江戸幕府って本気で鎖国続けてけると思ってたの?

1日本@名無史さん2014/03/18(火) 17:38:16.05
そんな事やってたら他国にどんどん差をつけられていつか侵略されるかも…とか思ったりしなかったん?

2日本@名無史さん2014/03/18(火) 19:07:54.99
鎖国って言っても引き篭もりとちゃうで

3日本@名無史さん2014/03/18(火) 19:20:52.93
だから開国したんじゃん。鎖国を継続しろと言わんばかりに「攘夷!攘夷!」とほざいていたのは水戸や長州などの連中だろよ。

4日本@名無史さん2014/03/18(火) 19:22:30.01
>>3
それは後の時代の話じゃん?
もっと前の頃は本気でそう思ってたのかなーって

5日本@名無史さん2014/03/18(火) 19:32:15.97
>>4
世界でも有数の軍事大国だった日本が気にする問題じゃないよ。
それに鎖国ってのは別に一切断交してたわけじゃないし。
貿易を基本的に幕府の一元管理にするってだけ。
上手に相場操縦すれば巨万の富が幕府の手に入るし。

6日本@名無史さん2014/03/18(火) 20:16:04.88
まぁ「鎖国」と言っても江戸幕府は「全面鎖国」では無く「限定鎖国」だった。
1番のポイントとしては東洋以外でオランダとは貿易していたって事だろう。

これにより、完全な「浦島太郎」化を防げた。
蘭学や蘭方医も広まり、海外情報も入りやすかった。
はたまた、今現在に至るまで日本文明が世界に広まる土台を築いてくれた。
「サムライ」「ニンジャ」など今や欧米はおろか、アフリカや南米アンデスの民までが知っている。
朝鮮の衣装や文化が全く知られていないのと比較すると、日蘭貿易の影響は計り知れない

7日本@名無史さん2014/03/18(火) 20:24:23.28
朝鮮の衣装や文化ってな〜に?
おまさんらのあの学会やらが作った文化か?
なにをモデルにしてんのあれ?

8日本@名無史さん2014/03/18(火) 20:42:36.13
結果的には良かったんじゃねえ?
江戸初期から開国・欧米列強受け入れていたら清と同じ目に
日本国は消滅していたかも

9日本@名無史さん2014/03/19(水) 05:50:28.67
思ってたんちゃう。
今も、工業製品の輸出で生活し、エネルギー、食料、安全保障と国家の基盤を他国に依存しながら、
「新自由主義ハンターイ!」と叫び、悔しげに「鎖国したい」と漏らしてる日本人がいるので
この時代なら当然。

10日本@名無史さん2014/03/19(水) 07:19:48.18
海外情勢を把握した上での鎖国だからOK

11日本@名無史さん2014/03/19(水) 11:42:34.45
まあ、徳川幕府も中国人や朝鮮人やアーメンの連中がよっぽど
うざかったのだろうなww
貿易量はむしろ戦国時代と比べて増えていたくらいだからな
民間人同士交流させるとトラブルが多発することを恐れたのだろうなww

12日本@名無史さん2014/03/19(水) 15:37:59.87
今の北方領土ではロシアの海賊に蹂躙されて、国全体が蜂の巣つついたような騒ぎになったけどな。

13日本@名無史さん2014/03/19(水) 16:13:16.32
11
なあなあ!
日本人ご海外にでていけば昔なら尚更、魔女だの悪魔だの扱いされる気がするんだけど

14日本@名無史さん2014/03/19(水) 16:14:35.27
なんせ自分たちの信仰が壊れるかもしれないからな

15日本@名無史さん2014/03/19(水) 16:45:09.04
>>13
海外に出た日本人の話を調べてみたらいい

16日本@名無史さん2014/03/19(水) 16:51:44.29
あぁ、そっか
壊れそうなやつらはでていかないもんな
でていくのは感化されるやつらか
奴隷貿易ならこの限りじゃないけど


http://www.gizmodo.jp/upload_files/img58128452.html

裕チャンに似合いそうなTシャツ

18日本@名無史さん2014/03/21(金) 19:01:50.08
そういえばそうだな
あの時代の人はそういう疑問なかったのかな?

19日本@名無史さん2014/03/21(金) 20:54:45.31
外国(とくにヨーロッパ)を見てきた人でない限りそんなことは思わんだろ

20日本@名無史さん2014/03/21(金) 22:32:31.89
江戸幕府も幕末には開国して、欧米に使節派遣してる
むしろ、京都の朝廷が開国に反対してた

21日本@名無史さん2014/03/22(土) 01:43:59.39
>>1
おっと菅原道真の悪口はそこまでだ

22日本@名無史さん2014/03/22(土) 06:56:13.86
>>21
なんで道真が出てくるん?

23日本@名無史さん2014/03/22(土) 12:31:08.66
>>22
道真こそ、記録に残っている範囲では
最初の鎖国主義的政策をとった人だから

24日本@名無史さん2014/03/22(土) 18:33:47.95
道真のは鎖国と違うんだけどな。
中国に役人を送らなかっただけで、民間の往来は禁止していない。
江戸幕府の鎖国は国策。

25日本@名無史さん2014/03/22(土) 18:36:08.25
>>24
国策で鎖国してるって聞くとすごく頭が悪い国みたいな感じがする
北朝鮮みたいな

26日本@名無史さん2014/03/22(土) 23:44:11.86
江戸時代も長崎でオランダ、中国とは貿易してるじゃないか

27日本@名無史さん2014/03/23(日) 18:18:57.82
幕府の鎖国は独占貿易だからな。
平安時代は朝廷が独占貿易したことはないでしょ。

28日本@名無史さん2014/03/24(月) 01:58:00.63
貿易統制で有って鎖国ではない


ためになるスレッド

江戸文人と現代インターネット共同体の類似点
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1395570624/

30日本@名無史さん2014/03/24(月) 18:17:00.18
>>28
人の行き来が極端に絞られているんだから、貿易統制という枠では収まらないよ。

31日本@名無史さん2014/03/24(月) 19:07:18.17
近年では鎖国って言葉はあまり使われなくなったね。
基本的に対馬、長崎、琉球、松前の四つの口で、自主的な貿易統制と渡航禁止の海禁政策。

東アジアじゃ別に珍しいことじゃないしね。

欧州が年がら年中ドンパチやってたお陰で、手に負えないくらい大砲の性能が著しく向上してしまってたのが誤算かな。

32日本@名無史さん2014/03/24(月) 19:36:34.01
×江戸幕府って本気で鎖国続けてけると思ってたの?

○江戸幕府って本気で鎖国続けていけると思ってたの?

33日本@名無史さん2014/03/24(月) 21:25:48.26
>>32
何が言いたいんだ?

34日本@名無史さん2014/03/24(月) 22:05:21.16
多分だが「続けてける」は日本語じゃないと言いたいんだろう。

35日本@名無史さん2014/03/25(火) 00:43:57.44
続けてけれ

36日本@名無史さん2014/03/25(火) 01:45:16.51
続けてけろ

37日本@名無史さん2014/03/25(火) 07:31:54.23
>>34
まあそれ言ったら「思ってた」もおかしいよね



つまり>>32はバカって事で

38日本@名無史さん2014/03/25(火) 13:32:18.10
スレタイで使われると紛らわしいんだよ

39日本@名無史さん2014/03/27(木) 20:06:47.91
字数制限じゃね?

40日本@名無史さん2014/03/27(木) 20:24:18.68
意味が通じてるんだからいいじゃないか

41日本@名無史さん2014/03/27(木) 22:27:53.83
鎖国が行われている間に幕府はどれくらい外国の事情に通じて
いたんだろうか
オランダを通じてかなり最新情報は把握してたのかな

42日本@名無史さん2014/03/27(木) 22:44:12.99
「阿蘭陀風説書」
出島のオランダ商館長(カピタン)が江戸まで行って、幕府に世界情勢を報告してた

43日本@名無史さん2014/03/28(金) 07:30:06.15
>>42
それって危なくね?
オランダの胸三寸でどうとでも捏造できそう

44日本@名無史さん2014/03/28(金) 09:15:02.88
幕府は下々には夷戎蛮荻打ち払いを宣じてたけど本音は外様大名を制しての管理貿易だからな見誤らない様に

45日本@名無史さん2014/03/28(金) 09:17:53.70
だから商人だろ

46日本@名無史さん2014/03/28(金) 09:35:27.22
>>43
実際そうだよ
ベニョフスキー事件なんかその典型

47日本@名無史さん2014/03/28(金) 18:42:14.90
幕府はなんだかんだで国際情勢把握してる。
黒船だって戦争になったら勝てないってことを理解してたし。
ロシアの南下政策が北海道に及ぶことに危機感持ってたし。
その辺は大清帝国皇帝や軍機大臣あたりとは違う。

48日本@名無史さん2014/03/28(金) 18:53:31.84
1700年代から知ってたくせえな

49日本@名無史さん2014/03/28(金) 21:42:46.19
>>43
フランス革命でオランダが無くなった事は幕府も知らなかった。

50日本@名無史さん2014/03/28(金) 21:50:14.45
>>49
そりゃ本国がなくなっても遠隔地の末端部所が急に変わる訳じゃないからな


ここで流れを読まず、鎖国で国内経済を成熟させてなければあっという間に植民地化されていたと言ってみる

51日本@名無史さん2014/03/29(土) 15:56:55.63
知ってたくせえ とは?

52日本@名無史さん2014/03/29(土) 18:40:04.69
>>47
ロシアの南下政策こそオランダのでっちあげなんだが。
大黒屋を送り届けたあたりはロシアに悪意はない。
あとで紛争になったのはレザノフを邪険にしたから。
高田屋事件のあともロシアはおとなしかった。

53日本@名無史さん2014/03/29(土) 22:26:02.34
>>44
ちなみに安政に開国するまで打ち払われた(砲撃された)のは天保年間のモリソン号だけだったりするけどな。



佐藤弘夫(創価学会)研究室に11年いた吉川裕は
やっぱり創価学会。創価じゃないと出世できない東北大学のからくりがバレる。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/716475.html (創価の見分け方)
週刊新潮はいつも真実が書いてあるっていうとファビョるのが創価

http://www.geocities.jp/myudash/new.html (裕チャンのブログ)
べいべー!! 週刊誌に書かれてるのは全部嘘だぜ! のピレプーです。違いますか、違います。エジャナイカエジャナイカどーでもエジャナイカ〜。

56日本@名無史さん2014/04/07(月) 05:44:34.29
徳川家の安定、繁栄、存続が全てに優先だからな。あと100年は早く蹴落とされるべきだった。

57日本@名無史さん2014/04/07(月) 22:14:45.61
つーか、西洋の銃砲が飛躍的発展を遂げたのは元込め銃ができた幕末じゃね?

58日本@名無史さん2014/04/07(月) 23:47:50.54
鉄砲より大砲の射程距離じゃね。

江戸湾に侵入した黒船に江戸城が一方的に撃ち込まれ火だるまにされて、
こちらの大砲は黒船に届かないとかなったら幕府即終了。

59日本@名無史さん2014/04/08(火) 10:39:51.78
ウィキペディア編集者ジャムリンによる自演が酷すぎる件
以下が問題の爆笑自演投稿

日本史板住人がWikipediaを弄るスレ PART20
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1372047431/l50

569 名前:日本@名無史さん :2014/04/06(日) 12:39:28.23
ジャムリンって何者なんだ?
そんな悪い奴なのか?

570 名前:日本@名無史さん :2014/04/06(日) 12:54:41.47
>>569
ジャムリンは偉大な天才歴史学者です。
イケメンで長身、髪はフサフサの美形青年です。
フェラーリ・ベンツに乗って美女に大人気、誰もが羨む男の鏡、神の化身のような大英雄です。

60日本@名無史さん2014/05/09(金) 03:09:32.78
鎖国なんて続けていけないと思っていた人物は大勢いたがいずれは鎖国を再開するつもりだったのが当の井伊直弼なんだよなぁ…

61日本@名無史さん2014/05/09(金) 19:30:19.54
どうなんかね?
鎖国末期に日本の教育水準は飛躍的に上昇してるから
それを待って開国した、ある意味理想のタイミングかもしれん。
開国が早すぎても西洋化についていけなくて植民地にされてたかも。

62日本@名無史さん2014/05/21(水) 14:35:26.90
>>61
数学は欧米よりかなり進んでたと聞いたな

今は欧米に合わせてレベル下がったらしいけど

63日本@名無史さん2014/05/21(水) 18:19:29.22
先端の数学は数寄者ぐらいで、いわゆるそろばんレベルで良いんだけどな。

金融工学とかはかなり怪しいし、株式資本の制度作る上でも簿記ルールとか決算の仕組み作り変えたりは必要だったけど基本はそろばん。

数学とか学問的な部分より、現物を動かすために必要な家内制手工業と卸売、小売、運輸の基本が19世紀初頭に仕上がっていたのは大きい。

64日本@名無史さん2014/05/21(水) 19:02:52.13
>>62
それは流石に言い過ぎだ。だってせいぜい微分積分だよ。

65日本@名無史さん2014/05/21(水) 20:04:11.01
田沼意次あたりから
開国しちゃった方がいいんじゃね?
という機運は何度もあったのに
そのたびに反対派の抵抗で潰されちゃったからなあ。
島津重豪が元気なうちに開国が実現していたら面白かったかも、とは思う。

66日本@名無史さん2014/05/21(水) 20:09:54.67
>>49-50
本丸幕府は分かんないが
長崎の役人連中は知っていて
知らんふりしていたらしい。
現状維持が最優先だったから、
アメリカ船をオランダ船ということにして貿易実績を取り繕っていた。

67日本@名無史さん2014/05/21(水) 20:11:39.49
>>63
その数寄者の存在がすごい。
生活に関係なくても高等数学で遊ぶわけで、欧州なら知的エリートの独占だったレベルに庶民が立ち入ってる。
識字率も欧州より高かったし当時の日本は教育レベルの裾野が広いな。

68日本@名無史さん2014/05/21(水) 20:34:28.48
>>67
学問と教育というのは別もんだからね。

読み書きそろばんの普及は浪人の存在が大きかったのかなと想像してる。
豊臣氏滅亡〜元禄までに改易で浪人が大量に発生。
生計を立てるために、私塾やら寺子屋みたいなとこで先生になる。
組頭以上の人達は基本的な読み書きそろばんに加えて土木や本草学的な百科的な知識持っていただろうから、そういうものも広がる起点になっただろうと。

中世〜近代に限らず、知識の伝播や学問の普及はあぶれちゃった人々の存在が大きかったと思う。

69日本@名無史さん2014/05/21(水) 22:00:14.01
>>67
>欧州なら知的エリートの独占だったレベルに庶民が立ち入ってる。
江戸の庶民の植木や盆栽もヨーロッパでは王侯貴族の独占だ。

70日本@名無史さん2014/05/22(木) 02:15:24.27
>>67
市井の一部マニアが変態なのは昔も今も日本人の特性なんだろう
算額の凄い物には「<タグ>才能の無駄遣いw」と書いた千社札が
貼られていたとかいないとか・・・

71日本@名無史さん2014/11/09(日) 17:49:42.59
普通に末期は開国近代化していただろ
薩長がそれをつぶしただけ

72日本@名無史さん2015/07/12(日) 22:25:59.71
江戸時代の最初の連中は
技術の進歩なんて発想が無かったんだろうなあ

73日本@名無史さん2015/07/13(月) 15:21:01.80
>>72
ヨーロッパの方でもまだ発展してないからな
造船技術においては差が出ていたが、地理的要因によるところも大きいので幕府の責任とは言い切れない。

74日本@名無史さん2015/07/13(月) 22:25:39.08
まーだ6000年前の日本で小麦作をしていた事も知らない馬鹿がいるの?
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。中国よりも先になwwww




縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。
http://inoues.net/science/wan.html
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり

75日本@名無史さん2015/07/13(月) 22:26:17.11
まーだ6000年前の日本で小麦作をしていた事も知らない馬鹿がいるの?
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。中国よりも先になwwww


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった

76日本@名無史さん2015/08/07(金) 00:12:13.84
秀吉が宣教師ガスパル・コエリョに対して送った質問状


予は商用のために当地方(九州)に渡来するポルトガル人、シャム人、カンボジア人らが、多数の日本人を購入し、彼らからその祖国、両親、子供、友人を剥奪し、奴隷として彼らの諸国へ連行していることも知っている。それらは許すべからざる行為である。
よって、汝、伴天連は、現在までにインド、その他遠隔の地に売られていったすべての日本人をふたたび日本に連れ戻すように取り計られよ。
もしそれが遠隔の地のゆえに不可能であるならば、少なくとも現在ポルトガル人らが購入している人々を放免せよ。予はそれに費やした銀子を支払うであろう。


−ルイス・フロイス「日本史4」中公文庫p.207-208

77日本@名無史さん2015/08/07(金) 20:04:00.40
「連れ戻すように取り計らえ」と命令してるのに質問状なのか?

78日本@名無史さん2015/08/07(金) 22:52:00.36
>>77
これは多数の質問のうちの一つだからな

79日本@名無史さん2015/08/07(金) 23:55:17.95
>>72
はあ。
コペルニクスやガリレオ、ケプラーやパスカルがいましたか、日本にも。

80日本@名無史さん2015/08/08(土) 13:52:45.14
江戸幕府、本気で鎖国続けるってよ   ○

81日本@名無史さん2015/08/12(水) 16:15:09.74
幕府は鎖国という言葉は使っていない。
渡航の禁止、交易は欧州はオランダに限る。
貿易港は長崎のみとする。
キリスト教を禁止する。

82日本@名無史さん2015/08/14(金) 00:00:06.18
そもそも、日本って歴史的に見て日本人の海外渡航を禁止してた時代がほとんどなんだよな
民間人の海外渡航が自由に可能だったのは中央権力が衰退してて取り締まりどころじゃなかった戦国時代と、1964年に自由な渡航が解禁されて以降の現代くらい

まさしく陰湿な島国根性だが、ほとんどの時代で日本は鎖国し続けてきた

83日本@名無史さん2015/08/14(金) 00:13:47.55
桃山時代は中央政権が禁止するまで自由だったのが抜けてる。

チベットも鎖国してたけど山国根性というのか?

84日本@名無史さん2015/08/14(金) 00:46:58.29
>>83
応仁の乱から大阪夏の陣までは全部纏めて広義の戦国時代だろ

鎖国して民衆が自由に出ていけないようにするって閉鎖的な土壌に基いた陰湿な精神性そのもの

85日本@名無史さん2015/08/14(金) 01:49:18.83
話の流れとして「中央権力が衰退してて取り締まりどころじゃなかった戦国時代」と
しっかりした中央権力が渡航を許していた桃山時代は区別するべきだろう。

>>84
>鎖国して民衆が自由に出ていけないようにするって閉鎖的な土壌に基いた陰湿な精神性そのもの
自由に出て行って倭寇として暴れまわるのとどっちがいいんだ?

86日本@名無史さん2015/08/14(金) 06:56:10.85
江戸幕府が鎖国を国是としたのって、ロシアやイギリスが近海に進出してきて、
これに文政令(無二念打払令)で対応してた19世紀前半の20年くらいじゃなかろうか
だから鎖国という政策そのものが存在してない

87日本@名無史さん2015/08/14(金) 07:04:55.11
>>84
自由に出ていける民衆って国内で食ってけない奴か漂流民?
行った先で食えるとは限らないしアユタヤ日本人町みたいに滅びちゃった町もあるよ
商人に対して交易、開拓や調査関係は許可が下りてるのだし

アヘン戦争まで広東で管理貿易やってた清だって同じだよ

88日本@名無史さん2015/08/15(土) 11:22:55.31
当時開国してても、近代化できなかった国は、西洋を含めてほとんど。
ロシアやエジプトなどは先進国に、日本より早く留学生を送っているが現状は遅れている。
海外展開による、対外戦争は、莫大な国家負担になり、スペインなどは何度も破産。

西洋のプロテスタント国家の一部が、内部革新を果たして近代化を成功させるが、それは鎖国後のずっと後の話し。
初期のカトリックの遮断と管理貿易という選択肢はそれなりに正しかったが、その後の近代化の動きを察知して対応するのが遅かった。

89日本@名無史さん2015/08/15(土) 15:52:04.40
高等数学の試問がそこかしこのド田舎の神社(地域のコミュニティの中心)等に張り出され
それを数学者でもない普通の町人農民等がちゃんと明晰に回答して神社に奉納。
こういった事が(一種の娯楽として)各地で行われていました。

90日本@名無史さん2015/08/16(日) 02:28:00.15
>>85
自由に海外に進出して異民族相手に暴れ回る、素晴らしいじゃないか
大航海時代のヨーロッパ船団だって各地の原住民の街を荒らし回ったりしてるんだし
朝鮮半島と中国沿岸に留まらず日本人は東南アジアにまで進出して広く貿易や戦いをしてたし、日本人の負の部分を凝縮した人格の家康が陰湿な保守性丸出しの鎖国をしてなければ倭寇や日本商人によって日本版大航海時代が起こってただろうな

1600年頃の時点では日本と西欧諸国の軍事力に差は無いし、家康がいなければ日本はフィリピン辺りまで植民地にしていただろう

91日本@名無史さん2015/08/16(日) 07:17:47.35
植民地が広がる=国が豊かになる では、決してないからなあ。
そもそも広大な土地を支配していた中国やインド、
植民地を広げ過ぎたスペインは、従来の体制や産業から脱却できずに、負け組になる。

開国後の日本にも言える事だが、広大な土地を支配するには
行政や防衛などの維持コストがべらぼうに掛かる上に、農業しかできない
レベルの民衆が増えても、たいした儲けにならない。

日本版の大航海時代も、魁であるスペイン型の流れになると収奪や大規模農業に
依存して、なんとか広大な植民地圏を維持するしかない。

結果的に、それで経済が回ってしまうと近代産業の礎や、
輸出品の開発をする必要性などが生まれなくなってしまう。

92日本@名無史さん2015/08/16(日) 07:27:33.29
ちなみに家康は、鎖国してないな。
寧ろ貿易奨励派。

家光の代から、島原の乱の影響を受けて、カトリックの感染を防ぐ為に
人の移動を大きく制限しなければならなかった。

でまあ、カトリック国は、旧来のヴァチカンのべったりな国々は
古い教義や組織体制に縛られて、近代化が遅れて負け組国家になる。

大航海時代に、世界規模で展開しているカトリック宣教師から国民を遮断するってのも
やはり必要な面があった。

93日本@名無史さん2015/08/16(日) 07:38:07.13
リスクと貿易の管理という面では、
長期政権を目指すなら、徳川でなくとも
やはり何らかの管理貿易や対外戦争の回避を選ぶだろう。

そもそも海禁政策自体が、アジア一般の貿易体制だった。

キリスト教布教や、香辛料ルート開発みたいな、リスクを負ってまで海外展開する
西洋のような強い動機や理由がない。

94日本@名無史さん2015/08/16(日) 07:53:47.43
後、確かに鎖国体制化で、日本人は陰湿になったり、保守的になった部分もあるが
ヴァチカンの肝いりでカトリック化するよりは、遥かにマシだったんじゃないの。

鎖国下でも、好奇心と知識欲は一層発達したし。

大航海時代以降のスペインなんて、カトリック教義に拘泥するばかりで、ろくな進歩もなく
宗教以外の一般学校を認めないから、識字率も異様低い、
日本などとは比べものにならないカトリックを主軸にした超保守国家だし。

95日本@名無史さん2015/08/16(日) 09:22:35.67
意図して鎖国したというより単に応札国が消えた状態だから海禁が続いただけだよ

ポルトガルは自爆で失格、朱印状貰って再チャレンジしたイギリスは王政復古の時にポルトガル王家と婚姻しててアウト、
明を滅ぼしてた清は脅威だから警戒の対象、ロシアには松平定信が信牌を与えたけど失脚、
19世紀前半のイギリスはアレで文政の打払令と言った具合で

96日本@名無史さん2015/08/16(日) 14:33:14.40
鎖国ってのは庶民が行き来できない状況を指すんじゃねーの?

97日本@名無史さん2015/08/17(月) 03:52:36.10
庶民が現代のように簡単に行き来できたとでも?

98日本@名無史さん2015/08/17(月) 04:07:35.80
>>97
コロンブスもアメリゴ・ベスプッチも貴族でも騎士でも商人でもない庶民の出身なんだけど
西欧では船を建造して水夫を雇う金さえ調達できれば誰でも自由に海外に航海できたが、陰湿な日本は鎖国を行って日本人が海外に出ることを禁止した

99日本@名無史さん2015/08/17(月) 05:30:56.42
鎖国してなければ台湾、樺太、千島は日本領だったでしょうね
忠実ではカムチャッカ半島まで幕府は使節団派遣してたからねえ

100日本@名無史さん2015/08/17(月) 06:57:24.72
>>97
鎖国前には商人が東南アジアとかにどんどん出て行って
各地に日本人町を作ってたことさえ知らんのか。

101日本@名無史さん2015/08/17(月) 07:10:48.59
無視される田中勝介

102日本@名無史さん2015/08/17(月) 07:12:31.55
>>100
江戸幕府も初期には普通に朱印状与えてたけど?
その時代にアユタヤの日本人町が壊滅したとかは知ってる?
>>99
ないよ

103日本@名無史さん2015/08/17(月) 07:17:11.87
>>98
コロンブスやベスプッチが「庶民」かどうかは措いといて、
彼らがスペインやポルトガル王家と契約したり後援されて航海に出てたのはまるっと無視?

104日本@名無史さん2015/08/17(月) 07:32:15.12
>>103
つまり、スペインやポルトガルは一般人が冒険目的(商業目的ではない)で海外渡航することを積極的に支援してたってことじゃん

陰湿な鎖国を行ったどこぞの島国とは大違いだな

105日本@名無史さん2015/08/17(月) 09:35:31.19
>>102
お前の書き込みは単なる補足であって反論じゃないな。

106日本@名無史さん2015/08/17(月) 09:46:11.52
鎖国は諸大名や商人など、力を持つ層の統制が目的だからな。
鎖国をしてなければ、すぐに戦乱の世に戻っていたことだろう。
大航海時代の欧州諸国がむやみに戦争をしていたように。
下手をすれば、明と清の争いに巻き込まれていたかもしれん。

107日本@名無史さん2015/08/17(月) 09:58:24.51
>>106
>鎖国をしてなければ、すぐに戦乱の世に戻っていたことだろう。
>大航海時代の欧州諸国がむやみに戦争をしていたように。

つまり、家康という陰湿な老人がいなければ日本がヨーロッパのように発展してた可能性も十分あったということか
やっぱ家康はクズだな

108日本@名無史さん2015/08/17(月) 12:19:00.24
ってもさ、日本って陸見ながらの航海しかできなかったんだろう?

109日本@名無史さん2015/08/17(月) 12:48:50.70
>>107
統一政権がなければ、下手すりゃ植民地だよ。

>>108
倭寇の時代から大陸に行く技術があったんじゃね。
遣唐使は適当に進路を決めてたらしいが。

110日本@名無史さん2015/08/17(月) 13:12:32.39
>>109
宗教的権威の元に緩やかな一体感は持ちながらも国内の軍事的分裂が固定化して各々の勢力が海外に盛んに進出

家康という日本の島国根性を凝縮した陰湿老人がいなかったら、日本はまさしく西欧そのものになってたはずじゃん
日本の発展の可能性を詰んだ家康は国賊そのもの

111日本@名無史さん2015/08/17(月) 13:44:37.73
>>110
西洋勢力を排除しようとし始めたのは秀吉からだよ。
その流れを受け継いだだけのタヌキをいくら叩いても意味がない。
あと、鎖国はタヌキの代でやったわけじゃないしね。

112日本@名無史さん2015/08/17(月) 14:22:00.68
鎖国してたから侵略されなかったって話はおかしいだろ。
日本の政策がどうだろうが侵略する気のある国は勝手に攻めてくるし、開国してようが侵略を打ち払う実力があれば打ち払えるんだから、関係ないだろ。

113日本@名無史さん2015/08/17(月) 15:09:29.02
>>112
西洋の侵略のやり方は、君の発想みたいな蛮族的な力押しじゃない。
キリスト教を浸透させて精神をコントロールし、硝石その他の物資を売りつけて
相手の首根っこをつかんで、じわじわと浸透するように支配していくわけだ。

それを防ぐには、鎖国が一番だったわけだな。交易相手にポルトガルが弾かれて
オランダが残った理由くらいは知ってないと恥ずかしいよ。

114日本@名無史さん2015/08/17(月) 16:27:50.30
>>104
コロンブスは西回りでインドに到達する航路を見つける(金になる)といって許可をとったんであって
冒険として許可されたんではないし、後2、3日陸が見えなかったら水夫が暴動を起こしていた。

115日本@名無史さん2015/08/17(月) 16:47:30.75
攘夷をスローガンとして開国した幕府を倒したくせに
その後手のひら返して「江戸幕府は『鎖国』してた」と勝手に造語作って反論して海外進出してあげくの果て太平洋戦争起こした明治政府は糞
明治維新は関ヶ原の戦いの復讐

116日本@名無史さん2015/08/17(月) 16:52:28.02
山内が関ヶ原の復讐?
って悩んだけど郷士になった長曾我部の遺臣が主か

117日本@名無史さん2015/08/17(月) 17:17:19.08
>>1のスレ立てがそもそもおかしい
幕府が開国しようとしたら攘夷派の既知どもが騒ぎ出したんだろうが

118日本@名無史さん2015/08/17(月) 18:02:32.78
まあ、外人嫌いは別にアーメンの毛唐だけじゃないからな
中華思想の中国人や小中華思想の朝鮮人も、日本人は結局のところ
付き合いきれないと言って、交流を制限したのだからな

119日本@名無史さん2015/08/17(月) 18:13:31.41
>>110
ドイツがどうだったか知らんかな

120日本@名無史さん2015/08/17(月) 18:20:03.90
長州の毛利藩だったが
、毎年の新年正月の賀詞の際の恒例の裏行事に
筆頭家老から
殿様。そろそろ(遺恨のある徳川幕府を成敗するの)いかがでしょうか?
うむ。まだ時期が早い。待てい。

と言う猿芝居を代々毎年延々と繰り返していたらしい。
明治維新が関ケ原以降の徳川幕府への意趣返し。と言う一面はあったのでしょうね。
徳川幕府が採用した統治の根幹を成していた寺請制度を
完全に破却した代わりに寺を神社(氏神社)に置き換え
(キリスト教を参考にした)かの様な
国家神道 に転換

121日本@名無史さん2015/08/17(月) 18:22:19.27
ドイツもイタリアも勢力が細分化されすぎて、植民地経営に乗り遅れた。
統一できたのは日本の明治維新と同じ時期。
おかげで、二次大戦で先行する米英仏とかと全面衝突することになった。

122日本@名無史さん2015/08/17(月) 18:23:16.78
いらない絹と金銀を取りかえられた。一部の商人のために
佐渡、石見などで働かされた訳だがー。民衆には実はいい運動になった。
贅沢した商人は病気になって結局日本は滅びず。つまり
鎖国は失敗した。理由は鎖国をすると、日本が贅沢になる
。しかし実際外人が儲けて大半の日本人は質素倹約して
生き延びたという話ですじゃ。

123日本@名無史さん2015/08/17(月) 18:45:02.44
スペイン・ポルトガル(カトリック禁止で来航NG)
ポルトガル(プロテスタントなので来航OK)
イギリス(日本アウトオブ眼中)

124日本@名無史さん2015/08/17(月) 18:47:20.20
極論をいえば
太平洋戦争の遠因は関ヶ原ってことになりますね
歴史はホント繋がってるんだね

125日本@名無史さん2015/08/17(月) 19:26:12.01
実は明治政府というは三河国宝飯郡萩に隠れ住んだ南朝落人の政権で、同じく南朝系を称した徳川政権から禅譲されただけ
譲られただけだからこそ江戸城は無血開城され、今までどおり東京が首都になった
徳川幕府は崩壊していない


三浦芳聖
http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E8%8A%B3%E8%81%96
三種の神器は、三河県岡崎市切越の山の中に埋めた

http://books.google.co.jp/books?id=RVXyIQq5VMYC&pg=PA46&lpg=PA46&dq=%E4%B8%89%E6%B5%A6%E5%A4%A9%E7%9A%87%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E8%90%A9&source=bl&ots
=tYDHrH7uuT&sig=fBVt13JJ3pGPoJN1o7c5a6G4XE8&hl=ja&sa=X&ei=bHggU5HHKImgkgWuoYD4Bg&ved=0CDkQ6AEwAw#v=onepage&q=%E4%B8%89%E6%B5%A6%E5%A4%A9%E7%9A%87%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E8%90%A9&f=false
>三河の萩の南朝の末裔が、大江氏に連れられ長州に移り住み、三河の萩を忘れない為に萩と名づけた


三河国宝飯郡萩と大江広元(毛利氏の祖)

大江忠成(海東忠成)
・鎌倉幕府評定衆
・大江広元の五男
・三河の藤姓熱田大宮司家に養子入り
・熱田大宮司

藤原実範(三河守)→季兼(三河四郎大夫、伊勢権守令)→季範(初代藤姓熱田大宮司家、額田冠者(三河国額田郡))→範忠→忠季→忠兼→海東忠成→萩忠茂(三河国宝飯郡萩、萩大宮司))

126日本@名無史さん2015/08/17(月) 19:51:53.67
>>124
さらなる極論をいってみたいのだが、
関ヶ原の遠因はなんだろうか?

127日本@名無史さん2015/08/17(月) 20:04:56.04
まーだ6000年前の日本で小麦作をしていた事も知らない馬鹿がいるの?
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。中国よりも先になwwww




縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。
http://inoues.net/science/wan.html
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり

128日本@名無史さん2015/08/17(月) 20:06:20.69
まーだ6000年前の日本で小麦作をしていた事も知らない馬鹿がいるの?
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。中国よりも先になwwww


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった

129日本@名無史さん2015/08/17(月) 20:08:02.65
>>126
後醍醐の野心かな

130日本@名無史さん2015/08/17(月) 20:28:08.62
>>125
三浦かよw 有名なトンデモ親父じゃねぇか

131日本@名無史さん2015/08/17(月) 20:34:28.99
>>126
元寇

132日本@名無史さん2015/08/17(月) 21:46:02.41
三河国額田郡菅生郷の郷司だったと言われる、高一族の祖てある高階惟長に大江広元の娘が嫁いている、大江氏と三河は、昔から縁が深い
毛利氏の家来だった吉見氏も三河縁者だよな
関ヶ原がどうのこうのなど、歴史のただの一瞬に過ぎない
長きに渡り裏で繋がっているわけだから
このあたり事情を中国九州の田舎者には理解出来ないんだろう

133日本@名無史さん2015/08/17(月) 21:49:28.95
黒船と立ち会わせした瞬間アメリカといふ国に負けていた

134日本@名無史さん2015/08/17(月) 21:53:57.72
当時の船はたいてい黒いんだっけ

135日本@名無史さん2015/08/17(月) 22:37:55.07
>>133
李氏朝鮮はジェネラル・シャーマン号を奇襲して見事に焼き討ちし、その後のアメリカの攻撃も退けてみせたのにな
同時代の日本よりずっと遅れてたチョンですら出来たのに、怯えて開国した井伊直弼は腰抜けにも程がある
チョンより臆病なくせに何が武士(笑)だよ笑わせるわ

136日本@名無史さん2015/08/17(月) 22:41:11.98
>>125
>同じく南朝系を称した徳川政権から禅譲されただけ

どういうこと?
徳川家(三河松平家)の先祖って南朝系の皇族だったのか?
源氏ではないのは確かだが

137日本@名無史さん2015/08/18(火) 12:39:36.00
源氏だらけで源氏が珍しくもない三河で、親氏の次男信光がナチュラルに源姓を名乗っているから、親氏は世良田だったんだろうな
源氏だからこそ、信光に一色氏から嫁が入った

138日本@名無史さん2015/08/18(火) 19:37:36.09
幕末の彦根藩はいいところがまるでないからな
桜田門外の変では浪士よりはるかに警護の武士が多かったにも関わらず
あっさり大老を打ち取られて死傷者の数でも負けてるし
長州征討でも一方的に負けたのは井伊隊だけ

ちなみに東禅寺事件でイギリス公使を襲った水戸浪士は
幕府旗本の警備兵にあっさり撃退されてる

139日本@名無史さん2015/08/18(火) 19:58:24.91
まだ鎖国で陰湿な民族性なんて言ってる人間がいたのか
よっぽどオッサン揃いなのかな
>>138
彦根藩が緒戦で敗退したのはもっともな原因があって、
長州隊が事前に高所を扼して銃撃をくわえたこと、
甲冑が新式銃に対しては無効という実戦経験がなくパニックを起こしたことが主因で、
その後に幕軍が連合した攻防戦では甲冑を脱いで軽装で戦い、長州側に褒められてるよ
少しかわいそうな評価をされてる藩

140日本@名無史さん2015/08/18(火) 20:04:22.72
>>135
いや井伊直弼は違勅問題を気にしてなかなか開国に踏み切れなかったのに、
幕府の外国方で秀才だった岩瀬忠震が強く言上して開国に踏み切ったのわけだが…
そして岩瀬の判断の背景にはインド大反乱の終結と、何よりアロー戦争がこの年の春には一時終結の情勢を見せていて、
イギリス側が大艦隊を投入しやすくなる危険が意識されてたわけで、
実際この翌年にオールコック公使が赴任したら対日姿勢はとたんに厳しくなってる

141日本@名無史さん2015/08/18(火) 20:07:30.17
ラノベ(不明)でも書いたほうがいいぞ

142日本@名無史さん2015/08/18(火) 20:12:27.27
井伊直弼もいい加減靖国に祀れよ

143日本@名無史さん2015/08/18(火) 20:24:17.38
以前、書いたはず「ローカルヒーローというのも必要だからなw」

144日本@名無史さん2015/08/18(火) 22:20:32.21
まーだ6000年前の日本で小麦作をしていた事も知らない馬鹿がいるの?
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。中国よりも先になwwww




縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。
http://inoues.net/science/wan.html
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり

145日本@名無史さん2015/08/18(火) 22:21:06.14
まーだ6000年前の日本で小麦作をしていた事も知らない馬鹿がいるの?
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。中国よりも先になwwww


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった

146日本@名無史さん2015/08/19(水) 05:22:19.06
>>138
桜田門外の変の時は雪が降ってて刀の柄にカバーが掛けてあってすぐに抜けなかった。

147日本@名無史さん2015/08/20(木) 06:52:19.95
>>140
そう。だから幕府は開国派。鎖国攘夷を主張してたのは薩長。

148日本@名無史さん2015/08/20(木) 09:56:57.71
>>140
その腰抜け馬鹿が戦犯ってことか
断固として攘夷すべきだったし、そうすれば日本は挙国一致できて江戸幕府は滅びなかった

149日本@名無史さん2015/08/20(木) 14:09:59.02
>>148
どうやってロシアの極東侵略から国を守るんだよ

150日本@名無史さん2015/08/20(木) 17:22:14.83
>>149
どうやってロシアが日本に大軍を投入するんだよ?
シベリア鉄道が開通したのがいつか知ってる?

151日本@名無史さん2015/08/21(金) 07:30:40.29
>>150
攘夷するなら文明開化が起こらないままロシアの圧力に晒されるってこったろ?

152日本@名無史さん2015/08/21(金) 11:29:15.85
>>151
その圧力を撥ね退けるべきだったって言ってるんだよ
ロシアは国土が広すぎて極東まで大軍を投入できないんだから何の問題も無い

153日本@名無史さん2015/08/21(金) 15:04:46.66
そんなあちら側の事情を誰が知ってると?
お前さんはエスパーなのか?

154日本@名無史さん2015/08/21(金) 17:04:15.19
>>153
だから結果論として開国を決めた判断が間違ってたって言ってるんだろ

155日本@名無史さん2015/08/21(金) 17:33:48.28
文明開化と富国強兵を全否定するほどの強者が現れた。

156日本@名無史さん2015/08/21(金) 17:34:43.88
>ロシアは国土が広すぎて極東まで大軍を投入できないんだから何の問題も無い

日露戦争の戦場は極東じゃなかったのか。

157日本@名無史さん2015/08/21(金) 18:12:15.71
>>155
日本が挙国一致して攘夷を行っていれば、現代に至るまで毛唐に決して日本の地を踏ませることは無かったはず


>>156
シベリア鉄道でロシアが極東に兵を送り込めるようになったのは1901年だ
20世紀に入るまでロシアに日本と戦うような力は無い

158日本@名無史さん2015/08/21(金) 18:23:41.07
>>157
文化年間の事件も知らんのか

159日本@名無史さん2015/08/21(金) 18:38:26.17
ゴローニン事件の事か?

160日本@名無史さん2015/08/21(金) 19:10:21.31
>>158
海軍では陸地は占領できない
事実、フランスの最新装備の海軍は弓矢が主戦力で剣や槍すらほとんど持ってなかった李氏朝鮮に陸上でボコボコにされて惨敗してる

161日本@名無史さん2015/08/21(金) 19:39:48.58
>>157
20世紀に入った途端に、攘夷で富国強兵政策を取れなかった日本はロシアに侵略されるわけだな。

お前バカだろ。

162日本@名無史さん2015/08/21(金) 19:41:59.28
>>160
だから、ロシアがウラジオストクに大艦隊を回航して、輸送船団に陸軍の大兵力を載せて
日本に上陸するわけだな。

163日本@名無史さん2015/08/21(金) 20:32:42.49
>>161-162
お前が馬鹿だろ
20世紀初頭の帝政ロシアは中央アジアとバルカン半島に手一杯で極東に兵力を回せない
それでも防衛戦だったから日露戦争ではあれだけの兵力を動員できたが、日本を攻めるとなればごく少数の兵を送るのが限界

そもそも、ロシアは朝鮮半島の併合を日本占拠より優先させるに決まってる
そうなればロシアが不凍港を確保するのを黙って見逃す訳にはいかないイギリスが李氏朝鮮の宗主国である清を全面支援して清露戦争が起きて、ロシアの陸上兵力はそちらに釘付けになるだろう
清露戦争が終わった頃には、もうロシアに日本を狙う国力など残っていない

164日本@名無史さん2015/08/21(金) 20:36:47.92
>>163
ロシアが幕末の対馬で何をやらかしたかすら知らんわけか。
幕末維新はか帰国した諸国の思惑が交錯して、そのバランスの下でかろうじて
無風状態に近かった。
攘夷なんかしてたら、日本に同情的な国なんざオランダくらいのもので、
列強にいいようにあしらわれて終わりだろうよ。清のようにな。

165日本@名無史さん2015/08/21(金) 20:43:20.40
か帰国→開国

>そうなればロシアが不凍港を確保するのを黙って見逃す訳にはいかないイギリスが李氏朝鮮の宗主国である清を全面支援して清露戦争が起きて

ロシアに近い独仏がイギリスの思惑を放置するわけもない。
お前さんの空想はあまりに楽天的すぎるんだよ。

166日本@名無史さん2015/08/21(金) 20:51:11.97
日本が近代化しなければ、いくら西洋諸国が自分たちの都合で極東侵略の
チャンスが先延ばしになろうが、時間がたつほど西洋と日本との技術力の差が
大きくなり、あっさり潰されることになる。

なんでその程度のことさえ分からないんだろう。

167日本@名無史さん2015/08/21(金) 21:13:33.03
当時の日本を植民地化するメリットは何?
それは要する様々なコストとかリスクに見合うものなの?

168日本@名無史さん2015/08/21(金) 21:13:41.52
まーだ6000年前の日本で小麦作をしていた事も知らない馬鹿がいるの?
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。中国よりも先になwwww




縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。
http://inoues.net/science/wan.html
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり

169日本@名無史さん2015/08/21(金) 21:15:06.05
まーだ6000年前の日本で小麦作をしていた事も知らない馬鹿がいるの?
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。中国よりも先になwwww


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった

170日本@名無史さん2015/08/21(金) 21:15:12.04
>>164
だからそれを挙国一致の攘夷で打ち払えたって言ってるんだよ
攘夷してた李氏朝鮮は平然とフランスとアメリカの侵略を撃退して清への臣従を保ちましたけど?


>>165
>ロシアに近い独仏がイギリスの思惑を放置するわけもない

そうだな、日露戦争の時ドイツもフランスもロシアを全力で支援したな!
こんな寝言をほざいてる馬鹿に楽天的とか言われたくないんだがw


>>166
ただでさえ地理的に極東は兵力を投入しにくい地域だし、第一次世界大戦さえ終われば疲弊しきった列強には日本を攻める体力など残っていない
日本はたった半世紀ちょっと攘夷を続けるだけで永久の独立を保てたんだが?

171日本@名無史さん2015/08/21(金) 21:18:26.20
>>167
圧倒的な軍事技術の差で軍事行動を起こし、日本人の心を折ってしまえば、
あとは経済的に支配するだけ。
工業製品を売りつける市場を確保して、対価として貴金属や生糸などをせしめる。
あるいは綿花などを栽培させる。

二次大戦で本気で殺し合ったアメリカにさえ従順になる国民性だからな。

172日本@名無史さん2015/08/21(金) 21:20:08.53
例えば、もし日本が攘夷を続けていれば義和団事件の際に史実ではいた日本の軍勢が不在になる
その場合、兵力不足で列強の連合軍は清と義和団に敗北するだろう
そうなればロシアもイギリスも清への対応に追われて日本どころではなくなる

馬鹿にはこういう簡単で明白なシミュレーションさえ出来ないんだろうな

173日本@名無史さん2015/08/21(金) 21:22:55.55
>>170
一次大戦は、極東で日本が台頭して、西洋諸国が切り取るパイが世界中のどこにも
なくなったことで起こった共食いだ。
日本あるいはシナがパイとして残っていたら、一次大戦自体が起こらんよ。あくまで、
シナと日本が植民地となるまではね。

174日本@名無史さん2015/08/21(金) 21:25:53.71
イギリスあたりなら、将軍や大名を残しつつ搾取するやり方を心得ているからな。
インドで支配層を残しつつ植民地経営を実践してのけたように。
ま、実際には数か国が仲良く日本を分割統治することで、西洋諸国間の緊張状態を
和らげようとしただろうけどね。シナに対してやったように。

175日本@名無史さん2015/08/21(金) 22:13:11.64
>>172
シベリア鉄道が伸びてからロシアがゆっくり内陸部から北満州を手始めに清や朝鮮を侵食し、
イギリスが沿岸部を食い散らかすだけの話。史実の通りにね。

列強の侵略行動がたった一度の事件で途絶えることはありえんよ。停滞するだけの話だ。
そして、日本が攘夷を続けているなら、その時間を形勢逆転に利用することは不可能。
じわじわと嬲り殺されるだけだな。

攘夷馬鹿には、その程度のことさえ分からんわけだ。

176日本@名無史さん2015/08/21(金) 22:40:57.75
当時の情況で攘夷だの鎖国だのいってるのは
どう考えても無知のなせるわざ。
無知じゃないのにそれ主張してたら何か企んでるってこと
どっちにしろロクデナシだろう

177日本@名無史さん2015/08/22(土) 00:03:55.59
>>167
茶と絹のプランテーションと日清貿易での俵物

178日本@名無史さん2015/08/22(土) 00:10:22.77
>>173
明治維新がなければWWTもWWUも起きなかったって言いたいの?
( ´,_ ゝ`)プッ

179日本@名無史さん2015/08/22(土) 03:53:51.09
むしろ、京都の朝廷が鎖国を続けたがってた
幕府は現実的に安政五ヶ国条約などを締結してる

180日本@名無史さん2015/08/22(土) 04:30:00.73
江戸幕府は17世紀にも明清交代や鄭氏政権の滅亡、18世紀前半にはベーリング探検隊分隊の漂着に遭遇してるが、
その対応を見るとかなり現実主義的な性格を持った政権。鎖国を国是として掲げてたわけでもない。

181日本@名無史さん2015/08/22(土) 04:46:04.85
>>174
インド植民地に関して言えば既に列強が拠点を獲得していてその利権獲得抗争があり、
ムガール帝国も18世紀前半には反乱や内紛で衰退し、
マラーター同盟にデリーを攻撃されるまでになってる。対英戦争はその後。
清、朝鮮、日本のように、曲がりなりにも列強の来航まで国内的統一を維持してた東アジア諸国と比較しても意味がない。

182日本@名無史さん2015/08/22(土) 04:50:53.58
>>148
ごめん、開国政策におけるキーマンで、超有名幕臣、
その秀才ぶりと見識、度胸、実力を広く認められてた岩瀬忠震を「腰抜け馬鹿」って。。。

お前どんだけ偉い人なんだよw

183日本@名無史さん2015/08/22(土) 05:41:20.08
本能寺の変がなくて信長が天下を統一していたら
日本は300年早く近代化していただけでなく
産業革命発祥国になっていたと唱える学者がいるそうだ

184日本@名無史さん2015/08/22(土) 05:59:04.00
>>178
世界史的な流れでの日本の位置づけが理解できていないばかりか、読解力さえないわけかね。
日本が開国して富国強兵路線を突き進み清やロシアに勝っていなければ、一次大戦は
日本が植民地化されるまで発生時期が遅れていただろうとはっきり書いてあるはずなんだけどね。

その程度のアタマなら、攘夷上等なんて勘違いを振り回してもおかしくないな。物事を理解する
根本能力が欠けているんだから。

185日本@名無史さん2015/08/22(土) 07:24:24.48
>>175
ロシアが満州と朝鮮を侵食したらイギリスが清を全面支援して清露戦争が起きるだけ
そしてお前の妄想と違ってドイツもフランスもロシアに手を貸さないから、清が勝つ可能性も十分に考えられる


>>173>>184
意味不明すぎ
それは日本と清が植民地になってないからじゃなくて日露戦争の結果イギリスとロシアの対立が緩和されたからだろ
ロシアとイギリスが手を結んだ結果ロシアとドイツの対立が激化して起こったのが第一次世界大戦であって、日本が近代化しないまま残っててもロシアとイギリスの対立さえどこかで緩和すれば問題なく発生する戦争だ

もし日本が攘夷を続けていたらイギリスは日本の代わりに清を支援するだけ
その場合の世界には日清戦争が存在しない上に義和団事変で清が列強に勝利を収めているから清は列強から史実ほど舐められてないし、イギリスから支援を受けて列強の利害に絡むことで清への風当たりは史実よりかなり緩くなっているはず
清露戦争で清が勝ったら史実通りにロシアは極東進出を諦めるだろうし、史実より遥かに国際的地位の高い清は列強の一角として認められてもおかしくない


>>182
事実としてそいつが開国を決めた結果、仕えてた幕府は滅亡したじゃん
仕えてる政権を滅亡に追い込む人間なんてどれだけ勉強が出来ようが馬鹿とか無能扱いされるのが妥当な扱いだろ

186日本@名無史さん2015/08/22(土) 07:51:57.18
>>185
>清が勝つ可能性も十分に考えられる
お前、清のグダグダぶりを舐めすぎだ。

>>185
>事実としてそいつが開国を決めた結果、仕えてた幕府は滅亡したじゃん
>仕えてる政権を滅亡に追い込む人間なんてどれだけ勉強が出来ようが馬鹿とか無能扱いされるのが妥当な扱いだろ
江戸城無血開城を決めた勝も無能なわけだ。

187日本@名無史さん2015/08/22(土) 08:05:37.49
>そしてお前の妄想と違ってドイツもフランスもロシアに手を貸さないから、清が勝つ可能性も十分に考えられる

仏独が絡むのは三国干渉からの判断。あるいは日清戦争後の列強の分割半植民地化からの判断。
それを妄想とするお前さんの主張は何の根拠もない妄想。

>もし日本が攘夷を続けていたらイギリスは日本の代わりに清を支援するだけ

史実として清は日清戦争で弱体を晒され、列強に分割される形で半植民地化されている。
そんな状況が現実としてあったにもかかわらず、「イギリスによる全面支援」なんざ何の根拠もない。

日英同盟は、日本が清やロシアにさえ対抗できるほど一枚岩だったからこそ英国からパートナーとして
信頼された。清は国土全体を守るほどの支配力を既に喪失しているから、分割される運命なんだよ。
史実が示すように。
それこそ、日本が攘夷で幕藩体制を維持し、列強にわざわざ付け入る隙を与えるごとくにね。

つまり、「清が独立を保てるから鎖国日本も無事」というお前さんの主張は根本からグダグダなんだよ。

188日本@名無史さん2015/08/22(土) 08:12:07.14
>>186
>江戸城無血開城を決めた勝も無能なわけだ。

その通りだが
江戸城に拠って市街戦で戦ったら幕府は100%勝てたにもかかわらず、むざむざ無血開城した勝海舟は無能にも程がある


>>187
>仏独が絡むのは三国干渉からの判断。あるいは日清戦争後の列強の分割半植民地化からの判断。
>それを妄想とするお前さんの主張は何の根拠もない妄想。

事実として、史実の日露戦争ではフランスもドイツも一切ロシアを支援せずに中立を保っている
フランスなんて心情的にはロシア寄りだったにもかかわらず、バルチック艦隊の植民地への寄港と補給を認めなかったくらいだ
なのに清露戦争が起きたらフランスとドイツがロシアを支援するはず、なんていうお前の主張はただ開国が正しかったという結論ありきの妄言でしかない


>史実として清は日清戦争で弱体を晒され、列強に分割される形で半植民地化されている。
>そんな状況が現実としてあったにもかかわらず、「イギリスによる全面支援」なんざ何の根拠もない。

日本が開国しなければ日清戦争は起きないから、清の弱体化は明るみにならない
日本が鎖国攘夷を続けてた場合にはお前の言うような状況は絶対に起きないんだが?

「一枚岩」と言うならば、義和団事変で民衆と政府が挙国一致して列強を撃破したら列強は清を「一枚岩」だと見做すだろう
よってイギリスは史実の日本の代わりに清を支援して清露戦争を起こさせる

189日本@名無史さん2015/08/22(土) 08:50:04.79
>事実として、史実の日露戦争ではフランスもドイツも一切ロシアを支援せずに中立を保っている

イギリスに気を使わざるを得なかった結果としてね。お前さんは、あくまで限局的な政治状況を
過大視しすぎるんだよ。

>日本が開国しなければ日清戦争は起きないから、清の弱体化は明るみにならない
>日本が鎖国攘夷を続けてた場合にはお前の言うような状況は絶対に起きないんだが?

欧州諸国は植民地を増やさないと経済停滞で国内が混乱するから、確実に膨張主義を取る。
既に列強が清相手に何度も戦争吹っ掛けて負かしている状況で、いつまでも清の弱体が
明るみに出ないというのは想像力がなさすぎる。

いくら清や日本に時間が与えられようと、日本が攘夷したままだとその時間を活かす手段が
全く取れない。既に教えてあげたはずだよ?

190日本@名無史さん2015/08/22(土) 09:22:20.13
この攘夷くんは、日本が開国と富国強兵によってどれだけ当時の国際情勢に
大きな影響を与えたかを全く理解していないんだよな。

だから、影響を与えた結果としての史実をもとに、影響を与えていない
攘夷鎖国での成功の可能性を妄想しちゃうわけだ。

191日本@名無史さん2015/08/22(土) 09:41:59.85
>>189
>イギリスに気を使わざるを得なかった結果としてね。

そうだな、イギリスはロシアを支援させないためにフランスに強烈な外交圧力を掛けてたし
それで、どうしてロシアと戦うのが日本じゃなく清だった場合、イギリスの圧力を無視してフランスがロシアを支援すると思うんだ?
明らかにお前の都合のいい願望でしかないだろ


>既に列強が清相手に何度も戦争吹っ掛けて負かしている状況で、いつまでも清の弱体が
>明るみに出ないというのは想像力がなさすぎる。

だから日本が参戦しなければ義和団事変で兵力が足りない列強は敗北するって言ってるだろ
何回同じことを言わせたら分かるんだ?


>いくら清や日本に時間が与えられようと、日本が攘夷したままだとその時間を活かす手段が
>全く取れない。

鎖国を継続した場合の日本の勝利条件は、第一次世界大戦が始まるまで国体と国土を保ったまま耐え抜くことだ
第一次世界大戦が終わってしまえばもうどこも極東の日本を攻める体力が残ってないし、そのまま現代まで生き延びられる
俺は第一次世界大戦が始まるまで日本が国土を占領させることがないことを証明してるんだが


>>190
日本が19世紀末から20世紀初頭の国際情勢に与えた影響は日清戦争・義和団事変・日露戦争くらいだろ
俺は最初から日本がいない当時の東アジア情勢をきちんとシミュレートしてるけど?

192日本@名無史さん2015/08/22(土) 18:50:33.60
>それで、どうしてロシアと戦うのが日本じゃなく清だった場合、イギリスの圧力を無視してフランスがロシアを支援すると思うんだ?
>明らかにお前の都合のいい願望でしかないだろ

じゃあ、別にフランスドイツがイギリス側に付くって想定でもいいよ。
シベリア鉄道によってロシアの極東での陸軍力が軍事バランスを崩し、焦るイギリスはフランスドイツに
好条件を出して清を分割して半植民地化する。ほぼ史実の通りに。
ロシアが陸軍力をバックに清に圧力を加えるようになれば、義和団だなんだという事件があっても、
簡単に張子の虎であることが露呈するからね。
つまり、清が独立を保てる目はない。ゆえに、日本も植民地化されるわけだな。

>第一次世界大戦が終わってしまえばもうどこも極東の日本を攻める体力が残ってないし、そのまま現代まで生き延びられる

なんだ、お前さんはアメリカの存在さえ忘れてるわけか。
南米がアメリカによってどんな扱いを受け続けているか、ちょっと調べてみたらどうかね。

しかも、これだけ教えてあげても、一次大戦は西洋の膨張主義が行き詰らなければ起こらないということが
いまだに理解できないわけだな。

>日本が19世紀末から20世紀初頭の国際情勢に与えた影響は日清戦争・義和団事変・日露戦争くらいだろ

やれやれ、全く教育の成果なしかね。その程度のアタマだから、攘夷が成功するとか勘違いするわけだな。

193日本@名無史さん2015/08/22(土) 19:00:24.85
この攘夷くんは、イギリス一国が清を支援すれば清が独立を保てるとか勘違いしてるけど、
清がそこまでイギリスに恩を売られれば半植民地も同然じゃん。
清のような腐敗の末期状態で、開国日本がやり遂げた文明開化なんてありえねーし。

発展途上の日本にさえボロ負けするくらいの状態から、イギリスの支援程度でどうやって
本気で南下してくるロシアに対抗できるってんだよと。サポートする側がどれだけ優秀でも、
サポートされる側が腐ってたらどうにもならんわな。

つーか、日清戦争の段階でも清は西洋のサポート受けてただろ。それでも国力が下の日本に
ボロ負けしたんだよ。そんなことで、近代化も国力も上のロシアに太刀打ちできるわけがないだろと。

端っから論理が破綻してるんだよ。残念ながら。現実を見なさい。

194日本@名無史さん2015/08/22(土) 19:09:01.39
>清がそこまでイギリスに恩を売られれば半植民地も同然じゃん。

この御仁の脳ミソの程度だと、「だったら日英同盟の日本は半植民地かよwww」と
返してくるような気さえするな。
西洋の植民地政策は、「自立できない国を代わりに統治してやる」ってのが大義だから、
富国強兵の日本と、日清戦争後に半植民地化されまくった清とでは全く話が違う。
史実としてね。

195日本@名無史さん2015/08/22(土) 21:02:23.45
野党は机上のイデオロギーをギャンギャン吠えてたら国が守れると思ってるアホばかりだが、政権担当者は腰が定まらず叩かれてても何だかんだリアリストって所は、今も昔も変わらんなw

196日本@名無史さん2015/08/22(土) 21:49:45.58
あ、しまった。>>194>>193を書いた本人による補足ね。
明記してないと意味不明になる。

197日本@名無史さん2015/08/23(日) 00:47:36.41
攘夷くんは一体どうすれば満足なのだ
朝鮮みたいに緒戦での攘夷に成功して調子こいてたら
1870年代から装備を増強した清に琉球あたり分捕られる日本かなw

198日本@名無史さん2015/08/23(日) 00:53:08.35
>>185
>事実としてそいつが開国を決めた結果、仕えてた幕府は滅亡したじゃん

岩瀬が修好通商条約への調印を決めた結果滅亡したわけではないよ。
安政5年の堀田正睦上洛前の有力諸侯への諮問では薩摩ら一橋派に属する諸侯も通商じたいには賛成に転じてる。
最後まで粘ってた水戸も堀田上洛前に朝廷にこれ以上粘るなと忠告してる。
岩瀬は一橋派と見られてたわけだが、通商それ自体の必要性を否定した諸侯なんて長州藩くらいだろう。
あそこは完全に水戸のオルグに引っかかってしまった。その割には攘夷戦争に3日とか2日でボロ負けしてるから話にならんのだが

199日本@名無史さん2015/08/23(日) 08:37:03.40
幕府が崩壊したのは、いざいくさとなって兵を動員したら旗本どもが平和ボケで
まともに戦えないことが一目瞭然の体たらくであることが分かり、それが将軍
慶喜の心を折り、諸大名の離反を招いたから。

幕府は清朝と同じレベルの腐敗状態だから、そんな政権を存続させたら
日本は植民地化一直線だよ。
そもそも、能無しの旗本御家人どもを抱えている幕府がどうやって無能士族どもを
放逐して近代化できるってんだよ。

アホか。

200日本@名無史さん2015/08/23(日) 23:41:56.57
旗本は遠征が嫌だっただけで
薩長の田舎武士が江戸に乗り込んでくるなら撃退する気満々だったんだが?
そこらへん慶喜は理解してないような気がする

201日本@名無史さん2015/08/24(月) 03:36:16.52
>>200
士気が高いから勝てたかといえば別問題だし、そもそも遠征嫌だとか言ってる時点で軍人としては使い物にならないのでは。

202日本@名無史さん2015/08/24(月) 04:45:03.01
日本の端の方の薩長の軍隊が江戸に乗り込める時点で江戸はもう詰んでると思う

203日本@名無史さん2015/08/24(月) 08:28:02.95
>>200
自分の住んでるところだけを守るって、野盗に備える村人のレベルじゃねーかw

204日本@名無史さん2015/08/24(月) 08:29:08.26
>201
更に言えば、士気が高いけどいざ戦いとなったらヘタれるのは幕末だとよくある事

205日本@名無史さん2015/08/24(月) 10:07:51.58
将軍の意向に逆らって勝手に江戸を主戦場に定めるアホな旗本御家人ども。
その結果、敵に錦の御旗をみすみす譲り、敵を勢いづかせ、国土の大半である江戸以西の諸大名を
ことごとく敵側に付かせてしまいましたとさ。

そんなアホな奴らを擁護しようとしても、自分の愚かさをさらけ出す結果にしかならないと思うよ?

206日本@名無史さん2015/08/24(月) 17:22:51.82
講武実用流 江戸幕臣(東京都)
中西派一刀流 江戸の浪人(東京都)
天真一刀流 江戸高崎藩士(東京都) →三羽烏(寺田=東京)
天真白井流 江戸岡山藩士(東京都) →三羽烏(寺田=東京)
一刀流高柳派 江戸幕臣(東京都) →三羽烏(高柳=東京)
北辰一刀流 陸奥の富農(宮城県) →明治大正最強流派(下江=栃木、門奈=茨城)
浅利派一刀流 下総松戸の町人(東京都)
一刀正伝無刀流 江戸幕臣(東京都)
直心影流男谷派 江戸幕臣(東京都) →剣聖(男谷=東京)、三剣士(島田=大分)
直心影流長沼派 江戸沼田藩士(東京都)
神道無念流・戸賀崎流 武蔵埼玉郡の富農(埼玉県)
神道無念流・岡田派 武蔵埼玉郡の富農(埼玉県) 
神道無念流・斎藤派 越中仏生寺の百姓(富山県)
鈴木派無念流 江戸尾張藩士(東京都)
扶桑念流 武蔵熊谷の町人(埼玉県)
不二心流 肥前島原藩士(長崎県)
鏡心明智流 駿河沼津藩士(静岡県)
心形刀流 江戸幕臣(東京都)
馬庭念流 上野馬庭の富農(群馬県)
本間念流 上野赤堀の富農(群馬県)
神道一心流 上野利根郡の富農(群馬県)
柳剛流 武蔵葛飾郡の富農(埼玉県)
天然理心流 武蔵多摩郡の富農(東京都)
甲源一刀流 武蔵秩父郡の富農(埼玉県) →三剣士(比留間=埼玉)
法神流 上野勢多郡の富農(群馬県) →昭和最強流派(持田=群馬)
気楽流 上野緑野郡の富農(群馬県)
立身流 下総佐倉藩士(千葉県)
香取神刀流 常陸笠間藩士(茨城県)
大石神影流 筑後柳川藩士(福岡県) →三剣士(大石=福岡)
加藤田神蔭流 筑後久留米藩士(福岡県)
示現流 薩摩藩士(鹿児島県)
薬丸示現流 薩摩藩士(鹿児島県)

207日本@名無史さん2015/08/24(月) 19:13:34.42
江戸時代ディストピア論もユートピア論も嫌いだけどさ、
実際幕府は文明が発展すると手に負えなくなるって考えてたよね。文明というか藩単位かもしれないけど
そこからはもうそれこそ市民が実らせた能力をせっせとドブに捨てる作業よ
余計なことして駄目にする共産主義ですらなく最初から停滞させて管理するのが目的
当然人口もほどほどで減るように調整してただろうね

208日本@名無史さん2015/08/24(月) 20:52:30.57
まーだ6000年前の日本で小麦作をしていた事も知らない馬鹿がいるの?
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。中国よりも先になwwww




縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。
http://inoues.net/science/wan.html
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり

209日本@名無史さん2015/08/24(月) 20:52:59.60
まーだ6000年前の日本で小麦作をしていた事も知らない馬鹿がいるの?
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。中国よりも先になwwww


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった

210日本@名無史さん2015/08/25(火) 14:34:53.49
>>207
人口は食糧生産力に比例するし、食糧生産はむしろ新田開発による増産と
商品作物への移行による減産という形で、武士の側も商人農民の側も
win-winの形でコントロールされていた。

211日本@名無史さん2015/08/26(水) 08:33:35.27
>>207
共産主義でも、ポルポトのやり方は儒教に通じるような商業否定の農本主義だから、
江戸時代の日本をはじめとする東洋世界の政治方針に近いだろう。

212日本@名無史さん2015/08/27(木) 03:03:06.55
農本主義というのはタテマエであって、
幕藩体制でも19世紀には大量生産による流通の自由化的発想は出てきてるよ
仮に外圧がなくても工業の発展スピードから見て幕藩制は改変を余儀なくされるという認識は共有されてただろう

>>199
正規の武士が戦力になった藩なんて1人当たり藩士の禄高が低く屯田兵状態だった薩摩くらい
幕府は歩兵を調達して旗本に金賦を課し銃隊化を進めてたし、能力のある旗本御家人は幕府軍人として育成されてる
幕長戦争の段階では既に軍制を一新したはずの長州兵も幕府歩兵や新宮藩兵に苦戦して
我が方の士官(長州側ね)は未熟未経験だから改善しろなんて藩への報告もなされてる

幕長戦争で出陣した幕府歩兵は、2年前には天狗党を鎮圧できないほど弱体だったから、
芸州口で長州側が高所を扼して攻撃を加え、隊長を狙撃されて失ってるのに撃退に成功したのは
長足の進歩と言っていい

213日本@名無史さん2015/08/27(木) 03:07:19.94
×正規の武士が戦力になった藩なんて1人当たり藩士の禄高が低く屯田兵状態だった薩摩くらい

取り消しておこう
長岡藩とかも正規藩士の銃隊化に成功してるし、会津も近代化が不十分とはいえ正規藩士でかなりの戦闘力見せてるから、
あまり断定的なことは言わないほうがいいな
幕府歩兵に関しては指揮官が旗本御家人組、兵士は徴募兵というオーソドックスな組み合わせだね

214日本@名無史さん2015/08/27(木) 03:13:56.93
>>199
>幕府は清朝と同じレベルの腐敗状態だから、そんな政権を存続させたら
>日本は植民地化一直線だよ。

まったくの感情論でしかない
幕府と清朝の違い?幕府はアヘン戦争時の戦闘詳報を複数ルートから入手し、
物流が封鎖された場合抗戦が極度に困難になるという結論をはじき出した
その結果が天保令への変更であり、江戸−大坂と言った沿岸部大都市圏の物流が断たれたら抗戦できないという判断の下での開国路線
その情勢判断能力だけで充分だよ、海軍戦力も不充分なのに無理やり抗戦に走ったら物流が断たれる危惧から物価が急騰、民衆騒擾発生で急きょ講和なんてどっかの藩と違って

清はその後も民衆暴動が起きる際に便乗して開戦し結局は艦隊に脅かされて負けるを繰り返してるし、
朝鮮も陸兵による撃退経験を過信して開国の機を逸した
そんな中で、大局的方針のもとに開国へ誘導していったのは江戸幕府だけというのを見ても決して無能な政権じゃない

215日本@名無史さん2015/08/28(金) 15:22:41.16
>>214
幕府と諸藩を比較して相対的に有能無能って話じゃなくて、明治維新という
封建制度をぶっ潰すきっかけなくして、どうやって日本が立ちゆくんだって話だよ。

幕府はそういった意味で腐敗しているから、大政奉還なくして旗本御家人のゴネを
抑え込むのは不可能。

216日本@名無史さん2015/08/29(土) 04:50:28.74
>>215
お前の主張は古色蒼然たる幕府無能無策論なわけだが、
一つ聞くがなぜ無策無能なはずの幕府が、
アメリカという新興国を最初に選び条約内容についてペリーをやり込めるほどの能力を見せてるんだ?

清や朝鮮はそこまで政策をまとめきれずに民衆暴動に乗っかり、
あるいは鎖国攘夷策を取って最後に策源地を持ってた日本に併呑されていく悲劇を味わってるだろ
世界的に見ても江戸幕府のような見事なソフトランディングに持ってった例は珍しいぞ。

217日本@名無史さん2015/08/29(土) 13:14:51.23
>>216
外交ならほんの一部の優秀な人間数人を交渉の担い手として抜擢するだけでなんとかなるが、
内政、特に人事改革は大部分が無能だと国難に際してさえ既得権益にしがみついて
外圧による崩壊に至るからに決まってるだろ。史実が示したように。

>世界的に見ても江戸幕府のような見事なソフトランディングに持ってった例は珍しいぞ。

ワロタ
政権が崩壊してるだろ。
トップだけは有能だから、政権を担えないと見極めて、無能な旗本御家人を切り捨てたんだよ。
そのおかげでソフトランディングで国民皆兵の富国強兵路線に切り替えられたわけだ。
史実として。

218日本@名無史さん2015/08/31(月) 12:33:52.85
>>205
江戸まで引き込んだ上で開城せず徹底抗戦してたら補給が保たない新政府軍は崩壊して壊滅してたけど?
そんなことも見通せなかった徳川慶喜と勝海舟が戦術眼皆無のクソ無能だっただけ

219日本@名無史さん2015/08/31(月) 14:45:33.89
慶喜は勤皇の元祖水戸学を学んだので錦の御旗が登場した時点で戦意喪失だけどね。
錦の御旗自体は偽物だけどそれを口実に朝敵にされるのは絶対に嫌だった。

220日本@名無史さん2015/09/01(火) 13:06:39.27
>>217
一政権の内部における支配権の喪失と外交における優秀さは全く別の事柄だから、
まったく反論になってないよ。
鳥羽伏見での戦争勃発は西郷吉之助が「戦争が発生するとしてもあと2ヶ月後かと思っていた」
と述べてるように相当偶発的なもので、その帰趨も薩摩藩内部を含むほとんどの人間にとって予想外だった。

幕府無能無策論て結果から原因を臆断してる点で全く実証的じゃないんだよな
その論理で言えば西南戦争で敗死した西郷吉之助はただの愚鈍なデブだったのかという話になるぞ。

221日本@名無史さん2015/09/01(火) 13:11:12.22
そもそも論として「幕府」と「討幕勢力」という固定的な実体が相対峙してたなんて歴史観はいつのもの?という話で。
明確な倒幕勢力なんてものは志士間にしかないし、幕藩制の変容を模索するだけなら幕府内にも「倒幕勢力」が存在してたわけだし。
薩摩藩も慶応2年の征長戦後に小松帯刀が長州との盟約を破って薩摩兵引き揚げを模索してるように
「幕府」と言ってもどのファクターを重視するかで全く捉え方が変わってしまう。

222日本@名無史さん2015/09/01(火) 14:35:31.41
>>218
江戸の町には分捕り放題の物資があったことさえ念頭にないわけかね。
当然ながら幕府には、大坂の陣の豊臣のごとく幕府側が先に分捕って町を焼く選択肢も
あったけど、自分の膝元で膝元でそれをやったら幕府の支持は地に落ちる。
新政府側ならば、敵の拠点である江戸を消滅させても正当だし、代わりの町が上方に
二つもあるのとは対照的にね。

223日本@名無史さん2015/09/01(火) 14:37:42.10
>>221
新政府軍という形で幕府相手に戦った勢力は明確な討幕勢力。
それ以前の「討幕勢力」の輪郭がぼやけていようと、討幕勢力としてはっきり認められる
集団が存在したことは疑いがない。

224日本@名無史さん2015/09/01(火) 14:40:56.24
>>218
補給を云々しても無意味だよ。江戸以西は全て新政府側の勢力圏なんだから、
物資は大坂から回航させるなり諸藩に供出させるなり、いくらでも方法があるしね。

225日本@名無史さん2015/09/01(火) 14:52:24.74
>>220
「幕府無能無策論」という論点は、君が勝手にこちらがそれだとレッテルを張ってきた話でしかない。

君は当初は「幕府が政権を担ったままでも植民地化を免れた」というスタンスだったはずだけど。
「一政権の内部における支配権の喪失」はその前提を崩しているよね。

こちらのスタンスは、「幕府は旗本御家人が腐っているから富国強兵を担えない。一部に有能な
官僚がいようと、外交は担えても国家存続は担えない」というものだ。君の当初の反論に対応した
形でね。

当初からの流れを踏まえて、「外交で有能さを発揮したから国家も担えたはずだ」というのが
君の主張ならば、それは明らかに事実と異なる。私はそう書いているわけだ。

頭の中、整理できた?

226日本@名無史さん2015/09/01(火) 15:04:16.90
>>218
ちなみに勝海舟は西郷との交渉のときに江戸を焼く準備を整えていたけど、
あれは「白旗挙げてる幕府に無茶な要求をしてくるなら江戸を焼く。責任は
無茶を言ってきたお前ら新政府にある」という一種の開き直り。
徹底抗戦のために幕府が江戸を焼くってのとは全く話が違う。もしそんな
ことをしたら、援軍の当てもない幕府側の窮地を全国にも諸外国にもアピール
するに等しいからね。もう政治的にも巻き返しのチャンスはなくなる。
それこそ、大坂の陣の豊臣家みたいに。

新政府軍が江戸に来た時点で王手詰みなんだよ。

227日本@名無史さん2015/09/01(火) 15:11:48.53
半可通のミリオタが脳内戦記繰り広げてるスレってここでいいの?

228日本@名無史さん2015/09/01(火) 15:26:28.20
>>227
三戦板で好みの所を探してきた方がいいと思うよ。
煽りで議論が混乱するのは、この板には似つかわしくない。
ここは一応学問系の板だからね。

229日本@名無史さん2015/09/05(土) 00:52:14.41
平氏政権も鎌倉幕府も室町幕府も豊臣政権も、末期でも優秀な官僚や武将はいたけど、

結局は滅んだ

江戸幕府もそれと同じ

230日本@名無史さん2016/10/11(火) 19:11:36.39
もともと鎖国などという国是はないよ
存在したとしても無二念打払令(文政令)から薪水給与令(天保令)まで
イスパニア、ポルトガルの来航を禁止した結果、通商通信の国が限定されただけ
だからオランダもフランスの参入の可能性を警戒しているし、
松平定信もラクスマンに信牌を与えている

231日本@名無史さん2016/10/11(火) 19:14:45.89
>>222
>江戸の町には分捕り放題の物資があったことさえ念頭にないわけかね。

だから勝海舟の焦土計画は江戸を焼き払う計画なんだって。
江戸には100万の住民がいて彼らが養えないと新政府は江戸統治を放棄せざるを得ず、
そうなると東国の政治軍事拠点を失ってせいぜい東海道あたりから遠隔操作せざるを得ずわけなんだが。
幸いなことに新政府側はお前ほど常識のないバカじゃなかったから助かったけどね。

232日本@名無史さん2016/10/11(火) 19:16:56.38
>>226
>あれは「白旗挙げてる幕府に無茶な要求をしてくるなら江戸を焼く。責任は
>無茶を言ってきたお前ら新政府にある」という一種の開き直り。

開き直りでない証拠に勝海舟は放火の際の避難民の誘導を親分衆に依頼している。
実在した勝海舟の江戸焦土計画を「一種の開き直り」なんて言ってる研究者ってたとえば誰?
江戸焦土計画の実在を疑った論文なんて見たことも聞いたこともないね

233日本@名無史さん2016/10/11(火) 19:27:25.18
>>225
>こちらのスタンスは、「幕府は旗本御家人が腐っているから富国強兵を担えない。一部に有能な
>官僚がいようと、外交は担えても国家存続は担えない」というものだ。君の当初の反論に対応した
>形でね。

あまりの頭の悪さに唖然とするけど>>220をもう1回読み返してごらん。
外交における能力と一国内における政権維持能力はまったく別個のもの。
現代だって外交的実務能力の高い政権が内政上の理由で下野失脚するなんて珍しいことではない
(アメリカのブッシュパパ政権がその典型)

また武士が世襲の行政官僚化して軍事力が形骸化していたのは徳川家だけの現象ではないし、
「○○が腐っていた」方式の後知恵を幕府無策無能論と言って戦後かなり早い段階で既に克服された考えね。
それすら知らないようだけど。
当時の認識としてたとえば第2次幕長戦争当時、長州藩との和睦を主張した老中本荘宗秀は
「佐賀、薩摩、幕府」を軍事力的な三強として挙げ、長州藩もこれに迫っているので楽観は禁物であると言って停戦を説いている。
彼は長州征討反対派だったから、幕府の軍事力を過小に見積もらなくてはならない文脈だが、
それですら幕府は全国有数の軍事力を持ってることは認めてるわけだ。

また幕府海軍については坂本龍馬の、幕府の兵制改革については木戸準一郎のそれぞれ高い評価が存在するし、
木戸の認識は長州藩の失機改図に代表される割拠主義に実際に反映されている。
お前が何と言おうと同時代の人間が幕府の軍事力に強い脅威を覚えてる以上、それはただの感情論でしかない。

234日本@名無史さん2016/10/11(火) 19:35:42.93
まあ幕府無能無策論者が何を言おうと、
慶応2年から3年の長州藩も含めた同時代人の評価を見る限り幕府の軍事力は薩摩、佐賀と比肩するものだよ。
そもそも論として佐賀は鍋島閑叟が京政局の混迷で傍観姿勢を堅持していたし、
薩摩藩内も親幕と反幕に二分され城下士の間では前者のほうが有力なくらいで
「対抗勢力」とは到底みなせない
(なお薩摩藩内の強硬派も西郷吉之助が慶応3年8月に「討幕は仕らず」と柏村数馬に説明して
宇和島、越前などと歩調を合わせることを強調しているように、全面戦争を企図したものではなくあくまで政変を企図したもの)

235白馬赤牛2017/08/30(水) 22:32:50.57
見にきたけえのう

236白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/08/31(木) 02:06:53.07
>>212
長岡で苦戦する程度の薩摩に何が出来るんなら。まあ戊辰戦争でも浜通り武勲赫々の
広島県土民軍の安芸神機隊にゃ到底勝てんし、浜通りじゃ薩摩さぁ強い九州一勇猛な
熊本藩すら、奥羽勢に押されよったけぇのう。
まあ、勢いだけの九州勢や四国勢は東北や越後の兵のように体力と耐久力に優る連中に
ぶっつけたらいけんよう。機敏な攻撃力と共に膠着しても粘り強さを持ち合わせとる
中国地方勢にゃなぁとのう。
薩摩が長州征伐したとしても、惨敗するし、薩摩差別された下郎系芋郷士らの遊撃戦
釣り野伏し戦法も、山口県の戦闘のプロの遊撃戦のプロの被差別民軍団にゃ
幕府軍同様通用せんし。 ちなみに他藩に被差別民扱いされる野郎集団も郷士の士族に
したけぇ、薩摩の兵員数は増えるんよ。
「薩摩の下郎は生死を知らず(命知らずの勇猛ぶり)」と云われて芋郷士の起源の
野郎集団じゃろう。民俗学者の千葉徳爾氏は薩摩の下郎たる野郎について、
{ 薩摩の兵士の中にいる、ある種の人びと(薩摩島津家の被官で無足人、すなわち
一定の給地を与えられていない武士階級。島津氏はこれを使用して琉球を征服した。)
薩摩はこの種の部隊を大友領に送り込んで要地を守らせており、妻子同伴で
戦闘従事したもののようにも思われる。
これらから帰納される「野郎」というものの存在は、以下のように要約されるであろう。
(1)九州の一部に存在した武力を有する一階層である。
(2)一般の日常倫理に従わず、必要な場合は夜討強盗行為をも敢えてする。
(3)家族をもち集団生活を営む。
(4)特に髪型に特色ある形状をもち、それによって一般住民との識別を示した。}

237白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/08/31(木) 02:28:46.34
>>212
薩摩は非武装国家の琉球を武力鎮圧しようとしたが、従わんけえ、武力行使したんが
正規軍が後の城下士と云われる軟弱な武士階級ゆえ、結局負けて、派遣傭兵たる
下郎の戦闘はお茶の子さいさいの野郎集団を派遣して琉球を鎮圧したわけじゃが、
野郎は、髪型が北方遊牧民式の禿頭で一般庶民との識別された定住より移動生活を
する集団を非正規から正規雇用したんが江戸初期じゃろう。
じゃが、彼奴らも正規雇用され武士階級化することで、文明的堕落で江戸末にゃ上司の
城下士族ほど弱いに無ぁとしても、軟弱化しとるけんのう。
片や、被差別民系の武力依存に乏しい東国は、新撰組させカタギの農民が派遣社員
じゃけぇ、西との勝負じゃ勝てんわ。まあ、東日本の被差別民は江戸期の西日本
からの文化概念で分けたもんじゃけぇ伝統が無いぁけぇ非正規雇用云う発想すら
無かったろうけどのう。

238白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/09/01(金) 01:51:15.36
>>236-237の野郎集団は、秀吉の九州征伐の時も、薩摩藩が大友領に送り込んで要地を
守らせたが、妻子同伴で家族単位に移って戦闘を請け負う集団でもあった。
まあ、九州征伐で黒田勢は、「無残討果候へハ近国の野郎のたねを断つへく候間(中略)
不残撫切にそ討果頸数二千余也。」野郎軍団の「たねを断つへく」「討果頸二千余」と
相当な野郎を成敗し、薩摩勢の手足をもいだけんのう。
近隣中国山陽道勢は、野郎戦法の釣り野伏せり戦法は知っとるし、被差別民集団の
情報収集能力も活用したけぇ安芸広島の毛利勢や兵庫県播磨の黒田勢にゃ薩摩勢も
手も足もでんよ。薩摩勢に負けよる土佐の長宗我部勢や、畿内の豊臣秀長勢は、
駄目じゃのう。
まあ幕末じゃ長宗我部系の土佐郷士が出臍(歴史舞台に出たがり)で、山内系の
土佐上士らが怒って弾圧受けたりしよったけぇ、確執も強かったんじゃろうけど、
薩摩の野郎末裔らは鹿児島人の海音寺潮五郎氏の云われる頭の悪さで上に
付くけぇのう。

239日本@名無史さん2017/09/01(金) 21:03:16.98
江戸の徳川幕府は鎖国を施行したつもりがなかったらしい。
少なくともそれはロシアがチョロチョロ庭先?に出現してロシア側から、、、
、、、アナタたち鎖国はヨクナイアルナ。国を開き我が国と通商するヨロシ云々。
と言われて初めて(改めて)鎖国に目覚めた。という緩〜いモノだった。

240日本@名無史さん2017/09/01(金) 21:14:46.27
>>239
よくそういう指摘はあれど、俺には疑問だ

戦国時代では日本人町が東南アジア各地に誕生し、
豊臣政権以降は朱印船貿易も盛んにおこなわれ、「国が開かれていた」

江戸時代の、いわゆる鎖国令の後に、これらはパッタリ途絶えたわけだから、
「海外交流が大きく閉ざされた」ということは当然生まれただろう
吉宗が緩和するまでは、洋書もあまり読めなくなっていたのだから

241白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/09/02(土) 02:06:04.63
>>240
国が開かれた云うたぁ、南蛮船の奴隷貿易の為、長崎、平戸が奴隷市場に
成ったけぇのう。薩摩の野郎も戦場捕虜を奴隷として売り飛ばし稼いだんじゃろうけど。
http://d.hatena.ne.jp/j-m/20070330
「・1584年にイエズス会のカブラルはスペイン=ポルトガル王に日本人奴隷・
傭兵を使って中国を征服すべしと進言している。1592年マニラ市外の
日本人町(区域)に隔離されていた日本人奴隷と傭兵は1603年に発生した
中国系住民の暴動のとき四〜五百人が総督に雇われてこれを鎮圧、その後原住民の
反乱鎮圧にも利用され、自らも暴動を起こした。1620年マニラ近郊の日本人は3000人。
日本人の日常:少年は盗み、少女は売春。」
まあ、日本人町も、九州人が相対的に多かったろうけえ、「少年は盗み、少女は売春」
が、シノギになるわいのう。

242白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/09/02(土) 02:18:16.11
>>240
まあ、戦前まで九州は「人さらい」が誘拐、拉致して海外へ売り飛ばし必然的に
売春婦にされられたんが「からゆきさん」娘子軍じゃが、日本の明治国家も
外貨シノギに女の輸出奨励じゃったし。
勝海舟の「清話のしらべ」(明治30年4、22日)
「出稼ぎ女は、非常に多いそうな。それで、おれは、先達て、外国人が来た時、
公然とはなした。 アナタの国は、色々の産物があるが、日本にもそれにまけない
ものがあります。女です。どうです。
これからまだまだ多くなります、どんどん輸出するつもりですと言ったら、
御冗談をと言うたが、 冗談じゃあない。しかし、その代わりには、アナタの
お国のように、間男する者はありません。アナタのお国でたいていの家で間男を
しない者は一軒もありますまいと、言ってやった。
男女の慎みは、本当は日本の方が善い。サンフランシスコなどにワシの行った時に
見ると、それはひどいものだ。(中略)妻君を貸して、一時間何程で淫売させる
ものもある。ワシなどにも、あなた、それがしの妻はどうです、気がありませんか
などと周旋したものがある。」
日本が古代から戦国期、明治、昭和初期まで、女が輸出品じゃったんは事実じゃが、
欧米人女性の 性欲や不義密通にゃあ太刀打ち出来んよ。

243白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/09/02(土) 02:40:02.66
>>240
>>241の盗みは九州人云うんは、高崎伝氏の文から要点を抽出しとこう。
[糧秣受領にゆくとき、ドロボーにゆくという、 百二十四連隊(福岡)共通の暗号で、
他部隊の者はおそらく誰も知らなかっただろう。兵隊たちは掴まりそうになったら
カシの棒で警備の兵隊をぶん殴って気絶させたそうである。
「おい戦友、堪忍やぜ。俺を恨むなよ。恨むなら、うちの親分を恨めよ。警備に
立ったら、日本兵やからとて油断するなよ。これも訓練の一つだ。こんど
来たときゃァ、素直に盗らせてくれよな」
まさに説教強盗も顔負けである。
工藤軍曹の話。「昨夜、道端に輜重の兵隊が脳天を割られて、血だらけで倒れていた。
もういまごろは死んでるじゃろう」手口から見て、犯人はどこの部隊か、おおかた
わかるような気かした。まさに「ああ壮烈!ドロボー部隊」と辻参謀が戦記に
川口支隊(福岡124i)をドロボー部隊と書いた気持ちもわからぬでもない。
泥棒は日本兵だけでなく、高射砲の印度兵もまた同じであった。
暗闇の中で、変な日本語で、
「ヘイ!マスター、ドロボーか、ワタシモドロボー、ナカヨクネ」
「おう、ユー・インドか。うまくやれよ。」 そういって別れた。 ]
そもそも、手癖が悪りいルーズな九州兵やインド兵に規律守れ云うても無理じゃし、
盗人相手は、敵さんでも、味方の他師団の日本兵でも区別せんよ。特にガ島戦じゃ、
鈍重な北海道、東北の兵ゆえ盗人放題出来るが、マレー戦は機敏な広島師団が隣で
盗めんかったけぇ残念じゃったのう(笑)。

244日本@名無史さん2017/09/02(土) 09:50:29.30
幕府も馬鹿じゃないので、鎖国がダメなのはわかっていたけど
それをやると責任取らされるから、どんどん後の世代にツケを回した

その結果が薩長にフルボッコされての明治維新

年金や生活保護に関わる問題も、いずれはこうなるんだろうねえ

245日本@名無史さん2017/09/02(土) 15:50:44.98
国が開かれた云うたぁ、南蛮船の奴隷貿易の為、長崎、平戸が奴隷市場に
成ったけぇのう。薩摩の野郎も戦場捕虜を奴隷として売り飛ばし稼いだんじゃろうけど。
http://d.hatena.ne.jp/j-m/20070330
「・1584年にイエズス会のカブラルはスペイン=ポルトガル王に日本人奴隷・
傭兵を使って中国を征服すべしと進言している。1592年マニラ市外の
日本人町(区域)に隔離されていた日本人奴隷と傭兵は1603年に発生した
中国系住民の暴動のとき四〜五百人が総督に雇われてこれを鎮圧、その後原住民の
反乱鎮圧にも利用され、自らも暴動を起こした。1620年マニラ近郊の日本人は3000人。
日本人の日常:少年は盗み、少女は売春。」
まあ、日本人町も、九州人が相対的に多かったろうけえ、「少年は盗み、少女は売春」
が、シノギになるわいのう。
まあ、戦前まで九州は「人さらい」が誘拐、拉致して海外へ売り飛ばし必然的に
売春婦にされられたんが「からゆきさん」娘子軍じゃが、日本の明治国家も
外貨シノギに女の輸出奨励じゃったし。
勝海舟の「清話のしらべ」(明治30年4、22日)
「出稼ぎ女は、非常に多いそうな。それで、おれは、先達て、外国人が来た時、
公然とはなした。 アナタの国は、色々の産物があるが、日本にもそれにまけない
ものがあります。女です。どうです。
これからまだまだ多くなります、どんどん輸出するつもりですと言ったら、
御冗談をと言うたが、 冗談じゃあない。しかし、その代わりには、アナタの
お国のように、間男する者はありません。アナタのお国でたいていの家で間男を
しない者は一軒もありますまいと、言ってやった。
男女の慎みは、本当は日本の方が善い。サンフランシスコなどにワシの行った時に
見ると、それはひどいものだ。(中略)妻君を貸して、一時間何程で淫売させる
ものもある。ワシなどにも、あなた、それがしの妻はどうです、気がありませんか
などと周旋したものがある。」
日本が古代から戦国期、明治、昭和初期まで、女が輸出品じゃったんは事実じゃが、
欧米人女性の 性欲や不義密通にゃあ太刀打ち出来んよ。

246日本@名無史さん2017/09/02(土) 15:51:25.85
盗みは九州人云うんは、高崎伝氏の文から要点を抽出しとこう。
[糧秣受領にゆくとき、ドロボーにゆくという、 百二十四連隊(福岡)共通の暗号で、
他部隊の者はおそらく誰も知らなかっただろう。兵隊たちは掴まりそうになったら
カシの棒で警備の兵隊をぶん殴って気絶させたそうである。
「おい戦友、堪忍やぜ。俺を恨むなよ。恨むなら、うちの親分を恨めよ。警備に
立ったら、日本兵やからとて油断するなよ。これも訓練の一つだ。こんど
来たときゃァ、素直に盗らせてくれよな」
まさに説教強盗も顔負けである。
工藤軍曹の話。「昨夜、道端に輜重の兵隊が脳天を割られて、血だらけで倒れていた。
もういまごろは死んでるじゃろう」手口から見て、犯人はどこの部隊か、おおかた
わかるような気かした。まさに「ああ壮烈!ドロボー部隊」と辻参謀が戦記に
川口支隊(福岡124i)をドロボー部隊と書いた気持ちもわからぬでもない。
泥棒は日本兵だけでなく、高射砲の印度兵もまた同じであった。
暗闇の中で、変な日本語で、
「ヘイ!マスター、ドロボーか、ワタシモドロボー、ナカヨクネ」
「おう、ユー・インドか。うまくやれよ。」 そういって別れた。 ]
そもそも、手癖が悪りいルーズな九州兵やインド兵に規律守れ云うても無理じゃし、
盗人相手は、敵さんでも、味方の他師団の日本兵でも区別せんよ。特にガ島戦じゃ、
鈍重な北海道、東北の兵ゆえ盗人放題出来るが、マレー戦は機敏な広島師団が隣で
盗めんかったけぇ残念じゃったのう(笑)。
まあ、戦前まで九州は「人さらい」が誘拐、拉致して海外へ売り飛ばし必然的に
売春婦にされられたんが「からゆきさん」娘子軍じゃが、日本の明治国家も
外貨シノギに女の輸出奨励じゃったし。
勝海舟の「清話のしらべ」(明治30年4、22日)
「出稼ぎ女は、非常に多いそうな。それで、おれは、先達て、外国人が来た時、
公然とはなした。 アナタの国は、色々の産物があるが、日本にもそれにまけない
ものがあります。女です。どうです。

247日本@名無史さん2017/09/02(土) 20:56:38.34
大事なことだから二度書きました。

248日本@名無史さん2017/09/02(土) 23:23:05.92
>>212
長岡で苦戦する程度の薩摩に何が出来るんなら。まあ戊辰戦争でも浜通り武勲赫々の
広島県土民軍の安芸神機隊にゃ到底勝てんし、浜通りじゃ薩摩さぁ強い九州一勇猛な
熊本藩すら、奥羽勢に押されよったけぇのう。
まあ、勢いだけの九州勢や四国勢は東北や越後の兵のように体力と耐久力に優る連中に
ぶっつけたらいけんよう。機敏な攻撃力と共に膠着しても粘り強さを持ち合わせとる
中国地方勢にゃなぁとのう。
薩摩が長州征伐したとしても、惨敗するし、薩摩差別された下郎系芋郷士らの遊撃戦
釣り野伏し戦法も、山口県の戦闘のプロの遊撃戦のプロの被差別民軍団にゃ
幕府軍同様通用せんし。 ちなみに他藩に被差別民扱いされる野郎集団も郷士の士族に
したけぇ、薩摩の兵員数は増えるんよ。
「薩摩の下郎は生死を知らず(命知らずの勇猛ぶり)」と云われて芋郷士の起源の
野郎集団じゃろう。民俗学者の千葉徳爾氏は薩摩の下郎たる野郎について、
{ 薩摩の兵士の中にいる、ある種の人びと(薩摩島津家の被官で無足人、すなわち
一定の給地を与えられていない武士階級。島津氏はこれを使用して琉球を征服した。)
薩摩はこの種の部隊を大友領に送り込んで要地を守らせており、妻子同伴で
戦闘従事したもののようにも思われる。
これらから帰納される「野郎」というものの存在は、以下のように要約されるであろう。
(1)九州の一部に存在した武力を有する一階層である。
(2)一般の日常倫理に従わず、必要な場合は夜討強盗行為をも敢えてする。
(3)家族をもち集団生活を営む。
(4)特に髪型に特色ある形状をもち、それによって一般住民との識別を示した。}
薩摩は非武装国家の琉球を武力鎮圧しようとしたが、従わんけえ、武力行使したんが
正規軍が後の城下士と云われる軟弱な武士階級ゆえ、結局負けて、派遣傭兵たる
下郎の戦闘はお茶の子さいさいの野郎集団を派遣して琉球を鎮圧したわけじゃが、
野郎は、髪型が北方遊牧民式の禿頭で一般庶民との識別された定住より移動生活を
する集団を非正規から正規雇用したんが江戸初期じゃろう。
じゃが、彼奴らも正規雇用され武士階級化することで、文明的堕落で江戸末にゃ上司の
城下士族ほど弱いに無ぁとしても、軟弱化しとるけんのう。

249日本@名無史さん2017/09/02(土) 23:23:32.57
>>240
国が開かれた云うたぁ、南蛮船の奴隷貿易の為、長崎、平戸が奴隷市場に
成ったけぇのう。薩摩の野郎も戦場捕虜を奴隷として売り飛ばし稼いだんじゃろうけど。
http://d.hatena.ne.jp/j-m/20070330
「・1584年にイエズス会のカブラルはスペイン=ポルトガル王に日本人奴隷・
傭兵を使って中国を征服すべしと進言している。1592年マニラ市外の
日本人町(区域)に隔離されていた日本人奴隷と傭兵は1603年に発生した
中国系住民の暴動のとき四〜五百人が総督に雇われてこれを鎮圧、その後原住民の
反乱鎮圧にも利用され、自らも暴動を起こした。1620年マニラ近郊の日本人は3000人。
日本人の日常:少年は盗み、少女は売春。」
まあ、日本人町も、九州人が相対的に多かったろうけえ、「少年は盗み、少女は売春」
が、シノギになるわいのう。
まあ、戦前まで九州は「人さらい」が誘拐、拉致して海外へ売り飛ばし必然的に
売春婦にされられたんが「からゆきさん」娘子軍じゃが、日本の明治国家も
外貨シノギに女の輸出奨励じゃったし。
勝海舟の「清話のしらべ」(明治30年4、22日)
「出稼ぎ女は、非常に多いそうな。それで、おれは、先達て、外国人が来た時、
公然とはなした。 アナタの国は、色々の産物があるが、日本にもそれにまけない
ものがあります。女です。どうです。
これからまだまだ多くなります、どんどん輸出するつもりですと言ったら、
御冗談をと言うたが、 冗談じゃあない。しかし、その代わりには、アナタの
お国のように、間男する者はありません。アナタのお国でたいていの家で間男を
しない者は一軒もありますまいと、言ってやった。
男女の慎みは、本当は日本の方が善い。サンフランシスコなどにワシの行った時に
見ると、それはひどいものだ。(中略)妻君を貸して、一時間何程で淫売させる
ものもある。ワシなどにも、あなた、それがしの妻はどうです、気がありませんか
などと周旋したものがある。」
日本が古代から戦国期、明治、昭和初期まで、女が輸出品じゃったんは事実じゃが、
欧米人女性の 性欲や不義密通にゃあ太刀打ち出来んよ。

250日本@名無史さん2017/09/02(土) 23:24:15.31
>>240
まあ、戦前まで九州は「人さらい」が誘拐、拉致して海外へ売り飛ばし必然的に
売春婦にされられたんが「からゆきさん」娘子軍じゃが、日本の明治国家も
外貨シノギに女の輸出奨励じゃったし。
勝海舟の「清話のしらべ」(明治30年4、22日)
「出稼ぎ女は、非常に多いそうな。それで、おれは、先達て、外国人が来た時、
公然とはなした。 アナタの国は、色々の産物があるが、日本にもそれにまけない
ものがあります。女です。どうです。
これからまだまだ多くなります、どんどん輸出するつもりですと言ったら、
御冗談をと言うたが、 冗談じゃあない。しかし、その代わりには、アナタの
お国のように、間男する者はありません。アナタのお国でたいていの家で間男を
しない者は一軒もありますまいと、言ってやった。
男女の慎みは、本当は日本の方が善い。サンフランシスコなどにワシの行った時に
見ると、それはひどいものだ。(中略)妻君を貸して、一時間何程で淫売させる
ものもある。ワシなどにも、あなた、それがしの妻はどうです、気がありませんか
などと周旋したものがある。」
日本が古代から戦国期、明治、昭和初期まで、女が輸出品じゃったんは事実じゃが、
欧米人女性の 性欲や不義密通にゃあ太刀打ち出来んよ。
>>241の盗みは九州人云うんは、高崎伝氏の文から要点を抽出しとこう。
[糧秣受領にゆくとき、ドロボーにゆくという、 百二十四連隊(福岡)共通の暗号で、
他部隊の者はおそらく誰も知らなかっただろう。兵隊たちは掴まりそうになったら
カシの棒で警備の兵隊をぶん殴って気絶させたそうである。
「おい戦友、堪忍やぜ。俺を恨むなよ。恨むなら、うちの親分を恨めよ。警備に
立ったら、日本兵やからとて油断するなよ。これも訓練の一つだ。こんど
来たときゃァ、素直に盗らせてくれよな」
まさに説教強盗も顔負けである。

251日本@名無史さん2017/09/02(土) 23:25:32.52
>>212
薩摩は非武装国家の琉球を武力鎮圧しようとしたが、従わんけえ、武力行使したんが
正規軍が後の城下士と云われる軟弱な武士階級ゆえ、結局負けて、派遣傭兵たる
下郎の戦闘はお茶の子さいさいの野郎集団を派遣して琉球を鎮圧したわけじゃが、
野郎は、髪型が北方遊牧民式の禿頭で一般庶民との識別された定住より移動生活を
する集団を非正規から正規雇用したんが江戸初期じゃろう。
じゃが、彼奴らも正規雇用され武士階級化することで、文明的堕落で江戸末にゃ上司の
城下士族ほど弱いに無ぁとしても、軟弱化しとるけんのう。
片や、被差別民系の武力依存に乏しい東国は、新撰組させカタギの農民が派遣社員
じゃけぇ、西との勝負じゃ勝てんわ。まあ、東日本の被差別民は江戸期の西日本
からの文化概念で分けたもんじゃけぇ伝統が無いぁけぇ非正規雇用云う発想すら
無かったろうけどのう。
>>236-237の野郎集団は、秀吉の九州征伐の時も、薩摩藩が大友領に送り込んで要地を
守らせたが、妻子同伴で家族単位に移って戦闘を請け負う集団でもあった。
まあ、九州征伐で黒田勢は、「無残討果候へハ近国の野郎のたねを断つへく候間(中略)
不残撫切にそ討果頸数二千余也。」野郎軍団の「たねを断つへく」「討果頸二千余」と
相当な野郎を成敗し、薩摩勢の手足をもいだけんのう。
近隣中国山陽道勢は、野郎戦法の釣り野伏せり戦法は知っとるし、被差別民集団の
情報収集能力も活用したけぇ安芸広島の毛利勢や兵庫県播磨の黒田勢にゃ薩摩勢も
手も足もでんよ。薩摩勢に負けよる土佐の長宗我部勢や、畿内の豊臣秀長勢は、
駄目じゃのう。
まあ幕末じゃ長宗我部系の土佐郷士が出臍(歴史舞台に出たがり)で、山内系の
土佐上士らが怒って弾圧受けたりしよったけぇ、確執も強かったんじゃろうけど、
薩摩の野郎末裔らは鹿児島人の海音寺潮五郎氏の云われる頭の悪さで上に
付くけぇのう。

252日本@名無史さん2017/09/03(日) 07:05:21.64
見つけたぞ。
白馬青牛ゃ、こがぁなとこで名無しで書きよったんか。
喝!!

253日本@名無史さん2017/09/03(日) 07:30:38.66
武士の弱体化は綱吉以降の文治政策の影響で
それ以前の武士はまだまだDQNだっただろ
文明化堕落とか関係ない

254日本@名無史さん2017/09/03(日) 08:43:57.21
自分のコテ名のセンスの悪さに気づいたようだな

255日本@名無史さん2017/09/03(日) 09:32:11.90
>>245-251
名なしで糞長文書き込んで、マン糞が悪うなぁや?

256日本@名無史さん2017/09/03(日) 10:00:07.16
まあ、勢いだけの九州勢や四国勢は東北や越後の兵のように体力と耐久力に優る連中に
ぶっつけたらいけんよう。機敏な攻撃力と共に膠着しても粘り強さを持ち合わせとる
中国地方勢にゃなぁとのう。
薩摩が長州征伐したとしても、惨敗するし、薩摩差別された下郎系芋郷士らの遊撃戦
釣り野伏し戦法も、山口県の戦闘のプロの遊撃戦のプロの被差別民軍団にゃ
幕府軍同様通用せんし。 ちなみに他藩に被差別民扱いされる野郎集団も郷士の士族に
したけぇ、薩摩の兵員数は増えるんよ。
「薩摩の下郎は生死を知らず(命知らずの勇猛ぶり)」と云われて芋郷士の起源の
野郎集団じゃろう。民俗学者の千葉徳爾氏は薩摩の下郎たる野郎について、
{ 薩摩の兵士の中にいる、ある種の人びと(薩摩島津家の被官で無足人、すなわち
一定の給地を与えられていない武士階級。島津氏はこれを使用して琉球を征服した。)
薩摩はこの種の部隊を大友領に送り込んで要地を守らせており、妻子同伴で
戦闘従事したもののようにも思われる。
これらから帰納される「野郎」というものの存在は、以下のように要約されるであろう。
(1)九州の一部に存在した武力を有する一階層である。
(2)一般の日常倫理に従わず、必要な場合は夜討強盗行為をも敢えてする。
(3)家族をもち集団生活を営む。
(4)特に髪型に特色ある形状をもち、それによって一般住民との識別を示した。}
薩摩は非武装国家の琉球を武力鎮圧しようとしたが、従わんけえ、武力行使したんが
正規軍が後の城下士と云われる軟弱な武士階級ゆえ、結局負けて、派遣傭兵たる
下郎の戦闘はお茶の子さいさいの野郎集団を派遣して琉球を鎮圧したわけじゃが、
野郎は、髪型が北方遊牧民式の禿頭で一般庶民との識別された定住より移動生活を
する集団を非正規から正規雇用したんが江戸初期じゃろう。
じゃが、彼奴らも正規雇用され武士階級化することで、文明的堕落で江戸末にゃ上司の
城下士族ほど弱いに無ぁとしても、軟弱化しとるけんのう。
片や、被差別民系の武力依存に乏しい東国は、新撰組させカタギの農民が派遣社員
じゃけぇ、西との勝負じゃ勝てんわ。まあ、東日本の被差別民は江戸期の西日本
からの文化概念で分けたもんじゃけぇ伝統が無いぁけぇ非正規雇用云う発想すら
無かったろうけどのう。

257日本@名無史さん2017/09/03(日) 10:00:48.76
まあ、九州征伐で黒田勢は、「無残討果候へハ近国の野郎のたねを断つへく候間(中略)
不残撫切にそ討果頸数二千余也。」野郎軍団の「たねを断つへく」「討果頸二千余」と
相当な野郎を成敗し、薩摩勢の手足をもいだけんのう。
近隣中国山陽道勢は、野郎戦法の釣り野伏せり戦法は知っとるし、被差別民集団の
情報収集能力も活用したけぇ安芸広島の毛利勢や兵庫県播磨の黒田勢にゃ薩摩勢も
手も足もでんよ。薩摩勢に負けよる土佐の長宗我部勢や、畿内の豊臣秀長勢は、
駄目じゃのう。
まあ幕末じゃ長宗我部系の土佐郷士が出臍(歴史舞台に出たがり)で、山内系の
土佐上士らが怒って弾圧受けたりしよったけぇ、確執も強かったんじゃろうけど、
薩摩の野郎末裔らは鹿児島人の海音寺潮五郎氏の云われる頭の悪さで上に
付くけぇのう。
国が開かれた云うたぁ、南蛮船の奴隷貿易の為、長崎、平戸が奴隷市場に
成ったけぇのう。薩摩の野郎も戦場捕虜を奴隷として売り飛ばし稼いだんじゃろうけど。
「・1584年にイエズス会のカブラルはスペイン=ポルトガル王に日本人奴隷・
傭兵を使って中国を征服すべしと進言している。1592年マニラ市外の
日本人町(区域)に隔離されていた日本人奴隷と傭兵は1603年に発生した
中国系住民の暴動のとき四〜五百人が総督に雇われてこれを鎮圧、その後原住民の
反乱鎮圧にも利用され、自らも暴動を起こした。1620年マニラ近郊の日本人は3000人。
日本人の日常:少年は盗み、少女は売春。」
まあ、日本人町も、九州人が相対的に多かったろうけえ、「少年は盗み、少女は売春」
が、シノギになるわいのう。
まあ、戦前まで九州は「人さらい」が誘拐、拉致して海外へ売り飛ばし必然的に
売春婦にされられたんが「からゆきさん」娘子軍じゃが、日本の明治国家も
外貨シノギに女の輸出奨励じゃったし。
勝海舟の「清話のしらべ」(明治30年4、22日)
「出稼ぎ女は、非常に多いそうな。それで、おれは、先達て、外国人が来た時、
公然とはなした。 アナタの国は、色々の産物があるが、日本にもそれにまけない
ものがあります。女です。どうです。

2582017/09/03(日) 10:24:44.17
おどりゃ! マン糞が悪かろうて
広島人じゃったら、堂々と名前入れて書きんさいや。

259日本@名無史さん2017/09/03(日) 18:14:37.77
日本国内でいうなら、 兵の強さでみる地域差なんて、
どんぐりの背比べ状態だろ (馬の名産地の有無とかは別として)

要は指揮官の器量にかかってるんだよ
上杉謙信が越前の大名なら、越前兵は最強だと言われてたろうし、
徳川家康が遠江の大名なら、遠州武士は忠勇の武士だといわれたろうよ  

260日本@名無史さん2017/09/04(月) 20:04:08.28
尾張の弱兵と言われて天下取った信長秀吉もいるしね

261白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/09/05(火) 03:16:16.94
>>244
日本の大企業も、ようけパナマ文書に載っとるように、こんなから国がカスリ
取りゃあ、ツケを若い世代に負わす必要が無ぁどころか国庫が潤うよ。
昭和期並みの法人税の税率カスリ4割以上取りゃあ国民の福利にも使えるし。
じゃが企業献金の政治屋、天下りの官僚の癒着体質ゆえ、旦那の懐からカスリ
取れんのじゃろう。しかも新自由主義が世界中に拡散し、大企業優遇に成ったし。
古典的リバータリアン自由主義なら、自由競争による機会の公正さの原則から
逸脱した行為とるんが、ネオ・リベラルの新自由主義者らじゃけぇのう。
>>247
われがコピー繰り返しよるけぇか知らんが、わしゃ昨日は規制で書けなんだわいや。

262日本@名無史さん2017/09/05(火) 03:22:48.68
>>260
毛利元就だって広島の英雄だけど、
別に安芸の兵が強いから中国地方を制覇したわけじゃないもんな

263白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/09/05(火) 03:34:07.85
>>259
牛の糞にも段々があってのう。弱兵の産地関東地方でもよ。
甲斐の甲府連隊じゃの、連隊対抗戦で千葉の佐倉連隊にすら勝てんし…。
『人国記』は、遠い西日本はデタラメ記述が目立つが、東日本はわりあい当たっとる
んじゃないか。 上総国は、武勇では「関東で二番と劣るべからず」と、関東最強云う。
 近代郷土部隊でも、今村均大将が佐倉連隊長じゃった頃でも、
「千葉県佐倉町屯在の歩兵第五十七連隊の兵員は、悉く千葉県下、房総地方出身の
青年であり、大部分は半農半漁を業とした者たちなので、自然、第一師団(東京)に
属する四つの歩兵連隊中、その体力は、断然他よりすぐれ、例えばその年の秋季演習
約十日間の行動中、一名の落伍者も出さないいで、全員やり通した中隊、わが連隊
十中隊のうち、五個中隊を報告したところ、参謀長が「君の連隊以外には、一つの
中隊もないのだ。」とか、 「約十日間、富士の裾野で行われた師団内のも一つの
旅団の連隊対抗演習で、甲府連隊 (山梨・神奈川の兵員)が多数の落伍者を出し、
そのうちの幾名かが、遂に生きてかえらず、」と、甲斐や相模は基礎体力も劣って
おったし、関東一の精強の上総や安房にゃ勝てんよ。
 まあ、甲種合格率日本一常連の岩手県たぁ、体力的にも断然弱い関東、甲州じゃ
比べもんにならんけど、関東じゃ、千葉の佐倉連隊、北関東なら群馬の高崎連隊が、
関東限定じゃ強いんじゃろう。

264白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/09/05(火) 04:18:25.74
>>259
兵隊の基礎体力たぁ、山道の行軍でトラック競技の平面の体力測定と違うけぇ、都会や
平野育ちのスポーツ優秀選手を軍隊へ入れたらアゴ出して倒れるわ、倒れたら容赦のう、
竹刀や軍刀で滅多射ちされて、精神的虐めにも絶える根性がなあと訓練演習レベルの
優秀兵すら成れんけぇのう。北関東の兵士はニューギニアの行軍でも苦しさから、
天皇から預かった銃すら捨てて部隊の体をなさんかったけぇのう。広島師団から派遣
された島根県の浜田聯隊は、誰一人銃を捨てて行軍した兵士じゃのおらんかったのに。
もっとも、広島師団じゃ天皇陛下から預かった銃とか建前云わず、己の身を守るもんじゃ
云うて教育するけどのう。越前兵は、越後兵と遜色無ぁくらいそれなりにゃ強いよ。
遠州も三河同様の突破豊橋聯隊で、北陸の兵よりは、攻撃力に優れるが、戦線膠着じゃ
鈍重でも北陸兵に長がある。
>>260-262
尾張兵は平野部ゆえ、名古屋聯隊は隣の豊橋聯隊よりは劣っとったのう。美濃の岐阜は
それなりに強い云うか名古屋よりかは上よ。
中国地方をほぼ制覇したんは、やつぱし安芸兵の強さは無視出来んよ。広島師団でも
広島聯隊が最上位にあったし。まあ、中国地方自体は平地土地が狭いゆえ、隙の無ぁ
将兵を産出する。九州なんか土地が広いし、東日本の山麓地域すら山が高くと、平地も
広いゆえ、のんびりして戦闘が雑なんよのう。広島人は狭い土地柄ゆえ、警戒心と
疑い深い性格で、指揮官の判断より自分で確認した敵さんを標的にするけぇ、集団自滅も
回避出来るし、戦闘のプロ揃いで他地域の兵たぁレベルが違うよ。遊撃戦も正面ガチンコ
白兵戦にも強いし、近代戦だけじゃのう朝鮮の役でも、碧蹄館の戦いで九州勢を粉砕し、
勢いに乗る遼東軍を一番苦闘な正面ガチンコで食い止めたんは、小早川隆景に率いられた
安芸広島勢じゃけぇ、歴史的伝統も武勲実績も他地域たぁ段々が違うわいのう。

265日本@名無史さん2017/09/05(火) 08:24:32.39
日本の大企業も、ようけパナマ文書に載っとるように、こんなから国がカスリ
取りゃあ、ツケを若い世代に負わす必要が無ぁどころか国庫が潤うよ。
昭和期並みの法人税の税率カスリ4割以上取りゃあ国民の福利にも使えるし。
じゃが企業献金の政治屋、天下りの官僚の癒着体質ゆえ、旦那の懐からカスリ
取れんのじゃろう。しかも新自由主義が世界中に拡散し、大企業優遇に成ったし。
古典的リバータリアン自由主義なら、自由競争による機会の公正さの原則から
逸脱した行為とるんが、ネオ・リベラルの新自由主義者らじゃけぇのう。
>>247
われがコピー繰り返しよるけぇか知らんが、わしゃ昨日は規制で書けなんだわいや。
>>260
毛利元就だって広島の英雄だけど、
別に安芸の兵が強いから中国地方を制覇したわけじゃないもんな
>>259
牛の糞にも段々があってのう。弱兵の産地関東地方でもよ。
甲斐の甲府連隊じゃの、連隊対抗戦で千葉の佐倉連隊にすら勝てんし…。
『人国記』は、遠い西日本はデタラメ記述が目立つが、東日本はわりあい当たっとる
んじゃないか。 上総国は、武勇では「関東で二番と劣るべからず」と、関東最強云う。
 近代郷土部隊でも、今村均大将が佐倉連隊長じゃった頃でも、
「千葉県佐倉町屯在の歩兵第五十七連隊の兵員は、悉く千葉県下、房総地方出身の
青年であり、大部分は半農半漁を業とした者たちなので、自然、第一師団(東京)に
属する四つの歩兵連隊中、その体力は、断然他よりすぐれ、例えばその年の秋季演習
約十日間の行動中、一名の落伍者も出さないいで、全員やり通した中隊、わが連隊
十中隊のうち、五個中隊を報告したところ、参謀長が「君の連隊以外には、一つの
中隊もないのだ。」とか、 「約十日間、富士の裾野で行われた師団内のも一つの
旅団の連隊対抗演習で、甲府連隊 (山梨・神奈川の兵員)が多数の落伍者を出し、
そのうちの幾名かが、遂に生きてかえらず、」と、甲斐や相模は基礎体力も劣って
おったし、関東一の精強の上総や安房にゃ勝てんよ。
 まあ、甲種合格率日本一常連の岩手県たぁ、体力的にも断然弱い関東、甲州じゃ
比べもんにならんけど、関東じゃ、千葉の佐倉連隊、北関東なら群馬の高崎連隊が、
関東限定じゃ強いんじゃろう。

266日本@名無史さん2017/09/05(火) 08:25:24.02
兵隊の基礎体力たぁ、山道の行軍でトラック競技の平面の体力測定と違うけぇ、都会や
平野育ちのスポーツ優秀選手を軍隊へ入れたらアゴ出して倒れるわ、倒れたら容赦のう、
竹刀や軍刀で滅多射ちされて、精神的虐めにも絶える根性がなあと訓練演習レベルの
優秀兵すら成れんけぇのう。北関東の兵士はニューギニアの行軍でも苦しさから、
天皇から預かった銃すら捨てて部隊の体をなさんかったけぇのう。広島師団から派遣
された島根県の浜田聯隊は、誰一人銃を捨てて行軍した兵士じゃのおらんかったのに。
もっとも、広島師団じゃ天皇陛下から預かった銃とか建前云わず、己の身を守るもんじゃ
云うて教育するけどのう。越前兵は、越後兵と遜色無ぁくらいそれなりにゃ強いよ。
遠州も三河同様の突破豊橋聯隊で、北陸の兵よりは、攻撃力に優れるが、戦線膠着じゃ
鈍重でも北陸兵に長がある。
尾張兵は平野部ゆえ、名古屋聯隊は隣の豊橋聯隊よりは劣っとったのう。美濃の岐阜は
それなりに強い云うか名古屋よりかは上よ。
中国地方をほぼ制覇したんは、やつぱし安芸兵の強さは無視出来んよ。広島師団でも
広島聯隊が最上位にあったし。まあ、中国地方自体は平地土地が狭いゆえ、隙の無ぁ
将兵を産出する。九州なんか土地が広いし、東日本の山麓地域すら山が高くと、平地も
広いゆえ、のんびりして戦闘が雑なんよのう。広島人は狭い土地柄ゆえ、警戒心と
疑い深い性格で、指揮官の判断より自分で確認した敵さんを標的にするけぇ、集団自滅も
回避出来るし、戦闘のプロ揃いで他地域の兵たぁレベルが違うよ。遊撃戦も正面ガチンコ
白兵戦にも強いし、近代戦だけじゃのう朝鮮の役でも、碧蹄館の戦いで九州勢を粉砕し、
勢いに乗る遼東軍を一番苦闘な正面ガチンコで食い止めたんは、小早川隆景に率いられた
安芸広島勢じゃけぇ、歴史的伝統も武勲実績も他地域たぁ段々が違うわいのう。
国が開かれた云うたぁ、南蛮船の奴隷貿易の為、長崎、平戸が奴隷市場に
成ったけぇのう。薩摩の野郎も戦場捕虜を奴隷として売り飛ばし稼いだんじゃろうけど。

267日本@名無史さん2017/09/05(火) 08:26:00.56
薩摩は非武装国家の琉球を武力鎮圧しようとしたが、従わんけえ、武力行使したんが
正規軍が後の城下士と云われる軟弱な武士階級ゆえ、結局負けて、派遣傭兵たる
下郎の戦闘はお茶の子さいさいの野郎集団を派遣して琉球を鎮圧したわけじゃが、
野郎は、髪型が北方遊牧民式の禿頭で一般庶民との識別された定住より移動生活を
する集団を非正規から正規雇用したんが江戸初期じゃろう。
じゃが、彼奴らも正規雇用され武士階級化することで、文明的堕落で江戸末にゃ上司の
城下士族ほど弱いに無ぁとしても、軟弱化しとるけんのう。
片や、被差別民系の武力依存に乏しい東国は、新撰組させカタギの農民が派遣社員
じゃけぇ、西との勝負じゃ勝てんわ。まあ、東日本の被差別民は江戸期の西日本
からの文化概念で分けたもんじゃけぇ伝統が無いぁけぇ非正規雇用云う発想すら
無かったろうけどのう。
秀吉の九州征伐の時も、薩摩藩が大友領に送り込んで要地を
守らせたが、妻子同伴で家族単位に移って戦闘を請け負う集団でもあった。
まあ、九州征伐で黒田勢は、「無残討果候へハ近国の野郎のたねを断つへく候間(中略)
不残撫切にそ討果頸数二千余也。」野郎軍団の「たねを断つへく」「討果頸二千余」と
相当な野郎を成敗し、薩摩勢の手足をもいだけんのう。
近隣中国山陽道勢は、野郎戦法の釣り野伏せり戦法は知っとるし、被差別民集団の
情報収集能力も活用したけぇ安芸広島の毛利勢や兵庫県播磨の黒田勢にゃ薩摩勢も
手も足もでんよ。薩摩勢に負けよる土佐の長宗我部勢や、畿内の豊臣秀長勢は、
駄目じゃのう。
まあ幕末じゃ長宗我部系の土佐郷士が出臍(歴史舞台に出たがり)で、山内系の
土佐上士らが怒って弾圧受けたりしよったけぇ、確執も強かったんじゃろうけど、
薩摩の野郎末裔らは鹿児島人の海音寺潮五郎氏の云われる頭の悪さで上に
付くけぇのう。
日本の大企業も、ようけパナマ文書に載っとるように、こんなから国がカスリ
取りゃあ、ツケを若い世代に負わす必要が無ぁどころか国庫が潤うよ。
昭和期並みの法人税の税率カスリ4割以上取りゃあ国民の福利にも使えるし。

268日本@名無史さん2017/09/05(火) 08:26:31.56
日本の大企業も、ようけパナマ文書に載っとるように、こんなから国がカスリ
取りゃあ、ツケを若い世代に負わす必要が無ぁどころか国庫が潤うよ。
昭和期並みの法人税の税率カスリ4割以上取りゃあ国民の福利にも使えるし。
じゃが企業献金の政治屋、天下りの官僚の癒着体質ゆえ、旦那の懐からカスリ
取れんのじゃろう。しかも新自由主義が世界中に拡散し、大企業優遇に成ったし。
古典的リバータリアン自由主義なら、自由競争による機会の公正さの原則から
逸脱した行為とるんが、ネオ・リベラルの新自由主義者らじゃけぇのう。
われがコピー繰り返しよるけぇか知らんが、わしゃ昨日は規制で書けなんだわいや。
毛利元就だって広島の英雄だけど、
別に安芸の兵が強いから中国地方を制覇したわけじゃないもんな
牛の糞にも段々があってのう。弱兵の産地関東地方でもよ。
甲斐の甲府連隊じゃの、連隊対抗戦で千葉の佐倉連隊にすら勝てんし…。
『人国記』は、遠い西日本はデタラメ記述が目立つが、東日本はわりあい当たっとる
んじゃないか。 上総国は、武勇では「関東で二番と劣るべからず」と、関東最強云う。
 近代郷土部隊でも、今村均大将が佐倉連隊長じゃった頃でも、
「千葉県佐倉町屯在の歩兵第五十七連隊の兵員は、悉く千葉県下、房総地方出身の
青年であり、大部分は半農半漁を業とした者たちなので、自然、第一師団(東京)に
属する四つの歩兵連隊中、その体力は、断然他よりすぐれ、例えばその年の秋季演習
約十日間の行動中、一名の落伍者も出さないいで、全員やり通した中隊、わが連隊
十中隊のうち、五個中隊を報告したところ、参謀長が「君の連隊以外には、一つの
中隊もないのだ。」とか、 「約十日間、富士の裾野で行われた師団内のも一つの
旅団の連隊対抗演習で、甲府連隊 (山梨・神奈川の兵員)が多数の落伍者を出し、
そのうちの幾名かが、遂に生きてかえらず、」と、甲斐や相模は基礎体力も劣って
おったし、関東一の精強の上総や安房にゃ勝てんよ。
 まあ、甲種合格率日本一常連の岩手県たぁ、体力的にも断然弱い関東、甲州じゃ
比べもんにならんけど、関東じゃ、千葉の佐倉連隊、北関東なら群馬の高崎連隊が、
関東限定じゃ強いんじゃろう。

269日本@名無史さん2017/09/05(火) 08:27:05.56
まあ、戦前まで九州は「人さらい」が誘拐、拉致して海外へ売り飛ばし必然的に
売春婦にされられたんが「からゆきさん」娘子軍じゃが、日本の明治国家も
外貨シノギに女の輸出奨励じゃったし。
勝海舟の「清話のしらべ」(明治30年4、22日)
「出稼ぎ女は、非常に多いそうな。それで、おれは、先達て、外国人が来た時、
公然とはなした。 アナタの国は、色々の産物があるが、日本にもそれにまけない
ものがあります。女です。どうです。
これからまだまだ多くなります、どんどん輸出するつもりですと言ったら、
御冗談をと言うたが、 冗談じゃあない。しかし、その代わりには、アナタの
お国のように、間男する者はありません。アナタのお国でたいていの家で間男を
しない者は一軒もありますまいと、言ってやった。
男女の慎みは、本当は日本の方が善い。サンフランシスコなどにワシの行った時に
見ると、それはひどいものだ。(中略)妻君を貸して、一時間何程で淫売させる
ものもある。ワシなどにも、あなた、それがしの妻はどうです、気がありませんか
などと周旋したものがある。」
日本が古代から戦国期、明治、昭和初期まで、女が輸出品じゃったんは事実じゃが、
欧米人女性の 性欲や不義密通にゃあ太刀打ち出来んよ。
盗みは九州人云うんは、高崎伝氏の文から要点を抽出しとこう。
[糧秣受領にゆくとき、ドロボーにゆくという、 百二十四連隊(福岡)共通の暗号で、
他部隊の者はおそらく誰も知らなかっただろう。兵隊たちは掴まりそうになったら
カシの棒で警備の兵隊をぶん殴って気絶させたそうである。
「おい戦友、堪忍やぜ。俺を恨むなよ。恨むなら、うちの親分を恨めよ。警備に
立ったら、日本兵やからとて油断するなよ。これも訓練の一つだ。こんど
来たときゃァ、素直に盗らせてくれよな」
まさに説教強盗も顔負けである。
「出稼ぎ女は、非常に多いそうな。それで、おれは、先達て、外国人が来た時、
公然とはなした。 アナタの国は、色々の産物があるが、日本にもそれにまけない
ものがあります。女です。どうです。

270白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/09/06(水) 01:28:12.69
>>269
わりゃ、何時までわしんコピー繰り返すんない。

271日本@名無史さん2017/09/06(水) 01:36:05.21
わりゃ、何時までわしんコピー繰り返すんない。

272日本@名無史さん2017/09/06(水) 01:36:23.76
わりゃ、何時までわしんコピー繰り返すんない。

273日本@名無史さん2017/09/06(水) 01:37:23.08
わりゃ、何時までわしんコピー繰り返すんない。

274日本@名無史さん2017/09/06(水) 01:43:44.99
わりゃ、何時までわしんコピー繰り返すんない。

275日本@名無史さん2017/09/06(水) 13:43:59.08
わりゃ、何時までわしんコピー繰り返すんない。

276日本@名無史さん2017/09/06(水) 17:34:05.12
わりゃ、何時までわしんコピー繰り返すんない。

277日本@名無史さん2017/09/06(水) 18:35:12.70
藤林丈司

278日本@名無史さん2017/09/06(水) 19:33:01.58
>>245-276
わりゃ、わしんコピー繰り返したぁ風が悪うなぁや?
わしみたぁにオリジナルで勝負せにゃあ

279日本@名無史さん2017/09/06(水) 20:14:25.20
わりゃ、わしんコピー繰り返したぁ風が悪うなぁや?
わしみたぁにオリジナルで勝負せにゃあ

280日本@名無史さん2017/09/06(水) 20:29:26.77
見にきたけえのう
長岡で苦戦する程度の薩摩に何が出来るんなら。まあ戊辰戦争でも浜通り武勲赫々の
広島県土民軍の安芸神機隊にゃ到底勝てんし、浜通りじゃ薩摩さぁ強い九州一勇猛な
熊本藩すら、奥羽勢に押されよったけぇのう。
まあ、勢いだけの九州勢や四国勢は東北や越後の兵のように体力と耐久力に優る連中に
ぶっつけたらいけんよう。機敏な攻撃力と共に膠着しても粘り強さを持ち合わせとる
中国地方勢にゃなぁとのう。
薩摩が長州征伐したとしても、惨敗するし、薩摩差別された下郎系芋郷士らの遊撃戦
釣り野伏し戦法も、山口県の戦闘のプロの遊撃戦のプロの被差別民軍団にゃ
幕府軍同様通用せんし。 ちなみに他藩に被差別民扱いされる野郎集団も郷士の士族に
したけぇ、薩摩の兵員数は増えるんよ。
「薩摩の下郎は生死を知らず(命知らずの勇猛ぶり)」と云われて芋郷士の起源の
野郎集団じゃろう。民俗学者の千葉徳爾氏は薩摩の下郎たる野郎について、
{ 薩摩の兵士の中にいる、ある種の人びと(薩摩島津家の被官で無足人、すなわち
一定の給地を与えられていない武士階級。島津氏はこれを使用して琉球を征服した。)
薩摩はこの種の部隊を大友領に送り込んで要地を守らせており、妻子同伴で
戦闘従事したもののようにも思われる。
薩摩は非武装国家の琉球を武力鎮圧しようとしたが、従わんけえ、武力行使したんが
正規軍が後の城下士と云われる軟弱な武士階級ゆえ、結局負けて、派遣傭兵たる
下郎の戦闘はお茶の子さいさいの野郎集団を派遣して琉球を鎮圧したわけじゃが、
野郎は、髪型が北方遊牧民式の禿頭で一般庶民との識別された定住より移動生活を
する集団を非正規から正規雇用したんが江戸初期じゃろう。
じゃが、彼奴らも正規雇用され武士階級化することで、文明的堕落で江戸末にゃ上司の
城下士族ほど弱いに無ぁとしても、軟弱化しとるけんのう。
片や、被差別民系の武力依存に乏しい東国は、新撰組させカタギの農民が派遣社員
じゃけぇ、西との勝負じゃ勝てんわ。まあ、東日本の被差別民は江戸期の西日本
からの文化概念で分けたもんじゃけぇ伝統が無いぁけぇ非正規雇用云う発想すら
無かったろうけどのう。

281白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/09/07(木) 04:19:28.59
まあ、>>242の勝海舟の言は、欧米女性の性欲と比べてで、日本でも江戸期から
参勤交代は不義密通の不倫の間男季節で武家の妻女は間男との性愛にのめり込んだ
じゃが。尾張藩士朝日文左衛門の日記にもあるようにのう。
不義密通の武士の妻は江戸期の儒教価値観から妻を斬首出来たが、
「しかし本当に妻を斬り殺してしまうのはかわいそうだとか、大騒ぎしては
世間に恥ずかしいという理由で、穏便に済ますことも多かったようだ。
そのときの相場は7両2分だった。といっても、現代と同じく支払い能力も
問題もあるから、もっと低い金額で解決した例もあった。」と、建前と本音は違うし、
世間体の体面云う儒教的価値観にお役人武士は救いを求めたし。
そもそも、大名、武士じゃの戦国期の成り上がる前は、女房の売春のシノギや自身の
お尻提供で出世し渡世送った子孫がほとんどじゃし、妻の不倫を叱る資格すら無ぁ
わいのう(笑)。
ほいじゃが、織田信長と前田利家はどっちがカッパでオカマ掘る方かアンコでオカマ
掘られる方かはっきりしとらんのう。概ね主君がオカマ掘る方が通常じゃが。

282日本@名無史さん2017/09/07(木) 09:51:52.67
まあ、>>242の勝海舟の言は、欧米女性の性欲と比べてで、日本でも江戸期から
参勤交代は不義密通の不倫の間男季節で武家の妻女は間男との性愛にのめり込んだ
じゃが。尾張藩士朝日文左衛門の日記にもあるようにのう。
不義密通の武士の妻は江戸期の儒教価値観から妻を斬首出来たが、
「しかし本当に妻を斬り殺してしまうのはかわいそうだとか、大騒ぎしては
世間に恥ずかしいという理由で、穏便に済ますことも多かったようだ。
そのときの相場は7両2分だった。といっても、現代と同じく支払い能力も
問題もあるから、もっと低い金額で解決した例もあった。」と、建前と本音は違うし、
世間体の体面云う儒教的価値観にお役人武士は救いを求めたし。
そもそも、大名、武士じゃの戦国期の成り上がる前は、女房の売春のシノギや自身の
お尻提供で出世し渡世送った子孫がほとんどじゃし、妻の不倫を叱る資格すら無ぁ
わいのう(笑)。
ほいじゃが、織田信長と前田利家はどっちがカッパでオカマ掘る方かアンコでオカマ
掘られる方かはっきりしとらんのう。概ね主君がオカマ掘る方が通常じゃが。
秀吉の九州征伐の時も、薩摩藩が大友領に送り込んで要地を
守らせたが、妻子同伴で家族単位に移って戦闘を請け負う集団でもあった。
まあ、九州征伐で黒田勢は、「無残討果候へハ近国の野郎のたねを断つへく候間(中略)
不残撫切にそ討果頸数二千余也。」野郎軍団の「たねを断つへく」「討果頸二千余」と
相当な野郎を成敗し、薩摩勢の手足をもいだけんのう。
近隣中国山陽道勢は、野郎戦法の釣り野伏せり戦法は知っとるし、被差別民集団の
情報収集能力も活用したけぇ安芸広島の毛利勢や兵庫県播磨の黒田勢にゃ薩摩勢も
手も足もでんよ。薩摩勢に負けよる土佐の長宗我部勢や、畿内の豊臣秀長勢は、
駄目じゃのう。
まあ幕末じゃ長宗我部系の土佐郷士が出臍(歴史舞台に出たがり)で、山内系の
土佐上士らが怒って弾圧受けたりしよったけぇ、確執も強かったんじゃろうけど、
薩摩の野郎末裔らは鹿児島人の海音寺潮五郎氏の云われる頭の悪さで上に
付くけぇのう。

283日本@名無史さん2017/09/07(木) 09:52:51.93
牛の糞にも段々があってのう。弱兵の産地関東地方でもよ。
甲斐の甲府連隊じゃの、連隊対抗戦で千葉の佐倉連隊にすら勝てんし…。
『人国記』は、遠い西日本はデタラメ記述が目立つが、東日本はわりあい当たっとる
んじゃないか。 上総国は、武勇では「関東で二番と劣るべからず」と、関東最強云う。
 近代郷土部隊でも、今村均大将が佐倉連隊長じゃった頃でも、
「千葉県佐倉町屯在の歩兵第五十七連隊の兵員は、悉く千葉県下、房総地方出身の
青年であり、大部分は半農半漁を業とした者たちなので、自然、第一師団(東京)に
属する四つの歩兵連隊中、その体力は、断然他よりすぐれ、例えばその年の秋季演習
約十日間の行動中、一名の落伍者も出さないいで、全員やり通した中隊、わが連隊
十中隊のうち、五個中隊を報告したところ、参謀長が「君の連隊以外には、一つの
中隊もないのだ。」とか、 「約十日間、富士の裾野で行われた師団内のも一つの
旅団の連隊対抗演習で、甲府連隊 (山梨・神奈川の兵員)が多数の落伍者を出し、
そのうちの幾名かが、遂に生きてかえらず、」と、甲斐や相模は基礎体力も劣って
おったし、関東一の精強の上総や安房にゃ勝てんよ。
中国地方をほぼ制覇したんは、やつぱし安芸兵の強さは無視出来んよ。広島師団でも
広島聯隊が最上位にあったし。まあ、中国地方自体は平地土地が狭いゆえ、隙の無ぁ
将兵を産出する。九州なんか土地が広いし、東日本の山麓地域すら山が高くと、平地も
広いゆえ、のんびりして戦闘が雑なんよのう。広島人は狭い土地柄ゆえ、警戒心と
疑い深い性格で、指揮官の判断より自分で確認した敵さんを標的にするけぇ、集団自滅も
回避出来るし、戦闘のプロ揃いで他地域の兵たぁレベルが違うよ。遊撃戦も正面ガチンコ
白兵戦にも強いし、近代戦だけじゃのう朝鮮の役でも、碧蹄館の戦いで九州勢を粉砕し、
勢いに乗る遼東軍を一番苦闘な正面ガチンコで食い止めたんは、小早川隆景に率いられた
安芸広島勢じゃけぇ、歴史的伝統も武勲実績も他地域たぁ段々が違うわいのう。

284日本@名無史さん2017/09/07(木) 09:53:20.31
日本の大企業も、ようけパナマ文書に載っとるように、こんなから国がカスリ
取りゃあ、ツケを若い世代に負わす必要が無ぁどころか国庫が潤うよ。
昭和期並みの法人税の税率カスリ4割以上取りゃあ国民の福利にも使えるし。
じゃが企業献金の政治屋、天下りの官僚の癒着体質ゆえ、旦那の懐からカスリ
取れんのじゃろう。しかも新自由主義が世界中に拡散し、大企業優遇に成ったし。
古典的リバータリアン自由主義なら、自由競争による機会の公正さの原則から
逸脱した行為とるんが、ネオ・リベラルの新自由主義者らじゃけぇのう。
われがコピー繰り返しよるけぇか知らんが、わしゃ昨日は規制で書けなんだわいや。
毛利元就だって広島の英雄だけど、
別に安芸の兵が強いから中国地方を制覇したわけじゃないもんな
牛の糞にも段々があってのう。弱兵の産地関東地方でもよ。
甲斐の甲府連隊じゃの、連隊対抗戦で千葉の佐倉連隊にすら勝てんし…。
『人国記』は、遠い西日本はデタラメ記述が目立つが、東日本はわりあい当たっとる
んじゃないか。 上総国は、武勇では「関東で二番と劣るべからず」と、関東最強云う。
 近代郷土部隊でも、今村均大将が佐倉連隊長じゃった頃でも、
「千葉県佐倉町屯在の歩兵第五十七連隊の兵員は、悉く千葉県下、房総地方出身の
青年であり、大部分は半農半漁を業とした者たちなので、自然、第一師団(東京)に
属する四つの歩兵連隊中、その体力は、断然他よりすぐれ、例えばその年の秋季演習
約十日間の行動中、一名の落伍者も出さないいで、全員やり通した中隊、わが連隊
十中隊のうち、五個中隊を報告したところ、参謀長が「君の連隊以外には、一つの
中隊もないのだ。」とか、 「約十日間、富士の裾野で行われた師団内のも一つの
旅団の連隊対抗演習で、甲府連隊 (山梨・神奈川の兵員)が多数の落伍者を出し、
そのうちの幾名かが、遂に生きてかえらず、」と、甲斐や相模は基礎体力も劣って
おったし、関東一の精強の上総や安房にゃ勝てんよ。
 まあ、甲種合格率日本一常連の岩手県たぁ、体力的にも断然弱い関東、甲州じゃ
比べもんにならんけど、関東じゃ、千葉の佐倉連隊、北関東なら群馬の高崎連隊が、
関東限定じゃ強いんじゃろう。

285日本@名無史さん2017/09/07(木) 09:53:46.10
まあ、九州征伐で黒田勢は、「無残討果候へハ近国の野郎のたねを断つへく候間(中略)
不残撫切にそ討果頸数二千余也。」野郎軍団の「たねを断つへく」「討果頸二千余」と
相当な野郎を成敗し、薩摩勢の手足をもいだけんのう。
近隣中国山陽道勢は、野郎戦法の釣り野伏せり戦法は知っとるし、被差別民集団の
情報収集能力も活用したけぇ安芸広島の毛利勢や兵庫県播磨の黒田勢にゃ薩摩勢も
手も足もでんよ。薩摩勢に負けよる土佐の長宗我部勢や、畿内の豊臣秀長勢は、
駄目じゃのう。
まあ幕末じゃ長宗我部系の土佐郷士が出臍(歴史舞台に出たがり)で、山内系の
土佐上士らが怒って弾圧受けたりしよったけぇ、確執も強かったんじゃろうけど、
薩摩の野郎末裔らは鹿児島人の海音寺潮五郎氏の云われる頭の悪さで上に
付くけぇのう。
国が開かれた云うたぁ、南蛮船の奴隷貿易の為、長崎、平戸が奴隷市場に
成ったけぇのう。薩摩の野郎も戦場捕虜を奴隷として売り飛ばし稼いだんじゃろうけど。
「・1584年にイエズス会のカブラルはスペイン=ポルトガル王に日本人奴隷・
傭兵を使って中国を征服すべしと進言している。1592年マニラ市外の
日本人町(区域)に隔離されていた日本人奴隷と傭兵は1603年に発生した
中国系住民の暴動のとき四〜五百人が総督に雇われてこれを鎮圧、その後原住民の
反乱鎮圧にも利用され、自らも暴動を起こした。1620年マニラ近郊の日本人は3000人。
日本人の日常:少年は盗み、少女は売春。」
まあ、日本人町も、九州人が相対的に多かったろうけえ、「少年は盗み、少女は売春」
が、シノギになるわいのう。
まあ、戦前まで九州は「人さらい」が誘拐、拉致して海外へ売り飛ばし必然的に
売春婦にされられたんが「からゆきさん」娘子軍じゃが、日本の明治国家も
外貨シノギに女の輸出奨励じゃったし。
勝海舟の「清話のしらべ」(明治30年4、22日)
「出稼ぎ女は、非常に多いそうな。それで、おれは、先達て、外国人が来た時、
公然とはなした。 アナタの国は、色々の産物があるが、日本にもそれにまけない
ものがあります。女です。どうです。

286日本@名無史さん2017/09/07(木) 17:12:52.40
わりゃ、わしんコピー繰り返したぁ風が悪うなぁや?
わしみたぁにオリジナルで勝負せにゃあ

287日本@名無史さん2017/09/07(木) 20:19:25.36
兵隊の基礎体力たぁ、山道の行軍でトラック競技の平面の体力測定と違うけぇ、都会や
平野育ちのスポーツ優秀選手を軍隊へ入れたらアゴ出して倒れるわ、倒れたら容赦のう、
竹刀や軍刀で滅多射ちされて、精神的虐めにも絶える根性がなあと訓練演習レベルの
優秀兵すら成れんけぇのう。北関東の兵士はニューギニアの行軍でも苦しさから、
天皇から預かった銃すら捨てて部隊の体をなさんかったけぇのう。広島師団から派遣
された島根県の浜田聯隊は、誰一人銃を捨てて行軍した兵士じゃのおらんかったのに。
もっとも、広島師団じゃ天皇陛下から預かった銃とか建前云わず、己の身を守るもんじゃ
云うて教育するけどのう。越前兵は、越後兵と遜色無ぁくらいそれなりにゃ強いよ。
遠州も三河同様の突破豊橋聯隊で、北陸の兵よりは、攻撃力に優れるが、戦線膠着じゃ
鈍重でも北陸兵に長がある。
尾張兵は平野部ゆえ、名古屋聯隊は隣の豊橋聯隊よりは劣っとったのう。美濃の岐阜は
それなりに強い云うか名古屋よりかは上よ。
中国地方をほぼ制覇したんは、やつぱし安芸兵の強さは無視出来んよ。広島師団でも
広島聯隊が最上位にあったし。まあ、中国地方自体は平地土地が狭いゆえ、隙の無ぁ
将兵を産出する。九州なんか土地が広いし、東日本の山麓地域すら山が高くと、平地も
広いゆえ、のんびりして戦闘が雑なんよのう。広島人は狭い土地柄ゆえ、警戒心と
疑い深い性格で、指揮官の判断より自分で確認した敵さんを標的にするけぇ、集団自滅も
回避出来るし、戦闘のプロ揃いで他地域の兵たぁレベルが違うよ。遊撃戦も正面ガチンコ
白兵戦にも強いし、近代戦だけじゃのう朝鮮の役でも、碧蹄館の戦いで九州勢を粉砕し、
勢いに乗る遼東軍を一番苦闘な正面ガチンコで食い止めたんは、小早川隆景に率いられた
安芸広島勢じゃけぇ、歴史的伝統も武勲実績も他地域たぁ段々が違うわいのう。
国が開かれた云うたぁ、南蛮船の奴隷貿易の為、長崎、平戸が奴隷市場に
成ったけぇのう。薩摩の野郎も戦場捕虜を奴隷として売り飛ばし稼いだんじゃろうけど。

288日本@名無史さん2017/09/07(木) 21:51:29.89
エコーがかかっとる

289白馬青牛2017/09/07(木) 21:57:51.21
わしたぁわしたぁ

290日本@名無史さん2017/09/07(木) 22:21:56.21
見にきたけえのう
長岡で苦戦する程度の薩摩に何が出来るんなら。まあ戊辰戦争でも浜通り武勲赫々の
広島県土民軍の安芸神機隊にゃ到底勝てんし、浜通りじゃ薩摩さぁ強い九州一勇猛な
熊本藩すら、奥羽勢に押されよったけぇのう。
まあ、勢いだけの九州勢や四国勢は東北や越後の兵のように体力と耐久力に優る連中に
ぶっつけたらいけんよう。機敏な攻撃力と共に膠着しても粘り強さを持ち合わせとる
中国地方勢にゃなぁとのう。
薩摩が長州征伐したとしても、惨敗するし、薩摩差別された下郎系芋郷士らの遊撃戦
釣り野伏し戦法も、山口県の戦闘のプロの遊撃戦のプロの被差別民軍団にゃ
幕府軍同様通用せんし。 ちなみに他藩に被差別民扱いされる野郎集団も郷士の士族に
したけぇ、薩摩の兵員数は増えるんよ。
「薩摩の下郎は生死を知らず(命知らずの勇猛ぶり)」と云われて芋郷士の起源の
野郎集団じゃろう。民俗学者の千葉徳爾氏は薩摩の下郎たる野郎について、
{ 薩摩の兵士の中にいる、ある種の人びと(薩摩島津家の被官で無足人、すなわち
一定の給地を与えられていない武士階級。島津氏はこれを使用して琉球を征服した。)
薩摩はこの種の部隊を大友領に送り込んで要地を守らせており、妻子同伴で
戦闘従事したもののようにも思われる。
これらから帰納される「野郎」というものの存在は、以下のように要約されるであろう。
(1)九州の一部に存在した武力を有する一階層である。
(2)一般の日常倫理に従わず、必要な場合は夜討強盗行為をも敢えてする。
(3)家族をもち集団生活を営む。
(4)特に髪型に特色ある形状をもち、それによって一般住民との識別を示した。}

291日本@名無史さん2017/09/08(金) 09:52:48.14
牛の糞にも段々があってのう。弱兵の産地関東地方でもよ。
甲斐の甲府連隊じゃの、連隊対抗戦で千葉の佐倉連隊にすら勝てんし…。
『人国記』は、遠い西日本はデタラメ記述が目立つが、東日本はわりあい当たっとる
んじゃないか。 上総国は、武勇では「関東で二番と劣るべからず」と、関東最強云う。
 近代郷土部隊でも、今村均大将が佐倉連隊長じゃった頃でも、
「千葉県佐倉町屯在の歩兵第五十七連隊の兵員は、悉く千葉県下、房総地方出身の
青年であり、大部分は半農半漁を業とした者たちなので、自然、第一師団(東京)に
属する四つの歩兵連隊中、その体力は、断然他よりすぐれ、例えばその年の秋季演習
約十日間の行動中、一名の落伍者も出さないいで、全員やり通した中隊、わが連隊
十中隊のうち、五個中隊を報告したところ、参謀長が「君の連隊以外には、一つの
中隊もないのだ。」とか、 「約十日間、富士の裾野で行われた師団内のも一つの
旅団の連隊対抗演習で、甲府連隊 (山梨・神奈川の兵員)が多数の落伍者を出し、
そのうちの幾名かが、遂に生きてかえらず、」と、甲斐や相模は基礎体力も劣って
おったし、関東一の精強の上総や安房にゃ勝てんよ。
中国地方をほぼ制覇したんは、やつぱし安芸兵の強さは無視出来んよ。広島師団でも
広島聯隊が最上位にあったし。まあ、中国地方自体は平地土地が狭いゆえ、隙の無ぁ
将兵を産出する。九州なんか土地が広いし、東日本の山麓地域すら山が高くと、平地も
広いゆえ、のんびりして戦闘が雑なんよのう。広島人は狭い土地柄ゆえ、警戒心と
疑い深い性格で、指揮官の判断より自分で確認した敵さんを標的にするけぇ、集団自滅も
回避出来るし、戦闘のプロ揃いで他地域の兵たぁレベルが違うよ。遊撃戦も正面ガチンコ
白兵戦にも強いし、近代戦だけじゃのう朝鮮の役でも、碧蹄館の戦いで九州勢を粉砕し、
勢いに乗る遼東軍を一番苦闘な正面ガチンコで食い止めたんは、小早川隆景に率いられた
安芸広島勢じゃけぇ、歴史的伝統も武勲実績も他地域たぁ段々が違うわいのう。

292日本@名無史さん2017/09/08(金) 17:52:18.07
薩摩は非武装国家の琉球を武力鎮圧しようとしたが、従わんけえ、武力行使したんが
正規軍が後の城下士と云われる軟弱な武士階級ゆえ、結局負けて、派遣傭兵たる
下郎の戦闘はお茶の子さいさいの野郎集団を派遣して琉球を鎮圧したわけじゃが、
野郎は、髪型が北方遊牧民式の禿頭で一般庶民との識別された定住より移動生活を
する集団を非正規から正規雇用したんが江戸初期じゃろう。
じゃが、彼奴らも正規雇用され武士階級化することで、文明的堕落で江戸末にゃ上司の
城下士族ほど弱いに無ぁとしても、軟弱化しとるけんのう。
片や、被差別民系の武力依存に乏しい東国は、新撰組させカタギの農民が派遣社員
じゃけぇ、西との勝負じゃ勝てんわ。まあ、東日本の被差別民は江戸期の西日本
からの文化概念で分けたもんじゃけぇ伝統が無いぁけぇ非正規雇用云う発想すら
無かったろうけどのう。
秀吉の九州征伐の時も、薩摩藩が大友領に送り込んで要地を
守らせたが、妻子同伴で家族単位に移って戦闘を請け負う集団でもあった。
まあ、九州征伐で黒田勢は、「無残討果候へハ近国の野郎のたねを断つへく候間(中略)
不残撫切にそ討果頸数二千余也。」野郎軍団の「たねを断つへく」「討果頸二千余」と
相当な野郎を成敗し、薩摩勢の手足をもいだけんのう。
近隣中国山陽道勢は、野郎戦法の釣り野伏せり戦法は知っとるし、被差別民集団の
情報収集能力も活用したけぇ安芸広島の毛利勢や兵庫県播磨の黒田勢にゃ薩摩勢も
手も足もでんよ。薩摩勢に負けよる土佐の長宗我部勢や、畿内の豊臣秀長勢は、
駄目じゃのう。
まあ幕末じゃ長宗我部系の土佐郷士が出臍(歴史舞台に出たがり)で、山内系の
土佐上士らが怒って弾圧受けたりしよったけぇ、確執も強かったんじゃろうけど、
薩摩の野郎末裔らは鹿児島人の海音寺潮五郎氏の云われる頭の悪さで上に
付くけぇのう。
日本の大企業も、ようけパナマ文書に載っとるように、こんなから国がカスリ
取りゃあ、ツケを若い世代に負わす必要が無ぁどころか国庫が潤うよ。
昭和期並みの法人税の税率カスリ4割以上取りゃあ国民の福利にも使えるし。

293日本@名無史さん2017/09/09(土) 14:51:22.38
日本の大企業も、ようけパナマ文書に載っとるように、こんなから国がカスリ
取りゃあ、ツケを若い世代に負わす必要が無ぁどころか国庫が潤うよ。
昭和期並みの法人税の税率カスリ4割以上取りゃあ国民の福利にも使えるし。
じゃが企業献金の政治屋、天下りの官僚の癒着体質ゆえ、旦那の懐からカスリ
取れんのじゃろう。しかも新自由主義が世界中に拡散し、大企業優遇に成ったし。
古典的リバータリアン自由主義なら、自由競争による機会の公正さの原則から
逸脱した行為とるんが、ネオ・リベラルの新自由主義者らじゃけぇのう。
われがコピー繰り返しよるけぇか知らんが、わしゃ昨日は規制で書けなんだわいや。
毛利元就だって広島の英雄だけど、
別に安芸の兵が強いから中国地方を制覇したわけじゃないもんな
牛の糞にも段々があってのう。弱兵の産地関東地方でもよ。
甲斐の甲府連隊じゃの、連隊対抗戦で千葉の佐倉連隊にすら勝てんし…。
『人国記』は、遠い西日本はデタラメ記述が目立つが、東日本はわりあい当たっとる
んじゃないか。 上総国は、武勇では「関東で二番と劣るべからず」と、関東最強云う。
 近代郷土部隊でも、今村均大将が佐倉連隊長じゃった頃でも、
「千葉県佐倉町屯在の歩兵第五十七連隊の兵員は、悉く千葉県下、房総地方出身の
青年であり、大部分は半農半漁を業とした者たちなので、自然、第一師団(東京)に
属する四つの歩兵連隊中、その体力は、断然他よりすぐれ、例えばその年の秋季演習
約十日間の行動中、一名の落伍者も出さないいで、全員やり通した中隊、わが連隊
十中隊のうち、五個中隊を報告したところ、参謀長が「君の連隊以外には、一つの
中隊もないのだ。」とか、 「約十日間、富士の裾野で行われた師団内のも一つの
旅団の連隊対抗演習で、甲府連隊 (山梨・神奈川の兵員)が多数の落伍者を出し、
そのうちの幾名かが、遂に生きてかえらず、」と、甲斐や相模は基礎体力も劣って
おったし、関東一の精強の上総や安房にゃ勝てんよ。
 まあ、甲種合格率日本一常連の岩手県たぁ、体力的にも断然弱い関東、甲州じゃ
比べもんにならんけど、関東じゃ、千葉の佐倉連隊、北関東なら群馬の高崎連隊が、
関東限定じゃ強いんじゃろう。

294日本@名無史さん2017/09/11(月) 09:46:27.26
見にきたけえのう
長岡で苦戦する程度の薩摩に何が出来るんなら。まあ戊辰戦争でも浜通り武勲赫々の
広島県土民軍の安芸神機隊にゃ到底勝てんし、浜通りじゃ薩摩さぁ強い九州一勇猛な
熊本藩すら、奥羽勢に押されよったけぇのう。
まあ、勢いだけの九州勢や四国勢は東北や越後の兵のように体力と耐久力に優る連中に
ぶっつけたらいけんよう。機敏な攻撃力と共に膠着しても粘り強さを持ち合わせとる
中国地方勢にゃなぁとのう。
薩摩が長州征伐したとしても、惨敗するし、薩摩差別された下郎系芋郷士らの遊撃戦
釣り野伏し戦法も、山口県の戦闘のプロの遊撃戦のプロの被差別民軍団にゃ
幕府軍同様通用せんし。 ちなみに他藩に被差別民扱いされる野郎集団も郷士の士族に
したけぇ、薩摩の兵員数は増えるんよ。
「薩摩の下郎は生死を知らず(命知らずの勇猛ぶり)」と云われて芋郷士の起源の
野郎集団じゃろう。民俗学者の千葉徳爾氏は薩摩の下郎たる野郎について、
{ 薩摩の兵士の中にいる、ある種の人びと(薩摩島津家の被官で無足人、すなわち
一定の給地を与えられていない武士階級。島津氏はこれを使用して琉球を征服した。)
薩摩はこの種の部隊を大友領に送り込んで要地を守らせており、妻子同伴で
戦闘従事したもののようにも思われる。
薩摩は非武装国家の琉球を武力鎮圧しようとしたが、従わんけえ、武力行使したんが
正規軍が後の城下士と云われる軟弱な武士階級ゆえ、結局負けて、派遣傭兵たる
下郎の戦闘はお茶の子さいさいの野郎集団を派遣して琉球を鎮圧したわけじゃが、
野郎は、髪型が北方遊牧民式の禿頭で一般庶民との識別された定住より移動生活を
する集団を非正規から正規雇用したんが江戸初期じゃろう。
じゃが、彼奴らも正規雇用され武士階級化することで、文明的堕落で江戸末にゃ上司の
城下士族ほど弱いに無ぁとしても、軟弱化しとるけんのう。
片や、被差別民系の武力依存に乏しい東国は、新撰組させカタギの農民が派遣社員
じゃけぇ、西との勝負じゃ勝てんわ。まあ、東日本の被差別民は江戸期の西日本
からの文化概念で分けたもんじゃけぇ伝統が無いぁけぇ非正規雇用云う発想すら
無かったろうけどのう。

295日本@名無史さん2017/09/11(月) 10:16:49.52
>>1
そもそも家光の頃は鎖国をしたという意識はなかったのでないの?
貿易と出入国の制限をしたと言う感覚だったのでないの?
貿易額はその前の戦国の頃よりも鎖国後と言われた時代のほうが
多かったみたいだしな。

296日本@名無史さん2017/09/11(月) 14:29:05.08
なんで学校では鎖国の完成を家光の頃って教えるんだろうな
鎖国が祖法だと言い出した松平定信で完成じゃないのか?

297日本@名無史さん2017/09/11(月) 18:52:17.47
>>296
定信はロシアに通航許可証を与えてるよ。
次の老中戸田なんとかが鎖国を完成させたことになる。

298日本@名無史さん2017/09/11(月) 19:38:35.61
松平定信はラクスマンの時で、レザノフは土井利厚か
鎖国の是非は家光の時よりこの辺を語った方がいいよな

299日本@名無史さん2017/09/11(月) 21:26:15.18
>>295
>そもそも家光の頃は鎖国をしたという意識はなかったのでないの?
>貿易と出入国の制限をしたと言う感覚だったのでないの?
欧米ではそれを鎖国と言うんじゃね。

300日本@名無史さん2017/09/11(月) 22:51:36.12
>>295
>>299

吉宗が緩和するまでは洋書の輸入も原則禁止だった
だから国を閉ざしたという意識はあったと当時でもあったと思われる
何せ戦国時代には東南アジアに日本人町ができるぐらい国が開かれていたのに、
日本人町との交流もできなくなったので、なおさら国を閉ざしたという意識はあったろう

301日本@名無史さん2017/09/12(火) 06:44:39.75
この国はある意味では北朝鮮以上の国民を騙す国家だと思う 北朝鮮以上に国民を騙し詐欺師の様に搾取する

★★★★政治家・マスゴミ・が隠す日本の真実!★★★★
https://www.youtube.com/watch?v=pX9COqRfCSU
  ↓       ↓            ↓
https://www.youtube.com/watch?v=A-cKT-sKly4&;;list=PLTEQ4LklraVRq1fq3xbolEhHFm4lhBYVM&index=1
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

302白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/09/14(木) 02:52:18.99
>>300
結局、家光は、日本人渡航禁止に渡航日本人町の帰国も禁止して棄民として見捨てた
不人情な日本の上層部の歴史伝統じゃが、逆に外国人も出島に隔離される時点で
鎖国よのう。まあ、家光も国開いて人身売買の儲けは九州大名を潤うわすだけで、
デメリットが多いいけぇ出島管理の囲い込みやったんじゃろう。
>>241のブログの[・(秀吉)日本人を買って奴隷にするな!、
(イエズス会コエリュ)じゃ、売るな!]問答時代じゃ無ぁし。
[・浪人停止令:浪人の「人掃い」が目的、この「浪人」とは主人を失った
「武士の面々」のことではなく、「侍・中間・小者・あらしこ」等の身分で仕える
主人を持たないで田畑を耕さない者。浪人(牢人)は質量とも圧倒的に武士ではない
「侍・下人」の身分が多かったのである。]
幕府にとって火種になる浪人問題が放置出来んけぇ、「田畑を耕さない者」の浪人を
元の商工や狩猟・漁撈、ほいから多くは被差別民に戻したりしたけぇのう。
江戸幕府の囲い込み政策によって。薩摩藩も>>236-238の薩摩の下郎たる非農耕の
夜討、強盗の戦闘集団の「野郎」を囲い込みで屯田郷士にして、世が何時乱れても
迅速に行動出来るようにじゃけぇ、配備囲い込み云うべきか。

303日本@名無史さん2017/09/14(木) 09:01:25.98
>>300
結局、家光は、日本人渡航禁止に渡航日本人町の帰国も禁止して棄民として見捨てた
不人情な日本の上層部の歴史伝統じゃが、逆に外国人も出島に隔離される時点で
鎖国よのう。まあ、家光も国開いて人身売買の儲けは九州大名を潤うわすだけで、
デメリットが多いいけぇ出島管理の囲い込みやったんじゃろう。
>>241のブログの[・(秀吉)日本人を買って奴隷にするな!、
(イエズス会コエリュ)じゃ、売るな!]問答時代じゃ無ぁし。
[・浪人停止令:浪人の「人掃い」が目的、この「浪人」とは主人を失った
「武士の面々」のことではなく、「侍・中間・小者・あらしこ」等の身分で仕える
主人を持たないで田畑を耕さない者。浪人(牢人)は質量とも圧倒的に武士ではない
「侍・下人」の身分が多かったのである。]
幕府にとって火種になる浪人問題が放置出来んけぇ、「田畑を耕さない者」の浪人を
元の商工や狩猟・漁撈、ほいから多くは被差別民に戻したりしたけぇのう。
江戸幕府の囲い込み政策によって。薩摩藩も>>236-238の薩摩の下郎たる非農耕の
夜討、強盗の戦闘集団の「野郎」を囲い込みで屯田郷士にして、世が何時乱れても
迅速に行動出来るようにじゃけぇ、配備囲い込み云うべきか。

304日本@名無史さん2017/09/14(木) 09:18:31.70
>>300
結局、家光は、日本人渡航禁止に渡航日本人町の帰国も禁止して棄民として見捨てた
不人情な日本の上層部の歴史伝統じゃが、逆に外国人も出島に隔離される時点で
鎖国よのう。まあ、家光も国開いて人身売買の儲けは九州大名を潤うわすだけで、
デメリットが多いいけぇ出島管理の囲い込みやったんじゃろう。
>>241のブログの[・(秀吉)日本人を買って奴隷にするな!、
(イエズス会コエリュ)じゃ、売るな!]問答時代じゃ無ぁし。
[・浪人停止令:浪人の「人掃い」が目的、この「浪人」とは主人を失った
「武士の面々」のことではなく、「侍・中間・小者・あらしこ」等の身分で仕える
主人を持たないで田畑を耕さない者。浪人(牢人)は質量とも圧倒的に武士ではない
「侍・下人」の身分が多かったのである。]
幕府にとって火種になる浪人問題が放置出来んけぇ、「田畑を耕さない者」の浪人を
元の商工や狩猟・漁撈、ほいから多くは被差別民に戻したりしたけぇのう。
江戸幕府の囲い込み政策によって。薩摩藩も>>236-238の薩摩の下郎たる非農耕の
夜討、強盗の戦闘集団の「野郎」を囲い込みで屯田郷士にして、世が何時乱れても
迅速に行動出来るようにじゃけぇ、配備囲い込み云うべきか。
牛の糞にも段々があってのう。弱兵の産地関東地方でもよ。
甲斐の甲府連隊じゃの、連隊対抗戦で千葉の佐倉連隊にすら勝てんし…。
『人国記』は、遠い西日本はデタラメ記述が目立つが、東日本はわりあい当たっとる
んじゃないか。 上総国は、武勇では「関東で二番と劣るべからず」と、関東最強云う。
 近代郷土部隊でも、今村均大将が佐倉連隊長じゃった頃でも、
「千葉県佐倉町屯在の歩兵第五十七連隊の兵員は、悉く千葉県下、房総地方出身の
青年であり、大部分は半農半漁を業とした者たちなので、自然、第一師団(東京)に
属する四つの歩兵連隊中、その体力は、断然他よりすぐれ、例えばその年の秋季演習
約十日間の行動中、一名の落伍者も出さないいで、全員やり通した中隊、わが連隊
十中隊のうち、五個中隊を報告したところ、参謀長が「君の連隊以外には、一つの
中隊もないのだ。」とか、

305日本@名無史さん2017/09/14(木) 09:19:00.23
兵隊の基礎体力たぁ、山道の行軍でトラック競技の平面の体力測定と違うけぇ、都会や
平野育ちのスポーツ優秀選手を軍隊へ入れたらアゴ出して倒れるわ、倒れたら容赦のう、
竹刀や軍刀で滅多射ちされて、精神的虐めにも絶える根性がなあと訓練演習レベルの
優秀兵すら成れんけぇのう。北関東の兵士はニューギニアの行軍でも苦しさから、
天皇から預かった銃すら捨てて部隊の体をなさんかったけぇのう。広島師団から派遣
された島根県の浜田聯隊は、誰一人銃を捨てて行軍した兵士じゃのおらんかったのに。
もっとも、広島師団じゃ天皇陛下から預かった銃とか建前云わず、己の身を守るもんじゃ
云うて教育するけどのう。越前兵は、越後兵と遜色無ぁくらいそれなりにゃ強いよ。
遠州も三河同様の突破豊橋聯隊で、北陸の兵よりは、攻撃力に優れるが、戦線膠着じゃ
鈍重でも北陸兵に長がある。
尾張兵は平野部ゆえ、名古屋聯隊は隣の豊橋聯隊よりは劣っとったのう。美濃の岐阜は
それなりに強い云うか名古屋よりかは上よ。
中国地方をほぼ制覇したんは、やつぱし安芸兵の強さは無視出来んよ。広島師団でも
広島聯隊が最上位にあったし。まあ、中国地方自体は平地土地が狭いゆえ、隙の無ぁ
将兵を産出する。九州なんか土地が広いし、東日本の山麓地域すら山が高くと、平地も
広いゆえ、のんびりして戦闘が雑なんよのう。広島人は狭い土地柄ゆえ、警戒心と
疑い深い性格で、指揮官の判断より自分で確認した敵さんを標的にするけぇ、集団自滅も
回避出来るし、戦闘のプロ揃いで他地域の兵たぁレベルが違うよ。遊撃戦も正面ガチンコ
白兵戦にも強いし、近代戦だけじゃのう朝鮮の役でも、碧蹄館の戦いで九州勢を粉砕し、
勢いに乗る遼東軍を一番苦闘な正面ガチンコで食い止めたんは、小早川隆景に率いられた
安芸広島勢じゃけぇ、歴史的伝統も武勲実績も他地域たぁ段々が違うわいのう。
国が開かれた云うたぁ、南蛮船の奴隷貿易の為、長崎、平戸が奴隷市場に
成ったけぇのう。薩摩の野郎も戦場捕虜を奴隷として売り飛ばし稼いだんじゃろうけど。

306日本@名無史さん2017/09/14(木) 09:19:20.42
日本の大企業も、ようけパナマ文書に載っとるように、こんなから国がカスリ
取りゃあ、ツケを若い世代に負わす必要が無ぁどころか国庫が潤うよ。
昭和期並みの法人税の税率カスリ4割以上取りゃあ国民の福利にも使えるし。
じゃが企業献金の政治屋、天下りの官僚の癒着体質ゆえ、旦那の懐からカスリ
取れんのじゃろう。しかも新自由主義が世界中に拡散し、大企業優遇に成ったし。
古典的リバータリアン自由主義なら、自由競争による機会の公正さの原則から
逸脱した行為とるんが、ネオ・リベラルの新自由主義者らじゃけぇのう。
われがコピー繰り返しよるけぇか知らんが、わしゃ昨日は規制で書けなんだわいや。
毛利元就だって広島の英雄だけど、
別に安芸の兵が強いから中国地方を制覇したわけじゃないもんな
牛の糞にも段々があってのう。弱兵の産地関東地方でもよ。
甲斐の甲府連隊じゃの、連隊対抗戦で千葉の佐倉連隊にすら勝てんし…。
『人国記』は、遠い西日本はデタラメ記述が目立つが、東日本はわりあい当たっとる
んじゃないか。 上総国は、武勇では「関東で二番と劣るべからず」と、関東最強云う。
 近代郷土部隊でも、今村均大将が佐倉連隊長じゃった頃でも、
「千葉県佐倉町屯在の歩兵第五十七連隊の兵員は、悉く千葉県下、房総地方出身の
青年であり、大部分は半農半漁を業とした者たちなので、自然、第一師団(東京)に
属する四つの歩兵連隊中、その体力は、断然他よりすぐれ、例えばその年の秋季演習
約十日間の行動中、一名の落伍者も出さないいで、全員やり通した中隊、わが連隊
十中隊のうち、五個中隊を報告したところ、参謀長が「君の連隊以外には、一つの
中隊もないのだ。」とか、 「約十日間、富士の裾野で行われた師団内のも一つの
旅団の連隊対抗演習で、甲府連隊 (山梨・神奈川の兵員)が多数の落伍者を出し、
そのうちの幾名かが、遂に生きてかえらず、」と、甲斐や相模は基礎体力も劣って
おったし、関東一の精強の上総や安房にゃ勝てんよ。
 まあ、甲種合格率日本一常連の岩手県たぁ、体力的にも断然弱い関東、甲州じゃ
比べもんにならんけど、関東じゃ、千葉の佐倉連隊、北関東なら群馬の高崎連隊が、
関東限定じゃ強いんじゃろう。

307日本@名無史さん2017/09/14(木) 09:19:46.35
まあ、>>242の勝海舟の言は、欧米女性の性欲と比べてで、日本でも江戸期から
参勤交代は不義密通の不倫の間男季節で武家の妻女は間男との性愛にのめり込んだ
じゃが。尾張藩士朝日文左衛門の日記にもあるようにのう。
不義密通の武士の妻は江戸期の儒教価値観から妻を斬首出来たが、
「しかし本当に妻を斬り殺してしまうのはかわいそうだとか、大騒ぎしては
世間に恥ずかしいという理由で、穏便に済ますことも多かったようだ。
そのときの相場は7両2分だった。といっても、現代と同じく支払い能力も
問題もあるから、もっと低い金額で解決した例もあった。」と、建前と本音は違うし、
世間体の体面云う儒教的価値観にお役人武士は救いを求めたし。
そもそも、大名、武士じゃの戦国期の成り上がる前は、女房の売春のシノギや自身の
お尻提供で出世し渡世送った子孫がほとんどじゃし、妻の不倫を叱る資格すら無ぁ
わいのう(笑)。
ほいじゃが、織田信長と前田利家はどっちがカッパでオカマ掘る方かアンコでオカマ
掘られる方かはっきりしとらんのう。概ね主君がオカマ掘る方が通常じゃが。
秀吉の九州征伐の時も、薩摩藩が大友領に送り込んで要地を
守らせたが、妻子同伴で家族単位に移って戦闘を請け負う集団でもあった。
まあ、九州征伐で黒田勢は、「無残討果候へハ近国の野郎のたねを断つへく候間(中略)
不残撫切にそ討果頸数二千余也。」野郎軍団の「たねを断つへく」「討果頸二千余」と
相当な野郎を成敗し、薩摩勢の手足をもいだけんのう。
近隣中国山陽道勢は、野郎戦法の釣り野伏せり戦法は知っとるし、被差別民集団の
情報収集能力も活用したけぇ安芸広島の毛利勢や兵庫県播磨の黒田勢にゃ薩摩勢も
手も足もでんよ。薩摩勢に負けよる土佐の長宗我部勢や、畿内の豊臣秀長勢は、
駄目じゃのう。
まあ幕末じゃ長宗我部系の土佐郷士が出臍(歴史舞台に出たがり)で、山内系の
土佐上士らが怒って弾圧受けたりしよったけぇ、確執も強かったんじゃろうけど、
薩摩の野郎末裔らは鹿児島人の海音寺潮五郎氏の云われる頭の悪さで上に
付くけぇのう。

308日本@名無史さん2017/09/14(木) 09:20:31.33
薩摩は非武装国家の琉球を武力鎮圧しようとしたが、従わんけえ、武力行使したんが
正規軍が後の城下士と云われる軟弱な武士階級ゆえ、結局負けて、派遣傭兵たる
下郎の戦闘はお茶の子さいさいの野郎集団を派遣して琉球を鎮圧したわけじゃが、
野郎は、髪型が北方遊牧民式の禿頭で一般庶民との識別された定住より移動生活を
する集団を非正規から正規雇用したんが江戸初期じゃろう。
じゃが、彼奴らも正規雇用され武士階級化することで、文明的堕落で江戸末にゃ上司の
城下士族ほど弱いに無ぁとしても、軟弱化しとるけんのう。
片や、被差別民系の武力依存に乏しい東国は、新撰組させカタギの農民が派遣社員
じゃけぇ、西との勝負じゃ勝てんわ。まあ、東日本の被差別民は江戸期の西日本
からの文化概念で分けたもんじゃけぇ伝統が無いぁけぇ非正規雇用云う発想すら
無かったろうけどのう。
野郎集団は、秀吉の九州征伐の時も、薩摩藩が大友領に送り込んで要地を
守らせたが、妻子同伴で家族単位に移って戦闘を請け負う集団でもあった。
まあ、九州征伐で黒田勢は、「無残討果候へハ近国の野郎のたねを断つへく候間(中略)
不残撫切にそ討果頸数二千余也。」野郎軍団の「たねを断つへく」「討果頸二千余」と
相当な野郎を成敗し、薩摩勢の手足をもいだけんのう。
近隣中国山陽道勢は、野郎戦法の釣り野伏せり戦法は知っとるし、被差別民集団の
情報収集能力も活用したけぇ安芸広島の毛利勢や兵庫県播磨の黒田勢にゃ薩摩勢も
手も足もでんよ。薩摩勢に負けよる土佐の長宗我部勢や、畿内の豊臣秀長勢は、
駄目じゃのう。
まあ幕末じゃ長宗我部系の土佐郷士が出臍(歴史舞台に出たがり)で、山内系の
土佐上士らが怒って弾圧受けたりしよったけぇ、確執も強かったんじゃろうけど、
薩摩の野郎末裔らは鹿児島人の海音寺潮五郎氏の云われる頭の悪さで上に
付くけぇのう。

309日本@名無史さん2017/09/14(木) 11:30:52.37
>>305
小早川が朝鮮の役で率いていたのは筑前勢だろ

広島人最強の「所以」たる毛利が、もともとは大江氏の子孫で京都の官人で、
関東に下って鎌倉幕府に仕えていたという点は目をつむってやるけど

310日本@名無史さん2017/09/14(木) 13:06:44.95
日本の大企業も、ようけパナマ文書に載っとるように、こんなから国がカスリ
取りゃあ、ツケを若い世代に負わす必要が無ぁどころか国庫が潤うよ。
昭和期並みの法人税の税率カスリ4割以上取りゃあ国民の福利にも使えるし。
じゃが企業献金の政治屋、天下りの官僚の癒着体質ゆえ、旦那の懐からカスリ
取れんのじゃろう。しかも新自由主義が世界中に拡散し、大企業優遇に成ったし。
古典的リバータリアン自由主義なら、自由競争による機会の公正さの原則から
逸脱した行為とるんが、ネオ・リベラルの新自由主義者らじゃけぇのう。
われがコピー繰り返しよるけぇか知らんが、わしゃ昨日は規制で書けなんだわいや。
毛利元就だって広島の英雄だけど、別に安芸の兵が強いから中国地方を制覇したわけ
じゃないもんな牛の糞にも段々があってのう。弱兵の産地関東地方でもよ。
甲斐の甲府連隊じゃの、連隊対抗戦で千葉の佐倉連隊にすら勝てんし…。
『人国記』は、遠い西日本はデタラメ記述が目立つが、東日本はわりあい当たっとる
んじゃないか。 上総国は、武勇では「関東で二番と劣るべからず」と、関東最強云う。
 近代郷土部隊でも、今村均大将が佐倉連隊長じゃった頃でも、
「千葉県佐倉町屯在の歩兵第五十七連隊の兵員は、悉く千葉県下、房総地方出身の
青年であり、大部分は半農半漁を業とした者たちなので、自然、第一師団(東京)に
属する四つの歩兵連隊中、その体力は、断然他よりすぐれ、例えばその年の秋季演習
約十日間の行動中、一名の落伍者も出さないいで、全員やり通した中隊、わが連隊
十中隊のうち、五個中隊を報告したところ、参謀長が「君の連隊以外には、
一つの中隊もないのだ。」とか、 「約十日間、富士の裾野で行われた師団内のも一つの
旅団の連隊対抗演習で、甲府連隊 (山梨・神奈川の兵員)が多数の落伍者を出し、
そのうちの幾名かが、遂に生きてかえらず、」と、甲斐や相模は基礎体力も劣って
おったし、関東一の精強の上総や安房にゃ勝てんよ。

311日本@名無史さん2017/09/14(木) 15:24:19.93
誰もスレタイの話題をしてないのが笑える

312日本@名無史さん2017/09/14(木) 19:52:11.10
牛の糞にも段々があってのう。弱兵の産地関東地方でもよ。
甲斐の甲府連隊じゃの、連隊対抗戦で千葉の佐倉連隊にすら勝てんし…。
『人国記』は、遠い西日本はデタラメ記述が目立つが、東日本はわりあい当たっとる
んじゃないか。 上総国は、武勇では「関東で二番と劣るべからず」と、関東最強云う。
 近代郷土部隊でも、今村均大将が佐倉連隊長じゃった頃でも、
「千葉県佐倉町屯在の歩兵第五十七連隊の兵員は、悉く千葉県下、房総地方出身の
青年であり、大部分は半農半漁を業とした者たちなので、自然、第一師団(東京)に
属する四つの歩兵連隊中、その体力は、断然他よりすぐれ、例えばその年の秋季演習
約十日間の行動中、一名の落伍者も出さないいで、全員やり通した中隊、わが連隊
十中隊のうち、五個中隊を報告したところ、参謀長が「君の連隊以外には、一つの
中隊もないのだ。」とか、 「約十日間、富士の裾野で行われた師団内のも一つの
旅団の連隊対抗演習で、甲府連隊 (山梨・神奈川の兵員)が多数の落伍者を出し、
そのうちの幾名かが、遂に生きてかえらず、」と、甲斐や相模は基礎体力も劣って
おったし、関東一の精強の上総や安房にゃ勝てんよ。
中国地方をほぼ制覇したんは、やつぱし安芸兵の強さは無視出来んよ。広島師団でも
広島聯隊が最上位にあったし。まあ、中国地方自体は平地土地が狭いゆえ、隙の無ぁ
将兵を産出する。九州なんか土地が広いし、東日本の山麓地域すら山が高くと、平地も
広いゆえ、のんびりして戦闘が雑なんよのう。広島人は狭い土地柄ゆえ、警戒心と
疑い深い性格で、指揮官の判断より自分で確認した敵さんを標的にするけぇ、集団自滅も
回避出来るし、戦闘のプロ揃いで他地域の兵たぁレベルが違うよ。遊撃戦も正面ガチンコ
白兵戦にも強いし、近代戦だけじゃのう朝鮮の役でも、碧蹄館の戦いで九州勢を粉砕し、
勢いに乗る遼東軍を一番苦闘な正面ガチンコで食い止めたんは、小早川隆景に率いられた
安芸広島勢じゃけぇ、歴史的伝統も武勲実績も他地域たぁ段々が違うわいのう。

313日本@名無史さん2017/09/14(木) 19:52:35.81
長岡で苦戦する程度の薩摩に何が出来るんなら。まあ戊辰戦争でも浜通り武勲赫々の
広島県土民軍の安芸神機隊にゃ到底勝てんし、浜通りじゃ薩摩さぁ強い九州一勇猛な
熊本藩すら、奥羽勢に押されよったけぇのう。
まあ、勢いだけの九州勢や四国勢は東北や越後の兵のように体力と耐久力に優る連中に
ぶっつけたらいけんよう。機敏な攻撃力と共に膠着しても粘り強さを持ち合わせとる
中国地方勢にゃなぁとのう。
薩摩が長州征伐したとしても、惨敗するし、薩摩差別された下郎系芋郷士らの遊撃戦
釣り野伏し戦法も、山口県の戦闘のプロの遊撃戦のプロの被差別民軍団にゃ
幕府軍同様通用せんし。 ちなみに他藩に被差別民扱いされる野郎集団も郷士の士族に
したけぇ、薩摩の兵員数は増えるんよ。
「薩摩の下郎は生死を知らず(命知らずの勇猛ぶり)」と云われて芋郷士の起源の
野郎集団じゃろう。民俗学者の千葉徳爾氏は薩摩の下郎たる野郎について、
{ 薩摩の兵士の中にいる、ある種の人びと(薩摩島津家の被官で無足人、すなわち
一定の給地を与えられていない武士階級。島津氏はこれを使用して琉球を征服した。)
薩摩はこの種の部隊を大友領に送り込んで要地を守らせており、妻子同伴で
戦闘従事したもののようにも思われる。
これらから帰納される「野郎」というものの存在は、以下のように要約されるであろう。
(1)九州の一部に存在した武力を有する一階層である。
(2)一般の日常倫理に従わず、必要な場合は夜討強盗行為をも敢えてする。
(3)家族をもち集団生活を営む。
(4)特に髪型に特色ある形状をもち、それによって一般住民との識別を示した。}

314日本@名無史さん2017/09/14(木) 20:07:18.58
中央や広島含む、南九州以外の西日本は高貴な北方渡来系故、肉云うたら普通牛食うが、
沖縄や関東は、縄文残存度が高ぁ広顔じゃけぇ、豚食うのう。

縄文残存度が高ぁほど、豚食うけぇのう。

315日本@名無史さん2017/09/14(木) 22:34:44.40
まあ、戦前まで九州は「人さらい」が誘拐、拉致して海外へ売り飛ばし必然的に
売春婦にされられたんが「からゆきさん」娘子軍じゃが、日本の明治国家も
外貨シノギに女の輸出奨励じゃったし。
勝海舟の「清話のしらべ」(明治30年4、22日)
「出稼ぎ女は、非常に多いそうな。それで、おれは、先達て、外国人が来た時、
公然とはなした。 アナタの国は、色々の産物があるが、日本にもそれにまけない
ものがあります。女です。どうです。
これからまだまだ多くなります、どんどん輸出するつもりですと言ったら、
御冗談をと言うたが、 冗談じゃあない。しかし、その代わりには、アナタの
お国のように、間男する者はありません。アナタのお国でたいていの家で間男を
しない者は一軒もありますまいと、言ってやった。
男女の慎みは、本当は日本の方が善い。サンフランシスコなどにワシの行った時に
見ると、それはひどいものだ。(中略)妻君を貸して、一時間何程で淫売させる
ものもある。ワシなどにも、あなた、それがしの妻はどうです、気がありませんか
などと周旋したものがある。」
日本が古代から戦国期、明治、昭和初期まで、女が輸出品じゃったんは事実じゃが、
欧米人女性の 性欲や不義密通にゃあ太刀打ち出来んよ。
盗みは九州人云うんは、高崎伝氏の文から要点を抽出しとこう。
[糧秣受領にゆくとき、ドロボーにゆくという、 百二十四連隊(福岡)共通の暗号で、
他部隊の者はおそらく誰も知らなかっただろう。兵隊たちは掴まりそうになったら
カシの棒で警備の兵隊をぶん殴って気絶させたそうである。
「おい戦友、堪忍やぜ。俺を恨むなよ。恨むなら、うちの親分を恨めよ。警備に
立ったら、日本兵やからとて油断するなよ。これも訓練の一つだ。こんど
来たときゃァ、素直に盗らせてくれよな」
まさに説教強盗も顔負けである。
「出稼ぎ女は、非常に多いそうな。それで、おれは、先達て、外国人が来た時、
公然とはなした。 アナタの国は、色々の産物があるが、日本にもそれにまけない
ものがあります。女です。どうです。

316白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/09/15(金) 02:52:45.12
>>309
小早川勢自体は広島県の芸備の将兵じゃし、小早川隆景の契約家臣も養子の
小早川秀秋に従い筑前行ったもんはほとんどおらんよ。
文禄の役で九州熊本勢が李如松の遼東軍に惨敗潰走した日本軍総崩れを食い止めた
「碧蹄館の戦い」を勝ちえたんは、最も苦闘を強いられる正面ガチンコの広島勢で。
[日本軍先鋒隊は26日未明より行動を開始し、午前6時頃から礪石嶺において先陣の
立花宗茂と高橋直次が明副将(副総兵)查大受率いる明軍先鋒と激戦、立花勢は
苦戦しつつもこれを支え、小早川勢の救援をえて明軍先鋒を撃退した。この戦端が
開かれた時点では日本軍本隊はまだ漢城に在った。
午前10時頃、明軍は左・右・中央の三隊の陣形で押し寄せた。疲労の深い立花勢を
後方に下げ、替わって前面に出た小早川隆景軍の先陣二隊の内、明軍の矢面に立った
粟屋景雄隊が次々繰り出される新手を支えきれずに後退を始めると明軍はすかさず
追撃に移る。しかし戦機を待ってそれまで待機していたもう一方の井上景貞隊が
その側背に回り込んで攻撃したことで明軍は大混乱となった。その機を逃さず、
立花、高橋勢が左方から、小早川秀包、毛利元康、筑紫広門勢が右方から側撃、
隆景本隊と吉川広家、宇喜多家臣戸川達安も正面より進撃し、明軍前衛を撃破して
李如松率いる本隊に迫った。そこに明軍も副総兵楊元が火軍(火器装備部隊)を
率いて援軍として駆けつけ態勢を回復して防戦に努めるが、身動きもままならない
狭隘地に三方から包囲される形となって壊走を始める。
李如松自身も落馬したところに小早川の部将井上景貞の手勢に迫られ、一時は命も
危ない状況であったが、側近の李有声が盾となってこれを助け、李如梅、李如柏らが
なんとか救い出したと伝えられる。かくして日本軍本隊の本格的な戦闘参加を待たずに
正午頃には戦いの大勢は決し、日本軍は退却する明軍を碧蹄館北方の峠・恵隠嶺まで
追撃したが、さらに追おうとする立花勢を小早川隆景が押しとどめ、それ以上の
深追いはせず夕刻までに漢城に引き上げた。]

317白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/09/15(金) 03:22:57.19
>>309
>>316のように、筑の立花勢じゃの、長期の我慢が出来ず苦戦すると芸備の広島勢
頼りで、後の近代マレー・シンガポール戦で九州の久留米18Dの泥棒部隊が、
英軍反攻で壊滅に近い敗退した時のトイレットペーパーの尻拭くんが広島師団
じゃったように、戊辰戦争の浜通りの戦いでも、福岡藩が相馬、仙台ら奥羽勢に
負けて、広島県の安芸神機隊が無謀名正面斬り込み白兵戦で撃退したように、
歴史的に毎度のことよのう。ほいで逃げる敵さんを追う追撃戦になると、九州勢は、
気が大きゅうなって、イケイケ気分に成るんじゃけぇ脳天気な単細胞な連中よ。
小早川隆景さんが立花勢の追撃を止めるんも墓穴掘られたらやれんけぇのう。
ほいから、実際の配置図から、小早川勢の井上隊は正面側で背後からじゃ無ぁけんのう。
http://sengokumiman.com/hekiteikannotatakai.jpg

318白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/09/15(金) 03:31:26.19
>>314
広島優秀人材スレで、>901へ書いとるよ。西日本の牛犂から鎧の牛皮とかのう。

319日本@名無史さん2017/09/15(金) 06:33:20.03
鎖国かどうかってのは言葉の定義の問題だからどっちでもいいが
ケンペルはほめてんのに被害妄想で鎖国という用語は幕府を貶めてるとか
日本の用語よりも中国の用語の方が素晴らしいとか能書きたれる風潮はうざいな

320日本@名無史さん2017/09/15(金) 08:38:54.45
>>316 逆だろ
小早川隆景の時には安芸からの家臣が筑前を統治していたが、
秀秋が相続したら、安芸からの家臣は安芸へ引き上げたんだよ
あと朝鮮の役時点で、小早川の兵は筑前の兵が大半だろ

321日本@名無史さん2017/09/15(金) 11:00:05.78
小早川勢自体は広島県の芸備の将兵じゃし、小早川隆景の契約家臣も養子の
小早川秀秋に従い筑前行ったもんはほとんどおらんよ。
文禄の役で九州熊本勢が李如松の遼東軍に惨敗潰走した日本軍総崩れを食い止めた
「碧蹄館の戦い」を勝ちえたんは、最も苦闘を強いられる正面ガチンコの広島勢で。
[日本軍先鋒隊は26日未明より行動を開始し、午前6時頃から礪石嶺において先陣の
立花宗茂と高橋直次が明副将(副総兵)查大受率いる明軍先鋒と激戦、立花勢は
苦戦しつつもこれを支え、小早川勢の救援をえて明軍先鋒を撃退した。この戦端が
開かれた時点では日本軍本隊はまだ漢城に在った。
午前10時頃、明軍は左・右・中央の三隊の陣形で押し寄せた。疲労の深い立花勢を
後方に下げ、替わって前面に出た小早川隆景軍の先陣二隊の内、明軍の矢面に立った
粟屋景雄隊が次々繰り出される新手を支えきれずに後退を始めると明軍はすかさず
追撃に移る。しかし戦機を待ってそれまで待機していたもう一方の井上景貞隊が
その側背に回り込んで攻撃したことで明軍は大混乱となった。その機を逃さず、
立花、高橋勢が左方から、小早川秀包、毛利元康、筑紫広門勢が右方から側撃、
隆景本隊と吉川広家、宇喜多家臣戸川達安も正面より進撃し、明軍前衛を撃破して
李如松率いる本隊に迫った。そこに明軍も副総兵楊元が火軍(火器装備部隊)を
率いて援軍として駆けつけ態勢を回復して防戦に努めるが、身動きもままならない
狭隘地に三方から包囲される形となって壊走を始める。
李如松自身も落馬したところに小早川の部将井上景貞の手勢に迫られ、一時は命も
危ない状況であったが、側近の李有声が盾となってこれを助け、李如梅、李如柏らが
なんとか救い出したと伝えられる。かくして日本軍本隊の本格的な戦闘参加を待たずに
正午頃には戦いの大勢は決し、日本軍は退却する明軍を碧蹄館北方の峠・恵隠嶺まで
追撃したが、さらに追おうとする立花勢を小早川隆景が押しとどめ、それ以上の
深追いはせず夕刻までに漢城に引き上げた。]

322日本@名無史さん2017/09/15(金) 14:52:57.39
考古学板・人類学板・歴史難民板などで他人を誹謗中傷する
レスを繰り返し、スレタイを無視して自分勝手なことを喚いてる
コテハン白馬青牛が、人類学板で瀬島龍三について語りたいと言い
始めました。

明らかに板違いなので、こちらに代行で立てました。適当に相手を
してあげて下さい。レスを辿れば分かると思いますが境界型で……
…な糞コテです。

元々のレスは
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/geo/1298637215/915

あたりから始まりました。


915 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/11/27(日) 00:03:20.92 ID:XJAnhJl7
 >>414-416の洗脳された靖国カルトの宗教右翼が連投しよるのう。
まあ、こんなら(こいつら)戦記じゃの連隊史じゃ中隊史じゃの
読まんで、宗教集団の指定するもんしか読むまあ。
>>906
あんた、自分で調べた云うとるが、シベリア抑留について読んだ作品
と著者あるいは発行した団体でも挙げてみんさい。
ほいからシベリア抑留者が日本政府に賠償要求したことも、
あんたにゃ不満らしい。何しろあんたら「日本会議」の顧問で
あり、ソ連の工作員であった瀬島龍三氏がソ連に引き渡したんじゃ
けぇ都合が悪かろうのう。
 考古学板でもあんた答えんかったが瀬島龍三氏は、赤の売国奴か
どうか? あんた真っ赤な空気が嫌いなんじゃろ?

323日本@名無史さん2017/09/15(金) 14:53:27.52
レスの続き

396 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/12/03(土) 01:16:41.41
>>393-394及び>>395
 言い訳を罵倒に工作する幼稚なことする暇かあるんなら、「靖国カルト」
の「日本会議」顧問の瀬島龍三殿について、云わんかい。
 他板のスレから。
922 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/11/27(日) 00:36:52.80 ID:XJAnhJl7
>>906>>915の続き。瀬島龍三氏について文を引用しとこう。
http://blog.goo.ne.jp/nak2006/e/363a52bb883cca923f1ec003d305487b
「1)真珠湾攻撃の前にアメリカのルーズベルト大統領から天皇への親電を
数日間遅らせたこと。自分が勝手にやらかしたと言っていないがこの男が
犯人だ。
2)ソ連進攻時に降伏の際に国際的にもその当時、連合国から非難されて
いた日本 兵捕虜のシベリア抑留を勝手に認めたこと。
3)この男は東京裁判の時ソビエト側証人になるために一時帰国して家族と
会っているがどうやらソビエトと密約を結んでいたようだ。つまり
ソビエトの手先となって ドイツのホーネッカーの役割を担うように、
自分で言い出したか知らないが、なっ ていたようだ。

324日本@名無史さん2017/09/15(金) 14:53:48.85
瀬島が敗戦後ソ連軍におくり、ソ連保安委員会(スターリン、ベリア等)に
送られたもの。
(略) 次は軍人の處置であります之につきましても當然貴軍に於て御計畫
あることと存じますが 元々満州に生業を有し家庭を有するもの竝に
希望者は満州に止って貴軍の經營に協力せしめ其他は逐次内地に歸還せしめ
られ度いと存じます右歸還迄の間に於きましては極力貴軍の經營に協力する
如く御使い願い度いと思います 殊に目下在隊中の将兵の中には數萬の
満州在籍者が居まして之等が夫々元の職場に歸帰しますれば食糧、交通、
一般産業の運營に相當役立つものと考えます其の他例えば憮順等の炭鑛に
於て石炭採掘に當り若くは満鐵、電々、製鐵會社等に働かせて戴き貴軍隊を
始め満州全般の為本冬期の最大難問題たる石炭の取得其の他に當り度いと
思います   (略)
 自分さえよければ日本国民はどうなってもいいという身勝手な男だ。 」
http://bookman.blog.eonet.jp/yoroku/2010/08/post-7449.html
「司馬が瀬島について書いているのは、「かつて『文藝春秋』で、瀬島龍三
さんと対談をしたことがありました(昭和四十九年一月号)。瀬島さんは、
大本営参謀として大東亜戦争のプランをつくった人です。その中で、
「『作戦要務令』に、兵力は分散させてはいけないと書いてありますが、
あの戦争というのは、太平洋の島々に兵隊を少しずつ送って、敵が来るのを
待っていただけじゃないですか」と言ったら、「先生、それはひどい、
それはひどい」とおっしゃつていた。」(司馬遼太郎『この国のかたち四』
1994年文藝春秋刊p.183)くらいか。この口吻からも、戦中下士官であった
司馬が瀬島に批判的であったと窺われる。また、ノモンハン戦争で
「元亀天正の装備」で戦わされた須見新一郎元大佐が、瀬島と会うなら
司馬と絶交すると云ったとかの一文(筆者は司馬以外?)をどこかで読んだ
と思うが、今見つけ出せないので、記憶違いかもしれない。」

325日本@名無史さん2017/09/15(金) 14:54:26.04
続き

927 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/11/27(日) 01:04:46.86 ID:XJAnhJl7
>>906>>922の続き。
http://gonji.at.webry.info/200606/article_9.html
「司馬遼太郎は『須見新一郎大佐』を書く予定で、2回も取材にきたそうで
ある。しかし須見大佐は、司馬氏の姿勢に疑問を抱き書くことを許さな
かったらしい。須見氏は当時のソ連、満洲国境の実情を理解掌握していない
大本営参謀の作戦に反対、意見を具申したが通らなかった。
 大本営作戦参謀の一人、瀬島龍三は、後の財界のリーダーだが、司馬氏が
この瀬島氏に接触し耳を傾けたのが須見氏は気にいらなかったらしい。
大本営参謀から戦後参議院議員になった辻政信がいるが「瀬島も辻も同じ
穴のムジナ。同罪だ。」が須見氏の視点だったようだ。
 まあ、あんたは産経しか読まんのじゃろう。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1013020785
 ■産経、瀬島龍三氏を礼賛する。
「なんかねえ、悪いことにひとつも触れてないってのがねえ。たとえば
戦時中については大本営参謀だったという記述だけだし、日本会議顧問を
はじめタカ派への影響力が強かったこと(控えめな表現です)など、
まるでなかったかのような書き方です。」
 上の古山高麗雄は真っ当なこと云われとるね。
「<<昭和の参謀大往生。「あいつらの言う国家とは、結局、てめえだけの
ことではないか」「何万人もの兵士が餓死しても、すべて、国のためだと
言って、平気なのだ」(古山高麗雄・フーコン戦記)>>」

326日本@名無史さん2017/09/15(金) 14:54:40.28
2チャンスレでものう。
http://blog.goo.ne.jp/erectwatch2/c/ec06eed872cc6c66439a99d48db6900a
「ソ連の対日工作最高責任者イワン・コワレンコ氏にインタビューをして
いたけど、 そこでコワレンコ氏は、シベリア抑留中の瀬島龍三が日本人
抑留者を前にして
「『天皇制打倒!日本共産党万歳!』と絶叫していた」と暴露していた。
加藤氏は「にわかには信じがたい話」と書いていたが、コワレンコ氏は
「事実だ。絶対に 間違いない」と証言。
「瀬島氏はソ連のスパイではないのか」という加藤氏の問いには「それは
トップシークレット」 だとか言ってはぐらかしていたけど。
【シベリア抑留問題】
シベリア捕虜収容所において、瀬島龍三は、天皇制批判を行い、将校団の
民主化運動 (共産主義洗脳)を推進し、将校達に「赤いナポレオン」とさ
さやかれていた」

327日本@名無史さん2017/09/15(金) 14:54:58.18
続き

930 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/11/27(日) 01:29:18.67 ID:XJAnhJl7
>>929
あんたこそ、瀬島龍三氏のことに言及することから逃げよるじゃないか。
あんたの団体の上の方から口止めされちょるんか?
ほいから、田中清玄氏の引用が出とったのう。
 昭和天皇の瀬島評
「先の大戦において私の命令だというので、戦線の第一線に立って戦った
将兵たちを咎めるわけにはいかない。 しかし許しがたいのは、この戦争を
計画し、開戦を促し、全部に渡ってそれを行い、なおかつ敗戦の後も
引き続き 日本の国家権力の有力な立場にあって、指導的役割を果たし
戦争責任の回避を行っている者である。 瀬島のような者がそれだ」
(田中清玄自伝:文芸春秋:1993)
田中は「私のみるところ瀬島とゾルゲ事件の尾崎秀実は感じが同じだ
とね」としている。
田中は瀬島をソ連に屈服したスパイとみなしているのだろう。

右翼の田中清玄氏は、朝鮮人慰安婦の強制連行も政府が隠蔽しとるんは、
役人根性と云われたが、これについてはどうか?

328日本@名無史さん2017/09/15(金) 21:07:14.52
続き

941 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/11/28(月) 23:03:32.72 ID:F8MftO6n
>>937
何で瀬島龍三氏をタブー視するんなら。ほいから田中清玄氏の
慰安婦問題についても回答せんかい。
>>940
 小説とブログが必ずしも真実じゃ無いんは、ネット右翼御用達ブログの
大嘘喧伝でも解ることじゃし、小説も筆者の知識と識見で差があるんは
当たり前田のクラッカーよ。

947 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/11/29(火) 23:18:49.99 ID:gQvAHDmK
>>943
>>912については無視か。鈴木尚氏が食人を認められとった云うこと
じゃに。
>>944-945及び>>946
瀬島龍三氏がソ連のスパイじゃった可能性は極めて高い現実を
無視し、まだ靖国カルト団体員の末端は、瀬島氏を美化したいんか?

329日本@名無史さん2017/09/15(金) 21:07:53.31
448 名前:白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/12/06(火) 23:31:36.14
>>444-445
 靖国カルト「日本会議」系宗教右翼は、瀬島龍三氏について言及する
ことに上からの指令か、タブーでもあるんじゃないか。
じゃけぇ他板に丸投げして、この問題から遁走しよるんじゃ。
他者を左翼認定した限り、この問題から逃がさんよ。スレに合おうが
合うまあが、どの板でも状況によっては、再度採り上げるわいや。


452 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日:2011/12/07(水) 00:55:24.08
>>448
なにが逃がさんよだwww
トンチンカンにも瀬島何某にこだわり逃げてんのはおまえじゃねーか

>どの板でも状況によっては、再度採り上げるわいや。
このネタは逃げネタとしてまだまだ使えそうだからですかwwwこのザリガニ野郎www

330日本@名無史さん2017/09/15(金) 21:09:36.49
言い訳を罵倒に工作する幼稚なことする暇かあるんなら、「靖国カルト」
の「日本会議」顧問の瀬島龍三殿について、云わんかい。
考古学板でもあんた答えんかったが瀬島龍三氏は、赤の売国奴か
どうか? あんた真っ赤な空気が嫌いなんじゃろ?
あんたこそ、瀬島龍三氏のことに言及することから逃げよるじゃないか。
あんたの団体の上の方から口止めされちょるんか?
瀬島龍三氏について、売国奴の赤か聞いとるんで。言い訳せんと
答えんかい。ネット右翼は庶民の赤にゃ政治思想で敵対するが、自分の
上におる赤にゃ沈黙する。つまり上層部権力者に奴隷根性持ちよる
だけじゃないか。
何で瀬島龍三氏をタブー視するんなら。ほいから田中清玄氏の
慰安婦問題についても回答せんかい。
瀬島龍三氏がソ連のスパイじゃった可能性は極めて高い現実を
無視し、まだ靖国カルト団体員の末端は、瀬島氏を美化したいんか?
他人にああせえ、こうせえ云う要求ばっかしじゃ、つまらんど。

331日本@名無史さん2017/09/15(金) 21:10:11.34
448 :白馬青牛 ◆8mr41B7alChB :2011/12/06(火) 23:31:36.14
>>444-445
 靖国カルト「日本会議」系宗教右翼は、瀬島龍三氏について言及する
ことに上からの指令か、タブーでもあるんじゃないか。
じゃけぇ他板に丸投げして、この問題から遁走しよるんじゃ。
他者を左翼認定した限り、この問題から逃がさんよ。スレに合おうが
合うまあが、どの板でも状況によっては、再度採り上げるわいや。

      ____
    r、/  ⌒ ⌒ \
    |.l1 (● ) (● )ヽ  えっ?
   .|^ )  (__人__)  |
  .ノ ソ、_ ヽノ _/ ̄`!
  /  イ         イ7 _/
  {__/\        ヽ {

どうしたんだろう。あんだけ気張ってた白馬青牛くんの書き込みがないなぁ

332日本@名無史さん2017/09/15(金) 21:12:22.89
名無し「〇〇って▲▲じゃね」
白馬青牛「〇〇は××に決まっておろうに、ヤスクニ・カルトにマインドコントロールされ・・・」
名無し「政治思想板でやれよ」
白馬青牛「わしは、わしは、わしは・・・」
名無し「どっかいけよゴミ屑」
白馬青牛「ゴミ屑たぁ何なら、礼儀を知らん・・・」
---------------------(二日後)-----------------
名無し「〇〇って▲▲だよね」
白馬青牛「「〇〇は××に決まっておろうに。あんた答えんかったが瀬島龍三氏は、赤の売国奴かどうか?
あんた真っ赤な空気が嫌いなんじゃろ?」
名無し「専門スレでやれ、ハゲ」
白馬青牛「わしはハゲとランド。・・・戦前の日本の上層部は隠蔽体質じゃったよ・・・」
名無し「頭頂部の写真うp」
白馬青牛「厭じゃのう。替え玉の可能性もあるけぇ、無名のわしから歴史上の人物、現代の著名人も含め
人物の証明なんか出来んよ。写真すら他人のものかも知れんけぇ、証明の手段にならん。」
名無し「うぜぇハゲだな。どっかいけよ」
---------------------(一日後)-----------------------------
名無し「〇〇って▲▲だよね」
白馬青牛「在特会が・・・、ネトウヨが・・・」
--------------------------------------------------------------
×10年間(ほぼ毎日)

333日本@名無史さん2017/09/15(金) 22:49:08.66
白馬青牛 ◆8mr41B7alChB 2012/08/25(土) 02:29:50.85 ID:O4LIRpw60
わしが、あんたの居場所に出張することもありうるんじゃに、住所隠すわけは、いびせえーんか?

名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/08/25(土) 05:25:35.37 ID:nKWZO6Hy0
くるんか?よし決まりだな8月31日午後5時に東京上野駅パンダ口までこい
男四人、“歓迎インキンヒロシマ朝鮮牛様”のパネルを用意しておく必ずこいや

白馬青牛 ◆8mr41B7alChB 2012/08/26(日) 02:30:53.42 ID:jcwvOZoO0
われが日時と場所決めてもつまらんど。上野云う処、やっぱし関東人か。
男四人にゃ笑うたが、わしが売られたんなら日時はわしが決めるし、場所は上野たぁ、新宿の歌舞伎町の方がえかろう。

名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/08/26(日) 08:53:51.27 ID:3iVCrspci
新宿は人目につくからな
ま、別にどこでも構わねーけどオレが出向くと言えばわしが行くわい!といい、場所を決めればそこはイヤだって?
なめてんのかハゲ牛だいたい歌舞伎町のどこだよ?田舎モンとにかく指定した場所へこい逃げんなよ

白馬青牛 ◆8mr41B7alChB 2012/08/29(水) 01:47:43.17 ID:et8xMAQU0
総武線の両国じゃの、上野たぁ田舎じゃないか。ほいから、最近の夜の歌舞伎町も防犯監視カメラがあるらしいのう。困ったことじゃ。
両国にもあるんじゃないか。監視カメラに写る為に来い云うてどうすんなら。
防犯カメラが無い処たぁ、どこが具体的に云わにゃあ。詰めが済んどらんのに、勝手に日時を決めよるほうがホラ吹きよ。

名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/08/31(金) 17:38:29.91 ID:b6nNWAeu0
ホモ牛、なんでこねーんだよ

334日本@名無史さん2017/09/15(金) 23:54:36.63
東京に小岩井農場があると思っていた白馬。

335白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/09/16(土) 01:49:02.64
>>320
小早川隆景勢の井上も粟屋も安芸国人衆で。小早川家臣団は、伊予統治の時も、筑前でも
ほとんど安芸本国に残り、統治した処は代官役割の少数だけしか行っとらんし。
戦闘に成ると安芸本国から駆けつける体制なんよ。
秀吉は団結力のある地縁の強い安芸分断工作したいわけで、小早川隆景さんを調略誘い
繰り返し、領地を他国に与えることで、切り離そうとしたわけじゃが、独立性の強い
国衆は、地元から出たがらんし、被差別系の多い尾張、三河系の武士団たあ違うんよ。
小早川家臣団の朝鮮の役の名簿からも、安芸国衆だらけよのう。
あんたぁ、尾張・三河系推進の江戸期に受け継がれた国替え概念で云うとんじゃろう。
安芸国人領主は、大内倒した戦功で山口県に領地貰うても、領主や国衆家臣団は、
安芸国内の地領におって、代官赴任云う形でカスリだけ貰うたらええだけなんよ。

336日本@名無史さん2017/09/16(土) 01:51:21.99
小早川隆景勢の井上も粟屋も安芸国人衆で。小早川家臣団は、伊予統治の時も、筑前でも
ほとんど安芸本国に残り、統治した処は代官役割の少数だけしか行っとらんし。
戦闘に成ると安芸本国から駆けつける体制なんよ。
秀吉は団結力のある地縁の強い安芸分断工作したいわけで、小早川隆景さんを調略誘い
繰り返し、領地を他国に与えることで、切り離そうとしたわけじゃが、独立性の強い
国衆は、地元から出たがらんし、被差別系の多い尾張、三河系の武士団たあ違うんよ。
小早川家臣団の朝鮮の役の名簿からも、安芸国衆だらけよのう。
あんたぁ、尾張・三河系推進の江戸期に受け継がれた国替え概念で云うとんじゃろう。
安芸国人領主は、大内倒した戦功で山口県に領地貰うても、領主や国衆家臣団は、
安芸国内の地領におって、代官赴任云う形でカスリだけ貰うたらええだけなんよ。

337日本@名無史さん2017/09/16(土) 01:55:32.12
小早川勢自体は広島県の芸備の将兵じゃし、小早川隆景の契約家臣も養子の
小早川秀秋に従い筑前行ったもんはほとんどおらんよ。
文禄の役で九州熊本勢が李如松の遼東軍に惨敗潰走した日本軍総崩れを食い止めた
「碧蹄館の戦い」を勝ちえたんは、最も苦闘を強いられる正面ガチンコの広島勢で。
[日本軍先鋒隊は26日未明より行動を開始し、午前6時頃から礪石嶺において先陣の
立花宗茂と高橋直次が明副将(副総兵)查大受率いる明軍先鋒と激戦、立花勢は
苦戦しつつもこれを支え、小早川勢の救援をえて明軍先鋒を撃退した。この戦端が
開かれた時点では日本軍本隊はまだ漢城に在った。
午前10時頃、明軍は左・右・中央の三隊の陣形で押し寄せた。疲労の深い立花勢を
後方に下げ、替わって前面に出た小早川隆景軍の先陣二隊の内、明軍の矢面に立った
粟屋景雄隊が次々繰り出される新手を支えきれずに後退を始めると明軍はすかさず
追撃に移る。しかし戦機を待ってそれまで待機していたもう一方の井上景貞隊が
その側背に回り込んで攻撃したことで明軍は大混乱となった。その機を逃さず、
立花、高橋勢が左方から、小早川秀包、毛利元康、筑紫広門勢が右方から側撃、
隆景本隊と吉川広家、宇喜多家臣戸川達安も正面より進撃し、明軍前衛を撃破して
李如松率いる本隊に迫った。そこに明軍も副総兵楊元が火軍(火器装備部隊)を
率いて援軍として駆けつけ態勢を回復して防戦に努めるが、身動きもままならない
狭隘地に三方から包囲される形となって壊走を始める。
李如松自身も落馬したところに小早川の部将井上景貞の手勢に迫られ、一時は命も
危ない状況であったが、側近の李有声が盾となってこれを助け、李如梅、李如柏らが
なんとか救い出したと伝えられる。かくして日本軍本隊の本格的な戦闘参加を待たずに
正午頃には戦いの大勢は決し、日本軍は退却する明軍を碧蹄館北方の峠・恵隠嶺まで
追撃したが、さらに追おうとする立花勢を小早川隆景が押しとどめ、それ以上の
深追いはせず夕刻までに漢城に引き上げた。]

338白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/09/16(土) 02:25:37.78
>>320
ほいで、毛利輝元さんは、九州征伐の時も、軍勢招集に遅れ、秀吉に
「家臣の言い成りになっとる」と怒られたんよ。
城下に家臣団が普段住まんし、国人領主も、国衆に招集願いする契約時間もかかるし。
上意下達の封建システムじゃ無ぁ、広島県は領主と国衆や家臣も横の契約関係じゃけぇ、
しかも、国衆、家臣は複数の国人領主との契約で軍勢掛け持ちじゃけぇ、兵員数を
国人領主同士の話し合いで、お互いさしくる(誤摩化す)算段も必要じゃけぇ、実際文献の
兵員数よりは、三分の一以下で遠征するわけで、戦功武勲立てりゃあ問題なぁよ。
>>322-333
赤いナポレオンの瀬島参謀殿は日本将兵をソ連に売り渡し、戦後もソ連の工作員の癖に
国内じゃ長州系カルト日本会議顧問の国賊の集いの靖国カルトとして愛国商売しょったん
じゃけぇ、糞外道よのう。まあ、愛国心煽るもんは、売国やりよる後ろめたさが
あるけぇ、愛国心を他者に扇情するんよ。

339日本@名無史さん2017/09/16(土) 02:31:33.06
>>320
ほいで、毛利輝元さんは、九州征伐の時も、軍勢招集に遅れ、秀吉に
「家臣の言い成りになっとる」と怒られたんよ。
城下に家臣団が普段住まんし、国人領主も、国衆に招集願いする契約時間もかかるし。
上意下達の封建システムじゃ無ぁ、広島県は領主と国衆や家臣も横の契約関係じゃけぇ、
しかも、国衆、家臣は複数の国人領主との契約で軍勢掛け持ちじゃけぇ、兵員数を
国人領主同士の話し合いで、お互いさしくる(誤摩化す)算段も必要じゃけぇ、実際文献の
兵員数よりは、三分の一以下で遠征するわけで、戦功武勲立てりゃあ問題なぁよ。
>>322-333
赤いナポレオンの瀬島参謀殿は日本将兵をソ連に売り渡し、戦後もソ連の工作員の癖に
国内じゃ長州系カルト日本会議顧問の国賊の集いの靖国カルトとして愛国商売しょったん
じゃけぇ、糞外道よのう。まあ、愛国心煽るもんは、売国やりよる後ろめたさが
あるけぇ、愛国心を他者に扇情するんよ。

340日本@名無史さん2017/09/16(土) 02:32:20.80
まあ、戦前まで九州は「人さらい」が誘拐、拉致して海外へ売り飛ばし必然的に
売春婦にされられたんが「からゆきさん」娘子軍じゃが、日本の明治国家も
外貨シノギに女の輸出奨励じゃったし。
勝海舟の「清話のしらべ」(明治30年4、22日)
「出稼ぎ女は、非常に多いそうな。それで、おれは、先達て、外国人が来た時、
公然とはなした。 アナタの国は、色々の産物があるが、日本にもそれにまけない
ものがあります。女です。どうです。
これからまだまだ多くなります、どんどん輸出するつもりですと言ったら、
御冗談をと言うたが、 冗談じゃあない。しかし、その代わりには、アナタの
お国のように、間男する者はありません。アナタのお国でたいていの家で間男を
しない者は一軒もありますまいと、言ってやった。
男女の慎みは、本当は日本の方が善い。サンフランシスコなどにワシの行った時に
見ると、それはひどいものだ。(中略)妻君を貸して、一時間何程で淫売させる
ものもある。ワシなどにも、あなた、それがしの妻はどうです、気がありませんか
などと周旋したものがある。」
日本が古代から戦国期、明治、昭和初期まで、女が輸出品じゃったんは事実じゃが、
欧米人女性の 性欲や不義密通にゃあ太刀打ち出来んよ。
盗みは九州人云うんは、高崎伝氏の文から要点を抽出しとこう。
[糧秣受領にゆくとき、ドロボーにゆくという、 百二十四連隊(福岡)共通の暗号で、
他部隊の者はおそらく誰も知らなかっただろう。兵隊たちは掴まりそうになったら
カシの棒で警備の兵隊をぶん殴って気絶させたそうである。
「おい戦友、堪忍やぜ。俺を恨むなよ。恨むなら、うちの親分を恨めよ。警備に
立ったら、日本兵やからとて油断するなよ。これも訓練の一つだ。こんど
来たときゃァ、素直に盗らせてくれよな」
まさに説教強盗も顔負けである。
「出稼ぎ女は、非常に多いそうな。それで、おれは、先達て、外国人が来た時、
公然とはなした。 アナタの国は、色々の産物があるが、日本にもそれにまけない
ものがあります。女です。どうです。

341日本@名無史さん2017/09/16(土) 02:33:30.74
薩摩は非武装国家の琉球を武力鎮圧しようとしたが、従わんけえ、武力行使したんが
正規軍が後の城下士と云われる軟弱な武士階級ゆえ、結局負けて、派遣傭兵たる
下郎の戦闘はお茶の子さいさいの野郎集団を派遣して琉球を鎮圧したわけじゃが、
野郎は、髪型が北方遊牧民式の禿頭で一般庶民との識別された定住より移動生活を
する集団を非正規から正規雇用したんが江戸初期じゃろう。
じゃが、彼奴らも正規雇用され武士階級化することで、文明的堕落で江戸末にゃ上司の
城下士族ほど弱いに無ぁとしても、軟弱化しとるけんのう。
片や、被差別民系の武力依存に乏しい東国は、新撰組させカタギの農民が派遣社員
じゃけぇ、西との勝負じゃ勝てんわ。まあ、東日本の被差別民は江戸期の西日本
からの文化概念で分けたもんじゃけぇ伝統が無いぁけぇ非正規雇用云う発想すら
無かったろうけどのう。
野郎集団は、秀吉の九州征伐の時も、薩摩藩が大友領に送り込んで要地を
守らせたが、妻子同伴で家族単位に移って戦闘を請け負う集団でもあった。
まあ、九州征伐で黒田勢は、「無残討果候へハ近国の野郎のたねを断つへく候間(中略)
不残撫切にそ討果頸数二千余也。」野郎軍団の「たねを断つへく」「討果頸二千余」と
相当な野郎を成敗し、薩摩勢の手足をもいだけんのう。
近隣中国山陽道勢は、野郎戦法の釣り野伏せり戦法は知っとるし、被差別民集団の
情報収集能力も活用したけぇ安芸広島の毛利勢や兵庫県播磨の黒田勢にゃ薩摩勢も
手も足もでんよ。薩摩勢に負けよる土佐の長宗我部勢や、畿内の豊臣秀長勢は、駄目じゃのう。
まあ幕末じゃ長宗我部系の土佐郷士が出臍(歴史舞台に出たがり)で、山内系の
土佐上士らが怒って弾圧受けたりしよったけぇ、確執も強かったんじゃろうけど、
薩摩の野郎末裔らは鹿児島人の海音寺潮五郎氏の云われる頭の悪さで上に
付くけぇのう。

342日本@名無史さん2017/09/16(土) 02:34:40.87
牛の糞にも段々があってのう。弱兵の産地関東地方でもよ。
甲斐の甲府連隊じゃの、連隊対抗戦で千葉の佐倉連隊にすら勝てんし…。
『人国記』は、遠い西日本はデタラメ記述が目立つが、東日本はわりあい当たっとる
んじゃないか。 上総国は、武勇では「関東で二番と劣るべからず」と、関東最強云う。
 近代郷土部隊でも、今村均大将が佐倉連隊長じゃった頃でも、
「千葉県佐倉町屯在の歩兵第五十七連隊の兵員は、悉く千葉県下、房総地方出身の
青年であり、大部分は半農半漁を業とした者たちなので、自然、第一師団(東京)に
属する四つの歩兵連隊中、その体力は、断然他よりすぐれ、例えばその年の秋季演習
約十日間の行動中、一名の落伍者も出さないいで、全員やり通した中隊、わが連隊
十中隊のうち、五個中隊を報告したところ、参謀長が「君の連隊以外には、一つの
中隊もないのだ。」とか、 「約十日間、富士の裾野で行われた師団内のも一つの
旅団の連隊対抗演習で、甲府連隊 (山梨・神奈川の兵員)が多数の落伍者を出し、
そのうちの幾名かが、遂に生きてかえらず、」と、甲斐や相模は基礎体力も劣って
おったし、関東一の精強の上総や安房にゃ勝てんよ。
中国地方をほぼ制覇したんは、やつぱし安芸兵の強さは無視出来んよ。広島師団でも
広島聯隊が最上位にあったし。まあ、中国地方自体は平地土地が狭いゆえ、隙の無ぁ
将兵を産出する。九州なんか土地が広いし、東日本の山麓地域すら山が高くと、平地も
広いゆえ、のんびりして戦闘が雑なんよのう。広島人は狭い土地柄ゆえ、警戒心と
疑い深い性格で、指揮官の判断より自分で確認した敵さんを標的にするけぇ、集団自滅も
回避出来るし、戦闘のプロ揃いで他地域の兵たぁレベルが違うよ。遊撃戦も正面ガチンコ
白兵戦にも強いし、近代戦だけじゃのう朝鮮の役でも、碧蹄館の戦いで九州勢を粉砕し、
勢いに乗る遼東軍を一番苦闘な正面ガチンコで食い止めたんは、小早川隆景に率いられた
安芸広島勢じゃけぇ、歴史的伝統も武勲実績も他地域たぁ段々が違うわいのう。

343日本@名無史さん2017/09/16(土) 02:37:59.71
兵隊の基礎体力たぁ、山道の行軍でトラック競技の平面の体力測定と違うけぇ、都会や
平野育ちのスポーツ優秀選手を軍隊へ入れたらアゴ出して倒れるわ、倒れたら容赦のう、
竹刀や軍刀で滅多射ちされて、精神的虐めにも絶える根性がなあと訓練演習レベルの
優秀兵すら成れんけぇのう。北関東の兵士はニューギニアの行軍でも苦しさから、
天皇から預かった銃すら捨てて部隊の体をなさんかったけぇのう。広島師団から派遣
された島根県の浜田聯隊は、誰一人銃を捨てて行軍した兵士じゃのおらんかったのに。
もっとも、広島師団じゃ天皇陛下から預かった銃とか建前云わず、己の身を守るもんじゃ
云うて教育するけどのう。越前兵は、越後兵と遜色無ぁくらいそれなりにゃ強いよ。
遠州も三河同様の突破豊橋聯隊で、北陸の兵よりは、攻撃力に優れるが、戦線膠着じゃ
鈍重でも北陸兵に長がある。
尾張兵は平野部ゆえ、名古屋聯隊は隣の豊橋聯隊よりは劣っとったのう。美濃の岐阜は
それなりに強い云うか名古屋よりかは上よ。
中国地方をほぼ制覇したんは、やつぱし安芸兵の強さは無視出来んよ。広島師団でも
広島聯隊が最上位にあったし。まあ、中国地方自体は平地土地が狭いゆえ、隙の無ぁ
将兵を産出する。九州なんか土地が広いし、東日本の山麓地域すら山が高くと、平地も
広いゆえ、のんびりして戦闘が雑なんよのう。広島人は狭い土地柄ゆえ、警戒心と
疑い深い性格で、指揮官の判断より自分で確認した敵さんを標的にするけぇ、集団自滅も
回避出来るし、戦闘のプロ揃いで他地域の兵たぁレベルが違うよ。遊撃戦も正面ガチンコ
白兵戦にも強いし、近代戦だけじゃのう朝鮮の役でも、碧蹄館の戦いで九州勢を粉砕し、
勢いに乗る遼東軍を一番苦闘な正面ガチンコで食い止めたんは、小早川隆景に率いられた
安芸広島勢じゃけぇ、歴史的伝統も武勲実績も他地域たぁ段々が違うわいのう。
国が開かれた云うたぁ、南蛮船の奴隷貿易の為、長崎、平戸が奴隷市場に
成ったけぇのう。薩摩の野郎も戦場捕虜を奴隷として売り飛ばし稼いだんじゃろうけど。

344日本@名無史さん2017/09/16(土) 03:42:49.48
よほど鎖国の話をされるとまずい奴がいるらしいwwwwwwwwww

345日本@名無史さん2017/09/16(土) 12:51:41.64
長岡で苦戦する程度の薩摩に何が出来るんなら。まあ戊辰戦争でも浜通り武勲赫々の
広島県土民軍の安芸神機隊にゃ到底勝てんし、浜通りじゃ薩摩さぁ強い九州一勇猛な
熊本藩すら、奥羽勢に押されよったけぇのう。
まあ、勢いだけの九州勢や四国勢は東北や越後の兵のように体力と耐久力に優る連中に
ぶっつけたらいけんよう。機敏な攻撃力と共に膠着しても粘り強さを持ち合わせとる
中国地方勢にゃなぁとのう。
薩摩が長州征伐したとしても、惨敗するし、薩摩差別された下郎系芋郷士らの遊撃戦
釣り野伏し戦法も、山口県の戦闘のプロの遊撃戦のプロの被差別民軍団にゃ
幕府軍同様通用せんし。 ちなみに他藩に被差別民扱いされる野郎集団も郷士の士族に
したけぇ、薩摩の兵員数は増えるんよ。
「薩摩の下郎は生死を知らず(命知らずの勇猛ぶり)」と云われて芋郷士の起源の
野郎集団じゃろう。民俗学者の千葉徳爾氏は薩摩の下郎たる野郎について、
{ 薩摩の兵士の中にいる、ある種の人びと(薩摩島津家の被官で無足人、すなわち
一定の給地を与えられていない武士階級。島津氏はこれを使用して琉球を征服した。)
薩摩はこの種の部隊を大友領に送り込んで要地を守らせており、妻子同伴で
戦闘従事したもののようにも思われる。
これらから帰納される「野郎」というものの存在は、以下のように要約されるであろう。
(1)九州の一部に存在した武力を有する一階層である。
(2)一般の日常倫理に従わず、必要な場合は夜討強盗行為をも敢えてする。
(3)家族をもち集団生活を営む。
(4)特に髪型に特色ある形状をもち、それによって一般住民との識別を示した。}
薩摩は非武装国家の琉球を武力鎮圧しようとしたが、従わんけえ、武力行使したんが
正規軍が後の城下士と云われる軟弱な武士階級ゆえ、結局負けて、派遣傭兵たる
下郎の戦闘はお茶の子さいさいの野郎集団を派遣して琉球を鎮圧したわけじゃが、
野郎は、髪型が北方遊牧民式の禿頭で一般庶民との識別された定住より移動生活を
する集団を非正規から正規雇用したんが江戸初期じゃろう。
じゃが、彼奴らも正規雇用され武士階級化することで、文明的堕落で江戸末にゃ上司の
城下士族ほど弱いに無ぁとしても、軟弱化しとるけんのう。

346日本@名無史さん2017/09/17(日) 17:40:55.14
江戸幕府は鎖国してない!

それに対してそういう言葉遊び外交いらないからさっさと国開けと言ったのが鎖国してない論者さんの大好きなオランダの国王なんだよなぁ
今こういう情勢だからと教えてくれた情報をさも幕臣が能動的に集めたかのように言うんだからもうね

347日本@名無史さん2017/09/18(月) 05:02:58.94

348白馬青牛2017/09/18(月) 06:12:03.31
オランダ国王の開国勧告じゃのう。

349日本@名無史さん2017/09/18(月) 07:11:33.97
>>346
オランダに対してあんたらは通商の国であって通信の国ではない
つまり単なる貿易関係で外交はしてないんだから二度と手紙を書いて寄越すな
と答えてる点もスルーしてオランダと外交をしていたから鎖国じゃないと言うよね

350日本@名無史さん2017/09/21(木) 19:59:52.43
レンブラント!

351日本@名無史さん2017/09/22(金) 19:57:29.95
歌川国芳

352日本@名無史さん2017/09/23(土) 08:01:46.68
ゴッホ

353日本@名無史さん2017/09/23(土) 20:17:53.35
尾形光琳

354日本@名無史さん2017/09/23(土) 22:05:01.58
沈南蘋

355白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/09/24(日) 03:45:39.04
>>346-349
通商だけなら、今の北朝鮮ですら西側先進国とも外交、通商は出来るわけじゃが、
閉ざされた国じゃ云うこたぁ変わらんよ。鎖国もそれと同じで日本国内で外国人が
自由に行けれん隔離された状態じゃけぇ、戦国、桃山期たぁ違うんよ。
>>347
パコリーヌ、アニー山尾志桜里ちゃんも、横浜市長選で安倍政権のバックの
カルト日本会議系林文子応援して自民党の手先に成っとる程度じゃけぇ、
茶番自民党不倫事件を綺麗事批判して、自民党支持率を少しでも上げることに
貢献しちゃったのう(笑)。
自民党に使い捨てされる道を選んだけぇ自業自得じゃが、正直に下半身にゃ
人格がありませんでええじゃなぁか。
もしくは、車同乗で私を批判するんなら、安倍アッキーさんの在日韓国系
ミュージシャン布袋氏との親密関係は批判されず、私だけ槍玉に挙げられ
るんは納得出来ませんとか、大手メディアが嫌がり隠すことまで言及すりゃあ
ええんじゃが、アニー志桜里ちゃんは人気取りに媚びて、ほんまに安倍政権と
対峙する気が無あんじゃけぇ出来んよのう。
自民党が支持率回復の為にスキャンダルネタで喧嘩売ってきたんじゃけぇ、
飼い主が自民党やパソナ竹中でも噛み付くべきじゃろう。喧嘩相手もせず、
世間へ弁明じゃ話にならんよ(笑)。ほんまアニー山尾志桜里優等生の
エリートは理解出来ん弁明言い訳で喧嘩する根性が無あし、日本帝国の
高級軍人同様理解出来んし、アメリカやロシアに媚びる安倍ちゃんと変わらんよ。

356日本@名無史さん2017/09/25(月) 12:18:41.15
フェルメール

357日本@名無史さん2017/09/25(月) 21:00:41.64
        _/::::::::::ソ:::::::::゛'ヽ、
       /:::::::-、:::i´i|::|/:::::::::::ヽ                _,-=vィ彡ミミミヽ,
      /::::::,,、彡ヽ"` "゛ /:::::ヽ              ミミ彡=ミミミミミミミ,,
      /::::::=         `-:::ヽ             ミ彡   ミミミミミミミミ
      |::::::/ .,,,=≡,  ,≡=、 l:::::l             彡! __     ミミミミミミ
   /\i:::::l゛  /・\,!./・\、l:::!        ./´|   ミ!   \_  _/~ ミミミ彡
   \/⌒ゝ' " ノ/ i\   `|:i         | |  /´}!| `-=・=‐∧'-=・=‐' 川ミ
   ノ ノ⌒,- ),、 ,ィ_____.i i   i/         | | / / !|       _    !!ミ
  /´ ´ ' , ^ ヽ   /  l  i  .)        rート、 l' / ゞ|ヽ、 人・ ・人   ノゞ
  /    ヽ ノ"\ノ`'''`''''´ヽ _/       { ! {、ヽ. l  ヽ|  、 ____  ,ィiミ
 人    ノ \/  ` ̄´ /         ハ_>Jノ l |   .\ `ヽエエノ  ソ彡
/::::\__/:::::::ヽ ` "ー−/_         〉   /      ト-____-ノ 入
:::::::::::::::: |::::::::::\ \__  / |:::::\       /   / . ゝ-___..| ト   ノノ ヽ_

358日本@名無史さん2017/09/25(月) 21:01:42.07
雪舟

359日本@名無史さん2017/09/25(月) 21:32:36.51
ルーベンス

360日本@名無史さん2017/09/25(月) 21:40:25.42
狩野永孝

361日本@名無史さん2017/09/25(月) 22:16:34.69
ブリューゲル

362日本@名無史さん2017/09/25(月) 22:23:27.48
金弘道

363日本@名無史さん2017/09/25(月) 22:30:33.14
シェフェール

364日本@名無史さん2017/09/25(月) 22:35:40.35
石濤

365日本@名無史さん2017/09/25(月) 22:41:36.59
曾我蕭白

366日本@名無史さん2017/09/25(月) 22:45:46.80
エル・グレコ

367日本@名無史さん2017/10/03(火) 20:26:21.67
トルネード白馬青牛

368日本@名無史さん2017/10/05(木) 02:15:31.46
毘沙門

369日本@名無史さん2017/10/06(金) 09:44:14.59
女装趣味ニューハーフ

370日本@名無史さん2017/10/08(日) 15:10:09.65
下着泥棒?

371日本@名無史さん2017/10/08(日) 19:40:06.32
白馬青牛わ、下着泥棒やっていたらしい

372日本@名無史さん2017/10/08(日) 20:21:44.32
>>339
瀬島に関しては昭和天皇をして
「あのような者がのうのうと生きて財界を牛耳ってる」と言わしめた外道

どこもまでホントかわからんが

373日本@名無史さん2017/10/08(日) 21:48:32.00
>>371
盗んだパンティかぶっているのかな。

374日本@名無史さん2017/10/09(月) 04:18:11.34
盗んだ下着で走り出す

375白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/10/09(月) 17:32:32.50
>>371
飛躍さして、窃盗犯罪者にでっちあげなや。
>>373-374
彼女のパンティーなら被ったこともあるけどのう。あたぁ、男の友人が姉や妹の
パンティー穿いとった時は、臭いを嗅いで愉しんだくらいよのう。

376日本@名無史さん2017/10/09(月) 18:16:17.40
    (○)                          
      ||ヽ  ミ⌒彡____________       
      || |/||`Д´.. >ヽ》'》'》'》'》'》'》'》'》'》'》'》'》'》'》' '三
      || |\||   ノ彡》'》'》'》'》'》'》'》'》'》'》'》'》'》',三
      || |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      || |  ミ⌒彡____________       
      || |/||`Д´.. >ヽ》'》'》'》'》'》'》'》'》'》'》'》'》'》'》' '三
      || |\||   ノ彡》'》'》'》'》'》'》'》'》'》'》'》'》'》',三
      || |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      || |
      || |
      || | 誰より ズルい 牛先生           
      || | 大きい じゃけぇは はったりで  
      || | 小さい じゃけぇは 捨て台詞        
      || | 面白そうに ウソをつく

377日本@名無史さん2017/10/10(火) 12:41:36.41
>>375
やっぱり気違いヘンタイ。

378日本@名無史さん2017/10/13(金) 18:51:02.63
盗るね〜ど

379白馬青牛2017/10/13(金) 23:27:40.45
わしが女装して街歩きよったら、わしゃ綺麗じゃけぇ、
ナンパされるよ。
ナンパしてきた男にゃ、わりゃ、カバチたれんなや云うて砂かけ目潰しで叩きのめすんが愉しいよ。

380日本@名無史さん2017/10/14(土) 10:14:52.08
砂かけばばあ 妖怪かい?

381日本@名無史さん2017/10/17(火) 05:35:55.34
>>379
反日変体妖怪。

382日本@名無史さん2017/10/17(火) 08:17:45.09
砂かけと子泣きで、ゲゲゲ序列5位6位争いをしてる。
鼠と猫と目玉を越えられない。
ただ、ぬり壁といったん木綿に、砂かけが負けることはない。

383日本@名無史さん2017/10/17(火) 19:22:15.83
白馬は、変態妖怪序列何位ぐらい?

384日本@名無史さん2017/10/18(水) 12:36:09.51
なっちゃんと争うレベル

385白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/10/20(金) 03:25:10.76
>>381
>>379はわしじゃ無ぁが、おどれらネトウヨほど反日じゃなぁかどうか知らんよ(笑)。
>>382
子泣き爺に一票入れちゃろうよ(笑)。砂かけ云うても、関東の火山灰の黒い砂じゃ
洒落にもならんし、わしら広島んもんは土色の砂じゃったよ。
子供ん頃体育の相撲で砂握って、立ち会いスタートと同時に相手側に手の甲を向けた
状態で砂欠けたら、眼を殺せるけぇようやりよったのう。他の生徒は廻し取られたら、
石で相手の頭を叩きよんがおったし、昭和期はルール守らん牧歌的雰囲気で勝ち負け
決めよったし、先生もやられた側の生徒が頭から流血しよるのに、戦前の軍隊の
要領から不器用に負けた側を咎めよんじゃけぇ。かけっこじゃ相手の体操服掴んで
妨害し、逆らうと走競争忘れ、体操服で手の自由が効かん生徒に暴行乱発したり
愉しい時代じゃつたのう。用意ドンの時は浣腸で邪魔するし、棒取りじゃ相手を殴り
クラス同士の殴り合いに脱線したり、父兄が乱入し小学生に暴行したり、暴行された
児童の親が出て応戦し乱闘騒ぎになったり語ればきりが無ぁほど面白かったよ。
今の時代からしたら、皆野蛮じゃったのう思うて。

386日本@名無史さん2017/10/20(金) 18:42:04.02
南中国など械闘をいまでもやってるから、広島は広東広西よりまとも

387日本@名無史さん2017/10/22(日) 20:07:00.58
人肉喰らうために乱闘するんか?!

388日本@名無史さん2017/10/22(日) 21:18:15.26
>>385
反日左翼は気違いしかいないな。

389日本@名無史さん2017/10/24(火) 19:17:07.84
ピカピカどん?!

390日本@名無史さん2017/10/24(火) 20:19:06.12
>>389
さっさと死ねよチョン

391日本@名無史さん2017/10/25(水) 12:28:48.25
ちんぽこぽん!

392白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/10/27(金) 02:02:39.67
>>386
戦時中、広西にゃ、他省人も入ったら殺されることも珍しゅうなかったけぇのう。
じゃが広西軍は強かったよ。日本の並みの師団たぁ遥かに強い。崑崙関で広西軍は
英軍も撃退させたが、広島師団にゃ一度は浜田、山口聯隊を撃退したが、次に広島と
福山の聯隊が主力となり、遂に崑崙関を抜いたけんのう。
>>388
昭和期のもんは反日左翼かいのう(笑)。ほいじゃ日本兵も反日左翼かいのう?
 https://mint.5ch.net/test/read.cgi/history/1471096557/227
「モサモサしているから、サシクラレタんだ。軍隊ではサシクッタ奴より、
サシクラレタ奴のほうが悪いということになっておる。だから、ボヤボヤするなよ。
よっしゃ。そのうちおれがどこからサシクッテきて、員数を合わせてやる。大船に
乗った気でいろ。」つまり、員数とはこういうもので、支給された官給品の数の
ことをいうが、それにしても戦友殿のおおせによれば、サシクルとは、どうやら
盗むということらしいが、ハナハダ合点が ゆかないのは、盗む者より、盗まれた
者の方が悪いという、一般社会とは、まったく倒錯した倫理がまかり通っている
ことである。P62〜63」
その95【さしくる】 意味は、ごまかす。「順番をさしくる」とかね。
粗悪な物なのに、「優良な品物だよ」と言う人がいますね。これも
「さしくっとる訳ですよ。皆さん、悪い奴には、気をつけましょうね。 」

393白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/10/27(金) 02:31:15.58
>>388
日本軍の軍隊じゃあのう、サシクル(盗む・誤摩化す)もんたぁサシクラレル(盗まれる・
誤摩化される)方のもんが悪りいんで。
わしん身内も軍隊へ入営したら、まず隣の者のゲートル(脚絆)を暴行強奪し、われ、
他所からサシクって来いで予備もサシクらせるんよ。ほいじゃけぇ、どっかの
班の者がゲートルしとらんけぇ上官から鉄拳制裁受けるんよ。
まあ、わしん身内は上官からも暴行強奪するけぇ、戦友からも信頼を集めたよ。
ほいから、班同士でも杓子からサシクルわけで食事も盗み競争じゃけんのう。
わりゃ、応募しても足りん今の自衛隊は盗み厳禁じゃが、徴兵の兵は消耗品時代なら
ポサッとしとったら、サシクラレた罰として、他班周りさせられ、その都度集団暴行
リンチされるんで。昔の軍隊は娑婆と違うて、実力の世界ど。
まあ、戦後の昭和期もそがぁな空気があったけぇ子供時代から乱暴じゃったわいのう。
そんどこが反日左翼なら。まあ、ネトウヨが戦前の軍隊に入営したら、毎年の
自殺かその予備軍で泣き暮らすことんなろうて(笑)。

394日本@名無史さん2017/10/27(金) 18:33:36.24
グロ趣味の刺しまくり自慢してもつまらんわ。

395日本@名無史さん2017/10/29(日) 02:22:49.15
>>394
本当、反日左翼は異常な性癖もった犯罪予備軍しか居ないよね。

396白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/10/29(日) 02:58:10.38
>>394
グロ趣味云うても、それが日本軍壮丁の社会的に生きる為の事実じゃし。
>>395
日本将兵すら犯罪予備軍と反日左翼認定する心理も韓国系宗教団体系ネトウヨの
本音が出とるのう。日本社会でも軍隊へ入営する時点で江戸期以前の武士、ヤクザ、
昔の芸能人同様、娑婆のカタギじゃ無ぁんで。アウトローとして生きれる人間
じゃなぁと軍隊生活に適応出来んので。品行方正のカタギじゃ生きれんのが軍隊じゃ
云うこと解っとるまあ。

397日本@名無史さん2017/10/30(月) 15:49:14.74
>>396
気違い変質者は無意味の長文でスレ汚ししか出来ない。

398白馬青牛2017/11/01(水) 07:09:21.64
わしが呉の文学風荒らくれ美少年じゃった頃、
わしん長髪が靡いて美しいけぇ、縄文残存度の高ぁ男臭ぁチンピラが舐めてかかってくるけぇ、
はあ?なんなら?云うて、相手の顔に髪の毛飛ばして目潰しして、文鎮で脛叩き足潰しして、腸をサシクルと、血だらけで泣きながら逃げて行くけぇ可笑しかったよ(笑)。
女の子からは、白馬の貴公子云われてモテたのう。ほいから、男からものう。
他の学校の番長しとった男から、「わしん小姓ならんか」云われたが、わしゃ、7:3で男たぁ女が好きじゃし、シミーズが似合う女顔の美少年しか受け付けんけぇ断ったが、引く手数多じゃったのう。

399白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/11/03(金) 01:06:50.10
>>397
わしゃ、変質者じゃ無あで。
>>398
ニセもんは、わしが云うとらんことまで話作るんが好きじゃのう。

400日本@名無史さん2017/11/03(金) 11:44:17.45
壮年のおばちゃんのシミーズ姿に欲情する変態だもんね(笑

401日本@名無史さん2017/11/03(金) 20:14:40.04
>>400
売国左翼にはDNAレベルで
性犯罪者の性癖が刻まれている。

402白馬青牛2017/11/04(土) 20:12:35.28
>>400
わしゃ、若ぶりじゃけぇ、数年前に行きつけのシミーズバーで同級とスムージー飲んじょったら、女の子に「親子見えるかもしれん」云われたけんのう。
親に見える云われた同級は、こがぁな息子いらん、云うて、わしの過去のいらん変態話をあれこれ云いよったよ。

403日本@名無史さん2017/11/05(日) 18:16:15.75
>>402
ワロタわ

404日本@名無史さん2017/11/10(金) 08:03:27.57
脇毛がたまらんのう

405日本@名無史さん2017/11/11(土) 19:02:17.45
江戸時代とか井伊直弼の話はどこいったん?

406日本@名無史さん2017/11/12(日) 07:23:48.20
>>405
スレ通りの話題を書き込むと嫌がらせレス連投が始まって会話にならんのだよ

407日本@名無史さん2017/11/13(月) 12:38:04.62
横浜のヒーロー井伊直弼なんだわな

408日本@名無史さん2017/11/13(月) 15:33:59.30
井伊を美化して悲劇のヒーローにしないと必死に潰しに来る人はいるね

409日本@名無史さん2017/11/13(月) 18:48:54.59
函館、横浜、新潟、神戸、長崎に人が多く住んでいるのは開国のおかげ。
とおもったけど函館は人口減って縮小気味なんだな。

410日本@名無史さん2017/11/13(月) 20:21:23.09
こないだ世界ふしぎ発見で横浜鎖港使節団のことやっていた
海外取材中心の番組だからフランス外務省提供の情報を中心に説明してて
幕府=開国派って世間の誤解をきれいに吹き飛ばしてた

411日本@名無史さん2017/11/13(月) 21:40:09.97
馬関戦争www  ほんと長門の連中あほちゃうか!!!

412日本@名無史さん2017/11/13(月) 22:02:20.01
開国すればよいという話でもないんだよ
諸外国は開国した後に不利な戦争や条約結ばされて植民地化されたんだからね
明治政府が開国を上手く成功させたというだけで

413日本@名無史さん2017/11/14(火) 09:37:53.16
歴史とくに外交の話なんて色々な事情が絡み合って誰の視点かで見えて来るものも変わるのに
ろくに事実関係も知ろうともせず良いとか悪いとか語り出すからなー

414日本@名無史さん2017/11/15(水) 19:01:08.64
薩摩藩は密貿易していたから、見える世界が違ったのかな?

415日本@名無史さん2017/11/15(水) 20:08:07.90
井伊直弼って実際に日米修好通商条約を結ぶのに尽力した松平忠固岩瀬忠震井上清直に勅許調印を唱えて足引っ張った挙げ句粛清したような奴なのになんで無勅許調印断行した開国の父ってことになってるの?
岩瀬井上は一橋派ダカラーと粛清の理由をごかせるけど忠固の場合は南紀派だからそれも無理

416日本@名無史さん2017/11/15(水) 21:07:34.01
>>414
密貿易って言ったって貿易自体は幕府の許可を得ていたけど
幕府に決められた品目や制限量を守らなかったってだけだぞ

417日本@名無史さん2017/11/16(木) 12:30:00.82
調所さんがあの世に持っていきました。

418日本@名無史さん2017/11/16(木) 13:03:12.64
1847年に薩摩は幕府の意向で琉球をフランスに対して開港させた
しかし諸般の事情で島津斉興は琉球に送る警備兵の人数をケチっていた
あと幕府は長崎の俵物貿易保護のために琉球の昆布輸出量に制限をかけていたがそれも破っていた
調所はそれを幕府に質されて斉興をかばうために自殺した

419白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2017/11/17(金) 01:51:06.49
>>411
馬関戦争も、日華事変、先の大戦も構造は一緒で、攘夷決行の自暴自棄の自滅戦争が
日本の上層部は大好きなんじゃし、これからも変らんよ。
>>412
属国日本たる明治政府の奴隷根性が上手いんかのう?

420日本@名無史さん2017/11/18(土) 19:44:52.13
>>415
朝廷と攘夷派敵に回すのが怖くて、
開国した責任を全部、松平忠固と岩瀬忠震に押し付けて失脚させたら
攘夷派からの盾が無くなって、結局全責任を引き受ける事になったのが真相だからね

421日本@名無史さん2017/11/18(土) 20:20:37.37
別に全責任を引き受けてないでしょ
孝明天皇に陰でこっそり条約は後で破棄するなんて約束しちゃったから
なかなか朝廷が攘夷をあきらめずに長々ともめることになった

422日本@名無史さん2017/11/22(水) 19:09:52.54
天皇が世代交代したのは都合よかったね。

423日本@名無史さん2017/11/23(木) 10:13:11.67
幕府にとってやたら都合よかったよな
孝明天皇が亡くなったらまるで待ち構えてたみたいに
喪中なのに身分の低い者が御所に近づくのは不謹慎であると
都合の悪い勢力を占め出して好きなようにしちゃったからねえ

424白馬青牛 ◆sKm0uQPecU 2018/01/15(月) 00:47:12.64
>>423
孝明天皇が不審な死で、結果的に得しくるんは倒幕派で一番損したんが会津じゃのう。

425日本@名無史さん2018/01/30(火) 14:18:12.55
日本史より謎な金儲けできる方法とか
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

5T33C

426白馬青午2018/05/23(水) 07:10:00.74
こきゃ、白馬青牛んレスが最後んレスんなっちょんじゃのうw

427日本@名無史さん2018/05/24(木) 01:07:34.73
江戸幕府は「鎖国」をしてるつもりはなかったんだ
朱印状出してた国がカトリックで出禁食らったり、
その他の国が自主撤退したからたまたまオランダだけになった
17世紀後半になってイギリスが再び来たけど、カトリック国になってたからダメ
だけどそのあともフランスが通商を求めるという噂があってオランダが神経質になってる

ロシアが通商を求めた時も、松平定信は信牌を与えてるし検討対象にはなってる
「鎖国が祖法」観が広がったのはそのあとだろう

428日本@名無史さん2018/05/24(木) 12:35:30.55
>>427
イングランドはカトリックじゃないよ。
UKになってから、カトリックが増えたんだよ。

フランスはカトリックのほうが多数のまま
ドイツもカトリックのほうが多いぐらいだな。

429日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:42:11.66
>>3
「攘夷と開国は両立できるぞ」
腰抜け幕府信者wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

430日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:42:43.00
>>5
できねぇで大損こいたじゃねぇか無能幕府

431日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:43:27.73
>>8
何がどうなって?

432日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:44:07.44
>>10
当時の人間はな後生のアホンダラは把握してない

433日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:44:56.37
>>20
幕末のやり方がウンコだったからな

434日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:45:42.65
>>37
お前が馬鹿ってことで

435日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:46:58.70
>>47
でもろくに何もせずに取って代わられたじゃん(笑)

436日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:47:33.47
>>50
幕府ウンコだからな

437日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:47:52.71
>>52
ロスケはゴミ

438日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:49:12.18
>>71
無能幕府の尻拭いしてやったんだろ

439日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:50:28.02
>>82
陰湿なのはお前
程度の低い馬鹿がに好き勝手させるくらいなら規制するだろ

440日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:51:37.25
>>98
陰湿なブサヨはその子孫だな(笑)やっぱブサヨはゴミだわ

441日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:52:07.38
>>102
お前の論がな

442日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:52:47.75
>>115
ブサヨ幕府は糞『「ウンコカス」』

443日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:53:37.74
>>120
ただの神社だろ
コッカシントウってなんだよ

444日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:54:49.39
>>135
バカチョンは存在が負けている。併合された負け犬バカチョン

445日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:55:03.81
>>133
ネトサヨだけ負けてたな

446日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:56:31.89
>>160
あれはバカチョンの負けバカチョンごときが勝てるわけがないバカチョンはゴミヘタレチンカス

447日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:57:24.69
>>167
お前がいたら植民地になってたな

448日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:58:09.74
>>172
シナカスは雑魚

449日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:58:39.30
>>172
シナカスの馬鹿はシミュレーションができないこれは明白

450日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:58:56.46
>>176
ネトサヨとかな

451日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:59:11.17
>>178
プッ

452日本@名無史さん2018/05/30(水) 04:59:44.26
>>182
お前もどんだけ「偉いんだよ」w

453日本@名無史さん2018/05/30(水) 05:00:24.37
>>195
今の野党に国を守ろうなんて意思はねぇよ

454日本@名無史さん2018/05/30(水) 05:01:04.87
>>197
バカチョンは徹頭徹尾失敗だろw開国君(笑)

455日本@名無史さん2018/05/30(水) 05:01:18.74
>>198
無能だな

456日本@名無史さん2018/05/30(水) 05:01:57.28
>>199
無能は百姓町民だろ

457日本@名無史さん2018/05/30(水) 05:03:01.11
>>212
でも負けたよな(笑)

458日本@名無史さん2018/05/30(水) 11:44:30.29
>>214
感情論は幕府信者のお前。論外。

459日本@名無史さん2018/05/30(水) 11:59:48.78
>>218
幕府はゴミだからな

460日本@名無史さん2018/05/30(水) 12:00:21.59
>>219
お前が偽物だろ実証ゴロ

461日本@名無史さん2018/05/30(水) 12:00:59.74
>>227
お前のことじゃん(笑)

462日本@名無史さん2018/05/30(水) 12:01:52.17
>>231
お前は常識の無い馬鹿だよな死ねよガイジ(笑)

463日本@名無史さん2018/05/30(水) 12:02:17.49
>>232
開き直りだろ負け犬幕府信者哀れよのう

464日本@名無史さん2018/05/30(水) 12:05:11.48
>>301
お前らネトサヨとその崇拝対象がな北朝鮮に帰れよ(笑)

465日本@名無史さん2018/05/30(水) 12:05:56.61
>>314
渡来猿はてめぇみてぇな落ちこぼれだけだろ(笑)
後は純血だ

466日本@名無史さん2018/05/30(水) 12:06:24.61
>>319
お前もうざいな

467日本@名無史さん2018/06/03(日) 23:28:25.42
>>416
密貿易はしている。

薩摩領内で使用する分ではなくて、大阪商人がやってきて横流ししていた。
また琉球との貿易ではなくて、琉球を傀儡に中国商品を輸入していた。

長崎の奉行所が密偵を送り込んでその調査結果が残っている。

468日本@名無史さん2018/07/12(木) 15:08:07.32
とても簡単な稼ぐことができるホームページ
念のためにのせておきます
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

DYD

469日本@名無史さん2018/09/03(月) 20:42:38.56
鎖国って監禁政策みたいなもんじゃね?

470日本@名無史さん2018/09/03(月) 20:43:50.12
>>199

植民地(笑)

471日本@名無史さん2018/09/03(月) 20:56:37.79
こんないまでは官僚支配の狂った国家、植民地にされた方が良かったのではと思う。
何かメリットがあるなら別だが。

472日本@名無史さん2018/10/26(金) 07:21:04.73
今の日本の教科書じゃ鎖国の用語は消されたり、鎖国してないみたいな理解らしいが、
限定的な貿易は行われていたが、それが鎖国していないという解釈は飛躍しすぎた理解ではないか?

海外在住の日本人の帰国を禁じたり、アンコールワットを訪れた森本右近太夫が秘密裏に
帰国して隠棲したやらはなんなんだと思うがなぁ。

473日本@名無史さん2018/10/26(金) 07:49:03.19
>>472
世界の銀の半分を産する日本の銀貨が枯渇するほど貿易してたのにw

474日本@名無史さん2018/10/26(金) 08:29:22.16
>>473
出入国を徹底的に規制していたのも事実。鎖国にせよ非鎖国にせよ、一面的理解は完全ではないにしても
日本の対外交流が鎖国前とは異なる状態にあったことは捉えるべきだ。

それを「鎖国はなかった」とは、ほとんど歴史修正主義だ。
どうも新奇な解釈を流布して功績としたいや明治維新を過小評価したいなどの研究者の動機が
あるのではないかと邪推してしまう。

475日本@名無史さん2018/10/26(金) 19:34:29.59
>>474
江戸時代に「鎖国」はないよ
あったのは海禁つまり貿易および人の出入りの規制
江戸幕府は一貫して信牌を与えた国とは通信通商を認めている
だからイギリスも1660年代に通商を求めて再参入しようとしているし
オランダは18世紀初頭までフランスに信牌が与えられる可能性を警戒していた
現に新興国ロシアは18世紀末に新しい信牌授与国となった

476日本@名無史さん2018/10/26(金) 19:37:22.22
>>472
鎖国というのは、江戸幕府が嘉永安政期の朝廷への上申の際に
「〜という祖法があったというのは誤解である」と否定する文脈で生まれた言葉
現在の政策を肯定するために捏造した概念と言ってもいい

それが独り歩きして「過去には鎖国がなされていたがこれからは開国」みたいな形で
誤って対置されたというそれだけのこと

477日本@名無史さん2018/10/26(金) 19:41:41.40
>>428
そうではない、1660年代の王政復古でチャールズ2世がポルトガルのジョアン4世娘と結婚した
幕府はこの情報を掴んだためイギリスとの交易再開に警戒を示した
要するにポルトガルの縁戚になったとみなした
当初はイギリスは信牌を持ってたため長崎奉行は交易が認められると踏んでたから、
江戸に使者を送る方針でいたが幕閣上層部の政治決定でひっくり返った

478日本@名無史さん2018/10/26(金) 19:46:29.91
>>472
鎖国概念に対する批判なんて1980年代からあるよ
1990年代つまり20年前には高校で海禁・華夷秩序を教えてるのにまだ鎖国とか言ってるの?
高校生が笑ってるよと批判してる論文が結構あるから、その頃にはもう学校教育でも否定されてる

479日本@名無史さん2018/10/27(土) 10:53:55.32
無理だと思ったから条約調印したんだろ

480日本@名無史さん2019/01/08(火) 23:51:07.52
鄭成功と母の田川マツは鎖国令の後に弟を人質で残す条件で幕府の特別な許可を得て出国してる
家光の時代はまだ個別に許可を出す柔軟さがあったんだな

481日本@名無史さん2019/02/06(水) 09:20:26.72
鎖国ってツイッターのブロックみたいなもんかな?
ツイッターのブロックもショックだが、
ブロックじゃなくて名称をロックに変更してほしい。
いずれにしよ、人は無性に心や何かを閉ざしたりシャットアウトしたくなるときあるよな。
俺は心広いからないけど。

482オーバーテクナナシー2019/05/17(金) 09:12:56.90
○●○日本が鎖国するための技術 2○●○
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/future/1284235886/

483日本@名無史さん2019/06/27(木) 13:04:13.50
>>467
薩摩に限らず九州の諸侯は当たり前のように密貿易やってたんだろうね

484日本@名無史さん2019/07/30(火) 20:34:37.08
歴論って番組で鎖国はあったかって討論してたけど
鎖国はなかった派がだんだん旗色が悪くなってくのが面白かった

番組の結論としては家光の時代には鎖国をしていたとは言えないが
ペリー来航直前ごろには鎖国をしていたといわれても仕方ない状態ではあった
しかし1970年代に日本の外交政策が変わり、昔からずっと東アジアと交流が続いていた
と対外的に訴える必要が出てきたために鎖国はなかったと教える必要が出てきた
あたりで決着してた

485日本@名無史さん2019/08/30(金) 17:18:27.46
先ず鎖国とは何かをしっかり書いていないのが問題。
オランダ独立戦争が激化する中で、
オランダ派のウィリアム・アダムスが、
家康にスペインの日本征服の野望をチクったのが事の発端。
コレには伊達家の慶長使節団の内容も含まれている。
スペインポルトガル連合の日本の侵略を危惧した家康が、
カトリックの布教を禁止し、スペインポルトガルに変わって、
プロテスタントのオランダとの貿易を始めたのが平戸である。
遡れば、スペインがアルマダの海戦(1588年7月31日-8月8日)で、
イギリスに敗れていなければ、アジア征服に向けて無敵艦隊が出向していたと言われている。
この野望をガスパール・コエリョが、秀吉にペラッと喋った為に、
バテレン追放令1587年7月24日が下された。

486日本@名無史さん2019/09/04(水) 21:18:04.16
こんな感じで鎖国とは何かをしっかり書かないのが問題

487日本@名無史さん2019/09/07(土) 12:22:26.08
ギャグじゃないの?
優等生風のやつがイキって「○○とは何か?」とか単純な命題を出した後に
細かい経緯とかをだらだら説明して皆が本題をいつ言うかなとずっと待ってると
命題にはまったく触れずに終わって皆ズッコケる
三谷幸喜がやってたな

488日本@名無史さん2019/09/07(土) 13:48:20.98
??マジで分からないのか???
アホはコレだからどうしようもねーなwww
スペインポルトガル連合の日本征服の野望が、
カトリック(スペインポルトガル連合)vsプロテスタント(イギリスオランダ連合)の戦いで、
プロテスタントが勝利し、オランダが独立を勝ち取った事で頓挫し、
その流れの中で、2度、カトリックの布教を禁止して、
最終的にプロテスタントの国のオランダと交易したって事だ。
アルマダの海戦でスペインが勝利していれば、
無敵艦隊はアジア征服に乗り出していた、
その終着駅が日本って事だぞ。
伊達政宗の慶長使節団も、スペインの支援を打診しに行った。
これをチクッたのがウイリアムアダムスだ。

489日本@名無史さん2019/09/07(土) 18:21:41.79
それは単なる経緯であって「鎖国とは何か」ではない
もうそのギャグはいいよw

490日本@名無史さん2019/09/22(日) 04:48:48.40

491日本@名無史さん2019/09/22(日) 12:38:50.91
ロシアが来た時に松平定信は本気で交易を始めることを考えてた。
鎖国の継続は無理と判断したのかは不明だが、その後鎖国を持続できたのは単純にロシアが太平洋進出しなかったため。

新着レスの表示
レスを投稿する