【言葉遊び】語源由来こじつけスレ【捏造】

1名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/07(金) 07:13:00.990
はたらく 傍が楽になるように?
そんななんとなくもっともらしく聞こえてしまう説を考えてみよう

因みにオンラインの語源由来辞典によると
「はためく」と同様に「はた」という擬態語の動詞化であろうとのこと。

自説としては身体語「歯」から派生した
果て 馳せる 幅 浜などにも共通する
「端っこ・中心から遠い」の「は」に、
「すべからく(すべくあらく)」に見られるような「ある」のク語法が付き、
「はとあらく」から「はたらく」になったと考えてみた。
「遠くへ行くべく、居所を離れる者」が「はたらくもの」のことだったと。

2名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/07(金) 09:16:59.780
【ハッテン場】

10点満点中8点の男ならすぐヤれたことが由来

3名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/07(金) 16:06:00.810
1ひー 拓く(田)
2ふー 振る(種)
3みー 満たす(水)
4よー 選る(雑草・害虫)
5いつ 居つ(見守る)
6むー 生す(生える)
7なな 成る(実)
8やー 遣る(田を空ける)

農耕の手順を伝授する暗号だったのだ!
9と10もー無理

4名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/08(土) 08:06:50.220
9 ここの 此処の「採れたもんは、わしらの家のもんじゃ」
10とお 耐う 「冬の間はそれで耐えて、一に戻るのじゃ」

5名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/08(土) 12:15:17.010
10は「とを」なんだな
「冬の間は戸を閉ざして…

6名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/08(土) 12:44:20.740
ここの→ここだ/ここら(たくさん)
とをを→たわわ(かなりたくさん)

8で既になくなっちゃってなかったら、既存説も当てはめられたがな。
や→遣る(焦って刈らず、遣り過ごせ)なら
たわわに実ってから刈り込めよ、と10に続けられた。

7名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/08(土) 13:18:55.120
朝(漁)
さーて、食べ物漁るよー。

昼(日る)
ひなたぼっこでもしよかー。

夕(結う)
道具作るよー。ヒモとか結ったり、ゆったりゆったり。

夜(寄る)
くらいよこわいよー。みんなで寄り添って眠りましょ。

8名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/08(土) 14:38:35.370
「わっしょい」が韓国語起源だとかいうデタラメを払拭するべく・・・

「和をなせ」→「和をせよ」→「和せよ」→「和っせょ〜い」→「わっしょい」

9名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/09(日) 08:22:09.040
黄昏の語源が「誰そ彼」とかいう定説がどうも腑に落ちないので。

滝 溜める 立つ 足すなどの「高い」の「た」に
背向く(そむく)などの「背」の「そ」に
遠ざかるなどの離れる意味の「かる」があわさり「たそかれる」になった。

太陽の昇る東を前方として、最も高まった真上を過ぎ、背の方向へ遠ざかった様。

10名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/09(日) 13:57:04.030
【泥棒】

いつのまにか物が失くなることを妖怪のしわざとし、
跡形もなくどろんと消えることから、その妖怪をどろん坊と呼んだことが由来

11名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/09(日) 20:17:22.670
>>9から思いついた。
お金のことを昔「お足」と言っていたのが不思議だったけど
「立つ」と「足す」に共通の感覚があるとすれば、売買の際にお金を「先立つもの」
と婉曲にいう発想から更に「立つ→足」と婉曲にいうようになってもおかしくないのでは?

足のように世間を渡り歩くからとか言われているけど、どうもしっくりこない。

12名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/09(日) 22:58:02.320
お金は悪いものだから・・・あし

13名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/10(月) 09:00:21.530
「足」の語源はコソアドの「あ」で、
遠方へ到達する「あす」ために使う部位ということで「あし」と名詞化された。

それが転じて、適切な状態から遠くへ離れて
「あしている」ものを「悪し」と言い
適切な状態に近く寄っている「寄している」ものを「良し」と言った。
腐りやすいことを「足がはやい」とするのも「悪し」から。


これはうまくまとまった。

14名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/10(月) 21:16:27.690
ユーチューブで日本の動画に
中国人の発音を真似たチンチョンチャンっていう
馬鹿にしてるっぽいコメントがけっこうつくけど
「ちんぷんかん」も、そういう発音を真似たってのは同じみたいね。
「とんちんかん」も同じなんじゃないか?鍛冶屋がどうとかじゃなく。

15名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/11(火) 00:11:03.510
>>9
単純に、日が「た」かい場所から「そ」れて「か」なたに離れる「高逸離れ」で。
「あり・をり・はべり・いまそかり」のそかりも
遠い存在ということを意味して敬意を表すパターンから「居間逸離り」で。

もしくは単純に「た」かい場所を「過がる」から「たすがれ」
「通りすがり」や「道すがら」も「過がる」で納得。

16名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/11(火) 21:59:25.880
「まんこ」
メリハリ・滅入る・女・滅す♀の「め」(引っ込んでいる)と場所「ところ」
「めつところ→めっとこ→めっこ→めこ→御めこ」「女処→めところ→めっこ」
「めどこ→滅処→めど=穴」ケツメド

「ちんこ」
押す♂が凹(ほこ)に押し突き入れる「突ん凹→つんぽこ→ちんぽorこ」
「突き掘こる」「突ん鉾」「突くところ」「突んホト」

掘る・ホト(まんこ)・凸ぼこ・ほそい・ほほ・干す・惚れる・ほたえる・解つす・ほふる・欲る・鉾・ホヤ(寄生)
まほろば・まぼろし・ほこら・殷つ・ほのか等に「欠如」の「ほ」が共通する。
対象や自身の境界や内容の一部が除かれ「ほら」となるゆえに曖昧・空虚・矮小・奥まった状態と化すもの。

ほまれ・誇り
賞賛されることで身が細まり恐縮する思いから。

おぼこい(未通女)
男性器によってまだ一度も埋まっていない凹のままであることから。

17名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/12(水) 00:29:22.260
【面倒】
面を倒して頭を下げて、謝ったり礼を言いまわるわずらわしさが由来
子供や寝たきりの世話をする際に、面を倒して見下ろす姿勢になることが由来

18名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/12(水) 03:41:02.550
【面倒】
仏教用語、苦集滅道の「滅道」から。
苦を滅する修行が必要なほどに、苦しみが大きい事。

19名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/12(水) 22:51:24.230
【おっぱい】
ぶぶ漬けなどに残っている
風呂、ひいて茶や白湯、飲む物の意のある女性語・幼児語「ぶぶ・おぶぶ・おぶう」を
赤ん坊の飲む乳が出る部分にも言うようになったのち「おっぶう→おっぱい」と転じた。

20名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/13(木) 14:43:24.110
おみやげ 御+都+餉 ゆうげ あさげ

「お〜い帰ったで〜!都会の食い物やで〜!」

21名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/13(木) 15:48:44.020
「おっぱい」
>大いに喜んだ義経が「おことはつっと奥の間へいて 乳吸わい 乳吸わい」と与一をねぎらった

母親が赤ちゃんにおっぱいを飲ませる時の掛け声「吸わい吸わい」に
丁寧の「お」がついた「おすわい」が転じて「おっぱい」になった。

22名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/13(木) 17:01:15.370
【おっぱい】
乳を吸うときの音が「オッパオッパ」と聞こえたことが由来

23名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/13(木) 23:10:39.400
>>16
「産子(うぶこ)」が「おぼこ」へ音変化したということで。

【おっぱい】「うぶ+わい→おぼわい→おばい」

産ぶ・初ぶ+わ・う(進展)
生まれたばかりの乳児を大きく育てるための母乳を出す器官であることから。

または「うぶ+合い」
乳児が向かい合う対象であることから。

24名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/14(金) 00:55:54.200
おも【▽母】+愛
母乳は子に対する母の愛であった。おもあい→おぼあい→おっぱい

おも【面】+合い
男や乳児が向かい合う対象であることから。

25名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/14(金) 04:56:20.820
おっぱいは俺の由来

26名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/14(金) 16:13:32.590
・ヤクザの語源
侠客を奴と呼び、「やっこさん」または「やっこ座」が訛ったもの。

・チンピラの語源
「新平」が訛ったもの。役に立たないぺーぺーの新入平ヤクザは「ちんぴら」と呼ばれた。

27名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/15(土) 16:17:51.510
>>26
やから【輩】も「やっこ等」からで。
「うわー、あいつら来ちゃった」みたいな。

28名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/15(土) 18:31:48.970
ボンクラ

惚っけら者
呆けて周りの見えぬ者
鹿児島の方言に残る

29名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/16(日) 03:04:39.510
毎日お祭り気分でお盆のように暮らす

「盆暮らし」

30名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/16(日) 23:14:28.510
「おう勇太、お前東京の大学出やったな。お前1〜10まで数えてみい。」
「1、2、3、4、5、6、7、8、9、10」
「なんやそら、全然出来てへんやないか。舐めとんか」
「1!2!3!…」
「違う!もう一遍」
「1!!!2!!、」
「違うもうええ!哲、お前やれ」
「12〜3〜4〜5〜67〜89〜10。」
「…。こうやろうが。大学まで行かしてもうて数の数え方も知らんのかいな。
 親御さん泣くで。英語もええけど日本語ぐらいまともに喋れるように勉強せえ。
 なにも敬語を完璧にせえとか求めとらん。お前らどうせ無理やろ。けどな、数も数えられんかったらわしらの仕事命に懸わるんや。
 哲でも昌でも、先輩によう聞いて、しっかり憶えとけ」

31名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/17(月) 04:15:35.350
指折り数えるときの呼び方がヒーフーミーになっていった。

1ヒ ヒジやヒザ・引く・ひだ・ひずむ・ひしぐ等の「まがる」意味の「ひ」で、親指を「引」き曲げる。
2フ そこから曲がった指が「増」える。
3ミ 指が込み入って「充」ちる。
4ヨ その真ん中に「寄」る。
5イ 指の最後に「行」き着く。
6ム 折れていた小指が「生」す
7ナ より長い薬指が加わり「成」る
8ヤ 「山」成りの手指の頂点である中指を立て、極限・遠方・離れる意味で「弥」む。
9コ 頂点を「越」えた指を立てる。
10ト頂点を越えて最も「遠」まった指を立てる。

32名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/18(火) 21:37:22.170
【たくさん】
足く+さぶ
【なぐさぶ】
和ぐ+さぶ

33名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/19(水) 03:36:58.160
イヌ 居ぬ
サル 去る
キジ 来じ

桃太郎はぼっちであった

34名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/19(水) 03:58:53.820
うまいね
イヌは往ぬ(いぬ=行く、去る)でもいいんだが

35名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/19(水) 07:22:32.440
1. 狩猟の際「往ね!往ね!」と使われていたことから獲物に「往ぬる毛物」

2. 番犬として野獣など追い払うことから、野獣が「往ぬる毛物」

36名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/19(水) 22:23:40.500
猫 1 寝るときに身が縮「こまる」から「ネコマリ→ネコマ→ネコ」となった。
  2 ネズミを怖がらせ縮「こまらせる」から「ネコマセ→ネコマ→ネコ」

「細かい」「困る」「怖い」「凍える」「粉」「こする」「凝る」「壊す」などは
「小さくする・なる」の萎縮の意。「懲らしめる→殺す」

37名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/20(木) 07:38:12.850
【はたらく】
畑を拓く→はたひらく→はたらく

38名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/20(木) 13:06:27.820
たがやす←田を(掘り)かえす は本当らしい

39名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/21(金) 00:46:17.720
「ヨイショ!」


良う凝らせよ(力を入れろ・注意せよ)

よっこらせよ→どっこらせ

よっこいしょ→どっこいしょ

よいしょ

40名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/21(金) 11:07:55.260
うんとこしょ、って変化もあるけど
「たくさん」の意味の「うんと」だとすると「良く」とも通じるね。

41名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/21(金) 17:25:36.040
「うんと」自体が、力を入れるときの発声からだろうし
六根清浄説よりは「ほほう」と来るわな

【おたんこなす】
「能うことなし」の転訛
「ばか」の意味の東北方言「本地無し→ほんじなす」と同様「なし→なす」
「あだうごつなす→あだーこっなす→おたんこなす」

【おたんちん】
「能わん」+馬鹿ちん・でぶちんの「ちん」

【おたふく顔】
「ほおた・ほた(頬)」+膨れるの「ふく」 後に「多福」が当てられた

42名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/22(土) 06:15:00.770
傍の子を成す浮気者のこと→はたん子なす間抜け→おたんこなす
頭の足らない子を成すだろう奴→足らん子なす→たんこなす+お

「ば〜か、あほ〜、まぬけ〜、おたんこな〜す」と
他の悪口に続けて調子に乗せてからかうように言うことから
類似の悪口の行為をたくさんするという意味で「〜を、たんと為す」

3つ目ガチでありそうな気がしてきたんだが

43名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/22(土) 16:24:07.530
馬鹿はもうボケの音変化でいいんじゃね
ウマとシカだの難しいこと考えんでも

44名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/23(日) 13:50:24.380
【東】あずま・ひがし
太陽が昇る重要な方角。
よってまず最初に生まれた方角に関する言葉は東。
日の上がる処「上つ間→あづま・あがつま」「日上がすところ→ひあがし」

【西】
対となる太陽の沈む西ができた。
日の去にし辺「いにしへ→いにし→にし」時の去にし辺→古(いにしえ)

【南】
昼間の遠出に方角が重要となるために手で指し示す必要に迫られ
昼の太陽の見える場所「かげつおも(光りあたる面)」に出て太陽を目の前とし
基準となる太陽を「見なむ方向」であることから「みなみ」が成り
南を前にした際の東側を【日の出でる方向→ひいでり→ひだり】
【去にぐ方向→いにぎり→いにぎ→みぎ】を西側と、左右の名称が生まれた。
いにぐ→にぐ→逃げる
手で掴むことを握るというのも、右がニギだったことの名残り。
左手方向は太陽が昇る方向であるため尊いとされる。上座>下座。

【北】
左右が成立し南が前となったあと、前に進むときの後ろである方向が
「来居たる方向」であるため「来居たり→きたり→きた」が成立。
「東西南北」の順は、そのまま成立順を示す。

琉球方言では東アガリ西イリ南ハイ北ニシと、北をニシというのがややこしいが
考え方は同じ。日が上がり、日が去る。南は「日の映える方向→映え→ハイ」で前。
南を前にして進んだときの「去にし方向」が北。去にすのが太陽か人かの違い。

45名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/24(月) 11:50:52.960
馬鹿 化けの転

人と思えぬ普通でない言動をするため、化け物の仕業とされた

46名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/24(月) 12:15:22.670
【額】ひたい・ぬか(古語)

眉の毛と髪の毛との間に一合間があるため「ひとあひ→ひたい」
古語も同様の見方で、目の上の毛から頭部の毛の間が抜けている「抜か」

頭や目の上に毛が生えているという見方ではなく
全体的に生えている動物に比べてその他の部分の毛が無いという特徴を捉えた
するどい見方をしていたのである。

47名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/24(月) 21:05:48.460
【まる】排泄する意の古語(おまるの語源)

1.居住空間や人目を避け、遠ざかってから排泄をするため「間る」といった。
2.体内から糞尿を離す行為のため「間る」といった。

魔除けのために子供や船・刀の名に丸を付けたのは
「まる」が糞の意味で、魔物がそれを忌避するからと言われているが
ただ単に遠く離す「間る」という語意が残っていたからなのでは。

48名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/24(月) 21:24:03.850
ということは「守る」は「間盛る」
外部からの侵入を防ぐため間に何かを盛って守った

49名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/24(月) 21:30:25.640
>>28>>29
「文空」で「もんから」が訛った
賭け事で負ける奴っていう使われ方からしても、ぴったりくる
要するに金をすぐスって文無し野郎になる奴

50名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/24(月) 23:11:12.860
This thread is powered by Minmei Shobo.

51名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/25(火) 08:39:30.130
【さきがけ!おとこじゅく】

先が崖になっており、落っこちる危険ありという注意。
「さきがけあり。落っこづく」

52名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/25(火) 08:52:17.610
【鰐】の語源

わにわにわなわな動くから!

類似【うにうにうねうね動く→ウニ】

53名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/25(火) 15:00:34.370
じゃあウジは
うじゃうじゃ沸いてうじうじ動くから

54名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/25(火) 18:32:24.710
ウナギはうなうな動く
ワサビはわさわさする味
ヤナギはやなやなそよぐ

だから
ウサギはうさうさ動くのである

55名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/26(水) 13:18:12.940
冗談ぽく書いているけど、ウナギやウジあたりは有り得そう。

【わに】
サメ・フカ等のことからワニのことになった。
共通点は歯やアゴの強靭なこと。扱う際に食われることを注意喚起する名称にするのが妥当。
歯・端・刃から「は→わ」の変化があったと考えると、「わ」で始まる語の多くに納得できる解釈が可能。
「歯む→食む」「食み→わみ→わに」

因みに【フカ・サメ】
サメに比べフカのほうが古いので、深いところに居るのがフカ
浅いところに居るのをアサと呼び、浅いところに居るせいでよく遭遇して酷い目にあったので
それに罵りの「め(奴)」がつき「あさめ→さめ」となった。

56名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/26(水) 15:40:21.050
アナゴが穴なら
ウナギは虚

虚(うろ)→裏(うら)→ウラぐやつ→うらぎ→うなぎ

57名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/26(水) 15:58:44.540
マムシも昔は「はみ」だし、ハブも「歯む」からか。

58名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/26(水) 20:07:34.480
>>56
うなぎはムナギだったからムで考えないとな。

まあ、ウをムにしても
穴の意味のある室(ムロ)があるか。
虚しい、ムクロ(殻だ→体)ムラがある(斑)とか
ムにもウにも空間になっている感じが共通していそうなのもあるね。

59名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/27(木) 12:53:14.830
【うなぎ】古くはムナギ

「ウブナガ」(産+長)から「うむなぎ→むなぎ」
近年までどこで生まれるか等その生態がよくわかっていなかったように
昔は稚魚はおらず生まれたときから成魚の長さのものと思われていた。

60名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/27(木) 17:29:24.140
【ふしだら】
・節垂らし 骨抜きのように間接ぐにゃぐにゃでしっかりしてない奴

不スートラが語源なんていうより
ふしだらを婉曲的に言うために「不」にかけて
「しだらない→だらしない」になっていったというほうが、もっとそれっぽい。

61名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/27(木) 20:00:12.560
「伏して垂らける→伏し垂ら」のほうが
やらしい意味の男女のふしだらにも通じるな

62名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/28(金) 00:56:46.120
「はしたない」となんとなく似てるし、ただこれが訛っただけとか
「端した等」が、取るに足らないだらしない奴等の中の一人
という意味で個人に対しても言われるようになったとか

63名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/28(金) 11:06:17.520
ちんこ垂らす→ちんたらw

64名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/28(金) 12:43:23.620
とんちんかんと同じ語源で
「とんたらちんたらするな」みたいに言われていたんだろう

65名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/28(金) 21:47:36.390
>>55の「わ=は」説で適当に「わ」のつく語にこじつける。

【輪】
「歯の周辺、口を使う→話す→思いを身中から身の端、遠くへ出す→端なす・果なす」
 輪になって皆で話すことが多かったので「はなす→わなす」にもなり輪・われわれの意味のワが出来た
【忘れる】記憶が隅に追いやられる「端する→わする」
【分ける】「端ける→わける=脇に寄けて区別」
【腋】「端き→わき=体の端の部分」
【枠】「端く→わく=端に囲まれている」
【沸く】「近くから遠くへ端く→吐く→わく=地面が水を吐く・水が泡を吐く」
【笑う】「歯らう=歯を見せて笑む」
【侘び】「端ぶ=端っこで寂しい感じ」
【鷲】「遠く高く果てまで飛ぶ=果し」鷹=高と類似
【割る】「二つになり新たに端が出来る」か「歯→刃=刃る→わる」
【曲(わだ)かまる】「蛇が端っこを構(上、かみ)える→はたかまう」この語から派生し「はた→わた→曲」
【わだつみ】海神ではなく、単なる海。「地の端にある水=端つ水」「遠くまである水=果たつ水」
【海の原(わたのはら)】地の端の原(原=果ら=遠くまで見通せる広い場所)
【若い】「端かる→分かる=物事が分かりだす年頃」
【わらべ(わらはべ)】「(果ら=原)の端まで元気に端辺(はべ)る者」か「親の端ら(そば)に端辺ている者」
【にわか】「新たに沸かむ→にいわか
【わかんどほり】「皇族から分かれた血統→分かむ通り」か「尊い、偉い=遠い果て彼方=果彼の通り」
【わさび】「歯が寂びる感じ」「歯がすさぶ感じ→歯荒び」「刃狭まれたような痛い感じ=はさみ=刃狭び」
【悪ろし】近づきたい、寄ってくる親近感のあるのが良い「寄き=良き」「寄ろ来ぶ」「好む=来のむ」「行=ゆかし」
逆に離れたい、遠ざける感覚が悪い「行き遣る=嫌」「やれやれ=遣れ遣れ」「間る」>>47
「あきらめる=空きらめる」「距離を空きらむ→あきらう→嫌う」
よって「果ろす=わろす」受け入れない、突き果なす者、ツッパリ。


「わ」のネタ尽きた。もう、お果り。

66名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/28(金) 23:16:12.280
>>65
【藁】
稲などの重要な実の部分を取り果らった(払った)残り、なれの果ての部分

「果ら→わら」

67名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/29(土) 13:14:09.880
【藁>>66】あまったものを「端」端材端布等と言うし、そのまま「端ら」でも。
 つまり「中心・かなめ」ではない部分のこと。
【わや】という方言も「端や」で、役立たず・ダメ。
【わずか】「残りが果つか果たざるかという一歩手前→もう果づかという所」
【綿】機織りに使うもの「はた→わた」
【わしづかむ】鷲のようにではなく、単に端をつかむ。じっくり真ん中をでなく、あわてて端を。
【わざ】業・技「はず」との関係か。矢筈が語源とあるがあやしい。
 矢筈の「はず」も「端じ」という意味は共通だろうが、直接の語源ではなさそう。
「手立て・手筈≒手初め=手端づめ」と、何かを行うことには「手」の感覚が伴うため、
「手を果す=手を馳せる」手を伸ばして事をなすという意味で
「馳さむ→はさ→わざ」となった。文字通り「手業=手馳さ」という言葉もある。
組み合わさって意味をなしていた言葉から「はさ」だけ切り離されて「わざ」になった。
もうひとつは単純に「行為の結果・つまるところ」の意で「果然(はさ)」「はてさて」も「果て然て」
【わっしょい>>8】「馳せよ」や「力を果たせ・尽くせ→果せよ=力の限りをふりしぼれ」でも。
【わたる】「向こうの端に端たる」「遠くに果たる」
【かわず】川とは関係なく、劇的に容姿を変えてオタマジャクシから遠く離れるため「かはづ」「かへる」
「彼方へ果てる→彼果つ→かはる→変わる」よって、かわりはてるは「彼に果てて果てる」で重言。


語中の「は→わ」は蛙のようにまだまだあるだろうけど
さすがにもう語頭の「わ」わ無いは(はらい)

68名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/29(土) 17:00:45.400
わさわさ わんさか わわし わわく 早稲にも通じ
急くような落ち着きのなさ 早い はやし→わやし 

わざわざ わやわや 早くはやくと、急かせかとお越しいただき


わざわい ???

69名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/29(土) 19:24:31.200
災いが起きた際に発する英語が由来

What the...WHY???

70名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/30(日) 15:23:08.550
>>47
便所のことを「はばかり」(幅+離る)とも言ったし
1の意味のほうが、現代まで連綿と続く日本人の、
人目を気にする性質に副う解釈だな。

71名無し象は鼻がウナギだ!2013/06/30(日) 18:28:26.770
ヤマタノオロチはヤタガラスのヤタと同じような語から派生した想像話じゃないか?

ヤ=8=大きい アタ=咫=単位/値 八幡とかヤタが偉大という意味らしいし
ヤアタオロチという単なる大きな蛇の話が、その名前をもじって
マタが8あるとか、アタマが8あるとかのヤマタにして想像を膨らませた話が伝説になったとか。
のび太も言ってたけど、8つ頭があるなら、マタは7つだからおかしいしな。


大和や邪馬台国のヤマトやヤマタイも、ただ広く大きい国というヤアタが訛ったとか。

72名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN0
咫は中指と親指で計った長さとしているところと人差し指が両方あるけど
計りやすさから言っても、人差し指と親指のほうが断然良いし
手を当てる「当た」ではなく、人差し指と親指の「又=間た」を単位とした
というほうが語感だけで見ればしっくりくるな。
ヤマトはヤマタから転訛したとするほうがヤアタよりは自然だし
マタからアタの順に訛ったと考えたほうがヤマト説やヤマタノオロチ説にも繋がりやすいかな。
八幡もヤタも正式にはヤマタだったと。
たくさんの意味の「数多(あまた)」もこのへんが語源かな。

渡来人がこの地の名はと尋ねたとき「この辺は、数多の国で構成されてるよ」
のようなことを言ったのを取り違えて「なるほど、ヤマタという名前の国か」
となったっていうのも、あるあるな感じで面白いかな。

73名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/01(月) NY:AN:NY.ANID:s0lNCFZR0!
>>72
おまえ、日本語知らないの?
「二又に分かれる。」「二又かける。」というのは、
又が二つあって、三つあるという意味で使っているの?
違うだろ。
二又は、又が二つで三つあるのではなく、分かれたものが二つ。
三又は、又が三つで四つあるのではなく、分かれたものが三つ。
それと、同じように、八又は。
しかし、こんなバカ見たのはじめてだよ。
「二又かけた女」は三人の男がいたのかよ?
世間一般は、「二又かけた女」は二人しか男がいないよバカ

74名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/01(月) NY:AN:NY.ANID:s0lNCFZR0!
>>71
おまえ、日本語知らないの?
「二又に分かれる。」「二又かける。」というのは、
又が二つあって、三つあるという意味で使っているの?
違うだろ。
二又は、又が二つで三つあるのではなく、分かれたものが二つ。
三又は、又が三つで四つあるのではなく、分かれたものが三つ。
それと、同じように、八又は。
しかし、こんなバカ見たのはじめてだよ。
「二又かけた女」は三人の男がいたのかよ?
世間一般は、「二又かけた女」は二人しか男がいないよバカ

75名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN0
ノリが悪いなー。もっと遊ぼうぜ。

76名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN0
三叉路はYやTで
二又の路もYやTとか意味不明やないかーい

77名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN0
十に四つの又があるから
その倍の八つ又は二十だ
首が20本あるヘビが正解

78名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN0
七転び八起きも見ようによって筋が通ったり通らなかったりするな

79名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN0
マタの流れでマタタビについてもひねり出した。

アケビ→ひび割れて開くから「開け実→あけみ→あけび」
【マタタビ】でこぼこしていくつにも分かれているように見える実だから「又つ実→またたび」
(漢方で重宝されて猫にも良く効くのは虫によってでこぼこしているもので、正常なのは違うらしい)
マタは、猫がじたばたと身をたたむ、人が食べるとまずくて身をたたむ「身たたみ」

ついでになんとなく似ている
【ムササビ】飛ぶとき意外は畳んでいるので
「身たたみ→むたたみ→むささみ→むささび」

80名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN0

81名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN0
まが間のことなら、まんこと対になるのって、ちんこじゃなくてマラだな。

間の処でマノコ
間らす処でマラ

エロい意味の、女の間になった所をさらに男が広げて間らすことが由来ならロマンあるけど
生殖行為に関係なく、単に>>47的な排泄器官としての名前ってことでもいいな。
医学用語っぽい無機質感で、どんどん引け目なく使えるねw

82名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN0
「彼」と「果」は両方「遠い」で共通しているし
「か=は」で考えた。「かか→母はは」もあるし。

【買う=払う】離う。彼う。自分の物を意図的に「果らう」ことで物を得るから。
【売る】逆に、相手の意図によって果らわれたことにより
手持ちを離らカラにして虚ウロにする→「失らす」ことが「失る」
相手の持ち物どうこうではなく、自分の持ち物がどうなるかが、買う売る共通の視点。

83名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN0
たぐい←たがう→ちがう

「何々やその類」は「何々に加えて、それと同じようでいて違う何か」のこと。
「同じようでいて」の部分は文脈で補われているだけで、基本は「違う」ということ。
よって本来なら「たぐいまれ」は「ちがうものがほとんどない」「同じものばかり」の意味になってしまう。
しかし「たがう」の「反対・抵抗する」の意味が「たぐい」にもあり
「類稀」は「それに抵抗できうる匹敵するものがほとんどない」となりえた。

84名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN0
稀=間れ=離れている=別の事物から時間的に距離が離れている
類=違い=別の事物から比喩的に距離が離れている

だいたい同じような意味の語が並んで「たぐいまれ」が構成されているとすると
「類が稀=違いが少ない」ではなく「類であり稀である=違っていて少ない」となるな。
「他の有象無象とは違っていて滅多に居ない人物」が「たぐいまれなる人物」ということだな。

85名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN0
チヤホヤの語源はホヤホヤの茶を出して歓迎することが由来

86名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN0
>>85の同語形でちょいと。
【あやふや】≒いやはや≒あれよあれよ
「彼や果や」から「あれなのか、はたまたなのか」(果た又・端た又=他方に果なれた又)で
「あれか、あれと異なるものか判別できない」ことを言い、曖昧・混乱を意味した。

【あわれ】あはれ
彼果れて、遠く果てにぽつりと寂しい様子
【あわや】あはや
事物の遠い果て=極限まで到達するかしないかという際。ぎりぎり。

87名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN0
【うたかた】上た彼た 浮く=上く 彼た=方
水の上方の極限。水面。そこから泡のことになった。

【あわ】上わ。「うわ→あわ」

88名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN0
【憎し】「く」は「怪し」の「け」にも通じ
暗い・黒・苦しみ・奇し・くすむ等陰鬱であやしげな感じがある。
くし(髪=黒)・くぼ(暗い)糞(黒い)朽ち(黒ずんでいる)
「何々に、くし」「誰誰に対して、奇しなる思いがある」「〜に、暗し思いあり」
の「に」が頭について「に奇し・に暗し→憎し」となった。
という感じだったら面白いけど、たぶん柔らかい意の「にこ」の感覚がある語かな。
「強くあたれない弱く柔らかい自分の心を歯がゆく思う気持ち=にくい」
相手を憎むのではなく、自分が弱くて憎いことを嘆く気持ち。

「〜しにくい」は自分視点の感情で「することに消極的な暗く弱い感情がある」か「対象が柔らかいために扱うことが困難」
「〜しがたい」は対象自体のこと。形を崩さない。手を加えて変えることができない型まった固い物。
「〜しづらい」は作業が連なり続くこと。たくさんの工程があって複雑で面倒。

89名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN0
地獄の沙汰の沙汰が漢字の意味から派生したって読んだけど
「定める」の「さだ」からのほうが意味的にピッタリだろ

90名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN0
>>89
地獄の沙汰も金次第なんて常識的に考えてSatan以外に無いだろう。

91名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN0
地獄といえば鬼だろ
鬼の語源は仁王を逆さにした業界読みオウニーから

92名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN0
【同じ】「なじむ」の丁寧語「お馴染」から

93名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN0
>>91-92をヒントに、ムジナは「なじむ」のアナグラムだった説。
「同じ穴のムジナ」はタヌキなどの住む同じ穴にナジム動物だから。

94名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN0
【からい】辛い物→辛い味
毒である危険があるため離すべき物。離らす物。離る=かる。

【にがい】苦い物→苦い味
毒である危険があるため逃げるべき物。逃がる物。

95名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN0
【おもねる】

しっぽをうねらせて喜んで追従する犬に例え「尾もうねる」と言ったことが由来

96名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN0
【いたち・おこじょ】
両方「立つ・起きる」習性が由来

【うさぎ】
音に敏感ですぐに巣穴に「失さぐ」

97名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN0
>>96を掘り下げる。
居立ち  居座るが座ったまま動かない。立ったままでいられる動物。
起こし尾 尾で立っているように見える動物。

98名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN0
【ばか】
「化かされ者→ばかたれもん→→ばかたれ→馬鹿」
キツネやタヌキのいたずらにひっかかるような間抜け者。

99名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN0
バカときたらタワケということで。

【たわわ】
単位「1把2把」に見られるように、古代、稲は手で握って量を見た。
「手幅(たはば)に実る=たわわに実る」
てのひらに十分なほど実った→頭を垂れて曲がるほど実った→たわむ
つづまって「たはば→束(たば)」にもなった。

【はかる】指や手などを端まで離れさせることによって幅を見たことから
「端離る」(離る=かる)
【たばかる】
「手端離る→手で測る→たばかる→よく考える→計略・だます」

【たわけ】【たわむれる】
「束になって群れて遊ぶ=束群れる=戯れる」から「ふざける」の意味。
「戯く(たわく)=手幅く≒束く(たばく)」
手幅く=手を伸ばして見るほどもない、距離を置くもの。
束く=ひとつのものとして取るに足らない、他物と一束で置いておくもの。

100名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN0
【ばか】馬鹿もこのあたりから来た説。
「幅離る=はばかる」から婉曲にするため前後脱落、中の「ばか」が残る。
「はばかり者→距離を置きたい嫌いな者≒鼻つまみ者という罵り→愚鈍」
「憎まれっ子世にはばかる」でも「はびこる」でも同じ「距離幅が広く離れる」の感覚。
世に嫌われて距離を置かれはばかられていた馬鹿者が、逆に
世に出でて世に広く名をはばからせるという皮肉を、かけことばにしたと。

または「手計り=考える」から、愚鈍な者の不注意を叱る際の
「たばかれ=考えろ」が入れ替わり「ばかたれ」になった。
こっちのほうが面白いか。

101名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN0
タワシもタバシって説あるな

102名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN0
手は「取る」からというのが有力だそうだけど
「高い」の「た」と共通と言ったほうが
手の古形「た」にそのまま当てはめられてしっくりくるけどな。
他の動物の前脚に比べて高いところにある人間の特徴を捉えた呼称。
「取る」は「手」からの派生と言ったほうが順序として自然かと。

103名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN0
>>67
蛙=かはす

かしらがはれている=おたまじゃくし=かえる
上(かみ)のほう→かしらの「か」+腫れの「は」

104名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN0
イケメン
イカすMen
イカす男たち

105名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN0
むかし、池 照夫 という美男子がいた。
キムタクのように、その男はイケテルと略されて呼ばれた。
それがイケてるの語源である。

106名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN0
「誤魔化す」

ある囲碁の名人がずるをして相手に勝った「ずるで碁負かした」という逸話が由来

107名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN0
【そつがない】卒が無い
「恙無い」の聞き間違いから。「つつがない≒すつがない≒そつがない」
意味合いも似ているし、ありえると思うな。

【つつがない】
「〜しつつ」など、「つつ」は何かが在り続けること。
「包む」も物を覆って留めておく意。
「筒」も穴が向こう側まで在り続いている。「つづく」も「つつ」。
よって「恙無い」は、病気で一所に臥して動けなくなったり
災難などでその場に釘付けにならないことを言った。
「居続けることが無い=停滞しない=うまく行く」

【つつしむ】
つつ+染みる・沈む・静か・親しむ・しとやか等の「下」の感覚の「し」
あまり浮き立ち動かず、下に落ち着くこと。

108名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN0
【すすむ】も「つつ」から。「つ→す」つぼむ→すぼむ
動きがそのまま続くことを「つつむ→進む」
動いていない状態がそのまま続くことも「恙む」

【とどく】「続く」の転。「つ→と」つまる→とまる
先方に情報や物が「続く」こと。連絡すること。
「告げる」も「次ぐ」「繋ぐ」「鶴」の首も
どこかに行き当たるように「連な」って「続く」意味がある。
「とどまる」も「ちぢまる」も「つづまる」なので
「とどのつまり」でも「つづのとまり」でも同じ意味を重ねただけ。
「すずめ」も「つづめ」で、他の鳥に比べてずんぐり「つづまっている」から。

【つら】面(物が隙間なく連なって続いているあたり→つら→表面」
【鼻=端(は)な所】【皮=川=上(か)端(は)=うわっ面にある水や肌≒顔】【肌=端だ】

【ちかい】付くように寄るというのが「付か寄る→ちかよる」
「近づく」は「付か付く」ということになる。

まったく逆のように見える「費える」「終(つい)」の「つ」と
「続く」「継ぐ」「つつ」の「つ」も、「付く」で繋がっている。
「蓄えが底に付く」から「費える」
「付く」ことが繰り返すために終わらないことが「続く」
「つくし」は「継く継くし」、継ぎ目が多い特徴から。
または「すくすく」と「まっすぐ」伸びるから「すくし」。

【つとめる】の「つと」も、早く動くの意と、じっとそのまま動かない意の両極があるけど
これもどこか根底で共通の感覚があったのが枝分かれしたはず。
こじつけられてないけど。

仕事を早めることを「つとにする」→努める。
「つとめて」に早朝の意もあることから「仕事をするために朝早く起きること」か。

109名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN0
【ととのう】の「とと」も安定継続の「つつ」
定位置に副え付けてそのままの状態を維持することが整える。

110名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN0
インチキ

犬畜生の略

111名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN0
接尾の「ちき」が「的」の変化かと言われているようだけど
たいてい罵り言葉についてるものだし、「ちきしょう」の後略というのでも頷けるね。

「のろま鈍い間=とんま鈍間」
「とんちんかん←鈍遅漢→とんちき(鈍遅気?)」
「どじ←鈍遅」

こうだとして見ると「ちき」の語源は「とんちんかん」の「ちんかん」部分の気もするけど。

112名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN0
カバンは外国語由来説が有力とあるけど
主に革製の胴乱のことを言っていたそうだから、名前を呼ばずに
「あの、革の(やつ)取って」とか言ってるうちに
「かわん取って」「かばん」って変わっていっただけじゃないのか?

113名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN0
>>110-111
キツネの異称で、罵りの後にも付く「こんこんちき」が最初だと思えてきた。
「コンコンと鳴く畜生」として狐の異称になって
それとは別の罵り「この畜生=こんちきしょう」の前半の音が似ているために
「大馬鹿のこんこんちき」のように洒落で後に付けるようになったと。
そこからまた「こんこん」と似て頭の「こ」尾の「ん」が同じで4文字の「高慢」に
「ちき」をつけて「こんこんちき」と似た調子にしようとして「高慢ちき」が派生した。
「とんちき」も「こんこんちき」の音から取っただけで、特に意味はないか
あるいは単に>>110のような「こんちきしょう」の後略が訛ったものに過ぎなかったと。

114名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN0
イノチ

居後。この世界に居る状態での後の生。
居なくなれば、人生の後が無くなる。「居後を失う」

115名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN0
>>65
ワダツミ

泡立つ水。「あ」は脱落。波打って泡が立つ特徴を捉えた名前。

116名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN0
>>114
「生きる」と「行く」は同源だろうし
「行後(いのち)のほうがそれっぽい響きがする。
人生の今より先、行くための後の道のりがあるということが
「命がある」ということというわけ

117名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN0
「のち」は「伸びる」「のさばる」等の延長拡大の意味「のつ」だろうし
「行伸つ」「息伸つ」の名詞化「行伸ち」「息伸ち」でもいいかな。
「いきのびる」が長らえて命のある状態を言う表現でもあることだし。

118名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN0
きつねときたらたぬき

「あたのき→たのき→たぬき」
「あた」は「あたま=上た間」で、狸は四肢や顔の下半分が黒く
背や頭、上の部分は黄色がかっているため「上の黄」な獣。

「果た」が「端(はた)」や「肌(はだ)」で「他との境界、端の部分」だから
「上た(あた)」が「上の部分」になる。「当たる=上たる」も物の表面=上に触れること。

因みに「背」は「後ろ」「裏」等と同源で、視界に入らない「失したところ」
「失せ」の「う」が落ちた。「う背」。
「うなじ」は「上」の「う」で、「背の上のほう」だから「上な背→うなぜ→うなじ」
「腕」が「手の上のほう」だから「上手→うて→うで」になるのと同じ道理。
技に優れて「上手」なことを「腕がたつ」とはよく言ったもので。

119名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN0
古事記とか日本書紀には「いのちのまたけむひと」とか
「いのちのまそけむひと」とあって、長寿の人のことのようだけど
>>116とあわせて考えるとしっくりくる解釈ができるっぽい。

「行く後にある間の長ける人」
「行く後にある間の盛かる人」t⇔s
生まれた時からの人生の道のりの間が盛んに長い。老いた人。

【マソ鏡】ますみのかがみ等も、「間す見」の「ま」では。
「間を置いて見ても良く映る、程度の良い鏡」
このへんから「間」が落ちて「澄み」ができて「透く」「鋤」など
「間が空いている」の「す」が派生したと。

120名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN0
【まさかり】 間盛り 間のない部分に刃を打ち込んで、間を盛んにする。

【いまそかり】 居間盛り
【みまそかり】 身間盛り
偉い人は遠い人。遠くであることを表すことが尊敬表現。
自分とその人の居る間には長い距離がある。距離が盛んである。

121名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN0
「咲く」「裂く」等も「亀裂が出来る」ことではなく
「亀裂(間)が盛る→さかる→さく」という感覚からで
有るものが大きく盛るのではなく
無い部分、穴の部分が盛って中が出てくることが
「裂ける」の意味にになっていった。
「花が咲く」でも「つぼみが割く」でもなく
「つぼみの亀裂(間)がさく(盛く)」ことで花が成るのが本来の感覚。

122名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN0
>>87>>115をあわせてもう少し。
【湯(ゆ)】「浮ゆ」「上ゆ」の「う」が脱落した。
沸騰して泡(上わ)が水の上に「浮(上)いて」水が盛り「上がって」「沸く(上く・泡く)」のが
「上ゆ=う湯→ゆ」
「水を上ゆようにする」「水を上わかす」のが「水を湯にする」こと。
本来はどんなに高温でもグツグツ盛り上がっている水以外は
「湯」じゃないということになるね。

海=上水(上に盛り上がる波が特徴の水)
湯=上ゆ(上に盛り上がってグツグツと波打ち、泡が浮くのが特徴の水)

どちらにも「上」が共通していたというわけだ。

123名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN0
【眉】>>46の感覚にあわせると
頭部の毛とは間が離れている孤立した毛「間ゆ毛」となるか。
古くは「まよ」となれば、「目に寄り添った毛」で「目寄の毛のほうがいいかな。

124名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN0
柚子は昔は「ゆ」とだけで呼ばれてたっぽいし
ゆず湯の習慣は「柚」と「湯」をひっかけて生まれたのかも?

125名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN0
柚子湯には身を清める禊の意味合いがあったそうだし
「斎(ゆ)つ」とも掛かっていたりして。時代が違うか。

126名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN0
【ばったもん】商人のギョーカイ用語で「たば」の逆さ言葉が由来
「二束三文」「たばにしてひとまとめに売るような安物」

127名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN0
【ガラクタ】
ばらけて壊れたり、くたびれた物の総称 バラクタ

128名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN0
【すねにきず】
【脛】「すじ=すぎ=杉・直(すぐ)」
「筋+根」「直+根」まっすぐで長く身体の下方にある根っこ部分。

「脛に疵持てば笹原走る」
一度悪に足を踏み入れて足に汚れ(きず)がつくと
普通の人の行く道を堂々と歩くことなく
鋭い葉が茂る笹原を人目を忍んで急ぎ行くことになり、よけいに足に傷がつく。
悪事から足を洗えない、悪循環になることをいった教訓。

129名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN0
>>112
【しかばね】屍の「かばね」も「皮」の変化かな。
「皮+根」体を構成するもの=皮と骨。
白骨や頭蓋骨単独より、皮つきの死体を目にすることのほうが多かっただろうし。

130名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN0
しかばねの「し」が「肉」の意味の「しし」だったら
皮と骨(根)と肉すべてあわせた言葉が「しかばね」になるな。
魂のない、魂以外で構成されたただの物体。
生命を意識しない、ただの肉体という即物的な言い方。
それ故に生きた体のことを即物的に言うことにも、死体を言うことにも使える。

「死ぬ」の「し」も、「肉(しし)」の「し」も、
「下」の「し」で共通していそう。
死んで下に倒れ伏し、起き上がらない。土の下に埋められる。
肉は皮(上端=かは)の下(内側)に位置しているから「下すもの=下し」

131名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN0
ちち(乳) ts=s しし(肉)
おっぱいは肉のかたまり。

132名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN0
「うんこ」が力を入れてイキむ時の声が語源ってことは
「産む」も同源でイキむ時の声?

ウンコと赤ん坊は同じ扱いか?

133名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN0
「うんち」は「うんこ」と「しっこ(ちっこ)」の合成で
大小便の意味。「おしっこをする」ことを「ちーする」
「しーしー・ちーちー」とも言うし、やはり音からだろうから、
「うんこ」の「うん」も音からとするほうが自然かな。
「ちんこ」とか「ちんちん」も、「ちっこ」「ちーちー」をする部分
というところからとするとしっくりくるね。

「産む」はもっと根源的な原始の言葉だろうし、同根とは思えないな。
「失す」の「う」と共通で、「大きな腹から失ぶこと」
「孕んだ腹」「妊婦」が中心・起点の目線で、
赤ん坊を腹の外へ失すことが「産ぶ=失ぶ」ことだったと。
「移す」も「失つにする」で、物が移動することで移動元が「うつろ」になること。
カメラで「写される」ことで「魂が吸い取られる」という考えになりやすいのもわかる。
「内(うち)」も「外から隔絶され、外から見て失われた状態。虚ろになった、囲われた場所」のこと。

まあ、「うんこ」のほうも、腹の中から「失んだもの」という意味では
同じ考え方でこじつけられるけど。

134名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN0
そういえば「ちちんぷいぷい」が「智仁武勇は御代のお宝」というのが違和感あったんだよな。
主に子供をあやすのに使われたっていうし、「ちーちー」の類で
重ね言葉の幼児語で語りかけたというほうが自然。
ノミ等小さいものを幼児語で「ちいちい」と言ったそうだし、
「痛い思いがちいさくなるように」との意味で「ちいちい」
「ぷいぷい=ふい」「ふと」「ふいっと」のように「すばやく瞬間的に」
あわせて「小さく小さく、すぐにすぐに。痛いの痛いの飛んでいけ」と。
または「ふいにする=まったくない・終わる」の「ふい」で
「小さく小さく、そして無くなる無くなる」で憂いが無くなり終わるおまじない。

135名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN0
「ふいふいと眠る」「ふいふいと泳ぐ」
「ふいふいと振る」「ふいふいと飛ぶ」
こんな擬態語あったのか。「ふわふわ」「ふらふら」と同じ?

「棒に振る」と「ふいにする」が同じ意味だけど
「振る」ことが「ふい」なのか?
「棒を引く」も帳消しっていう同じ意味だけど、関連性あり?
「棒を振る」じゃなくて「棒に」ってのが不思議だったんだが。
彼女にフラれるとかも、ここらへんからきてる?

136名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN0
あるじの語源はアッラー

137名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN0
>>133から適当につらつら想像巡らせた。
「うしなう」の「う」と「うえ」の「う」はどこかで共通していたのが分化したんだろうなと。
「かみ」「か」という「上」の概念があるのに、「う」も「上」なのだから。

「植える=土中に失す=土の上に上える」
「埋める=土をかぶせて失す=穴の底の上に上めて土をかぶせる」かぶせる=上伏せる(かみに伏せる)
「産む=腹の外に失す=腹から地上(この世の上)に上ぶ」産土神(うぶすな)砂(土)の上に上ぶ。
産屋には砂をまいて、その上に産み落としたそうだし。
「うつし世」「うつせ身」このあたりは、失すの「う」より上の「う」の感覚か。
上である世。下に隠れていないで、人の目に見える現実。
上である身。肌(はだえ)=端だ+上え。皮(かは)=上端(かみのはた)
目に見える、表皮。人の実体。
反対に、セミの抜け殻の「うつせ身」は「上つ」ではなく「失つ」。
「薄い=実体が失すい=古代の上といえば空で、広くなにもなく薄い」「失わのそら」
「水の上のほう、水面は色が失すい、水の上に浮く(上く)泡(上わ)はすぐに失せて儚い。
「嘘=真実が失せていて、失つろで上わ辺だけ。
「裏」は「失ら」「失して見えない所」
そして目に見える「表・面手」が同じく「う」である「上」となってややこしくなる。
「うまい」>>94のように離すべきものとは逆に、「上間う物=上間い」「味良し=上じ良し」「舌(下)の上に乗せて良い物」
と同時に「失まう物=失まい」「体の中に失して目に見えなくしても良い物=美味い物」
「うろこ」魚の肉の上にある「上ろこ」。食べるときに剥がして捨てる「失ろこ」
まあこれは「いろこ」とか「いろくず」が先にあったそうだけど、一興で。
「ひろ→いろ」で広い平べったい屑といったところかな。

こうして見方によって「上」であることとも「失す」であることとも
両方にとれるような言葉をきっかけにして
徐々に「う」から受け取る意味を混同していって「上」「失」が分化したのではと。

138名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN0
奪うが失ばうなら
盗むは失すむだったのかもな

139名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN0
赤土のことを「に」と言ったのは、
「にこし(和・柔)」の「に」で柔らかい粘土であることを言っていた。
赤い色、丹色のことをさすわけではなかった。
とげとげしい激しさがなく、軟弱でぼやけて、やさしい。
よって【にほふ】匂うは、「丹穂」で赤いことではなく
「ぼやっと滲んだ気配を帯びてそれがなんとなく感じられる」の意。
柔らかく覆い包む、滲み出す雰囲気。
滲む=虹、濁る=ぼやけてはっきりしない。鈍い=激しくなく、おだやか。
にぎやか≒なごやか。ただ騒々しいことではなく
静かであっても晴れ晴れとして柔らかい楽しげな雰囲気であれば賑やか。
煮る=茹でることで柔らかくする・味を滲ませる=和(に)る・柔(に)る
よく問われる煮ると茹でるの違いは
「柔らかくなり他と調和する」のが重点か、単に「湯が立つほどの高温に入れておく」かとなる。

140名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN0
「にぎる」はアレを握ると心が賑やかになるからかー

141名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN0
「握る」は「柔らかい」の「に」でも
「赤い」の「丹」でもすっきりこじつけられないから降参してた。
「な→に」で「殴る=凪ぐる」ときの拳の形だからか
全部の指を畳んだ形、指を凪ぎた形だからかな。
「右」からというのもあるけど、それなら「左」から「襞る」
手のひらをシワシワにしてヒダるのほうが握るの意味になりやすそう。
やはり「柔らかい」の「に」で、力を入れずにやさしく握る
というのが「にぎる」の最初の意味だったのかね。
「なくせみを たにぎりもちて」を「しっかり持って」としているけど
軽く握ってでもしっくりくるし、
「面忘れ だにもえすやと 手握りて」も恋の歌なのに、それほどきつく
握り締めて叩くとも思えない。軽く握ってちょこんと叩いているというほうが
ロマンチックな絵が浮かぶ。

142名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/22(月) NY:AN:NY.ANI

143名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN0
「似る」は柔らかいにどうこじつける?

144名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN0
荷物の「荷」もあるが、漢字からなのか和語なのかどっちだ

145名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN0
【似る】
「○と呼ぶに十分な▲=似ている」の意味で
「○に足る▲」と言っていて
その「に足る」の助詞「に」が単語の一部と誤解され
足るに吸収されて「似たる」になった。

【荷】
「背に負う」「船に積む」等、具体的な「何を」を省いて言っていたのを
「せに+負う」と、助詞「に」が単語の一部として捉えられ
「せに」のうち「せ」は「背」だから、「に」は「運んでいるもの」と類推され
「に」が荷物の意味となった。

助詞吸収説は便利便利。

146名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN0
やっぱり柔らかいの「に」にも。
「赤土(に)=粘土→ねばついてまとまるニ、土のニ、赤のニ」「膠=煮皮→ねばつく」等
古くからある土器やニカワから、柔らかいと同時に
「ぬめる・ねばってひとまとめにくっつく・調和・なじむ」の意味にもなる。
助詞「に」も場所の「土(に)」と接着固定の「に」両方の意味に重なる。
「沼」「ぬかるみ」「縫う」の「ぬ」、「糊」「泥(のろ→どろ)の「の」も
「練る」「粘る」の「ね」も、軟らかく粘る・まとまるの意味のn系。
「たにし」等の「螺」も、ぴったりへばりつき「にす」ことから。

【似る】粘りまとまる「に」で、「に+付く物」「に+合わす物」
比較するものと一体と思えるほど境目もなく、
ぴったり付いているように見える、共通点が多い物。

【荷】運搬の際に崩れないように「船に物資をくっつけてまとめる」
旅の道具を小さくひとまとめに「に+つける」等
かたくひとまとめにしたものを「荷」と言うようになった。

>>139の【匂う】は
「新帯ぶ(にいおぶ)」で「新鮮で若い雰囲気、活気を帯びてみずみずしく際立つ」のほうがそれっぽいかな。
【新(にい)】やわらかい「に」から。新しく若い植物や動物の身はみずみずしく柔らかい。

147名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN0
ニラもニンニクも臭いのニとは関係ないんだな

148名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN0
睨む、は粘っこい視線を相手に付ける、ニラ目つける?

149名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN0
【金】こがね・かね

「かが(輝く)+に(土)→くがに→こがね→かね」

土とするには硬すぎるか。

150名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN0
【屯倉】みやけ
「御(み)+屋(や)+食(け)」

151名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN0
土産のほうじゃなくてか

152名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN0
鬼は流れ着いた外人だったって説あるけど、帯丹(おに)で赤みを帯びた日焼けした白人のこと?
青鬼まで色分けされたのはアカニ・アオニ(赤丹・青丹)の言葉があったのが影響?

153名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN0
【徒に・悪戯(イタズラ)】
アラタしいがアタラしいになったように
至らずが逆になった?

154名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN0
「でかい」

木偶の坊 でくいだけで役に立たない

155名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN0
でかした奴→大きなことを成し遂げた奴→偉大→大きい
そもそもおかしな活用だから「出来す」は「でかをした=でか+した」
と誤解されやすく、「でか=大きなこと+した」と解釈されて
大きいという意味が派生した。

156名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN0
凸い=でかい
でっぱっている=大きくなっている

157名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN0
【音】【聞く】【耳】
「おと」なしく声を「落」として「押」し殺し、動きを「抑」えることで
自分のほうに来る=見る=感知することのできるものが
「音」であり、それを見る部分が「耳」。
それを見ることができるのは、それを「来く」ようにしたから。

「押(にする)と来くものを見る」
音を聞くことも、周囲の状況を知るためであり
古代人にとっては「見る」と同義だった。
「おとなしくすると来る=来く(聞く)ものを見む部分=見み=耳」
狩りで「おときけ=落と来け」と言った場合
「自分の言動を押さえて、他の言動情報を来るようにせよ」と命じる意味。
目では捉えられないその言動情報を見る器官が「耳=見み」

158名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN0
【香る】
「上(か)に尾(を)る」
煙が尾を引いて上に立ち上ることを言った。

【嗅ぐ】
物の上(か)に鼻をかかげて匂いを感知しようとする動作を
「上(か)ぐ」と言った。
または、犬などの動物が
遠くのかすかな匂いを感知するために顔を上にかかげて鼻をヒクヒクさせることについて
「上(か)ぐ」と言った。嗅ぐ際に上を向く動作は人間にも見られるので応用。

「匂いを嗅ぐ」ではなく、「鼻・顔を上いで、匂いを見る」が本来の形であった。

159名無し象は鼻がウナギだ!2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN0
びり=のんびり

160名無し象は鼻がウナギだ!2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN0
さくら

先+暗
すぐに散ってお先真っ暗
はかないことの象徴

161名無し象は鼻がウナギだ!2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN0
ふともものももと桃は関係あるん?

162名無し象は鼻がウナギだ!2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN0
こじつけスレなんだから、こじつければいいさ。

163名無し象は鼻がウナギだ!2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN0
【桃・腿・百(もも)】
盛る・盛り上がって盛んであることの「も」。
花が他と比較して多く盛んにつく、あるいは果実に毛が盛んに生えている桃。
身体の中でも盛り上がってたくましい腿。
数が多く、盛んであることの百。
【漏る】
盛んに増えることで一部が余りこぼれる。
【森】
木が多く盛んに葉をつけ、「もこもこ」している。
【元・本・戻る・悖る】
木や山、火などで最も太く盛んなのは根本。
そこに帰ることが戻る。まっすぐ行かず折り返すことからゆがむ意味→悖る。
【持つ・揉む】
手の上に物を盛る。
【助詞も】
付け加えて更に盛る。
【萌える】【諸(もろ)】
盛んに増える。たくさん。
【雲】
暗さが盛る・くすんだもこもこした物。

164名無し象は鼻がウナギだ!2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN0
【餅】
トリモチなど、物が表面に盛りつく粘着性の物。
【もう】
追加して更に盛んに。
【もろい】
一つのものが崩れて、たくさんになる。
「もろもろ→ぼろぼろ」
【こぼれる】
来る+漏れる(盛り上がる)
【ぼる・ぼったくり】
「も→ぼ」変化で「盛る→ぼる」
金額を盛って暴利をむさぼる。
【貪る】「むさと・むさむさ→むざむざ+張る」
「群れ」「村」「虫」の「む」+「さ」自然・様子+「端る・果る・張る」程度が著しい。
蟲のように本能のまま、何も考えずに飛びつき群がる。
「はる(ばる)≒ほる(ぼる)≒もる」
覚う(おぼう)思う(おもう)「ぼ≒も」

165名無し象は鼻がウナギだ!2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN0
もどく・もどかしい 擬く

元の物に似せて元く・もどき
押し戻して逆らう戻く・もどかしい

166名無し象は鼻がウナギだ!2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN0
【もぐる】は一見「盛る」とは逆の方向で無関係のように見えるが
【モグラ】から来ていて、そのモグラに「盛る」が関わっている。
ただし語頭の「モ」ではなく、語源の「ウグロモチ」の「モ」。
上(う)ぐ+ろ+盛ち。土を上に盛る生き物。
土を盛る意の語「うごもつ」の名詞形。「モチ」が落ちて「モグラ」。

167名無し象は鼻がウナギだ!2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN0
甲類、乙類っての、はっきり区別ついてなかったんじゃないか?
他にも色々ルーズに交換がおこっているわけだし。
あとからなんとなくわかれて、固まってったってだけでしょ?
日と火は甲乙違うから語源は別って言うけど、甲乙にこだわりすぎな気がする。

168名無し象は鼻がウナギだ!2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN0
きんたまが精(き)の玉なら
ちんこも精(き)のこなんじゃないか?
さきわい(先?)がさちわい(幸)とか
きがちになることもあるっぽいし

169名無し象は鼻がウナギだ!2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN0
愛川欣也はちんちんてことだな

170名無し象は鼻がウナギだ!2013/09/02(月) 00:48:25.24P
ヤクザってのは当て字で893
2chでよく見るっしょ?
これは薬味とも読める
味気ないもののスパイスになるけど単体じゃ用をなさない

合ってるでしょ

171名無し象は鼻がウナギだ!2013/09/03(火) 17:15:20.870
893はパクさんと読める。
つまり韓国人ってこと。

172名無し象は鼻がウナギだ!2013/09/03(火) 18:37:14.650
やくざ……やく3……ほぼ3……保母さん
つまり保育士はヤクザだったんだよ!

(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー !! (`・д´・ (`・д´・ ;)

173名無し象は鼻がウナギだ!2013/09/04(水) 05:30:26.050
かたい→つよい→おそろしい

全部「コワイ」

174名無し象は鼻がウナギだ!2013/09/11(水) 03:27:55.070
饅頭も?

175名無し象は鼻がウナギだ!2013/09/11(水) 17:17:19.230
おこわこわい

176名無し象は鼻がウナギだ!2013/09/30(月) 01:58:24.800
お金こわい

177名無し象は鼻がウナギだ!2013/10/25(金) 12:13:04.360
【+ニュース勢いランキング】
・2NN http://www.2nn.jp/
・2chTimes http://2chtimes.com/

【+ニュース新着】
・2NNhttp://www.2nn.jp/latest/
・BBYヘッドラインニュース http://headline.2ch.net/bbynews/
・unker★ http://unkar.org/r/bbynews
・2ちゃんねるDays-Plus- http://plus.2chdays.net/read/new/0/

【全板縦断勢いランキング】
・スレッドランキング http://www.bbsnews.jp/total2.html
・2ちゃんねる全板・勢いランキング★ http://2ch-ranking.net/
・2ちゃんねる勢いランキング http://www.ikioi2ch.net/
・Read2ch★ http://read2ch.com/

【おまけ】
・2ちゃんぬる★http://2chnull.info/rand/
・ログ速★http://logsoku.com/

◎ +ニュースとは記者が立てるスレッドです。
◎ ★サイトは過去スレッド検索・閲覧対応です。
◎ ブックマークしたスレッドの新着レスの有無を自動チェックするなどの機能がついている2chブラウザ併用で閲覧にロスが無くなります。

178名無し象は鼻がウナギだ!2013/10/25(金) 14:35:46.520
>>1 働くは「畑らく」で畑仕事することだろう。

179名無し象は鼻がウナギだ!2013/10/25(金) 14:38:49.260
もしかすると働くは「機らく」で機織することが語源か。

180名無し象は鼻がウナギだ!2013/10/25(金) 17:29:26.900
【道路】
アメリカから"road"という言葉が伝わったが、日本はアメリカと違い左側通行なので
逆さ読みの「ドーロ」とし、「道路」という字を充てた。

181名無し象は鼻がウナギだ!2013/10/25(金) 19:41:46.560
はたらくは最初は止まっていたものが動き出すってだけの意味だったみたいし

畑とは関係ないんじゃないの

体たらくとかの類でしょ

助動詞「たり」の未然形「たら」と体言化の接尾語「く」

「端」と「たらく」で、どっか出掛ける意味

「作物の端が猛る場所」で「端長け」から「畑」になったと考えるなら

畑と働くには共通の端っていう意味が含まれてることにはなるけど

182名無し象は鼻がウナギだ!2013/10/25(金) 22:13:39.720
>>181 >>体たらくとかの類

・・・体たらくは動詞だったのか。

183名無し象は鼻がウナギだ!2013/10/26(土) 00:15:08.720
>>182
んなこと書いてない
「はたらく」にある「たらく」は
「体たらく」にある「たらく」の類じゃないのかと

184名無し象は鼻がウナギだ!2013/10/27(日) 01:11:03.110
あめんぼう

 ふと池を眺めるとそこかしこに波紋が広がっている。
降って来たのかな?と、空を眺めるが、雨が降っている様子は無い。
改めて池を見直すと、水面に浮かぶ小さな虫が波紋の正体だった。
ああ、これが雨降りと勘違いした正体だったのか。雨の子供、雨ん坊か。

185名無し象は鼻がウナギだ!2013/10/27(日) 17:56:19.730
足が十字架形に広がっていることから

「アーメン坊」

と名付けられた

186名無し象は鼻がウナギだ!2013/10/28(月) 04:28:07.850
>>183 コジツケにしても動詞と名詞を一緒くたにするのは苦しいな。

187名無し象は鼻がウナギだ!2013/10/28(月) 06:43:47.690
だからなんで一緒くたにしていることになってるの?
「たらく」自体は名詞でも動詞でもないじゃん

188名無し象は鼻がウナギだ!2013/10/28(月) 19:14:22.330
端たらむ
端たりつ
端たりけり
端たらじ
端ためり
端ためけり

189名無し象は鼻がウナギだ!2013/12/18(水) 04:50:34.260
「あそぶ」=コソアドの「あそ」
あっちにそっちにあてどなく動くこと。
ぴったり固定されない隙間のある部分を「あそんでいる」とも言うし。
歌舞も酒宴も、これという目的なしに自由に動く感覚で、遊ぶ。

190名無し象は鼻がウナギだ!2013/12/22(日) 09:51:54.070
のど・のむ

盛られてある食物を、のして平らにする
平らげる≒のす(のむ)

残る=のされて平らな野の一部だけ、のされずに凝っている=野凝る

191名無し象は鼻がウナギだ!2014/08/26(火) 19:27:58.790
「沖縄」は昔沖縄の人が自分たちのことを「うちなー」と言っていたのを
日本人が「ここは『うちなー』という国なのか」と勘違いし、
それが日本語風に訛って「おきなわ」となった。

同じような現象として中国人が日本に来た時に自分たちのことを「わ」(我)と言ってたのを
国名と勘違いし「倭」となったという説とも通ずる。

192名無し象は鼻がウナギだ!2014/08/30(土) 22:48:17.630
朝鮮(チョソン)も
朝鮮語で「チョソン」(私においては)と言ったのを誰かが勘違いしたのだな

193名無し象は鼻がウナギだ!2014/09/07(日) 22:51:29.180
【suicide】
昔ヨーロッパで健康な人々が原因不明の病で倒れる人々が続出していた
すぐさま調べて共通点を探してみると彼らは皆同じ飲み物を飲んでいた
彼らは皆、製造会社は違っていたがスイスから輸入されているサイダーを飲んでいたのだ
事実を知ったヨーロッパ人は自殺者のことをスイスのサイダーを飲む人と比喩してswi-ciderと呼んだ
後にsuiciderと訛り、名詞化してsuicideとなった

194名無し象は鼻がウナギだ!2015/10/30(金) 00:05:59.170
( ´∀`)

195名無し象は鼻がウナギだ!2016/01/27(水) 14:08:10.680
scorpion
四股る平壌

196名無し象は鼻がウナギだ!2018/02/19(月) 23:36:53.340
確実にどんな人でも可能な嘘みたいに金の生る木を作れる方法
時間がある方はみてもいいかもしれません
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

5DATP

新着レスの表示
レスを投稿する