日本書記の記述を信じますか

1名無しさん@お腹いっぱい2012/08/26(日) 16:51:52.99
大和朝廷未満の歴史を抹殺している日本書紀を
日本古代史の教科書として信じますか。

2日本@名無史さん2012/08/26(日) 16:58:07.06
聖書の記述すら信じている人がいるからな

3日本@名無史さん2012/08/26(日) 20:16:44.69
>>1
「日本書紀」は「やまとのふみ」なので、「ヤマト王権」前の歴史が書かれていないのは当然。
「吾妻鏡」が東国(鎌倉)政権の史書であって、前の平安朝廷の歴史が書かれていないこと、
「徳川実紀」が徳川幕府の史書であって、前の室町幕府の歴史が書かれていないこと、
これとおんなじです。

4日本@名無史さん2012/08/26(日) 22:13:25.66
信じる信じないって宗教かよ

5日本@名無史さん2012/08/27(月) 00:31:04.27
正史として書いてあるのだから、何はともあれ、ここから認識するのが基本
それに「そもそも、古いことは諸説あってよーわからん」と書いてあるし
事実「別書に曰く」とシツコク注釈を入れてるところが多数あるんだから
その編集姿勢は評価すべき
大体、>>3の言うとおりヤマト王権前なんて書く必要もないし
伝説レベルでしか書けっこない

6唐松山 ◆V0F34EbmQA 2012/08/27(月) 00:53:46.81
>伝説レベルでしか書けっこない

そんなことはない、しっかり正しい出来事が基本となっている。これが、正しく認識できないのは、それを正しい暦に変換できなかったからである。
なぜならば、3国史にも間違いがあり、間違いのある3国史と整合できなかったからなのだ。
間違いのある3国史ならば、間違いのある数字でしか整合させられない。
新羅本紀に書紀の記事を合わせると
崇神天皇 189年〜216年  五,六年の記事は、後漢193年=新羅192年〜3年に対応。
垂仁天皇 217年〜239年 239年邪馬台国官伊支馬
景行天皇 240年〜261年 箸墓は箸陵(263年)。
成務天皇 262年〜265年 46年伸ばす 262〜311
仲哀天皇 266年〜274年 312〜320
神功皇后 275年〜343年 321〜389
応神天皇 344年〜384年 390〜430
仁徳天皇 313年〜399年 359〜445 神功三九年大歳を元年とする。
履中  400〜  405年兄王は前年帯方界での行方不明。
反正  406〜
允恭  412〜  413年倭、高句麗が東晋へ朝貢その翌年が新羅の医者。
安康  454〜
雄略  457〜  嶋王は動かない。

10奈解泥師今196~230 ・11助賁尼師今230~247 ・12沾解泥師今247~261
13味鄒泥師今262~284
14儒禮泥師今284~298
15基臨泥師今298~310
16訖解泥師今310~356奈解王の孫。母は助賁王の娘命元夫人昔氏。
17奈勿麻立干356~402味鄒王の甥であり婿。母は休禮夫人金氏。妃は味鄒王の娘保反夫人金氏。

成務・仲哀の世継ぎは成立しない。味鄒・儒禮と訖解・奈勿の間の世継ぎは成立しない。
しかし、新羅192年・209年と奈勿=神功=百済王家は整合する。


7つきピエ@絶景美男子 童貞 神の使い2012/08/27(月) 01:04:27.62
若狭三方縄文博物館に行ってきた。縄文人は野蛮な人類かと思ったらそうではなく、日本史上、
最も繊細で美しい心と姿と動きをしていたかもしれないと思った。日本の神様の霊性が最も素直
に現出した人類だったかもしれない。女系の文化で素朴で優しく争いもなく、人を殺す武器にな
る鉄器が持ち運ばれても戦争をせず、水田耕作の文明が普及しないほど食べ物が豊かで、ウイ
ルスにたいする抵抗力がないほど繊細で。メダカが当たり前のように泳いでいた透明な大地には、
どんな子たちがいたろう。
3000年前の戦国春秋時代に朝鮮半島と中国大陸から大量の難民が流れ込んできて、稲作農法
と鉄器文明と共に大量のウイルスが持ち込まれ、縄文文化はその後すぐに滅んでしまう。
縄文時代の人は、どんなに繊細だったのか。どんなに美しかったのか。縄文人の血は我々にどれ
だけ受け継がれているのか。今の日本人から中国人・韓国人を引いた姿形が縄文人だとすると。。

縄文人は滅んでしまったのだとすると、それ以前は中国と韓国にルーツがある事になるよ。

8日本@名無史さん2012/08/27(月) 07:28:21.53
弥生時代末期の北部九州。
漢委奴国王(スサノオ)が建国し、帥升(大国主)と続いた倭(和)国も、跡継ぎを巡る「大乱」で卑弥呼(アマテラス)に国を譲る。
これを不服とした卑弥弓呼の狗奴国と交戦状態になり、和国は分裂。卑弥呼はその最中(もなか)に急死する。

【分裂した「和」国】
奴国(長崎/佐賀)邪馬台国(福岡/大分)
狗奴国(熊本)─┼─投馬国(宮崎)日向→神武東征≡瀬戸内海⊇≡「大和」
....................隼人(鹿児島)

卑弥呼の跡を継いだ筑紫邪馬台国♀女王「台与」は日向投馬国王♂を婿として迎えた後、薩摩隼人との三つ巴で肥後狗奴国
(後の熊襲)を滅ぼし、「和」国を再統一する。
その男系末裔であることを示すため、神武は本拠地・投馬国(日向)から大和へ東遷。「大王」に即位し、「大和」朝廷を樹立。

※記紀が投馬国の祖であるイザナギ・イザナミを漢委奴国王(スサノオ)の両親、台与の伯母・卑弥呼(アマテラス)をその姉としたのは、
(投馬国王と台与の子孫である)大王家の系図操作。漢委奴国王(スサノオ)と帥升(大国主)は建国の功績を消され出雲に祀られる。

-大和朝廷における、♂投馬国(日向)系大王と♀邪馬台国(筑紫)系大王の(それぞれの男系が途絶えたことによる)政権交代

【前期古墳】…イリ三輪(銅鏡)王朝(神武〜仲哀)=♂投馬(日向)系大王
【中期古墳】…ワケ河内(鉄剣騎馬)王朝(応神〜武烈)=♀邪馬台(筑紫)系大王(朝鮮半島支配強化で王権強大化)
【後期古墳】…近江王朝(※継体〜天智〜桓武〜現在)=♂投馬(日向)系大王


-継体・安閑・宣化=日向系大王→継体の大王即位が筑紫系皇族の抵抗で大幅遅延→「筑紫君磐井の乱」を誘発
-欽明〜皇極(斉明)=筑紫系大王(筑紫系大臣蘇我氏による日向系皇族大弾圧)→「乙巳の変」へ
-天智〜弘文=日向系大王、「白村江の戦い」惨敗で朝鮮半島権益を完全喪失→「壬申の乱」へ
-天武〜考謙(称徳)=筑紫系「天皇」、両系和解の記紀編纂(日向系イリ三輪王朝の活躍>筑紫系ワケ河内王朝の活躍)
-光仁・桓武〜現代=日向系天皇、筑紫系天皇の平城京から本拠地・琵琶湖近くの平安京に遷都

一白
大王家

9日本@名無史さん2012/08/27(月) 09:54:35.03
>>8よりは日本書紀のほうが大枠では信じられる

10日本@名無史さん2012/08/27(月) 10:19:22.33
>>1
記紀って新約聖書のようだねw

11唐松山 ◆V0F34EbmQA 2012/08/27(月) 11:15:31.96
天皇   西暦     増し(1章=19年空白年の差し込み) 
神武天皇 42年〜63年  3章 手研耳による空白年を含む。X式土器の始まり。近江伊勢遺跡。
綏靖天皇 64年〜77年  1章
安寧天皇 78年〜82
懿徳天皇 83 〜93年  3章 安寧天皇と同じ暦 安寧、懿徳は異母兄弟。
孝昭天皇 94年〜119年 3章
孝安天皇 120年〜145年 4章
孝霊天皇 146年〜164年 3章 
孝元天皇 165年〜183年 2章
開化天皇 184年〜188年 ≒3章-2年 2年の異常 開化崇神は同じ暦
崇神天皇 189年〜216年 ≒2章+2年 五,六年の記事は、後漢193年=新羅192年〜3年に対応。
垂仁天皇 217年〜239年 4章 ホケノ山古墳に田道間守の殉葬。
景行天皇 240年〜261年 2章 箸墓は箸陵(263年)。
成務天皇 262年〜265年 ≒3章 仲哀と同じ暦の可能性がある。
仲哀天皇 266年〜274年 ≒0章 273年日食(神功元年に注入)
神功皇后 275年〜343年 磐余稚桜宮は、桜井茶臼山。誉田御廟山までは110年。
応神天皇 344年〜384年
仁徳天皇 313年〜399年 神功三九年大歳を元年とする。

第X様式とは、畿内の土器でありこの時期の他の地域より広い範囲で使われる。
2世紀末各地の居住区が放棄されるなど、大きな変動があった。←崇神5,6年
その直後、纒向に各地の土器が持ち込まれる。←崇神10年異俗多帰。

12日本@名無史さん2012/08/27(月) 11:28:16.11
>>10
おれは旧約聖書だと思った。

13日本@名無史さん2012/08/27(月) 11:35:01.11
>>7
まあ3000年前が無くても、遅かれ早かれ外国人の到来は起きてたろうけどね。
歴史にIFはないとは言うが、まず間違いなく、21世紀の今日に至るまで日本列島が
外からの介入を受けることなく縄文社会を保ち続けてた、なんてことはないだろう。
あるいは、外圧や疫病に強力に対処出来る成長した国家を縄文人が築けてたとしても、
その国家を作っていくプロセスで争いが生まれるだろうし、ウィルス対策を一例として
科学技術の先進知識を得ようとすれば、これはやはり外国との接触が不可欠となっていただろう。
その際、従来の縄文社会とは異なる価値観(政治思想・宗教・産業体制・学問・生活文化など)
が流入したであろうことも、容易に想像できる。
縄文の精神(平和・自然・美意識)を理想とし、それを少しでも今の我々のうちにも具現化したいという気持ちは美しいが、
かといって、そういう人たちに間々見られる弥生社会を短絡的に敵視化するような考え方には、私はあまり賛同できない。

14唐松山 ◆V0F34EbmQA 2012/08/27(月) 11:37:13.08
211年崇神58年 任那建国。
216年崇神末 任那より朝貢。
3世紀前半 辻の大型建物=珠城宮
鉄を求める求心力が、纒向を発展させる。
239年 邪馬台国官伊支馬=垂仁による田島守派遣、都市牛利(たしうり)
ホケノ山古墳の穴あき壺が最初の埴輪。
土盛り(乾く=ヒ)と生地(シロ)して中期の大型建物、日代宮。
景行による九州遠征=庄内式土器の九州上陸。
日本武尊を関東へ・・・これにより統一倭国=大倭成立。
使大倭監之、 自女王國以北、特置一大率、檢察諸國、諸國畏憚之、常治伊都國、於國中有如刺史。
大倭は伊都国に刺史如きを置き 女王国(九州)の北に特別に置いた一大率を監督し治め
諸国を検察する 諸国はこれを畏れ憚る
箸墓築造=最初の大王墓
274年 仲哀9年 神功渡海。
この渡海は、晋の命令行為の実行であり、九州に置いた1大卒を半島の警察軍として活用する。
当然経費が発生するが、それが、新羅からの調なのである。(纒向5類)
316年 西晋滅亡、
ここから、歴史の混乱時代となる。
326年=七支刀であれば、半島占拠、領土分与は正しい出来事になる。

15日本@名無史さん2012/08/27(月) 19:38:41.53
>>12
旧約聖書のようなものとしたら日本書紀よりは古事記ではないか

16名無しさん@お腹いっぱい2012/08/29(水) 21:03:23.32
日本書紀の編纂目的は藤原の絶対権力、権威を保持維持するために、
藤原不比等が自らの生い立ち(百済の血)を消し去る事を目的としたのでは
ないかとの推察がある。自らの過去に関連する、不都合な事柄を、例えば
ヤマト建国に大きい影響を与えたされる弥生から四世紀に渡る、出雲の存在を
抹殺したと思われる事実等々、不比等以前の歴史の事実を覆い隠すため、
年代無視の神話化に走ったと推測される事柄が多い。

17日本@名無史さん2012/08/29(水) 21:12:07.75
記紀を信じる奴は日本史勉強してない奴か苦手だった奴、それ以外なら天皇万歳カルト宗教の教えを信じてる奴
日本史を勉強した奴は記紀が日本史ではない事を知っている

18日本@名無史さん2012/08/29(水) 21:19:45.66
>>7
縄文人は滅んでないよ。

19日本@名無史さん2012/08/29(水) 22:52:57.30
生長の家で勉強するべし

20日本@名無史さん2012/08/30(木) 08:56:14.08
>>2
> 聖書の記述すら信じている人がいるからな

今はキリスト教徒でも聖書の記述を信じている奴は少ないだろう

21日本@名無史さん2012/08/30(木) 16:38:06.83
アメリカでは進化論は「ひとつの考え方」として教えられていて絶対視することが禁じられているが
それすらも不満に思って子供を公立に通わせず、私立で天地創造説を徹底的に教え込む家庭も珍しくない

22日本@名無史さん2012/08/30(木) 16:52:14.64
記紀の記述程度ならともかく聖書の記述まで信じ込ませる教育とは恐ろしいことね。

23日本@名無史さん2012/08/31(金) 20:35:07.94

24日本@名無史さん2012/08/31(金) 21:02:29.30
「満月は美しい!」 天照・・・?

  〜by 縄文人〜

25日本@名無史さん2012/09/01(土) 16:52:37.97
>>17
古事記はともかく日本書紀なしにどうやって日本の古代史を知るの?

26日本@名無史さん2012/09/09(日) 13:06:05.19
武内文書は、旧宮内庁にによって灰になった。

27日本@名無史さん2012/09/10(月) 15:31:48.76
>>20
天地創造や創世論を信じて進化論を学校の教科書から排除するように要求してる団体がアメリカにある
これが結構大きな勢力みたいだよ

28日本@名無史さん2012/09/10(月) 19:37:42.04
いまだに聖書の記述を信じる人達がいるとは恐ろしいことだね

29日本@名無史さん2012/09/11(火) 06:29:30.02
何を今更

30日本@名無史さん2012/09/11(火) 07:41:53.00
大戦後のどさくさに紛れて聖書に書いてあることを理由にパレスチナを武力で強奪した民族までいるのだからな

31サガミハラハラ2012/09/27(木) 20:57:39.15
私、日本書紀の記述を絶対的に信頼しております。

32日本@名無史さん2012/09/27(木) 21:14:29.61
信じる者は助われるよぉ〜ん

各地の言い伝えを広範に編集してるわけであって
おとぎ話なわけネぇーだろっ ぼぉあ〜かめっ! www

33日本@名無史さん2012/09/28(金) 05:03:16.82
>鉄を求める求心力が、纒向を発展させる。
纒向あるいはその周辺に、鉄が集中したのかどうか?
例えば、方保田東原、諏訪原、西弥護免などと比して。

34愛知県民 ◆/aQLbFNNDU 2013/03/09(土) 14:48:02.91
私はこれまで九州王朝説に否定的だった。
倭の五王と歴代天皇の名前が次のように対応するからだ。

讃とホムタワケ(應神)ホム=誉める、賞賛する
珍とミヅハワケ(反正)ミヅ=見ず、珍しい
済とワクゴノスクネ(允恭)スクネ=救う、救済する
興とアナホ(安康)アナホは地名と思われるので不明だが
オシハ、又はオシハワケ(雄略のライバル)オキ=興
武とワカタケル(雄略)タケル=武

だが、足利高氏が後醍醐(尊治)天皇から「尊」の字をもらって尊氏になったように、
近畿の天皇が九州の倭王から名前をもらったと考えるほうがよい。

ホムタワケ=讃の分家
ミヅハワケ=珍の分家
ワクゴノスクネ=幼子の済
オシハワケ=興の分家
ワカタケル=若い武

すべて、倭王が上位で天皇が下位であることを示すように思われる。

35サガミハラハラ2013/03/09(土) 16:01:53.14
天皇の漢風シ号は、倭の五王の名を元に淡海三船らによってつくられたようですよ。

36日本@名無史さん2013/03/10(日) 08:44:09.53
面白いことに、
科学的な研究や考古学が発展すればするほど、
かつての逆皇国史観の古代史研究者の期待に反して、
記紀の記述の裏付けが取れていく。
稲荷山鉄剣銘だとかその他。
日本書紀の紀年については、すでに明治の学者によって、
だいたいの考え方の道筋がつけられている。
逆皇国史観論者なんて、
都合のよい部分だけ記紀を切り貼りしているだけだから、
たいした学者の生まれなかった。

37日本@名無史さん2013/03/10(日) 09:21:40.40
記紀では天皇は木花咲耶媛の子孫なので短命だとあるのに100歳までいきたとされる天皇が少なくない
これはつまり、記紀がそれ以前の言い伝えに忠実に記録されていることと、記紀成立あるいは言い伝えの伝えられる段階で複数の伝承が合わせられていることを示している

38唐松山 ◆V0F34EbmQA 2013/03/10(日) 09:27:45.32
書紀の記述からは正しい年代も導き出せる。

天皇   西暦     増し(1章=19年 空白年の差し込み) 
神武天皇 42年〜63年  3章 手研耳による空白年を含む。弥生後期、X式土器の始まり。近江伊勢遺跡の勃興。
途中省略
開化天皇 184年〜188年 ≒3章-2年 2年の異常 開化崇神は同じ暦
崇神天皇 189年〜216年 ≒2章+2年 五,六年の記事は、後漢193年=新羅192年〜3年に対応。近江伊勢遺跡などの衰退。
崇神58年=新羅209年=三国遺事211年任那建国。
3世紀前半の大型建物=珠城宮
垂仁天皇 217年〜239年 4章 邪馬台国官伊支馬=垂仁・都市牛利(たしうり)=田島守
ホケノ山 楽浪鏡・埴輪(穴あき壺)石囲い木槨、殉葬墓。
景行天皇 240年〜261年 2章 
3世紀初めの大型建物を取り壊し、土盛りと整地をして、中期の大型建物=日代宮
250年ころ 庄内式土器(纒向3類)が北部九州へ持ち込まれる(九州遠征)
倭人伝 使大倭監之、 自女王國以北、特置一大率、檢察諸國、諸國畏憚之、常治伊都國、於國中有如刺史。
大和は伊都国に勅使の如きを置き、女王国(九州)の北に置いた1大卒を監督し諸国を検察する。
諸国はこれ(一大率)を畏れ憚る、(大倭)は常に伊都国に於いて(諸国を)治める。
箸墓(260±10年)最初の大王墓=景行墓
成務天皇 262年〜265年 ≒3章 仲哀と同じ暦の可能性がある。
仲哀天皇 266年〜274年 ≒0章 273年日食(神功元年に注入)一大率を渡海させる。
神功皇后 275年〜343年 磐余稚桜宮は、桜井茶臼山。誉田御廟山までは110年。
326年 神功52年 七支刀 東晉明帝太寧4年5月16日丙午
応神天皇 344年〜384年  百済本紀とは、46年の誤差がある。
仁徳天皇 313年〜399年 神功三九年大歳を元年とする。

百済王家を支持しても、その記述が正しいとできない年代を捨てたのが今の考古学なのである。

39唐松山 ◆V0F34EbmQA 2013/03/10(日) 09:40:29.72
書紀は古記のいう暦で編纂されており、仲哀元年閏11月で数えられる暦と安閑天皇元年(甲寅五三四)◆閏十二月
から逆算できる仁徳紀以降の暦の二つに分けることができる。
そして仁徳紀の仁徳13年(閏12月の年)に狭義の朔旦冬至が来る。

『令集解』陰陽寮条の「古記」は 「暦数は、十九年を一章と為し、三年閏九月、六年閏六月、九年閏三月、
十一年閏十一月、十四年閏八月、十七年閏五月、十九年閏十二月とす」という。
この暦に書紀をあてがうと、安閑天皇元年(甲寅五三四)◆閏十二月己卯朔から仁徳まではさかのぼれる。
しかし、神功・応神紀は、仲哀天皇元年(壬申一九二)閏十一月乙卯朔の暦であり、仁徳以降とはつながらない。
しかも『神功・応神紀には百済王家が、仁徳紀には「廿餘年無事矣」と短くできない』という制約がある。
であるならば、暦を重ねて古事記のいう年数に合わせる。
仲哀天皇九年(庚辰二〇〇) =19年目=274年 古事記壬戌年、応神誕生。
神功皇后摂政元年(辛巳二〇一) =1年目=275年
神功皇后摂政三九年(己未二三九)大歳 =1年目=仁徳元年=313年=7年目 
仁徳天皇十三年(乙酉三二五) =19年目=325年 狭義の朔旦冬至。
仁徳天皇八七年(己亥三九九)春正月戊子朔 古事記=399年丁卯年
安閑天皇元年(甲寅五三四)◆閏十二月 =19年目=534年 ←ここから逆算。

40日本@名無史さん2013/03/10(日) 10:08:58.54
あなたは元ちとせを信じますか?

41太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/10(日) 14:35:29.92
19+7閏 の逆算では一定の古記成立から以前の古代の年代の特定を
面倒にも出来うる可能性があるものだが、じゃぁ〜それで神武元年
までゆうゆうとこの単純計算で真に求まるかと考えると、到底それは
無理の語につきる。それは数回とか場合によっては十数回二十数回等
の暦法改正分断があることが、その単純計算で求める楽を阻んで
いる。おまけに当時は重暦であるから、書紀が個別に重暦からの時日
の記事を採用したとなれば複雑であり、日数月数からの逆算究明は
不可能に近いこととなる。

だからそういうやり方は短期において有効なるも、長期の全年代編年
という神武の世にまでの年代確定には殆ど無益の労力であり、全編年
が万札数えに相当するところ、このメトンマ周期の数え方は1円玉〜
10円玉程度の数量枚数数えにして、年代万札計算のところ月だとその
12倍、日だと365倍の精度の把握の必要となり、その困難性は12倍、365倍の困苦をかぶるもので〜現今の文献量ではこういう365倍の精度
を上げてからの神武への年代確定所業はメトンマ周期の利用では到底
おぼつかない〇ンマで要領のえらく悪い逆算編年確定法だということ
である。
まぁ今の文献量では到底その目的を達せられない諦めるべき年代
追究法だということに帰結する。ただ今後文献が出て十二分に豊富に
なれば事は別になり可能性が出て来るが、今のでは全然ダメ。

編年は非常に信用できうる文献が出て来て、古代の当時の天皇と大陸
の皇帝のいる国々との交流とかの記載があれば、そこから年代は一発
で決めることが出来、こういうのがあればそんなメトンマ周期など
マズいカツ丼ならぬ張る負け丼そのものだとホツマ真理狂の試みの
まずさを明らかにできる。ww

42日本@名無史さん2013/03/10(日) 16:11:32.11
遡れるって言っても、応神ぐらいまでだろ

43日本@名無史さん2013/03/10(日) 17:09:31.79
神武天皇的な大和朝廷の基礎を作った人物はいるんだろうが欠史十代は後世の脚色があると思うけどね〜。


何にしても古代日本史は卑弥呼の正体が鍵を握ってるわな。色々と都合悪いことがあるんだろうけど宮内庁は少なくとも
箸墓古墳ぐらいは調査許可出してもいいと思うの。

現状のままじゃ何時までたっても決め手となる物が出てこない。

44日本@名無史さん2013/03/10(日) 17:15:07.73
纏向遺跡から桃の種出てきたんだっけ?

まあ畿内説が有力なんだろうけど、如何せん神武東征があるからまだ九州説もあるのか…
最も邪馬台国→大和朝廷とは限らないけども。

45日本@名無史さん2013/03/10(日) 18:22:54.49
日本書紀と古事記を信頼するのが当たり前。
ほかに信頼に値するものはないから。

考古学は記紀の記述をいじくっているだけ。
考古学で弥生時代の歴史を全部語ってくれるんだったら
信じてもいいが…。

有利な根拠なんてのは全然ないのに、
畿内説は有利、有利を念仏のように唱えている。

46唐松山 ◆V0F34EbmQA 2013/03/11(月) 11:02:00.91
>日本書紀と古事記を信頼するのが当たり前。
>ほかに信頼に値するものはないから。

実際には、3国志百済本紀を信じている。だから、七支刀16日丙午も「16日丙午の存在しない169年」をあてがう。
書記の記述では、神功49年の領土分与、翌年にその確認に百済から使者が訪れる。その確認後の52年が七支刀 である。
そうすると、記年できるのは、神功50年以降の年度にならなければならない。
372年神功52年に369年(神功49年)銘の七支刀。よって 大いに狂いがある。
つまり、これだからこの数字を捨てたのが考古学であり、現在の纏向年代なのである。

>考古学は記紀の記述をいじくっているだけ。

考古学の50年遡上は七支刀も50年遡上させなければ整合しない。
326年神功52年 七支刀 東晉明帝太寧4年5月16日丙午(東晋17日丙午)
書紀はこのように存在する日付をあてがっているのだよ。

47唐松山 ◆V0F34EbmQA 2013/03/11(月) 11:17:35.72
開化天皇 184年〜188年 3章−2年(増55年) 開化、崇神は同じ暦
崇神天皇 189年〜216年 2章+2年(増40年) 
垂仁天皇 217年〜239年 4章
景行天皇 240年〜261年 2章
成務天皇 262年〜265年 3章 成務、仲哀は同じ暦の可能性が有る。 古事記267年乙卯
仲哀天皇 266年〜274年 0章 古事記274年壬戌
神功皇后 275年〜343年 ・・・+46年で百済本紀と整合する。
応神天皇 344年〜384年 
 
仁徳天皇 313年〜399年 神功三九年大歳を元年とする。・・・+46年を使用する場合は使えない。
履中天皇 400年〜405年  古事記399年丁卯、古事記404年壬申
反正天皇 405年〜411年 古事記409年丁丑
允恭天皇 412年〜453年 同4年盟神探湯。 

纏向遺跡は崇神・垂仁・景行時代の遺跡である。
つまり、2世紀末に各地の土器が持ち込まれたのがその初めである。
崇神5、6年疫病・餓死・逃散から同10年異族多帰が2世紀末。
そして、「神功三九年大歳」は天皇即位の年になりその天皇は古事記のいう
仲哀の死(応神誕生)から仁徳の葬儀までと同じ時間となる

48日本@名無史さん2013/03/11(月) 14:29:20.29
われわれ日本人のご先祖が遺してくれたのだから、
四の五の言わずにありがたく信奉すべし

49太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/11(月) 15:14:24.03
ウラでは空年でないアスス暦1年265日を使い、表見は空年にしてスレ民を欺く

>景行天皇×→240年〜261年←以下からデタラメ

景行元年 景行天皇 即位:紀
景行2年 播磨稲日大郎姫 立后:紀
景行3年 紀伊行幸:紀
景行4年 美濃行幸:紀
景行5年 藤白神社(和歌山県)この年 創建 :由緒等
景行6年 織田神社(福井県)この年 創建:同上
景行7年 国々の神社に奉幣:九鬼文書
景行10年 赤神神社(秋田県)赤神山竹生島と同頃発現:由緒等
景行12年 熊襲叛く 筑紫行幸 日本武尊 誕生:紀
景行13年 熊襲平定:紀
景行14年 伊奈波神社 鎮斎 成務天皇誕生 武内宿禰誕生:由緒等、紀
景行17年 宮崎県 子湯 行幸:紀
景行18年 筑紫諸国 行幸:紀
景行19年 筑紫から還幸:紀
景行20年 五百野姫に日神を祭祀せしむ:紀
景行21年 石部神社(滋賀県)同年4月 鎮座:由緒等
景行22年 武穀王 土佐の大魚を討つ:法勲寺跡 讃留霊王神社伝承
景行23年 神櫛王に悪魚を討伐の下命:香川善通寺市大麻神社伝承
景行24年 大鳥美波比神社(大阪府)同年 社殿造立:由緒等
景行25年 武内宿禰 北陸巡察:紀
景行26年 景行天皇 軍議を開く:佐賀 王子権現 高寺縁起
景行27年 武内宿禰 帰還 日本武尊 熊襲平定:紀
景行28年 日本武尊 凱旋復奏:紀
景行29年 河堀稲生神社(大阪府)この年 祭祀:由緒等
景行31年 比地良山 杉の大木 香を放つ:伊豆山縁起
景行33年 久留米 大善寺玉垂宮 創建:高良玉垂宮神秘書
景行36年 胆咋宿禰 五十琴姫を妃とし五十功彦命を生む:大成経
景行39年 始めて熊野新宮を建つ:歴史徴(radio氏)

50太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/11(月) 15:16:14.49
景行40年 東夷叛く 日本武尊 東夷を征す:紀
景行41年 大国魂神社(東京 府中)この年 創立:由緒等
景行42年 麻賀多神社(千葉県)この年 創建:由緒等
景行43年 日本武尊 死:紀
景行44年 阿佐ヶ谷神明宮(東京)この年 建つ:由緒等
景行46年 建部神社(滋賀県)日本武尊を祀る:由緒等
景行48年 大御食神社(長野県)創建:美しの杜社伝記
景行51年 若帯日子 立太子:紀
景行52年 播磨稲日大郎姫 死:紀
景行53年 東国 行幸:紀
景行54年 東国から還幸:紀
景行55年 彦狭島王 死:紀
景行56年 御諸別王を東国領に命ず:紀
景行57年 坂手池を造る:紀
景行58年 近江巡幸:紀
景行59年 熊野行幸:熊野年代記
景行60年 景行天皇 崩御:紀


ウラでは空年でないアスス暦1年265日を使い、表見は空年にしてスレ民を欺く

51太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/11(月) 15:18:52.44
応神天皇 344年〜384年 
 
仁徳天皇 313年〜399年 ・・・

応神が仁徳より↑ 後代とするここの主張はメルト・ダウンした重大なる失墜、つまりデタラメである。

 紀違いにホ物

52日本@名無史さん2013/03/12(火) 01:18:37.64
思いつきスマソ

邪馬台=山堆=杵築=出雲グループの有力メンバー(出雲グループは北九州〜山陰・瀬戸内〜近畿・北陸まで四国太平洋側・紀伊半島南部以外の全部を占めて居た)

投馬=当麻=イケ筋=依羅亡命先(他 熊蘇や隼人なども縄文人と混淆した豪族としてグループ化可能で四国太平洋側・紀伊半島南部〜何と木曽三川により別の島扱いだった濃尾平野以東〜縄文地域まで自由に往来)

---------------------

伝説の亡命者依羅(=神武=崇神)は自らの仇である大陸の覇者におもね続ける出雲グループをオーバーカムすべく、
アメノイワフネ(まさかのアウトリガー付き丸木舟=一木削り出しで磐の様に分解しない)で四国太平洋岸を東進し紀伊南岸から上陸して邪馬台グループ最東端の山戸を電撃(神武東征)、
反撃の為に南河内に殺到した出雲グループの首領である出雲物部氏は講和に際して抜群の血統(扶余王子)を持つ依羅を統一国家の大王に担いで姻戚として自らの権勢を増す算段を立て実行、
崇神の死後に当麻グループを壊滅に追い込んで神武東征に於ける勲功と太平洋岸の利権を簒奪し、
当麻グループを何の取り得も無い蛮族扱いして歴史の闇に葬り去った。

でシンプルに辻褄が合うのでは?

53日本@名無史さん2013/03/12(火) 12:20:48.20
もう古代史は電波説が多すぎてこれもうわかんねえなぁ

54日本@名無史さん2013/03/12(火) 14:16:01.40
どっかのテレビ局が移動手段再現して検証してくれれば良いのに

55ローガン2013/03/12(火) 15:45:47.99
>>45
>日本書紀と古事記を信頼するのが当たり前。

なら、神功の新羅の役が皇紀860年。建安五年(200)。九州の宮から戻り、若桜宮での崩御が皇紀929年。
こんなのが「信頼出来る記述だ」と言う主張に従えば、この神功こそが、倭人伝の女王。勿論、畿内大王家の一員。

>有利な根拠なんてのは全然ないのに、畿内説は有利、有利を念仏のように唱えている。

いや、君の主張に従えば、畿内大王家の女帝が、後漢末に九州経由で、半島を攻め内官家屯倉を定めている。
正に、広域倭国を君は主張している訳だ。(笑)

56日本@名無史さん2013/03/12(火) 16:01:43.58
戦中に日帝の学者が改ざんしたから今の日本書紀は偽者に決まってる。

57唐松山 ◆V0F34EbmQA 2013/03/12(火) 16:03:04.29
>考古学は記紀の記述をいじくっているだけ。

考古学は記紀の記述に正しい年代を与えているのだよ。

天皇   西暦     増し(1章=19年 空白年の差し込み) 
神武天皇 42年〜63年  3章 手研耳による空白年を含む。弥生後期、X式土器の始まり。近江伊勢遺跡の勃興。
途中省略
開化天皇 184年〜188年 ≒3章-2年 2年の異常 開化崇神は同じ暦
崇神天皇 189年〜216年 ≒2章+2年 五,六年の記事は、後漢193年=新羅192年〜3年に対応。近江伊勢遺跡などの衰退。
崇神58年=新羅209年=三国遺事211年任那建国。
3世紀前半の大型建物=珠城宮
垂仁天皇 217年〜239年 4章 邪馬台国官伊支馬=垂仁・都市牛利(たしうり)=田島守
ホケノ山(225〜250年) 楽浪鏡・埴輪(穴あき壺)石囲い木槨、殉葬墓。
景行天皇 240年〜261年 2章 
3世紀初めの大型建物を取り壊し、土盛りと整地をして、中期の大型建物=日代宮
250年ころ 庄内式土器(纒向3類)が北部九州へ持ち込まれる(九州遠征)
倭人伝 使大倭監之、 自女王國以北、特置一大率、檢察諸國、諸國畏憚之、常治伊都國、於國中有如刺史。
大和は伊都国に勅使の如きを置き、女王国(九州)の北に置いた1大卒を監督し諸国を検察する。
諸国はこれ(一大率)を畏れ憚る、(大倭)は常に伊都国に於いて(諸国を)治める。
箸墓(260±10年)最初の大王墓=景行墓
成務天皇 262年〜265年 ≒3章 仲哀と同じ暦の可能性がある。
仲哀天皇 266年〜274年 ≒0章 273年日食(神功元年に注入)一大率を渡海させる。
神功皇后 275年〜343年 磐余稚桜宮は、桜井茶臼山。誉田御廟山までは110年。
326年 神功52年 七支刀 東晉明帝太寧4年5月16日丙午
応神天皇 344年〜384年  百済本紀とは、46年の誤差がある。
仁徳天皇 313年〜399年 神功三九年大歳を元年とする。

58日本@名無史さん2013/03/12(火) 16:31:01.85
景行天皇はいたかもしれないが、景行天皇〜神功皇后までの事跡は、
九州の豪族の話を付け加えたもの。

景行天皇に該当する天皇さえいなくて、まるまる九州の豪族の話を、
貼りこんだ可能性さえある。

59太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/12(火) 16:49:01.09
応神天皇 344年〜384年←応神を仁徳の下に落ちるメルト・ダウンのイカサマ
仁徳天皇 313年〜399年←仁徳を応神の上に浮かぶメルト・ダウンのデタラメ

60太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/12(火) 16:50:31.39
273年日食(神功元年に注入)←日食が数日間継続値は現代天文学否定の紀違い

61日本@名無史さん2013/03/12(火) 17:25:40.60
アメノイワフネ(天磐船)=四国説は難し過ぎますか?

62唐松山 ◆V0F34EbmQA 2013/03/12(火) 17:53:19.31
>景行天皇〜神功皇后までの事跡は、九州の豪族の話を付け加えたもの。

庄内式土器を九州北部に持ち込んだのは 景行12年以降の九州遠征である。
そして箸墓築造直後(古墳時代初頭)に仲哀9年が来る。
長畑馬場遺跡 (ながはたばばいせき) 平戸市大島村前平1456
http://www.pref.nagasaki.jp/jiten/ruin.php?id=3100

本遺跡は弥生時代中期中頃を中心とし、古墳時代初頭まで継続している。住居址は弥生時代中期のもので、
同時に甕棺、土坑、箱式石棺からなる墳墓群も形成さ れている。出土遺物は多彩であるが、特に土師器は
畿内の庄内系の土器の影響下に成立した在地甕である。 本遺跡が位置する大島村は、壱岐とは一衣帯水の
地 であり、また平戸や生月、北松浦の半島は交易のルート上にあり、五島列島や対馬を含めて同じネット
ワークで結ばれた集団であったことが推測される。

唐津北部は、平戸や生月、北松浦の半島は交易のルート上にあり、五島列島や対馬を含めて同じネット
ワークで結ばれた集団。
これが神功に滅ぼされた田油津媛と時代が重なる出来事なのだ。

63唐松山 ◆V0F34EbmQA 2013/03/12(火) 18:14:20.70
>景行天皇〜神功皇后までの事跡は、九州の豪族の話を付け加えたもの。

さらに付け加えると 神功渡海。 是以。新羅王常以八十船之調。貢于日本國。
神功渡海はこの新羅の調で説明できなければならんのだよ。
つまり新羅の調とは、274年以降の対価として存在するのだ。
その対価とは
まず半島に軍を派遣する(大倭が九州北部に置いた1大卒)その仕事として、半島で警察軍として活用する。
当然駐留させる必要経費が発生するのであるからそれを辰国(新羅)が中心となって倭国へ上納する。
つまり、その調として大量の鉄器が考えられるのである。
その大量の鉄器を副葬した古墳が桜井茶臼山以後の古墳になる(メスリ山・黒塚・椿井大塚など)

64日本@名無史さん2013/03/14(木) 23:15:40.17
歴史を元にしてるが歴史書じゃないもの
生き方を示唆した書だからな

65日本@名無史さん2013/03/18(月) 02:05:10.47
katayama_s(片山さつき大臣政務官)
>仏像も、日本料理の定番メニューも、「これこれこういう由来で日本が産んだオリジナル!」
>と海外に放送とネットの融合、オールジャパンで本腰入れて強力に発信しなげれば、
>「嘘も百回言えば本当になる」中韓文化に負ける恐れが現実化。

仏像は日本が産んだオリジナル!
仏教も日本が産んだオリジナル!
東大卒の元官僚がいってるんだから間違いない

66日本@名無史さん2013/03/18(月) 02:25:34.37
>>65
ギリシア彫刻は誰が作ったの?

あと日本の仏教は、かなり違うよ
オリジナルと言って良いぐらい違う

67日本@名無史さん2013/03/18(月) 09:25:12.03
日本書紀は聖武天皇によっても改竄され原本が焼き捨てられてるからなーw

68日本@名無史さん2013/03/18(月) 15:23:16.94
邪馬台国の所在地、記紀・風土記の虚実に関わらず、
天皇家の女系先祖が卑弥呼の姪である女王台与であることには、みんな異論ないよね?

つまり【天皇家の男系先祖は一体誰なのか?】が日本古代史最大の謎であることにいい加減気付くべき

69日本@名無史さん2013/03/18(月) 16:46:09.90
>>68
【「いかなる功績によって」全国の蒼々たる有力豪族から大王として承認されたのか?】もね!

たぶん弥生時代の倭国大乱のエネルギーを前方後円墳築造に向かわせた功績だろうけど、
卑弥呼の「殉死者を伴う径100歩の冢」とは明らかに違う希ガス

70日本@名無史さん2013/03/18(月) 17:23:46.64
>>68
違うよ。
天皇(大王)家の男系先祖は崇神で良いのであって、
卑弥呼(倭迹迹日百襲姫=崇神の大叔母)や台与(豊鍬入姫=崇神の娘)は、
(のちの)大王家の「男系女子」。
言うなれば、卑弥呼や台与という「共立巫女王」を輩出した一族が
のちの大王家であり、時の氏長だった崇神がその権威を背景に、
箸墓築造以後350年に渡って続く「前方後円墳体制」を開始(肇国)したということ。

71日本@名無史さん2013/03/18(月) 19:55:56.90
不比等が色々弄ったからなぁ。

蘇我氏を悪役にせねば!という大義名分がその根底にある。

72日本@名無史さん2013/03/18(月) 20:38:52.80
蘇我といっても蝦夷−入鹿系ね。ほかと一緒くたにしないほうがいい。
乙巳の変後も、石川麻呂・連子・赤兄と蘇我倉系は大臣を出している。
それに不比等の嫡妻・媼子は馬子の曾孫。南家武智麻呂や北家房前の母である。
御承知のとおり、持統・元明の母が石川麻呂の娘であることからすれば、
「不比等時代」の天皇たちは軒並み馬子の血を引いているわけだ。
またこの時代、蘇我一族の豪族からも多くの廷臣が出ている。
あと有名な石川年足墓誌が、藤原(中臣)氏との縁が深い摂津三島の地から出ているのも興味深い。
年足は蘇我の後裔・石川氏の宗家当主であり、武智麻呂・房前の従兄の子に当たる人物である。

73日本@名無史さん2013/03/18(月) 21:02:33.01
>>72
言葉足らずですまない

確かに蝦夷−入鹿を嫌ってる節があるのが、やはり何かしら藤原の思惑を感じてしまうんだよね。

結局、乙巳の変後に石川麻呂の首も塩付けにされちゃうしね。
これ、誰が塩付けにしたんだっけ?


不比等のやった事は、大伴、物部、蘇我のポジションを謀事でやすやすと手に入れ、それを手離さないための地盤固めをしたわけだね。
そして、鎌足の業績を正当化し、出自をぼやかすための工作をしてるように思えてしまう。

天武が完成を目指した日本書記の内容と、とれだけかけ離れているのだろうな。

74日本@名無史さん2013/03/18(月) 22:36:03.66
>>73
日本書紀に、中臣蓮遠祖大鹿島って書いてあるが
しかも春日大社を造営してるし
ぼやかすので無くて、逆に語りたかった気がするが

75唐松山 ◆V0F34EbmQA 2013/03/20(水) 05:51:36.34
ホ08385 カトリがイモト アサカヒメ ココトムスビの ツマとして うむカスガマロ ワカヒコぞこれ
ホ13002 ワカヒコイセススカのアヤ
ホ39146 ヤマトタケ カヅサにいれば サカキヱに カガミをかけて むかひます カトリトキヒコ
ヒデヒコと イキスヲトヒコ かねてまつ ヲヲカシマより ミアヱなす
ホ00097 マキムキの ヒシロのミヨに ミカサトミ イセのカンオミ オオカシマ フモヨソナトシ
ささぐハナオシ

76日本@名無史さん2013/03/20(水) 21:55:18.28
馬子−蝦夷−入鹿の挙げた功績を、聖徳太子の功績に当て嵌め聖人君子とし、その子孫山背皇子を抹殺したという事に仕立てあげ、蘇我は悪の存在へとする事で、勧善懲悪のストーリーを仕立てたのは不比等ですか?

77日本@名無史さん2013/03/21(木) 07:29:03.60
(・∀・)日本武尊がサリンを吸わされたって話は本当ですか?

78日本@名無史さん2013/03/21(木) 22:39:55.99
どこでだよ。
亀山では明らかに怪我による死亡だろ。

79日本@名無史さん2013/03/22(金) 01:51:56.30
出雲って結局、何なの?

製鉄技術と独自文化を持つ部族だったけど、大和政権にまあ無理矢理組み入れる(国譲り)代わりに
祭祀権あげてでっかい神社を作り、神無月に出雲に神が集まるってコトにしたってコト?

逃げた人も見逃してあげた…と。

でも朝鮮の影響もあるって気がするんだけどなあ。製鉄技術だし。スサノオだし。

80唐松山 ◆V0F34EbmQA 2013/03/22(金) 10:51:52.80
「国譲り」とは何なのか?これだね。
「国譲り」とはたとえば 半島の辰国は自ら王を立てられず馬韓人を王とした。
そして 自らが王となったのは、奈勿聖帝2年にその決定をしている。
我が国においては 馬韓王の代わりに大物主が居り辰国の代わりに天照大神がいた。
天照大神の弟のスサノオが出雲に入った時点を「国譲り」としているのであるが
崇神6年に大物主の初子タタネコが崇神に使える。
その崇神60年に出雲の振根が殺される。つまり、この時点で大物主がこの地上から消えるのである。
つまり 崇神に譲位した大物主の正体は、出雲の振根となって九州にまで影響力のある人物であったが
その振根が殺されたことにより九州王朝は瓦解するのである。
新羅 192年 4月大雪。(後漢 193年 6月寒風冬の如し。)=崇神5年。
新羅 193年 6月倭人飢餓の為渡来する。=弥生後期末の出来事である。=崇神6年
新羅 209年 伽耶に援軍。三国遺事 加羅 541年 建国330年で新羅に身を寄せる。=崇神58年

振根が殺されたのはAD210年ころになる。それは九州が「無主歴年」と書かれた時代と重なる。
共立卑弥呼は238年のできごと。
「歴年」とは、19年7閏を1章とする時空がその基準である。

81太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/22(金) 11:19:56.19
新羅 192年 4月大雪。(後漢 193年 6月寒風冬の如し。)≠崇神5年。

82唐松山 ◆V0F34EbmQA 2013/03/24(日) 08:51:18.39
『令集解』陰陽寮条の「古記」は 「暦数は、十九年を一章と為し、三年閏九月、六年閏六月、九年閏三月、
十一年閏十一月、十四年閏八月、十七年閏五月、十九年閏十二月とす」という。
この暦に書紀をあてがうと、安閑天皇元年(甲寅五三四)◆閏十二月己卯朔から仁徳まではさかのぼれる。
しかし、神功・応神紀は、仲哀天皇元年(壬申一九二)閏十一月乙卯朔の暦であり、仁徳以降とはつながらない。
しかも『神功・応神紀には百済王家が、仁徳紀には「廿餘年無事矣」と短くできない』という制約がある。
であるならば、暦を重ねて古事記のいう年数に合わせる。
仲哀天皇九年(庚辰二〇〇) =19年目=274年 古事記壬戌年、応神誕生。
神功皇后摂政元年(辛巳二〇一) =1年目=275年
神功皇后摂政三九年(己未二三九)大歳 =それまでの暦の1年目=仁徳元年=313年=新しい暦の7年目 
仁徳天皇十三年(乙酉三二五) =19年目=325年 狭義の朔旦冬至。
仁徳天皇八七年(己亥三九九)春正月戊子朔 古事記=399年丁卯年
安閑天皇元年(甲寅五三四)◆閏十二月 =19年目=534年 ←ここから逆算。

仁徳天皇十三年(乙酉三二五) =19年目=325年 狭義の朔旦冬至。その検証。
西暦→和暦変換&日本史雑学カレンダー 
和暦 平成26 皇紀年 2674   (旧暦) 年月日2014 11 1 甲午年 丙子 丁卯朔 ←朔旦冬至
http://www.kuu-kikaku.jp/rekishi/rekishi-zatsugaku-calender.html
新暦2014年12月22日冬至=旧暦平成26年11月1日丁卯朔(朔旦冬至)から数える。

19年=1章=235ヶ月、1900年=100章=23500ヶ月
旧暦2014年 11月 1日丁卯朔から逆算する325年は 2014−325=1689年=88章(1672)+17年
20680月+210月=20890月、20890月×29.5306=616894.23日
1689年×365.2422=616894.07日
2014年丁卯朔から616894日前の干支は甲午である。

83日本@名無史さん2013/03/24(日) 10:00:52.63
>>78 帰京中の日本武尊は征路の近くで山賊が蠢動中との報を受けこれを討つ事にしたが、
詳細を聴取すると件の山賊の頭領については実は以前にかつて顔を合わせた事があり、
丸で話の通じない相手でも無いと考えた日本武尊はいきなり兵を動かさず、
山賊の頭領に大和朝廷に帰順するよう話をつける為に、
指揮剣草薙剣を本営に置き近供だけ連れて白旗交渉に赴く。

再会に際して日本武尊に対して山賊の頭領がマリファナで饗応している最中に、
山賊の幹部が勝ちを焦って勝手に日本武尊にトリカブトを吸わせてしまう。

毒殺を企てた幹部は山賊の頭領が手打ちにし、
日本武尊は頭領から謝罪を受け下山し帰隊まではするが、
既に身体を有機燐中毒に冒されており、
最初から武力討伐を選択しなかった悔いを和歌にしたためながら隊営にて無念にも客死する。

これが日本武尊伊吹山大氷雨遭難伝説の真相ですよね?

84太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/24(日) 10:42:04.10
高尾山よ

古記が合ってそうな時代は、古記成立以前でも、その近隣の時代にしか効力はない。
だからそのような数値計算をしても、さらに古い神武、崇神、仁徳等の時代まで合ってるわけない。

暦法は再三再四再五の改正変更があり断裂があるから、そんな単純計算ではデタラメになる。
だから顕微鏡計算じゃぁ駄目なんだよ。1/1なんか調べてたんじゃぁ、いつになっても
かようなより古い年代の編年には効果がない。そういうには別に暦学で論じればいいことだ。
暦の字を使うとはいえ、編年では道具にはなるも、逆に焦点ズレの代物となる。

それにかの田舎暦在る臭魔伝を書いた奴の記載が正確かどうかの保証も薄弱である。
これは個人的色彩が強い詩形式の記載であるから、参考にはなるが毒もあり、
デタラメに至る失墜を招くデタラメとなる。

85太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/24(日) 10:46:27.47
新羅 192年 4月大雪。(後漢 193年 6月寒風冬の如し。)≠崇神5年。
新羅 193年 6月倭人飢餓の為渡来する。=弥生後期末の出来事である。≠崇神6年

飢餓疫病では渡海は不可能で出来ない。
おまけに農民離散とは農民千人集合とは整合しない。離散は集合の逆である。
さらに崇神5年6年には船舶がない。これでは渡海は出来ない。
船舶の始めて製造されたのは紀の主張は崇神17年であるから、紀の記述を無視したインチキそのものである。

出来ないものばかりが高尾山野郎のイカサマ論。

86日本@名無史さん2013/03/24(日) 11:13:55.22
怖くなんか無いんだよ〜♪
近供〜近供は友達さっ゙

87日本@名無史さん2013/03/24(日) 13:07:49.34
不比等がどうとか、まんま陰謀論

88日本@名無史さん2013/03/24(日) 14:51:31.04
各家の史紀が違っているから、
まとものものを作る、って言う記紀の序文の意図は、
まんま陰謀論やね

89日本@名無史さん2013/03/24(日) 14:56:07.26
結局、藤原不比等が書き換えたんだけどな

>>85
おい、縄文時代には八丈島まで倭人が航海してたぞ

90日本@名無史さん2013/03/24(日) 18:24:47.41
日本書記ってこれ聖書ってより封印書だもん
人間の心の持ちようを綴ったりしてな

91日本@名無史さん2013/03/24(日) 18:26:54.11
自分たちで好きなように想像して遊ぶのが正解なんだよ

92日本@名無史さん2013/03/24(日) 18:33:23.09
まあもともと聖書の正体ってのはほとんどが封印書だろ
真実を知ればほとんど絶望しか残らないからそれを書き残すとき
あえて真実を分からないようにして過去から未来への警告みたいな
感じでな、それを解いた人はそっと胸に秘める

 これが本当の意味

93日本@名無史さん2013/03/24(日) 18:35:01.85
”意味”ってのは”胸に秘める”←これ

94日本@名無史さん2013/03/24(日) 18:38:48.11
”意味”から”忌み”への転換みれば分かるだろ
どの部分が重要か

95日本@名無史さん2013/03/24(日) 19:03:13.36
自由だーとかいっても意味(忌み)に触れれば裁かれる、これが詰み(罪)

なんかやんなってきた^^;;;

96日本@名無史さん2013/03/24(日) 19:08:29.06
俺は、いつの間にオカルト板に迷い込んだんだ?

97日本@名無史さん2013/03/24(日) 19:11:09.41
ニニギが空から舞い降りた事を認めろ
ニギハヤヒが空から舞い降りた事を認めろ

98日本@名無史さん2013/03/24(日) 19:11:45.14
認めてますけど

99日本@名無史さん2013/03/24(日) 19:13:18.37
だって月は空に浮かんでますもん
日本人の宇宙への帰還願望ってのはこれ

100日本@名無史さん2013/03/24(日) 19:16:06.59
ムーが流行るわけやねw

101日本@名無史さん2013/03/25(月) 00:20:50.75
>>97
ガッチャマンが舞い降りる様を想像してしまった俺は四十代

102唐松山 ◆V0F34EbmQA 2013/03/25(月) 11:10:07.52
>飢餓疫病では渡海は不可能で出来ない。

まあ太国がどう反論しようと新羅本紀の記事は消せない。そして、考古学も
2世紀末の弥生後期後半に各地の遺跡が大きく変動したことを認めている。
その直後が「崇神10年の異族多帰」であり、纏向に各地の土器が持ち込まれた事を考古学は確認している。
だからこれ位後に崇神を持って行っても出来事と合致することはない。
しかも新羅に水田が持ち込まれたのもこの時である。そして、倭人伝の倭人集団として238年には存在するのである。
238年とは「邪馬台国官伊支馬」の時代になる。つまり、伊支馬=イクメ=垂仁であり任那建国から30年近く経過している。
3国遺事のいう541年(欽明天皇二年(五四一)四月。安羅次旱岐夷呑奚。大不孫。)から330年前が任那建国なのだよ。
その任那建国は、崇神58年(ツノガアラシトに兵を授ける)直後になる。
崇神58年≒210年であるから崇神68年は220年を超えることはできない。
崇神元年は187年以前になることもできない。

103唐松山 ◆V0F34EbmQA 2013/03/25(月) 11:30:49.78
>太国倍年:崇神垂仁3倍歴、景行2倍歴、成務3倍歴、仲哀1倍歴、神功應神仁徳3倍歴
>太国倍年:970庚午  389己丑  應神崩御

389年から書紀の主張する時空をあてはめたとき、七支刀がどこを指すか?

書紀の主張する年代を西暦で表すと
崇神天皇 189年〜216年 2章+2年(増40年) ・・・+46年で235〜262が得られる。
神功皇后 275年〜343年 磐余稚桜宮は、桜井茶臼山。誉田御廟山までは110年。
326年 神功52年 七支刀 東晉明帝太寧4年5月16日丙午(東晋17日丙午)
応神天皇 344年〜384年  百済本紀とは、46年の誤差がある。

>太国倍年:神功應神仁徳3倍歴は 書紀の記事を書き変える必要がある。
>太国:〜太国倍年と百済王家は整合しなくていい。
つまり 書紀の記事を書き換えた結果 応神末(誉田御廟山)は考古学の主張する年代になるが
太国倍年:崇神末=258年 と考古学のいう箸墓築造(円筒埴輪)の時代になってしまう。
これでは、纏向の主役である垂仁・景行に王宮が存在しない年代を割り振ることになってしまう。
この齟齬を解消するためには 「神功・應神1倍歴」が必要となる。
そうすれば、太国倍年も5年差で「七支刀 東晉明帝太寧4年5月16日丙午」を支持しているのである。

104唐松山 ◆V0F34EbmQA 2013/03/25(月) 11:37:07.70
まあ 太国倍年「仲哀1倍歴、神功應神仁徳3倍歴」を証明できて、そこに七支刀を組み込めるのか?
「468戊申  石上神宮七支刀銘文泰□四年(泰始四年)【安康元年】」と書紀の記事を書き換えても
「468戊申年」には16日丙午は存在しないのである。
そして「389己丑  應神崩御」を主張しつつ「百済王家は120年差」を主張することはできないのである。

書紀の記事が意に沿わなければ書き換えるという太国の態度で真の年代が割り出せるのか?
当然無理だ なぜならば太国倍年には1月1日の設定さえできないのであるからである。

105太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/25(月) 16:27:55.83
伊支馬=イキマ=垂仁でない。
官は天皇には絶対なれない。なれないものをなれたと強行するのは将棋の角を横に動かす業であり、完全なデタラメである。bb

唐松山実は高尾山空年:崇神末=215年 と記の干支とも合わない糞古学のいう箸墓築造(円筒埴輪)のインチキ確定の時代になってしまう。
これでは、纏向の主役である垂仁・景行に王宮が存在しない年代を割り振ることになってしまう。
この齟齬を解消するためには 「高尾退院歴」が必要となる。

応神仁徳の順の書紀の主張において〜
書紀の記事が意に沿わなければ逆に書き換えるという高尾山野郎の態度で真の年代が割り出せるのか?
当然無理だ なぜならばスリー・エース七雄空年には1月1日の設定さえできないのであるからである。
それはそうだ。ww なぜなら空年は1月1日〜12月31日まで無いんだから設定出来ない。ハハ・・・

106太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/25(月) 16:54:20.75

107太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/25(月) 18:11:10.12
高尾空年では書紀の記事を書き換えている→【応神⇔仁徳】の逆転換の→松沢行きの紀違い書き換え。

108唐松山 ◆V0F34EbmQA 2013/03/26(火) 11:05:16.08
>官は天皇には絶対なれない。
>書紀の記事を書き換えている→ 太国:神功應神仁徳3倍歴 →百済王家を書き換えている。

逆だね、 天皇を魏は官と認識した。
239年時点では、後漢に朝貢した実績のある九州と実績のない邪馬台国などの連合体としての朝貢。
つまり、この時点では、実績のある九州に及ばないのだよ。
ただし実力は邪馬台国が上だ、だから正始元年に初めて王位を認められたんだよ。
王位は九州女王国を五百野媛が天皇位は成務が継いだのであるが、神功渡海直後の内乱で混乱する。
つまり、河内王朝とはこの混乱期の王朝であり、この2王体制が天皇一人に集約されていくという歴史をたどるのだよ。
その王位=天皇位として、後世に動かなくなったんだ。
それを如実にあらわしているのが書紀の神功〜仁徳紀なのだよ。
太国がこの年代を勝手に書き換えて「その事実はない」と主張するが それが間違いであることが考古学の編年との誤差となっている。
つまり 太国がどんな発言をしようとも歴史は考古学と合致する時代でなければただの妄想にしかならないのだ。
太国:970庚午  389己丑 應神崩御 ←考古学のいう誉田御廟山に合わせてあるが
太国:631辛卯  259己卯 崇神崩御 ←昔の設定は、應神崩御=430年から得られる。
つまり「389己丑  應神崩御」とは別の時代設定の数字であり 
「259己卯 崇神崩御」=箸墓築造(埴輪、260±10年)という説明はできないのだよ。

109太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/26(火) 16:01:04.14
いや〜それも逆だね。

逆だねぇ〜、 天皇を魏は官と認識した証拠資料もない。

そうならば、倭人伝は女王卑弥呼を「女官」と書くはずだが、そんな記載は存在しない。
きちんと女王と書いている。だから天皇なだ官とは呼ばす、大王とか大君とかの記載に
なるのが当然だ。
天皇を官と書くならば、呉とか蜀の皇帝をも「官」と書くはずだ。
しかしそんな状況はない。魏の隣の鼎の三分の相手国の敵対皇帝ならば、切実なる敵なんだからこういう
皇帝こそ「官」と書いて魏の皇帝は「朕こそ真の皇帝である。朕に敵対する皇帝と名乗る者らは朕の官である。」と
相手国の皇帝を下っ端の官呼ばわりするはずだ。しかしそんな状況はまるで無い。〜ということは天皇を「官」などと
呼ぶはずが無い。つまり官伊支馬は垂仁天皇ではな〜い。イキマロだ。

110太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/26(火) 16:06:04.14
>>109 訂正
× だから天皇なだ官とは呼ばす、大王とか大君とかの記載に
なるのが当然だ。

○ だから天皇なら官とは呼ばず、大王とか大君とかの記載に
なるのが当然だ。

111唐松山 ◆V0F34EbmQA 2013/03/26(火) 16:45:02.53
>○ だから天皇なら官とは呼ばず、大王とか大君とかの記載に
なるのが当然だ。

そのためには、魏が天皇家が何であるか?という認識を持っていなければならないのであるが
そんな認識はどのように伝えたのだ?
伝えられていなければ、魏が天皇を官と記載することに矛盾はない。
崇神天皇十二年(乙未前八六)◆秋九月甲辰朔己丑。・・・故稱謂御肇國天皇也。
崇神12年以前には誰も知らない”天皇”なのである。
つまりこれ位後に魏に”天皇家”のなんたるかを伝えねばならないが
その朝貢の始まりが田島守の派遣になる。
だから、それ以前は、官という魏の認識は正しいのだよ。
九州女王卑弥呼を共立した邪馬台国天皇は卑弥呼の官にしかできない。
その邪馬台国をカテイ等が訪れたのが正始元年であり、王位を授与されたのがこの時が初めてになる。
つまり、魏が王位を認めていないのに”王という記載”を認めることはない。
魏がどこの誰を「大王」と表記した?そんな例は見つからない。
「大君」の代わりに「邑君」でよろしいか?

112太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/26(火) 17:12:14.90
魏が天皇を官と記載することに矛盾はあるさ。

卑弥呼を女王と記載してるんだ。当然敵対の大陸皇帝でもない天皇を官などと
敵以下の記載などするわけがない。

所詮オマエのデタラメであり、伊支馬は官がなれない垂仁天皇ではない。

113太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/26(火) 18:13:11.94
天皇は卑弥呼の官ではな〜い。
そうだというなら、垂仁の同時代に弥馬獲支という天皇が記紀のどこにいるのか、
オマエはそれを説明しなければならない。

しかしオマエは ?マークをつけて、これに説明出来ない。
記紀の垂仁の文に弥馬獲支がいたなどという垂仁の友人らしき者は存在しない。
おそらく臭魔伝にもらしき者はいないだろう。

伊支馬が垂仁なら、弥馬獲支も天皇でなければならないが、そんな者は記紀
にいな〜い。崇神の名にもあまり似てない。だから倭人伝の官伊支馬と官
弥馬獲支とは九州人と観てよく、九州行幸してない垂仁、崇神でもあるわけがない。

114唐松山 ◆V0F34EbmQA 2013/03/26(火) 19:22:27.82
>魏が天皇を官と記載することに矛盾はあるさ。

その矛盾を指摘してご覧。

115太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/26(火) 22:06:12.63
じゃぁ、官と天皇を呼んだ文献を出してみろ。

倭人伝はもっぱら九州のことを記述したものであり、畿内の方面のことは、朝廷
の存在することは当然知ってたが殆ど遠方でどんな処かは大陸側は情報量が殆ど無いと同然である。

記紀には卑弥呼とか壱与とかの記載もまるで無い。それは外国文献の倭人伝の
借り物たる神功39年等の記事はあるが、これは純粋日本独自の書からの記事では
ない。つまり紀の原書には卑弥呼、壱与の情報がなく、このことは女王国が畿内に
存在せず、(北九州でない)九州に存在してたことを物語るのだ。

しかもその場所は畿内と交流の無い奥九州あたりだ。だからたまたま九州へ行った大陸人
からの偶然等のことから外界から隔絶した卑弥呼の国を奥九州で見つけたわけであり、
こういう地域と畿内朝廷との交流とか情報の行き来は殆ど0に等しい。

ということは、卑弥呼からみれば畿内朝廷の国のことなど殆ど知ってないわけでかつ
朝廷と卑弥呼の国との交流などあるわけがない。だから記紀に彼女に関しての原書からの
記事が無いわけなのだ。朝廷からも遥か遠い卑弥呼の国の存在だって知ってた可能性は
薄く、たとえ知っててもどんな女王なのかどんな政体なのか生活習慣はどうなのかと
いう内容だって知ってるわけがない。だから垂仁がその奥九州の女王国との交流などあるわけ
がなく、倭人伝は九州の卑弥呼の国に絞ってその政体、習慣等を書いたものであって、
畿内への関心の記事など書いてはいない。ということは垂仁は官の伊支馬であるわけ
がないんだよ。つまりオマエの論は交流のない奥九州の女王国とそこから遥か遠い遠い朝廷
との行き来をまるで新幹線の交通のように利便があるかのように行ったり来たりの
エイトマンのスピードのように連絡性をつけた論を平気で展開している。これは
ありえない無交流に反するデタラメなのだ。ww

つまり無交流同士の国だから、女王国の官たる伊支馬が無交流の九州行幸もして
ない垂仁天皇には絶対なりえない。つまりオマエの新幹線的論はデタラメだ。

116太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/26(火) 22:17:50.85
高尾山野郎よ

オマエの畿内と九州という〜遠方同士のありないつきあいが、まるで新幹線、航空機等
のごとく行ったり来たりが平気で出来る論での展開話を毎回している。

まるで当時の古代が、オマエは現代の利便ある交通のある如き気分で論を形成している。ww

つまりオマエの論はインチキだということなのだ。

当時の畿内と九州とりわけ奥九州とは不便きわまりない地理の状況にある。
それを五百野姫が軽々と九州で軍隊付きで旅に出たとかのデタラメを平気で
論じている。なんでも畿内と九州女王国とを接着剤のように交流したかのようにして
論じている。ハハ・・・、これではエイトマン同然で、当時ではありえない不可能事ばかりだ。

崇神6年の農民渡海も同様のスピード着陸論だ。オマエの論はもはや一見して
エンタメ創作のデタラメだと分かる。ww


http://www.youtube.com/watch?v=yMcYMyYWQwk

117日本@名無史さん2013/03/27(水) 07:35:10.89
天皇を邪馬台国につなげるよりも、邪馬台国と対立するほどの勢力を持つ国、狗奴国の男の王、卑弥弓呼とするのが適当ではないか。
あるいは記録にない他の国の可能性もある。
天皇の記録が大陸にあるはずだという先入観は持たないほうがいい。

118唐松山 ◆V0F34EbmQA 2013/03/27(水) 19:35:38.30
>天皇を邪馬台国につなげるよりも、邪馬台国と対立するほどの勢力を持つ国、狗奴国の男の王、卑弥弓呼とするのが適当ではないか。

239年 邪馬台国官伊支馬。
晋書 正始元年 東倭重譚納貢。
纏向遺跡:3世紀前半の大型建物
ホケノ山(225〜250年)埴輪=穴あきツボ
前半の建物跡に土盛り(土地は乾く=ヒ)と整地(代)をして中期の大型建物
九州に庄内式土器が持ち込まれる。
箸墓(円筒埴輪、260±10年)築造を以て緩やかな衰退期に入る(土器編年が布留に移る)



「邪馬台国官伊支馬」が纏向の3世紀前半の大型建物の主人であった場合、誰になるか?
「伊支馬」をイクメと読めば垂仁であり、景行が庄内式土器を九州に持ち込んだことになる。
つまり、書紀の記事通りに事は進んでいく。

119太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/27(水) 21:55:06.73
「伊支馬」をイキマロと読んで垂仁でない。

120日本@名無史さん2013/03/28(木) 01:41:49.08
>>118
魏志ではたくさんの人名が出てくるのに記紀と関係あるかもしれない人名は一つだけですか?
野見宿禰も田道間守もいないのならただの同名で無関係な人物とも考えられるし「イクメ」と読むかどうかさえあやしい。
そもそも「卑奴毋離」などが頻繁に現れることから人物名ではなく役職名の可能性も否定できない。

邪馬台国と狗奴国から二重支配を受けていた国や国同士の交流があったとすれば技術が伝わったとしてもおかしくない。
それなら纏向遺跡が狗奴国の都かもしれない訳だ。

邪馬台国か狗奴国かは今の情報では断定できない。

121唐松山 ◆V0F34EbmQA 2013/03/28(木) 11:14:11.29
>「伊支馬」をイキマロと読んで垂仁でない。

馬をマロと呼ぶ例はない。

>魏志ではたくさんの人名が出てくるのに記紀と関係あるかもしれない人名は一つだけですか?

景行軍が九州で最初に挨拶をしたのは、神橿日媛である。
そして 神橿日媛は「我が属類」と言っている。
つまり 倭王から見た女王卑弥呼は「我が属類」なのである。
そして この連合軍が狗奴国に対処する戦争を遂行する。これは魏の要望であり、意思になる。
なぜならば 魏は倭国の全てを傘下として治めたいという意思を持っているからだ。その戦争中に 卑弥呼、男王と
相次いで死亡する。
そこで景行は、五百野姫(壱与)を軍隊付きで九州へ派遣する。
ホ38300 フソサミヱ キサラギヨカに ヰオノヒメ クスコウチミコ イセノカミ まつるいわひは
ツクシむけ ヒメコトシソヨ ヤマトヒメ コトシモモヤツ よろこびて ヨハヒいたれば
ワレたりぬ わがヤソモノべ ソフツカサ ヰオノにうつし つかえしむ
使大倭監之自女王國以北特置一大率檢察諸國 (諸國)畏憚之 常治伊都國 於國中有如刺史

(壹與の時代)大倭(大和)は女王国(九州の北部)に自ら一大率を置き、伊都国に置いた如刺史
が(一大率を)監督する。諸国はこれ(一大率)を畏れ憚る、

122唐松山 ◆V0F34EbmQA 2013/03/28(木) 11:28:56.83
気候と社会の共振現象 年輪降水量。
http://w3serv.nagoya-u.ac.jp/envgcoe/images/events/seminar/fyh21/others/20100309/ppt/lecturer/nakatsuka.pdf

新羅本紀の192年や後漢書の183年厳冬,193年の冷夏凶作。
183年 靈帝光和六年冬,大寒,北海、東萊、琅邪井中冰厚尺餘。袁山松書曰:「是時羣賊起,天下始亂。
193年 獻帝初平四年六月,寒風如冬時。
この時代は降水量が少ない、冷夏が予想される。つまり温暖化は雨量の増大、この反対の出来事である。
このグラフから、年輪年代が正しいことが解る。

西暦20年ころ 弥生中期後半〜末。唐子・鍵遺跡の環濠が洪水で埋まる。
西暦170年ころ 孝元9年 長雨、大水。
西暦193年 崇神5年 飢饉 (新羅192、3年)
西暦198年 崇神10年 異族多帰 考古学:198年(年輪年代)各地の土器が纏向に持ち込まれる。

考古学のいう年輪年代は間違っていない、その木目ごとに炭素C14を測り、比較校正グラフが作られる。したがって 炭素C14も狂いは小さい。

123日本@名無史さん2013/03/28(木) 14:42:03.17
こういうの面白い
長い周期での大きな変動には対応しきれないわけですね
長い周期だとそれに合わせて農地を展開してしまうから
気候変動の影響は低地や北方や春夏の降水量が少ない「際」でより深刻なんだろうね

124太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/28(木) 14:53:21.95
八男のインチキ・エイトマンよ

馬(マ)を・・メイリヒコと呼ぶ例はない。

官は天皇には絶対なれないのが神国日本の掟である。

つまりオマエの論はデタラメである。

125太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/28(木) 18:32:20.82
そこで景行は、五百野姫(壱与でない)を軍隊付きで九州へ派遣してない。

西暦193年 崇神5年でない 飢饉 (新羅192、3年)
西暦198年 崇神10年でない 異族多帰 八男糞古学:198年(年輪年代)各地の土器が纏向に持ち込まれる。

126唐松山 ◆V0F34EbmQA 2013/03/28(木) 19:33:27.73
広報「わかざくら」 平成22年3月掲載 今回は3世紀の建物ではなく、それと重なり合う200〜300年ほど新しい時代の遺構
http://www.city.sakurai.nara.jp/bunkazai/index.html

4世紀に垂仁や景行を配しても、その王宮がない時代が4世紀であり、早くても雄略時代まで何もない

127太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/28(木) 22:27:01.41
宿主はスリー・エースの如く、時と場合によって畿内説、九州説、
畿内兼九州説という三説をクルクル手をかえ品をかえ使い分ける野郎
なんだよ。

だから論説が違うからといって、奴は利害に応じて奴の知られたくない暦と
やらの内容を隠すために説をいくつか持ってて変えてることくらいは平気で
やる野郎なのだ。だから違うといっても、別人だとは限らない。

臭魔の爪痕

http://www.youtube.com/watch?v=AXCe26oL1BM

奴の秘密田舎暦っていうのは、奴からすれば黄金級なんだろうが、コチラ
からすれば猫に鰹節級のもので、それがしは猫自身がうまいと思っても
猫食などはコチラは食わないのさ。w

128日本@名無史さん2013/03/29(金) 12:10:57.58
洋の東西を問わず、鉄を押えた者が王となる。

建国の神々(=倭王)スサノオ、大国主、アマテラスも例外ではありえない。

みんな土器や祭祀具(銅鐸・銅鏡)に目がくらんで古代史が見通せないのだ
金属器に注目しろ、金属器に!

縄文時代は新石器時代、弥生時代は青銅器時代、古墳時代は鉄器時代と考えれば、
金属器時代となった弥生時代・古墳時代の倭王も当然、青銅器・鉄器を押さえていたからこそ、
並み居る他豪族を出し抜いて(大)王になれたのだ。

【大王(天皇)=鉄】これを忘れるな!

129日本@名無史さん2013/03/29(金) 12:26:18.11
>>128
倭国大乱ならぬ、20世紀の世界大乱(世界大戦)では、
前半(第一次)は鉄と石炭、後半(第二次)は鉄と石油を争ったわけだが、

いずれも良質な原材料(鉄鉱石)を求めて争ったこと以外に、それを溶かして鉄に鍛える良質な燃料としての石炭(火力弱)と石油(火力強)の争奪戦でもあった。
それは、ワットの蒸気機関の発明以来、全世界の石炭を押さえていたイギリスから、石油を押さえたアメリカに世界の覇権が移ったことでも判る。

出雲の国譲りとは、まさに青銅器を押さえていたスサノオ、大国主から、良質な鉄器を押さえたアマテラスへの国(覇権)譲りともいえそうだぬ。

130愛知県民 ◆/aQLbFNNDU 2013/03/30(土) 11:27:02.71
日本書紀の編者たちは、倭の五王は天皇ではないと確信していたようだ。
神功皇后紀では確信が持てないまま魏志の引用だけを載せ、
「こっちの記録は無いが、神功=卑弥呼が魏に朝貢したのかも?」という記述をしている。
推古天皇紀では確信をもって、隋との対等外交を記述している。
高祖に笑われた600年の遣使や、煬帝を怒らせた「日出る処」の国書は載せていないが、
ともかく年代は合わせている。
ところが應神〜雄略紀では「呉」との交易記事はあるが、宋書の年代と全く合わない。
應神〜反正、安康紀では在位年代さえ合っていない。
「倭の五王」が天皇であると確信するなら、または天皇である可能性があると思うなら、
少なくとも年代は合わせたはずである。
残る可能性は、隋書や魏志を見ていた日本書紀編者が、宋書だけは見ていないことだが・・・
これは不自然と思われる。

131太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/03/30(土) 14:21:50.99
五王は九州王朝王権の王である。

132愛知県民 ◆/aQLbFNNDU 2013/03/30(土) 15:49:48.31
舎人親王たちが今の学界の定説を知ったらひっくり返るのではないでしょうか。
彼らが見た原史料を我々が見られないのは残念ですが・・・
7世紀はともかく、5世紀段階では九州王朝を認めるべきでしょうね。
また考えてみたいと思います。

133日本@名無史さん2013/03/31(日) 06:15:24.99
宋書と合う記事が一つあるよ。
雄略6年、462年呉国貢献
これは九州王朝の証明だね

134サガミハラハラ2013/03/31(日) 06:49:28.53
ここにいう呉国とは北朝の北魏のことです。
当時の雄略は、晋への朝貢をことわられたので、北の王朝にふりかえたのです。
ところで、雄略の呉国貢献(雄略六年夏四月、呉国が使いを遣わして貢物を奉った)がなぜ九州王朝の証明になるの?

135日本@名無史さん2013/03/31(日) 07:53:14.41
462年に倭に来たのは興を倭国王とする冊封使
ヤマトは雄略6年だから倭国から足をのばして貿易したのだろう。

136日本@名無史さん2013/04/03(水) 12:46:16.38
ここにいう呉国とは北朝の北魏のことです。

妄想がひどすぎんよ〜(指摘)

137愛知県民 ◆/aQLbFNNDU 2013/04/06(土) 11:17:22.04
日本書紀の雄略天皇6年(462)に「呉国遣使貢献」とある。
462年は宋の世祖が「倭王世子興を安東将軍倭国王とせよ」と命じた年と一致する。
当然倭国に冊封使が送られたはずだが、世子興は安康でも雄略でもない。
倭国はヤマトとは別の国と考えられ、宋使は交易目的で足を伸ばしただけだろう。

464〜466年の遣使は倭国の使節団にヤマトが参加したものと見られるが、
ヤマトにお裾分けされた鵞鳥が筑紫で犬に食われたため、倭国との関係は悪化した。

468〜470年の遣使はヤマト初の独自外交と考えられる。その国書は恐らく
「天下を治める大王、書を日呉れる国の王に致す。つつがなきや」
宋の明帝は「蛮夷の書、無礼なる者有り」と言ったが、調査のため使者を派遣した。
この使者を接待した根使主は、昔の悪事発覚で激怒した雄略に殺されてしまった。

稲荷山鉄剣銘文、辛亥=471年の「治天下」ワカタケル大王は日本書紀とはよく合うが、
宋書の武王とは矛盾する。武王の即位は477年、早くても475年頃だろうし、
天下を治めると称したワカタケルが数年後に宋に臣従したとは考えにくい。

138愛知県民 ◆/aQLbFNNDU 2013/04/06(土) 12:02:56.13
雄略紀には天皇と異なる「天王」という表記が2箇所に出てくる。
一つは雄略天皇5(461)年、百済の昆支王子(軍君)が大倭の「天王」に仕えた記事。
この「天王」は倭の興王と思われる。
もう一つは最後の23年に「天王」が昆支の次男・末多を百済に送って王とした記事で、
この「天王」は武王であろう。
21年、天皇が百済の[シ文]洲王に久麻那利(熊津)を与えて百済を再興した記事も、
この年に「使持節都督百済諸軍事」を自称した武王の業績として書かれたものと思われる。

23(479)年、筑紫の安致臣・馬飼臣が高麗(高句麗)を撃ったという記事も興味深い。
前年の上表文で武王が高句麗攻撃を準備していると言ったのは本当だと分かる。
安致臣は應神が「呉国」に派遣したという阿知使主と名前が同じ。
馬飼臣からは倭讃が宋に派遣した「司馬曹達」が連想される。
應神末年の「呉国」通交は倭讃の遣使に参加したものだろう。

139日本@名無史さん2013/04/06(土) 17:47:16.86
>>137
日本書紀の編年は欽明天皇の時代まで性格ではないよ
だから一行目からいきなり不正確だね
不正確のまま自論を展開しても明後日の方向へいくばかりといういい例だね
まあこれは私見だけど雄略天皇のころなら数年程度の誤差ですむだろうけどさ
残念だったね!

140日本@名無史さん2013/04/07(日) 06:39:43.33
治天下の後に朝貢という矛盾をどう考えるかだろうな
武と雄略別人はありうる

141日本@名無史さん2013/04/07(日) 14:39:38.73
雄略の呉国は、倭王興の時代だよね。

142日本@名無史さん2013/04/10(水) 15:20:53.14
治天下大王が朝貢するわけないw

143日本@名無史さん2013/04/17(水) 19:07:57.64
つうか評価としては8世紀の文献で
天皇記や国記の内容もどこまで反映されてるかはわからない
8世紀の文献にある3世紀、4世紀の出来事を丸呑みしろというのは
世界の歴史学に照らしても無理

144日本@名無史さん2013/04/19(金) 11:20:43.01
7世紀でも奇怪な記事はある。
小野妹子を唐に派遣した、とか。

145日本@名無史さん2013/04/20(土) 10:03:29.88
「ブリトン人の歴史」みたいなものか

146唐松山 ◆V0F34EbmQA 2013/05/22(水) 17:46:48.44
仁徳天皇十三年(乙酉三二五) =19年目=325年 狭義の朔旦冬至。その検証。
西暦→和暦変換&日本史雑学カレンダー 
和暦 平成26 皇紀年 2674   (旧暦) 年月日2014 11 1 甲午年 丙子 丁卯朔 ←朔旦冬至
http://www.kuu-kikaku.jp/rekishi/rekishi-zatsugaku-calender.html
新暦2014年12月22日冬至=旧暦平成26年11月1日丁卯朔(朔旦冬至)から数える。

19年=1章=235ヶ月、1900年=100章=23500ヶ月
旧暦2014年 11月 1日丁卯朔から逆算する325年は 2014−325=1689年=88章(1672)+17年
20680月+210月=20890月、20890月×29.5306=616894.23日
1689年×365.2422=616894.07日
2014年丁卯朔から616894日前の干支は甲午である。この甲午朔(西晉は1日早い癸巳朔)は
314年 仁徳二年春三月辛未朔(西晉は1日早い庚午朔になる)でも1日遅い。
東晉明帝太寧3年:乙酉 西元325年1月31日(星期日)起 ・・11月癸巳朔より1日遅い(甲午)朔になる。
だから、仁徳天皇二年(甲戌三一四)春三月辛未朔(晉庚午朔)と同期するのである。(辛未朔は庚午朔より1日遅い)
326年 神功52年 七支刀 東晉明帝太寧4年5月16日丙午(東晋17日丙午)←1日遅い朔である。

仁徳13年(325年)に狭義の朔旦冬至が設定されているからこの暦は動かない。

147唐松山 ◆V0F34EbmQA 2013/05/22(水) 19:15:29.49
http://kodai.sakura.ne.jp/nihonnkennkokusi/8-2kannkyou.html
第八章 考古学から見る大和朝廷出現の時期 (2) 漢鏡の出土から見た大和朝廷出現時期

製作年代が紀元前後とされる4期の鏡は、現在までのところ奈良県には出土していない。
一世紀後半(後漢前期)の製作とされる5期以降、出土地は西日本一帯に拡大する。

http://www2.city.moriyama.shiga.jp/iseiseki/ise2.htm
 近畿地方の集落遺跡は、中期の巨大環濠集落が解体して、小さな集落に分散居住することが
特徴で、後期になって伊勢遺跡のように巨大化する集落は稀です。

弥生後期は一世紀半ばからであり、弥生後期の始まりとともに畿内は大きく変わる。
それは、ここに神武即位が存在するからである。

ホ30030 ヲシクモは カハチにゆきて ヲシホより カスガをまねき ヒラヲカの ヤシロまつりて カミとなる ツクシのタネコ
モをおさめ ヨカミまつりて アウヱモロ カワチをかねて おさめしむ ヲヲモノヌシは アワウミの ヲヲクニミヤを
つくりかえ コシネのクニも サホコみな タミをおさめて しつかなり いまアマキミの クラヒなる

そして伊勢遺跡の衰退は、2世紀末(弥生後期後半)になる。後漢193年冷夏=崇神5年えやみ。
崇神6年民の離散と大物主の初子タタネコが崇神に使える。
崇神11年異俗多帰=2世紀末各地の土器が纏向に持ち込まれる。

148太国 ◆yVAs7uaYlY 2013/05/24(金) 09:22:32.73
七雄(唐松沢)は日食が数日間も続く計算ができると自慢している。ppp

149日本@名無史さん2013/05/24(金) 19:58:02.23
日本書紀の信用度がダメなのは、書記成立の近々や直前の関係者が生存して既知の重要な事象事件すら曖昧模糊にごまかしや口をつぐんだりにしている事。

150日本@名無史さん2013/05/26(日) 11:34:36.83
441 名前: 名無しさん@13周年 投稿日: 2013/05/26(日) 09:53:44.46 ID:OUZq8sB9O
  これが韓国人の窃盗の一番古い記録か?

『日本書紀』天智天皇紀には、668年(天智天皇7年)のこととして、
 「是歳。沙門道行盗草薙剣、逃向新羅。而中路風雨。荒迷而帰」
(この年、僧道行が草薙剣を盗んだ。新羅に向かって逃げたが、
その路の途中で風雨が荒れ、迷って帰ってきた)と記載されている。

151日本@名無史さん2013/12/03(火) 16:44:36.48
色々異論が有るが古事記 日本書紀 続日本紀 は読んで面白い。
日本後記 続日本後記 も同様に面白いかな?

信用度と言っても他国の書物と照らし合わせ無ければ分から無い。
他国の書物の信用度が遙かに高いとは思え無い。
原始から文字を持たなかった日本文明の悲しさですね。
口伝で無く日本独特の文字が原始の頃から有ったらね・・・・。

152日本@名無史さん2014/01/02(木) 08:21:48.25
とりあえず神武東征ってのがこれが西日本の記述でいってみりゃ受信波
崇神天皇の祟りから始まる三重奏でそんで応神天皇にバトンタッチで送波ってのはわかった

女禍→伏羲→神農からの加工っぽいなこれ

153日本@名無史さん2014/01/02(木) 08:24:16.21
どうみても古代中国が関わってるわこれ

むしろ日本国内はニニギだのアマテラスだのあっちの方が実際にあったことだろ

154日本@名無史さん2014/01/02(木) 08:30:57.83
ただ〜し、神世の方が古いとは限らない

155日本@名無史さん2014/01/02(木) 09:16:10.35
んである意味、西日本だのなんだのは魔法の鏡の役割りみたいのも果たしてんねこれ(u_u)

156日本@名無史さん2014/01/02(木) 12:01:21.35
崇神天皇〜垂仁天皇の頃に疫病が大流行し、更には流離、離反するものがあまたあり人口は激減した云々、各地に天神地祇を斎祀った

29代欽明天皇〜30代敏達天皇(新羅使節来朝の段で何故か第20代とシラッ(ついウッカリ?)と記述)、用明天皇の頃は
シャレにならない頻度(数年〜毎年。外国使節(中国、半島諸国)が来朝の度毎に大流行していますな)で全国に疫病(天然痘)が大流行 。
欽明〜敏達天皇期は沢山の神社が創建されています。

天候不順で疲弊した際は全国に賀茂別雷神を分祠(神社伝承等)。
敏達天皇(治世は14年)と用明天皇(治世は僅かに
2年弱)は 共に天然痘により崩御。

157日本@名無史さん2014/01/05(日) 09:19:41.10
なんで外国使節がくるたび天然痘が発生するんだよ

158日本@名無史さん2014/01/05(日) 10:51:03.48
嘘を書いていた当時には
それが嘘である事を知っている者が大勢いたから
嘘を書くにも工夫をしなければならなかったので
その工夫の解析に成功すれば書かれていた者の史実と書いていた者の史実との両方を知る事が可能になる場合もある

159日本@名無史さん2014/01/05(日) 10:57:49.42
聖徳太子前後の話は過去の逸話を再加工して使ってるから
似かよってるんだろう。

160日本@名無史さん2014/01/09(木) 10:37:09.72
>>1
例え大本営発表でも、成功した会社の社史でも
日本書紀と古事記抜きで、あの時代の研究なんて出来るのか?

161日本@名無史さん2014/01/09(木) 19:56:17.29
聖徳太子と推古天皇は弟王と卑弥呼像をなぞらえてるのだろう。

162日本@名無史さん2014/01/11(土) 07:57:46.06
>>157
大陸の病原菌に対して当時の日本人に抵抗力が無かったからだろう

アメリカンインディアンが西洋人の持ちこんだ病気によって人口を激減させたのと同じ構図かと思われる

163日本@名無史さん2014/01/11(土) 10:06:27.41
>>162
流行したのは、外国から持ち込まれたってのはそうだと思うけどさ。
アメリカ・インディアンとは違うだろ。あっちは万年の単位で隔絶していて
まったく免疫がなかった。
日本は常に大陸と交流があったと思われる。米の伝来、水稲稲作の伝来、
弥生時代の鉄の取得等々。

164日本@名無史さん2014/01/11(土) 11:31:32.56
あのさあ病原菌で人口減とかいってるけど
そんなのは一時的な現象
数十年で人口は復活する
これは世界中どこでも同じ
新大陸は病原菌で減った事にしなければならないのだよ

165日本@名無史さん2014/01/12(日) 07:17:52.98
病気「だけ」で人口が減ったとしても、その地域で利用できる資源や土地は変わらないのだから
すぐにそれに応じた人口まで回復するだろう

大量の移民と同時に病気で人口が減ってしまえばそうはいかない
資源や土地を奪われたら、その目減りした分までしか人口が回復しないだろうね

166日本@名無史さん2014/01/12(日) 10:32:42.64
大量の移民が来るのは病原菌は入ってから百年以上も後だけど・・・

167日本@名無史さん2014/01/13(月) 09:07:30.34
北米と中南米は事情が違うようだね。
南米はスペインの侵入後の様子がそれなりに知られている。

北米は、スペイン人が南米に侵入してからかなりの時間が経ってから、
平原地帯を探検した白人が、大量の無人の集落跡を見たと言われている。
白人の移民の前の話だ。
病原菌が北米に広まり、多くの民族を絶滅させたんじゃないかと言われている。

168日本@名無史さん2014/01/13(月) 09:38:39.25
北米が南米からずっと遅れたアワワワワ状態だったのは、そういうことなのか。

169日本@名無史さん2014/01/13(月) 10:07:16.97
バリバリの捏造文書だが
当時にも歴史を知っている者は居たから非難を恐れてあれこれ言われない様な捻り方をしているのでその辺りから
一定度真史を窺い知る事は可能な史料であるとの説明を受けた事はある

170日本@名無史さん2014/01/13(月) 10:51:30.51
遅れたというか、最初から遅れてるんだよなあ。
今の合衆国版図から北の、今のアングロアメリカ領域は、とうもろこしが伝播した後も、
日本史で言う古墳時代前期くらいのレベルで、社会の変化が止まってしまう。
権力の集中がそれ以上進まず、豪族が墳墓を作ってるレベルで足踏みする。

>>169
日付以外は、かなりの信憑性があると思うけどねえ。
あの「唐帝国の暦法に対して完璧で、全く書き間違いも破綻も無いww」干支日付は、
完璧であるがゆえに、何もかもが、後付け日記であることは明らかなのだが、
日付の捏造と、それ以外の信頼性は、分けて考えるべきだと思う。

逆に、あの日付に、何か真実があると執着するアマチュア好事家も、みんなアホに見える。

171日本@名無史さん2014/01/13(月) 11:34:56.33
>>170
インディアンの文明
http://ja.wikipedia.org/wiki/チャコ文化国立歴史公園
>この時期前後に広義のプエブロ人の先祖であるアナサジの社会では人口の増加と建設活動が
>盛んになった。10世紀を通じてチャコ・キャニオンの建築技術は、周辺地域に徐々に伝播し
>ていった。1115年までにチャコ・キャニオンの建築的特徴をもった集落がサン・ファン盆地に
>65,000km²にわたって少なくとも70ヶ所つくられた。研究者の中にはそういった集落に
>みられる建物の機能について本来のグレート・ハウスといっていいくらい大きなものがあることを議論している。

こっちはアフリカ、決して暗黒大陸ではない
http://ja.wikipedia.org/wiki/トンブクトゥ
>16世紀の旅行家・地理学者であるレオ・アフリカヌスが、1512年に繁栄の絶頂にあった
>ソンガイ帝国を訪れて次のような記述を残している。
>「トンブト(ママ)の富める王は、金で出来た杯や笏を数多く持ち、その重量は1,300ポンドにも
>なる(中略)また常時3,000人の騎手を揃え、(中略)さらに多くの医者や裁判官、司祭、学者がおり、
>彼らは王の財によって手厚く養われている。」

172日本@名無史さん2014/01/13(月) 12:14:58.31
書記の年代はべつとして、古事記の記事から見れば、そんなにでっち上げとも
思えないな。
雄略以降はだいたい合ってるという感じだし。
それ以前も、8世代前の崇神は3世紀末〜4世紀初期。
神功皇后の記事は、好太王碑の碑文と矛盾はない。
4世紀後半の人だろう。

記紀は卑弥呼が誰かわからない事を隠していない。
崇神以前のことは、欠史八代というが、系譜は書いている。
系譜は、遺跡と矛盾がない。弥生末期〜古墳時代初期に遺跡が豊富な
地域を地盤にする氏族との婚姻関係が見られる。
記紀を作る際、発掘してからでっち上げたなんて、それこそありえんから
伝承を素直に伝えているといえる。

173日本@名無史さん2014/01/13(月) 12:36:30.29
>>171
トンブクツは、多分王国段階まで進んでいるが、
プエブロは、まだ部族制だと思うぞ。権力の合理化・集中が進んでいない。
なんだそのヘーゲル主義は?と言われると困るが、一応通説的な発想に従っているだけ。

足踏みというのは、合衆国北東部や同中西部など、
後に、一時世界ぶっちぎりの生産力を誇って世界史を引っ張ることになる、気候風土に恵まれた地域が、
先住民段階では、なぜか古墳時代でストップしていることが、その典型。

結局、書記ファンタジー説の源泉は、あの、自然的に明らかに異常かつ、暦法上「正確」な日付・年代なんだよね。
とにかく、神武即位(紀元前660年グレゴリオ暦換算2月11日)まで、「『唐』(笑笑)帝国の暦法」に沿って、
近代天文学とすら矛盾せずに、完璧に記されている。
唐時代の中華の天文学は、歳差も発見済みで、これくらいの記述は出来るので、
奈良時代に、中華天文学細心の知見をもとに、
机上の天文計算で作られ挿入された、まったくのフィクション日付だということになる。

だが、既存の歴史記録に、嘘日付を書きこんだという理解をすべきなのは、
>>172に同意する。日付が曖昧または存在しない歴史記録があって、
一応それには従っていたと考えるほうが、矛盾は明らかに少ない。

174日本@名無史さん2014/01/24(金) 12:56:16.91
大中華の国史の体裁を真似しようとして、すごい無理をした形跡があるねw
日付が一番無理をしてる。ここは古事記のほうが伝承を素朴に伝えてる気がする。

天皇家の先祖を持ち上げているし。「天皇」だったとしてるところとかもね。
でも、系譜とかでっち上げたりしてない様子だし、事跡とかも伝承を書いて
るんじゃないかな。兄弟、同族の争いや、神功皇后の話やら、でっち上げる意味が
全くない。特に神功皇后なんか、天皇家の優位性と正当性を表すのに全く
役に立っていない。作り話なら仲哀が自分で半島を攻めたら良かったんだ。
ま、天皇家の歴史なんだし、その他の氏族の伝承や神社の言い伝えなんかも
読むと、捏造はないんじゃないかな。

あれだけ祟を恐れる民族が、平気で嘘八百を書くってのは、賛同できない。
ちょっと長生きさせたくらいは、許してくれるんだろうけどw

175日本@名無史さん2014/01/28(火) 19:38:20.97
天孫降臨179万年は、九州年号179年を暗示してると思う。

176日本@名無史さん2014/01/28(火) 20:20:08.38
端数は、大宝建元が立夏節分の前日だったから。
4分の1年マイナス1日を一万倍すると2473年。

177東北大学墓碑研究者吉川裕の正体2014/01/29(水) 01:07:20.88
創価企業三菱の墓苑販売事業とはソース(http://www.soka-news.jp/2013-2-4.html

創価学会佐藤弘夫日本思想史研究室(東北大学)とは

吉川裕(東北大学大学院生・墓碑研究者)の発言(下記参照)の謎とは

http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1390713207/124
124:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です::2014/01/26(日) 15:03:43.02 ID:SlOpYkpS0
三菱はあれな

財閥に近い血脈基準で やりすてていい女子決めてっかんな。

178日本@名無史さん2014/01/29(水) 06:23:28.78
一万日は27年と28年の間だから
最後の桁は余としたのか。

179日本@名無史さん2014/01/29(水) 18:33:23.48
天孫降臨の年数は、1338小数点8331の平方です。
1338は、神武東征から壬申の乱までの年数。

180日本@名無史さん2014/01/29(水) 20:07:01.56
中国数学は古代から小数があった。
三国魏では小数点以下5位まで単位があった。

181日本@名無史さん2014/01/30(木) 05:16:11.18
天孫降臨と言うのは本当は天からじゃなくて大陸(朝鮮半島)から降臨したの?

182日本@名無史さん2014/01/30(木) 08:19:02.99
それは分からん
1338、1338.1338は二乗すると空桁ができる
1338.8331なら桁が埋まるので採用された?

183日本@名無史さん2014/01/30(木) 11:57:36.82
>>181
天孫は太平洋の彼方から来た
東から来たと言う伝承が残っている

184日本@名無史さん2014/02/01(土) 06:59:15.39
>>174
意図的な嘘じゃなくて、歴史を調査する資料や労力が足りずにテキトーに書いちゃった部分はあると思うよ
当時、どれだけ情報を正確に残せたかと考えたら、せいぜい知れてるだろう

185日本@名無史さん2014/02/02(日) 15:25:17.44
181
中国半島記で中国史を信じるなら半島絡みは大王記
閻魔大王につながりそうな感じの方だのw
どうみても仏教つくるための構成の方に繋がってくる

186日本@名無史さん2014/02/02(日) 15:44:24.83
あれ書かれたの8世紀だっけ?
どうにも桓武天皇あたりが絡みそうだな

187日本@名無史さん2014/02/03(月) 10:58:44.26
神話の時代に関して言えば、大抵の民族の神話は、先祖が天から降りたか海の向こうから
やって来たか。
別に日本が捏造してるわけじゃない。

188日本@名無史さん2014/02/03(月) 19:45:25.48
記紀の神話も東アジアやポリネシア、ミクロネシアなどの神話とよく似てるも
のが多い。

189日本@名無史さん2014/02/03(月) 20:01:00.34
>>174
前王朝を倒した正当性のために作ってるだから、そうエラぶるな。

190日本@名無史さん2014/02/06(木) 19:02:51.14
>>181
分からんな。
もし半島から来たとしても、古墳時代とかじゃなくてもっと古い時代だろうな。
弥生の始まりに水稲稲作を持ってやって来たなら、もっと具体的な伝承に
なると思うな。それこそ太伯伝説のようなやつ。

五穀を持ってるから、縄文後期か末期の、少なくとも陸稲が有った時代かな。
大陸系と東南アジア系の神話が混ざってるから、どっちもいた頃というか。
ワニとか蛇が先祖って東南アジア系に多いらしいよ。

ポリネシアの民は、船に乗って母なる故郷のハワイキから来たんだとか。
時代が新しいと具体的なんだよ。

191日本@名無史さん2014/02/08(土) 23:08:25.14
大国主
出雲→津軽

ニニギ
ミズホ(近江)→九州

クシタマホノアカリ
日高見(東北)→中津国(大和)

(ホツマツタエ)

192日本@名無史さん2014/02/13(木) 04:32:01.46
井沢元彦の「逆説の日本史」によれば天皇家の先祖は農耕を伝えた弥生人。
皇室の祭祀は豊作を祈るなど農耕に関するものばかりだから。
狩猟民族である縄文人はアイヌのイヨマンテのように生贄を祭る祭事があるはず。
日本史板に書く話ではないと思うが、スマソ。

193日本@名無史さん2014/02/13(木) 22:13:05.32
>>192
井沢元彦の話がしたいなら創作文芸板へ
アイヌの話がしたいなら民俗板か世界史板へ

194日本@名無史さん2014/02/24(月) 18:14:27.93
捏造説や王朝交替説や、騎馬民族説と比べると、記紀のほうが
まともに思えるこの頃だな。

195日本@名無史さん2014/02/24(月) 20:27:29.53
701年、九州王朝との王朝交替説とかありそうだがな。

196日本@名無史さん2014/02/24(月) 21:40:41.98
王朝交代説でいまいち納得出来ない所は、王朝交代したことを隠蔽する理由。

中国に王朝交代を正当化する理論があるんだから、それを借用して正々堂々と前王朝の天命が尽き、新たな天命が下ったと主張すればいいだけの話。

無理して王朝が続いてるかのような小細工をする必然性が、全くわからない。

197日本@名無史さん2014/02/25(火) 16:20:00.49
旧唐書では、自称日本国の使者が、
本当に倭国の後継国家かどうか、疑われてるよね。

198日本@名無史さん2014/02/25(火) 23:43:30.93
日本国は倭の別種なり。
その国日辺にあるを以て、故に日本を以て名となす。
あるいはいう、倭国自らその名の雅ならざるを悪み、
改めて日本となすと。
あるいはいう、日本は旧小国、倭国の地を併せたりと。

どうも情報が錯綜してたみたいだね。
そんで、入朝してくる連中が尊大で誠実に対応しないから、中国はその言ってることを疑ってると。

まあ、朝貢の形をとりながら冊封を避けると、いう離れ業をしようとしてたから、最初の頃は、こいつら何がしたいんじゃ?みたいな感じに受け取られたんじゃね?

199日本@名無史さん2014/02/26(水) 07:54:13.52
稲作伝来は南方ルートしか有り得ない事がDNA調査で判明してるから半島から初めて稲作が伝わったとする説は誤りで弥生人の持って来た稲作は出戻りに過ぎない
時の権力者が自らの権威を高める為に恩恵は何もかも自分がもたらしたと起源をでっち上げたのが史実

200日本@名無史さん2014/02/26(水) 11:08:56.83
井沢元彦は小説家であって歴史学者ではない。

あと、天皇家は男系でしか伝わらないY染色体でみれば
弥生時代に日本にきたのではなく、それよりもずっと前の
縄文時代どころか旧石器時代に日本にきたタイプ。

201日本@名無史さん2014/02/27(木) 09:06:33.42
ヒトのY-DNAや下戸遺伝子やイネや遺跡の状況からすると、水稲稲作を伝えたのが
朝鮮半島ってのは信じがたい。
世界有数の下戸である日本人に遺伝子を伝えたはずの半島は、日本人よりも
酒に強いんだからな。

202日本@名無史さん2014/03/01(土) 11:30:07.09
Y-DNAでいうならO2系が東南アジア・華南・日本列島・朝鮮半島とかなり広く分布している
O2系はおそらく華南〜越南あたりが起源かと思われるが、そこから日本列島に渡ってくる
ルートとしては中国沿岸部から朝鮮半島南部を通るのか琉球諸島を通るのか断定できない

朝鮮半島南部経由ならもうちょっと日本にO3系が入ってきててもいいように思うし
琉球諸島経由ならその前に通る台湾にもっとO2系がいていい気がする

203日本@名無史さん2014/03/01(土) 13:01:21.38
難民として船で大量に日本列島(と朝鮮半島)に到達したんだよ

204日本@名無史さん2014/03/01(土) 16:48:47.61
モンゴルや女真とおなじぐらいには下戸がいるらしいが>韓国

205日本@名無史さん2014/03/02(日) 11:50:16.10
>>196
武烈〜継体、天智〜天武の後継に関してはかなり易姓革命を意識していると思うけどね

捏造する理由としては、金印国からランクを下げたくなかった(別の国だとみなされるとランクを下げられる可能性がある)とか
中国側に軍事介入する口実を与えたくなかったとかがいちおう考えられなくもない

206日本@名無史さん2014/03/03(月) 21:31:25.73
王朝交代説が正しいかどうかはひとまず置いといて、当時倭は敗戦国だという部分は考慮しなきゃならんな
政権交代したとは言え、唐から見れば疑わしい国

そこで、信頼を得るためにまず国名を変えて天智政権とは違うということをアピール
その上で、倭の五王や飛鳥政権の時のような交流を求めるという筋書きになったのだろう

ぶっちゃけ天智政権を「ならず者がクーデターで乗っ取っただけの政権です」と言い張って
天智を皇族から外した系図を作れば、唐への言い訳は完璧だったと思うけど
持統がいる以上、そういうことも出来なかったのだろう

207日本@名無史さん2014/03/05(水) 21:12:17.91
皇族ってのがいたのかどうかも分からんけどね

208日本@名無史さん2014/03/06(木) 04:37:46.86
>>205
卑弥呼の時は敵対国に対して魏の後ろ盾は有用だったし、かなり厚遇してくれた。
倭の五王時代は、半島諸国に対してアドバンテージが欲しくて、下げたくない頭を下げたが、先に朝貢した百済より高い官職は貰えなかった。

倭王武の頃あたりから列島を半島や大陸とは別の天下とする意識が芽生えはじめる。

推古朝では、列島の天子として大陸の天子と対等の付き合いをしようと試みるが、思惑通りにはいかなかった。
しかし、遣隋使から大陸の進んだ文物は積極的に学ぶべきとの進言により、朝貢の形式をとりながらも冊封は受けないように交流した。

なので、金印や国王号といった中華帝国による権威に頼らずに国内をまとめ、
半島に対峙しようとしていたので、王朝交代を隠蔽する理由にはならい。

また、中華帝国が列島に出兵するには半島を押さえる必要があるが、新羅と組んで高句麗と百済を滅ぼした後には、
唐軍を半島から追い出すべく新羅は唐と戦い半島をほぼ支配してたので、王朝交代を理由に攻め込まれるとは思えない。

白村江直後ならまだしも、すくなくとも、書紀編纂時にはこの心配はない。

209日本@名無史さん2014/07/21(月) 11:34:31.25
編纂当時はともかく日本書紀が書かれて
二百年も三百年も経ったときには
皇室・貴族の教科書、常識だったんでしょ?

210日本@名無史さん2014/07/30(水) 07:31:22.45
>>208
金印は本物?

211日本@名無史さん2014/08/19(火) 10:06:57.13
平安時代は貴族の教養人でさえ文字通り信じていたのに
江戸時代になると日本書紀の購読を聞いた庶民の若者が
「先生、その話おかしいよ」みたいなことを言うので
先生が「いやいや、実際のところの解釈はこうで…」みたい
に説明していたという話を聞いたけどホントかな?

212日本@名無史さん2015/02/16(月) 00:34:21.41
ホモが一人も出てこないのはなんでだ?

213日本@名無史さん2015/08/25(火) 21:49:10.98
>>212
日本書紀に?

214日本@名無史さん2015/08/25(火) 23:10:36.91
まーだ6000年前の日本で小麦作をしていた事も知らない馬鹿がいるの?
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。中国よりも先になwwww




縄文時代前期とされる岡山県灘崎町、彦崎貝塚の約6000年前の地層から、
稲の細胞化石「プラント・オパール」=写真=が出土したと、同町教委が18日、発表した。
同時期としては朝寝鼻貝塚(岡山市)に次いで2例目だが、今回は化石が大量で、
小麦などのプラント・オパールも見つかり、町教委は「縄文前期の本格的農耕生活が
初めて裏付けられる資料」としている。
http://inoues.net/science/wan.html
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり
今回は化石が大量で、    小麦     などのプラント・オパールも見つかり

215日本@名無史さん2015/08/25(火) 23:12:33.89
まーだ6000年前の日本で小麦作をしていた事も知らない馬鹿がいるの?
6000年前に日本はもう小麦作をしていたんですよ。中国よりも先になwwww


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった
稲のほか     小麦     とハトムギのプラントオパールも見つかった

216日本@名無史さん2015/09/13(日) 18:41:46.83
>>212-213
日本書紀ならホモの話でてくるね、一ヵ所だけ

217日本@名無史さん2015/09/18(金) 14:08:11.21
>>1
大ヨタ
元となる史実ファクターは
@東北文化がスキタイ?の影響を受けて拡大
ABC1000からAD00の時点で東北→関東→ヤマトに到着
BAD00頃から秦族の文化が影響するようになりそこから秦族ないし西域より遠い中央アジアゾロアスター系宗教人種(アラブに近い)の文化と少数移民がヤマトに到着
Cあくまで東方系移住民をベースに秦族やゾロアスター少数人?などの縁血で天ころが始まる
D3世紀までは大和少数部族の代表首長に過ぎなかったが応神の頃秦族の弓月君が安知師を引き連れて渡来
ここでただのおそらく東北よりも文化や勢力で劣る一大和部族の首長に過ぎない天ころは圧倒的な技術を獲得する
Eここでミラクル発生で当時の東漢氏はチャイナからしても高度技能特権階級であり、それらを多数味方につけた事が肯定評価されそれまで天ころに対し一祈祷師に過ぎぬ評価しか与えなかったが事実上の貴族位として「東征将軍」の地位を与える
Fここから東漢氏や秦族が中心となり半島南部、九州北部、中国、四国、大和に至る一個の勢力圏を形成
外交的にもその地位を獲得

「紛れもなく大和天ころ府のハンズと地位は300-400年の100年に急速に作られたもので、それ以前は大和のみの首長に過ぎない」
またチャイナに貴族、特権を約束されたのも大きい

218日本@名無史さん2015/09/18(金) 14:09:50.53
G500年頃に髄を舐める
H600-750年間に唐と一国家として純同盟の立場を確立。この段階の支配域は事実上西日本止まりで人口ベースで4割未満。最小2割
I東征の開始
しばしば日本書記にでてくる東征は捏造で東征は「8世紀」の自称であり過去の神話の東征説は征服の正当化のための8世紀頃を中心に作られた征服ブロパガンだフォークロワ

J天啓の戦いと長元の乱で房総平氏はサンチュクアリを獲得し独立的勢力になる。影響で東北勢も独立的な勢力になり政治上のハンズの限界を証明し
天ころの増長じみた拡大は阻止される
K房総平氏に対して膨大な牽制をかけるも最大の独立勢力、軍事力的な要素を顕にして対抗手段として事実上の下級氏族から清盛を立てるが天ころの能力不足を理由に天ころは追い出される
L清盛没後千載一隅の期に房総平氏は事実上千葉氏を盟主とした勢力を固めて清盛を排除する
M東北も排除。天ころが成し遂げられなかった東征と全土制覇を坂東武士が達成
Nじょうきゅうで天ころ排除。日本初の統一行政府たる鎌倉府が成立。国号も正式に大和から日本に置き換える。
また日本の公証も正式に日本として文書に書かれる

以上。天ころ神話は
・ルーツの捏造と隠蔽、あるいは字がなかったためフォークロワ化した
・全土制圧以前の天ころによる征服の正当化のための「支配正統説のために作られた捏造支配神話」
出会ったとみなすべきでしき的な要素はどうも4.5世紀から、それ以前は断片的で捏造史要素多数で弓月君や安知師に関する記録以外信ぴょう性というかオーバーに書きすぎでよくわからない

219日本@名無史さん2016/05/16(月) 21:12:15.47
>>216
あづないの罪か? あれはホモの話かどうかわからんよ

>>217-218
おまえの珍説なんかどうでもいいんだがw

220日本@名無史さん2016/10/07(金) 07:43:51.81
日本書紀編者は重要な節目の天皇の即位年干支を知っていて、そこでの繰り上げ幅が120年ずつになるように調整したように思われる。
応神即位:390年→270年(120年繰り上げ)
景行即位:311年→71年(240年繰り上げ)
崇神即位:264年→BC97年(360年繰り上げ)
孝霊即位:191年→BC290年(480年繰り上げ)
懿徳在位34年の中央17年:107年→BC494年(600年繰り上げ)

221日本@名無史さん2016/10/07(金) 09:09:30.47
不比等が編纂させた当時には旧来豪族も沢山残って居たから丸きり嘘は書けなかった
だから藤原大焚書の燃え差しとしての歴史的資料価値は充分に有ると考えて良い
藤原写本しか残って無いのは気に為るがな(´・∀・`)

222日本@名無史さん2016/10/07(金) 18:18:33.62
欠史八代の始めのほうの磯城県主とか磯城津彦は大和のシキでなく、河内のシキっぽいですね。
イメージがだいぶ違うんだが。

223日本@名無史さん2016/10/07(金) 18:55:32.49
欠史八代を復元すると・・
綏靖は河内に進出し、次の安寧は河内を乗っ取り瀬戸内海に進出。
懿徳はオホヤマト(倭面土)王として後漢に朝貢するが、孝昭・孝安で倭国大乱。
孝霊・孝元・開化の邪馬台国に続く。
・・ありそうな気はするが、どこまで物証が出てくるか分からない。

224日本@名無史さん2016/10/08(土) 10:06:21.27
崇神天皇「ミマキイリヒコ」孝昭天皇「ミマツヒコ」の「ミマ」は、阿波国の美馬郡かも。
阿波には崇神天皇の母や、孝昭天皇を祭る神社がある。
少なくとも「任那」と結びつけるより信憑性がありそう。

225日本@名無史さん2016/10/08(土) 14:39:20.49
いまどき江上の騎馬民族説を信じてる人間は少ないだろう。
昔は手塚治虫が漫画に描くぐらい有名だったが。

226日本@名無史さん2016/10/10(月) 09:47:16.11
騎馬民族は応神天皇のときにやってきた、騎馬民族を否定する連中は100%
工作員である。

227日本@名無史さん2016/10/10(月) 10:12:23.26
>>226
くだらのことか?

228日本@名無史さん2017/01/30(月) 04:49:35.32
>>226

前方後円墳がが半島にない・・・騎馬民族説の根拠ない

229日本@名無史さん2017/01/30(月) 04:58:25.76
>>158

殆どの人は文字知らない時代だから捏造し放題
文字の教育が進んだ時代は世代交代で捏造も嘘も解らない
記録もないのに過去のことなんて解るわけない
日本書紀は単なる実体のない妄想作文

230日本@名無史さん2017/01/30(月) 07:34:45.48
マトモな人間なら継体より前の記紀の記述を信用することに躊躇する。
継体より前の記述は説話や創作であって、その取り扱いは慎重かつ禁欲的でなければならない。

231日本@名無史さん2017/01/30(月) 12:35:48.98
>>226
前方後円墳が大陸に無いからと言って、騎馬民族が日本にやってこなかったという証拠にはなっていない。
騎馬民族が日本やってきたあとに、
日本で独自に創作された古墳の形式だと考えると何の不思議も無い。

232日本@名無史さん2017/01/30(月) 12:39:10.98
騎馬民族といっても、遊牧民系ではなく、
満州族などのような狩猟民族系だと考えると、納得できる事がたくさんある。
いわゆる高句麗・百済を作った”扶余族”は狩猟系騎馬民族。
百済と同じように、支配層が扶余族系の可能性は高い。

233日本@名無史さん2017/01/30(月) 12:47:15.41
着たと言う証拠はない以上、それは詭弁

234日本@名無史さん2017/01/30(月) 13:08:15.30
>>233
あなた方は日本に”馬”が入って来た経緯についてはどう考えてるの?

235日本@名無史さん2017/01/30(月) 13:13:27.47
騎馬民族がきてたらなにか困る事でもあるのか、ばかちん

236日本@名無史さん2017/01/30(月) 13:16:29.21
>>233
低脳工作員丸出しだな、少しは賢くなれ

237日本@名無史さん2017/01/30(月) 14:11:52.26
別に困りはしないが、何か必死なような貴君は着てないと困るのか?

レッテル貼って賢しがってるのは貴君の自由ではあるけど
「騎馬民族が日本にやってこなかったという証拠にはなっていない」
なんて詭弁以外の何物でもないんだけど?

238日本@名無史さん2017/01/30(月) 18:47:45.88
>>237
>レッテル貼って賢しがってるのは貴君の自由ではあるけど
 「騎馬民族が日本にやってこなかったという証拠にはなっていない」
 なんて詭弁以外の何物でもないんだけど?

ごめん、ID無いからわからないんだろうが、”低脳”呼ばわりしてレッテル貼ってるのるのおれじゃないから。

大陸に前方後円墳が無いからといって、騎馬民族がやって来なかったという証拠にはならないだろ。
詭弁でもなんでもない。
前方後円墳は比較的新しい形式の古墳。
それ以前は円墳・方墳がそれぞれあったわけで。

日本で古墳という墳墓を作るようになった時代には、明らかな文化的な変質があったわけで、
それは、多分、大陸の影響は間違いないだろう。
その時代に同時に馬も列島に入ってきた。

前方後円墳はその後に出来た墳墓の形式なわけで、ほぼ日本独自に出来上がった形式。
だから、大陸に無くてもなんら不思議はない話。

言っている意味わかりましたか?

239日本@名無史さん2017/01/30(月) 23:14:46.47
古事記と不一致な点があるのはなんなんだろう?

古事記の製作が日本書紀より古い
という記録(古事記自身以外の)が無いものの、
あきらかに日本書紀より古い表現があるし
後世のデッチアゲとも思えない

かと言って、日本書紀が古事記を参照してたなら
もっと一致してそうにも思う
(あるいは意図的に無視してる?)

神道派が古事記好きで、
仏教派が日本書紀好きな傾向もありそうだ

ようは古事記には仏教が出てこず
(守屋とか神道派が悪役にされるシーンもない)
日本書紀には仏教伝来が出て来る頃から
むしろ神道派が悪しざまに描かれるようになる

ちょうどそのあたりの分岐点あたりで
古事記の記述が駆け足になって
推古天皇を最後に終わるんだよね

……もしかして、そこらの宗教観が
両書のちがいと関係あるのかな?
たとえば古事記は神道派がかかわってるとか?

240日本@名無史さん2017/02/01(水) 19:14:58.98
>>239
古事記は神代からの言い伝えの集成集なのに対し、
日本書紀は公式な政府の記録であり歴史書であると言う違いでしょ。
古事記は物語的読み物なのに対し、日本書紀は記録書的で大陸から入ってきた型式で編まれた読み物ということだろ。

241日本@名無史さん2017/02/04(土) 23:00:02.16
古事記と日本書紀でわりと重要そうな事までズレてる。
日本書紀、アメノミナカヌシ自身がなかなか出てこない上に
「ある書では〜」でやっと出てくる割りにちょっと順序も違いそうな感じが…。
古事記を直接、引用したのでもないのかな?
なんか引用した書の引用ぽいっと言うか。
(意図的に古事記からの直接引用を避けてる?)

http://nihonsinwa.com/page/666.html
>それはともかくとして、古事記に登場した最初の神である
>アメノミナカヌシ・タカミムスビ・カミムスビが本文ではなく
>一書の4でやっと登場というのは、どういう意味を持つのか。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E4%B8%96%E4%B8%83%E4%BB%A3#.E3.81.B2.E3.81.A8.E3.82.8A.E7.A5.9E
古事記で生まれ初期の神々の順番

天之御中主神

高御?巣日神

神?巣日神

宇摩志阿斯訶備比古遲神

天之常立神

國之常立神

豐雲野神

242日本@名無史さん2017/02/04(土) 23:00:23.17
日本書紀

1書 第4-1 (地上で生まれた神々)
國常立尊

國狹槌尊

1書 第4-2 (高天原で生まれた神々)
天御中主尊

高皇?靈尊

神皇?靈尊

243日本@名無史さん2017/02/05(日) 22:17:38.14
まともな人間だと天智辺り位からしか読めん。後は考古学の助けが有って初めて
読める。よく読めるなオマエラw。

244日本@名無史さん2017/02/08(水) 23:47:46.91
いろいろ考えてみた
http://up2.cache.kouploader.jp/koups19669.jpg


>上代特殊仮名遣(じょうだいとくしゅかなづかい)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E4%BB%A3%E7%89%B9%E6%AE%8A%E4%BB%AE%E5%90%8D%E9%81%A3#.E6.A9.8B.E6.9C.AC.E9.80.B2.E5.90.89
>なお、「モ」の使い分けは古事記にのみ見られ、
>これは日本書紀などの後世の史料よりも
>さらに古い時代の使い分けを残存しているものと考えられている。

245日本@名無史さん2017/02/08(水) 23:56:26.98
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E4%BB%A3%E7%89%B9%E6%AE%8A%E4%BB%AE%E5%90%8D%E9%81%A3#.E6.A6.82.E8.A6.81
>ただし、モの区別は『古事記』と『万葉集』巻5の一部のみに見られる。

246日本@名無史さん2017/02/12(日) 21:20:07.08
天の羽羽矢とカチユキを持っている天神の子は二人いる。
それが日本書紀が記された頃の共通認識。
天神の子とは天皇家と物部氏。

247日本@名無史さん2017/02/12(日) 21:21:45.62
秦氏は天神の子である

248日本@名無史さん2017/02/22(水) 22:34:30.34
>>1
信じるものは発狂する

249日本@名無史さん2017/02/24(金) 14:44:32.16
>>1
漢民族の魏志倭人伝に書かれてる未開の民族じゃねーよって悔しくて書いたのが記紀の天皇自作神話。北魏を見習い、漢民族の長い歴史に匹敵する捏造史をつくりあげた。
後漢の名門や老子の子孫を詐称した鮮卑隋唐も北魏の後継国だから漢民族コンプ野郎だった

250日本@名無史さん2017/02/24(金) 17:31:05.93
>>1
日本書紀を否定したら、日本の古代史は書くことがなくなるだろう?

251日本@名無史さん2017/02/24(金) 23:58:56.07
扶桑の島には外国からの王が一杯来ているはずです。
それらのことを書かず、神話からはじめて、国の成り立ちを解き、
当時の国家統一を図ったいわば、文学的歴史物語です。

一読の価値はあるが、歴史書として信ずべきものではありません。
外国の歴史書と照らし合わせて、解析すべきものです。
作者は史書として書く意図を持っていないと思います。

252日本@名無史さん2017/02/25(土) 00:34:48.07
歴史小説だよね
纏向を見ても早くから出来上がってた首長連合とか
鉄の供給に必要だった加羅が連合に欠かせなかったことも
神話にしちゃってる

253日本@名無史さん2017/02/25(土) 14:22:04.01
日本書紀を利用して、明治維新では、万世一系を叫び、天皇の神格化を図りました。
歴史書でなく、科学的に解析されず、このような使われ方をしました。
小学校では、物語の天皇の名前を間違えずに順序どおり言わなければなりませんでした。
明治天皇とは縁もゆかりもない陵墓を神聖なものとして、整備し、ありもしない
神武天皇陵まで出来てしまう始末。陵墓を封鎖して、発掘させず、発掘するととんでもないものが
出てくるのを阻止しています。日本の歴史学を停滞させているのは日本書紀です。
ヒトラーの我が闘争に匹敵する悪書です。

254日本@名無史さん2017/02/25(土) 15:12:19.58
どうも勘違いしてる人間が多いが
日本書紀はもともと雄略記から始まっているんだよ。

それより前の巻は先後関係も適当な日本列島内外の
ばらばらな伝承を適当につなぎ合わせたずいぶん後になって足されたおまけ。
つまり当時の人間が歴史とみなしていたのは雄略記以降。
もちろん伝えられていたことが史実と違ったり
当時の政治権力の都合上書き換えをやったりはしてるんだろうけど
それより前のとは意味合いがまったく違う。

ならそんなおまけをなんで足したのか?
と言うと「万世一系」「天皇の神格化」とかよく言われるけど
当時の人間自体んなことつゆとも信じちゃいない。
あんな経緯の伝承など当時の人間はだれも聞いたことないんだから。

あのおまけは各氏族の今で言うところの戸籍・登記簿なんだよ。
日本書紀当時に大和政権を構成していた各氏族の権原の正当性の根拠を示すのに
当時はあのようなやり方しかなかった。

当時の大和政権下の氏族が全部入りになるよう、有力氏族の固有の伝承を
フィクションの天皇の一代記にとりこんだりしながらお話=戸籍・登記簿を
書いてたらずいぶん長くなっちゃいましたというだけのこと。

当時の人間にしてもまさか1500年近く未来の自分の子孫たちが
500年も人が生きたり、サメの腹から人の子が生まれたりするお話を
真に受けるほど知能が低いまんまだったとは思わなかったろう。

255日本@名無史さん2017/02/26(日) 11:55:59.23
キリスト教みたいなスレタイ

256日本@名無史さん2017/03/07(火) 10:22:49.49
このスレも終わったな

257日本@名無史さん2017/03/11(土) 02:21:58.43
本当の古代史
辰韓の鉄=遼寧省鞍山市の鉱山地帯
公諱隆字隆百済辰朝人也=隆は遼寧省の百済人であり公州の百済人ではない
この文は辰韓の位置を間違えていたり遼寧省の百済を知らない人には理解不能
「辰王がいた方の百済人」とかっこよく書いたら未来人には意味不明となった
渤海の国号、震=大氏発祥の地が過去の辰韓だった
震が辰に通じるのは自明だが、辰韓を韓国東部と解釈して思考停止するのは踏み込み不足
帯方郡(4900戸)=営口市、半径5km
あとは魏書韓伝にそってならべる
多婆那國=倭国(大連)東北1千里=中朝国境の卒本地方
好太王の碑文にある倭、百残、新羅の位置=遼寧省から鴨緑江の下流域
倭の五王が南朝に派遣した倭国使は靴をはいていない
通説(痛説)では裸足の集団に広域大戦争をさせてしまった
「西暦391 - 412年」中に、「倭」は「高句麗」と「鴨緑江」にて職貢図によれば「裸足」で戦わなければならない
のちに坂上田村麻呂の東北遠征が西暦800年に行われ、異民族風のアテルイが捕まえられる
何なんですかこの古代史!順序が逆ならまだしもなぜこうなるの
西暦400年に鴨緑江を攻め、その400年後に東北地方を攻めるのは不自然だ
この時点で倭=日本列島説はアウト
そもそも日本列島は韓と界接していないので最初からアウト
2重の意味で倭=日本列島説はアウト
http://i.imgur.com/9GXhZ3N.jpg
http://i.imgur.com/zVOyZ0J.jpg

258日本@名無史さん2017/03/11(土) 02:22:17.04
西暦400年代、倭、百済、新羅は好太王に故郷を追われ朝鮮半島に逃げ込み拡散分布する
東征毛人五十五国、西服衆夷六十六国、渡平海北九十五國=海北とは遼寧省南岸
東、西、海北には領土があるが南の領土はなぜ主張しない=南進中を意味する
ここで博多中心説を採ると博多の南には領土があるはずなのでアウト
ここで奈良中心説を採ると西側の国が少なすぎるのでアウト
つまり倭王武にとって帰る国などなかった
道遥百済(省略)句驪無道=倭国、百済、句驪は陸続き、句驪はひどいと南朝に泣きついた
故郷を奪ったので句驪無道なのです、倭王武の悲痛な叫びを曲解せずまじめに聞きましょう
半島各地で任那ができる、倭国本体南下する
最後の遣使記事は502年=引越し中を意味する
西暦500年代初頭、倭国本体は九州に上陸し、先住民を土蜘蛛あつかいする
天孫降臨記念日を太古の昔に設定した日本書紀はこの時点でアウト、証拠能力ゼロ
志賀島の金印=先住民にとられないように埋めて隠すも、埋めた場所を忘れる
前方後円墳は堤防の概念がない先住民が積み上げた塚を倭国人がこれ幸いと墓に転用したものだ
塚の作成年代≠墓になった年代、これ重要
ため池あるとこ古墳あり、ため池なければ古墳なし
倭国人は堤防の概念、その他中国文明を知っており最初から巨大古墳を作っていない
6世紀の終わりには日本各地で、ほぼ時を同じくして前方後円墳が築造されなくなった(wikipedia参照)
上の理由は残土を堤防に使う
塚を墓であると主張するには副葬品などの提示が必要だ
塚はあっても墓はない、いわゆる空墓がかなりあるのはなんででしょう?

259日本@名無史さん2017/03/11(土) 02:22:35.19
百済の熊津城=熊岳城
白江の口=熊岳城の南西、白沙湾
「百済辰朝人」であるところの「扶余隆」は百済五方「北方」の城「熊津城」で暮らしていた
熊岳城の南西に「白沙湾」という地名がグーグルマップでも発見できる
これはいったいどういうことだ!
熊津道行軍總管、右威衞將軍孫仁師等破百濟餘衆及倭兵於白江,拔其周留城
韓国西部の公州に行くには高句麗の中を通らなければいけない
つまり熊津道は高句麗の手前側(唐に近い側)にあったはずだ
詔發淄、青、萊、海之兵七千人=山東省の北側から出撃した
人怪其故,答曰:擬削平遼海,頒示國家正朔
劉仁軌自ら「遼海」と明示しており、どうみても渤海湾のことだ
公州の西の海を遼海と呼ぶのならインド洋も遼海だ
扶餘隆率水軍及糧船。自熊津江往白江、會陸軍同趣周留城。仁軌遇倭兵於白江之口
熊津江(熊岳河)と白江(浮渡河)とは開口部が違う川である
熊津江を出て白江に向かったところ白江の口で倭兵と遭遇したのだ
通説の錦江説は合っていますか?白江の上流に熊津江があるのではありません
百済平定物語は渤海の東側にある遼東半島のお話しであり、公州を攻撃したのではなかった
(蘇)定方自城山濟海、至熊津江口=蘇定方が平定した百済もまた遼東半島である
通説が正しいならばこの箇所は「至白江口」となる。白江=錦江説、アウト
大連の北側にある白沙湾を日本列島から攻撃するのは西暦660年では不可能なはずだ
かの有名な白村江の戦いに作文疑惑が浮上した!
日本書紀には資治通鑑や三国史記を見ながら作文した箇所がちらほらある
特に天智紀は作文だらけ、白村江のくだりは全部作文
白村江への旅程については何も書かず、いきなりワープしているではないか!
宇宙船艦ヤマトのようにワープしている時点で作文確定!
http://i.imgur.com/5buzTh0.jpg
http://i.imgur.com/6Q0x678.jpg

260日本@名無史さん2017/03/11(土) 02:23:24.31
倭=日本列島を主張する日本書紀のおかげで重要な比定位置はことごとく南東に平行移動した
日本で見つかっている古い木簡は7世紀、韓国の場合は6世紀=楽浪郡ピョンヤン説、アウト
日本で見つかっている古い石碑は7世紀、韓国の場合は6世紀=楽浪郡ピョンヤン説、アウト
楽浪郡は紀元前108年にできたはずで、いくらなんでも漢字の伝来が遅すぎる、はいアウト
仮説の検証2項目
武藝啓(省略)有扶餘之遺俗=渤海人は奈良の支配者の出自が遼寧省にあることを知っていた(ビンゴ)
いまだに奈良公園ではシカを放し飼いにしている
坂上田村麻呂の東北遠征800年=この仮説で無理なく説明可能、大和朝廷史観では遅すぎる(ビンゴ)
邪馬台国=近畿説九州説、大和朝廷史観全部まとめてアウト
500年上陸説が正しい

261日本@名無史さん2017/03/11(土) 03:20:14.56
日本語でお願いしたいもんだ

262日本@名無史さん2017/03/11(土) 06:03:42.80
日本という国家の源流の話?
そりゃあ、縄文時代から弥生時代に至る過程まで遡る必要があるけど
なぜ狩猟採集定住生活を捨てて、農耕定住生活に移っていったのかが
わからないよね
少なく見積もっても縄文時代は一万年以上
多く見積もっても日本という国家の期間は2千年ほど
縄文文化の時代の五分の一にも満たない話だよね
卑弥呼の時代はいっこうに解明されないのに
それよりもずっと地中深い縄文文化が次々と明らかになってきている
そちらのほうに関心が移っているのが面白い
そこは国家形成の源流ではないかもしれいが
日本文化の本当の源流はそっちだろうと皆が思っているってことさ

263日本@名無史さん2017/03/12(日) 17:37:37.52
>>262
16000年も前からわんわん土器を作り、5000年も前から栽培植物がわんさかと
出て来る。
昨日や今日水稲稲作を持った「渡来人」がやってきて作った国(文化)だってのは
無理があるね。
たったの2000年ちょっと前のはずなのに似た言語も見当たらない。
どこにいたかも分からない「文化を持った渡来人」がやってきたw

264日本@名無史さん2017/03/12(日) 17:52:34.08
縄文末期の奈良の遺跡からは東北に源流がある土偶が見つかっている。
橿原神宮を作ったときのものだ。
以前は奈良から縄文遺跡は余り出ていなかったが、京奈和道の工事でいろいろ
出ている。弥生前期の広い水田も。
かなり深く掘らないといけないからこれまでは見つかりにくかったんじゃないかな。
奈良署の地下から出てるから、平城宮の地下にもあるかも知れんw
奈良は先入観があって、奈良時代、飛鳥時代、古墳時代、弥生まで掘るとそれ以上
掘るのは止めちゃうんじゃないかな。

265日本@名無史さん2017/03/12(日) 18:54:39.23
大ブリテン島で先住民族であるケルト人を北海を渡り侵攻したアングロサクソン族が
支配下に置いたのも5世紀だね。

266日本@名無史さん2017/03/12(日) 23:54:56.10
日本書紀を信じるかどうかですか、信じれば、歴史学ではなく宗教学になります。

267日本@名無史さん2017/03/13(月) 12:02:33.87
多神教は信仰じゃなく、生活に息づく物の考え方の根源のようなものとして捉えるべきだな

268日本@名無史さん2017/03/13(月) 12:08:01.77
特定の人物や家の話ではなくて、
世間一般の普通の人々の暮らし、生活を記録した本じゃないの?

269日本@名無史さん2017/03/13(月) 12:08:41.95
古事記というのもそうだと思う

270日本@名無史さん2017/03/13(月) 12:27:21.82
とあるスレに書いてあった

「ハル中」「またハル厨か」ハルキ角川氏のことなのかな?

編み物の本。
何々の友。
主婦の生活。

その他・・・同じようなものだと思う

確か、このような本があったはず

271日本@名無史さん2017/03/14(火) 10:13:04.87
やはり「聖徳太子」は架空のキャラだったんだな。勉強になりました。

272日本@名無史さん2017/03/14(火) 10:29:10.00
不比等は氏族から皇統単位の話を集め個別の天皇の話として書き直した?

273日本@名無史さん2017/03/14(火) 11:39:53.00
>>267
多神教は生活に息づく物の考え方の根源のようなもの。そうかなぁ?

現代では多神教でも一神教でも、不幸にならないために、拝め、金を払え、
そうすれば安心できるだろうという脅しによって成り立っている。

日本の場合、古代の呪術の世界が生きている。
その後の歴史的遺物を取り込むことによって、宗教を否定させない道を選んでいる。
豊国神社、日光東照宮、明治神宮、平安神宮、靖国神社、乃木神社、など
深い意味でなく、単に歴史を顕彰しているだけ。これが多神教になる始まり。
一神教の対立概念として多神教というが、恐れ、たたりの世界に過ぎない。

274日本@名無史さん2017/03/14(火) 18:32:19.42
>>257
辰韓の鉄=遼寧省鞍山市の鉱山地帯 と仮定すると、三国志魏書弁辰の条
「國出鐵,韓、濊、倭皆從取之。諸巿買皆用鐵,如中國用錢,又以供給二郡」
の2郡は何処のこと?
遼東郡で産する鉄をほかの郡に供給することをなんで東夷伝で記述する?

275日本@名無史さん2017/03/14(火) 22:42:34.10
1 : 日本@名無史さん2017/03/12(日)
邪馬台国論の鉄板、畿内説のスレです
もう確定なのでロマンはありませんが
勝者の貫録を見せつつ更なる真実を探求しましょう

90 : 日本@名無史さん2017/03/12(日)
>>88
狗邪韓國は何人の領土?

95 : 1 ◆q8leUXpsw. 2017/03/12(日)
>>90
領土といいう観念に語弊があるかとは思いますが韓人の国でしょう
金官国の全身とするのが通説です

276日本@名無史さん2017/03/17(金) 15:01:01.07
三国演義と同程度には史実性を有する

取って付けた正統論により改編されている
会話文はほぼ全て創作

277日本@名無史さん2017/03/19(日) 02:09:07.39
[[因幡の白兎#アイヌ語による解釈]]
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%A0%E5%B9%A1%E3%81%AE%E7%99%BD%E5%85%8E#.E3.82.A2.E3.82.A4.E3.83.8C.E8.AA.9E.E3.81.AB.E3.82.88.E3.82.8B.E8.A7.A3.E9.87.88

これキバヤシ的なトンデモも良いところじゃね?
大山元とかいう変な人一人の主張だし。

278日本@名無史さん2017/04/05(水) 11:57:07.18
>>263

日本に水稲が揚子江あたりから入ってきた説と
BC1000に水稲は遡れる説を組み合わせると、
青銅器が水稲とともに入ってきてもよいと思うが、
青銅器文明は日本になかった。鉄と一種に青銅器が入ってきた。これがBC3-2世紀。
それ以前は、中国文明とは無縁の島だった可能性大。

279日本@名無史さん2017/04/07(金) 09:25:44.19
日本にほかに歴史書がないからといって書紀を歴史書にするのは、学問的でない。
血縁ばかりで綴ったものは、タレントネタの週刊誌なみの値打ちしかない。
書紀も、後世の事実を、誰かの手柄にするために前に持ってくるなど、虚偽を述べている。
疑ってかかるべきだ。昔の人間はどんな精神構造だったか知る手がかりにはなる。

280日本@名無史さん2017/04/08(土) 22:39:56.46
史記だってなんだって昔の歴史書なんてそんなもんでしょ
グダグダ言ってないで死んでください

281日本@名無史さん2017/04/10(月) 08:29:34.95
真実しか書かれていません。

282日本@名無史さん2017/04/10(月) 09:27:50.11
>>278
馬鹿の方?

稲作が長江なんて、もう0.1%の可能性も無いよ。

佐藤洋一郎とかいうペテン師農学者が一人グダグダ言ってるだけで、
考古学者も他の農学者も朝鮮で全員一致しています。

まず当時の長江の稲作の農具は石スキがメインなんだが、最古水田には石スキどころか
スキという器種自体が伝わっていない。

スキが伝わったのは数百年くらい後で、オール木製で、もちろん朝鮮から。

最古水田に伝わっている農具はエブリとクワなんだが、ともに中国には無い器種で、
オール木製で石刃が無い。

しかも当時の長江のイネは中粒種が約半分を占めるが、最古水田から出たのは短粒種だけ。

日本稲作は100%朝鮮から導入されている。

283日本@名無史さん2017/04/10(月) 12:26:18.16
昔の史書はみんなそんなもんだなんて、やけをおこしちゃいけません。

284日本@名無史さん2017/04/10(月) 17:44:45.15
ちなみに当時の長江ではコメを三足土器の鼎で煮て炊くか、鬲で蒸して炊いていた。

両方とも最古水田からの出土はありません。

285日本@名無史さん2017/04/10(月) 19:19:48.97
てす

286日本@名無史さん2017/04/10(月) 22:10:34.70
朝鮮半島の水田は何処から?
箕子朝鮮は養蚕など畑だから、やっぱり南から?
南からなら同時に、日本にも来たということはない?

287日本@名無史さん2017/04/10(月) 22:30:26.41
山東からだろ
近いんだから

288日本@名無史さん2017/04/11(火) 08:08:21.93
最近は遼東半島の方が可能性が高いと俺は見てるよ。

遼東半島南部では5000年前頃から稲作をしていて、4000年前頃に半島人自身で
漢江下流域に持ち込んだ可能性が高いと見てるよ。

なぜなら半島の土器文化は櫛目文土器にしろ、朝鮮無文土器にしろ、
遼東あたりの影響で成立した土器文化だし、朝鮮青銅器や支石墓文化も
遼東あたりの影響で成立した技術や文化だしな。

大海を渡海するリスクが無いのもあるしね。

289日本@名無史さん2017/04/11(火) 14:24:45.01
>>288
遼東半島は海に囲まれて意外に暖かいところ。
しかし、中国本土経由で遼東に来るには、
水稲が不可能な地域を通らねばならないことはない?

土器文化の流れと水稲の流れが同一経路であらねばならない理由は?
支石墓文化は北から。水稲は南から。どう説明する?

290日本@名無史さん2017/04/11(火) 15:25:02.55
陸稲だけでイイんだよ。

半島南部に入ってから、自然発生的に水稲に移行していっただけ。

自然環境によって栽培法が変わるのは栽培植物なら当然の事。

半島は朝鮮無文土器時代まで、ほとんど全ての文化が遼東の影響で成立している。

稲作も遼東からの影響文化だと見るのが自然だろう。

291日本@名無史さん2017/04/11(火) 17:39:31.54
>>278
揚子江下流の河姆渡遺跡(BC5000-Bc4500)が世界最古の人工的大規模水稲栽培。
BC3000までは黄河流域にまで広がり、BC3000以降に遼東半島、山東半島に広がる。
その延長に日本があり、BC1000くらいに日本に到着。
水稲による人類の蔓延りのスピードと考えられる。
単独で難民や長江から伝来した説は不自然。
青銅器の伝わり方が遅いのは威力がなく、人口が少ないから。
鉄は威力があり、人口も増えていたので伝わり方が早かった。

292日本@名無史さん2017/04/11(火) 17:54:55.54
『パロディ』ググってみたでしょ

「偉大なる人間芸術」(力夫氏の写真)
「せめて 人間らしく」
「人間だもの」

それと wiki『アイヌ』参照

293日本@名無史さん2017/04/11(火) 17:58:06.25
いつ頃の話なのか、わからないけど

妖怪人間のような扱いを
されている人々がいたとか、いないとか

294日本@名無史さん2017/04/12(水) 17:29:08.81
魏書東夷伝
弁辰の条「國出鐵,韓、濊、倭皆從取之」の倭は「弁辰與辰韓雜居,・・・其瀆盧國與倭接界」の倭であり、
倭人の条「倭人在帶方東南大海之中,・・・歷韓國,乍南乍東,到其北岸狗邪韓國,七千餘里。始度一海,千餘里至對馬國」
の狗邪韓國は半島内にある倭。半島内にある倭が鉄を取っていたと思われる。
半島の倭は製鉄技術を持っていたことになるが、半島の倭が列島の中央集権の出先であるなら、
6世紀とされている日本の製鉄技術はもっと早いと思われ。
5世紀の巨大古墳古墳の副葬品の鉄テイは瀬戸内と河内大和に集中するのは鉄は輸入していた証。
半島にヤマト朝廷が進出していたことが本当か日本書紀に尋ねたい。

295日本@名無史さん2017/04/12(水) 17:45:24.23
青銅器はBC2C、鉄器は1Cには日本で生産が始まっている。

弥生人自身が半島で習得して始めただけだろう。

296日本@名無史さん2017/04/12(水) 19:49:54.82
Wikipedia
「青銅は紀元前1世紀頃から日本で作られるようになり、製鉄は弥生時代後期後半(1 - 3世紀)
頃から北部九州のカラカミ遺跡(壱岐市)や備後の小丸遺跡(三原市)で開始され、それから
時代が下り出雲地方や吉備でも製鉄が行われるようになった。総社市の千引かなくろ谷遺跡は
6世紀後半の製鉄炉跡4基、製鉄窯跡3基が見つかっている。鞴(ふいご)を使い、原料は鉄鉱石
である。製鉄炉の作り方は、これまで朝鮮半島からの導入と推定されていたが、近年の研究
により、中国北東部から伝わったとされている。」
は、日本列島でも西から東に伝わってきたことを示し、中央集権を否定している。

297日本@名無史さん2017/04/12(水) 21:36:13.04
淡路島の垣内(かいと)・五斗長(ごっさ)鉄器コンビナートや、その北に位置する舟木遺跡が稼働していたのは1世紀から3世紀頃。
舟木遺跡に関しては先の垣内五斗長遺跡が稼働停止後も暫く稼働していた事が確認された。

298日本@名無史さん2017/04/12(水) 21:43:38.01
神話の国生み。は、鉄器の武器を専らとする勢力により先ずは淡路島を最前線のベースとして従来型の青銅器武器を用いた在地勢力が制圧されて統治下に置かれて行った事を暗喩しているのではないか?
また、それらの立地からは明らかに淡路島の西から機内(近畿地方)を攻略する意図が読みとれます。

299日本@名無史さん2017/04/12(水) 23:51:26.91
>>289
山東から遼東は見える距離だぞ

300日本@名無史さん2017/04/12(水) 23:55:52.07
>>298
ないな

頭の病院に行ってきたほうが良いぞ

301日本@名無史さん2017/04/13(木) 12:13:18.76
鉄器生産技術と製鉄技術は違う。

日本の製鉄炉がWikipediaに在る通り、中国北東部から伝わったものなら、
半島の倭の製鉄技術が日本にもたらされたのではなかった。
壱岐市のカラカミ遺跡(1-3世紀)の精錬炉は半島南部のものに似ているらしいから、
半島の技術の延長にあり、古墳時代、日本は半島から鍛冶原料を輸入していた説を裏付ける。
日本での本格的製鉄が中国北東部から出雲や吉備に来てから、畿内との力関係がどうなったか。

302日本@名無史さん2017/04/13(木) 13:40:17.56
鉄テイを輸入し、鉄の独占提供で権力を維持していた河内大和の前方後円大古墳の盟主たちは、
吉備、出雲の製鉄で独占が崩れて、オヨヨとなった?

303日本@名無史さん2017/04/13(木) 20:49:41.28
漢は鉄官をおいて鉄の独占をして国を強力にし維持した。鉄の国力への寄与は大きかった。
同じことは日本列島でもいえる。鉄生産を出雲や吉備が始めたら、独占勢力は基盤が揺らぐ。
大きな権力抗争が生じてもいい。書紀はなにか書いてます?
書いてなければ、歴史書として頼りない、若しくは、権力闘争がないという平和な世界。

304日本@名無史さん2017/04/13(木) 20:52:03.98
まだ偽書なんて信じているのか
という書き込みを見たことがあるでしょ

305日本@名無史さん2017/04/13(木) 21:28:10.75
崇神が4世紀初頭の可能性が高い。ならばそれ以前の3世紀は魏志によれば女王国の時代だ。
それに符合するかのように妃のいない天皇たちがいる。神武から6代孝安までだ。
もちろん彼らには正后(奥さん)はいる。
しかし彼らが大王ならその血を残すために複数の妃がいて当たり前。ところがいない。

つまり彼らは大王ではなかったのだ。
やはりこの時代は女王国であった。
では話は簡単。彼らの正后をみればいいのだ。その中にヒミコとトヨ(またはイヨ)がいればいい。
もしいれば邪馬台国論争は簡単に終焉する。

それがいるのだ。

@神武→ヒメタタライスズヒメ
A綏靖 →イスズヨリヒメノミコト  生きてた「ヒメ」タタラが女王
B安寧→ヌナソコナカツヒメノミコト   生きてた「ヒメ」タタラが女王
C懿徳→アマトヨツヒメノミコト
D孝昭→ヨソタラシヒメノミコト    生きてたアマ「トヨ」ツが女王
E孝安→オシヒメ        生きてたアマ「トヨ」ツが女王

見事にヒメとトヨの時代。

そして7代孝霊には複数の妃。 実質の男王は孝霊の時代から。
それは箸墓古墳の時代だ。
邪馬台国の都とは「ヒメ」タタラが住まわれた葛城、奈良県御所市。
纏向に卑弥呼はいない。
九州は論外。

これが私=天才のHPだ。
https://o-yan216.wixsite.com/mysite/home

306日本@名無史さん2017/04/15(土) 21:17:38.30
>>303
製鉄文化の流入は出雲や吉備その他を栄えさせたことは確実でしょう。
国譲りなんていってますが、ヤマトが出雲や吉備その他を権力を集約したのは5世紀から6世紀なのでしょう。
そんな事実とは無縁で畿内に邪馬台国があり、ずうっとそれが日本を牛耳ってきたとしている
歴史の何がいけないのですか。どんな歴史の見方をしたところで、現代社会は変わりないのですから。
歴史はあいまいにしておくのが、最善なのです。それが書紀のときからの方針です。
倭人は曖昧にしておけば、あれやこれや考えて、結論がでないうちに死んで
次の世代が同じことを繰り返すのです。こういう世界が続くのです。

307日本@名無史さん2017/04/17(月) 15:08:25.88
中国で鉄を専売にしていたのは帝国の収入源となるから。
副葬品の鉄テイは交易品で経済的豊かさを表していたに過ぎない。

308日本@名無史さん2017/04/17(月) 15:20:12.45
本当に国を造った神々一族(人間)というのは、
どこへ行ったのか?

それと消された王朝など

妬み、嫉妬で何やらという話だよ、
『もののけ姫』の神殺しというのもそう

309日本@名無史さん2017/04/17(月) 15:49:10.77
気づいているはず

誰々の末裔などがいると危険、
色々と問題がありそう、
訴えられそうとか

それなら、いなかった、いない事にしよう

そういう話だと思う、近代的な話?

310日本@名無史さん2017/04/17(月) 16:01:38.02
よくあるでしょ

某家や某氏は何々の戦いで破れ、
滅亡しました

本当は末裔がいたり

311日本@名無史さん2017/04/18(火) 16:18:43.35
崇神が4世紀初頭の可能性が高い。ならばそれ以前の3世紀は魏志によれば女王国の時代だ。
それに符合するかのように妃のいない天皇たちがいる。神武から6代孝安までだ。
もちろん彼らには正后(奥さん)はいる。
しかし彼らが大王ならその血を残すために複数の妃がいて当たり前。ところがいない。

つまり彼らは大王ではなかったのだ。
やはりこの時代は女王国であった。
では話は簡単。彼らの正后をみればいいのだ。その中にヒミコとトヨ(またはイヨ)がいればいい。
もしいれば邪馬台国論争は簡単に終焉する。

それがいるのだ。

@神武→ヒメタタライスズヒメ
A綏靖 →イスズヨリヒメノミコト  生きてた「ヒメ」タタラが女王
B安寧→ヌナソコナカツヒメノミコト   生きてた「ヒメ」タタラが女王
C懿徳→アマトヨツヒメノミコト
D孝昭→ヨソタラシヒメノミコト    生きてたアマ「トヨ」ツが女王
E孝安→オシヒメ        生きてたアマ「トヨ」ツが女王

見事にヒメとトヨの時代。

そして7代孝霊には複数の妃。 実質の男王は孝霊の時代から。
それは箸墓古墳の時代だ。
邪馬台国の都とは「ヒメ」タタラが住まわれた葛城、奈良県御所市。
纏向に卑弥呼はいない。
九州は論外。

これが私=天才のHPだ。
https://o-yan216.wixsite.com/mysite/home

312日本@名無史さん2017/04/18(火) 20:57:12.27
信じるものは救われる

313日本@名無史さん2017/04/23(日) 08:38:55.39
唐の勢力版図拡大による朝鮮半島と日本列島の混乱の経緯
このへんに最も詳しいはずの天武天皇の時代に編纂が始まったわりには
あまりにも事実に触れていないというか触れたくないというか
モヤモヤとした内容で信じる気にはなれない

314日本@名無史さん2017/04/23(日) 14:07:48.85
それ以上に根拠のある資料がないんじゃ日本書記は胡散臭い!と叫んでもさらに胡散臭い妄想じみた説しか出しようがないからね

315日本@名無史さん2017/04/24(月) 12:26:38.71
https://blogs.yahoo.co.jp/longhistoryjapan/55796499.html

弥生時代には、各地の墳墓には地域特性があって、出雲・北陸、中部・関東、近畿・瀬戸内に区分される。
それぞれ、大王がいて、近畿・瀬戸内は、大和がその大王と考えられる。
4世紀後半から、5世紀にかけて、河内・和泉に政権が出来ているが、その文化・産業・土木は外来のもの。
大和は存続したまま、外来の河内・和泉政権(=倭の五王)が列島を統一した。
この政権の全国制覇を大和は後世自分のものにしたのではないか。
三韓征伐・熊襲制覇・倭武尊等の記紀の記述は倭の五王の業績に相当する。
河内・和泉政権は6世紀に入って衰えると、各地に、地方豪族が再び、芽をもたげ始める。
北陸の継体が南下し、大和に入るという現象が起きる(継体の陵墓は大和ではないが…)。
継体は、復活した筑紫の磐井を制したのは再統一に向けての争いではないか。
その後、百済崩壊までの権力の流れの推測はいずれまた考えよう。

316日本@名無史さん2017/05/08(月) 12:52:02.52
日本書紀が嘘っぱちだとすれば、雄略や武烈といった極悪非道な天皇をわざわざ捏造ででっちあげるという
不敬極まりないことを、当時の編集陣が、国ぐるみでやったことになる

これはやはり、少なくとも編集時点で史実だと信じられてたことを、そのまま書いたものだと思う
そうでなければ、異説のある部分について「一書曰」とことわって、いちいちその異説を列挙したりしない
初期天皇の異常な長命も、磐長姫の逸話と矛盾するわけだが、それを取り繕うこともなくそのまま書いている
それは、日本書紀の編集時点で、そのような矛盾した状態で伝わっていたからこそだろう
聖徳太子は遣隋使を派遣したはずなのに、日本書紀には「大唐」に派遣したと記載されているが
それも、日本書紀の編集時点で、そう伝わっていたから、そのまま書いたのだと思う

ちなみに、この2点、初期天皇の長命と、聖徳太子の遣唐の問題は、2倍年暦を想定すれば、みごとに解決する
https://blogs.yahoo.co.jp/jk2hri2/11628573.html
この「第18表」のように、西暦692年の改暦以前は、いまの半年で1年とカウントしていたと考えて、
年干支をあてはめれば、日本書紀の編集陣が解決できずにそのまま書くしかなかった矛盾点は、ほぼ解消する

317日本@名無史さん2017/06/22(木) 22:26:43.10
>>169
記紀は根も葉もあるウソ。
とりあえず、神武東征は捏造なのは証明済み。
それから「倭皇」へ送られた国書も捏造なのは明らか。

318日本@名無史さん2017/06/22(木) 22:27:20.66
>>316
ならない。

319日本@名無史さん2017/06/24(土) 05:16:11.66
福永先生が記紀は豊国の歴史を書いた書物だって。
神武から卑弥呼、神功皇后など天武辺りまでの天皇陵は全て豊国にあるらしい。
記紀の言うヤマトとは英彦山のある豊国だってさ。

320日本@名無史さん2017/06/24(土) 07:24:21.06
豊葦原の瑞穂の国だから、確かに豊国かもしれん

321日本@名無史さん2017/07/10(月) 00:22:55.20
倭国は筑紫、豊国、肥国の3カ国が中枢を占めており、神代の巻は筑紫の天孫族の視点から書かれている。

322日本@名無史さん2017/07/13(木) 17:04:32.93
>>1
「白村江の戦い」
新羅は百済、高句麗に攻められ、唐に救援を求める、唐と新羅は百済を滅ぼす
倭は百済軍を救援するべく船団を出す、このとき倭軍は「敵は自ら退却するはずだ」と慢心していたので
白村江で唐と新羅軍に待ち伏せされ、火矢を食らって全滅した

「敗戦した高句麗と倭は、悔し紛れに石碑や歴史に嘘を書くようになった」
広開土王碑、「高句麗の好太王は戦わずして百済、新羅、倭を破り、服属させたという」
三韓征伐、「神功皇后は戦わずして新羅王を降伏させ、それを見た百済、高麗も服属したという」
3世紀にそれらの国は存在しない

「雪だるま式に増える嘘」
後世になると「三韓征伐」というおとぎ話がつくられ、なぜか日本は朝鮮半島を征服したことになっていた
日本人は授業で「三韓征伐」を教えられ「ファシスト」に洗脳されてしまう
大日本帝国は「朝鮮はかつて日本の領土だったのだから中国、東南アジアも我が国の領土だ」という理屈で侵略を拡大させる
激怒した米英諸国は日本に経済封鎖を食らわした

「高橋健夫が見た日本の開戦理由」
米英連合に石油の輸出を止められてしまった日本は、陸軍資源課の高橋健夫に国内の石油量を試算させた
このとき陸軍と海軍は、軍事機密を理由に石油量を教えなかったため、
国内の石油量は実態より少なく発表され、これに驚いた天皇と内閣は開戦を決議した
ところが、いざ開戦してみると、石油が足りないと訴えていた海軍はハワイから南洋まで広い範囲で活動していた

323日本@名無史さん2017/12/23(土) 23:07:37.91
日本書紀は魏書紀(北魏書)のパクリだった

324日本@名無史さん2017/12/24(日) 13:02:22.09
記紀の成立は
隋唐の確立から半島利権を放棄した白村江海戦を経て
唐帝国に対する、日本の国体の確立のために書かれている。

齟齬として
倭の五王が無いのは北朝の隋唐に対して南朝外交を伏せた為。
三国志、魏志倭人伝を読んで邪馬台国の九州王朝を皇統に偽装した。

ところが中国皇帝による歴史書は
日本が三国志を配慮して700年に記紀を書いたのに
1000年になって、魏志以降の隋唐書が成立した。

日本神話なんて中国史編纂者には歴史として理解できる存在ではなく
歴史ファンタジーとしてしか読めない。
日本はその時、記紀を訂正すべきなのだが、時すでにお寿司である。

現代人は事実を知っているのに、
古代偽使倭人の南韓に現代戦争で建国しちゃった半島の韓 や皇室に忖度して
記紀を古代日本の正史としてる不思議が存在する。

歴史を直視しても、戦後レジームから脱却できないのよwww

325日本@名無史さん2017/12/24(日) 16:12:12.20
何を言いたいのやらw

326日本@名無史さん2018/01/14(日) 11:12:26.24
第25代 武烈天皇
二年の秋九月に、孕婦の腹を割きて其の胎を観す。
三年の冬十月に、人の爪を解きて、芋を掘らしめたまう。
四年の夏四月に、人の頭髪を抜きて、梢に登らしめ、樹の本を切り倒し、昇れる者を落死すことを快としたまふ。
五年の夏六月に、人を塘の樋に伏せ入らしめ、外に流出づるを、三刃の矛を持ちて、刺殺すことを快としたまふ。
七年の春二月に、人を樹に昇らしめ、弓を以ちて射墜として咲いたまふ。
八年の春三月に、女をひたはだかにして、平板の上に坐ゑ、馬を牽きて前に就して遊牝せしむ。
女の不浄を観るときに、湿へる者は殺し、湿はざる者は没めて官やつことし、此を以ちて楽としたまふ。

史実に決まってるだろ
嘘八百でこんなこと書いたら天皇家侮辱の大罪だ

327日本@名無史さん2018/01/14(日) 12:36:30.65
載せる日本書紀もまあアレだな

328日本@名無史さん2018/01/18(木) 15:19:52.36
日本書紀の執筆当時大王のいちおうの時系列的な伝承があったのは雄略以降

つまり当時の人間が史実とみなしていたのは雄略以降で
本来の日本書紀第一巻は雄略記でこれ以降が本史
中華帝国に我が国の歴史書だと渡しても問題ないまっとうな漢文

それより前の記は本史が書かれてずいぶんたってからおまけで足されたもので
いつの時代かもわからない日本列島内外の様々な逸話を
フィクションと中国の書のコピペの糊でつないだ創作物
漢文がまともに書けない人間が書いたため文章ががたがたに崩れていて
公式文書として中国人に見せられる代物じゃない

んな伝承など同時代の人間は誰一人聞いたことがない

329日本@名無史さん2018/01/30(火) 14:18:58.34
日本史より謎な金儲けできる方法とか
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

4ZOOA

330日本@名無史さん2018/02/11(日) 21:43:51.30
漢文としてひどい文章である事が、もともとは純粋な口承だった事を示している。
記紀から判断するに神話伝承の最盛期は5世紀だろう。当時の日本語は漢文とは無関係に発達したものであり、そんな日本語だからこそ漢文に上手く翻訳出来ない。
雄略紀以降の文章が漢文として整っているとすれば、それはむしろ日本語伝承が衰退し次第に漢文が日本語世界を浸食し始めたからだろう。
実際日本書紀において漢文世界とは違う日本的な伝承は6世紀が近づくと減少する。古事記では本文自体が無くなり系図だけになる。

331日本@名無史さん2018/02/12(月) 15:24:43.81
全て事実。ただし都合が悪い部分は捏造。

332日本@名無史さん2018/02/13(火) 16:51:07.81
いつものことだろ

333日本@名無史さん2018/02/20(火) 07:24:47.54
王仁は捏造、それ以外は真実

334日本@名無史さん2018/02/20(火) 18:48:43.65
>>326のように天皇家に都合の悪い事実も堂々と記載されてるし、異説のある部分は「一書曰」としてちゃんと異説も紹介してる。
少なくとも、意図的な嘘はないと見ていいだろう。
しかしそれは、日本書紀編纂時点において、これぞ事実、として伝わっていたことを、当時合理的だと思われた解釈によって年代順に配列したものであって
書かれている事実がすべて真実であるとは限らない。

335日本@名無史さん2018/02/22(木) 11:15:42.76
>>330
痴呆老人かな?

口承の伝承がなんで中華帝国本のコピペだらけなんだよ?w

336日本@名無史さん2018/02/22(木) 14:59:29.77
>>326 なんか中国史書からパクっただけでしょ

337日本@名無史さん2018/02/23(金) 11:28:33.44
誰だったか、有名な学者が書いてた本に
「客観的に見て日本書紀の記述は信じられない」
ってそりゃ目一杯主観的な意見でしょw

338日本@名無史さん2018/02/27(火) 23:15:01.96
>>336
パクリ元は何?

339日本@名無史さん2018/02/27(火) 23:44:51.52
畿内説と言わずに大和説と呼ぶのは
筑紫説が大阪、兵庫に多く住んでいるマイノリティの運動だから

340日本@名無史さん2018/02/27(火) 23:56:41.98
>>4
日本書紀は聖書みたいなものだろ
正史は王朝が変わった後に前王朝のことを書くもの
つまり元々は大和朝廷以前の王朝のことを記す為に編纂が始まり
途中で方針が変わり王朝交代を消し去り連続してるように書いたもの
殆どが前王朝(九州倭国)のこと
頭に大和朝廷の本当の先祖の神武〜開化までのを付け足し
王朝交代期の天智〜文武は大幅に書き換えてある
間の崇神〜は九州倭国のこと。

341日本@名無史さん2018/02/28(水) 09:43:03.75
>>340
聖書ってそんな構造だったっけ?

342日本@名無史さん2018/05/14(月) 08:55:33.24
あげ

343日本@名無史さん2018/05/14(月) 15:45:12.91
藤原氏が悪いな。
近衛文麿が帝国を滅ぼし、細川護熙が原発を潰す

344日本@名無史さん2018/05/15(火) 04:30:52.48
6世紀以降はおおむね間違い無いと思う。それ以前は口伝になると思うが。
日本書紀の編纂者も三国志魏志倭人伝の邪馬台国の存在は知っていたと思うけどな。

345日本@名無史さん2018/05/15(火) 05:37:16.20
『聖化 日神 日霊 津』

実際、この人物の話ばかりなんだけど

346日本@名無史さん2018/05/15(火) 06:16:47.47
>>344
逆でしょ日本書紀は最後になるにつれて内容が疑わしいよ。

347日本@名無史さん2018/05/15(火) 21:12:13.32
>>346


どこら辺が疑わしいの?

348日本@名無史さん2018/05/30(水) 12:17:00.42
マスゴミよりは信用がおける

349日本@名無史さん2018/05/31(木) 21:35:09.66
のりこえネットの能書きを信じますか

350日本@名無史さん2018/06/04(月) 17:48:16.79
都合のいい部分だけは真実
都合の悪い部分は捏造

351日本@名無史さん2018/06/04(月) 21:58:04.62
日本書紀は中華、李氏朝鮮の歴史。ジャパン。檀石槐が先。

352日本@名無史さん2018/06/04(月) 23:51:38.76
>>347
推古天皇の時代に唐に行ってるんだからもう無茶苦茶だよ

353日本@名無史さん2018/06/05(火) 00:47:19.42
唐が国家編纂で三國五胡南北朝で分裂した王朝の正統性を都合良く統制したのを日本がマネしただけ

354日本@名無史さん2018/06/05(火) 05:23:14.64
>>352
そりゃあ単に表記の問題だ
むしろ逆に、国号の意味がよくわかってなかった当時の日本人の感覚を表してて現実味がある

355日本@名無史さん2018/06/05(火) 13:16:29.77
北魏から唐まで北朝は屋号が変わっただけで
鮮卑族が内輪もめしてるだけの同じ国だろ

356日本@名無史さん2018/06/06(水) 20:18:44.63
書紀の成り立ちを考えてみるべき。
書紀と古事記は歴代天皇について一致だから原典は同じ。
古事記の序文に「諸家のもたる帝記本辞は正実に違い、虚偽を加える云々。
今改めねば、幾年も経ずその旨滅ぶ。云々、帝紀を撰録、旧辞を云々」とある。
諸家とは天皇家に比肩した他の王家のことだろう。
その他の王家が、それぞれ歴史を持っているが、天皇家が言う歴史と違う。
それで、統一したいということだ。天皇家はある一つの王家でしかなかった。
「撰録」は、天皇家が選んで記録したといっている。原典があった。
帝紀旧辞を作って稗田阿礼に教え誦ませて採録したのが古事記。
帝紀旧辞を歴史書にしたのが日本書紀。
それぞれの王家が持っていた歴史が原典だろうから、全くの嘘ではない。
どこまでが真実かは、全部の古墳を掘り返してみたらわかる。
http:// www.geocities.jp/jhistoryverification/index.htm

357日本@名無史さん2018/06/06(水) 20:21:47.53

358日本@名無史さん2018/06/07(木) 17:24:12.92
仁徳稜は過去には立ち入りができ、大きい石棺が発見されている。
ボストン美術館にも仁徳稜出土品がある。でも今は仁徳稜を発掘させない。何故でしょう?
古墳の閉鎖は日本古代史の神秘化に成功していると思う。

359日本@名無史さん2018/06/07(木) 22:02:22.57
「仁徳陵」は仁徳陵でないことは確定している
神秘化しているのはあんたじゃないかい

360日本@名無史さん2018/06/08(金) 08:50:36.04
大仙稜古墳と言い直しても、神秘化してるだろう?

361日本@名無史さん2018/06/09(土) 22:00:54.77
悪いひとたちがやって来て
みんなを殺した

理由なんて簡単さ
そこに弱いひとたちがいたから

女達は犯され
老人と子供は燃やされた

悪いひとたちはその土地に
家を建てて子供を生んだ

そして街ができ
悪いひとたちの子孫は増え続けた


朝鮮進駐軍 関東大震災 日本人10万人大虐殺

https://youtu.be/iBIA45CrE30
https://youtu.be/D0vgxFC04JQ
https://www.youtube.com/watch?v=sYsrzIjKJBc
https://www.youtube.com/watch?v=SiHp41uWo1I
https://www.youtube.com/watch?v=zYBCTRryFP8
https://youtu.be/-wF31xbwqPM

362日本@名無史さん2018/06/11(月) 18:10:52.68
むかし、むかし、Gogryeo国がJin国を圧迫した。
Jin国からBaekje国がうまれた。
Jin国の王は島に渡ってQinwang国を開き、中国の皇帝に申し上げた。
「私はもともとJin国の王でございます。Jin国の支配権を取り戻しとうございます」。
皇帝はこれをゆるし、Jin国があった地域の都督に命じた。
Qinwang国は島を制覇し、Jin国の地域も支配した。
Jin国の地域からSilla国がでてきた。
Qinwang国はJin国地域の都督を失った。
すると、Etsu国のOodo王がQinwang国の隣まで勢力を伸ばしてきた。

http://www.geocities.jp/jhistoryverification/shinou.htm

363日本@名無史さん2018/06/13(水) 07:13:28.38
Qinwang国にTarishi大王が現われた。
Tarishi大王はSui国と交流し、仏教の力で国を治めた。
Tarishi大王はUenomiya法皇になった。
王母と王妃と法皇とが立て続けに死んだ(殺された?)。
Qinwang国のSoga大臣もYamato国の宮殿で暗殺された。
この事件を予想して謡歌がはやっていた。
「ハロバロニコトゾキコユルシマノヤブハラ」。
Yamato国の指導者たちはQinwang国を併わせ、島を支配した。
しかし、指導者層にまとまりがなく、Kotoku王は落胆して死んだ。

http://www.geocities.jp/jhistoryverification/amatarisihiko.htm

364日本@名無史さん2018/06/13(水) 08:13:09.12
 故・金関 恕(かなせき ひろし)がさん奈良県天理市和爾の東大寺山古墳から発見した「国宝」中平銘鉄刀。
金関さんは2017年3月の考古学雑誌で、この刀は卑弥呼の五尺刀ではないかという見解を述べられている。
同じく京都教育大学名誉教授で元・橿原考古学研究所指導研究員の和田萃さんも、
和邇氏の系譜に卑弥呼がいるのではという見解を述べられているようだ。

仮にそうだとして、謎の豪族・和邇氏と卑弥呼の関係が誰にも分からなかった。
解いたのはわしだ、まいったか。

   事代主
     ┣━━━━━━━━━┓
   天日方奇日方(鴨王) ヒメ踏鞴━━神武
     ┣━━━━━━━━┓
     建飯勝    渟名底仲媛━━ 安寧
     ┃            ┃
    建甕尻          息石耳    ※ヒメ踏鞴(248年没)
     ┃            ┃
    豊御気主         トヨ津━━ 懿徳
     ┃              ┃
   大御気主             孝昭
     ┃              ┃
    阿田賀田須        天足彦国押人命
                   ┃
                和邇日子押人命
                 ┣━━━━━━━┓
               彦国姥津命    姥津媛(開化天皇妃)
   ┏━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━┳━━━━━━┓
 伊富都久命          彦国葺命   小篠命    乙国葺命
  ┏━━━━━━┳━━━━━━━┫   【丈部氏祖】 【吉田氏祖】
 彦忍人命   建耶須禰命    大口納命        【飯高氏祖】
(武社国造)    ┃       ┣━━━━━━━┳━━━━━━━┓
       八千宿禰命  難波根子武振熊命   彦汝命     真侶古命
      (吉備穴国造)  【和邇氏祖】  【葦占氏祖】  (額田国造)

365日本@名無史さん2018/06/13(水) 14:36:02.56
Tang国がSilla国と共にBaekje国を攻め、Uija王を連れ去った。
Yamato国のSaimei王は西に向かったが、亡くなった。
Pung王子とYong王子は助け合い、PungをBaekje国王にした。
Yamato国はBaekje国を助け、Tang国と戦ったが敗れた。
PungはGogryeo国に、YongはYamato国にわたって、Baekje国はなくなった。
YongはYamato国の中に国を作った。
Tang国はYongに島の支配権を認めた。
Yamato国のOama王はYongに従った。
Tang国はGogryeo国を滅し、Pungを捕らえた。
YongはPungに替わって王位に就いた。
Yongは島国をRiben国と名づけた。
やがてYong王はなくなった。
Otomo王子がRiben国の王になる予定だった。
Oama王は内乱を起こしてOtomo王子を殺し、島国をYamato国に戻した。

http://www.geocities.jp/jhistoryverification/fuyoyuu.htm

366日本@名無史さん2018/06/15(金) 11:51:27.18
日本書紀は、藤原氏による捏造。近江の国及び、大和の捏造。

山城は天皇家。

367日本@名無史さん2018/06/22(金) 14:24:45.11
歴史学者は言いたいことも言えず悶々としている
固めている書紀を崩すと政治的にまずい
事実でないことを認めるのは宗教行為

368日本@名無史さん2018/06/22(金) 15:11:37.70
新井白石は邪馬台国は筑後と言っている
松本清張は邪馬台国は九州福岡あたりと言っている
公務員学者は奈良という

公務員学者は恥ずかしいね
給料もらうから仕方ないか

369日本@名無史さん2018/06/22(金) 16:08:22.34
新井白石も幕臣じゃん
当時の公務員

九州説バカは恥ずかしいね
ニートだから仕方ないか

370日本@名無史さん2018/06/22(金) 18:37:15.82
>>369
明治政府と徳川政府は同じではない
御用学者は政府によって立ち位置が違う

371日本@名無史さん2018/06/28(木) 20:53:19.35
豪族連合ヤマト王朝の起源は邪馬台国連合。共立されたヤマト女王卑弥呼は皇祖神の参考になったモデル。

372日本@名無史さん2018/06/28(木) 20:56:00.25
その後、頭の病院に行けと言われるんだろう、
き▢がい?というやつ

373日本@名無史さん2018/06/30(土) 03:25:05.44
弓月君はでたらめチョンとは全く関係ない日教組にだまされてはいけない

374学術2018/06/30(土) 08:34:51.78
日本書記はある面歴史書ではないよな。日本独自のものにする方が。

375日本@名無史さん2018/06/30(土) 09:51:50.87
日本書記は8世紀に新たに成立した和朝廷が古くから存在していたかのように装う為に作られた歴史書風に書かれた神話だな
基になった歴史文献が多数あったようだが事実を隠蔽する為に焚書されてる。

376日本@名無史さん2018/06/30(土) 10:36:42.06
それも買いかぶりすぎだなw

文書主義を推し進めたのは蘇我氏など百済系豪族で
それ以前から日本に暮らしていた豪族は大王家を含めて口承伝承主義

十七条の憲法を見れば明らかなように漢文を読んで理解する能力を
当時の豪族の相当数は持ち合わせていない

日本書紀執筆段階ではいちおう文書主義への移行はある程度進んでいるが
中華帝国に渡せるようなまともな史書となるとやはり当時の日本人に執筆は無理

だから日本書紀の本編である雄略記以降を執筆したのは中華帝国人
雄略記より前のそれは本編が書かれたずいぶん後になって日本人が書いたが
ごく簡明な事象の記録以外はまともに文章が書けないから中華帝国の書籍の
コピペコピペの継ぎ接ぎ細工

377日本@名無史さん2018/06/30(土) 11:41:46.19
そうかな 
書紀よりはやい古事記の序文には「諸家がもつ帝記本辞」とでるから
複数の王家がもつ歴史を一本にまとめた
その中に天孫降臨の辰王の後裔(倭の五王)の王家があって
古事記書紀の天孫降臨思想はここから拝借したのだろう
雄略以前の歴史を後から継ぎ足して書くのは無理がある

378日本@名無史さん2018/06/30(土) 11:58:03.10
古事記序文は史料としてまったく意味がない
明らかに後世になって書かれたものだから

だから中世〜江戸中期までは古事記全体が偽書とされてきた
本文の少なくとも内容についてはもっと古いんじゃねとなったのは本居宣長以降

ただしその宣長は古事記の価値を漢文そのものではなく
そこから透けて見える(とやつが思った)ウア日本語に置いている

379日本@名無史さん2018/06/30(土) 12:53:58.02
そうなの? 序文はあきらかに後世に書かれたのか
「あきらかに」というからには簡単に理由を説明できるよな

380日本@名無史さん2018/06/30(土) 20:38:52.38
あなたの国では歴史書が疑われていますか?
당신의 나라에서는 역사서가 의심되는합니까?

381日本@名無史さん2018/07/01(日) 08:50:36.26
序文の言いたいことは
この本の内容を信じるなってことですね。

382日本@名無史さん2018/07/01(日) 11:09:01.28
>>381が言いたい事は381の内容を信じるなってことですね。

383日本@名無史さん2018/07/01(日) 11:54:59.86
「日本」はこの日本列島のことだと思うのが間違いのもと
1300年前、新羅は倭国を支配して国号を日本に改めた
それを中国に、日本と名付けましたぁ!と報告して記録されている
ここらへんの歴史は、第三者側の記録があったら決定的だ
それ以上に信じられるものがないので

で、新羅はシラヒース、日いづる国、元祖日本と言えるもので
たぶん、滅亡する予感があったのだろうな、新羅の王は
第二の新羅、第二の日本をこの列島に託して息子を送り込んだ
その息子とは、文武天皇683年〜だ
当然、日本書紀は新羅の話が書いてある

384日本@名無史さん2018/07/01(日) 12:01:29.49
記紀神話?

『松傾』
この家の話だと書いてない?

385日本@名無史さん2018/07/01(日) 12:03:01.53
調べたりしてみた?

『天王宮 山王院 菅野』という家があったり

『天王宮』とか

386日本@名無史さん2018/07/01(日) 14:27:31.36
>>383
いやちがうね 新羅は関係ねぇ
新唐書「咸亨元年(670),遣使賀平高麗。後稍習夏音,惡倭名,更號日本。
使者自言,國近日所出,以爲名。或云日本乃小國,爲倭所并,故冒其號。」
或云日本乃小國,爲倭所并,故冒其號が壬申の乱(672)とかんがえられ
天智天皇の近江政府が「日本」をなのり(670~672のどこかで)
驚くことに壬申の乱の勝者の倭国が敗者の国号を用いたといっている 

387日本@名無史さん2018/07/01(日) 14:37:24.66
日本書紀って基本休戦協定書だよね

388日本@名無史さん2018/07/01(日) 15:00:04.93
家の話だと書いてあるはず

389日本@名無史さん2018/07/01(日) 15:01:37.07
『聖徳太子』?

390日本@名無史さん2018/07/01(日) 19:58:54.21
>>386
天智が日本をなのる 倭国が壬申の乱で近江政府を倒す
そのあと倭国がいつ日本を名乗ったかが問題 
それが>>383の新羅系の文武という筋書きはありうる

391日本@名無史さん2018/07/03(火) 00:28:08.02
新羅や百済はヤマトと同じ国ではない。日本が新羅の跡取りなら支那の後漢のように後新羅でも名乗っとけ。

392日本@名無史さん2018/07/03(火) 13:45:11.64
>>359
貴殿が掘って確認でもしたの?

393日本@名無史さん2018/07/05(木) 17:41:01.69
扶余勇は倭国に逃げたと中国の歴史書に出ている
書紀は彼の業績抜きでは歴史が成り立たなかった ただし名前を変えて登場だけどね
https://www.geocities.jp/jhistoryverification/fuyoyuu.htm

394日本@名無史さん2018/07/05(木) 18:29:46.55
>>377
古事記は時の権力者の都合の良い(不都合な真実や歴史は改ざんや抹消。無い物ねだりや無いモノをアル様に、、、)筋立てに従う様に
厳しい監視と検閲の下に柿ノ本人麿公(出身は綾部氏。柿ノ本家に養子に入った)により著述された。

あまたの和歌は他所さまからではなく、全て柿ノ本人麿公の御作だとか。

古事記の完成後、最大の功労者ながら様々(改ざんや操作、創作、、、)不都合な真実を知る柿ノ本人麿公は時の権力者に称賛されるどころか疎まれ遠ざけられ、左遷された挙げ句暗殺されてしまいました

395日本@名無史さん2018/07/07(土) 20:25:43.76
fake

396日本@名無史さん2018/07/08(日) 16:23:18.27
記紀の時代までは正統な記録は人の頭の中にあり人が発する声こそが正しい記録だという発想が残っている
文書というのは歌に対する楽譜のようなあくまで補助的・代理的な存在だと
だからこの時代までは人名の表記すら不確定なまま

律令体制という中華帝国猿まね体制の成立・中華帝国人の筆による日本書紀の執筆により
ようやく文書第一主義が確立することになる

この文字=代用物という発想は文字文化の浸透する過程ではたいてい起こる
古代ギリシャのソクラテスは弟子のプラトンに口を酸っぱくして文句を垂れてたが
結局不肖の弟子プラトンは師匠の言を無視した

397日本@名無史さん2018/07/11(水) 21:31:27.87
【シュメール】 神武帝はサマリア王? 【スメラ】
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1531311828/l50

398日本@名無史さん2018/07/12(木) 13:27:05.70
とても簡単な稼ぐことができるホームページ
念のためにのせておきます
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

HI9

399日本@名無史さん2018/07/27(金) 21:37:45.29
漢風諡号がつけられる前の日本書紀の写本って残ってるんですか?

400日本@名無史さん2018/07/27(金) 22:32:53.19
まともな表記が出来ないとは悲しい国だ

401日本@名無史さん2018/07/28(土) 19:34:11.74
日本書紀が書かれる前の王たちは
日本書紀の著者の意図を知るわけがないので
血縁によって王位を継承しなければならないルールなぞ知るわけがないんだわ

402日本@名無史さん2018/07/29(日) 21:39:57.87
禅譲、国譲りが至高の政権交代

403日本@名無史さん2018/07/29(日) 22:24:50.43
継体王は禅譲ではなく書紀が王として取り上げただけ
書紀には武力攻撃による殺害の場面はありますから禅譲ばかりじゃないでしょう
その他毒殺とおもわれるもの 白昼堂々の暗殺もありますが、、、

それでも2018年において「>>402禅譲、国譲りが至高の政権交代」といわせるのは
書紀の印象操作は呪文とすらいえるでしょう 

404日本@名無史さん2018/07/30(月) 00:34:02.39
九州王朝を否定あるいは巧みに畿内王朝に組み入れたのが日本書紀

405日本@名無史さん2018/07/30(月) 02:19:13.41
信じる者は足もとをすくわれる

406日本@名無史さん2018/07/30(月) 09:40:34.10
統一される前には九州にも政権はあるわな
作り事の書紀に無視されたと被害者意識をもたず
堂々とまともな九州王朝の歴史書を作ればいいだけのことじゃないの

407日本@名無史さん2018/07/30(月) 11:22:18.87
>>404
解釈じゃなくって動かせない事実を教えてよ
議論に乗ってあげるよ

408日本@名無史さん2018/07/30(月) 21:16:38.29
>>407
日本書紀は建前では畿内王朝が万世一系として連綿と続いてきたことになっている
しかし、実際は九州王朝の歴史と畿内王朝の歴史をごっちゃにしたものなのだよ

それを解明していくのが学者の仕事なのだけれど、九州王朝を完璧に再現するのは難しい
しかし元号がポイントで古来、暦は天皇クラスの人間でないと作れなかった

畿内より古く九州で元号が存在したのは事実でこの九州暦を解読することこそ九州王朝を再現するポイントになると思う
それがひいては卑弥呼や邪馬台国の存在は明らかにしていくだろう

409日本@名無史さん2018/07/30(月) 21:28:51.51
九州暦だという根拠って何かあるの?

410日本@名無史さん2018/07/30(月) 22:13:14.41
暦は記事の中にあることが多いが、記事の例を!

411日本@名無史さん2018/07/31(火) 02:34:15.55
>>409
具体的に言うと、日本初の元号は一応、大化ってことになってるけど
実際はもっと古くからあって、それは九州で作られた元号なんだよ

例えば、九州王朝にはタリシヒコという皇帝がいた
天皇ではなく皇帝だよ

あの隋の煬帝に小野妹子が出した国書「日出る処の天子〜」ってのは
天子すなわち九州王朝の皇帝であるタリシヒコが隋の皇帝である煬帝に国書を出します。お元気ですかって意味なんだよ

九州王朝は中国南朝に朝貢していた
隋は北朝つまり野蛮人だった

だから九州王朝は隋にヘーコラする理由がなくむしろ南朝のご主人さまを滅ぼした野蛮人で
俺らこそ中国南朝の後継者だってことでタリシヒコは九州王朝の皇帝を名乗ってあんな国書を出したんだよ

よくあの国書は教科書では聖徳太子が出したってことになってるけど
聖徳太子は摂政として推古天皇を補佐したが当たり前になってるけど、これは事実じゃない
推古天皇はお飾りみたいなもので畿内王朝でノホホンとしていただけ

聖徳太子は何を隠そう九州王朝の皇帝であるタリシヒコの弟で兄を補佐してたんだよ
だからタリシヒコは「天を兄とし日を弟とする」と日本の政治を中国に説明していた

これは、天つまり天子である九州王朝の皇帝のタリシヒコが兄で
日つまり天皇のいる畿内王朝の推古天皇の摂政である聖徳太子厳密には厩戸皇子が弟
という意味なんだよ

日本書紀はとにかく九州王朝を無視ないし畿内王朝の歴史とごっちゃにするから
九州王朝にタリシヒコという皇帝がいたことは言及していないし、教科書も無視している

412日本@名無史さん2018/07/31(火) 02:47:49.46
このように九州の暦を洗っていけば、日本書紀の改竄などを見破ることができるよ
だってタリシヒコは九州王朝の皇帝だったから、九州の元号を作った本人なんだしw

あとね、法隆寺ってのは聖徳太子を祭ったものってイメージあるけど、
あの有名な釈迦三尊像を見てほしいんだよ

真ん中のお釈迦さまの格好を見れば、あれは仏教の衣服でなく、皇帝の衣服であることが分かる
また、裏には上宮王の病気が治りますようにもし無理なら安らかに逝けますようにと彫ってある

あれは九州王朝の皇帝であるタリシヒコの病気の回復を祈願するために作られたものだから
あと法隆寺そのものが元々は九州で作られたものなんだよ

上宮太子という高校が今もあるけど、この意味は聖徳太子のこと
上ってのは上皇でも分かるように天皇より位が上の人のこと当時はまさに皇帝のことなんだよ

しかしこの当たり前のことを多くの日本人は知らない
なぜなら九州王朝皇帝であるタリシヒコのことを日本書紀は無視してるから

考えてみろよ
聖徳太子のことはいろいろ学ぶのに、推古天皇の功績が何もないっておかしいだろ
つまり推古天皇はお飾りで実際は兄タリシヒコ皇帝を弟厩戸皇子が補佐してたのが事実なんだよ

なぜ九州王朝を無視ないし畿内王朝とゴッチャにしたかというと
九州王朝は後の唐との白村江の戦いで敗れその正当性を失ったから
九州王朝は畿内王朝に吸収され日本という統一国家が670年にでき、712年に古事記が
720年に日本書紀が天武天皇という九州王朝と畿内王朝のハーフが作ったのが真相なんだよ

413日本@名無史さん2018/07/31(火) 06:15:09.29
>>411
>それは九州で作られた元号なんだよ
だから、これは何か根拠あんのかって言ってんのよ

414日本@名無史さん2018/07/31(火) 10:15:38.74
>>411
九州ではないが同じことの論証を試みている例はある  
http://www.geocities.jp/jhistoryverification/amatarisihiko.htm
仮説(九州王朝説)で畿内説を論破できない
九州王朝に関係する暦が出てくる文例はまだないようだが・・・

415日本@名無史さん2018/08/25(土) 18:11:31.66
古事記が焼かれた帝紀とか旧辞なんじゃないのかと思うのだが違うよな

416日本@名無史さん2018/08/28(火) 02:49:38.65
天皇記と国記の中身は知りたいなぁ

417日本@名無史さん2018/08/28(火) 18:30:53.49
ねた本はあるとかえって面倒なことになるから処分するだろう
当時は各王家に血筋本や歴史書があったのだろう 天皇記国記はそのひとつだろう
それらから人物名と業績を参考にした 遺物と違わないところがあるのはねた本が正しいから
倭の五王相当の人物以降は実在したとみるが、姻戚関係は一系のために当然捏造。
申し合わせたように墓誌がでてこない不思議があって裏づけがとれないが・・・

418日本@名無史さん2018/08/28(火) 23:51:20.82
むしろ豪族の方が天皇の方に寄ってきた結果がこれ。
祖先の話なんか似たような状況がいくらでもあるから好きにつなげ放題なのは
現在の二次創作ラノベと一緒。
それをチョチョイと漢文調にすると最初の歴史書のできあがり。
ほっといても寄ってくる豪族を抑圧すると反発する分無駄エネルギーの浪費。
当時の人達も知ってたわ、昔のことになるほど矛盾が生じるけど、神話としてほっときゃいいって。
それをくそ真面目に論じ始めたのは江戸時代以降の朱子学に染まったイシアタマども。
おまいらもその亜流か?

419日本@名無史さん2018/08/29(水) 12:16:10.06
日本書紀で扶余勇は「あめのみことひらかすわけのすめらみこと」となづけられた
50年位前の人だから当時の人は事実を知っているが、時間とともに風化した
「あめのみことひらかすわけのすめらみこと」の意味は当時の人はわかったにちがいない 
史実を元に想像すると
「ひらかす」は倭国に割って入って国をひらいたという意味の可能性
「わけ」は血筋が違うとか直系ではない意味の可能性
「あま」「あま」は欽明天皇より前にはないんだね
深入りしても想像に過ぎないけれど・・・
http://www.geocities.jp/jhistoryverification/

420日本@名無史さん2018/08/29(水) 14:36:22.26
なんで天皇は半島人だったら日本書紀に故郷朝鮮の偉大さを書かなかったの?
逆に何故半島人は新羅本紀に新羅王が外国の倭人って書いちゃったのか?

421日本@名無史さん2018/08/29(水) 14:50:18.78
そろそろイスラエルに返そう

422日本@名無史さん2018/08/29(水) 14:57:58.08

423日本@名無史さん2018/08/29(水) 16:51:52.87
>>419
ワケは「受け継いだ」くらいの意味

424日本@名無史さん2018/08/29(水) 18:10:32.90
>>420
百済王家は扶余出身で半島の人間ではないから朝鮮を自負していない
一般に王家は土地に縛られない

解脱のことなら倭国の東北一千里の出身といっている 倭国ではない
西暦57年は新羅国の神話部分で議論にならない 

425日本@名無史さん2018/08/29(水) 18:44:00.44
>>423
「ワケ」に「別」を当てている
「受け継ぐ」の意味はない

426日本@名無史さん2018/08/30(木) 06:20:30.23
「大化」「朱鳥」「白雉」は元号の試行実験

「大宝」が正式で最初の元号

427日本@名無史さん2018/08/30(木) 06:39:27.14
元号の試行実験?
何だよそれw

428日本@名無史さん2018/08/30(木) 22:41:02.44
白鳳って元号は本当にあったのかな?

429日本@名無史さん2018/08/30(木) 23:53:12.67
大三輪氏ら18氏族の墓記が消されちゃったからなぁ

430日本@名無史さん2018/08/31(金) 00:18:36.96
推古紀というか推古自体が架空の人物

大化の改新も嘘

デタラメしか書いてない

431日本@名無史さん2018/08/31(金) 11:06:26.94
日本の最古水田と同期する中国の稲作遺構から出土するイネは、
中粒種と単粒種が約半々の割合で混交したもの。

ところが、日本の最古水田から出土した日本最古のイネの現物は単粒種のみ。

そして、日本の最古水田と同期する中国の稲作遺構から出土する耕作用農具は、
石耜という石刃のスキと、石鋤という日本には存在しない石刃の除草用農具と、
石犂という石刃の牛耕用の農具、この3つだけ。

ところが、日本の最古水田から出土した日本最古の耕作用農具は、
木製のエブリという地をならす農具と、木製のクワだけ。

石刃が伝わっていない上に、同期する中国と同じ耕作用農具が一つも
伝わっていないのだ。

それどころか、同期する中国には存在しない耕作用農具が日本最古の
耕作用農具として日本の最古水田には伝わってしまっている。

オール木製で。

しかも、鬲や鼎といった、三足や耳の付いた同期する中国系炊飯器も
日本の最古水田には一切伝わっていない。

日本稲作が中国から伝わったというような話は、太陽が西から昇って東に沈むと
言っているのと同じレヴェルの話である。

ちなみに、スキという耕作用農具が伝わったのは、最古水田から200年以上も
経ってからの事で、やはり木製であった。

石犂は5C頃に鉄刃のものが朝鮮経由で伝わるが、石鋤に至っては、木製でさえ、
永遠に日本に伝わる事はなかったのである。

432日本@名無史さん2018/09/22(土) 00:36:26.77
日本書、日本紀とか元々の書名が違うんでしょ

433日本@名無史さん2018/09/22(土) 00:56:11.99
文武天皇って何で文武って諡号なったんだろ?

434日本@名無史さん2018/09/22(土) 14:51:22.62
気になる材料を羅列してみると、


渡来系弥生人骨はコンピュータ形質解析で朝鮮人骨とは一致せず、オロチ、
ギリヤークなどの沿海州の北方民族にかなり近寄った数値を示す人骨。

弥生土器が始まったのは最古水田・菜畑遺跡より50年以上前の山陰あたりで、
その土器は同期する沿海州南部の土器と特徴が一致している。

最古水田はイネの粒種、耕作用農具、炊飯器から考えて、明らかに朝鮮南部の影響で
始まっているのに、その人々はなぜか朝鮮土器を一つも作っていない。


複合的に考えて、まず沿海州あたりから渡来人の渡来があり、渡来後に朝鮮南部から
稲作をパクってきただけのように考えざるを得ない。

435kimiaki harada2018/10/04(木) 12:01:43.18
読み解きクイズQUIZ 著作権 原田 君明にあります。

橿原神宮  神武天皇御霊廟   神殿  神社 です

以前東大寺 南大門  神武神宮にすべきと出題しました。因みに東京大学に弥生地名あり

これは  原田家が明仁陛下  結婚詐欺とコリアンスパイ包囲されているので
公にするという意味に思います。原田本家は医者 確実に100%純血日本人で医者です
DNA鑑定で判明する 美智子  紀子  雅子  愛子  悠仁とコリアン詐欺 侵略告発と
純血日本人血統を残す為やむなく愛人産ませた行動もコリアンで詐欺されてた
2つ結婚詐欺を意味することと群馬県 「左 君で羊を上手く蹴ること意味」
これに繋がります。
橿原  原田2名外して 「左キツイ罪バラす」と解読出来ます。

伊勢神宮に近く寺あり天照大神を御祀神とする いわば伊勢神宮別館です
「神社神宮別館に看板を直すこと元看板仕舞うこと保管すること」
これと同じく東大寺を奈良大和で一番大きく顔出来る人 神武天皇です。
元東大寺を大仏削って 神武天皇御祀すること 神武神宮別館で良いと思われます。
神宮クラスは2つデモ意義あれば良いという感覚はあると思います。
かなりお金も取られ勿体無いことにコリアンスパイに結婚詐欺でお金を取られたという意味
勿論 明仁陛下大事です 天皇家大事  皇紀2670年王暦5140年大事なれば
慰謝料取り 試験管ベイビーデモ 純血日本人血統皇統残すべき!!という結論
高円宮様憲仁殿下も結婚詐欺被害あるみたいです。死んだふりまでの行い
敵を掻い潜りって純血日本人血統を正統皇統を残すべく試行錯誤されたではと思います。

驚くべきは、やはり 大神様歴代陛下が神々様が
2600年時を越えて純血日本人に頑張れと言われていることです。

時に事実は小説よりも奇也

436日本@名無史さん2018/10/04(木) 13:37:14.72
リアルな科学性が乏しい神社オタクの考察は面白がって聞くのが正解

437日本@名無史さん2018/10/04(木) 17:01:54.31
長江下流域に龍が伝わったのは約5000年前。



「遼河文明」から伝播したと思われる、約5000年前の長江下流域・良渚(りょうしょ)遺跡の玉龍も、
角と耳がありイノシシの顔だ。

http://www.seibutsushi.net/blog/2012/01/1238.html


.

438日本@名無史さん2018/10/07(日) 23:14:34.09
日本書紀は印象操作

439kimiaki harada2018/10/19(金) 15:14:54.91
読み解きクイズ QUIZ  原田 君明  著作権あります。

新カレンダー  原田君明 政策 

元々我が新日本国は太陰暦ですた。
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
一ヶ月「 月 」 月命日等  御月様 意味する。

日曜日 月曜日 火曜日水曜日 木曜日金曜日土曜日  一週間ですけど
サンデイ
太陽日という意味
日星日  月星日 火星日 水星日 木星日 金星日 土星日
ひぼしび 、 げつぼしび 、かぼしび すいぼしび もくぼしび きんぼしび  どぼしび

本来 星座  星回りを表すことに意義あると思い改めていくことを政策として
新日本国 国号と共に 曜日より星日に改めるつもりです。

時に事実は小説よりも奇也

440日本@名無史さん2018/10/19(金) 16:23:34.60
>>433
大宝律令が関係ありそうですね

441日本@名無史さん2018/10/19(金) 16:28:51.74
◆ペテン師・佐藤洋一郎がなぜダメなのか


経年変化や環境変化で短期間のうちに著しく頻度を変えてしまう遺伝子の調査において、
佐藤洋一郎が調査に使ったイネの調査サンプルは、

日本のイネの調査サンプルが稲作が伝わってから800年以上も経ってしまった鍵・唐古遺跡の炭化米、
朝鮮半島のイネの調査サンプルにおいてはいつの時代のイネを使ったのかさえ全く公表していない。

このように調査サンプルから疑わしい、欠陥ありありの、お遊び程度でやったペテン調査での捏造である。

この場合、BC10Cの稲作開始時の最古水田である菜畑遺跡の炭化米とそれ以前の朝鮮の炭化米で
比較調査しない限り、まともな調査結果など得られるはずがない。

ちなみに佐藤洋一郎はこの件で京大考古学陣に全面否定されている。
日本稲作が長江・江南から伝わったなんて言ってる頭のおかしな考古学者など一人もおりません。

442日本@名無史さん2018/10/19(金) 16:29:27.11
大宝律令により初めて日本に法治国家が誕生した事を
周建国の文王と武王になぞらえたという説があったはず

443日本@名無史さん2018/10/19(金) 20:43:54.02
>>442

なるほどね、

他の天皇の諡号にも、そういう説とか理由があるのかな?

444日本@名無史さん2018/10/31(水) 06:18:39.69
魏も唐も日本も都合悪い事は偽装してるけど、簒奪や鮮卑や卑弥呼の事は完全に抹殺してないし。
むしろ文献の闇を疑いすぎて出来た反三国志や百済書記のがお笑い

445日本@名無史さん2018/10/31(水) 16:26:53.12
仁徳陵ほじくり返しやめとけよ
書紀が正しかったことになって困るぜwwwww

446日本@名無史さん2018/10/31(水) 16:28:30.30
船氏の話?
日本に天皇なんていないぞと言ってる人がいたり

447日本@名無史さん2018/10/31(水) 16:30:18.35
『倭猿』〜『やまとねこ』

この辺りは同じ系統だろう

448日本@名無史さん2018/10/31(水) 16:36:20.36
あと本当に、おかしな話。


ネットを駆使して、いろいろと調べていたとき
「『〜のが』とか言うやつwwwwwwww」
バカにするようなサイト?が出てきたり

歴史、宗教、神話などのサイトではないんだよ、
誰かに狙われているの?どこかで、おかしなのと知り合いになったとか

449日本@名無史さん2018/10/31(水) 16:38:40.96
かな〜〜〜〜〜〜〜〜〜り前の事になるんだけど


「〜のが」を使用する知人がいたり、
とあるゲーム内の知人、そこにおかしな人物がいたのかな

450日本@名無史さん2018/10/31(水) 16:40:52.38
漫画、アニメとかゲーム?、
そういうものばかり出てくるサイト、
作品というのも同じようなコンセプトばかり、個人的には同じに見える


何があったんだろう

451日本@名無史さん2018/10/31(水) 18:45:02.17
日本が1600年前の古墳期にようやく竪穴式住居から抜け出したのに対し、
中国では8000年前にはすでに高床式住居が登場し、早くも竪穴式住居から抜け出していた。

その時代差、約6500年。

その後、中国では6000年前に木骨泥墻が登場し、早くも土壁の住居の時代に入り、
4000年前にはすでに戸建ての時代である。

商周より前の3500年前の王朝では宮殿建築なるものが花開き、2800年前には
瓦が登場し、早くも瓦屋根の戸建ての時代に入るのである。

縄文弥生を通して、日本にはこれら中国の住居が一切伝わっていない。

中国から渡来人があったなんてあり得ないのである。

452日本@名無史さん2018/11/01(木) 04:45:42.55
欠史八代の后の身分が低いし出資地が偏ってるし数が少ない
当時の認識をなるべく正確に書いたと思う

453日本@名無史さん2018/11/06(火) 00:47:23.77
日本書紀の系図が見つかる可能性ってあるのかな?

454日本@名無史さん2018/11/06(火) 01:58:57.71
>>452
ちゃんと書くと身分が高くない事がばれちゃうから欠史なんだろうね

455日本@名無史さん2018/11/06(火) 10:45:07.74
気になる材料を羅列してみると、


渡来系弥生人骨はコンピュータ形質解析で朝鮮人骨とは一致せず、オロチ、
ギリヤークなどの沿海州の北方民族にかなり近寄った数値を示す人骨。

弥生土器が始まったのは最古水田・菜畑遺跡より50年以上前の山陰あたりで、
その土器は同期する沿海州南部の土器と特徴が一致している。

最古水田はイネの粒種、耕作用農具、炊飯器から考えて、明らかに朝鮮南部の影響で
始まっているのに、その人々はなぜか朝鮮土器を一つも作っていない。


複合的に考えて、まず沿海州あたりから渡来人の渡来があり、渡来後に朝鮮南部から
稲作をパクってきただけのように考えざるを得ない。

456日本@名無史さん2018/11/09(金) 21:55:00.56
>>454

后の身分が低いと都合が悪いの?
書紀編纂当時からしたら何百年も前の事でしょ?

457日本@名無史さん2018/12/24(月) 16:22:13.28
変造500ウォンが良貨を駆逐した結果。

ラオスのダム決壊で再認識…韓国“ポンコツ”技術、過去にも死傷者出す事故続発 識者「背景に見かけ重視の国民性」
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180804/soc1808040009-n1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsRelated

決壊ダムは最古の工法だった…ラオス激怒、韓国企業に特別補償要求へ
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180804/soc1808040005-n1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsRelated

【新・悪韓論】ダム決壊も「謝罪なし」の韓国マインド 「悪いのはラオス政府」の論調まで
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180802/soc1808020004-n1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsRelated

ケンチャナヨ精神と謝罪しないことが韓国の常識 ラオスのダム決壊
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180811/soc1808110004-n1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsTop

【スクープ最前線】手抜き、逃げ出し…ラオス・ダム決壊は韓国経済“破綻の引き金”
 海外受注は激減濃厚 「日本より安く、短期で」と強引に…
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180731/soc1807310004-n1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsRelated

背乗り在日 安田ウマル純平 FakeJapanase
http://livedoor.blogimg.jp/hatima/imgs/7/2/726ea823.jpg

BKM 豚キムレイシスト団
https://news.yahoo.co.jp/byline/furuyatsunehira/20181112-00103804/
https://www.cnews.fr/monde/2018-11-12/un-chanteur-du-groupe-de-k-pop-bts-fait-polemique-en-portant-un-chapeau-nazi-799939
https://i2.wp.com/mera.red/wp/wp-content/uploads/2015/06/img41317318zik1zj.jpeg?fit=436%2C250&ssl=1

458日本@名無史さん2019/03/28(木) 04:59:33.72
信じるわけがない
大化の改新も大ボラだし
おまけに推古天皇って誰やねん
天海氏多利思比孤って書かれとるやんw

459日本@名無史さん2019/03/28(木) 07:46:20.47
>>1

>大和朝廷未満の歴史を抹殺している日本書紀を
>日本古代史の教科書として信じますか。


例えば神武の義理兄の天日方奇日方を「鴨王(きみ おおきみ)」と表記してたり、
崇神の時代まで大物主(スサノオ、事代主、天日方奇日方)がいたことも書かれてるし、「抹殺「」しているわけではない」と思う。
ただし朝廷側が正直に書くにも限度があるからね。

崇神の時代にクーデターがあった。
大物主とは前王朝。
王=神=大物主の血が流れた。
それを「国譲り」という柔らかい神話に置き換えてるね。

460日本@名無史さん2019/03/28(木) 07:47:30.72
訂正
× 大物主(スサノオ、事代主、天日方奇日方)

〇 大物主(スサノオ、事代主、天日方奇日方の系譜)

461日本@名無史さん2019/03/30(土) 09:34:55.00
「ハツクニシラス」天皇だから神武天皇と崇神天皇は同一人物という説を信じてる人は、
このフリガナがいつ書かれたと思うのか、それ以外の読み方はしないのか、書紀の編纂者
がそう呼んでたと思ってるのかどうか、さて・・・?

462日本@名無史さん2019/03/30(土) 11:10:19.97
それだけで信じてるわけじゃないだろ

463日本@名無史さん2019/03/30(土) 13:21:07.46
神武天皇 ハツ・クニシラス始馭天下之天皇
崇神天皇 ハツクニ・シラス御肇國天皇

464日本@名無史さん2019/03/30(土) 13:57:45.91
古事記にない話は全部創作

465日本@名無史さん2019/03/31(日) 05:57:19.18
神武や崇神って、当時の呼び名は、
ただの『イワレビコ』と『ミマキイリビコ』でしょ?
当時は『大王(オオキミ)』と言う概念も『大王家』もなかった。
『ハツクニシラス』なんて、記紀編纂時の後付けだろ。

466日本@名無史さん2019/03/31(日) 06:00:39.81
>>464
漫画やアニメの影響が濃いという話でしょ。
あと芝居関係。

467日本@名無史さん2019/03/31(日) 06:02:52.11
推古とアメノタリシヒコはどうなんだろうね。
実際に女帝で、それだと対中国相手だとカッコ悪いので『男帝』だと嘘をついたのか?
それとも実は男帝で、推古がフィクションなのか?

468日本@名無史さん2019/03/31(日) 06:04:33.93
芝居、芸能関係者・・・・が演じていたものからの引用

その芝居や芸能者関係のなかに、
本物?本人(記紀、日本の神話に登場する人物)がいたんだろう。

469日本@名無史さん2019/03/31(日) 07:11:50.20
>>465
神武天皇の名前は「狭野」だろ。
「磐余彦」は、「"磐余"の領主」ほどの意味。

470日本@名無史さん2019/03/31(日) 08:08:50.60
日本書紀の内容は、盛りに盛って書かれているんだろうけど
各所に史実に基づいた記録が散りばめられてるんだろう。

日本書紀の大まかなストーリーは

1.出雲勢力の統治時代(大国主の国造り)

2.高天原勢力を伸ばし(出雲の国譲り)

3.日向国が畿内饒速日勢力を破って遷都(神武東征)

こんな章立てで推移するわけだが、大まかな史実はそんな流れなんだろう。
記紀の文面を杓子定規に一字一句間違いないなんて考えなくても
日本の大まかな歴史のストーリーを読み解くには日本書紀は使える。
※神代の内容はさっぱりわからないがw

471日本@名無史さん2019/03/31(日) 08:13:00.81
例えば『伊達の桃太郎』

門下、門人・・・と書かれている、
本来(実際)は、この人物が主人公


自分の役を、役者に演じさせている・・・みたいな話

472日本@名無史さん2019/03/31(日) 08:14:15.98
『松傾』・・・、

このような家の人物

473日本@名無史さん2019/03/31(日) 08:23:23.60
『伊達の桃太郎』〜『校正』?
みたいな事が書いてあるし


神仙界〜天地開闢、なぎなみ夫妻?この辺りの話?

474日本@名無史さん2019/03/31(日) 08:29:28.04
『百済王神社』


『牛頭テンノウ』〜スサノオ(『三貴子』)〜という話でしょ?


これは老婆談になるんだけど、寺院の話をしていたり
『何者にもなれない お前たち』?


なぜか家の写真と同じような・・・、
キュウリの葉、ネギの華・・・。

475日本@名無史さん2019/03/31(日) 08:35:53.30
本当に・・・何かの家
(こういう名前の家『松傾』)だったのかな?


老婆の話によると


当時住んでいた家があるんだけど、
本や書なんかが沢山並んでいたと言っていたり

ずらーっと並んでいたとか

476日本@名無史さん2019/03/31(日) 08:44:55.88
>>470
日本書紀は古事記より正確に具体的に記述されてるけど
たいぶ違うでしょ
天界から使命を帯びた天孫神の瓊瓊杵尊命が
地上の日向の襲の高千穂の峯に神界初となる降臨して
何故か薩摩半島の笠狭岬まで直行すると
伊邪那岐神の子である事勝国勝長狭神と運命的に出会い
事勝国勝長狭神が私の国を天孫なる瓊瓊杵尊命なら
国を譲ることにしようと瓊瓊杵尊命に国譲りが成立してるんだけど
で瓊瓊杵尊命は笠狭で美しい鹿葦津姫に一目惚れ
瓊瓊杵尊命が情熱的に婚姻を求めて何と天界神と人間が結婚
生まれた子の息子の名が神倭伊波礼毘古命
後に皇祖となる神武天皇で日本列島を統治する為に神武東征を行うんだけど



譲ることにしようと国を譲ってもらう

477日本@名無史さん2019/03/31(日) 08:46:43.42
悪く言うと詐欺師のように、
他の家や人物の写真を(同じ家かのように思わせるやり方)
貼り付けたりしているわけでもない


松の木が立てられていて、
なぜかコンクリートのブロック、
あとオジギソウ、シダ類、笹の葉・・・灯篭wなど。

キュウリの葉、葱の華・・・。

鳥類(鷹、鷲・・・不明)の像、祇園太鼓の人形・・・福助人形。

貼り付けた写真、見てみた?

478日本@名無史さん2019/03/31(日) 08:50:57.51
詐欺師というのがいるでしょ?


例えば、なんでも日本起源、発祥?みたいにしようとする、
雑魚のような集団


家は、それとは違うんだよ、
同じような名前の家でも・・・親戚でもないし

479日本@名無史さん2019/03/31(日) 08:55:59.84
ちなみに、もれ(仮)の住んでいるところは・・・、
神奈川県の川崎というところ。


あの写真(キュウリの葉。鳥類の像の置物。・・・)なども、
同じところ(家)から貼り付けていると、知っている人は知っているはずw

480日本@名無史さん2019/03/31(日) 09:02:41.24
なんで詳しいんだよw
と思われるかもしれないけど


アニメ、どらくえ・・・?の曲、もれ(仮)が好きだった曲


『サイバーパンクSPECIAL』
このコミックに載っている、
とある作品に登場するロトちゃんというキャラ、
なぜか川崎区(神奈川県)の南部のほうに住んでいるという設定でしょ

481日本@名無史さん2019/03/31(日) 09:11:40.71
川崎区に・・・浅野町というところがあるでしょ、
こっち側に住んでいる、道路(横羽線、産業道路)を渡らないところ、手前?

どういうことだと思う

482日本@名無史さん2019/03/31(日) 11:13:44.77
>>476
日本書紀も古事記も正確でも具体的でもない記述だらけだよ。
むしろ突拍子もなかったり、とってつけたような話だったりね。
それでも記紀が創作だと決めつけきれない事実も多々ある。

疑ってかかっても論破できない物証があったりもする。

一番ミステリーっぽい一例をあげると

神武天皇が東征して大和国の畝傍山の麓に宮を構えたのが紀元前660年

この畝傍山の麓には、本当に縄文末期紀元前660年頃の橿原遺跡がある。

遺跡が見つかったのは近世になってからだし、年代測定を行ったのも現代
8世紀の人間には年代を正確に測定できる技術は当然ない。

紀元前7世紀にどこかの集団が畝傍山の麓で生活していたのは科学的に証明された事実
それを1300年後の人物が日本書紀に神武天皇が宮を置いたと「偶然」にも
場所だけでなく年代まで一致させて書いたとするのはかなり無理がある。

歴代天皇の年齢に無茶があるのは承知だが、場所と年代のミステリーも事実。
だからこそ記紀を読むのは楽しいと思う。

483日本@名無史さん2019/03/31(日) 11:16:17.73
つか直近の大化の改新の記述とか潤色まみれだろ
どうやってそれで信じろっていうんだよw

484日本@名無史さん2019/03/31(日) 11:59:57.24
ドラクエのアニメ、
当時・・・小学生だったかな?中学?


なぜ知っているんだよw知っていたの?
となるでしょ

485日本@名無史さん2019/03/31(日) 12:04:06.41
川崎区の南部のほうにセメント通りというところがあって、
そこの横のほうに住んでいる


もれ(仮)の事、家の事を知っている人でも


「?????????????????????????❔」

こうなるはず

486日本@名無史さん2019/03/31(日) 12:12:05.51
もれ(仮)の事を知らないという人なら、なおさら

「・・・・・・・・・・・・・・・」

こうなるでしょ?

487日本@名無史さん2019/03/31(日) 12:18:45.97
髪の毛の色が、白髪(灰、銀)になるという設定?

そういう漫画やアニメ(ゲームのキャラ)などがあるでしょ、

488日本@名無史さん2019/03/31(日) 12:26:26.38
これは謎の震災などが起きてから、
老婆から聞いた話(『老婆談』)


銀?〜〜という名前の親戚がいて
家に凄い刀が・・・・・・・・・・・。

髪の毛の色が・・・・・漫画のキャラ?

489日本@名無史さん2019/03/31(日) 12:30:04.77
『浦島太郎』の話


エヴァンゲリオン?

490日本@名無史さん2019/03/31(日) 12:37:31.07
歌舞伎、芝居が〜〜〜〜〜〜みたいな話も、
311?震災が起きてから聞いた話


たしか伊達郡というところで、
川俣町が何やら〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜とか

491日本@名無史さん2019/03/31(日) 12:39:40.71
『311 地震』

調べてみるとわかる、画像

492日本@名無史さん2019/03/31(日) 12:48:42.54
漫画やアニメ・・・ゲーム?
芸能も同じ、制作している人たちがいるでしょ?
本当に刑務所に行くか、自殺でもしたほうが良いと言っているのに、
なんでわからないんだろう


あと役でも何でもいいけど、
演じている人は演じている人、
本人(演じられる側の人物)ではない、実際は他の人の家の話でしょ



漫画やアニメ、ゲームなどの画像を調べてみた?

493日本@名無史さん2019/03/31(日) 12:55:24.48
言ってる意味がわからない?


作品のタイトル、キャラクター名(仮名)など、
調べてみたほうが良いと言っているの、いろいろと



重要:キャラクター名、仮名

494日本@名無史さん2019/03/31(日) 13:02:59.88
>>484-493
え?このキチガイは誰に語りかけてるんだ?!

495日本@名無史さん2019/03/31(日) 13:10:09.50
実際は震災(自然現象的な意味)ではなく、
人工地震だぞと言ってる人がいたり

496日本@名無史さん2019/03/31(日) 13:16:47.35
もしかして・・・・頭が良い人なの?
と思っているでしょ


老婆談というのも、ほとんど同じだし


馬に乗っていて、腰に謎の刀を差していた・・・?
どこだったかな〜・・・城があったんだよ

『何者にもなれない お前たち』⇒『松傾』

497日本@名無史さん2019/03/31(日) 13:26:54.15
>>494
春は池沼が沸く季節
止めようがないから過ぎ去るまで静かに待つしかない

498日本@名無史さん2019/03/31(日) 13:33:41.51
『ミック・ビルナー』〜『2ch aa ミック・ビルナー』



       なぜか同じだしな・・・

499日本@名無史さん2019/03/31(日) 13:40:48.04
『松傾』調べてみて?
馬に乗り・・・・〜と書いてあるでしょ



老婆が言うには『松傾』、
この家(人物自身)の話なんだけど、どういうことだと思う?

馬に乗り、腰のあたりに、何かの刀を差していたんだよ・・・、

500日本@名無史さん2019/03/31(日) 13:53:48.85
親戚といえば親戚、
でも親戚ではない?んだけど、遠い親戚?


『菅野力夫』
ググると同じ画像(写真)が出てきたり

ほとんど老婆談と同じ

501日本@名無史さん2019/03/31(日) 13:57:36.28
>>499
しつこいからググってみたんだけどあんたのスレしか見つからなかったよ

松傾のスレ - itest.5ch.net[公式]
https://itest.5ch.net/test/read.cgi/history/1547752030/

松傾のスレ
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1547752030/

松傾のスレ - 2ちゃんねるブックマーク
https://2ch.vet/re_awabi_history_1547752030_2_2000

502日本@名無史さん2019/03/31(日) 14:06:45.55
>>501
そいつは一時帰宅が認められた重度の統合失調症患者だから触らないように
桜の季節の週末とかって希望休出す看護師が多いんだよな・・・

503日本@名無史さん2019/03/31(日) 14:38:01.55
テンノウの意味、解釈が違うのかな

象の写真『インドラ』?

これは確実、仏教、寺院の話をしていた

504日本@名無史さん2019/05/06(月) 16:59:17.43
奈良時代は貴族と民衆の間に格差を広げた時代きだと思っています。元明・元正天皇は藤原不平等に日本書記を書かせて、平城京に遷都。聖武天皇は遷都の連続と大仏建立。仏教の力で格差を広げた時代だと思っています。奈良時代後期は道鏡の神託事件で、平安時代に進みます。

505日本@名無史さん2019/05/09(木) 12:50:47.67
日本書紀の「日本」とはまさしく百済のこと
日本書紀は日本列島の歴史書にあらず百済(古代朝鮮半島)の歴史書
このことは百済三書を引用して編纂されていることがなによりの証左

百済人祢軍墓誌
于時日本餘[口へんに焦]、據扶桑以逋誅、風谷遺氓、負盤桃而阻固

百済 王 漂 着 伝承を持つ宮崎県南郷村の神 門(みかど)神社に伝わる綾布 墨書に「帝皇」という表記があり
http://www.gurunet-miyazaki.com/kankouti/mikadojinjya/mikadojinjya.htm

曽我川
古代には宗我川と綴った。宗我は蘇我氏の転訛である
また百済川などの異称もある。

漢國神社
園神(そのかみ)として大物主命、韓神(からかみ)として大己貴命・少彦名命を祀る[1]。
延喜式神名帳で宮中宮内省に祀られ名神大社に列すると記される園神社・韓神社は当社からの勧請であると社伝では伝える。

506日本@名無史さん2019/05/09(木) 12:56:54.68
>>505
無能チョンコは百済スレに帰れよマヌケ

507日本@名無史さん2019/05/09(木) 14:12:28.10
>>505
>日本書紀の「日本」とはまさしく百済のこと
>日本書紀は日本列島の歴史書にあらず百済(古代朝鮮半島)の歴史書

妄想乙

但し、三品章英先生、井上光貞先生、遠藤慶太先生は、百済三書の編纂自体は
認めてる立場だわ

508日本@名無史さん2019/05/09(木) 14:39:08.36
>>507
実在したとする既述が26節しかないから現実的ではないと思うけどね

509日本@名無史さん2019/05/09(木) 17:04:48.42
神武天皇から日本書紀までおよそ1000年。
語り部が伝えてきたにせよ、これだけ長くては途中で改変が入る余地だらけ。

510日本@名無史さん2019/05/09(木) 18:58:32.67
>>509
で?

511日本@名無史さん2019/05/10(金) 20:27:42.53
神武=サメから生まれたサメ太郎

512日本@名無史さん2019/05/10(金) 20:43:36.42
               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l  知的障害者
  |     |r┬-|       |  / <クマ次郎
  \     ` ー'´     //    の登場ですw
  / __        /
  (___)      /

513日本@名無史さん2019/05/11(土) 14:54:39.08
記紀は倭国が後漢、魏、西晋、宋に朝貢した歴史を抹殺したからなぁ

514日本@名無史さん2019/05/11(土) 18:58:29.93
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O
 ZZZzzz 。 という民族願望の夢を見てるニダ
        _∧_∧_____,,
      /( <`∀´ > (() /
     /  ⊂    つ ./
   / ̄⌒(ヘヽ (へ) /
  / ※※\  ⌒⌒く
 (_____(___,,ノ

515日本@名無史さん2019/05/11(土) 19:45:32.80
大和にとって記紀の魏志、晋起居注だけはガチ歴史

516日本@名無史さん2019/05/11(土) 20:12:54.39
歴史は勝者の記録であって真実である必要はないってのが全世界の共通認識

517日本@名無史さん2019/05/11(土) 20:16:49.14
                           ,,fヽy
                       rヽ__)`~ i'"   ・           ゚
     *              /    ,,ノ          *
               .    <'"    ,ィ'~
                   ` >∧__∧ヽ   ウェー、ハッハッハ !!!
           ・         <ヽ`∀´>ヽ   世界中が ウリナラ から
                     ~ヽ,    ヽ,    孤立してる ニダ!!!!    *
         .       ・     <     }          。
    *                  )     〉    ゚
                      〈   _,,,/
             ゚         ´‐'"~   .            ・

          。                                  *

              _,..-‐''''""~´ ̄ ̄ ̄ ̄~"'''‐-,.、
 .         ,.-‐''" ──‐‐''",.、.:.:.:.:.:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、
        ,.‐''"''''""~´::::::::::::::::::::::\\:::::::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、
      ,.‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙''‐、''l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、
    ,.‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~"‐--‐‐,        ''.:.:.:.  \
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/"          .:.:.:.  ヽ、
 ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                .ヽ
,.".:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~                   `、

518日本@名無史さん2019/05/11(土) 20:22:32.88
中華帝国同様に正史はボカすところにこそ真実がある

519日本@名無史さん2019/05/13(月) 14:45:05.80
「手当たり次第反日」という愚民化政策 - 中央日報 2019年05月10日

西洋の日本愛は過去形ではなく現在進行形だ。
文化から産業に、また欧州から米国に、むしろその領域を拡張している。
先週末ソウル聖水洞に長い列を作った「コーヒー業界のアップル」というブルーボトルとそのアップルの2社とも、米国人創業者が日本に魅了されて製品の中に日本の魂を溶かし込んだといっても過言ではない。

韓国人は「日本が単にお金で世界の人の歓心を買ってきたのだ!」と思い込もうと必死だが、真実の日本人は文化的な深さと驚異的な匠の精神で世界の人を魅了してきたということだ。
しかし韓国という色眼鏡を通した途端に日本は全く違う国になる。
いくら旧怨があるからと言っても、日本の実力から目を背けるどころか日本を貶すためなら事実を捻じ曲げることも、自らの指を食い千切る(比喩ではなく実際に集会で指を食い千切るパフォーマンスは頻繁に起こっている)ことも厭わない我々の姿勢は異常と言える。

実際に史料を見る勇気さえあれば、たちどころに歴史歪曲だと判明するようなことが事実であるかのようにまかり通り、事実を指摘されても訂正をするどころか謝罪もしない。
悲しいことにこういった現象は韓国において特に驚くようなことではない。
韓国で「手当たり次第反日」は常に免罪符なのだから。

事実を軽視した我々の「精神勝利」が、朝鮮建国以来、最悪の戦争につながった朝鮮通信使の誤った判断と何が違うのだろうか。
1592年、ファン・ユンギル正使は「外敵の侵犯に備えなければならない」と進言したが、全く同じものを見てきたはずのキム・ソンイル副使は「豊臣秀吉はネズミの目。恐れる必要はない」としてソンジョの判断を曇らせた。
この愚かな判断は皆が知っている通り、後に民が過酷な代償となって降りかかった。

「手当たり次第反日」は国内政治に利用しやすいのかもしれないが、国民を阿呆にして国を危機に陥れる。
壬辰倭乱、そして1997年外国為替危機の時にあれほど辛い思いをしたのに、私たちは事実ありのままの姿で見なければならないという当然の常識でさえ学ぶことができず、他人の助力に感謝も出来なかった。

我々に今本当に必要なのは事実を事実として受け止め、建設的な未来を目標として一歩ずつ前に進むという姿勢であるべきなのだ。

https://news.joins.com/article/23463310

520日本@名無史さん2019/05/15(水) 14:24:49.46
>>519
その記者勇気ありすぎ

521日本@名無史さん2019/05/15(水) 14:27:36.83
なぜ豊臣秀吉が出て来るんだ?

朝鮮人よりも下の人間だろう、
なぜ、そういう話を知らないの?

522日本@名無史さん2019/05/15(水) 14:55:18.54
>>521
川崎の重度統合失調症症患者「松傾」は日暮れ前に首を吊れ

前から何度も何度も繰り返し繰り返し死ねと命令されているだろう?

むしろ松傾へのレスは「首を吊って死ね」以外にないではないか

なぜ素直に命令をを聞いて死ぬことができないのか・・・

いくら無能な統合失調症症患者とは言え、日本語くらい読めるのだろう?

これだけ多くの者達に望まれているのだから

さっさとセルフ絞首刑を実行しろ

523日本@名無史さん2019/05/16(木) 08:12:03.35
     ..∧,,∧ .∧,,∧
  ∧∧<`Д´> <`Д´> ∧∧
 <`Д´>.∧∧) (∧∧<#`Д´>  
 | U <`Д´><#`Д´> と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u' `u-u
   とにかく反日したニダ!

524日本@名無史さん2019/05/20(月) 04:53:11.55
やっぱチョンコは恐ろしいわ・・・

【朝鮮日報】酒に酔った20代男性、珍島犬を路上で強姦「子犬の後遺症は深刻」
2019年5月19日


夜明け路上に縛られていた犬に性的な行為をした20代の男性が警察に捕まった。
試合利川警察署は公演淫乱と動物保護法違反の疑いでA(27)を書類送検したと19日明らかにした。
〜 略〜
この犬は、レストランのオーナーが飼っていた珍島犬で、生命に支障がないものと伝えられた。
ただし排泄を正しくできず、人をひどく警戒するなどの後遺症を患っていることが分かった。

詳しくは↓をGoogle翻訳で!
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/05/19/2019051900833.html

525日本@名無史さん2019/05/21(火) 21:07:13.06
歴史の人物は本を読みよくサニワして、時代を通じて交流している

526日本@名無史さん2019/05/29(水) 00:10:21.72
漢文なのが日本書紀。

漢文とはシナ語。
チャンコロの文章はデタラメに決まってます。
>>1

527日本@名無史さん2019/06/02(日) 19:08:12.48
森博達と言う中国文学の先生が日本書紀を解剖しているが決定的だと思うのが「日本書紀の何巻かは日本語の清音濁音の区別が付かないのに漢文文法には誤りがない人物、すなわち日本語が分からない中国語話者が書いている」と言うもの。
これは陰謀論に結びつき易い説みたいだが、話は逆であり「日本初の正史を編纂しようとしたが人材不足なので来日したての外国人の手も借りた。大規模で緻密で計画的な歴史捏造の能力と余裕は無かった事を示している」と思う。

528日本@名無史さん2019/06/02(日) 19:23:59.18
後で和習のある人物が手を入れてるところはほぼ捏造だろうな

529日本@名無史さん2019/06/02(日) 19:28:42.08
森博達氏によると推古紀の地の文章と十七条憲法とでは文法の誤りが多いだけでなく文体どころか癖も同じ。だから推古紀を書いた人物が十七条憲法も捏造した、と言うもの。
これは厩戸皇子実在論にとっては極めてマズい説なんだがこうも言えるだろう。「推古天皇時代は下手であっても漢文をスラスラ書ける人物なんてごくごく少数。この狭い世界で十七条憲法と推古紀の原史料は書かれた。両者の文体が似るのは当然だ。」

530日本@名無史さん2019/06/04(火) 22:03:38.18
朝鮮ヒトモドキ三種の神技

記憶喪失(論破されても半日で忘れる)

文盲病(前後の文脈や論の大局を読めない)

チョンコロ目(見たくないものは見えず、見たいものは捏造してでも見る)

531日本@名無史さん2019/06/10(月) 15:39:25.26
書記に見える武烈帝の非道の数々

*妊婦の腹を裂いて胎児を観る
*指の爪を剥がしておいて、芋を掘らせる
*人の頭髪を抜いて木に登らせ、その木を切り倒し落ちて死ぬ様子を喜ぶ
*女たちを裸にして彼らに馬の交尾を見せ、陰部が湿った者を殺し、湿ってない者を奴隷とした


これらを信じるのは朝鮮人だけだろw

532日本@名無史さん2019/06/11(火) 04:13:15.65
いや、ネトウヨだけです。

533日本@名無史さん2019/06/11(火) 09:38:07.44
         真
    .言  実
    .わ   を
    .れ
 ハ  .て
 ラ  余
 が  .計
 立  .に
 つ

    ((⌒⌒))
ファビョ━ l|l l|l ━ン!!
    ∧_,,∧
 ((  ∩#`田´>  
    〉>>532つ )) 
    (,,フ .ノ 
     .レ'

534日本@名無史さん2019/06/14(金) 05:44:04.98
青森にある「キリストの墓」をマジで信じてるネトウヨいた。
杉本平九郎ってんだけどねwww

535日本@名無史さん2019/06/14(金) 06:07:11.46
だが「日本中央之碑」は実在する

536日本@名無史さん2019/06/28(金) 08:54:02.89
>>531
むしろ史実だからこそそういうことが書ける
仮にウソだとしたら皇室への不敬も甚だしい

537日本@名無史さん2019/07/02(火) 02:00:17.81
日本中央の碑って本物かな?

538日本@名無史さん2019/07/02(火) 03:27:24.68
>>537
つぼのいしぶみ

539日本@名無史さん2019/07/02(火) 05:39:25.47
日高見国が日ノ本国

540日本@名無史さん2019/07/02(火) 16:28:05.95
>>536
よぉ、朝鮮人!
天皇陛下が世界最悪レベルの凶悪犯だといいたいのか?

541日本@名無史さん2019/07/03(水) 07:16:21.19
>>540
お前がなに人か知らんが、この時代にこの程度で世界最悪はないぞ
ローマ帝国の皇帝ネロとかもっとひどいことをたくさんしてる

542日本@名無史さん2019/07/06(土) 04:43:04.37
高句麗の政治家、武将の淵蓋蘇文が当て字の伊梨柯須彌として登場しているし、こういうのは信用できると思う。

543日本@名無史さん2019/07/07(日) 16:39:36.54
>>541
ネロの暴虐こそ後世の創作

544日本@名無史さん2019/07/12(金) 13:12:33.56
信じません

日本書紀のデタラメな記述の中から史実を探り当てることが
この日本書紀研究の役目

545日本@名無史さん2019/07/12(金) 23:20:09.25
全て事実だよ

546日本@名無史さん2019/07/13(土) 17:48:39.79
郡評論争

大化の改新

推古のときの倭王の名前

直近の記事だけでこれだけのデタラメがある

547日本@名無史さん2019/07/14(日) 07:49:27.54
意味不明

548日本@名無史さん2019/07/14(日) 15:24:04.04
日本書紀の記述では中央集権的な郡制が敷かれていたとなっていたが
実際は木管が見つかり評制が使われていた
これは唐の統治システムの模倣(あるいはそのもの)

549日本@名無史さん2019/07/14(日) 15:26:05.93
那須国造碑

永昌元年(689年)、那須国造で評督に任ぜられた那須直葦提の事績を息子の意志麻呂らが顕彰するために、700年に建立されたものである。
「永昌」という元号は唐のものであるが、日本の元号は686年に天武天皇の崩御により701年の大宝まで停止されていたため、唐の元号を使用したと考えられている。

あるぇー?(・3・)
なんで唐の元号使ってるのかな?ケラケラ

550日本@名無史さん2019/07/14(日) 16:43:04.67
今西暦を使ってるのと同じ理由でしょ

551日本@名無史さん2019/07/15(月) 12:37:21.12
もし医療大麻を使いたいなら赤十字病院やマリアンナ医大に相談してみると良い。治験の窓口の役割がある。
癌はケースにないが(がん治療薬、多発性硬化症、ALS、パーキンソン病など適合の医療大麻サティベックスも治験可能とのこと)、てんかんのケースとしては治験が始まってるので治験相談としても通院しやすい

赤十字病院は全国各地にある

大麻 治験
赤十字病院 大麻

などで検索

タグ:医療大麻 神宮大麻 聖徳太子 天照大神 神武天皇 孝謙天皇 明治天皇 空海 源頼朝 徳川家康 松尾芭蕉 服部半蔵 黒田官兵衛

赤十字病院の名誉総裁は皇后雅子様です

552日本@名無史さん2019/07/19(金) 20:48:00.35
記紀は中国正史を真似たプロパガンダの歴史であって根拠のない朝鮮ファンタジーとは違うの

553日本@名無史さん2019/07/20(土) 07:32:02.23
皇国史観の権化・平泉澄ですら「二千六百年紀元はひいきの引き倒し」と。
「建国は西暦200年ころか、とも」。

しかしチョンネル桜は紀元二千六百年説を押し通すキチガイぶり。

554日本@名無史さん2019/07/20(土) 12:55:07.39
日本書紀の前半部は中国書のコピペ切り貼りだらけの怪しげな漢文で
他国にとうてい見せられるような代物じゃない

当然日本書紀執筆当時の大和政権を構成する各氏族にとってそのような時系列の伝承など存在しないことは
周知のこと

だからそもそも日本書紀の前半部は日本国家の「長大」な歴史を顕揚するなどという目的で
書かれた代物ではない

身内ではデタラメなのは周知かつ他国の人間には見せられないんだから

555日本@名無史さん2019/07/20(土) 13:02:18.69
そのような記述がなされた理由は
日本書紀が大和政権を構成する各氏族の休戦協定書&憲法として書かれたから

日本書紀執筆当時の各氏族が有する伝承をあらかた一つの文書に詰め込むことで
各氏族の人権と所有権を保障するというのが日本書紀の前半部が書かれた目的だ

伝承全部詰め込んで時系列ぽく仕立てれば長くなるのは当たり前

556日本@名無史さん2019/07/20(土) 22:33:14.24
中小企業の社長が死んで、息子が新社長になって、それまでなかった社史を作ろうとしたとする。
親父は福井出身だったが、跡継ぎなく死んだ遠い親戚をついで飛鳥に来て、3代目社長になった。
新社長にとって2代目以前の社長は会ったことすらないが、断片的な資料は残ってる。
それによると、2代目社長の就任は1/1/'15 Friday、初代社長は1/1/'11 Tuesdayとのこと。
なぜか2代目以前の資料はほとんどが英語で書かれていた。

3代目社長の就任は新社長が子供の頃であり平成18年、西暦2006年で間違いない。
素直に考えれば先代の社長の年号は平成だろう。しかしそうだとすると曜日が合わない。
それどころか、資料を見てると、90年だとか2年だとか55年だとかいろんな年数の日付がある。
これがすべて事実だとすると、先代の2人の社長はそれぞれ百年近い在任期間だったことになる。
試しに曜日を計算してみると、1915年1月1日が金曜日、1811年1月1日が火曜日だ。
そこで新社長、子供の頃に親父に言われた言葉を思い出した。
当時生きていた百歳近いひいおじいちゃんが、この会社の創業者のひ孫だったんだよと。

てことで、これをすなおにとらえて、西暦1811年1月1日創業の社史を作った。
どこにも嘘はない、残された資料をもとに矛盾なく考えるとこうならざるをえないものだ。
ただ、先代社長がありえない長命である点を除いて。

こういうのと同様なことが、記紀でもあったのではないかと思う。

557日本@名無史さん2019/07/20(土) 22:33:37.63
タネ明かしすると、じつは、2代目以前の社長はアラブ人で、
1/1/'15というのはアラブ歴1415年1月1日金曜日(西暦1994年5月28日)
1/1/'11というのはアラブ歴1411年1月1日火曜日(西暦1990年7月11日)のことだった。
アラブ人社長たちは日本人のみならず西洋人やユダヤ人も相手に商売していて、
その都合で、和暦、西暦、ユダヤ暦で書かれた日付が混在していただけだった。
子供の頃の親父の言葉は、たんに引っ越しを不安がる子供をあやすための嘘であり、
このアラブ人との関係は、姻族関係のみだった。

ちなみに記紀の場合、↓このスレのように考えれば、
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1341157179/159
神武天皇が即位したのは西暦377年3月12日になるそうだ。

558日本@名無史さん2019/07/21(日) 20:03:38.04
>>552
>記紀は中国正史を真似たプロパガンダの歴史

黙れチョンコ


>根拠のない朝鮮ファンタジーとは違う

半島に詳しいオマイはやっぱチョン

559日本@名無史さん2019/07/21(日) 21:22:57.97
日本の万世一系や支那の易姓革命のような先人の王たちの歴史を背負う思想が朝鮮にはないよ。古代王権失格な。

560日本@名無史さん2019/07/29(月) 19:03:01.14
決定版 日本書紀入門
2000年以上続いてきた国家の秘密に迫る
[著] 竹田恒泰 久野潤
www.business-sha.co.jp/2019/07/決定版%E3%80%80日本書紀入門―2000年以上続いてきた国家/

今日買ってきた本

561日本@名無史さん2019/08/01(木) 17:25:36.99
この島国って
日本書紀に出てくる人以外
意思とれないのかね
意思をとらないと
やりきれないひとが多いな〜、てよ

562日本@名無史さん2019/08/01(木) 19:49:06.29
いたこで呼び寄せれば

563日本@名無史さん2019/08/02(金) 19:38:24.60
後代にかなり加筆されてるから嘘ばっかだぞ

564日本@名無史さん2019/08/02(金) 19:40:33.03
> 決定版 日本書紀入門
> 2000年以上続いてきた国家の秘密に迫る
> [著] 竹田恒泰 久野潤
> www.business-sha.co.jp/2019/07/決定版%E3%80%80日本書紀入門―2000年以上続いてきた国家/
>
> 今日買ってきた本


古事記研究家の竹田恒泰は、八代市で行った講演で上記「八代伊勢説」を紹介等したにもかかわらずテレビ番組「そこまで言って委員会NP」の中では
「記紀は我々日本人にとって真実なのであり、海外の文献と比較して事実を暴く様な事をしてはいけない。」
「日本史の教科書に魏志倭人伝等載せるべきではない。」

等と発言し通説側の苦悩を現している。(笑)

565日本@名無史さん2019/08/03(土) 08:23:56.68
日本書紀に、俗にいう魏誌倭人伝の記述があるのに(笑)(笑)(笑)(笑)

566日本@名無史さん2019/08/03(土) 08:27:23.99
信仰するものであって捏造でもどうでもいい。

朝鮮文化の伝統を守りたいの?

567日本@名無史さん2019/08/03(土) 14:18:07.30
日本会議脳って竹田みたいに頭がお花畑の上に狂ってるやつばっかだからなww

568日本@名無史さん2019/08/03(土) 14:36:44.48
大化の改新で大和朝廷設立以前の資料燃えたんだよね

569日本@名無史さん2019/08/03(土) 14:40:02.75
大化の改新なんてそもそもないからね

日本書紀の潤色(というよりも真っ赤なウソw)

570日本@名無史さん2019/08/03(土) 15:00:00.70
隋書倭国伝には男性の阿毎多利思北弧が倭国王と書いてあるが、当時は女帝の推古天皇。推古天皇の実在すら怪しくなっているという。

571日本@名無史さん2019/08/03(土) 22:18:26.76
推古紀には唐って書いてあるんだから推古天皇は唐の時代だよ
記紀の年代なんて全く信用できないんだから

572日本@名無史さん2019/08/04(日) 07:50:43.71
記紀の年代は、当時の日本人が必死に考えて、これが正しいと信じたものを書いただけ
意図してウソを書いてはないとしても、全面的に信用できるものではない
食い違いの原因は、日本書紀によると持統4年に出されたという、中国暦法の公的採用の勅令
「元嘉暦と儀鳳暦とを行う」とされ、その実施は勅令の2年後の持統6年とされる
しかし、それ以前に日本がどのような暦を使っていたのかが、後世に伝わっていない

その直前、壬申の乱の日本書紀の記事に、おかしな記事がある
大海人皇子は天武天皇元年6月24日(西暦で7月24日)に吉野を出立し、まず、名張に入ったが
あまりの極寒のため、駅家を焼いて暖を取ったという
この記事はべつに天変地異を描いたものではなく、出征の経緯を淡々と列挙した記事だ

そもそも改暦に持統4年から6年まで要しているわけで、それ以前の日本の暦はまったく異質なものだったのだろう
それが伝わっていないために、おかしなことになっているわけだ

573日本@名無史さん2019/08/04(日) 09:30:48.92
朝鮮の半万年と同じで事実かどうかなどどうでもよい
信じればよい

574日本@名無史さん2019/08/04(日) 10:27:11.28
嘘なんて信じたくない(笑)

575日本@名無史さん2019/08/04(日) 11:33:26.22
>>572
夜になってどしゃぶりの中を濡れながら歩き続けたからだろ

576日本@名無史さん2019/08/04(日) 11:57:37.17
    ┏┓    ┏━━━┓  ┏━━┓    ┏┓┏┓      ┏┓                  ┏━━━━┓
┏━┛┗━┓┃┏━┓┃┏┛┏┓┃    ┃┃┃┃    ┏┛┗━━━━━┓    ┏┛┏━━┓┗┓
┗━┓┏━┛┃┃  ┃┃┗━┛┃┃  ┏┛┗┛┗┓┏┛┏━━━━━━┛  ┏┛┏┛┏┓┗┓┗┓
┏━┛┗━┓┃┗━┛┃┏━━┛┗┓┗━┓┏━┛┃┏┛              ┏┛  ┗━┛┗━┛  ┗┓
┃┏━━┓┃┃┏━┓┃┃┏┓┏┓┃    ┃┃    ┗┛┏━━━━━┓  ┗┓┏━━━━━━┓┏┛
┃┗━━┛┃┃┃  ┃┃┃┗┛┗┛┃┏━┛┗━┓    ┗━━━┓┏┛    ┃┗━━━━━━┛┃
┃┏━━┓┃┃┗━┛┃┃┏┓┏┓┃┗━┓┏━┛          ┏┛┃      ┃┏━━━━━━┓┃
┃┗━━┛┃┃┏━┓┃┃┗┛┗┛┃    ┃┃            ┏┛┏┛      ┃┗━━━━━━┛┃
┗━┓┏━┛┃┃  ┃┃┗━━━━┛┏━┛┗━┓    ┏━┛┏┛  ┏┓  ┃┏━┓  ┏━┓  ┗┓
┏━┛┗━┓┃┃  ┃┃┏┓┏┏┏┓┗━┓┏━┛  ┏┛┏━┛    ┃┃  ┃┃  ┗┓┗━┛┏━┛
┗━┓┏━┛┃┃┏┛┃┃┃┃┃┃┃    ┃┃      ┃  ┗━━━━┛┃┏┛┗━┓┗━┓  ┗━┓
    ┗┛    ┗┛┗━┛┗┛┗┗┗┛    ┗┛      ┗━━━━━━━┛┗━━━┛    ┗━━━┛

577日本@名無史さん2019/08/04(日) 16:12:22.93
>>575
それでも家を燃やす必要があるほど寒くはないだろ
ちょうど今の時期だぞ

578日本@名無史さん2019/08/04(日) 16:19:37.88
>>577
それほど寒かったんだろ、何がおかしいのか

579日本@名無史さん2019/08/04(日) 16:25:16.21
>>578
この時期にそれほど寒かったのなら、単なる行軍記事ではなく、天変記事として特筆されるだろ

580日本@名無史さん2019/08/04(日) 17:38:00.13
体感温度が問題なの

581日本@名無史さん2019/08/04(日) 21:06:07.05
       /\            ,、   _  _,
      //ヽ\            \)  | | //
    // lT \\      r───┘└''──へ
   /, i 二二 二二 ,\_    ̄ ̄7/| |\\ ̄ ̄
=二/ | |____l | \/    //二  二\\
     |┌───┐|        ̄ |└┘└┘ | ̄   
     | 二二 二二J 、        | l二l l二l |..
     | |   ヽヽ //      __二l l二二l l二_... 
     | |___, \\      ,二二二l l二二l l二二,
  ヽ二─ ´ ̄   \ ヽ、     ̄ ̄二 ̄ ̄ ̄二 ̄ ̄ .
              ̄ ´     ∠/     \>

               __    ∬∬
              / ___ヽ    人
             レ〆ノノハ).   (...:::)
             .川丶`∀´>  (...:::::) ウリナラの
          Q_  ノ/{l y'/}ヽ、 ./て__フ 民族料理を
      ,___("ァx'´(`ー'´,、 y'^'フ´   召し上がれニダ
   、,.ヘ|:======:|'ヾ、_ノ>   ヽ_,,ノ´
─.、//|======|─‐./´   人)──
  <,/  |_r---t_,|  (_、_/_ン〉

582日本@名無史さん2019/08/05(月) 01:39:09.60
信じるか信じないかではなく、ここは正しいがあちらは間違っているとすべき。
一部が間違っているから全部間違いとは乱暴すぎる。
記紀と魏志倭人伝を並べて矛盾しないところは正しいと考えるしかない。
九州の邪馬台国の海神族と安芸・吉備の連合軍が奈良を征服して、さらに
出雲国も統合した連合部族国家が大和朝廷だろ。

583日本@名無史さん2019/08/05(月) 06:17:39.33
記紀と魏志倭人伝で矛盾するところってどこよ

584日本@名無史さん2019/08/05(月) 10:31:44.07
       |`゙'''ー==============ー'''゙|
    .   ゝl!i!li!lil!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!イ
      ,.r''"=|_|^|_|_|__|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|='、,,
  __,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|=゙''-、__.
 ..`、エ@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@エr''´
   ヽ::_丿 ヽ::_丿 ヽ::_丿 ヽ::_丿 ヽ::_丿 ヽ::_丿
   ..|::::[_]::::[_].┏━━━━┓:[_]::::[_]::::|
   ..|:.┌──┐┃.門 恩 迎.┃┌──┐.:|             .o__________
   .ヽ└──┘┗━━━━┛└──┘./             /   属 国 清 大   /
    |:::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ:::::::::::|  .||〜〜┐.    ./  旗  国  麗  高  /
    |::::::::::::|               .|:::::::::::|   .|| 歓 |    ./  /// ̄ ̄\\\ /
    |__:|          .     |__:|   .|| 迎 |    ./    /   / ̄`|    /
    |  ::::|           ..    |  ::::|   .|| 宗 |   ./    |\_/   /    /
    |  ::::|            ..   |  ::::|   .|| 主 |  /  \\\__/// /
    |  ::::| ニダー、今年も貢物.  |  ::::|   ..|| 国 |  /               /
    |  ::::|  少ないアルよ     |  ::::|   || 様 | / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ,,,r,,,.,,,:,:,|,,,、      ∧∧   ,,L,,,,,:,:,::|,,  ||〜〜┘/
   ..|     :::::|      /支\ |'    :::`| .||    /
    `゙"゙',,¨゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙ ̄ ( `ハ´)   '"`゙`゙゙゙゙ミ`゙゙゙゙゙゙゙、゙゙`""゙
     ∧,,_∧       (  ))) )     ∧,,_∧ ヒェー、宗主国様お許しを…
  、,.,,<♯`Д´>     | | |    <`Д´♯>,,.,、
 (,⌒) |lll|lll|l ))     (__)_)   (( l|lll|lll| (⌒,).
..⊂、`ヽ⊃   >⊃           ..と<   とノレ
     ∨ ∨                 ∨ ∨ Σ ガンガンガガガン…

585日本@名無史さん2019/08/05(月) 10:44:39.72
事実などどうでもいい信じればいい

586日本@名無史さん2019/08/05(月) 12:50:55.96
信じないものは在日認定

587日本@名無史さん2019/08/05(月) 13:10:52.33
             /)
           ///)
          /,.=゛''"/         チョンコの言うことなんて
   /     i f ,.r='"-‐'つ____   テキトーに論破しときゃ良いんだよ
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゛フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /

588日本@名無史さん2019/08/05(月) 19:48:32.63
先祖が神で何がおかしい
日本では死ねば神仏になるのが日本人の精神だ

589日本@名無史さん2019/08/05(月) 20:25:54.54
神武=サメから生まれたサメ次郎

590日本@名無史さん2019/08/05(月) 20:55:21.03
>>582
百済の歴史書なので百済に関する部分は正しいだろ

591日本@名無史さん2019/08/05(月) 21:38:04.69
また息をするように嘘を吐くチョン→>>565

592日本@名無史さん2019/08/05(月) 21:41:15.43
>>585
カルト日本会議脳(笑)

593日本@名無史さん2019/08/05(月) 21:56:00.76
>>591
http://www.seisaku.bz/nihonshoki/shoki_09.html
日本書紀巻第九「氣長足姬尊 ~功皇后」の39年、40年、43年のところに「魏志云」ってのが列挙されてるじゃん
息をするように嘘をついてるのはあんたのほうだ

594日本@名無史さん2019/08/05(月) 22:47:16.16
痴呆ウヨ老人は日本書紀など生まれてこの方読もうとしたことすらないから

595日本@名無史さん2019/08/05(月) 23:42:17.33
聖書のように
事実としてそれを証明するために科学を使え

596日本@名無史さん2019/08/06(火) 00:49:31.06
>>593
神功紀以外にもありますか?

597日本@名無史さん2019/08/06(火) 01:08:17.77
             /)
           ///)
          /,.=゛''"/         朝鮮ヒトモドキの言うことなんて
   /     i f ,.r='"-‐'つ____   テキトーに完全論破しときゃ良いんだよ
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゛フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /

598日本@名無史さん2019/08/06(火) 04:43:28.80
そら、日本書紀は信じられるわ。
卑弥呼とおぼしき田油津媛が筑後山門にいたと書いてあるんだからな。
卑弥呼が奈良にいたとする邪馬台国奈良説のような迷妄説を展開してないだけに、日本書紀は信憑性があるよ。

599日本@名無史さん2019/08/06(火) 04:47:51.71
お前たちの言っている何やら皇后とか?
ただの土人なんだけどな

600日本@名無史さん2019/08/06(火) 04:49:24.31
その土人が何をしたんだ?凄い活躍をしたんだろう

601日本@名無史さん2019/08/06(火) 05:16:33.78
ラノベでも書いてろwと言われたことがあるでしょ


本当に現実の話を知らないんだろう、
あのピカ中の話とか、中毒という意味

『エンジェル・ウォーズ』と同じ、
精神障碍者?なぜか日本の話だし・・・B-52爆撃機?不明

602日本@名無史さん2019/08/06(火) 07:07:01.04
天神を祀るのは元は半島だろ

6032019/08/06(火) 11:13:33.78
なに当たり前のこと言ってるのだか

604日本@名無史さん2019/08/06(火) 13:04:26.37
証拠は?

605日本@名無史さん2019/08/06(火) 13:17:41.98
山とかを祀るのが列島

606日本@名無史さん2019/08/06(火) 14:32:30.80
日本書紀が信じられるほかに、いまどきの人生100歳時代によくマッチした歴史書だ。
定年退職して暇持て余す老人たちが、顔真っ赤にしてああだこうだと吠えることのできる書物は、日本書紀以外にない。
老人の暇つぶし健康福祉政策を推進する政府が表彰すべき真の歴史書だといえる。
日本書紀が老人の痴ほう予防の書であるとは、誰も思いつかなんだことだ。
これで日本は平和を維持できる。

607日本@名無史さん2019/08/07(水) 02:56:41.00
             /)
           ///)
          /,.=゛''"/         朝鮮ヒトモドキの言うことなんて
   /     i f ,.r='"-‐'つ____   テキトーに完全論破しときゃ良いんだよ
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゛フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /

608日本@名無史さん2019/08/07(水) 13:20:56.28
日本書紀は何のために作られたのか?

609日本@名無史さん2019/08/07(水) 14:15:18.70
>>608
王権の正当性を誇示するためだよ

だからラノベ調のファンタジーになってる

610日本@名無史さん2019/08/07(水) 17:38:12.71
その割にはあまり無双してない

611日本@名無史さん2019/08/07(水) 23:47:33.81
乙巳の変は新羅の毗曇の乱をパクった創作

612日本@名無史さん2019/08/08(木) 02:38:41.00
>>609
倭から日本へ国名の改称があっていい機会だから
国史を編纂しようとなったのかな?

もしくは王権の正当性を主張しなければいけない
事態でもあったのかな?

例えば新唐書や旧唐書にかかれているように小国の
日本が倭国を併呑したからとか・・

613日本@名無史さん2019/08/09(金) 08:39:22.79
唐→周と倭→日本で混乱があったのは両国の史書に書いてあるだろ。

614日本@名無史さん2019/08/09(金) 16:18:42.80
魏書のパクリ。初代(初国知らすスメラミコト)が複数いるのは北魏のパクリ。

615日本@名無史さん2019/08/10(土) 10:54:00.74
きっかけとしては、古事記の序に書いてあるとおりだろう
ただ、それにしては時間がかかったのは、692年の改暦でそれまでとは暦のシステムがまるっきり変わってしまって、その対応をしているうちにこんどは改暦前の暦が意味不明になってしまって、整合性をとるのに苦労したのだろう

616日本@名無史さん2019/08/10(土) 11:07:32.09
そもそも改暦で整合させてなんかいないので

617日本@名無史さん2019/08/10(土) 12:52:15.00
音韻学を使って日本書紀を研究してるらしいんだがすごく興味を惹かれる
それによるとα群とβ群に分けられる
α郡は元嘉暦を使用、β郡は儀鳳暦を使用してるという違いがる
また、β郡は、正格漢文には見られない、日本語の発想に基づく漢文の誤用や奇用の倭習を多様しているらしい

618日本@名無史さん2019/08/10(土) 12:54:56.02
>>617
なんでチョンコロってそうやってマルチコピペするの好きなの???

619日本@名無史さん2019/08/10(土) 14:12:49.72
お笑いファンタジー

620日本@名無史さん2019/08/10(土) 14:37:12.43
>>618
ヒトモドキの祖国が被害妄想で反日激化すると
在日ヒトモドキがウリナラファンタジーを声高に主張するという
いつものルーティン

621日本@名無史さん2019/08/10(土) 15:30:05.11
神武=サメから生まれたサメ太郎

622日本@名無史さん2019/08/10(土) 15:59:09.23





623日本@名無史さん2019/08/12(月) 14:01:20.70
>>571
100年くらい前の歴史も残せないほどグダグダだってことだぞ
文字記録を取ってなかったんだろ おそらく

624日本@名無史さん2019/08/12(月) 14:22:59.31
正史として文書記録を残していたかいないかというのは一目瞭然なんだよ

主要人物就中大王の漢字の表記が確定しているかいないか
これだけ

日本書紀と古事記の名前が違っていたら同時代の正規の文書記録はなく
口承での伝承もしくは口承伝承を元にした創作物

正式の文書記録の漢字の表記があるのにわざわざ別の漢字を当てる意味などないんだから

625日本@名無史さん2019/08/12(月) 14:25:49.22
歴代の天皇諡号なんて鎌倉時代にかんがられたものだろ

626日本@名無史さん2019/08/12(月) 14:30:39.25
漢風諡号のことじゃないよ

古代日本語の漢字表記だ

627日本@名無史さん2019/08/12(月) 15:57:13.61
疑ってはいけない
信じるのだ

628日本@名無史さん2019/08/12(月) 16:13:39.93
ウリナラファンタジーとはまさに日本書紀のことだろ(笑)

629日本@名無史さん2019/08/12(月) 16:31:31.83
  ┏━━┓          ┏━┓┏┓┏━━━┓
  ┗┓┏┛          ┗━┛┃┃┗━━┓┃
┏━┛┗━┓┏━━┓      ┃┃      ┃┃
┗━┓┏━┛┣━  ┃      ┃┃      ┃┃
  ┏┛┃    ┣━  ┃┏━━┛┃┏━━┛┃
  ┗━┛    ┗━━┛┗━━━┛┗━━━┛



    ┏┓                        ┏┓              ┏┓                ┏┓
    ┃┃              ┏┓┏━━┛┗━━┓┏━━┓┃┃                ┃┃
  ┏┛┗━━━━━━┓┃┃┗━━┓┏━━┛┃┏┓┃┃┗━━━━┓      ┃┃
  ┃  ┏━━━━┓┏┛┗┛  ┏━┛┗━┓  ┃┃┃┃┃┏━━┓┏┛┏━━┛┗━━┓
  ┃┃┃        ┃┃┏━━┓┃┏┓┏┓┃  ┃┗┛┃┃┗┓  ┃┃  ┃┏━┓┏━┓┃
┏┛┃┃┏━━┓┃┃┗━┓┣┛┗┛┗┛┗┓┃┏┓┃┗┫┃┏┛┃  ┃┃  ┃┃  ┃┃    ┏┓      ┏━━┓
┗━┫┃┃┏┓┃┃┃  ┏┛┣┓┏┓┏┓┏┛┃┗┛┃  ┃┗┛┏┛  ┃┃  ┃┃  ┃┃    ┃┗━┓┏┛┏┓┗┓
    ┃┃┃┃┃┃┃┃  ┃┏┛┃┗┛┗┛┃  ┃┏┓┃  ┗┓┏┛    ┃┗━┛┗━┛┃    ┃┏━┛┃┏┛┗┓┃
    ┃┃┃┗┛┃┃┃  ┃┃  ┗━┓┏━┛  ┃┃┃┃  ┏┛┗┓    ┗━━┓┏━━┛    ┃┃    ┗┛┏━┛┃
    ┃┃┗━━┛┃┃  ┃┃┏━━┛┗━━┓┃┗┛┃  ┃┏┓┗┓        ┃┃      ┏━┛┗━┓    ┃┏━┛
    ┃┃        ┃┃┏┛┗╋━━┓┏━━┛┣┳┳┫┏┛┃┗┓┃        ┃┃      ┃┏┓┏━┛    ┗┛
    ┃┃      ┏┛┃┗━┓┗━━┻┻━━┓┃┃┃┃┃┏┛  ┃┗┓      ┃┃      ┃┗┛┃        ┏┓
    ┗┛      ┗━┛    ┗━━━━━━━┛┗┛┗┛┗┛    ┗━┛      ┗┛      ┗━━┛        ┗┛

630日本@名無史さん2019/08/13(火) 09:41:18.75
自分の名前なんだからそれを文字として書いたらそれが自分の名前の字となり
他の人間はそいつを指すときはその名前=文字を使う

悪意があってわざと書き換えたりしない限りこれは文字が普及していれば当然のこと
源頼朝を「依友」、織田信長を「伸永」などと勝手に書き換えたりはしない

仮に文書が消失したとしても近々の大王の(書き言葉での)名前を
忘れてしまうなんてことはありえない


ところが歴代大王の名前が日本書紀と古事記で一致してくるのは
タチバナノトヨヒ(橘豊日)=用明、トヨミケカシキヤ(豊御食炊屋)=推古だけ
それ「以前」の大王は皆(書き言葉としての)名前が食い違っている

つまり当時の人間にとって文字というものは単にその音をとりあえず示すための符号にすぎない
我々が当たり前と思っている文字の使い方とは発想自体が異なる

631日本@名無史さん2019/08/13(火) 19:11:06.12
そりゃ、当時まだ漢字は中国という外国の文字だもんな
いまの我々がローマ字で名前を書く時ヘボン式と訓令式とで違う書き方するようなものだ

632日本@名無史さん2019/08/13(火) 20:37:17.51
以下、神代文字の話は禁止

633日本@名無史さん2019/08/16(金) 23:56:37.27
>>551
https://plaza.rakuten.co.jp/

denkyupikaso/diary/201908120000/

健康食品のなら販売されとる

634日本@名無史さん2019/08/17(土) 01:41:30.29
>>1
信じるも信じまいも、まともに使える資料があの時代だと
日本書紀と古事記くらいしかないからな。
で日本書紀は大本営発表で、古事記は偽書説が声高に叫ばれている。
他の資料をうかつに使うと東日流外三郡史の世界になるからなww

635日本@名無史さん2019/08/17(土) 02:58:24.76
日本の古代を隠しているからね
隠したところで日本神話を圧縮してはめ込んだら完成

636日本@名無史さん2019/08/17(土) 03:01:06.51
>>635
そういう妄想はチョンコロにだけやらせとけや

637日本@名無史さん2019/08/17(土) 03:05:22.66
sd

638日本@名無史さん2019/08/17(土) 03:35:08.53
日本には、青銅器と鉄器がほぼ同時に伝来した
それは約3000年前

639日本@名無史さん2019/08/17(土) 04:03:43.05
信じれば真実

640日本@名無史さん2019/08/17(土) 08:40:18.35
>>639
イエズス会かな?w

641日本@名無史さん2019/08/18(日) 04:31:09.25
キムチ臭いなら

       ∠ ̄ ̄|〕・*: 。..。.:
          IIII下    ":・*.゚
         」  L
       /     \    シュッシュッ":・*.゚
         |ファビョリーズ|
         |<#ヽ`Д´>|
       \___./

トンスル臭にも

642日本@名無史さん2019/08/18(日) 08:30:47.92
あー日本書紀は日本が倭国を倒して乗っ取ったことを
旧倭国民に言い訳をするために作られたものだから
ウソが多いらしいから

643日本@名無史さん2019/08/18(日) 12:29:38.70
         ,、='' ̄::::::::::::::: ゙̄'''ヽ、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::_,_、:::::::>‐-、::::::::::::::::::::::::::::: 
     /::::/~ヾ,}::::j|  。 }:::::::::::::::::::::::: 
    l::::/|_ ゚ ,.>ー、ゞー≠ ̄ヽ::::::::::::::
    |::/ ヾ≦ヘ,_ノヽ      \:::::
   |Y     l|         ヽ
   |ノ〆    l|       ー-  | 日本人に勝てたらいいな
  /| /      l|       ー-  |
   l / r   」{,        ヽ  | 日本人より優秀だったらいいな
   l,  ヘ_ _,,>ー=、_   /       
    ∧   `Σ,,、-‐─゙ゝ=´    / おまえらチョンコの妄想は 
     ヘ   ===一       ノ
      ∧              根拠もなく喚き散らすからウンザリなんだよ
       \≧≡=ニー   ノ

644日本@名無史さん2019/08/18(日) 16:27:26.30
崇神天皇の時代に有名な四道将軍
古事記には吉備津彦を西海に遣わした記事は無く、三道将軍になってる

645日本@名無史さん2019/08/20(火) 20:35:29.65
学者「記紀の記述をそのまま信じるわけにはいかない」


なぜなのか

646日本@名無史さん2019/08/20(火) 22:46:26.11
吉備津彦は時代が違うからな

647日本@名無史さん2019/08/21(水) 01:20:43.53
                         ウリは “イチャもん” ニダ
:::::::::::::::::::::::::::::    ,.-ヽ      日本の歴史を捏造するために未来からやって来たニダ・・・   
::::::::::::::::::::::   ____,;' ,;- i                         へ、     /;へ\
::::::::::::::::::   ,;;'"  i i ・i;                       // _l::|___l::|_ヽ:ヽ
:::::::::::::::  ,;'":;;,,,,,, ;!, `'''i;          / ̄ ̄ ̄ ̄\,,     |l/−、 −、:::::::::::::::`::|
:::::::::::  ,/'"   '''',,,,''''--i        /       __ヽ    /::::::| \|/  | 、::::::::::::::\ ウェーハッハッハッハ
:::::::::  ;/  .,,,,,,,,,,,,,,,,,   ;i'⌒i;       |       |   |、   /::/ `-●−′ \:::::::::::ヽ
:::::::  i;"     ___,,,,,,,  `i".       |       ∩─| |  ,|/ ── |  ──   ヽ::::::::: :\
::::::: i;    ,,;'""" `';,,,  "`i;      |      ∪  `l  /. ── |  ──   . \::::  /
::::::: |  ''''''i ,,,,,,,,,,  `'--''''"       ヽ __/  _.ノ  \ ── |  ──     /::::::/
::::::: |.    i'"   ";               |――― 、".      ヽ (__|____ /:::: /
::::::: |;    `-、.,;''"             /  ̄ ̄ ̄ ̄^ヽ∞=、  \           /:::,/
::::::::  i;     `'-----j          | |      |  |っ:::::)  l━━(t)━━━━┥

648日本@名無史さん2019/08/21(水) 03:00:51.99
ネトウヨがやたら『コリアン・ファンタジー』って言うけど

ぶっちゃけ、記紀の記述なんて
もろ、『ジャパン・ファンタジー』だよな

古事記と日本書紀でも大幅に違ってたりするし
ホラ話レベルで思い付きの潤色がある

皇紀2600年とか言ってる連中も
天孫降臨179万年前は持ち出さないだろ?

どっちも日本書紀の記述由来なんだから
前者を信じるなら後者も信じろ、と

前者の数字を信じないのが不敬なら
後者の数字を信じないのも不敬だろ

後者の数字を信じられないなら
前者の数字を信じる根拠もない

649日本@名無史さん2019/08/21(水) 03:33:50.42
今の時代、不敬も何もないんだけど、どこの池沼なんだ?
それと誰に対する不敬なの、テレビに出てくる人?

650日本@名無史さん2019/08/21(水) 03:41:58.74
そもそも日本の話ではないとw
わかるはずなんだけど、日本の話ではないでしょ?神代とか

651日本@名無史さん2019/08/21(水) 03:44:59.18
松傾はさっさと死ねって

652日本@名無史さん2019/08/21(水) 03:59:15.17
池沼の集団なんだろう、
神代〜直系(一系)?

653日本@名無史さん2019/08/21(水) 04:14:48.49
松傾はさっさと死ねって

654日本@名無史さん2019/08/21(水) 04:35:42.15
まず日本神話がなぜギリシャ神話のパクリなのか
日本列島上の話じゃないからだ
日本書紀も古事記も日本列島上の話じゃないときたもんだ

655日本@名無史さん2019/08/21(水) 04:37:48.62
チョンコが性懲りもなく
                  /\___/\
  ┏┓┏┓            / ⌒   ⌒  ::\
┏┛┃┃┗┓        /  \,  、/、   :\
┗┓┃┃┏┛┏━━/// ヽ,ノ(、_, )ヽ、, / //.:::\━━┓ ┏┳┳┓
┏┛┃┃┃  ┗━━\   | ト‐=‐ァ'  |   :/━━┛ ┗┻┫┃
┗┓┃┃┗┓        \   |,r- r- |   .::::/        ┏━┛┃
  ┗┛┗━┛        \ `ニニ´  .:/           ┗━━┛
                /`ー‐--‐‐一'´\

656日本@名無史さん2019/08/21(水) 09:41:51.87
ゆかりでも感じるの?

657日本@名無史さん2019/08/21(水) 11:04:22.74
>>648
日本書紀の記述を信じたとしても、それは「日本書紀を編纂した当時そのように信じられていた」ことを信じるだけのことであって、皇紀2600年をそのまま事実だと信じるとは限らない
>>556のような経緯で当時そのように伝わってるが、じつはその背後には>>557のようなことがあったのであり、その結果皇紀2600年が当時あたかも事実であるかのように信じられただけ
であって、実際には今年は皇紀1643年だ、と考えるのが>>557に挙がってるスレでの考察だ



ちなみに蛇足かもしれんが、そのスレには、天孫降臨179万年云々についても、同じように当時実際にそのように信じられていたものとして、そのカラクリを考察したこのような書き込みがある

125 日本@名無史さん 2018/01/11(木) 18:12:58.97
なるほどグレゴリオ暦377年3月12日が、神武即位の日付か。

日本書紀によると、太歳甲寅年の10月5日、磐余彦は兄の五瀬命らと船で東征に出て云々とあるから、これは西暦373年の、旧暦12月20日あたりってことになるな。
>>116をもとにすれば旧暦12月20日ジャストのはずだが、>>116は中国の暦を機械的に半年暦にしたものだから、中国と交流するようになって以降採用されたものだろう。
グレゴリオ暦に直すと、374年1月20日あたり。

で、この日が「天祖ニニギが天降って179万2470余年になる」日だというのは、おそらくは「辛酉革命」を念頭に冗談で言われてた年数が、その後由来が散逸して、
数字だけ後世に伝わって日本書紀に残されたのだと思う。
要するに「天孫降臨以降の御代は毎日が革命だから、1日あたり60年の価値がある」ってことだ。
179万2470を60で割ると29874.5だから、天孫降臨の日はグレゴリオ暦374年1月20日から数えて29874.5日前。
グレゴリオ暦292年4月5日頃だ。端数の0.5は、たぶん天孫降臨がその日の未明で、東征が昼間出発だったんだろう。

ということは、この日に天照大神の孫である瓊瓊杵尊が天孫降臨してるわけだから、天照大神が生きていたのはその2世代前。
邪馬台国の女王卑弥呼とぴったり一致する。これは偶然ではないだろう。

658日本@名無史さん2019/08/21(水) 11:11:43.95
暦が伝わったのははるか後世なんだから、当時は大王の年紀しかなかったと思う(○○大王の三年目に・・・とか)
そして豪族化した旧各国王家の歴史を新旧関係かまわず、だらだらつなげた。

659日本@名無史さん2019/08/21(水) 14:34:31.77
チョンコが性懲りもなく
                  /\___/\
  ┏┓┏┓            / ⌒   ⌒  ::\
┏┛┃┃┗┓        /  \,  、/、   :\
┗┓┃┃┏┛┏━━/// ヽ,ノ(、_, )ヽ、, / //.:::\━━┓ ┏┳┳┓
┏┛┃┃┃  ┗━━\   | ト‐=‐ァ'  |   :/━━┛ ┗┻┫┃
┗┓┃┃┗┓        \   |,r- r- |   .::::/        ┏━┛┃
  ┗┛┗━┛        \ `ニニ´  .:/           ┗━━┛
                /`ー‐--‐‐一'´\

660日本@名無史さん2019/08/21(水) 16:35:56.85
>>657
>要するに「天孫降臨以降の御代は
>毎日が革命だから、1日あたり60年の価値が
>ある」ってことだ。179万2470を60で割ると29874.5だから、

いや、ないな。
記述の内容はあきらかに古事記のが古い(下敷きになる)。

その古事記になかった暦や記述が日本書紀ではポンポン加わってる。

日本書紀の制作された当時から
内容は、もっとずっと好い加減なものだ。
(ともかく、権威を大きく見えようと言う)

>それは「日本書紀を編纂した当時そのように信じられていた」

おそらく、当時の人でも、
2600年前だの179万年前なんて数字を聞いたら
キョトンとするか笑い出してしまうと思う。

現代いう、1万年以上前にアトランティスだのムーだのの
超古代文明があった……って言うのと近い感覚。
(というか、それよりひどいか)

661日本@名無史さん2019/08/21(水) 16:39:45.79
チョンコが性懲りもなく
                  /\___/\
  ┏┓┏┓            / ⌒   ⌒  ::\
┏┛┃┃┗┓        /  \,  、/、   :\
┗┓┃┃┏┛┏━━/// ヽ,ノ(、_, )ヽ、, / //.:::\━━┓ ┏┳┳┓
┏┛┃┃┃  ┗━━\   | ト‐=‐ァ'  |   :/━━┛ ┗┻┫┃
┗┓┃┃┗┓        \   |,r- r- |   .::::/        ┏━┛┃
  ┗┛┗━┛        \ `ニニ´  .:/           ┗━━┛
                /`ー‐--‐‐一'´\

662日本@名無史さん2019/08/23(金) 11:32:08.06
>>660
要するに、当時の人も眉唾だと思ってたからこそ、古事記の時点では完全無視し、その後知恵を絞っていろいろ解釈してみたけどどうにもうまく説明がつかないので、日本書紀に「一書曰」の注釈として書いただけのことだろう
もし日本書紀が日本を誇大に見せる意図でこの話を書くなら本文に書いてるはず

663日本@名無史さん2019/08/23(金) 12:29:56.68
チョンコが性懲りもなく
                  /\___/\
  ┏┓┏┓            / ⌒   ⌒  ::\
┏┛┃┃┗┓        /  \,  、/、   :\
┗┓┃┃┏┛┏━━/// ヽ,ノ(、_, )ヽ、, / //.:::\━━┓ ┏┳┳┓
┏┛┃┃┃  ┗━━\   | ト‐=‐ァ'  |   :/━━┛ ┗┻┫┃
┗┓┃┃┗┓        \   |,r- r- |   .::::/        ┏━┛┃
  ┗┛┗━┛        \ `ニニ´  .:/           ┗━━┛
                /`ー‐--‐‐一'´\

664日本@名無史さん2019/08/29(木) 20:41:51.04
北魏書のパクリ。列伝が欠けたから魏書の紀だけ取った魏書紀と同じ呼称なのが証拠。

665日本@名無史さん2019/08/29(木) 23:06:21.35
>>660
アトランティスもムーも別に何もおかしくはないぞ

666日本@名無史さん2019/08/30(金) 00:59:24.40
チョンコが性懲りもなく
                  /\___/\
  ┏┓┏┓            / ⌒   ⌒  ::\
┏┛┃┃┗┓        /  \,  、/、   :\
┗┓┃┃┏┛┏━━/// ヽ,ノ(、_, )ヽ、, / //.:::\━━┓ ┏┳┳┓
┏┛┃┃┃  ┗━━\   | ト‐=‐ァ'  |   :/━━┛ ┗┻┫┃
┗┓┃┃┗┓        \   |,r- r- |   .::::/        ┏━┛┃
  ┗┛┗━┛        \ `ニニ´  .:/           ┗━━┛
                /`ー‐--‐‐一'´\

667日本@名無史さん2019/08/30(金) 01:37:06.29
>アトランティスだのムーだのの
>超古代文明があった……

それ抜きでも存在が怪しいが
わざわざ『超古代文明』って書いといただろうが……

よくフィクションであるネタの『ムーやアトランティスが
現代科学を超える文明を持ってた』系での意味だぞ

668日本@名無史さん2019/08/30(金) 02:27:23.39
チョンコが性懲りもなく
                  /\___/\
  ┏┓┏┓            / ⌒   ⌒  ::\
┏┛┃┃┗┓        /  \,  、/、   :\
┗┓┃┃┏┛┏━━/// ヽ,ノ(、_, )ヽ、, / //.:::\━━┓ ┏┳┳┓
┏┛┃┃┃  ┗━━\   | ト‐=‐ァ'  |   :/━━┛ ┗┻┫┃
┗┓┃┃┗┓        \   |,r- r- |   .::::/        ┏━┛┃
  ┗┛┗━┛        \ `ニニ´  .:/           ┗━━┛
                /`ー‐--‐‐一'´\

669日本@名無史さん2019/08/30(金) 02:31:31.81
>>667
最初からそう言ってくれないとわからないよ

670日本@名無史さん2019/08/30(金) 02:42:49.74
>>642
それが日本神話だからな
神武東征は東日本(日本)が西日本(倭)を倒して日本列島を統一したことを隠すために作られた話だからな
東北大学名誉教授も言ってるけど高天原は関東だからな

671日本@名無史さん2019/08/30(金) 02:42:56.92
またCGSのホラ吹き動画の話か?

672日本@名無史さん2019/08/30(金) 03:23:14.75
チョンコが性懲りもなく
                  /\___/\
  ┏┓┏┓            / ⌒   ⌒  ::\
┏┛┃┃┗┓        /  \,  、/、   :\
┗┓┃┃┏┛┏━━/// ヽ,ノ(、_, )ヽ、, / //.:::\━━┓ ┏┳┳┓
┏┛┃┃┃  ┗━━\   | ト‐=‐ァ'  |   :/━━┛ ┗┻┫┃
┗┓┃┃┗┓        \   |,r- r- |   .::::/        ┏━┛┃
  ┗┛┗━┛        \ `ニニ´  .:/           ┗━━┛
                /`ー‐--‐‐一'´\

673日本@名無史さん2019/08/30(金) 03:35:02.40
日本が常に内部で二つに分かれていたことは日本史を学べば誰でも分かるだろ
それは元々二つの国があった地を一つにしたから発生した構造
どのような二つの国かと言うと、漢書にて書かれた百余国が纏まっていき、最終的に残った二つの国
大陸と繋がっていた国と、日本列島だけで団結した国
最終的に日本列島だけで団結した国が勝ち、大陸と繋がっていた国が負けて、日本列島が統一された
それを神話では大和と出雲の国譲りで描いているわけだけど
実際は東日本の高天原から来た集団(日本)が奈良を拠点にして出雲に国譲りを迫った
出雲は倭であり、時代によっては西日本だけでなく朝鮮半島や中国大陸にまで広がっていた海洋国家、海信仰
大和は日本であり、今の東日本が高天原、山信仰

674日本@名無史さん2019/08/30(金) 03:49:53.81
壬申の乱の後に日本書紀を編纂したとされる

壬申の乱に勝利した天武天皇は天渟中原瀛真人天皇
瀛=海

天に留まり続ける中原の海の真の人

その後、天武天皇の男系男子が皇室から途絶えて、天智天皇の男系男子である桓武天皇が即位する

桓武天皇の諱は山部

海を冠する天武天皇が勝ったのに、なぜ山が日本を支配するための日本書紀が編纂されたのか?
山を冠する桓武天皇が、なぜ同じ山側の東北に軍隊を送って支配を強めていったのか?

実際は山側が勝って海側を併合したから
大和が勝って出雲を併合したから
日本が勝って倭を併合したから

それに尽きる
それが全てだ

675日本@名無史さん2019/08/30(金) 04:03:27.14
倭は西日本と朝鮮半島と台湾と福建省〜南京まで広がってた
日本が倭を併合した時代は最後の海外領土である朝鮮半島南部を失った後に起こった壬申の乱
そして日本書紀編纂
もちろん倭側の記録を参考にして真実を隠しつつ編纂
それが完成したから天皇の出自を知る地元の奴らである蝦夷を征伐しにいっている

676日本@名無史さん2019/08/30(金) 08:01:42.75
なんで仏教が蔓延したか考えろよw

中世にキリスト教を布教したのと同じ理由だからw

677日本@名無史さん2019/08/30(金) 08:19:37.41
纏向にも九州にも阿波にも奴婢を埋葬した墓がない。

日本神話および歴史の原点・葛城にしか奴婢埋葬痕跡はない。

678日本@名無史さん2019/08/30(金) 10:42:39.21
カマチョンコロが性懲りもなく
                  /\___/\
  ┏┓┏┓            / ⌒   ⌒  ::\
┏┛┃┃┗┓        /  \,  、/、   :\
┗┓┃┃┏┛┏━━/// ヽ,ノ(、_, )ヽ、, / //.:::\━━┓ ┏┳┳┓
┏┛┃┃┃  ┗━━\   | ト‐=‐ァ'  |   :/━━┛ ┗┻┫┃
┗┓┃┃┗┓        \   |,r- r- |   .::::/        ┏━┛┃
  ┗┛┗━┛        \ `ニニ´  .:/           ┗━━┛
                /`ー‐--‐‐一'´\

679日本@名無史さん2019/08/30(金) 17:11:49.48
>>674
天武天皇系から天智天皇系に移ったのは桓武天皇ではなくその父の光仁天皇(白壁皇子)ですよ

680日本@名無史さん2019/08/30(金) 17:14:03.80
この白壁皇子が即位したために「常陸国白壁郡」が「真壁郡」と名称変更w

681日本@名無史さん2019/08/30(金) 23:25:04.33
信じれば真実

682日本@名無史さん2019/08/31(土) 00:27:08.10
嘘ばっかりなので信じない

683日本@名無史さん2019/08/31(土) 01:02:32.69
チョンコが性懲りもなく
                  /\___/\
  ┏┓┏┓            / ⌒   ⌒  ::\
┏┛┃┃┗┓        /  \,  、/、   :\
┗┓┃┃┏┛┏━━/// ヽ,ノ(、_, )ヽ、, / //.:::\━━┓ ┏┳┳┓
┏┛┃┃┃  ┗━━\   | ト‐=‐ァ'  |   :/━━┛ ┗┻┫┃
┗┓┃┃┗┓        \   |,r- r- |   .::::/        ┏━┛┃
  ┗┛┗━┛        \ `ニニ´  .:/           ┗━━┛
                /`ー‐--‐‐一'´\

684日本@名無史さん2019/09/01(日) 21:52:28.22
日教組に騙されるな

685日本@名無史さん2019/09/01(日) 23:08:17.64
日本会議のカルトだけが信じてる

まともな学者だったら最初から疑ってかかる
そういう代物

686日本@名無史さん2019/09/02(月) 00:09:34.77
チョンコが性懲りもなく
                  /\___/\
  ┏┓┏┓            / ⌒   ⌒  ::\
┏┛┃┃┗┓        /  \,  、/、   :\
┗┓┃┃┏┛┏━━/// ヽ,ノ(、_, )ヽ、, / //.:::\━━┓ ┏┳┳┓
┏┛┃┃┃  ┗━━\   | ト‐=‐ァ'  |   :/━━┛ ┗┻┫┃
┗┓┃┃┗┓        \   |,r- r- |   .::::/        ┏━┛┃
  ┗┛┗━┛        \ `ニニ´  .:/           ┗━━┛
                /`ー‐--‐‐一'´\

687日本@名無史さん2019/09/02(月) 20:48:09.47
神武=サメから生まれたサメ太郎

688日本@名無史さん2019/09/03(火) 00:34:39.65
チョンコが性懲りもなく
                  /\___/\
  ┏┓┏┓            / ⌒   ⌒  ::\
┏┛┃┃┗┓        /  \,  、/、   :\
┗┓┃┃┏┛┏━━/// ヽ,ノ(、_, )ヽ、, / //.:::\━━┓ ┏┳┳┓
┏┛┃┃┃  ┗━━\   | ト‐=‐ァ'  |   :/━━┛ ┗┻┫┃
┗┓┃┃┗┓        \   |,r- r- |   .::::/        ┏━┛┃
  ┗┛┗━┛        \ `ニニ´  .:/           ┗━━┛
                /`ー‐--‐‐一'´\

689日本@名無史さん2019/09/04(水) 11:32:01.24
大宝律令のときに、律令制などの政治体制がいきなり当時、近代化した現象で気づけ
完全に外部から持ち込まれた政治手法

690日本@名無史さん2019/09/04(水) 12:57:33.43
チョンコが性懲りもなく
                  /\___/\
  ┏┓┏┓            / ⌒   ⌒  ::\
┏┛┃┃┗┓        /  \,  、/、   :\
┗┓┃┃┏┛┏━━/// ヽ,ノ(、_, )ヽ、, / //.:::\━━┓ ┏┳┳┓
┏┛┃┃┃  ┗━━\   | ト‐=‐ァ'  |   :/━━┛ ┗┻┫┃
┗┓┃┃┗┓        \   |,r- r- |   .::::/        ┏━┛┃
  ┗┛┗━┛        \ `ニニ´  .:/           ┗━━┛
                /`ー‐--‐‐一'´\

691日本@名無史さん2019/09/05(木) 15:14:12.89
タイムマシンで過去を観測した結果
神武紀から全て合ってる
ウガヤフキアエズまでの神話部分は抽象的表現がされているが概ね合ってる

692日本@名無史さん2019/09/05(木) 23:46:02.34
作話症(さくわ)はキチガイ病院へどうぞ^^

693日本@名無史さん2019/09/06(金) 00:29:53.95
チョンコが性懲りもなく
                  /\___/\
  ┏┓┏┓            / ⌒   ⌒  ::\
┏┛┃┃┗┓        /  \,  、/、   :\
┗┓┃┃┏┛┏━━/// ヽ,ノ(、_, )ヽ、, / //.:::\━━┓ ┏┳┳┓
┏┛┃┃┃  ┗━━\   | ト‐=‐ァ'  |   :/━━┛ ┗┻┫┃
┗┓┃┃┗┓        \   |,r- r- |   .::::/        ┏━┛┃
  ┗┛┗━┛        \ `ニニ´  .:/           ┗━━┛
                /`ー‐--‐‐一'´\

694日本@名無史さん2019/09/06(金) 02:52:03.42
反日に騙されてはいけないよ

695日本@名無史さん2019/09/06(金) 12:01:47.77
仏教が蔓延した理由

大宝律令のころに政治体制がそれまでとはガラリと変わった理由

国号が日本になった理由

天皇号ができた理由

696日本@名無史さん2019/09/06(金) 14:52:21.79
妄想チョンコが性懲りもなく
                  /\___/\
  ┏┓┏┓            / ⌒   ⌒  ::\
┏┛┃┃┗┓        /  \,  、/、   :\
┗┓┃┃┏┛┏━━/// ヽ,ノ(、_, )ヽ、, / //.:::\━━┓ ┏┳┳┓
┏┛┃┃┃  ┗━━\   | ト‐=‐ァ'  |   :/━━┛ ┗┻┫┃
┗┓┃┃┗┓        \   |,r- r- |   .::::/        ┏━┛┃
  ┗┛┗━┛        \ `ニニ´  .:/           ┗━━┛
                /`ー‐--‐‐一'´\

697日本@名無史さん2019/09/06(金) 18:43:46.89
近代立憲君主制つくる際に同じ境遇のドイツを参考にしたように、同じ東夷で律令制国家を作った歴史を持つ北魏を模倣したんだよ。

698日本@名無史さん2019/09/07(土) 10:31:52.18
まるでパクリ国家みたいじゃないか

699日本@名無史さん2019/09/07(土) 14:25:57.64
妄想チョンコが性懲りもなく
                  /\___/\
  ┏┓┏┓            / ⌒   ⌒  ::\
┏┛┃┃┗┓        /  \,  、/、   :\
┗┓┃┃┏┛┏━━/// ヽ,ノ(、_, )ヽ、, / //.:::\━━┓ ┏┳┳┓
┏┛┃┃┃  ┗━━\   | ト‐=‐ァ'  |   :/━━┛ ┗┻┫┃
┗┓┃┃┗┓        \   |,r- r- |   .::::/        ┏━┛┃
  ┗┛┗━┛        \ `ニニ´  .:/           ┗━━┛
                /`ー‐--‐‐一'´\

700日本@名無史さん2019/09/07(土) 21:18:48.04
所詮チョンは部外者。記紀は日本関係者以外立ち入り禁止だぞ。

701日本@名無史さん2019/09/10(火) 07:23:14.15
事実などどうでもいい信じることが大切

702日本@名無史さん2019/09/10(火) 08:38:33.11
古事記をもとに
当時の有力者が編纂したのが日本書紀

正しいのは万葉集と小倉百人1首だけ
...かもしれないよ

703日本@名無史さん2019/10/06(日) 10:05:21.02
>>693
性懲りもなくAA貼る火病

704日本@名無史さん2019/10/06(日) 11:37:48.45
妄想チョンコが性懲りもなく
                  /\___/\
  ┏┓┏┓            / ⌒   ⌒  ::\
┏┛┃┃┗┓        /  \,  、/、   :\
┗┓┃┃┏┛┏━━/// ヽ,ノ(、_, )ヽ、, / //.:::\━━┓ ┏┳┳┓
┏┛┃┃┃  ┗━━\   | ト‐=‐ァ'  |   :/━━┛ ┗┻┫┃
┗┓┃┃┗┓        \   |,r- r- |   .::::/        ┏━┛┃
  ┗┛┗━┛        \ `ニニ´  .:/           ┗━━┛
                /`ー‐--‐‐一'´\

705日本@名無史さん2019/10/09(水) 11:36:32.57
>>702
チョンはチョンファンの故郷に

706日本@名無史さん2019/10/09(水) 14:57:05.30

新着レスの表示
レスを投稿する