■■■▲▼▲【考古学NEWS速報 3刷目】▲▼▲■■■

1出土地不明2014/03/03(月) 12:50:24.03ID:spJnUHhQ
もっと早く、もっと広く、もっと遠くへ。君に伝えたいことが、あるんだ。


■■■▲▼▲【考古学NEWS速報】▲▼▲■■■
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1067442984/
■■■▲▼▲【考古学NEWS速報 2刷目】▲▼▲■■■
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1294280943/

2出土地不明2014/03/03(月) 12:52:14.15ID:spJnUHhQ
イスに座る縄文時代の土偶…青森の遺跡で出土
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20140226-OYT1T00691.htm

イスに腰かけたような姿をした類例のない縄文時代の土偶が、青森県西目屋村の「水上(2)遺跡」で出土したことが
わかった。

同遺跡は、津軽ダム建設に伴い、同県埋蔵文化財調査センターが発掘調査している。縄文時代前期末から後期初頭
(約5000〜4000年前)にかけての大規模な集落跡で、川沿いの斜面には、多数の土器や石器を捨てた「捨て場」が
形成されており、土偶もその中から出土した。

土偶は、高さ7・6センチ。人物の腰から上の部分と、大きく反った楕円だえん形の「台」が組み合わさった形。「台」には、
脚が1本残っており、痕跡から、もとは4本あってイスのような作りだったことがわかる。

縄文時代に詳しい小林達雄・国学院大名誉教授(考古学)は、「イスに座って行う何らかの儀礼の一コマを表現している
のではないか」と話している。

イスに座ったような姿の土偶
ttp://www.yomiuri.co.jp/photo/20140226-012984-1-L.jpg

3出土地不明2014/03/03(月) 13:37:15.76ID:spJnUHhQ
平安の棚田造成で墳丘削られる 朝来・長塚古墳 兵庫
ttp://sankei.jp.msn.com/region/news/140302/hyg14030202230001-n1.htm

5世紀末の古墳時代後期に築造されたとみられる朝来市和田山町岡田の長塚古墳について、古墳内で棚田が造成された
平安時代末期、噴裾など古墳の一部が失われたことが同市教委の発掘調査で分かった。

長塚古墳は、但馬を治めた王族の墓が朝来市で唯一、集中して造られた岡田古墳群の一つ。全長約70メートルの
前方後円墳で、他の4基の古墳と同じく横穴式石室があるとみられる。今回の調査は、前方部南西角の位置を確認し、
墳丘規模を推定するため、前方部南西角の60平方メートルを対象に行った。

調査の結果、棚田を造成するために石積みの擁壁を築いた際、墳丘が大きく削り取られたことが分かった。古墳の裾部分
は完全に失われていたことも判明。古墳に立てられたとみられる円筒型埴輪(はにわ)や、平安から鎌倉期の須恵器杯類
など11点が出土した。

朝来市教委は今後の調査で、前方部の噴裾のラインを確認するなどして墳丘規模や形態を把握したいとしている。
現地説明会は2日午後1時半から行われる。小雨決行。長靴持参。問い合わせは同市埋蔵文化財センター

発掘調査が行われた長塚古墳前方部の南西角=朝来市和田山町
ttp://sankei.jp.msn.com/images/news/140302/hyg14030202230001-p1.jpg

4出土地不明2014/03/05(水) 11:12:08.13ID:vm7IZlVc
太閤の石垣、30年ぶり目覚め…大阪城・再発掘
ttp://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20140305-OYO1T00242.htm

国の特別史跡・大阪城(大阪市中央区)の地下に眠る豊臣秀吉時代の石垣を発掘、公開するプロジェクトを進める大阪市は、
現在の天守閣南東で豊臣期の城の石垣の一部を再び掘り出した。石垣の威容がよみがえるのは30年ぶり。

4日、報道陣に公開された石垣は幅約2メートル、高さ約6メートル。1984年の調査で発見され、自然石を使う古い技法
「野面積のづらづみ」が特徴。7〜9日に一般公開する。

展示・公開施設の整備にとりかかるために再発掘し、昨秋の調査では石垣の上部のみを発掘して公開した。

30年ぶりに姿を現した豊臣期の石垣(4日、大阪城で)=里見研撮影
ttp://osaka.yomiuri.co.jp/photo/20140305-154018-1-L.jpg


石垣が語る夏の陣…戦火で変色、剥落の痕跡

国の特別史跡・大阪城の地中から姿を現した豊臣期の城の石垣には、大坂夏の陣(1615年)の戦火を受けて変色したり、
剥落したりした痕跡も見える。石垣は落城した後、徳川幕府によって埋められた。7〜9日の一般公開は、歴史ファンの関心を
集めそうだ。

ttp://osaka.yomiuri.co.jp/photo/20140305-154027-1-L.jpg

再発掘した石垣は、豊臣期の城の最上部にあたる「詰ノ丸つめのまる」の南東角に眠っていた。切り出して整形した石を用いて
いる徳川期の城の石垣と異なり、自然石のほか、古代の建物の礎石、石臼なども使っている。表面が赤茶けた色に変わり、
そげたようになった石が複数見られ、落城した様子がうかがえるという。

発掘は、夏の陣から400年にあたる2015年に、豊臣期の石垣を展示・公開する施設の整備を進めるため、大阪市などが昨年
7月から続けている。今回、石組みが幅約2メートルの範囲で、約6メートル下まで続いていることが改めて確認された。

一般公開は午前10時〜午後4時に実施する。無料で予約不要。問い合わせは、大阪文化財研究所・発掘現場事務所

天守閣の南東で進む発掘作業。豊臣期の石垣は中央のテント付近の地下に眠っていた(4日、大阪城で)=里見研撮影
ttp://osaka.yomiuri.co.jp/photo/20140305-154048-1-L.jpg

5出土地不明2014/03/16(日) 13:40:08.13ID:4YrJF5Hj
栃木県下野市国分寺の甲塚古墳(6世紀後半)で、機織りをしている女性の埴輪2体が見つかり、
同市教育委員会が5日、発表した。市教委によると、機織り姿の埴輪の出土は全国初。
下野市は、ユネスコ無形文化遺産の結城紬の織物業が盛んな地域。
市教委は「古墳時代の機織り機の構造が分かり、
当時の技術水準や織物の歴史を知る手掛かりになる」と話す。
弥生―古墳時代の機織り機は、各地の遺跡で部材の出土例はあるが、全体構造は分かっていなかった。
埴輪は弥生―古墳時代後期に一般的だった古いタイプの「原始機」と、
結城紬の機織り機の原型とされる台を使うタイプの「地機」の2種類。

イメージ:栃木県下野市の甲塚古墳から出土した、機織りをしている女性の埴輪の合成写真(下野市教育委員会提供)
http://www.kahoku.co.jp/img/20140305/2014030501001999.jpg

ソース:機織り埴輪2体出土、栃木・下野 全国初、甲塚古墳 /河北新報
http://www.kahoku.co.jp/naigainews/201403/2014030501001823.html

別ソース(復元モデルあり)

http://mainichi.jp/select/news/20140306k0000m040085000c.html

6出土地不明2014/03/22(土) 08:53:14.54ID:hZXyj4U2
子どもたち化石採集体験ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/8023117351.html?t=1395445786728
化石の魅力を知ってもらおうと勝浦町で子どもたちが化石採集を行いました。
四国で唯一の恐竜化石「イグアノドン」の歯の化石などが見つかっている勝浦町の「立川層」で行われた化石採集には、
春休み中の子どもたちや化石愛好家ら50人が参加しました。
石の割れ目から化石が見つかることが多いため、子どもたちらは、ハンマーで沢などにある石を次々、たたきました。
1億3千万年前、海水と淡水が入り交じったとみられる場所では、根がなく流れ着いたシダ類の化石がまもなく
見つかりました。
子どもたちは、シダ類の葉や茎の模様が刻まれた石を見つけると愛好家らに見せに行き、化石の名や年代を教えて
もらっていました。
徳島市の小学5年生の男子は「石を割ったらいろいろ化石が出てくるので、ワクワクしました」と話していました。
徳島化石研究会の鎌田誠一会長は「1億年前の痕跡と巡り会った時の感動や命の尊さ、ロマンを感じてもらい
心豊かに育ってほしい」と話していました。03月21日 18時53分

7出土地不明2014/03/29(土) 17:21:21.34ID:YcMqQMoa
恐竜について学ぶ教室ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4025713211.html?t=1396081020261
春休みの子どもたちが恐竜の化石の発掘調査を行っている専門家から恐竜について学ぶ教室が岡山市で開かれました。
この教室は春休みの子どもたちにもっと恐竜について知ってもらおうと開かれたもので、会場となった岡山市東区の
「百花プラザ」には県内外から訪れた幼児から小学4年生までの親子連れおよそ50人が参加しました。
教室では瀬戸内市にある林原自然科学博物館の研究員でモンゴルやケニアで恐竜の化石の発掘調査を行っている
實吉玄貴さんが講師となり、モンゴルのゴビ砂漠で化石が発掘されたプロトケラトプスやベロキラプトルなどの恐竜の
特徴について話しをしました。
また、肉食恐竜のティラノサウルスの話題が出ると子どもたちは、次々に手を挙げて「ティラノサウルスとアロサウルス
はどっちが強いのか」と質問をするなどして興味深そうに話しを聞いていました。
また、会場にはモンゴルで発掘された恐竜の化石の実物が並べられ、子どもたちは実際に化石に手で触れて太古の
神秘について感じていました。
神戸市からきた小学1年生の女の子は「恐竜の名前をたくさん知ることが出来ておもしろかった」と話していました。
03月29日 14時11分

8出土地不明2014/03/29(土) 17:24:14.12ID:YcMqQMoa
県のアンテナS事業者募集ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4023325401.html?t=1396081293232
岡山県は鳥取県と共同で都内での出店を計画している県の特産品の販売などを行うアンテナショップについて、
運営する事業者を募集しています。
岡山県は、鳥取県と共同で、今年の秋以降、県の特産品の販売や商談の場として活用するアンテナショップを
東京・港区に出店する計画で、運営する事業者を募集しています。
募集しているのは、特産品を販売する「物販」と、地元食材を使った料理や地酒などを提供する「軽飲食」の事業者で、
いずれも岡山と鳥取の両方の県の品を扱います。
店舗の予定地は、JR新橋駅の近くの賃貸ビルで、「物販」のスペースはビルの1階の354平方メートル、
「軽飲食」のスペースは、ビルの2階の135平方メートルです。
また、事業者は業務を請け負う条件として、少なくとも売り上げの3%以上について岡山県と鳥取県に半分ずつ
納める必要があるということです。
岡山県と鳥取県は、4月4日に現地説明会を行った上で、4月21日まで企画提案書の提出を受け付け、
流通の専門家などが審査を行った上で、5月中に事業者を決める方針です。03月29日 14時11分

9出土地不明2014/03/29(土) 17:25:30.91ID:YcMqQMoa
誤爆すまそ

10出土地不明2014/04/09(水) 18:38:50.49ID:CJGEIKFi
【奈良】卑弥呼の後継者、台与の墓説がある西殿塚古墳に巨大な石積み方形壇 天理市
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1397015847/

11出土地不明2014/04/12(土) 01:54:54.47ID:fNqY46PA
【中国】唐宋時代の「駅」遺跡見つかる 民家に排水システム―重慶市(画像あり)
2014年4月10日、重慶市永川区にある唐から宋(7世紀―13世紀)にかけて「重慶十八駅」と呼ばれた
「駅」(街道沿いに設置された物資の補給や宿泊に利用する施設)の遺跡、漢東城遺跡の発掘が行われ、
大量の陶磁器が出土し、下水管が通った民家が見つかった。

漢東城遺跡は永川区朱●鎮漢東村(●=さんずいにうかんむりしたにヒ)に位置し、中心部の面積が
2万平方メートル以上あり、これまでに約1000平方メートルが発掘された。
発掘で城壁、住宅跡、墓、灰坑、水溝、道路、陶窯などの跡101カ所が見つかり、新石器時代から
明清期までの遺物が多数出土した。遺跡の民家には下水道が通り、石造りの排水溝と陶土を焼成した
下水管がほぼ完全な状態で見つかった。下水管は直径が10cm余りある。

重慶市文化遺産研究院の白九江(バイ・ジウジアン)副院長によると、試掘だけで800点以上の遺物が出土した。
これはここが各地の商品の集積地として栄えた県城で、ある程度の規模を持った集落だったことを示している。

http://img.recordchina.co.jp/imgout.php?m=5&img=20140411-011.jpg&s=417728&u=
http://img.recordchina.co.jp/imgout.php?m=5&img=20140411-012.jpg&s=417726&u=
http://img.recordchina.co.jp/imgout.php?m=5&img=20140411-013.jpg&s=417725&u=
http://img.recordchina.co.jp/imgout.php?m=5&img=20140411-014.jpg&s=417727&u=

ソース:レコードチャイナ
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=86412

12出土地不明2014/04/18(金) 11:23:12.91ID:BYXdSVvA
今治で国宝の工芸品一般公開ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/matsuyama/8003818001.html?t=1397787618982
今治市で出土して国宝に指定されている平安時代の工芸品が市内の美術館で公開されています。
今治市の玉川近代美術館で公開されているのは、「伊予国奈良原山経塚出土品」という平安時代の工芸品や銅銭
など25点で、昭和9年に市内の神社の境内で発掘されました。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/matsuyama/8003818001_m.jpg
このうち「銅宝塔」はお経の書かれた巻物が納められたもので、高さ71センチ余りで筒に屋根のような飾りが施された
平安時代末期の工芸品です。お経を納める器としては、極めて珍しい形だということで、考古学の貴重な資料です。
また、青銅製の「桜菊双雀鏡」は、直径13センチ余りで桜や菊の花、小鳥が丁寧に描かれています。
損傷もなくきれいな状態で見つかりました。
これらの品は、国宝に指定されているため、美術館では春と秋の2回、1年にあわせておよそ60日間しか公開していません。
見る機会が少ない品々とあって、訪れた人たちはガラスに顔を近づけるなどして見ていました。
70代の男性は「初めて今治の国宝を見ました。このような出土品があるとは勉強になりました」と話していました。
玉川近代美術館の国宝、春の一般公開は、5月11日まで行われています。04月18日 08時10分

13出土地不明2014/04/20(日) 11:06:54.88ID:fymmtNzr
【歴史】陜西で春秋時代の秦の墓4000基以上見つかる―中国[14/04/20]
http://headline.2ch.net/test/read.cgi/bbynews/1397959458/

14出土地不明2014/04/22(火) 14:25:17.32ID:F8ZByYc8
平安時代に真鍮合金 江戸時代に普及との定説覆す発見/奈良大が分析 [4/22]
1 :かじりむし ★@転載禁止:2014/04/22(火) 14:19:37.34 ID:???0真鍮合金、平安期に - 定説覆す発見/奈良大が分析
http://www.nara-np.co.jp/20140422090033.html
2014年4月22日 奈良新聞


 平安時代後期に書かれた装飾経「紺紙金字一切経」(荒川経)の金泥文字に銅
と亜鉛を合成した真鍮(しんちゅう=黄銅) が含まれていたことが、21日、蛍光
X線分析装置を使った奈良大学(奈良市山陵町)の調査で分かった。真鍮の合金
は、日本では江戸時代(18世紀)に普及したとされるが、12世紀に金の代用品と
して使われていたことが科学的に証明された。金工史上の画期的な成果。

 同大学文学部設置の蛍光X線分析装置を使い、2〜5行の経典断片3点に書かれ
た計12文字を調査。金銀などとともに亜鉛と銅の成分も検出し、真鍮の粉を溶
かして使っていたことが分かった。確認のために行った東京文化財研究所など
の調査でも同様の結果だった。

 真鍮は紀元1世紀ごろ南コーカサス周辺で発見され、古代中国で「鍮石(ちゅ
うじゃく)」や「仮鍮(かちゅう)」と呼ばれた。日本でも正倉院宝物などに真
鍮品があるが、自然界に存在する真鍮を使用したと考えられてきた。

 調査を担当した奈良大学の西山要一教授(保存科学)は「今回の真鍮は不純物
が少なく、合金の可能性が高い。金が使われたと思われる江戸時代以前の製品
についても、今後、調査して確かめる必要がある」としている。

 紺紙金字一切経などは5月6〜31日、奈良大学博物館で展示される。


http://www.nara-np.co.jp/photo/dc9005c9de5d7aa17ebc6ac4be86b593.jpg
画像:真鍮が使われていることが分かった紺紙金字一切経の「智」の拡大文字=東京文化財研究所提供

15出土地不明2014/04/24(木) 16:41:07.24ID:WdI3hG9U
出土品で発掘調査結果を紹介ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8033963651.html?t=1398325131984
坂出市にある香川県埋蔵文化財センターが、昨年度、行った発掘調査の成果を出土品をとおして紹介する展示会が、
24日から始まりました。
会場には、香川県埋蔵文化財センターが、昨年度、発掘調査を行った4つの遺跡の出土品、58点が展示されています。
このうち、鉄ていと呼ばれる古墳時代中期の両端がバチ状に広がる薄い鉄の板は、地域の拠点集落の跡とされる
善通寺市の旧練兵場遺跡から初めて見つかったものです。
朝鮮半島で製作されたものといわれ、鉄製品の素材か、地域の有力者の権威を示すものとみられています。
また、鉄ていと一緒に多数出土した、装身具の管玉や臼玉は、祭りごとに使われたとみられています。
このほか、丸亀市飯山町の岸の上遺跡で、古墳時代後期の竪穴住居のかまどの跡から出土した煮炊きに使われた
甕も展示されています。
岸の上遺跡では、昨年度、6棟の竪穴住居の跡が確認され、今年度も発掘調査が行われることになっています。
この展示会は、7月15日まで香川県埋蔵文化財センターで開かれています。04月24日 12時40分

16出土地不明2014/05/03(土) 10:14:45.90ID:ZN5vn1TO
住宅展示場の連休イベントに恐竜出現ttp://www.rsk.co.jp/news/news_local.cgi?id=20140502_6
ゴールデンウィークも3日から後半です。ttp://www.rsk.co.jp/news/photo/20140502_6.jpg
各地で様々なイベントが予定されていますが、恐竜のライブがちょっと意外な場所で行われます。
2本の足で立って歩く恐竜「ラプトル」のショーが行なわれるのは、岡山市北区の住宅展示場です。
3日と4日のイベントを前に、リハーサルがありました。
モデルハウスの一角で暴れまわる恐竜の姿は子どもたちでなくとも楽しめそうです。
また会場では、3本の角をもつ草食恐竜トリケラトプスの等身大バルーンも展示されます。
このイベントは、3日と4日の2日間、岡山市北区撫川のRSKハウジングプラザで行なわれます。

17出土地不明2014/05/03(土) 13:28:07.82ID:ZN5vn1TO
「野焼き」で縄文土器作り04月29日 14:45 ttp://setonaikai.co.jp/newsweb/index/1233
新見市で縄文時代と同じとされる「野焼き」で土器などを焼き上げる催しが29日、開かれました。
新見市で縄文土器や土偶などを創作している陶芸家の猪風来さんらが開いたものです。
猪風来さんをはじめ愛好者などが手掛けた作品53点を焼き上げました。
まず作品の温度を徐々に上げるため「あぶり焼き」から始めます。作品が無事完成することを願い、
火の神や大地などに祈りを捧げます。その後「本焼き」に入り、火力を強めて約7時間焼き続けました。
完成した作品は新見市法曽の猪風来美術館に展示される予定です。

18出土地不明2014/05/05(月) 18:28:58.61ID:gQMSN/ge
葉佐池古墳レンゲソウまつり 松山市北梅本(愛媛県)ttp://w2.rnb.co.jp/nnn/news8784446.html
国指定の史跡である松山市の葉佐池古墳を広く知ってもらおうと、4日「葉佐池古墳レンゲソウまつり」が開かれた。
会場となったおよそ2ヘクタールの田んぼには、れんげ草の紫色の花が咲いていて訪れた人を楽しませていた。
また催しのメイン会場では地元の幼稚園児による歌と踊りなどが披露されたほか、レンゲソウの花びらを使った
ゼリーなども販売されていた。
そのほかにも餅つき体験やもち米を蒸して作る伝統の和菓子「りんまん」の手作り体験などがおこなわれ、
訪れた人たちは青空の下、ゴールデンウィークの一日を楽しんでいた。[ 5/4 16:04 南海放送]

19出土地不明2014/05/08(木) 16:02:32.91ID:H7d5fro4
高松の古墳から多様な埴輪発見ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8034260781.html?t=1399532379568
高松市にある3世紀から4世紀にかけての石積みの古墳からさまざまなタイプの埴輪が出土し埋葬された有力者の
広い交流関係をうかがわせるものと注目されています。
この古墳は、高松市北部の石清尾山にある「稲荷山姫塚古墳」です。
この古墳は3世紀後半から4世紀初めに石を積んだ積石塚と呼ばれる造りの前方後円墳で、高松市が去年行った
発掘調査で後円部から500個以上の埴輪の破片が出土しました。
それぞれを詳しく調べたところ同じ石清尾山にある「鶴尾神社4号墳」と同じタイプの壷型埴輪のほか、高松市南部や
東部の別の古墳から出土している口の部分が外側に広がった筒状の円筒埴輪と同じタイプのものが多数あることが
わかりました。
さらに、つぼを置く台かつぼの一部とみられるものなど、これまで香川県では出土の例がない土器の破片も
含まれていました。
高松市埋蔵文化財センターの高上拓文化財専門員は、「『稲荷山姫塚古墳』の埋葬者が高松平野のほかの地域を
はじめ海を隔てた地域とも交流があったことをうかがわせるものだ」と話しています。05月08日 09時31分

20出土地不明2014/05/11(日) 14:29:04.77ID:gMFV/bp8
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1393514224/8
   ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

21出土地不明2014/05/19(月) 09:52:20.26ID:+STUSeRf
「中生代」の生物化石を展示ttp://eat.jp/news/index.html?date=20140518T173941&no=4
恐竜が生きていたとされる中生代の生物の化石などを展示する特別展が、愛媛大学のミュージアムで開かれています。
この特別展は今から6500年から2億2500年前の、恐竜がいたとされる、「中生代の生物」に焦点をあてて紹介
するものです。
会場には国立科学博物館が所蔵する化石や、愛媛大学の学生らが発掘したものなど200点以上が展示されています。
また会場には、恐竜の塗り絵に色を塗り、カメラで立体的に映し出すことが出来るコーナーなどもあります。
この特別展は、愛媛大学ミュージアムで7月31日まで開かれています。

22出土地不明2014/05/20(火) 15:56:29.96ID:5eP1sZ7U
発掘資料を集めた展示会ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/8014496071.html?t=1400568884547
弥生時代に四国と九州の間で交流があったことを示す土器など、貴重な発掘資料を集めた展示会が、南国市で
開かれています。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/8014496071_m.jpg
会場の南国市の県立埋蔵文化財センターには、高知県内の遺跡から出土した土器や石器などの資料、
200点あまりが展示されています。
このうち、四万十市の「西ノ谷遺跡」から出土した弥生時代の土器は、「突帯」とよばれる刻みのついた縁取りが
あるのが特徴です。
同じような形の土器が大分県でも多く出土することから、当時、高知県西部など四国と九州の間で交流があった
ことを示しています。
また、高知市中心部にある江戸時代の遺跡、「追手筋遺跡」から見つかった唐津焼や美濃焼などの陶磁器の破片は、
当時は高級品で、身分の高い武士など一部の人たちしか入手できなかったと言われています。
県立埋蔵文化財センターの坂本憲昭さんは「出土品を通して高知がほかの地域とどう交流してきたのか、
多くの人に知ってほしい」と話していました。この展示会は土日と祝日を除いて来月21日まで開かれています。
05月20日 09時43分

23出土地不明2014/06/03(火) 17:19:13.65ID:y4SUq9FE
愛大で化石展ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/matsuyama/8004795121.html?t=1401783431152
恐竜が生息していた時代の化石などを紹介する特別展が松山市で開かれています。
松山市の愛媛大学ミュージアムには恐竜が生息していた「中生代」の化石や恐竜の骨などおよそ130点が展示
されています。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/matsuyama/8004795121_m.jpg
このうち、イギリスで見つかったおよそ1億5000万年前のイクチオサウルスの子どもの化石は頭骨から脊椎まで
ほぼ完全に残っています。
イクチオサウルスは海を泳ぐため、「魚竜」とも言われていて体は成長するとおよそ2メートルになり、イルカのような
姿だったとされています。
また、北海道でおととし見つかったおよそ8500万年前のアンモナイトの化石は殻が、とぐろを巻いたヘビのような形を
しています。
この変わった巻き方のアンモナイトは明治37年に日本で初めて見つかったことから「ニッポニテス」と名付けられて
います。
このほか、ステゴサウルスのイラストに塗り絵をして、特殊なカメラにかざすと立体的に動く映像を見られるコーナーも
設けられ、子どもたちの人気を集めていました。
愛媛大学理学部の男子学生は「恐竜が生きていた時代の化石をみると、いまの生きものと骨格が全く違うことが
分かっておもしろいと思います」と話していました。この特別展の入場は無料で、7月31日まで開かれています。
06月03日 09時06分

24出土地不明2014/06/04(水) 13:17:05.33ID:d8xWsGx3
三角縁神獣鏡チョコを作ろう! in 奈良きたまちウィーク2014
ttp://togetter.com/li/675654

コシの三角縁神獣鏡チョコ工人は新型を引っさげて今年もヤマトの国へと参上しました。

25出土地不明2014/06/11(水) 14:34:36.13ID:qWwPIAWI
縄文時代風アートの展示会ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024987191.html?t=1402464755341
縄文時代の土器などの遺物をもとに制作したアート作品の展示会が新見市で開かれています。
新見市の猪風来美術館で開かれているこの展覧会は、縄文時代の文化を研究するとともに縄文時代の遺物を
もとにしたアート作品を手がける堀江武史さんが制作した作品18点が展示されています。
このうち「土の面湯船沢縄文人」は岩手県のシダ内遺跡から出土した縄文土器の模様を再現しようと粘土で型を
取って作った作品です。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024987191_m.jpg
また、「縄文人ののこした16のカタチ」は、土の中に埋まって人の目に触れることのない縄文時代の土器の破片など
16個を拾い上げ、銀色のすずの泊を貼り付けて並べた作品です。
会場にはこのほか縄文時代の文化を現代アートとして表現した作品なども並んでいます。
堀江さんは「これらの作品を見てもらうことで、縄文時代の文化に関心を持つきっかけになれば」と話しています。
この作品展は8月31日まで新見市法曽の猪風来美術館で開かれています。06月11日 12時59分

26出土地不明2014/06/14(土) 17:29:10.37ID:KvpBNwGD
空港跡地遺跡で現地説明会htp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035106651.html?t=1402734471355
弥生時代後期の集落跡が見つかっている高松市の空港跡地遺跡で14日、現地説明会が行われ生活排水を流す
溝の跡などが紹介されました。
現地説明会が行われたのは、今の高松空港が平成元年に供用を始めるまで空港として利用されていた高松市林町に
ある「空港跡地遺跡」で、これまでに弥生時代後期の集落の跡が見つかっています。
説明会には地元の住民や考古学の愛好者らおよそ50人が集まり調査を進めている高松市の担当者から説明を
受けました。
この中で担当者は、生活排水や田んぼの水を流すための溝の跡が見つかったことを紹介しすでに集団で生活が
始まっていたことを示す貴重な遺跡であることを説明していました。
また、コメを蓄えておくための土器や農作業に使われていたくわなどが展示されていて、参加した人たちは、
手に取って触ったり写真を撮ったりして弥生時代当時の生活に思いをはせていました。
説明会に参加した男性は、「長い時間をかけて少しずつ積み上げてきた人類の歴史を感じました」と話していました。
06月14日 12時30分

27出土地不明2014/06/17(火) 04:34:17.48ID:dR/dFTwU
讃岐国府跡に飛鳥時代の施設ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035205631.html?t=1402947090610
坂出市にある奈良時代に設けられた役所の跡、「讃岐国府跡」の発掘調査で、国府跡の下の地層から飛鳥時代の
建物群の跡が見つかり、国府が置かれる以前から大がかりな施設があったことがわかりました。
「讃岐国府」は、奈良時代に中央政府が讃岐国を治めるために設けた役所で、香川県埋蔵文化財センターが
坂出市府中町で進めている発掘調査によって平成24年度に場所が特定されました。
さらに、これまでの調査で、国府跡の下の地層から大型の建物の跡を含め7世紀中頃の飛鳥時代の建物跡が
5棟以上確認されました。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035205631_m.jpg
このうち、大型の建物は縦12メートル横5メートルで、長舎と呼ばれる縦に長い古代の役所の建物の特徴を持っており、
いずれの建物も規則的に方向をそろえて建設されていました。
これらの建物群について、香川県埋蔵文化財センターでは作られた時期が中央政府が軍事拠点などとして山城の
「城山城」を築いた時期と同じであることから、建物群が山城に関係する施設だった可能性があるとしており、
なぜこの場所に国府が置かれたかを考える上でも重要な手がかりだとしています。06月16日 19時33分

28出土地不明2014/06/20(金) 19:29:49.59ID:i3cEGWAF
千足古墳一部が国史跡に追加ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4025283351.html?t=1403260046356
国の史跡に指定されている岡山市北区の千足古墳は、新たに確認された古墳の一部が国の史跡に追加指定される
ことになりました。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4025283351_m.jpg
岡山市北区の造山古墳群の1つの千足古墳は、5世紀ごろにつくられたとみられる前方後円墳で、
大正10年に「後円」の部分が、造山古墳などとともに国の史跡に指定されました。
古墳の劣化が進んでいることから岡山市教育委員会では、改めて発掘調査を行い、前方後円墳の「前方」
の部分の詳細が明らかになりました。
これを受けて「前方」の周辺を含むおよそ2500平方メートルが、新たに国の史跡に追加指定されることになりました。
今回の指定で造山古墳群の史跡の指定範囲は、5万9000平方メートルあまりになります。
千足古墳では、昨年度の発掘調査で九州地方の装飾が施された従来の石室とは別のもう一つの石室が新たに
見つかっていて、研究者の注目を集めています。06月20日 18時43分

29出土地不明2014/06/21(土) 09:37:12.74ID:DdjZkWQK
国の史跡に追加指定を答申ttp://www.rsk.co.jp/news/news_local.cgi?id=20140620_9
岡山市北区新庄下にある造山古墳群のひとつ、千足古墳の一部が国の史跡に追加指定されました。
追加指定されたのは、すでに国の史跡に指定されている千足古墳の北側で、ttp://www.rsk.co.jp/news/photo/20140620_9.jpg
前方後円墳の前方部にあたる部分とその周辺の約2500平方mです。
岡山市が2010年から去年にかけて行った発掘調査の結果、この部分から、
古墳を築く際に土をとったとみられる跡や多数の埴輪が出土したため、文化庁が追加指定を認めました。
追加指定されたエリアは、今は個人の所有地で、水田や畑となっていますが、岡山市は今後公有化し、保存する方針です。

30出土地不明2014/06/22(日) 16:14:31.65ID:fRrYq2VY
正貴寺跡 国の史跡に(徳島県)■ 動画をみるttp://www.jrt.co.jp/nnn/movie/news8672795.html
国の文化審議会は、藍住町の勝瑞城館跡の近くにある正貴寺跡を国の史跡に追加指定するよう文部科学大臣に
答申しました。ttp://www.jrt.co.jp/nnn/news8672795.html
藍住町の勝瑞城館跡は、室町時代に阿波の国を支配した三好氏の館などがあった場所で、2001年に国の史跡に
指定され、公園として整備されています。ttp://www.jrt.co.jp/nnn/picture/JRT_27951.jpg
今回、国の史跡に追加指定されるのは、勝瑞城館跡の近く、JR勝瑞駅の西側の正貴寺跡です。
約7500平方メートルあり、藍住町が発掘調査をおこなったところ、大量の瓦や建物の基礎などが出土しています。
当時30を超す寺がこの地域に集まっていたことの裏付けにもつながるとされています。
史跡の指定範囲が広がったことで戦国時代に阿波の中心だった勝瑞の姿の解明が期待されます。[ 6/21 18:08 四国放送]

31出土地不明2014/06/24(火) 17:22:49.00ID:t0hY4u6R
6月24日12時04分更新 千足古墳 前方部を国指定史跡に追加指定へttp://www.ohk.co.jp/news/sp/detail.php?N=3
5世紀前半に作られた岡山市の千足古墳の前方部とその周辺が国の史跡に追加指定されることになりました。
岡山市北区新庄下の千足古墳は全国で4番目に大きい前方後円墳、造山古墳の周囲に築かれた古墳の一つです。
2012年度から昨年度にかけて行われた発掘調査で千足古墳も帆立貝型の前方後円墳だったことがわかり、
古墳に使われた土を掘った跡と見られる溝状の遺構や埴輪が出土しました。
壁に直狐文と呼ばれる幾何学模様が刻まれた横穴式石室を持つ後円部はすでに国の史跡に指定されているため
追加指定の対象は前方部とその周辺となります。
千足古墳は古墳時代中期の吉備と九州の密接な関係を示す重要な古墳で、岡山市教育委員会では保存のための
整備を進めていくことにしています。

32出土地不明2014/06/30(月) 18:08:21.18ID:zLnyqofg
6月30日12時06分更新 千足古墳 復元整備へttp://www.ohk.co.jp/news/sp/detail.php?N=2
国の史跡に指定されている岡山市の千足古墳について岡山市は来年度から古墳全体を整備し、
古墳が築かれた当初の姿に復元することを明らかにしました。大森市長が30日の定例会見で明らかにしました。
岡山市の千足古墳は全国で4番目に大きい前方後円墳、造山古墳の周囲に築かれた古墳の1つで、
2012年度の発掘調査で帆立貝型の前方後円墳と分かり、古墳全体が国の史跡に指定されることが決まりました。
古墳時代中期の吉備と九州の密接な関係を示す重要な古墳で市は雨水が侵入して破損する恐れがある石室の
保存整備工事を行うと共に、古墳全体を築かれた当初の姿に復元し、石室が見学できる通路を作ることにしました。
総事業費は1億5000万円で2018年度中の完成を目指しています。

33出土地不明2014/07/01(火) 09:06:58.74ID:QAJe3LGt
6月30日19時30分更新 千足古墳 復元整備へttp://www.ohk.co.jp/news/sp/detail.php?N=2
国の史跡に指定されている岡山市の千足古墳について岡山市は来年度から古墳全体を整備し、
古墳が築かれた当初の姿に復元することを明らかにしました。大森市長が30日の定例会見で明らかにしました。
岡山市の千足古墳は全国で4番目に大きい前方後円墳、造山古墳の周囲に築かれた古墳の1つで、
2012年度の発掘調査で帆立貝型の前方後円墳と分かり、古墳全体が国の史跡に指定されることが決まりました。
古墳時代中期の吉備と九州の密接な関係を示す重要な古墳で市は雨水が侵入して破損する恐れがある石室の
保存整備工事を行うと共に、古墳全体を築かれた当初の姿に復元し、石室が見学できる通路を作ることにしました。
総事業費は1億5000万円で2018年度中の完成を目指しています。

34出土地不明2014/07/01(火) 17:01:39.77ID:QAJe3LGt
千足古墳の保全整備計画tp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4025615641.html?t=1404201601869
九州地方によく見られる装飾が施された石室が見つかっている岡山市北区の国の史跡「千足古墳」について、
古墳の上部に埴輪のレプリカを並べるなど一般の人に見学してもらうための詳細な整備方針を6月30日
岡山市が明らかにしました。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4025615641_m.jpg
岡山市北区新庄下にある5世紀前半に作られた国史跡の前方後円墳「千足古墳」は、九州地方の古墳などに
よく見られる装飾が施された「石障」と呼ばれる石の板が設置された石室に加えて、去年、新たな石室が見つかるなど
話題となっています。
岡山市ではもともと見つかっていた石室に雨水が入り込み石障が劣化していたことなどから、
今後の保存と整備について検討してきましたが6月30日詳細な方針を明らかにしました。
それによりますと上部に新たに土を盛るなど防水対策を施した上で、長さ6メートルあまりのトンネル状の通路を
設けて、石室の内部を間近で見学できるようにするとしています。
また古墳の上部には、出土した埴輪のレプリカをおよそ50基ほど並べ、当時の様子を復元する予定だということです。
岡山市の大森市長は「吉備が輝いていた時代の古墳なので、整備を行って良好に保存すると共に、周辺の魅力
アップにつなげたい」と話しています。
岡山市ではこの方針に基づいて来年度から整備を始め、平成30年度の完成を予定しているということです。
07月01日 13時12分

35出土地不明2014/07/07(月) 21:55:00.30ID:qDSDlbuQ
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1404737396/

【考古学】宇宙線ミューオンによって古墳内部を透視調査
1 :Cancer ★@転載は禁止:2014/07/07(月) 21:49:56.12 ID:???宇宙線:古墳内部を調査 名古屋大研究グループ

毎日新聞 2014年07月07日 14時18分(最終更新 07月07日 15時35分)

日本で初めてミューオンラジオグラフィーを実験した石神古墳=奈良県大淀町で2014年
7月4日午後2時20分、矢追健介撮影
http://mainichi.jp/graph/2014/07/07/20140707k0000e040121000c/image/001.jpg

 ◇奈良・石神古墳で空洞確認

 名古屋大の研究グループが、物質を透過する力が非常に強い宇宙線「ミューオン」を
使って古墳の内部を探る全国初の試みを奈良県内の古墳で始めた。エックス線写真とほぼ
同じ原理で、飛来するミューオンの軌跡を写す高感度フィルムを解析し、古墳内部の空洞を
捉えることに成功したという。宇宙科学と考古学の融合といえる技術が確立すれば、人が
立ち入れない古墳の石室確認などに役立ちそうだ。

 奈良市で6日まで開かれた日本文化財科学会で発表した。調査しているのは、名古屋大
大学院理学研究科の石黒勝己・技術補佐(28)ら。火山のマグマの位置や原子炉の内部
などを探査する手法「ミューオンラジオグラフィー」を応用した。

 ミューオンは物質を透過する力がエックス線よりも強く、1キロ程度の幅のものまで透視
できる。古墳内に空洞があるとミューオンは透過しやすい。古墳を貫いたミューオンを、
古墳のそばに置いたフィルムで捉え、飛来角度と飛来数を解析することで古墳内の空洞の
大きさが計算できるという。

 実験現場は奈良県大淀町の石神古墳(7世紀)。標高約280メートルの丘陵頂部にある
円墳(直径約23メートル、高さ約4メートル)で長さ10メートル、最大幅2メートル、高さ
最大2.1メートルの石室がある。10センチ×12センチのフィルムを古墳近くに3月から1カ月間
置き、顕微鏡を用いた自動装置で、約5万本あったミューオンの軌跡を読み取った。結果、
石室がある部分と無い部分をほぼ検出できたという。

 石黒さんは「フィルムの設置数を増やせば、より精度を上げられる。今後は石と土の
違いを見分けることなどを目指し、技術を確立したい」と言う。実験や発表に参加した
奈良県立橿原考古学研究所の西藤(さいとう)清秀・技術アドバイザーは「古代日本の
研究に欠かせない大型古墳は人が入れない所が多い。埋葬施設の有無など、この手法で
新しい知見が得られることが期待できる」と話している。【矢追健介】

ソース:毎日新聞(2014年07月07日)
宇宙線:古墳内部を調査 名古屋大研究グループ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140707-00000043-mai-soci

原発表:日本文化財科学会第31回大会・2014年度総会 B-18
石黒勝己・西藤清秀・松田渡. 宇宙線ミューオンによる古墳埋葬施設の解析
http://www.jssscp.org/2014conf/files/program0611.pdf (PDF)

36出土地不明2014/07/08(火) 23:20:04.12ID:by9CfKHU
【京都】建設用地で古銭4万枚! 壺にびっしり 400万円以上[07/08]
1 :のっぺらー ★:2014/07/08(火) 23:08:20.09 ID:???
京都市下京区貞安前之町の駐車場建設用地から、
室町時代(15世紀)のものとみられる備前焼の壺(高さ66センチ、幅53センチ)が出土し、
なかから古銭4万枚以上がみつかったと、民間の発掘調査会社「イビソク」(本社・岐阜県)が8日、発表した。
同社は、1文は100円ほどと推定。「現在の価値に置き換えれば400万円以上では」という。

見つかったのは四条河原町にある高島屋京都店の南側。
文献によると付近には当時、
河原で染色などをしていた職能集団の集落があったとされるが、壺の持ち主はわかっていない。
ひびに沿って壺の一部をはがしたところ、中に古銭がぎっしりと詰まっていた。

古銭は「開元通宝」(初鋳年代621年)から「宣徳通宝」(同1433年)まで、
作られた年代が異なる約50種類が確認された。
97枚を1単位としてひもに通した「さし銭」という状態だった。

同社によると、古銭の大量出土は全国で200例以上あるが、
壺に収められた状況や、ひもを通している状態がそのまま確認できるのは珍しい。
壺に入れるのは貯金や隠匿、地鎮などの意味があるという。
http://sankei.jp.msn.com/images/news/140708/wlf14070821550033-p1.jpg
http://sankei.jp.msn.com/images/news/140708/wlf14070821550033-p2.jpg

msn産経west 07/08
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140708/wlf14070821550033-n1.htm 

37出土地不明2014/07/09(水) 11:05:32.76ID:VOxhpGC1
石清尾山古墳群の講座開催へttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035829701.html?t=1404871320594
全国でも珍しい石積みの古墳が集中する高松市の「石清尾山古墳群」の最新の調査成果などを紹介する一般向けの
講座が7月中旬から開かれることになりました。
高松市の石清尾山には、3世紀半ばから4世紀後半にかけの石積みの古墳が集中し、12の古墳が国の史跡に
指定されています。
講座は、その「石清尾山古墳群」を多くの人に知ってもらおうと高松市文化財課が4回にわたって開きます。
1回目は、7月19日に開かれ、高松市が国史跡への追加指定を目指して発掘調査を進めている「稲荷山姫塚古墳」の
調査成果などが紹介されます。
2回目は8月23日で、出土した埴輪などをもとに対岸の岡山にある古墳との関係性について、
また、3回目は9月20日で板状の石積みが見られる大阪・南河内の古墳との比較をとおして
ヤマト政権の本拠地畿内とのかかわりを考える予定です。
いずれも、会場は高松市中央図書館です。4回目は10月25日に、「稲荷山姫塚古墳」の発掘現場を見学する予定です。
講座への参加は自由です。高松市が「石清尾山古墳群」の講座を開くのは初めてです。07月09日 08時51分

38出土地不明2014/07/12(土) 09:16:15.86ID:n41O8V7d
千足古墳を前方後円墳に復元へttp://www.rsk.co.jp/news/news_local.cgi?id=20140711_6
岡山市は、造山古墳群のひとつで国の史跡にも指定されている千足古墳を、
作られた当時の姿の前方後円墳に復元する方針を示しました。
岡山市北区新庄下の千足古墳は、5世紀前半に作られ、九州以外で唯一、直弧紋という彫刻が施された石障が
見つかるなど、吉備と九州のつながりを示す重要な根拠だと言われています。
岡山市は、2018年度の完成を目指して、この古墳を当初の前方後円墳の姿に復元することにしました。
1億5千万円をかけ、墳丘に上がる遊歩道や石室を見学できる通路などが整備されるほか、調査で出土した埴輪の
レプリカも並べられます。ttp://www.rsk.co.jp/news/photo/20140711_6.jpg
千足古墳は、2009年に石障がある石室が水没し直弧紋が破損していることが判明してから、その保護や保存が
大きな課題となっていました。

39出土地不明2014/07/12(土) 18:55:04.15ID:e7kNO9a+
http://www.yomiuri.co.jp/local/okayama/news/20140711-OYTNT50244.html?from=yartcl_blist

鹿田遺跡 烏帽子かぶった人骨出土 2014年07月12日 ◇岡大調査…鎌倉期の墓 藤原家家臣か
 岡山大は11日、弥生中期から江戸前期までの集落などが集積した岡山市北区の「鹿田しかた遺跡」で、
鎌倉時代の墓から、男性のかぶりもの「烏帽子えぼし」をかぶった状態の人骨が見つかったと発表した。
烏帽子はほぼ完全な状態で、同大学によると、烏帽子のみが出土した例はあるが、
かぶった状態で出土したのは初めてという。

 発掘調査にあたった同大学埋蔵文化財調査研究センターの岩崎志保助教によると、
立烏帽子と呼ばれるものとみられ、高さ約25センチ、最も広い幅で29センチ。
黒漆塗りで、木棺に納められていたとみられる人骨の頭上で見つかった。

 同遺跡は平安〜室町時代、藤原摂関家の荘園「鹿田荘しかたのしょう」があった地で、
人骨の出土した場所は京都から派遣された荘園管理者の屋敷跡とみられている。
墓周辺からは副葬品の中国製青磁器2点、白磁器1点が出土。
岩崎助教は「埋葬者は比較的身分の高い藤原家の家臣だったのではないか」と話している。

 武田佐知子・追手門学院大教授(服飾史)の話「立烏帽子ならば、それなりに地位の高い人だったのだろう。
通常は一部が出土するのみで完全な形で発見されたものは見たことがない」

http://www.yomiuri.co.jp/photo/20140711/20140711-OYTNI50046-L.jpg
鎌倉時代の墓から出土した烏帽子(中央の台形上のもの、岡山市北区の鹿田遺跡で)=岡山大提供

40出土地不明2014/07/13(日) 08:24:30.56ID:+6SGp1/q
松山市に古墳公園ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/matsuyama/8005805501.html?t=1405207388392
国の史跡に指定されている松山市の「葉佐池古墳」が公園として整備され12日オープンしました。
松山市北梅本町にある葉佐池古墳は6世紀中頃の古墳時代後期の楕円形の古墳で、当時の埋葬儀礼がうかがえる
貴重な遺跡として国の史跡に指定されています。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/matsuyama/8005805501_m.jpg
松山市はおととしから古墳の周辺を公園に整備してきましたが、12日オープン記念のセレモニーが行われ地元の
住民などおよそ60人が参加しました。
セレモニーでは松山市の野志市長が、「この古墳から、どのような人がどのように暮らしていたか、歴史文化を感じ
取って欲しい」とあいさつしました。
住民たちはさっそく公園の中を歩いたあと、見つかったときの状態が忠実に再現された古墳の石室がある建物の中に
入り、石室の中のひつぎや埋葬品などを興味深そうに眺めたり、写真におさめたりしていました。
訪れた70代の男性は、「地元に住むものとして、完成を楽しみにしていました。子どもたちと一緒に来て勉強したいです」
と話していました。07月12日 19時03分

41出土地不明2014/07/13(日) 12:46:58.54ID:+6SGp1/q
ebcで-た放送news 12日20:21 葉佐池古墳公園オ-プン
国の史跡に指定されている松山市北梅本町の葉佐池古
墳の整備工事が完了し古墳公園としてオ-プンした。
遺体が安置されていた石室を見られるほか、古墳の成
り立ちを学べる。原則土日と祝日に開園する。

2014.7.12 18:20葉佐池古墳公園オープンttp://www.ebc.co.jp/bangumi/snews/news_kiji.asp?SirialNo=46565
国の史跡に指定されている松山市北梅本町の葉佐池古墳の整備工事が完了し、古墳公園としてオープンしました。
葉佐池古墳は1992年に土地の所有者が造成のため掘り起こした際、偶然見つかった古墳です。
内部が荒らされていないため、およそ1400年前の葬儀の様子を知ることができる貴重なものとして、
国の史跡に指定されています。
松山市が整備した古墳公園では、遺体が安置されていた石室を間近で見ることができるほか、
パネル展示などで古墳の成り立ちを知ることができます。
葉佐池古墳公園は、原則、土日、祝日の午前9時から午後5時まで開園しています。

42出土地不明2014/07/14(月) 07:48:01.95ID:hcdzcgWU
恐竜の最新研究を学ぶ講演会ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/matsuyama/8005879911.html?t=1405291497868
恐竜に関する最新の研究を学ぶ講演会が、13日、松山市の愛媛大学で開かれました。
この講演会は、愛媛大学で開かれている、中生代の恐竜の化石やレプリカなどの展示会にあわせて開かれたもので、
学生や親子連れなどおよそ100人が参加しました。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/matsuyama/8005879911_m.jpg
講演では、日本の恐竜研究の権威として知られる、国立科学博物館の真鍋真さんが講師を務めました。
真鍋さんは、3年前にアルゼンチンで見つかり、ことし世界最大級の恐竜のものとわかった化石について紹介しました。
この化石は、大たい骨の特徴などから、草食で大型の竜脚類と呼ばれる種類の恐竜のものですが、
上腕骨などが見つかっていないため正確な大きさは分からないということです。
また、真鍋さんは、中国で化石が見つかった「アンキオルニス」という恐竜について、化石に残されていた羽毛の細胞の
大きさから体の色が判明したことを明らかにしました。
この恐竜は、赤色のとさかがあり、黒と白の羽毛が生えていたということで、訪れた人たちは、イラストを交えた説明を
熱心に聞いていました。
伊予市から訪れた男性は、「骨から大きさを推定する方法や色を知る方法など知らないことが多く勉強になりました。
恐竜にいっそう興味がわきました」と話していました。07月13日 18時56分

43出土地不明2014/07/16(水) 21:13:12.46ID:Fe2vFZ1p
700年前後の政庁「糟屋評」跡か 福岡・粕屋で発掘
【朝日新聞】 2014/7/16 05:35

福岡県粕屋町で、紀元700年前後の地方政庁の跡とみられる遺跡が見つかった。粕屋町教委によると、
「糟屋評(かすやのこおり)」と呼ばれる政庁跡とみられ、律令国家形成期の地方支配を考えるうえで貴重な
遺跡という。町教委は19日午前10時から現地説明会を開く。

遺跡は、同町阿恵の九大農学部付属農場の移転確認調査で発掘。町教委が昨年7月から調査を始めていた。
東西300メートル、南北100メートルの範囲で、政庁跡と倉庫跡がセットで見つかり、「糟屋官衙(かんが)
遺跡群阿恵遺跡」と名付けられた。

政庁跡は1辺55メートルほどのコの字形に並び、5棟の建物を確認。倉庫は高床式で6棟見つかり、税として
集めた米などを収納する「正倉」とみられるという。

糟屋評については、698年に鋳造されて京都・妙心寺に残る鐘(国宝)に「糟屋評造舂米連広國(つきしねのむらじ
ひろくに)」の銘があることで知られている。「評造(こおりのみやつこ)」は、当時の地方政庁の長官を
意味したとされる。(馬郡昭彦)

ソース: http://www.asahi.com/articles/ASG7H4WTRG7HTIPE01Z.html
画像: http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140715003991_comm.jpg
 (コの字形に建物が配置された政庁跡=福岡県粕屋町阿恵、町教委提供)

http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1405481825/

44出土地不明2014/07/25(金) 08:30:04.36ID:yUyjGNM4
陶棺のミニチュアづくりttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4023194271.html?t=1406244499417
津山市で夏休みの小学生たちが古墳時代の「陶棺」と呼ばれる粘土で焼き固めたひつぎのミニチュア作りに取り組みました。
この取り組みは、郷土の歴史に関心を持ってもらおうと津山郷土博物館が企画したもので
24日は事前に申し込んでいた津山市内の小学5、6年生6人が参加しました。
子どもたちはまず、博物館にある陶棺を見学し、陶棺が地方の有力者を埋葬するためのもので、
美作地方から全国の半数以上が出土していることなどを学びました。
この後、子どもたちは、粘土を使って長さ20センチほどのミニチュアの陶棺づくりに取り組みました。
まず、粘土を平たくして底になる部分をつくり、そこにひも状に伸ばした粘土を積み上げてひつぎの外枠を作っていきます。
そして外側に模様を彫り込み、自分だけの陶棺に仕上げていました。
参加し男子児童は、「昔の人は、大変なのに良く作ったなと思いました」などと話していました。
できあがったミニチュアの陶棺は自然乾燥させた後、8月、博物館の裏庭で焼いて仕上げるということです。
07月24日 19時29分ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4023194271_m.jpg

45出土地不明2014/07/26(土) 12:59:55.59ID:lckM117d
【考古学】奈良・古墳出土のガラス椀、ペルシャの高級品の可能性

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1406345022/

46出土地不明2014/07/27(日) 05:38:12.05ID:h9moJnkD
ぜひ行ってください。
発掘された日本列島―新発見考古速報〈2014〉へ昨日、行ってきた。
文化庁長官、江戸博、九州博の鼎談を聞き、3時から、文化庁調査官の案内、解説を聞いた。
白滝の黒曜石遺跡は圧巻、石器、埴輪、土器など見応えがあった。
料金は、600円で通常料金(65歳以上のおれ、300円。 )
20日に間違って、行ってしまったが、再度いった。
東京国立博物館にも行ったが、よかった。石器、しゃこう土器、埴輪みごたえがあった。

47出土地不明2014/08/01(金) 13:33:01.59ID:CwtVJDBU
【考古学】青森・三内丸山遺跡に約5千年前の直線の溝、大規模な人工道か [14/08/01]

http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1406866849/

48出土地不明2014/08/06(水) 13:20:26.57ID:M4h2bLix
http://www.afpbb.com/articles/-/3022420

2000年前のユダヤ戦争時代の硬貨、多数発見

【8月6日 AFP】1世紀のユダヤ戦争時代にさかのぼる、約2000年前の貨幣がエルサレム(Jerusalem)とテルアビブ(Tel Aviv)を結ぶ幹線道路近くの発掘現場で見つかった。
青銅貨114枚を含む貨幣は陶器製の容器に入っていた。
 貨幣は、イスラエル考古学庁(Israel Antiquities Authority、IAA)ユダ(Judah)地区担当の考古学者パブロ・ベッツァー(Pablo Betzer)氏率いる発掘チームが発見した。(c)AFP

49出土地不明2014/08/07(木) 10:17:09.56ID:ulR7Jcvo
http://www.asahi.com/articles/ASG855R88G85PPTB008.html

後鳥羽上皇の離宮か、大阪で発掘 池つき、眺めも良し

鎌倉幕府にあらがい「承久の乱」(1221年)を起こして隠岐に流された後鳥羽上皇(1180〜1239)が造営した「水無瀬(みなせ)離宮」の一部とみられる宮殿跡が大阪府島本町で見つかったと、町教委が6日発表した。
離宮跡とみられる遺構は町内の別の場所で2009年に初めて見つかったが、今回の遺構は、洪水で壊れ、再建された離宮の一部と推定できるという。
 同町桜井3丁目の駐車場跡約1530平方メートルを発掘。池の跡や1メートル大の庭石2個のほか、鎌倉期に京都の瓦工房で製造された「軒平(のきひら)瓦」「軒丸(のきまる)瓦」などの瓦や陶磁器が大量に見つかり、庭園つきの宮殿だった可能性が高い。
 後鳥羽上皇に仕えた藤原定家の日記「明月記」などの文献によると、上皇は1199年、水無瀬川と淀川の合流地付近に離宮(下御所、現在は水無瀬神宮)を造成。
1216年に洪水で壊れたが、翌17年に新離宮(上御所)を山上に再建したという。

50出土地不明2014/08/12(火) 10:32:36.77ID:itRb8RR0
「積石塚」の本格調査を視察ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8033735721.html?t=1407807037881
全国でも珍しい石積みの古墳が集中する高松市の石清尾山で初めて行われている本格的な発掘調査の現場を、
11日、考古学の専門家が視察しました。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8033735721_m.jpg
発掘調査が行われているのは、高松市の石清尾山にある3世紀後半の前方後円墳、「稲荷山姫塚古墳」で、
高松市の調査会議のメンバー3人が現地を視察しました。
「稲荷山姫塚古墳」は積石塚と呼ばれる石積みの古墳で高松市は、後円部に続いて7月中旬から前方部の
発掘調査を始めました。
今年度の調査では、これまでに後円部と同じように板状の石「板石」が重なっているのが見つかり、階段状に
築かれた古墳の表面を美しく見せるための石として、垂直に積み上げていたとみられています。
また、石を積んで古墳の基盤が造られていたこともわかりました。
調査会議のメンバーは今後の調査の進め方を市の担当者に助言していました。
石清尾山の積石塚の本格的な発掘調査は今回が初めてです。
調査会議の会長をつとめる香川大学の丹羽佑一名誉教授は「明らかになっていない『積石塚』の造り方を
調べようという今回の調査の意義は大きい」と話していました。
高松市は国の史跡への追加指定を目指してことし11月ごろまで発掘調査を続ける予定です。
08月12日 09時13分

51出土地不明2014/08/12(火) 22:22:35.35ID:F4pZtacO
陶棺を野焼きする体験講座ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4023687431.html?t=1407849460957
古墳時代の「陶棺」と呼ばれる粘土を焼き固めたひつぎのミニチュアを、夏休みの小学生たちが野焼きで仕上げる
体験講座が、12日津山市で開かれました。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4023687431_m.jpg
この催しは、多くの陶棺が出土している津山市の津山郷土博物館が夏休みに合わせて子供たちに郷土の歴史に
関心を持ってもらおうと開いたものです。
12日は、小学生6人があらかじめ自分たちで粘土をこねて作ってあった20センチほどのミニサイズの「陶棺」を
博物館の裏庭で野焼きする作業に取り組みました。
子どもたちはまず、たき火の周りに自分の「陶棺」を並べてたき火の熱で乾燥させ徐々に火の中に入れて、たきぎを
加えて焼き上げていました。
「陶棺」を焼き上げるには2時間半ほどかかり、子どもたちは焼き上がりを待つ間、古代の人が火おこしに使っていた
「まいぎり」と呼ばれる道具で火おこしを体験したり、博物館を見学ししたりしていました。
参加した女子児童は、「きょうは、昔の人がやってた火おこしとかができて楽しかったです。陶棺は夏休みの宿題で
学校に持って行きます」と話していました。08月12日 20時50分

52出土地不明2014/08/13(水) 22:26:42.01ID:9i2g6Iev
【奈良】古代日本に"ピラミッド" 蘇我馬子の父、稲目の墓? 都塚古墳(画像と動画あり)

画像と動画
蘇我馬子の父、稲目の墓?都塚古墳、国内初の構造も(14/08/13)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000032580.html
https://www.youtube.com/watch?v=W-5rcQr_8Q0
https://i.ytimg.com/vi/W-5rcQr_8Q0/hqdefault.jpg
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140813/K10037848311_1408131933_1408131944_01.jpg

都塚古墳は“ピラミッド型”か
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140813/k10013784831000.html
8月13日 17時55分

奈良県明日香村にある「都塚古墳」が、石を階段状に積み上げたピラミッドのような極めて珍しい形をしていた可能性が高いことが地元の教育委員会などの発掘調査で分かりました。
研究者からは、古代の「高句麗」の王族のものとみられる墓に形が似ていることなどから、渡来人と関係が深かった豪族の蘇我稲目が埋葬されたのではないかという説も出て、今後、議論を呼びそうです。

調査が行われたのは、6世紀後半に造られたとみられる「都塚古墳」です。
明日香村の教育委員会と関西大学が、古墳の上の土で覆われている部分を発掘調査した結果、直径10センチから30センチほどの数多くの石を階段状に積み上げた遺構が3か所で見つかりました。
1か所では4段の石組みが、ほかの2か所では低いところのそれぞれ1段が確認されたということです。
また、古墳のすその部分は一辺が40メートル余りのほぼ正方形とみられることも分かり、調査した教育委員会などは、石を階段状に積み上げた形をしていた可能性が高いとみています。
このように石を階段状に組んでピラミッドのような形にした古墳は、国内ではほとんど例がないということです。
「都塚古墳」は、昭和42年に行われた本格的な発掘調査で土器や鉄製品が見つかりました。
今は埋葬施設の石室の内部を見学することができ、中には家の形をした石のひつぎが安置されています。
しかし、土に覆われた古墳の上の部分は、今回の調査以前は調査が行われず、全体の形や規模は分かっていませんでした。
また、誰が埋葬されたかについても、明らかになっていません。
この調査結果については、今月16日に現地説明会が開かれます。発掘調査を行った明日香村教育委員会文化財課の西光慎治調整員は「長い間、この地域の古墳を調べてきたが、
今回のような形をしたものは初めてで、驚いている。強い権力を持つトップクラスの人が埋葬されたのではないか」と話しています。

「蘇我稲目を埋葬か」

今回の調査結果を受けて、飛鳥時代の古墳に詳しい京都橘大学の猪熊兼勝名誉教授は「都塚古墳は強大な権力を握った豪族の蘇我稲目が埋葬されたのではないか」と指摘しています。
猪熊名誉教授は、その根拠として主に3つの点を挙げています。
▽1つは、都塚古墳は6世紀後半に造られたとみられ、蘇我稲目が死んだ570年と時期がほぼ一致することです。
▽また、都塚古墳がある場所は、蘇我氏とゆかりの深い地域とされていることです。
北に400メートルほどのところにある「石舞台古墳」は、6世紀の古墳を壊して7世紀初めに造られたとみられ、蘇我稲目の息子の蘇我馬子の墓とする説があり、近くには馬子の邸宅の跡とされる「島庄遺跡」もあります。
▽さらに今回の調査で明らかになったピラミッドのような古墳の形は、大陸から朝鮮半島にかけて勢力を誇った「高句麗」の王族のものとみられる墓に似ている点を挙げています。
蘇我稲目は高句麗から来た2人の女性を妻にしたと「日本書紀」に記されるなど高句麗と関係が深く、特徴が似た古墳に埋葬されたのではないかと指摘しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140813/k10013784831000.html

53出土地不明2014/08/16(土) 11:41:08.23ID:GUZsr1xv
屋島80年記念し企画展開催へttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8033827971.html?t=1408156766711
高松市の屋島が国の史跡と天然記念物に指定されてからことしで80年になるのを記念して、高松市と香川大学は、
屋島の史跡や地形などの天然記念物の調査成果を紹介する企画展を開くことになりました。
高松市の屋島は、中国・唐の高僧、鑑真が開いたと伝えられる屋島寺や源平の古戦場などの史跡があることや
「メサ」と呼ばれる頂上が平坦な溶岩台地の美しい地形がみられることなどから昭和9年に国の史跡と天然記念物に
指定されました。
指定からことし11月で、80年になるのを記念して高松市と香川大学は11月8日から12月23日まで高松市歴史
資料館で企画展を開くことになりました。
企画展では、屋島の史跡のほか高松市が香川大学に委託して2年間にわたって実施した屋島の地形や動植物などの
天然記念物の調査の成果が紹介されます。
また、高松市では、12月から来年1月にかけて4回にわたり、天然記念物の調査成果を専門家が解説する
一般向けの講座も開くことにしています。
高松市では、「企画展や講座をとおして屋島の価値を多くの人に知ってもらいたい」と話しています。08月16日 09時36分

54出土地不明2014/08/18(月) 18:35:51.20ID:wMHeZJBQ
自分だけのまが玉を作ろうttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8033772151.html?t=1408354417584
夏休み中の子どもたちに古代の歴史や文化財に興味をもってもらおうと、「まが玉」の形をしたペンダントをつくる催しが
丸亀市で開かれました。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8033772151_m.jpg
この催しは子どもたちに歴史のおもしろさを感じ文化財に関心をもってもらおうと丸亀市教育委員会が開いたもので
市内の子どもたち22人が参加しました。
はじめに丸亀市教育委員会の職員がまが玉は古代の人の首飾りであることなどを解説し、子どもたちは10センチ
ほどの大きなものなどさまざまなまが玉を見せてもらいました。
そのあとさっそくペンダント作りに挑戦し、まが玉の形に削られた滑石と呼ばれる比較的柔らかい石を紙やすりで
磨いて思い思いの形に仕上げていきました。
そして、水につけながら磨いて表面をつるつるにしたあと、ひもを通して自分だけの「まが玉ペンダント」を完成させました。
妹といっしょに参加した女の子は「もともと歴史は好きですがさらに関心を持ちました。ペンダントは家に飾るか妹に
プレゼントします」などと話していました。
08月18日 12時26分

55出土地不明2014/08/22(金) 08:27:59.86ID:TJaiS5HD
讃岐国府跡の専門委員会発足ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8033967181.html?t=1408663590418
古代の讃岐国の役所跡、「讃岐国府跡」の調査について指導や助言を行う専門委員会が発足し、国の史跡指定に
向けて地元の坂出市と香川県埋蔵文化財センターが連携して調査を進めることになりました。
「讃岐国府」は、奈良時代に中央政府が讃岐国を治めるために設けた役所です。
香川県埋蔵文化財センターが坂出市府中町で進めている発掘調査で、これまでに、「讃岐国府」の中心施設と
みられる建物跡や塀の跡などが見つかっています。
こうした調査の成果を受けて、坂出市は、21日、「讃岐国府跡」の調査や保存・活用を検討する会議の中に、
専門家による委員会を立ち上げました。
委員は6人で徳島文理大学の大久保徹也教授を委員長に選んだあと「讃岐国府跡」と「讃岐国府」の中にあった寺院、
「開法寺」の跡を視察しました。専門委員会は、今後の発掘調査などについて指導や助言を行います。
「讃岐国府」の中心施設とみられる区画はおよそ70メートル四方と推定され、香川県埋蔵文化財センターは
区画の範囲や建物の配置を明らかにしたいとしています。
また、坂出市も、「開法寺跡」の調査を続け双方が連携して国の史跡指定を目指すことになっています。
08月22日 07時22分

56出土地不明2014/08/26(火) 06:12:38.53ID:v76S35R/
備前焼「甕壺」作りに挑戦ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024002781.html?t=1409001054187
備前焼の大きなかめをモチーフにした備前焼のキャラクターを手作りする催しが24日備前市で開かれました。
この催しは備前市の備前市埋蔵文化財管理センターが開いたもので、24日は小学生などの子どもとその保護者
あわせて13人が参加しました。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024002781_m.jpg
作ったのは中世の時代に水や穀物などを入れる容器として生産された備前焼の大きなかめをモチーフにした
備前市埋葬文化財管理センターのマスコットキャラクター「甕壷」です。
子どもたちは備前焼作家の指導を受けながら当時の技法に基づき、まず粘土を細長いひも状にしてそれを一本ずつ
積み重ねていきます。そして粘土の表面を手でならしては形を整え、高さ10センチほどのかめの形に整えました。
そして親子で竹のヘラやクシを使い側面に顔を描いたり、手足を付けるなどしてマスコットキャラクターを完成させました。
体験した小学2年生の男の子は「とても楽しかったです。作ったかめの中にはキャンディーなどのお菓子を入れてみたいです」
と話していました。
出来上がった作品は備前焼作家の工房で焼き上げ、ことし10月には子どもたちの元へ届けられるということです。
08月25日 22時22分

57出土地不明2014/08/31(日) 08:57:23.15ID:3Z3TDKOm
須恵器の窯跡 発掘説明会ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024190832.html?t=1409442872247
備前市で、備前焼のルーツとされる須恵器が作られた窯の跡の発掘調査の説明会が開かれました。
説明会が行われたのは、備前市佐山にある「東山窯跡」です。
岡山理科大学考古学研究室の亀田修一教授のグループが去年3月から断続的に発掘調査をしていて、
30日は一般の見学者70人を対象に発掘現場の説明会が開かれました。
亀田教授によりますと、この窯の大きさは幅およそ2メートル、全長は10メートルで、初期の備前焼を焼く窯と似た
構造をしており須恵器から備前焼に移り変わる奈良時代後期に築かれたとみられています。
窯の周囲には雨水を逃がすための溝が掘られていたほか、薪を入れる「たき口」の手前には灰や割れた器などを
捨てる「灰原」が見つかっているということです。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024190832_m.jpg
また、器の破片も数多く見つかりこの中から漢字の「福」とみられる判が押されているものも見つかったということです。
亀田教授によりますと、福の文字を押した器のかけらがこの時代の窯跡から見つかるのは珍しいということです。
見学に訪れた人たちは備前焼のルーツに思いを馳せながら説明を聞いていました。
現在行われている発掘調査は明後日まで実施されるということです。08月30日 19時37分

58出土地不明2014/09/04(木) 07:41:01.22ID:7ppensBw
屋島に瀬戸内有数の製塩遺跡ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8034285991.html?t=1409783690512
高松市の屋島にある遺跡から海水を煮詰めて塩を作るのに使われた弥生時代から飛鳥時代までの土器が大量に
出土し、古代の塩作りの変遷をたどることができる瀬戸内でも有数の遺跡であることがわかりました。
この遺跡は、屋島の浦生地区にある「鵜羽神社境内遺跡」で、昨年度から徳島文理大学と高松市が共同で発掘調査を
行っています。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8034285991_m.jpg
これまでの調査で、海水を煮詰めて塩を作るのに使われた1世紀終わりの弥生時代後期から7世紀前半の飛鳥
時代までの土器の破片が大量に出土しました。
中でも、古墳時代の終わりから飛鳥時代の初めにかけての土器が多く見つかり、およそ30センチの厚さで積み
重なっている所もありました。
さらに、古墳時代前期の地層から焼けた粘土の塊が見つかり、塩を焼いて固めるのに使った炉の跡の可能性もあると
みられています。
徳島文理大学の大久保徹也教授は、「500年以上にわたって塩作りの変遷をたどることができる瀬戸内でも有数の
遺跡だ」と話しています。
屋島には、7世紀後半に築かれたとされる山城、「屋嶋城」の跡があり、「屋嶋城」が築かれる以前の屋島の状況を
知るうえでも重要な遺跡と注目されます。09月03日 16時11分

59出土地不明2014/09/05(金) 08:17:34.51ID:JjhWQMWD
地震で沈んだ遺跡を探せttp://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/8014171571.html?t=1409872606297
過去の巨大地震で集落が海に沈んだという言い伝えについて調べている高知大学などの研究チームが4日、
須崎市で海底の調査を行いました。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/8014171571_m.jpg
高知大学と独立行政法人、海洋研究開発機構の共同研究チームは、大きな地震で集落が海に沈んだという、
高知県の沿岸部に今も残る言い伝えについて、平成25年から調べています。
きょうはことし3月の調査で海底の広い範囲が平らになっているのが見つかった須崎市の野見湾で再び調査を行いました。
研究チームのメンバーは採泥器と呼ばれる装置を使っておよそ40か所で海底の堆積物を採取し、ふるいにかけて
土器などの人工物が含まれていないか調べました。
また、4日は地元の漁師も調査に同行し、海底に井戸などが見えたとされている場所を案内しました。
4日の調査では明らかに土器の破片などと判断できるものは見つかりませんでしたが、研究チームでは採取した
サンプルを詳しく調べるとともに今後、ダイバーが潜って海底の地層を掘り出して詳しい年代などを測定することに
しています。
海洋研究開発機構の谷川亘主任研究員は「今後は県西部にも調査範囲を広げ地震で集落が海に沈んだという
言い伝えについて科学的に解明し防災教育などに役立てていきたい」と話していました。09月04日 21時00分

60出土地不明2014/09/09(火) 16:12:02.75ID:opt3uIZt
珍しい古代の“製塩施設”見つかる09月08日 18:34 ttp://setonaikai.co.jp/newsweb/index/1984
高松市で古墳時代前期に土器を使って塩を作っていた施設の遺跡が見つかり、
発掘調査が進んでいます。https://www.youtube.com/watch?v=y8AyudrdxMw
調査が進んでいるのは高松市屋島西町の鵜羽(うのは)神社境内遺跡です 先月から高松市と徳島文理大学の
調査団が詳細な発掘調査を行っていました 1m20pほど掘ったところで古墳時代の製塩施設が見つかりました
備讃瀬戸では古くから製塩業が盛んでした 今から約1500年前の古墳時代には 土器に海水を入れて煮詰める
土器製塩と呼ばれる塩作りが行われていました 今回発見されたのは土器を火にかけるかまどのような施設の一部
上下の地層から古墳時代前期のものと特定 調査団によると全国的にも古い土器製塩の遺跡で貴重な発見だということ
飛鳥時代になると土器製塩で作った塩を更に熱して品質を良くする焼き塩という加工法が生み出されたとされている
調査団によると飛鳥時代の300もの前の遺跡で焼き塩を行っていた可能性もあるそうで 今後の調査によっては
日本の塩作りの歴史を塗り替える期待も持たれている 文理大文学部大久保教授 構造物の残骸が元々どういう配置に
なっていたかを復元することをやれば 手掛かりは今後の調査で得られると思う

61出土地不明2014/09/09(火) 16:31:13.40ID:opt3uIZt
なるほど!古代エジプト展始まるhttp://www.rsk.co.jp/news/news_local.cgi?id=20140909_3
古代エジプト人の日々の暮らしを紹介する特別展、「なるほど!古代エジプト」が岡山市北区のオリエント美術館で
始まりました。初日の9日は、午前10時から開会式が行われました。
会場では、古代エジプト文明を生きた人々の一生が出土品や模型などを使って紹介されています。
誕生、結婚、労働や遊び、死などがテーマごとに紹介され私たちの暮らしとの対比を楽しむこともできます。
棺の蓋です。ttp://www.rsk.co.jp/news/photo/20140909_3.jpg
人の形に合わせて作られていて、鮮やかな色とビーズのような襟飾りが表現されているのが特徴です。
この特別展は11月16日までで、ESDユネスコ世界会議に合わせた講座やワークショップも開かれます。

62出土地不明2014/09/10(水) 13:37:33.51ID:sdqd0nqI
総社・神明遺跡で銅鐸出土 岡山県内 発掘調査で25年ぶり
ttp://www.sanyonews.jp/article/66823

発掘調査中の総社市福井、神明(しんめい)遺跡で、弥生時代中期(約2200年前)の銅鐸(どうたく)が見つかった。岡山県古代吉備文化財
センターが10日、発表した。発掘調査で銅鐸が出土するのは全国でも珍しく、県内では25年ぶり2例目。これまで謎が多いとされてきた埋め
方や年代の特定につながる貴重な発見という。

銅鐸は高さ約30センチ、裾部の長径15センチ。8月21日に見つかった。地下約20センチのところに、側面のひだ・鰭(ひれ)を上下にして
横たわっていた。弥生中期後半〜後期のムラの端に位置する。

銅鐸は弥生時代を代表する青銅器の一つで、祭祀(さいし)に使用されたとされる。上部のひもを通すつり手部分・鈕(ちゅう)の形から製作
年代が四つに分類され、今回のものは2番目に古い外縁(がいえん)付鈕式と推定される。

銅鐸の下の土層の住居跡や土器片から、埋納されたのは同時代後期初めごろ(約2000年前)とみられる。文様はまだよく分かっていない。

銅鐸の出土は全国では約570例(岡山県内は今回が24例目)あるが、発掘調査での出土は今回を含めても20例のみ。掘削工事などで
偶然見つかることがほとんどで、埋められた年代や埋め方が分からないことが多い。

弘田和司・同センター調査第3課長は「全く想定していなかった発見。他の例との比較や時期の特定を急ぎ、弥生時代の祭祀を解明したい」
と話す。

同遺跡は国道180号改築工事に伴い同センターが今春から約6800平方メートルを調査している。

■埋納議論に進展も

難波洋三・奈良文化財研究所埋蔵文化財センター長の話  銅鐸の埋納は祭祀の度に掘り返された説と、ある時期に一斉に埋められたという説が
あるが、神明遺跡の銅鐸の埋納時期が特定されることによって、議論が進展する可能性がある。文様の有無、製作地がどこかなど、これからの
調査に期待の持てる面白い資料だ。



銅鐸は13日午後1時から同市中区古京町、三木記念ホールで同センターが開くシンポジウム「3世紀の吉備を読み解く」会場で公開。
20日午後1時からは現地説明会を実施する。問い合わせは同センター

63出土地不明2014/09/10(水) 16:32:33.80ID:BfP5Y8g4
総社市の神明遺跡で「銅鐸」見つかるttp://www.rsk.co.jp/news/news_local.cgi?id=20140910_2
発掘調査が進められている総社市の神明遺跡で、弥生時代の銅鐸が見つかりました。
岡山県で発掘調査中に銅鐸が出土したのは、25年ぶりのことです。
見つかった銅鐸は、高さ約30cm、幅約15cmの大きさです。ttp://www.rsk.co.jp/news/photo/20140910_2.jpg
銅鐸を埋めるために掘られた穴から、横倒しの状態で出土しました。
総社市福井の神明遺跡は、今年4月から発掘調査が進められていて、
これまでに弥生時代後期から奈良時代にかけての竪穴住居や、土器の棺などが見つかっています。
今回出土した銅鐸は、弥生時代後期初め頃以降のものとされ、発掘調査中に出土したのは、
岡山県では25年ぶり2例目で、全国でも20例目となります。
調査を行っている岡山県古代吉備文化財センターでは、弥生時代、祭りに使われた祭器のあり方や、
銅鐸を埋める方法などを調べる上で重要な資料になると話しています。

64出土地不明2014/09/11(木) 03:14:52.06ID:BbUvw+CX
銅鐸が弥生時代の遺跡から出土ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024467001.html?t=1410372792219
総社市にあるおよそ2000年前の弥生時代の遺跡から当時、儀式に使われたと見られる青銅器の「銅鐸」が出土しました。
専門家は「銅鐸が埋められた状態や時期がはっきりとわかる貴重な発見だ」と話しています。
銅鐸が見つかったのは、総社市福井にある弥生時代後半の集落跡、「神明遺跡」です。
岡山県古代吉備文化財センターではことしの4月から遺跡の発掘調査を進めていましたが、8月、集落のはずれで
弥生時代の青銅器の「銅鐸」が深さおよそ30センチの穴に横向きに埋められているのが見つかったということです。
「銅鐸」は、高さおよそ30センチ、幅がおよそ15センチ、奥行きがおよそ10センチある「外縁付紐式」と呼ばれる
タイプで、およそ2200年前の弥生時代中期に作られたと見られるということです。
銅鐸はこれまでに全国でおよそ570例確認されていますが、集落やその周辺で見つかることは少なくこうした
発掘調査の過程で発見されたのは19例しかないということです。
銅鐸などの弥生時代の青銅器に詳しい奈良文化財研究所の難波洋三埋蔵文化財センター長は
「銅鐸が埋められた状態や時期がはっきりとわかるという意味で非常に貴重な発見だ。
弥生時代中期にこの地域がどういった社会だったかを考える上で重要な資料になる」と話しています。
今回見つかった銅鐸は9月20日に行われる現地説明会などで公開される予定です。
09月10日 18時21分ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024467001_m.jpg

65出土地不明2014/09/11(木) 09:34:15.02ID:BbUvw+CX
9月10日のニュース総社・神明遺跡で銅鐸出土ttp://www.webtsc.com/prog/news5/
発掘調査が進められている総社市福井の神明遺跡で、弥生時代中期の銅鐸が見つかりました。
発掘調査で銅鐸が出土するのは全国でも珍しく、岡山県内では25年ぶり2例目です。
岡山県古代吉備文化財センターがきょう発表したものです。
銅鐸は高さ約30センチで、弥生時代中期の後半から後期のムラの層の端に横たわっていました。
銅鐸は弥生時代を代表する青銅器の一つで、祭祀に使われたとされます。
銅鐸の出土はこれまでに全国で約570例ありますが、掘削工事などで偶然見つかることがほとんどで、
埋められた年代や埋め方が分らないことが多く、 今回の発掘調査での出土はこれまで謎が多いとされてきた
埋め方や年代の特定につながる貴重な発見ということです。

66出土地不明2014/09/11(木) 10:24:01.55ID:BbUvw+CX
>>63
総社市の神明遺跡で「銅鐸」見つかるttp://www.rsk.co.jp/news/news_local.cgi?id=20140910_2
発掘調査が進められている総社市の神明遺跡で、弥生時代の銅鐸が見つかりました。
岡山県で、遺跡の発掘調査中に銅鐸が出土したのは25年ぶりのことです。
見つかった銅鐸は、2000年前、銅鐸を埋めるために掘られた穴から、横倒しの状態で出土しました。
総社市福井の神明遺跡では、今年4月から調査が進められています。
銅鐸が発掘調査中に出土したのは、岡山県では25年ぶり2例目で、全国でも20例目です。
弥生時代に農耕の祭りに使われていたと考えられてる銅鐸が、なぜ埋められたのか、
今回の発掘は、その謎を解く重要な資料となるということです。ttp://www.rsk.co.jp/news/photo/20140910_2.jpg
今月20日には、神明遺跡で現地説明会が開かれる予定です。

67出土地不明2014/09/11(木) 11:27:15.61ID:BbUvw+CX
塩づくりの遺跡から炉の跡ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8034486221.html?t=1410401852742
高松市の屋島にある塩作りの遺跡で塩を焼いて固めるのに使った可能性がある全国でも珍しい古墳時代前期の炉の
跡が見つかり、共同で発掘調査を行った高松市と徳島文理大学は、炉の構造を明らかにするため追加調査の実施を
検討することになりました。この遺跡は、高松市屋島の浦生地区にある「鵜羽神社境内遺跡」です。
高松市と徳島文理大学が8月から9月にかけて共同で行った発掘調査で、海水を煮詰めるのに使った土器の破片が
大量に出土したほか、3世紀から4世紀にかけての古墳時代前期の地層から焼けた粘土の塊が見つかり、
火を焚いた炉の跡とわかりました。
粘土の塊の一部は非常に硬く、かなり高い温度で火があたっていたことなどから熱が逃げないようにまわりを囲った
かまどのような炉で、湿気を吸って溶けないように塩を焼いていた可能性があるとみられています。
古墳時代前期の塩作りの遺構が見つかったのは、全国でも珍しいということです。
高松市と徳島文理大学は、炉の構造を明らかにするためにはさらに詳しい発掘調査が必要なことから
平成26年度までの2年間としていた調査期間を延長する方向で検討することになりました。09月11日 09時19分

68出土地不明2014/09/12(金) 16:59:00.47ID:l4aNIlHk
高梁市発掘の化石が里帰りttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024343572.html?t=1410508648479
世界有数の化石の産出地、高梁市成羽で発掘されたあと、全国各地の研究機関に散らばっている化石を一堂に
集めた展示会が高梁市成羽美術館で開かれています。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024343572_m.jpg
高梁市成羽はおよそ2億3000万年前の中生代三畳紀にユーラシア大陸の沿岸にあったとされ、当時、
生い茂っていたシダやイチョウなどの裸子植物をはじめ、世界的に珍しい多くの種類の化石が産出されています。
展示会は美術館に所蔵されている化石に加えて、全国各地の大学や研究機関に散らばっている化石を一同に
集めたもので、合わせておよそ200点にのぼります。
このうち成羽の名前が付けられた「サゲノプテリスナリワエンシス」は、裸子植物の仲間で中生代に栄え、
今では絶滅した植物で、三角形の石にうちわのような葉の形が映し出されています。
また北海道大学総合博物館が所蔵している「ハウスマンニアデンタータ」は、シダ植物の仲間で、
葉の裏側の胞子嚢が黒い斑点になって一面についています。
展示会は9月28日まで高梁市成羽美術館で開かれています。09月12日 12時53分

69出土地不明2014/09/15(月) 11:34:05.70ID:j6EILAys
銅鐸の名前すら古事記や日本初期にも出て来ない
祭器に使われたと思われる銅鐸は支配層の変化で消滅か?

70出土地不明2014/09/16(火) 17:08:24.40ID:wwfsmq4K
高田城の発掘 現地説明会ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024555671.html?t=1410854792696
安土桃山時代から江戸時代の初めごろまで真庭市にあった山城・高田城の本丸跡で、おととしから行われてきた
発掘調査の現地説明会が開かれました。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024555671_m.jpg
高田城は、15世紀ごろに小高い2つの山を生かして築かれた山城で、本丸のほか二の丸や出丸などがありましたが
江戸時代に幕府の「一国一城令」などによって城は取り壊され、現在はほとんど姿を残していません。
15日は、おととしから発掘調査を行っている真庭市教育委員会が本丸跡で現地説明会を開き、地元をはじめ
岡山市などから熱心な歴史ファンらおよそ60人が集まりました。
真庭市教育委員会によりますと今回の発掘調査では、敵の侵入を防ぐ構造を持つ幅3.5メートルの出入り口
「虎口」の石積みが確認され、さらに城を壊した際に「虎口」を塞いだ跡も見つかったということです。
また、本丸の跡地で見つかった岡山城と同じ模様の軒丸瓦も説明会で一般公開されました。
説明会に参加した歴史愛好家の男性は、「高田城の記録は、ほとんど残っておらず、今回、本丸の虎口が確認
できたことは、意義深いことだと思います」と話していました。
真庭市教育委員会の切明友子生涯学習課長は、「虎口の左右が石垣で築かれ、地盤を階段状に削った本丸に
続くルートを確認できたのが今回の発掘の成果だ」と話していました。09月16日 13時16分

71出土地不明2014/09/16(火) 17:19:55.04ID:wwfsmq4K
「四国の近世」巡回展ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8034473251.html?t=1410855479405
江戸時代の遺跡の出土品を通して当時の城や城下町の暮らしぶりを紹介する「四国の近世」と題した展示会が
坂出市にある香川県埋蔵文化財センターで始まりました。
この展示会は、四国の5つの埋蔵文化財センターが合同で開いている巡回展で、愛媛、高知に続いて16日から
香川での開催が始まりました。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8034473251_m.jpg
6回目となる今回は、江戸時代の遺跡の出土品、およそ130点が展示されています。
このうち、高松城跡で見つかった鬼瓦には、藩主だった高松松平家の家紋の「三葉葵文」が入っています。
高松松平家は徳川御三家の一つ、水戸家の分家で「三葉葵文」は徳川一門であることを象徴するものでした。
また、徳島城の城下町の跡から出土した犬や猿などをかたどった土や磁器の小さな人形やままごと道具の皿や
かまどなどは上級武士の子どもたちが遊びに使っていたものとみられています。
このほか、四国で初めて見つかった江戸時代のオランダ製の水差しをはじめ国内各地の高級な陶磁器も展示され
当時の焼き物の流通状況をうかがうこともできます。この香川での展示はことし12月12日まで開かれています。
09月16日 12時38分

72出土地不明2014/09/20(土) 16:41:45.34ID:zick8HY1
発掘調査で発見の出土品展ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024735561.html?t=1411198732730
県内の埋蔵文化財の調査を行う「岡山県古代吉備文化財センター」が発掘した出土品を集め、県内の歴史をたどる
展示会が岡山市北区の岡山県立博物館で開かれています。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024735561_m.jpg
この展示会は「岡山県古代吉備文化財センター」ができて今年で30年になるのを記念して開かれているものです。
会場の県立博物館にはセンターによる発掘調査で見つかった旧石器時代から江戸時代までの出土品、
あわせておよそ430点が展示されています。
このうち、岡山市にある弥生時代の集落跡から見つかった国の重要文化財、「突線流水文銅鐸」は流れる水のような
文様が特徴の青銅器で、当時の人の工芸の技術や美意識の高さがうかがえる貴重な資料です。
また、岡山城の二の丸跡から見つかった出土品は、中国産の磁器のほか、織部や志野といった国産陶器などの
高級品が多く含まれていて、当時この辺りに住んでいた重臣たちの暮らしぶりをうかがうことができます。
岡山県立博物館の佐藤寛介学芸員は「それぞれの時代で特徴的なものが見つかっているので、それらの出土品から
私たちの祖先の暮らしに思いをはせてもらいたい」と話しています。
この展示会は10月5日まで岡山県立博物館で開かれています。09月20日 12時46分

73出土地不明2014/09/22(月) 06:35:16.51ID:B+tmpfxX
脳も腸から生まれた?
口と肛門はもともとは同じものだった?
“ほえる”から“話す”への進化のメカニズムとは?
http://live.nicovideo.jp/watch/lv193630115

74出土地不明2014/10/06(月) 22:30:00.48ID:/jdkfqUL
64年前の古墳記録集初公開へttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035033321.html?t=1412602015599
香川県では戦後初めての本格的な発掘調査となり、当時、考古学ブームを巻き起こした丸亀市の「快天山古墳」
の調査のもようを写真で伝える記録集が初めて公開されることになりました。
丸亀市綾歌町の「快天山古墳」は、全長100メートル近くある4世紀中頃の前方後円墳で、昭和25年に地元の
中学校の要望を受けて香川県教育委員会が発掘調査を行いました。
この調査の記録集は平成15年頃に当時の綾歌町役場の書庫で見つかっていましたが、このほど、初めて公開
されることになりました。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035033321_m.jpg
記録集は県教育委員会が作成したものとみられ、58枚の写真のうち52枚が残っていて、中学校の生徒たちも
協力して進められた発掘の様子が詳細に収められています。
古墳には3つの石の棺、石棺が埋まっていましたが、2つは生徒たちが発見したもので、このうち、
盗掘されていない石棺を開けたときの写真には、内部が朱で赤く染まりたまっていた青く澄んだ水と鮮やかな対照を
見せ、感激したという説明が添えられています。
香川県では戦後初めての本格的な発掘調査となった「快天山古墳」の調査は、当時、大きなニュースとなり、
700人以上が見学に訪れ、アイスキャンディー売りが出るほどだったといわれています。
記録集は、10月11日から丸亀市立資料館で開かれる企画展で公開されます。10月06日 19時30分

75出土地不明2014/10/21(火) 09:17:39.10ID:MNkdzbow
積石塚古墳の全容明らかにttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035385721.html?t=1413850523910
高松市にある石を積んで築いた前方後円墳、「稲荷山姫塚古墳」は、階段状の構造になっており古墳を美しく
見せるために板状の石「板石」で表面を化粧するなど、入念な造りだったことが発掘調査でわかりました。
全国でも珍しい石積みの古墳の詳細な造りが明らかになったのは初めてです。
「稲荷山姫塚古墳」は、高松市の石清尾山の稲荷山地区にある全国でも珍しい石積みの前方後円墳で、
高松市が昨年度から発掘調査を進めています。
これまでの調査で、古墳は全長50メートル余り、高さは後円部が3.9メートル前方部が3.5メートルで2段以上の
階段状の構造になっていることや後円部よりも低い場所にある前方部は高低差を小さくするためにかさ上げを
していたことがわかりました。
さらに、古墳を美しく見せるために板状の石「板石」を積み上げて表面を化粧していたことも明らかになりました。
出土した埴輪の特徴などから、古墳が築かれたのは3世紀の終わりとみられています。
石清尾山には石積みの古墳が20基ちかく確認されていますが詳細な造りがわかったのは今回が初めてです。
調査にあたっている高松市の文化財専門員の波多野篤さんは、「石積みの古墳がどのような造りだったのか
具体的にイメージできるようになった。
また石積みの古墳がその後どのように変わっていったのかを知るうえでの基準にもなる」と話しています。
10月20日 19時17分

76出土地不明2014/10/21(火) 11:34:46.32ID:MNkdzbow
全国最古級の積石塚発見ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035385931.html?t=1413858730994
高松市の石清尾山にある石を積んで築いた古墳の一つが、3世紀中頃の全国で最も古いクラスの前方後円墳と
みられることが、高松市の調査で明らかになりました。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035385931_m.jpg
この古墳は、高松市の石清尾山の稲荷山地区にある石を積んで築いた古墳の「稲荷山北端1号墳」です。
昭和6年に当時の京都帝国大学が行った測量調査などから、これまで、墳丘が丸い形をした石積みの円墳と
みられていました。
しかし高松市がこのほどレーザーによる詳細な測量をもとに調査したところ南側に四角い形の墳丘が張り出して
いることがわかり、石積みの前方後円墳と確認されました。
また、古墳の全長は46メートルで、後円部の高さが2メートルから3メートルなのに対して、前方部は高さ50センチ
ほどとかなり低く先端部分は三味線の「ばち」のような形をしていることがわかりました。
こうした特徴は、「鶴尾神社4号墳」など同じ石清尾山にある3世紀中頃の全国でも最も古いクラスの前方後円墳と
同じで、高松市は、「稲荷山北端1号墳」も最も古い時期の前方後円墳とみています。
高松市の文化財専門員の波多野篤さんは、「地域色の強い初期の讃岐の古墳について検討するうえで貴重な材料に
なる」と話しています。10月21日 09時55分

77出土地不明2014/10/23(木) 10:27:24.07ID:4Ys1njco
讃岐の前期古墳展ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8034986531.html?t=1414027488337
3世紀半ばから4世紀にかけての古墳時代前期に築かれた地域色の強い古墳を紹介する「讃岐の前期古墳展」が、
丸亀市で開かれています。
この展覧会は、丸亀市立資料館が開いているもので、34の遺跡の出土品などおよそ1000点の資料を集めています。
このうち、高松市にある石を積んで築いた「鶴尾神社4号墳」は、最も古い3世紀半ばの前方後円墳で壷形の埴輪や
中国製の鏡などが出土しました。
また、4世紀中頃に築かれた丸亀市の「快天山古墳」は、全長がおよそ100メートルと、古墳時代前期では
四国最大の前方後円墳です。石をくり抜いて造った棺を最初に採用した古墳としても知られています。
鉄の剣や斧などの出土品とともに棺にしつらえられた石の枕の拓本も展示されています。
古墳時代前期は地域色の強い古墳が築かれ、讃岐では、丘陵の上に築き埋葬施設を東西方向に設けたことなどが
特徴です。
一方で、「快天山古墳」は、格段に規模が大きくなり埋葬施設を南北方向にするなど、讃岐では、ヤマト政権の本拠地
畿内との関係が深い最初の古墳とされています。
丸亀市立資料館では、「多くの資料を通して讃岐の前期古墳の特徴や変遷を知ってもらいたい」と話しています。
この展覧会は、11月30日まで開かれています。10月23日 09時09分

78出土地不明2014/11/01(土) 06:03:43.45ID:xFBdUzFC
石清尾山古墳群の調査会議ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035767421.html?t=1414788425704
高松市の石清尾山にある全国で最も古いクラスの前方後円墳とみられる「稲荷山北端1号墳」について、高松市は、
31日に開いた専門家による会議の意見を受け発掘調査を行う方針を決めました。
31日は、会議に先立って専門家の委員2人や文化庁の調査官などが高松市の石清尾山の稲荷山地区にある
石積みの古墳の一つ、「稲荷山北端1号墳」を視察しました。
「稲荷山北端1号墳」はレーザーを使った詳細な測量調査の結果、3世紀中頃の、全国で最も古いクラスの
前方後円墳とみられています。
委員らは、▼後円部に比べて前方部の高さがかなり低く立体感に乏しいことや、▼前方部の先端が三味線の
バチのように開いていることなど古墳の特徴を確認していました。
このあと高松市埋蔵文化財センターで会議が開かれ市が国の史跡への指定を目指している稲荷山地区の3つの
古墳の事業計画を話し合いました。
この中で「稲荷山北端1号墳」について委員から「古墳の形を確定する必要がある」という意見が出され、
これを受けて高松市は発掘調査を行う方針を決めました。
石清尾山は石積みの古墳が集中する地域で、「峰山地区」の12の古墳が現在、国の史跡に指定されていて、
高松市では、「稲荷山地区」の3つの古墳についても平成29年度に追加指定を申請する予定です。10月31日 19時22分

79出土地不明2014/11/01(土) 19:03:36.96ID:xG6iMS7j
【考古】メキシコのテオティワカン遺跡、地下トンネルから大量の埋蔵品©2ch.net
[メキシコ市 29日 ロイター] - メキシコの古代遺跡、テオティワカン発掘に携わっている考古学者によれば、
発見された地下トンネルの調査を進めた結果、宗教儀式に用いられたとみられる大量の埋蔵品が見つかった。
また、トンネルの先に王家の墓がある可能性も出てきたという。

1800年前のものとみられる地下トンネルが最初に発見されたのは2003年。
まず遠隔操作可能なロボットを使って調査が行われ、その後に研究者が発掘を進め、次第にトンネル内の様子が明らかになった。

今回見つかったのは、石の彫刻物や宝石、貝をはじめ4000点におよぶ木製品、黒曜石のナイフ、矢じりなどで、推定で計5万点に上るという。
_______

▽記事引用元
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0IK05M20141031
REUTERS(http://jp.reuters.com/)2014年 10月 31日 11:07 JST配信記事

10月29日、メキシコの古代遺跡テオティワカンの地下トンネルから宗教儀式に用いられたとみられる大量の埋蔵品が見つかったことが分かった。
写真は発掘された埋蔵品。
http://s4.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20141031&t=2&i=987701157&w=450&fh=&fw=&ll=&pl=&r=LYNXMPEA9U03W.jpg

80出土地不明2014/11/06(木) 14:05:04.61ID:ngsa6bld
貴重な貝塚が破壊されました。
http://www.yomiuri.co.jp/local/chiba/news/20141031-OYTNT50344.html

81出土地不明2014/11/08(土) 02:38:37.01ID:WMXQMiHI
包蔵地に含まれているなら、停止命令を下せばよい者を

82出土地不明2014/11/10(月) 10:32:44.12ID:DLUuVMTn
讃岐国分寺史跡まつり11月03日 12:00 ttp://setonaikai.co.jp/newsweb/index/2297
連休の最終日11月3日は、文化の日です。高松市の讃岐国分寺跡で開かれている史跡まつりは
大勢の家族連れらでにぎわっています。
地域の人たちに史跡に親しんでもらうのが目的の史跡まつり。2日の雨で延期になり3日開かれることになりました。
まつりは、天平行列から始まりました。約30人の子どもたちが、天平時代の華やかな衣装を着て会場を練り歩きました。
この衣装は、地域の女性たちが古着の着物を再利用し当時の衣装を再現したものです。
讃岐国分寺太鼓保存会による太鼓の演奏や獅子舞も披露されました。
午後からは、子ども力餅大会や古代米による餅つきなどが行われます。

83出土地不明2014/11/12(水) 08:44:24.21ID:bn26ulQO
讃岐国府跡の発掘調査始まるttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035767671.html?t=1415749368696
香川県坂出市にある古代の讃岐国の役所跡、「讃岐国府跡」で、中心施設の全容の解明に向けた今年度の
発掘調査が始まりました。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035767671_m.jpg
坂出市府中町の「讃岐国府跡」は、奈良時代に、中央政府が讃岐国を治めるために設けた役所の跡です。
香川県埋蔵文化財センターの発掘調査で、平成24年度に、複数の大きな建物の跡などが見つかり、国府の中心
施設の遺構と確認されました。今年度の発掘調査は、11月から建物跡を含む東側の区域で行われています。
今年度は建物の規模や配置をはじめ、すでに塀の跡が見つかっている北側と西側に続いて東側でも跡を見つける
ことで、塀で囲まれていたとみられる中心施設の範囲を明らかにすることが目的で、およそ300平方メートルを調査
する予定です。
この中心施設について県埋蔵文化財センターは、国府の長官にあたる、国司が儀式や政治の仕事を行った場所、
「国庁」や国司の官舎、「国司館」の可能性が考えられるとしています。
県埋蔵文化財センターでは平成29年度まで中心施設の調査を続け、国府の中でどのような位置づけの施設だった
のか、全容を解明したいとしています。11月11日 19時06分

84出土地不明2014/11/25(火) 21:34:26.85ID:UJeiClEl
総社市で前方後方墳発見
ttp://www.nhk.or.jp/lnews/okayama/4023367891.html

大きな台形の盛り土から、小さな台形の盛り土が突き出したような形をしている「前方後方墳」と
呼ばれる古墳が総社市の郊外で新たに見つかりました。

見つかったのは全長はおよそ65メートル、幅はおよそ38メートルの「前方後方墳」で古墳時代
では比較的早い4世紀前半につくられたとみられています。

総社市秦地区の地元では茶臼嶽と呼ばれていて去年9月、頂上の標高およそ190メートルまで
登った男性が「古墳ではないか」と指摘したのを受けて岡山大学と市の教育委員会が調査したと
ころ、土の盛り方が人工的で大きな台形から小さな台形がつきだしたような形の「前方後方墳」
と確認されました。

教育委員会によりますと「前方後方墳」としては、岡山県内で3番目の規模になり地域の首長
クラスの人物が葬られたと見られています。

古墳は山の名前から「茶臼嶽古墳」と名付けられました。
周辺の山中では、形式が違うものを含めて古墳がほかに33基見つかっています。

調査した岡山大学の新納泉教授は「今回の発見は、古墳が集中するこの地域の特異性
を、西日本の古墳時代の中に位置づけるものとして大きな意味がある」と話しています。
11月25日 18時58分

85出土地不明2014/11/26(水) 09:07:19.17ID:X9BBGijf
総社市で前方後方墳発見ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4023367891.html?t=1416960314238
大きな台形の盛り土から、小さな台形の盛り土が突き出したような形をしている「前方後方墳」と呼ばれる古墳が
総社市の郊外で新たに見つかりました。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4023367891_m.jpg
見つかったのは全長はおよそ65メートル、幅はおよそ38メートルの「前方後方墳」で古墳時代では比較的早い
4世紀前半につくられたとみられています。
総社市秦地区の地元では茶臼嶽と呼ばれていて去年9月、頂上の標高およそ190メートルまで登った男性が
「古墳ではないか」と指摘したのを受けて岡山大学と市の教育委員会が調査したところ、土の盛り方が人工的で
大きな台形から小さな台形がつきだしたような形の「前方後方墳」と確認されました。
教育委員会によりますと「前方後方墳」としては、岡山県内で3番目の規模になり地域の首長クラスの人物が
葬られたと見られています。古墳は山の名前から「茶臼嶽古墳」と名付けられました。
周辺の山中では、形式が違うものを含めて古墳がほかに33基見つかっています。
調査した岡山大学の新納泉教授は「今回の発見は、古墳が集中するこの地域の特異性を、西日本の古墳時代の中に
位置づけるものとして大きな意味がある」と話しています。11月25日 18時58分

86出土地不明2014/11/26(水) 11:13:15.13ID:rr/+EuXM
>>85
お前以外の人が岡山関係のニュースを貼ると気に障るのか。

87出土地不明2014/11/30(日) 17:36:26.31ID:BSK4ug2Y
化石や剥製を展示した自然科学資料室完成 愛光学園(愛媛県)■ 動画をみるttp://w2.rnb.co.jp/nnn/movie/news8785114.html
 愛光学園に貴重な化石や動物の剥製などを集めた資料室が完成した。
 愛光学園の「自然科学資料室」は、教科書には掲載されないような資料を見てもらい、地学や考古学などの学習に
興味を持ってもらおうと開設されるもので、愛光学園の理事長のコレクションや卒業生らの寄付で購入したおよそ
250点が展示される。ttp://w2.rnb.co.jp/nnn/news8785114.html
 中には、草食恐竜の卵の化石や、白亜紀を生きた全長12メートルのワニの頭の骨など貴重な標本も展示されるという。
[ 11/28 16:16 南海放送]ttp://w2.rnb.co.jp/nnn/picture/RNB_51141.jpg

88出土地不明2014/12/22(月) 21:27:49.13ID:hxFlL9kp
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://ヽ:::::::::::::::|
    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::// ヽ::::::::::::::l
    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::「'ヽ::::::::::://   ヽ:::::::::::|
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノl:::ノ l:::::::/      ヽ::::::::|
   ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ゙゙  ノ:::/ ,,;;;;;;,,    ,,,,ヽ:::::l
   ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    ノ/ __,'''i: ('''__):::l  
  )::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/         ̄ ̄ン:. :「 ̄`ヾ   
 1:::::::::::::::::::::::「 `┤l:::::::::::::::::l          ̄   ,  ヽ ̄ l   
  `l:::::::::::::::::::::ヽ  :l li:::::::::::::/        ヽ  /´   `l  |
  ヽ::::::::::::::::::::::\_」 lヽ::::/         .l  !:-●,__ ノ  /      
  ノ:::::::::::::::::::::::::::ノ | l `゙゙           i ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,  /ヽ       
,/ ヽ::::::::::::::::::::::(  l l::::::::..         /.:''/´ ̄_ソ  /  `ヽ
     ヽ:::::::::::::::ヽ | l:::::::::::...      /::// ̄ ̄_ソ  /    \   ヴッ!!
        ヽ:::::::\| l::::::::::::::::...    / :::.ゝ` ̄ ̄/ /       ヽ
           ヽ:::l l:::::::::::::::::::..      ̄ ̄;;'' /         ヽ
              l l;;;;;;:::::::::::::::.....;;;;............;;;;;;''ノ            l
              l l '''''''''''''''''''''''''''''''''''''' ̄l |             |

http://www.youtube.com/watch?v=z2qK2lhk9O0

89出土地不明2014/12/23(火) 11:59:45.57ID:J1zWLTy/
「背割堤」発掘調査の説明会ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024031761.html?t=1419298232981
岡山市を流れる旭川とその支流の百間川を隔てる「背割堤」と呼ばれる堤跡の発掘調査の成果を紹介する
現地説明会が岡山市中区で行われました。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024031761_m.jpg
百間川は江戸時代に、岡山の城下町を洪水から守ろうと、大雨などで増水した旭川の水を枝分かれさせて放水
するために作られた人工の川です。
分流部分の改修工事が行われるのを前に、岡山県古代吉備文化財センターでは12月から旭川と百間川を隔てる
「背割堤」と呼ばれる堤の跡の発掘調査を進めていて、22日、その調査の成果を紹介する現地説明会が開かれ、
およそ110人が訪れました。
調査では堤の石垣と、その手前で水の流れを受け止める、高さおよそ1メートル20センチ、
幅およそ2メートル50センチの石組みが見つかったことが説明されました。
このうち石垣は、石の積み上げ方から、江戸時代から現代に至るまでに少なくとも2回にわたって改修工事が行われた
ことがわかったということです。見学者たちは興味深そうにメモを取るなどして担当者の説明に耳を傾けていました。
調査にあたった岡山県古代吉備文化財センターの小嶋善邦主任は「岡山の町を洪水から守るために先人たちから
連綿と受け継がれてきた知恵があらためてわかった」と話していました。12月22日 19時12分

90出土地不明2014/12/25(木) 17:23:01.18ID:YapIaq/I
讃岐国府跡の発掘作業を体験ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8034245591.html?t=1419495718626
坂出市にある古代の役所の跡、讃岐国府跡の発掘現場で冬休み中の子どもたちが発掘作業を体験しました。
この催しは香川県埋蔵文化財センターが子どもたちに讃岐国府についてもっと知ってもらおうと開いたもので、
坂出市府中町の発掘現場には冬休み中の小学生5人が集まりました。
はじめに埋蔵文化財センターの職員が讃岐国府は奈良時代に讃岐国を治めるために設置された役所であることや
これまでの発掘成果などについて説明しました。
そのあと子どもたちは職員の指導を受けながら発掘作業を体験し、まず、手ガリと呼ばれる道具を使って土の表面を
削り、まわりより黒くなっている柱の穴の跡を確認しました。
さらに土を掘り進めると土器や瓦などのかけらが次々と見つかり、子どもたちはうれしそうに職員に見せては説明を
受けていました。
参加した子どもたちは「思ったより簡単に見つかったので楽しかったです」とか「大きいお茶碗のかけらが出てきたので
うれしかったです」などと話していました。12月25日 14時54分

91出土地不明2014/12/29(月) 15:23:19.06ID:3iZm/FzV
百間川の「背割堤」を公開12月22日 18:44 https://www.youtube.com/watch?v=rlqLZ02dAsM
22日、公開された岡山市の旭川と百間川を分ける堤防「背割堤」。ttp://setonaikai.co.jp/newsweb/index/2575
発掘調査の結果、石積みの構造が明らかになり、先人たちと洪水との格闘の跡も見えてきました。
国土交通省が旭川と百間川の分流部分を工事するのに先立ち公開しました 岡山市中心部を流れる旭川は
今でこそ穏やかな川ですが以前は氾濫を繰り返していました 安土桃山時代 岡山城の改築で流れを変えられ
大雨が降ると城下町は浸水を繰り返していました 江戸時代初期に入ると岡山藩は上流部分に人工の川、百間川を作り
増水した水をそちらに流す仕組みを作りました 分岐する部分は越流堤(えつりゅうてい)という堤防を作り
水位が一定以上になると水が百間川へ流れる仕組みになっています 今回公開された背割堤は 増水した旭川と百間川を
分割する役割を果たしていました 堤防は石積みの構造で高さは推定約2・7m 堤防の下の方は川の流れでえぐられない
ために2・5mほど石積みを迫り出しています 県古代吉備文化財センタ-小嶋主任 石の積み方が違うというのが分かります
今回公開された部分からは3通りの石の積み方が確認できました こちらの石の表面に付けられたのは電動ドリルの跡です
このことからこの構造は昭和の始めからあったことが分かります 3通りの石積みがいつ作られたのかは 今回の調査では
明らかになりませんでした 洪水で壊された後、何度も修理したとみられます 小嶋主任
先人たちが洪水からまちを守るということを 繰り返し行ってきた歴史的証拠ではあると思います
より詳しい年代を調べていく必要があるというふうに思っています

92出土地不明2015/01/07(水) 18:39:39.14ID:wK3390Wm
鎌倉時代の烏帽子が初公開ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024097401.html?t=1420623266092
去年、岡山市内の遺跡で鎌倉時代に埋葬された人がかぶったままの状態で見つかった「烏帽子」
が7日から岡山市北区の岡山大学で一般に初公開されています。
この「烏帽子」は、藤原摂関家ゆかりの荘園があったとされる岡山市北区の鹿田遺跡の発掘調査で見つかったものです。
岡山大学では30年以上にわたって鹿田遺跡の発掘調査を続けていて、7日から大学のキャンパスで始まった
調査結果を紹介する展示会で、初めて一般公開しました。
「烏帽子」は、鎌倉時代の墓から見つかり、頭の骨を包むように出土したことから、頭にかぶった状態で埋葬されたことが分かる貴重なものだということです。
また、出土した歯の科学的な分析や墓に中国の高級な陶磁器が見つかったことなどから埋葬された人は30歳以上の財力のある武士だったと考えられるということです。
会場には烏帽子の複製品も展示されていて訪れた人は実際にかぶってみたり担当者から烏帽子がどのように使われていたか説明を受けたりしていました。
調査に当たった岡山大学埋蔵文化財調査研究センターの岩さき志保助教は「頭にかぶった状態で烏帽子が見つかるのはきわめて珍しいです。
この遺跡にこんな人がいたということをイメージしながら見て欲しい」と話していました。
展示会は1月12日まで岡山市北区の岡山大学津島キャンパスで開かれています。
01月07日 17時30分ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024097401_m.jpg

93出土地不明2015/01/09(金) 18:05:19.21ID:vrVtMfx/
旧練兵場遺跡から絵画土器発見ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8034541941.html?t=1420794079748
善通寺市の遺跡から出土したおよそ2000年前の弥生時代の土器に屋根飾りのある高床式の建物が描かれて
いるのが見つかり、当時の建物の構造を知る上で重要な資料として注目されています。
絵が描かれていたのは、善通寺市の「旧練兵場遺跡」で平成22年度に出土したおよそ2000年前の弥生時代中期の
壷で、縦10センチ横11センチの破片に高床式の建物の絵が刻まれています。
絵では屋根に先端が輪のようになった飾りが4本あるほか屋根と床のあいだに格子状の線が描かれ壁を表現しています。
この建物は柱が長いことから物見やぐらの可能性があるとみられています。
香川県埋蔵文化財センターによりますと、建物の絵を描いた弥生時代の土器は奈良県を中心に全国でおよそ70点
見つかっていますが、香川県内では2例目です。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8034541941_m.jpg
また壁を表現したものは全国でもほとんどないということです。
「旧練兵場遺跡」からは、弥生時代の大規模な集落跡が見つかっており、土器に描かれた建物は、実際に集落に
あったものを写したものとみられています。
県埋蔵文化財センターの森下友子文化財専門員は、「当時の建物の上部構造をより具体的に知るうえで貴重な
発見だ」と話しています。この土器は、3月31日まで坂出市にある県埋蔵文化財センターで公開されています。
01月09日 13時36分

94出土地不明2015/05/15(金) 10:19:00.89ID:n1nDIDQb
【考古学】1600年前(5世紀前半)の青銅鈴が鳴った 国内最古級10点出土、鹿児島・鹿屋の立小野堀遺跡 [転載禁止]・2ch.net
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1431643182/

95出土地不明2015/05/19(火) 19:21:15.46ID:eX1vOrgB
一級史料か 弥生期の銅鐸出土
「数十年に一度の大発見」 砂山から弥生時代の銅鐸
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6160524

 兵庫県南あわじ市の松帆地区で採掘された砂の中から、弥生時代前期末〜中期初頭(紀元前3〜同2世紀)の銅鐸7個が見つかった。
県と同市の両教育委員会が19日発表した。島根県の加茂岩倉銅鐸(39個、国宝)や神戸市灘区の桜ケ丘銅鐸(14個、国宝)などに次ぐ多数の出土。
少なくとも1個は全国でも11例しかない最古形で、状態は良好だった。初期の銅鐸を解明する一級史料となる可能性が高く、研究者は「数十年に一度の大発見」と注目する。

96出土地不明2015/06/03(水) 22:20:30.21ID:n9sv0J6+
愛大内遺跡の土器の展示会ttp://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20150603/5136791.html
松山市の愛媛大学の敷地内にある「文京遺跡」からみつかった朝鮮半島や九州から持ち込まれた土器の展示会が、
3日から愛媛大学ミュージアムで始まりました。
この展示会は、愛媛大学埋蔵文化財調査室が文京遺跡の発掘調査結果について発表しようと開いたもので、
会場には、18年前に遺跡から出土した100点余りの土器が展示されています。
このうち、展示品の半数近くを占める鹿児島県から宮崎県にかけての地域から持ち込まれた土器は、
こげ茶色をしているのが特徴で、なかにはこの技術を使って文京遺跡周辺の土で作られた土器もあります。
また、朝鮮半島の東南端の地域から持ち込まれた土器は、九州では見つかっていませんが、島根県や岡山県、
大阪府内で粘土の帯をつけた同じ形の土器が見つかっていることから、日本海側から人や土器が持ち込まれたことが
うかがえるということです。
愛媛大学埋蔵文化財調査室によりますと、今回の研究で特に、朝鮮半島から文京遺跡に至る人や物資の移動ルートが、
これまでの通説だった九州方面からではなく日本海や中国地方からだった可能性があることが、わかったということです。
展示会は7月27日まで開かれていて、愛媛大学埋蔵文化財調査室の田崎博之室長は、「朝鮮半島から伝わった
めずらしい土器も展示しているので、ぜひご覧になってほしい」と話しています。
06月03日 12時29分ttp://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20150603/5136791_8005136791_m.jpg

97出土地不明2015/06/11(木) 09:27:45.70ID:nZZ3An9Y
松井章氏 63歳(まつい・あきら=元奈良文化財研究所埋蔵文化財センター長)9日、肝臓がんで死去。*****奈良市

http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/obit/20150610-567-OYT1T50100.html

98出土地不明2015/06/18(木) 17:11:30.43ID:/vHe4Uv4

99出土地不明2015/06/18(木) 20:52:00.72ID:AqkKnjTo

100出土地不明2015/06/18(木) 20:52:41.74ID:AqkKnjTo

101出土地不明2015/06/19(金) 11:58:27.19ID:hX2uOErh
お触り禁止ですよ   
               -ーー- 、              
             ./三 -ー- \         
           __/二 /-、  r- Y           
            {_|三 / ー-  -‐ |             
           ==(_ミ{_   。。  |           
             | |  -=ニ=- !         
          __∧ ヽ  `ー' /_        
        /:::::::::::\\`ー─ '/7:::::::ヽ      
        /:::::::::::::::::::::\\  //::::::::::::::i        
        |:::::::::::|:::::::::::::::\\//:::::::::/:::::|       
        |:::::::::::|:::::::::::::::::/ i | i:::::::::::|:::::::|         
        |:::::::::::| ̄ ̄ ̄ r | |/ ̄ ̄ヽ::::l        
        |:::::::::::|、 @ ノ__l ||  ◎.ノ::::|      
        l:::::::::::{>─-  ─L!|.` ー┤:::::|      
        ヾ::::::::`ヽ_______,}:::::::l         
        ./\::::::::::\  i |  l! ./:::::::|ヽ      
       /  \:::::::::::> .| l   /:::::::/  \     
      /    \/ \    /l    \   
     ./      ヽ_!_!_j_}  └|_!_!_!j      \
            .

102出土地不明2015/06/20(土) 16:19:55.39ID:7zrjslxS
苑蝟原古墳群が国の史跡に (06/19) ttp://www.ohk.co.jp/e/news/003.html
6世紀後半から7世紀前半にかけて作られた観音寺市の大野原古墳群が国の史跡に指定されることになりました。
観音寺市大野原町にある大野原古墳群は3つの古墳が約600メートルにわたって直線上に並んでいます。
3つのうち最も古いのは6世紀後半に作られた円墳、椀貸塚古墳で香川県内では珍しい二重の堀を持ちます。
残りの2つは直径50.2メートルの県内最大の円墳、平塚古墳と方墳の角塚古墳で7世紀前半に順番に作られています。
2007年度から2013年度まで測量や発掘調査を行い古墳の規模や作られた年代が分かりました。
いずれも四国最大級の横穴式石室を持ち遺体を安置する玄室とそこへ通じる部屋との境に袖石という石が設けられています。
こうした特徴からこの地域の3世代にわたる豪族の墓と見られ当時の四国の社会を知る貴重な資料です。
この指定で県内の国の史跡は21件となります。

103出土地不明2015/06/20(土) 17:56:04.33ID:7zrjslxS
大野原古墳群が国史跡に指定へttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035642991.html
観音寺市にある四国で最大級の横穴式の石室を持つ3つの古墳が、「大野原古墳群」として国の史跡に指定される
ことになりました。これは19日、国の文化審議会が答申したものです。
「大野原古墳群」として国の史跡に指定されることになったのは、観音寺市大野原町にある、いずれも四国で最大級の
横穴式石室を持つ3つの古墳です。
このうち、最も古い6世紀後半に築かれた「椀貸塚古墳」は、二重に堀を巡らせていた丸い形の円墳で石室の全長は
14.8メートルです。
遺体を安置する奥の部屋、「玄室」の前に、もうひとつの部屋、「前室」を設けた九州の横穴式石室に多く見られる
「複室」という構造です。
次に築かれた7世紀初めの「平塚古墳」は、直径が50メートルを超す県内最大の円墳で、石室には、はっきりとした
形では「前室」が見られなくなっています。
さらに、3つ目の「角塚古墳」は7世紀前半の四角い形の方墳で石室内の部屋は、大和政権の本拠地、畿内の特徴と
同じように「玄室」だけに変わっています。
「大野原古墳群」は3世代にわたる巨大な石室の変化をとおして、当時の西日本の政治や社会の動きを探ることが
できる重要な古墳群とされています。県内の古墳や古墳群で国の史跡に指定されるのは、6件目となります。
06月19日 18時59分ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035642991_m.jpg

104出土地不明2015/06/20(土) 20:13:50.30ID:Ghq7+Xzm
                                    ∩ >>1    .'  , ..
                                  ⊂、⌒ヽ   .∴ '     ';*;∵
                                 ⊂( 。A。)つ ・.;,;ヾ∵..:
                   __,:--------:::.._____  ∨ ∨     :, .∴ '
.´ ハx'´ハ`ヽ  ,.-'''"~..。--'''"",.:´――─ii――――─――ミヽ    ∴ ';*;∵; ζ。∴
..  X _Vi'二ニ!-''''"^        |l |6|| [実況お断り]...[ バス ] ||      .∴'
__ =!ニ-''" .:=.iニ! = -=''i l|~」 ||...________||_________||    _     :, .∴
:   _ー....... ..:i:::l:::|| |.|「|| | l||] ||     ||        ハ,,ハ  .||
iiilll|:||:|ll|:||:|:|::|. |:::|| |.||:|| | l||:|. ||     ||        ( ゚ω゚ )...||
ll!!!!!.||.llll.ll.l.l..l. l...|| |.||.|| | l||:|. || ̄ ̄ ━ ━━━ ━. ̄ ̄ ̄||
=ニニニニニニニニ | ̄.| l||:|. || (○).|  路線バス   .|  (○) .||
__''''  l.l    .......___|. |. |___l_l__||.──実況お断り .|──―-||
 「「T"''''''''┬-:ニ....__└--! :-!|||| ◎________◎  .||
"u.l:_|讐讐|:| l:::|:::::| ~||⊂^ニニji.|ニニニニニニニ=======ニニニニニニ|
        `"  ー__l_=''). l」‖__‖. !二-==-二!.‖__‖
               ~"''''-     └────┘

105出土地不明2015/06/24(水) 19:32:10.34ID:ummUMe8c
小豆島で中世製塩遺構発見ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035747351.html
小豆島の遺跡から塩づくりの過程で濃縮した海水「かん水」を一時的にためるための中世から近世にかけての施設の
跡が見つかり、当時の塩づくりのあり方を示す貴重な資料と注目されています。
この遺跡は、香川県小豆島町の海岸部にある「蒲生遺跡」で、香川県埋蔵文化財センターがことし4月から発掘調査を
進めています。
これまでの調査で、大きな穴の跡が多数見つかり、このうち、全体が明らかになった2つの穴は楕円形で、長い部分の
直径がおよそ4メートル50センチ、短い部分の直径がおよそ3メートル50センチで、深さは90センチ前後ありました。
いずれも、穴の底と側面に粘土を貼り付けて水が地中に染みこまないようになっています。
小豆島の塩田のようすを記した江戸時代の古文書と地層の状況から、この穴は「かん水槽」という塩づくりの施設で、
14世紀以降のものとみられています。
「かん水槽」は、砂を利用して塩分を濃くした海水、かん水を釜で煮詰める前に一時的にためた施設で、香川県内で、
「かん水槽」の遺構が見つかったのは2例目です。
香川県埋蔵文化財センターでは、「中世から近世にかけての塩づくりのあり方を示す貴重な資料だ」と話しています。
香川県埋蔵文化財センターは今月28日に、発掘調査の成果を紹介する現地説明会を開きます。
06月24日 10時25分
動画は06月24日 15時18分更新ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035747351_m.jpg

106出土地不明2015/06/24(水) 22:50:22.76ID:0TJJDumr
                                    ∩ >>717    .'  , ..
                                  ⊂、⌒ヽ   .∴ '     ';*;∵
                                 ⊂( 。A。)つ ・.;,;ヾ∵..:
                   __,:--------:::.._____  ∨ ∨     :, .∴ '
.´ ハx'´ハ`ヽ  ,.-'''"~..。--'''"",.:´――─ii――――─――ミヽ    ∴ ';*;∵; ζ。∴
..  X _Vi'二ニ!-''''"^        |l |6|| [路線バスの旅バス ] ||      .∴'
__ =!ニ-''" .:=.iニ! = -=''i l|~」 ||...________||_________||    _     :, .∴
:   _ー....... ..:i:::l:::|| |.|「|| | l||] ||     ||        ハ,,ハ  .||
iiilll|:||:|ll|:||:|:|::|. |:::|| |.||:|| | l||:|. ||     ||        ( ゚ω゚ )...||
ll!!!!!.||.llll.ll.l.l..l. l...|| |.||.|| | l||:|. || ̄ ̄ ━ ━━━ ━. ̄ ̄ ̄||
=ニニニニニニニニ | ̄.| l||:|. || (○).|  おわり .|  (○) .||
__''''  l.l    .......___|. |. |___l_l__||.── .       |──―-||
 「「T"''''''''┬-:ニ....__└--! :-!|||| ◎________◎  .||
"u.l:_|讐讐|:| l:::|:::::| ~||⊂^ニニji.|ニニニニニニニ=======ニニニニニニ|
        `"  ー__l_=''). l」‖__‖. !二-==-二!.‖__‖
               ~"''''-     └────

                                            ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                             d⌒) ./| _ノ  __ノ
     

107出土地不明2015/06/24(水) 23:21:28.09ID:0TJJDumr
..: .:::.. ... :. .::.... .::::..... ...:::.. .... ...  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::.... .::::.......: .:::.. ... :. .::.... .::::..... ...:::.. .... ...  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::
 ̄|\.......:::.. :.. .......  .....:::...  ...:: :.... .... .....  .....:::...  ...: .:::.  .::::. .....:::...  ...:: :.... .... ....:  :.. : ..... .
  |\\: .:::.. ... :. .:::::: ::.... .:... ...:::.. .......  .....:::...  ...:    :     .          .... .... ....  .....:::...
  |l  \\::: ::.... .::::..... ...:::.....:::...  ...:: :.... .... ....              ,,,,,,,,,,,,        .....:::...  ...:: :...
  |   |\\                             ,;;;''    '';;;;,     i
 ̄|\ .l|  .\\: :....:::...  ...:: :.... ..                 ;;;       ;;;     ||   ...:: :.... .... ....
  |l  \     |\\ :.... .... ....  .....:::...                 ;;;          ;;;  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |   |\  l|  .\\                       ;;;       ;;;  :| | ̄|| | ̄|| | ̄||
  |   |l  \     |\\                      ';;;,,,    ,,,;;;'   |  ̄   ̄   ̄
 ̄|\      |\  l|  \| :...  ...:: :.... .... ....            '''''''''''''     .. .:| | ̄|| | ̄|| | ̄||
  |l  \ .l二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二l\ ̄
  |   | \      \      \      \      \       \       \       \       \.\
  |   |l   \___\___\___\___\____\____\____\____\l
 ̄|\ .l|     : | | | |        ||| | | |        ||| | |          | | |          | | |l         ||| | |
  |l  \    :| | | |____||| | | |____||| | |          | | |          | | |l_____||| | |
  |   l\   :| | |  .l\|   | | |    〃 _|_|_|_____|_|_|_____|_|_|_____|_|_|_____ヾ
  |   l.  \ | | |  ll  |   | | |      l´ ____________________[_l______l_]
 ̄|\      | | |    |   | | |      |  || ̄|l 日 |  ̄ ̄||  ̄ ̄||  ̄ ̄||  ̄ ̄|| l' 三三 l┌ ──┬─‐─┤
  |l  \    :| | |\       | | |      |  ||  |l 日 |     ||     ||     ||     || || ̄| ̄|| |     |    /||
  |   |\   : | | |  ∧∧   | | |      |  ||_|l 三 |___||___||___||___|| ||  |  || | /  |      ||
..__     __,.:'(; c- (>o<(ヽ.,⌒;| | i`;:⌒,  |________________ヽ||_|_|| |   /|      ||
| |二二二| |二l(;, . _(    ; :(; . ; l ,⌒: 二二| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー 、__[] ‐──┴──‐ll|]
| |二二二| |二| | l´l |、  ;,⌒. ´; , (;, ( ⌒ ; |___ /⌒゙ヽ________,/⌒゙ヽ___il二lコロ| ̄ ̄|ロロ二|
| |      | |  |_|_l_,|_しヽ_)j ー ''.(: ( '⌒; ':〔二l__| l   j l、_________| l   j l、___〔0__l[二二]l_0〕
                               ヽ、__ノノ   ヽ、__ノノ ヽ、__ノノ   ヽ、__ノノ

108出土地不明2015/06/25(木) 19:19:57.09ID:5kGhLzqx
2015/06/24「みんなのニュース」19:30 動画林原の恐竜化石 福井県へttp://www.ohk.co.jp/news/news.php?VNO=1904

林原所有の恐竜化石 福井県に売却へ (06/24) ttp://www.ohk.co.jp/e/news/002.html
岡山市のバイオ関連企業、林原が所有する恐竜の化石が福井県に売却され、福井県立恐竜博物館に展示される
見通しとなりました。
福井県の西川知事が会見で明らかにしたもので、福井県立恐竜博物館の魅力向上事業費として6月補正予算案に
2億7600万円を計上し、その大半が購入費にあてられる見通しです。
福井県が購入を計画しているのは林原が所有する大型肉食恐竜の全身骨格や化石のレプリカなど32体です。
林原は企業が文化活動を支援するメセナ事業として、恐竜の化石の発掘や研究に取り組んできましたが、
2011年の経営破たん後は約1万点の資料を倉敷市や岡山理科大学などに寄贈・売却した他、国内の博物館などにも
寄贈や売却を打診していました。
林原によりますと、福井県への売却でわずかな自社所有分を残し、恐竜関連資料はなくなるということです。
林原では「適切な施設に購入して頂けるのはありがたい」としています。

22日の会見

109出土地不明2015/06/25(木) 22:54:36.31ID:5kGhLzqx
f2 rss1[25日 12:10]6/25 00:51 林原の恐竜化石 福井県に売却へ
岡山市のバイオ企業・林原は、所有していた恐竜の化石などを福井県に売却し恐竜関連事業から撤退する見通しに
なりました。売却が予定されているのは、林原が所有する大型肉食恐竜の全身骨格や化石など32点です。
林原は、社会貢献事業として恐竜の化石の研究に取り組んできましたが2011年の経営破たん後は岡山理科大学に
事業を引き継ぎ全国の博物館などに資料の寄贈、売却を進めていました。
福井県では、県立恐竜博物館の来館者数を伸ばそうと6月補正予算案に化石の購入費などとして約2億7600万円を
計上しています。ttp://www.rsk.co.jp/news/news_local.cgi?cat=1&id=20150625_1
今回の売却が成立すれば、林原は、所有していた約1万点の恐竜関連資料のほとんどを手離し、事業から完全に
撤退することになります。ttp://www.rsk.co.jp/news/photo/20150625_1.jpg

110出土地不明2015/06/27(土) 11:39:40.78ID:RfJH7Az5
淡路島松帆銅鐸:初の状態 内部に音鳴らす青銅製の舌内蔵 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20150627k0000m040009000c.html
神戸新聞NEXT|文化|銅鐸内に「舌」4本発見 CTで収納状態初確認 南あわじ「松帆銅鐸」
https://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/201506/0008155962.shtml


https://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/201506/img/b_08157688.jpg
銅鐸と舌の透視図
https://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/201506/img/b_08155966.jpg
コンピューター断層撮影を実施した銅鐸2組の3次元画像。入れ子の外側と内側の銅鐸内に棒状の舌(彩色部分)がある(奈良文化財研究所提供)
https://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/201506/img/b_08155963.jpg
CTスキャン分析を受けた松帆銅鐸の3・4号銅鐸(左)と6・7号銅鐸=奈良市佐紀町(撮影・中西幸大)
https://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/201506/img/b_08155964.jpg
CTスキャン分析を受けた松帆銅鐸=奈良市佐紀町(撮影・中西幸大)

http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/select/images/20150627k0000m040013000p_size6.jpg
6・7号銅鐸の内部=CTスキャンの断層画像を基に3次元画像を作成、奈良文化財研究所提供


 兵庫県南あわじ市(淡路島)の石材加工業者の砂山で4月に発見された松帆銅鐸(まつほどうたく)7個のうち、内側に一回り小さい銅鐸をはめた「入れ子」状態の2組4個について、
県教委は26日、コンピューター断層撮影装置(CT)による解析結果を発表した。4個いずれも内部に音を鳴らす青銅製の舌(ぜつ)が1本ずつあることが確認された。銅鐸に舌を内蔵した状態で
見つかったのは全国で初めて。

 過去の出土例と異なり、舌を外さず、ひもでつるして音を鳴らす使用状態のまま埋められたとみられる。ひもは見つかっていない。松帆銅鐸はいずれも、弥生時代前期末&#12316;中期初め
(紀元前3&#12316;前2世紀)の古い型式。舌は既に3本が見つかっており、7個全てが舌を伴っていたことになる。県教委は「埋納の意味や時期について再評価の契機になる重要な発見」としている。

 調査を委託された奈良文化財研究所(奈良市)が6月、砂が詰まって中が分からなかった2組をCTで調べた。解析の結果、どの舌も銅鐸上部に寄っていて、つり手の平らな部分が地面と
水平に近い状態で埋められたとみられる。

 過去に全国で出土した520個以上の銅鐸のうち、舌と一緒に見つかったのは2例3個のみで、舌は外して埋めると考えられていた。埋め方も、つり手から側線部分にかけての平らな装飾
「鰭(ひれ)」の片方を下にして、つり手を地面と垂直な状態にするのが一般的だった。

 今後は銅鐸から砂を取り出して、さらに調査する。出土地については4カ所に絞り込んだ。県教委によると、特に南あわじ市松帆古津路の田畑2カ所の可能性が高いという。この地区では
1966年、松帆銅鐸とほぼ同時期に作られた銅剣14本が発見されている。淡路島では今回の発見も含め21個の銅鐸(現存14個)が見つかっている。【松本杏】

          ◇

 松帆銅鐸の発見を受けて、県教委と南あわじ市教委は7月14日&#12316;8月16日、南あわじ市滝川記念美術館「玉青館」で「速報展」を開く。午前9時&#12316;午後5時(入館は午後4時半まで)、
休館は原則月曜日で入場無料。問い合わせは市埋蔵文化財調査事務所(0799・42・3849)。

 ◇銅鐸研究の第一人者で奈良文化財研究所の難波洋三・埋蔵文化財センター長の話

 松帆銅鐸は使用法の実態を検討する上で極めて貴重だ。これまでの銅鐸埋納では「約束事」として舌を外していた。音を出す祭器として機能を奪う意味があったのだろうが、今回は違った。
埋められた時期の違いとは考えにくく、地域色ではないか。埋めたのは河内や大和、摂津といった畿内集団ではなく、南あわじ市周辺の地域勢力だった可能性が高い。


関連スレ
【考古学】兵庫県南あわじ市の砂山から弥生時代の銅鐸 音を鳴らす「舌」(振り子)も発見 「数十年に一度の発見」 [転載禁止]&copy;2ch.net
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1432041095/

111出土地不明2015/06/27(土) 11:43:19.51ID:RfJH7Az5
鎌倉期の最大級道路遺構 境塚遺跡で発掘 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/local/niigata/news/20150625-OYTNT50397.html


http://www.yomiuri.co.jp/photo/20150625/20150625-OYTNI50087-L.jpg
宴会などで使われたとみられる皿が大量に出土した井戸の跡(25日、阿賀野市の境塚遺跡で)


 阿賀野市百津ももづ境塚の境塚遺跡で、鎌倉時代の幹線道路と、道路に沿った町の跡が見つかった。遺跡南側には阿賀野川のかつての河道「百津潟」の跡があり、県埋蔵文化財調査事業団は
「陸上交通と、阿賀野川の舟運を生かした河川交通との結節点にできていた町ではないか」とみている。27日に現地説明会を行う。

 境塚遺跡は2008年に見つかり、今回の調査は国道49号バイパスの着工を前に建設予定地で行われた。

 幹線道路跡は幅6メートル。どことどこを結んでいたのかははっきりしないが、JR羽越線に並行する形で南西側から北東側に約380メートルにわたって確認できた。同事業団は「当時としては
県内最大級」としている。

 町は道路の東西400メートルにわたって広がっており、掘立柱の穴や井戸、堀、周囲を溝で囲った宗教施設とみられる遺構などが見つかった。井戸からは直径6〜12センチの皿の土器が大量に
出てきた。宴会や儀礼などで使われたとみられ、有力者の存在が裏付けられる。

 いずれも、鎌倉時代の13世紀後半から室町時代の14世紀後半にかけてのものとみられる。鎌倉時代、周辺は「大見氏」が地頭じとうとして入っており、大見氏による開発が考えられるという。

 同事業団の荒川隆史専門調査員は「町は流通エリアやお屋敷のエリアなどがあり、様々な機能を持っていた。道ができて町が造られたのでは」と話す。

 27日の説明会は午前10時から正午までと、午後1時半から同3時までの2回。雨天でも開催する。

112出土地不明2015/06/28(日) 18:35:27.59ID:vzhoS++5
持田本村遺跡の現地説明会ttp://www.nhk.or.jp/matsuyama-news/20150627/5702741.html
松山市の中心部で見つかった古いものでは縄文時代のものとみられる遺跡での発掘調査の成果を市民に紹介する
説明会が開かれました。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/matsuyama/8005702741.html
松山市南町にある「持田本村遺跡」は、分譲マンションの建設工事に際して見つかり、ことし4月から埋蔵文化財センター
が縄文時代から江戸時代までの住居の跡などの発掘調査を進めてきました。
調査の成果を多くの市民に知ってもらおうと現地説明会が開かれ、考古学ファンなど110人が集まりました。
このうち、およそ3000年前の縄文時代に掘られたと見られる楕円形の穴は、動物を捕獲するための落とし穴と
考えられ底には落ちてきた動物を仕留めるため先のとがった棒などをさしたとみられる小さな穴も残っています。
また、古墳時代中期のものと見られる竪穴住居からは、炊事をするための「かまど」の跡も見つかり、
当時の生活様式をうかがい知ることができます。ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/matsuyama/8005702741_m.jpg
このほか、会場には遺跡から出土した土器なども展示され、訪れた人たちは熱心に見入っていました。
参加した地元の男性は、「近くにこんなに貴重なものがあるとは知りませんでした。
当時の生活に思いをはせることができました」と話していました。
06月27日 19時01分ttp://www.nhk.or.jp/matsuyama-news/20150627/5702741_8005702741_m.jpg

113出土地不明2015/06/30(火) 09:11:06.40ID:FZ45KQI0
松山市で縄文時代の遺跡見つかる [6/27 12:28]ttp://www.rnb.co.jp/nnn/news8785846.html
【全文】松山市の住宅街で、約3000年前の縄文時代の遺跡などが見つかり、市民向けの説明会が開かれた。
松山市南町にある「持田本村遺跡」の説明会には、地域住民ら100人余りが参加した。
持田本村遺跡は、マンション建設に伴う市の埋蔵文化財調査で発見されたもので、5000平方メートル余りの敷地内に、
縄文時代から江戸時代にかけての遺跡が見つかった。
このうち、深さ60センチほどの縄文時代の土坑は、底に杭を打ち込んだと見られる小さな穴が3か所あることから、
イノシシや鹿を捕まえるための落とし穴だったのではないかということ。
また、土坑からは佐賀や大分で産出されたと見られる黒曜石の石器も見つかっていて、当時の狩猟スタイルや人の
行き来をうかがい知ることができる。
この他、弥生時代の墓や古墳時代の住居跡なども見つかっていて、参加者は、約3000年前からこの土地で暮らして
きた人々の営みに思いを馳せていた。
[ 6/27 12:28 南海放送]

114出土地不明2015/07/01(水) 23:02:50.86ID:HVsz6zG+
出土のモザイク玉は西アジア産ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035856621.html
香川県まんのう町にある古墳から出土した、モザイクのように文様が複雑に入り組んだガラス玉「モザイク玉」
が西アジアで作られたものであることがわかりました。
古代の日本と西アジアが交易ルートでつながっていたことを確実に示すものとして注目されます。
この「モザイク玉」は、平成2年に香川県まんのう町にある7世紀初めの古墳、「安造田東3号墳」の石室から出土しました。
赤、白、青の色鮮やかな文様が複雑に入り組んでいる直径1.5センチの装身具のガラス玉で、奈良文化財研究所が
X線を使ってモザイク玉の内部構造や成分を調べました。
その結果、玉の内部にまで文様が入っている国内ではきわめて珍しいタイプであることが確かめられました。
さらにガラスの主な成分のケイ素の溶ける温度を下げる融剤に植物の灰を使っていることがわかりました。
これは、3世紀から7世紀にかけて今のイランなど西アジアを中心に支配したササン朝ペルシャのガラスと同じ特徴で
ササン朝ペルシャの領域で作られたものであることが明らかになりました。
奈良文化財研究所の田村朋美研究員は、「当時の西アジアと日本列島が直接ではないにしてもいろいろなところを
経由して交易ルートでつながっていたことを確実に示すものだ」と話しています。
07月01日 09時16分ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035856621_m.jpg

115出土地不明2015/07/02(木) 01:29:23.77ID:qfd4gyuy
土の中から出てきた木の板2つを合わせると「二人皇太子」って読める気がするお・2ch.net
http://carpenter.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1435763849/

116出土地不明2015/07/02(木) 12:26:39.25ID:qfd4gyuy
【考古学/建築学】縄文晩期に軸組工法の出発点 歴史新発見 石川県能登町の真脇遺跡 [転載禁止]・2ch.net
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1435807330/

117出土地不明2015/07/02(木) 13:38:17.03ID:TXLCSaEW
(恐竜から完全撤退)林原所有の化石 福井県に売却へttp://www.ksb.co.jp/newsweb/index/3610
林原 恐竜から完全撤退へ 福井県に売却の見通し06月25日 18:23 https://youtu.be/hjza7Uc0s74
岡山市のバイオ関連企業「林原」が所有している恐竜の化石などが福井県に売却される見通しになりました。
これで「林原」は恐竜関連事業から完全に撤退します。
社会貢献事業として恐竜の化石などの研究に取り組んでいた林原は、かつて1万点ほどを所有していました。
しかし、2011年の経営破綻によって事業が縮小され、化石などの資料は日本全国へ寄贈・売却されていきました。
そして今回、残っていた大型肉食恐竜・アロサウルスの骨格など32点が福井県に売却される見通しとなりました。
福井県は、県立恐竜博物館の入館者増加を目指していて、6月の補正予算案に化石などの購入費、
約2億7600万円を計上しています。
議会で補正予算案が可決され正式に売却が決まれば、「林原」は恐竜関連事業から完全に撤退することになります。

118出土地不明2015/07/02(木) 21:32:48.34ID:TXLCSaEW
2015/07/01「みんなのニュース」20:00 動画ガラス玉は古代ペルシャ産ttp://www.ohk.co.jp/news/news.php?VNO=1913
20年以上前の発掘当時は分析方法がなかった

119出土地不明2015/07/05(日) 19:16:54.69ID:Zh8i23nK
[3]砥部衝上断層を学ぶ講座(07月04日)
国の天然記念物「砥部衝上断層」をテーマにした講座がきょう、町内で開かれ、訪れた人たちは、過去の地殻変動
などが目の当たりにできる「地球の標本」への理解を深めました。
きょうの講座では構造地質学が専門の愛媛大学の高橋治郎名誉教授が、「砥部衝上断層」の歴史的価値などを
説明しました。ttp://www.itv6.jp/m/news/detail.php?date=20150704&no=0003
町内岩谷口にある「砥部衝上断層」は、関東から九州まで長さ900キロにも及ぶ断層「中央構造線」の一部が地表に
現れたもので、77年前の1938年、国の天然記念物に指定されました。
高橋名誉教授は断層が直接、観察できるのはきわめてまれだとして「日本列島の構造発達史を考える上で極めて
重要なものだ」と語り、訪れた人たちは、地域の宝である「地球の標本」への理解を深めていました。

120出土地不明2015/07/08(水) 10:26:11.35ID:lRiVW6l2
東日本最古の古墳が壊される!? 卑弥呼と同時代...道路は本当に必要か

http://j-town.net/shizuoka/column/gotochicolumn/208387.html

121出土地不明2015/07/16(木) 07:58:45.76ID:BZRS0eN6
7月14日のニュースttp://www.webtsc.com/prog/news5/
夏休み目前 恐竜がやって来た
夏休みも迫ってきましたが、子どもたちが大興奮しそうなイベントの話題です。倉敷市にきょうやってきたのは恐竜です。
完成すれば全長12メートル、高さは4メートル。
7月18日から倉敷市の倉敷科学センターで開かれる夏休み企画に展示される復元された恐竜の骨格標本の
組み立て作業です。
きょうは展示の目玉であるティラノサウルスの組み上げ作業が朝から行われ担当者3人が背骨や頭などを慎重に
設置していました。
岡山市のバイオ企業林原は所蔵する化石や骨格標本など336点を今年2月に倉敷市に寄贈していて、
このうち生物の進化を知る上でポイントとされる動植物の化石やチンパンジー、カバなどの骨格標本など100点が
今回の企画展で初めて「林原コレクション」として一般公開されます。特別展は7月18日から8月30日まで開催されます。

122出土地不明2015/07/19(日) 14:51:26.34ID:A4m039QU
f2 rss4 [18日 17:40]7/18 02:04 19 July 2015 2:40 am熊山遺跡の謎に迫るシンポジウム
赤磐市の熊山に石を積み上げて作られている「熊山遺跡」について、なぜ作られたのかなどを考えるシンポジウムが、
岡山市北区で開かれました。ttp://www.rsk.co.jp/news/news_local.cgi?cat=1&id=20150718_5
ピラミッドのように石が積み上げられている「熊山遺跡」は、1956年に国の史跡に指定されていますが、
作られた時期や目的などはわかっていません。
シンポジウムは、15年以上遺跡の研究を続けている市民の有志が開いたもので、考古学の専門家らが、
韓国で多く見つかっている似た構造の遺構に着目するなど、それぞれの研究成果を発表しました。
メンバーは、今後も遺跡の研究を続けたいと話しています。

123出土地不明2015/07/22(水) 03:33:54.22ID:6A3gLsqO
四国出土の石器や土器の展示会ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/8013445981.html
四国で発掘された、旧石器時代から縄文時代にかけての石器や土器などを集めた展示会が南国市で開かれています。
この展示会は、石器や土器を通して地域の歴史を知ってもらおうと、南国市にある高知県立埋蔵文化財センターで
開かれています。
会場には、四国で発掘された旧石器時代から縄文時代にかけての石器や土器などおよそ200点が展示されています。
このうち、愛媛県久万高原町で発掘された「石偶」は、長さが3センチほどの石に線が刻まれています。
長い髪の毛などの模様があることから、女性を表現しているものと考えられ、安産や狩猟の安全を祈ったお守りと
見られるということです。
また、南国市などで発掘された旧石器時代のナイフ形の石器は、槍の先などにつけて食料となるナウマンゾウなど
大型の哺乳類の狩りをするときに使われたと考えられます。
さらにそれからおよそ1万5000年経った縄文時代後期の出土品のコーナーでは、▼豆などを栽培するため、畑を耕す
のに使ったと見られる農具用の石器や、▼貝殻などが展示されていて、食料を獲得する方法が多様化してきたことが
伺えます。
高知県立埋蔵文化財センターの坂本憲昭企画調整班長は、「展示物を通して、大昔の人々が便利でない中でも工夫を
しながら生きていたことを感じてほしいです」と話していました。
この展示会は、9月18日まで開かれています。
07月21日 12時51分ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/8013445981_m.jpg

124出土地不明2015/07/29(水) 07:58:43.69ID:5aavA0ci
触れる土器展示会 [7/26 12:49]板野町 触れる土器展
【全文】movie(徳島県)■ 動画をみるttp://www.jrt.co.jp/nnn/movie/news8673482.html
埋蔵文化財センターの土器に直接触れることができる展示会が、板野町で開かれています。
土器は実際に手にとることによって見ただけではわからない重さや作り方の違いに気づきます。
板野町の県埋蔵文化財センターでは、県内から出土した土器を中心に50点ほどが展示されていて、
およそ2万5000年前の旧石器時代のものや縄文・弥生時代のものがあります。
この土器は、米や水の貯蔵に使われたつぼで、持ってみると軽いことがわかります。A
食べ物を盛るために使われた高坏は、皿の部分と脚の部分が別個に作られていて、後でつなぎ合わせています。
また、太古の人々はろくろを使わず手だけで土器の形を整えていました。ttp://www.jrt.co.jp/nnn/news8673482.html
土器からは古代人が付けた指のあとが直に伝わってきます。ttp://www.jrt.co.jp/nnn/picture/JRT_34821.jpg
このほかにも勾玉や石器などもある「触れる土器展示」は8月23日まで開かれています。B
[ 7/26 12:49 四国放送]http://www.news24.jp/wmtram/nnndotcom/movie.cgi?sid=JRT&mid=15072602&date=2015-07-26
A 弥生土器のつぼ B 入場無料

125出土地不明2015/07/30(木) 06:36:27.32ID:Zjqs4d2a
夏休みに合わせて恐竜展ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4023703731.html
夏休み中の子どもたちに恐竜の魅力を知ってもらおうと恐竜の化石やレプリカなどを集めた展示会が、
倉敷市で開かれています。
倉敷市の倉敷科学センターで開かれている展示会には、「林原」から寄贈されたものなど100点あまりの化石や
レプリカなどが並べられています。
このうち、史上最大級の肉食恐竜、「ティラノサウルス」の化石のレプリカは高さおよそ4メートル長さ11メートルもあり、
上下のあごに並ぶ肉食恐竜ならではの鋭い歯は見る人を圧倒します。
また、長さ1メートル70センチの大型の草食恐竜の太ももの骨の化石は実際に手に触れることができ、子どもたちが
ザラザラした化石の感触を確かめていました。
このほか会場には翼竜の一種の「プテラノドン」やアンモナイトの化石のレプリカなども展示され、夏休み中の
子どもたちでにぎわっていました。
岡山市の小学2年生の男の子は、「本物の化石がいっぱいあってすごいと思います」と話していました。
この展示会は、倉敷市の倉敷科学センターで8月30日まで開かれています。
07月29日 13時11分ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4023703731_m.jpg

126出土地不明2015/08/01(土) 19:21:37.58ID:3C5Sgj4o
“恐竜時代の植物たち”内覧会ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/8013693641.html
高知市の高知県立牧野植物園で1日から恐竜がいた時代を中心にした植物の進化の歴史などを紹介する展覧会が
始まるのを前に、31日、報道関係者向けの内覧会が開かれました。
この展覧会は、恐竜がいた時代を中心に植物の進化の歴史を化石や模型などを通じて紹介するものです。
1日から高知市の高知県立牧野植物園で始まるのを前に、報道関係者に公開されました。
このうち、高知県越知町で化石が見つかった「レプトフロエウム」は、恐竜がいた時代よりも前に繁殖していた、
高さ8メートル以上の巨大なシダ植物です。
また、アメリカのユタ州で見つかった1億2500万年前の恐竜「ファルカリウス」の化石からは、歯の形などから肉食
から植物を食べるように変化したことが分かるということで、植物が恐竜の進化に影響を与えたことがうかがえます。
また10年ほど前まで展示されていた、肉食の恐竜、「タルボサウルス」の実物大の模型も今回の展覧会に合わせて
設置されています。
牧野植物園の里見和彦さんは、「植物が恐竜をはじめとする動物の営みを支えてきたことを知ってほしい」と話しています。
この展覧会は8月1日から来年1月11日まで開かれます。
07月31日 20時01分ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/8013693641_m.jpg

127出土地不明2015/08/06(木) 17:53:41.58ID:tUfdR4VW
古代ペルシャ製 モザイク玉の謎http://www.ksb.co.jp/newsweb/index/3804#feature
なぜ香川県で出土? 古代モザイク玉の謎 2015年07月29日 18:45 https://www.youtube.com/watch?v=2lQYhnEWh0A
特集は香川県まんのう町で発見された古代のガラス玉、「モザイク玉」です。
日本で唯一の発見ともいわれるこのモザイク玉。1500年も前にどのようにして作ったのか?
地元のガラス作家に再現してもらったり、周辺の取材を深めたりすると、不思議なことが分かってきたんです。

128出土地不明2015/08/15(土) 12:55:42.59ID:BeOUS7PW
最古級の古墳の現地視察ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8034126051.html
高松市にある石積みの古墳、「稲荷山北端1号墳」について、高松市は、「双方中円墳」と呼ばれる真ん中が丸く、
両側が四角い形をした古墳である可能性も視野に、慎重に発掘調査を進めることになりました。
「稲荷山北端1号墳」は、高松市の石清尾山の稲荷山地区にある石積みの古墳です。
去年、高松市が行った詳細な測量調査の結果から、直径27メートルの丸い墳丘の南に、四角い墳丘が張り出している
ことがわかり、高松市は、墳丘の特徴などから3世紀中ごろの最も古いクラスの前方後円墳の可能性があるとしています。
その一方、丸い墳丘の北にも地形の高まりがあるため、これも墳丘かどうか調べる必要があるとして先月から
発掘調査を始め、13日、専門家4人が現地を視察しました。
これまでの調査で、丸い墳丘の北側の端で板状の石を積み上げた垂直の壁の一部を確認したほか、丸い墳丘の北に
墳丘を区画していたとみられる石の列があることがわかりました。
こうしたことから、高松市は、真ん中が丸く、両側が四角い形をした「双方中円墳」と呼ばれる全国でも数例しかない
古墳の可能性も視野にいれて、ことし11月までの予定で古墳の形を確定するための発掘調査を慎重に進めることに
なりました。
08月14日 09時16分ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8034126051_m.jpg

129出土地不明2015/08/16(日) 17:29:10.82ID:EGhTvm4V
人類最古の農業大麦起源解明ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024173841.html
世界で栽培されている大麦のルーツがおよそ1万年前に今のイスラエル付近とシリアからトルコ東部でそれぞれ野生の
大麦から突然変異したものとみられることが岡山大学など研究チームの調査でわかりました。
研究チームでは農業の起源を考える上で貴重な発見だとしています。
現在栽培されている大麦にはヨーロッパで主に栽培されているものと、日本や中国などで栽培されているものの2つの
グループがあることがわかっていましたが、それぞれの起源はわかっていませんでした。
岡山大学資源植物科学研究所の佐藤和広教授らの研究グループは中東から中央アジアのおよそ20カ国、500か所
あまりの野生の大麦と、栽培されている大麦からDNAを抽出して分析しました。
その結果、ヨーロッパで主に栽培されている大麦のDNAの配列は、今のイスラエル付近の野生の大麦と類似していて
およそ1万年前にこの地域で突然変異を起こしたものがルーツだと分かったということです。
一方で、日本などで栽培されている大麦はほぼ同じ時期に今のシリアからトルコ東部で突然変異を起こした野生の
大麦の子孫だと考えられるということです。
野生のオオムギは、自生地を広げるため、成熟するとまもなく実が落ちますが、実が落ちにくく収穫しやすい突然変異
を起こしたものを2つの異なる地域で人類が見つけ出し育てたことで大麦の栽培が始まったと考えられるということです。
岡山大学資源植物科学研究所の佐藤和広教授は「人類にとって重大な発明だった農業の起源を考える上で貴重な
発見だ」と話しています。
この研究成果は7月31日に発売された科学雑誌「セル」に掲載されています。
08月16日 12時46分ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024173841_m.jpg

130出土地不明2015/08/20(木) 17:21:07.09ID:gYugyhWa
(高松市 石清尾山古墳群) 日本最古級の古墳 専---門家が調査ttp://www.ksb.co.jp/newsweb/index/3887
高松で専門家が調査 日本最古級の古墳08月13日 18:23 https://youtu.be/WXMfBmT97IQ
日本でも最も古い時期に作られた古墳のひとつである高松市の石清尾山古墳群を専門家が視察しました。
高松市は国の史跡への指定を目指して稲荷山地区の古墳を3年前から発掘調査しています。
13日は考古学を専門とする4人の大学教授が高松市宮脇町にある稲荷山北端1号墳を視察しました。
北端1号墳は、円の両側に四角い丘がある全国的にも珍しい「双方中円墳」である可能性が指摘されています。
13日の調査では石の大きさや向きから古墳の端の位置などを確認しました。
しかし双方中円墳であるという確定には至らず、今後も継続的に調査することになりました。A
高松市の教育委員会では11月をめどに調査結果を発表することにしています。
A 香川大学 丹羽名誉教授 一方の方形部がちょっと短そう まだ双方中円墳としては確定できないということなんですけども

131出土地不明2015/08/22(土) 19:13:13.68ID:1Tnlq4r4
発掘成果紹介 23日から講座ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8034279171.html
高松市は全国でも珍しい石積みの古墳が多くある「石清尾山古墳群」と、古代の山城「屋嶋城」(やしまのき)の発掘
調査の成果などを紹介する一般向けの講座を、23日から始めます。
6回シリーズで開かれるこの講座は第一線の研究者が講師をつとめ、このうち前半は、石積みの古墳が集中する
石清尾山古墳群について紹介されます。
1回目の講座は23日に開かれ、出土品からみた古墳群の価値を紹介します。
9月の2回目には石清尾山の稲荷山地区にある古墳の発掘調査の成果を報告し10月の3回目には中央のヤマト王権
と石清尾山古墳群との関係性を考えます。
また、11月21日には、「稲荷山北端1号墳」の発掘現場の見学会も予定されています。
後半の講座では7世紀に屋島に築かれた山城でことし、城門の復元工事が完了した「屋嶋城」をとりあげ、
12月の4回目では古代の山城の石積みの技術を来年1月の5回目では城門の構造を紹介します。
また来年2月の最終回では朝鮮半島や日本列島の古代の山城と屋嶋城をテーマに講義が行われる予定です。
会場は、いずれも高松市中央図書館で自由に参加できます。
高松市は、「石清尾山古墳群や屋嶋城の価値を多くの人に知ってもらいたい」と話しています。
08月22日 07時59分

132出土地不明2015/08/28(金) 09:34:05.68ID:uSIU8eDi
東山窯跡で発掘調査ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024334601.html
備前焼のルーツを探ろうと、備前市にある奈良時代後期に築かれた窯跡で発掘調査が進められ、文様が施された
すずりの一部と見られるものが見つかりました。
発掘調査が行われているのは、備前市佐山にある奈良時代後期に築かれた「東山窯跡」です。
岡山理科大学考古学研究室の亀田修一教授のグループでは毎年この地域で、考古学を学ぶ学生らとともに発掘調査
を行っていて、ことしは24日から行われています。
26日の調査では、灰や割れた器などを捨てる「灰原」からすずりと見られる幅5.5センチ、長さ5センチの陶片が
見つかりました。
側面には細い竹ぐしなどで書いたようなうねりや稲穂のような文様が施されています。
備前焼のルーツとされる須恵器が焼かれた時代のすずりにこうした文様が施されているのは極めて珍しいということです。
この窯跡からは去年「十六年」という文字が刻まれた陶片も見つかっていて、亀田教授は「文字が書かれた陶片や
すずりが出てきたことから、この窯は当時の役人や知識人が発注したものを焼くための官営の窯と見られる。
この地域で焼き物がどのように生産されたのか、備前焼につながる成り立ちを調べていきたい」と話しています。
この発掘調査は9月1日まで行われ、8月29日には現地説明会が行われます。
08月27日 12時41分ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024334601_m.jpg

133出土地不明2015/09/04(金) 23:03:04.96ID:q5UzjP0Y
古墳時代の炉 焼き塩で使用かttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8034586791.html
高松市の屋島にある塩作りが行われていた遺跡の発掘調査で、「かまど」のような構造の古墳時代の炉の跡が確認
され、塩を焼いて固める「焼き塩」という作業で使われた炉の跡とみられています。
こうした炉の跡が確認されたのは珍しく当時の塩作りを知る上で重要な資料になると注目されています。
この遺跡は、土器を使って塩作りが行われていた屋島の「鵜羽神社境内遺跡」です。
高松市と徳島文理大学の共同の発掘調査で、昨年度、火をたいた炉の跡が見つかり、今年度は、炉の構造を
明らかにするための調査が行われました。
その結果、地面を掘り下げて長さが60センチ以上のだ円形の床をつくり、そのまわりを粘土の壁で囲った「かまど」
のような造りだったことが分かりました。
出土した土器から3世紀終わりから4世紀初めにかけての古墳時代前期のもので、炉の上も粘土で覆われていたと
みられています。
こうした構造では床に並べた土器に上から海水を注ぎにくいことから海水を煮詰めて塩を得るための炉ではなく、
水分を吸って溶けやすい塩を焼いて固める「焼き塩」という仕上げの作業に使った炉の可能性が高いと考えられています。
岡山と香川の備讃瀬戸地域では土器を使った塩の生産が盛んでしたが、古墳時代前期のこうした炉の跡は坂出市の
沙弥島にある遺跡で確認されているだけです。
また、出土した土器の特徴の変化から弥生時代後期から飛鳥時代前半にかけての600年ちかく屋島の沿岸部で、
繰り返し塩作りが行われていたことも明らかになりました。
調査にあたった徳島文理大学の大久保徹也教授は、「備讃瀬戸地域における塩作りの規模や技術水準の変遷を
考えるうえで、非常に重要な遺跡だ」と話しています。
2015年09月03日 19時26分更新ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8034586791_m.jpg

134出土地不明2015/09/05(土) 08:46:10.08ID:fxplEWRZ
2015/09/03「みんなのニュース」21:30 動画古代屋島で塩作り 遺跡で発見ttp://www.ohk.co.jp/news/news.php?VNO=1976

135出土地不明2015/09/23(水) 19:47:56.85ID:CTzf6Fsz
表情の考古学展ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/8025040191.html
笑ったり怒ったりとさまざまな表情が表現された縄文時代から平安時代までの土の仮面や土偶などを集めた展示会
が徳島市で開かれています。
「表情の考古学」と題されたこの展示会には、県内外の縄文時代から平安時代までの遺跡で見つかった人の顔を
表現した出土品およそ100点が紹介されています。
大阪府和泉市の遺跡から出土した縄文時代後期の土製の仮面は、目と口の3か所に穴が空けられ、笑っているように
見えます。
京都市で見つかった疫病の神を鎮めるまじないに使われたとされる平安時代の土器19点には、怒ったり困ったりと
さまざまな表情の顔が墨で描かれています。
岡山市で出土した弥生時代後期の土偶は、目の周りに模様を入れ、当時の風習だった入れ墨を表現したものと
みられています。
徳島市立考古資料館の大粟美菜学芸員は「さまざまな表情を楽しみながら昔の人たちの暮らしに思いをはせて
もらいたいです」と話していました。
この企画展は、徳島市立考古資料館で、11月23日まで開かれています。
2015年09月22日 15時20分更新

136出土地不明2015/10/06(火) 23:32:34.26ID:SK0YP/8y
弥生時代の暮らしに新たな発見18:09
弥生時代の人々の暮らしに新たな発見です。
海抜1000メートルを超える久万高原町の山あいにある遺跡で、弥生時代の土器のかけらなどが見つかりました。
これは、愛媛大学の柴田昌児准教授らが明らかにしました。
柴田准教授によりますと、先月の調査で、海抜およそ1100メートルにある久万高原町の猿楽遺跡から、弥生時代の
土器のかけらが30点ほど見つかったということです。
弥生時代の人々は、その多くが海抜100メートル以下の低い土地で農耕を営んでいたと考えられていて、
今回の発見は、西日本で最も海抜が高い場所で、弥生時代の痕跡が見つかったことになります。
柴田准教授は、弥生時代の人々が交易や狩猟など様々な生活スタイルを持っていた可能性を示す研究結果だと
しています。ttp://eat.jp/news/index.html?date=20151005T180936&no=5

137出土地不明2015/10/08(木) 08:42:10.13ID:auRi6rOi
f1 [10月06日 19:10]古墳の規模確定へ 造山古墳で新発見
岡山市北区新庄下にある国の史跡、造山古墳は、5世紀前半頃に作られた全長約350mの前方後円墳で、
畿内勢力に匹敵する力を持った古代吉備の王が祀られ…
ていると考えられています。ttp://www.rsk.co.jp/sp/news/rsk_news.html#local_news_20151006_10
>>全文を読むttp://www.rsk.co.jp/news/photo/20151006_10.jpg
5日から岡山市教育委員会が発掘調査を行っている、造山古墳南西部の造山第二古墳です。
今、岡山市が、造山古墳の周辺に近親者を祀ったとされる陪塚のひとつを発掘調査しています。
この調査で造山第二古墳を囲む堀、周溝の一部が見つかりました。
これは、陪塚の大きさ、つまり造山第二古墳の規模の確定につながる貴重な発見です。
造山第二古墳北側の発掘現場で大きな発見がありました。造山第二古墳を囲む堀、周溝の一部が6日見つかりました。
周溝は幅3.5m、深さ2mあると考えられています。造山古墳は、5世紀前半頃に作られた全長約350mの前方後円墳で、
畿内勢力に匹敵する力を持った古代吉備の王が祀られていると考えられています。
今後更に発掘が進んで陪塚の周りを囲む周溝の位置がわかれば、風化が進んでいる造山第二古墳の本来の規模の
判明につながります。周溝の側からは埴輪片も多数見つかりました。
今回は造山第二古墳の西側にある埴輪の列の調査も行われることになっており、今後の発掘調査に大きな関心が
集まっています。(06日19:10)

138出土地不明2015/10/09(金) 08:58:21.41ID:CNWidBG9
f4 [07日 19:10]旧閑谷学校 土間の遺構見つかる
今年8月から修理が進む備前市にある国の史跡・旧閑谷学校で、建物の床下から土間の遺構がみつかりました。
瓦の上に漆喰が塗られ、建築された約300年前の様子を知る手掛かりになるのではと注目されています。
ttp://www.rsk.co.jp/news/photo/20151007_7.jpg
土間の遺構が見つかったのは、岡山藩主池田光政を祀る閑谷神社です。 国の重要文化財に指定されています。
修理のため、先月中旬に床板を剥がしたところ、拝殿の下の3分の1と、本殿につながる幣殿の部分に、
土間の遺構が見つかりました。
砂や石灰を混ぜた土の上に備前焼で作られた瓦を敷き詰め、漆喰が塗られています。 1686年に建てられた当時の
ものと見られています。
…ttp://www.rsk.co.jp/sp/news/rsk_news.html#local_news_20151007_7
土間の跡は、12月頃には再び床板で覆われることになっています。今月12日には現地説明会が開かれる予定です。
(07日19:10)

139出土地不明2015/10/09(金) 09:18:12.95ID:CNWidBG9
閑谷神社の床下から土間遺構 (10/07) ttp://www.ohk.co.jp/i/news/001.html
江戸時代の庶民の学校、備前市の閑谷学校の敷地内にある神社の床下から築造当初のものと見られる備前焼の瓦の
土間の遺構が見つかり、7日、報道関係者に公開されました。
遺構が見つかったのは国の重要文化財に指定されている閑谷神社です。
補修工事のため拝殿などの床板をはがしたところ備前焼の瓦が敷き詰められその上に漆喰が塗られた土間が
見つかりました。瓦に補修された跡が無く神社が建てられた1686年当時のものと見られています。
一部は屋根用の瓦と見られ、築造当初から神社の屋根に備前焼の瓦が使われていたことが初めて裏付けられました。
閑谷神社は閑谷学校を作った岡山藩主、池田光政を祀るため建てられたもので土間の遺構は今月12日に
一般公開されます。

140出土地不明2015/10/09(金) 11:09:59.14ID:CNWidBG9
H 久万高原町猿楽遺跡で弥生時代の遺物発見 <6日12:00>javascript: openWin('bangumi/snews/news_kiji.asp?SirialNo=48848')

久万高原町猿楽遺跡で弥生時代の遺物発見 8
2015/10/06 12:00:00
久万高原町にある標高およそ1100メートルの猿楽遺跡から、弥生時代のものと見られる土器などの遺物が発見
されました。
猿楽遺跡は、およそ15年前地元の郷土史家が土器の欠片を見つけたことから確認され、愛媛大学の埋蔵文化財
調査室が先月中旬、久万高原町の教育委員会と調査にあたっていました。
この調査では、1900〜2900年前の弥生時代の特徴が見られる土器の欠片など、およそ30点ほど発見されました。
調査室によりますと、弥生時代の遺跡は、一般的に水田が作りやすい標高100メートル以下で多く見られるものの、
この遺跡は標高1087メートルの西日本で最も高い場所にあり、一時的なキャンプ地の可能性があるということです。
調査室は今回の発見について、弥生時代の社会の多様性などを検証できるものと評価しています。

141出土地不明2015/10/11(日) 16:11:47.71ID:/sx4M7Ji
水路やため池の跡 見つかるttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035465131.html
東かがわ市にある遺跡の発掘調査で、田んぼに水を供給するために掘られた奈良時代の水路の跡や鎌倉時代から
室町時代にかけてのため池の跡などが見つかり、地域の開発の歴史を伝える貴重な資料として注目されています。
この遺跡は、東かがわ市町田にある「内間遺跡」で、香川県埋蔵文化財センターの発掘調査で、田んぼに水を供給
するために奈良時代に掘られた水路の跡が見つかりました。
水路は東西160メートル以上の長さがあり、このうち、幅が6メートルと最も広い部分に、木のくいが20本以上残って
いました。
くいは水路を斜めに横断するかたちで打ち込まれ、木の枝などを絡めて流れをせき止め、南側に水を分けていたと
みられています。
さらに調査では湧き水を水源として利用するために掘った平安時代の穴の跡をはじめ、鎌倉時代から室町時代に
かけてのため池の跡が見つかりました。
ため池の規模は、東西50メートル南北40メートルと推定され2回にわたって拡張されたことがわかったほかくいに
固定した横木など護岸の跡も残っていました。
香川県埋蔵文化財センターの小野秀幸文化財専門員は、「農業用水の供給の視点から地域の開発の歴史をひもとく
重要な手がかりが得られた」と話しています。
2015年10月07日 09時14分更新ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035465131_m.jpg

142出土地不明2015/10/13(火) 00:28:50.47ID:qj3cUqwG
銅鏡の出土時の文書見つかるttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4025597861.html
邪馬台国の女王・卑弥呼が中国の皇帝から授かったとする説もある銅の鏡「三角縁神獣鏡」が、江戸時代に、
いまの岡山市中区にある古墳から発掘されたことを示す古文書が見つかりました。
当時、畿内の政権などと関係の深い有力な首長がいたことを示す発見として注目を集めています。
古文書は岡山県立博物館と個人が1枚ずつ所蔵していたもので、博物館などの調査で見つかりました。
どちらもほぼ同じ内容で、鏡の裏の面の模様を細かく模写したうえで、およそ200年前の江戸時代後期に、
今の岡山市中区の操山にある古墳で古い鏡をあわせて8枚見つけたと記されています。
岡山県立博物館によりますと、模写された鏡は、刻まれた文字や模様から、「三角縁神獣鏡」という銅の鏡で、
同じ種類の鏡を卑弥呼が中国の皇帝から授かり、全国の有力者に配ったという説があります。
また、古墳は、3世紀後半に作られた全長およそ76メートルの操山109号墳と想定されるということです。
古文書に記された鏡の現物は、行方が分かっていませんが、この地域に邪馬台国や大和政権と関わりの深い有力な
首長がいたことが考えられるということです。
岡山県立博物館の佐藤寛介学芸員は「吉備地域の実力や、大和との関係の深さを裏付ける第1級の史料で、
邪馬台国論争にも一石を投じる貴重な発見だ」としています。
今回見つかった古文書は、11月13日から岡山県立博物館で始まる資料展「発掘された日本列島2015」
で公開されます。
10月10日 20時07分ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4025597861_m.jpg

143出土地不明2015/10/14(水) 22:13:56.21ID:5ULqa0oY
“古備前に学ぶ”作品展ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4025609851.html
若手の備前焼作家たちが、江戸時代までの古い時代に作られた備前焼からアイデアを
得て制作した作品の展示会が、備前市で開かれています。
「守破離古備前に学ぶ若者たち」と名づけられたこの展示会は、若手の備前焼作家たちで
つくるグループが、800年以上にわたる長い歴史を持つ備前焼の魅力に迫り、新たな作品
づくりに挑もうと企画しました。
会場の備前市立備前焼ミュージアムには、室町時代から江戸時代までの「古備前」の
うつわやつぼなど21点とともに、グループのメンバー26人がその古備前から着想をえて
制作したオブジェや皿など、一人一点ずつ展示しています。
このうち森大雅さんの高さ15センチの少女をモチーフにした3体のオブジェは、江戸時代
に流行した「細工物」と呼ばれる細かな造形を施した置物づくりの技法を受け継いで制作
したということです。
また、ぼたんの花をかたどって江戸時代の「香炉」をイメージしたという森敏彰さんの
花入れは、花びらの形に現代の作風を織り込ませています。
この展示会はことし11月29日まで、備前市伊部の備前市立備前焼ミュージアムで開かれています。
2015年10月12日 13時02分更新ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4025609851_m.jpg

144出土地不明2015/10/15(木) 07:52:36.53ID:wdsrukbh
f5 古文書に「卑弥呼の鏡」くっきりttp://www.rsk.co.jp/news/photo/20151013_7.jpg
岡山県立博物館などが所蔵する江戸時代の2点の古文書が、
中国の魏から邪馬台国の女王・卑弥呼に贈られたとされる「三角縁神獣鏡」
を描いたものだったことがわかりました。
大和と吉備との結びつきを知る、貴重な資料になりそうです。
江戸時代の2点の古文書は、岡山市の旧家に伝えられてきました。
文化3年・1806年に、今の岡山市中区平井の古墳から古い鏡8面が見つかったという内容です。
古文書に描かれた鏡について岡山県立博物館が調査したところ、
卑弥呼が中国の魏に遣いを送った240年代に受け取ったと考えられている、
「三角縁神獣鏡」であることがわかりました。
…ttp://www.rsk.co.jp/news/news_local.cgi?id=20151013_7
「三角縁神獣鏡」は、縁の部分に三角の紋様があり、中心部には古代中国の人たちが考えていた神や霊獣が表されています。
奈良県などで多く見つかりました。
古文書に描かれた「三角縁神獣鏡」は神と霊獣の配列や銘文などから、
卑弥呼に魏から贈られたとされる「古い型の銅鏡」の可能性が大きいということです。
この古文書は、来月13日から岡山県立博物館で開かれる「発掘された日本列島」展で一般に公開されます。

145出土地不明2015/10/16(金) 12:45:41.68ID:/FKsY6RQ
古代史研究家の古田武彦氏死去
ttp://www.47news.jp/FN/201510/FN2015101601000841.html

「『邪馬台国』はなかった」の著書で知られる古代史研究家で、
元昭和薬科大教授の古田武彦氏が14日に死去。

146出土地不明2015/10/25(日) 08:21:38.76ID:HRNZsNS5
中世以降の洪水跡が見つかるttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035842041.html
高松市中心部の遺跡の発掘調査で、およそ600年前の室町時代に掘られたとみられる
大きな水路の跡が見つかり、中の砂の堆積の状況から、江戸時代に近くの川の流れを
変える工事が行われるまで、繰り返し洪水が起きていたことがわかりました。
この遺跡は高松市の栗林小学校の校舎の建て替えに伴う事前調査で発見された
「栗林田中遺跡」で、これまでに幅およそ8メートル、深さ2メートル前後の水路の跡が見つかっています。
出土した土器から、水路は15世紀以前の室町時代に田んぼに水を送るために掘られたとみられ、
水路内の地層から洪水がもたらした粗い砂の層が確認されました。
この層は3つ以上あり、水路が完全に埋まった江戸時代初期までに3回以上、
洪水が起きていたことがわかりました。
この遺跡の近くにはかつて香東川が流れていましたが、江戸時代初期に藩主の生駒氏の
家臣となった西嶋八兵衛によって、東西に分かれていた川の流れを西側の1本にまとめる治水工事が行われました。
今回の調査結果について高松市文化財課は「西嶋八兵衛による治水工事が行われる
まで、高松の城下がたびたび香東川のはんらんに見舞われたという記録を裏付けるものだ」と話しています。
2015年10月22日 08時50分更新ttp://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/8035842041_m.jpg

147出土地不明2016/01/08(金) 15:34:49.11ID:ZC6m/ENP

148出土地不明2016/02/03(水) 20:02:01.05ID:J+Zi81YO
木星の追跡に高度な幾何学、古代バビロニア | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/020100037/


古代バビロニアの粘土板が解読され、14世紀にヨーロッパで発明されたのと同じ数学的手法で木星の見かけの動きを計算していたことが明らかになった。

科学誌「サイエンス」2016年1月28日号に発表された論文によると、古代バビロニア人は、夜空の中の木星の見かけの動きを時間を追って観察した結果を台形で表し、その面積を計算することで、木星の運動を追跡していたという。

このような幾何学的手法が発展したのは、少なくとも1400年後の14世紀ヨーロッパだと考えられていたことから、歴史書を書き換える大発見となった。
参考記事:「世界最古の十進法の計算表、中国で発見」

米カリフォルニア大学バークレー校のニーク・フェルトハウス氏は、今回解読された粘土板は「バビロニアの数学的天文学と幾何学をついに結びつけました」という。
これは、過去100年以上にわたり、研究者を悩ませてきた問題だった。
なお、フェルトハウス氏はこの研究には参加していない。
参考記事:「バビロンの空中庭園はやはり伝説?」


13年がかりの解読

現在のイラクにあたる地域に住んでいた古代バビロニア人は、高度な数学技術を持っていたことが分かっている。
彼らは今から4000年近く前に2の平方根の近似値を導き、ピタゴラスの定理を理解していた。ピタゴラスが生まれる1000年以上も前だ。

バビロニア人は天文学の才能にも恵まれ、毎晩夜空を観測して詳細なカタログを作り、ハレー彗星の通過まで記録していた。
計算により天文現象を予測することもあった。
参考記事:「2016年、絶対に見たい天体ショー6選」

けれども、高度な純粋幾何学の知識を天文学の計算に応用した実例は、これまで発見されていなかった。

ドイツ、フンボルト大学ベルリンのマチュー・オッセンドライバー氏は、じつに13年もの歳月を費やして、2000〜2400年前に書かれた「4枚の粘土板に記された奇妙な台形の計算」を解読した。

これらの粘土板は1880年代から大英博物館に収蔵されていたが、木星に関係のある内容が記されていることに気づいたのはオッセンドライバー氏が初めてだった。

しかし、バビロニア人が木星の見かけの運動のさまざまな局面(例えば、地平線上に最初に現れるとき)までは解読できず、粘土板に書かれていたことの意味までは分からなかった。

オッセンドライバー氏はその後、大英博物館の膨大な収蔵品の中から、木星の見かけの動きの1周期を完全に記録した、未解読の、保存状態が非常によい粘土板を発見した。
これにより、ほかの粘土板に書かれている内容を理解できるようになった。
参考記事:「木星は「壊し屋」だった、太陽系形成過程に新説」

解読の結果、古代バビロニアの天文学者は、台形を使って、速度や時間や位置を抽象的に表現していたことが分かった。

例えば、ある日から別の日までの間に夜空で木星の見かけの位置がどのくらい変化したかを知るためには、それぞれの日の木星の見かけの速度を測定して平均をとり、平均速度を経過時間と掛ければよい。
粘土板の台形の辺は速度と経過時間を表しており、台形の面積の計算と木星の見かけの位置の公式が明らかに結びつけられていた。
参考記事:「太陽系に第9惑星の証拠見つかる」

149出土地不明2016/02/03(水) 20:03:42.62ID:J+Zi81YO
>>148続き

未知の宝物はまだある

古代バビロニア人の計算技術は、同時代のギリシャやエジプトの天文学者が用いた計算技術より優れていて「オックスフォード計算家」と呼ばれる14世紀の英国の学者集団が発展させた「中間速度定理」という数学的運動表記法と驚くほどよく似ている。
参考記事:「ガリレオの功績:落体の物理学」

今回の発見は、おそらく数学の氷山の一角にすぎない。

オッセンドライバー氏は、「さまざまな博物館に、解読されていない粘土板が何千枚も眠っています。
粘土板の字面だけ解読できても、ずっと後になるまで意味を理解できないことも少なくないのです」
と言う。

長年にわたる戦争や過激派組織「イスラム国(IS=Islamic State)」の活動により、イラクの考古学遺産の多くが損傷され、破壊されている。

オッセンドライバー氏が新たに解読した石板は、こんな現状に心を痛める研究者を元気づけるものだ。
参考記事:「「イスラム国」が破壊した文化遺産」

「これほど重要で、ほぼ完全に保存されている資料が入っていたのですから、大英博物館などの収蔵品の中には、未知の宝物がまだまだ眠っているはずです」
とフェルトハウス氏。

こうした発見はまた、人間の「発見の精神」についても物語る。

それは、驚きをもって夜空の星を見つめていた古代の天文学者と、宇宙の真理を求める現代の研究者のどちらにも通じるものだ。

150出土地不明2016/02/03(水) 20:07:13.66ID:J+Zi81YO
旧石器時代の人類、カメを調理していた イスラエルで化石発見 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160203-00000006-jij_afp-sctch


【AFP=時事】イスラエルの洞窟で発見された20万年前の化石から、旧石器時代の人類が植物や大型狩猟動物とともに、カメを食べていたことが分かった。
同国テルアビブ大学(Tel Aviv University)が2日、発表した。

また、同国テルアビブ(Tel Aviv)から東に約12キロのケセム洞窟(Qesem Cave)周辺で発見されたカメの化石標本により、その調理方法に関する示唆も得られた。

論文の共同執筆者の一人、ラン・バルカイ(Ran Barkai)氏は声明で「旧石器時代の人間は、狩りを行い、大型狩猟動物や植物性のものを主に食べていたとこれまで考えられてきた」と述べている。

「今回の発見によってこれらの人々に関してこれまで分かっていたことに、料理すなわち文化的な深さという実に豊かな人間的側面が付け加えられた」

別の共同執筆者、アビ・ゴーファー(Avi Gopher)氏によると、ウマ、ウシ、シカなどの大型狩猟動物は大人たちが狩りをした一方、子どもや高齢者が動きの遅いカメを捕まえていた可能性が高いという。

バルカイ氏によれば、カメの甲羅に残る痕跡から判断すると、カメの大半は甲羅を付けたまま焼かれていた。
また中には、フリント石器を使って甲羅を割り、カメを殺していたケースもあったという。

イスラエル、スペイン、ドイツの科学者チームが実施した研究の成果は2日、学術誌「Quaternary Science Reviews」に発表された。【翻訳編集】 AFPBB News

151出土地不明2016/02/27(土) 18:55:32.09ID:7WiYi2qe

152出土地不明2016/02/27(土) 18:56:34.52ID:7WiYi2qe
ロシアはサウジアラビアの神秘な「カブリエルの箱舟」の輸送を始める|嗚呼、悲しいではないか!
http://ameblo.jp/jicchoku/entry-12131968709.html

マスジット・アル・ハラム聖堂(大聖堂)の下から発見された神秘的な古代の装置/兵器に関して、サウジアラビアのメッカの
二つのモスクの管理人の代表がモスクワの法王総主教キリルに9月25日に接触したことである。

大聖堂の使者の懸念を重大に引き上げていることは、この報告書は続けるが、この神秘的な装置/兵器が9月12日に
15人のトンネル堀りチームによって発見された時−それを取り除こうとした人間は即座に、
地面に倒れた建設クレーンから発光した大規模プラズマによって殺され、他に少なくとも107人が殺された。

壊滅的に悪いことは、その報告書は続けるが、この神秘的な装置/兵器の除去の最初の試みが為された
9月12日の二週間後の9月24日に二回目の試みが為されたが、それが二回目の大規模プラズマ発光によって4,000人以上が殺され、数万人がパニックに陥れられた

http://www.whatdoesitmean.com/rnf2.jpg
http://www.whatdoesitmean.com/rnf4.jpg

天使ガブリエルによって与えられた教えを軸に展開している。その中で、天子は神に属するが使うことを許された巨大な力の箱/箱舟をモハメッドの管理に委託した。
そして、その代わりに、人間を創造する前に、将来の審判の日を意味するヤワン・アル・キヤマハやキヤマハの日に、開示されるまで、天使の崇拝所であった神殿に埋めさせられた。

Third Reich - Operation UFO (Nazi Base In Antarctica) Complete Documentary
https://www.youtube.com/watch?v=MwUpPwyyvLw

サウジアラビアがそれを南極に移動させることをロシアが支援しているのは何故かと関連している
しかし、これらの国々は共にやがて西側のファシスト政府との戦争になるので、以下のあるロシアの軍将校の幹部が、
彼らが南極について知っていること、その過去を説明しているビデオを、我々が生きているこの時間がどんなに重要であるかをを理解するために、見る必要がある。

非常になぞめいた話で、何のことか全く分かりません。サイゴンビデオにヒントがありそうです。南極に何があるというのか・・・・・

153出土地不明2016/02/27(土) 19:02:05.41ID:7WiYi2qe
Exopolitics ≫ Sleeping giants in stasis chambers ready to awaken whistleblower claims
h ttp://exopolitics.org/sleeping-giants-in-stasis-chambers-ready-to-awaken-whistleblower-claims/

154出土地不明2016/02/27(土) 19:04:39.92ID:7WiYi2qe
h ttp://exopolitics.org/wp-content/uploads/2015/08/Sleeping-giant-Gaiam-ep.jpg

Exopolitics ≫ Sleeping giants in stasis chambers ready to awaken whistleblower claims
h ttp://exopolitics.org/sleeping-giants-in-stasis-chambers-ready-to-awaken-whistleblower-claims/

155出土地不明2016/03/21(月) 14:46:40.72ID:sGJHBX82

156出土地不明2016/04/07(木) 07:39:48.27ID:fym2ypJK
【考古学】日本先史時代における暴力と戦争 縄文時代には、暴力による死亡率は極めて低かった [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1459377428/
【考古学】江戸時代のイタリア人宣教師か、遺骨見つかる [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1459760193/
【動物考古学】蓮田・黒浜貝塚 県内最古の縄文犬発見 6200年前の骨:埼玉 [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1457947334/
【考古学】弥生人女性?長崎県の根獅子遺跡で人骨を新たに発見 ほぼ全身そろう [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1458724249/
【考古学】尊氏再起の寺の本堂か 幕府創設前雌伏「原山無量寺」の遺構 [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1458012788/
【考古学】弥生時代の国内最古級すずり出土 「魏志倭人伝」の記述裏付け 糸島市 [福岡県] [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1456889571/
【考古学】弥生時代の銅剣にサメの絵が彫られていた! 全国初、山陰限定の祭祀に使用か [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1455108396/

157出土地不明2016/04/08(金) 18:51:39.70ID:J0FcqHA/
奈良・豊田狐塚古墳で横穴式石室新たに発見 6世紀後半3基の木棺安置か [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1460057805/

158出土地不明2016/04/20(水) 23:39:57.03ID:R3MY+7o1
<ナスカ>新たな地上絵、空想上の動物か…山形大が発見 (毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160419-00000103-mai-soci

舌伸ばした空想動物? ナスカの地上絵 山形大の研究所が新たに発見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160420-00000407-yamagata-l06

159出土地不明2016/05/09(月) 17:54:36.96ID:IR2uzzKo
ペルー南部の世界遺産「ナスカの地上絵」の研究所を持つ山形大が、新たな地上絵を相次いで見つけている。
これまでに340点以上を発見。
今回新たに「舌を伸ばした動物」を発表した。
2004年に始まった研究グループを率いる坂井正人教授(文化人類学・アンデス考古学)は、存在が知られていない地上絵が開発などで失われる恐れもあると指摘する。
「舌を伸ばした動物」は、昨年9月から地上絵の分布を調べていた研究チームが偶然発見。
全長約30メートルで、斑点のある胴部から8本の足を、二つの目がある頭部からは長い舌を伸ばした、空想上の動物と考えられる。
表面の小石を取り除いた白い面と、小石を積み重ねた黒い面で描く手法などから、紀元前400〜同200年ごろのものとみられる。
坂井教授は、13年に発表した「斬首の場面」と、当時の大神殿の間にあることから、巡礼地への道しるべの役割を果たしていた可能性があるとみている。

http://www.jiji.com/sp/article?k=2016050900015&g=soc&utm_expid=105781272-0.H2AsW134RzeVQ8OlLTRRfg.0

160出土地不明2016/05/09(月) 17:55:03.56ID:IR2uzzKo
エジプト・ルクソール近郊の「王家の谷」にある古代エジプトの王ツタンカーメンの地下墓地で展示されるひつぎ(2016年4月1日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
http://amd.c.yimg.jp/im_siggnLD61xxr7hZWnD27ux2Szg---x900-y601-q90/amd/20160509-00000020-jij_afp-000-2-view.jpg

【AFP=時事】エジプトのハリド・アナニ考古相は8日、古代エジプト王ツタンカーメンの墓にあるとされる隠し部屋の存在を確かめるには、新たな技術が必要と述べた。
隠し部屋をめぐっては、英国の考古学者が、ツタンカーメン王の義母ネフェルティテイ王妃の遺体が埋葬されている可能性を指摘している。
首都カイロで開かれた、ツタンカーメン王とその世界的に有名な黄金のマスクに関する会議で発言した。
マムドゥフ・ダマティ前考古相が、数か月前に隠し部屋が存在する可能性は高いと述べ、新たな歴史的遺物発見への期待が膨らんでいたが、この日の会場内にはその存在を疑問視する雰囲気が漂い、専門家らは隠し部屋の調査方法をめぐり意義を唱えた。
ダマティ氏自身は、より多くの調査が必要とした上で、「赤外線スキャンからも、調査を繰り返し行う必要があることは明らかだ。何かがあるとわかってはいるが、それが何なのかはっきりとした確証はない」と述べた。
同氏は3月、ツタンカーメンの墓に「90%の確率」で2つの隠し部屋があり、その中には有機物が存在すると述べていた。
エジプトの元考古相であるザヒ・ハワス氏は、「プロジェクトは、まったく科学的に行われていない」と批判し、調査を管理する独立した専門家委員会を発足させてはどうかとアナニ考古相に提案した。
英国の考古学者、ニコラス・リーブス氏の仮説によると、ツタンカーメン王の墓は実際にはネフェルティテイ王妃の墓で、ツタンカーメン王が若くして突然死したため、エジプト南部ルクソール近郊の「王家の谷」にあったネフェルティティの墓の隣室に急いで埋葬したのだという。
アナニ考古相は、「墓壁の裏側に空洞があると100%確信できるまで、絶対に穴を開けない」と会議に出席していた考古学者らに再確認。
一方で、科学的議論が活発に行われたことに非常に満足していると述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160509-00

161出土地不明2016/05/10(火) 19:31:03.84ID:oblOjVWZ
15歳の少年、星座の並びをヒントに未発見の古代マヤ文明の都市を発見 [無断転載禁止]&#169;2ch.net
http://hitomi.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1462867212/

162出土地不明2016/05/11(水) 09:52:40.48ID:xbjkOaSq
[速+]【歴史/考古】元の時代の地層、故宮で初発見 研究所長「近年の故宮考古学調査における画期的な発見」(c)2ch.net
http://headline.2ch.net/test/read.cgi/bbynews/1462927889/
[科+]【海洋考古学】17世紀の沈没船からイングランド王家のドレス見つかる きわめて重要な発見、刺繍入りポーチやシラミ取り用のくしも [無断転載禁止](c)2ch.net
http://headline.2ch.net/test/read.cgi/bbynews/1462832883/

163出土地不明2016/05/11(水) 16:05:03.00ID:xbjkOaSq
魔よけの壁画を公開 ひたちなか・虎塚古墳 - 産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/160401/lif1604010031-n1.html

164出土地不明2016/05/12(木) 10:42:24.63ID:sZZi2AuX
国宝消滅―イギリス人アナリストが警告する「文化」と「経済」の危機 電子書籍: デービッド・アトキンソン: Kindleストア
https://www.amazon.co.jp/dp/B01BTL0QHA

Kindle 価格: ¥ 599   ポイント : 119pt (20%)

「なぜ日本人は、“カネのなる木”を枯らすのか?」
国宝をはじめとした文化財が陥っている「窮地」を明らかにするとき、
日本経済再生の道が見えてくる! 規格外の知的興奮!

・「国宝」なのにボロボロな理由
・日本の職人をクビにして海外へ外注
・伝統工芸品の価格は「ボッタクリ」だ
・「補助金漬け」の実態
・日本の文化財がこんなに「つまらない」わけ 他

【著者メッセージ】
「伝統技術が途絶えてしまったイギリスに生まれた者として、
そして日本の伝統文化を守る企業の経営者として、
たとえ嫌われても、これだけは伝えたかった」
――デービッド・アトキンソン

【主な内容】
はじめに なぜ今、「文化財の大転換」が必要なのか
第1章  経済から見た「文化財」が変わらなくてはいけない必要性
第2章  文化財で「若者の日本文化離れ」を食い止める方法
第3章  文化財行政を大転換するため、まず「意識」を変える
第4章  文化財指定の「幅」が狭い
第5章  文化財の入場料は高いか安いか
第6章  文化財の予算75億円は高いか安いか
第7章  職人文化の崩壊
第8章  なぜ日本の「伝統文化」は衰退していくのか
第9章  補助金で支えるのは「職人」か「社長」か

165出土地不明2016/05/12(木) 17:36:05.43ID:sZZi2AuX
【歴史】最も新しい?絵画銅鐸片出土(c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1463009281/
【歴史】鎌倉大仏、13世紀に作られたとき顔だけ金色だった可能性 (c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1458657493/
【歴史】福井で出土遺物は「玉眼」、全国初の例 方山真光寺跡塔址 [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1462544444/

166出土地不明2016/05/13(金) 13:19:59.54ID:8u4DUMB+
医療ロボで胃がん手術 大津の病院が臨床研究施設に指定へ(c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1463045025/
【天文学】準惑星「2007 OR10」が、冥王星やErisに次ぐ太陽系で3番目に大きい準惑星だったことが新たに判明 [無断転載禁止](c)2ch.net
【考古】国内最大級の円形周溝墓見つかる  奈良・橿原の瀬田遺跡、奈文研が調査(c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1463076289/
【歴史】秋里遺跡に平地建物跡(c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1463086833/
【宇宙】130億光年彼方の銀河の分布図を作成、大規模構造の成長速度の測定に成功(c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1463081436/
【医学】世界最速の原子間力顕微鏡を用いてアルツハイマー病原因物質の構造変化を確認 [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1463058573/
【相対性理論】130億光年彼方での一般相対性理論の検証 アインシュタインは間違っていなかった? [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1463043597/
【歴史】吉見百穴 資料提供求む…来年発掘130年(c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1463086519/
【歴史】神皇正統記、16世紀の写本 只見の民家で発見(c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1463086945/
【情報】「宇宙人ファイル公開します」=クリントン氏「公約」−米大統領選[5/12] [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1463059163/
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1463110446/
【エネルギー技術/材料科学】焼酎粕(かす)を活用した低コスト充電池を開発。電気自動車にも活用可能 [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1463110284/
【科学】「IQの高い国ランキング」韓国が世界2位、日本は?(c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1463045874/
【考古】15歳少年のマヤ遺跡「発見」は間違いと専門家(c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1463090098/

167出土地不明2016/05/15(日) 20:58:02.86ID:Ec0jTI0i
【考古】「サイベ沢」発掘の映像発見 市立函館博物館、一般公開へ準備進む(c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1463231437/

168出土地不明2016/05/23(月) 22:24:59.96ID:F914HTqK
[速+]【国際】南極で古代の巨大都市遺跡を発見か(画像あり) (c)2ch.net
http://headline.2ch.net/test/read.cgi/bbynews/1463995170/
[速+]【国際】南極で古代の巨大都市遺跡を発見か(画像あり)★2 (c)2ch.net
http://headline.2ch.net/test/read.cgi/bbynews/1464005005/

169出土地不明2016/05/24(火) 19:15:35.14ID:RY/AXnsV
【移住】2chは数カ月以内にひろゆきの物になります※ガチ [無断転載禁止](c)2ch.net [825949617]
http://hitomi.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1464083767/
【中国】出土の陶器から痕跡 5000年前のビール [無断転載禁止](c)2ch.net [285740292]
http://hitomi.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1464083473/

170出土地不明2016/05/27(金) 03:28:31.53ID:nh0Ub9AA
【古人類学/考古学】初期ネアンデルタール人、複雑な地下構造物を建造 [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1464233634/

171出土地不明2016/05/27(金) 18:13:25.61ID:nh0Ub9AA
[速+]【社会】奈良のピラミッド築造に延べ3万人 都塚古墳調査で推定(c)2ch.net
http://headline.2ch.net/test/read.cgi/bbynews/1464339062/

172出土地不明2016/05/29(日) 02:31:53.30ID:61j7hCqc
【考古】アリストテレスの墓を発見か ギリシャ(c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1464421574/

173出土地不明2016/05/31(火) 04:27:43.66ID:+BUAS34C
[速+]【社会】島津家家紋?キリシタン?謎の「十」刻印石、京都の石切場で発見(c)2ch.net
http://headline.2ch.net/test/read.cgi/bbynews/1464620249/

174出土地不明2016/06/01(水) 10:49:28.43ID:oAG6zmIX
【考古学】漆喰の下に12世紀のモザイク画を発見、聖誕教会 キリスト生誕の地ベツレヘムの世界遺産、聖誕教会で [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1464734236/

175出土地不明2016/06/01(水) 22:26:52.83ID:oAG6zmIX
[速+]【文化/歴史】日本最古の寺院・飛鳥寺出土のガラス玉、産地特定 奈良文化財研究所(c)2ch.net
http://headline.2ch.net/test/read.cgi/bbynews/1464781540/

176出土地不明2016/06/02(木) 22:42:39.51ID:/tuDM3oA
【天文学】「太陽系の第9惑星」は他恒星から盗んだもの? 45億年前に移動との報告 [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1464837898/
【歴史】古代ローマの手書き板400枚、ロンドンの建設現場から出土(c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1464838181/
[速+]た都道府県ランキング…1位「沖縄県」 2位「北海道」★6 (c)2ch.net
http://headline.2ch.net/test/read.cgi/bbynews/1464869851/

177出土地不明2016/06/03(金) 03:30:53.25ID:mR9lsQMZ
【惑星科学/考古】ツタンカーメンの短剣は隕石を材料にしていたことが判明 当時わかって使った?(c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1464880702/

178出土地不明2016/06/03(金) 07:05:00.23ID:2QFa6+l7
【速報】古代エジプト・ツタンカーメン王のナイフが隕石で出来ていたと判明
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1464881839/

179出土地不明2016/06/04(土) 12:43:44.73ID:ehIWjdBV
【考古学】工事現場から2000年前の墓、コロンビア [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1464944510/

180出土地不明2016/06/09(木) 08:34:12.40ID:vRIxGtRf
「最小の人類」70万年前に出現か 日本など調査チーム分析(c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1465416348/

【考古】縄文人農業してた? 真脇遺跡で研究者 マメ栽培など可能性調査(c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1465309346/
【古生物学】哺乳類、恐竜絶滅のはるか昔から繁栄 通説覆す論文 [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1465387587/

【考古学】<鎌倉>古墳時代の箱式石棺墓出土 10代半ば男性埋葬 [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1465290119/

【歴史】6000年前の集団虐殺か、10人の人骨発掘 仏チーム(c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1465364043/

181出土地不明2016/06/10(金) 06:24:25.63ID:v5jSLfHn
10 Ancient Sites That Might Be Stargates, Portals And Wormholes | Stillness in the Storm
http://sitsshow.blogspot.jp/2016/06/10-ancient-sites-that-might-be-stargates-portals-and-wormholes.html

182出土地不明2016/06/11(土) 21:08:11.58ID:/I7WS4Vb

183出土地不明2016/06/13(月) 17:18:58.62ID:+QCQS6LG

184出土地不明2016/06/13(月) 19:51:56.16ID:+QCQS6LG
【クメール】カンボジアの失われた都市、レーザー技術で詳細明らかに(c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1465804408/

185出土地不明2016/06/14(火) 02:31:13.35ID:CKk2iycX
【歴史】砂丘から古墳時代の遺跡 ほぼ完全な人骨出土 鎌倉・由比ヶ浜(c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1465827412/

186出土地不明2016/06/15(水) 00:22:21.15ID:hgtZU1Bv
【考古学】古代都市ペトラの遺跡、衛星画像とドローンで発見 儀式目的の巨大な構造物か、建造物のかすかな痕跡も特定可能 [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1465857515/

187出土地不明2016/06/20(月) 18:14:41.45ID:n4KKmlaq
【歴史】須玖岡本遺跡で「奴国」有力者の墓か…国内最大級の甕棺墓(c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/ 1466163495/

188出土地不明2016/06/20(月) 20:44:39.49ID:BM/hkm6w
【「奇跡の遺跡」認められた 佐賀市・東名遺跡】

出土品、群抜く「質と量」

奇跡の遺跡」の価値が認められた−。
文化審議会が東名(ひがしみょう)遺跡(佐賀市金立町)を国史跡に指定すべきと答申した17日、
遺跡の希少性や考古学的価値を熱心に訴えてきた地元NPOや意見具申した市教育委員会からは、喜びの声が上がった。
湿地性貝塚という特性により、他の遺跡と比べ出土品の「質と量」で群を抜く遺跡。
出土品は30万〜40万点に上り、保存・活用に向けた本格的な検討の必要性も出てきた。


8000年前の縄文の遺物

「これらは全部本物ですよ。8000年前の縄文時代の遺物です」
遺跡に隣接する東名縄文館を管理するNPO法人「徐福・湿原の森づくり会」理事長の江島徳太郎さん(76)は、誇らしげに展示品を紹介する。

「佐賀の歴史の原点。多量の出土品は、国の宝にふさわしい」
国史跡指定が決定的となり、言葉にも力がこもる。

厚い粘土層に覆われた湿地性貝塚

貝塚は、調整池の建設工事によって偶然見つかった。
厚い粘土層に覆われた湿地性貝塚という特性があり、約8000年前の動植物性遺物が良好な保存状態で多量に見つかっている。
偶然の発見や保存に適した条件がそろっていたことから、江島さんたちは「奇跡の遺跡」と呼ぶ。

アクセサリーなど数百点の遺物

国史跡指定を期待し、縄文館は4月から開館時間も午後4時まで3時間延長した。
貝塚のはぎ取り標本や編み籠、動物の骨を使ったアクセサリーなど数百点の遺物が見られる。
ただ、展示されているのは出土品全体のほんの一部でしかない。

巨大すぎる貝塚のはぎ取り標本

佐賀市本庄町の文化財資料館。文化財を保管するプレハブの倉庫が並んでいる。
東名遺跡のほとんどの出土品はここにある。
「これを展示できたらすごいと思うんですが」
市文化振興課の西田巌さんが指さすのは、縦約2・5メートル、横約14メートルの貝塚の巨大なはぎ取り標本。
大きすぎて縄文館への運搬は難しく、展示の目玉になるはずの標本は倉庫に眠っている。

縄文館への来館者数は年間約2500人。
答申の直前、授業の一環で訪れた佐賀大1年の男子学生は「吉野ケ里遺跡は知ってたけど、ここは今まで知らなかった」と縄文時代の遺物に目を奪われていた。

保存、知名度に課題

 「東名」の読み方を知らない人も多く、知名度が遺跡の価値に追い付いていないのが現状だ。市教委も遺物の保存・活用は課題と捉えており、新たな展示施設の検討を始めている。


 8000年前の実物に触れる出前授業で、市内の児童に遺跡の存在と価値を伝えている。「有明海の干潟を利用した人類最古の痕跡。『奇跡の遺跡』をしっかり子どもたちに伝えていきたい」と西田さん。次世代への啓発にも力を入れる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160620-00010006-saga-l41

佐賀市文化財資料館の倉庫に眠っている縄文時代の貝塚のはぎ取り標本=佐賀市本庄町
http://amd.c.yimg.jp/im_siggwyjglaLoQeHURWEUviv4Rw---x900-y560-q90/amd/20160620-00010006-saga-000-1-view.jpg
東名遺跡の地図
http://amd.c.yimg.jp/amd/20160620-00010006-saga-001-1-view.jpg

189X2016/06/27(月) 21:50:11.69ID:szqctuJ6
◆◆◆神がプログラムしていた人類歴史・預言・神の裁き◆◆◆

http://blogs.yahoo.co.jp/honest_and_hawk/55615652.html
↑ヨハネの黙示録 20世紀〜現代 解説

http://synchronicity7.seesaa.net/article/433130959.html
↑神による歴史のプログラム シンクロニシティ-共時性-【概説】

http://macrospirit.seesaa.net/article/432830420.html
↑裁き マクロ精神分析

http://individualspirit.seesaa.net/
↑個体精神分析 精神の病を克服する

裁き出てるで

190出土地不明2016/07/01(金) 16:04:46.64ID:US/4ncUL
<河野行革担当相>学説と異なる天皇陵「指定再考を」
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160701-00000018-mai-soci

191出土地不明2016/07/27(水) 10:08:55.42ID:y1WZ6UUG
【考古】マヤ文明のピラミッドの下に水路発見、死者の国への通路か(c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1469580608/

192出土地不明2016/07/28(木) 09:18:29.73ID:CVy6imhP

193出土地不明2016/07/28(木) 09:46:42.34ID:CVy6imhP
The exceptional discovery: the body of King Anunnaki for 12,000 years completely intact
https://www.youtube.com/watch?v=b1l0wr1EcgA

194出土地不明2016/07/30(土) 12:05:59.61ID:RUX9lUdB

195出土地不明2016/07/31(日) 02:16:32.90ID:ElKhoWer

196出土地不明2016/08/01(月) 09:26:01.72ID:ziFcezr5
【骨洞】世界で最も深い穴、南シナ海で発見 [無断転載禁
http://hitomi.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1470002028/

197出土地不明2016/08/01(月) 20:46:11.40ID:fd4yVOhx
【考古学】先住民と入植者の協力示す壁画を発見、カリブの島 先住民の絵と十字架やラテン語が共存、出会った16世紀頃の様子物語る [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1469142714/

198出土地不明2016/08/03(水) 08:41:23.84ID:qUAYvMGz
【考古学】古代ギリシャ墓地に処刑とみられる人骨80体、反乱未遂か [無断転載禁止](c)2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1470177695/

199出土地不明2016/08/03(水) 22:55:17.47ID:+q4469XK
【社会】神奈川大学生 ドイツの「ケルン大聖堂」世界遺産に落書きしTwitter投稿 大学側が謝罪(c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/ 1470224246/

200出土地不明2016/08/07(日) 22:54:18.80ID:DiSHxPoS
【悲報】 アンコールワット 値上げ [無断転載禁止](c)2ch.ne
http://hitomi.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1470577033/

201出土地不明2016/08/08(月) 13:53:54.73ID:gmX8/QkF
[速+]【食人】ネアンデルタール人が「人喰い」を? 日本でも過去に凶悪事件が…(c)2ch.net
http://headline.2ch.net/test/read.cgi/bbynews/1470597885/

202出土地不明2016/09/17(土) 19:11:56.96ID:TXPsZFoB
http://nhk2.2ch.net/test/read.cgi/liveetv/1474097944/
地球ドラマチック 洞窟に眠る新種の人類

203出土地不明2016/09/17(土) 21:38:27.49ID:MJa8EPZo
◆ペテン師・佐藤洋一郎がなぜダメなのか


経年変化や環境変化で短期間のうちに著しく頻度を変えてしまう遺伝子の調査において、
佐藤洋一郎が調査に使ったイネの調査サンプルは、

日本のイネの調査サンプルが稲作が伝わってから800年以上も経ってしまった鍵・唐古遺跡の炭化米、
朝鮮半島のイネの調査サンプルにおいてはいつの時代のイネを使ったのかさえ全く公表していない。

このように調査サンプルから疑わしい、欠陥ありありの、お遊び程度でやったペテン調査での捏造である。

この場合、BC10Cの稲作開始時の最古水田である菜畑遺跡の炭化米とそれ以前の朝鮮の炭化米で
比較調査しない限り、まともな調査結果など得られるはずがない。

ちなみに佐藤洋一郎はこの件で京大考古学陣に全面否定されている。
日本稲作が長江・江南から伝わったなんて言ってる頭のおかしな考古学者など一人もおりません。

204出土地不明2017/02/27(月) 01:48:26.03ID:9q9ai1mY

205出土地不明2017/04/17(月) 20:31:21.52ID:tSe11HDv
オリハルコンの存在は、ギリシア哲学者プラトンが著した『クリティアス』で言及されて以来、かつてアトランティス大陸で作られていた幻の金属として人々の想像力を掻き立ててきた。
ゲーム「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」をプレイしたことがある読者なら聞き覚えがあることだろう。

『クリティアス』によれば、アトランティス大陸においてオリハルコンは金に次ぐ価値を持つ希少な金属だとされ、これまで真鍮や銅のことではないかと推測されてきたが、具体的な成分はアトランティス大陸の滅亡とともに失われてしまったといわれている。
それが発見されたとなれば、伝説の大陸アトランティスが現実に存在する可能性もグッと高まるため、考古学的にもオカルト的にも極めて重要な金属といえるだろう。

写真:発見されたオリハルコンらしきインゴット
http://tocana.jp/images/alloy_03.jpg
http://tocana.jp/images/alloy_04.jpg

そして2015年、イタリア・シチリア島ジェーラの海岸から300メートル離れた海底30メートルに沈む2600年前の貿易船から、ついにオリハルコンらしき金属のインゴットが発見されたのだ。
科学ニュースサイト「Live Science」(2015年1月7日付)の報道によると、発見に携わった地元海洋局のセバスティアーノ・トゥーザ氏も伝説の金属かもしれないと興奮気味に語っていたという。

その後、イタリアの科学技術系企業「Technologies for Quality」が成分を分析したところ、75〜80パーセントの銅、15〜20%の亜鉛、わずかなニッケルと鉛と鉄が含有していたことが判明し、これでオリハルコンを巡る長年の謎が解決したかと思われた。

■アトランティス大陸発見へ

写真:汚れを取り除いたオリハルコン。かつての輝きを取り戻した
http://tocana.jp/images/alloy_02.jpg

しかし、ブラジル・リオデジャネイロ連邦大学の元教授エンリコ・マティヴィッチ氏が異議を唱えたため事態が複雑化。
マティヴィッチ氏によると、そもそもオリハルコンは紀元前900年ごろペルー北部のアンデス高地に栄えたチャビン文化にみられる銅9%、金76%、銀15%の合金に起源を持つため、発見されたインゴットは伝説のオリハルコンではないというのだ。
また、イギリス人研究者ジョセフ・ニーダム氏も、古代にはアトランティス大陸で作られたオリジナルのオリハルコンと、古代ギリシア人がそれを劣化コピーした複製品が存在すると主張しているため、2015年に発見された金属が複製品だった可能性も考えられている。

このような批判に遭い、結局のところ発見された金属が正真正銘のオリハルコンであるとは確定されなかった。
やはり伝説の金属、そして伝説の大陸アトランティスは夢物語に過ぎなかったのだろうか……?

画像:アトランティス大陸は実在するのだろうか?
http://tocana.jp/images/alloy_05.jpg

希望はまだありそうだ。
というのも、今月に入り、歴史系情報サイト「New Historian」(3月10日付)などが、またしても新たに47ものオリハルコンのインゴットが発見されたとのニュースを報じ、今度こそ“本物”もしれないと期待されているからだ。
情報が限られているためこれ以上のことは分からないが、まだまだオリハルコン、そしてアトランティス大陸の謎から目が離せない状況だ。

http://tocana.jp/2017/04/post_12929_entry.html
http://tocana.jp/2017/04/post_12929_entry_2.html

206出土地不明2017/04/19(水) 03:25:49.40ID:maLgoodr
https://goo.gl/Y4tSAe
これ嘘だよね!?本当だったら困るわ。。

207出土地不明2017/04/29(土) 05:09:21.83ID:/s9NV+Hn
広島大所蔵の発掘品を展示rcc
広島大学が所蔵している出土品の展示会が、三次市で始まりました。
広島大学考古学研究室は、1965年の開設以降、国内でも貴重な県内の遺跡を調査してきました。
会場には、初公開の資料など500点余りが展示されています。
庄原市東城町の帝釈馬渡岩陰遺跡から出土した深鉢形土器です。
1万年以上前の縄文時代草創期に作られた、県内でも最も古いものです。
「採ってきた物をどうすれば美味しく食べられるかを考えながら土器を作ったと思うと面白い」(来場者)
福山市の無人島にある、宇治島北の浜遺跡からは、人の形をした土製品や貴重な釉薬を使った壺が出土しました。
海の安全を祈る祭りを行っていたと考えられています。
展示会は、6月11日まで開かれています。[2017.4.23 17:59]

208出土地不明2017/05/24(水) 08:20:07.37ID:OaRmBXE5
新見で縄文の竪穴住居を復元05月23日 18時14分nhk
縄文時代の暮らしを体験しようと地域の人たちが協力して竪穴住居を復元する取り組みが新見市で行われています。
竪穴住居の復元は、地域の人たちなどに縄文時代の暮らしぶりを体験してもらおうと新見市法曽にある「猪風来美術館」などが企画しことし3月から本格的な作業が行われています。
23日は美術館の前の広場に地元の陶芸同好会のメンバーや縄文土器の制作に取り組んでいる人たちなどおよそ20人が参加して作業にあたりました。
これまでに住居を囲む盛り土を作ったり柱となるクリの木を建てたりしていて、23日は長さおよそ6メートルのクリの木20本あまりを円すい状に組み立てました。
参加した人たちは声をかけ合いながら木のてっぺんや根元を縄でしばって固定させ住居の骨組みを完成させました。
このあと住居全体にかやぶきを施す作業を行い9月中の完成を目指すということで住居の中には食べ物の煮炊きができる炉も作られるということです。
参加した岡山市の女性は、「完成が今からとても楽しみで早く中に入って体験してみたいです」と話していました。
また、美術館の館長の猪風来さんは「縄文時代に生きた人たちのすばらしい心と技を体験できる空間になればいいと思います」と話していました。

209出土地不明2017/05/30(火) 14:21:35.65ID:aAe0u/mN
新種サンゴの化石展示始まる05月30日 12時24分nhk
秋吉台のおよそ3億4000万年前の地層から見つかった新種のサンゴの化石を紹介する特別展が、30日から美祢市の博物館で始まりました。
美祢市の秋吉台は、およそ3億5000万年前のさんご礁がもとになった広大な石灰岩の台地で、地層からはサンゴなどの化石が数多く見つかっています。
秋吉台科学博物館では、このたび広島大学の児子修司博士との共同研究で新たに見つかった新種のサンゴの化石2点を展示しています。
新種のサンゴは、秋吉台の東のふもとにあるおよそ3億4000万年前の地層から見つかり、オーロヘリア・カーボニカと命名されました。
サンゴはインドネシアやチベット、それに兵庫県からしか見つかっておらず、その中でも世界最古だということで、サンゴの進化を考えるうえで重要な資料だということです。
藤川将之学芸員は「実物を見てもらっていまでも発見が続いていることを知ってほしいと思います」と話していました。
この特別展は美祢市の秋吉台科学博物館で来年5月末まで開かれます。

210出土地不明2017/06/06(火) 13:21:50.44ID:Ocm2cCo/
昭和40年の化石 恐竜と判明06/05 18:41nhk
昭和40年に下関市で見つかった卵の化石が、これまで国内で知られていない初めての種類の恐竜の卵の化石であることが、福井県立恐竜博物館と美祢市化石館との共同調査でわかりました。
この化石は、昭和40年、当時高校生だった68歳の会社員の男性が、下関市の綾羅木川の上流域にある1億2000万年から1億年前の白亜紀前期の地層で友人と採取し自宅などに保管していました。
化石は、大きさが2センチから7センチの卵の殻の破片あわせて8点で、去年3月に美祢市化石館に持ち込まれ、福井県立恐竜博物館と共同で電子顕微鏡による分析などの調査を進めてきました。
その結果、殻の表面がなめらかなことや呼吸のための管の構造が獣脚類と呼ばれる肉食恐竜の卵と似ていることなどから、化石は恐竜の卵で、これまで国内で知られていない初めての種類のものと確認されたということです。
恐竜博物館は当時の中国地方で恐竜が繁殖活動を行っていたことが明らかになり、恐竜の生態を解明するために貴重な標本だとしています。
恐竜博物館の東洋一特別館長は、「恐竜の卵の化石は国内での発見例が少ない。赤ちゃんの骨が入っている卵も見つかれば、もっと詳しい種類がわかると期待している」と話しています。
また、下関市の前田晋太郎市長は記者会見で「全国の恐竜ファンに下関市で発見されたということを知っていただき、下関市がより注目されるきっかけになればと思っています」と話していました。
化石の発見者で、現在神奈川県に住んでいる清水好晴さん(68)は、「少年時代に不思議な石を見つけ、もしかして恐竜の卵かと思っていましたが、今回の報告を受けて少年時代の思いが正しかったのだと安どしました。
今回の発見が日本の古生物研究のみならず、世界の古生物研究の一助となってほしい」というコメントを出しました。

211出土地不明2017/06/07(水) 13:27:51.36ID:waOIcMag
松山市考古館で古代ハス開花06月07日(水)更新itv
1年でわずか3日しか花を咲かせない、「古代ハス」が松山市内で開花し、鮮やかなピンク色の花が神秘的な雰囲気を漂わせています。
この「古代ハス」は、中国の大連市の遺跡から出土したおよそ1000年前の種子を発芽させたもので、1996年に大連市から友好の証として松山市に贈呈されました。
7日あさ、2輪が咲き、降りしきる雨の中、凛とした姿を見せていました。去年よりも5日早い開花です。
この古代ハスは午前中にしか咲かない上、開花から3日程度で散ってしまいますが、現在、つぼみは95個あり、これから順次、花を咲かせます。
去年はおよそ150輪の花を咲かせたこの松山市考古館の古代ハスは、来月末まで楽しめますが、1輪も咲いていない日もあるということです。

212出土地不明2017/06/07(水) 18:08:36.31ID:JsPO1hJ0
兵庫県南あわじ市(淡路島)で見つかった青銅祭器「松帆銅鐸(まつほどうたく)」7個(弥生時代前期―中期)は
紀元前4〜前2世紀前半(弥生時代中期前半)に埋められたとみられることが
付着していた植物片の放射性年代測定で分かり、
市教育委員会などが6日発表した。

銅鐸の埋められた年代が科学的な分析で分かるのは初めて。市教委は
「銅鐸は一緒に出土する遺物が少なく、年代が分かりにくい史料だけに、付着していた有機物から埋納時期を特定できた意義は大きい」
としている。

銅鐸は時代とともにつり手部分が薄くなり、古いものから
菱環鈕(りょうかんちゅう)、外縁付鈕(がいえんつきちゅう)、扁平鈕(へんぺいちゅう)、突線鈕(とっせんちゅう)
に分類され、前3者が古いタイプで「聞く銅鐸」、
突線鈕は新しいタイプで装飾が多いことから「見る銅鐸」と考えられており、
銅鐸の役割が変わったとされている。

松帆銅鐸は、1号が菱環鈕、2〜7号が外縁付鈕という古いタイプばかり。
古いタイプは西暦0年ごろ(弥生中期末)に、
新しいタイプは2〜3世紀(弥生後期末)に埋められたとする2段階説が有力だが、
古いタイプよりも150年以上前に埋められていたことになり、銅鐸の埋納の意味を巡り論議を呼びそうだ。

4号の内部や、銅鐸を鳴らす「舌」と呼ばれる棒に付着していたイネ科や
樹皮とみられる植物片に含まれる放射性炭素を調べて分かった。

銅鐸が埋められた理由については、
集落の統合によって集めて埋められた、
邪悪なものがムラに入らないように境界に埋められたなどの説がある。

かつて銅鐸は、古墳時代の到来を前に、弥生後期末に、古いものから新しいものまでが一斉に埋められたと考えられていた。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06H93_W7A600C1CR8000/
2017/6/6 20:47

213出土地不明2017/06/09(金) 14:20:59.59ID:S1Kgq/63
古代ハスが開花19:11eat
松山市考古館で、およそ1000年前の種子から発芽した古代ハスが、開花の時期を迎えています。
松山市南斎院町の考古館では、正面入り口前の池で古代ハスを栽培していて、
今年は梅雨入りにあわせたかのように、7日初めて2輪の花を咲かせました。
こちらの古代ハスは、1996年に松山市を訪れた中国・大連市の観光訪問団から
贈られたおよそ1000年前の種子を発芽させたもので、午前7時ごろから
午前11時ごろにかけて、鮮やかなピンク色の花を咲かせます。
松山市考古館の古代ハスは、8月上旬まで楽しめるということです。

214出土地不明2017/06/13(火) 12:30:16.64ID:JA56lYna

215出土地不明2017/06/16(金) 20:53:10.51ID:PpNzB4w/
太古の時代の木工芸展06月10日 13時26分nhk
愛媛県内で出土した縄文から古墳時代にかけての太古の人々の暮らしをしのばせる木工芸品の展示会が、松山市で開かれています。
この展示会は、太古の時代の人々の暮らしやその知恵に思いをはせてもらおうと開かれ、松山市上野町の県生涯学習センターには、愛媛県内で出土した縄文から古墳時代にかけての木工芸品、およそ120点が展示されています。
その多くには、木を削って形をつくる「刳物」と呼ばれる技法が用いられていて、このうち、高床建物の扉として使われた板は、1400年あまりたった今もきれいな木目がわかります。
また、調理器具の「おたま」のように使われていたとみられる「横杓子」は食べ物をすくう部分と手で持つ部分の先端に装飾とみられるあとが施されています。
訪れた女性は、「展示品の質感や形などを、自分が取り組んでいる陶芸に生かしたいです」と話していました。
愛媛県埋蔵文化財センターの眞鍋昭文さんは、「機能を果たすだけでなく、美しさを求めているところに日本人の美意識をみることができると思います」と話していました。
この展示会は、7月2日まで開かれています。

216出土地不明2017/06/23(金) 22:23:27.62ID:hznrjGN7
松山市考古館で「四国のハニワ展」(6月21日19時23分)ebc
四国の遺跡から発掘された貴重な埴輪を集めた展示会が、松山市内の博物館で
開かれています。
松山市考古館で開かれている「四国のハニワ」展は、四国の遺跡から発掘された
埴輪およそ40点が展示されています。
埴輪は3世紀後半から6世紀後半に作られ、当時の権力者を埋葬した古墳の上に
並べて神聖さを示したものとされています。
松山市祝谷の祝谷大地ケ田遺跡から発見された馬形埴輪の一部は、昨年度の発掘
調査で見つかったもので、当時の馬具の形がわかる貴重な史料です。
他にも、埴輪の出土がほとんどない高知県で見つかった貴重な円筒埴輪などが
展示されています。この「四国のハニワ展」は7月9日まで開かれています。

217出土地不明2017/07/03(月) 07:32:28.32ID:zA0t1nEu
弥生時代の生活を体験07/02 19:48nhk
大山町にある弥生時代の遺跡につくられた公園で、火おこしや「石包丁」づくりなど当時の生活を体験する催しが開かれました。
国内最大級の弥生時代の集落跡、妻木晩田遺跡に整備された「県立むきばんだ史跡公園」で開かれた催しには、石を磨いて「石包丁」を作ったり土器やはにわを作ったりするなど弥生時代の生活が体験できる14のコーナーが設けられました。
このうち火おこしのコーナーでは県内の遺跡からも出土している「火きりうす」という板の上できりを回転させ、摩擦熱で火をおこす体験をしていました。
また、狩りを疑似体験できるコーナーでは、竹でできた弓と矢が用意され、子どもたちが、イノシシやシカに見たてたわらの像に向かって矢を放っていました。
催しには県の内外から1000人あまりが訪れ、古代の暮らしの知恵に触れていました。
「むきばんだ史跡公園」の濱本利幸係長は「当時のもの作りには弥生時代の人たちの知恵や工夫があらわれている。体験を通じてその技術の高さを感じてもらいたい」と話していました。

218出土地不明2017/07/05(水) 19:00:40.68ID:2yXzoNUt
恐竜の化石レプリカ組み立て07/05 18:39nhk
この週末から高梁市の美術館で化石をテーマにした企画展が始まるのを前に、展示の呼びものとなる大型恐竜「ティラノサウルス」の骨格標本の組み立てが行われました。
高梁市成羽美術館に展示されるのは、今から6500万年以上前に北アメリカ大陸に生息していた大型の肉食恐竜、「ティラノサウルス」の骨格標本のレプリカです。
骨格標本の組み立ては4日から5日にかけて美術館の展示スペースで行われ、専門の業者が頭の骨やろっ骨など全身の骨格のパーツをボルトで固定するなどして組み上げました。
約4時間の作業で完成した「ティラノサウルス」は全長がおよそ12.5メートル、高さは4.6メートルもあり、迫力ある姿を正面からカメラに収めることができる撮影スポットも設けられるということです。
高梁市成羽美術館の渡辺浩美副館長は「かつて地球上にこんなにも大きな生き物がいたのかということを、骨の1本1本まで見て感じてほしいです」と話していました。
恐竜をはじめさまざまな生物の化石が展示される企画展「ティラノが成羽にやってきた!」は、7月8日から高梁市成羽美術館で開かれます。

219出土地不明2017/07/09(日) 14:27:25.05ID:D57KdHVs
[08日 17:30]ティラノが成羽にやってきた! rsk2
大きな肉食恐竜、ティラノサウルスに子供たちが釘付けです。
世界の貴重な化石を集めた企画展が高梁市で始まりました。
高梁市成羽美術館で8日開幕した「ティラノが成羽に--- やってきた!」です。
子ども達に地球と生命の歴史にふれてもらおうと、太古の生き物の貴重な化石、
約100点が展示されています。
中でも子どもたちの目を引くのは、高さ4.6m、全長12mのティラノサウルス
の全身骨格です。
企画展は9月3日までで、恐竜とふれあうさまざまなイベントも予定されています。

220出土地不明2017/07/10(月) 09:00:50.07ID:eumLi5gf

221出土地不明2017/07/10(月) 09:01:43.94ID:eEfhjQoG
恐竜などの化石標本を展示07/09 19:40nhk
高さ4メートルを超える大型の肉食恐竜「ティラノサウルス」の骨格標本のレプリカなどさまざまな化石標本を展示する催しが、高梁市の美術館で開かれています。
高梁市成羽美術館で開かれている企画展には、直径2メートルにおよぶ世界最大級の「アンモナイト」やおよそ4億年前の大型の古代魚「ダンクルオステウス」の頭部など、およそ100点の化石標本やそのレプリカが展示されています。
中でも、全長12メートル50センチ、高さ4メートル60センチの大型の肉食恐竜「ティラノサウルス」の骨格標本のレプリカは特に人気を集め、訪れた大勢の子どもたちが迫力ある姿に目を輝かせていました。
このほか会場には全長が30メートル以上にもなる大型恐竜「スーパーサウルス」の太ももの骨の本物の化石に触ることができるコーナーもあり、子どもたちが2メートル近くある化石のすべすべした触り心地を味わっていました。
倉敷市から訪れた小学3年生の男の子は、「ティラノサウルスは牙が鋭くて長くてかっこよかった。
恐竜が大好きなので、見られてよかったです」と話していました。
この企画展は、9月3日まで高梁市成羽美術館で開かれています。

222出土地不明2017/07/11(火) 19:04:54.35ID:cRfpweZ5
紫雲出山遺跡出土品展07/11 12:46nhk
三豊市で弥生時代の遺跡、「紫雲出山遺跡」から昨年度出土した土器などを紹介する展示会が開かれています。
「紫雲出山遺跡」は、三豊市の荘内半島の紫雲出山の頂上にある弥生時代の集落の遺跡で、市の教育委員会が国の史跡への指定を目指して平成26年度から発掘調査を行っています。
三豊市の詫間町考古館には昨年度、出土した土器や石器などおよそ30点が展示されています。
このうち表面が剥がれた土器のかけらは、焼いていたときに割れた「失敗作」とみられ、山の上で長い間、生活が営まれていた可能性が考えられるということです。
また、石の矢じりは紫雲出山では採れない「サヌカイト」という石でできていて、当時からほかの地域との交流があったことがうかがえるということです。
三豊市教育委員会生涯学習課の塩冶琢磨さんは「紫雲出山について観光名所としてだけでなく、弥生時代に人が暮らしていたことも知ってほしい」と話していました。
この展示会はことし12月22日まで開かれています。

223出土地不明2017/08/03(木) 08:05:30.70ID:81nhmyPq
津波石碑3D化の講演会08/02 18:46nhk
県内に残されている過去の巨大地震や津波について記された石碑を立体的なデジタル画像で保存する取り組みについての講演会が、高知市で開かれました。
海洋研究開発機構高知コア研究所の谷川亘主任研究員は、県内に40以上ある南海地震など過去の巨大地震の惨状や教訓を記した石碑を後世に残そうと、
石碑をデジタル画像で保存する取り組みを進めています。
2日は、谷川研究員が県の防災担当の職員などおよそ20人に、これまでの取り組みを解説しました。
講演で、谷川研究員は、県内の海沿いの市町村に残る、300年以上前の宝永の南海地震から昭和の南海地震に至るまでの石碑を立体的なデータにして
保存していることを紹介し、「石碑は、過去の災害の歴史だけでなく、津波がどこまで来たかなど、避難行動のヒントを学ぶことができるものです」と話しました。
また、3D画像を作るためには1つの石碑あたり平均300枚ほど写真に撮る必要があると紹介しました。
谷川さんは、今後、完成した石碑のデータと津波の浸水予想図などを地図上にあわせて表記して防災に役立てていきたいとしています。

224出土地不明2017/08/05(土) 07:17:01.60ID:MvKQWkNa
弥生時代の周溝墓跡見つかる08/04 18:01nhk
高松市にある遺跡の発掘調査で、周りに溝を巡らせた「周溝墓」と呼ばれる弥生時代の大きな墓の跡が見つかりました。
棺を納めた場所から、首飾りに使われていたガラス玉が出土したことから、地域の有力者の墓と見られています。
この遺跡は高松市香南町にある「横井南原遺跡」です。
県道の整備に先立って、県埋蔵文化財センターが行っている発掘調査で、周りに溝を巡らせた「周溝墓」
と呼ばれる墓の遺構が見つかり、出土した土器から、およそ2000年前の弥生時代後期のものとわかりました。
「周溝墓」の溝は幅1メートル余りで、溝によって南北8メートル、東西10メートル
以上の範囲を区画し、そのほぼ中央に穴を掘って埋葬施設を設けていました。
埋葬施設に残っていた痕から、木の板を組み合わせた棺を納めていたとみられ、その場所からガラス玉が1つ出土しました。
ガラス玉は割れていましたが、穴が開けられていて、埋葬された人が身に着けていた首飾りのガラス玉とみられています。
県埋蔵文化財センターによりますと、県内で出土したガラス玉としては、最も古い時期の副葬品だということです。
県埋蔵文化財センター主任技師の真鍋貴匡さんは、「当時、最先端の技術で作られた貴重品のガラス玉を
持てるだけの身分の高い、地域の有力者が埋葬されていたと考えられる」と話しています。

225出土地不明2017/08/06(日) 09:52:36.36ID:7jmFbfPJ
ティラノサウルスを描こう!08/05 19:47nhk
大型の肉食恐竜「ティラノサウルス」の化石標本の絵を描きながら恐竜の骨格について詳しく知ってもらおうという教室が高梁市の美術館で開かれました。
高梁市成羽美術館には(なりわ)先月から全長12メートルあまり、高さ4点6メートルの「ティラノサウルス」の化石標本のレプリカが展示されています。
5日はこの化石標本をじっくり観察しながら絵を描いてもらい恐竜の骨格について詳しくなってもらおうという教室が開かれました。
教室には県内外から親子連れおよそ30人が参加し、元学芸員の女性から「たくさんの骨のパーツをよく観察して、しっかり特徴をとらえて描いてください」
などとアドバイスを受けたあと、鉛筆を使って画用紙にティラノサウルスの頭や足、それに腰の骨などを描いていきました。
中には歯が何本生えているのかまで確認しながら描いている子どももいて参加者はおよそ40分かけて骨格の絵を完成させていました。
総社市から参加した小学6年生の女の子は、「首の骨が細かいので描くのが難しかったけれど、楽しかったです」と話していました。
また、女の子の父親は「家族で参加できて、夏休みのいい思い出になりました」と話していました。

226出土地不明2017/08/07(月) 21:47:28.40ID:N9IaQ/19
恐竜は考古学の対象じゃねぇ

227出土地不明2017/08/10(木) 11:02:26.58ID:0LYZnxUA
学問・理系 / 野生生物 か

228出土地不明2017/08/11(金) 19:35:23.80ID:iDSyS59A
夏休み中の親子がまが玉作り08/11 13:08nhk
古代の人たちが装飾品として使っていたまが玉を作るイベントが鳥取市で行われ、
夏休み中の親子連れがまが玉づくりを楽しみました。
このイベントは弥生時代の集落跡とされる鳥取市の青谷上寺地遺跡で、古代の人
たちの生活を体験してもらおうと、遺跡の展示館が開きました。
11日は、夏休み中の親子連れなど20人あまりが参加し、「こはく」という透き
通った褐色の石を使ったまが玉作りに挑戦しました。
参加者たちはまが玉が古代人のアクセサリーとして使われていたと説明を受けたあと、
500円玉ほどの大きさの「こはく」を目の荒い紙やすりで削ってまが玉の形にしました。
そして目の細かい紙やすりで磨いて光沢を出し1時間ほどできれいなまが玉が完成すると、
穴にひもを通してネックレスのように身につけていました。
鳥取市の7歳の男の子は、「つるつるしたまが玉ができました。磨くのが大変でした」と話していました。
また、鳥取市の7歳の女の子は「楽しかったです。ネックレスとして使おうと思います」と話していました。

229出土地不明2017/08/18(金) 12:09:50.67ID:zSLSfcX/
[17日 19:30]「2000年後の倉敷の発掘現場」を展示. rsk10
遠い未来の世界について、想像が掻き立てられます。 倉敷市の埋蔵文化財センターで、
2000年後に倉敷で行なわれる発掘調査の様子を想定したジオラマが展示されています。
発掘調査の現場に落ちて---いるのは…。倉敷市の倉敷埋蔵文化財センターです。
「2000年後の倉敷の発掘現場」を想像して作られたジオラマが展示されています。
クレジットカードやカメラなど、現代では当たり前の日用品や電化製品が2000年後
に出土したという想定です。
「今の暮らしと未来の繋がり」について考えるきっかけになればと岡山市の美術家が
作りました。
使われているのはすべて実物で、レンガの粉末などを塗り2000年の時を経たように
加工しています。
時空を超えた世界に引き込まれる美術展は、倉敷埋蔵文化財センターで8月27日まで
開かれています。

230出土地不明2017/08/19(土) 06:58:54.90ID:pXa7dzYH
”古代のまが玉をつくろう”08月12日 19時28分nhk
三次市で古代の装飾品として知られるまが玉などを作る催しが開かれました。
この催しは地域の歴史に関心を持つきっかけにしてもらおうと、三次市にある県立
みよし風土記の丘が開き、広島市や廿日市市などから親子連れが参加しました。
参加した人たちははじめに施設の敷地から出土した古墳時代のまが玉などの実物を
見学し、学芸員から装飾品として使われていたことなどについて説明を受けました。
続いて復元された、その当時の砥石を使って滑石と呼ばれる石を削っていきました。
そしてやすりを使って形を整えたり、光沢を出したりして2.5センチほどの大きさ
のまが玉などをつくり、最後にひもを通して首飾りを完成させました。
自分でつくった首飾りをさっそく首にかけていた小学生の男の子は、「楽しかったです。
石を丸くするところが難しかったです」と話していました。

231出土地不明2017/08/20(日) 17:49:05.71ID:0WC8aOeE
>>225
[20日 11:55]化石採集の体験会rsk1
2億年以上昔の植物化石が多く発見されている高梁市成羽町で、19日、化石採集の体験会が開かれました。
恐竜などの化石の展示会を現在、開催している高梁市成羽美術館が実施したものです。
小学生ら17人が参加し、植物などの化石が多く発見されている地層で採集を体験しました。
はるか昔に思いをはせながら、参加者は化石の採集を楽しんでいました。

232出土地不明2017/08/21(月) 12:07:35.98ID:uNyNXiaR
化石採集の体験会.
2億年以上昔の植物化石が多く発見されている高梁市成羽町で、19日、化石採集の体験会
が開かれました。
恐竜などの化石の展示会を現在、開催している高梁市成羽美術館が実施したものです。
小学生ら17人が参加---

233出土地不明2017/08/21(月) 22:41:12.50ID:Y4BqkMPy
化石ネタは板違い

234出土地不明2017/08/24(木) 09:46:34.28ID:Vu8TObTE
化石は地学板かね

小・中学生が古代の生活体験08/23 17:30nhk
古代の人たちが糸を組み合わせて作った「組みひも」を夏休みの子どもたちが体験
する催しが23日、県庁で開かれました。
この催しは、県が、県庁1階に設けたスペース「すだちくんテラス」を利用して
さまざまな部署の仕事を夏休み中の子どもたちに知ってもらおうと開きました。
23日は、県の埋蔵文化財センターが古代の生活を体験するイベントを開き、
小学生と中学生13人が参加しました。
子どもたちは、刀の装飾などに使った糸を組み合わせて作る「組みひも」作りに挑戦
し、色とりどりのひもを使い、両手の指を動かしながら編んでいきました。
はじめはうまく指や腕を動かせなかった子どももしだいに手際がよくなり、
長いものではおよそ30センチの「組みひも」が40分ほどでできあがりました。
小学6年生の女の子は、「難しかったけれども楽しかったです。昔の人はひもで指が
痛くなるのによく出来たなと思いました」と話していました。
県埋蔵文化財センターの専門研究員の大北和美さんは、「イベントをとおして
古代の人たちの生活にも関心を持ってもらいたいです」と話していました。
県庁1階のスペースではこのほかにもおもちゃのドローンを飛ばす実験などさまざま
な催しが25日まで開かれます。

235出土地不明2017/08/29(火) 02:14:33.96ID:yHce8W0k
庄原・大天神古墳発掘調査[2017.8.22 19:21]rcc
庄原市の採石場で行われている古墳の発掘調査が進み、現地の様子が公開されました。
【記事全文】
庄原市東城町の採石場にある大天神古墳(だいてんじん・こふん)は、
標高およそ500mの小高い山の上にあります。
以前から存在は知られていましたが、採石場の拡大にともなって取り壊されることになったことから、
先月19日から発掘調査が続いています。
古墳は、直径およそ15メートルの楕円形をした円墳で、
6世紀末から7世紀初め=古墳時代の終わりに作られたとみられています。
石を積み重ねた石棺(せっかん)の床に、須恵器(すえき)といわれる焼き物が
敷き詰められているのが特徴です。
庄原市教委・今西 隆行さん)「(須恵器を敷き詰める特徴は)
 東城町では、初めてのケースで、 江の川流域で見つかったことはあるが、
 東城町で見つかったのは初めてで、文化の違いが分かる良い資料だと思う」
石棺からは、金属製の耳飾りや小刀も出土しています。
大天神古墳の発掘調査は今月いっぱい行われ、結果の報告会も開かれる予定です。

236出土地不明2017/09/05(火) 14:35:21.19ID:zE61YGk2
安来市の横穴墓群で現地説明会09/05 12:12nhk
安来市で、土器や太刀などの副葬品とともに、古墳時代後期以降につくられたと
みられる墓群が見つかり、5日、現地で報道機関向けの説明会が開かれました。
この遺跡は、安来市黒井田町で去年春から始まった市の埋蔵文化財の調査で見つかった、「米垣横穴墓群」です。
墓群は、古墳時代後期の6世紀以降につくられたとみられ、24基の墓からなり、
須恵器と呼ばれる土器や太刀などの鉄製品、それにまが玉などの副葬品が多数、出土しています。
さらに横穴の1つからは石棺も見つかっていて、地域の有力者が埋葬されたものと考えられるということです。
この遺跡では、今週土曜日の9日に、一般向けの説明会が開かれます。
安来市教育委員会文化財課の大塚充さんは「24の墓を一度に発掘するのは珍しく、
墓がつくられていく経緯を追って調査できる。
説明会では、墓群から安来の風景を見て、当時の様子をしのんでほしい」と話しています。

237出土地不明2017/09/06(水) 08:23:33.50ID:KPHp3Frt
縄文土器モチーフの作品展09/05 19:02nhk
縄文時代に作られた土器をモチーフにしたオブジェなどの展示会が新見市で開かれています。
展示会は、新見市の造形作家、村上原野さんの(29)作品を集めたもので、
渦巻きや「ひだ」のような模様が特徴的な土器やオブジェ、あわせて34点が展示されています。
このうち「生命の大地」と題された土器は立体的に構成された力強い渦巻き模様で
大地からあふれだす生命力を表現したということです。
村上さんは、現代の感覚を取り入れた新しい縄文土器を作ろうと取り組んでいるという
ことで、訪れた人たちは独特の感覚で作られたそれぞれの作品を興味深そうに見ていました。
兵庫県赤穂市から訪れた50代の女性は、「胸に飛び込んでくるような力強さを感じる
作品でした」と話していました。
この作品展は、11月30日まで、新見市法曽の猪風来美術館で開かれています。

238出土地不明2017/09/08(金) 22:39:58.09ID:F29LKOks
http://livedoor.blogimg.jp/raeliankanto/imgs/c/5/c5b60db8.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/raeliankanto/imgs/8/8/88168c0d.png

【衝撃】「スフィンクスの背中に着陸したUFO」を描いたパピルスが発見される!
http://tocana.jp/2017/09/post_14361_entry.html

UFOとスフィンクスが一緒に描かれた3000年前のパピルスが発見される
https://youtu.be/-VrwTo8JnMI

Ancient UFO Depiction on Top of The Great Sphinx of Giza
https://youtu.be/CWdMtJS-i2g

239出土地不明2017/09/09(土) 09:07:54.87ID:IB+bD+gk
江戸時代前期の水田跡発見09/08 19:34nhk
江津市の江の川沿いに、江戸時代前期までに作られたとみられる水田の跡が見つかり、
県は新田開発が盛んに行われていた当時の実態を知る上で貴重な遺跡だとしています。
これは8日、県が記者会見して発表しました。
それによりますと江の川の河川改修工事に伴い川の東側の江津市松川町の森原神田川
遺跡で進められている発掘調査のなかで、およそ1500平方メートルの水田の跡が
見つかったということです。
出土した陶磁器の破片の分析から江戸時代前期かそれ以前のものとみられていて、
水田の跡は3面あり、このうちのひとつは幅がおよそ18メートルで、長さ23
メートルあまりのあぜ道で区画されていました。
砂丘地を平らに整地したあとに盛ったとみられる高さ15センチほどの土の跡がある
ほか、水田を耕すために使っていた牛のひづめと見られる跡も700ほど見つかって
いて、大規模な水田開発が行われていたことがうかがえます。
江戸時代の前半、幕府の直轄地では全国各地で新田開発が行われていて、この付近も
石見銀山領として直轄地だったということで、県埋蔵文化財調査センターは当時の
実態について新たな知見を得られる貴重な遺跡だとしています。
県埋蔵文化財調査センターでは9日午後1時半から現地説明会を行うことにしています。

240出土地不明2017/09/27(水) 15:23:35.35ID:l15Ht1VI
女子群像 絵と板の年代異なる09/27 12:54nhk
鳥取市の遺跡から出土した国内で2例目の古代の「女子群像」の板絵について分析を進めた結果、板の材質が3世紀前半から4世紀前半の杉であることがわかりました。
板の絵は7世紀末から8世紀初頭に描かれたものと推定されていて、県埋蔵文化財センターはなぜ絵と板の年代が大きく異なるのか分析を進めることにしています。
鳥取市の青谷横木遺跡から出土した「女子群像」の板絵は6人の女性が列をなして歩く様子が描かれ、7世紀末から8世紀初頭の飛鳥時代のものと見られています。
この時代に描かれた「女子群像」としては奈良県明日香村の高松塚古墳の壁画に続いて2例目で貴重な発見として注目を集めています。
県埋蔵文化財センターがこの板絵の分析を進めたところ、板の材質は杉で3世紀前半から4世紀前半ごろのものであることがわかりました。
この時代の山陰地方では杉が木材として利用されているため、地元産の杉が使われた可能性が高いとみられます。
一方で、絵が描かれたのは7世紀末から8世紀初頭と推定され、板の年代と大きく異なっています。
県埋蔵文化財センターでは別の用途で長く使われていた板に後になって絵が描かれた可能性もあるとみてさらに分析を進めることにしています。

241出土地不明2017/09/28(木) 08:38:28.75ID:DaaRlny8
小学生が縄文生活を体験09/27 18:16nhk
新見市の小学生が地元にある美術館を訪れ、縄文時代の「竪穴住居」を再現した建物を見学しながら当時の生活について学びました。
新見市法曽の猪風来美術館では、このほど敷地の一角に「竪穴住居」を再現したかやぶきの建物が完成しました。
27日は地元の井倉小学校の児童33人が美術館を訪れ、館長の猪風来さんから住居の仕組みなどについて話を聞きました。
続いて、猪風来さんたちが木の棒などを使って火をおこし、児童たちは火種がわらに燃え移ると大きな歓声を上げ、建物の炉にくべられた火を見つめて古代の人たちの暮らしに思いをはせました。
このあと児童たちは、石を使ってぎんなんやどんぐりなどの実を割ったり、石のナイフで果物を切ったりして、縄文時代の生活の一部を体験していました。
児童たちは「竪穴住居は中に入ってみるととても広かったです」とか、「縄文人は24時間、火を絶やさず命をつないでいたと聞いてすごいと思いました」などと話していました。

242出土地不明2017/10/08(日) 08:43:52.76ID:Ydtanh/n
古墳壁画が一般公開10/07 19:23nhk
鳥取市にある飛鳥時代に作られた梶山古墳の内部が7日から一般公開され、訪れた人たちが魚や龍のような絵が描かれた壁画をじっくりと眺めながら古代のロマンに浸っていました。
鳥取市国府町にある国の史跡「梶山古墳」は7世紀の飛鳥時代にこの地域で勢力を振るった豪族が埋葬されたと見られる高さ3メートル、幅14メートルの八角形の古墳です。
古墳の石室の壁には朱色の顔料で描かれた全長53センチの魚や龍のような曲線が描かれており、中国地方で初めて確認された色のついた彩色壁画として知られています。
古墳は毎年この時期に内部の一般公開が行われ、7日は考古学ファンや家族連れなどが次々に見学に訪れました。
訪れた人たちは地元のガイドの説明に耳を傾けながら、壁画をじっくりとながめて、古代のロマンに浸っていました。
家族で訪れた女性は「近くに貴重な古墳があるのはすばらしいことだと思います。子どもがもう少し大きくなったらまた一緒に来たいです」と話していました。
梶山古墳の一般公開は8日も行われます。

243出土地不明2017/10/25(水) 13:47:25.69ID:amXqpmoj
古代の香川県を紹介する展示会10/25 07:11nhk
古代の発掘品や古文書などを通して、1000年以上前の香川県を紹介する展示会が高松市で開かれています。
高松市にある香川県立ミュージアムでは、1000年以上前の古代の香川県を紹介する展示会が行われていて、遺跡からの発掘品や絵画、それに古文書などが展示されています。
このうち三豊市の「猫坂古墓」から出土した骨つぼは、当時、埋葬の方法としては「古墳」が一般的だったなか、都で行われていた火葬の文化を当時の讃岐でいち早く取り入れられていたことを伝えています。
また国宝に指定されている「寛弘元年讃岐国大内郡入野郷戸籍」は税負担の基準が分かるよう、現在の東かがわ市に住んでいたとされる住民の戸籍が記録され、名字にあたる当時の住民の「ウジ名」と年齢が記されています。
香川県立ミュージアムの渋谷啓一学芸員は「1000年以上前の讃岐国の人の力強い歩みに触れてもらうことで、現代の人たちが勇気づけられれば」と話していました。
この展示会は来月26日まで開かれています。

244出土地不明2017/11/02(木) 14:53:43.11ID:tuy3Wxpg
”古代歴史文化賞”決まる11/01 18:26nhk松江
古代の歴史や文化に関する優れた書籍に贈られる「古代歴史文化賞」のことしの受賞作品が発表され、大賞には、日本列島でいつから農耕が始まったのかを検証した「タネをまく縄文人最新科学が覆す農耕の起源」が選ばれました。
ことしで5回目となる「古代歴史文化賞」は、日本の神話や古代史と関わりが深い三重、奈良、和歌山、島根、宮崎の5つの県が主催している賞で、この3年間に出版された一般向けの書籍の中から選ばれます。
1日、東京都内のホテルで、最終候補に選ばれた5つの作品の中から受賞作品が発表され、このうち、考古学が専門の熊本大学の小畑弘己教授が書いた「タネをまく縄文人最新科学が覆す農耕の起源」が大賞に選ばれました。
この作品は、土器に残る植物の種子の痕などを分析して、縄文時代前期にはアズキやダイズの栽培が始まり、晩期にはアワやイネなどが伝来していた可能性が高いことを明らかにした本で、縄文人はこれまで考えられていた
「狩猟・採集民」ではなく、「狩猟・栽培民」であると提唱しています。
授賞式に出席した小畑教授は、「私の扱っている資料は遺跡を掘っている人たちのたまもので、その中から考古学の新しい発見ができたことは非常にうれしい。また、賞をいただくことで、
学術的にも価値のあるものとして裏付けられたので、受賞はとてもうれしいです」と話していました。

245出土地不明2017/11/05(日) 04:10:44.93ID:ZKXwl/41
大昔の土器づくり体験10月29日 19時59分動画nhk
三次市で、大昔と同じ方法で土器づくりに挑戦しようという催しが開かれました。
この催しは三次市小田幸町にある県立歴史民俗資料館で焼き物に関する特別展の一環として開かれました。
参加者は、学芸員の指導のもと、15センチほどの大きさの葉を下敷きにして、「輪積み」と呼ばれる方法で、
直径1センチほどのひも状に伸ばした粘土を輪にして積み重ねていきました。そして、
継ぎ目を丁寧に伸ばしながら思い思いの形に整え、最後に縄や木の棒を使って模様をつけ、土器を完成させていました。
土器は乾燥させたあと、来月、泥の窯で覆ってわらなどで焼き、仕上げるということです。
参加した地元の女性は「楽しかったです。できあがったら玄関に飾って自慢したいと思います」と話していました。
村田晋学芸員は「皆さんがそれぞれ違う土器を作っているのを見て昔の人が作った土器にもいろんな地域の個性が
表れているのかなと感慨深く思いました」と話していました。

246出土地不明2017/11/07(火) 06:31:18.11ID:k2rOmIuW
青銅鏡の欠片「破鏡」を発見11/06 20:01nhk
出雲市の弥生時代の遺跡から、中国製の青銅鏡を割った「破鏡」が見つかり、出雲市では、当時の破鏡の分布を知る
上で、貴重な資料だとしています。
出雲市文化財課はきょう会見を開き、ことし7月から2か月間行った出雲市白枝町の弥生時代から古墳時代の集落
遺跡「白枝荒神遺跡」の発掘調査で「破鏡」が見つかったと発表しました。
見つかった破鏡は、縦5点3センチ横1点8センチの長方形で、模様などの特徴から、1世紀後半頃に中国で作られた
内向花文鏡と呼ばれる鏡と同じ型の直径15センチ前後の鏡の中心部近くだと見られています。
破鏡は中国製の青銅鏡を割って作られ身分の高い人などがつける装飾品だったとも言われていて、九州北部を中心に
多数見つかっています。
県内でも古墳時代の遺跡からは発見されていますが、弥生時代の遺跡から見つかるのは初めてということです。
調査を行った出雲市文化財課の須賀照隆主任は「弥生時代の中国製の鏡の分布に一石を投じる発見になると思う。
この集落が、日本海地域の交易拠点だったのではないかと考えられる」と話しています。
出雲市文化財課では、今回の発掘調査で見つかった破鏡とガラス玉4点などを8日から12月4日まで出雲弥生の森
博物館で、公開することにしています。

247出土地不明2017/11/20(月) 19:27:09.93ID:3o3y+m/m
[20日12:10]造山古墳 発掘調査始まるhttps://www.rsk.co.jp/sp/news/rsk_news.html#local_news_20171120_1
全国4位の規模を誇る岡山市北区の造山古墳で、今年度の発掘調査が始まりました。 後円部分を調査し、正確な古墳の大きさをつきとめたいとしています。 造山古墳の本体の調査は、岡山市教育委員会が行っています。
20日朝、古墳の北東---にあたる後円部分の4か所で発掘が始まりました。
造山古墳は5世紀前半ごろに造られた、全国4位の規模を持つ前方後円墳です。
後円部分の発掘調査で、現在全長350m前後と考えられている古墳の規模がより正確に判明することが期待されています。
発掘調査は来月下旬までで、期間中に現地での説明会が行われる見込みです。

248出土地不明2017/11/20(月) 21:20:03.69ID:3o3y+m/m
造山古墳の発掘調査始まる11/20 12:37nhk
国内で4番目の規模を誇る岡山市の造山古墳で正確な形などを確認する発掘調査が始まりました。
日本の古墳の基礎資料となる調査になる可能性もあることから全国的にも注目されています。
岡山市北区の造山古墳は、5世紀前半ごろに造られ、国内で4番目、大阪府以外では国内最大の規模を誇る全長およそ350メートルの前方後円墳で、古墳の規模や正確な形を確認しようと、毎年、調査が行われています。
20日は、岡山市埋蔵文化財センターの担当者など3人が今回調査する15.4平方メートルの範囲を緑のテープで区切ったあと、スコップやくわを使って土を掘り起こしていました。
今回の発掘調査では、後円部を初めて発掘し、墳丘を覆う『葺石』や埴輪列などがないかを確認するということです。
国内では、宮内庁が管理し立ち入り調査が自由に出来ない古墳が多いことから、調査がしやすい造山古墳は日本の古墳の基礎資料となる可能性もあるため、全国の研究者から注目されているということです。
岡山市埋蔵文化財センターの西田和浩主任は、「謎の多い古墳だが、後円部に初めて調査のメスが入るので、解明を進めていきたい」と話していました。
調査は、来月末まで行われ、一般向けの現地説明会も行われることになっています。

249出土地不明2017/11/23(木) 14:16:54.68ID:5TK7UEnu
銅鐸を県重要文化財に指定11月16日 8時22分動画NHK
県教育委員会は、弥生時代中期後半に作られたとみられ、昭和36年に世羅町で発見された銅鐸を県の重要文化財に指定しました。
県の重要文化財に指定されたのはおよそ2000年前の弥生時代中期後半に作られたとみられる「袈裟襷文銅鐸」で、▼高さ28センチ、
▼最大幅が推定で16.4センチ▼重さは890グラムあります。この銅鐸は、昭和36年に世羅町で行われた農道工事で発見され、その後、三次市の広島県立歴史民俗資料館で保存されていました。
祭りの時に音を鳴らす道具として使われていたとみられ、模様や形から近畿地方で作られた可能性が高いということです。
県内では、広島市でも九州地方で作られたとみられる銅鐸が見つかっていて、広島県は近畿と九州で盛んだった青銅器を用いた祭りを行う文化が交錯する地域であったことが明らかになりました。
重要文化財の指定まで出土から50年以上経っていることについて、県教育委員会では、「新たに発掘されたものや民間が所有するものを優先して指定してきた。
今後は過去に発掘された文化財の指定にも力をいれていきたい」と話しています。

250出土地不明2017/12/04(月) 23:21:18.27ID:XgnDDl+3
三次の古墳謎解きツアー11月27日 9時11分動画nhk
「みよし風土記の丘」にある古墳の謎を探る見学会が26日、三次市で開かれました。
三次市には県内で確認された古墳のおよそ3分の1が集中し、このうち「みよし風土記の丘」には国の史跡に指定
されている「浄楽寺・七ツ塚古墳群」の176の古墳があります。
26日の見学会にはおよそ70人が参加し、5世紀後半から6世紀初めに作られたとされる丸い形をした円墳や全国の
中で広島県で最も多く確認されている帆立貝形古墳などを見て回りました。
参加者たちはふだんは立ち入ることのできない古墳の頂上に登って形や大きさを確かめたり、学芸員から古墳の特徴
などの説明を受けたりしていました。
庄原市から参加した小学1年生の男の子は、「古墳を初めて見ました。思ったより何倍も大きかったです」と話していました。
学芸員の村田晋さんは、「きれいに史跡として保存されていまして、昔からそんなに景観が変わっていない、
昔と同じような景色を見て太古のロマンを感じ取っていただけたらと思います」と話していました。

251出土地不明2017/12/07(木) 22:28:44.66ID:hh8a24+C
発掘調査結果の展示始まる12/06 18:48nhk
岡山市内の遺跡などから見つかった埴輪や陶磁器などを紹介する展示会が岡山市で開かれています。
この展示会は、岡山市教育委員会などが市内で行っている遺跡などの発掘調査の成果を市民に広く知ってもらおうと毎年この時期に開いています。
会場の岡山市北区の岡山シティミュージアムには、昨年度に市内5か所の古墳や遺跡などから見つかった59点が展示されています。
このうち、全国で4番目に大きい造山古墳から発掘された「円筒埴輪」は、この古墳を象徴するようなサイズの埴輪とみられていて古墳上に立てて並べられていたと推測されています。
また、岡山城跡からは、貝殻や備前焼などが発掘されたほか、石垣の内側の部分から多数の瓦が見つかったということです。
岡山シティミュージアムの小野田伸学芸員は、「まだ土の香りがするような発掘したてのものがたくさん展示してあるので、さまざまな時代の岡山を感じてもらいたい」と話していました。
この展示会は、岡山市北区の岡山シティミュージアムで来月14日まで開かれています。

252出土地不明2017/12/16(土) 21:07:02.98ID:m86NwiWV
遺物が語る北栄の歴史展12/14 18:40nhk
地元の古墳から発掘されたまが玉などの遺物を通じて古代の埋葬儀式を学ぶ展示会が北栄町の博物館で開かれています。
この展示会は、古墳時代の埋葬儀式などを知ってもらおうと北栄町の「北栄みらい伝承館」で開かれているもので、町内の古墳から出土した土器やまが玉などおよそ90点が展示されています。
このうち、古墳時代の男性の頭骨は埋葬する際に、顔に塗られた朱色の顔料が骨に残っていて、魔よけの意味があったと見られています。
また、子どもを埋葬する際に使われたと見られる小型のかめやつぼ状のひつぎも展示されています。
このほか、皿やコップ状の形をした土器には手を触れられるものもあります。
北栄みらい伝承館の杉本裕史館長は「ふだん地元の遺跡に関心のない人にも古代の人たちがどのように暮らし、今の北栄町にどのようにつながっているのか知ってもらいたい」と話していました。
この展示会は1月28日まで北栄町の北栄みらい伝承館で開かれています。

253出土地不明2017/12/17(日) 15:49:40.93ID:RehQufmh
石見銀山遺跡に戦国の道の跡12/16 00:40nhk
世界遺産に登録されている大田市の石見銀山遺跡にある温泉街で、戦国時代から江戸時代にかけて整備されたと見られる道の跡などが発見され、その現場が公開されました。
大田市教育委員会では、石見銀山遺跡の中にある温泉津温泉の町並みで平成27年から発掘調査を行っていて、15日はその現場が公開されました。
現地ではいまの道路の表面から1点5メートルほど掘り下げた場所に、石を敷いて舗装した跡や水路として使われた溝が見つかったということです。
戦国時代の終わりから江戸時代はじめに使われていた道路だと見られ、何度も整備し直したことも確認できるということです。
また、銅で作られたおもりである「分銅」の一部や、灰をかき出す時に使われていた銅製のさじなども出土し、銀山で取れた銀の積み出し港として知られる「沖泊」とともに、この周辺も港町として栄えていたことがうかがえるということです。
大田市教育委員会石見銀山課の山手貴生主任は、「何度も道を整備した痕跡があり出土物からも商人の町であったことがうかがえる。
また、中国や朝鮮の陶磁器類が多く見つかっていて、対外的な交易や貿易が盛んに行われていたと考えられる」と話していました。

254出土地不明2017/12/22(金) 10:17:09.54ID:lH5TUoGq
室町時代の遺跡から「区画溝」12/21 13:16nhk
松江市にある室町時代の遺跡から、土地の区画を仕切るための大規模な「区画溝」が見つかり、島根県埋蔵文化財調査センターは中世の土地利用を知る上で貴重な発見だとしています。
島根県埋蔵文化財調査センターは松江市大庭町にある室町時代の遺跡「川原宮3遺跡」で進めていた発掘調査の結果を発表しました。
それによりますと、遺跡には19メートルの長さにわたって幅が約4メートル、深さが0.7メートルの溝が掘られていたことが確認されたということです。
溝には水が張られていた形跡がないということで、水路ではなく、土地の区画を仕切るための「区画溝」だと見られるということです。
出雲平野で発見される区画溝は大規模な屋敷の周囲にあるケースがほとんどですが、今回の区画溝の周囲からは一般的な集落のものと見られる住居の柱の跡しか見つかっていないということです。
島根県埋蔵文化財調査センターは「中世の土地利用を知る上で貴重な発見だ。大規模な屋敷が存在していた可能性もあり、調査を進め、なぜ、この場所に区画溝が作られたのかを明らかにしたい」としています。

255出土地不明2017/12/27(水) 05:08:32.28ID:4odCb1vA
青谷上寺地遺跡 銅戈が初出土12/25 19:01nhk
鳥取市にある弥生時代の集落跡の青谷上寺地遺跡から中国地方の遺跡では初めて近畿地方で使われていた「銅戈」と呼ばれる青銅器の破片が見つかり、鳥取県埋蔵文化財センターは山陰と近畿との交易を裏づける貴重な発見だとしています。
出土したのは長さ3点4センチ、幅2点3センチの青銅の破片で、青谷上寺地遺跡の弥生時代の終わりにあたる3世紀前半の地層から見つかりました。
鳥取県埋蔵文化財センターなどが分析したところ、弥生時代の中期に近畿地方を中心に祭しの道具として使われた「銅戈」と呼ばれる青銅器の一部であることがわかったということです。
中国地方の遺跡からはこれまで九州地方の「銅戈」が出土していますが、近畿地方の「銅戈」が見つかったのは初めてで、埋蔵文化財センターは山陰と近畿との交易を裏づける貴重な発見だとしています。
また、「銅戈」が祭しで使われたのは弥生時代の中期ころまでだとされ、今回、弥生時代の終わりにあたる地層から大量の青銅製の矢じりがあわせて見つかっていることから使われなくなった「銅戈」を再利用した可能性も考えられるとしています。
鳥取県埋蔵文化財センターの浜田竜彦さんは「山陰の歴史をひもとく上で大きな発見で引き続き調査を続けたい」と話しています

256出土地不明2017/12/30(土) 19:16:48.83ID:D6mglvYi
NHK教育を見て54297倍賢くローマの地下
http://nhk2.2ch.net/test/read.cgi/liveetv/1514622027/

257出土地不明2018/06/23(土) 21:45:19.01ID:m1oej/jv
世界ふしぎ発見!自分の道をふみしめて 日本初の考古学者 水戸光圀の謎★1
http://himawari.5ch.net/test/read.cgi/livetbs/1529753914/

258出土地不明2019/03/02(土) 17:25:54.55ID:lQojIOVF
【3月1日 AFP】
約6000年前、現在のスペイン・バルセロナ(Barcelona)の近くにあった新石器時代の集落では、人と犬との関係が「この世」「あの世」を問わず密接な関係にあった。

 この時代に人と犬が、狭い集落の中で一緒に暮らしていたことを示す考古学的証拠は、少なくとも4か所の遺跡から見つかっている。
見つかった証拠からは、人と犬とが共に働き、主に穀物と野菜の共通の食べ物を分け合っていたことが見て取れるという。

 今回の研究について、スペイン・バルセロナ大学(University of Barcelona)の研究者シルビア・アルビズリ(Silvia Albizuri)氏は、AFPの取材に「この犬たちは新石器時代の地域社会に完全に溶け込んでいた」と話す。

 アルビズリ氏らのチームが考古学誌「ジャーナル・オブ・アーキオロジカル・サイエンス・リポーツ(Journal of Archaeological Science: Reports)」に最近発表した論文によると、犬に与えられたこの「特別な地位」は死後も継続していたことが分かったいう。

 20か所以上の円形墓地では、犬の一部もしくは全身の骨が、男性や女性、子どもらに寄り添うように丁寧に埋められていた。

  だが、人とともに永遠の時を過ごすように選ばれた犬たちは、その特権と引き換えに極めて高い代償を払わなければならなかった。
人が埋葬される際にその命を奪われていたのだ。

 埋葬されている犬の年齢は1〜6歳で、生後12〜18か月と推定される個体は全体の約4分の1に上った。
これについてアルビズリ氏は、「子犬や1歳(程度)の犬が選ばれていることは、いけにえにする意図を示唆している」と指摘した。
若い犬が優先的に選ばれていることについては、見張りや家畜追いなどの務めを果たせるようにすでに訓練を受けた年長の犬を失いたくなかったという別の理由も考えられる。

 また、埋葬された犬の骨には切断痕が見られなかった。
これは、埋葬の前に肉を切り取って食べる行為が行われていなかったことを意味するという。

■ピレネー山脈の牧羊犬に似ている?

 人と犬が隣り合わせで埋葬されている例は、イタリア北部やフランス南部などにある他の新石器時代中期の遺跡でも見られるが、
バルセロナのすぐ北にあるボビラ・マドゥレイ(Bobila Madurell)遺跡は埋葬されている犬の数が他のどの遺跡よりも多かったと、論文は指摘している。
今回、調査の対象となった犬26匹は、9匹を除いたすべてがここで発掘された。

 人が犬を利用し始めた当初の目的は、狩猟や恐らく運搬のためだったと科学者らは推測する。

 約1万年前に人類が定住して農業を行い始めた時、犬はよそ者や野生動物、特に犬の進化上の近縁種にあたるオオカミなどの侵入を防ぐ見張り役となった。
また、ヒツジ、ヤギ、ウシなどの他の家畜化された動物の群れを追う方法も習得した。
「犬は、新石器時代の人類集団の経済において重要な役割を担い、家畜の群れや定住地の見張りを任されていた」と研究チームは指摘している。

 今回の論文で取り扱われている犬は体高50センチ程度、体重約15キロの中型犬で、「現在のピレネー山脈(Pyrenees)の牧羊犬」に似ているとアルビズリ氏は説明した。
ピレネー山脈はフランスとスペインを隔てる山脈だ。

 新石器時代の犬の扱いが別格だったことは、スペインの墓地遺跡で見つかった家畜の骨が無秩序に散乱していることからもうかがい知ることができるという。(c)AFP


http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/1/8/810x540/img_18f973f275aaa47074178cb0873bda7b301083.jpg

http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/2/810x540/img_52b17a8f0ee1862bf451e7a5172d0a5a133063.jpg

http://www.afpbb.com/articles/-/3213677

259出土地不明2019/03/04(月) 08:25:18.15ID:YV9WxGTi
【古代】母系遺伝子は渡来系の弥生期人骨「父系遺伝子は縄文系」 DNA分析で 鳥取・青谷上寺地遺跡

【動画】「弥生人」DNA分析 成果報告
https://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/20190303/movie/4040002195_20190303075459.html
青谷上寺地遺跡のDNA分析について報告する篠田謙一・国立科学博物館副館長=鳥取市尚徳町のとりぎん文化会館で、園部仁史撮影
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2019/03/03/20190303oog00m010048000p/9.jpg

 国史跡・青谷上寺地遺跡(鳥取市青谷町)で発掘された弥生時代後期とみられる人骨について、県が国立科学博物館や国立歴史民俗博物館と進めるDNA分析の経過報告が2日、鳥取市であった「とっとり弥生の王国シンポジウム」で発表された。
昨年実施した母から引き継ぐミトコンドリアDNAの分析ではほぼ全員渡来人系だったが、父から引き継ぐY染色体からは縄文人系の配列がみられた。

 人骨のDNA分析研究班の代表である科博の篠田謙一副館長によると、父母から引き継ぐ核DNAを6人について分析した。
その結果、男性5人、女性1人で、それぞれの遺伝的な違いは大きかった。
男性特有のY染色体のDNA配列を調べると、縄文人系の配列が3タイプ確認された。
核DNAの配列を現代の日本人や韓国人、中国人と比較すると、現代日本人のグループ内に位置した。

 歴博の藤尾慎一郎教授らが加わったパネル討論では、ミトコンドリアDNAと核DNAともに遺伝的に多様なことが注目された。
藤尾教授は「弥生後半に朝鮮半島との交流がうかがえる土器の分布が北九州から山陰まで広がる」と指摘。
篠田副館長は「当時、大陸と人的交流をしていたことを、DNAからうかがい知れるのかもしれない」と話した。(長崎緑子)

朝日新聞デジタル 2019年3月3日03時00分
https://www.asahi.com/articles/ASM3233PCM32PUUB001.html

■弥生後期 国立科学博など解析

 鳥取市青谷町の青谷上寺地遺跡で出土した弥生時代後期の人骨の一部は、母親が大陸にルーツを持つ渡来系、父親が日本在来の縄文系だったことが分かった。
2種類のデオキシリボ核酸(DNA)を解析した国立科学博物館や県埋蔵文化財センターなどが2日、同市尚徳町のとりぎん文化会館でのシンポジウムで発表した。
当時は大陸との間で人の交流が盛んだったことを示すという。

 DNAは、細胞の核にある染色体と、細胞質内のミトコンドリアにそれぞれ含まれており、中でも男性が持つ「Y染色体」は父親から、ミトコンドリアは母親から受け継がれる性質がある。
同博物館の篠田謙一副館長らは昨年、遺跡で見つかった32人分の骨からミトコンドリアDNAを抽出。
配列を調べ、31人が渡来系、1人が縄文系であることを突き止めた。

 今年はさらに、渡来系31人のうち、保存状態の良い6人についてY染色体のDNAを解析した。
その結果、Y染色体が抽出できた4人中、3人は縄文系で、渡来系は1人だった。

 3人の母親は大陸から日本に渡ってから日本の男性と結婚したか、大陸で日本の男性と結婚後に渡来した可能性があるという。
今後は分析する個体数を増やすなどしてルーツを詳細に調べる計画で、篠田副館長は「人口の増減や混血の状況、個体の特徴などを明らかにしたい」としている。

読売新聞 2019年3月3日
https://www.yomiuri.co.jp/local/tottori/news/20190302-OYTNT50109/

毎日新聞 2019年3月3日
https://mainichi.jp/articles/20190303/ddl/k31/040/287000c?inb=ra

260出土地不明2019/03/05(火) 17:29:53.63ID:v4/4H5/1
アレクサンドロス大王の墓、21年がかりで探求 大王の像や王家の住居などを発掘[03/05]


■大王の像や王家の住居などを発掘、ギリシャ人考古学者の挑戦

長くもどかしい発掘の最終日、カリオペ・リムネオス=パパコスタ氏はもう帰るつもりだった。
エジプト、アレクサンドリアの中心部にある公園「シャララート・ガーデン」で、ギリシャ人考古学者の彼女が発掘調査を始めてから、もう14年が過ぎていた。
目的は、ファラオになった古代の征服者にして、この街の名前のもとになった人物、アレクサンドロス大王の痕跡を探すことだ。
しかし成果はなく、時間切れが迫っていた。

 そのとき、穴の中にいた助手たちが彼女を呼んだ。
土から白い大理石のかけらがのぞいていると言う。
それまでの発掘状況に落胆していたパパコスタ氏だが、白い石の輝きを目にして、希望が湧き上がるのを感じた。

「祈っていました」と彼女は振り返る。「ただの大理石のかけらではありませんようにと」

 祈りは通じた。遺物は、アレクサンドロス大王のあらゆる特徴を備えたヘレニズム期初期の像だと判明した。
これが大きな励みとなり、気落ちしていた考古学者は発掘を続けることになった。

それから7年後、パパコスタ氏は現在のアレクサンドリアから10メートル余り下へ掘り進み、
古代都市にあった王家の住居とみられる一画を発見した。

「古代都市アレクサンドリアの最初の土台部分が見つかったのは初めてです」
と語るのは、ナショナル ジオグラフィック協会付き考古学者フレデリック・ヒーバート氏だ。
「目の当たりにしたときは鳥肌が立ちました」

 しかも、ここから考古学上きわめて重要な発見が生まれるかもしれない。
失われたアレクサンドロス大王の墓だ。

■上がる海面、沈む古代都市

 かつて世界最強のリーダーとなったアレクサンドロスは、父のフィリッポス2世が紀元前336年に暗殺されたため、わずか20歳でマケドニアの王位についた。
その後の12年間、才気と野心にあふれた王は、ペルシャやエジプトなどライバルの帝国を倒しながら遠征し、エジプトでは自らをファラオと宣言した。
紀元前323年、32歳で亡くなったものの、そのなきがらは安らかに眠ることはなかった。

 側近たちが議論した末、アレクサンドロスの遺骸はまずエジプトのメンフィスに埋葬され、次いで彼の名を冠した都市に移された。
この地に作られた大王の墓を人々が訪れ、神殿のように崇敬した。

 だが、アレクサンドリアも、大王の墓も無事ではいられなかった。
他国の侵略ではなく、自然の脅威にさらされたためだ。
アレクサンドリアの街は長い間、度重なる地震や海面上昇と闘ってきた。

続きはソースで

https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/030400137/ph_thumb.jpg
https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/030400137/03.jpg

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/030400137/

261出土地不明2019/03/07(木) 09:00:05.04ID:GmVi29da
封印されていた古代マヤの洞窟、祭礼品が多数出土 大マヤ帯水層プロジェクトの調査[03/06]

■大マヤ帯水層プロジェクトの調査隊がバラムク洞窟で偶然発見した「宝の山」とは

 メキシコのユカタン半島にあるマヤの古代都市チチェン・イッツァ。
その地下には、いくつもの洞穴が連なる洞窟系があり、バラムク(ジャガーの神)洞窟と呼ばれている。
そこで聖なる泉を探していた考古学者たちが、儀式用の品150点以上を発見した。
偶然の発見だったが、1000年以上手つかずだったこの品々には、古代マヤの盛衰の手がかりが潜んでいるかもしれない。
この洞窟の発見は、2019年3月4日、メキシコシティで行われたメキシコ国立人類学歴史研究所(INAH)の記者会見で発表された。
(参考記事:「中南米に残るジャガー信仰、人をのみ込む秘薬」)

 バラムク洞窟は、1966年に農民たちによって最初に発見された。
その後、調査を行った考古学者のビクトル・セゴビア・ピント氏は、たくさんの考古学的遺物が存在すると報告書に記述したものの、遺跡の発掘は行わず、入口を封印するよう農民たちに指示した。
そして、この洞窟の発見に関する記録は、すべて失われたと考えられていた。

 2018年、50年以上封印されていたバラムク洞窟に調査隊が入った。
ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーであるギレルモ・デ・アンダ氏をはじめとする大マヤ帯水層プロジェクト(GAM)の調査チームが、チチェン・イッツァの地下水面について調査するためだ。
この調査には、米ナショナル ジオグラフィック協会も支援している。
(参考記事:「世界最大の水中洞窟にマヤの神殿跡、古代ゾウも」)

 デ・アンダ氏は、何時間もバラムク洞窟の暗く狭いトンネルを腹ばいになって進むと、ヘッドランプが突然まったく予期せぬものを照らし出した、と振り返る。
それこそ、チチェン・イッツァのかつての住人たちが残した捧げものの数々だった。
無傷で非常に保存状態がよく、香炉や花瓶、飾り皿などの品々のまわりには石筍(洞窟の天井から落ちる水滴で、地面から上に伸びて成長した石)ができていた。
(参考記事:「マヤのピラミッドに科学のメス、謎を解明へ」)

「私は言葉を失い、思わず泣き始めていました。チチェン・イッツァの聖なるセノーテ(泉)から見つかった人骨を分析したこともありますが、あの洞窟に一人で初めて入ったときの感動にはとうてい及びません」。
デ・アンダ氏はそう語る。同氏はINAHの研究者で、ユカタン半島の帯水層の調査や保護を行っているGAMプロジェクトの責任者でもある。
(参考記事:「陶器と骨、マヤ遺跡のセノーテ」)

 デ・アンダ氏は、こんな言葉も口にする。「この品物をここに供えたマヤの人々の存在を感じられるようでした」

■異例の再調査

 これまでの調査で確認されたのは、バラムク洞窟の入り口付近にある儀式用の洞穴7つだけだ。
しかし、そこに入るだけでも、腹ばいになって狭い通路を数十メートルも進まなければならない。
前述のセゴビア氏による洞窟の報告書(米カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校の考古学者で、GAMの調査チームの一員でもあるジェームズ・ブレイディ氏が最近発見した)には、
155点の出土品が記されており、トルテカ帝国時代に雨の神として信仰された「トラロック」の顔を模したものや、聖なる木「カポック」の模様でマヤの宇宙観を表現したと思われるものが含まれていた。
なお、1959年には、近くにあるバランカチェ洞窟で儀礼場が発掘されたが、そこからは70点の品しか見つかっていない。

続きはソースで

https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/030500143/01.jpg
https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/030500143/04.jpg


ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/030500143/

262出土地不明2019/03/10(日) 14:26:29.05ID:YLH+dFnQ
古代マヤ文明の要塞を発見、従来のイメージ覆す 意外な発見、「戦争は生活の一部だった」

中米グアテマラ北部の辺境で、古代マヤ時代の大規模な要塞跡が発見された。
高さ6メートルの壁や監視塔、ほかにも長年にわたって大きな戦争が行われてきた証拠が見つかっている。
マヤ文明に対する従来のイメージを覆す発見だ。
(参考記事:「知ってるようで知らないマヤ文明」)
https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/030700146/ph_thumb.jpg

 この要塞跡は、「ラ・クエルナビラ」と呼ばれている。
マヤの都市、エル・ソツとティカルの間にある険しい尾根の上に建てられ、厳重に防備を固めている。
蓄えられた丸い石も見つかっており、兵士が投石器に入れて使う武器だったとみられる。

 この地域でこれほど大掛かりな要塞が見つかるのは初めてで、
「もしかしたら南北米大陸の古代遺跡を見わたしても初めての発見ではないか」
と、米ブラウン大学でマヤ文明を研究する考古学者スティーブン・ヒューストン氏は話す。
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/030700146/map2.jpg

 明らかに戦争のために造られたクエルナビラの砦(とりで)や、新たに確認された構造物からは、戦争が大規模で組織的だったこと、
この古代文明が栄えた時代の大半において、戦いが生活の一部だったことがわかる。

「意外でした」とヒューストン氏は言う。
「私たちはマヤの戦いをロマンチックに考える傾向があったからです。
ほとんどが文明の末期に集中し、儀式化されていたと。
しかし、いま目にしている要塞は、何世紀にもわたる激しい戦いを物語っています。
支配者たちは防衛に関する心配が尽きなかったため、こうした山上の要塞に力を入れる必要を感じたのです。
この風景から、彼らの恐怖感がはっきり感じ取れると言ってもいいほどです」

■空からのレーザー調査が手掛かりに

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/030700146/map1.jpg
 今回の発見の手掛かりになったのは、レーザー画像だった。
グアテマラ北部のマヤ生物圏保護区で、2100平方キロもの広い範囲を調査する「PACUNAMライダー・イニシアチブ」の成果だ。
ライダー(LiDAR)技術を使えば、上空からレーザーを当てることで密林に隠された地形を描き出し、長らく埋もれていた古代文明の遺跡を浮かび上がらせることができる。
見つかった遺跡は、マヤの専門家たちが考えていたよりもずっと複雑で、互いのつながりも密接だった。
(参考記事:「謎の古代文明の遺跡を中米で複数発見、マヤとは別」)

 新たな宝の地図を手に、専門家らのチームは昨年1年間かけてジャングルを歩き回り、最も有望な十数カ所で実地調査を試みた。
「大きな遺跡の上を、気づかずに歩いていることだってあり得ます」。
米イサカ・カレッジの考古学者で、PACUNAMプロジェクトに参加しているトーマス・ギャリソン氏は話す。
「ですが、ライダーは驚くほど鮮明に地形を浮かび上がらせてくれます」

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/030700146/

263学術2019/03/10(日) 15:04:13.80ID:YnVi1yHD
クレオパトラの古典考古学とニコロビンの新代考古学では?

新着レスの表示
レスを投稿する