書くことが出来なかった

968日本@名無史さん2019/10/04(金) 15:50:13.32
「神武天皇に上司がいた」だなんて書くわけにはいかないからな

969日本@名無史さん2019/10/04(金) 15:52:41.97
兄貴は上司だろ

970日本@名無史さん2019/10/04(金) 17:25:12.80
饒速日も大叔父だ。
神武は饒速日を頼って筑紫を出た。
敵対した長髄彦を倒したのも饒速日。
ヤマト王権の祭祀と軍事の実権を掌握していたのは、饒速日の末裔の物部氏。

971日本@名無史さん2019/10/11(金) 16:57:41.38
>>951
時代が違いすぎるだろ。
元が攻めてきたのは記紀の編纂された時代から500年も後じゃないか

972日本@名無史さん2019/10/13(日) 23:03:22.97
>>949
常世連(公孫氏)→常世国

松野連(姫氏)→末廬国?

新着レスの表示
レス数が950を超えています。1000を超えると書き込みができなくなります。
レスを投稿する