【タンチョウ】絶滅からの復活【シジュウカラガン】

1名無しさん@お腹いっぱい。2012/04/06(金) 08:00:16.57ID:MGFWg9iC
かつて絶滅したと考えられていたり絶滅寸前からの復活を遂げたまたは
復活中の野鳥について考えるスレです。
国内ではトキ、アホウドリ、タンチョウ、シジュウカラガンやハクガン等
ありますが、海外もOKとします。

2名無しさん@お腹いっぱい。2012/04/07(土) 16:46:26.66ID:g9g4B9vu
今季のシジュウカラガンは248羽だったのかな?
八木山動物園のHPは昔はまめに報告あったのに今年は1回のみでよくわからん。
しかしここ数年でえらく好調に復活しつつあるのは嬉しいね。
ハクガンはなかなか伸び悩んでるね。1羽行方不明になるし。

3名無しさん@お腹いっぱい。2012/04/08(日) 00:03:45.37ID:???
ハクガンはアメリカ行けばドバト並に群れで飛んでるけどな。

4名無しさん@お腹いっぱい。2012/04/09(月) 08:59:11.80ID:q2mFTZh4
>>3
アメリカでのハクガンが湖埋め尽くしてる映像見たことある。
アジアへ渡る個体群が絶滅状態なんだよね。
アジア側での繁殖もロシアのウランゲリ島のみとの事。
江戸時代には全く普通に日本には来てたらしい。しかも日本のみでなくアジア全体で
居なくなってしまった。
責任は越冬地よりも繁殖地のロシア側に責任多い気がする。

カナダガンもアメリカでは普通種だけど、これも昔激減したのを復活させたとかいう
話を聞いたような気がする。

5名無しさん@お腹いっぱい。2012/04/10(火) 00:03:23.23ID:???
カナダガンは亜種がいっぱいいるからねえ。
絶滅しかけた亜種もいたかもしれないけど、
総じて数は結構いる種だね。

最近公園に増えてる大型亜種は日本にも沢山いるけど、
ヨーロッパでも移入個体がやたらと増えている。

日本に昔から来ていた亜種シジュウカラガンは
個体数は少ないのだろうかね。

6名無しさん@お腹いっぱい。2012/04/10(火) 06:49:58.69ID:WYwV69kl
>>5
シジュウカラガンは千島列島繁殖で日本に渡って来た個体群は昭和初期に絶滅状態で
アリューシャン列島繁殖、北米越冬個体群は絶滅しかかったのをアメリカが保護して
復活。その個体を増やして千島のエカルマ島に20年位前から復活活動。
今年250羽くらい、昨年150羽くらい、一昨年86羽その前年50羽位との事で、ここ数年
好調に増えているよ。
江戸時代は仙台あたりでは渡ってくるガンのなかでは一番多い種だったという話がある。

7名無しさん@お腹いっぱい。2012/04/14(土) 11:29:39.72ID:sbD/Azo6
http://mainichi.jp/select/news/20120414k0000m040035000c.html

カメラ故障で孵化確認できず、との事だけどここ2年空ぶっているからね。
期待したいけどね。


8名無しさん@お腹いっぱい。2012/04/22(日) 02:46:59.51ID:???
3/21の情報古いんですが、ちょっと貼っておきます。
http://www.hokkaido-nl.jp/detail.cgi?id=11296

9名無しさん@お腹いっぱい。2012/04/22(日) 08:34:05.96ID:IgL/zs80
>>8
シジュウカラガンは千島繁殖だから道北じゃなくて道東経由で帰るんだろうね。

10名無しさん@お腹いっぱい。2012/04/22(日) 20:25:20.59ID:???
>>9
ちょっと調べてみましたが、去年秋に浦幌(帯広の近くの町)でシジュウカラガンが74羽確認されてるんですね。
故郷を考えると当たり前なのかも知れませんが、なるほどと思いました。

11名無しさん@お腹いっぱい。2012/04/23(月) 22:01:02.64ID:eYgfbgyo
トキの雛、少なくとも3羽いるとの事。By NHK

12名無しさん@お腹いっぱい。2012/04/26(木) 21:39:48.92ID:js6JwJqq
>>10
ある人のブログでハクガンの話だけど、十勝に来たハクガンは南下する時襟裳岬目指して
飛び去ったそうです。さすがに1千メートルを越える日高山脈は一気には越えないみたいです。
途中にあるウトナイ湖ではシジュウカラガンもハクガンも観察される事あるみたいだけど
定期的には来ないみたい。
どうも一気に道南もしくは本州へ行くみたいです。もしかしたら襟裳から海越えで地球岬経由函館と
渡ってるのかも?

13名無しさん@お腹いっぱい。2012/05/09(水) 06:22:59.94ID:apRFauJp
今NHKで言ってたけど、トキもう一番が雛孵したみたいだね。

14名無しさん@お腹いっぱい。2012/05/12(土) 08:40:51.08ID:???
>>11
中共を新中国と呼ぶのは反日サヨクだよ。「中共」は、中国大陸においては中国共産党の略称である。
一方、中国大陸の外においては、中華人民共和国が国家であることを認めない人々が
「(中国大陸を統治する)中国共産党政権」という意味の俗称として使っていた
(この意味による「中共」は、日中国交正常化前の日本社会で使われていたほか、
現在でも、国共内戦で中国大陸から台湾に渡った中国国民党などが使っている)。
また「新中国」は、主に日中の国交正常化前、つまり中華人民共和国建国後は
台湾島を含む一帯を統治している中華民国を日本政府が「中国を代表する正当な政府」としていた時代(1912〜2009)に、
中国共産党を支持する日本人が中華人民共和国を指して使っていたものである。

15名無しさん@お腹いっぱい。2012/05/15(火) 19:13:20.97ID:???

16名無しさん@お腹いっぱい。2012/05/15(火) 19:20:13.54ID:OC9/F6lW
コウノトリ情報はここで
http://www.stork.u-hyogo.ac.jp/
千葉でも放鳥しようという・・
http://mytown.asahi.com/chiba/news.php?k_id=12000941205150001

17名無しさん@お腹いっぱい。2012/05/18(金) 05:52:54.74ID:ETJqVCxl

18名無しさん@お腹いっぱい。2012/05/24(木) 19:29:35.61ID:FZ/GxOvt
36年ぶりに自然界でふ化した国の特別天然記念物トキのひな誕生を記念し、新潟県佐渡市は23日、公募で選んだひな8羽の愛称を発表した。
愛称は、みらい▽ゆめ▽きぼう▽きずな▽ぎん▽きせき▽そら▽美羽(みう)。甲斐元也市長は選考理由を「トキと共に頑張って日本や佐渡を再生したいという気持ちで付けた」と説明した。
ひなの成長を期待し、市役所で開いた出生届セレモニーで発表した。きぼう、ぎん、美羽は、宮城、福島、岩手の東日本大震災の被災3県からの応募案が採用された。
愛称は今月11〜21日に募集し、全国から6193通の応募があった。今後さらにふ化が確認された場合も、この応募の中から選ぶ。
セレモニーでは、職員が着ぐるみに入った「トキ」の親鳥2羽が8羽分の出生届を提出した。愛称欄にはそれぞれの愛称が書かれ、
本籍は「新潟県佐渡市」、父母の職業欄は「特別天然記念物」。2羽は甲斐市長から成長記録を記した特製の「トキ健康手帳」を贈られた。手帳は同市のトキの森公園資料展示館などで展示する予定。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120523-00000031-mai-soci


ええかげんにせえよ?コラ!

19名無しさん@お腹いっぱい。2012/06/06(水) 22:16:27.70ID:vwKAmZ5h
長谷川先生頑張ってます。

第108回鳥島オキノタユウ調査報告
ひな353羽巣立ち、鳥島集団の推定総個体数は約3,000羽に


http://www.mnc.toho-u.ac.jp/v-lab/ahoudori/research/report/no108-0405/108.html

20名無しさん@お腹いっぱい。2012/06/06(水) 22:22:36.38ID:vwKAmZ5h
アホウドリ情報は
長谷川先生東邦大学HP
http://www.mnc.toho-u.ac.jp/v-lab/ahoudori/index.html
山科鳥研HP
http://www.yamashina.or.jp/hp/yomimono/albatross/ahou_mokuji.html

21名無しさん@お腹いっぱい。2012/06/21(木) 21:25:30.60ID:JJ8cdUE5
【北海道】放鳥したシマフクロウから2羽のひな誕生…道北で確認、生息広がりに期待

道北で、絶滅の危機にひんするシマフクロウの野生のメスと、放鳥したオスのつがいから2羽のひなが生まれたことが確認された。
環境省が21日、発表した。道北では長く繁殖が途絶えていたとされ、生息地域の広がりにも期待が集まっている。

 放鳥は同省が進める保護増殖事業の一環として実施。人の飼育下にあった個体と野生の個体からひなが生まれたのは初めて。
7日に確認したところ、2羽とも2千グラム前後に成長していたという。

 同省のレッドリストで最も絶滅の恐れが高い「絶滅危惧☆(ローマ数字1)A類」に分類されるシマフクロウは国の天然記念物。
道内の生息数は約140羽と推定される。

http://ime.nu/www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/381751.html

22名無しさん@お腹いっぱい。2012/06/21(木) 21:43:47.52ID:JJ8cdUE5
トキ8羽すべて巣立ち 首席自然保護官「大きな前進」 新潟

5月17日にひなが確認された巣からひな2羽が巣立ち、ことし新潟県佐渡市の放鳥トキ3組の
つがいから産まれた8羽のひな全てが巣立った。環境省の長田啓首席自然保護官は21日、
「ここまでうまくいくとは想定していなかった」と、感慨にひたった。
長田首席自然保護官は「(産卵してもひな誕生に至らなかった)昨年までの状況から、
ことし8羽も誕生するとは考えにくく、誕生後も全ての巣立ちは簡単ではないだろうと思っていた。
ひなの餌を集め続けた親鳥は立派」と振り返った。2羽は数日後には飛び立つと見られ、
先に巣立った6羽も自力で餌をとるなど、順調に成長している。

7日に巣から落下し、偶発的に巣立ったとみられた幼鳥が行方不明となり、14日になって
親鳥やきょうだいと合流、親鳥からえさをもらったことについて、「正直言って、あの1羽は
生存が厳しいと思った時期もあった」と打ち明けたが、「そのことも含め、今後の野生定着への大きな前進」
と語った。

 環境省によると、ひなが生まれたつがい3組をはじめ、今年の繁殖期間中のペア組み替えも含めると、
のべ18組が営巣した可能性がある。6月後半にはいっていることから、今後新たに営巣するペアはないと考えられるという。




23名無しさん@お腹いっぱい。2012/07/13(金) 08:14:32.58ID:CsPcuPbn
ミッドウェー環礁から、アホウドリのひなが今年も巣立つ

 アメリカ連邦魚類野生生物局(US Fish & Wildlife Service)ミッドウェー国立野生生物保護区
の研究者によると、2012年6月10日、ミッドウェー環礁からアホウドリの
2羽目のひなが巣立ちました(下記サイトを参照)。これは、日本列島以外から巣立った2羽目のひなでもあります。
http://www.fws.gov/midway/whatsnew.html
昨シーズン(2010-11年繁殖期)に、ミッドウェー環礁のイースタン島で初めて繁殖した1組のつがい
(両親とも鳥島生まれで、今シーズン、雄は25歳、雌は9歳になった)は、2011年11月9日に前年と同じ場所に造った巣に産卵し、
その卵から2012年1月9日にひなが誕生しました。ひなは順調に育って、6月10日に巣立ち、海に飛び立ちました。
昨シーズンの産卵日は2010年11月中旬前半、孵化日は2011年1月14日、巣立ち日は2011年6月17日でしたから、今シーズンは、
繁殖時期がおよそ1週間早まったことになります。
 日本列島の鳥島で繁殖するアホウドリは5月末までに大部分のひなが巣立ち、尖閣諸島のものは5月半ばまでに巣立ち終えると考えられます。
したがって、まだ2年間の観察結果しかありませんが、ミッドウェー環礁のひなの巣立ち時期は、日本列島の2集団と比較すると、
少し遅いかもしれません。もし、そうだとすると、それが気候条件や海洋環境の違いによる単なる時期の移行なのか、それとも周辺海域の栄養条件
(とくに、大集団で繁殖するコアホウドリ・クロアシアホウドリとの食物をめぐる競争)に影響されたひなの成長の遅れによるのか、疑問が生じます。
今後、繁殖経過の観察例数を増やし、ひなの成長過程をくわしく調査すれば、この疑問は解明されます。その結果は、ミッドウェー環礁におけるアホウドリ集団の将来を予言するでしょう。


24名無しさん@お腹いっぱい。2012/08/15(水) 05:04:42.18ID:qnakEjBN
 環境省北海道地方環境事務所は14日、国内では天売島(羽幌町)だけで生息する絶滅危惧種ウミガラス(オロロン鳥)のヒナ
10羽が巣立ったと発表した。2ケタの巣立ちが確認されたのは16年ぶり。

 同事務所によると、ウミガラスは今年28羽の生息が確認され、12羽がふ化した。うち、10羽が7月21日?8月4日の午後7時半
?8時ごろ、親鳥に先導され、巣を飛び立ったという。

 ウミガラスは1960年代には天売島に約8000羽が生息していたと推定されるが、カモメやカラスに卵やヒナを補食されたり、漁網に
引っかかったりして激減した。このため、環境省は01年に保護増殖計画を策定。11年からは繁殖地周辺でエアライフルによるカモメ
などの捕獲に乗り出した。

 巣立ちが確認されたのは04年以降で08年、昨年、今年の3回だけ。渡辺雄児・羽幌自然保護官は「10年以上かけて、やっと
ここまできた。このまま3ケタまで増やしたい」と話している。

ソース(毎日新聞) http://mainichi.jp/select/news/20120815k0000m040093000c.html?inb=ra
写真=8月2日に確認された巣立つウミガラスのヒナ(左)と親鳥
http://mainichi.jp/graph/2012/08/15/20120815k0000m040093000c/image/001.jpg


25名無しさん@お腹いっぱい。2012/08/16(木) 14:35:51.67ID:GRnLnOyI
<放鳥トキ>ひな3羽の母親死ぬ 佐渡、タヌキの跡

環境省は16日、新潟県佐渡市の放鳥トキで、今季ふ化したひな3羽の母親にあたる
3歳雌が死んだと発表した。死因は不明だが、タヌキに食べられた跡があるという。
 この雌は10年11月の3回目の放鳥で野生に放たれ、今年4月5日に抱卵、
5月5〜11日に2ペア目となるひな3羽のふ化が確認された。
 死骸は今月13日朝、地域住民が発見した。損傷が激しく、死んだ時期の特定は難しいが、
最後に確認された7月24日以降の比較的早い時期に死んだとみられるという。
 同省は、このペアから生まれた幼鳥3羽は14羽程度の群れに含まれ、
親から餌をもらわずに自立しており、雌の死は幼鳥の生存には影響しないとみている。
放鳥トキの死骸が確認されたのは4例目。【宮地佳那子】

26名無しさん@お腹いっぱい。2012/08/16(木) 15:21:14.33ID:GRnLnOyI
8月11日、男性が小麦畑で農作業をしていると、突然空から1羽のイヌワシが
男性めがけて舞い降りてきて襲い始めた。男性はとっさに積んであったワラ山に逃げ込んだ。
その後もワシは飛び去らず、執拗にワラ山の上を旋回、再度の襲撃のチャンスをうかがっていたが、
近くにいた村人たちが応援に駆けつけ、男性を助け出した。しかし、男性は腕に5針、頭に12針を縫うケガを負った。

実は男性は数年前から「痔」の治療薬としてイヌワシの子どもを食べていた。
昨年もワシに襲われ、21針を縫う大ケガを負っているが、懲りずに食べ続けていたという。
村では同じ理由でワシを食べていた別の男性が昨年、やはりワシに襲われ40針を縫う大ケガを負い、
恐ろしくなって引っ越していったという。村の責任者は
「ワシは知性が高いので、仇の相手を記憶しているのだろう」と話している。

ソース:レコードチャイナ(2012年8月16日 11時35分)
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=63798


中国の話でどれだけ信憑性あるかわからないけど。
中国でもイヌワシは稀少だと思うけど猛禽類の保護とかどうなってんだろう?

27名無しさん@お腹いっぱい。2012/09/25(火) 22:33:52.83ID:LpqfIclo
9/20 伊豆沼(宮城県)にマガンが初飛来!
9/5 北海道サロベツ原野にオオヒシクイ初飛来!!

去年のバーダーで雁の特集してたけど、伊豆沼のマガンって毎年増えてるんだね。
昨冬は大雪のせいもあるだろうけど、渡良瀬遊水地にたくさんマガンが来たり、
群馬にもけっこう雁が来た。
今年もたくさん来てほしいです。

28名無しさん@お腹いっぱい。2012/09/26(水) 07:34:50.49ID:5huitFBM
長谷川先生のHPより

 アホウドリの主な繁殖地である鳥島は、日本列島に110ある活火山(「過去1万年以内に噴火した火山」
という気象庁の定義による)のうち、活動度がとくに高い(ランクA)と評価された13の火山の一つです。
もし、大規模な噴火を起こせば、アホウドリ集団にかなりの影響を及ぼすはずです
(ただし、噴火が高頻度で起こらない限り、繁殖集団は消滅しない)。また、鳥島集団に感染性の病気が
流行すれば、アホウドリははるかに大きな被害を受けます。もし、致命的被害を受ければ、
残る繁殖地は国境問題の渦中にある尖閣諸島のみとなり、アホウドリという種の存続に
再び赤信号が点ります。
 こうした事態に備えて、火山島ではなく、国境問題をも抱えていない“安全”な島に、なるべく早期に
第3繁殖地を確立する大計画が2004年8月にまとめられました
(第3回国際アホウドリ・ミズナギドリ類会議報告[2004年9月13日掲載]を参照)。その基本計画にそって
さまざまな準備が進められ、鳥島集団の総個体数(ひなを含めた)が2000羽を超えた2008年2月から、
実際に鳥島の従来コロニーから第3繁殖地の形成場所として選定された小笠原諸島聟島にひなが運ばれ、
現地での3ヶ月半にわたる野外飼育が開始されました。
 それから2012年までの5年間に、合計70羽のひなが鳥島から聟島に移されて飼育され、69羽が巣立ちました。
聟島から巣立った幼鳥のうち、すでに1割ほどが聟島に帰ってきたことが確認され
(山階鳥類研究所の出口智広さんたちによる観察)、この計画は順調に進んでいます。
 今シーズンでひなの移動は終了しました。来シーズン以降は、
聟島に帰還した個体の求愛行動や繁殖行動が継続して観察され、新コロニー形成の過程が追跡調査されます

29名無しさん@お腹いっぱい。2012/10/13(土) 14:49:15.80ID:cD6QV6V8
ハクガンが北海道に来たようです。
今のところ、47羽のようです。もっと増えるといいですね。

30名無しさん@お腹いっぱい。2012/10/25(木) 05:35:02.59ID:FPu5plM8
今年はなんと希少種のハクガンが91羽にまで増加しました!
今年の春が41羽でしたので2倍以上です!
来年には3桁まで増えるのでしょうか。増殖計画が上手くいっているのを肌で感じています。

http://www6.ocn.ne.jp/~wbsj-tk/index.html


今年はかなり増えたみたいです。ここ数年減りはしないのですが、数羽ずつの
増加でしたので繁殖環境と運がよかったのでしょうか?
去年最大で42羽でしたので今年は成鳥が最大で42羽だと思いますが、もしそれ以上の
成鳥がいるとしたら、昨年他アジアで中国や韓国あたりに渡ってた個体や北米に
渡ってた個体が混じってる事になりますね。

31名無しさん@お腹いっぱい。2012/10/29(月) 05:29:17.07ID:/Qxql9Pn
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/413870.html

【浦幌】冬の使者が舞い降りた―。真っ白な体に先だけ黒い羽が特徴のハクガンが今年も
十勝管内浦幌町の牧草地に飛来している。群れをなして飛び回る姿は、
乱舞する粉雪のようだ。その数は90羽以上で、地元の浦幌野鳥倶楽部によると、
過去最多という。
 体長70センチほど。10月上旬、繁殖地の北極圏の東シベリアから飛来した。
乱獲で明治以降、渡りが激減したが、日米ロの共同保護事業が実を結び、
再び姿を見せるようになった。
 同町では1991年、1羽が確認されて以降、徐々に増え、昨年は42羽の飛来を確認。
今年はその2倍を超えた。<北海道新聞10月23日夕刊掲載>


32名無しさん@お腹いっぱい。2012/11/30(金) 16:27:44.70ID:???

33名無しさん@お腹いっぱい。2012/12/06(木) 05:28:33.56ID:3NauBigy
絶滅が心配されている国の特別天然記念物「アホウドリ」の新たな繁殖地を作る取り組みで、4年前に小笠原諸島
の島を巣立ち去年戻ってきたオスの1羽が、つがいとなって、初めての産卵に成功したことが確認されました。
順調にいけば来月にもヒナが誕生する可能性があり、新たな繁殖地作りは成功に大きく近づきました。

国の特別天然記念物の「アホウドリ」の新たな繁殖地作りは、環境省と山階鳥類研究所などが4年前に
スタートさせました。
現在の繁殖地の伊豆諸島の鳥島から350キロ南に離れた小笠原諸島の聟島にヒナを移して飼育し、去年、
最初に巣立った一部のヒナが聟島に戻ってきたことから、繁殖への期待が高まっていました。
このためNHKが、現地に遠隔操作できるビデオカメラを設置して、観察を続けたところ、先月14日、
去年戻ってきた「Y01」の足輪をつけたオスの足元に卵があるのが確認されました。
現地には繁殖を促すための偽物の卵が置いてあるため、山階鳥類研究所が慎重に映像を分析した結果、
一部の卵の映像に、産卵の際についたとみられる血のあとが確認され、Y01とつがいとなったメスが産んだ
卵と判断しました。
島を巣立ったアホウドリがつがいとなって産卵に成功したのは初めてで、順調にいけば2か月ほどでふ化する
ことから、来月にも聟島生まれの初めてのヒナが誕生する可能性があります。
山階鳥類研究所の尾崎清明副所長は「ことしが産卵の可能性としては一番、最初の年だったが、このチャンスに
卵を産んでくれたのは何よりの喜びだ。鳥島から運んだ鳥がわれわれが手をかけなくても数を保つことが
最終目標で、来月、ヒナが生まれることを楽しみにしている」と話しています。

34名無しさん@お腹いっぱい。2012/12/06(木) 05:30:14.43ID:3NauBigy
アホウドリ移住作戦

羽を広げると2メートルを超える国内最大級の海鳥・アホウドリ。
その新たな繁殖地をつくる取り組みは、4年前の平成20年に始まりました。
およそ80%が繁殖する伊豆諸島の鳥島は、日本有数の活火山で、噴火によって生息地が破壊されるおそれがあり、
国は南に350キロ離れた小笠原諸島の聟島に移住させることにしたのです。
世界でも例のない移住大作戦。
巣立ったあと、数年間を海上で過ごし、成熟すると育った島に戻って繁殖するというアホウドリの習性を
利用しました。
まず、鳥島で生まれたヒナをヘリコプターで聟島まで運び、親鳥に代わって研究者が餌を与えて飼育する
ことから始めました。
1年目、10羽のヒナが移され、3か月ほど人工飼育したところ、いずれも順調に島を巣立っていきました。
巣立ちは2年目、3年目とその後も順調に進みました。
その最初のヒナが巣立ってから2年目のおととし8月、奇跡の出会いがありました。
日本から5000キロも離れたアラスカ・アリューシャン列島で、「Y10」の足輪をつけた最初に巣立った
うちの1羽が、NHKの取材班によって、偶然、撮影されたのです。
胸の部分が白い羽毛に生え替わり、大人に近づいている様子でした。
それから半年後の去年2月、待ちに待った瞬間がやってきました。
アラスカで撮影されたのとは別の「Y01」の足輪をつけたアホウドリが、初めて島に戻ってきたのが
確認されたのです。
これまでに島に戻ってきたのは、平成20年と21年に巣立った25羽のうちの12羽。
新たな繁殖地作りは最終段階を迎え、この冬の繁殖期に期待が高まっていました。

▽記事引用元 NHK(12月5日 19時12分)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121205/t10013980941000.html

▽山階鳥類研究所プレスリリース
http://www.yamashina.or.jp/hp/p_release/images/20121205_prelease.pdf

35名無しさん@お腹いっぱい。2013/01/16(水) 22:54:55.05ID:eV5w7VRt
シジュウカラガン100羽超が飛来
絶滅危惧種に指定されているシジュウカラガンが100羽以上、新潟市江南区
小杉の水田に飛来しているのを、同区の写真家の男性(82)が14日確認し、
撮影した。渡り鳥を調査しているビュー福島潟(新潟市北区)によると、
本県への飛来は今季初とみられる。

 シジュウカラガンは毎年、越冬のためロシアのアリューシャン列島などから
日本に渡ってくる。本県でも毎年確認されているが、この日の飛来数は近年で最多。
男性は「これほどの数が一度に見られるまでに増え、うれしい」と話した。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20130115021634.html

新潟には毎年11月末頃来るのに、今年はちょっと遅かったですね。
しかし、今年のシジュウカラガンの飛来数はどれくらいなんだろう?
地震後の八木山動物園のHPが全然更新されなくなってしまった。
北海道では秋に200羽の群れが観察されてるみたいなんですけどね。

36名無しさん@お腹いっぱい。2013/01/16(水) 23:06:23.15ID:eV5w7VRt
シジュウカラガン:宮城・新潟、400羽超越冬 「目標1000羽が現実的に」 人工繁殖後で最多 /宮城

 希少渡り鳥のシジュウカラガンの国内越冬数が宮城、新潟の両県合わせ少なくとも408羽に
達していることが、大崎市三本木のガン類保護支援団体「雁の里親の会」などの調査で15日、分かった。
池内俊雄事務局長(52)によると、11年度の248羽を大幅に超え、人工繁殖後では最多の越冬数となった。
営巣地の北千島列島での順調な繁殖と日本への渡りの定着を示す越冬数という。

 池内さんは13日朝、大崎市古川の化女沼で278羽を数えており、
新潟では生物写真家、本田清さん(82)=新潟市江南区=が14日、130羽の群れが近くの阿賀野川べりの
水田で稲のひこばえを食べているところを写真に納めた。2カ所で計400羽の大台を突破した。
新潟の群れは、越冬状況がはっきりしなかった秋田県・八郎潟から寒波に押され南下したとみられ、
宮城からの移動ではないという。

 シジュウカラガンは1930年代、北千島で絶滅したとされ、渡りが途絶。日露両国の鳥類保護専門家らが
渡り羽数回復事業に取り組み、95年から10年にかけ人工繁殖させた計551羽を北千島で放鳥。
国内越冬数は、05年度の37羽を皮切りに年々増加。今年度は、300羽台としていた予想を上回った。

 池内さんは「突然絶滅するリスクの少ない1000羽を目標に羽数回復に関係者で取り組んできたが、
あと数年での実現が現実的になった。喜ばしい」と話している。【小原博人】
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20130116ddlk04040021000c.html


ちょっと調べたら400羽越えてたみたいですね。
そういやちょうど全国でガンカモ調査やってますよね。

.

37名無しさん@お腹いっぱい。2013/01/25(金) 07:38:01.82ID:j6XgC2hT
第109回鳥島オキノタユウ調査報告      1月18日

鳥島集団は順調に増加、
全体で538組のつがいが産卵、北西斜面の新コロニーでは122組に


以下>>20、長谷川先生を参照

38名無しさん@お腹いっぱい。2013/02/21(木) 19:29:08.86ID:rjlba4iW
タンチョウ、列車への衝突相次ぐ…JRなど対策

北海道東部の湿原に生息する国の特別天然記念物タンチョウと列車の衝突事故が後を絶たない
ことから、JR北海道と環境省は、列車からタンチョウの嫌がる音を出すなど、
事故防止策の検討に乗り出した。
 今月13日、釧路湿原周辺を走るJR釧網(せんもう)線でタンチョウがはねられて死んだ。
JRによると、タンチョウが列車にはねられる事故は、今年度4件となった。環境省によると、
事故は2011年度までの過去10年間で30件発生している。
 最近では、給餌などで数が増え、湿原での過密化も問題となっているタンチョウだが、
その生息数は世界でもわずか3000羽弱とされる。環境省は「非常に希少な生物で、
事故は無視できない」(釧路自然環境事務所)としている。

(2013年2月17日10時10分 読売新聞)

39名無しさん@お腹いっぱい。2013/02/21(木) 19:34:35.72ID:rjlba4iW
タンチョウ生息状況一斉調査結果     釧路総合振興局

http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/tantyouissei.htm

40名無しさん@お腹いっぱい。2013/04/01(月) 10:53:31.99ID:igtgPM8K
3ヶ月離れていた飯間さんにぴったりとくっついて離れない
ルルとランの姿が切ないなあ

41名無しさん@お腹いっぱい。2013/04/03(水) 05:29:12.46ID:+VfFD4na
>>40
何の鳥だろ?

42名無しさん@お腹いっぱい。2013/04/07(日) 15:10:01.78ID:GCu2qqhW
タンチョウだよ。
ルルラン地区で手の平サイズの時に親が列車に撥ねられて保護された。
映像にはルルがレールの間から逃げだせなくて必死に列車から
走って逃げているものもあった。

43名無しさん@お腹いっぱい。2013/04/10(水) 05:55:14.13ID:qgrVhdFU
>>42
STVで放送したようだね。
こっちは関東だから何の事か分からなかった。
釧路はタンチョウの繁殖にはもう限界で今では十勝方面や網走とか道北でも
繁殖初めて、まあ、増えたのはいいけど人間との事故も増えてるって話だね。

44名無しさん@お腹いっぱい。2013/04/11(木) 06:30:31.29ID:wzQTUx24
<トキ>「2世誕生」高まる期待 繁殖期を迎え、10ペアが抱卵

新潟県佐渡市で放鳥された国の特別天然記念物トキが、繁殖期を迎えた。9日現在、
10ペアが抱卵しており、自然界で36年ぶりのふ化にわいた昨年に続く「2世誕生」への
期待が高まっている。一方、ペアの中には同じ親を持つ兄妹も確認され、
環境省はふ化した場合にはひなを収容して隔離する方針だが、
高い枯れ木での捕獲作業となるなど条件は厳しい。【真野敏幸】

今年の巣作りが確認されたのは2月下旬から。今月9日時点で13組が営巣し、うち10ペアが
抱卵している。昨年は3ペアから8羽が誕生。このうち2ペア
(4歳雄と3歳雌、5歳雄と5歳雌)は今年も抱卵している。
環境省佐渡自然保護官事務所の長田啓(おさだけい)首席自然保護官(41)によると、
中国の野生下では、ふ化を成功させたペアは2年連続でひなを誕生させる割合が高く、
「ふ化が期待できる」と話す。有精卵であれば、今月下旬にふ化するという。
一方、抱卵ペアには同じ親から生まれた6歳雄と4歳雌の兄妹もいる。
近くひな誕生の可能性があるが、近親交配は子や子孫の抵抗力や繁殖力を低下させる
可能性があり、ふ化の確率は通常より低い。
佐渡トキ保護センター(佐渡市)などの飼育施設は、なるべく遠縁を組み合わせて個体数を増
やしているが、遺伝的多様性を確保するには、中国から新たなトキを迎え入れる必要がある。
だが、尖閣諸島をめぐる日中関係の悪化などもあって、
昨年10月に予定されていたトキ2羽の移送計画は止まったままだ。

http://rd.yahoo.co.jp/media/news/related_article/from_article;_ylt=A8vY5EXe2WVRa3EBNA_yluZ7/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130410-00000014-maiall-soci

45名無しさん@お腹いっぱい。2013/04/15(月) 20:46:05.06ID:???
今BS3chにてワイルドライフでタンチョウの特集やってるw

46名無しさん@お腹いっぱい。2013/04/18(木) 07:01:37.83ID:rDg8OcMy
>>45
知らなかった。

47名無しさん@お腹いっぱい。2013/04/19(金) 09:43:34.01ID:lAJD/a1w
トキの2組目ペア、雄がひなに餌=雌戻らず「父子家庭」に―環境省

環境省は18日、新潟県・佐渡島で野生復帰を目指して放鳥した国の特別天然記念物
トキのうち、17日にひなのふ化が確認された2組目のペアの雄が、ひなに餌を与える
様子を確認したと発表した。このペアの雌は15日以降、巣に戻っておらず、
雄が抱卵していたため、ひなが餌をもらう場面は観察されていなかった。
 同省によると、このペアの雌は他の雄と仲を深める行動を取ったり、枝を運んで巣を
作ろうとしたりする姿が確認されており、このまま別の雄とペアになる可能性が高いという。
 飼育下では、雄だけでひなを巣立ちまで育てた例があるが、自然下では確認されおらず、
同省の長田啓首席自然保護官は「餌を与える様子は確認されたが、楽観できる状況ではない」
と話した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130418-00000139-jij-soci

48名無しさん@お腹いっぱい。2013/04/24(水) 06:03:48.43ID:CEqewf0P
>>47
雛2羽とも死んじゃったね。

49名無しさん@お腹いっぱい。2013/05/06(月) 18:17:37.85ID:UJ0YwmK3
珍鳥ナベコウ、佐渡へ飛来
県内では6年ぶり2度目の確認
 トキの島・佐渡に珍鳥が飛来―。国内では2、3年に一度しか見ることができないという
ナベコウの幼鳥1羽が、佐渡市で初めて確認された。日本野鳥の会県支部によると、
本県では2007年に糸魚川市で確認されて以来、2回目。迷って飛来した可能性が高いという。

 放鳥トキのモニタリングチームが28日に発見した。ナベコウを見た佐渡市の大工の男性(52)は
「今まで佐渡で見たことがない黒い鳥がいた。見た瞬間にナベコウだと分かり、感動した」という。
30日も、水田で餌を取る姿が観察された。

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20130430040245.html

50名無しさん@お腹いっぱい。2013/05/19(日) 16:14:32.65ID:5qaIlxXM
トキ放鳥:ひな6羽全ての足輪の装着完了 /新潟
毎日新聞 5月18日(土)14時12分配信

環境省は17日、放鳥トキから今季生まれたひな2羽に識別用の足輪を付けたと発表した。
これで今季、自然界で育っているひな6羽全てに足輪を装着したことになる。
同省によると、5歳雄と5歳雌のペアから生まれた2羽。ひなは生後23〜27日経過し、
健康状態も良好という。順調にいけば5月末に巣立ちを迎える。
 また今季、自然界で育っているひな4羽について、足輪装着に併せて採取した血液を使って
性別判定した結果、雄が1羽、雌が3羽だった。今回足輪を付けた2羽についても、
後日判定を行う。兄妹ペアから生まれ、人工飼育しているひなについては雄が3羽、雌が1羽だった。
 同省はまた、今季、母鳥が巣に戻ってこず父鳥のみでひな2羽を育てたが死んだ経験を持つ4歳雄が
16日、別の3歳雌と営巣しているのを確認したと発表した。【真野敏幸】5月18日朝刊
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130518-00000128-mailo-l15

このあいだ14羽目を確認とか言ってたのに6羽ですか。
8羽死んだんですね。

51名無しさん@お腹いっぱい。2013/05/20(月) 21:31:45.85ID:/c5kcu0a
NHK ダーウィンが来た
小笠原で初産卵!若きアホウドリ夫婦の挑戦  5月26日

国の特別天然記念物、アホウドリ。小笠原の無人島に新たな繁殖地を作ろうと、5年前から
ヒナが運び込まれ、人の手で育てられてきました。そして去年の秋、一組のつがいが
新天地でついに産卵に成功。待望のヒナ誕生への期待が高まりました。ところが、卵を産んだ
メスが突然行方不明に。残されたオスは2ヶ月もの間、飲まず食わずで卵を温める
異常事態に陥ってしまいました。若いアホウドリ夫婦が初めて挑んだ子育ての奮闘記。
驚きと感動のドキュメントです。

http://www.nhk.or.jp/darwin/

このあいだのトキみたく、産卵後にメスが巣を放棄したとはアホウドリでは
考えられないからメスは死んだんだろうなあ。
小笠原情報は山科鳥研や長谷川先生の所には今のところ何も書いてないなあ。

52名無しさん@お腹いっぱい。2013/06/03(月) 23:29:00.52ID:Z+Fsbsfp
>>43
今度のNNNドキュメント(9日24:50)でこれをやるらしい。

53名無しさん@お腹いっぱい。2013/06/18(火) 20:05:35.83ID:lRj1CPIa
なんか今年のトキの雛はぞくぞく死んでくな。
もう3羽しかいない。

54名無しさん@お腹いっぱい。2013/10/16(水) 18:54:11.16ID:ZU+nnIxh
ハクガン北海道に来たみたい。
でも去年ほど数は来るかな?

55名無しさん@お腹いっぱい。2013/11/02(土) 18:22:36.59ID:uxsBWNPQ
バードフェスタ行ってハクガンの事聞いたら今年北海道で100羽越えたとの事。
ちなみに20年以上前にハクガン復活プロジェクトってあったけど、あの時
ウランゲリ島からハクガンの卵を取ってシベリアのマガンに托卵してたけど
あれは1回きりだったそうで、今日本にきている固体はその子孫なのかは
調査不足ではっきり分かっていないそうです。

56名無しさん@お腹いっぱい。2013/11/19(火) 19:38:58.95ID:cY25uziM
ちょっと古い話ですが・・

山口県熊毛郡でコウノトリ10個体が確認されました
目撃情報をお知らせします。
山口県熊毛郡にて飛来したコウノトリ(J0051,J0052,J0066,J0067,J0068,J0070,
J0071,J0074,J0081、他1羽)が確認されました。

目撃日:平成25年10月17日

情報提供者:清神 清 様、山口放送

兵庫県立コウノトリの郷公園HPより


単独で日本中うろうろしているばかりだと思っていたんですが、
結構な数で移動するようになって来たんですね。

57名無しさん@お腹いっぱい。2013/11/19(火) 20:08:23.53ID:pEcVnqwn
佐渡トキ保護センターより抜粋

2013年10月31日〜11月7日放鳥トキ情報
確認した個体
2012年に野生下で誕生したトキ 6羽
野生下で誕生 A02(2013) A01(2013)A03(2013)A04(2013) 4羽

前の週では2012年のトキは7羽でしたが今回たまたま1羽どこかに行って
たんだと思います。ここ数ヶ月の表見ても7羽です。ちなみに昨年は8羽巣立った
はずなので1羽は多分死んでしまったのでしょう。
また今年生まれはもはや4羽。14羽生まれて6羽巣立って既に4羽ですね。

58名無しさん@お腹いっぱい。2013/11/19(火) 23:22:14.10ID:???
トキとアオサギ、何故差が付いたのか

59名無しさん@お腹いっぱい。2013/12/06(金) 20:55:20.31ID:OEBSsEch
シジュウカラガン:500羽超え…希少渡り鳥、宮城で観察
毎日新聞 2013年12月04日 19時16分(最終更新 12月04日 20時18分)

宮城県大崎市の水田で、「日本雁(がん)を保護する会」(同県栗原市)幹事で、
NPO法人「エコパル化女沼」理事の池内俊雄さん(52)が3日朝、希少渡り鳥の
シジュウカラガン10+件504羽を見つけカメラに収めた。絶滅の懸念を
払拭(ふっしょく)する500羽の節目を超え、池内さんは「順調な増え方」と喜ぶ。

 同会と仙台市立八木山動物公園が共同で1983年から渡り回復作戦を実施。
当初は米国からアリューシャン列島の種鳥を取り寄せて増やし、県北の伊豆沼から
営巣地だった北千島へ向け放鳥したが、成果は得られなかった。旧ソ連崩壊後のロシアと協力し、
95年以降は北千島のエカルマ島から日本に向けほぼ毎年放す方式に切り替え、
6、7年前から少しずつ渡ってくる数が増えた。
昨冬は宮城、新潟の両県で408羽が確認されたが、今冬、期待通り500羽超え
となった。新潟県内にも少数の群れがいるとの情報がある。数年以内に1000羽に
達する可能性があり、関係団体はそうなれば「シジュウカラガン復活宣言」
を出すことにしている。【小原博人】

.

60名無しさん@お腹いっぱい。2013/12/13(金) 12:59:45.81ID:+SRPw+Yk
アホウドリ産卵確認 小笠原・聟島
12月13日 10時47分 NHK

絶滅が心配されている国の特別天然記念物「アホウドリ」の新たな繁殖地
として期待されている小笠原諸島の聟島(むこじま)で、1組のつがいの
産卵が確認されました。
卵がふ化すれば、絶滅を防ぐ取り組みに弾みがつくことから、専門家は
「慎重に観察を続けたい」と話しています
環境省と山階鳥類研究所などは、伊豆諸島の鳥島に生息する
「アホウドリ」が火山の噴火で絶滅しないようにするため、新たな繁殖地を
350キロ離れた聟島に作る試みを5年前から進めています。
こうしたなか、先月9日、聟島でNHKと山階鳥類研究所が設置していた
カメラに1羽のメスの足元に産卵された卵が写っていました。
聟島での産卵は、去年も同じ時期に確認されていますが、その時は
受精しておらず、ふ化には至りませんでした。
ことしも同じつがいによる産卵で、山階鳥類研究所によりますと、
このつがいは産卵が確認される前日にしか交尾をしておらず、
受精しているかどうかは現時点では分からないということです。
卵がふ化すれば、絶滅を防ぐ取り組みに弾みがつくことから、
山階鳥類研究所の尾崎清明副所長は、「オスとメスが交代で卵を抱くなど、
つがいとして成長しているのがみてとれる。ふ化に至るかどうか、
慎重に観察を続けたい」と話しています。

61名無しさん@お腹いっぱい。2013/12/26(木) 05:44:19.97ID:Qjhm3PE/
エコパル化女沼ブログ

おはようございます。化女沼での渡り鳥情報をお伝えします。12月24日の朝の飛び立ちでは
マガン4500羽 亜種ヒシクイ840羽 シジュウカラガン564羽 でした。
天候にもよりますが、晴れていれば高い確率で朝の飛び立ちやねぐら入りでシジュウカラガンを
観察できると思います。是非一度見に来てください。

化女沼ダム観光資料館 住所 宮城県大崎市古川小野字遠沢2-2

また、宮城県登米市でカリガネ100羽前後の群れが確認されています。30羽〜50羽程度の
群れがいるのは今まで確認されていましたが、100羽超えは今まで聞いた事が
ありませんでした。驚きです。

【情報・写真提供】NPO法人エコパル化女沼理事・ガンの里親友の会事務局長 池内俊雄氏

62名無しさん@お腹いっぱい。2013/12/30(月) 17:42:16.61ID:NX7epP2G
ソデグロヅル3羽が土佐路にふわり 高知県内確認は初

2013年12月30日08時25分
 生息数が3500〜4千羽とされ、絶滅も危惧されるソデグロヅルが3羽、
高知県中部の田園地帯に飛来。名前通りの先端が黒くなった翼を開き、
美しく飛行する姿が目撃されている。
 ソデグロヅルの成鳥は体長1・3メートル前後。ロシア北東部を中心に生息し、
中国やインドなどで越冬。日本への飛来はまれだが、鹿児島県出水市などで確認されている。
 近くの住民らによると、3羽は26日から4日連続飛来。29日も午前7時半ごろから、
稲刈り後の田で草の根などをついばむ様子が見られた。午後5時半ごろ、
「クエー」と甲高い鳴き声を上げ、3羽同時に東の空へ飛び立った。
 野生生物環境研究センターの沢田佳長所長は「世界的な希少種で、
高知県内での確認は初だろう。越冬してくれたら言うことなしですが」と期待している.

63名無しさん@お腹いっぱい。2014/01/16(木) 20:50:08.03ID:UslXXK2U
>>19
長谷川先生 掲載:2014年1月14日

第113回鳥島オキノタユウ調査報告

鳥島集団の繁殖つがい数は609組に、昨年から71組も増加!
そのうち、北西斜面の新コロニーは148組で、全体の約1/4を占める。
鳥島全体で繁殖つがい数は609組になり、昨シーズンから71組(+13.2%)も増加しました。
とくに、デコイと音声装置を利用して形成した北西斜面の新コロニーでは148組が産卵し、
昨シーズンより26組(+21.3%)も増加し、新コロニーは全体の1/4を占めるまでになりました。

64名無しさん@お腹いっぱい。2014/01/16(木) 21:19:39.87ID:UslXXK2U
長谷川先生、公開シンポジウム『希少鳥類の未来を考える』


ぼくは2014年3月末で東邦大学理学部を定年退職します。これに関連して、
つぎのシンポジウムが開催されます。

テーマ : 「希少鳥類の未来を考える」
日 時 : 2014年3月8日(土)13時00分-17時15分
会 場 : 東邦大学習志野キャンパス・薬学部C館101教室
参加費 : 無料


興味のある人は行ってみましょう。
ただし、長谷川先生は、

はやくち
せっかち
がんこ
わがまま

な事で有名です。質問コーナーがあった場合、本人に悪気は無いのですが、
質問した人に対しちょっと不快に感じる場合もありますが、御愛嬌で勘弁して下さい。

65名無しさん@お腹いっぱい。2014/01/17(金) 07:30:31.11ID:3Mp6Gqwu
シジュウカラガン、宮城に今冬500羽超飛来 群れ安定まであと一歩
2014.1.14 02:02

 絶滅の危機で国内への飛来が途絶えたシジュウカラガンがこの冬、500羽以上県内に渡って
きていることが、保護団体の調査で分かった。他県を合わせると約650羽に上る。
仙台市八木山動物公園などの活動が実を結んだもので、群れが継続する安定数とされる
1千羽に達するのも近いと、関係者の期待を集めている。
 シジュウカラガンは昭和初期まで仙台周辺にも多数飛来したが、その後、見られなくなった。
千島で繁殖し日本で越冬するものと、アリューシャン列島で繁殖し北米西海岸で越冬するものと
2系統あったが、繁殖地でのキツネによる捕食が原因で絶滅の危機に。
 しかし、生存していた群れが昭和30年代にアリューシャンで発見され、米国政府による
増殖作戦により北米系統は絶滅の危機を脱した。
 一方、日本でも同動物公園と「日本雁を保護する会」(栗原市)による活動が始められ、
58年に米国の協力で繁殖用の9羽が同動物公園に提供された。一地方都市にとって
無謀ともいえる挑戦だが、宮城にはガン類最大の飛来地である伊豆沼(栗原市、登米市)があり、
同動物公園は鳥の繁殖に卓越していることから、実行に移された
 放鳥したシジュウカラガンの日本への飛来は9年度に確認。飛来数は17年度以降30羽以上
と安定し、22年度は105羽(県内67羽)、23年度は238羽(同145羽)、
24年度は408羽(同278羽)と急増。9年連続で飛来している個体も確認されている。
 同動物公園の阿部敏計(としかず)・飼育展示課長は「来シーズンにも1千羽を超える
可能性が出てきた。1千羽を超えれば自力で群れを維持できる」と期待。成功のポイントとして、
2歳未満の帰還率が高いことを突き止めたことやロシアの協力などを挙げる。
一方で「一度失われた自然を戻すには、大変なエネルギーが必要だった」としみじみ語った。(本間篤)

        産経ニュース

66名無しさん@お腹いっぱい。2014/01/21(火) 14:04:30.86ID:3JdOIv4v
>>60
今年も無性卵だったみたい。
BY NHKニュースより

67名無しさん@お腹いっぱい。2014/01/26(日) 15:35:35.14ID:cMfd9U7u
うちの庭に良く来てる鳥、灰色っぽくておなかのあたりが白いやつ、
なんていうのかなと調べてみたらシジュウカラだった
またひとつお利口になってしまった

68名無しさん@お腹いっぱい。2014/01/27(月) 11:32:27.36ID:???
シジュウカラとシジュウカラガンを間違えてこのスレに来る辺りまだお利口とは言えない。

69名無しさん@お腹いっぱい。2014/01/29(水) 19:47:51.44ID:9sbmSUWb
環境省がこんなのやってました。

平成25年10月18日

モニタリングサイト1000 2012/13年ガンカモ類調査速報について(お知らせ)
1.平成25年度春期調査概要
・調査期間:2012年9月から2013年5月 ・調査地点数:72地点
・調査方法:各サイトに調査員を配置し、双眼鏡等を使用した目視により、
 ガン、ハクチョウ、カモ、カイツブリ、バンの仲間を対象に個体数を
 種ごとにカウント。

以下リンク先で。他に植物とかウミガメなんかも調査してるみたいです。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17267

70名無しさん@お腹いっぱい。2014/02/20(木) 06:24:08.87ID:B8EQBU0Z
ハクガン:上越で106羽確認 調査史上最多/新潟   毎日新聞

 「日本雁(がん)を保護する会」(宮城県栗原市)幹事の池内俊雄さん(52)は2日、
調査10+件先の上越市の朝日池で106羽のハクガンを確認したと発表した。
宮城県北部にいる迷鳥の1羽を加え本州での越冬数100羽超えは調査10+件史上初という。

ハクガンは1970年代に渡りが途絶え、93年の日ロ共同の渡り復活作戦の実施後、
日本へ少しずつ飛来するようになった。【小原博人】

http://mainichi.jp/area/niigata/news/m20140205ddlk15040027000c.html

71702014/02/20(木) 06:34:49.26ID:B8EQBU0Z
あ、記事コピーしたら変なのも移してしまった、ご勘弁を。
日付は2/20です。

でもこれ調査したの少し前ですね。新潟のハクガンは先週にはもう居なくなり
秋田へ移動したようですからね。
あと70年代に渡りが途絶え・・って途絶えたの戦前でしょ?

72名無しさん@お腹いっぱい。2014/02/23(日) 14:10:09.80ID:DaMwCjnu
ハクガンの回復状況ですが、個人的に拾ってみました。

2013 106羽   2001 9羽
2012 91羽   2000 9羽
2011 42羽   1999 7羽
2010 38羽   1998 7羽
2009 32羽   1997 8羽
2008 27羽   1996 4羽
2007 25羽   1995 4羽
2006 9羽    1994 4羽
2005 6羽    1993 4羽(この年からハクガン復活プロジェクト開始)
2004 11羽
2003 6羽
2002 4羽
以上ですが、2001年以下は http://www.tanioka.info/hakugan1.htm で拾いました。
これは日本雁を守る会の記録だそうで、全国のデータみたいです。
それ以降はネットの個人記録なんですが、同じ個体群と思われ、道東から秋田、新潟ルートで
渡る個体群に限られたデータです。

73名無しさん@お腹いっぱい。2014/02/23(日) 14:42:08.47ID:DaMwCjnu
しかし、日本雁を保護する会のHPって昔から文字化けして見れないのは何故だろう?
でもこれを見ると1990年代はハクガンは少ないながらも道東と道北の2系統での渡りがあった
みたいです。つまり北海道でも千島経由カムチャッカで渡りをするのと稚内から樺太経由で大陸へ渡る
個体群です。
 しかし現在の増えつつあるのはほとんど道東から千島経由の個体群みたいで、道北経由の
個体はほぼ消滅してるみたいです。ただ1羽だけ残ってるかもしれないのがいますが。
海外の情報はわかりませんが、ハクガン復活プロジェクト開始時は日本より朝鮮半島で確認された
ハクガンが多かったはずでそれはかつて道北経由の個体群と途中まで同じルートで渡っていたはずです。
現在その大陸経由で東アジアで越冬するハクガンがどれほどいるのか知る由もありませんが、
 しかし2012年にいきなり91羽飛来し49羽も増えた中にはいくらか大陸経由の個体がいるんじゃないかと
思ってます。
なぜならここ何年かの成鳥と幼鳥の数を見てると(幼鳥は翌年は成鳥になってると見る)秋に渡って来た
ハクガンの内成鳥の数は前年総飛来数の1〜2割は減っています。これは繁殖期と換羽期に敵に
襲われる危険が高いからでしょう。
ところが2012年の成鳥数は前年を少し上回っています。これって一部のハクガンは前年は日本じゃない場所
で越冬したのが今回日本に渡ってきたんじゃないでしょうか?
と、言う事はハクガンは集団営巣するみたいですが、同じ営巣地で繁殖しても大陸に渡るのと
日本に渡るのと2系統あるんでしょうか?面白いですね。
誰かNHKとかでも調べてくれないかなあと思います。

74名無しさん@お腹いっぱい。2014/03/20(木) 13:38:51.51ID:okR+9MXf
 兵庫県豊岡市で2012年6月に巣立ちした国の特別天然記念物・コウノトリ1羽が、同市から約600キロ離れた韓国南東部の湿地にいることが確認された。

 05年に兵庫県が野生に戻す取り組みを始めてから、国境を越えたことが判明したのは初めて。

 現地の湿地管理施設職員の郭承国クァクスングクさんが撮影し、個体識別用の脚輪で1歳の雌と確認された。
18日午前10時〜正午に釜山プサンの北西にある金海キメ市で餌を探していたといい、19日も目撃された。
この雌は昨年10〜12月、群れで山口県や岡山県に飛来したことが確認されたが、その後、行方がわからなくなっていた。
コウノトリは、かつては朝鮮半島と日本の間を行き来していたとされる。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140320-OYT1T00007.htm

75名無しさん@お腹いっぱい。2014/03/20(木) 18:01:55.24ID:okR+9MXf
今季初、トキ巣作り=昨年放鳥のペア−環境省

 環境省は10日、新潟県・佐渡島で野生復帰を目指して放鳥した国の特別天然記念物トキの
ペア1組が島内で巣作りを始めたと発表した。今季の繁殖期で営巣が確認されたのは初めて。
 同省によると、このペアは昨年6月に放鳥された3歳の雄と2歳の雌。2月下旬から
小枝を渡し合う求愛行動や、枝を運ぶ様子が確認されていた。10日午前7時半ごろ、
木の上に巣の材料が積み重なっているのが見つかり、営巣を始めたと判断した。(2014/03/10-16:46)

時事ドットコム

76名無しさん@お腹いっぱい。2014/03/21(金) 11:25:44.05ID:uk1o8MzG
中国から韓国へ贈られたトキ、今年は60羽以上まで繁殖する見通し―韓国メディア

2014年3月14日、韓国慶尚南道昌寧郡に位置するトキ回復センターではトキのペア8組が
3−4月に60個以上の卵を生む見込みとなった。そのうち30個以上が順調に孵化する
見通しであることが明らかになった。同センターで育てるトキは現在の28羽から
60羽以上に増加する見込みだ。中国新聞社が韓国・聯合ニュースの報道として伝えた。

同センターによると、もし同センターで飼育するトキが100羽以上になった場合、
一部を野外へ放して野生に返す計画で、2017年ごろになる見通しだ。
トキは絶滅の危機に瀕した動物で、韓国では第198号国家重点保護種
(韓国では天然記念物と呼ぶ)が、生息面積の縮小から個体数が激減し、
1979年以降、韓国では見られなくなっている。その後、中国から2回にわたり
トキの寄贈を受け、慶南昌寧郡にトキ回復センターを建設し、人工繁殖を行ってきた。

2008年10月、中国政府は初めて韓国に「洋洲」と「竜亭」という名前のトキを贈った。
2013年12月、同年6月に韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の訪中期間に結ばれた
了解備忘録(MOU)に基づき、中国は韓国に「金水」、「白石」と名付けられたトキを贈った。
(提供/人民網日本語版・翻訳/YH・編集/TF)

77名無しさん@お腹いっぱい。2014/05/13(火) 06:33:56.65ID:eGaZLEX8
2014/05/12 23:41 日経速報ニュース 659文字
 東京都とNPO法人の小笠原自然文化研究所は12日、小笠原諸島・媒島(なこうどじま)で、国の特別天然記念物で絶滅危惧種の
アホウドリとみられるひなを確認したと発表した。小笠原諸島のアホウドリは1930年代に羽毛採取の目的で乱獲されたため絶滅しており、
ひなと確認されれば戦後初。都は今後、DNA分析で種を確定する。

 都によると、媒島は小笠原諸島・聟島(むこじま)から5キロほどの無人島で、近縁種のクロアシアホウドリの生息地。

 7日の生息状況調査で、クロアシアホウドリの中にひときわ大きいひなが1羽いたため、調べたところアホウドリとみられる個体だったという。
 
 雌雄は不明で、親鳥の姿は確認できなかった。今後、ひながアホウドリかどうかや、親がどこから飛来してきたかなどを調べる。
 アホウドリは、国内では伊豆諸島・鳥島に約3千羽いて、沖縄県・尖閣諸島でも繁殖している。
 鳥島は活火山で噴火の恐れがあり、山階鳥類研究所(千葉県)と環境省が絶滅を防ぐ目的で2008年からの5年間で、
計70羽のひなを聟島に移送した。聟島では昨年までに2季連続で産卵が確認されたが、ふ化せず繁殖に失敗していた。

 都も小笠原諸島の繁殖環境を回復させるため、アホウドリの生息地を荒らす野生のヤギを駆除しており、聟島や媒島では根絶に成功した。
 都環境局は、今回媒島で見つかったひなについて「聟島に移送したアホウドリが成長して産んだ卵がふ化した可能性がある」と指摘。
「順調に成長すれば、6月ごろには餌を求めて北太平洋に向けて飛び立つ可能性がある」と話している。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1204M_S4A510C1CR8000/

78名無しさん@お腹いっぱい。2014/05/16(金) 05:32:53.19ID:PfeOJM5B
環境省は、2008年9月の1回目の放鳥で自然界に放たれ、新潟県佐渡市で生息していた
トキのペアの卵から、初めてひなが誕生したと発表した。
 これで今季、野生下では4組から少なくとも6羽のひなが誕生したことになり、大型連休入りした
佐渡島はトキのベビーラッシュに沸いている。
 同省佐渡自然保護官事務所の発表によると、このペアは8歳の雄と9歳の雌。27日朝、
雑木林のスダジイの木の上にある巣で、雌がひなに餌を与える様子が観察された。
ひなそのものは確認できなかったが、ひなが誕生したと判断した。
 第1回放鳥は、佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションに近い佐渡市新穂正明寺で、
1羽ずつ箱から放つ「ハードリリース」と呼ばれる方法で行われた。この時放鳥された10羽のうち
6羽は死んだり行方不明になったりしており、生息が確認されているのは4羽だけという。
今回ひなを孵化ふかさせたペアは、12年からつがいとなり繁殖行動を行っていたが、
ひなの孵化には至らなかった。
 雄は地元小学生が放ち、雌は当時佐渡市長だった高野宏一郎さん(75)が放った。
この雌は放鳥の2か月後、本州側の関川村で発見され、翌09年には長野市や山形県、福島県、
燕市などで目撃された。10年には富山県や秋田県でも観察され、2年間の「放浪」を経て4年前に
佐渡島に帰ってきた“つわもの”という。
 高野さんは「放鳥当時はハードリリースが失敗だと批判もされたが、無事に孵化して本当にうれしい。
この雌は、あちこち飛び回ってすごい生命力。感激ですね」と目を細めていた。
 27日現在、営巣が確認されている22組のうち、4組にひなが誕生、そのほかに16組が抱卵している。(石原健治)

2014年04月28日 12時27分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

79名無しさん@お腹いっぱい。2014/05/16(金) 05:37:39.97ID:PfeOJM5B
放鳥トキのひなが巣立ち、今季初…3年連続成功

読売新聞 5月13日(火)21時23分配信



 環境省は13日、新潟県佐渡市の自然界で誕生した放鳥トキのひな1羽が巣立ったと発表した。
 放鳥トキのひなの巣立ちは今季初めて。
 トキの巣立ちについて同省は、「両脚を巣の外に完全に出すこと」と定義している。同省佐渡自然保護官事務所によると、
巣立ちしたのは5歳雄と3歳雌の間に生まれたひな。13日朝、巣を撮影しているビデオを回収した同省職員が録画映像を見て、
巣近くの枝に両脚で止まるひなの姿を確認した。羽毛を使った血液検査から、ひなは雌と判明している。
 同事務所の広野行男首席自然保護官は「3年連続で巣立ちが成功したことは、野生復帰に向けて収穫」と話した。佐渡では今季
、自然界で計16羽のひなの誕生が確認されている。
.
最終更新:5月13日(火)21時23分

80 ◆NBeZIUzFPA8d 2014/05/18(日) 14:36:44.60ID:???
てす

81名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/09(月) 08:06:11.99ID:???
トキ、目標定着数に=1年以上生存60羽超える―環境省

時事通信 6月8日(日)12時59分配信



 国の特別天然記念物トキについて、環境省は8日、野生復帰に向け掲げた「佐渡島内に60羽定着」
の目標が達成されたと明らかにした。60羽以上の個体が1年以上生存し、自然界で生まれた個体が
含まれていることを同日までに確認した。
 6日時点で、2008年9月〜12年10月に放鳥された個体と、12、13年に自然界で生まれた
個体を合わせ59羽が定着。8次放鳥(13年6月7〜10日)で飛び立った13羽の個体が7日で「1年以上生存」
扱いになり、計72羽が定着の条件を満たした。同省は目標達成を15年ごろとしていた。

82名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/09(月) 08:13:07.30ID:???
読売新聞 6月7日(土)8時47分配信

「野生」親に持つトキのひな、初の巣立ち


 環境省は6日、新潟県佐渡市の野生下で2012年に生まれた雌のトキと、11年に放鳥された
5歳雄のトキの間に生まれたひな1羽が巣立ったと発表した。
 野生のトキを親に持つひなの巣立ちは、08年の放鳥開始以来初めて。
 同省はトキの巣立ちについて、「両脚を巣の外に完全に出すこと」と定義している。
同省佐渡自然保護官事務所によると、同日午前7時40分頃、このペアが杉の木に作った巣の近くで、
1羽のひなが枝に止まり、羽ばたくようなしぐさを見せているのが確認された。
 今季、野生下では同日現在、15羽の巣立ちが確認されており、昨季の4羽を既に大きく上回っている。
同事務所の広野行男・首席自然保護官は「野生下の経験の積み重ねや農薬、化学肥料を減らす地元の取り組みで、
トキの餌場環境が整ってきているのでは」とみている。

最終更新:6月7日(土)8時47分

読売新聞

83名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/24(火) 21:38:41.82ID:???
トキ:過去2年大幅に上回る野生下31羽が巣立つ

毎日新聞 2014年06月24日 19時44分

 環境省は24日、新潟県佐渡市内で放鳥している特別天然記念物トキの今季の繁殖活動が終了したと発表した。
同省によると、今季は野生下で36年ぶりにひなが生まれた2012年の8羽、13年の4羽を大幅に
上回る31羽が巣立った。
 31羽には、12年に野生下で生まれたトキと放鳥トキとのつがいから生まれた放鳥3世の5羽も含まれる。
同省は「3年続けて野生下でのふ化が実現すると共に、過去2年を上回るひなが巣立ち、大きな成果があった」
としている。【山本愛】

84名無しさん@お腹いっぱい。2014/06/24(火) 21:54:39.27ID:???
第114回鳥島オキノタユウ調査報告
2014年4月1日から5月8日まで、第114回鳥島オキノタユウ(=アホウドリ)調査を行ないました。(略)
鳥島集団の推定総個体数と今後の予測

 今繁殖期直後の鳥島集団の総個体数は、7歳以上の成鳥が推定1,492羽、1歳から6歳までの若齢個体が推定1,646羽、
今シーズンに巣立った幼鳥は400羽で、それらを合計した推定総個体数は約3,540羽になりました。
 来シーズンには、燕崎斜面の従来コロニーで約460組、燕崎崖上の新コロニーで約10組、北西斜面の新コロニーで約180組、
鳥島全体では約650組のつがいが産卵し、繁殖成功率をこの5年間の平均の68.5%と仮定すれば、約445羽のひなが巣立つと
期待されます。そして、鳥島集団の総個体数は3,790羽になるでしょう。
 今シーズン巣立った400羽のひなは、7年後の2020-21年繁殖期に繁殖年齢になり、およそ290羽が生き残ると推定されます。
そのシーズンの繁殖つがい数を鳥島集団の集団生物学的特性にもとづいて、ごく単純な集団モデルで予測すると約1,045組となります。
また、鳥島集団が指数関数的に成鳥している仮定として、1979年以降の繁殖つがい数に当てはめた回帰式(R2=0.997)からは
約990組と予想されます。したがって、2020-21年繁殖期に約1,000組のつがいが産卵することはいっそう確実になりました。
 

85名無しさん@お腹いっぱい。2014/07/08(火) 00:40:42.91ID:???
ことし5月、小笠原諸島の無人島「媒島」で絶滅の危機にひんしている国の特別天然記念物
「アホウドリ」とみられるひな1羽が見つかり、東京都と北海道大学は、ひなの羽毛と、
近くに落ちていた親鳥のものとみられる羽についてDNAの分析を行っていました。

その結果、ひなの羽毛から母親の系統は、アホウドリであることが分かったほか、近くに
落ちていた羽は、アホウドリの系統を持つオスのもので、ひなの父親とみられることが
分かったということです。小笠原諸島では戦後、アホウドリの繁殖は確認されておらず、
都と北海道大学は戦後、小笠原で初めて確認されたアホウドリのひなである可能性が
高いとしています。都は小笠原での繁殖を裏付けるため、10月下旬から始まる今シーズンの
繁殖期に合わせてさらに調査することを検討しています。
*+*+ デイリースポーツ +*+*
http://www.daily.co.jp/society/science/2014/07/07/0007123618.shtml

86名無しさん@お腹いっぱい。2014/09/06(土) 09:10:08.88ID:???
幻のキツツキ:ミユビゲラの生息確認  2010 7月29日


88年以降、目撃されず絶滅の恐れが出ていた幻のキツツキ、ミユビゲラが
北海道大雪山国立公園内に生息していることが、民間の調査団体、北方森林鳥類調査室と
岩手大農学部保全生物学研究室による共同調査で確認された。近く米国の専門誌に
論文を投稿する。ミユビゲラは42年に北海道中央部で発見されて以降、9件の目撃情報しかなく
生態はほとんど分かっていなかった。4年にわたる調査で、求愛などのために木などを突く
特徴的なドラミングなどを撮影した調査室は「生息が確認された以上、一切の伐採を中断し
詳しい調査と早急な生息環境の保全が必要だ」と訴える。本州と北海道でキツツキ類の学術調査をしてきた
調査室は、06年に大雪山国立公園内でミユビゲラを初めて確認。以後、岩手大と共同で
約1600ヘクタールを毎年調査してきた。その結果、十勝岳を含む公園南部に約200ヘクタールの
生息域を三つ確認。雄が複数羽、生息していると推定され、縄張りを示したり採餌など生態の動画の撮影に
国内で初めて成功した。行動範囲の解析を進めている。


4年前の記事ですがこんなの確認されてたんですね。

87名無しさん@お腹いっぱい。2014/10/01(水) 06:36:05.07ID:/wxZioS6
こんな事言うのは憚れるけど、御嶽山のライチョウは大丈夫なのかな。

88名無しさん@お腹いっぱい。2014/10/21(火) 06:02:40.93ID:KN+AWDOv
北海道)シマフクロウ、十勝で放鳥へ 瀕死の事故で保護
島田賢一郎、吉田芳彦 2014年10月17日03時00分

環境省は絶滅危惧種に指定されている国の天然記念物シマフクロウを増やし、生息域を広げるため、
近くメス1羽を十勝地方の山林に放す。すでに現地に設けたケージに移され、
山林に生息する野生のオスと鳴き交わしをしているといい、ペアになれると判断できれば放鳥する。
放鳥すれば3年ぶり11例目で、十勝では初めてになる。

 環境省は絶滅危惧種に指定されている国の天然記念物シマフクロウを増やし、生息域を広げるため、
近くメス1羽を十勝地方の山林に放す。すでに現地に設けたケージに移され、山林に生息する
野生のオスと鳴き交わしをしているといい、ペアになれると判断できれば放鳥する。放鳥すれば3年ぶり
11例目で、十勝では初めてになる。
 シマフクロウのつがいの形成や生息域の分散を狙った人為的放鳥は1993年に開始。
つがいで放した1例を除き、メスのみ単独で放すのは初めてになる。過去10例のうち、
繁殖が確認されたのは94年と2011年にオスを放した2例。11年は上川地方で放鳥し、
野生のメスとの間に2羽のヒナが生まれたことが翌年確認された。

今回放鳥するメスは、幼鳥だった10年秋に釧路地方で交通事故に遭い、
頭を打って瀕死(ひんし)の状態で保護された。釧路市の環境省釧路湿原野生生物保護センターで
治療や野生復帰に向けたリハビリが進められ、自力でエサをとれる状態に回復した。

http://www.asahi.com/articles/ASGBC465RGBCIIPE00X.html

89 【東電 79.6 %】 2014/10/24(金) 16:52:58.57ID:xnjQszZ7
>>87
もしもしキミキミ!そうキミや。それはそうと、あれさ

神戸市の東、芦屋西宮の知的障害者施設で未成年利用者に性的な行為をして淫行条例で逮捕された三田谷学園元職員の堂垣直人(西宮市老松町)は、結局どういう罪になったの?
被害者家族のケアを芦屋市役所と兵庫県警はちゃんとやったのか?
差別や虐待は環境を選べない子供には関係ない。

http://www.youtube.com/watch?v=JxMzW3ZlV4g&sns=em

90名無しさん@お腹いっぱい。2014/10/24(金) 20:15:10.03ID:Yy5W7lnD
【富山】 ライチョウ繁殖、地元で [読売新聞]
2014年10月21日

 ◇富山市ファミリーパーク 負担への理解不可欠

 環境省が希少種の保存を目的に、5年以内に動物園でニホンライチョウの飼育・繁殖を始める計画で、生
息地の北アルプスに近い富山市ファミリーパーク(富山市古沢)が飼育場所の有力候補の一つとなっている。
市も前向きだが、施設整備などには財政負担も伴うため、地元での繁殖に向けては、市民の理解を得なが
ら進める必要がある。(岡田遼介)

 ◆意欲

 「ニホンライチョウを展示できれば、市民の皆さんに大きなものを還元できるかなと思う」

 今月18日、富山市が同パークの開園30周年を記念し、ニホンライチョウの保存をテーマに開催したシン
ポジウム=写真=で、森雅志市長は約350人の聴衆に訴えた。

 同パークは、ニホンライチョウの亜種で、北極海のノルウェー領諸島に生息するスバールバルライチョウの
繁殖に成功した実績を持つ。今後、ニホンライチョウの飼育・繁殖が実現すれば、全国的に注目され、来年
3月14日の北陸新幹線開業後、同市の新たな観光資源の一つにもなると期待されている。

 環境省は今年5月、希少種を守るため、動物園と連携を深める協定を、全国151施設が加盟する日本動
物園水族館協会(JAZA、東京)と結んだ。動物園がかかわるのは、人の飼育下で繁殖させ、野生復帰を目
指す「域外保全」と呼ばれる取り組みだ。同パークは、これまでのスバールバルライチョウの飼育技術を生
かし、ニホンライチョウの域外保全に取り組むことになる見通しだ。

 市は、同パークでアメリカバイソンを飼育している広さ約900平方メートルの敷地に、現在の3倍以上の広
さのライチョウ展示・飼育場を建設予定。今年度中の完成を目指している。

※2014年10月24日時点で一般公開が確認出来た記事の一部を引用しました、全文は元サイトでどうぞ
YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/local/toyama/news/20141020-OYTNT50500.html

91名無しさん@お腹いっぱい。2014/11/03(月) 13:11:19.54ID:YYEc984a
 ___ _
  ヽo,´-'─ 、 ♪
   r, "~~~~"ヽ
   i. ,'ノレノレ!レ〉    ☆ 日本の核ブソウは早急に必須です ☆
 __ '!从.゚ ヮ゚ノル    総務省の『憲法改正国民投票法』のURLです。
 ゝン〈(つY_i(つ http://www.soumu.go.jp/senkyo/kokumin_touhyou/index.html
  `,.く,§_,_,ゝ,
   ~i_ンイノ

92名無しさん@お腹いっぱい。2014/11/04(火) 18:59:05.26ID:ygTbZOB0
>>91
死ね

93名無しさん@お腹いっぱい。2014/11/10(月) 08:38:49.97ID:5Ns+60OI
御嶽山:ライチョウを守れ…火山灰で餌の高山植物危機
http://mainichi.jp/select/news/20141109k0000m040114000c.html
毎日新聞 2014年11月09日 09時30分(最終更新 11月09日 11時55分)


 9月27日に噴火した御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)は、絶
滅の危機にある国の特別天然記念物、ライチョウの数少ない生息地だ。戦後最
悪となった火山災害は、御嶽山の高山帯に生息するライチョウに今後、甚大な
被害を与える可能性があり、専門家は「火山灰の影響で主食である高山植物が
枯れ、春の繁殖期に餌が取れない恐れがある」と心配する。長野県は来春にも
御嶽山でライチョウの個体数調査を実施し、保護に乗り出す方針を固めた。
【真野敏幸、藤河匠】

94名無しさん@お腹いっぱい。2014/11/18(火) 12:42:53.17ID:tlDo+WVi
出水のツル飛来、過去最多の1万4378羽 鹿児島
田中啓介
2014年11月16日13時12分

国内最大のツル越冬地、鹿児島県出水市の出水平野で15日、今季2回目の羽数調査があった。
県ツル保護会事務局によると、飛来しているツルの総数は1万4378羽にのぼり、
調査の記録が残る1927年以降で最多となった。

これまでの記録は2000年度の1万3521羽だった。出水平野では今季も含め18季連続で
飛来数が1万羽を超えている。
 内訳はナベヅルが1万3472羽、マナヅル886羽、クロヅル8羽、カナダヅルとナベクロヅルが
各6羽。   朝日新聞(田中啓介)

95名無しさん@お腹いっぱい。2014/12/30(火) 08:30:58.37ID:Z1ZypSxZ
エコパル化女沼ブログより


宮城県大崎市化女沼 ガン類情報(シジュウカラガン等)
2014-12-25 15:10:04 | 日記

12月25日(木)化女沼の朝の飛び立ち情報を頂きましたのでご報告いたします。

マガン 11,437羽
亜種ヒシクイ 1,015羽
シジュウカラガン 1,035羽 です。

今シーズンはシジュウカラガンは1,000羽いくか分かりませんでしたが、今朝のカウントで
めでたく1,000羽以上が確認されました。

http://blog.goo.ne.jp/ecopal-hisikui

96名無しさん@お腹いっぱい。2015/01/09(金) 12:33:27.63ID:8EiNCpP0
絶滅危惧シジュウカラガン、日本へ飛来1000羽超える 2015/1/9 11:41

 絶滅の恐れがある小型のガン、シジュウカラガンの日本への渡りを復活させようと活動する
民間団体と八木山動物公園(仙台市)は9日までに、今冬の日本への飛来観察数が千羽を
超えたと発表した。宮城県内で確認した。群れを維持する最低限の数といい、
絶滅に歯止めがかかることが期待される。
 「日本雁を保護する会」によると、シジュウカラガンはかつて日本で越冬していたが、
主な繁殖地の千島列島に天敵のキツネが増えたため、1930年代に飛来数が激減。70年代は
数羽の観察にとどまり、環境省が絶滅危惧種に分類している。
 83年から同会と八木山動物公園が活動を開始。ロシア科学アカデミーの研究所と協力し
人工繁殖したシジュウカラガン551羽を95〜2010年にかけて、千島列島のエカルマ島で放した。
 この結果、宮城県や新潟市の福島潟など全国での観察数が年々増加。13年度は計667羽に達し、
昨年12月には宮城県大崎市の化女沼だけで1070羽が確認された。
 同会の呉地正行会長(65)は「長年の活動の成果だ。越冬する水田の湿地の保全に取り組み、
絶滅から少しでも遠ざけたい」と話した。〔共同〕

97名無しさん@お腹いっぱい。2015/01/23(金) 20:38:21.87ID:19zf0DHa
2015年01月23日

 県は22日、越前市白山地区で飼育しているコウノトリの幼鳥を、2015年度にも放鳥する方針を示した。許可を得るため、月内にも文化庁などとの協議に入る。
11年に兵庫県立コウノトリの郷さと公園(兵庫県豊岡市)から親鳥のペアを借り受けた当初から、県内での野生復帰を目指しており、実現すれば大きな節目となる。

 敦賀市で同日開かれた専門家会議で、県の担当者が明らかにした。県は餌が豊富な春から秋にかけての放鳥が望ましいとみている。
昨年6月に誕生した雄の「げんきくん」「ゆうきくん」と雌の「ゆめちゃん」のうち、どの個体を放すかなどを今後検討する。

 県は豊かな自然環境の象徴として、コウノトリの定住・野生復帰を目指し、親鳥を受け入れた。2度にわたる産卵がいずれも無精卵だったため、昨年にコウノトリの郷公園から有精卵3個を提供してもらった。
生まれたヒナ3羽は幼鳥に育ち、活発にじゃれ合ったり、餌のドジョウやアジを残さず平らげたりと、すくすくと成長している。

 この日の会議では県や越前市の担当者が、コウノトリの定住できる環境づくりを目指し、餌となるドジョウなどが豊富な水辺整備に取り組んでいることを説明。
周辺の水田などに、魚や虫がどれだけ生息しているかの調査結果も報告された。

http://www.yomiuri.co.jp/local/fukui/news/20150122-OYTNT50087.html

98名無しさん@お腹いっぱい。2015/02/18(水) 08:42:44.42ID:gEdiTDNv
千葉)コウノトリ、早ければ夏にも放鳥へ 野田市
本田大次郎 2015年1月27日03時00分 朝日新聞デジタル


 野田市は26日、江川地区で飼育している国の特別天然記念物コウノトリについて、
今春生まれるヒナを、早ければ夏にも放鳥する方向で国への申請準備を進める、と発表した。
コウノトリは国内の自然界で一度絶滅したが、兵庫県で野生復帰が進められている。
野田で放鳥に成功すれば、関東に新たな生息地ができる先駆けとなりそうだ。
市は、自然再生のシンボルとして、2012年12月から江川地区の「こうのとりの里」で、
コウノトリのペアの飼育に取り組んでいる。13、14年にヒナが誕生、計4羽が育っている。
計画では、今春にヒナが誕生して6〜7月ごろに巣立ちをした場合、飼育ケージの天井を覆う網を
取り外し、ヒナが自然に飛び立つ「ソフトリリース」を試みる。

99名無しさん@お腹いっぱい。2015/03/16(月) 14:09:13.60ID:l1nTFPZ7
シジュウカラガン
千葉に来たようだけどどこですか?

100名無しさん@お腹いっぱい。2015/03/16(月) 18:43:39.94ID:???
ttp://tocana.jp/i/2015/03/post_5995_entry.html
ドードー鳥が居た??

101名無しさん@お腹いっぱい。2015/03/17(火) 08:36:32.58ID:bk6//9Y1
なんかこれは流石にネタ映像な気がするが、、、、

102名無しさん@お腹いっぱい。2015/03/17(火) 11:19:17.98ID:???
ビックカメ●札幌店
副店長
佐藤伸弦が暴行事件を起こしていた

103 ◆cqxclbaQk/hG 2015/03/17(火) 15:59:00.98ID:???
最初に無があった
無から有が生まれた
これが全ての真理

104名無しさん@お腹いっぱい。2015/03/20(金) 10:22:06.64ID:zAKA2fRw
>>100
ドードーはモーリシャス諸島で生息していた飛べない鳥なわけで
今回のはコスタリカという事であまりにも距離が離れてるので違う鳥か
ネタかどちらかだろ。

まさかクニマスみたく絶滅する前に放鳥されたという事もあるまいし。

105名無しさん@お腹いっぱい。2015/03/26(木) 18:30:58.62ID:vUhGftdt
小笠原諸島でアホウドリの繁殖 初確認

 去年5月、小笠原諸島の無人島で見つかった国の特別天然記念物のアホウドリのひなを
東京都などが調査したところ、伊豆諸島から小笠原諸島に移住させた雌の個体から産まれて
いたことが分かりました。小笠原でアホウドリの繁殖が確認されたのは戦後、初めてです。

 絶滅の危機にひんしている国の特別天然記念物、アホウドリの繁殖地となっている伊豆
諸島の鳥島は、火山の噴火で繁殖できなくなる可能性があるため、環境省と山階鳥類研究
所などは平成20年から小笠原諸島の聟島(むこじま)にも繁殖地を広げようと、アホウ
ドリを移住させる試みを続けています。

 去年5月、聟島からおよそ5キロ離れた無人島、媒島(なこうどじま)でアホウドリの
ひなが見つかり、東京都などが現地で調査したところ、1組のつがいが飛来していることが
確認され、付けられた足輪から、雌は聟島に移住させた個体で、雄は鳥島から巣立った
個体と分かりました。

 さらに、ひなの羽毛や、近くに落ちていた羽などのDNAを分析したところ、ひなが
このつがいから産まれていたことが分かったということです。

 小笠原諸島には、戦前は、数万羽のアホウドリが生息していましたが、羽毛の採取が目的の
乱獲で絶滅し、これまで国内で繁殖地として確認されていたのは鳥島と沖縄県の尖閣諸島だけ
でした。小笠原でアホウドリの繁殖が確認されたのは戦後初めてで、専門家は「繁殖地拡大の
試みが生んだ大きな成果だ」と評価しています。

NHK NEWS WEB 3月26日 16時48分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150326/k10010028581000.html

106名無しさん@お腹いっぱい。2015/03/31(火) 18:59:32.30ID:WVQt8ips
2009年7月14日火曜日

北海道 ワシミミズク 送電線で感電死か

ワシミミズク:送電線で感電死か...北海道
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090714k0000m040109000c.html


環境省は13日、ワシミミズク1羽の死体が北海道根室管内で発見されたと発表した。
同省によると、今月8日夕、根室管内の森林内の送電線でショート事故が発生。翌9日に現地を調査したところ
ワシミミズクの死体があった。足輪から、97年に道北で生まれた雌の個体と判明した。右足と左翼に電撃痕があり、
感電死とみられる。

今回の個体が死んだ地点は、道北の営巣地から約300キロ離れており、同省北海道地方環境事務所は
「(巣立ちした)6羽の消息は不明だった。死んだのは残念だが、行動圏や生態を把握するための一つの目安となる」と話している。

107名無しさん@お腹いっぱい。2015/04/07(火) 22:17:48.16ID:pMHbGDNo
河北新報 4月7日(火)11時5分配信

秋田市の大森山動物園は6日、国の天然記念物で絶滅危惧種のニホンイヌワシの有精卵2個を
仙台市太白区の八木山動物公園に移送した。
八木山動物公園で飼育しているニホンイヌワシのペアに、ふ化や子育てを経験させるのが目的。

ニホンイヌワシの繁殖に取り組む大森山動物園は雄の「信濃」(17歳)と雌の「たつこ」(27歳)を
飼育している。たつこは2月下旬と3月上旬に有精卵を産んだ。
八木山動物公園では、雄の「翁」(28歳)と雌の「福井」(16歳)の間に3月、2個の卵が産まれたが、無精卵だった。
このペアが温めている無精卵2個と有精卵2個を入れ替えることで、早ければ9日ごろ、ふ化する予定だという。

ニホンイヌワシの繁殖は同じペアのケースが多く、遺伝子の多様性を確保する上で、
新たなペアの繁殖が課題になっている。八木山動物公園のペアもこれまでも産卵はあったが、ふ化には至っていない。

大森山動物園でニホンイヌワシの飼育を担当する三浦匡哉さん(43)は
「仙台のニホンイヌワシに子育てを経験させることで、次の繁殖活動にいい影響が出てほしい」と期待する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150407-00000009-khks-soci

108名無しさん@お腹いっぱい。2015/04/24(金) 05:51:30.02ID:fN+6xy2g
ハクガン2千羽の死骸見つかる、家きんコレラか 米西部
2015.03.19 Thu posted at 12:07 JST

(CNN) 米西部アイダホ州で約2000羽のハクガンが雪の中で死んでいるのが発見され、
当局によって回収されたことが19日までに分かった。
アイダホ州魚類鳥獣局は、ハクガンは家きんコレラに感染して死亡したとの見方を明らかにした。
ハクガンは渡り鳥だ。魚類鳥獣局の地域担当者は「米南西部やメキシコから、繁殖地である
アラスカ北部沿岸に戻るところだった」と述べた。

どこで家きんコレラに感染したかは不明だが、当局は他の鳥が死体を食べて感染が広がらないよう
対応を急いている。担当者は「早急にできるだけ多くの死体を集めて、感染した鳥を
他の鳥が食べるのを防ぐことが重要だ」と指摘する。

ハクガンの死骸の近くに20羽ほどのワシがいたことが確認されている。潜伏期間があるため、
ワシがどこにいて、いつ発症するのか不明だという。

研究施設での分析結果は出ていないものの、死因から家きんコレラであると判断できるという。
当局によれば、家きんコレラが人に感染するリスクは高くはない。

109名無しさん@お腹いっぱい。2015/05/16(土) 09:18:11.73ID:CLFL865y
放鳥シマフクロウ、十勝でもひな2羽 環境省が確認 北海道新聞
04/21 13:25、04/22 01:22 更新

 環境省は21日、国の天然記念物で絶滅危惧種のシマフクロウを増やすため、昨年10月に
十勝管内の森林に放した5歳の雌が、野生の雄とつがいになり、ひな2羽を生んだと発表した。
放鳥した個体の繁殖は3年ぶり3例目で、十勝管内では初めて。

 同省北海道地方環境事務所によると、放鳥したのは、2010年に釧路管内で
生後約5カ月で車にはねられ、保護された雌。昨年10月の放鳥当日から付近を縄張りにする
雄と求愛行動の鳴き交わしをするなど「相性がとても良かった」(担当者)。今月17日、
巣箱に設置したカメラでひな2羽の誕生を確認した。6月ごろに巣立つという。

110名無しさん@お腹いっぱい。2015/05/31(日) 05:28:44.42ID:IxWt4MeF
今年は地震や台風でアホウドリには厳しい年になったかもしれないね。

111名無しさん@お腹いっぱい。2015/06/17(水) 06:31:39.31ID:3N9k9iNx
【富山】ライチョウ飼育舎で消毒作業©2ch.net

 来週の前半から始まる予定の国の特別天然記念物、ニホンライチョウの人工飼育に向けて、富山市ファミリーパークは、16日、飼育舎の消毒作業を行うなどして環境整備を進めています。

 環境省は近い将来、絶滅する危険性が高いと指摘されるニホンライチョウの人工飼育に取り組むことを決め、その施設の1つとして富山市ファミリーパークを選びました。
ファミリーパークでは、ニホンライチョウの人工飼育場所として、ノルウェーのライチョウを展示していた、ことし3月に完成した新しい飼育舎を使うことにしていて、この飼育舎の展示を15日から休止しています。

 16日午後1時過ぎから、飼育舎の内部を消毒する清掃作業が行われ、飼育員がじょうろを使って消毒液をまいた後、ブラシで汚れなどを洗い落としていました。
今後は、飼育舎の中に設置されている「人工ふ卵器」の温度調節が正しく機能するかどうかなどを確認するということです。
来週の前半には、長野県と岐阜県にまたがる乗鞍岳で、ニホンライチョウの卵5個が採取されてファミリーパークに運び込まれる予定です。

 ライチョウの人工飼育を担当する富山市ファミリーパークの堀口政治主査は「責任とプレッシャーを感じますが、プロジェクトの成功に向けて着実に準備を進めていきたい」と話しています。

06月16日 18時33分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/toyama/3065503461_m.jpg

ソース元に動画あり
http://www3.nhk.or.jp/lnews/toyama/3065503461.html?t=1434462803259

112名無しさん@お腹いっぱい。2015/06/28(日) 16:54:14.93ID:W1rLPgsF
【長野】乗鞍のライチョウ 上野でふ化

環境省が取り組んでいる国の特別天然記念物、ニホンライチョウの人工飼育で、27日初めて富山県の施設でヒナがかえったのに続き、東京の上野動物園でも28日朝までに5羽のヒナが相次いで誕生しました。

環境省は、近い将来、野生での絶滅の危険性が高いと指摘されているニホンライチョウの人工飼育による繁殖に初めて取り組んでいて、
長野県と岐阜県にまたがる乗鞍岳で採取した卵10個を富山県の「富山市ファミリーパーク」と東京の「上野動物園」に、5個ずつ運んで人工のふ化器で温めてきました。

このうち富山市ファミリーパークで27日、今回の人工飼育で初めてとなるヒナがかえったのに続き、東京の上野動物園でもヒナが誕生しました。

上野動物園によりますと、27日午後6時ごろに1羽目のヒナがかえったあと、28日午前4時ごろまでに卵が相次いでふ化し、5羽のヒナが誕生したということです。
また環境省によりますと、28日午前9時までに富山市ファミリーパークでもあわせて3羽のヒナが誕生し、いずれも順調に育っているということです。

環境省は、今後もニホンライチョウの生息環境の保全とともに人工飼育の取り組みを続けていきたいとしています。

06月28日 11時18分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/1016846381_m.jpg

ソース元に動画あり
http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/1016846381.html?t=1435470428460

113名無しさん@お腹いっぱい。2015/07/17(金) 07:44:05.50ID:FVgffosd
アホウドリ情報

第117回鳥島オキノタユウ調査報告

昨シーズンより79羽も多い479羽のひなが巣立ち、鳥島集団の総個体数は推定で約3,900羽に!

 2015年3月18日から5月11日まで、伊豆諸島鳥島で
第117回オキノタユウ(学名 Phoebastria albatrus, 別名 アホウドリ)繁殖状況調査を行ないました
(鳥島滞在は3月26日から5月3日まで)。その結果の概要を報告します。

 今シーズン直後の鳥島集団の総個体数は、7歳以上の成鳥が推定1,668羽、1歳から6歳までの若齢個体が
推定1,755羽、巣立った幼鳥は479羽で、それらを合計した推定総個体数は約3,900羽になります(昨年より約360羽の増加)。
 単純集団モデルにより、次の繁殖期のつがい数を予測すると約740組(燕崎斜面で約500組、燕崎崖上で10組、
北西斜面で230組)となり、従来コロニーの保全管理工事によって繁殖成功率を70%に維持できるとすれば、
約520羽のひなが巣立ち、総個体数は約4,250羽になるでしょう。その次の2016-17年繁殖期には、約800組のつがいが
約560羽のひなを育て、約4,600羽になり、さらに2017-18年期には約855組が約600羽のひなを育て、鳥島集団の総個体数は
約5,000羽になると予測されます。



他詳しくは>>20のリンク先で。

114名無しさん@お腹いっぱい。2015/07/23(木) 21:13:50.16ID:6mOoO1uy
 
お世話になります。
私、責任者の加茂と申します。以後、宜しくお願い致します。
http://www.apamanshop.com/membersite/27009206/images/kamo.jpg
浪速建設様の見解と致しましては、メールによる対応に関しましては
受付しないということで、当初より返信を行っていないようで、今後につい
てもメールや書面での対応は致しかねるというお答えでした。
 
このように現在まで6通のメールを送られたとのことですが、結果一度も
返信がないとう状況になっています。
 
私どものほうでも現在までのメール履歴は随時削除を致しております
ので実際に11通のメールを頂戴しているか不明なところであります。
 
 ・friends もののけ島のナキ http://s-at-e.net/scurl/NakionMonsterIsland.html
 ・妖怪ウォッチ http://s-at-e.net/scurl/Youkai-Watch.html
 ・崖の上のポニョ http://s-at-e.net/scurl/Ponyo.html
 
 ・スター・ウォーズ/フォースの覚醒 http://s-at-e.net/scurl/SWfa.html
  
 ■http://s-at-e.net/scurl/ia-Pos.html

  共通覧
  http://s-at-e.net/scurl/common-list.html

115名無しさん@お腹いっぱい。2015/08/21(金) 05:59:05.28ID:DCixRXl6
【韓国】 コウノトリ放鳥へ…日韓の協力で野生復帰が進むことを期待[08/20] [転載禁止]©2ch.net

 韓国西部の農村・礼山イエサン郡で9月3日、国立韓国教員大と同国文化財庁などがコウノトリ8
羽を放鳥する。日本と同様に生息環境の悪化で絶滅したコウノトリを自然界で増やす試みで、韓国
では初めて。このうち2羽は豊岡市の県立コウノトリの郷さと公園から贈られたコウノトリの2世で、専
門家は日韓の協力で野生復帰が進むことを期待している。(松田聡)

 野生のコウノトリは、ロシアや中国に2000〜3000羽しか生息していないとされ、国際自然保護
連合(IUCN)がレッドリストで絶滅危惧種に指定し、国際的な保護が求められている。朝鮮半島や
日本でもかつては留鳥として生息していたが、日本では餌場となる水田への農薬の使用などのた
め1971年に絶滅。韓国でも環境悪化に加え、朝鮮戦争で営巣用の木が伐採されて激減し、同年
に最後の雄が撃たれて死んだ。

 国立韓国教員大は、96年以降、ドイツやロシアなどからコウノトリをもらい、繁殖に取り組んできた。
県立コウノトリの郷公園からも2005年に雄2羽、07年に雄雌各2羽を譲り受けた。礼山郡に設置し
たコウノトリ公園に60羽を移し、放鳥の準備を進めてきた。このうち6羽を公園内から放つ予定。こ
のほか、公園近くに設けた仮設ケージで今年生まれた2羽を放つ。

 公園から放つ6羽の中には、07年に県立コウノトリの郷公園から来たペアの子1羽と、05年に同
公園から来た雄と韓国教員大で生まれた雌の子1羽がいる。ほかに、東京の多摩動物公園から譲
られたコウノトリの子孫も含まれている。

 野生復帰を進める韓国教員大の朴是龍パクシリョン教授は「韓国は中国、ロシア、日本の真ん中
に位置し、放てばどの国にも飛んでいく可能性がある。野生のコウノトリと交配して遺伝的に強い個
体が生まれ、生息数が増えるだろう」と話している。

ソース:読売新聞<韓国 コウノトリ放鳥へ…豊岡から譲渡子孫含む8羽>
http://www.yomiuri.co.jp/local/hyogo/news/20150819-OYTNT50268.html

116名無しさん@お腹いっぱい。2015/09/02(水) 10:12:47.23ID:FikFsgPL
ライチョウのヒナ、サルが襲う

国の特別天然記念物で、絶滅の危険性が高いとされるニホンライチョウのヒナが、北アルプスでサルに襲われていたことが県の調査で確認されました。
県や専門家は、ライチョウの減少に拍車がかかるおそれがあるとして、実態の把握を急ぐとともに対策を検討することにしています。
これは県から調査の委託を受けた信州ライチョウ研究会の会長で、信州大学の中村浩志名誉教授らが31日、県庁で会見して明らかにしたものです。
それによりますと、今月25日、北アルプスの常念岳と大天井岳の間の標高2800メートル付近の尾根で、ニホンザルがニホンライチョウのヒナを襲って、くわえているのが確認されたということです。
今回の調査で、大天井岳周辺で確認できたヒナの数は常念岳周辺と比べると少なく、メスの親鳥13羽のうち、ヒナを連れていたのは3羽にとどまっていたということです。
今回の調査ではライチョウが生息する高山地帯で、4つのニホンザルの群れが確認されたということで、中村名誉教授は「サルがヒナを襲うとは思っていなかった。ライチョウの減少に拍車がかかるおそれがある」と強い懸念を示しました。
県などでは実態の把握を急ぐとともに対策を検討することにしています。

08月31日 17時46分

http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/1014505421.html?t=1441020702636

117名無しさん@お腹いっぱい。2015/09/06(日) 22:12:42.95ID:deqX9NhE
【社会】上野動物園で人工飼育のライチョウすべて死ぬ [転載禁止]©2ch.net

東京の上野動物園でことし6月、人工飼育による「ふ化」に初めて成功した国の特別天然
記念物「ニホンライチョウ」5羽のうち4日までに3羽が死んだのに続き、5日夜から6日朝
にかけ残りの2羽が死にました。
「ニホンライチョウ」は近い将来、絶滅する恐れが高いと指摘され、環境省は東京・台東区
の上野動物園と富山県の「富山市ファミリーパーク」で初めて人工飼育に取り組んでいま
す。
このうち上野動物園では、ことし6月、長野県と岐阜県にまたがる乗鞍岳で採取した卵か
ら5羽のヒナがふ化し、人工飼育が行われてきましたが、今月4日までにオスの3羽が相
次いで死にました。
残りのメスの2羽も先月末から餌をあまり食べなくなったため、動物園では、チューブを
使って餌を流し込むなどして慎重に飼育を続けてきましたが、5日夜から6日朝にかけて
2羽とも死んだということです。
これで上野動物園で初めてふ化に成功した5羽はすべて死んだことになります。
動物園によりますとこれまでの検査でウイルスなどは見つかっていないということで、動
物園では、消化器に異常があり栄養を吸収できなかった疑いがあるとして専門家に依頼
して詳しい原因を調べています。
また、ニホンライチョウを増やすため、当初予定していた富山市でふ化した個体との繁殖
も不可能になったということで、動物園では今後の対応について環境省などと協議してい
くことにしています。

9月6日 14時20分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150906/k10010218171000.html

118名無しさん@お腹いっぱい。2015/10/21(水) 06:16:13.23ID:0QLQO9kw
シマアオジ、「中国の食習慣」で絶滅の危機に 論文

【6月9日 AFP】かつて欧州やアジア地域で最も個体数が多い鳥の一種だったシマアオジが
絶滅の危機に瀕している理由は、中国で食用に捕獲され続けたためだとする論文が9日、
国際学術誌「コンサベーション・バイオロジー(Conservation Biology)」で発表された。

 シマアオジを「禾花雀」(禾は穀物の意)と呼ぶ中国では、個体数の減少を受けて
1997年にシマアオジの捕獲が禁止された。だが論文によると、少なくとも2013年まで、
他のスズメの仲間とともに、数百万羽単位のシマアオジが食用のために殺され、闇市場で
販売されていたという

 論文はまた、シマアオジの消費量が、東アジア地域の経済成長によって増加していると指摘。
2001年には、中国南部・広東(Guangdong)省だけでも推計100万羽のシマアオジが
消費されたとしている。

 国際環境NGOバードライフ・インターナショナル(BirdLife International)によれば、
シマアオジはヒマラヤ(Himalaya)山脈の北部で繁殖し、冬になると温暖な東南アジア地域に渡る。
その際に中継する中国東部では、シマアオジ狩りの習慣が2000年以上にわたって続いてきたという。
また越冬地では、大群となって夜間を過ごすことから、網を使った密猟の格好の標的になっていると、
同団体は指摘している。(c)AFP

2015年06月09日 16:53 発信地:北京/中国

119名無しさん@お腹いっぱい。2015/11/06(金) 21:22:48.35ID:vd6T+1zn
今年のハクガン、今のところ北海道、宮城、東京の情報で合わせると
200羽位来てるらしい。

120名無しさん@お腹いっぱい。2015/11/26(木) 05:42:39.30ID:6Lq4QGvN
シジュウカラガンは北海道では1000羽とか聞くけどな

121名無しさん@お腹いっぱい。2015/12/05(土) 07:41:09.52ID:8Sb7ZxyW
>>120

シジュウカラガン最新情報 2,000羽超え!! 2015-12-03 09:54:37

今シーズン宮城県に飛来したシジュウカラガンの数が2,137羽カウントされました。
昨年の1,000羽強の数から倍増です。2,000羽もいると迫力が凄いです。鳴き声も良く聞こえます。
今現在、シジュウカラガンはねぐらを大崎市田尻地区蕪栗沼にとっているようです。12月1日の夕方、
大崎市化女沼でも23羽のシジュウカラガンのねぐら入りを初確認しました。例年通りであれば
12月中旬頃までは蕪栗沼をねぐらに使用し、蕪栗沼が他のガン類で密集し、
更に沼が氷ついてくると化女沼に移動してくるようです。化女沼は凍っても6割から7割程度で
全面結氷がないのもガン類には良い条件なのだと思います。※ガン類は水を浴びることで体を清潔に保つそうです。

【情報提供】 NPO法人エコパル化女沼理事・雁の里親友の会事務局長 池内俊雄氏

122名無しさん@お腹いっぱい。2015/12/05(土) 21:52:54.38ID:j+8SoPYE
おお、わい蕪栗沼みてきたで

123名無しさん@お腹いっぱい。2015/12/26(土) 21:38:39.37ID:HN0hj6IW
【社会】特定外来生物、初の根絶成功 北米原産の鳥・カナダガン

 在来種の鳥を守るため、特定外来生物に指定して規制している北米原産の鳥、カナダガンが環境省と民間の防除事業で国内ではゼロになったとみられることが8日、分かった。
環境省によると、特定外来生物の根絶に成功したのは2005年の外来生物法施行後初めてという。

 カナダガンは全長約110センチ。1985年ごろ国内に持ち込まれ、商業施設で飼っていた個体が逃げ出すなどして各地に散らばった。
10年のピーク時には関東地方を中心に約100羽が定着していたとされ、ガチョウとの交雑や農作物への食害が確認された。

 近縁の在来種で、絶滅が危ぶまれるシジュウカラガンと交雑すれば深刻な影響を及ぼしかねないため、10年以降、有識者の調査グループが中心となって防除。
今月4日に茨城県龍ケ崎市の牛久沼で最後とみられる2羽を捕獲した。これを含め、成鳥79羽と卵約150個を動物園で飼育したり、処分したりした。

 特定外来生物には14年5月、大型鳥類では初めて指定し、飼育と輸入を原則禁止した。新たな定着を予防するため、今後も指定は継続する。

 環境省の担当者は「ひょっとしたら取り逃がした個体がいるかもしれないので、見つけたら連絡してほしい」と呼び掛けている。〔共同〕

引用元 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG08H0E_Y5A201C1CR0000/


そりゃあれだけ大きい鳥なら駆除しやすいだろ。
と言うか、カナダガンと日本に来てるシジュウカラガンとの交雑って考えられないんだが。
亜種とはいえ大きさかなり違うしシジュウカラガン自体日本本土じゃ繁殖してないだろと。
大体カナダガン自体アメリカ大陸で発展した種でアメリカには10種以上も亜種あるのに交雑どうこう言うのは
変だよな。環境省はアライグマとかで手を焼いてる批判躱す意味でこれアピールしてんじゃないの?

124名無しさん@お腹いっぱい。2015/12/26(土) 22:54:53.95ID:ytV/43i3
た、確かに
一理あるな

125名無しさん@お腹いっぱい。2016/01/31(日) 19:21:34.38ID:f2zuMGXt
ツルの北帰行始まる 越冬地の鹿児島・出水平野 (産経ニュース) [無断転載禁止]©2ch.net 2016.1.31 18:50

 国内最大のツルの越冬地、鹿児島県・出水平野で31日、ツルの北帰行が始まった。絶滅危惧種のナベヅルやマナヅルなど1万羽以上が、繁殖地のシベリアや中国東北部へ向けて、3月末ごろまでに順次飛び立つ。

 鹿児島県ツル保護会は、31日正午すぎまでの約1時間半に、計390羽のマナヅルが北西方向へ飛び去ったのを確認した。昭和40年の調査開始以降最も早かった昨季と比べて11日遅く、例年並みの旅立ちとなった。

 出水平野のツルは国の特別天然記念物。今季は昨年10月から1月10日までの間に、約1万7千羽が飛来した。

 保護会の戸田重久事務局長は「無事に帰行が始まってよかった。新たな家族を連れて、また秋に戻ってほしい」と期待を込めた。

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:産経ニュース http://www.sankei.com/west/news/160131/wst1601310079-n1.html

126名無しさん@お腹いっぱい。2016/03/01(火) 07:07:17.53ID:pbkQ+yf/
 北海道は29日、国の特別天然記念物タンチョウの数が過去最多を更新し、
1320羽を確認できたと発表した。これまでは平成26年度の1187羽が最多だった。
調査は昭和27年度から始まり、平成27年度は2回目。

道によると、調査は1月25日、北海道東部を中心に道内25市町村の給餌場など計150カ所で実施した。
内訳は成鳥1152羽、幼鳥123羽、判別不明が10羽。飼育中の35羽も含む。

昭和27年度の調査開始時点では33羽で、絶滅の危機にあった。

http://www.sankei.com/life/news/160229/lif1602290018-n1.html

127名無しさん@お腹いっぱい。2016/03/23(水) 08:04:11.94ID:HEbT+vV2
3月22日 15時43分
去年2月から徳島県鳴門市に定着している国の特別天然記念物、コウノトリが、卵を産んだとみられることが分かりました。昭和46年に国内の野生のコウノトリが絶滅して以降、
繁殖活動の拠点となっている兵庫県豊岡市周辺を除けば、野生状態での産卵は初めてとなります。

鳴門市では去年2月以降、兵庫県から飛来したコウノトリのつがいが巣を作っています。
徳島県などで作るコウノトリの調査チームによりますと、2羽は今月19日から巣を留守にすることがほとんどなくなり、巣に伏せているとみられる時間が、観察時間の半分を超えたということです。
このため調査チームは、22日、コウノトリが今月19日に卵を産んだと推定されると発表しました。今後、本格的に卵を温めるようになり、来月下旬にもヒナがふ化する可能性があるとみられます。
コウノトリは最初の卵を産んだあと、1日から2日おきに卵を3つから4つ産むということです。
国内のコウノトリは、昭和46年に野生のものが絶滅して以降、兵庫県豊岡市を拠点に繁殖活動が続けられていますが、豊岡市周辺を除けば、野生状態での産卵は初めてとなります。徳島県や鳴門市、
野鳥の愛好団体などで作る連絡協議会は、「親鳥は神経質になっているので、巣に近づいての撮影や観察はしないでほしい」と呼びかけています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160322/k10010451921000.html

128名無しさん@お腹いっぱい。2016/03/26(土) 20:52:28.28ID:mCnMBmkP
千葉でコウノトリのひな誕生 兵庫と交換した卵から
http://this.kiji.is/86306001352164853?c=39546741839462401

 千葉県野田市は26日、市の飼育施設「こうのとりの里」でコウノトリの卵がふ化し、ひな1羽が誕生したと発表した。
ひなは兵庫県豊岡市の「県立コウノトリの郷公園」から運ばれてきた有精卵から誕生した。

 市によると、午前9時ごろ、ひなを飼育員が確認した。
両施設は近親交配を防ぐため、有精卵を交換。野田市には卵2個が19日に届き、22日から別の親鳥に子育てさせる「托卵」を始めていた。

 残り1個の有精卵もコウノトリのつがいが交代で托卵しており、続けてのひな誕生に期待を寄せる。
野田市の施設でふ化するのは4年連続。
順調に育てば、昨年に引き続き試験放鳥する予定という。

共同通信:2016/03/26 12:49

129名無しさん@お腹いっぱい。2016/04/22(金) 23:49:40.41ID:CoxZ5EeD
野生トキのペアにひな誕生 40年ぶり、環境省が確認 2016/4/22 11:54

 環境省は22日、新潟県佐渡島で、いずれも野生下で生まれた国の特別天然記念物トキのペアにひなが誕生したのを、
21日に確認したと発表した。日本で「純野生」のひなが確認されたのは絶滅前の1976年5月以来、約40年ぶり。
2008年に放鳥が始まって以来初めて。順調にいけば、巣立ちは5月下旬以降になりそうだ。
 国内では03年に野生最後の「キン」が死んで日本産が絶滅。その後、中国から譲り受けるなどした個体を繁殖させて
放鳥する取り組みが08年に始まった。現在、野生のトキは約150羽まで増えている。
 今回のひな誕生を、環境省佐渡自然保護官事務所の広野行男首席自然保護官は
「トキが安定して生息できる自然状態に一歩近づいたと言え、大きな収穫だ」と話している。
 環境省は3月18日、今回のペアの巣作りを確認。20日には交代で巣に座り込む様子が見られ、卵を温める
「抱卵」が確認された。4月21日午後、親鳥がひなに餌を与える様子がみられ、ひな1羽のくちばしが確認されたという。
 このペアはいずれも13年に、放鳥トキのつがいから自然界で生まれており、ひなは放鳥トキから数えて3世代目。
昨年も抱卵に至ったものの、途中で放棄しふ化しなかった。
 佐渡市の三浦基裕市長は「保護活動に尽力された方々の努力のたまもの」とするコメントを出した。〔共同〕

130名無しさん@お腹いっぱい。2016/05/18(水) 09:32:15.71ID:XlhnR/oY
トキ野生ペアのひな、すくすく成長…足輪も装着 読売新聞 5月17日(火)17時50分配信

 環境省は16日、新潟県佐渡島で、野生の親同士から生まれたトキのひなに初めて個体識別用の足輪をつけ、
その際の写真を公開した。
 足輪をつけられたのは、スダジイの枝に営巣したつがいから生まれた3羽。4月28日から5月6日にかけて
誕生が確認された。足輪の装着は生後2週間前後に行われる。この日は親鳥が巣を離れた時に
同省職員らが近づいて足輪をはめた。
 また16日、別のつがいからも1羽が誕生し、野生の親同士から生まれたひなは8羽となった。
このうち生存が確認されているのは6羽となっている。

131名無しさん@お腹いっぱい。2016/05/18(水) 20:56:55.74ID:Hbol5JIs

132名無しさん@お腹いっぱい。2016/05/26(木) 20:21:01.47ID:5UdBxdgi
兵庫県立コウノトリの郷公園(兵庫県豊岡市)は25日、韓国西部の忠清南道・礼山にある飼育施設で、コウノトリのつがいからひな2羽が生まれたと発表した。
2羽は、韓国での繁殖研究のため、同公園が譲り渡したコウノトリの孫に当たる。順調に育てば7月下旬に巣立つ見通し。
同公園によると、韓国では絶滅した野生のコウノトリを復活させようと研究を進めており、同公園からコウノトリを贈るなどして連携してきた。
昨年9月には、日本から贈られたコウノトリなどから生まれた8羽が自然に放鳥され、うち2羽がつがいとなり、今回ひなを生んだ。

同公園は「日韓協力が結実したことは喜ばしい」と話している。
また、同公園から放鳥されたコウノトリの北海道長万部町への飛来が確認された。これまでの最北端は青森県で、北海道への飛来は初めて。
北海道伊達市のアマチュアカメラマンの坂本和夫さん(69)が今月15日に撮影し、足に付けたリングから確認した。
平成25年7月に自然に戻した雌で、今月3日には滋賀県竜王町で確認されていた。

産経新聞 2016.5.25
http://www.sankei.com/west/news/160525/wst1605250090-n1.html

133名無しさん@お腹いっぱい。2016/05/31(火) 06:32:53.47ID:rZjaTTp6
富山)ライチョウが夏羽に ファミリーパーク 吉田真梨 2016年5月26日03時00分

 富山市ファミリーパークは23日、人工飼育しているニホンライチョウのオス3羽の生育状況を発表した。
孵化(ふか)から約11カ月経ち、順調に生育しているという。
昨年6月27日に孵化し、448グラムになったニホンライチョウのオス。冬羽から夏羽に生え替わった=富山市古沢、市ファミリーパーク提供
 富山市ファミリーパークは23日、人工飼育しているニホンライチョウのオス3羽の生育状況を発表した。孵化(ふか)から約11カ月経ち、
順調に生育しているという。
3羽とも真っ白だった冬羽は、黒褐色の夏羽に生え替わった。体重は6月27日に孵化した2羽は448グラムと512グラム、7月2日に孵化した1羽は
452グラム。2カ月前と比べ、最大160グラムほど体重が減少しているが、繁殖期が近づくとみられる変化という。ニホンライチョウは通常、
4月からペアをつくり、5月下旬ごろから交尾を開始する。
昨年度から始まったニホンライチョウの人工飼育を、環境省は今年度も継続する。5〜6月に長野・岐阜県境の乗鞍岳で卵を12個採取し、
昨年から取り組む市ファミリーパークと東京・上野動物園に、過去に飼育実績がある大町山岳博物館(長野県大町市)を加えた計3施設で育てる。

134名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/05(木) 05:24:27.85ID:nAwkkPV9
セルコホーム ズーパラダイス八木山(八木山動物公園)では昭和55年から、ロシア科学アカデミーカムチャツカ太平洋地理学研究所
および「日本雁を保護する会」と共同で、絶滅の危機に瀕しているシジュウカラガンの日本〜ロシア間の
渡り回復事業に取り組んできました。
そして今年度、平成30年1月27日、28日に宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団が中心となり国内へのマガン等の飛来調査を行った結果、
5,120羽のシジュウカラガンが確認されました。
今シーズンのシジュウカラガンの飛来数は、放鳥した個体の日本への飛来が最初に確認された平成9年以来、最多となりました。

135名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/05(木) 09:04:56.30ID:wIKQDIdE
アカハジロ、ヘラシギ、シマアオジ

日本が打てる手は何かあるのか?

136名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/05(木) 20:04:55.27ID:N1mfeAPP
>>135
日本は環境保持しかないだろうね。

アカハジロって世界的に希少種なの?珍鳥としてのイメージしかない。
ヘラシギは減った減ったとか聞くけど他のハマシギとかも、まだある程度いるけど10年前と比べても
激減してるからな。同じ理由なんだろうな、繁殖地の環境悪化(北極圏なんだがなあ)、越冬地での
環境悪化(中国や東南アジアで取られて食べられまくってるとか)

シマアオジは20年前位前は北海道では全く普通の鳥だったそうだが今では限られた場所でごく少数のみ。
日本人は自分らの環境破壊が、とか言う人もいるけど、主原因は越冬地の中国人の乱獲だからな。
10年ちょっと前に中国政府も捕獲禁止にしたそうだけど、密猟してる人多いだろうしな。
剥製や飼育で輸出するなら捕まるかもしらないけど、現地消費だからどうなる事やら。

137名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/08(日) 05:38:59.57ID:9cCoKYam
アカハジロについて、2013年9月の情報
http://tokyo.birdlife.org/sites/wp-content/uploads/2013/11/JPN_eaafp_newsletter_no11_sep_2013.pdf

1980 年代後半までに 2 万 5,000 以上の個体数となると考えられていましたが、多分それより少なく、減少しているのが確認され、
その結果 1994 年に IUCN レッドリストで絶滅危惧U類に付け加えられました。
それは絶滅危惧 IB 類とされた 2008 年まで続き、個体が 1,000 の個体数より少ないと強く示唆されたアセスメントを受けて、
2012 年に絶滅危惧T類とされました。
絶滅危惧の種として登録されて以降、タイやバングラデッシュを含めた越冬地域の南の国々から
大幅にいなくなったと非常に広い範囲で認められた以外、ほとんど新しい情報が明らかになっていません。


わずか 2 年前の最近の生存数からはこれらは程遠いですが、調査中であっても、
アカハジロは全体的に見て調査の範囲で見つけることが極めて難しい鳥となっています。
Wang他(2012 年版)で書かれている「世界的な個体数が 1000 個体より少なく、またこの数字よりずっと低い可能性が大きいと危惧している。」
ことはほぼ真実と思われ、最近の記録では野生で残っているのは 100 個体より少ないことが確実視されています。

138名無しさん@お腹いっぱい。2018/04/14(土) 10:03:40.75ID:/UGjBYQk
島根県雲南市教育委員会は13日、国の特別天然記念物コウノトリのつがいが同市内で育てていた卵がふ化したとみられると発表した。
父鳥は、昨年、ひなを育てている最中にハンターの誤射で死んだ母鳥とつがいだった雄鳥という。
 雲南市教委によると、13日午前に胃にためた餌を吐き出す行動がみられた。ひながふ化した可能性が高いという。ひなの確認には至っていない。
 父鳥は、昨年と同じ同市大東町の田園地帯にある電柱で今年2月に巣を作り始めた。その後、雌鳥がすみ始め、3月10日に卵が確認されていた。
 父鳥は昨年5月に同じ場所でひなを育てていたが、サギの駆除にあたっていたハンターの誤射でつがいの雌鳥が死んだ。

2018.4.13 23:48
産経WEST
https://www.sankei.com/west/news/180413/wst1804130088-n1.html

139名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/06(日) 13:28:34.66ID:81YoA716
毎日新聞 2018年5月5日 地方版
https://mainichi.jp/articles/20180505/ddl/k15/040/108000c

 妙高市と糸魚川市にまたがる火打山(2462メートル)とその周辺に生息する国の特別天然記念物で
絶滅危惧種のニホンライチョウを保護する一環として、妙高市は、クラウドファンディング(CF)を活用して、
生態調査のための資金を募ることを決め、16日にスタートさせる。市は「絶滅が危惧されるライチョウへの
関心を高めたい」と話している。

 市は、ソフトバンクグループの「さとふる」(東京都中央区)が運営する、ふるさと納税ポータルサイト
「さとふる」を活用。寄付金の使途から寄付先を選択できる「さとふるクラウドファンディング」を通して
資金を募る。期間は6月30日まで。目標は130万円で、達成次第終了する。寄付は1000円から。
他のふるさと納税と同様、税控除の対象となる。返礼品として、5000円以上の寄付でライチョウを
モチーフにしたピンバッジを贈る。市はCFで集めた資金で、来年度以降の分布調査事業に充てたい考え。
妙高市で今年10月「ライチョウサミット」を予定しており、保護についての機運も高めたいとしている。

 ライチョウは氷河期からの生き残りで、北アルプスなど国内では五つの地域に分かれて生息。
火打山周辺は国内の最北限にすみ、生息数は約20羽と、国内最小の個体群。生息数は減少傾向をたどっており、
中村浩志・国際鳥類研究所代表理事によると、2009年には縄張りが20以上あったとしたうえで、
「いつ消えてもおかしくはない」と指摘。テンやキツネなどライチョウのヒナを捕食する動物が、
温暖化に伴って高山帯へと活動範囲を広げた可能性もあるとしている。火打山のライチョウの生態は
解明されていない点が多く、餌場確保以外の保護策が打ち出せていないのが現状だ。

140名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/17(木) 21:30:45.94ID:ZGqmAkqR
巣の上で羽ばたきながら飛び上がる雌のひな。右はもう1羽の雌のひな=16日午前8時半ごろ、鳴門市大麻町
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180517-03048085-tokushimav-000-view.jpg

鳴門市大麻町で生まれたコウノトリの雌のひな2羽が、巣の上で盛んに羽ばたき、浮き上がる動きを繰り返している。3月13日ごろとみられる誕生日から2カ月が経過し、巣立ちが間近に迫ってきた。

 ひな2羽が羽ばたく動きを見せ始めたのは3日ごろ。日ごとに翼の動きは大きくなり、16日午前には2羽が順番に巣から50センチほど真上に飛び上がった。観察者によると、1羽は15日に1秒間ほど浮遊したという。

 2羽とも食欲は旺盛で、親鳥2羽とほぼ同じ大きさに成長。運ばれてきた餌を勢いよく食べている。親鳥は巣立ちが近づいているのを感じてか、近くの電柱や田んぼに降り立ち、ひなから離れて見守る時間が長くなってきた。

 県内の官民でつくるコウノトリ定着推進連絡協議会によると、野外で生まれたひなが巣立つのは、ふ化後、平均約68日とされ、今月20日ごろを見込んでいる。

 同市内では15日時点で、この親鳥2羽とひな2羽に加え、昨年6月に巣立ちした「蓮」「なる」を含む計10羽が確認されている。

5/17(木) 14:00
徳島新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-03048085-tokushimav-l36

141名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/27(日) 21:16:46.76ID:???
☆ 日本人の婚姻数と出生数を増やしましょう。そのためには、公的年金と生活保護
を段階的に廃止して、満18歳以上の日本人全員に支給する、『ベーシックインカム』
の導入は必須です。月額約70000円位ならば、廃止すれば財源的には可能です。
ベーシックインカム、でぜひググってみてください。お願い致します。♪♪

142名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/30(水) 10:27:16.36ID:8cDp16VP
眠い

143名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/03(日) 17:01:53.64ID:HyAl5paJ
<シジュウカラガン>国内への飛来数最多5120羽 繁殖力強まり昨年度の3倍以上に

 仙台市八木山動物公園(太白区)は2日、絶滅危惧種の冬の渡り鳥シジュウカラガンの国内への飛来数が、
この20年で最多の5120羽になったと発表した。個体群の繁殖力が強まり、昨年度の3倍以上に増えた。
復活事業を30年以上続けてきた同園は「感慨深い」と喜びをかみしめている。
 宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団などが中心となって実施した飛来調査の結果、
1月27日に化女(けじょ)沼(大崎市)で1805羽、28日に蕪栗沼(同)で35羽、八郎潟(秋田県)で3280羽を確認した。
飛来数の推移はグラフの通り。放鳥した個体の飛来が初めて確認された1997年度に13羽だったシジュウカラガンは、
繁殖活動などによって年々増加。2009年度に100羽、14年度に1000羽を超えた。
群れの繁殖力が強まり、17年度まで4年連続で1000羽以上が飛来している。同園によると、仙台市内では
昨年1月、82年ぶりに飛来が確認された。
 戦前まで仙台などに多数飛来していたシジュウカラガンは一時期、姿を消したため、同園が1980年から、
日本雁(がん)を保護する会(栗原市)、ロシア科学アカデミーと、繁殖と放鳥に取り組んできた。
橋本渉飼育展示課長は「仙台にシジュウカラガンを呼び戻す長年の取り組みが実を結んだ」と語った。


関連ページ: 宮城 社会.

2018年02月03日土曜日

144名無しさん@お腹いっぱい。2018/06/08(金) 05:17:41.12ID:JKHk8Mq5
絶滅危惧オオアジサシ、西之島で集団繁殖 噴火経て復活
6/7(木) 20:46配信

 断続的に噴火している東京・小笠原諸島の西之島で、絶滅危惧種の海鳥オオアジサシが集団繁殖していることがわかった。本社機「あすか」に同乗した森林総合研究所の川上和人・主任研究員が5日、確認した。2013年の噴火以降、
繁殖は見られなくなっていたが、5年ぶりに繁殖地が復活した。
オオアジサシは国内では西之島と沖縄県・尖閣諸島でのみ繁殖する絶滅危惧種。西之島では島の中央付近で150〜200ペアが繁殖していたが、13年からの噴火で営巣地が埋まり、繁殖集団は確認できなくなっていた。
 5日に上空を飛行したところ、噴き出した溶岩や噴出物がたまって新たにできた島北部の海岸に、約180羽が身を寄せ合って休息する様子が確認できた。なかには卵を抱く個体もいた。噴火以前にいた個体が戻ってきたと考えられるという。
川上さんは「噴火後に少数のオオアジサシが飛ぶ様子は時々見られたが、群れがどこに行ったのかわかっていなかった。今回の繁殖集団の発見の意義は大きい」と話した。(小坪遊)



最終更新:6/7(木) 21:07

145名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/14(土) 14:55:35.59ID:K0PhBp2R
確実にどんな人でも可能な確実稼げるガイダンス
一応書いておきます
検索してみよう『立木のボボトイテテレ』

W93

146名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/21(土) 15:23:04.94ID:Jp88nBHj
(1)分類.
ツル目 ツル科
タンチョウ
学名 Grus japonensis
絶滅危惧U類(VU)(環境省第4次レッドリスト)
.
(2)分布及び個体数.
国内では、北海道東部の湿原を中心に分布している。
クッチャロ湖やサロベツ湿原、十勝川流域などに繁殖分布が拡大する一方で、越冬期はほとんどの個体が釧路地域に集中分布する。
約1,500羽(タンチョウ保護研究グループ,2014)
世界の総個体数は2,750羽とされ(J.Harris in litt.2007,in litt.2009)、種の半数以上が北海道東部を中心に生息。

147名無しさん@お腹いっぱい。2018/07/21(土) 15:29:28.70ID:Jp88nBHj
イヌワシ

1.概要



(1)分類.
タカ目 タカ科
ニホンイヌワシ
学名 Aquila chrysaetos japonica
絶滅危惧TB類(EN)(環境省第4次レッドリスト)
.
(2)分布及び個体数.
 北海道、東北から中部、中国地方の日本海側を中心に生息。四国、九州ではごくわずかに生息。
650羽と推定(環境省希少猛禽類調査(H16年))、約500羽と推定(日本イヌワシ研究会)
繁殖成功率は、全国平均(H18年〜H22年)24%(日本イヌワシ研究会)、東北地方では過去10年(H16年〜H25年)では15%
..

写真:イヌワシ.
..
2.形態的特徴及び生物学的特性
全長で81cm〜89cm、翼開長168〜213cm
ノウサギ、ヤマドリ、ヘビ類等を主な食料とするが、カモシカやニホンジカの幼獣、テン等のほ乳類も捕食
つがいごとに広い行動圏(20〜250km2平均60 km2)を持ち、その中に営巣や採餌場所を含む
繁殖活動は1〜3月頃に産卵し、抱卵期間は40〜45日程度、巣内育雛期間70〜94日程度
概ね年間を通じ雌雄2羽で生活を共にし、山地帯に生息する
岩棚で営巣することが多いが、高木の枝上での営巣例もある

148名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/21(日) 19:14:26.25ID:ec/NPTxW
 新潟県佐渡市で国の特別天然記念物のトキが放鳥されて10年。これまで327羽が放鳥され、現在約350羽が佐渡島に生息していると推測される。順調な野生復帰に思えるが、島内数カ所の限られた地域のみで大きな群れをつくり、
放鳥場所周辺は過密状態になっている。
 原因の一つは、野生復帰ステーションからのみ行われている放鳥だ。トキは野外を想定した順化施設で3カ月間の訓練後、施設から自由に出られる「ソフトリリース」によって放鳥されている。だが、ステーション周辺には
群れがすでに形成されており、放鳥されたばかりのトキが自然と合流してしまう。
そして、群れの密度がさらに高まると、一部地域で問題となっている稲踏み被害や生存率の低下、繁殖数の減少などに結びつくおそれがあるという。
トキの生態に詳しい新潟大学の永田尚志教授は、過密地域の個体数と同程度が、別の地域にも同じように分布すれば「佐渡島には現在の約3倍、1千羽ほどが生息できるのではないか」と考えている。
秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまが出席された放鳥10周年の記念式典では、1回目と同じ、木箱からの「ハードリリース」が採用された。
永田教授は「今回の結果次第では、ステーション周辺以外で、群れが形成されている地域でのハードリリースの検討も必要」と、分散放鳥も視野に入れている。
絶滅したトキを再び野生に戻すという壮大なプロジェクトから10年。中国から新たなつがいが11年ぶりに供与されるなど、野生復帰は新たな一歩を踏み出している。(写真報道局 大山文兄)
https://www.sankei.com/life/amp/181021/lif1810210016-a.html?__twitter_impression=true

149名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/04(日) 20:41:28.49ID:eCu5OG6V
環境省佐渡自然保護官事務所が2018年10月29日、国の特別天然記念物・トキの羽根に関して投稿したツイートが、話題を呼んでいる。

「野外で落ちているトキの羽を見つけた場合、拾っても問題ありませんが、拾った羽を人に売ったり、無料でもあげたりすることは、法律で禁止されています」(原文ママ)

https://www.j-cast.com/trend/assets_c/2018/11/trend_20181102145410-thumb-autox380-147190.jpeg



トキの羽根(提供:環境省)

環境省佐渡自然保護官事務所に取材した
この投稿を受け、リプライ(返信)欄には「知らなかった!」「お土産であげてしまいそう」という声が寄せられている。J-CASTトレンドでは環境省佐渡自然保護官事務所に電話取材を行い、
上記のツイートの意図を尋ねた。

自然保護官からは、

「9月から10月終わりくらいにかけてトキの羽が抜け替わるため、拾う人がいるかもしれないと思い注意喚起のためにツイートしました」
という回答が得られた。拾う可能性がある場所は佐渡の島内にある水田で、大きな風切り羽などが落ちていた場合は「一目でそうとわかる」という。

譲渡が禁止されている法的根拠は、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」(種の保存法)にある。トキは「国内希少野生動植物種」にあたるため、
個体の譲渡・売買が規制されている。これまでにトキの羽根を譲渡した罪で逮捕された実例は「ない」が、「5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金」が課せられる可能性があるとの話だった。

もしも落ちているトキの羽根を拾った場合は、「人にあげたりせず、大切にお持ちください」。<J-CASTトレンド>

https://www.j-cast.com/trend/2018/11/02342788.html

150名無しさん@お腹いっぱい。2019/01/06(日) 13:40:32.95ID:8FUzduhB
 環境省は、絶滅のおそれがある野生生物を記載するレッドリストで「野生絶滅」に指定しているトキについて、「絶滅危惧種」に見直すよう専門家による検討会に提案することを決めた。野生復帰事業が順調に進み、
1ランク低い「絶滅危惧1A類」の基準を今春にも満たすためだ。
 環境省のレッドリストは、絶滅したと考えられる種を「絶滅」と飼育下でのみ生息する「野生絶滅」に分けている。絶滅危惧種は危険性が高い順に「絶滅危惧1A類」「同1B類」「同2類」に分類している。
 環境庁(当時)は1998年、トキを「野生絶滅」に指定した。日本産の最後のトキは2003年に死んだが、その前に中国から贈呈されたトキの飼育下での繁殖に成功。二つのトキは遺伝学的な解析で同一種とされている。

https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20190105000680_commL.jpg


https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20190105000687_commL.jpg



朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM144GVDM14UBQU00J.html

151名無しさん@お腹いっぱい。2019/01/23(水) 21:46:17.67ID:r/rw+Jev
国の特別天然記念物のトキについて環境省は、野生復帰の取り組みが進み、自然の中で生息数が順調に増えているとして、
レッドリストのランクを「野生絶滅」から1つ低い「絶滅危惧種」に変更することになりました。
トキは江戸時代には日本のほぼ全域に生息していましたが、明治以降乱獲や環境の悪化で激減し、昭和56年には
野生の5羽が保護のため捕獲され、自然界から姿を消しました。
これを受けて、絶滅のおそれがある野生生物をまとめた環境省のレッドリストで、本来の自然の生息地では絶滅し、
飼育下でのみ存続している「野生絶滅」に分類されています。
その後、新潟県佐渡市では中国から譲り受けたトキで人工繁殖が行われ、平成20年から自然に放す取り組みが進められてきました。
そして平成24年に、自然に放されたトキのつがいからひなが誕生したことなどから、環境省は専門家の意見を聞いて、
レッドリストのランクの見直しを検討してきました。
その結果、繁殖が可能なトキが自然の中で順調に増え1羽以上生息している状態が続いているとして、絶滅の危険度が1ランク低い
「絶滅危惧IA類」に変更することになりました。
環境省は「トキの野生復帰は順調に進んでいる」としていて、近くこの見直しを反映させた新たな「レッドリスト」を公表することにしています。



今月7日の時点で、自然の中には353羽が生息していると推定されていて、
環境省は「トキの野生復帰は順調に進んでいる」としています。


野生のトキ順調に増え「野生絶滅」から「絶滅危惧種」に
2019年1月23日 12時57分 NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190123/k10011787861000.html

152名無しさん@お腹いっぱい。2019/02/24(日) 20:28:42.61ID:0wtlsNEP
徳島県や同県鳴門市などでつくるコウノトリ定着推進連絡協議会は23日、同市で国の特別天然記念物コウノトリが産卵したとみられると発表した。同一のペアによる産卵は4年連続で、同じ電柱の上に巣を作った。昨年は2羽のひなが巣立っている。
 協議会はペアが巣に伏せている時間などを調査。観察カメラの映像や調査データを確認した兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)などと協議し、20日までに最初の卵を産んだ可能性が高いと判断した。

 今後も数個の卵を産む可能性があり、順調に育てば3月末ごろにふ化するとみられる。ふ化すれば3年連続となる。

2019/02/23 20:16 神戸新聞
https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201902/sp/0012091540.shtml
https://i.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201902/img/b_12091570.jpg

153名無しさん@お腹いっぱい。2019/03/08(金) 22:04:15.46ID:g+36u/MQ
■世界で唯一の飛べないオウム、最新技術の導入で回復に光

ニュージーランドの南島沖に、コッドフィッシュ島(マオリ語でウェヌア・ホウ)という島がある。
その島に建つ小屋の冷蔵庫には、カカポの未来が垣間見える表が掲げられている。
 カカポ(和名:フクロウオウム、学名:Strigops habroptila)とは、希少種の飛べないオウムで、
ニュージーランドの固有種だ。表には、現在生き残っているすべての繁殖可能なメスのカカポがリストアップされている。
その数わずか50羽。すべての個体にパール、マラマ、ホキなどの名がつけられ、それぞれが産んだ卵の状態が描かれる。
孵化可能な卵にはニコニコマークが、孵化できない卵には横線が一本、孵化した卵には翼と足、
死んだものにはX印が書き加えられる。
 できるだけ多くのニコニコマークに翼が生えて、反対にX印の数は減ることが望ましい。そのために繁殖期の間、
科学者やレンジャー、ボランティアらが、24時間体制で野生のカカポの監視と保護活動を行っている。そして、3Dプリンターで作られた「スマートエッグ」、
行動追跡装置、そしてドローンによる精子の運搬といった最新技術を投入した結果、今シーズンは記録的な数の卵が産まれている。
これを弾みに、多くのニュージーランド人に愛されるカカポが絶滅の危機から脱することができるよう期待がかかる。(参考記事:「【動画】朗報! 絶滅危惧インコ守る「鉄壁巣箱」」)

154名無しさん@お腹いっぱい。2019/04/28(日) 05:15:52.09ID:gRguxmXy
千島列島に再導入されたシジュウカラガン−現地で初めて幼鳥を確認
シャシコタン島沖で幼鳥づれの家族群が撮影されました

2018年10月15日 著者:神山和夫

 今年の夏にシジュウカラガンが撮影されたのは、エカルマ島の隣にあるシャシコタン島周辺の海上です(図1)。
8月11日の11時ごろ、クルーズ船から降ろした小型ボートでシャシコタン島西部沿岸を移動中に、
26羽のシジュウカラガンが南(シャシコタン島方向)から飛来し、そのうち23羽がボートと島のあいだの海に
舞い降りたところを私市一康さんが撮影しました。その後、群れはエカルマ島の方向へと飛んでいったそうです。
写真提供を受けた日本雁を保護する会の呉地正行さんが確認したところ、少なくとも10羽の幼鳥が
写っていることが分かりました。シジュウカラガンがシャシコタン島で繁殖しているのか、
それともエカルマ島で繁殖した個体が他の島まで飛んできているのかは不明ですが、
今年生まれの幼鳥が観察されたということは、周囲でシジュウカラガンが繁殖している証拠と考えられます。
今年6月に国後島を訪れた鳥類調査グループも二羽のシジュウカラガンを観察していてることから、
シジュウカラガンは夏のあいだ千島列島全体を行動域にしているのかもしれません。

155名無しさん@お腹いっぱい。2019/06/16(日) 11:23:59.81ID:mTYHRk4Q
>>19
長谷川先生、今年の3月調査を最後に引退するそうだ。
お疲れ様でした。
アホウドリも五千羽を越え、繁殖番いも千組超えたのも先生のおかげです。

156名無しさん@お腹いっぱい。2019/06/23(日) 11:59:00.88ID:6ucwO3v5
今季のシジュウカラガンとハクガン、どれくらい増えたのかと思ってたら
小友沼で3月2日でハクガン643と書いてあるな。

157名無しさん@お腹いっぱい。2019/07/09(火) 05:33:15.67ID:Iq77xEv9
ライチョウのひな確認 50年前に絶滅の中央アルプスで
大野択生 2019年7月2日12時03分



国の特別天然記念物・ライチョウのひなの孵化(ふか)が1日、中央アルプスの木曽駒ケ岳(長野県)で確認された。
中央アルプスのライチョウは50年ほど前に絶滅したとされるが、昨年、北アルプスから飛来したとみられる雌1羽が見つかり、
環境省が「復活作戦」に乗り出していた。今後は成長を見守るとともに、天敵対策やえさとなる現地の植物などの調査も進めるという。

 環境省信越自然環境事務所(長野市)によると、職員が1日午後、この雌の巣にあった卵6個のうち、5個が孵化した跡を発見。
その後、巣の約30メートル先で5羽のひながこの雌の周りを歩く様子などを確認した。
中央アルプスのライチョウは1969年を最後に目撃例がなく、絶滅したと考えられてきた。ところが昨年夏、
木曽駒ケ岳で雌1羽が見つかり、この雌が産んだとみられる無精卵のある巣も確認された。環境省は今年6月、
北アルプスの乗鞍岳の巣で一部採取した有精卵と、木曽駒ケ岳の巣の無精卵を入れ替えてこの雌に抱かせ、「中央アルプス生まれ」のライチョウの復活を目指していた。

158名無しさん@お腹いっぱい。2019/07/12(金) 05:18:33.15ID:PjqWklPp
>>157
今ニュースで全滅したそう、早いな。

159名無しさん@お腹いっぱい。2019/07/16(火) 04:34:13.26ID:69vUT1Qu
2019年07月15日 14時09分 更新

ブッポウソウの追跡調査に関する報告などがあったフォーラム
https://static.sanyonews.jp/image/article/786x590/d/1/8/7/d187fdb74154fd9e739a4ca689a411be_1.jpg


餌を運ぶブッポウソウの親鳥=吉備中央町
https://static.sanyonews.jp/image/article/786x590/2/6/b/9/26b95c5e1c817b94e995a0cd9d68f2c8_1.jpg




 絶滅危惧種の渡り鳥・ブッポウソウの保護について考えるフォーラム(日本野鳥の会県支部主催)が14日、国内有数の繁殖地・吉備中央町内で開かれた。
山階鳥類研究所(千葉県)の仲村昇研究員が、ブッポウソウの追跡調査を基に、西日本に比べて東日本への飛来数が少ない要因についての考察を披露した。
仲村研究員は越冬地の環境の良しあしが影響しているとの仮説を立て、岡山、広島、鳥取、新潟、長野県の個体を記録機器を用いて追跡。その結果、
いずれも大半が東南アジアのボルネオ島に行き着いたとし、「越冬地説」は立証できなかったと説明した。
新たに国内の環境の違いに目を向け、東日本では巣箱が田園地帯ではなく山林に置かれることが多いと指摘。
ムササビやテンなどの天敵に襲われやすく、個体数に影響を与えているのではないか、との仮説を示した。
フォーラムには、県内外から約180人が参加。同会員や大学院生らによる研究発表もあった。

https://www.sanyonews.jp/sp/article/918818?rct=syuyo

160名無しさん@お腹いっぱい。2019/07/21(日) 17:10:14.40ID:jHfBufRC
コウノトリに撮影ドローン接近 「危険な行為」目撃相次ぐ 小山の渡良瀬遊水地

 小山市下生井の渡良瀬遊水地第2調整池に居着いているコウノトリの人工巣塔にドローンで接近して撮影する事案が相次いでおり、
写真愛好家らから「危険な行為だ」などと非難する声が上がっている。国土交通省などによると、同所でドローン飛行を規制する
法的根拠はないが、事態を問題視した市は規制ができないか検討を始めた
「ひかる」の愛称で親しまれているこのコウノトリが休んでいた人工巣塔に、ドローンの接近が確認されたのは6月19日午前8時ごろ。
近くでひかるの写真を撮っていた男性(63)が、気付いて撮影した。10分ぐらい人工巣塔のすぐ上を旋回していたので辺りを見回して
操縦者を捜したが、見つけられなかったという。
 当時の状況について男性は「かなり大型のドローンで、ひかるはおびえているようにも見えた」と説明。「接触してけがでもしたら大変。
こんなことが続いたら、せっかく居着いたのに嫌気をさして飛び去ってしまうかも」と憤る。
ひかるのいる人工巣塔の近くでドローンが確認されたのは、これが初めてではない。別の写真愛好家の男性によると、
3月と4月に1度ずつあった。操縦していたのは最初が若い男性で、注意されるとすぐにやめた。2回目は年配の男性で、
やめるよう促されても「なぜだめなのかと、くってかかってきた」という。

161名無しさん@お腹いっぱい。2019/07/21(日) 17:10:52.50ID:jHfBufRC
続き

ドローンなどの無人航空機を飛ばせる場所は、人の居住地では航空法で制限されている。だが無人の渡良瀬遊水地で規制はない。
国の特別天然記念物であり絶滅危惧種でもあるコウノトリを傷つけた場合は、文化財保護法や種の保存法などで
懲役刑を含む罰則があるものの、ドローンの飛行までは制限していない。
 コウノトリの定着に取り組んできた市は、これまでに「観察する際のお願い」として「150メートル以上離れて」「近くで大きな音を出さないで」
などと呼び掛けてきた。ドローンでの接近撮影は「想定外のマナー違反。何らかの規制を検討している」
(市渡良瀬遊水地ラムサール推進課)としている。

人工巣塔で羽を休めるコウノトリに近付くドローン。撮影目的と思われる=6月19日午前、小山市下生井の渡良瀬遊水地(提供写真)
https://www.shimotsuke.co.jp/mwimgs/1/e/600m/img_1ed1efeb25e626bbae55332d1b3f21c02056664.jpg

162名無しさん@お腹いっぱい。2019/08/24(土) 06:27:20.02ID:???
【重要】ルンプロハマちゃんを抱えるご家庭へ

・ご家庭のインターネット回線を全て解約
・ご家庭のパソコン、携帯電話を全て売却
・ハマちゃんのカメラ、レンズを全て売却
・ハマちゃんの自転車を売却
・ハマちゃんに金を渡さない
・ハマちゃんに食事を与えない
・ハマちゃんをハローワークに連れて行く
・ハマちゃんを人材派遣会社に登録する
・ハマちゃん以外の家族は黙って引越す

これでハマちゃんは社会復帰します
ご家族とハマちゃんの未来のために
年金や預貯金が減る前に
事件を起こす前に
是非勇気あるご決断をご家族の皆様は考えてみましょう

163名無しさん@お腹いっぱい。2019/09/25(水) 04:41:24.58ID:SJLJ+7Tk
 国の特別天然記念物トキの放鳥が始まってから、25日で11年。
新潟県・佐渡島では現在、自然界に400羽を超えるトキが生息しているとみられ、田んぼで餌を捕る姿などが目撃されるようになったという。
環境省は野生のトキを観察できる展望施設「トキのテラス」を建設し、屋上を一般開放している。
トキは保護や繁殖の対象だけでなく、地元自治体を中心に「観光資源」としての活用にも目が向けられ始めている。

 かつてトキは日本中の里山で暮らしていたが、乱獲や環境汚染で数が激減した。
繁殖を試みたが2003年に最後の1羽が死に、日本産野生種は絶滅。環境省は中国から提供を受けて繁殖を進め、08年から野生に戻す放鳥を開始した。
現在、国内の飼育施設に195羽、野生下の推定生息数は405羽まで増えた。

 飼育施設での一般公開は佐渡島以外でも、新潟県長岡市、石川県、島根県で行っている。
一方、野生のトキは大部分が佐渡島で暮らす。
佐渡市農業政策課トキ保護係は「佐渡なら野生下のトキを見ていただける」とアピールする。

 環境省は野生のトキを観察する際、生態に配慮して「車内で見る」「トキに近寄らない」ことなどを決めている。
佐渡市は18年10月、こうしたルールを尊重しつつ、トキがよく訪れる場所の近くに、車外から観察できるエリアを設けた。
担当者は「家族連れ、カップル、ご年配の方まで、かなりの人が訪れている」と手応えを語る。

 環境省の「トキのテラス」は高さ約10メートルで、屋上からトキや島の自然を観察でき、2階部分はトキの生態や人との共生について
紹介する展示室を設置する予定。建物はできており、展示室が完成するまでの間、屋上を一般に開放している。
環境省首席自然保護官の沢栗浩明氏は「野生のトキが増えている中で、生育に影響がないように観察する役割が果たせたらいい」と期待を込めた。

新着レスの表示
レスを投稿する