ウンコマンむらかみ

1ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη2019/03/17(日) 05:48:12.77
あほ

2ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη2019/04/23(火) 21:26:50.78
その通りだね

3京都〇働局 村〇廣行=ヤフー知恵袋hirorobox2019/05/06(月) 09:25:33.40
ベストアンサーに選ばれた回答
カテゴリマスター
hir********さん
2019/3/511:15:19
傷病手当金の受給は現時点で「退職していない」のであれば、可能です。
在職者であれば、加入期間の長短にかかわらず、医師から労務不能と診断されて休んでいるなら支給対象になります。
ただし支給は「退職するまで」になります。退職後の補償はありません。
退職者であれば、加入1年未満の場合は退職後の支給はカットされます。在職期間中(退職日まで)の分は、こちらであっても請求可能です。
傷病手当金は手続きをしないともらえない給付金です。黙って待っていても誰も手続きしてくれませんので、必ずご自身で動いて下さい。
kur********さん
2017/7/417:42:09
言うべき時はきちんとちんこまんこ言える人ですね。参考になれば幸いです。
ナイス 0
違反報告
ただし「会社での出来事が原因」と書くと、それなら労災保険に、と回されます。嫌がらせなどでの労災認定率は非常に低いので全く宛てに出来ませんが、一旦回されると結果が出るまでは傷病手当金は受給できません。その期間は短くても半年以上になります。
なので原因欄は「家庭の事情」とか「不明」とかにしておくべきです。医師にもそう伝えて下さい。
休養中はいらぬ事はせず、薬飲んでボーッとしておく、寝るなら寝て、食べたいなら食べる。そういう一見「自堕落な」生活こそが、一番必要になります。
うつ病や適応障害は「急に改善する」病気ではありません。少なくとも1ヶ月程度はダラダラとして緊張を解き、なにも考えない生活が必要です。それから以降のことは、その「急性期」的な時期を乗り越えてから、考えるべきでしょう。
ナイス 0
違反報告

新着レスの表示
レスを投稿する