全ての言語は人工言語として作られた!

1名無し象は鼻がウナギだ!2019/03/21(木) 00:26:22.360
古代の言語のほうが文法的に複雑なのはそのせい。

2名無し象は鼻がウナギだ!2019/04/03(水) 04:11:06.090
('仄')パイパイ

3名無し象は鼻がウナギだ!2019/04/04(木) 00:29:53.620
サンスクリット語とか印欧祖語とか異常に複雑な文法だからな。
原始人の「あーうー」から印欧祖語みたいに複雑な文法になって、また文法が簡単になっていったって何か不自然だろ。

4名無し象は鼻がウナギだ!2019/08/06(火) 19:57:45.820
インディアンやパプアニューギニアなんかの言語って文法が複雑なの多いって言われるけどね
文明の進歩度と言語の複雑さって関係ないのでは

5名無し象は鼻がウナギだ!2019/09/06(金) 01:07:07.720
途中まで文法の複雑性が増大していって、途中から急に文法の複雑性が低下していった理由は何?と聞いているんだけれども

6名無し象は鼻がウナギだ!2019/09/06(金) 23:49:32.940
「人工言語」と「自然言語」って区別もなんだか思慮が浅すぎないか?

7名無し象は鼻がウナギだ!2019/09/07(土) 11:52:19.800
>>3
いや、むしろ自然だよ
文化が発展するにつれてだんだん複雑化するけど
さらに発展すれば他の文化との交流も始まって簡素化する

8名無し象は鼻がウナギだ!2019/09/07(土) 17:21:27.340
19世紀ドイツ言語学
原始  孤立語

途上  膠着語

現代  屈折語
  高度なオイローパの言語こそ
  言語の発展段階の頂点に立つ!!
  至高にして究極なり!!
 ( ゚Д゚)ウェーハハーwwww


20世紀の様々な実証研究
(  ´へ`)あれ?  結構違うぞ(・Д・ )
多くの場合、古い言語ほど複雑極まりない屈折型だったことが分かった

「時代の進展と進歩」とされた変化を経ると、
   屈折型は後退し膠着型に移行
     典型的なのはゲルマン系のアングル人のことば(通称:英語)

何らかの理由で二つの言語が交錯すると簡単な構造に移行する
社会や共同体が複雑な構造を選択するのは極めて稀

9名無し象は鼻がウナギだ!2019/09/07(土) 17:31:00.660
イェスペルセンの説
・イングランド語は屈折を失い、膠着を失い、
孤立語になりつつある
・孤立語の中国語は膠着語化が進んでいる


だが、ことばとは"膠着語を目指す"のではないか?
  複雑な屈折語→  膠着語  ←孤立語

10名無し象は鼻がウナギだ!2019/09/08(日) 23:25:15.480
狭い共同体だと特殊化していくんじゃないかなって思った
今でもネットの一部で見られるけどコミュニティの内輪でしか通じないような言葉使って仲間意識を高めてるというか

11名無し象は鼻がウナギだ!2019/09/09(月) 01:34:39.010
q

新着レスの表示
レスを投稿する